【書籍】 暗鬱だった日帝強制占領期で唯一の希望だったサッカーに日本は統制令を下す〜新刊『朝鮮サッカーを守れ!』[09/15]

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています
1蚯蚓φ ★2018/09/15(土) 13:34:01.46ID:CAP_USER
http://www.readersnews.com/news/photo/201809/82000_41757_566.jpg
▲『朝鮮サッカーを守れ!』チョ・ギョンスク文・ユンボンソン絵||208ページ|11,000ウォン

テドゥは駅でご両親とはぐれるが、また会えるだろうと期待で平壌(ピョンヤン)駅で両親を待つ。そうするうちに偶然に優しいヘジョン食堂のおばさんの助けを受けて学校に通うことになる。

故郷のヨンジョンでサッカー選手だったテドゥは新しい学校でもサッカー部に入ってサッカーの実力を誇る。

おりしも京城チームと平壌チームが正面から対立するソウル・ピョンヤン戦が開かれ、雰囲気が高まるなか、ついに日本はサッカー統制令を下し…日本のサッカー統制令から朝鮮サッカーを守るための息づまる努力が展開する。

暗鬱だった日帝強制支配期、民族の団結力を見せることができる唯一の機会であったサッカーの話が興味を引く。

ソ・ミドゥム記者

ソース:読書新聞(韓国語) [新刊]「日帝強制占領期間」唯一の希望『朝鮮サッカーを守れ!』
http://www.readersnews.com/news/articleView.html?idxno=82000

258<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん2018/09/16(日) 08:44:47.06ID:xRdOsy/H
何か言うたびに日頃の主張に齟齬が生じてるじゃん

259<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん2018/09/16(日) 09:06:51.10ID:UaZyGdXP
>>250
そういう使い方もあるけどね
チョーセンジンを高品質の労働者にするって? あはは無理無理www
チョーセンジンの兵士の訓練? あはは無理無理www 武器放り出して逃げるやんwww

260<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん2018/09/16(日) 09:38:16.21ID:gxexJknj
>>246
万能壁画はもっと古いはずw

261<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん2018/09/16(日) 09:40:27.75ID:lMfEVYZK
>>257
主催者の朝日新聞や学生野球関係者が戦争責任を問われないようにそういう虚構を作っただけです
文部大臣をやった鎌田栄吉が「尽忠報国等の愛国的大精神の淵源」であると言ったけど
>チームのために自己を犠牲にして、チームの勝利に「敢闘」する選手は「日本魂」の成果を体現し、
>国家に忠良なる国民の理念的モデルとなるのである。
という意味だそうです
主催者の大阪朝日新聞社がそれに合わせて
>本大会の試合は職業化せる米国野球の直訳ではなく、武士道的精神を貴重とする日本の野球」
(大阪朝日新聞社員中尾濟)
`と武道であることを主張した
学生野球は「遊戯」や「娯楽」の野球ではなく、「修養の野球」なのだそうです
軍国教育そのものです

262<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん2018/09/16(日) 09:59:02.46ID:lMfEVYZK
戦前からほぼそのままの形で続いている
今の甲子園野球を見て軍国教育を感じないのは不可解なのです
実は多数の軍国教育が解体されることなく埋め込まれているのですが
ここでは「なぜ分列行進をするのだろう」とだけで十分でしょう
甲子園野球の式次第は学校教練に沿って作られて根幹は代わっていないです

263<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん2018/09/16(日) 10:03:47.48ID:UwV5O9r/
マジで歴史はフィクションな国だな

264<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん2018/09/16(日) 10:41:42.76ID:kkNJQypv
>>261
>学生野球は「遊戯」や「娯楽」の野球ではなく、「修養の野球」なのだそうです
>軍国教育そのものです

戦前の日本は軍というものが重要な役目をもっていた。
軍国教育だからなんだというんだ?

遊戯や娯楽好きの日本人が何故戦ったのかお前に分かるのか?

