【DEATH NOTE】デスノートThe musical page.3 [無断転載禁止]©2ch.net

1名無しさん@公演中2017/07/25(火) 07:50:18.31ID:IQhC8Uba
日本発ミュージカル!『デスノートThe musical』

音楽 フランク・ワイルドホーン
歌詞 ジャック・マーフィー
脚本 アイヴァン・メンチェル

演出 栗山民也

【主催/企画制作】
ホリプロ
http://hpot.jp/stage/deathnote
日本テレビ
http://www.ntv.co.jp/deathnote/

561名無しさん@公演中2017/09/26(火) 08:10:03.40ID:R9ENTcJW
>>560
言っている意味がよく分からない
もうちょっと分かりやすく書いて

映像にそれほど今出てないような気がするけど?
実力を恥じる???

562名無しさん@公演中2017/09/26(火) 08:27:41.30ID:YUmAEmd4
映像から声がかからなくなったから仕方なくミュージカルに来たような落ち目俳優に2年で追いつかれる歌唱力でミュージカル俳優名乗って浦井柿澤は恥ずかしくないの?

これでいい?

563名無しさん@公演中2017/09/26(火) 08:38:49.51ID:WTZdymqi
小池君そんなにうまかった?

564名無しさん@公演中2017/09/26(火) 08:47:29.31ID:bNPPtwVP
映像なんて何度でも撮り直しできるし、映像も音声も加工修正編集されている。
映像で上手いと感じる俳優でも生の舞台では下手な俳優は沢山居る。
生の舞台で下手な役者は大した役者ではない。映像偏重のマスコミや一般人の捉え方が間違い。
デスミュは舞台落ちと言われるレベルの舞台ではない。憧れの檜舞台レベル。

565名無しさん@公演中2017/09/26(火) 09:04:53.72ID:Mmr2rNjn
再演のデスミュは素晴らしかったけど世間的にはもうデスノート自体の賞味期限が切れてる気がする
漫画、映画、アニメ、ドラマ、ミュージカル、海外ドラマってこすられ過ぎてまだやるか?って感じ
あとは海外上演くらいじゃない?

566名無しさん@公演中2017/09/26(火) 09:08:33.93ID:bUh/oVCr
>>557
これだけ売れればわざわざ歌下手なお茶の間有名人連れて来る意味がない
それに海外に売ろうとしてるんだから国内の知名度関係ないのだよ
お茶の間人気優先のキャスティングではヤンフラの二の舞になる

567名無しさん@公演中2017/09/26(火) 09:20:03.84ID:AXO4EZ7q
浦井君は正直ミュージカルとストプレ、時々映像とバランス良く仕事してるから
ミュージカル俳優って括りで言うのは少し違うと思うがね
演技で評価されてるしどちらかというと舞台俳優かな
まあ歌えるからミュージカル俳優って言われても違和感はないけど

568名無しさん@公演中2017/09/26(火) 09:41:53.33ID:JW1LfXpm
終わったとこなのにバカな荒らしが来てたんだ。
小池徹平は元々歌手活動してたんだから、初演の歌より再演版が元々の期待に近いし、
藤原竜也を、映像の役者だとか思ってる時点で煽るにしても知識無さすぎ。

569名無しさん@公演中2017/09/26(火) 10:04:13.13ID:S4kpCDKx
昔の竜也くんの歌は壊滅的だったよ
とある舞台で歌があったとき、本人は歌えてるつもりだったらしいが、共演者にボイトレ行けって総突っ込み
今はどうか知らないが

570名無しさん@公演中2017/09/26(火) 10:38:38.87ID:9N75ZkZA
人気ミュージカル作品て何度も再演を繰り返すもんだからこすられ過ぎで正味期限切れなんてないと思う
キャストを変えて再演するとまた違った作品になるし、演出も変わっていくかもしれないしね

5715542017/09/26(火) 19:17:52.19ID:1BAdyVSA
>>556
そうそう、そっちの意味です。わかりにくくてごめんね。
>>558
ありがとうございます。
見たのが間を空けて二回だったので、確証が持てなかったんだよな。

572名無しさん@公演中2017/09/26(火) 19:21:20.89ID:ckWKJ+86
デスミュは愛の物語。2つの信じる正義(または悪)、様々な愛の形、生と死、一線、対の特性、現代社会の縮図、ダークファンタジー
世界共通の普遍性があり、原作も世界中で知られているから世界中で定番ミュージカルになりうる作品。
普遍性に古いとか無い。
キャストも受け継がれて演出もブラッシュアップされて世界中で再演されていくにふさわしい作品。

ロイヤリティを海外へ支払い続けなければならない海外作品よりも
世界中で定番上演化を目指す日本発作品を応援したい。デスミュはその筆頭。

573名無しさん@公演中2017/09/27(水) 21:23:22.97ID:aKScN3gQ
ミサミサのコンサート、キラに捧げる歌は初めて歌うと言っていたのに、妹が口ずさめるのは何故?

