フランコ総統(フランシスコ・フランコ)

1世界@名無史さん2018/04/17(火) 19:35:57.480
フランシスコ・フランコ・イ・バアモンデ(Francisco Franco y Bahamonde、1892年12月4日 - 1975年11月20日)は、
スペインの軍人、政治家、独裁者(総統)。ガリシア出身。

こういう強引な人はたいてい最後は失脚するもんですが
失脚しないままタタミの上で死んだのは正直凄いと思う。

83世界@名無史さん2018/05/20(日) 10:29:02.890
二人ともいまいち知名度がないよな
ヒトラー、チャーチルと化け物が近辺にいるから仕方がないけどさ

84世界@名無史さん2018/05/20(日) 11:19:52.490
フランコ時代はNATOに入れなかったスペイン

だけどお隣ポルトガルはサラザール時代でもNATOに入れてもらえてる。
(軍事上の要所といわれるアゾレス諸島を抱えてたから?)

85世界@名無史さん2018/05/20(日) 11:49:14.580
ピノチェトに関する話があがってたけどフランコ政権が
クーデター後に発足したピノチェト政権に祝電送ったり
いち早く承認したりって話は聞かないような。

86世界@名無史さん2018/05/20(日) 21:26:29.170
フランコの死後、軍部によるクーデター未遂事件がおきてたのね

87世界@名無史さん2018/05/22(火) 00:17:53.690
スウェーデンの警察小説マルティン・ベックシリーズの最終作「テロリスト」で
弁護士が裁判での弁論時にピノチェトやサラザールの他にフランコを引き合いに
出してスウェーデン社会を批判してたような気がする。

88世界@名無史さん2018/05/22(火) 05:22:15.620
>>86

失敗した理由はなんだっけ?

89世界@名無史さん2018/05/22(火) 09:57:37.950
>>88
こんなのめっけた
ttp://grc-con.com/2017/02/28/democracy-in-spain/

90世界@名無史さん2018/05/22(火) 10:10:15.920
過去スレ
【近代兵器の】スペイン内戦を語ろう!【実験場】
https://hobby7.5ch.net/test/read.cgi/army/1153752968/
スペイン内乱時の人民戦線側にはジャック・白井って名の日本人義勇兵がいたけど
反乱軍側にも日本人義勇兵がいたっていわれてるのね。

>> 81
ポルトガルのカーネーション革命、フランコ本人は気にしなくても
フランコ派の面々(軍部や保守層とか)はおそれを抱いてたのかなあ。

91902018/05/22(火) 10:12:16.750
レス先間違えた。
>>81じゃなくて>>78だったorz

92世界@名無史さん2018/05/22(火) 13:51:04.440
>>90

> 反乱軍側にも日本人義勇兵がいたっていわれてるのね。


それは初耳

93世界@名無史さん2018/05/22(火) 13:55:33.690
カルロス国王が即位した時には

「国王は、議会が推薦する3名の中から首相を選出しなければならない」

との規定があったらしい。

94DJgensei artchive gemmar2018/05/22(火) 15:41:03.750
ナトーなんて辞退した方が良かったフランコの自覚。

95世界@名無史さん2018/05/23(水) 20:01:25.570
フランコの兄弟の中には共和国側についた人もいたっけ。

96世界@名無史さん2018/05/23(水) 21:30:34.330
>>95

関ヶ原の真田家や前田家みたいなもんか?

97世界@名無史さん2018/05/24(木) 01:43:36.620
総統と訳されてるカウディーリョだけど,かつてスペイン語系中南米諸国に
存在した武装有力者もカウディーリョって呼ばれてるのな。

98世界@名無史さん2018/05/24(木) 03:23:33.600
ムッソリーニのドゥーチェも総統って訳されるのかな

99世界@名無史さん2018/05/24(木) 06:16:41.010
>>97

> 総統と訳されてるカウディーリョだけど,かつてスペイン語系中南米諸国に
> 存在した武装有力者もカウディーリョって呼ばれてるのな。


それなら棟梁とか大樹とか訳したほうが良かったかも。

100世界@名無史さん2018/05/24(木) 11:52:26.910
総裁、総帥あたりはどうなんだろか

101世界@名無史さん2018/05/24(木) 17:29:26.850
将来のやっかい者候補を
おだてて義勇兵に仕立て
ソ連に処分してもらうなんて
すごく冷徹なリアリストだった
んだね。

102世界@名無史さん2018/05/25(金) 22:20:46.860
戦場で手柄を立ててようやく結婚を認めてもらったんだっけ
(奥さんの実家が土地の名士か大富豪だったような)

103世界@名無史さん2018/05/26(土) 22:17:00.520
ハリウッドの戦争映画の中にはフランコ統治下のスペインでロケした作品も
あったのね
ttp://www.warmovie.com/museum/pamphlet/body/011.html

104世界@名無史さん2018/05/26(土) 22:26:06.400
>>103

(・o ・)ほぉ!

105世界@名無史さん2018/05/26(土) 22:27:02.050
>>102

そういえばフランコ夫人の性格や死亡時期や死因(病名)は知らない。

106世界@名無史さん2018/05/26(土) 23:00:54.810
日本語版はないけど生年・死亡年(1900〜1988)だけはかろうじてわかった
ttps://en.wikipedia.org/wiki/Carmen_Polo,_1st_Lady_of_Meir%C3%A1s

107世界@名無史さん2018/05/27(日) 06:09:21.240
>>106

かなりしんどい最晩年だったみたいだな。

108世界@名無史さん2018/05/27(日) 08:08:04.750
いうほどしんどいか?

王族の縁戚に成り上がって貴族にも列せられて、裁きも受けず財産没収もされずに自宅のベッドの上で安楽に死んだんだろ?

