太平洋戦争は日本なら誰が悪かったの?
0001名無しさん@お腹いっぱい。
垢版 |
2024/03/12(火) 13:43:45.27ID:PEraMNa30
太平洋戦争は日本なら誰が悪かったの?
lavender.5ch.net/test/read.cgi/c/history2/1633772136/ (21/10/09 - 23/12/02)
太平洋戦争では誰が一番悪かったの?
lavender.5ch.net/test/read.cgi/c/history2/1702364287/(23/12/12 - 24/01/18)
太平洋戦争では誰が一番悪かったの?
lavender.5ch.net/test/read.cgi/c/history2/1705667731/(24/01/19 - 24/03/19)
0624名無しさん@お腹いっぱい。
垢版 |
2024/04/30(火) 10:38:21.13ID:dHRImMhW0
石原って比較的重責なポジションに就いたことがないから好き勝手やれた言えた部分があるんだよ。
これは井上成美もそう。

で、そういう奴らっていざ重要な地位に就くとできませんとか駄々こねてすぐ辞めたりする(特に井上ね。)
石原は戦後すぐに亡くなったから仕方ないけど井上なんて新名とつるんでああでもないこうでもないと
ペラペラ喋って海軍関係者から嫌われたと聞く。

こんなのを大将にしたんだから日本は負けたとさえ思うね。
0626名無しさん@お腹いっぱい。
垢版 |
2024/04/30(火) 12:31:58.33ID:+pE9iWcs0
age
0627名無しさん@お腹いっぱい。
垢版 |
2024/04/30(火) 17:13:56.58ID:GXadbZ0w0
イスラエル首相らに逮逮捕状準備か
https://news.yahoo.co.jp/articles/c9f3c096aef5dc2f2f5db93814d88e9af518eddf
国際刑事裁判所がガザでの戦闘に絡み、イスラエル政府当局者に逮捕状を
発行する準備を進めている可能性があり、イスラエル政府内で懸念が強まっている。

ネタニヤフ首相らは、戦争犯罪や人道に対する罪などに問われる可能性がある。
ハマスの指導者に対する逮捕状の発行も検討されているという。

イスラエルのカッツ外相は、逮捕状報道について、そのような状況にならないことを期待するし、
われわれが頭を下げることはない。戦い続けると言明した。
0628名無しさん@お腹いっぱい。
垢版 |
2024/04/30(火) 19:27:59.84ID:VgjXpBJO0
>>624
そいつらは批判できるだけむしろ有能
怪しいのは東條とか軍トップだな
軍人だが戦の事を何も知らなかった疑いすらある
0629名無しさん@お腹いっぱい。
垢版 |
2024/04/30(火) 20:40:11.36ID:Fi45bag40
戦を知らなかったと言えば、高級参謀で必要もないのにいつも最前線に行き、戦を知っているはずの辻政信が
これがまた無謀な作戦をたてているんだよな。

陸軍の価値観からすれば、そういう一見勇ましい作戦を立てることこそが必然だったのかも。
辻の限界かも知れないが。
0630名無しさん@お腹いっぱい。
垢版 |
2024/04/30(火) 21:40:54.59ID:+pE9iWcs0
>>624
井上は世界に先駆けて海軍の空軍化を理論化し実戦に用いた軍人。
陸のマンシュタイン、海の井上と世界的に評価されている
井上を慎重すぎて戦下手という御仁もいるが、
勇敢な将軍が航空部隊の使い方を知らずにミッドウェーで大敗している
0631名無しさん@お腹いっぱい。
垢版 |
2024/04/30(火) 21:56:51.20ID:Fi45bag40
孫子の兵法は戦争は慎重に慎重を期せと書いている。
日本軍は名前は使うが孫氏の兵法を実は軽視し、戦争論をより重視した。
0632名無しさん@お腹いっぱい。
垢版 |
2024/04/30(火) 22:04:06.22ID:VgjXpBJO0
>>631
日本軍は両方とも知らん可能性があるね
幕末の志士とかは孫子とか割と知ってたが
0633名無しさん@お腹いっぱい。
垢版 |
2024/04/30(火) 22:55:53.41ID:v2OShnZM0
帝国軍人たるもの孫子もマハンもクラウゼヴィッツも読んでいる
だが読んで知っている事とそれを実践することには大きな断裂があり、多くは都合のいい時に都合のいい言葉を使ってるだけで真に実践などしていないのである

