日本の没落の元凶は田中角栄にある

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています
1世界@名無史さん2010/09/30(木) 12:32:380
土建屋の厨獄進出という目先の利益に囚われた
売国国交正常化が全ての元凶だったのだ。

実際、日本の土建屋なんか厨獄に進出できなかったしwwww

2世界@名無史さん2010/09/30(木) 13:04:110
はぁ?

3世界@名無史さん2010/10/01(金) 22:16:520
日本を駄目にした政治家・総理大臣は田中角栄であります。
田中角栄は、金権政治・政治腐敗の元凶です。
また実行すべきではなかった「日中国交樹立」「台湾切り捨て」を実行しました。
この二つがそれ以後の我が国の内政と外交と安全を大きく阻害しました。
田中角栄は、政官財癒着構造の本家本元であり媚中政治家の元祖であります。

4世界@名無史さん2010/10/02(土) 22:53:340
そしてその最後の亡霊が小沢一郎な。
というか、どうして今まで田中角栄批判が出なかったのか不思議だ。
2chじゃ戦後の総理としては小泉並に評価が高い。

5世界@名無史さん2010/10/02(土) 23:21:490
バラマキ政策も角栄の負の遺産

6世界@名無史さん2010/10/03(日) 05:33:19O
田中角栄は散々語りつくされたと思うが…

7世界@名無史さん2010/10/03(日) 11:48:240
だれか少数の責任にできたら、歴史は楽なもんだね。
日本も某国に習って、みんな秀吉と日帝が悪いことにすればいい。

で、角さんとあとは誰だ? 昭和天皇か? 池田勇人か?
彼らに責任を押しつけて、あとはなにも考えずいじけていれば楽ですね。

8世界@名無史さん2010/10/03(日) 15:04:520
>>4
角栄は確かにクズでゲスだが実力はあったし日本を豊かにはした
その後継者たちがクズでゲスで実力がないので日本が貧しくなった
それだけのこと

だから角栄は評価されるし後継者は評価されない

9世界@名無史さん2010/10/03(日) 17:46:010
>>7-8
建設会社の社長さん、お勤めご苦労様です(嘲

10世界@名無史さん2010/10/03(日) 20:07:050
いい加減現実見ろよ
日本にまともな政治家などいない

11世界@名無史さん2010/10/03(日) 23:04:48O
>>10
角榮時代の、サラ金から借りた金で豪遊的な時代に慣れた
モンスター国民を満足させられる政治家など、
世界中・歴史上どこを探しても存在しません。

12世界@名無史さん2010/10/04(月) 03:36:440
 むかし小室直樹氏は、テレビの生放送中に田中逮捕を知り、
「田中角栄を起訴した検察官を死刑にしろ!」と叫んだ。
こんな狂人が角栄擁護論を展開して日本の政治を駄目にしたのだ。

13世界@名無史さん2010/10/04(月) 05:21:570
石油資源でアメリカ資本を出し抜こうとしてやられた。

14世界@名無史さん2010/10/04(月) 14:07:310
カクエイのアホの落とし子が小沢だからな・・・

15世界@名無史さん2010/10/04(月) 15:47:260
隣接する大国に援助するとかアホの極み
殺してくださいと刃物を渡しているも同然。

16世界@名無史さん2010/10/05(火) 23:36:360
中国にはあと200年は沈んどいてもらわないとダメだったな
地方の軍閥や独立したがってる民族を助けるべきだったし経済援助なんてもっての他

17世界@名無史さん2010/10/09(土) 12:58:160
>>16
中国に分裂されたら戦前のように、定期的に日本が
居留民保護のために出兵する羽目になるぞ…

18世界@名無史さん2010/10/09(土) 19:05:270
>>17
それでいいだろ

強国が隣に居座って圧力かけてくるよりも
分裂した小国が並列して火薬庫になってる方がマシ

19世界@名無史さん2010/10/09(土) 19:40:210
当時はソ連の脅威もあったしアメリカはベトナムで泥沼だったので
中国をソ連から引き離し、北ベトナムへの支援を停止させることを優先させた。

20世界@名無史さん2010/10/13(水) 21:19:460
地方重視という考え方は間違っていなかったが問題はやり方が完全に間違ってた。

地方や過疎地の場合、法人税や所得税を都市部より低くするというやり方の方がよかったのでは

21世界@名無史さん2010/10/13(水) 21:38:120
いずれ、東京都民が新潟国に出稼ぎに行く時代が来るだっけ(嘲
しかし、コイツの後に首相になった奴等は明らかに小卒のコイツより
頭がいいはずなのにコイツの政治しかなぞれないんだからな。

22世界@名無史さん2010/10/13(水) 22:14:37O
角栄路線に固執している自民はレーガン路線に固執している米共和党のようだ

23世界@名無史さん2010/10/14(木) 13:37:530
まあこの〜

24世界@名無史さん2010/10/14(木) 18:48:51O
当時は人気があったが後世には批判されるタイプだな

25世界@名無史さん2010/10/14(木) 20:22:36O
>>24
東北の政治家ってそんなんばっかり

26世界@名無史さん2010/10/14(木) 23:50:170
越後スレ落ちてせつねえ

27世界@名無史さん2010/10/15(金) 13:31:170
>>24
ゴルバチョフや小泉も最近ではそんな感じの扱いだよ

28世界@名無史さん2010/10/15(金) 20:42:13O
都市化は経済成長を加速させると言うが行き過ぎると弊害の方が多くなる

29世界@名無史さん2010/10/15(金) 20:55:430
あのインフレは痛かったな。

30世界@名無史さん2010/10/15(金) 22:43:280
>>27
そりゃ、今じゃ共産圏で毛沢東やスターリンが若者に大人気なんだからな(w
逆にフルシチョフは腰抜け扱いされてるし、走資派は売国奴扱いされている。

31世界@名無史さん2010/10/15(金) 23:32:190
冗談抜きで中国だと貧困層や農民の間に毛沢東が再評価されてる。


32世界@名無史さん2010/10/16(土) 11:08:21O
東京一極集中は生活面でも安全保障面でも有害にしかならない

33世界@名無史さん2010/10/16(土) 11:53:520
ふぅん

34世界@名無史さん2010/10/17(日) 14:19:430
>>24
むしろ最近角栄は評価されてると思う
あまりにも今が今なので

35世界@名無史さん2010/10/17(日) 14:50:130
小沢に比べれば石油外交やソ連に領土問題で全く譲歩しなかったように国家国益を考えている。
角栄が立派というより小沢が酷すぎるだけなのかもしれないが。

36世界@名無史さん2010/10/17(日) 16:59:380
>>31
毛沢東方式だと真っ先に餓死しそうな層なんだが

37世界@名無史さん2010/10/17(日) 17:39:490
そんな角栄も毛と周には譲歩しまくり、媚びまくり尻尾振りまくりですた。

38世界@名無史さん2010/10/17(日) 19:20:500
あくまでも小沢に比べればという相対的なもので
アメリカの110億ドル献金したり天皇陛下に面会を強要したり、
小沢が権力を日本に仇を成すことにしかしていないのに比べればまし。

39世界@名無史さん2010/10/18(月) 12:34:120
>>30
グルジアでならまだしもロシアでスターリンが評価されるのには理解に苦しむ

40世界@名無史さん2010/10/18(月) 16:30:230
>>7
自国の少数の人間のせいにするわけだから
その韓国の例は適切でない。
むしろ戦後ドイツだろ。
「ヒットラーを始めとするナチスが全部悪い」の徹底だから。
ナチスが民主主義における正当な選挙で政権の座に就いたことは無視で。

41世界@名無史さん2010/10/19(火) 07:51:520
>>39
対日戦に勝って、ソ連を世界第二位の強国にしたのはスターリンの功績なんだとよ。
つーか、現首相のプーチンがスターリンの信奉者なのだが。

ま、実際樺太や北方領土を獲得してるわけだしね。

42世界@名無史さん2010/10/19(火) 18:32:540
いまの20代前半以下の連中は、リアルで角栄を知らないんだよな。
後半でもあんまりリアルの記憶はないだろう。

角栄(とその時代の空気)を知らないと、なんでマキコがあんなにエラそうにしてたのか、
そしてネタにされるのか、いまいちピンとこないだろうな。

43世界@名無史さん2010/10/19(火) 20:15:20O
東京一極集中状態を解消するには国の所得税や法人税を大都市部やその周辺部に対して高くして、逆に地方や過疎地に対しては低くするしかないね

44世界@名無史さん2010/10/20(水) 12:21:120
>>42
まあ、昭和30年代、いやそれ以前の生活を想像させるような
物件があまり残っていないからな
水道がいまいち当てにならずに、手押しポンプで井戸水を
汲んで利用したり、洗濯板で洗濯をしたり、
いや、そこまで行かなくても、二層式洗濯機から全自動洗濯機
扇風機からエアコンの変化だけでも驚愕天地の世界だからな、
アレは、時代の空気だったな
良くも悪くも時代としか言いようがない。
リアルで角栄を知っている40代だが、角栄のことはどうしても
悪くはいえないのだ、同情してしまうのだ、

45世界@名無史さん2010/10/20(水) 13:55:560
>>42
>いまの20代前半以下の連中は、リアルで角栄を知らないんだよな。
>後半でもあんまりリアルの記憶はないだろう。

当時を知る世代が減ると、嘘や陰謀論も増えてくる。

「角栄はロッキード事件で総理を失脚した」とか
「ロッキード事件で政治生命を絶たれた」とか大嘘がネット上でも
流布されているけど、当時を知る世代が減ったからだろう。

46世界@名無史さん2010/10/25(月) 17:13:350
政治家なんて風見鶏程度しか機能してないだろこの国では
屋根の上で目立つが方向は風神(官僚組織)が決める

47世界@名無史さん2010/10/25(月) 18:18:260
「市民レベルで理解を」柔道・山下泰裕さんが日中交流熱弁

 1984年ロサンゼルス五輪の柔道金メダリスト、山下泰裕さん(53)が23日、
東京都内で講演し、3月に中国・南京で開館した日中友好柔道館について紹介した。

 戦時中に不幸な歴史がある同地。だが、開館に向けて市民と触れ合ううちに、
「南京の人たちは非常に紳士的で、日本と交流したがっていると感じた」という。

 日中関係は現在、尖閣諸島問題で悪化しているが、
「政府間がおかしくなっても、市民レベルで理解し合えれば、大きな影響を及ぼすことはない」と山下さん。
「自他共栄」の柔の心を熱く語った。

asahi.com http://www.asahi.com/sports/spo/TKY201010240052.html

48世界@名無史さん2010/10/27(水) 18:49:480
田中角栄の利権をばら撒く構造が官僚の天下り体質を生んだという批判もあるね。

放送局も角栄の時代に増加させてるんだよな。
日本は先進国の中でもやたらテレビ局が多いもんな。

49世界@名無史さん2010/10/27(水) 23:06:520
>>44
農村部出身で今40代以上の人は感謝してもしきれんでしょう
生活レベルなんて戦前に毛が生えたようなもんがまだ続いてたわけだし。

角栄以前の出稼ぎ農民の貧困と悲哀を思えば、今のワープア論ってちょっと騒ぎすぎな気がしないでもない。

50世界@名無史さん2010/10/28(木) 12:27:250
まぁ、それは角栄じゃなくても出来た事なんだけどな。
たまたま日本の流れがそういう流れだっただけ。
そう言う事を言うなら、半世紀後の厨獄の農村部じゃ胡錦涛は名君になってるな。

51世界@名無史さん2010/10/31(日) 17:19:520
このスレ立てた人に聞きたいが、小泉のことはどう評価してるの?

52世界@名無史さん2010/10/31(日) 19:54:340
このスレ立てた人ではないが、小泉は郵政に狙いを定めたのは失敗だと思う。
他にするべきことが山ほどあった。
結局、角福戦争に福田派が勝ったということでしかない。

53世界@名無史さん2010/11/01(月) 16:22:110
小泉ははっきり主張するから世界的には理解されやすい人だったと思うよ。
中国や北朝鮮との関係でも立場ははっきりさせてたしね。

だが、後ろ盾の森派とアメリカに対しては非常に従順なんだよな。

54世界@名無史さん2010/11/02(火) 17:11:300
でも、今の日本を奈落のそこに突き落としたのは小泉じゃないの?
郵政は単なる個人的な”恨み”をはらしたに過ぎない。
結局、旨く自分のわがままを通したに過ぎないやつと俺は思っている。
国民の事も国の先行きも何も考えていない思う。
角栄より小泉を攻めるべきだと思う。

55世界@名無史さん2010/11/02(火) 21:35:310
>>54
小泉がやったことはバブルの清算の「第一歩」
だから生産性はあまりないが、必要なことだった
そのまま小泉路線を継続してれば清算終わって次行けたのに
国民が勘違いして清算しないまま次行こうとして今に至ってるだけだ

56世界@名無史さん2010/11/02(火) 22:22:120
またそんなヨタ話かあ

57世界@名無史さん2010/11/03(水) 12:22:080
>>52
去年の政権交代は親米派vs親中&親韓派の争いですね、わかります。
マスコミを味方に付けた後者が勝ったと。

58世界@名無史さん2010/11/03(水) 14:30:060
韓国ロビー持ってるのは福田派→現森派だよ。

まあ、韓国は韓国でも繋がってるのは旧軍事政権→ハンナラ党のラインだから、
謝罪賠償とか騒いでる市民団体(こっちはウリ党系)とは違うがね。

59世界@名無史さん2010/11/03(水) 18:33:400
>>54
”バブルの清算”って、はあ?w
どこが?
だいたい何年前なの、バブルって?
ヤツのやった事は”バブルの清算”ではなく、”福祉の縮小”だろw

弱い者の切捨て、格差社会の拡大、やつの通った後の日本はこうなってしまった。
日本をアメリカのような低福祉国家に”退化”させようとしたことは明白じゃんw
日本の目指すべきはヨーロッパ型の高福祉社会であって、アメリカのような”放置国家”ではないはず
勘違いもはなはだしいw

60世界@名無史さん2010/11/04(木) 03:11:250
>>59
実際そうだろ
銀行の自己資本比率を上げ不良債権を処分した
あれをバブルの清算と言わずなんというか
それから福祉の変更は財政に応じて「受益者負担」を求めるものであり至極妥当なもの

61世界@名無史さん2010/11/04(木) 14:39:170
>>54
小泉は賛否両論あるよな
公共事業を減らした事は評価出来るが

62世界@名無史さん2010/11/04(木) 20:59:480
確かに財政が苦しいのだから、国民にも負担を背負ってもらうという事はいずれは逃れられないのだろうが、
その前に、もっと政府や政治家自身の方でやれる事があっただろうさ。
給料減らすとか、無駄な事業の思い切った撤廃とか。

順序が逆なんだよ、
人に負担を強いてもらうには、まず自分らが実践していかなくては…

小泉は、はっきり言ってアイドルなんだよw
ルックスの良さと、わかり易い痛快な物言い
(あと日本人の好きな”血液占い”A型ってのもも手伝ってるかな?w)
息子にもそのDNAは受け継がれているようだがw
でもそんなものに騙される日本の国民は愚かだなw

63世界@名無史さん2010/11/04(木) 21:47:190
>>62
どっちにしてもやるべき事なんだから後とか先とか言うのは無意味

64世界@名無史さん2010/11/04(木) 22:00:180
>>63
そういう事ではないだろうw
議員や官僚どもが、無駄な金の使い方して国の財政を火の車にした訳だから、
その責任は、まずてめえらが取れよって事でしょw
なんで、弱い国民が、クソ官僚やクソ政治家のための"つけ”を払わなきゃならないの?

