X



洋書・読み終えた本の感想を書きまくれ 2冊目

0001名無しさん@英語勉強中 (ワッチョイ 17f0-Zca7)
垢版 |
2020/02/05(水) 22:08:35.29ID:XKFWUfV00
読み終えた本の感想を書いてください。ジャンル不問。

【注意】ここは読んだ本の感想を書くスレです。
雑談したい方は下記のスレでお願いします。
雑談を放置しておくとただの雑談スレになってしまい、
感想を書く人が書きにくくなりますので、こちらに移動をお願いします。
 洋書・読み終えた本の感想スレ・雑談あり 1
 https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/english/1580439906/
前スレ
 洋書・読み終えた本の感想を書きまくれ 1冊目 [無断転載禁止](c)2ch.net
 https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/english/1457845426/
0626名無しさん@英語勉強中 (ワッチョイ 424f-ZDOk)
垢版 |
2024/01/06(土) 12:31:38.94ID:Q30Z8qZO0
この京都の童貞拗らせ引きこもりは何年やっても
英語力ゼロ
中学中退じゃ無理もない
0627名無しさん@英語勉強中 (ワッチョイ 424f-ZDOk)
垢版 |
2024/01/06(土) 12:35:46.16ID:Q30Z8qZO0
外出する電車賃すらないというレベル
働けドアホwwww
0628名無しさん@英語勉強中 (ワッチョイW 819d-jppX)
垢版 |
2024/01/06(土) 12:58:40.09ID:hH7UHqY20
京都とか「読んだフリ」とかそもそもどっから出てきたんだよ
基地外の言うことは意味がわからん
0630名無しさん@英語勉強中 (ワッチョイ 424f-ZDOk)
垢版 |
2024/01/06(土) 14:22:58.01ID:Q30Z8qZO0
低学歴丸出しの下手な日本語だな
高卒以下は書き込むな
このドアホwwwww
0631名無しさん@英語勉強中 (ワッチョイ 424f-ZDOk)
垢版 |
2024/01/06(土) 14:23:43.19ID:Q30Z8qZO0
引きこもってないで働けこのクズww
0632名無しさん@英語勉強中 (ワッチョイW 4641-aezk)
垢版 |
2024/01/06(土) 17:05:20.00ID:F/zsZIdD0
とりあえずハリポタの話題に偏りすぎるからスレ分割しろや
0633名無しさん@英語勉強中 (ワッチョイW b2db-SmGx)
垢版 |
2024/01/06(土) 19:26:14.26ID:QMO+QfI50
ハリポタは他の洋書と比べたら簡単って思われてる(勝手にそう思ってた)けど意外と読むの難しい
シリーズ全部読めたらかなり英語力がつくだろうな
0634名無しさん@英語勉強中 (ワッチョイ 0686-ZDOk)
垢版 |
2024/01/06(土) 19:59:30.27ID:y6Xw7tt60
>>633
1〜2巻の未知語句をほとんど覚えてすらすら読めるようにすれば
あとの巻は簡単に読める
0635名無しさん@英語勉強中 (ワッチョイW 06fe-jppX)
垢版 |
2024/01/06(土) 20:38:30.03ID:pnavpK2v0
ワザとループさせてるな
0636名無しさん@英語勉強中 (ワッチョイ 62b9-HwFr)
垢版 |
2024/01/06(土) 20:50:44.68ID:RKzCyY6A0
ハリポタは専門用語がたくさんあって難しいんだろうね
俺は最終的には書くことを目的としてるので
文学寄りなものを読んでるよ
だからハリポタは趣旨からは外れてる。
0637名無しさん@英語勉強中 (ワッチョイW c2e6-R5Zd)
垢版 |
2024/01/06(土) 20:56:05.56ID:1+9CC4Cq0
The Last Cuentista by Donna Barba Higuera

時代は近未来の地球。ハレー彗星が衝突する危機の中、主人公の家族は地球を脱出する恒星間移民船のメンバーに選ばれる。
そして380年後、コールドスリープから目覚めると船内は怪しげな集団に支配されていて、過去の地球を覚えているのは主人公唯一人となっていた。

タイトルのCuentistaはスペイン語で語り部。
度々スペイン語が混在するが、英文は読み易く本格的なSFとして楽しめる。
SFを洋書で読みたいと思ってる人にとっては入門書としてピッタリかも。
0638名無しさん@英語勉強中 (ワッチョイW 06fe-jppX)
垢版 |
2024/01/06(土) 21:00:46.89ID:pnavpK2v0
というか元がスペイン語じゃないの?
0639名無しさん@英語勉強中 (ワッチョイW c2e6-R5Zd)
垢版 |
2024/01/06(土) 21:09:30.55ID:1+9CC4Cq0
>>638
英語だよ
主人公の家族がヒスパニック系
イギリス版はタイトルがThe Last Storytellerになってる

