X



ハプログループD1a2aは渡来人の可能性が高い

0001日本@名無史さん
垢版 |
2024/03/28(木) 13:51:00.52
現代日本人で多数派のYHD1b1がD1a2aに変更されています。「縄文人」で確認されているD1b2はD1a2b(アンダマン人と同じ)に変更されています。なお「縄文人」では、現代日本人で多数派のD1a2a(旧D1b1)はまだ確認されていませんこれは、現代日本人のD1a2aが弥生時代以降にアジア東部大陸部から到来した可能性を示唆します(関連記事)。もちろん、現時点では東日本の「縄文人」でしかYHgは確認されていないので、今後西日本の「縄文人」でD1a2aが確認される可能性は低くないでしょう。しかし現時点では、現代日本人のD1a2aが「縄文人」ではなく弥生時代以降にアジア東部大陸部から到来した集団に由来する、という想定も有力な仮説の一つとして扱われるべきだと思います。


https://sicambre.seesaa.net/article/201909article_24.html
0746日本@名無史さん
垢版 |
2024/06/08(土) 04:27:01.14
ドイツは2011年まで徴兵制を維持してた
1945年に廃止した平和ボケ日本と大違い

最近になってようやく、中韓北朝鮮ロシアから敵視されてると気付いて、突然、自分達は縄文人の末裔と言い出してる、ご都合主義に過ぎない。
0747sage
垢版 |
2024/06/08(土) 06:07:07.36
ハロプログループはつんくが手を出してる可能性が高い
0749日本@名無史さん
垢版 |
2024/06/08(土) 08:10:06.85
後漢期に書かれた「論衡」によると、倭人は周王朝2代目時代(紀元前1042~1021年)に薬草を朝貢して来たそうで、
紀元前4~3世紀に書かれた「山海経」によると、朝鮮南部を含む倭人は燕に属していたそうで、
これらは縄文人と言うより、O1b2系の弥生人(東夷)だろうな
0750日本@名無史さん
垢版 |
2024/06/08(土) 09:13:31.32
論衡の倭人と山海経の倭人は別物だよ
0751日本@名無史さん
垢版 |
2024/06/08(土) 20:07:51.07
論衡の倭人と山海経の倭人は同じで、(中国)
北部九州の倭人、は全くの別物だよ(日本)
0752日本@名無史さん
垢版 |
2024/06/09(日) 00:02:11.64
○4800年前の埼玉人骨の復元顔模型(男性)
ttps://schit.net/kasukabe/center/blogs/blog_entries/view/220/071b377f45d8092941d2c0b71b78b183
○4000年前の青森人骨の復元顔模型(女性)
https://susono.jugem.jp/?eid=3030#gsc.tab=0

この頃になると新モンゴロイドとの混血も進んでたらしく、現代日本人と比べ、大きな違いはない。
0753日本@名無史さん
垢版 |
2024/06/09(日) 00:19:29.78
3800年前の北海道人骨の復元顔模型(女性)
ttps://mainichi.jp/articles/20180313/k00/00m/040/045000c
こちらは古モンゴロイド的形質をちゃんと残してる。
0754日本@名無史さん
垢版 |
2024/06/09(日) 03:17:35.46
>>749
歴史版各地のスレに書き込まれているこのキモいスレは、上の西郷吉之助のレスも間違いだらけで、AI生成なんだろうが、何の目的があって書き込んでいるのか
0755日本@名無史さん
垢版 |
2024/06/09(日) 06:22:32.68
旧石器時代の港川人(沖縄や石垣島)の人骨の遺伝子解析の結果、縄文人とは系統が異なる事が判明。
南方ルートからの流入は、対馬海峡が広がって、黒潮の流れが今と同じようになった、縄文時代以降の話しと考えられる。

5000年前の東京人骨復元顔模型(男性)
ttps://www.city.shinjuku.lg.jp/whatsnew/pub/2015/0225-01.html
この時期のmt-DNAの多様さからも分かる通り、縄文中期には新モンゴロイドとの混血が進んでたと考えられる。