======================
資料目次

1、開国前の日本

2、太平洋波高し

3、大日本帝国の存在意義

4、大日本帝国滅亡

265<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん2018/09/16(日) 10:42:27.80ID:kkNJQypv
>>264
1、開国前の日本

=================================================
アンベールは「江戸庶民の特徴」として、
「社交好きな本能、上機嫌な気質、当意即妙の才」をあげ、
さらには「日本人の働く階級の人たちの著しい特徴」として
「陽気なこと、気質がさっぱりとして物に拘泥しないこと、子供のように
いかにも天真爛漫であること」と数えあげる。
実際、彼らはある意味で、子供のような人びとだった。
狐拳を初めとして、外国人の好奇のまなざしにとらえられた大人の遊戯は、
その無邪気さにおいて、ほとんどばかばかしいほどのものである。
アンベールは書いている。
「日本の庶民階級の人々は、まるで子供のように、物語を聞いたり歌を唄うのを
聞いたりすることが非常に好きである。職人の仕事や商品の運送などが終るころ、
仕事場の付近や四辻などで、職業的な辻講釈師の前に、大勢の男女が半円をつくって
いるのを毎日のように見かける」
----
日本人が子どもを大切にし、そのため日本がまさに「子どもの天国」の観を呈している
ことについては、観察者の数々の言及がある。
だが実は、日本人自体が欧米人から見れば大きな子どもだったのである。
若者たちが、いや若者どころかいい大人たちが、小さい子どもたちに交って、
凧をあげたり独楽を廻したり羽根をついたりするのは、彼らの眼にはまことに
異様な光景に映った。
1870年から74年まで、福井藩校や東京の大学南校で教師をしたグリフィスにとって
「成人して強壮な身体の日本人が、西洋人なら、女の子はエプロンをつけ
男の子は巻き毛を刈る歳になると、見向きもしないような娯楽に夢中になっている」
のはおどろきだった。
「この二世紀半の間、この国の主な仕事は遊びだったといってよい」と彼は言う。
「日本人のように遊び好きといってよいような国民の間では、子供特有の娯楽と
大人になってからの娯楽の間に、境界線を引くのは必ずしも容易ではない」

「逝きし世の面影」渡辺京二(葦書房) 現在平凡社ライブラリーより刊行
===============================================================

日本人は太平の世に飽きて戦ったのではない。そこには止むに止まれぬものがあった。

266<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん2018/09/16(日) 10:44:30.47ID:kkNJQypv
>>265の続き  (>>264から)

2、太平洋波高し

========================================================
・・そればかりではなく、太平洋は今一つの意味でアメリカ人の心を惹きつけたのであります。
十八世紀から十九世紀にかけて、捕鯨はアメリカ及びロシアの最も重要なる
産業の一つでありましたが、十九世紀初頭に至って大西洋の鯨はほとんど捕り尽くされ、同時に北太平洋に
夥(おびただ)しき鯨のいることが知られたので、
この方面における捕鯨船の活躍がとみに目覚ましくなりました。
とりわけ一八四二年、米露両国の間に条約が結ばれ、両国互いにその領海内に入って
鯨を捕り得るようになったので、アメリカ捕鯨船の日本近海に出没するものにわかに多くなり、
一八四〇年代にはすでに千二百隻に及んだと言われております。
当時、どうして彼らがそれほど捕鯨に熱心であったかと申せば、蝋燭(ろうそく)の原料に
する油を取るためであったのであります。
その頃のヨーロッパは、植民地から搾取した富によって生活は豪奢となり、
各国の宮廷をはじめ、貴族富豪は競って長夜の宴を張って、
飲みかつ踊っていたのであります。
その宴会場を真昼のごとく明るくするために、数限りなく蝋燭を灯したのでありますが、
その蝋燭の白蝋が鯨油から取れるので、、贅沢が増せば増すほど、鯨が蝋燭に化けて
ヨーロッパの金殿玉楼を照らすことになったのであります。

日米開戦の真実 大川周明著「米英東亜侵略史」を読み解く 佐藤 優
※引用文は大川周明著「米英東亜侵略史」
=================================================================

日本は、ヨーロッパの植民地搾取による贅沢を原因とし、強制開国させられ弱肉強食の世界に放り込まれた。
こうして日本人は有色人種のアンカーとして近代世界史に登場した。

最終的に植民地を解放するきっかけを作り、ヨーロッパを没落せしめた。
この事実をみる時、ただただ唖然とするしかない。
全くなんという大偉業であろうか・・・

267<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん2018/09/16(日) 10:47:29.92ID:kkNJQypv
>>266の続き   (>>264から)

3、大日本帝国の存在意義

日本は日露戦争でロシアに勝利すると、
たちまち白人諸国から警戒、敵視の対象となった。
アフリカ植民地アレキサンドリアで発行されていたフランス紙レ・ヌーエル(1912年8月7日)の論説は、
白人諸国の対日観を象徴的に言い表したものだ。

