日本人ってやたらドイツに仲間意識持ってるけど

1世界@名無史さん2018/01/25(木) 20:14:33.720
ドイツ人からしてみりゃ、同盟組んだWW2でアメリカ参戦する口実作られるわ、共同でソ連と戦ってくれないわ、暗号ガバガバでV2ロケットの製造拠点ばれるわでマジで恨みこそすれ仲間意識なんてないだろ。
イタリアのがよっぽど一緒に戦った仲間だわ

211世界@名無史さん2018/03/29(木) 11:07:57.790
あと、民主制と君主制は別に相反する概念じゃないだろ

212世界@名無史さん2018/03/29(木) 11:13:22.770
>>210
民主制でも国民に代わる責任者はいないぞ。
だから、アメリカみたいに国論が二分して国民意思が分裂すると機能不全になる。
世の中に、完璧な制度なんかないんだから、制度の悪口ばかり言っても仕方ない。
どちらがよりよいか、の問題だと思う。

>>211
民主制は国民が主権者で、君主制は君主が主権者だから、相反する。
もちろん君主制のもとで民選議会が開かれる場合もあって、それが「民意の反映」という意味で、民主的制度と言われる。
しかしそれは、民主「的」なのであって、制度の本質ではない。

213世界@名無史さん2018/03/29(木) 11:19:11.990
あと思うのは、立憲民主制は、制度の根本部分において、ごまかしで成立してると思う。
立憲民主制にせよ、立憲君主制にせよ、「立憲」の部分は国民の基本的人権を、なにがあっても絶対守るべきだという大前提の部分だ。
立憲君主制の場合は、国民の基本的人権を守るべき理由は明白だ。先帝の命令だから。
立憲民主制の場合は、自然法思想とかで、基本的人権は性質上犯すことのできない、神の定めた権利だとか言ってるけど、それ、どうやって証明するんだ?

214世界@名無史さん2018/03/29(木) 11:20:42.570
一部の軍事オタだけだぞ

215世界@名無史さん2018/03/29(木) 11:29:46.690
>>212
下らない言葉遊びだ。
なら民主主義と言わず民本主義とでも言っておけばいい

216世界@名無史さん2018/03/29(木) 11:36:33.650
で、ドイツの話題どこ行った?
あ、昔のドイツと昔の日本が似てるって話だったかw

217世界@名無史さん2018/03/29(木) 11:48:11.780
脱線野郎がドヤる典型的な糞スレ

218世界@名無史さん2018/03/29(木) 12:51:18.340
>>205
ぜんぜんドイツの話してないじゃんw
「ドイツがSCOに加入する可能性」について、お前はどう思っているんだ?

219世界@名無史さん2018/03/29(木) 13:13:00.490
日本の政治外交的な最盛期は元老政治生き残り士族が軍人の頃だろうから立憲政治は間違って無いと思うよ
いつの時代も官僚政治の頃に悪くなる

220世界@名無史さん2018/03/29(木) 13:15:57.790
>>213
自然法思想は壮大なフィクションだからね
マルクスのフィクションが世界を変えたのと同じように原動力にはなっている

221世界@名無史さん2018/03/29(木) 18:56:01.900
1968年の明治維新、1871年のドイツ統一で、この2国はほぼ同時に国民国家としてのスタートを切った。
その後の、後発近代国家としての苦難の歩み、戦後の復興期など、非常によく似た歴史展開をしているのは事実だろう。

でも、「日本人がやたらドイツに親近感を持ってる」というのは、どうかなあ?
そういう実感は、とくにない。

222世界@名無史さん2018/03/29(木) 18:56:29.130
1868年の明治維新だな(笑)

223世界@名無史さん2018/03/29(木) 19:04:32.930
ドイツ、ロシア、日本は資本主義が未発達なままで国民国家への道を歩んだ「帝国」だった
「上からの改革」で官製の工場を民間に払い下げたり官立の大学に外国人教授を呼んで人材養成をしたりした
君主が「啓蒙専制君主」という本末転倒の名で呼ばれたり、
議会制民主主義を皇帝の恩賜によって取り入れたりした
そうすることで英仏に認められようとした
いびつに見えても、どだい教科書通りの産業革命や民主主義が達成できた国なんてせいぜい英仏米くらいだろ

224世界@名無史さん2018/03/30(金) 08:09:05.070
>>221
少なくとも、その時代の日本人は、ドイツ人に親近感もってたんだろうな
第一次大戦までだっけ? でも、その後押し付けられたワイマール共和国をはねのけたヒトラーを支持してた期間もその続きと考えれば、第二次大戦終了までか
それ以降は、ともに敗戦国から立ち上がった仲間ってことで親近感があったかもしれんけど、共和制になったドイツは、ちょっと遠い国になったかな
ともに先進国に復帰したあとは、もはや親近感はなくなった感じだね

225世界@名無史さん2018/04/07(土) 19:42:07.25O
ワイマール共和国というのは
外国から押し付けられた,政体なんですか ?