65世界@名無史さん2010/11/05(金) 23:13:250
>>64
そういう国にしたのは国民の責任だよ
国民主権とはそういうこと

66世界@名無史さん2010/11/06(土) 07:03:160
>>65
それは政治家や官僚のいいわけだよな。
選挙のとき、一般の有権者は政治家や官僚が実はどんな事をしてるかなんてわかりようがないもの。
だから、情報をもっと公開するよう求めたり、オンブズマンが出来たりしたんじゃないの?
そして、民主党政権になって、国民はもっと情報が公開されるようになるのではないかと期待した。
(…がうまくいってないよねw)

一般の有権者にとって、選挙の時、投票する候補を選択する基準は、
候補者が訴える有権者にとって身近な”マニュフェスト”って事になってしまう。
まあ、マニュフェストを頑なに守りゃ良いってもんじゃないがw
とにかく、”一般有権者”のせいにするのはお門違いだろう。

67世界@名無史さん2010/11/06(土) 08:40:070
お門違いじゃない
無知は罪

68世界@名無史さん2010/11/08(月) 04:13:200
そのとおりだな
ミモフタモナイが国民は愚か

69世界@名無史さん2010/11/17(水) 22:59:220
当時を知る人=恩恵に預かれた一部の連中

70世界@名無史さん2010/11/17(水) 23:01:280
国民のせいとか言ってる奴はエリートによる独裁体制がやりたいんだろ

71世界@名無史さん2010/12/18(土) 09:11:590
>>64
>議員や官僚どもが、無駄な金の使い方して国の財政を火の車にした訳だから、

本質的にはそれは関係ない。
そもそも管理通貨制度では中央銀行の裁量でどれだけでも発行できるし、政府が中央銀行に国債を買わせて財源にすることも可能だ。
じゃあ何が問題なのかというと、生産力(供給力と言ってもいい)を超える通貨発行量ではインフレが起こることぐらい。
しかし日本の場合、今はデフレ不況であってむしろ供給力を吸収するだけの需要が不足している状態だ。

つまり、「国の財政を火の車」ってのは本質的には大した問題じゃない。
それどころか、今の不況では財政赤字を恐れず公共事業をやりまくるべきだ。

72世界@名無史さん2010/12/19(日) 04:08:370
エリートが主導してたらまだマシ

73世界@名無史さん2010/12/23(木) 00:35:010
NHKスペシャル|862兆円 借金はこうして膨らんだ

今年度末で862兆円に達する見通しの日本の借金。GDP比180%と先進国の中で突出している。
なぜこれほどの借金を積み重ねてしまったのか。その背景を赤裸々に綴った財務省の内部文書を
入手した。
旧大蔵省の歴代の幹部が自分たちが関わった財政政策について語った証言録。そこからは、
その時々の政治家と官僚の間でどんなやりとりがあったのかが見えてくる。
http://www.nhk.or.jp/special/onair/101107.html


NHKスペシャル 「862兆円 借金はこうして膨らんだ」
http://yamazakijirou.cocolog-nifty.com/blog/2010/11/22119-nhk.html
http://yamazakijirou.cocolog-nifty.com/blog/2010/11/22221110-nhk862.html

 この番組を見て私には一番意外だったのは、赤字国債と福祉予算の関係で、福祉予算の
拡大こそがその後赤字国債発行がやめられなくなった最大の要因だと大蔵官僚が証言して
いたことである。
 福祉関連予算が急激に伸びたのは田中内閣(昭和47年から49年)の時で、年金の
物価スライドと老人医療費の無料化を行ったために福祉予算が一挙に30%も増額になった時
だったと言う。

 しかし世の中は甘くない。昭和48年にオイルショックが発生すると税収が一気に落ち込み
昭和50年の予算では再び赤字国債の発行が必須となってしまった。

 公共事業の新規取り組みは中止できても、田中内閣が始めた年金の物価スライドや老人医療費
の増額が年に1兆円規模で増えて、結果的に2兆円の赤字国債を発行することになった。
 当時の大蔵事務次官の反省の弁は「財源の裏付けのないまま、高成長が続くものと想定して
福祉制度を導入したのが失敗だった」と言うものである。
「公共事業なら止めることもできるが、福祉については一旦始めるとやめることができない。
毎年確実に10%程度の伸び率で増大し、一方それに対する予算措置はない」のだそうだ。

74世界@名無史さん2010/12/23(木) 00:36:370
862兆円赤字国債はこうして膨らんだ(医療、教育、介護、年金は莫大な借金で支えられている)
NHKスペシャル20101107
http://genkidehappy.blog.so-net.ne.jp/2010-11-25
NHKスペシャル:「借金862兆円はこうして膨らんだ」を視聴して・・・
http://blog.goo.ne.jp/nonasi8523/e/a15d6ec36639fe5067b3635887caaa64

75世界@名無史さん2010/12/28(火) 06:58:550

サッチャー首相が爆弾テロで狙われた日

http://s1.shard.jp/rabbit1/0203/36/245_1.html

その日の1年前は、田中角栄の有罪判決が下されていた。

76世界@名無史さん2010/12/28(火) 11:15:130
角栄は有罪だよ。これが無罪なら
オウムの麻原だって無罪にできるよ。

77世界@名無史さん2010/12/29(水) 08:50:040
まあ、角栄が賄賂やってなかったわけないな。
たとえロッキードで嵌められたのが事実としても、他では色々やってたのは間違いないだろう。

しかし、今から見れば経済政策としてはベストに近いと思う。
生産性の高い工業を発展させたこと、公共事業活用、社会保障の充実はやはり行った方が良い政策だ。
生産力を発展させたからこそ社会保障の充実が可能になり、社会保障の充実がさらに安定した経済成長を可能にできる。
財政を理由にこれらの流れを断ち切った角栄後の政治が日本没落の元凶だ。
特に現行の、円高に対する無頓着さと財政支出削減傾向は最悪の組み合わせだ。

78世界@名無史さん2011/01/01(土) 00:06:350
今年も自分大変な1年でした 築地で働いて、底辺の生活がこれまでも苦しい
のか。また資本主義経済において、社長にならない限りリーマンは裕福になれ
ない事。なぜ公務員になるのかを、実践で学びました。今は後者に重点を置き
ながらのユウメイトとデイトレとハイリッド生活です。
 グローバル社会において日本人たるものとNHKは良い番組をします。ゲゲ
ゲの
女房、龍馬伝、坂の上の雲は考えさせられました。日本自主路線の方向は間違
ってないでしょうし、そのためにも大連立政権は必要であると思うこの頃。
 しかし現実は幼稚な民主党政権で迷走してます。日本安定を思えば福田小沢
の大連立樹立失敗は大変残念な事でした。二人に敵が多いのも事実。 チンパ
ンジーといわれながら、米国からの難題を率なく乗り切った福田。アメリカを
助けた麻生。政治のキー小沢。
 立花ら田中角栄、小沢派を叩くのは簡単でありますが、あの40年時代に官僚
以上の政策運営と日露、日中独自外交をしたのも事実であり、北陸、上越らの
地方都市が住みやすくなったのは事実。リーダーとしての責任。
 中曽根以降ポチ米国。国土倍増計画、その当時の政策としは決して間違えて
ないし、田中を見習って中国政府も踏襲している土建政策。それを金融の大蔵
省らは、土建屋ら通産省、国土交通省、郵政らを悪人にみたて、竹中金融政策
派で銀行債権を潰して失われた20年か。今の米国が竹中路線を取らずに、官
僚の大量資金供給政策なのが笑える。小泉政権の減税して、赤字国債発行は過
去最高。その資金は海外に流出。このままだと真面目に国債デフォルトがあり
えるかもしれないね。
^外人含めた内需拡大小沢派、福田、麻生派らの復活を望む日々。
徒然ながら書きました。間違ってたら教えてください・紅白に蛍の光は良い歌
だね。反対してる左の人間もまだ居るみたいだが。現実路線に沖縄で無力だっ
た社民共産。
良いお年を。来年もよろしくお願いします。

79世界@名無史さん2011/01/06(木) 03:39:210
>>78
北陸・上越って、新潟だけだろうが

80世界@名無史さん2011/01/20(木) 23:26:000
>>73-74
自民党が少子高齢化を放置してきたせいで、もう移民受け入れしか選択肢が無い件
http://hato.2ch.net/test/read.cgi/news/1295531060/

なぜこのようなことになってしまったのだろうか? 理由はふたつある。
急速に進む少子高齢化と過去のマクロ経済政策の失敗だ。
年金で暮らす高齢者の数が増えて、税金を払う労働者の数が減っていけば苦しくなるのはあまりにも当然だろう。
日本は世界が経験したことがない急速な少子高齢化に直面している。
しかし大きな理由は後者のほうだ。
日本の政治家たちはこのような少子高齢化は完全に予測できたにもかかわらず、
赤字国債を発行して、気前よく支持団体にばらまき続けた。赤字国債というのは未来の税金の先食いに他ならない。
先に食われた税金をこれから現役の労働者が払っていくというだけの話である。
こういった過去のツケをこれから毎年毎年支払っていかないといけないのだ。
よって今後は増税され、その上で政府から受け取るサービスも減らされていく。

81世界@名無史さん2011/01/21(金) 13:30:300
>>77
いや角栄は高い成長率を犠牲にして、地方に金配ることを優先した人だよ
小沢が角栄のまねできないのは彼が寄生するべき高度経済成長が終わったから

82世界@名無史さん2011/01/21(金) 17:43:030
>>73-74
勉強になる

83世界@名無史さん2011/01/22(土) 09:29:120
>>81
俺の意見は逆、地方に金を配ったから成長できたと考えている。
補助金農政でアメリカからの農産物輸入増加要請に応えたおかげで、さらなる日本の工業製品輸出ができたんだよ。
もちろん、国内消費が安定していたのも補助金農政や土建行政による地方のインフラ整備でバラまいたおかげ。
やはり、角栄の経済政策はベストに近いと思う。

84世界@名無史さん2011/01/22(土) 15:05:460
>>83
意見というか君のは完全な間違い
関税が低くなれば安い農産物の輸入が増えるのは当たり前
補助金は単なる移転支出だから、なければより直接の生産者自身が潤っていた
いくら詭弁並べても角栄が悪いポピュリズム政治家だったのは変わらない

85世界@名無史さん2011/01/22(土) 15:43:580
>>84
>関税が低くなれば安い農産物の輸入が増えるのは当たり前

当時は貿易摩擦ってのがあってだなw
日本がアメリカの農産物を輸入しなければ、報復関税をを設定されそうだったんだよ。
まだまだ円が安い時代だったから、お前の主張は的外れだ。

>補助金は単なる移転支出だから、なければより直接の生産者自身が潤っていた

豊作貧乏って言葉もあってだなw
減反政策は必要悪とも言える状況だったんだよ。
農作物の多様化の流れが進めば減反補助金も必要なくなるんだが、各地で安定収入ができる農作物を確立するには時間がかかる。
また、減反政策が農作物の多様化を進める要因の一つでもあったわけ。
色々と批判がされてきたけど、そこら辺に注目するとよく考えられた政策だということが分かる。

86世界@名無史さん2011/01/22(土) 21:24:040
>>85
お前なんかかみ合ってないぞ、減反政策は価格維持のための生産調整に過ぎないし
アメリカが報復関税で脅しをかけたのは米作に代表される日本の閉鎖的な経済のためだよ

87世界@名無史さん2011/01/22(土) 22:44:260
>>86
>アメリカが報復関税で脅しをかけたのは米作に代表される日本の閉鎖的な経済のためだよ

いや、実質的に日本の工業製品輸出とのバーターの関係にあったんだよ。
アメリカは日本との貿易赤字を問題視していたため「代わりに農産物を買え」ということになっていたわけ。
日本の閉鎖的な経済ってのは圧力をかける建前にしか過ぎず、むしろアメリカは自国農業には輸出補助金をつけているくらいだ。

また、「減反政策は価格維持のための生産調整に過ぎないし」ってのは意味不明だ。
その生産調整が必要だから補助金を使って減反政策をやっていた、と説明したわけだがね。
生産調整が必要ってことは、「補助金は単なる移転支出だから、なければより直接の生産者自身が潤っていた」とは言えないわけだよ。
ただ農産物を作ればいいとは限らないってことだからな。

88世界@名無史さん2011/01/22(土) 22:46:150
供給を減らせば価格が上がるから、価格を高値に維持するための生産調整に決まってるだろ

89世界@名無史さん2011/01/22(土) 22:50:35O
角栄は偉い

90世界@名無史さん2011/01/22(土) 22:55:450
>>88
だから、そうだって言ってるだろ。
何をわけのわからん事を言ってるんだよ。
ぜんぜん話が通じてないな。

91世界@名無史さん2011/01/22(土) 23:34:100
>>81
そうなんだよね。
角栄は高度成長期に既得権益をバラ撒きまくって自民党の首も日本の首も回らなくした。
多すぎる放送局も官僚の権益も年金も、角栄の時代に大きく拡大してそのまま。
小泉が田中派の権益の郵便局だけは崩したが、小沢が入ってる民主党で改革などできるわけがない。

92世界@名無史さん2011/01/23(日) 00:04:220
>>90
お前が
>「減反政策は価格維持のための生産調整に過ぎないし」ってのは意味不明だ。

って書いたから教えてやったんだろうが、何が話が通じないだよw

93世界@名無史さん2011/01/23(日) 01:52:440
...1600, 1700, 1800, 1900, 2000
100年単位のタイムスパンで見れば、この100年が日本史上もっとも繁栄しているといっていいのではないか。第2次世界大戦の敗北にもかかわらず。
放漫財政によるインフレで社会的混乱をもたらしただろうが、
日本の没落をもたらしたというほど大きな影響を与えたとは思えない。
100年後の歴史の教科書には名前は残ってないよ。

94世界@名無史さん2011/01/23(日) 02:16:260
リチャードクーは鋭い分析してるぞ。
日本のGDPは失われた20年でも減少してない。
自民党のおかげな訳だが・・。http://www.jnpc.or.jp/activities/news/report/2009/01/r00014895/

彼は小泉、竹中は批判しまくりだが、その当理だと思う。

95世界@名無史さん2011/01/23(日) 03:58:050
>>77
円高はいいんじゃね?