「これまで軽視してきた日本人が、わずか数ヶ月で第一流の地位に立ち、
世界を威圧するのを見、不可思議に感じる。世の中これほど憤激させる飛躍があるだろうか。
傲慢だった我々に、思わず手に冷や汗を握らせる。
日本の発展は、欧州を責罰するための天の指令であろう」

「黄文雄の大東亜戦争肯定論」 黄文雄 WAC出版
------------------------------

H・G・ウェルズ(イギリス、歴史学者)

「この大戦は植民地主義に終止符を打ち、白人と有色人種との平等をもたらし、世界連邦の礎石をおいた。」

アーノルド・J・トインビー(イギリス、歴史学者)

  第二次大戦において、日本人は日本のためというよりも、むしろ戦争によって利益を得た国々のために、
偉大なる歴史を残したと言わねばならない。その国々とは、
日本の掲げた短命な理想であった大東亜共栄圏に含まれていた国々である。
日本人が歴史上に残した業績の意義は、西洋人以外の人類の面前において、
アジアとアフリカを支配してきた西洋人が、過去二百年の間に考えられていたような、
不敗の半神でないことを明らかに示した点にある。(1965年十月二十八日、英紙「オブザーバー」)


ロスロップ・スタッタード(アメリカ、歴史学者)

 すでに四百年の間、連続的勝利によって、
白人は本能的に自己の膨張は無限に継続するものと信ずるに至った。
1904年の日露戦争以前には、自己の膨張が停止するというような思想は白人千人中の一人にも考えがおよばなかった。
(中略)1900年は、四百年間みなぎりきった白人潮勢の頂点であった。白人はその時、
威名と実力の頂上に達したのである。その後わずか四年にして日本は猛然起って露国に抗し、
旅順港に巨砲弾を浴びせて世界を驚かした。その刹那に白人の退潮が始まった。
(長瀬鳳輔訳『有色人種の勃興』政教社、147,151頁)

http://www.ncn-t.net/kunistok/dainihon.htm

動画はこちらをご覧ください。
大東亜戦争の名言集
http://www.youtube.com/watch?v=Gz8s23-SQG4

268<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん2018/09/16(日) 10:57:03.03ID:kkNJQypv
>>267
4、大日本帝国滅亡
===============================
1945年8月 
日本はポツダム宣言を受諾した。

この日ニューヨークポストは
「太平洋の覇権を我が手に」と題する社説で
「我々はペリー以来の願いを達した。
これでアジアの市場と覇権は我々のものとなった」と書いた。

翌月9月2日、日本政府が降伏文書に調印したミズーリ号には、
日本に開国を要求した当時のペリー提督の艦にあった星条旗が掲げられた
こうして大日本帝国は滅びたのであった。

日本は桜のように散ったが世界を変えた。 >>267

2692572018/09/16(日) 11:05:38.82ID:WdwfMMT7
>>261
でもどうだろ。体育で野球やる暇があったら竹槍訓練や銃剣道に時間を割けって
流れになるんじゃないの?当時の世相的には。どう言い繕っても日本の野球が
アメリカ由来なのは間違いないんだし

270<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん2018/09/16(日) 11:10:38.97ID:kkNJQypv
>>261
軍国教育、軍国主義だからなんだ?というのは答えろよ。
まさか女子中学生みたいに「軍国主義は駄目よ」というわけじゃないだろうな?

戦前の正しい歴史認識を得るには、
歴史を俯瞰的に見ながらも、一つ一つの事柄にフォーカスし検証をする事も
大事なことだ。

たとえば「軍部の暴走」について戦前の日本を激しく罵っていた者がいた。
所謂「統帥権の独立」問題である。

私はその罵っている者に「十分に調べてから罵っているか」どうかを問うた。
彼はそれには答えず、ひとしきり毒を吐いた後、
つまり死者である先人達を罵った後に消えた。

私は「統帥権の独立」という言葉を見るたび
一人の女性が頭に浮かぶ。
そして「統帥権の独立」の原因に、当時の日本人の置かれた厳しい状況と
人々の心情を見るのである。

271<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん2018/09/16(日) 11:11:45.72ID:kkNJQypv
>>270の続き