226世界@名無史さん2018/04/08(日) 04:12:01.270
>>224
いやヒトラーには違和感ありまくりだったろ
利害の一致ということでナチスドイツを支持していたのと
あとはドイツという国そのものに対する親近感はあったとして

227世界@名無史さん2018/04/08(日) 14:39:21.240
>>225
とにかく講和条件を緩和してもらうために民主的な体裁を取ろうとしたのが発端だからな
その意味では強制された体制と言えない事もない

228世界@名無史さん2018/04/08(日) 14:50:45.980
>>225
外国から押し付けられた体制とまでは言えないが、立憲君主制をアメリカが拒否し、
皇帝の退位を主張して譲らなかったおかげで共和制になったのは事実

229世界@名無史さん2018/04/08(日) 14:53:24.590
皇帝が退位して内閣が総辞職した結果、ドイツは不安定になり革命が起きた

後に、日本で天皇制を残したのは、このときの反省もあるだろう

230世界@名無史さん2018/04/08(日) 22:16:40.460
>>228
カイザーの退位は要求したが帝政廃止は予想外だったらしいが

231世界@名無史さん2018/04/12(木) 17:08:32.260
ドイツ人はソ連軍に感謝してるのに、何で日本人はソ連軍に感謝しないんですか?

ガウク大統領は、次のように強調しているー
「1945年5月8日、我々は解放された。我々を解放したのは、ソ連の諸民族の代表者達だったが、そればかりではない。
それゆえ、我々は、感謝と尊敬の念を示さなくてはならない。戦後ドイツが、ベルリンの壁により長い間分断されたという
事実でさえも、そうした気持ちに影響を与えるべきではない。一部の観測筋は疑っているようだが、私には、
ロシアにもロシア人に対しても問題はない。」
http://jp.sputniknews.com/europe/20150502/284616.html

232世界@名無史さん2018/06/17(日) 00:58:15.410
海外のヒトラーやナチスの本読むと一発でドイツ嫌いになるけどな
ユダヤ人やスラブ人・ギリシャ人・etc
虐殺行為を事細かに記述され、しかも大規模で人間とは思えんわ
もう残虐の限りをやりつくした連中、よく報復に絶滅されなかったか不思議なくらい
日本人も知ればドイツ人と仲間と思われたくなくなるだろう。

233世界@名無史さん2018/06/17(日) 03:26:55.550
>>230
引退後にオランダでぐちぐち黄禍論の本書いてるレイシストの皇帝なんか象徴にもならねえよ

234世界@名無史さん2018/06/17(日) 11:20:38.650
麻生君の愛するナチス批判は許されません
安倍君の愛するロシア批判は許されません

235世界@名無史さん2018/06/17(日) 11:45:55.670
>>233
自分は国外に逃げ出したくせにまた皇帝に返り咲けると思ってたのか

236世界@名無史さん2018/06/17(日) 13:20:15.720
>>235
返り咲ける見込みもなくなってから脳の膿と本性が出てきたんだろう

237世界@名無史さん2018/06/17(日) 23:24:35.640
>>232
ほんとにエグいよな
ドイツ特有のある種の完璧主義の向かう方向が虐殺と言うだけでこうもなるかと
戦後オーデル・ナイセ以東や東欧地域で民族浄化されたのも納得の残虐さだった
というかズデーテンしかり侵略の足がかりにされるゲルマン民族とか浄化されて当然

238世界@名無史さん2018/06/18(月) 02:06:25.470
そういう発想で東方ドイツ人は数百年ぶりの「帰還」の最中にも虐殺されたんだよな
だがそれまでポグロムで何百万人もユダヤ人を殺してきたのがエスカレートしたのが
ホロコーストなのであり、ホロコーストの最中にもそれは同時進行していたのだが、
ポグロムを起こし、かつ被害者ヅラでドイツ人の虐殺も行なったポーランド人やウクライナ人は何の処罰も受けないのか

239世界@名無史さん2018/06/18(月) 11:51:32.130
報復だろ、その前にドイツ人がポーランド人やウクライナ人を虐殺してるんだが?
お前はテレビしか見てないだろ
「ヒトラーの国民国家」「戦争と飢餓」「ナチズムに囚われた子どもたち」
このくらいは読んでから言えよ

240世界@名無史さん2018/06/18(月) 12:11:34.590
ポグロムはもっと何百年前から続いているのに?
本は嘘をつく、本はプロパガンダを吐く、本は人間と同じ
読んだだけでマウント取れるなんて思うな

241世界@名無史さん2018/06/18(月) 12:33:36.750
ポグロムが国家の意思として政策として行なわれた証拠はあるのか?

