イギリスの悪事を出来るだけ書くスレ

1世界@名無史さん2018/05/10(木) 00:19:56.200
英「アイルランドで飢饉が起きたって;;ウチも飢餓怖いしアイルランドの食糧買い占めまくった^^アイルランド総人口2割餓死^^」
英「流刑の大陸に娯楽がなくて可哀想;;だからアボリジニっていう人間に似た動物を狩りまくった^^タスマニア原住民絶滅^^」
英「インド綿職人の生産能力が高すぎ;;ハンデとして職人達の腕を斬り落としまくってフェアにした^^平原が人骨だらけ^^」
英「清国人が麻薬売るなだって;;お詫びに鉛玉と砲弾ぶち込んでやったらお金と香港島くれた^^皇帝の庭園も略奪^^」
英「オランダ人の子孫(ボーア)の住んでる南アフリカで黄金ダイヤモンドが大量に採掘できただと?力づくで奪い取ってしまおう。」
英「アラブ人とユダヤが独立したいって;;対トルコの尖兵になるならエルサレムやると個別に約束した^^もちろんあげない^^」
英「ヒトラーがチェコスのズデーデン地域よこせだって;;他国の領土だしあげちゃってもいいや^^我々の平和は保たれた^^」
英「アメリカがスエズから手を引けだって;;世界の警察すごいですねイギリス衰退しちゃった;;だからパレスチナ問題もなんとかして^^」

2世界@名無史さん2018/05/10(木) 06:00:17.040
皇室の留学先

3世界@名無史さん2018/05/11(金) 01:05:31.910
ビルマでの降伏日本軍人の抑留

降伏した日本兵は武装解除後に、収容所(キャンプ、JSPキャンプ[1])に入れられた。 敗戦により囚われの身(捕虜)となった日本兵が
大多数であるため、その扱いは国際法やジュネーブ条約による戦争捕虜の待遇にはせず、「降伏日本軍人」(JSP) という枠を設け、
国際法に抵触しないとされる程度の取り扱いが行われ、それでも多くの日本兵が一年以内に帰国(帰還)できたところ、
更に英国軍主体の東南アジア連合国軍 (SEAC) は日本兵から「作業隊」を選び、帰国を遅らせた。

ビルマでは1946年11月までの死者1,624人のうち、52%が労務に起因すると言われ、労務に関連したこの死者の多さは異常で
あるとする指摘もある。

兵士の労役の賃金は、英国からは支払われず、日本政府の負担となった。

収容所の中でも、アーロン収容所とコカイン収容所は、会田雄次(京都大学名誉教授)が抑留され、後に『アーロン収容所』
として著されたため、知られている。
アーロン収容所はラングーンの塵埃糞尿集積所と道一つ挟んだ場所に設けられ、そこで発生するすさまじい悪臭と
蝿が襲ってくる場所であり、コカイン収容所は家畜放牧場に接し、集中的な放尿所のそばであり、「他に空地は無限なほど多かったのに、
どうしてこういう場所を収容所として選んだのか」と、会田がいぶかしがって書き残している

4世界@名無史さん2018/05/11(金) 01:08:41.570
フランス人のお雇い外国人のボアソナードは、不平等条約撤廃のために尽力してくれたのに、悪逆非道のイギリスは
不平等条約の撤廃に列国中最も強硬に反対し続けた。

5世界@名無史さん2018/05/11(金) 16:17:10.740
奴隷制度廃止、他国の奴隷船も拿捕する極悪非道

6世界@名無史さん2018/05/11(金) 22:53:39.500
1886年(明治19年)10月24日午後8時ごろ、横浜港から日本人乗客25名と雑貨をのせて神戸港に向かったイギリス貨物船ノルマントン号240トンが、
航行途中、暴風雨によって三重県四日市より和歌山県樫野崎までの沖合で難破、座礁沈没した。
その際、ジョン・ウイリアム・ドレーク船長以下乗組員26名は全員救命ボートで脱出して全員無事だった。
ところが日本人乗客25名は、一人も避難できた者がおらず、船中に取り残されてことごとく溺死した
国内世論は、ドレーク船長以下船員の日本人乗客にとった非人道的行為とその行為に根ざす人種差別に沸騰した。