=======================================================
憲法解釈としては,実は,統帥権の独立は無理があるのです。
なにしろ,第11条には「天皇ハ陸海軍ヲ統帥ス」としかなく,統帥部門が政府
(内閣)から独立しているなどという含みを読み取ることは不可能であり,そ
うなれば,天皇がもつ他の統治権と同様,統帥権も国務大臣の輔弼によっての
み行使されるということになるはずなのです。
実際,明治憲法制定から日清戦争頃までは統帥権の独立を説く学説はないとい
われるし,また日清戦争に際しては伊藤博文首相も戦争指導(統帥)に参与し
ていました。ところが,日露戦争以後になると,ほとんどの憲法学者が統帥権
の独立を説くようになったとのことです(穂積八束のみが否定説という)。

では,なぜ憲法解釈としては統帥権の独立を導きだすのに無理があるのに,統
帥権の独立が説かれ,それが疑問の余地のないものとされていたかというと,
憲法以前からの慣習によるものです。
まず1878年,太政官の一部であった陸軍省から参謀本部が独立して天皇に直属
する組織とされ,さらに1885年の内閣制度創設に際して定められた内閣職権で
「事ノ軍機ニ係リ参謀本部長ヨリ直ニ上奏スルモノト雖モ陸軍大臣ハ其事件ヲ
内閣総理大臣ニ報告スベシ」とされ,軍機に関わることがらは内閣からではな
く参謀本部長が独自に天皇へ上奏してよく,内閣へは事後報告でよい,と規定
されています。このように,憲法制定以前から統帥権の独立が慣習として存在
していたから,憲法に明記されていないにもかかわらず,統帥権の独立が当然
のこととして説かれていたのです。
http://web.kyoto-inet.or.jp/people/tsuka/theme/gunnbu01.html
===========================================================

272<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん2018/09/16(日) 11:14:35.65ID:kkNJQypv
>>271の続き

日露戦争後の日比谷焼き討ちに関し、反日左翼達の見解は
「日清戦争で『戦争は儲かるもの』と思った国民はその賠償に不満で暴れた」
というものだが、大笑いしてしまった。
どうやら日露戦争開戦当時「よし!儲けようぜ!」と言って戦争を始めたらしい。
だが実際のところ本当に国運を賭して戦った。
当時のロシアは世界最強の陸軍(第1位で日本の10倍)を保有しており、海軍は世界第2位(1位イギリス)
鉄鋼生産量は日本の30倍、ちなみに第二次大戦の開戦前の米英合わせても日本の12倍だった。

日清戦争後に日本に割譲された遼東半島だが「極東平和の為に清国に返せ」と、
いわゆる三国干渉があって日本は泣く泣く手放す事になるが、
しかしその三年後にロシアが旅順・大連を租借した事で日本は激憤する。
だが力のない日本は我慢するしかなかった・・・

(続く)

273<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん2018/09/16(日) 11:18:08.76ID:kkNJQypv
>>272の続き

臥薪嘗胆で重税に耐えながら軍備を増強、官吏などは棒給の10パーセントを返納してまで協力していた。
そして大国ロシアとの一戦、非常な緊張状態が続いた中での勝利
日本国民は講和によって暫しの安泰、もちろんそれは賠償金という形で国庫に入り、
さらなる国力増強をもっての安泰、というものもあったかもしれないが、
しかし講和が日本国民にとってあまり満足いくものではなかった。
つまり大国ロシアとの戦争という緊張状態から、勝利でそれが解放されそうになって
講和で再び緊張状態になり爆発したというのが日比谷焼き討ちなどになって現れたのだ。
この「再び緊張状態」になって爆発した心理状態とは、未だ終わらない弱肉強食の世界への恐怖があっての事だろう。
そしてここが大事な事だが

>>160
>日露戦争以後になると,ほとんどの憲法学者が統帥権
>の独立を説くようになったとのことです(穂積八束のみが否定説という)。

当時の憲法学者は慣習法をもって「統帥権の独立」を認めた。

「慣習法」
>これによると、公の秩序又は善良の風俗(公序良俗)に反しない慣習については、
>法令の規定により認められたもの及び法令に規定のない事項につき、
>成文による法令(形式的意義における法律)と同一の効力(法源たる慣習法としての効力)が認められることになる。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%85%A3%E7%BF%92%E6%B3%95