参考までに、1万年前の英国人の復元顔模型(男性)
ttps://realsound.jp/book/2022/05/post-1036664.html
0756日本@名無史さん
垢版 |
2024/06/09(日) 06:27:00.51
平和な時代になると、女は子供を産まなくなる。大陸との混血が進んだのも、おそらくそのせい。
0757日本@名無史さん
垢版 |
2024/06/09(日) 08:35:05.75
古代の青銅器はどれも実用的なものでなく、権力者の威信材。
銅矛文化圏だけでなく、銅鐸文化圏にも、緩やかな地域連合体が形成されていた証拠
しかし大陸との交易なくして、金属資源は得られない。
そういう訳で、神武が瀬戸内地方や近畿に東征して勢力拡大した理由も、輸出用の水銀資源が目当てだったと分かる。
0760日本@名無史さん
垢版 |
2024/06/09(日) 20:18:22.76
「天皇家の菊花紋」古代西アジアの王家紋章に酷似する菊花紋の背景を探る
https://www.nihoncity.com/article/1904main/

紀元前24世紀という遠い昔のシュメール王朝では、
その王家を象徴する家紋として十六芒星が使われたようです。

シュメールは今日の中近東、イランの周辺に存在した国家です。
例えば紀元前2300年ごろ、シュメール・アッカド王朝の時代に建造された
ナラム・シン王の戦勝碑には、菊の紋章に近い十六芒星のデザインが描かれています。

古代エジプトでは太陽の象徴とも考えられる金の皿が、
王族の墓に納められていたことがわかりました。
菊の紋章にソックリな金製ロータスの皿。 ロータス=蓮の花。
0761日本@名無史さん
垢版 |
2024/06/09(日) 20:23:17.84
伏羲(ふくぎ)と女媧(じょか)は、中国の創世神話に登場する神々です。
彼らは中国神話における宇宙の設計者、人類の創造者として語られる存在です。

定規とコンパスを持った(伏羲ふくぎ,と女媧じょか)頭上には「16弁菊花紋の太陽」
伏羲と女媧は兄妹であり、大洪水が起き二人だけが生き延び、
それが人類の始祖となったという伝説。
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/a/a9/Anonymous-Fuxi_and_N%C3%BCwa3.jpg

定規とコンパスと云えば、あの秘密結社フリーメーソンのシンボル。
0763日本@名無史さん
垢版 |
2024/06/09(日) 21:21:36.74
「蓮の花 太陽の象徴」
朝に花を開き、夕方に花を閉じるスイレンは、
古代エジプトにおける太陽のシンボルとされ、
エジプトの装飾や神話に多くあらわれています。

蓮の花、スイレンは日中花を咲かせ、
夜になると閉じるという行動を、約3日間繰り返します。
そのため、あたかも夜になると睡っているような状態になる花なので、
睡る蓮の葉に似た植物ということから「睡蓮」という名前が付けられたのです。
0764日本@名無史さん
垢版 |
2024/06/10(月) 12:55:18.98
シュメールか
0765日本@名無史さん
垢版 |
2024/06/10(月) 12:57:36.55
スメラミコト
0766日本@名無史さん
垢版 |
2024/06/10(月) 15:25:07.24
従来考えられていた「縄文人のY染色体」は実は違った!?

最新の研究によって、現代日本人の主要なY染色体ハプログループであるD1a2aは、従来考えられていたD1b1ではなく、D1a2bに訂正されました。さらに興味深いことに、「縄文人」でこれまで確認されていたD1b2は、実はアンダマン諸島の人々と共通するD1a2bだったことも判明しました。

D1a2aは弥生時代に流入した可能性が高い

これらの発見は、D1a2aが弥生時代以降にアジア東部大陸部から流入した可能性を示唆しています。現時点では調査対象が東日本縄文人に限定されているため、西日本の縄文人からもD1a2aが発見される可能性はありますが、現時点では、現代日本人のD1a2aは弥生時代以降のアジア東部大陸部からの移住者に由来する可能性が高いと考えられています。

今後の研究で何が明らかに?

