真の神様と
JRA 競馬界史上最強 主催はJRA日本中央競馬会

キングカメハメハ『YES!!!!!!!』

2004年9月26日 阪神競馬場
欧字表記 King Kamehameha
品種 サラブレッド
性別 牡
毛色 鹿毛
生誕 2001年3月20日
死没 2019年8月9日(18歳没)[1]
抹消日 2004年10月27日[2]
父 Kingmambo
母 マンファス
母の父 ラストタイクーン
生国 日本の旗 日本(北海道早来町)
生産者 ノーザンファーム
馬主 金子真人
調教師 松田国英(栗東)
競走成績
GI NHKマイルC 2004年
GI 東京優駿 2004年
GII 神戸新聞杯 2004年
GIII 毎日杯 2004年

2歳(2003年)[編集]
12月13日、阪神競馬場で行われた
エリカ賞(500万下条件戦)では武豊に乗り替わり、デビュー2連勝を飾った[14][15]。
3歳(2004年)[編集]
その後、同年2月29日に出走したすみれステークスでは、7頭立てという少頭数のレースとなったが、スタート後、好位につけると先行馬を自力で潰して先頭に立ち、後続馬も完封するという横綱相撲で完勝する[19][20]。新馬戦以来となる手綱をとった安藤勝己は後年、「すべてが変わっていた。デビュー時より10キロも体重が減っていたにもかかわらず、“雄大”に見えるようになっていました。パワーとスピードが段違いになっていたので、アクションが大きくなっていたんです。それで体が大きく見えたのでしょう」と振り返り、キングカメハメハの成長を実感したという[21]。
3月27日に出走した毎日杯では、前走手綱をとった安藤勝己がドバイワールドカップに出走するアドマイヤドンの騎乗でドバイ遠征したため、福永祐一が騎乗することとなった。レースでは京成杯でキングカメハメハに先着(2着)をしたマイネルマクロスが逃げ、1番人気の評判馬シェルゲームが2番手につける展開となり、キングカメハメハは先の2頭を見る形で3番手でレースを進めた。平均よりやや遅い流れの中、先行した2頭を早めの仕掛けで潰しにいき、あっさりと突き放すと、出走馬の中で上がり3ハロン最速となる34秒5の末脚で2馬身半の差をつけて完勝した[22][23]。