我らが政治家を見よ 彼らは演説だので孔子の論語だのを引き合いに出すが、論語読みの論語知らずの典型であり季下に冠を正さないどころか、冠に季を詰め込んでいる有り様である

アメリカのキリスト教を信ずる政治家たちは、聖書を引き合いにだしさも敬虔なクリスチャンの体をとっているが、十戒を始めとする聖書の教えを守っているものなどまずいない
ほとんどは最後の審判時に地獄行きだろう
0634名無しさん@お腹いっぱい。
垢版 |
2024/05/01(水) 13:09:34.97ID:avFrhUHE0
>>629
辻は上のご機嫌を取ったり弱みを握ったりするのが上手かったらしい。
ほんでもって、派手で見栄え聞こえのいい作戦を立てて、成功は自分の手柄、失敗は他人の責任にしてきたらしい。
こんなのがまかり通って出世できたりする構造が日本の敗因。
現代でも田母神が空幕長になりおおせたりしてるところを見ると余り進歩できてない。
0635名無しさん@お腹いっぱい。
垢版 |
2024/05/01(水) 19:48:03.68ID:Cwgw7A7u0
井上の一等大将に米内はどうかと思うが加藤友三郎と山本権兵衛は当然だろ。
軍政家の方を評価すべき。

いくら操縦が巧くても末次が一等大将になれるかよ。
0636名無しさん@お腹いっぱい。
垢版 |
2024/05/01(水) 20:00:56.15ID:RvyDC0j50
>>633
政治家は論語なんてまともに読んだこと無いだろう
有名な一節などを使うだけで
聖書はキリスト教のアメリカ人なら一度は読んでるだろうが
0637名無しさん@お腹いっぱい。
垢版 |
2024/05/01(水) 23:21:20.21ID:cZTgSAHz0
日本海軍は連合艦隊司令長官が最高到達点
日本海海戦で国民にそう刷り込まれた
陸軍は参謀総長がトップだが、軍令部が連合艦隊の下手に出るから軍令部総長も影が薄いし実際連合艦隊に引き摺られるばかり

陸軍は統制が取れていなかったのは確かだが、海軍も人のことは言えん
0638名無しさん@お腹いっぱい。
垢版 |
2024/05/02(木) 02:57:09.02ID:7fIq2rz00
内閣と大元帥陛下を騙して勝手に皇軍を動かして満州国をでっち上げて阿片専売公社を作って(略)
ついには核攻撃やソ連介入で皇国を滅亡させた石原閣下

そしてこいつは天皇カルトではなく日蓮主義者と言った方がいい
戦前の日蓮主義者はもっと注目されるべき
0639名無しさん@お腹いっぱい。 ころころ
垢版 |
2024/05/02(木) 07:38:44.94ID:aoRPzcDJ0
>戦前の日蓮主義者はもっと注目されるべき
北一輝も日蓮宗だったしな。
0640名無しさん@お腹いっぱい。
垢版 |
2024/05/02(木) 10:30:03.29ID:98mtg/+x0
日蓮宗は決定論的終末思想的なとこがあるな
現代にも影響しているんじゃ?最初から日米衝突は不可避だったとかね
0641名無しさん@お腹いっぱい。
垢版 |
2024/05/02(木) 20:53:43.76ID:7fIq2rz00
井上日召 血盟団の一人一殺主義
暗殺という手段を日本社会に蔓延させる

血盟団は井上の思想に強く感化されたカルト集団だと言える。また、井上の思想の底流にあるのは、ある種の仏教的神秘主義である。田中智学が創始した日蓮主義を基本として、仏教的神秘主義と、皇国思想・国家改造に対する熱望が合わさって、井上日召が独自に思想形成したものであると言える。