今後は、西日本の縄文人をはじめ、より多くの地域や時代の縄文人を調査することで、D1a2aの起源や日本人の起源について、より詳細な情報が明らかにされることが期待されます。
0767日本@名無史さん
垢版 |
2024/06/10(月) 17:11:23.87
>>766
訂正じゃなくて改訂な
サブ自体は一緒だよ
2015年までのO2b=今のO1b2とかと一緒
0769日本@名無史さん
垢版 |
2024/06/10(月) 20:31:38.32
シュメールのロータスはインドに入って仏教の蓮華に変化したんだろ
それが中国に入って来て、秦氏が日本に持ち込んだ八幡大菩薩として。
皇族は縄文Dだから直接入手は無理だろ。
0770日本@名無史さん
垢版 |
2024/06/10(月) 22:35:57.73
何ゆってるんか分からん
チベット人に近いとされていたのが間違いで
アンダマンに近いと分かっただけだよね
渡来時期には何も関係あらへん
0771ネトウヨボクメツタイ!
垢版 |
2024/06/10(月) 23:50:14.39
シュメルは自称サンギガだからな
ネトウヨの一部が言うようの日本人がシュメール人ならジャップはサンギガと名乗ったはずだからジャップの起源がシュメルとかありえないのだよ

ネトウヨは早く糞ジャップの起源が中国の西遼河と認めろよな
笑えるネトウヨの自民党支持の壺や日本会議の工作員よ
0772日本@名無史さん
垢版 |
2024/06/11(火) 04:11:03.24
六通貝塚でハプログループD1a2a1c1が検出されたことは事実だけど、現時点では、それが縄文人由来のハプロが日本人に多いことを直接的に示す証拠とは言い切れないよね。
0773日本@名無史さん
垢版 |
2024/06/11(火) 04:12:37.69
渡来人は、一般的に弥生時代や古墳時代に朝鮮半島や中国から日本へ移住してきた人々を指します。しかし、D1a2が日本へ渡ってきたのは縄文時代初期であり、一般的には渡来人とは呼ばれません。
この時代、高句麗人や僧侶など多くの人が日本へ亡命し、寺院などに逸話が残されています。彼らは、政治的迫害や戦乱を逃れて日本へ渡ってきたと考えられています。
D1a2の人々は、朝鮮半島南部から日本へ移住してきたと考えられており、弥生時代前期の稲作技術や文化をもたらした可能性があります。しかし、彼らが渡来人と呼ばれるかどうかは、専門家の間でも議論があります。
渡来人の定義は、時代や研究者によって異なるため、一概に断言することは難しいです。しかし、一般的には弥生時代以降に日本へ移住してきた人々を指すことが多いようです。
0774日本@名無史さん
垢版 |
2024/06/11(火) 07:17:55.90
>>773
縄文時代人、初期というのは具体的にいつ頃?
草創期は紀元前14000年ほど前から始まるけど、その時代にはまだ水位が下がっていた時代の筈では
スンダランドの人々は既に海洋航海技術を持っていた事がスレでも度々指摘されている
南方ルート起源説も現代人のゲノム解析から強固になりつつあるから、明確に朝鮮半島のみの由来だと決めつける事はできない
0775日本@名無史さん
垢版 |
2024/06/11(火) 09:44:48.42
>>773
縄文時代草創期は、約1万6500年前から始まったんだって。確かに当時はまだ海面上昇が続いていた時代だよね。
でも、最近の研究では、スンダランドの人々が海洋航海技術を持っていた可能性が高いことが分かってきたんだ。それに、現代人のゲノム解析からも、南方ルートからの移住があったことが示唆されているんだよ。
だから、縄文人の起源は朝鮮半島だけとは言い切れない可能性があるんだよね。高麗人や僧侶などの渡来に関する逸話も、寺に残されているんだって。
0776日本@名無史さん
垢版 |
2024/06/11(火) 09:47:25.72
長崎県五島列島福江市戸岐で、昭和55年から56年にかけて集落の裏山が崩落した際、崩落止めの工事中に作業員が発見した土器が、九州歴史博物館の鑑定により、中国春秋時代(前771年〜前403年)に作られた「印文陶土器」であることが判明しただよね。
この発見は、当時としては日本最古級の印文陶土器であり、朝鮮半島との交流の深さを示す貴重な資料として注目されたよね。
一方、沖縄県八重山郡竹富町波照間島台地緑の下田原地区では、黝灰色の「印文硬陶」の土器が採集されているよね。こちらも先史時代のものと考えられているんだけど、中国春秋時代の印文陶土器とは異なり、朝鮮半島ではなく東南アジアとの交流を示すものと考えられているんだ。
このように、日本各地で発見されている印文土器は、当時の社会や文化、交易の様子を知る上で重要な手がかりとなっているよね。
0777日本@名無史さん
垢版 |
2024/06/11(火) 09:51:19.56
釜山・加徳島の狼項遺跡(約1万4000年前)出土の人骨2体の核DNA分析の結果、縄文人と同じDNA配列を持つことが判明しました。この発見は、縄文人が朝鮮半島へ移住していた可能性を示唆しており、従来の「弥生人が朝鮮半島から日本列島へ渡来した」という考え方に新たな視点を提供します。
篠田謙一氏(国立科学博物館人類研究部長の篠田謙一氏)は、この人骨2体のDNA配列が現代日本人のDNA配列とほぼ一致していることから、「縄文人は現代日本人の祖先の一部である」と結論付けています。
近年では、縄文時代後期(約5000年前〜3000年前)の朝鮮半島南部、小白山脈南部・対馬海峡沿岸地域には、縄文系の人々が広く居住していたことが示唆されています。これらの発見は、縄文人と朝鮮半島の人々との交流や混血の可能性を示唆しており、今後の研究によって、さらに詳細が明らかにされることが期待されます。
0778日本@名無史さん
垢版 |
2024/06/11(火) 09:59:07.42
長江下流地域では、半月形外彎刃石庖丁が地域的な形式として生まれ、半月形直線刃形式と併用されていました。半月形外彎刃形式が多く出土するのは、印文陶・有段石斧を出土し、青銅器が出現する湖熟文化であり、その年代は殷末から春秋初期(紀元前1046年〜前771年)と考えられます。これらの長江下流地域の遺跡から主要作物として稲が出土することが注目されます。