96世界@名無史さん2011/01/23(日) 06:55:09O
>>1みたいなネトウヨは政治板から出て来るなよ

本当に馬鹿だな

97世界@名無史さん2011/01/23(日) 07:04:410
>>91
はっきり言えば、頭の悪い回答をもらって俺は困惑してるんだよ。
補助金農政も捨てたもんじゃないという説明の一例として、補助金を使って生産調整をやったことの有効性を説明したはずなんだがね。
まあ、現在の大規模農業推進みたいな迷走を政府は何度もやってきたんだが、補助金農政をイメージだけで否定するのは間違い。

つーか、なんかお前の発言はイメージ先行くさいな。
極端な言い方なんだが、こんなイメージをもってないか?
・原則どおりにやれば何もかもうまくいく。
・補助金は卑怯であり、絶対に許されない。
・借金は馬鹿がすることであり、適正な運営をすれば借金が発生するはずがない。
・貧困は本人の責任であり、たとえ過疎農村でも全員が努力すれば全員億万長者になれる。

世界史に興味があるのならわかると思うが、例外があるにせよ人間ってのはそんなに偉大じゃない。
まして、社会制度ってのは「とりあえず制度化した」程度のものであって絶対不変の原則ではない。
一度でいいから予算制度や国債を疑って考えてみるのもおもしろいぞw
たとえば「国債を発行して、その全てを日銀が買う」場合では予算が増えるわけだが、そのメリットとデメリット、どこに皺寄せがくるのか、これらを考えてみるとおもしろいと思う。

98世界@名無史さん2011/01/23(日) 07:06:410
失礼、>>97>>92へのレス。

99世界@名無史さん2011/01/23(日) 07:10:510
>>95
ぜんぜん駄目だな。
急激だろうが緩やかだろうが円高が進めば、日本産の工業製品や農産物が売れなくなる。

100世界@名無史さん2011/01/24(月) 02:51:440
田中角栄がいなくても豊かになってる。角栄がいなければもっと豊かになれてた。

101世界@名無史さん2011/01/24(月) 21:21:250
角栄の前にも腐敗政治家は腐るほどいたんだが、利権をそのまま経済政策にしてしまうという発想はなかった

102世界@名無史さん2011/01/27(木) 02:14:37O
東京の一極集中は国全体にとってはマイナスになっていると思う

103世界@名無史さん2011/01/27(木) 02:16:560
そこで日本列島改造論ですよ

104世界@名無史さん2011/01/27(木) 03:20:320
板違い

105世界@名無史さん2011/01/27(木) 03:26:570
男が命かけた拳
一撃必殺 うなってとぶが
サーニャの道は 人の道
貫く愛と ド根性
己れと敵とに 虹かけて
虹呼ぶ拳が サーニャ道

男が夢をこめた蹴り
一撃必殺 閃きとぶが
サーニャの心に 先手なし
耐え抜く試練 血の涙
敵に勝つより 己れに勝って
花咲く蹴りが サーニャ道

男が迷い断つ手刀
一撃必殺 はじけてとぶが
サーニャの道は 押忍(オス)の道
忍び忍んで 忍び抜き
ひとたび起てる その時は
嵐の手刀が サーニャ道

106世界@名無史さん2011/01/27(木) 17:59:460
借金は973兆円
出生率は1.3で人口減始まる
高齢化で社会保障費は28兆円で毎年1兆円ずつ増加
世界一の格差
公務員天国

107世界@名無史さん2011/01/27(木) 23:02:57O
角栄が駄目なら00年代の総理大臣なんて何なんだよw

108世界@名無史さん2011/01/30(日) 10:42:380


また似非ウヨ朝鮮人がクソスレ立てたか



109世界@名無史さん2011/02/14(月) 23:45:160
いまだに、ロッキード事件は田中を嵌めるための陰謀、
とかのヨタを信じてる人がいたりするが、
秘書連中も角栄が廃人になったあと、
真紀子にいびられたり嫌気さしたりでやめた後は認めてる。

ロッキード事件は、仏・独・伊・オランダ・スペイン・スウェーデン……etc.
世界十数カ国で、首相から女王の夫君から大物がごっちゃり引っかかった事件なんで、
独自の資源外交をやろうとした角栄をCIAがハメタなんてみみっちいもんじゃない。

まあ、金にキレイなことが政治家の最重要資格だとはオレも思わんけど。

110世界@名無史さん2011/02/16(水) 23:58:580
とはいえ金に汚いのを完全OKにしてしまうと汚職に金残らず吸われて
それ以外は素寒貧になってしまうからなあ

111世界@名無史さん2011/02/17(木) 19:40:070
ロッキードの端緒は結構胡散臭いところもあるけど、
資源外交云々は田原総一朗が書き散らした説が大きく伝わったというのが真相
オイルショックのときのアラブより姿勢なんて、右往左往してて
かなり危ないものだった。戦略なんて初めからなし



http://www.kajika.net/watanabe/20030222-2.htm

112世界@名無史さん2011/02/18(金) 23:33:480
田中角栄が金に汚かった?はあ?

113世界@名無史さん2011/02/18(金) 23:39:250
>>112
日本人の大半は、その 「はあ?」 に はあ? だとおもうが。

114世界@名無史さん2011/02/19(土) 00:49:490
あの程度のことは当時の日本人なら普通だれだってやってたことで
特に非難される筋合いのものじゃないよ。

115世界@名無史さん2011/02/19(土) 04:56:450
脱税を繰り返して、金満家でなければ住めない豪邸に住み、
政府の役人でもないのに、政府高官に命令、指示を出し、
政党の党首でもないのに、大勢の国会議員を下僕のように使うのだから、
非難されて当然だ。

ヤクザを国会議員にしてはいけないし、
国会議員であれば犯罪者でも良いというのなら?

その国会議員を誅殺するのに、合法を装う理由はない。

116世界@名無史さん2011/02/19(土) 08:06:490
>>114
> あの程度のことは当時の日本人なら普通だれだってやってたことで
> 特に非難される筋合いのものじゃないよ。

金大中拉致のワビにKCIAがゼニもってくるわ、
うちの飛行機買ってね、って航空機会社がゼニもってくるわ、
すごいぜ、当時の普通の日本人w

117世界@名無史さん2011/02/19(土) 08:09:240
>>115

> その国会議員を誅殺するのに、合法を装う理由はない。

いや、そこはあくまでも、法の枠の中でやろうよ。

118世界@名無史さん2011/02/23(水) 01:36:25.310
角栄の社会主義政策によって、農村から都市への人口移動が止まってしまった
介護も含む様々な行政サービスは農村のほうがはるかにコストがかかるが、もし角栄の政策が採られなかったら都市で暮らす人はもっと多かったはずで、偏狭なローカリズムが社会全体の効率を悪くする良い見本と言える。

119世界@名無史さん2011/02/23(水) 06:48:47.490?2BP(0)
>>118 地方都市が繁栄するのが一番だな。
つまり300小選挙区の中核都市。
高度成長期に上京して3畳一間で町工場勤務、
オイルショックで整理解雇みたいなのはイカレテルヨ。

基礎年金を1万から5万にあげたり、
一県一国立医大を達成したり。
結構いいよ。角栄以前は北東北のお父さんは春まで、
妻子から離れて東京で建設現場で働いてたんだ。
不幸せなことだよ。出稼ぎは。

120世界@名無史さん2011/02/25(金) 01:25:06.140
>>109
当時を知る世代が減ると、嘘や陰謀論も増えてくる。

「角栄はロッキード事件で総理を失脚した」とか
「ロッキード事件で政治生命を絶たれた」とか大嘘がネット上でも
流布されているけど、当時を知る世代が減ったからだろう。

121世界@名無史さん2011/02/25(金) 04:30:51.100
まあ、リアルで角さんとかロッキード裁判知ってる世代でも、
田中内閣当時、幼稚園とか小学生低学年とかだったら、
そのへんはゴッチャになってるからなあ。

物心ついたときには、角さんは目白の闇将軍でキングメーカーで、
ロッキードの被告の印象しかないんだから。

122世界@名無史さん2011/02/25(金) 18:18:17.520
角栄は1974年に立花隆に金脈問題を暴かれて総辞職している。
むしろ、1976年のロッキード事件は角栄にとって闇将軍として政界に居残るための
モチベーションとなったと言った方がはるかに正確だろう。
実際、角栄が闇将軍として政界にパワーをふるうようなったのはロッキード事件以降だ。
1982年には田中曽根内閣と揶揄された第一次中曽根内閣を成立させている。

123世界@名無史さん2011/02/25(金) 21:08:30.480
>>122
それ以前に、オイルショックで支持率絶賛下降中だったけど

狂乱物価が彼の責任とは言わないが

124世界@名無史さん2011/02/26(土) 09:21:07.520
加藤茶がドリフで「タナカ カックエッ」とか、「まあ、このお〜」とか、
そういうギャグやってた頃だな。

125世界@名無史さん2011/02/26(土) 09:41:16.460
>>115
マキコが相続税払えずに国に物納する前の目白御殿だが、空撮とかで見ると、
事務所みたいな殺風景なハコ型の建物が、敷地内にびっしり並んでる感じで、
お世辞にも御殿って感じではなかったな。

126世界@名無史さん2011/02/26(土) 11:28:36.600
>>118
農村不況と都市部への人口集中化の弊害は多くの発展途上国で実証済。
お前って脳内理想郷だけで考えて誤る見本だな。
とりあえずここは世界史板なんだがから、歴史をもっと学べよ。

127世界@名無史さん2011/02/26(土) 13:52:29.190
>>125
80億くらいごまかして、税務署に追徴くらったんだけどね、あのバアサンは。
分母がどのくらいなのか知らんが。

小渕が死んで「お陀仏さん」だとか、
子なしでなやんでいるであろう安倍に「タネなしスイカ」とか、
下品な悪口以外になにがあるんだかわからんが、
一時はマスコミに持ち上げられてたなあ。

128世界@名無史さん2011/02/27(日) 00:51:06.100
>>127
真紀子は角栄とは真逆のタイプだな。
せっかくの親父譲りの明晰な頭脳を国民のためにつかっていないもんな。
手法はともかく角栄は国民の生活水準向上に努めていたが、真紀子は稼業を継ぐ感覚で政治家をやっているだけ。
しかも、角栄はなるべく敵を作らないよう気を配っていたのに対し、真紀子は毒舌が持ち味とばかりに敵を作っている。

129世界@名無史さん2011/02/27(日) 13:11:31.490
誤魔化したのは脱税の天才である角栄なんだけど(だから此奴の本質は犯罪者なんだよ)、
通用したのは生存中まで。
チームで挑まれたら、死んでいるだけに手が出せなかっただけさ。

130世界@名無史さん2011/02/27(日) 17:37:44.790
>>126
お前は観念だけで考える人文系以外の知識を知る必要がある
人々の多くが都市に住むことになる傾向は、イギリスの第2次囲い込み運動のころから変わらない
それを無理に人為的に変えようとしたのが、田中角栄みたいな馬鹿だ、実証とかいう言葉をお前みたいのが使うな

131世界@名無史さん2011/02/27(日) 18:52:14.400
>>130
そうそう、都市問題もイギリスの第2次囲い込み運動のころから変わっていない。
それを根拠に無為無策を正当化しようとする馬鹿がいるとは驚きだ。
もっとも、角栄のやり方はそれなりに成功を修めていたわけだが。

132世界@名無史さん2011/03/01(火) 06:58:17.31O
>>1
田中の頃に
日中国交正常化を、やっといてよかったよ。
中国に賠償金放棄させたからさ。今だったら無理だろう。
それも毛沢東、周恩来存命中にな。
これは、日本にとって大きな外交カードになっています。

それに中国も江沢民がトップに立つまでは 反日路線じゃなかったしな。

133世界@名無史さん2011/03/01(火) 08:10:37.320
日本が支那から受け取るべき賠償を放棄しておいて、何抜かしているんだか。

対朝鮮でも全く同じ構図だが、この額は莫大で、
日本から支那に払う分より、
支那から受け取る分の方が、大幅に上回っていたのは常識だ。

それを勝手に免除したのみならず、有史以前からの不倶戴天の仇敵に、
しなくても良い莫大な援助を行って、育てた。

遂には口だけ大国で、日本より遙かに弱小な小国だったのに、
本物の大国にしてしまった。

だから、田中角栄は第一級の国賊なんだ。
こんなアホ、歴史上角栄以外に見たことねえ。一言でも称える馬鹿もだ。

134世界@名無史さん2011/03/01(火) 10:01:26.10O
>>133
お前は馬鹿だなw
中国が悪かった!と、
いうのかい?

