アジア仏教の歴史 [転載禁止]©2ch.net

1世界@名無史さん2015/02/03(火) 00:10:14.330
無いので作っておこう

昔あったスレ
仏教の歴史 その3
http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/whis/1386845487/

481世界@名無史さん2018/03/12(月) 00:48:31.710
マントラってサンスクリットですか?

482世界@名無史さん2018/03/12(月) 01:37:41.210
マントラという単語は現代では多くの言語の語彙に入っているが…

483世界@名無史さん2018/03/12(月) 19:53:59.510

484世界@名無史さん2018/03/16(金) 19:21:07.340
神との契約で人類の罪を贖うために十字架に架けられて死んだイエス
悪魔との約束で毒キノコを自ら食べて死んだブッダ

485世界@名無史さん2018/03/16(金) 22:03:13.930
父なる神と子なるイエスと聖霊は三位一体なのに契約しないだろう。

486世界@名無史さん2018/03/18(日) 23:00:54.840
麻原ってサンスクリット語できたの?

487世界@名無史さん2018/03/20(火) 04:08:09.780
【武闘派僧】強硬派仏教徒集団が台頭、覆される「平和的哲学」のイメージ
http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1521467624/

488世界@名無史さん2018/04/13(金) 11:11:00.400
山田長政らシャムに行った人達は現地で日本のとは全く違う仏教と出会い、有識者の中にはこれが経典に書いてある小乗仏教というものかと勘違いしたらしい。

489世界@名無史さん2018/04/15(日) 17:16:59.330
勘違いってどういうことだ?
上座部仏教は小乗仏教だろ?小乗は蔑称だから勘違いってゆーんじゃないよな?

490世界@名無史さん2018/04/16(月) 00:04:43.450
「大乗でない仏教=小乗」
という定義をするなら、その通り >>489

491世界@名無史さん2018/04/16(月) 00:09:59.780
タイ仏教を見て、経典でしか知らない小乗と同一視したのが「勘違い」ってことだろ

492世界@名無史さん2018/04/16(月) 00:49:31.310
小乗仏教は西アジアの方で栄えた説一切有部という部派が大乗仏教側からそう言われた
が、近年になって説一切有部と大乗仏教は対立はしていなかったという説もあり
龍樹のように個人的に説一切有部を批判していた大乗仏教の僧侶がいたというだけで

493世界@名無史さん2018/04/16(月) 01:39:26.290
勘違いって言うべきもんとは違うんじゃねーの?

494世界@名無史さん2018/04/16(月) 20:58:45.370
(日本に於ける)大乗仏教という呼称が、学者や仏教界に浸透する過程に於いては、
大乗でない仏教の種類、傾向・系統なぞ考慮されていない。
ゆえに、 『大乗でない仏教=小乗』 は、 【近代日本においては】「正しい」認識だよ。  >>491-493


 ※また、大乗仏教という呼称が大きく提示されたのは、
   明治期の或る禅僧の考察から、という説が、近年発表されている。
    https://ci.nii.ac.jp/naid/40021175029/

495世界@名無史さん2018/04/16(月) 21:02:06.050
なるほどよくわからん!

496世界@名無史さん2018/04/16(月) 21:12:23.810
日本において大乗仏教という呼称が広まったのが明治以降だとすると
勘違いするどころか山田長政は大乗仏教も小乗仏教も知らなかったということになる。

497世界@名無史さん2018/04/16(月) 23:24:08.450
違うな
最澄は比叡山に大乗戒壇をわざわざ作っているから大乗という名称は日本でも少なくとも平安初期から普遍的になっていただろう
ちなみに中国の法華や禅や華厳はもちろん浄土でもとにかく大乗仏教は小乗と同じ具足戒を受けるから大乗戒というのは最澄オリジナルかな

498世界@名無史さん2018/04/16(月) 23:43:39.230
大乗寺
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E4%B9%97%E5%AF%BA