242世界@名無史さん2018/06/19(火) 17:58:37.980
国家と民族は同じ
民族の意志は国家の意志だ
それが国民国家の時代

243世界@名無史さん2018/06/20(水) 10:29:58.420
一部のはねっかえりだろ。一個人や一部地域の住民の行為を国家意思とは言えない。
一個人や一部地域の犯罪まで国家の意思にまで広げることはできない。極端な意見だ
国家意思による虐殺とは、国家予算まで使い政府によって計画的に絶滅収容所を建設し
政策として運用することだろ。君は一個人の犯罪まで民族全体の犯罪というのか?
それは連座ではないのか?集団懲罰はジュネーヴ条約第4条約によって禁止されている。
戦後に文民保護条約として制定されたのだが?

244世界@名無史さん2018/06/20(水) 12:33:53.890
ポグロムは帝政ロシアでは政府が誘導していた節はあるけどな
専制政治への不満のはけ口として
ただポーランド王国はカリシュの法令でユダヤを保護してたし(最終的に分割され滅んだが)
ハプスブルク帝国もある程度寛容だった

245世界@名無史さん2018/06/21(木) 04:42:08.560
ポーランドやウクライナで国民国家意識が高まったからポグロムが起きたわけだろ
それは民族意識の反映であり、一個人の思いつきじゃないよ
因果関係を無視しちゃいけない
あくまで集団行動だったということも忘れちゃいけない
アシュケナージにとって「東方」は夢の新天地であり、そこでコスモポリタンとして
生きていくことがユダヤ人に開けた明るい未来だった
ポグロムという民族主義的行動でその道を閉ざされたユダヤ人は、
シオニズムで対抗して新たな国民国家を建設する方向に方向転換していった
忘れちゃいけない。シオニズムはナチズムやホロコーストより前からあったのだ

246世界@名無史さん2018/06/21(木) 14:53:28.440
集団行動は民族の全体の罪なのか?政府が直接行ったわけでもないのに?
では朝鮮学校の卒業生達が日本人拉致に関わってるから在日朝鮮人は全て犯罪者なのか
ナチスは協力しなかったりユダヤ人を匿った連中(自国民でさえ)まで強制収容所送りだぞ
ポグロムは同調せず協力しなかった同胞まで虐待していないだろ
ナチスは国家方針として実行しユダヤ人保護を違法化しているんだが

247世界@名無史さん2018/06/21(木) 20:11:14.030
三・一独立闘争は朝鮮民族の輝かしい歴史じゃなくて
集団の意志の暴発に過ぎなかったわけだ

248世界@名無史さん2018/06/21(木) 21:56:02.840
まぁそうだろ当時の人口が1700万程度なのに
延べ参加人数でやっと200万程度だから多数派とは言えないしな
むしろ日本の財政支援で朝鮮半島はより良い状態になった

日本が行った朝鮮統治の実績
<<封建的諸制度、因習の廃止・禁止>>
  ・身分制度とそれに伴う特権や差別の廃止
(身分制度廃止令は併合前だが、実際は後)
    奴婢の解放 (人口の30%)
    両班の特権廃止
    女性の解放(名前を奨め、再婚を許可)
    衣服の自由化、瓦屋根や二階建て以上の家屋の制限を撤廃
  ・因習の廃止
    人身売買の禁止
    宦官(睾丸の腐割)の禁止
    纏足の禁止
    少女を妓生とすることを禁止
<<近代的経済法制の導入>> 
 ・私有財産の保障(所有権制度の整備) 
 ・土地測量と地籍の確定 (墳墓など0.05%位
が未申告地として残った) 
 ・近代的企業制度と商法の確立 
 ・通貨制度の整備 
 ・度量衡の統一<<近代的社会制度の導入>> 
 ・罪刑法定主義を徹底(私刑の禁止) 
 ・残虐刑を廃止 
 ・行政の単位をそれまでの一族から、家族(氏)に規定(これが創氏の目的)  
・家長の権限を制限 
 ・地方の行政長や議員の選挙による選出