井上の思想には、田中智学からの影響が明白である。実際、井上の思想形成の初期段階で大きな影響を与えたのが、田中による『日蓮上人乃教義』であり、この書物は井上だけでなく古内栄司にも大きな影響を与えた。
0642名無しさん@お腹いっぱい。
垢版 |
2024/05/02(木) 20:59:58.92ID:7fIq2rz00
血盟団事件は昭和初期から始まった超国家主義者によるテロ事件の嚆矢として知られ、政治学の分野などでもしばしばその基点として扱われる。典型的には丸山真男による超国家主義の研究があり、日本のファシズムに関する古典的研究である丸山による『日本ファシズムの思想と運動』では全体で3期に分けられた日本のファシズム運動期間のうちの第2期 (急進ファシズムの全盛期) の起点として血盟団事件がとらえられている。
0643名無しさん@お腹いっぱい。
垢版 |
2024/05/02(木) 21:03:58.38ID:7fIq2rz00
日蓮系神秘主義者
血盟団・井上日召烈士の義挙の数々

五・一五事件
ごいちごじけん
1932年(昭和7)に起きた海軍青年将校を中心としたクーデター事件で、
血盟団事件の第二陣として計画されたもの。

1931年の十月事件失敗後、海軍青年将校は
井上日召(にっしょう)らと結んでクーデター計画を進めてきた。
32年の血盟団事件で団員が検挙されると、海軍側は上海(シャンハイ)事変で戦死した藤井斉(ひとし)にかわって、海軍中尉古賀清志(こがきよし)、三上卓(みかみたかし)らが中心となって計画を進めた。
0644名無しさん@お腹いっぱい。
垢版 |
2024/05/03(金) 07:43:48.62ID:7Mul+A7I0
ちなみに日蓮宗の分派が創価学会であり、創価学会の政治団体として誕生したのが公明党である。
どうにも国政に関与したがる傾向があるらしい。
0646名無しさん@お腹いっぱい。
垢版 |
2024/05/03(金) 14:42:30.83ID:/CFRkO4k0
キリスト教はユダヤ教より出る
宗教は分派、異端、破門の歴史

藍より青し、というより骨肉の争いだな
0647名無しさん@お腹いっぱい。
垢版 |
2024/05/03(金) 22:55:25.78ID:7Mul+A7I0
>>646
日蓮を開祖とし法華経を至上のものとしてる点で変わりはないさ。
0648名無しさん@お腹いっぱい。
垢版 |
2024/05/04(土) 22:08:38.11ID:IgaBYcya0
原敬暗殺以降のテロリストたちは驚くほど長生きしている

原敬を暗殺した中岡艮一 無期懲役1980年没

濱口雄幸を暗殺した佐郷屋留雄 死刑1972年没
戦後井上日召と組んで右翼団体結成

井上準之助を暗殺した小沼正 無期懲役1978年没 戦後右翼活動

團琢磨を暗殺した菱沼五郎 無期懲役1990年没 戦後茨城県会議長に

犬養毅を暗殺した三上卓 禁錮15年1972年没
戦後右翼政活動家

牧野伸晃の暗殺未遂の四元義隆 懲役15年2004年没 近衛から細川護煕まで歴代首相のブレーン 笹川良一、児玉誉士夫と並んで昭和の日本人が思い浮かべるフィクサーの典型

とこのように彼らは懲役15年だろうと無期だろうと死刑だろうと恩赦恩赦で数年で出てきてしまいやりたい放題

近衛なんて、暗殺を恐れるあまり、井上日召や三上卓を側に置いて盾にする有り様
驚くのは吉田茂が、義父の牧野を暗殺しようとした四元を使った事で、吉田は懐が深いのか四元が余程能力があったのか