日露戦争に勝利し国体(秩序)を守った軍、その軍の慣習を「公の秩序に反しないもの」として憲法学者は判断した。
いや実際は秩序に反しないどころか、それがあったからこそ、つまり「直接天皇と軍が繋がっていた」からこそ国体(秩序)は守られた、と当時の日本人は思った事だろう。

274<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん2018/09/16(日) 11:20:40.78ID:qjh9JhcS
台湾から甲子園に行ったチーム
映画化までされとるが。

275<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん2018/09/16(日) 11:22:34.15ID:kkNJQypv
>>270
>私は「統帥権の独立」という言葉を見るたび
>一人の女性が頭に浮かぶ。

畠山勇子

当時は日本のみならずどこの国でも「政治に女性が口を出す」なんていうのは全く考えられない時代。
そうした中で「死をもってロシアに詫びる」という女性の行為が世界でどのように報道されたのかは想像が付くだろうか?

>彼女の死は、ニコライ皇太子に宛てた遺書やセンセーショナルな新聞の報道などによって国際社会の同情をかい、
>ロシア側の寛容な態度(武力報復・賠償請求ともになし)につながったとの評価もある。
http://ja.wikipedia....B1%E5%8B%87%E5%AD%90


日露戦争当時(1904年)ですら圧倒的な軍事力の差があった>>272
大津事件(1891年)の時にロシアに武力侵攻されていたら日本は全く手も足も出なかっただろう。

この後に日本は日清戦争での賠償金で軍備を増強した。
また前述したように重税に耐えながら軍備を整えられたのも、彼女の死がロシアとの決戦の時間を引き延ばしたからである。

>そして「統帥権の独立」の原因に、当時の日本人の置かれた厳しい状況と
>人々の心情を見るのである。

276<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん2018/09/16(日) 11:27:00.81ID:LvUF36ar
1 みそラーメン ★ ▼ New! 2018/09/16(日) 01:50:33.51 ID:CAP_USER9 [1回目]
警視庁麻布署は15日、韓国籍で東京都中野区野方、タクシー運転手の南康弘容疑者(69)を殺人容疑で逮捕した。
発表によると、南容疑者は15日午後0時50分頃、港区六本木の路上で、千葉県市川市南行徳、ハイヤー運転手の岡田進さん(45)をタクシーではね、殺害した疑い。
「タクシーが勝手に動き出し、ブレーキを踏んだが間に合わずにひいてしまった」と容疑を否認している。

幅約4メートルの道路で、南容疑者のタクシーが反対方向から来た岡田さんのハイヤーの前で停車し、互いに車を降り、どちらが道を譲るかで口論になった。
南容疑者はタクシーに戻り、ハイヤーに向かって歩道を歩いていた岡田さんをはね、ボンネットに乗せたまま街路灯に衝突させたという。

277<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん2018/09/16(日) 12:04:03.62ID:V8cjrpgr
>>1
あれ?
大韓民国臨時政府とか韓国独立軍とかは希望ではなかったの?

278<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん2018/09/16(日) 12:09:39.74ID:NeXvu5rr
>>1
ボールを使わず、甲が乙を蹴る朝鮮式の「サッカー」なら
史実でも日常的にやってただろうさ

279<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん2018/09/16(日) 12:38:38.31ID:QKGUzTAm
>>269
アメリカだって野球を流行らせたのは戦争を教える装置にするためですよ
メディアが豊富な今と違って当時は戦争のやり方を教える仕組みが乏しかった
指揮官の指示に従いチームで戦う事を教えなきゃならない
野球のユニフォームのデザインが当時の戦闘服と同じ理由はそれです
ベトナム戦争の敗戦後アメリカは戦争のやり方を変えたから
それに合わせてナショナルスポーツをベースボールからアメリカンフットボールに変えた
ナショナルスポーツとはそういうもの
古代オリンピックはローマ帝国軍人の戦闘能力向上のためのイベントだった
日本は日本で日本の戦争のやり方に合わせて野球を反米国粋主義に作り替えていった
だから日本のナショナルスポーツなのです

280<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん2018/09/16(日) 12:54:56.96ID:XEHwlTs2
在日朝鮮人が跋扈し年に5000人以上も帰化が許され、韓国籍を持ちながら日本籍を得て
議員になれる今の日本の方が遥かに暗鬱だわ。

281<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん2018/09/16(日) 13:17:11.28ID:LZH5roRY
>>1
キタコレ基地外wwwww