とても世界に 通用しないぞ。



135世界@名無史さん2011/03/02(水) 05:15:21.680
拉致問題を誘発させた極悪売国奴は 田中角栄だった!
http://www.youtube.com/watch?v=AaDH2N2tddc&feature=related

136世界@名無史さん2011/03/02(水) 13:11:00.54O
>>135

馬鹿じゃね
責任転嫁も甚だしい。
拉致問題は北朝鮮と金正日、および 庇い続けた社会党にある。

137世界@名無史さん2011/03/12(土) 02:52:17.00I
ま、ロッキード事件は、構造的に言って、
角A(角栄)を頂点とした疑獄事件だったわけだな。

138世界@名無史さん2011/03/13(日) 05:02:38.270
>>137
日本人はロッキード事件は、田中角栄事件だと思っているけど、全くそうではありません。
あの事件は世界数カ国にまたがる、とてつもない広がりをもった前代未聞の航空機商戦の
汚職疑惑なわけです。国はイタリア、フランス、ドイツ、オランダ、スペイン、スウェーデン、
インドネシア、フイリピン、トルコ、イラン、メキシコ、コロンビア、ナイジェリア、
サウジアラビアなどにまたがり、ひっかかった人間の中にはイタリアのアンドレオッチ元首相、
オランダのユリアナ王女の夫君、ベルンハルト殿下、ドイツのシュトラウス元国防相、
スエーデンの空軍司令官よいった人まで含まれています。角栄の資源外交をつぶすために、
それだけスケールの大きな事件を謀略として起こすなど不可能なことはあの事件をグローバルに
とらえる目を持っている人には疑問の余地なくわかることです

139世界@名無史さん2011/04/11(月) 15:59:15.380
田中角栄の遺産が今の日本の惨状を生んだ
1日中共同声明→ODAばら撒き尖閣諸島不法占拠
2金大中事件で韓国の言いなり、大統領夫人射殺事件で朝鮮総連の配慮し
捜査に圧力をかけ背後関係を明かさせず→北朝鮮拉致事件
3原子力発電推進→自らの生家の隣町刈羽村に原発を召致。秘蔵っ子
の渡部恒三は「福島に原発を作れば作るほど長生き。」と暴言
もちろん功績もあるが負の遺産がでかすぎるのではないか

140世界@名無史さん2011/04/11(月) 17:12:38.710
俺の中学時代の極左社会科教師ですら角栄の台湾断交は批判してた
単なるウヨの戯言だと思うな

141世界@名無史さん2011/04/12(火) 05:22:26.130
どう見ても問題は田中角栄の後の人間だと思うんだが

142世界@名無史さん2011/04/21(木) 13:38:28.570
日本が没落しつつあるのは角栄たる者が日本にいなくなってしまったからです。
あのロッキード事件の最中にも、角栄は人格者だという評価があった。

角栄は日中国交回復を果たした事で知られる人だが、だんだん日中友好はアメリカにとって
許されざることで、そのためにロッキード事件を起こして田中角栄失脚を図ったといわれる。

143世界@名無史さん2011/04/21(木) 18:43:00.000
北朝鮮拉致事件の前に金大中事件と朴大統領夫人射殺事件で角栄は
南北朝鮮にへたれている。あの時スパイ防止法や背後関係究明に
尽力していればその後の日朝関係の歪みはなかった

144世界@名無史さん2011/04/21(木) 22:36:06.050
>>142
>角栄は日中国交回復を果たした事で知られる人だが、だんだん日中友好はアメリカにとって
>許されざることで、そのためにロッキード事件を起こして田中角栄失脚を図ったといわれる。

日本人はロッキード事件は、田中角栄事件だと思っているけど、全くそうではありません。
あの事件は世界数カ国にまたがる、とてつもない広がりをもった前代未聞の航空機商戦の
汚職疑惑なわけです。国はイタリア、フランス、ドイツ、オランダ、スペイン、スウェーデン、
インドネシア、フイリピン、トルコ、イラン、メキシコ、コロンビア、ナイジェリア、
サウジアラビアなどにまたがり、ひっかかった人間の中にはイタリアのアンドレオッチ元首相、
オランダのユリアナ王女の夫君、ベルンハルト殿下、ドイツのシュトラウス元国防相、
スエーデンの空軍司令官よいった人まで含まれています。角栄の資源外交をつぶすために、
それだけスケールの大きな事件を謀略として起こすなど不可能なことはあの事件をグローバルに
とらえる目を持っている人には疑問の余地なくわかることです

145世界@名無史さん2011/04/21(木) 22:39:25.150
>>142
>角栄は日中国交回復を果たした事で知られる人だが、だんだん日中友好はアメリカにとって
>許されざることで、そのためにロッキード事件を起こして田中角栄失脚を図ったといわれる。

失脚ってなにから失脚だよ。有名なトンデモだぞ。
角栄は1974年に立花隆に金脈問題を暴かれて総理を失脚している。
ロッキード事件は1976年です。
むしろ、ロッキード事件は角栄にとって闇将軍として政界に居残るための
モチベーションとなったと言った方がはるかに正確だろう。
実際、角栄が闇将軍として政界にパワーをふるうようなったのはロッキード事件以降だ。
1982年には田中曽根内閣と揶揄された第一次中曽根内閣を成立させている。

146世界@名無史さん2011/04/22(金) 02:51:49.320
>>142
おまえ、すげえ馬鹿。
ロッキードは他の人が指摘済だな。
ピンポン、キッシンジャー、ニクソン……。ちょっとこの辺でぐぐってみ?

今後の人生、詐欺にひっかかったりしないように気をつけたほうがいいぞ。

147世界@名無史さん2011/04/22(金) 06:43:24.220
角さんがつぶされたのは、やっぱメリケンのOK待たずに
日中回復したからかなあ。
アメリカは日本の頭ごなしにやったけど、
あれってソ連の対中核戦争を阻止するための緊急的措置だったらしい。

148世界@名無史さん2011/04/22(金) 12:42:35.980
>>147
過去レスよく読めヴォケ

149世界@名無史さん2011/04/22(金) 12:47:36.840
>>147
>角さんがつぶされたのは、やっぱメリケンのOK待たずに

角栄が闇将軍の地位から転落するのは85年の脳卒中と竹下登の裏切りだ。
アメリカはなんの関係もない。
とにかく、角栄はロッキード事件後も、脳卒中で倒れるまで10年近くも
闇将軍としてパワーをふるい続けた。

150世界@名無史さん2011/04/22(金) 12:51:44.790
ネットで検索しても、
「角栄はロッキード事件で総理を失脚した」とか
「ロッキード事件で政治生命を絶たれた」とか
大嘘が流布されているけど、
当時を知る世代が減ったからだろう。

151世界@名無史さん2011/04/22(金) 12:54:49.000
角栄が総理を失脚するのは1974年
ロッキード事件は1976年

152世界@名無史さん2011/04/22(金) 20:03:57.500
当時を知る人は知っていると思うが、一番重要な事それは、田中角栄総理大臣は、逮捕後党外にでた後も木曜クラブの
実質のオーナーで権力を握ってたということです。首相退任後やロッキード事件による逮捕(1976年7月)後も田中派を
通じて政局に対する影響力を保ち続け、マスコミは「(目白の)闇将軍」の異名を名付けた

1985年創政会の結成などがありましたが、当時の政治的な立場はまだまだ竹下、金丸の及ぶところではありませんでした。
政治的失脚は創政会の結成によるストレスでの深酒で脳梗塞で倒れてからです。

田中内閣は、昭和47年(1972年)7月6日 - 第1次田中内閣が成立から、昭和49年(1979)12月9日 内閣総辞職までですが、
その後も田中角栄は闇将軍と言われたように、また中曽根内閣(1982〜1987)が田中曽根内閣と言われたように隠然と存在しました。

田中角栄の失脚は創政会結成の昭和60年(1985)です。
総理失脚などというものは角さんにとっては大したことではなく、
創世会結成は人間・角さんにとって飼い犬にかまれることで、
それによって脳梗塞を発症して、政治的に失脚してしまったのです。

結局ロッキード事件が田中角栄を失脚に陥れたのです。>>142.>>147



153世界@名無史さん2011/04/22(金) 20:09:30.810
>>152
>結局ロッキード事件が田中角栄を失脚に陥れたのです。>>142.>>147

言い方を変えれば、 田中角栄を失脚に陥れるために「ロッキード事件」なるものがしくまれたといえるのではないでしょうか。


154世界@名無史さん2011/04/23(土) 14:45:53.050
1974年9月に田中首相はブラジルを訪問し、経済協定や文化協定などを締結し
国家間交流を深めました。
ttp://www.ioc.u-tokyo.ac.jp/~worldjpn/documents/texts/JPAM/19740917.D1J.html

ただ伝聞で資料がありませんが、ブラジルの原発開発に日本は協力するという
密約を日伯間で取り交わしたそうなのです。

現在、ブラジル電力公社向け上部原子炉容器を受注し輸出しているようですから
1974年頃の布石が生きたのでしょう。

しかし、1970年代当時は、アメリカの縄張りを侵害したことになり、逆鱗に触れた為、
その1974年10月、月刊誌「文芸春秋」10月号 で「田中角栄研究」「淋しき越山会の女王」
が掲載され、立花隆らが金脈問題を追及しはじめ、結局、首相辞任に追い込まれます。

間違いなくアメリカの意向で起きた金脈問題なのでしょう。
首相辞任後も陰で日本政界を動かす角栄氏を、ロッキード事件でとどめを刺そうとした?
そう思います。

155世界@名無史さん2011/04/23(土) 20:57:25.330
信仰者には理屈が通じないのなw

156世界@名無史さん2011/04/23(土) 21:21:44.330
これじゃあマトモな話にならんなw

157世界@名無史さん2011/04/23(土) 21:53:01.230
>>153
おまえは脳梗塞もロッキード事件が原因と思ってるのか?
結果からこじつけすぎ。

>間違いなくアメリカの意向で起きた金脈問題なのでしょう。
>首相辞任後も陰で日本政界を動かす角栄氏を、ロッキード事件でとどめを刺そうとした?
>そう思います。

ロッキード事件の陰謀はありえない。
20数ヶ国を巻き込んだ事件だけに、
各国の諜報機関に暴かれてしまう可能性が大だからだ。
そもそも証拠がまったくない。
臭い勘ぐりが面々と続くだけ。

158世界@名無史さん2011/04/23(土) 21:54:03.590
>>153
>田中角栄を失脚に陥れるために「ロッキード事件」なるものがしくまれたといえるのではないでしょうか。
日本人はロッキード事件は、田中角栄事件だと思っているけど、全くそうではありません。
あの事件は世界数カ国にまたがる、とてつもない広がりをもった前代未聞の航空機商戦の
汚職疑惑なわけです。国はイタリア、フランス、ドイツ、オランダ、スペイン、スウェーデン、
インドネシア、フイリピン、トルコ、イラン、メキシコ、コロンビア、ナイジェリア、
サウジアラビアなどにまたがり、ひっかかった人間の中にはイタリアのアンドレオッチ元首相、
オランダのユリアナ王女の夫君、ベルンハルト殿下、ドイツのシュトラウス元国防相、
スエーデンの空軍司令官よいった人まで含まれています。角栄の資源外交をつぶすために、
それだけスケールの大きな事件を謀略として起こすなど不可能なことはあの事件をグローバルに
とらえる目を持っている人には疑問の余地なくわかることです。

159世界@名無史さん2011/04/23(土) 22:00:35.230
ロッキード事件の陰謀論なら以下の本が説得力あるよ
 ↓
角栄失脚歪められた真実
徳本栄一郎著
http://www.bk1.jp/product/2507610

160世界@名無史さん2011/04/23(土) 23:01:38.200
>>152
詭弁

161世界@名無史さん2011/04/29(金) 23:58:41.530
高度成長は石油ショックで終わったのではない。
田中角栄の登場で死んでしまった。

高度成長の主役は都市の製造業であったのに、都市が実現した経済成長の果実を農村に有利に再配分。
公共投資を「都市」から経済効率の悪い「地方」へ傾斜配分することで、地方から都市への
人口移動の激減を招き、成長率の急激な低下をもたらしたのだ。
http://www.amazon.co.jp/dp/4166603892/

162世界@名無史さん2011/04/30(土) 00:41:54.370
石油はオイルショックの後、価格下落してるからな

163世界@名無史さん2011/04/30(土) 07:19:48.040
>>161
どの世界でも主役だけでは成り立たないものさ。
遅かれ早かれ内需拡大が必要となり、地方への再配分を行う羽目になっただろう。
たとえ利権誘導が目的でも、あの時期に地域格差解消策をとったことは評価に値するよ。

164世界@名無史さん2011/05/01(日) 02:34:37.030
都市への人口移動は自然現象。
それを無理に田舎に縛り付けた結果が財政赤字。

田中角栄は不自然、反自然なことをやった。
人間どこに住んだってすぐ慣れる。
税金で無理に地方に仕事を作らず、仕事のある都会に引っ越せというべきだった。

165世界@名無史さん2011/05/01(日) 03:06:49.910
人口移動するにまかせてたらどんな国になってたかなー
現在人口世界一の東京都市圏は当然さらに巨大な都市圏に
なって土地は延々と値上がりし続けてたのだろうか
住宅ローンか家賃に追われ長時間通勤する人々が弱者と
いう扱いになるんだろうか

166世界@名無史さん2011/05/01(日) 16:24:26.500
東京の土地が高いのは規制の効果が大きい

167世界@名無史さん2011/05/02(月) 23:41:09.580
田舎は自然に返せばいい。
どこにでも人がいて活性化しなければならないという考えは間違い。
そんなことは不可能。
人はどこに行っても生きて行ける。
土地にしがみついてもいいことはない。

地震でわかっただろう。
人間は身軽に。
住宅ローンで持ち家などもってのほか。
自らを鎖で縛るような行為。

168世界@名無史さん2011/05/02(月) 23:53:44.800
>>166
規制というと容積率?
容積率上げて需要を飽和させるとか?

169世界@名無史さん2011/05/03(火) 02:45:24.920
>>164
田中首相の取り組みがなかったら、都市だけが集中的に経済成長し、地方がますます衰退していったはず。衰退した地方では企業倒産や失業者増大、財政破綻が起こり、結局国にとっては不都合だったはず。

必ずしも人口流出を自然のままにすることが正しかったとは限らないのではないでしょうか?

170世界@名無史さん2011/05/03(火) 15:59:01.950
>>169
じゃなくてどんどん地方は破綻させていくべきだったってこと
そうしないまま高齢化してしまったことが現在の大問題なんだ

171世界@名無史さん2011/05/03(火) 16:11:16.310
人はより良い土地に引っ越すべきなんだよ。
移動の自由があるんだから。
何もアフリカの奥地に行くわけじゃない。
同じ日本で生きて行けないわけがない。
今の土地で何でもよこせというのはわがまま。

172世界@名無史さん2011/05/03(火) 16:32:57.730
>>18
では169の上半分の主張にはどうお答えしてくださいますか?