アメリカはスペイン語話者人口が世界一だからかもしれないが、スペイン語が混じる洋書は珍しくない
0640名無しさん@英語勉強中 (スップ Sd9f-2jrh)
垢版 |
2024/01/07(日) 17:16:04.31ID:P9CfodUed
タイトルが結構難しいスペイン語だから元がスペイン語で書かれた本だと思ったらタイトルがそうなのね
ただ結構意味わからんぞそのスペイン語
0641名無しさん@英語勉強中 (ワッチョイ 7fec-JApz)
垢版 |
2024/01/07(日) 22:32:28.92ID:S34rzRC00
英語圏では cuenta はだいたい count のようだね。

語源的に英語の cue と関係あるのかもしれないな
0642名無しさん@英語勉強中 (ワッチョイW dfac-VvFq)
垢版 |
2024/01/26(金) 13:52:56.96ID:vgbX+UTI0
英語英語ってあれだけ言われてるのにこういう洋書スレが過疎ってるのほんとに意味わからんよな
0645名無しさん@英語勉強中 (ワッチョイW bffe-tNYo)
垢版 |
2024/01/26(金) 23:42:57.18ID:5oz0i4xu0
>>642
学習論関連のスレばかりだしな
都内の大きい書店にいっても
英語コーナーはほぼ学習書しかないし
0646名無しさん@英語勉強中 (ワッチョイW 5fe6-hXBv)
垢版 |
2024/01/27(土) 00:12:30.07ID:nrPBSjbX0
Project Hail Mary by Andy Weir

これ面白かった
ネタバレ厳禁な作品なんであらすじ控えるけど、SFというよりはミステリーを読んでるみたいだったな。
kindleとAudibleで二回読んだけど、
このスレで人気のハリポタより読みやすくて、とにかく超おすすめ。

Kindleだとたまにセールで300円ぐらいになるのでその時を狙うといいかも。
0647名無しさん@英語勉強中 (ワッチョイW bffe-tNYo)
垢版 |
2024/01/27(土) 10:53:31.77ID:uADUBQm30
>>646
たまにみるといつも1500円くらいだがセールしてんだ
火星人のKindleも安くならない
0648名無しさん@英語勉強中 (ワッチョイW bffe-tNYo)
垢版 |
2024/01/27(土) 11:15:00.15ID:uADUBQm30
Heilmaryってオーディブルの定額プランに入ってないよね
というか火星人とアルテミスは定額で聴けたんだが今はそれも除外されてるな
0649名無しさん@英語勉強中 (ワッチョイW 5fe6-hXBv)
垢版 |
2024/01/27(土) 11:26:29.24ID:nrPBSjbX0
>>647
ブラウザのaddon「Keepa」を使うと
価格変動が見れる
会員登録すれば設定した価格を下回ったら通知してくれる機能あり
ちょっと調べてみたらThe MartianのKindleは何ヶ月か前に500円ぐらい?
0650名無しさん@英語勉強中 (ワッチョイW bffe-tNYo)
垢版 |
2024/01/27(土) 11:37:10.34ID:uADUBQm30
>>649
ありがとう
あとAndy Weirの作品は自分のライブラリーに3つとも入ってたから今はどうかしらんが以前は定額プランで聴けた
ライブラリー登録コンテンツはブラウザ版だと販売価格で表示されんのよ

Heil Maryは先にKindleで読んでからにしたいからまだ聴いてないんだよね
0651名無しさん@英語勉強中 (ワッチョイW dfac-VvFq)
垢版 |
2024/01/27(土) 17:21:12.12ID:GVCKS8C/0
Martianは読んだことあるが酷かったな
ラノベみたいな感じの主人公でとても不快だった
0652名無しさん@英語勉強中 (スップ Sdff-tNYo)
垢版 |
2024/01/27(土) 18:12:33.38ID:j+yRh4gqd
本でそれだとオーディブル聴いたら卒倒するかもなw
0653名無しさん@英語勉強中 (ワッチョイ 5f4f-EFyZ)
垢版 |
2024/01/27(土) 20:09:20.28ID:LcICuojy0
Below is the beginning of a novel that I've written.
I would appreciate your feedback on it.