神戸駐在在日英国領事のジェームズ・ツループは、領事裁判権にもとづき神戸領事館内管船法衙において海難審判をおこない、
11月5日、ツループは、船長以下全員に無罪判決を下した。

この判決を知って日本国民は悲憤慷慨した。全国各地から遺族への義捐金が寄せられ、新聞各紙はいっそう硬化して、連日、
悲しみの論説と弾劾の記事を掲げた。
高名な法学者たちもドレーク船長の告訴をとなえ、在野の政客は各地に演説会をひらいてイギリスの横暴と非人道を責め、
民衆に国権回復をうったえた。

7世界@名無史さん2018/05/12(土) 00:37:30.210
ジャガイモ飢饉でアイルランドの心は完全にイギリスから離れたな

8世界@名無史さん2018/06/02(土) 18:33:44.690
アラブ人「奴隷制度を廃止したイギリスめ許さない」

9世界@名無史さん2018/06/03(日) 15:33:18.760
イギリスはチーフテンという戦車の開発費の一部をユダヤ財界から援助してもらい、イスラエルが中東戦争で捕獲したソ連の戦車を
調査させてもらう代償に、イスラエルにチーフテンを輸出し、ライセンス生産も認めることになっていたのだが、突然中東政策を
変更して、貰うものだけは貰っておいて、チーフテンの輸出やライセンス生産は一方的に破棄した。

フランスもミラージュVのイスラエルへの輸出を突然禁止したけど、スパイに設計図を盗まれたことにして、イスラエルに裏で設計図を
引き渡したので、イスラエルはネシェールを開発することができた。

10世界@名無史さん2018/06/03(日) 18:55:57.470
日本に核攻撃をした極悪国家を許すな

11世界@名無史さん2018/06/03(日) 21:51:41.090
大陸に隣接する島国として、日本と同様のポジション

12世界@名無史さん2018/06/03(日) 22:38:09.470
二枚舌外交によってアラブ・イスラエル間の抗争を生み出してしまったことかね

13世界@名無史さん2018/06/04(月) 01:10:02.960
ヤルタ会談の時,スターリンやそのイエスマンなFDRに屈してしまったこと

14世界@名無史さん2018/06/04(月) 17:07:32.620
南京大虐殺

15世界@名無史さん2018/06/04(月) 20:50:05.160
天安門事件

16世界@名無史さん2018/06/04(月) 21:37:18.250
日本に戦艦の作り方を丁寧に教えてくれました。
さすが紳士の国。

17世界@名無史さん2018/06/04(月) 23:06:16.780
インドで日露戦争の日本勝利に刺激されたインド人がやる気を出し、「我々だって機関車を作れる」と言って実際につくってイギリス人に
「どうです。」というとイギリス人は烈火のごとく起こって「お前たちに機関車をつくる資格はない。二度と造るな」とメチャメチャに
壊してしまった

18世界@名無史さん2018/06/06(水) 14:05:33.820
はい

19世界@名無史さん2018/06/09(土) 20:48:22.240
印パ対立も元はイギリスのせい?

20世界@名無史さん2018/06/09(土) 20:56:14.630
イギリスは被支配者の対立を煽ることによって、自分達に反抗させないようにして支配した

21世界@名無史さん2018/06/10(日) 11:13:45.130
冷戦後はアメリカに悪どい事をおしつけてきたこと。

まあスエズ動乱ではアメリカに懲らしめらたけどなw

22世界@名無史さん2018/06/11(月) 11:46:00.700
薩英戦争

23世界@名無史さん2018/06/14(木) 08:50:48.490
自国の孤児を1970年頃までイギリス連邦内の他の白人地域(豪・NZ・カナダなど)へ
送り込んでたこと。

新着レスの表示
レスを投稿する