世界史における因果応報譚 [転載禁止]©2ch.net

1世界@名無史さん2015/03/07(土) 17:26:23.080
因果応報には幾つかパターンがあるかと思う
1 甲がAという行為をいつもして利益を得ていた。その事が
  乙や丙に、同じAという行為をする動機づけになる。
  裏切り上等の呂布が部下に裏切られて死んだみたいな感じ
2 甲の過去の行為の害の当然の論理的な帰結が甲自身の害になって
  戻ってくる。商鞅が自分の施行した法によって死んだみたいな
3 因果応報というものがあるべき、という既成の概念でそれが意図的に実行される場合
  コーンウォール公が義憤を持った部下に殺されたみたいな(フィクションだけど)
4 玄妙不可思議な怪異譚チックなもの

93世界@名無史さん2016/11/08(火) 22:45:32.500
巡る因果にストップをかけた男たちの話『僧侶と盗賊』
http://www.epochtimes.jp/2015/12/24693.html

94世界@名無史さん2016/11/14(月) 00:01:12.190
私は元創価の会員でした。
すぐ隣に防衛省の背広組の官舎があるのですが、
自分の家の窓にUSB接続のwebカメラを貼り付けて、そこの動画を撮影し続け、
学会本部に送っていました。

別に大したものは写っていません。ゴミ出しとか奥さんが子供を遊ばせている所とか。
官舎が老朽化し使われなくなってから、
今まで法人税(うちは自営業です)をほぼ払わなくても済んでいたのが、
もう守ってやれないのでこれからは満額申告するように言われました。
納得がいかないと言うと、君は因果応報で餓鬼地獄に落ちる、
朝夕南無妙法蓮華経と三千回ずつ唱えて心をきれいにしなさいと言われ
馬鹿らしくなって脱会しました。

それ以来、どこへ行くにもぞろ目ナンバーの車につけまわされたり大変な日々です。
全ては自分の出来心から起こった事で、どこに訴えて出ると言う訳にもいかないのですが、
なんとかあの人たちと縁を切った上で新しい始まりを迎える方法はないんだろうか。

95世界@名無史さん2016/11/14(月) 20:09:18.380
「マクデブルクの正義」

96世界@名無史さん2016/11/21(月) 04:26:21.22O
>>75
ナポレオンが退位した際、オージュロー元帥は失意のナポレオンを罵倒して嘲笑した。ナポレオンは今やエルバ島に流される身。悔し涙にくれるしかなかった。
そしてナポレオンが復位すると、オージュロー元帥は罵倒したことを忘れて擦り寄った。陛下が復位されることを信じておりました、と。
ナポレオンは側近達が震え上がるほどの剣幕で激昂したそうである。
「余はお前を元帥にしたのに、お前は恩を仇で返した。あれほど罵倒してくれたのに、よくもおめおめと現れたな!そんな不誠実な者などいらぬわ!今すぐ余の目の前から消え失せろ!」
オージュロー元帥は、後悔と失意のうちに間もなく没したという。

97世界@名無史さん2016/11/21(月) 05:48:30.130
オージュローはその後ナポレオンがワーテルローで敗れた後ルイ18世に称号と年金剥奪されてるのもポイント高い
時節を見極めず軽はずみな行動をしてはいけないといういい教訓やね

98世界@名無史さん2016/11/28(月) 11:49:15.960
ナポレオンはつくづく人を見る目が無いね。
裏切られてばっかりやww

99世界@名無史さん2016/11/28(月) 16:46:06.76O
>>98
宮廷大元帥ベルトラン伯爵のようにセントヘレナにまで付き従った忠臣もいる
ナポレオンはベルトラン伯爵を「余の古くからの友人だ」と大変信頼して皇帝一族の家政を任せるほどだった
ちなみに、ベルトラン伯爵は永年の忠誠を讃えられてナポレオンの墓の傍らに葬られる名誉に与った