My paternal grandmother was a fascinating woman.
Her parents were from Chiba Prefecture but eloped and fled to Nagoya City in Aichi Prefecture.
Her father worked as a day labor agent in Nagoya. The work is a specialized contractor who gathers day laborers for a construction company and puts them on the job site.
In those days, this was mainly the work of the Mafia.
It was one of the few kinds of work available to someone who ran away from home if he wanted to earn a lot of money.
Her love of gambling, loyalty, and fighting was influenced by her father, who lived in the Mafia society.
Surprisingly, one of her big brother's children graduated from the University of Tokyo, the most prestigious university in Japan, with a degree in engineering.
Her father is the president of a staffing agency, even though he is a mafia member, so his grandchildren must have inherited his excellent blood.
0654名無しさん@英語勉強中 (ワッチョイW 879d-tNYo)
垢版 |
2024/01/27(土) 20:35:46.23ID:0V1jOg2g0
なんでわざわざ、こなれてない英語で書くのだ?
あとmafiaはyakuzaでいいと思うよ
contractorもtakobeyaでいい
ちゃんとWikipediaに出てる
0655名無しさん@英語勉強中 (ワッチョイ 5f4f-EFyZ)
垢版 |
2024/01/27(土) 21:44:19.29ID:LcICuojy0
>>654
Regrettably, you do not know what a novel is.
This writing style contributes to the novel's realism because a Japanese person narrates it.
Just because the words are on Wikipedia does not mean the average English natives know them.
0656名無しさん@英語勉強中 (ワッチョイ 5f4f-EFyZ)
垢版 |
2024/01/27(土) 22:20:29.91ID:LcICuojy0
>>654
なぜ無理に不自然な英語で書くのですか?"mafia"は"yakuza"で良いと思いますし、"contractor"は"takobeya"で問題ないでしょう。これらの用語はちゃんとWikipediaにも記載されています。
0657名無しさん@英語勉強中 (ワッチョイW 879d-tNYo)
垢版 |
2024/01/27(土) 22:54:34.51ID:0V1jOg2g0
初期のイシグロみたいな感じですかね
しらんけど
0658名無しさん@英語勉強中 (ワッチョイ 5feb-EFyZ)
垢版 |
2024/01/27(土) 23:28:57.84ID:zvxdgMca0
何らかの翻訳ソフトで英訳しましたね
0662名無しさん@英語勉強中 (ワッチョイW 5efe-e9Qf)
垢版 |
2024/02/01(木) 18:38:29.29ID:aeqrj8U+0
>>653は礼もなしか?
0663名無しさん@英語勉強中 (ワッチョイ 9fc1-JT+5)
垢版 |
2024/02/10(土) 00:07:39.81ID:KBxUE/l50
Shuggie Bain    by Douglas Stuart

これはダークな「赤毛のアン」とでも言うべきか。
この上なく陰惨なのに、いつまでもこの世界に浸っていたい
ような、そんな小説だった。

舞台は80年代、サッチャー政権の構造改革により
貧困にあえぐ炭鉱と港の町、グラスゴー。
美しくも愚かなアグネスが、冴えないカソリックの夫を捨て、
プロテスタントのクズ男と駆け落ちするが、新しい結婚生活は
幸せなものにならず、やがてクズ男は外に女を作り、家を出ていく。
酒に溺れるアグネス。
両親に見捨てられ、恋人にフラれ、近所のクソ女と諍いを起こし、
自分の子供を虐待し、やがて全ての問題はアル中に収束する。
長女長兄も、やがて愛想を尽かし、家を出る。
最後に残った末っ子のシャギーだけはアグネスに寄り添うが、
いかに尽くしても、アグネスのアル中が癒えることは無い…

登場人物のグラスゴー訛りが強烈で、英語的な難易度はかなり高いと思う。
鉄錆と機械油の臭いが漂ってくるような情景描写が秀逸だった。
アグネスも大概のクソ女だが、ときどき見せる大胆な行動、
いや病的な行動化というべきか、が妙にスカッとしていて格好いい。
長兄のリークも、根暗だけどいい味出してる。

これは名作だわ。
9/10
0664名無しさん@英語勉強中 (ワッチョイ 9fc1-JT+5)
垢版 |
2024/02/10(土) 00:13:54.21ID:KBxUE/l50
>>660
>>663 超オススメ
0666名無しさん@英語勉強中 (ワッチョイ ff9e-X6hX)
垢版 |
2024/02/24(土) 03:02:54.04ID:e5NBZbaD0
Gathering Blue     by Lois Lowry