109世界@名無史さん2018/05/27(日) 08:13:12.310
大物ナチの子弟のなかには、戦後学校から追放されて義務教育も修了できなかった人もいたし、それに比べてずいぶん甘やかされた老後だと思うけど。

110世界@名無史さん2018/05/27(日) 10:02:13.190
ドイツはやり過ぎだわな。

111世界@名無史さん2018/05/27(日) 10:57:50.860
映画の話があがってたんでついでに

マカロニウエスタンもロケはフランコ統治下のスペインで行われてて、出演者も
スペインの人が多かったのよな。
その中にはフレンチコネクションのフェルナンド・レイとかマカロニウエスタン
以前からイタリア映画に出てた人もいたみたいだけど。

112世界@名無史さん2018/05/27(日) 22:31:46.430
ポルトガルのPIDEに相当するフランコ時代の秘密警察って何という名称だったんだろ?

113世界@名無史さん2018/06/02(土) 00:40:10.670
フランコが“大統領(プレシデンテ)“を名乗らなかったのは何でだろ?

114世界@名無史さん2018/06/02(土) 01:27:44.740
私服姿な晩年のフランコ
ttps://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/e/e3/Francisco_Franco_and_Carmen_Polo.jpg
パッと見でもゴルバチョフには・・・似てないか

それはそうとスペインでは台湾の“総統“を“カウディージョ“ではなく“プレシデンテ“と呼んでるのね
ttps://www.eldiario.es/politica/presidente-Taiwan-China-mantienen-relacion_0_408759134.html

115世界@名無史さん2018/06/02(土) 01:42:02.780
ちなみに台湾のほうではフランコの“カウディーリョ“を“総統“ではなく“領袖“と
表現してるっぽい。

116世界@名無史さん2018/06/02(土) 06:01:31.600
>>115

なるほど

117世界@名無史さん2018/06/04(月) 03:13:20.730
>>115
ムッソリーニの“ドゥーチェ“もなの?

118世界@名無史さん2018/06/09(土) 08:55:44.740
>>113
一応王国だからそれは無理
ホルティ提督とか国王不在の王国の最高指導者の称号は難しいね

119世界@名無史さん2018/06/09(土) 10:42:23.170
1947年まではフランコが国家元首、それ以降は国王不在の王国、ということらしい。
WW2終結でファシズムが退潮して、伝統的右派が支配的になったことと連動してるのかな。

120世界@名無史さん2018/06/16(土) 09:48:46.390
各地域の民族主義を弾圧したフランコだけど,スペイン全土をカスティーリャ化
したかったのか、はたまたチトーの旧ユーゴみたいな感じにしたかったのか
(チトーのほうはフランコより後だけど)。

121世界@名無史さん2018/06/16(土) 22:16:21.950
フランコの国家観てどんなものだったのかねぇ

122世界@名無史さん2018/06/16(土) 22:59:52.350
民族主義が抑圧されてる場合はスポーツ試合の時にその地域のチームを
応援する事で鬱憤を晴らすこともあると思うけど,フランコ時代はサポーターの
中にスパイや内通者を紛れ込まれて動向を監視してたんかね?

123世界@名無史さん2018/06/19(火) 17:23:34.680
>>121
伝統主義、保守主義を軸にその時々で最善の道を選択してる。
議会制民主主義を嫌ったのは第二共和政が失敗したからだろう。
共和政下でも普通に軍人やってて内戦が起きるまでは政府に服従してたわけで
強い信念やら強固な国家観を持ってないのがフランコの強み。

124世界@名無史さん2018/06/19(火) 17:26:45.170
>>123

> 強い信念やら強固な国家観を持ってない


しかし一貫して反共と王政肯定だと思うが。

125世界@名無史さん2018/06/19(火) 17:43:02.610
義理や人情にとらわれない人物だったようだね。
ドイツ、イタリアの援助のおかげでクーデターに成功したというのに、第2次世界大戦ではこの両国からの援軍要請を拒否した。
両国が戦争に負けると見抜いていたためだが、両国から見れば、恩知らずもはなはだしい。
「だれのおかげでクーデターができたんだ!」と怒り心頭だっただろう。
スペイン国民にとってはこのことは良かったことだが、人間的にはどんな性格しているのか、ちょっと気になるところだね。

126世界@名無史さん2018/06/19(火) 17:51:11.740
>>125

日本でも松永久秀とかはそういうキャラだろ。

127世界@名無史さん2018/06/19(火) 20:57:06.050
>>125
とはいいつつ東部戦線に義勇兵を派遣して借りを返してるけど,あれは
国内のタカ派を厄介払いするという目的もあったんだっけ。

128世界@名無史さん2018/06/19(火) 21:02:44.070
義理や人情にはとらわれないが、借りは返すという人だったのかな。

そうしないと、誰も助けてくれなくなるからね。

129世界@名無史さん2018/06/20(水) 17:51:46.220
>>123
フランコは最初期に積極的に反乱軍に呼応した側だろ? 

130世界@名無史さん2018/06/21(木) 20:53:43.370
東部戦線に派遣された義勇兵
ttp://www.hyperdouraku.com/blog/2013/08/26/blaue_division/

131世界@名無史さん2018/06/22(金) 04:23:45.320
フランコに関する話ではないけど旧西ドイツのブラント首相って
若い頃はスペイン内乱にも参加してたのね。
ttps://kotobank.jp/word/%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%88-126647

132世界@名無史さん2018/06/22(金) 04:44:40.500
腹心のカレロ=ブランコが暗殺されなくても史実と変わらない道を
たどってんたんだろうか?>フランコ死後のスペイン

1331322018/06/22(金) 04:46:01.450
×:たどってんたんだろうか?
○:たどってたんだろうか?

新着レスの表示
レスを投稿する