574名無しさん@公演中2017/09/27(水) 21:39:51.79ID:jwxjOSjK
CDは発売されていて
ライブでは初めて歌うって意味では?

575名無し募集中。。。2017/09/28(木) 20:54:54.69ID:mdBiqy32
キュンに似ているらしい男に夢中になるなら
キュンご本尊に夢中になれよおおおおお
全然似てねーけど

576名無しさん@公演中2017/09/28(木) 20:55:25.75ID:mdBiqy32
誤爆すんません

577名無しさん@公演中2017/09/29(金) 12:36:35.48ID:LSXC1lAS
月が 犠牲は覚悟だ〜って歌ってるけど、どんな犠牲を覚悟していたのか気になる
身に降りかかる死も覚悟していたって事?

578名無しさん@公演中2017/09/29(金) 14:46:29.97ID:1O3Jf8LZ
原作によると月はデスノートを拾う前は頭はいいけど本当に普通のいい子という設定だったそうで
(中学のテニスチャンピオンになったあと『遊びはもうお仕舞い』とか言い捨てて引退したエピソードを考えるととてもそうは思えないけど
まあ原作者の中ではそういう設定なんでしょう)

その普通のいい子が裁かれる側やその親しい者・キラの反対者にとってはある意味悪魔とも言える存在に変わる一種の犠牲も覚悟するって意味だったのでは

実際原作は父親の総一郎を間接的に死に追いやってしまったので
キラだとバレた時
総一郎を部下として非常に慕っていた松田がブチ切れて銃に撃たれてしまった
(松田はチャラいアホだが銃の腕だけは凄いという設定)
リュークが月をもうお前はここでお仕舞いだと見捨てたのはこの時

妹のサユがキラを捕まえようとしたメロに誘拐された時には致し方ないけどとは思ったもののサユもノートで始末しようとしていた

映画の月もラストに総一郎を殺そうとしていた
(Lの仕掛けたトリックでそれでかえってキラだとバレてしまったから総一郎は死ななかったが、息子がキラだとわかってしまった)

そんな存在になる事はミュージカルの月も覚悟していたという事だったのでは

579名無しさん@公演中2017/09/29(金) 17:42:41.10ID:DqsRXfHE
「僕はもうひとごろしだ 耐えられない」自分が罪を背負うことが犠牲でしょ
だからLは「お前が振りかざすその理想は偽りの十字架だ」って切って捨てる(十字架は人々の罪を背負って処刑されたキリストの象徴)

580名無しさん@公演中2017/09/29(金) 17:58:05.33ID:S1zDDUxu
>>577
悪人と言えど人を殺めるのは大変な精神的負担があるけど自分がそこ犠牲になってやってやりますよ世のため人のため
みたいな意味だと思ってた

581名無しさん@公演中2017/09/29(金) 22:38:18.41ID:Qw8hO1n/
後半になってくるとその犠牲の意味も変わってくるけどね

582名無しさん@公演中2017/09/30(土) 11:29:20.47ID:Y3Z+Gupw
単純に自分を犠牲にする覚悟があるというような意味だと思ってました

>>581
ハリーベルの場面ですよね
この歌詞いまいち分かりづらいなと思っていたんですが、ここでも使うことを想定した歌詞だと考えると面白いです

583名無しさん@公演中2017/09/30(土) 13:08:32.74ID:0bCKuOFI
何でミサミサはデスノートの所有権を放棄しちゃうの?Lの本名もわかってるんだからデスノートに書くのが月を助ける一番簡単な方法だよね
月を助けるより拘束から逃れることを選んだように見えるんだけどそのあとレムがミサミサの愛の深さをめっちゃいい感じで歌うからもやもやしたものを飲み込んだままになってる
あと、デスノートの記憶無くしてもキラ=月の記憶は残っていて月を愛し続けてるということ?
原作未読でごめんなさい誰かザックリ教えて

584名無しさん@公演中2017/09/30(土) 13:23:05.32ID:ubBNbSoi
>>583

拘束されたまま4日目
このままでは根負けして
しゃべってしまうかもしれないくらい衰弱
ノートを放棄すればノートに関する記憶は消え
少なくとも月のことをしゃべって
月を裏切ることはあり得ないから

ノートに関する記憶には月=キラも含む
でも月を愛してる記憶は残る

ザックリ

585名無しさん@公演中2017/09/30(土) 14:00:11.68ID:UsWNxL93
>>583
Lの名前をノートに書くのが一番なのはもちろんなんだけどミサがあの状況でそれを出来るor書ける状況になるまで黙秘したまま持ちこたえられると思う?
前者は不可能で、後者も難しいとなると、自白するよりも先に自白するために必要な記憶を放棄してしまうのは自明かと

