大陸でモンゴル軍を食い止める方法教えて下さい。 [転載禁止]©2ch.net

1世界@名無史さん2015/11/05(木) 10:33:29.830
モンゴルの弓騎兵に対抗するのに、
ヨーロッパはどう立ち回れば勝てたのかな?

詳しい人教えて下さいな。

249世界@名無史さん2016/12/05(月) 11:45:32.560
西匈奴のしっし単于みたいなもんだ
蛮行もそっくり

250世界@名無史さん2016/12/05(月) 12:17:00.130
客に出すお椀が汚れてて、
御飯とおつゆの具の平茸が山盛で、
お公家さんに対して猫みたいに小食だの言ったり、
塩物でない生の平茸だと喜んだりで
ちょっとお行儀悪いだけだろ

251世界@名無史さん2016/12/05(月) 13:14:54.440
>>249
これによってシツ支単于はおごり高ぶるようになり、次第に康居王が礼を尽くさなくなったと感じると、
娶った康居王の娘や貴人、人民数百人を殺し、死体をバラバラにして都頼水(タラス川)に棄てた。(wiki)

とんでもない残虐さだな
匈奴(凶奴表記もあり)やフン=神の鞭なんて呼ばれた民族に相応しい

252世界@名無史さん2016/12/05(月) 13:49:47.810
義仲最大の蛮行は法住寺殿焼き討ち

253世界@名無史さん2017/05/05(金) 23:16:28.570
モンゴル軍に編成されたトルコ人は能力的に同じそうだけど
漢人はどうだったんだろうね

254世界@名無史さん2017/06/04(日) 22:43:15.100
ブルガリアの豚飼いイヴァイロは
最終的に政治的圧迫で負けたが、戦闘ではどんな戦術で勝ち続けたんだっけ

255世界@名無史さん2017/06/04(日) 22:49:36.220
「恟奴」=ビビり野郎、が語源とする説もあるな。

漢人のせめてもの憂さ晴らしなのかw

256世界@名無史さん2017/06/05(月) 00:25:05.770
湿地帯とか苦戦しそう。実際泥濘期のロシアでは苦戦している。

257世界@名無史さん2017/06/05(月) 07:40:45.770
騎馬民族の戦法はヒットアンドアウェイで
常に逃げ場を確保しつつ、機動力を活かして攻撃即離脱を繰り返す
機会あれば包囲や挟み撃ちの状況に持ち込んで大打撃を与え
略奪、講和、殲滅と目的に応じて恐怖を刻みつけつつ何度も攻撃し
敵に予想外の援軍が現れて不利になったらすぐ撤退する
戦闘も飛び道具や馬を活用した接近即離脱なども多く
勝ちにこだわらず当面の目標もあっさり変える
勇者(バアトル)とは結果としての勝利をもたらす指導者に与えられる称号か

258世界@名無史さん2017/06/05(月) 19:36:36.980
騎馬民族の「勝利」は戦利品の獲得だから
勝ちも負けも農耕民とは違い過ぎる

259世界@名無史さん2017/06/10(土) 07:06:34.460
巨大な落とし穴をあちこちに掘る

260世界@名無史さん2017/06/22(木) 20:08:24.940
チンチンギスギスはぁんはぁん

261世界@名無史さん2017/07/26(水) 17:27:55.800
☆ 日本人の婚姻数と出生数を増やしましょう。そのためには、公的年金と
生活保護を段階的に廃止して、満18歳以上の日本人に、ベーシックインカムの
導入は必須です。月額約60000円位ならば、廃止すれば財源的には可能です。
ベーシックインカム、でぜひググってみてください。お願い致します。☆☆

262世界@名無史さん2017/08/30(水) 20:20:07.710
ロシア人とモンゴル帝国元朝

ロシア(ルーシ)の諸公国と中国の初めての繋がりは、13世紀にさかのぼるものと推定できる。
現在の中国領土内におけるロシア人の存在について信頼できる最初の史料は14世紀のもので、
モンゴルによるルーシ諸国への侵攻に関連しており、ルーシ侵攻の結果として多くの虜囚たちが
モンゴル帝国の一角を成す元朝の中国へと連行されたのである。ロシアと中国の大地は、
長きにわたってたった一ヶ国の影響圏を構成する一部に過ぎなかった。その一ヶ国とは、
モンゴル帝国である。16世紀のイヴァン雷帝による治世の頃には、既に二つの使節団が
中央アジアとモンゴルを通過して中国へ行く経路を確保していた。シベリアにトボリスクを
建設した後、トボリスクの首長が極東にコサックを派遣した。ロシア人コサックや農民は、
ザバイカリエ(ザバイカル)地方と沿アムール地方に定住してアムール川沿いにオストログ
(防衛機能のある植民拠点)を建設し、その数あるオストログのうち最大規模であったのが、
アムール川左岸のアルバジンとシルカ川沿いのネルチンスクである。