文明の崩壊により、青銅器時代くらいの生活レベルに落ちた村。
足の不自由なキラは、本来なら荒野に捨てられるはずのところを、
織物の才能を見込まれ、村にある「歴史の羽織」の修復を任される。
キラは、いたずら者のマットの助けを借りつつ、
村はずれの老婆から染色の技術を学び、羽織の修復を進める。
作業は順調に進むが、村には青色の染料が無い。
青色の染料を探す旅に出たマットは、荒野の果てに驚くべき村を見つける…

という話。
Giver 4部作の第2巻。1巻目が「さあ、冒険はこれからだ!」という
仕舞いだったので、その後の展開を期待していたのだが、
2巻目は見かけ上、全く別の物語だ。
海外の読書サイトの書き込みを見る限りでは、
3巻、4巻で Giver のグランドストーリーに繋がって来るらしい。

相変わらず読みやすくて面白い。
いろいろ設定に無理のある世界観でも、おとぎ話と思えば納得できる。
どこかで教材として使用されたものか、入手した中古本には、
下線やメモがめっちゃ書き込んであって、微笑ましかった。

7/10
0667名無しさん@英語勉強中 (ワッチョイ 9f19-GzBE)
垢版 |
2024/03/05(火) 03:24:45.66ID:7p9q9sDR0
やはりこのスレは荒れてる方がマシだな
0668名無しさん@英語勉強中 (ワッチョイ d202-HgBz)
垢版 |
2024/03/26(火) 17:58:01.63ID:07WcboUf0
>>666
1巻だけ読んですっかり忘れていたのをこのスレで思い出して4巻まで一気読みした。
最初はディトピアな世界のSF的展開を期待していたんだが、2巻以降は主人公やその周辺に超能力が発言したりしてファンタジー色が強くなったように感じた。
4巻は山岳小説?と思わせるような描写が多く何読んでるんだっけ?と言う感じになったが最後は気持ちよく終わって良かった。

欲を言えばもう少しエピローグの分量を多めに取ってほしかったが、
あとはご想像にお任せしますみたいな作者の意図なのだろう。
0669名無しさん@英語勉強中 (ワッチョイ 924f-rfcW)
垢版 |
2024/03/28(木) 21:24:10.31ID:IrXDhHEC0
Some are indulging in the delusion of having read the original book by comparing the translated book with the English original.
Stop such a stupid thing, get a regular job.
0670名無しさん@英語勉強中 (ワッチョイ 819d-rfcW)
垢版 |
2024/03/28(木) 23:52:15.62ID:/r2+J1S20
翻訳本と英語の原書を比較して、原書を読んだかのような妄想にふけっている人もいる。
そんなバカなことはやめて、定職につきなさい。
0671名無しさん@英語勉強中 (ワッチョイ ac22-TxeL)
垢版 |
2024/04/25(木) 02:32:32.18ID:qeek+3Ug0
The rise of Endymion    by Dan Simmons

ハイペリオン シリーズ第4作目完結編。

Paxから逃れ建築家に弟子入りしたアイーナと、それに付き合うエンディミオン。
アイーナはやがて少女から年頃の娘となり、エンディミオンは
不意にドギマギ(死語(死語))する。
やがて隠遁の日々は終わり、二人は再会を約しつつ別々の方法で星々を巡る旅に出る。
Paxの追跡をかわしつつ、星々の住民と親交を深めたふたりは、辺境の星で再び落ち合う。
Paxへの反撃を始めるアイーナと仲間たち。
その過程で、Paxとは何か、コアとは何か、オイスターとは何か、
アイーナは何者か、これまでの旅は何のためだったのか、
エンディミオンは痛恨の思いとともに、知ることになる
…という話。

拡げに拡げた風呂敷を、多少の皺は気にせずバンバン畳んでいくスタイル。
のらりくらりと真実をはぐらかしていたアイーナが後半語る語る。
世界の謎はセリフでなくストーリーで解き明かそうよ、とも思うが、
結局のところエンディミオンとアイーナのラブストーリーなのだから、
あまり重要でないのかも。

アジアン宗教、東洋思想、革命礼賛。でも骨の髄からキリスト教的な物語。
詰め込み切れないくらいの中二精神が微笑ましい。
「都合のいい理不尽」シュライクには、もう少し頑張って欲しかったけど、
さっぱりした読後感で、読み切って良かったーという感じ。