586名無しさん@公演中2017/09/30(土) 14:14:00.73ID:GjT7GvzA
原作短いしすぐ読めると思うから読めばいいんじゃね?
それかアニメ見るとか
そこで大体の疑問は解決すると思うよ

587名無しさん@公演中2017/09/30(土) 17:04:32.33ID:Cci8mX6B
あの拘束されてる時、ミサミサのノートはどうなってるんだと思ってた。
警察に捕まった段階で、荷物検査、家宅捜査されてるだろうし、誰かノートに触ってないか?
この辺も原作見ればわかるんだろうか。

588名無しさん@公演中2017/09/30(土) 17:11:46.52ID:UsWNxL93
>>587
本当はそのあたりからL側がノートを回収して映画の脚本に持ってって欲しかった

589名無しさん@公演中2017/09/30(土) 19:14:13.85ID:8zzp0J36
>>582
そうそう
自分の精神破綻も厭わない→理想の実現を阻止しようとする他者の犠牲も厭わない

590名無しさん@公演中2017/10/01(日) 01:14:30.08ID:ev4AHcL5
原作だとミサ拘束の時点では名前を書くと死ぬノートという物の存在に誰も気付いていない 
死神というキーワードはミサが第2のキラとして言ってるけどそれが所謂死神という存在なのか何かの隠語みたいな物なのかもわかっていない

デスノートってジャンプの大ヒット作品としては異例の短さだから出来れば漫画喫茶やレンタルでもいいので読んで欲しいです
漫画は字が多いので読みにくいならアニメで
アニメも全10巻、37話の短さ
(この短さが世界的なヒットの理由の一つかと)
実写は良い改変だけどノートのルールはわかりにくい
実写総一郎が初演の総一郎だからミュージカルしか見てない人は実写見ても面白いと思うけど
個人的にはアニメか漫画→実写の順がお勧めです
原作→実写とアニメ→ミュージカルの順で追ってきた身としてはミュージカルのLが如何に原作再現出来てるのかアニメとか見ると面白いですよ
ミサもアニメっぽいミサだなーと思います

591名無しさん@公演中2017/10/01(日) 01:55:20.16ID:njUrVWCW
全巻揃えるのに心が折れるほど数も多くないしね
結末は違えど月が負けるのを見たくなくてずっと避けてたけど読んでみようかな

592名無しさん@公演中2017/10/01(日) 07:28:46.39ID:lnXZulDH
原作、実写、アニメ、ミュージカル、テレビドラマで全部結末が微妙に違う
テレビドラマは月役のラストの熱演以外はちょっと脚本とかまずかったんでうーんだったけど

593名無しさん@公演中2017/10/01(日) 21:20:19.80ID:1qicWkcV
結末全部どう違うのか簡単に教えて下さい

594名無しさん@公演中2017/10/01(日) 21:34:21.47ID:AZKsiC2I
漫画からミュージカルにいって実写みてなかった。
750円でDVD買ってみたら、緊迫感がハンパなかった。
個人的には総一郎がかっこよかった。

595名無しさん@公演中2017/10/02(月) 00:00:19.87ID:d6ff0jjj
原作 5年もキラの世界が続く リュークは飽きないでずっと月の側にいる
月はキラとレムに殺させたLの名称を継ぎ一人二役でキラ捜査を続ける振りをしながら暗躍
アメリカ等の大国もキラに従うと声明
5年後Lの後継者二人が動き始める
その内の一人は死ぬがもう一元FBI・CIAだった新しいメンバーと月を追い詰めトリックにかけて正体を暴露
薄々感付いてた刑事も含めて日本捜査陣も真相に気付く
この過程で総一郎は事件に巻き込まれ死亡、サユも精神的に打撃を受ける
総一郎を慕っていた松田はブチ切れて月に乱射
月の運命も尽きたと判断したリュークがノートで月を殺す
1年後世界はすっかりキラ前の世界に
相変わらず捜査に励む刑事達や僅かに残るキラ信奉者の姿等描かれて完

596名無しさん@公演中2017/10/02(月) 00:14:22.96ID:d6ff0jjj
実写 

とある事件解決でLも捜査員達もノートと死神の存在に気付くがレムを使って月がLを殺す前にLは23日後に自分が安らかに死ぬよう自分の名前を書いていた(ノートで扱える日数は最大23日後まで)
それに気付かずLも総一郎も殺そうとする月
当然ながら他の捜査員にもバレていた
このトリックはラストまで観客にも伏せられていたが月が総一郎を操りノートを手に入れるか?という場面で全てがわかる
取り乱した月はリュークに全員殺せと言うがリュークがノートに書いたのは月の名前だった
23日後死を迎えるLと総一郎は初めて和解、Lは静かに息を引き取る
1年後総一郎は刑事を辞め、新しい職場からの帰りを迎えにきた何も知らず兄への涙を流すサユと共に静かに自宅へ