173世界@名無史さん2011/05/03(火) 19:24:52.640
机上の空論ばかり

174世界@名無史さん2011/05/06(金) 00:19:37.720
時期が近いから勘違いしてる人間が多い。
高度成長を実現したのは田中角栄では断じてない。
田中角栄が高度成長の果実を食い潰し
その後継者共が食いつぶすだけでは飽きたらず
膨大な借金を築いたのだ。

小沢が20年も何の成果もあげずに政治を浪費してるのは田中角栄の守護神として、
日本が駄目になったのは田中角栄のせいだという事実を政治の世界で俎上にあげさせないためかね。

真面目に議論すれば日本を食いつぶしたのが田中角栄だと負うことは明々白々。

175世界@名無史さん2011/05/06(金) 09:09:54.320
角栄が人口数百人の離島から北海道の僻地まで
日本の隅々まで豊かにしたのは事実
在日、部落、琉球、障害者、アイヌといったマイノリティに
まともに生活できる環境を作ったのも事実
しかし財政規律の崩壊と官僚の止め処も無いモラル崩壊を
もたらしたのも事実なんだよねえ

176世界@名無史さん2011/05/09(月) 15:16:23.460
タイトルを見ると,一見,楽観的な成長経済論かと勘違いしそうだが,中身はきわめて骨太な,
過去30年にわたり自民党によって続けられてきた社会主義的政策への批判の書である.
大都市から搾り取った税金を地方にばら撒く,「弱者保護」の美名のもとに行われてきた所得移転政策が,
さまざまな矛盾と経済への歪みをもたらしていることは,大前研一,橘玲はじめ,多くのエコノミストや
評論家によって指摘されて来たことであり,それ自体に目新しさがあるわけではない.
しかし,この問題を,これほど統合的で首尾一貫した主張にまとめ上げたのは,本書が初めてといってよいであろう.
さらに,一般的には資本主義の権化のイメージで見られることの多い「今太閤」田中角栄こそが,
自民党の「隠れ社会主義政策」の道筋を作った張本人であるという指摘も,大胆ながら,多くの
実例やデータを駆使し,きわめて説得的に語られている.そして,田中社会主義革命路線を
自らの権威や権益拡大に利用し,今日にいたるまで日本の経済効率を下方屈折させてきたのは,
朝日新聞をはじめとする進歩的なマスコミであり,官僚達であった.彼らには,常に自らの「権威」を
維持するための顧客としての「弱者」を必要としていたからである.
悲劇的なのは,田中社会主体革命が温存され今日も続いているという事実である.なぜ日本だけ,
バブル崩壊後 13年も低成長を続けているのか? なぜ日本だけ,GNP の倍にも上る公的債務を抱え込むことになったのか? 
なぜ都会のサラリーマンの生活は豊かになれないのか? こうした疑問を持つ全ての読者に必読の書である.

177世界@名無史さん2011/05/09(月) 15:20:33.620
タイトルのせいでわかりにくいですが、田中角栄について書かれています。
田中角栄について私は漠然と「汚職をしたけど地方にやさしい政治で日本列島改造で高度成長を実現した政治家」と考えていましたが、
完全なる間違いだとわかりました。本書によれば高度成長を終わらせた実行犯が田中角栄です。
「田中角栄が成長を実現した」というのは全く逆で「高度成長の蓄積があったから
田中角栄のような腐敗政治家が金をバラまくことができた」
田中角栄が起こした「社会主義革命」によって高度成長は食いつぶされたというのが正しいのでしょう。
そうすると田中角栄は「日本を社会主義の国にし、成長を止め、汚職をした最悪の政治家」ということになってしまいます。
目から鱗が落ちました。
歴史観が変わりました。

178世界@名無史さん2011/05/09(月) 15:21:35.160
高度経済成長が終わったのはオイルショックによるのではなく、田中角栄が強力に推進した「社会主義革命」=国土の均衡ある発展という名のばらまきである。
これらのばらまきをやめ、人々が自分自身の足で立つようになれば高度経済成長は可能というのが論旨。
自分の才覚で生きていく(プロフィットシーキング)よりも補助に頼って生きよう(レントシーキング)とすることが
国をダメにしたという理論は、原田泰の一連の著作と似ているなと思った。
過疎地に無理に資本を投入するのではなく、都市に住民と資本を集中すれば、都市は発展するし、
過疎地には自然が復活するという論旨は八田達夫の著作に通じるものがある。
一番印象深かったのは、知識人、学者が連綿と「弱者」を作り出してきた理由。
弱者は弱者であるがゆえに保護の対象であり、保護の対象である以上、自分たちの
言うとおりに生きろという弱者保護の仮面をかぶった弱者差別の精神構造が
「エリート」とされる人々の思考を形作っている。彼らからすれば、「選良」の
庇護に頼らず自身の才覚で生きようとする人間はねたみと恐怖の対象でしかない。
そうして出る杭を潰し続けてきた70年代以降の日本が低成長に陥ったのは当然という理論。
「知識人」特に左翼のそれに違和感を持つ人は楽しく読める。

179世界@名無史さん2011/05/09(月) 16:53:43.600
>>176-178
アマゾンのレビューですね。

180世界@名無史さん2011/05/11(水) 08:41:11.740
稀代の社会主義革命家たる田中角栄が弱者利権と地方ばら撒き政策を確立し高度経済成長を止めた、という話。

181世界@名無史さん2011/05/11(水) 09:06:28.620
次の一節は、いろいろな角栄本にも引用された有名なインタビュー記事の一部だ。

<子供が十人おるから羊かんを均等に切る、そんな社会主義者や共産主義者みたいなバカなこと言わん。
キミ、自由主義は別なんだよ。(羊かんを)チョンチョンと切ってね、いちばんちっちゃいヤツにね、いちばんデッカイ羊かんをやるわけ。
そこが違う。分配のやり方が違うんだ。大きい奴には”少しぐらい我慢しろ”と言えるけどね、生まれて三、四歳のは納まらないよ。
そうでしょう。……それが自由経済というものだ。>

田中角栄は社会主義・共産主義というものは機械的な悪平等の思想だと思い込んでいて
自分の主張こそ由緒正しい社会主義・共産主義の理想だとは夢にも考えなかった。
「官公庁が発注する仕事は、一定のパーセンテージを中小企業に割り当てなければいけない」という官公需法も、
「大型店の新規開業には地元の零細商店の合意を必要とする」という大店法も、
「とにかく農民の生活水準を都市勤労者より低くしてはいけないのだから、生産者米価を上げるのに理屈は必要ない」という生産者米価の政治加算も、
全部「チョンチョンと切って、いちばんちっちゃいやつに、いちばんデッカイ羊かんをやる」政策だった。

182世界@名無史さん2011/05/11(水) 09:47:03.790
角栄政権のプラスのほうに眼を転じれば、首相在任中にやってのけた功績がふたつある。
日中国交回復と、ソ連共産党書記長ブレジネフに「日ソ間には北方領土という未解決の問題が存在する」と認めさせたことだ。
どちらも社会主義政権相手の仕事だった。

後に訪朝議員団団長として北朝鮮を訪問した金丸信が朝鮮労働党の国を挙げての「熱烈歓迎」に手も無く丸めこまれてしまったのも、
もともと国家社会主義者同士だったからだ。
さらに、「遅れてきた田中角栄」鈴木宗男があれだけロシアの官僚たちと肝胆相照らす仲になれたのも、
お互い国家社会主義者同士で話が通じやすかったからだ。

日本中に増殖した田中角栄とその亜流たちには、「人間は自由意志を持った動物だから、行きたいところへ行き、やりたいことをやり、
住みたいところに住む。それを統制でねじ曲げようとしたら、とんでもないロスが生じる」という経済学的発想はちんぷんかんぷんだった。
そんな「わけの分からない理屈」をこねる連中より、革命世代の中国共産党首脳陣、旧ソ連官僚、そして北朝鮮労働党の同志諸君のほうが、
はるかに気心が通じたはずだ。

183世界@名無史さん2011/05/11(水) 09:48:49.750
世界中にたったひとりだったかもしれないが、一九七二年という早い時期から田中角栄政権誕生の本質を
「革命家」による政権奪取と見抜いていた社会主義国指導者がいた。
彼は、岩波書店の総合誌『世界』に掲載されたインタビューで以下のように答えている。

<日本人民の闘争が強まったために佐藤反動政府は追い出され、田中政府がこれにかわりました。
これは日本人民の闘争の結果だといえます。われわれは日本人民の闘争を高く評価し、それを全面的に支持します>
(坪内祐三、『一九七二─「はじまりのおわり」と「おわりのはじまり」 』、二〇〇三年、文藝春秋刊より引用)

当時の北朝鮮国家元首、金日成だ。
まさに、「英雄、英雄を知る」と言うべき洞察力だ。

いや、近年出版された青木直人著『田中角栄と毛沢東─日中外交暗闘の30年』(二〇〇二年、講談社刊)を読むと、
毛沢東も田中角栄を「日本に革命を起こした同志」とみなしていたようだ。
歴史に残る毛沢東・田中角栄会談は茶飲み話ではなく、実務家同士らしく「米ソ覇権主義二大帝国に抗して、日中同盟を作ろう」という議論をしたらしい。
その後毛沢東は没し、田中角栄が言葉と知的能力の大半を失ってからも、中国は律儀に一線級の政府や共産党の要人を田中のもとに送りつづけた。
毛沢東が「田中角栄先生は革命運動における同志だ。決して礼を失することがないように」と遺訓を残したのだろう。

184世界@名無史さん2011/05/11(水) 11:21:39.210
田中角栄を考えるときはその既得権益のあまりの巨大さを念頭に置かなければならない。

田中角栄が好きだと思うその根拠は何か?
自分も田中既得権益の受益者かも知れないと思い始めたら生きてるのが恐ろしくなるよ。

185世界@名無史さん2011/05/11(水) 12:58:28.21O
田中角榮が首相や闇将軍をやってた頃に生まれた世代って、露骨に質が悪いよな。
低所得なのは就職氷河期にあたったせいもあろうが、
鬱や自閉や発達障害を患ってるとしか思えないニートや廃人が多すぎ。
低教養過ぎて思想的にもネットウヨに陥っているし。

思うに、角榮が将来世代にツケを押し付けてのバラマキによって
当時の人間の人生難易度を著しく下げ、本来子孫を遺してはいけないような連中に
結婚し子どもを産み育てる余力を与えてしまったからではないか。

186世界@名無史さん2011/05/13(金) 07:12:20.620
国土の均衡ある発展という社会主義政策を実行し、社会主義国中国と接近した田中角栄を危険人物とみなすのは当然。

187世界@名無史さん2011/05/13(金) 07:35:33.080
日本の不幸は、田中角栄を保守だと思い込んでる人間が多すぎることだ。

188世界@名無史さん2011/05/13(金) 07:44:20.760
>>185
子孫というより、田中角栄が甘やかして以来、日本人自体が堕落したのだろう。
自分で立つという精神が失われたのは田中角栄のせい。

189世界@名無史さん2011/05/13(金) 08:03:45.210
田中角栄は、田中真紀子を甘やかした
田中角栄は、老人を甘やかした(福祉元年)
田中角栄は、地方を甘やかした(均衡ある発展)

190世界@名無史さん2011/05/13(金) 08:10:06.060
まとめ 田中角栄は、日本人を金の力で堕落させ、人様の金で生きることを当然と考える国民にした。

191世界@名無史さん2011/05/16(月) 07:28:21.990
シナなんかと国交を結んだことが日本を衰退させた
角栄こそ最悪の国賊

192世界@名無史さん2011/05/18(水) 14:03:15.060
角栄の地方を救済するという考え方は正しいがやり方が明らかに間違っていた



193世界@名無史さん2011/05/20(金) 18:18:50.290
上の方で上げられている本だが、どうやら無防備マンみたいだな。拠って賛同はしかねる。
(角栄とは違う種類のキチガイだから)

194世界@名無史さん2011/05/25(水) 14:47:58.740
保守政治の目標は「打倒!田中角栄」である

日本が非効率な社会主義国家になってしまったのは、もちろんさまざまな原因があるでしょう。
しかし、今抱えている沢山の問題を遡ると、ほとんどが田中角栄に行き当たります。
http://blog.livedoor.jp/furusatochan/archives/2836717.html

195世界@名無史さん2011/05/25(水) 14:54:03.980
保守派気取りの人達の中に田中角栄待望論があると聞いたとき、げんなりしてしまいました。
高度成長期だからばらまけたのであって、バラマキをすれば高度成長できるというのは大きな勘違いですね。

196世界@名無史さん2011/05/25(水) 15:06:09.920
 田中角栄の主要な大罪リスト

 1 老人医療費無料化というバラマキ

 2 年金支給額の大幅アップ(二倍以上)

 3 公立学校教員の給料を大幅アップ

 4 私学助成金という、憲法違反のバラマキ

 5 過剰な公共事業を通じてのバラマキ(均衡ある国土の発展という妄想) 

 6 中国共産党独裁政権(周恩来)との国交回復(チベットやウイグルでの中共の蛮行は無視)

 7 シベリアへ開発への資金援助(北方領土問題もシベリア強制連行の補償などは棚上げ)

 8 利権・金権による大派閥を率いる政治。国会からマトモなディベートがなくなってしまった。

 9 中国に土下座外交をする、竹下登、小沢一郎、岡田克也などの弟子を輩出したこと。

 10 日本に蔓延する拝金主義の元凶。財界トップすらも、目先の商売のみを優先し、総理祭神は靖国参拝をするななどと言い出す始末である。

 

 たしかに、恵まれない生い立ちから、総理大臣にまで出世したのはすごいことであるが、それだけの話である。

 彼が、日本の国益を棄損したことは甚だしい。

 大盤振る舞いのバラマキ政策が、現在の財政赤字に直結している。

197世界@名無史さん2011/05/25(水) 15:17:30.590
年金、国民皆保険、私学助成

日本人があって当たり前だと思ってるものは全て社会主義の産物だ。

198世界@名無史さん2011/05/27(金) 11:22:42.720
日本は唯一成功した社会主義国だと言われることがある。
それは、奇跡と言われた高度成長の成果を田中角栄の登場以降、今の今まで食い潰してきたことを言ってるんであって
社会主義で発展したということでは決してない。

199世界@名無史さん2011/05/28(土) 21:26:58.550
「日本は、第二次大戦中から(あるいは、戦争直後から)世界でいちばんうまくいった社会主義国家だった」という通説を、
あまりにも安易に受け入れてしまっている人が多い。
しかし、考えてもいただきたい。
世界経済史上ほかには例を見ないほどの高い成長率が持続したあの戦後復興から高度成長期までの輝かしい時代が、
本当に「社会主義的な統制経済」で達成できたものなのだろうか?
「自由競争にもとづく市場経済より統制経済のほうがうまくいく」という思想の破綻は、世界中でいやというほど実証されている。
なぜ、戦後日本だけが、例外的に社会主義経済でうまくいったというのだろうか?