とにかく戦前の日本は白色テロリストに極めて甘かった 226事件でも無期組は御社であっさり出獄している
0649名無しさん@お腹いっぱい。
垢版 |
2024/05/05(日) 14:55:30.18ID:VRxGtO9E0
維新志士ってつまりはテロリストだったからねえ。
彼らによって成立した明治政府は、国を憂えてのテロ行為を美化正当化してきた。
そう言う建前を出されると、国民は酔って支持するし、国も追及し切れない。
やはり、大日本帝国は根幹レベルで破滅する構造を抱えていたと言えよう。
0650名無しさん@お腹いっぱい。
垢版 |
2024/05/05(日) 16:51:42.12ID:d7MxpVon0
戦前日本は赤色テロや左派思想犯にはめっちゃ厳しい 世間の風当たりも段違いで南極のブリザードと春の微風くらいの差がある

何せ左派は転向しないと恩赦どころか、満期まで勤めても予防だなんだで出てこられない 恩赦の大安売りの右派と全然違う

1930年に濱口を撃ち、死刑判決ながら1940年には出所した佐郷屋留雄
1928年に治安維持法違反で逮捕、懲役10年の刑を受けるも戦争が終わるまでずっと放り込まれていた徳田球一

あからさまもいいところである だが刑期の差だけならまだしもで右派テロリストは獄中で先生扱い、左派思想犯は獄中死のオンパレード 

首相を殺してもこれなんだから、右派テロリストがやりたい放題になるのも当然である
0651名無しさん@お腹いっぱい。
垢版 |
2024/05/05(日) 20:38:34.73ID:ibhyTjfs0
世界でも昔の反体制派はどこもテロリストだらけだろう
現代の様に選挙で政権を決めますなんてなかったんだから
徳川幕府を開いた家康だってイスラム国みたいなもん
0652名無しさん@お腹いっぱい。
垢版 |
2024/05/05(日) 23:33:00.45ID:rxK5SNRr0
踏む踏む。大正末期から昭和初期も政治を、政党政治の発展と衰退・軍部の台頭とだけ捉えがちだが、
こうやってみると左右対立が激化した時代でもあるんだねえ。ワイマル共和国と同じ。
資本家・寄生地主と労働者・小作人の階級対立が鮮明化した時代だ。
結局、政党(政友会も民政党も)はこの分断社会を克服できず、国民は満州事変やら支那事変に捌け口を求める軍部に傾倒していった。
この階級対立を最終的に降伏したのは自民党だったりする。
0653名無しさん@お腹いっぱい。
垢版 |
2024/05/07(火) 18:11:46.02ID:2+Ba4Zxf0
戦前の財閥は極右にも極左にも攻撃対象だった
極右と極左はイデオロギーは異なっていても方法論は驚くほど同じ

統制経済、警察国家、軍事力崇拝
スターリンとヒトラーのやってた事はほとんど同じ そしてどちらも自由主義や資本主義を毛嫌いしている
0654名無しさん@お腹いっぱい。
垢版 |
2024/05/07(火) 20:08:16.06ID:r+3oJ8qQ0
652訂正
最終的に降伏したのは   誤
最終的に克服したのは   正

誰も気にしとらんやろうけどw
0655名無しさん@お腹いっぱい。
垢版 |
2024/05/09(木) 16:45:08.49ID:BcuNui9w0
どう考えてもアメリカと講和できなかったら真珠湾を攻撃するってアホの中二病の思考だろw
似非法治国家なら総理の近衛が何とかできたかもしれんだろw
あのアホ何しとったw
0656名無しさん@お腹いっぱい。
垢版 |
2024/05/10(金) 02:53:37.15ID:V6h1AP3A0
>>0652 >>0654
自民党が克服したわけじゃないと思う。
克服したのはGHQだろ。農地解放、財閥解体、労働組合解禁の一方でのゼネスト潰し。
面倒な所は全部GHQがやって、自民党はその成果だけ享受した。
0657名無しさん@お腹いっぱい。
垢版 |
2024/05/10(金) 08:49:06.89ID:2KSk9Toy0
原爆や空襲もあれがアメリカの戦争犯罪だということは揺るがせにはできないが
恨むとか言い出したら中韓と同じになってしまうからな。
サヨクは戦争の悲惨さだけを抜き出してまるで日本にだけ責任があったかのような
印象操作をするんだが主体はアメリカにあるということだけは明確にして
その上で戦争に善悪はなく責めても過去は変わらず
許すことでしか未来は開けないということを学ぶしかない。
ただアメリカがやったことはやったこととして正当化や免罪はできないってだけ。
これは日本の戦争犯罪にも同じことが言え規模ははるかに小さいとは言え
無謬ではないしサヨクのような過大な原罪視は論外だが全くなかったことにはできない。
0658名無しさん@お腹いっぱい。
垢版 |
2024/05/10(金) 13:47:15.22ID:b0hM9ZO30
>>657
責任の主体はしょーもないメンツの為に侵略戦争を止めなかった大日本帝国にあるでしょ
アメリカに責任転嫁するなよ
0659名無しさん@お腹いっぱい。
垢版 |
2024/05/10(金) 14:39:19.58ID:b8pa3FId0
一口に右翼左翼中道ノンポリと括っても内実の主張は相当差異がある