100ウムウル ◆w9gVwCWkR8GP 2016/12/17(土) 23:27:46.200
>>71
息子のアレを食べちゃう話は

ハルパゴス
殷の紂王

他にも幾つかあった気がする
ハルパゴスさんのは>>72もあるので
もう一個ぐらい揃えば役満ねらえそうな感じですww

101世界@名無史さん2016/12/20(火) 18:53:05.060
アウラングゼーブとしては、
「インドをイスラム化して、ヒンドゥーの社会的闇を一掃する」
という、遠大な戦略があったんだろうよ。
もともと、イスラム教は多神教の社会的な闇を突き、
「唯一神の前の万人平等」を旗印に布教してきたところがあった。
しかし、どだい少数派であって、臣民全改宗などは不可能であった上に、
今のパキスタンをみてると、果たしてイスラム化したところで、
インド亜大陸的闇は消えるのか?と言うこと自体に疑問符がつく。
パキスタンは、イスラムのくせに職業カーストがある。
パキスタンという、インドと中東の「悪いところ取り」をしたような社会の国をみるにつけ、
アウラングゼーブの戦略は、深いところで間違いだったと言わざるをえない。

102世界@名無史さん2016/12/29(木) 23:11:56.380
「因果応報」って仏教国だけの概念なのかな?
欧米や他の国にはそういう話ってないの?

103世界@名無史さん2016/12/30(金) 04:27:49.490
ザンジバルでアラブ人が奴隷貿易でぼろ儲け。
タンザニア人が怒りアラブ人皆殺し

104世界@名無史さん2016/12/30(金) 23:43:29.310
>>101
やっぱりパキスタンは西アジアとインドの悪い部分を併せ持つ国だったか

105世界@名無史さん2016/12/31(土) 15:36:59.380
輪廻の概念が無いから完全に同じじゃないが
欧米にだって因果応報の感覚はある。
っていうか無ければ人間じゃないし。

106世界@名無史さん2017/01/02(月) 11:47:32.630
インドのシク王国君主ナウ・ニハール・シングは、
父王を廃して自らが即位しただけでなく
しまいには幽閉した父に毒を盛ってあの世に送ったが、
その葬儀を行った帰り道、修理中の門から落ちてきた
石材が頭を直撃し、彼自身も父の後を追うことになった。

107世界@名無史さん2017/01/02(月) 20:31:23.690
>>103
その頃にはタンザニアは無い、タンガニーカだ。

108世界@名無史さん2017/01/02(月) 20:37:20.320
タンガニーカとザンジバルからの合成地名がタンザニア

109世界@名無史さん2017/01/04(水) 06:20:20.610
日中戦争での中国への無差別爆撃を、都市に高射砲や防空用戦闘機があれば無差別爆撃は国際法上問題なし、と言っていた大日本帝国。

この事実、俺も長年知らなかった。ぜんぶ自分の国にはねかえってきた。

110世界@名無史さん2017/01/04(水) 09:19:59.620
シナ工作員の捏造にだまされてはいけない

111世界@名無史さん2017/01/04(水) 09:36:53.220
>>110
残念ながら事実。

無差別爆撃は悲惨の極みだが、少なくとも大日本帝国政府はあれに抗議はできないんだよ。

112世界@名無史さん2017/01/04(水) 19:37:41.860
よく知らんが、国際法では軍事施設攻撃で市民がまき込まれるのは仕方ないが、最小限にしなければならないし、その努力はしなければならないんじゃなかったけ?
最初から民間家屋や市民を目標にした爆撃は
勿論違法だが

113世界@名無史さん2017/01/04(水) 19:48:03.530

114世界@名無史さん2017/01/07(土) 21:45:46.440
日本の爆撃機が中国で焼夷弾を落としていたと言うと、
驚く人間がけっこういる。
焼夷弾は何もアメリカの専売特許ではないが、
Wikipedia日本語版記事「焼夷弾」を見ると、
かなり内容が偏っているね。

