フランコ総統(フランシスコ・フランコ)

1世界@名無史さん2018/04/17(火) 19:35:57.480
フランシスコ・フランコ・イ・バアモンデ(Francisco Franco y Bahamonde、1892年12月4日 - 1975年11月20日)は、
スペインの軍人、政治家、独裁者(総統)。ガリシア出身。

こういう強引な人はたいてい最後は失脚するもんですが
失脚しないままタタミの上で死んだのは正直凄いと思う。

93世界@名無史さん2018/05/22(火) 13:55:33.690
カルロス国王が即位した時には

「国王は、議会が推薦する3名の中から首相を選出しなければならない」

との規定があったらしい。

94DJgensei artchive gemmar2018/05/22(火) 15:41:03.750
ナトーなんて辞退した方が良かったフランコの自覚。

95世界@名無史さん2018/05/23(水) 20:01:25.570
フランコの兄弟の中には共和国側についた人もいたっけ。

96世界@名無史さん2018/05/23(水) 21:30:34.330
>>95

関ヶ原の真田家や前田家みたいなもんか?

97世界@名無史さん2018/05/24(木) 01:43:36.620
総統と訳されてるカウディーリョだけど,かつてスペイン語系中南米諸国に
存在した武装有力者もカウディーリョって呼ばれてるのな。

98世界@名無史さん2018/05/24(木) 03:23:33.600
ムッソリーニのドゥーチェも総統って訳されるのかな

99世界@名無史さん2018/05/24(木) 06:16:41.010
>>97

> 総統と訳されてるカウディーリョだけど,かつてスペイン語系中南米諸国に
> 存在した武装有力者もカウディーリョって呼ばれてるのな。


それなら棟梁とか大樹とか訳したほうが良かったかも。

100世界@名無史さん2018/05/24(木) 11:52:26.910
総裁、総帥あたりはどうなんだろか

101世界@名無史さん2018/05/24(木) 17:29:26.850
将来のやっかい者候補を
おだてて義勇兵に仕立て
ソ連に処分してもらうなんて
すごく冷徹なリアリストだった
んだね。

102世界@名無史さん2018/05/25(金) 22:20:46.860
戦場で手柄を立ててようやく結婚を認めてもらったんだっけ
(奥さんの実家が土地の名士か大富豪だったような)

103世界@名無史さん2018/05/26(土) 22:17:00.520
ハリウッドの戦争映画の中にはフランコ統治下のスペインでロケした作品も
あったのね
ttp://www.warmovie.com/museum/pamphlet/body/011.html

104世界@名無史さん2018/05/26(土) 22:26:06.400
>>103

(・o ・)ほぉ!

105世界@名無史さん2018/05/26(土) 22:27:02.050
>>102

そういえばフランコ夫人の性格や死亡時期や死因(病名)は知らない。

106世界@名無史さん2018/05/26(土) 23:00:54.810
日本語版はないけど生年・死亡年(1900〜1988)だけはかろうじてわかった
ttps://en.wikipedia.org/wiki/Carmen_Polo,_1st_Lady_of_Meir%C3%A1s

107世界@名無史さん2018/05/27(日) 06:09:21.240
>>106

かなりしんどい最晩年だったみたいだな。

108世界@名無史さん2018/05/27(日) 08:08:04.750
いうほどしんどいか?

王族の縁戚に成り上がって貴族にも列せられて、裁きも受けず財産没収もされずに自宅のベッドの上で安楽に死んだんだろ?

109世界@名無史さん2018/05/27(日) 08:13:12.310
大物ナチの子弟のなかには、戦後学校から追放されて義務教育も修了できなかった人もいたし、それに比べてずいぶん甘やかされた老後だと思うけど。

110世界@名無史さん2018/05/27(日) 10:02:13.190
ドイツはやり過ぎだわな。

111世界@名無史さん2018/05/27(日) 10:57:50.860
映画の話があがってたんでついでに

マカロニウエスタンもロケはフランコ統治下のスペインで行われてて、出演者も
スペインの人が多かったのよな。
その中にはフレンチコネクションのフェルナンド・レイとかマカロニウエスタン
以前からイタリア映画に出てた人もいたみたいだけど。

112世界@名無史さん2018/05/27(日) 22:31:46.430
ポルトガルのPIDEに相当するフランコ時代の秘密警察って何という名称だったんだろ?