249世界@名無史さん2018/07/02(月) 19:12:33.700
>>1
なぜドイツは世界一クソなのか?
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/whis/1519482821/
上のスレのようにドイツに仲間意識を持ってなくて批判している人達もいるね。

250世界@名無史さん2018/07/12(木) 10:03:01.260
友達から教えてもらったパソコン一台でお金持ちになれるやり方
興味がある人はどうぞ
検索してみよう『立木のボボトイテテレ』

4S2

251世界@名無史さん2018/07/27(金) 19:42:05.330
【ドイツ】〈調査〉ドイツ人にとって日本と中国はどちらが重要? 2倍近い差で圧勝したのは…[07/21]
https://egg.5ch.net/test/read.cgi/news5plus/1532259220/より
1 名前:しじみ ★[sage] 投稿日:2018/07/22(日) 20:33:40.56 ID:CAP_USER
Uの大国、ドイツ。サッカーW杯では、事前の予想を裏切ってまさかの一次リーグ敗退となったが、
ヨーロッパにおける政治/経済的なプレゼンスは大きい。

2005年から、メルケル首相が4期にわたって政権につき政治的には安定しているものの、
難民流入やEU内における格差といった問題にも直面している。
https://sirabee.com/wp/wp-content/uploads/2018/07/ThinkstockPhotos-674331858-600x400.jpg

■日独の共通点と中国の急接近
ドイツと日本には、共通点も少なくない。「遅れてきた帝国主義国家」として、ファシズムに陥った歴史。
勤勉な国民性と高い工業技術力。ともに自動車産業は世界を席巻し、日本に輸入されている外車の6割もドイツ車だ。

一方で、ドイツは中国との関係も深めている。
9日、ベルリンを訪問した中国の李克強首相は、メルケル首相と会談し、200億ユーロ規模の取引で合意した。

こうした情勢の中、ドイツ人は日本と中国のどちらが自国にとって重要と考えているのだろうか。
しらべぇ編集部は、海外80ヶ国の生活者アンケートサービスを提供するSyno Japanと共同で、
ドイツに住む10代〜60代の男女1,003名を対象に調査を実施した。

252世界@名無史さん2018/07/27(金) 19:43:03.540
■「日本より中国」が5割に迫る

「日本のほうが重要」と答えた人は、およそ4人に1人。
ところが、「中国のほうが重要」と考える割合は、46.7%と半数に迫ることがわかった。
中国は日本に2倍近く水を開け、経済発展と政治的プレゼンスの伸長が見てとれる。
https://sirabee.com/wp/wp-content/uploads/2018/07/sirabee20180721german1-600x296.jpg

■「日本が重要」のドイツ女性は2割以下
男女別に見ても「中国支持」の傾向は変わらないが、日本の存在感については差も見られる。

男性はおよそ3割が「日本のほうが重要」と答えたのに対して、女性では2割以下。
米国で同時期に実施した調査と比較すると、「女性が中国支持」の傾向は変わらないが、
ドイツのほうがその傾向がさらに顕著となっている。

https://sirabee.com/2018/07/21/20161717634/

253世界@名無史さん2018/08/06(月) 17:51:41.740
ドイツなんか信頼する価値はないよ
次はイタリア抜きでとか言うらしいけど
第三次世界大戦が起こったら次もドイツのいる側が敗者だ

254世界@名無史さん2018/08/06(月) 21:39:11.690
【ドイツ】中国の正体にやっと気付いたドイツ 「中独合作」は崩壊するのか?[08/06]
http://egg.5ch.net/test/read.cgi/news5plus/1533532440/

255世界@名無史さん2018/08/27(月) 01:06:28.370
ナチスドイツの蛮行を知ると
ドイツだけは(イスラム教徒に)滅ぼされてもいいかな

256世界@名無史さん2018/08/27(月) 05:43:14.660
【ドイツ】「日本は強力な国際プレーヤーではない」 今のドイツから日本はどう見えるのか[08/17]
http://egg.5ch.net/test/read.cgi/news5plus/1534655939/

257世界@名無史さん2018/09/05(水) 02:52:31.280
ドイツ人女は人間のクズだった
しねばいいのに

258世界@名無史さん2018/09/08(土) 16:56:59.020

259世界@名無史さん2018/09/13(木) 04:42:08.850
ドイツを美化するな
ドイツなんか信頼するな
ドイツに期待するな

260世界@名無史さん2018/09/13(木) 04:42:23.870
ナイン ダンケ シェーン

261世界@名無史さん2018/10/11(木) 14:27:37.680
ドイツ人女性は不倫の子を夫の子とする人間のクズ
日本人もだが

新着レスの表示
レスを投稿する