「先進諸国に対するキャッチアップには統制経済が向いている」という主張には何の根拠もない。
世界中の社会主義革命は中進国、後進国で起きており、社会主義政権は例外なく先進国に対するキャッチアップ政策を掲げた。
しかし、統制経済のままでキャッチアップに成功した国はない。
頑固に統制経済を維持した国は、体制そのものが転覆して市場経済に戻ったか、
北朝鮮のように国民に食うや食わずの生活をさせながら慢性的戦争プロパガンダでかろうじて政権を保っているかのどちらかだ。
中国のように徐々に自由競争の市場経済を導入して統制色を弱めた国だけが、
まがりなりにも「社会主義政権」のたてまえを守りながら経済成長を達成している。
「キャッチアップなら社会主義的な統制経済のほうがうまくいく」なんて実例は、世界中探しても見当たらない。

朝鮮戦争特需やアメリカの占領政策に高度成長の原因を求めるに至っては、
「日本人はどうせだめな民族なんだから、自分たちの努力だけで立派なことができたわけがない。
だから、高度成長もだれかの振り付け通りに踊っていたから達成できたのだ」という、
とんでもない欧米崇拝志向以外には根拠を持たない発想だ。
特需や資金援助で経済が発展するものなら、ウルグアイ・ラウンド以後の日本農業は世界の最先端を行く
高収益産業になっているはずだ。
アメリカの占領政策や経済政策への干渉・介入で高度成長ができるものなら、
フィリピンやメキシコはとっくの昔に世界の先進国の仲間入りをしていたはずだ。

200世界@名無史さん2011/05/28(土) 21:55:10.920
戦後の日本経済は、世界中でもめずらしいくらい階級とか身分とか人種とかの差別の少ない社会で、
しかもみんなが自由に自分にとって何がいちばんいいかを判断して行動できる、自由競争の市場経済の理想型に近い社会だった。
欧米諸国の租税負担が軒並み国内総生産の三〇〜四〇パーセントを占めていた中で、日本の租税負担は二〇パーセント台の前半ですんでいた。
だからこそ、民間企業が自由な競争の中で大胆な設備投資をする資金的余裕があり、一貫して高い民間設備投資が高度成長経済を実現したのだ。

また、高度成長期の日本は失業という現象を永遠に追放してしまう一歩手前まで近づいた社会だった。
欧米諸国での完全雇用の目標が失業率三パーセントであり、実際の失業率は好況期でも四〜五パーセント、
ちょっと景気が悪くなれば簡単に二桁になってしまう中で、日本の失業率はほぼ一貫して二パーセント以下だった。
しかし、一九六〇年代の終わりから七〇年代の初めにかけて、高度成長を可能にした自由で統制色の薄い経済を
根本から変えてしまう一連の政策が実行された。

201世界@名無史さん2011/05/28(土) 22:14:12.720

この一連の政策は、間違いなく社会主義的だった。
「中小企業は大企業に比べて競争力がないから保護してやらなければならない」、
「地方は大都市圏に比べて競争力がないから保護してやらなければならない」、
「零細地場商店は大型店舗に比べて競争力がないから保護してやらなければならない」、
「農林漁業に従事する人たちは製造業やサービス業に従事する人たちに比べて競争力がないから、
あるいは海外の低賃金で同じ仕事をする人たちに比べて競争力がないから保護してやらなければならない」といった政策ばかりだからだ。

ところが、日本人の大半は、一九六〇年代末から七〇年代初めに日本で「忍び寄る社会主義」勢力が政権奪取に成功したなどということは、夢にも考えなかった。
想像もしていなかったところから出てきた社会主義勢力だったので、呆気にとられているうちに革命政権が誕生してしまったのだろう。
日本型「忍び寄る社会主義」が生まれたのは、イタリア共産党構造改革派のこむずかしい理論闘争の中からでもなく、
イギリス労働党左派フェビアン協会のメンバーたちの優雅にアフタヌーンティーをすすりながらの雑談の中からでもなかった。
それは、越後の山の中から生まれたのだ。

社会主義革命の張本人が自分のことを「激烈な反共主義者だ」と信じていたこと、
彼が自民党の一派閥の領袖だったこと、そして金権政治をめぐるスキャンダルまみれの政治家だったことに、
日本人の大部分が眼をくらまされていた。
もちろん、越後から山を越えて東京に出てきた日本の「忍び寄る社会主義」革命の指導者とは、田中角栄のことだ。

202世界@名無史さん2011/05/30(月) 12:49:39.750
田中角栄はこんなたとえ話をした。一本の川が流れている。上流と下流に町がある。
2つの町の代表が、代議士に橋を架けてくれと言ってきた。そのときどうするか。
@調査をして、より必要性の高い方に橋を架ける。
Aそのうちにと言い続けて、何もしない。
B無駄だと思っていても、二つに橋を架ける。
角栄は@を選べば選挙で落選するという。なぜなら、橋を架けてもらえなかった町民の支持を失うからだ。
これに比べて、Aを選べば選挙は安泰だ。しかし、田中はBを選ぶという。この流儀で田中は本州と四国を結ぶ橋を3つ架けた。
もちろんこんな馬鹿げた計画に大蔵省は反対した。しかし、当時幹事長だった田中は、四国にいる大平正芳と三木武夫の二人の
実力者に配慮して、強引に昭和45年度予算に組み込んだ。
こうして本州四国連絡橋公団ができ、小島・坂出ルート(瀬戸大橋)と神戸・鳴門ルート、尾道・今治ルートが出来たが、
利用者はさっぱりで、累積赤字は4兆5千億円になった。その金利を払おうにも金融機関は金を貸してくれず、自治体から金を
貸してももらっているが、これが地方の財政を圧迫し、破綻させようとしている。
 こんなことが、何十年間も全国各地で行われ、私たちはこれからさらにその負債に苦しめられているわけだ。

203世界@名無史さん2011/05/30(月) 13:08:57.400
田中角栄は官僚をうまく使いこなしたと言うが、実力のおかげでも人徳のおかげでもない。
今に至る税金の無駄遣いを「田中角栄が」官僚の利権にしてあげたからに過ぎない。

官僚を腐敗させた張本人は田中角栄だ。

204世界@名無史さん2011/05/30(月) 13:14:58.260
「オカネ」の力で日本のほとんどすべてを腐敗させ堕落させたのが田中角栄。
そういう負の才能は認めざるをえないだろう。

205世界@名無史さん2011/05/30(月) 13:19:20.580
田中角栄は日本を発展させなかった。
高度成長で発展した成果つまり「他人のカネ」をばらまいて浪費しただけだ。

福祉元年で年金を将来につけ回したのも田中角栄だ。

206世界@名無史さん2011/05/30(月) 13:24:06.310
>>196
これを見ればわかるが田中角栄は「人様の金」を誰かにばらまいて甘やかすことしかしていない。

207世界@名無史さん2011/05/30(月) 13:27:31.200
>>48
>田中角栄の利権をばら撒く構造が官僚の天下り体質を生んだ

その通り。

208世界@名無史さん2011/05/30(月) 19:18:03.050
角栄政権のプラスのほうに眼を転じれば、首相在任中にやってのけた功績がふたつある。
日中国交回復と、ソ連共産党書記長ブレジネフに「日ソ間には北方領土という未解決の問題が存在する」と認めさせたことだ。
どちらも社会主義政権相手の仕事だった。

後に訪朝議員団団長として北朝鮮を訪問した金丸信が朝鮮労働党の国を挙げての「熱烈歓迎」に手も無く丸めこまれてしまったのも、
もともと国家社会主義者同士だったからだ。
さらに、「遅れてきた田中角栄」鈴木宗男があれだけロシアの官僚たちと肝胆相照らす仲になれたのも、
お互い国家社会主義者同士で話が通じやすかったからだ。

日本中に増殖した田中角栄とその亜流たちには、「人間は自由意志を持った動物だから、行きたいところへ行き、やりたいことをやり、
住みたいところに住む。それを統制でねじ曲げようとしたら、とんでもないロスが生じる」という経済学的発想はちんぷんかんぷんだった。
そんな「わけの分からない理屈」をこねる連中より、革命世代の中国共産党首脳陣、旧ソ連官僚、そして北朝鮮労働党の同志諸君のほうが、
はるかに気心が通じたはずだ。

209世界@名無史さん2011/05/30(月) 19:20:14.770
世界中にたったひとりだったかもしれないが、一九七二年という早い時期から田中角栄政権誕生の本質を
「革命家」による政権奪取と見抜いていた社会主義国指導者がいた。
彼は、岩波書店の総合誌『世界』に掲載されたインタビューで以下のように答えている。

<日本人民の闘争が強まったために佐藤反動政府は追い出され、田中政府がこれにかわりました。
これは日本人民の闘争の結果だといえます。われわれは日本人民の闘争を高く評価し、それを全面的に支持します>
(坪内祐三、『一九七二─「はじまりのおわり」と「おわりのはじまり」 』、二〇〇三年、文藝春秋刊より引用)

当時の北朝鮮国家元首、金日成だ。
まさに、「英雄、英雄を知る」と言うべき洞察力だ。

いや、近年出版された青木直人著『田中角栄と毛沢東─日中外交暗闘の30年』(二〇〇二年、講談社刊)を読むと、
毛沢東も田中角栄を「日本に革命を起こした同志」とみなしていたようだ。
歴史に残る毛沢東・田中角栄会談は茶飲み話ではなく、実務家同士らしく「米ソ覇権主義二大帝国に抗して、日中同盟を作ろう」という議論をしたらしい。
その後毛沢東は没し、田中角栄が言葉と知的能力の大半を失ってからも、中国は律儀に一線級の政府や共産党の要人を田中のもとに送りつづけた。
毛沢東が「田中角栄先生は革命運動における同志だ。決して礼を失することがないように」と遺訓を残したのだろう。

210世界@名無史さん2011/05/30(月) 19:22:44.380
田中角栄こそ日本における社会主義革命に成功した唯一の人物としてみる論こそ、今までになかった田中角栄論である。
なぜ、アメリカの共和党政権が田中角栄を失脚させたのかは、もっぱら独自のエネルギー戦略を展開したから
ロックフェラーの逆鱗に触れたという説が有力ですが、むしろ田中角栄が日本で社会主義革命を成功させたからだと言うほうが、説得力があると思う。

田中角栄が日中国交回復に成功したのも、彼の社会主義的な政策が、中国共産党の首脳達に共感を呼んだのだということも筋が通る。
ソ連のブレジネフ書記長との話し合いでも北方領土問題で前進が見られたのも、田中政権が一種の社会主義政権とみなしていたからだろうか。
彼が作った様々な弱者保護政策である大店法や農業保護政策も、グローバル化する世界とは逆の保護政策だ。

自民党内にこのような大派閥を形成できたのも、日本の農家などからの支持を集めたからであり、それが大都市を包囲して
一気に革命へ持ってゆく手法は毛沢東の革命戦術であり、だからこそ中国やソ連も日本こそ社会主義国家の仲間としてみる要素になったのだろう。
それに対して危機感を持ったからアメリカのキッシンジャーは角栄を失脚させたのだ。

211世界@名無史さん2011/05/30(月) 19:38:42.480

135 : 石綿金網(東京都):2010/01/17(日) 09:35:43.13 ID:V1spg1ox
この前仕事で知り合った中国人が
「一番尊敬する日本人は田中角栄先生です!(キリッ」
って言いながら、カバンから日本列島改造論を出してきたときにはビビった。
中国人の角栄好きは異常

212世界@名無史さん2011/05/30(月) 20:38:55.700
共産主義者、社会主義者に、田中角栄を賞賛させるつもりか?
もっと脱税王、税金泥棒としての田中角栄を、擁護し称えたらどうだ?

確実に呆れられるぞ。

213世界@名無史さん2011/05/30(月) 22:07:43.710
角栄信者が世の中に一定数いるらしいことは知ってるからさ、
信仰告白したいなら、真紀子に手紙でも書いてやればいいんじゃない?
「使用人」に取り立ててくれるかもしれないよ。

ここにおなじものを何度も貼るのはかんべん。

214世界@名無史さん2011/05/31(火) 00:25:05.480
>>210
>それに対して危機感を持ったからアメリカのキッシンジャーは角栄を失脚させたのだ。

いったい何から失脚させたんだ?

215世界@名無史さん2011/05/31(火) 00:31:24.930
>>210
>それに対して危機感を持ったからアメリカのキッシンジャーは角栄を失脚させたのだ。

いったい何から失脚させたと言いたいのだこいつは?

216世界@名無史さん2011/05/31(火) 00:41:10.550
「ロッキード事件は角栄をハメルための陰謀」の人なんだろ、
ほっとけ。

217世界@名無史さん2011/05/31(火) 15:12:40.820
日本が田中角栄のせいで没落したのは事実

218世界@名無史さん2011/06/04(土) 23:41:51.280
田中角栄って典型的なケインジアンじゃん
市場原理主義が崩壊した今求められるのはこういった型の政治家ではないだろうか

219世界@名無史さん2011/06/05(日) 07:31:42.360
市場原理主義の崩壊という認識が間違い。
この用語を使う人とは分かり合えない。

もし小泉進次郎がフリードマンの『資本主義と自由』を読んだら
http://ikedanobuo.livedoor.biz/archives/51500721.html

220世界@名無史さん2011/06/05(日) 07:38:39.480
地方の疲弊というものは存在しない。
自由に住むところを選び移動できる個人がいるだけだ。
移動できないとすればそれを邪魔している何者かが存在している。
例えば「売るに売れない持ち家」や「転職が難しい労働市場」と言ったものだ。
諸悪の根源は市場が機能していないこと。

「地域間格差」はもっと拡大すべきだ
http://agora-web.jp/archives/754164.html

221世界@名無史さん2011/06/05(日) 07:55:49.530
そして、持ち家持ち家と言って、人間を地方に縛り付けたのが田中角栄と言う事実。

222世界@名無史さん2011/06/05(日) 10:49:02.810

ケネディ暗殺事件でケネディ本人に疑惑

http://s1.shard.jp/deer/02/5/631.html

日本の陰謀のシナリオに基づいて事件を検証すると、

全く異なった側面が浮かび上がる。

223世界@名無史さん2011/06/05(日) 15:26:03.01O
角栄により日本の新自由主義化が遅れ政治の腐敗が進んだ
さらに角栄の申し子小沢により90年代以降の政治混迷がつくりだされた

224世界@名無史さん2011/06/05(日) 17:48:21.62O
>>218
マスコミの見出しを切り貼りしただけの、中身の無い主張だなあ。
しかも微妙に古いし。

225世界@名無史さん2011/06/05(日) 17:55:34.50O
>>221
マトモな人間が田舎を棄てて都会に出るのは、
田舎に人が居ないのが理由じゃなくて、
腐った人間がわんさか滞留してるのを嫌がってるんだよね。

田舎者を腐らせたのは、角榮とその後継者(小沢とか)たち。
お上に向かってあんぐり口を開けてるだけの雛鳥のような田舎者に
ヌルい仕事とゲンナマをばらまいた。
そんなぬるま湯にどっぷり浸かりきった世代が、
おこちゃまのまま地方の中核を担うべき年代に
到達してしまったのだからどうしようもならない。

226世界@名無史さん2011/06/05(日) 19:50:10.390
田舎者に権力をもたらしたのは、中世では軍事力だからまだ納得だが、
近年では議会制民主主義による悪平等の結果あってこそだ。

本来なら、田舎より都会の方が自由があり、かつ収入が多いから、
都会の方の権力が増大するはずなのだが、選挙の結果はそうではない。

田中角栄とその亜流が田舎者と提携しているのは、愚民主主義の結果だよ。

227世界@名無史さん2011/06/06(月) 00:01:37.110
自由主義と民主主義の違いって何?