『元史』によると、「至順」を元号に掲げた最初の年(1330年)に中国へ連行されたロシア人
虜囚たちが屯田兵として国境防衛と耕作の任に充てられた。元朝政府は、大都(北京)に
屯田兵を管理する特別機構を設置した。

大都(北京)で、ロシア人虜囚たちはハーンの親衛隊に入隊させられた。キプチャク人
(キプチャクすなわちポロヴツィ人)、アス人(アスすなわちアラン人)、ロシア人の連隊が
編成された。ハーン親衛隊のロシア人部隊は、「忠誠心に篤いロシア人連隊」を意味する
「宣忠斡羅思衛親軍」と称された。結成当初の部隊の人数について現存する史料では
確認できない。しかし、1331年の人数は明らかにされており、600人であったと記されている。

『元史』の1332年の条によると、ロシア人虜囚たちの到着が三度あったことが言及されており、
その人数は一度目が170人、二度目が2500人、三度目が30人の青壮年と103人の未成年で
あった。また、モンゴル人、キプチャク人、ロシア人の混成部隊の指揮官として、モンゴル人の
指揮官ボヤニ(Боянь)が任命された件についても言及されている。

263世界@名無史さん2017/11/07(火) 22:12:37.580
後知恵ではあるが、オランダ人がやったように人工的に洪水を
起こして泥濘地帯を形成すればよかったろう(洪水線、ウォーターライン)

この泥沼からなる防衛線は浅すぎて船で渡ることはできない。
人や馬が通ることも出来ない。泥にはまって動けなくなる。
無理をおして渡ろうとするモンゴル兵が居たとしても、
もはや殆ど動きが取れない射的の的にすぎない。
クロスボウの練習台にはちょうどいい。

264世界@名無史さん2017/12/02(土) 23:20:11.450
地形を選ぶだろ

265世界@名無史さん2017/12/03(日) 23:44:56.540
のぼうの城?

266世界@名無史さん2017/12/14(木) 23:03:58.640
南宋は滅亡直前じゃなく、もっと早くから鎌倉幕府と連携して抵抗するべきだった
鎌倉武士を雇えばモンゴル騎兵に勝てるのに

267世界@名無史さん2017/12/14(木) 23:47:21.270
>>266
鎌倉武士がモンゴル騎兵に勝てる要素は
残念ながらひとつも無い。

268世界@名無史さん2017/12/15(金) 01:56:02.700
>>267
現実に鎌倉武士はモンゴル騎兵に圧勝してるじゃん。
福岡平野で野戦やってボロ負けした忽敦が「蒙人、戦いに習うと雖も、何を以てか此れに加えん」
って泣き言言ったと史料に残ってる。

269世界@名無史さん2017/12/15(金) 04:19:25.340

270世界@名無史さん2017/12/15(金) 23:59:44.840
あんな狭い範囲と広大な大陸とじゃなあ…
しかも上陸戦だし

271世界@名無史さん2017/12/16(土) 11:28:57.550
福岡平野ってワールシュタットの戦いとかモヒの戦いとかの戦場と比べるとかなり広い。
実際、文永の役でボロ負けしたモンゴル軍は日暮れまでに15キロくらいの距離を敗走してる。
モンゴル騎兵が鎌倉武士より軍事的に劣っていたのは確実だね。

272世界@名無史さん2017/12/16(土) 21:05:00.950
まあ、博多をむざむざ焼かれた鎌倉武士の言い訳としてはこんなとこでいいか。

273世界@名無史さん2017/12/16(土) 21:57:38.490
>>272
文永の役で博多が焼かれたなんてことを裏付ける史料は無いって知ってる?

