易姓革命を何度も繰り返すことは愚かな悪循環だ

1世界@名無史さん2018/06/16(土) 07:48:36.710
専制的な王朝を廃絶して、また専制的な王朝を樹立してしまうという悲劇

2世界@名無史さん2018/06/16(土) 07:59:14.900

3世界@名無史さん2018/06/17(日) 08:25:30.510
直接「天」が己の考えを口に出すことは出来ないが、人間の中から誰かを「天」の「子」として選び、「天子」になった人間に支配権を委譲する
それは「天命」を「天子」に選ばれた人間に下すことであり、すなわち天命を下された「天子」が皇帝となって支配する

4世界@名無史さん2018/06/23(土) 19:23:44.300
民主主義とは相いれない愚行

5世界@名無史さん2018/06/24(日) 23:08:32.600
政体循環史観みたいだね

6世界@名無史さん2018/06/25(月) 06:28:07.990
同じようなことを繰り返した結果、共産党による独裁国家に成り果てた

7世界@名無史さん2018/06/25(月) 08:55:19.830
非民主的な簒奪だからな

8世界@名無史さん2018/06/27(水) 17:36:55.430
易姓革命をやっても、立憲君主にならなかったら暗黒政治続行となってしまう

9世界@名無史さん2018/06/28(木) 01:08:14.990
螺旋階段のように、同じところを回っているようにみえて確実に上のステップに上がってる

10世界@名無史さん2018/06/28(木) 01:10:26.220
確実に人類は二歩下がって三歩進んできてる。

11世界@名無史さん2018/06/29(金) 00:29:57.130
>>9
易姓革命を繰り返した挙句シナ王朝は弱小化して消滅となった

モンゴル帝国>>>>明清>>∞>>中華帝国

12世界@名無史さん2018/07/11(水) 17:29:02.070
動物農場とかまさに易姓革命のカリカチュアだよな

13世界@名無史さん2018/07/11(水) 17:44:39.520
×カリカチュア
○アイロニーだった
失礼

14世界@名無史さん2018/07/12(木) 09:04:11.330
友達から教えてもらったパソコン一台でお金持ちになれるやり方
興味がある人はどうぞ
検索してみよう『立木のボボトイテテレ』

RWS

15世界@名無史さん2018/08/10(金) 16:18:13.300
立憲君主が存在しない

16世界@名無史さん2018/08/11(土) 23:37:44.460
暴君を討って徳の高い新しい君主を立てるべきという易姓革命の理論で朝鮮王朝が創建された

17世界@名無史さん2018/08/14(火) 01:11:06.180
色川高志(葛飾区青戸6−23−21ハイツニュー青戸103号室)の挑発
色川高志「関東連合文句があったらいつでも俺を金属バットで殴り殺しに来やがれっ!! 関東連合の糞野郎どもは俺様がぶちのめしてやるぜっ!!
賞金をやるからいつでもかかって来いっ!! 糞バエ関東連合どもっ!! 待ってるぜっ!!」 (挑戦状)

18世界@名無史さん2018/08/19(日) 13:30:14.270
支那と朝鮮は、いずれも「易姓革命」の地域なのである
王朝が交代すると前王朝を徹底的に攻撃することもありうる

19世界@名無史さん2018/08/19(日) 13:38:30.970
革命後の王朝の正統性を主張するために、一族郎党を残酷な方法でに誅殺しつく場合があった

20世界@名無史さん2018/08/19(日) 13:49:14.430
最も徳のある人物が天子となるべきで、徳がない天子ならこれを暴力で排除してもかまわない、という儒教イデオロギーで<易姓革命>は正当化されてきた

21世界@名無史さん2018/08/19(日) 14:07:05.280
儒教のイデオロギーは徳治主義である
徳治主義は「徳が高い人物が統治者になると国が繁栄する」という思想
では「徳が高い」というのは何なのか?というとそれは不明確である

22世界@名無史さん2018/08/19(日) 14:23:11.900
何が正しいことなのかは、状況によっても時代によっても違ってくる
だが、天子の正当性とされる「徳の高さ」はどうやって証明するのか?
それはほぼ証明不可能なので「前の天子は悪である」と断罪して「今の天子の正しさ」を徹底させる

23世界@名無史さん2018/08/19(日) 14:36:37.420
王朝が途絶えて別の王朝が樹立するのは、新しい王朝の武力が優ってたとか、経済力があった、といった理由などであって「正しい」からとは限ない
だが「徳治主義」である以上、新しい王朝が「正しい」という設定は崩せない

24世界@名無史さん2018/08/19(日) 14:54:44.810
革命後の王朝の「正しさ」は結論が先に立つ「正しさ」なので客観的な検証など必要がない

25世界@名無史さん2018/08/19(日) 15:43:49.780
 失政や損害などが生じた場合、徳治主義では、そうした被害などを受けた原因が「徳が足りなかった」で結論づけられがちである

26世界@名無史さん2018/08/19(日) 18:42:05.560
おとなりに大統領で延々易姓革命やっとる国があるやないか

27世界@名無史さん2018/08/19(日) 20:43:09.440
言うて王朝毎に国のシステム結構違うんだよな
高校世界史じゃ名前しか覚えさせられんかったから分からんかったけど

28世界@名無史さん2018/08/19(日) 22:15:29.180
>>26
あれは党争のノリに見える

29世界@名無史さん2018/08/27(月) 22:21:08.310
>>27
へえ!前王朝の教訓があるのかないのか興味深いな

30世界@名無史さん2018/08/27(月) 22:25:03.320
あるに決まっとるやろ
なんのために歴史記録してんねん

31世界@名無史さん2018/10/10(水) 19:42:56.710
徳が無くなった王朝を天が見放した時に、革命が起きて王朝が交代する

32世界@名無史さん2018/10/16(火) 12:36:22.730
専制支配は支那の伝統

33世界@名無史さん2018/11/29(木) 21:08:36.450
支那は「王朝が断絶しても、すべて「中華民族」の王朝」とごまかさないといけない

新着レスの表示
レスを投稿する