長江下流のモンスーン地帯に伝播して、稲の穂摘み具として転用され、その過程で半月形外彎刃形式が地域的なタイプとして発生したと考えられます。この形式は、稲作とともに朝鮮半島南部・北九州地方に伝わった可能性があります。
0779日本@名無史さん
垢版 |
2024/06/11(火) 10:10:54.29
ユダとベニヤミン以外の十支族は、紀元1世紀頃のサマリア地方と呼ばれる地域に、かつて独立した王国を築いていました。王家はオムリ朝、ヤロブアム朝を経て、その後も王位継承が続きましたが、末期にはどの部族から王が出ていたのか定かではなくなっていました。
山岳地帯にあったエルサレムとは異なり、平野部にあったサマリアは、外部からの侵略を受けやすかったため、敵の神を祀るなどして支配に服していました。また、異民族との婚姻が進んだことで、次第にイスラエル民族としてのアイデンティティーを失っていきました。
紀元1世紀頃のサマリア人たちは、イスラエル由来の習慣をある程度は保持していたようですが、ユダヤ人からは同胞として認められていませんでした。西暦70年にローマ帝国によってエルサレムが陥落すると、ユダヤ人は世界各地へ離散しましたが、サマリア人たちがどこへ行ったのかという記録は残っていません。
その後、中東がイスラム化されると、サマリア人たちもイスラム教徒となり、現在ではパレスチナ人の中にその子孫が混ざっていると考えられています。彼らは、古代イスラエル王国の十支族の血を受け継ぐ存在と言えるでしょう。
0780日本@名無史さん
垢版 |
2024/06/11(火) 10:19:31.64
古朝鮮の濊族は、現在の中国河北省南部を起源とし、山東半島(大汶口文化・龍山文化)を経て、遼寧省(偏堡文化)に発展したと考えられています。その後、朝鮮半島の無文土器時代に渡来し、濊族となったという説があります。