113世界@名無史さん2018/06/02(土) 00:40:10.670
フランコが“大統領(プレシデンテ)“を名乗らなかったのは何でだろ?

114世界@名無史さん2018/06/02(土) 01:27:44.740
私服姿な晩年のフランコ
ttps://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/e/e3/Francisco_Franco_and_Carmen_Polo.jpg
パッと見でもゴルバチョフには・・・似てないか

それはそうとスペインでは台湾の“総統“を“カウディージョ“ではなく“プレシデンテ“と呼んでるのね
ttps://www.eldiario.es/politica/presidente-Taiwan-China-mantienen-relacion_0_408759134.html

115世界@名無史さん2018/06/02(土) 01:42:02.780
ちなみに台湾のほうではフランコの“カウディーリョ“を“総統“ではなく“領袖“と
表現してるっぽい。

116世界@名無史さん2018/06/02(土) 06:01:31.600
>>115

なるほど

117世界@名無史さん2018/06/04(月) 03:13:20.730
>>115
ムッソリーニの“ドゥーチェ“もなの?

118世界@名無史さん2018/06/09(土) 08:55:44.740
>>113
一応王国だからそれは無理
ホルティ提督とか国王不在の王国の最高指導者の称号は難しいね

119世界@名無史さん2018/06/09(土) 10:42:23.170
1947年まではフランコが国家元首、それ以降は国王不在の王国、ということらしい。
WW2終結でファシズムが退潮して、伝統的右派が支配的になったことと連動してるのかな。

120世界@名無史さん2018/06/16(土) 09:48:46.390
各地域の民族主義を弾圧したフランコだけど,スペイン全土をカスティーリャ化
したかったのか、はたまたチトーの旧ユーゴみたいな感じにしたかったのか
(チトーのほうはフランコより後だけど)。

121世界@名無史さん2018/06/16(土) 22:16:21.950
フランコの国家観てどんなものだったのかねぇ

122世界@名無史さん2018/06/16(土) 22:59:52.350
民族主義が抑圧されてる場合はスポーツ試合の時にその地域のチームを
応援する事で鬱憤を晴らすこともあると思うけど,フランコ時代はサポーターの
中にスパイや内通者を紛れ込まれて動向を監視してたんかね?

123世界@名無史さん2018/06/19(火) 17:23:34.680
>>121
伝統主義、保守主義を軸にその時々で最善の道を選択してる。
議会制民主主義を嫌ったのは第二共和政が失敗したからだろう。
共和政下でも普通に軍人やってて内戦が起きるまでは政府に服従してたわけで
強い信念やら強固な国家観を持ってないのがフランコの強み。

124世界@名無史さん2018/06/19(火) 17:26:45.170
>>123

> 強い信念やら強固な国家観を持ってない


しかし一貫して反共と王政肯定だと思うが。

125世界@名無史さん2018/06/19(火) 17:43:02.610
義理や人情にとらわれない人物だったようだね。
ドイツ、イタリアの援助のおかげでクーデターに成功したというのに、第2次世界大戦ではこの両国からの援軍要請を拒否した。
両国が戦争に負けると見抜いていたためだが、両国から見れば、恩知らずもはなはだしい。
「だれのおかげでクーデターができたんだ!」と怒り心頭だっただろう。
スペイン国民にとってはこのことは良かったことだが、人間的にはどんな性格しているのか、ちょっと気になるところだね。

126世界@名無史さん2018/06/19(火) 17:51:11.740
>>125

日本でも松永久秀とかはそういうキャラだろ。

127世界@名無史さん2018/06/19(火) 20:57:06.050
>>125
とはいいつつ東部戦線に義勇兵を派遣して借りを返してるけど,あれは
国内のタカ派を厄介払いするという目的もあったんだっけ。

128世界@名無史さん2018/06/19(火) 21:02:44.070
義理や人情にはとらわれないが、借りは返すという人だったのかな。

そうしないと、誰も助けてくれなくなるからね。

129世界@名無史さん2018/06/20(水) 17:51:46.220
>>123
フランコは最初期に積極的に反乱軍に呼応した側だろ? 

130世界@名無史さん2018/06/21(木) 20:53:43.370
東部戦線に派遣された義勇兵
ttp://www.hyperdouraku.com/blog/2013/08/26/blaue_division/

131世界@名無史さん2018/06/22(金) 04:23:45.320
フランコに関する話ではないけど旧西ドイツのブラント首相って
若い頃はスペイン内乱にも参加してたのね。
ttps://kotobank.jp/word/%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%88-126647

132世界@名無史さん2018/06/22(金) 04:44:40.500
腹心のカレロ=ブランコが暗殺されなくても史実と変わらない道を
たどってんたんだろうか?>フランコ死後のスペイン

1331322018/06/22(金) 04:46:01.450
×:たどってんたんだろうか?
○:たどってたんだろうか?

134世界@名無史さん2018/06/27(水) 20:33:09.570
スペイン本国からの帰国命令を拒否して東部戦線で戦った
青師団の面々って帰還後は軍法会議にかけられた?

135世界@名無史さん2018/08/02(木) 14:30:16.510
ひとまず保守

136世界@名無史さん2018/08/04(土) 22:28:13.990
【スペイン】フランコ総統の墓移転で波紋 スペイン左派政権が方針表明、歴史問題が国内対立を招く懸念も[08/01]
http://egg.5ch.net/test/read.cgi/news5plus/1533135718/

137世界@名無史さん2018/08/05(日) 05:51:18.670
>>136

ありゃりゃりゃ

138世界@名無史さん2018/08/09(木) 11:42:08.640
青師団は知ってたけど青飛行隊は恥ずかしながら最近まで知りませんですたorz

無事に本国へ帰還した後、空軍内の要職を務めた青飛行隊パイロット
ttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%98%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%B5%E3%83%A9%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%A9%E3%83%A9%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%90%E3%83%AB

139世界@名無史さん2018/08/16(木) 15:37:12.020
最新の行動経済学が解く日米開戦の謎
摂南大学・牧野邦昭准教授に聞く(上)
https://bizgate.nikkei.co.jp/article/DGXMZO3403740010082018000000

正しい情報と判断力があっても……

――逆説的になりますが、1人のワンマン経営者であればリスキーシフトの危険は避けられることになりますね。

 「戦時中のスペインがそうでした。独裁者のフランコ将軍は、独による英本土侵攻作戦が失敗した後は、
いくらヒトラーが要求しても対英開戦を拒否し続けました。戦後に『冷戦』が始まると、米英側からスペインに接近しました」

――日本もスペインのような形で戦わない方が良かったのですね。

 「戦後の吉田茂首相が外務省に作成を指示した外交検証文書では、親枢軸国でありながら中立を維持し、
冷戦によって米国と関係改善する選択肢にも言及されています。隠忍自重した方が、チャンスがより合理的だったというものです」

 「しかし戦前の日本は天皇、政府、陸軍、海軍、重臣、議会と多元的な勢力が林立する政治体制でした。
集団意志決定にならざるを得ませんでした。ある有力な外務省OBは日本がスペインにようになれたとすれば
『内戦またはそれに近い変動を経て全軍・全政治勢力を統括しうる独裁的指導者を持ったときのみ』と指摘しています」

140世界@名無史さん2018/08/25(土) 01:51:50.590
史実とは逆に共和国政府側のほうが結束されてて、反乱軍側が
各派入り乱れの混乱状態だったら…

141世界@名無史さん2018/09/16(日) 08:49:38.320
9月のアゲはやさしくて

142世界@名無史さん2018/09/16(日) 15:54:58.870
>>136
どこにもパヨクっておるんやね。

143世界@名無史さん2018/09/16(日) 15:59:49.940
パヨクとかいうキチガイ用語はまともな人は使いません

新着レスの表示
レスを投稿する