228世界@名無史さん2011/06/06(月) 06:54:14.220
角栄は都市への人口移動という際手眼自然な減少を税金で人為的に止めた。
その結果が経済成長率の急低下であり、莫大な財政赤字。

今の問題はほとんどすべて田中角栄が独力で創りだした。
悪なる者の実行力。

229世界@名無史さん2011/06/06(月) 06:55:48.370
×際手眼自然な減少
○極めて自然な現象

過疎化は自然現象。
人がいなくなった土地は自然にお返しすべき。
暮らせないなら引っ越せというのは極論でも暴論でもない。

230世界@名無史さん2011/06/08(水) 06:55:33.910
経済的な効率性は生産要素の完全移動性を前提にしています。特に人的資源が自由にもっとも効率の高い職場に移ることが労働生産性を高める条件ですが、
これは人々の生活の安定を犠牲にし、地域の生活や文化を破壊することが多い。これが「地域格差」や「市場原理主義」などといわれる問題の一つでしょう。
これは本質的なトレードオフで、両方を満たす方法はありません。生産要素の移動を規制すると生産性が下がることは自明で、経済的には望ましくない。

しかし日本の高度成長を支えたのは、農家の次三男が一旗上げようとして地方から出てくる流動性でした。それによって彼らの故郷はさびれるが、
彼らはそれほど故郷のことを考えているわけではない。いやなら田舎を出て行けばいいのです。問題は年をとって田舎から動けない老人で、
こうした人々は社会保障によって救済するしかない。そこに工場を誘致して「全国を都市化」しようとした田中角栄以来の国土計画は、
日本の成長率を大幅に低下させました。

一般論としては、流動性は不安定性をもたらすことが多いでしょう。しかしそれが効率性とトレードオフになっているとすれば、
どちらを選ぶかは各人の選択です。少なくとも極端に硬直的で安定した人生しか許さない現在の日本は、バランスの取れた社会とはいえないし、
それを法的に補強する雇用規制などは、人々の選択の自由を奪っているのではないでしょうか。
http://magazine.livedoor.com/magazine/4

231世界@名無史さん2011/06/08(水) 10:27:47.630
田中角栄の罪は、都会から収奪し、田舎へ投資したこと、などではない。
そんなことは些末な問題だ。

本当の罪は、日本から収奪し、敵方へ資本を移動したことだろう。
資金は還ってこない上に、相手は有史以前からの敵対地域。
日本の金で敵を強化し、日本の弱体化も推し進めた。

「高度経済成長は復活できる」の筆者は、
敵が攻めてきたら?直ちに降参しろと宣うアホなので、

角栄とどちらがより愚か者か、悪人か競っているようである。

232世界@名無史さん2011/06/16(木) 14:54:17.310
政治的要因として、日本の経済成長を鈍化させたのは効果の薄い地方へのバラマキであり、財政を悪化させたのは過剰な高齢者福祉です。

前者を象徴するものが「日本列島改造論」であり、後者が「福祉元年」であったことを考えると、いずれも田中角栄の敷いた路線に行き着きます。

零細農家と土建業者、そして高齢者の得票を束ねた田舎選出の議員が、自民党内で安定した当選回数を保って年功人事で大臣の椅子に座り、
霞が関の役人と結託してまた地方への利益誘導をして政権維持を図る、そうしたことが長年続いてきました。

1票の格差がさらにそれを助長し、若年者と高齢者の投票率の格差が年金その他の世代間格差を助長してきました。

233世界@名無史さん2011/06/16(木) 14:55:29.420
古い自民党の「地方と老人の党」的な部分に対する、都市部の無党派層による反撃

234麻布第三連隊 ◆OEQQxZzzQU 2011/06/16(木) 16:39:57.830
上の方で誰かマネタリズムを弁護してたが、とんだお笑いだな。年次要望書による内政干渉や
90年代半ばのクリントン政権時代の元の対ドル切り下げが、今日の日本の苦境の主な原因じゃないか。
国産OSのトロンの導入時での理不尽な政治主導、自動車輸出自主規制等々、おのれがルールだと
言わんばかり。これのどこが、放任経済なんだ?実態はアメリカによる世界管理貿易じゃないか。
こんな「グローバル・スタンダード」を擁護する者は経済の弩素人だよ。

235麻布第三連隊 ◆OEQQxZzzQU 2011/06/16(木) 16:58:09.500
田中角栄氏は国家と民族への思い入れが希薄すぎた点において、保守政治家としては相応しくなかった。
彼がその全盛期の政治力をすべて国策至上主義の立場で蕩尽してくれておれば、今日の日本は、もっと
異なった姿になっていたであろう。共和政ローマのマリウスとスルラのよーな確執を福田赳夫氏との間で
繰り広げていたが、田中氏は、福田氏の本質を理解してやる心眼を遂に持てなかった。ライバルとして
もっと、分かり合うべき二人だった。それ一つをとっても田中氏は国家や民族よりも「私の立場」を
優先させる、器量の小さなドンだった。庶民的な性格は好感を持てるが、士道の心が薄かった。

236世界@名無史さん2011/06/16(木) 18:26:49.690
何が「士道の心」だw
ドン百姓の子孫の癖しやがってw

237世界@名無史さん2011/06/16(木) 18:30:44.700
田中角栄によるバラマキ政策→財政の悪化→将来世代の負担→日本の将来を奪う
(日本列島改造、福祉元年)

土地の高騰、人件費の高騰(狂乱物価)

一度上がると下げられない(地主、労組の圧力)

国際競争力の低下

日本の将来を奪う

238世界@名無史さん2011/06/16(木) 18:33:25.730
土地は下がったじゃないかと思うかも知れないがそれが洗脳。日本の土地はまだまだ高い。高すぎる。
地価を上げなければ景気が回復しないと地主とその代理人が政策を歪めて下落を食い止めてこの程度で済んでるのだ。

239世界@名無史さん2011/06/16(木) 20:45:17.970
>>234
第二次世界大戦は、閉鎖的なブロック経済と他のブロック経済の合従連衡、
他のブロックの破壊と乗っ取りだよ。
第二次世界大戦以後、閉鎖的な英ポンド・ブロック経済や閉鎖的な仏フラン・ブロック経済は、
より閉鎖的傾向のあった、米ドル・ブロック経済に乗っ取られ、マルクや円の経済圏は吸収合併された。

ロシアのルーブルは、独自の道を歩んで、東側とか共産圏と称していたが?
米ドルに敗れて膝を屈したので、閉鎖的な米ドル・ブロック経済への参加を、許されるようになった。
冷戦も終わったが、一時的に経済は破滅した。
(ロシアが全面崩壊しなかったのは、石油が自給自足ができ、輸出によるドルとの交換も可能だったから)

北米、そして後には中南米が、米ドル・ブロック経済の範囲だったが、
原油取引の決済が、ほぼドル一本となったことで、世界経済での勝利が決まった。

240世界@名無史さん2011/06/16(木) 20:45:52.540
>>234
相変わらず狭量で閉鎖的な米ドル・ブロック経済も、ここまで大きくなると?
ブロック経済であることを忘れて、世界経済だと勘違いしてしまって居る者も現れる。

だから日本に対する、アメリカの様々な干渉は、容易に撥ね除けることが出来る。
それは米ドル・ブロック経済からの脱退である。

しかしそれは事実上、世界経済からの退場であり、
(世界経済≠米ドル・ブロック経済だし、世界≫米ドル・ブロックではあるが)
明日の米の心配をしなければ(石油)、生きていけなくなるほど、日本は落ちぶれてしまうだろう。

241世界@名無史さん2011/06/16(木) 21:41:42.620
んー、田中派の覇権は端に彼ら自身の問題だけじゃなくて、
当時の冷戦の状況や国内情勢も加味しないと正確に把握できないだろう

自由主義派や保守派は単独で政権を維持できるほど勢力基盤が強くはなかった
金で農家を取り込んだ田中派がいなければ、社会党や共産党がもっと強化されてたし、自民党単独政権は続かなかった

個人的には正直大っ嫌いだけどね。でもだからと言って当時の状況加味しないのはフェアではない

242世界@名無史さん2011/06/16(木) 22:01:27.590
革新自治体に対抗してばらまいたのは確かだろうね。
その結果日本では右も左もバラマキバカだらけになってこの惨状があるわけだけど。

243世界@名無史さん2011/06/16(木) 22:42:59.510
累積赤字国債を、自民が悪かった、
で片付けちゃうのはおかしいはずなんだよな。
野党はここが足りない、もっともっと、ここにマケと言い続けてた訳だろ?
そりゃ、「防衛費削れ」は言ったんだろうけどさ。
防衛庁(省)の予算規模なんて、厚生に較べりゃハナクソだろ。

右も左も、与党も野党も「もっと撒け」だったんでしょ?

244世界@名無史さん2011/06/16(木) 22:57:35.520
最終的には左翼も角栄も日本人が選んだということになってしまって、どうしようもない。
(他人の)オカネの力はすごい。

245世界@名無史さん2011/06/16(木) 22:58:34.290
政治という営みそのものが根本欠陥だとしか思えないな。

246世界@名無史さん2011/06/16(木) 23:08:37.250
>>245
> 政治という営みそのものが根本欠陥だとしか思えないな。

うん、おれもそういう気分になることはある。
でもさ、まともな選挙がない、報道の自由もない、そういう国に住みたい?
そういう国って現状どうなん?
もっと、うまい制度ってどんなの?
とか考えちゃうとね、なかなか思いつかないのよ。


義務教育レベルの資格試験を経て登録、
登録者から抽選し、数箇年の教育・研修(バイアス掛かり過ぎないように検証は必要)、
任期は、まあ、何年くらいが適当なんだろうなあ……。
国会議員の全部とは言わないが、
一部はこういう方法で決めてもいいんじゃないかと夢想してる。

247世界@名無史さん2011/06/16(木) 23:16:05.560
いや、むしろ逆でしょ。人間が持ってる根本的欠陥を認めるところから政治がスタートする
でないと、観照的生活に逃げ込むことになる

筋の通しきることはできない、
かといって筋を完全に無視することもできないという中でのせめぎ合いだから

248世界@名無史さん2011/06/16(木) 23:17:55.160
結局政治って人の持ってるものをぶんどってコネのある人間にばらまくものでしょ。
政治の仕事を無くして市場に任せるのが正義だという確信にたどり着いた。

249世界@名無史さん2011/06/16(木) 23:28:19.910
>>248
や、待ってくれ、
政治がなくなって、市場のみ残ってるって、どういう世界になるの?

オレは官僚もコッパ役人も嫌いだけど、
税金でやらなきゃしようがない分野、あるんじゃないか?

250世界@名無史さん2011/06/16(木) 23:33:01.36O
今こそ日本のガラガラポンが必要だ。
日本国の足を引っ張る駄日糞人から国籍と人権を剥奪し、
彼らには黄泉の国のイザナミにお世話になってもらおう。
代わりに有能な外国人を多数登用して新日本国を建国しよう

251世界@名無史さん2011/06/16(木) 23:38:54.370
>>250
> 国籍と人権を剥奪
あんたが、法学部出身でないことに、一万円までなら賭ける。

252世界@名無史さん2011/06/17(金) 04:17:42.400
なんでこんなスレが世界史板にあるのやら…w

253世界@名無史さん2011/06/17(金) 06:57:04.080
【吉田ドクトリン】日本をこんな国にしたのは吉田茂
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/kokusai/1285679483/

254麻布第三連隊 ◆OEQQxZzzQU 2011/06/17(金) 11:39:06.070
おお!このスレ元気いいね。実は、昨日、普段、常駐の「国際情勢板」からこの板に出張して来て、
かなり書き込んだんだよ。で、いかにも板違いなこのスレタイに惹かれて覗いてみたんだが・・・・・・
>>239-240
レス、ありがとう。そうだよね。アメリカのアメリカによるアメリカの為の私物化された
”ボーダ・レス・ワールド”だよね。90年代、これを礼賛し続けた経済評論家どもは切腹してほしい。

255世界@名無史さん2011/06/17(金) 13:02:09.02O
>>253
どうして反米主義者が我が国の舵をとるととち狂うのかがわかるな。

256麻布第三連隊 ◆OEQQxZzzQU 2011/06/17(金) 14:06:12.050
たしか、1982年の10月だった。角福10年戦争の最後のクライマックスだ。田中派の謀将、田村元が
非主流派の総帥、福田赳夫氏を説得し続けている、その部屋のドアの外側の廊下をNHKが深夜、延々4〜5時間、
映してたね。赤い絨毯だけが、写真のよーに映し出され、テロップが、時々、流れる放送だった。おれは、
その映像をずーーっと見続けていたよ。で、結局は、角栄氏の横やりによって、田村元の仲裁は失敗。
疲労困憊した表情の福田氏の直後の記者会見が印象的だった。

257麻布第三連隊 ◆OEQQxZzzQU 2011/06/17(金) 14:18:37.830
福田氏の記者会見はこんな感じ。
「この度の総裁選に関し、中曽根君の対立候補として立つ予定の、私の影響下の
三人の候補予定者に対し、今夜の田村君との会談結果如何によっては、話し合いで
決着がつくかも知れないので、立候補については自分に一任してくれるように
了解をとり、今夜の会談に臨んだが、結局は中曽根君の考えは変わらなかったので、
決裂となり、総裁選が実施される事になりました・・・・・・云々」

258麻布第三連隊 ◆OEQQxZzzQU 2011/06/17(金) 14:30:55.200
その三人とは、安倍晋太郎、河本敏夫、中川一郎。当時は推薦人が50名の時代で
立候補できるのは、派閥のドンクラスの大物だけ。福田氏が記者会見で三人の派閥の
ドンたちを私の影響下の政治家とさらりと言ってのける姿とその福田氏常に総裁選挙で
負かし続ける田中氏の死闘は、延々10年続き、それは日本政治にとって不毛な結果しか
生まなかった、とおれは思う。何故、年齢の上である福田氏を立てる事が出来なかったのか?
福田氏は昭和天皇の信任の篤い政治家だった。その事の深い意味を考慮できなかったのか、角さんは、
と、おれは今でも残念だよ。

259麻布第三連隊 ◆OEQQxZzzQU 2011/06/17(金) 15:06:51.880
「清和会」の真の由来だがね、「清」は、岸信介氏の戦前の金城湯池であった満州の愛新覚羅氏の王朝屋号「清」。清和の
「和」は、日本を意味する。つまり、五族協和、八紘一宇の日満連合の青写真を書き、実質、運営の任に当たっていた、
岸信介氏が自分の戦後の第二の人生の派閥名に自分を行政官として、政治家として飛躍させた満州の地を記念してつけた
ネーミングが清和なのだ。これはどこにもソースはないよ。だって、おれの推理だからね。田中の角さんは、この恐るべき
帝国主義的官僚政治家である岸信介氏に刃向い、敵対し、半ば、それに成功したんだな。しかし、失ったものも大きかった訳だ。