282<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん2018/09/16(日) 13:18:28.47ID:lMfEVYZK
やり投げや砲丸投げハンマー投げは敵を倒すためなのは分かるけど
円盤投げってなんだろう?
ローマ軍兵士が渡河するときに持っている盾が邪魔だから事前に対岸に投げておりました

283<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん2018/09/16(日) 13:27:09.19ID:lMfEVYZK
第一回全国中等学校優勝野球大会開会式当日の大阪朝日新聞
特集記事「初めて野球を見る人の為に」

>「戦場での攻撃ならば大砲小銃」であるが、野球では「攻撃軍」が「打棒を振つて敵の投手の球を打ち返す」、
>打ち返すのは「お前の陣形を大いに乱して」塁を陥れるための「合図の第一砲」であり、
>「近世的の要塞が二三発の大砲位では容易に追付かない如く」
>「守備軍」が堅く守っている塁を次々に陥れて無事に「凱旋(または生還)」することによって
>得点を与えられ、「生還者」が多いほうが「勝者」となる

塁とは基地のことです

284<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん2018/09/16(日) 13:50:31.26ID:c6aFvOhq
>>283
党首として保守の為にがんばって皇支援を目指す子を憂うオカンのコピペよりも
格段に軍靴の音がする説明で草

285<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん2018/09/16(日) 15:19:43.44ID:qwgmVkNc
>>270
>つまり死者である先人達を罵った後に消えた。

戦前の日本の経済力は世界5位か6位だった。

戦後は世界第2位の経済大国にまでなった。
どうしてなのか?

それはプライドをかけて戦った先人達からの贈り物なのである。 

日本が第二次大戦で植民地を解放するきっかけを作った。
連合国は日本を「侵略者」にして丸く収めたつもりだったが、
植民地に戻ってきたヨーロッパの国々が、現地住民との間で独立を巡って激しい戦いを
する事となった時、世界は本当の侵略者を再確認したのである。

アメリカはその事を敏感に察知し、植民地の独立は止むを得ないとしてガット体制(自由貿易)を構築して、
ヨーロッパに植民地の独立を認めるように迫った。
ガット体制(自由貿易)にすれば植民地を持っていなくとも
自由にどこからでも原材料を調達する事が出来、またどこの市場でも商品を売る事が出来る。

日本はそのガット体制(自由貿易体制)でもの凄い恩恵を受け経済大国になれた。
日本が経済大国になれた根本原因を探るとこれに到達する。

286<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん2018/09/16(日) 15:21:27.11ID:qwgmVkNc
>>285の続き

>それはプライドをかけて戦った先人達

-------------------
日本人が移民として渡ってきたのはそれからしばらく後、アメリカの民主主義が大きく成長し、
平等思想というものに触れた頃のことであった。ただし、反対も多かった。
例えば、日本人の子女が同じ学校に入るのに反対した。偉そうなことを言っても、いざ実践となると
「総論賛成。各論反対」というわけだ。
コヨーテと思ってきた中国人とは争いは起こらなかったが
学校に入ろうとする日本人とは対立が始まった。
家来扱いされても平気な中国人に対して、日本人はプライドが許さないからである。

暗黒大陸中国の真実 ラルフ・タウンゼント 第九章 日本と中国人
---------------------

287<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん2018/09/16(日) 15:29:11.68ID:qwgmVkNc
>>286の続き

>プライド

ハルノートをのんでいたら日本は欧米のご機嫌を伺いながら資源を恵んでもらう
三流の農業国家になっていただろう。

=================================================
東郷茂徳は東京裁判の口述書でその時の我方の反応を
「ハル・ノートに対する出席者全員の感じは一様だった思う。
米国は従来の交渉経緯と一致点を全て無視し、最後通牒を突きつけてきたのだ。
我々は、米側は明らかに平和解決の望みも意思も持っていないと感じた。
蓋しハル・ノートは平和の代価として日本が米国の立場に全面降伏することを
要求するものであることは我々に明らかであり、米側にも明らかであったに違いないからだ。
日本は今や長年の犠牲の結果を全て放棄するばかりか、極東の大国たる国際的地位を棄てることを
求められたのである。
これは国家的自殺に等しく、この挑戦に対抗し、自らを護る唯一の残された道は戦争であった」と述べている。
これは軍部の見解ではなく、文官たる外務大臣の意見であることに注意すべきである。
無論、東條首相の宣誓供述書も殆どこれと同趣旨である。
即ち連絡会議の結論は
(1)ハルノートは明らかに最後通牒であり
(2)米国は我国が受諾できない事を知りつつ、しかも関係国との緊密な了解の上に通知してきて居り
(3)米側はすでに対日戦争を決意しているが如くである。