115世界@名無史さん2017/01/08(日) 10:07:25.10O
魏の曹叡は、即位する際に正妻の虞氏を廃して愛妾の毛氏を皇后にした
虞氏は「曹氏は身分の低い女を正妻にするのがお好きですものね。正妻を廃して妾を正妻にする道理に反する事をするなんて!今に報いが来ますとも」と恨み言を残して実家に帰っていった
果たして、曹叡の養子曹芳には頼れる外戚も無く、司馬氏の台頭を許すはめになった
曹叡の皇后は寒門の出だったので無力であり、全く当てにならなかったのは言うまでもない
権力欲が強すぎる外戚は大問題だが、あまりに無力な外戚も問題だったりする

116世界@名無史さん2017/01/22(日) 08:29:45.560
トランプ大統領はアウラングゼーブの現代版、という気がする。
短期的には成功しているように見えるが、中長期的にはその弊害が
雪崩落ちてくる感じ。

117世界@名無史さん2017/01/22(日) 08:39:28.680
>>114
去年、NHK生さだで、日本の木造住宅を焼くためにアメリカが開発したのが焼夷弾だと言ってたな。

118世界@名無史さん2017/01/22(日) 10:15:37.950
>>117
NHKのその表現は
「中国の都市を焼くために日本が開発したのが焼夷弾だ」
というのと同程度には間違っているな。

119世界@名無史さん2017/01/22(日) 10:30:51.300
>NHKのその表現は

さだまさしのその表現は だろ

120ウムウル ◆w9gVwCWkR8GP 2017/02/22(水) 00:03:52.650
>>85>>86

もの凄くいまさらですが3番もありですね

あんだけのことやっちゃったんだから
ヒトラーさんは悪者でなければならない的な思想のもと
歴史改変が行われ生まれも育ちも悪魔を作っちゃったみたいな

ちょっとオカルト好きな普通のおっさんでは
いろいろと満足できないんでしょうねぇ

121世界@名無史さん2017/02/24(金) 19:20:43.310
>>75
残念ながらその逆の話のほうが多いな
劉裕、蕭道成、陳霸先、高歓、楊堅、李世明etc・・
歴代の中華帝国の創業者たちはいづれも恩人や親友、血を分けた兄弟といえども薄ら笑いを浮かべながらながら一族もろとも残虐な方法で抹殺してきたような連中ばかりだ

122世界@名無史さん2017/03/31(金) 22:06:56.140
H・G・ウェルズの『宇宙戦争』は、

イギリス人がタスマニア人を全滅させた所業を念頭に、、
そんな事してると、もっと文明が進んだ生物に俺らが
一方的に滅ぼされても文句言えんぞ・・・

という思いで書かれたらしい。

https://ja.wikipedia.org/wiki/ブラック・ウォー

123世界@名無史さん2017/03/31(金) 22:48:08.020
アイヌ殲滅に成功した日本を見習いたいという思いが伝わる

124世界@名無史さん2017/04/01(土) 08:16:30.040
>>121
75と話が噛み合っていないのだが・・・w

それはともかく、創業者で粛正をやらなかったのは劉秀と趙匡胤くらい

125世界@名無史さん2017/06/25(日) 16:38:40.580
ハリウッド映画の「スパルタカス」では、
反乱を起こした剣闘士たちが、捕まえた金持ち貴族同士を
決闘させてそれを鑑賞していた。
これは1かな。
まあ剣闘士たちの立場になれば誰でもそうするだろうし。

126世界@名無史さん2017/07/31(月) 21:09:00.690
「因果応報」という考え方には批判もある。

つまりそれは、世界に何らかの善悪のバランスを取る仕組みが
用意されているという、何ら証明されていない仮定に頼って
現実を把握しようという態度であるわけで、認知バイアスの一種で
あるという指摘である。