274世界@名無史さん2017/12/16(土) 22:36:20.470
>>273
八幡愚童訓って知っている?
都合が悪いからといって存在する史料を無視するのは、
歴史を曲げる方法として安易に過ぎ、賢い方法ではない。

275世界@名無史さん2017/12/16(土) 23:06:37.490
>>274
現地博多の筥崎宮に伝わる八幡大菩薩愚童訓には火災の原因がモンゴル軍ではなく
内部出火と明記してあるんだよね。

「去程ニ、其夜社檀之中ヨリ火出テ焼ニケルコソ悲ケレ」

「神功皇后海水ヲ揚ケ、文永ニハ猛火ヲ出シ、弘安ニハ大風ヲ吹テ異賊ヲ平ケ、
御在水火風之三災、刧未成テ共、出デ来ル事、神慮ニ任テ自在也」

博多の筥崎宮は文永11年だけじゃなくその前後の文永2年と弘安3年にも火災を起こしてる。
もともと内部出火が頻発してたわけよ。

276世界@名無史さん2017/12/16(土) 23:35:43.040
>>275
筥崎宮に火災の歴史があったことと、元寇によっても焼失したことには何ら矛盾は無いよ。
東京下町で火災が頻発したことと、東京大空襲でも焼失したことに何ら矛盾が無いのと同じ事。

下町で火事がよくあったという話から、東京大空襲は無かったという結論を導く人間が居れば、
さすがに滑稽な話だと理解できるだろう。
当の筥崎宮が「文永11年(西暦1274)蒙古襲来により」社殿が焼けたと言っているね。
http://www.hakozakigu.or.jp/history/

277世界@名無史さん2017/12/17(日) 06:24:00.490
>>276
いや、元寇によっては焼失してないだろ。
内部出火で焼失したと現地の史料に明記してあるんだから。
モンゴル軍と火災は無関係。

278世界@名無史さん2017/12/17(日) 08:26:29.820
当人が言っていても断じて認めない。何故なら都合が悪いからwww

279世界@名無史さん2017/12/17(日) 10:41:39.380
>>278
は?
当人は内部出火と言ってるんだが。

「去程ニ、其夜社檀之中ヨリ火出テ焼ニケルコソ悲ケレ」

「神功皇后海水ヲ揚ケ、文永ニハ猛火ヲ出シ、弘安ニハ大風ヲ吹テ異賊ヲ平ケ、
御在水火風之三災、刧未成テ共、出デ来ル事、神慮ニ任テ自在也」

当人が内部出火と断言してるんだから出火原因はモンゴル軍じゃないだろ。

280世界@名無史さん2017/12/17(日) 12:07:09.380
>>279>>276を読み返すこと。理解できるまでねww

281世界@名無史さん2017/12/17(日) 12:19:18.050
福岡市博物館「箱崎を考古学する」
http://museum.city.fukuoka.jp/archives/leaflet/240/index02.html

(前略)この都市遺跡を調査していて、度々目にするものがあります。
それは、焼土や炭化物が厚く堆積した土層です。
文献史料によるとこの地は、文永2(1265)年に筥崎宮の神殿が火災のため
全焼しており、神宝もことごとく焼失してしまったと言われています。
また、その9年後の元寇(げんこう)、文永の役(1274年)では、戦火のため
筥崎宮一帯は焼け野原となり(後略)

282世界@名無史さん2017/12/17(日) 13:21:29.110
>>280
>>276に書いてあることは無意味だね。
なぜなら博多の街がモンゴル軍に焼かれたなどと証明する史料は存在しないから。
あるのは筥崎宮が内部出火で焼けた史料だけ。

>>281
残念ながらその火災はモンゴル軍と関係ない。
筥崎宮自身の史料に出火原因は内部出火と断言されてるからね。
モンゴル軍は赤坂で日本軍に撃退され、博多の街には指一本ふれることができなかった。

蒙古襲来絵詞
『武房に、凶徒赤坂の陣を駆け落とされて、二手になりて大勢は麁原に向きて退く。小勢は別府の塚原へ退く。』

283世界@名無史さん2017/12/17(日) 14:37:05.290
>>282
『八幡大菩薩愚童訓』筑紫本

博多筥崎ヲ打捨テ多クノ大勢一日ノ軍ニ絶カネテ(堪えかねて)
落事何卜成スヘキソト恠(あやしみ)ノ民ニ至ル及(まで)、泣嘆カヌハ無リケリ

(中略)

逃ツル跡ヲ顧レハ、猛火ヲヒタゝシ(おびただし)雲へ上リテ

284世界@名無史さん2017/12/17(日) 15:19:25.960
>>283
その猛火の出火原因は筥崎宮の内部出火な。

「去程ニ、其夜社檀之中ヨリ火出テ焼ニケルコソ悲ケレ」

「神功皇后海水ヲ揚ケ、文永ニハ猛火ヲ出シ、弘安ニハ大風ヲ吹テ異賊ヲ平ケ、
御在水火風之三災、刧未成テ共、出デ来ル事、神慮ニ任テ自在也」

285世界@名無史さん2017/12/17(日) 16:41:16.190
>>284
まあここらで出てきた内容いったん整理してみようかね。

【モンゴル軍による博多炎上があったとする見方】
@モンゴル軍の攻撃を防ぎきれず日本側の軍勢は博多を撤退し、
 博多・筥崎方面は猛火に包まれたとする史料が存在する。
A筥崎宮は文永の蒙古襲来で社殿が焼失したと認識している。
B福岡市立博物館は現地の発掘も踏まえて、蒙古襲来により
 筥崎宮一帯が焼け野原になった見方を肯定している。