「大東亜戦争への道」展転社 中村粲

288<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん2018/09/16(日) 15:31:02.69ID:qwgmVkNc
>>287の続き

>日本は今や長年の犠牲の結果を全て放棄するばかりか、極東の大国たる国際的地位を棄てることを
>求められたのである。 これは国家的自殺に等しく、

現在ならば国力を失っても国家的自殺にはならないだろう。
どうして当時はそうなるのか?

戦前は植民地主義で人種差別があからさまに行われていた。
そんな中で国力を失ったらどうなっていたか。
日本が人種差別撤廃を国際連盟規約に盛り込もうとして拒否された事実は
人種平等の現在からすれば考えられない事であろう。

==================================================
■1.われわれ黒人は日本に最大の敬意を払う■
全米1200万の黒人が息を飲んで、会議の成り行きを見守っている。

1919年、パリ講和会議。第一次大戦の惨禍を再び繰り返すことのないよう、
国際連盟創設のための議論が進められていた。米国の黒人たちが注目していたのは、
国際連盟規約に「人種平等の原則」を入れるという提案を掲げて参加した日本であった。
 
『われわれ(米国の)黒人は講和会議の席上で「人種問題」について激しい議論を戦わせている日本に、
最大の敬意を払うものである。』

http://www2s.biglobe.ne.jp/nippon/jogbd_h12/jog132.html

289<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん2018/09/16(日) 16:49:19.46ID:EFH+dw7h
日帝、ニッテイと、バカの悲しげな繰り返し。
もうやめろよ。

290<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん2018/09/16(日) 17:08:46.43ID:j460rGlM
人類史上最悪の奴隷搾取をした日帝がサッカーを看過していた?

291<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん2018/09/16(日) 17:24:27.15ID:c6aFvOhq
>>290
彼女や姉や妹が連行されて慰安婦にされてても
見ぬふりして暢気にサッカー。
面白設定過ぎて草不可避。

292<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん2018/09/16(日) 19:01:39.16ID:8UaEob3K
>>290-291
朝鮮人は集会を開こうとしたり、朝鮮語を口にしたりすれば、邪悪な日帝に逮捕され拷問を受ける
しかし、彼らは気が付いた
サッカーの練習だと主張すれば、いつ集まっても、どれだけ身体を鍛えても大丈夫なのだ!
鋼の肉体と鉄の規律を手にした朝鮮人は、「蹴球は蹴日!」を合言葉に立ち上がった!
砲弾を蹴り返し、手榴弾をバイシクルキックで叩きこむ!

「絶対無敵!大朝鮮蹴球団!」

劇場公開は10年後!

293<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん2018/09/16(日) 20:14:40.28ID:qwgmVkNc
>>292
>朝鮮人は集会を開こうとしたり、朝鮮語を口にしたりすれば、邪悪な日帝に逮捕され拷問を受ける