O1b2a1a2bとO1b2a1a2aの分岐は約6,000年前と推定されており、濊族は遺伝的に倭人と共通祖先を持つ可能性が高いと考えられています。
0781日本@名無史さん
垢版 |
2024/06/11(火) 10:26:53.30
>>775
あれ、2500年ズレてたかすまん
恐らくその連中はYハプ主体Dだと思う
それ以前の旧石器時代とかになるとハプロCだとは思うんだけどね
0783日本@名無史さん
垢版 |
2024/06/11(火) 15:17:07.53
旧約聖書の創世記に登場するアブラハム、イサク、ヤコブらイスラエルの先祖は、
民衆を治める指導者という意味において、「族長(パトリアーク)」と呼ばれています。

その後、キリスト教では「パトリアーク」は「司教」という意味で使われるようになり、
中国の景教では「波多力」と書き表されました。
0784日本@名無史さん
垢版 |
2024/06/11(火) 15:19:02.92
「古語拾遺」には「秦」を当初「ハダ」と発音した根拠として、「肌膚に軟らかなり。
ゆえに秦の字を訓みてこれを波陀と謂う」と書かれています。

中国の景教では「波多力」と書き表されました。
つまり「波多」という漢字は、イスラエルの指導者、
ユダヤの父なる指導者を示唆する言葉だったのです。
0785日本@名無史さん
垢版 |
2024/06/11(火) 15:21:08.22
そのイスラエルの指導者を称して「波多力」と書き、それが「秦」とも書かれるようになり、
「ハタ」と読まれるようになったということは、秦氏がまさに、
ユダヤ系の指導者なる一族の血統をくんでいることの証と考えられます。

そこには秦氏が仁徳天皇より姓を賜った際の記述があり、
「ハタ」の当て字として「秦」ではなく、「波多」と書かれています。
つまり景教で「族長(パトリアーク)」「司教」を意味する「波多力」
に由来する言葉がそのまま使われているのです。
0786日本@名無史さん
垢版 |
2024/06/11(火) 15:24:28.95
その秦始皇帝の実父は呂不韋(リョフイ)と呼ばれ、
その名前の意味はヘブライ語で理解することができます。

「神のくびき」をヘブライ語では、עוליהוה(yhwh aol)と書き、
それを右から左に逆さ読みすると「ロフヒ」となります。

よって、神の僕として仕えた秦始皇帝の実父は、自らの名を「神のくびき」、
すなわち呂不韋(リョフイ)にしたと考えられるのです。
0787日本@名無史さん
垢版 |
2024/06/11(火) 15:39:43.59
秦氏が拠点を置いたと思われる辰韓・新羅には三つ巴紋が付いた装飾宝剣がある。
「新羅の装飾宝剣とフン族」
https://avantdoublier.blogspot.com/2009/03/blog-post_10.html

『ローマ文化王国・新羅』
新羅はローマ文化圏だったという説は、理論だけでは誰も納得しないだろうから、
物証を限りなく集めて精査し、例えば、当時のグラスは、ローマ式、ササン朝式、中国式
に分かれるそうなんですが、新羅からはローマングラスのみが大量に出ていて、
高句麗、百済、中国からはまったく出土していないというんですね。
0788日本@名無史さん
垢版 |
2024/06/11(火) 16:03:35.55
『旧唐書』巻198によると、貞観17年(643)「拂菻王波多力」
(波多力は「Papas Theodorus」の音写か。
ただ、当時の皇帝はコンスタンス2世であり、該当する人物が定かではない。)
の使者が来訪したのを皮切りに、開元七年(719)まで、
しばしば拂菻王の使者が中国を訪れ朝貢した。