単純化すると、右翼はアメリカが悪い、左翼は軍部とアメリカが悪い という主張が多い
右翼は保守側であるので戦前の政府や軍の行為は適正とみなす アメリカに対しては親米右翼と民族派右翼で見解が分かれる

左翼は革新であるので、戦前も戦後も政府のやる事はなってないとみなす またアメリカも嫌いなのでアメリカは当然悪いとみなす

中道ノンポリから見ると、空襲で我が街を焼け野原にしたアメリカは憎い だが帝都の守りは万全とか寝言こいてた政府軍にもヘイトは向かう これはドイツも同じで、ベルリン市民の怒りは米英の爆撃兵団と、大口叩いたゲーリング国家元帥の双方に向いていた
0660名無しさん@お腹いっぱい。
垢版 |
2024/05/10(金) 21:12:06.16ID:KA854mYI0
>>656
考え方として、日本において階級対立が無くなっのは日本人が総中流化した(と皆が思い始めた)70年代前半とする。
これは高度経済成長の結果であり、これを自民党政権の成果とした。
まあ、異論は認めるけどね。その前提にGHQによる改革があるわけだし。
もっと言うと、日本は仏伊や韓国ほどの激しい左右対立は起きなかった。この理由の一つに自民党政権のしたたかさがあったとみる。
0661名無しさん@お腹いっぱい。
垢版 |
2024/05/10(金) 21:28:17.71ID:rsaJzDnS0
敗戦で上が一気に転落して御破算に願いましては化した
このあと伸びたのは、元上流で耐えた一群と、目端のきく成り上がり
そういう意味で敗戦は階級を大攪拌した 階級を温存んした明治維新以上の平準化だろう

と言いつつ世情が落ち着くと、貴種を尊ぶ風潮が復活して元皇族元華族あたりがう浮上しだす
0662名無しさん@お腹いっぱい。
垢版 |
2024/05/11(土) 20:31:56.93ID:5+livtcu0
>>659
親米右翼って戦後世代の最近出て来た部類だけどね
戦後は戦前生まれが日本の独自ケインズをやってた
0663名無しさん@お腹いっぱい。
垢版 |
2024/05/11(土) 21:09:26.28ID:EVBVqYtT0
大日本愛国党の赤尾敏は親米右翼
反共の思想は、一方で親米になる
赤尾の配下で浅沼稲次郎を暗殺した山口二矢も思想的に同じだろう
0664名無しさん@お腹いっぱい。
垢版 |
2024/05/13(月) 14:59:45.97ID:wJXF1hiT0
幕末の桜田門外の変を良しとしてその後水戸から政権に入ったやつもおらんからいつまでもくすぶってたんだろなw
0665名無しさん@お腹いっぱい。
垢版 |
2024/05/14(火) 00:31:15.15ID:PFxVUx5D0
>>663
山口って事件の時はまだ高校生くらいの少年でしょ?
たいした思想なんてないでしよ?
例えるなら土佐勤王党の岡田以蔵みたいなもので、尊敬しているボスが喜ぶから、殺しただけで、思想から暗殺したわけじゃないでしょう?
0666名無しさん@お腹いっぱい。
垢版 |
2024/05/14(火) 07:42:08.19ID:pcSygGLm0
中国紙 「原爆が戦争止めた」は神話で根拠乏しい
https://www.recordchina.co.jp/b933459-s516-c100-d1516.html
日本への原子爆弾の投下は第二次世界大戦を終わらせるために必要だった
米国内でこうした神話が依然として根強く信奉されている一方で、
アジアでは核の拡散が続いている。核のない世界は遠のくばかりだ。