そう言えば前にいたよ。「少しでも日本人の気に入らない事を朝鮮人がしたら拷問→処刑コースが待っていた」と。
その時に貼った資料はこれだ。

東拓(東洋拓殖株式会社)=朝鮮人の捏造歴史では、朝鮮人から無慈悲に土地を取り上げていった会社と言われている。

===========================================

東拓とは、朝鮮の社会では、「朝鮮人にやさしい」というより、「朝鮮人に弱い」会社にすぎなかった。
このことは、1925年の小作争議の事件(宮三面事件)が端的に示している。
なぜなら、朝鮮人の道知事(県知事)の鶴の一声で、いっさいの法を無視して、
1770町の東拓の田畑が没収された。
その上、その小作人たちにこの東拓の土地がほとんど無償で分譲(譲渡)させられた。
つまり、朝鮮人が、上と下からのサンドイッチ攻撃で、日本の企業の土地を「没収」したのである。
全羅南道のこの1770町の田畑は、旧韓国政府から東拓設立時に現物出資された1万1千町の一部であり、
その時は「国有地」であった。東拓は、これらの現物出資の農地に小作人がいる場合、
すべてに耕作権を認めて小作人として雇用した。
だから「宮三面」でも小作人はすべて昔からの村民かその子供たちであった。
東拓は、東拓の資本で、ここに貯水池をつくり揚水機を設置して優良な農地に改造したとき、
この小作人のほぼ全員が「かつて1890年頃までは自分たちの民有地であった」事実をもち出し、
無償譲渡を要求し小作料不払い運動をおこしたのである。
しかし、この1890年頃、租税が払えない村民がこぞって「宮三面」を慶善宮に寄進して自ら小作人となり、
代償として「租税なし」を選択したのである。
1890年の土地所有権の移動は、1908年創立の東拓に責任はない。
しかし張憲植という県知事は「諭告」をもって、問答無用とばかりに、墓田は無償、その他は「破格の条件」で
譲渡せよと東拓に命じたのである。
東拓は朝鮮人の県知事と朝鮮人の小作人からの理不尽な強要に敗北しそれに従った。
朝鮮総督府は見て見ぬふりをして東拓を助けなかった。
日本企業の土地を「収奪」するように、朝鮮には植民地の性格は全くなかった。

歴史を偽造する韓国 徳間書店 中川八洋著

294<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん2018/09/16(日) 20:18:42.26ID:KgXlzx1p
FIFAの日韓大会の前に聞いた話だが
韓国の学校でサッカー部のある割合など、日本の学校の数分の一
人口比で比較してもずっと少ないと聞いたよ
正直、韓国でサッカーが人気だなんて、日韓大会の前まで聞いた事もなかった
韓国で人気なスポーツはボクシングくらいだとしか聞いていない
何で日本統治時代から、盛んだったって話になるのか
それがまったくわからんが

295<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん2018/09/16(日) 20:34:23.01ID:0XwzJWnV
>>30
皮肉の話だろうけど あげる国ねーしと思う

296<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん2018/09/16(日) 21:51:55.78ID:9ANY/4z9
世界で最も過酷な植民地支配だったのにサッカーできるもんかい?

朝鮮にはなかったのに日帝が教えたんかい?

馬鹿は死ねば良い

297<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん2018/09/16(日) 21:52:18.62ID:DeuP4X7r
>>1
ブラジルに激おこされてろ

298<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん2018/09/17(月) 07:01:47.83ID:9aSRYCPN
>>22
朝鮮の学校は、ほとんど日本人。嘉義は、台湾人中心だったから

299<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん2018/09/17(月) 10:03:11.68ID:73MhPAED
>>1

WC南アフリカ大会で0勝3敗だった連中は
今でも炭鉱で石炭を掘っているのだろうかWww




.

300<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん2018/09/18(火) 06:47:44.60ID:1XKsqc9h
サッカーをやったら抗日英雄なら、
野球をやったら親日派なの?

301<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん2018/09/18(火) 08:31:56.03ID:6Pj6LPx1
フィクションにどうこう言ってもしょうがないが、時代背景的にサッカー部なんてあったのか? 野球部ならあったろうけど。
小学校か中学校の設定ぽいけどソウル−ピョンヤン戦ってのがあるほどのさ?

302<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん2018/09/18(火) 08:57:57.44ID:nsow6F6x
被害を捏造し、歴史を捏造し、日本を恐喝するニダ

303<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん2018/09/18(火) 19:33:27.32ID:cOWRmgtV
そんな話、どっからどう捻り出したんだ?

304<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん2018/09/18(火) 21:29:59.49ID:17UrjBjj
尻の穴から?クソとウソとファンタジーなら無尽蔵に出る穴を上下にもってるのが韓国人だろ

305<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん2018/09/19(水) 07:22:42.99ID:DaZtfAOK
>>1
朝鮮サッカー?
あぁ、世界一ファールの多いサッカーね
無くなった方が良いんじゃないの?

306<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん2018/09/22(土) 22:59:01.87ID:7qBtPniq
なんでもかんでも奪われて
いくらなんでも祖先が不甲斐なさ過ぎではないか?
という考えに至らないのが韓国人らしい

307<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん2018/09/22(土) 23:23:58.84ID:Q99cARRM
>>306
「日帝が史上最悪の植民地支配をしたから」という一言で疑問を解消するらしい。

308<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん2018/09/23(日) 00:02:19.47ID:ttghPEzn
暗鬱だったわりに笑顔で文化的な生活ができた強占植民地ってw

そして日帝時代は良かったというと撲殺される後継国…
どっちが暗鬱なんだよ?

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています