預言の時は今! [無断転載禁止]©2ch.net

1世界@名無史さん2016/12/20(火) 04:43:21.930
その時代を通して数々の紛争が起こる。デービス海峡付近にそれを予期せよ。
広い大陸に向けて生命線を保とうとする試みがそこでなされる。
リビア、エジプト、アンカラ、シリアに、またオーストラリアから上の海峡一帯、
インド洋、ペルシャ湾を注視しなさい。
・・・

エドガー・ケイシー

2世界@名無史さん2017/05/16(火) 13:31:31.670
今年10月27日(旧9月8日)地の岩戸が開いて霊界と現界を隔てている壁がなくなります。すると地球という名のエレベーターが5次元へ向かって動きだします。
一旦動き出すともう誰にも止められません。5次元に着くまでに幽界を通過しますが幽界の低い階層つまり地獄界と呼ばれる層を通過する期間が大艱難時代として現実に顕れて来ます。
到着は2024年の予定です。地球人の皆様は身魂を掃除してお備え下さいますようお願い申し上げます。
http://vps20-d.kuku.lu/files/20170516-1322_5f866dc877f24a184582ad7ce53258b3.jpg

3世界@名無史さん2017/05/18(木) 22:51:02.760

4世界@名無史さん2017/05/29(月) 12:35:15.100
イスラエルの民の世。喜び言、全土に響く真理ぞ。
イスラエルの民に印あり。真実のイスラエルの民、早く開け。
イスラエルの民に花咲く御代 嬉し嬉し、早う光の文路知らせたり。急ぐ心ぞ。

http://vps6-d.kuku.lu/files/20170529-1103_b35f3734b2a3c50ccdcf3bb778cdc722.jpg

5世界@名無史さん2017/06/18(日) 14:57:47.030
太陽が暗黒でぐるぐる巻きにされる時、星々が落ちる時、山々が飛び散る時、中略、帳簿がさっと開かれる時、天がめりめり剥ぎ取られる時、地獄がかっかと焼かれる時、天国がぐっと近づく時、その時こそ、どの魂も己が所業の結果を知る。(「つつみ隠すの章」メッカ啓示)

預言の時は近づいています
http://vps6-d.kuku.lu/files/20170618-1319_7a3d93b6701ab165643f9d9340038902.jpg

6世界@名無史さん2017/08/17(木) 20:46:25.660

7世界@名無史さん2018/01/30(火) 12:38:08.870
世界史のようにおもしろいかねがはいってくるさいと
グーグルで検索⇒『羽山のサユレイザ』

L7XVQ

8世界@名無史さん2018/07/12(木) 13:01:23.740
友達から教えてもらったパソコン一台でお金持ちになれるやり方
興味がある人はどうぞ
検索してみよう『立木のボボトイテテレ』

VGX

9世界@名無史さん2018/07/16(月) 20:27:06.220
お払いしときますよっと

10世界@名無史さん2018/07/16(月) 20:27:35.260
北米最古の犬、ほぼ消滅していた
1万年前の遺骨のDNAを現代の犬と比較、交雑の痕跡もほぼゼロ
2018.07.09

http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/18/070900302/?P=2

11世界@名無史さん2018/07/16(月) 20:29:04.810
絶滅寸前から復活、3500年続く古代犬種“ショロ”
原種に近く、アステカでは神の使いだったショロイツクインツレの物語
2017.11.28

http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/17/112700456/

12世界@名無史さん2018/07/16(月) 20:30:11.620
イヌ家畜化の起源は中国、初の全ゲノム比較より
世界のイヌとオオカミ58頭の全ゲノムを解読、「2つの段階」が判明
2015.12.22

http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/15/122100372/

13世界@名無史さん2018/07/16(月) 21:18:01.430
>>10

New Evidence of the Earliest Domestic Dogs in the Americas
Angela Perri, Chris Widga, Dennis Lawler, Terrance Martin, Thomas Loebel, Kenneth Farnsworth, Luci Kohn, Brent Buenger
doi: https://doi.org/10.1101/343574

14世界@名無史さん2018/07/16(月) 21:23:00.460
>>13

There are a number of large canid remains dating to the late Upper Pleistocene
from across Beringia and southern Siberia, many of which are suggested to be
Paleolithic dogs (see Germonpre et al. 2017 for a review of the Western Beringian and Siberian specimens)

. These include canids from

Ulakhan Sular (c. 17,200 kya),
Dyuktai Cave (c. 17,300-14,100 kya),
Afontova Gora-1 (c. 16,900 kya), Verholenskaya Gora (c. 14,900 kya),
Berelekh (c. 14,100 kya), Little John (c. 14,000 kya; Easton et al. 2011),
McDonald Creek (c. 14,000-12,600 kya; Mueller et al. 2015),
Nikita Lake (c. 13,800 kya), Ushki-I (c. 12,800 kya),
and Ust’Khaita (c. 12,300 kya).

At present, the taxonomy and interpretation of m any of these specimens is contested or inconclusive. Others have yet to be evaluated furthe

15世界@名無史さん2018/07/16(月) 21:27:05.540
>>13

Koster dog F2256 dates to 8790 ± 30 BP (10,110-9,680 cal BP),
Koster dog F2357 dates to 8820 ± 30 BP (10,130-9,700 cal BP), and
the Stilwell II dog dates to 8840 ± 80 BP (10,190-9,630 cal BP)

. The chronological differences between the Stilwell II and Koster individuals are not statistically significant at the scale of 14C dating.
These new dates range several hundred years earlier than previously
-associated dates for the Koster dogs, and add another Lower Illinois River Valley dog to the early pre-contact dog record.

16世界@名無史さん2018/07/17(火) 23:32:31.320
https://en.wikipedia.org/wiki/Jiroft_culture

A "Jiroft culture"[1] has been postulated as an early Bronze Age (late 3rd millennium BC) archaeological culture,
located in the territory of present-day Balochistan and Kerm?n Provinces of Iran.

The hypothesis is based on a collection of artifacts that were confiscated in Iran and accepted by many to have derived from the Jiroft area in south central Iran,
reported by online Iranian news services, beginning in 2001.

The proposed type site is Konar Sandal, near Jiroft in the Halil River area. Other significant sites associated with the culture include;
Shahr-e Sukhteh (Burnt City), Tepe Bampur, Espiedej, Shahdad, Tal-i-Iblis and Tepe Yahya.


https://en.wikipedia.org/wiki/Shahr-e_Sukhteh
https://en.wikipedia.org/wiki/Konar_Sandal

https://en.wikipedia.org/wiki/Tepe_Yahya

・Metallurgy
In Period IVB (3100-2700 B.C.), a copper-bronze dagger was found which contained 3.0% tin,
seemingly representing an alloy of tin. This is a very early evidence for copper-tin alloying in southwestern Asia.
A related site is Tal-i Iblis, where early metallurgy has also been attested.[13]

・Early writing
To Period IVC belong six proto-Elamite tablets that have been recovered. Also, eighty-four tablet blanks indicate that writing was being practised at Yahya.
These finds are similar to the discoveries at Susa Cb and Sialk IV.[14][15]

・Also, an object was found similar to a writing stylus.[16]
Konar Sandal is located 55 miles north of Yahya and is culturally similar. Both cities traded with Mesopotamia. According to archaeologist Massimo Vidale,
Indus civilization weights, seals, and etched carnelian beads were found in the area, demonstrating the connections between these two cultures.[17]

17世界@名無史さん2018/07/22(日) 23:16:25.190
【人類学】縄文人、ラオス・マレーシアにルーツ? ゲノム配列解読[07/11]
https://egg.5ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1531460749/28


The prehistoric peopling of Southeast Asia

http://science.sciencemag.org/content/361/6397/88

Abstract

The human occupation history of Southeast Asia (SEA) remains heavily debated.
Current evidence suggests that SEA was occupied by Hoabinhian hunter-gatherers until ~4000 years ago,
when farming economies developed and expanded, restricting foraging groups to remote habitats.
Some argue that agricultural development was indigenous; others favor the “two-layer” hypothesis that posits a southward expansion of farmers giving rise to present-day Southeast Asian genetic diversity.
By sequencing 26 ancient human genomes (25 from SEA, 1 Japanese J?mon), we show that neither interpretation fits the complexity of Southeast Asian history:
Both Hoabinhian hunter-gatherers and East Asian farmers contributed to current Southeast Asian diversity,
with further migrations affecting island SEA and Vietnam. Our results help resolve one of the long-standing controversies in Southeast Asian prehistory.

18世界@名無史さん2018/07/22(日) 23:25:56.850
>>17

Ancient Genomics Reveals Four Prehistoric Migration Waves into Southeast Asia

https://www.biorxiv.org/content/early/2018/03/08/278374


Abstract

Two distinct population models have been put forward to explain present-day human diversity in Southeast Asia.
The first model proposes long-term continuity (Regional Continuity model) while the other suggests two waves of dispersal (Two Layer model).
Here, we use whole-genome capture in combination with shotgun sequencing to generate 25 ancient human genome sequences
from mainland and island Southeast Asia, and directly test the two competing hypotheses.

We find that early genomes from Hoabinhian hunter-gatherer contexts
in Laos and Malaysia have genetic affinities with the Onge hunter-gatherers from the Andaman Islands,
while Southeast Asian Neolithic farmers have a distinct East Asian genomic ancestry related to present-day Austroasiatic-speaking populations.

We also identify two further migratory events, consistent with the expansion of speakers of Austronesian languages
into Island Southeast Asia ca. 4 kya, and the expansion by East Asians
into northern Vietnam ca. 2 kya.

These findings support the Two Layer model for the early peopling of Southeast Asia and highlight the complexities of dispersal patterns from East Asia.

19世界@名無史さん2018/08/21(火) 20:22:21.460
●キリスト教のカルト教義「聖絶」とは何か●

ヨシュア記
「この町と、その中のすべてのものは、主への奉納物として滅ぼされなければならない。」
「そして町にあるものは、男も、女も、若い者も、老いた者も、また牛、羊、ろばをも、ことごとくつるぎにかけて滅ぼした。 」

「子供だから助命しよう」「神の声を騙ったサタンの囁きでは」などと考えるのは神に対する背信行為であり、その者も聖絶の対象である。
全知全能の神が「○○人を殺せ」と命じれば、敬虔な信者は忠実に実行しなければならない。
これがキリスト教のカルト教義「聖絶」である。
「聖」がついているので何か素晴らしい行いに見えるかもしれないが、
何のことはない、ただの「民族浄化」を正当化したイデオロギーである。
まさにオウム真理教でいうところの「ポア」と同義語である。
ポアの教義をもってオウム真理教をカルトと断罪するならば、
キリスト教も聖絶の教義をもってカルトと断罪されるべきである。

20世界@名無史さん2018/08/21(火) 20:22:41.060
もしアドルフ・ヒトラーが史実よりも「神がかった男」で、人種よりも宗教を前面に出して
神聖社会主義ドイツ労働者党(Heilige Sozialistische Deutsche Arbeiterpartei、略称: HSDAP、別称: Hezis)を結成し、
ドイツ国民に「神のお言葉によってドイツを救済する」と説いて、預言者兼独裁者となり、
そして神のお言葉として「ユダヤ人を殺せ」と世界中のキリスト教徒に命じた場合、
もちろん「何が預言者だ、このニセ預言者が!」と無視する者もいるだろうが、
決して少なくない数の「敬虔な」キリスト教徒が、率先してユダヤ人を虐殺するだろう。
キリスト教の教義には、そういう危険性が常に付きまとっているのだ。
イスラム教はそういう危険性を回避すべく、教祖ムハンマドを最後の預言者としているのだ。

21世界@名無史さん2018/08/21(火) 20:22:56.480
「ヒトラーなんぞを預言者と認めるわけねーだろ、馬鹿が!」と言うかもしれない。
でもそれは、奴の正体を現代の我々には分かっているからである。
もし数々の奇蹟なるものを起こし、いかにも徳のある人格者を装った預言者だったら、コロッと心服し預言者と認めてしまうだろう。
そして、その預言者が
「これはヘイトスピーチなのかもしれないが、神のお言葉なので預言者の義務として皆に伝えなければならない。『ユダヤ人を殺せ』と神は仰せられた。」
と言ったら、すっかり信じ切ってしまい、ユダヤ人を虐殺するのがキリスト教クオリティなのである。
そういう点で、ヴァジラヤーナの教えと称して信者に殺人を唆したオウム真理教と共通点がある。
キリスト教徒には死刑になったオウム信者を嗤う資格はない。同類の宗教として猛省すべきである。

22世界@名無史さん2018/09/06(木) 21:19:17.040
大祓い(大修祓)真っ只中、今後一週間どころか場所を問わずこの先ずっと注意が必要です。

占星術によると9月10日(旧八月1日)の「乙女座新月」は一年の内で宇宙の浄化力が特に高まるタイミングで宇宙全体が浄化モードだそうです。
(乙女座はいらないものを削ぎ落とし減らすパワーを持っていてエネルギーの断捨離にぴったりで潜在意識に巣くっている偏見や思い込みを手放すサポートも大得意なのだそうです。
この浄化力を利用して飛躍を拒んできた足枷や溜め込んでしまった邪気を手放せば木星が射手座に入ってから降り注ぐ恩恵を逃さず受けることができるようです。)

「不要なもの手放して本来あるべき姿に戻す」「悪しき生活習慣を手放す」

そして今回の新月では牡牛座、乙女座、山羊座で「地のグランドライン」が形成されるためネガティブ・エネルギーはもちろん、目に見えるもの(肉体や物質的なもの)に対しても力を発揮するそうです。
「お金」や「収入」を意味する第2室で起こるため経済に関する大きな出来事もあるかも知れません。


そして、明日の9月6日は「実務」を得意とする水星が乙女座に入り、その夜に「現実化」をもたらす土星が約5ヶ月ぶりに順行へ戻るのでこれまで進まなかったことも今週後半から徐々に動き出すのだそうです。
魚座満月の頃から形成されている「地のグランドライン」にスイッチがはいるとか。
『秋立ちたら神烈しくなるぞ』も立秋の事では無く本格的な秋の到来を意味する二十四節気の「白露」(9月8日)を指しているのかも知れません。

ニビルも今夜から明日(最終リミットは七の仕組の最終日の9月16日まで)にかけて顕現(現実化)するかも


四つの隈(くま)の前後は特に要注意。

占星術の解釈については【K’s Selection】発行のメルマガを参考にしました。
Web:http://qt15.asp.cuenote.jp/c/b4dQaa3QcBuMyBal

2018年二二の岩戸開き
https://i.imgur.com/3LGfY8j.jpg

新着レスの表示
レスを投稿する