大乗寺(だいじょうじ)は、石川県金沢市長坂町にある曹洞宗の寺院。
山号は東香山、椙樹林、古くは金獅峯。僧堂がある。
江戸時代にここで清規(僧侶の修行規則)が再構築され、規矩大乗と称された。

周防正行監督、本木雅弘主演の映画『ファンシイダンス』のロケ地のひとつである。

499世界@名無史さん2018/04/16(月) 23:49:17.260
真言密教と天台密教どちらが強いのか?
http://matsuri.5ch.net/test/read.cgi/kyoto/1390902733/l50

500世界@名無史さん2018/04/17(火) 00:36:19.240
8歳女児の強姦・殺害で宗教対立が激化 インド北部
https://www.cnn.co.jp/world/35117804.html
2018.04.16 Mon posted at 14:31 JST

 ニューデリー(CNN) インド北部の州でイスラム教徒の8歳の女の子が強姦され、
 殺害された事件を受け、現地のイスラム教徒とヒンドゥー教徒の間で敵対意識が高まっている。
 大規模な抗議行動も起き、かねてより不穏な雰囲気の漂っていた地域の安定がさらに失われかねない状況だ。

 事件が発生したのはインド北部のジャム・カシミール州。
 警察によると同州で遊牧生活を営むイスラム教徒のコミュニティーに属していた8歳の少女が今年の1月12日、馬に牧草を食べさせていた際に拉致された。

 少女はヒンドゥー教の寺院に連れて行かれ、5日にわたり監禁された。
 複数の男に繰り返し強姦された後で首を絞めて殺され、17日に近くの森に遺棄されたという。

 警察は少女の死亡に関連して男8人を逮捕。
 全員がヒンドゥー教徒だったが、これに対して右翼系のヒンドゥー教徒の民族団体と州の弁護士協会が、
 嫌疑の取り消し及び事件を中央捜査局(CBI)に委ねることを求めるキャンペーンを立ち上げた。
 地元警察はイスラム教徒であるため、公平な捜査ができないというのがその理由だ。

 先週には州の裁判所の外で、弁護士協会のメンバーが警察による容疑者の起訴を阻止しようとしたのをきっかけに、暴力的な抗議行動が起こった。

 ジャム・カシミール州はヒンドゥー教徒の多いジャム地方とイスラム教徒が多数派を形成するカシミール地方に分かれる。
 右翼系ヒンドゥー教徒の民族団体を率いるビジャイ・シャルマ氏は、同州で既に存在する宗教間の緊張関係に言及したうえで
 「イスラム教徒は脅威であり、その人口は増加している」と指摘。
 イスラム教徒に寛容な立場をとる州政府への不満を表明した。

 一方で地元警察は、容疑者らを起訴できるだけの具体的な証拠があると主張する。
 少女を拉致してイスラム教徒が多数を占める遊牧民に恐怖を与え、地域から追い出そうとしたとみている。

501山野野衾 ◆qDubHAi3S/a/ 2018/04/17(火) 20:58:58.190
>>496-497
『大唐西域記』、『大慈恩寺三蔵法師伝』には玄奘が「大乗」を意識する場面があります。
大乗の『涅槃経』で否定された「三種の浄肉」を改めて否定するシーンなど。
『西遊記』でも玄奘が小乗を説いていたので観音の化身である僧侶が「大乗は説けぬのか」
と言い、西方に大乗仏典があるから取りに参れと言っていますよ。
『法華経』譬喩品にも、声聞乗・独覚乗に対する「大乗」の記述がある。
『大乗起信論』という古典もありますね。

502世界@名無史さん2018/05/07(月) 03:18:16.470
阿弥陀如来とか極楽往生を説く浄土系の経典とゾロアスター教って
結構な共通点あるの?

503世界@名無史さん2018/05/07(月) 07:12:47.880
ゾロアスター教と共通点あるのは大日経じゃね?

504世界@名無史さん2018/05/07(月) 10:51:56.640
共通点なんてないだろ

505世界@名無史さん2018/05/14(月) 00:12:46.850
弥勒菩薩が登場したのって何世紀?

506世界@名無史さん2018/05/14(月) 00:32:40.510
56億7千万年後

507世界@名無史さん2018/05/14(月) 01:45:05.640
ゾロアスター教徒が北インドを支配したクシャン朝の時代かと思うんだが・・・

508世界@名無史さん2018/05/14(月) 01:53:03.230
ゾロアスター教と共通点があるのは聖書だよ

509世界@名無史さん2018/05/14(月) 09:16:30.660
仏教は山登りの理論だからな。
お釈迦様が悟りと言うものはこんなものだと提示して、
悟りに至る道はおのおの考えろとの放置プレイでいたから、
残された弟子達はそれぞれの道で悟り方を考えるわけで、
それが次から次へと新しいお経が出来た理由ではないかな?

510世界@名無史さん2018/05/14(月) 09:58:56.270
全然違うw

511山野野衾 ◆qDubHAi3S/a/ 2018/05/14(月) 19:17:47.940
放置かどうかはさておき、対機説法といって相手との機縁に応じて説くという概念はあります。
八万四千の法門と言われるのも、どこからでも入れるということ。
原始仏典の時点ではそこまで明確ではない気がしますが、それでも相手と場合に応じて同じ
ことを(後世よりは統一した内容で)説いておられたのは事実です。
対機説法を「応病与薬」と表現することもありますが、釈迦が自らを医師に喩えられたのも原始
仏典の時代から続いていることです。

経典が山ほどあるのが「法門」の数に応じてのことというのはその通りでしょう。
後世になって製作した人々も、そういう意味で「偽造」という意識はなかった筈です。
「偽経」かどうかの判定は古代からありましたが、作る側は少なくとも釈迦の教えを伝えるものと
して作っている。
最終的に「涅槃」に至ることが出来ればいい。
気に入らなければ解釈を変えるということは聖書に対する行動でも見られますが、仏教の場合
は気に入らなければ気に入る経典を探せばよいのです。
法然や親鸞といった人々が、延暦寺であれやこれや経や疏をひっくり返したのはそういう事。
聖書やクルアーンに対するのとは、向き合い方が違います。

512世界@名無史さん2018/05/14(月) 21:10:21.140
>>511
ようは知らんけどなんとなくわかる
涅槃てのは要するに精神的な成熟ってこったろ

513世界@名無史さん2018/05/15(火) 01:53:05.060
成仏をしたければで考えると、
禅の場合はとにかく自力で何とかしろに対して、
念仏は今生の生では無理だから、生まれ変わりを期待するのだなで
押し通すのだからなww
山登り理論で行けば確かにそれもありだなと笑うけど。

514世界@名無史さん2018/05/15(火) 07:58:33.550
成仏はアイデンティティの変容だからな。
自分は、人間だとか、男だとか、女だとか、日本人だとか思ってるうちは程遠い。一歩も前進してない。

515世界@名無史さん2018/05/15(火) 19:26:31.240
>>513
少なくとも浄土教(融通念仏宗・浄土宗・浄土真宗・時宗)では教義上「死後の世界」を認めなければ宗の教えが根底から覆るはずなんだがね。
にも拘わらず浄土真宗では原始仏典を持ち出して「来世は無い!」などと説く坊さんが結構いたりする。
むしろ「諸行無常は単なる方便で,仏の世界は永遠」と説く法華経を重視する日蓮系の仏教のほうが,素直に来世を認めていたりする。

法華経を重視する融通念仏宗は勿論,その他の浄土教でも「法華経は正規の仏説」が公式見解なわけで「法華経にあるとおり,仏の世界は永遠」と認めたほうが分かり易い教えになると思う。

