新書で出版してほしい中国近代史に関する本 2冊目 [転載禁止]©2ch.net

1世界@名無史さん2015/02/22(日) 18:35:34.450

324世界@名無史さん2017/08/11(金) 11:42:47.970
東洋史スレは、次ができないね?

http://lavender.2ch.net/test/read.cgi/whis/1479265995/
【専従者】東洋史19【ファースト】 [無断転載禁止]©2ch.net

325世界@名無史さん2017/08/11(金) 16:05:15.320
愚痴スレなどいらない

326世界@名無史さん2017/08/11(金) 16:35:01.000
就職浪人と愚痴だけの負け犬スレ?

327世界@名無史さん2017/08/11(金) 21:14:42.800
確かに、あまり意味があるスレではなかった。

328世界@名無史さん2017/08/12(土) 15:12:29.480
中国文化大革命「受難者伝」 と「文革大年表」:―崇高なる政治スローガンと残酷非道な実態
王友琴 (著), 小林一美 (著), 安藤正士 (著), 安藤久美子 (著)
集広舎
2017年・5346円

「日本の読者へ」(王友琴)
まえがき「文化大革命五〇周年」を記念して(小林一美)
第一部 「文革受難者伝」( 翻訳者・小林一美)
第一章 王友琴『文革受難者』への序文・「記憶を救 い出す偉大な事業」(余英時)
第二章 王友琴『文革受難者』―迫害、監禁と殺戮に関する訪問実録―』「前言」(王友琴)
第三章 卞仲耘―女子生徒に惨殺された北京師範大学付属女子中学副校長の無惨な最後(王友琴)
第四章 黄瑞五―紅衛兵に一家五人が虐殺された北京の高級技術者( 王友琴)
第五章 劉少奇―毛沢東に打倒され、悲惨な最期を遂げた国家主席( 王友琴)
第六章 林昭―文革受難者を象徴する人物として最も有名な元北京大学女子学生( 小林一美)
第七章 顧文選―迫害に継ぐ迫害の後、銃殺刑にされた北京大学の学生(王友琴)
第八章 翦伯贊―著名な中国古代史家、北京大学教授、妻と二人で抗議の自殺( 王友琴)
第九章 江隆基―著名な教育学者、北京大学副学長、蘭州大学学長の自殺( 王友琴)
第十章 林立衡―林彪の娘に起因する北京大学幹部たちの悲劇(王友琴)
第十一章 ある帰国華僑青年の死―「その死の軽きこと鴻毛のごとき人」への弔辞―(江女)
第十二章 文革の狂瀾怒涛の中の知識人(裴毅然)
第十三章 「北京大学、清華大学、復旦大学、上海華東師範大学、西安交通大学の文革受難<死者> 一覧表」
第二部 『文革大年表』( 一九六五年~一九八一年)(編集作成: 安藤正士、安藤久美子)
解説・「文革大年表」について(安藤久美子)
文革大年表(編集作成:安藤正士、安藤久美子)
あとがき (小林一美、安藤久美子)

329世界@名無史さん2017/08/12(土) 18:08:31.040
新書じゃない

330世界@名無史さん2017/08/12(土) 20:39:28.860
新書で、同様のテーマを扱ってくれ

331世界@名無史さん2017/08/13(日) 12:36:23.000
>>323
買ったけど読む気しなくてツンデレ中

332世界@名無史さん2017/08/19(土) 00:22:12.780
>>322
安倍内閣が歴史的にどう評価されるか?
・経済政策失敗
・低レベルの閣僚をたくさん選任
・共謀罪成立を強行
・加計学園疑惑
いいところ1つもなし。
国民に拍手されるようなことを1つくらいしてから引退してほしいな。

333世界@名無史さん2017/08/19(土) 07:30:07.980
その何れもが宇宙人ルーピーの無能さには遠く及ばないってはっきりわかんだね

334世界@名無史さん2017/08/19(土) 08:30:26.720
もう安倍内閣になって何年経つんだったかな
ミンス政権より長くないか?

335世界@名無史さん2017/08/20(日) 09:08:07.520
>>309
中国とは関係ないね

◆はじめに コミンテルンの謀略をタブー視するな
◆第1章 ロシア革命とコミンテルンの謀略――戦前の日本もスパイ天国だった
◆第2章 「二つに断裂した日本」と無用な敵を作り出した言論弾圧
◆第3章 日本の軍部に対するコミンテルンの浸透工作
◆第4章 昭和の「国家革新」運動を背後から操ったコミンテルン
◆第5章 「保守自由主義」VS「右翼全体主義」「左翼全体主義」
◆第6章 尾崎・ゾルゲの対日工作と、政府への浸透
◆おわりに 近衛文麿という謎

336世界@名無史さん2017/09/18(月) 09:09:17.840
「28人のボリシェヴィキ」

中公新書で出してほしい。
真実がよくわからない。
石川さんとか、新事実をちりばめて、面白くまとめてくれるのでは?

337世界@名無史さん2017/09/18(月) 12:27:27.700
https://zh.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%8C%E5%8D%81%E5%85%AB%E4%B8%AA%E5%8D%8A%E5%B8%83%E5%B0%94%E4%BB%80%E7%BB%B4%E5%85%8B
二十八个半布尔什维克

王明 孟慶樹 博古 張聞天
王稼祥 楊尚昆 陳昌浩 張琴秋 沈澤民
王盛榮 徐以新 凱豐 何子述
宋潘民 陳原道 殷鑒
李竹聲 盛忠亮 袁家 王雲程
孫濟民 夏曦 朱阿根 汪盛荻
李元傑 王保禮 朱自舜 杜作祥 蕭特甫

338世界@名無史さん2017/09/18(月) 12:53:09.550
王明 孟慶樹 博古 張聞天
王稼祥 楊尚昆 陳昌浩 張琴秋 沈沢民
王盛栄 徐以新 凱豐 何子述
宋潘民 陳原道 殷鑒(殷鉴)
李竹声 盛忠亮 袁家 王雲程
孫済民(孫際明) 夏曦 朱阿根 汪盛荻
李元傑(李元杰) 王保礼(王宝礼) 朱自舜(朱子純) 杜作祥 蕭特甫(肖特甫)

339世界@名無史さん2017/09/18(月) 12:57:27.340
>>338
29人いるが、「徐以新」が半人前で、28.5人という事だったな

340世界@名無史さん2017/09/18(月) 14:50:24.640
28人のボリシェヴィキ
王明(陳紹禹)
孟慶樹【女性】
博古(秦邦憲)
張聞天(洛甫)
王稼祥
楊尚昆
陳昌浩
張琴秋【女性】
沈沢民
王盛栄
徐以新【半人前】
凱豐(何克全)
何子述
宋潘民(宋盤民)
陳原道(列夫)
殷鑒(殷鉴)
李竹声
盛忠亮(盛岳)
袁家縺i袁孟超)
王雲程
孫済民(孫際明)
夏曦
朱阿根
汪盛荻
李元傑(李元杰)
王保礼(王宝礼)
朱自舜(朱子純)【女性】
杜作祥(杜卓強)
蕭特甫(肖特甫)

341世界@名無史さん2017/09/18(月) 16:02:07.440
28人のボルシェヴィキは、他にも次のような「候補者」がいる。
可能性は低くなるが。

陳徴明(沙可夫)
杜廷
郭妙根
劉群先【女性】
沈志遠(沈観瀾)
王修

342世界@名無史さん2017/09/23(土) 08:29:56.200
「28人のボリシェヴィキ」に興味あるんならば、次の本を読め。新書じゃないけど。

毛沢東と周恩来―中国共産党をめぐる権力闘争 1930年~1945年
トーマス キャンペン (著), Thomas Kampen (原著), 杉田 米行 (翻訳)
¥ 3,024
単行本: 228ページ
出版社: 三和書籍 (2004/01)
言語: 日本語
ISBN-10: 4916037545
ISBN-13: 978-4916037541
発売日: 2004/01
梱包サイズ: 19 x 13.6 x 2.6 cm
https://www.amazon.co.jp/dp/4916037545

343世界@名無史さん2017/09/23(土) 08:33:53.610
>>342
目次
第1章 中国共産党の指導権と「二八人のボリシェヴィキ派」の中国帰還(一九三〇年)
第2章 新しい党指導部の展開(一九三一年)
第3章 中国共産党指導者の江西への移転とソヴィエト地区における権力闘争(一九三一~一九三四年)
第4章 長征時における中国共産党指導部の内部闘争
第5章 中国共産党とコミンテルンとの関係および第二次国共合作の形成(一九三五~一九三八年)
第6章 延安整風運動と新しい中国共産党指導部の台頭(一九四〇~一九四五年)

344世界@名無史さん2017/09/23(土) 16:45:25.510
>>342
この本、信頼できる?

345世界@名無史さん2017/09/25(月) 19:48:22.240

346世界@名無史さん2017/10/21(土) 15:15:18.010
>>336
石川センセは『赤い星は如何にして昇ったか』で我慢するしかないのでは?