ソ連参戦が降伏の主因だ
原爆は本当に世界大戦を終わらせたのか。
原爆は受諾を促す補助的な役割を果たしたかもしれないが、主要因ではなかった。

時系列的に見るのが分かりやすい。1945年8月6日に米軍は広島に原爆を投下したが、
日本政府の反応は薄かった。しかし9日にソ連が日ソ中立条約を破棄して満洲に侵攻すると、
政府内の和平派が一気に動き出し、ポツダム宣言受諾の流れが加速。
長崎への原爆投下の報が伝えられたが、ほとんどスルーされた。
そして10日御前会議でポツダム宣言の条件付き受諾の方針が決まり、
14日の無条件での宣言受諾決定、15日の玉音放送と進んでいく。

日本は中立条約がまだ有効だったソ連に米英との仲介を依頼し、
名誉ある終戦に持ち込むことに最後の望みをかけていた。
ところが頼みのソ連が仲介どころか満洲に攻め込んできたため、
もはやこれまでと観念したというわけだ。遠い広島、長崎への投下だったので、
東京の軍部にはインパクトが十分伝わらなかったという事情はあったにしても、
原爆が日本側の意思決定に与えた影響は、ゼロとは言わないまでも限定的だった。

実は、米軍関係者の一部には、原爆投下は不要だったし回避すべきだったとする見方が共有されていた。
ルーズベルト、トルーマン両大統領の軍事顧問を務めたレイヒー海軍元帥は次のように語っている。

広島と長崎に対して残忍な兵器を使用したことは何の重要な助けにもならなかった。
日本は既に打ちのめされており、降伏寸前だった。あれを最初に使うことによって、
われわれは野蛮人並みの倫理基準を選んだことになる。
女、子供を殺すようでは戦争に勝利したとは言えない。
戦後、マッカーサーも、原爆使用に否定的な見解を表明。
アイゼンハワーに至っては、原爆投下前の7月の時点で、
トルーマン大統領に原爆使用の見送りを進言したと言われる。
0667名無しさん@お腹いっぱい。
垢版 |
2024/05/14(火) 11:00:00.42ID:JtZ30s6A0
>マッカーサーも、原爆使用に否定的な見解を表明
朝鮮戦争で満州に原爆を30−50発も落とすよう要請してるんだが?
0668名無しさん@お腹いっぱい。
垢版 |
2024/05/14(火) 11:12:08.38ID:/3sW6FA80
だいたい、あのまま大東亜共栄圏が完成してたら
北朝鮮や中国共産党はなかったんだからな
それをツブしたアメリカが今、いちばんこの2国に手をやいてるのが笑えるw

それも日本は共産化したソ連の南下とも戦っていた。
反共のアメリカは日本にいちばん協力しなければならなかった。
それをソ連と結託して意味不明に日本をツブしたのであるw

反省するマッカーサー元帥
・真の敵は日本ではなくソ連だった。
・日本軍を中国大陸から駆逐した結果、中国共産党という凶悪な政権を誕生させてしまった。
・日本が半世紀に及び取り組んで来た反共の義務と責任を、アメリカが負うはめになった