516山野野衾 ◆qDubHAi3S/a/ 2018/05/15(火) 19:52:41.900
戦後の浄土真宗は、「東西ともに左側通行」と言われていますから。
意識高い系の左派インテリが多いので、来世を堂々と信じられないのではありませんか。
色々な葬儀に出席した中で見ると、説教の仏典からの引用率がダントツで低いように思われます。
原始仏典からも来世(輪廻)が無いとは言えないと思うのですが、研究者でも自分が来世を信じていない
というので自分の考えに引き付けて無理のある来世否定をしている人がいます。

517世界@名無史さん2018/05/15(火) 21:52:20.920
>>516
そういう連中は,我々が何のために葬儀や法事を行うか全く理解していないのではありませんかね。
「故人には今もどこかに存在していてほしい。我々を見守ってくれていてほしい」という願いがあるからで,もしも「死んだらそれまで」というなら仏式の葬儀など全く不要。
直葬するだけで話は終わりなんですが。

俗に「葬式仏教」と言うけれど,家族や友人を失って悲嘆に暮れている人々の心を慰め癒すことが出来ているのなら,それは立派な宗教で,何も恥じることなど無いわけです。
当の仏僧がそれを自らぶち壊しているのでは,仏式の葬儀がどんどん廃れていくのも当然でしょう。
ここで仏教が目覚めなければ「故人は神になって子孫を見守る」と明言する出雲系の神道や,死者の復活を説くキリスト教による葬儀ばかりになっていくかもしれませんよ。

518世界@名無史さん2018/05/15(火) 22:08:12.130
>>517
いや、というか、浄土真宗はその点を捉えるなら、「実質的には直葬」でしょ?
人は死とともに一発往生して極楽浄土に逝ってしまう。だから中陰という概念がない。
この考えを基に、極楽浄土なるものに不可知論を持ち込めば、一種の無神論のようになる。
「俺らの手が届かない世界に逝った。語ることはできないし、語る必要もない。故人が幸せなことは確実だから安心しろ」
説法はこれだけになる。

浄土真宗は本質的に恐ろしくラディカルな宗派ですよ。あまりにアバンギャルドだから、
庶民の側で反動として、仏壇を巨大化したり、過去帳を崇拝の対象にしたりするけどw

519世界@名無史さん2018/05/15(火) 22:15:07.010
浄土真宗は、他宗派で一般化してる般若経を否定してるんだよな。
浄土心経なんてのがあれば入りやすいのだが・・・

520世界@名無史さん2018/05/15(火) 22:25:15.450
>>518
親鸞や後継者たちの説いた浄土真宗の教義に忠実なら,そんな感じかもしれない。
「浄土に往生した人のことは語り得ない・語る必要が無い」というのは真宗の教義と違うと思うが。

ところが現代の真宗僧(全員とは言わないが)はそうは言いたがらない。
清沢満之などの「浄土=無限の世界」という近代教学に難癖をつけて,唯物論そのものの話を散々聞かされた挙句「我らが拝むから阿弥陀仏がある」みたいに得々と言われたのでは「浄土なんて妄想だから」とケチつけられたのと何も変わらない。
「死は終わりではない」と明言しているのは,むしろ真宗大谷派と袂を分かった大谷暢順師(本願寺維持財団の門跡)のほうだったりする。

521世界@名無史さん2018/05/15(火) 22:30:58.810
>>519
浄土真宗が般若心経を読まないのは真言(羯諦羯諦、波羅羯諦・・・)を含む経典を「必要としない」(と考えている)からであって,別に「あれはインチキ」などとは言っていないよ。
因みに法然の興した浄土宗や,一遍の興した時宗では,般若心経をちゃんと唱える。