597名無しさん@公演中2017/10/02(月) 00:25:34.41ID:d6ff0jjj
アニメ

漫画とほぼ同じだがLの死亡回と最終回に大きなオリジナル要素が入る
Lの死亡回ではキリスト教の聖書の要素やアニメ内でもミサが悲しみの歌を歌う場面あり
最終回では正体がバレた月は一人倉庫を逃げ出すが途中ノートを拾う前普通の少年だった自分の幻を見る
月が別の倉庫に辿り着いた時、同じ場所の塔の上にいたリュークは優しくお前はもう終わりだ…と語りかけながら月の名前を書く
月は迎えにきたかのようなLの幻を見ながら静かに死亡
どこかのビルから飛び降りる直前のようなミサの描写
最後に塔の上野リュークのシルエットと上空に浮かぶ三日月の絵

598名無しさん@公演中2017/10/02(月) 00:37:07.22ID:d6ff0jjj
ドラマ

漫画アニメと似てるが月が特に優秀でもないミサのキモオタ 
(段々キラっぽくなっていくが)

Lの後継者ニア・メロは二重人格の同一人物で男装の少女
ラストは漫画アニメとほぼ同じだがLやニアの後見人ワタリは死なずに生き残る(原作アニメ実写共ワタリはレムに名前を書かれて死亡)

正体バレの後月は体に火が付きのたうち回りながら死亡
ニアとワタリがLの墓の前で実は月の無実を信じていたかったというLの映像メッセージを見ている場面で完

599名無しさん@公演中2017/10/02(月) 00:40:27.32ID:d6ff0jjj
ハリウッド配信映画

月がバカな普通の高校生
ミサは同じ高校のチアリーダー
Lは黒人
Lがカーアクションで拳銃ぶっ放しながら月を追跡するような別物
アメリカでの評価は最悪だった

600名無しさん@公演中2017/10/02(月) 00:58:02.75ID:9twJTP67
ドラマとハリウッド版はスルー決定

601名無しさん@公演中2017/10/02(月) 01:27:19.24ID:SI0EhUVh
ハリウッド版はアメリカンになって、お金かけた二次創作って感じで
あれはあれで面白いと思うよ

602名無しさん@公演中2017/10/02(月) 02:57:18.60ID:/ZlmpjTZ
思っくそバカバカしかったなハリウッド
「バカなライト」のデスノコラ思い出した
学校にノート持ってってミサ(ミア)ノートの秘密全部ペラペラ話しちゃうw

603名無しさん@公演中2017/10/02(月) 03:49:42.78ID:SI0EhUVh
キリスト教的に微妙な表現よりも、死神に惑わされる人々って感じで、リュークが完全な悪者
ストーリー的にはデスノートのルールが結構違うので、先入観を外されて、テンプレ的展開なはずなのに意外に感じるとこもある

604名無しさん@公演中2017/10/02(月) 05:28:20.43ID:nviSx3US
まあトマトでの評価は散々だったけどね
デスノートのファンは欧米でも多い
それこそミュージカルはあっちが本場なんだしジーザスみたいにミュージカルをそのままやれば良かったんじゃないかとも思った

605名無しさん@公演中2017/10/02(月) 19:18:10.91ID:rpnczN4M
そのうちそうなるかもね

あらすじまとめてくれた人ありがとう
ハリウッド版以外は全部見たはずなのに意外と忘れてるわw
読み返したり見返したくなったりしてきた
あーデスミュ楽しかったな

606名無しさん@公演中2017/10/02(月) 22:06:30.68ID:8SEOyW9X
ハリウッド版AKIRAとかね・・・
この手の漫画の実写化は失敗要素しかないのに何故果敢に挑戦するんだよw

607名無しさん@公演中2017/10/02(月) 23:25:43.75ID:d6ff0jjj
ドラゴンボール…

608名無しさん@公演中2017/10/03(火) 23:36:49.51ID:Uzq77SSb
ハリウッドの死

609名無しさん@公演中2017/10/04(水) 01:16:36.15ID:Xvuyurph
アニメのライトと実写の松田はテニミュで共演してたな

610名無しさん@公演中2017/10/04(水) 22:52:03.30ID:vgPfjmG+
表現的に検索で戸惑うじゃないかw

611名無しさん@公演中2017/10/27(金) 13:43:13.40ID:SEGEB/Bx
WOWOWの放送日。

浦井月が、12月2日(土曜)午後6時。
柿澤月が来年1月放送予定。

新着レスの表示
レスを投稿する