「拂菻(ふろむ)」は東ローマ帝国を意味するらしい、
そして、古代ローマ帝国は「大秦」とも訳される。
つまり、「シリア教会」の伝道師は、拂菻王波多力(ふりんおうパトリアーク)の
ブランド名で、中国に伝道師として入唐してきたのだ。
0789日本@名無史さん
垢版 |
2024/06/11(火) 16:13:40.93
「天皇家の菊花紋」古代西アジアの王家紋章に酷似する菊花紋の背景を探る
https://www.nihoncity.com/article/1904main/

紀元前24世紀という遠い昔のシュメール王朝では、
その王家を象徴する家紋として十六芒星が使われたようです。

シュメールは今日の中近東、イランの周辺に存在した国家です。
例えば紀元前2300年ごろ、シュメール・アッカド王朝の時代に建造された
ナラム・シン王の戦勝碑には、菊の紋章に近い十六芒星のデザインが描かれています。

古代エジプトでは太陽の象徴とも考えられる金の皿が、
王族の墓に納められていたことがわかりました。
菊の紋章にソックリな金製ロータスの皿。 ロータス=蓮の花。
0791日本@名無史さん
垢版 |
2024/06/11(火) 16:16:07.96
伏羲(ふくぎ)と女媧(じょか)は、中国の創世神話に登場する神々です。
彼らは中国神話における宇宙の設計者、人類の創造者として語られる存在です。

定規とコンパスを持った(伏羲ふくぎ,と女媧じょか)頭上には「16弁菊花紋の太陽」
伏羲と女媧は兄妹であり、大洪水が起き二人だけが生き延び、
それが人類の始祖となったという伝説。
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/a/a9/Anonymous-Fuxi_and_N%C3%BCwa3.jpg

定規とコンパスと云えば、あの秘密結社フリーメーソンのシンボル。
0793日本@名無史さん
垢版 |
2024/06/11(火) 16:24:05.49
「蓮の花 太陽の象徴」
朝に花を開き、夕方に花を閉じるスイレンは、
古代エジプトにおける太陽のシンボルとされ、
エジプトの装飾や神話に多くあらわれています。

蓮の花、スイレンは日中花を咲かせ、
夜になると閉じるという行動を、約3日間繰り返します。
そのため、あたかも夜になると睡っているような状態になる花なので、
睡る蓮の花に似た植物ということから「睡蓮」という名前が付けられたのです。

シュメールのロータスはインドに入って仏教の蓮華に変化したんだろ、
それが中国に入って来て、
秦氏が日本に持ち込んだ鎮護国家・仏教守護の神、八幡神として。
0794日本@名無史さん
垢版 |
2024/06/11(火) 16:38:26.67
シュメール人は、日本のみで『シュメール』と発音しますが、
諸外国では『スメラ』や『スメル』と発音します。
百歩譲って『シュメー』は許しても『ル』は要らんだろと。

英語読みで『Sumer』と読みます。シュメールと読む事が正しいとするなら、
それは、日本の考古学が世界に相手にされていないからで、
海外で『シュメール? スメラの事だろw』と注意されずに現在に至っているんですよね。

スメラはスメラです。
シュメールと呼びたいのであればオカルトと断定されます。
シュメールと云えば、いかにも専門家の響きが有りますが、大きな誤りです。
『スメラ』と発音すると「スメラミコト」の信者かとウヨ認定されるからです。
0795日本@名無史さん
垢版 |
2024/06/12(水) 09:58:00.66
>>794
お、これがAIかぁ。よく出来てるね。
駄文がずらずらと書かれてるだけで、何とも思わん。
0796日本@名無史さん
垢版 |
2024/06/12(水) 15:13:17.71
民衆を治める指導者という意味の、「族長(パトリアーク)」
キリスト教では「司教」という意味で「パトリアーク」
中国の景教では「パトリアーク」の「パトリ」に「波多力」と当て字をしました。

秦氏(秦王朝の縁者か?)を「ハタ・波多・波陀」と言われるのは、
「景教=原始キリスト教」を日本に持ち込んだ「司教」だったのです。
京都、太秦にある木嶋神社(蚕ノ社)の三柱鳥居と秦氏の謎が理解できる。
キリスト教の三位一体の盾、「父と子と聖霊」を表す。
レスを投稿する


ニューススポーツなんでも実況