7/10
0672名無しさん@英語勉強中 (ワッチョイ acd6-TxeL)
垢版 |
2024/04/25(木) 23:10:48.80ID:qeek+3Ug0
エンディミオン、面白かったと思うけど、
1巻の頃の怪奇ホラーSFを全うして欲しかったように思う。

3,4巻の方が圧倒的に読みやすいんだけどね。
0673名無しさん@英語勉強中 (ワッチョイ dff7-ayZg)
垢版 |
2024/04/29(月) 01:51:16.10ID:Dnm6mPD/0
Discover Books 届かないことあるな。
amazonで注文後、発送済みステータスになるのが
異常に早かったので胡散臭いとは思っていたが。

amazonとDB両方にクレームして返金はしてもらえたが、
amazonもいったんは「返金できません」みたいな反応だったし、
DBは梨のつぶてだし、正直コノヤロウと思ったわ。
マーケットプレイスはなかなかリスク高そうだね。
0674名無しさん@英語勉強中 (ニククエW df3c-KpJc)
垢版 |
2024/04/29(月) 14:48:56.05ID:t2w+VeK50NIKU
とりあえず保守ついでに読んだ本
All My Rage by Sabaa Tahir

人種問題、家庭内暴力、差別、犯罪が色々つまった重たい内容。
最後の最後でスッキリする。
そのきつい内容に途中で挫けそうになるけど最後まで読んで良かった本。
0675 警備員[Lv.19][初] (ワッチョイ dfec-ayZg)
垢版 |
2024/05/02(木) 02:49:11.85ID:j6+ASSP10
Messenger  by Lois Lowry

Giver シリーズ 第3巻

今度は2巻で脇役だったマティーが主人公。
前作から数年、マティーは遠く離れた「移民村」で、
キラの父(盲目)と共に暮らしている。
かつては手に負えぬ悪ガキだった彼も、立派な青年になりつつあった。
しかし、やがて移民村に排外主義が跋扈しはじめ、
移民阻止の主張が声高に叫ばれるようになる。
いつかキラを移民村に迎えるつもりだった養父は、気が気でない。
村会で村境閉鎖が決まると、マティーはキラを迎えに行くことを決意する。
しかし、森はかつてない異様な険しさを見せるようになっており、
それを抜けるのは、まさに命がけの旅だった…

という話。
>>668の言う通りファンタジー色が強いというかスピリチュアル系というか、
千里眼や念写みたいな超常現象が物語のそこここで決定的な役割を成す。
排外主義の勃興や森の変容も、何かの超常現象ではあるようだが、
全貌は分からず…っていうかマティー、どうなっちゃったの?
次巻の展開が気になって仕方がない。
しかし4巻だけやけに分厚いの、なんで?

とにかくスラスラ読める。快適。
背伸びしていろいろ読んではいるが、自分の英語力では、
たぶんこのくらいが適度なんだと思う。

7/10
0676 警備員[Lv.13][初] (ワッチョイ bffb-Hnix)
垢版 |
2024/05/15(水) 02:00:08.71ID:VYzqRXn00
どうもどんぐり入れないと書けないみたい?

Son   By Lois Lowry

Giver 4部作最終巻。

第1巻の村。時系列的には、1巻よりもう少し前から始まる。
村の「出産婦」に任命された第4巻の主人公クレアは、1人目の子供を産んだ際に、
出産能力に問題を生じ、別の職業への転職を命じられてしまう。
素直に状況を受け入れていたクレアだが、「養育所」に自分の産んだ息子を見つけると、
それに強い執着を持つようになる。
しかし、その息子は何者かによって「養育所」から村の外へ連れ去られてしまう。
クレアは錯乱し、当てもなく村を抜け出す。
川を下り、海を越え、山を越え、波乱万丈の旅が始まった…という話?

山越えの描写やラストの物足りなさについては>>668にほぼ同意。
1, 2, 3巻でも、それぞれその後に、主要人物の人生の転機となるような
事象が起こっているのに、敢えてそこは書かず、次の巻では新しい
日常から始まってる。
苦難を乗り越えたところでパタンと物語を畳んでしまうのは、
狙ってやっている作風なんだろう。

世界観の不思議を大して解き明かすことなしに終わっちゃったとか、
異能設定が物語を盛り上げるより早く片付けるために使われてしまってるとか、
道徳観がオーソドックスで刺激が弱いとか、いろいろ欠点もあるんだけど、
全体としてはテンポよく楽しく読めるシリーズだったと思う。

母の愛は強し:子供はたまったものじゃない。
7/10
レスを投稿する


ニューススポーツなんでも実況