522世界@名無史さん2018/05/15(火) 22:38:12.450
浄土真宗に僧侶はないな
ただの儀式請負人兼寺の管理人

523世界@名無史さん2018/05/15(火) 22:40:30.260
>>519
浄土系の「般若心経」に相当するのは、あの
「我、超世ノ願ヲ立ツ、必ス無上道二至ラン。斯ノ願、満足セスンハ誓テ…」
というあれなんじゃないの?
浄土真宗はこれも読まなかったかな?
浄土真宗は悪くないと思うが、勢至菩薩をディスるのだけはいただけない。
社会運動に不熱心なのも、勢至菩薩をディスるからだという指摘もある。

524世界@名無史さん2018/05/15(火) 22:49:19.070
阿弥陀経が常用経典だから他のを読んでる暇あるならこれを詠んだほうが功徳あるんだわ

525世界@名無史さん2018/05/15(火) 23:21:09.410
まあ今の仏教を量子力学で例えると、
般若心経を唱える禅寺系は量子力学を真面目に5ちゃんねるの
科学板で語っているようなものだ。
スレ民いわく、言っていることは正しいかもしれないが、
何を言っているのかさっぱりわからんww
それに対して、念仏系は
般若心経なんて、言っていることは正しいのかもしれないが
さっぱりわからん。
それよりもパラレルワールドやタイムトラベルの世界に
入ってヒーローになろう、楽しんでしまおうと言っている
感覚だな。
時宗に至っては、バックツゥーザフューチャーみたいな
映画をリアルとして楽しめば良いと言っている感じでww

526世界@名無史さん2018/05/16(水) 00:15:34.300
往生して極楽浄土に行って浄土で修行すると
その往生して修行する主体はなんなの?
浄土真宗でさえもアートマンは説かない無我説に立っているのだろうし、あるいは万が一アートマンだったとしてアートマンは清浄だから修行の必要などないよね
となると阿頼耶識とかその辺?あるいは仏性?
(仏性が往生すると聞いたことはないが)

527世界@名無史さん2018/05/16(水) 00:19:05.140
>>526
エネルギー質量保存の法則じゃないの?

528世界@名無史さん2018/05/16(水) 00:23:38.900
エネルギー保存の法則は常に成り立つが、質量保存の法則はそうではない。

529世界@名無史さん2018/05/16(水) 02:30:54.050
>>526
あっさりと「往生する主体は魂だ」と答える宗派もある。
無我というのは「常住不変のものは無い」という意味しか無く,縁起(物と物との相互関係)によって常住不変ではないが肉体が存在するのと同様,縁起によって魂も存在すると考えれば矛盾は無い。
それでは幾らなんでも粗雑な議論過ぎると感じたのか「往生する主体は仏性だ」と,法華経を根拠に説く人も居る。

いずれにせよ「往生の主体は無い」というのは,むしろ仏教の教えの中では非常に少数派の考え方のようだよ。それは釈迦が否定した「断見(死んだら何も無くなるという考え方)」と同じだ。

530世界@名無史さん2018/05/16(水) 17:59:12.710
「因果応報なるが故に来世なきに非ず、無我なるが故に常有に非ず」(阿含経)

輪廻の主体は魂とか阿頼耶識とか個我(ジーヴァ)とか真我(アートマン)ではなく単に業(カルマ)と説くのが本来の仏教


法華経だと輪廻するのは過去世に久遠仏から法華経を説かれた時に具わった仏種(仏から頂いた仏性)となる

531世界@名無史さん2018/05/16(水) 18:40:04.920
>>530
業というのは意思に近いものなのだよね。
少なくともある人間が生きている間に意思を有し,その意思を持つ主体が継続することは仏教も認めている。
そうでなければ「この前波羅夷罪(僧侶としての資格剥奪になる罪。殺人など)を犯した『私』と今ここに居る『私』は全く無関係な存在です」という言い逃れが許されてしまう(無論,実際には許されない)。

ならば「肉体が死んだ後も業は残る」と仏教の立場から考えることは十分に可能。
仮に「死ねば何も無い」というのなら,この世の苦から逃れるためには自殺すれば良いという安易な結論になりかねない。

新着レスの表示
レスを投稿する