【モンゴル軍による博多炎上がなかったとする見方】
@筥崎宮内部の出火と解釈できる部分から蒙古による放火は
 なかったとする。
 しかし町が燃えれば飛び火で宮の敷地内から火が広がる
 こともあり得るし、モンゴル軍の侵入が間近に迫る恐怖で、
 火の始末まで気が回らず火災になったとも解釈出来、
 博多がモンゴルに蹂躙された事を否定する材料とはならない。

286世界@名無史さん2017/12/20(水) 22:51:26.830
>>285
残念ながら博多がモンゴルに蹂躙された可能性はゼロだよ。
何故なら鎌倉時代の文献には、博多がモンゴルに蹂躙されたなどと書かれた物が一切ない。
当時から博多の街にあった聖福寺や承天寺、櫛田神社にも文永の役でモンゴルに蹂躙された
などという記録はない。
記録が一切無い以上、モンゴルが博多に指一本触れることができなかったことについては
議論の余地がない。
それは当然で、当時の史料でモンゴル軍は博多の手前の赤坂で武士に撃退されてるからね。

『蒙古襲来絵詞』詞書
「武房に、凶徒赤坂の陣を駆け落とされて、二手になりて大勢は麁原に向きて退く。小勢は別府の塚原へ退く」

その上、麁原に逃げたモンゴル軍も武士に蹴散らされている。

『福田文書』福田兼重申状写
「右、去年十月廿日異賊等龍衣(襲カ)渡于寄(ママ)来畢(早カ)良郡之間、各可相向当所蒙仰之間、
令馳向鳥飼塩浜令防戦之処、就引退彼山(凶カ)徒等令懸落百路(道)原、馳入大勢之中、令射戦之時、
兼重鎧胸板・草摺等ニ(ママ)被射立箭三筋畢、凡雖為大勢之中、希有仁令存命、不分取許也、」

史実のモンゴル軍は武士にボコられて逃げ回ってただけだよ。

287世界@名無史さん2017/12/21(木) 21:34:41.360
>モンゴル軍は武士にボコられて逃げ回ってただけ
なんともはや、負け犬の遠吠えっぽいな

288世界@名無史さん2017/12/22(金) 19:27:08.260
>>234
なんともはや、負け犬の遠吠えっぽいな

289世界@名無史さん2018/01/04(木) 06:44:05.030
無敵皇軍に勝てるわけがない

290世界@名無史さん2018/01/05(金) 13:24:24.070
鉄砲があれば可能

291世界@名無史さん2018/01/06(土) 18:53:02.830
憲法9条があればどんな軍隊でも食い止められる

292世界@名無史さん2018/01/06(土) 22:47:18.350
大ハーンが死んだという虚報を流す

293世界@名無史さん2018/01/07(日) 01:27:49.920
トランプ様の属国になる

294世界@名無史さん2018/01/07(日) 04:58:43.370
馬の伝染病を流せばいいだろw

295世界@名無史さん2018/01/14(日) 10:55:26.810
砂漠化すれば馬の食べる草がないから大丈夫でしょ

296世界@名無史さん2018/01/30(火) 07:54:20.230
世界史のようにおもしろいかねがはいってくるさいと
グーグルで検索⇒『羽山のサユレイザ』

XUUTX

297世界@名無史さん2018/02/05(月) 03:31:32.260
日本のパタリロ四条天皇が最高司令官だったら、川底につるつるに磨いた石板を並べ、蒙古の馬を転倒させ兵に矢を撃ちかけて全滅させ、ついでに自分も転んで後頭部を打ち付けて死亡だろうな。

298世界@名無史さん2018/02/05(月) 06:21:29.860
チョン王が最高司令官だったら、女真族に命乞いして、蒙古の馬を転倒させ兵に矢を撃ちかけて全滅させ、ついでにチョン王も女真族に土下座してたろうな。

299世界@名無史さん2018/05/03(木) 00:23:42.950
299get

新着レスの表示
レスを投稿する