347世界@名無史さん2017/10/21(土) 15:32:51.800
南京大虐殺はねつ造

348世界@名無史さん2017/10/28(土) 14:22:53.170
宋姉妹―中国を支配した華麗なる一族 (角川文庫) 文庫 – 1998/11
伊藤 純 (著), 伊藤 真 (著)


これどう?

349世界@名無史さん2017/11/01(水) 16:48:12.530
伊藤純、伊藤真というのは、護憲運動活動家だね。
3姉妹の上と下をたたいて、かくれ共産党の真ん中をたたえる。
NHKというのは本当に左翼プロパガンダ機関だね。
朝日、毎日、NHKというのは3大戦争責任マスコミだから。

350世界@名無史さん2017/11/04(土) 09:48:49.290
>>348
こっちのほうがいいんじゃないか?

宋家王朝――中国の富と権力を支配した一族の物語(上・下) (岩波現代文庫) – 2010/1/16
スターリング・シーグレーブ (著), 田畑 光永 (翻訳)

351世界@名無史さん2017/11/04(土) 21:43:44.480
こんなのもある

張学良秘史 六人の女傑と革命、そして愛 (角川ソフィア文庫)
富永 孝子 (著)
¥ 1,166
KADOKAWA (2017/7/25)

352世界@名無史さん2017/11/16(木) 22:30:30.520
最近、新書で、中国近代関係、刊行されないね
残念残念

353世界@名無史さん2017/11/17(金) 00:52:11.480
最近って、いつぐらいからの話かな?

自分は「袁世凱」の本とか、最近になって読んだけど

354世界@名無史さん2017/11/17(金) 17:10:06.490
毛沢東のライバルだった革命家はたくさんいたんだけど
政治的に抹殺されただけでなく資料的にも抹消されている。
写真から抜け落ちてる場合が多い。
大学でそんなことを述べる学者は中国で研究はできない。
アメリカ人でも中国専門の学者は全部赤。

355世界@名無史さん2017/11/17(金) 20:22:20.020
中国史の研究家は全てアカ、注意せよ

356世界@名無史さん2017/11/18(土) 08:00:25.460
>>354
> 資料的にも抹消されている

例えば、誰と誰?

357世界@名無史さん2017/11/18(土) 11:43:29.180
>>353

最も新しいのは、>>298の「中国ナショナリズム - 民族と愛国の近現代史」くらいかな?

358世界@名無史さん2017/11/18(土) 11:56:47.270
袁世凱失脚から国民革命までのカオスすぎる期間についてわかりやすくまとめた本が欲しい

359世界@名無史さん2017/11/18(土) 15:10:13.570
「わかりやすく」のイメージがわからないが、とりあえず、岩波新書の『シリーズ中国近現代史』の
A近代国家への模索1894-1925(川島真)
B革命とナショナリズム1925-1945(石川禎浩)
がいいのでは?
もう少し詳しいのが必要なら、山川の中国史5?

いずれの本も、図書館で借りられると思う。

360世界@名無史さん2018/01/22(月) 20:45:43.350
最近、この分野での新書が刊行されてないね

361世界@名無史さん2018/01/23(火) 03:56:43.780
まずは宮崎市定「中国文明の歴史11中国の目覚め」中公文庫でアウトラインつかむとええで

362世界@名無史さん2018/01/30(火) 09:59:16.790
世界史のようにおもしろいかねがはいってくるさいと
グーグルで検索⇒『羽山のサユレイザ』

SN2ZB

363世界@名無史さん2018/02/11(日) 12:58:23.780
冀東政権と日中関係 新刊
冀東政権と日中関係
◎日本の傀儡政権 冀東政権の実像を多角的に考察し、一九三〇年代の日中関係をとらえ直す!

著者 広中 一成 著
ジャンル 東洋史(アジア)
東洋史(アジア) > 近現代
出版年月日 2017/12/08
ISBN 9784762966064
判型・ページ数 A5・320ページ
定価 本体7,500円+税
株式会社汲古書院
キュウコショイン
http://www.kyuko.asia/book/b341888.html

364世界@名無史さん2018/02/12(月) 12:04:21.530
目次

第一部 冀東政権の成立─板垣征四郎と殷汝耕

第一章 華北分離工作と板垣征四郎
 第一節 板垣の対中認識
 第二節 「北支政変」
 第三節 防共の高まりと華北分離工作

第二章 殷汝耕と日本
 第一節 日本との出会い   
 第二節 郭松齢事件
 第三節 対日問題に従事   
第四節 冀東政権設立へ

第二部 冀東政権の主要政策

第三章 冀東政権の対日満外交
 第一節 冀満関係の構築   
第二節 国旗制定と対日アピール
 第三節 冀東政権の名古屋汎太平洋平和博覧会参加

第四章 冀東政権の財政とアヘン専売制度
 第一節 冀東政権の財政政策
 第二節 税収の回復と交通インフラの整備
第三節 アヘン専売制度の制定

第五章 華北経済開発と灤河水力発電所建設計画(一九三一年〜一九三七年)
 第一節 満鉄の灤河水力発電所建設計画
 第二節 華北における灤河水力発電所建設計画
 第三節 灤河水力発電所建設の中止