その後の朝鮮戦争w 泥沼のベトナム戦争w
0669名無しさん@お腹いっぱい。
垢版 |
2024/05/14(火) 11:14:10.49ID:/3sW6FA80
ヒラリー・クリントン 20年後、中国は最も貧しい国になる」
https://bookmeter.com/books/6440550
・中国は信仰がなく、全国民が権力と金銭のみを崇拝している。
・大多数の中国人は権力と金銭の獲得が生活の全てで成功と考える。
・中国で行われている報道は、ほとんどが憎しみと他国を歪曲した内容。
・中国政府は人民を騙し、人民は過去の権力の奴隷から今は金銭の奴隷に変わった。
・中国政府は民衆の注意力を他国にそらし、自国に向けられる敵意を外部に転嫁させる
0670名無しさん@お腹いっぱい。
垢版 |
2024/05/14(火) 13:11:15.42ID:JtZ30s6A0
>>668
いや、大東亜共栄圏が出来なくても北朝鮮は生まれず、中国共産党も滅んでる。
逆に大東亜共栄圏を作ろうとしたから、中共は生き延び、北朝鮮も生まれたんだ。
国民党は共産党政府を倒しかけてたのに、日本が満州事変〜華北自治工作と侵略してくるから、国共合作に至った。
毛沢東が日本のおかげで国民党に勝てたと言ったと言う話まである。
現実としてソ連に次ぐ中国共産党支援国家だったのが大日本帝国の実相だ。
日本は国内の共産主義者は徹底的に弾圧したが、他国の共産党には無関心。
日中戦争でも重慶(国民党)にばかり攻撃して延安(共産党)は放置に近かった。
ソ連とも中立条約は結ぶし、日独伊ソ4ヵ国同盟画策するわ、太平洋戦争末期には講和仲介依頼するとか、親密と言えるほどの関係。
日本の対外反共は侵略正当化の口実でしかない。
中国、北朝鮮、ベトナムなどの赤化は大日本帝国の負の遺産だよ。
アメリカはそれを押し付けられたにすぎない。
0671名無しさん@お腹いっぱい。
垢版 |
2024/05/14(火) 13:54:22.43ID:kUTRqko40
>>667
そりゃあシチュエーションが全然違うから

半死体状態の日本に都市核攻撃するのと、がっぷり四つに組んで激戦中の敵根拠地に戦術核攻撃とでは意味が全く違う
0672名無しさん@お腹いっぱい。
垢版 |
2024/05/14(火) 19:01:10.26ID:X7KCrT8g0
ナチスドイツはソ連に対する防共防波堤である
西側連合軍はドイツと講和し、協同でソ連と戦う
それをせずにドイツを倒してしまったので欧州はソ連とワルシャワ条約機構の脅威を受けることになった
と言うのがナチスドイツ残党の理屈

そもそも総統がポーランドに侵攻してなければ東欧諸国は共産化などしていない
0673名無しさん@お腹いっぱい。
垢版 |
2024/05/14(火) 20:12:49.82ID:wIKSE9Zo0
東ヨーロッパも中国もソ連と組んだアメリカの責任だろう
支援されたソ連が西へ東へ領土拡大して広がったんだから
その後に赤狩りして共産主義との戦いと言いだしたんで
0674名無しさん@お腹いっぱい。
垢版 |
2024/05/14(火) 21:17:46.30ID:X7KCrT8g0
アメリカにしてもソ連なんか支援したくはなかった 枢軸対西側の構図が先にあったから仕方がない

バルバロッサ作戦開始でチャーチルが敵の敵は味方理論で、即英ソ同盟を結んだ時、アメリカはあんまり乗り気じゃなかったが、やっぱり敵の敵は味方でやむ得ない 対ソ援助をせざるを得ない

もしもしの話、ドイツが西方電撃戦をやらず、ベネルクス三国とフランスには何もしない その状況で対ソ戦を開始するとともに、戦後のポーランドの独立を保障するなどの措置を取れば、英仏とドイツが休戦という事もあったかもである

そうなれば自由主義国にソ連を支援する義理などない ドイツと枢軸の仲間たちは思う存分ソ連に侵攻し、日本も北進を決めただろう 自由主義国が中立を守れば枢軸はソ連に勝てる

そんなことは総統の思想からも全くあり得ない
結局まずファシストを倒す 勝ち残った資本主義陣営と共産主義陣営で覇を争う
石原莞爾の世界最終戦争の変則版
レスを投稿する


ニューススポーツなんでも実況