実際問題として、この認知バイアスは、「いま苦しんでいる人間は、
自らの悪行の報いを受けているのだ」という、結果から逆算した
偏見を生むおそれが多分にある。

https://ja.wikipedia.org/wiki/公正世界仮説

127世界@名無史さん2018/01/30(火) 12:58:45.020
世界史のようにおもしろいかねがはいってくるさいと
グーグルで検索⇒『羽山のサユレイザ』

AHJWF

128世界@名無史さん2018/01/31(水) 20:49:32.910
>>126
聖書のヨブ記がそう。
山本七平の本でそう知った。

129世界@名無史さん2018/02/01(木) 09:51:22.310
不運な目にあった人を「日頃の行いが悪い」と悪意なくからかったりとかね

130世界@名無史さん2018/02/18(日) 17:27:17.760
しかし悪人は必ず罰せられるべきという願望は強く
古今東西普遍的に存在している
これを消すことは出来ない
止揚することを考えるべき

131世界@名無史さん2018/04/23(月) 22:49:22.050
>因果応報
特権階級がそれを正当化するのにも使える便利なワード
インド人って天才だよな

132世界@名無史さん2018/04/24(火) 07:27:10.210
「因果応報」という概念はインド発だが、ワードは中国発だなw

133世界@名無史さん2018/04/24(火) 11:28:51.140
【マイトLーヤと不正義】 テロリストが天国を求めるのは、中東が地獄だから、犯人は誰か、G7の国々
http://rosie.5ch.net/test/read.cgi/liveplus/1524536573/l50

134世界@名無史さん2018/07/12(木) 12:18:45.290
友達から教えてもらったパソコン一台でお金持ちになれるやり方
興味がある人はどうぞ
検索してみよう『立木のボボトイテテレ』

FIK

135世界@名無史さん2018/09/27(木) 21:14:17.160
因果応報を否定する内容は新約聖書にもある。
イエス先生曰く
「シロアムの塔が倒れて死んだあの十八人は、
エルサレムに住んでいたほかのどの人々よりも、
罪深い者だったと思うのか。」 (ルカ13:4)

136山野野衾 ◆qDubHAi3S/a/ 2018/09/28(金) 06:24:09.720
尭君卿
唐の県丞。貞観年間に馬泥棒に遭い、これを捜索、捕えた。
賊を指して面罵し「虎に食わせてやる!わしを楽しませてみせろ!」と言っていたら、賊が枷を
振り上げて殴りつけて来たため、脳を砕かれて死んだ。
要らぬことを言って無駄に追い詰めるから。
それと、演義の張飛やザンギーのように実際に処する前に言っても碌なことになりませんね。

ザンギーは奴隷が酒を盗んで飲んでいるのを目撃し、翌朝処罰すると言っていたら寝ている間
に殺されたという。

137世界@名無史さん2018/09/28(金) 15:13:46.490
きっとザンギをつまみに酒を飲んでたんやろな

138世界@名無史さん2018/10/05(金) 07:23:15.360
司馬遷「天道是か非か」

139世界@名無史さん2018/10/05(金) 07:47:51.49O
スクリューパイルドライバーを喰らったんですね。

140世界@名無史さん2018/10/06(土) 06:15:17.530
ロシアンジョーク集より

日露戦争に際して、ロシアのギリシア正教会は全土の教会で日本へ神罰が下るよう、神に祈った。
しかしなにもおこらず、ロシアは敗北。
19年後、関東大震災が発生。
このことから、ロシアの物理学者カピッツァはこう結論した。
「神は、我々から9光年以内にいる」

141ウムウル ◆w9gVwCWkR8GP 2018/10/06(土) 08:52:09.210
うーん、物理学者さん的に
祈りの速度が光速を超えないと
結論したのはナゼなんだろう、、、

あまつさえ人間からの上り速度と
神からの下り速度が何故等しいと思ったのか、、、

142世界@名無史さん2018/10/06(土) 23:34:34.76O
祈りの通じる速さは光速以上か。

143世界@名無史さん2018/11/18(日) 11:41:40.540
唯物論の物理学者が神をバカにしただけ。

新着レスの表示
レスを投稿する