365世界@名無史さん2018/02/12(月) 12:04:51.380
第六章 冀東政権の防共政策
 第一節 冀東政権の防共観
 第二節 防共政策の展開と中国共産党の反発
 第三節 「防共成功」宣言とその実態

第三部 通州事件と冀東政権の解消

第七章 通州事件の史的展開
 第一節 通州をめぐる軍事的展開
 第二節 通州事件の経過

第八章 通州事件に残る疑問
 第一節 なぜ保安隊は反乱を起こしたのか
 第二節 通州事件で生じた問題はどのように解決されたのか
 第三節 通州事件で亡くなった日本居留民は通州で何をしていたのか
 第四節 通州事件は日中戦争にいかなる影響を及ぼしたのか

おわりに    

参考文献一覧    
あとがき   
索   引

366世界@名無史さん2018/03/11(日) 21:39:35.460
新書がないから単行本でも許して

毛沢東、周恩来と溥儀
王 慶祥 (著),‎ 松田 徹 (翻訳)
科学出版社
2017/11/11
¥ 6,912

辛亥革命から満州事変…
激しく転換する歴史の渦の中心にいた三人。
旧時代の象徴である清朝最後の皇帝・溥儀と新時代の中国のリーダー、毛沢東と周恩来。
本書では特に周恩来と溥儀の交流に焦点を当て、豊富な写真とともに溥儀の後半生を通して近代中国史を描きます。

367世界@名無史さん2018/04/21(土) 22:09:02.210
手許に置きたいけど、値段が高すぎるw

近代中国人名辞典 修訂版
近代中国人名辞典修訂版編集委員会 (編)
国書刊行会; 修訂版
2018/3/26
¥ 28,080

368世界@名無史さん2018/04/29(日) 22:00:17.010
>>367
1840年のアヘン戦争から1949年の中華人民共和国成立に至る時期を中心に、中国の政、財、文化各界の重要人物約1100人を収録。

この「約1100人」のリストがネット上にないものか?

369世界@名無史さん2018/04/30(月) 15:08:51.380
霞山会の「近代中国人名辞典」という本があります。
2万8千円くらいします。
とてつもない金額ですがこの本を持ってない人は近代中国に関心があるとは言えません。
他の本30冊を買うよりこの1冊は価値があります。

370世界@名無史さん2018/05/01(火) 16:52:11.710
>354
資料的に抹消されている例
朱徳は写真で彼だけ消えている。
張国とうなんか、中国の五四運動ごろの労働運動の中心指導者だろうが
現代中国の本ではどこにもいないだろう

371世界@名無史さん2018/05/13(日) 09:36:15.560
少し前の本だが、次の本はいかが?

中国の論理 - 歴史から解き明かす
(中公新書)
2016/8/18
岡本 隆司

目次
1 史学
2 社会と政治
3 世界観と世界秩序
4 近代の到来
5 「革命」の世紀
むすび―現代の日中関係

372世界@名無史さん2018/05/13(日) 09:39:32.570
張国Z(1897⁻1979)

373世界@名無史さん2018/06/10(日) 19:45:28.910
中国人民解放軍の全貌
扶桑社新書
渡部 悦和 (著)
2018/4/29

第一章 中国の国家戦略・軍事戦略・作戦
第二章 人民解放軍の基本的事項
第三章 習近平の人民解放軍大改革
第四章 人民解放軍陸軍:世界最大規模の陸軍
第五章 人民解放軍海軍:海洋強国の核心
第六章 人民解放軍空軍:航空強国の核心
第七章 ロケット軍:核抑止及び接近阻止/領域拒否の主役
第八章 戦略支援部隊:現代戦を支援する最重要な部隊
第九章 国防産業と先端科学技術
第一〇章 中国の世界進出を支える人民解放軍
第一一章 中国の夢を阻む要因




内容は現代かな?

374世界@名無史さん2018/06/17(日) 20:54:34.540
この本の改訂版が出ないかな???

データでみる中国近代史
狭間 直樹、 森 時彦
有斐閣選書
1996/10

目次
第1章 総説―社会変容の概略
第2章 財政―国家の変貌
第3章 産業―中国の「産業革命」
第4章 金融―貨幣経済変化の諸相

新着レスの表示
レスを投稿する