260世界@名無史さん2011/06/17(金) 21:20:13.530
1979年、派閥争いが勢いを増す時代に、創設者福田赳夫元首相が
「政清人和(まつりごと清ければ人おのずから和す)」、清廉な政治は人民を穏やかにするという意味を込め「清和会」と命名した。
http://www.seiwaken.jp/seiwaken/seiwaken.html

出典は、東晋の元帝が詔で諸葛恢の統治を「政清人和(清廉な政治で自ずから人民を穏やかにした)」と称賛した故事による(『晋書』諸葛恢伝)。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B8%85%E5%92%8C%E6%94%BF%E7%AD%96%E7%A0%94%E7%A9%B6%E4%BC%9A#.E7.B5.90.E6.88.90.EF.BD.9E.E7.A6.8F.E7.94.B0.E8.B5.B3.E5.A4.AB.E6.99.82.E4.BB.A3

261麻布第三連隊 ◆OEQQxZzzQU 2011/06/18(土) 15:08:52.130
うむ。>>259の下から2行目、
>これはどこにもソースはないよ。だって、おれの推理だからね
と書いてるだろ?そのセンテンスの「これは」とは、おれの推測部分のみを指しているんだ。
だから、表向き出回っている、”公式な命名の理由”は、当然「これは」に含まれていないんで、
おれもそっちの理由は、聞きかじってたんだが、岸氏が亡くなる一年前だからね、61年は。愛弟子である
福田氏の真意は?つー推測をカキコしたんだよ。分かりづらいカキコで申し訳ありません。

262麻布第三連隊 ◆OEQQxZzzQU 2011/06/18(土) 15:21:45.050
あ、↑レスは、勿論、>>260さん宛てだよ。

岸信介氏を調べていると興味尽きないね。岸氏は満州の妖怪と呼ばれている。福田さんは、
支那沿岸部の汪兆銘南京政権の政治顧問だった。本国から派遣され、外地で行政のグランドデザインを描く、
つー点では二人は同じ体験をしているんだよね。田中の角さんは、こんな二人に喧嘩を売ったんだが、
やっぱり、相手が悪かった、と思うよ。

263世界@名無史さん2011/06/25(土) 03:14:08.420
日本の労働力のコストが高いのは基本的に土地価格のせいである。
住宅ローンの過重な負担があるからだ。日本の物価が高いのは、土地賃料のチャージだけでなく、
土地価格の高負担を抱えた労働賃金のせいであり、そして不当に高額な公共料金と法外な税金のせいである。
日本の高コスト体質は土地問題そのものなのだ。
コストが高いのは土地のせいである。
土地に対して労働者が無理に負担させられる部分(不等価交換)があり、それが一部は
保有資産の含み価値に化けて企業経営を潤し(それはまだ資本主義の枠内の話で労働者にも還元がある)、
一部は土地を転売する不労所得者の手に入って浪費され、それが構造化されて資本が循環し、
日本の経営と行政の不問不動の前提条件となっているから、
日本の労賃は高く、物価は高く、高コスト体質は已まないのである。
一般国民である日本の労働者は資本家によって搾取されてきたのではなく、
土地を保有転売するブローカーによって収奪されてきたのだ。
土地問題さえなければ、日本の物価は安く、労賃も安く、日本の国際競争力もこれほど弱くなることはなかった。

264世界@名無史さん2011/06/25(土) 08:11:17.960
>>263
単純に、日本の労働力のコストが高いのは為替の問題。
継続的に通貨発行量を多くしてインフレ誘導すれば解決する問題だ。

265世界@名無史さん2011/06/26(日) 09:27:43.150
>>241
田中角栄は、学生運動から連合赤軍に至る左翼の要求を「公共事業と福祉のバラマキ」というカネの力で実現したんだよね。
左翼を黙らせたのは角栄の利権社会主義だった。決して保守ではない。
自民党が本当の保守のままで一回負けておいたほうが良かったのか、角栄の利権社会主義で勝ち続けたのが良かったのか。
それはわからない。

266世界@名無史さん2011/06/26(日) 14:21:37.140
>>265
>左翼を黙らせたのは角栄の利権社会主義だった

左翼を黙らせたのは、輸出拡大による高度成長によって労働者の所得が急増したから。

角栄は高度成長の最中に公共事業拡大やったから、オイルショックで日本経済が折れかけた。
オイルショック後にやってれば、まだ良かったんだが。。

佐藤の次に福田が総理やって、次に角栄やってれば丁度良かったんだが。
佐藤が総理を引っ張りすぎた。

角栄の利権主義は「左翼の利権集団化」という大きな副作用も日本にもたらして
日本を苦しめ続けている

267世界@名無史さん2011/06/29(水) 03:04:21.190
ふつう公共事業やるよりやらん方が景気に悪影響があると思うが?
やってなかったらもっと折れたんじゃないの?

2682672011/06/29(水) 03:18:07.500
ごめん、上の取り消し

269世界@名無史さん2011/07/02(土) 05:30:45.010
>>1
中国に対するODAを批判する奴がいるけど結局日本国民の代表である田中角栄が決めたんだよ。
田中角栄を否定するかと思えばそういうのに限って「今の政治家と違って田中角栄は立派だった」とか言い出す懐古趣味の馬鹿だったりする。

270世界@名無史さん2011/07/02(土) 05:39:50.200
「田中角栄はよかったがその後の馬鹿が台無しにした」という言い訳はよく聞くが田中角栄に良かったところなど何もない。
貧乏から成り上がったからなんだというのだ?

271世界@名無史さん2011/07/02(土) 18:17:57.84O
日本の没落の原因は中曽根康弘である。

272世界@名無史さん2011/07/02(土) 22:08:57.880
田中曽根内閣なんて揶揄されたもんだ。

273世界@名無史さん2011/07/05(火) 17:43:53.450
田中角栄の主要な大罪リスト

 1 老人医療費無料化というバラマキ

 2 年金支給額の大幅アップ(二倍以上)

 3 公立学校教員の給料を大幅アップ

 4 私学助成金という、憲法違反のバラマキ

 5 過剰な公共事業を通じてのバラマキ(均衡ある国土の発展という妄想) 

 6 中国共産党独裁政権(周恩来)との国交回復(チベットやウイグルでの中共の蛮行は無視)

 7 シベリアへ開発への資金援助(北方領土問題もシベリア強制連行の補償などは棚上げ)

 8 利権・金権による大派閥を率いる政治。国会からマトモなディベートがなくなってしまった。

 9 中国に土下座外交をする、竹下登、小沢一郎、岡田克也などの弟子を輩出したこと。

 10 日本に蔓延する拝金主義の元凶。財界トップすらも、目先の商売のみを優先し、総理祭神は靖国参拝をするななどと言い出す始末である。

 

 たしかに、恵まれない生い立ちから、総理大臣にまで出世したのはすごいことであるが、それだけの話である。

 彼が、日本の国益を棄損したことは甚だしい。

 大盤振る舞いのバラマキ政策が、現在の財政赤字に直結している。

274世界@名無史さん2011/07/05(火) 18:33:57.630
まあ〜この〜

275世界@名無史さん2011/07/06(水) 11:25:04.24O
角榮を知らずに僕らは育ってニートになった。

276世界@名無史さん2011/07/07(木) 00:31:35.29O
所得倍増してリスクはその二乗に比例したな。

277世界@名無史さん2011/07/07(木) 00:34:48.410
やっぱプラザ合意だろう、躓きの一番最初は

278世界@名無史さん2011/07/07(木) 01:18:43.910
>>1みたいなイミフのヴァカが日本没落の原因だろうな。

279世界@名無史さん2011/07/07(木) 12:29:43.08O
系閥も学閥も持たない田中さんとなれば、金を武器にするのもある意味仕方がない面もあったが、しかし、金だけでどうにかしようとしていたわけじゃなし、まして、いつまでも金を武器にするつもりもなかっただろう。

ただ、裁判所に睨みを効かすためか、派閥膨張政策をとり、外様議員を積極的に大臣にし、古参の金丸、梶山、橋本、小沢らの鬱積を軽視したのは失敗だった

280世界@名無史さん2011/07/09(土) 23:08:22.430
あのまま、工業規制を進めず、高度成長を続けたら、シンガポールみたいな、農村の後背地を持たない、都市工業国家に行き着いたとは思う。

281二階堂進2011/07/13(水) 14:20:01.12O
人生の趣味も目的も、携帯の待ち受け画面も、すべて田中角榮

282世界@名無史さん2011/07/16(土) 04:54:00.230
70歳以上の老人医療無料化、厚生年金の給付額を一気に2.5倍も引き上げて「5万円年金」の実現、
被扶養者家族の医療費の保険給付を50%から70%に引き上げ、などを実施した。
1973年の「福祉元年」は、小学校卒の成り上がり首相の田中角栄の「犯罪」だったと言えよう。
http://blogs.yahoo.co.jp/zodiac12scorpio8/34524783.html

283世界@名無史さん2011/07/17(日) 21:57:06.020
田中角栄は官僚をうまく使いこなしたと言うが、実力のおかげでも人徳のおかげでもない。

今に至る税金の無駄遣いを「田中角栄が」官僚の利権にしてあげたからに過ぎない。

284世界@名無史さん2011/07/17(日) 21:58:01.070
経世会は売国奴が多い
清和会の比じゃ無い

285世界@名無史さん2011/07/17(日) 22:03:08.470
郵政官僚の電波利権も角栄
文部官僚の私学利権も角栄

天下り、官僚の利権は田中角栄が作った。

286世界@名無史さん2011/07/17(日) 22:17:29.720
いま見てもバカなことしかやってない。
自民党にいなかったら社会主義。

私学助成→憲法違反のバラマキ
老人医療費の無料化→年寄り向けのバラマキ
国民年金→2.5倍に引き上げ
人材確保法→公立教員の給与25%引き上げ

287世界@名無史さん2011/07/17(日) 22:21:39.410
>>284
田中角栄の登場は佐藤派が左翼に乗っ取られたってことなんだよ。

中共との国交も社会主義バラマキへの反対は全部カネの力で抑えこまれた。

そういう意味では清和会は情けない。

288世界@名無史さん2011/07/17(日) 22:26:19.320
私利私欲のために中共と国交を結んだのだから正真正銘の売国奴だよ。

289世界@名無史さん2011/07/17(日) 22:29:47.010
田中角栄に始まり、小沢一郎で完了する
田中角栄を擁護する者は、角栄は良かった後継者が駄目だったという。
本当にそうか?
違うだろ。

290世界@名無史さん2011/07/18(月) 10:06:53.03O
>>285
電波利権も

291世界@名無史さん2011/07/19(火) 00:14:50.930
経済成長まっただなかだったから
バラマキでもよかったんだろうけどな

292世界@名無史さん2011/07/25(月) 00:18:30.950
>>93
その放漫財政の引き金を引いたのが田中角栄
彼は利権をバラまき続けた
官僚の天下りなども角栄の時代から

293世界@名無史さん2011/08/31(水) 12:06:25.640
東郷平八郎が日本海海戦の英雄であるのと同時にその後の海軍の悪弊を作り上げた
元凶であるのと同様だよ
高度経済成長の立役者であるのと同時に、その後の混乱と腐敗の温床を生んだ元凶
功罪ともにあり、どちらか一つだけを奉ったり論ったりするのはただのバカだ

294世界@名無史さん2011/09/01(木) 17:33:20.510
功をも台無しにする罪と、罪を補って余りある功は違うと思うが

295世界@名無史さん2011/09/02(金) 14:14:56.270
>>293
金で権力を掴む
院政を敷く

この点だけでも酷い罪
小沢に引き継がれているが

296世界@名無史さん2011/09/02(金) 17:51:48.750
>>295
上はまったく悪いとは思わんけどな
実力があるなら、と限定されるけど

297世界@名無史さん2011/09/03(土) 01:07:01.540
>>296
金で権力買うのがOKとかどこの発展途上国だよw

298世界@名無史さん2011/09/03(土) 01:30:43.230
で、日本列島改造して何がしたかったんだい?
初めに国家ありき、ではなく、国民ありき、でも
なさそうだ。初めに政治力学ありき、だったよね。

299世界@名無史さん2011/09/03(土) 02:12:37.570
ミニ角栄と呼ばれた小沢も選挙と金にしか興味なさそうだね。

300世界@名無史さん2011/09/03(土) 12:49:54.460
>>297
金で権力買わない無能よりはマシ

301世界@名無史さん2011/09/03(土) 12:51:57.600






【サッカー】W杯アジア3次予選 日本、北朝鮮に劇的勝利! 清武とハーフナー投入、押して押して…最後は吉田麻也!★13



http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1315011256/






302 [―{}@{}@{}-] 世界@名無史さん2011/09/03(土) 13:20:05.39P
「田中角栄の日中国交正常化は間違いだった」
と正式に認めない限り自民党は政権に返り咲くべきではない

303世界@名無史さん2011/09/03(土) 13:22:30.960
角栄擁護じゃないけど
当時はアメリカもトチ来るって、伝統的に親中の民主党のみならず共和党政権までが
民国から中共への鞍替えをはかったわけだから
アメリカの子分の日本がいつまでもそれに逆らっていられたとは思えんがな

304世界@名無史さん2011/09/03(土) 13:27:49.380
SAPIOって右雑誌で田中角栄なら震災をこうやったみたいな記事有って
あぁ今の日本って雑誌界でもこう言うことなってんのかって思った

305 [―{}@{}@{}-] 世界@名無史さん2011/09/03(土) 14:30:21.79P
>>303
まずアメリカ頭越しというのが最悪
少なくとも米中国交回復後に交渉を開始すべき
そうして何だかんだと先延ばしにしていれば天安門事件
事件への制裁を口実に交渉を凍結できた
その後に日中交渉の機会がそうそう巡ってくるとも考えにくい
角栄さえ居なければ今でも民国と国交を持っていて日本は今よりずっと良い国だった

306世界@名無史さん2011/09/03(土) 19:25:37.160
>>305
>そうして何だかんだと先延ばしにしていれば天安門事件

10年以上先延ばしって無理だろw

307世界@名無史さん2011/09/04(日) 01:22:17.550
>>293
東郷って救国の英雄と末永くたたえられはするものの、
日露戦争後、少なくとも一次大戦後の実戦ということでは、
既に海軍に相手にされていなかったが

308世界@名無史さん2011/09/04(日) 01:38:25.220
戦間期の条約派と艦隊派の対立で艦隊派に祭り上げられただろ

309世界@名無史さん2011/09/05(月) 09:04:49.070
金で権力を買うのはOKだろう。
資本主義社会での、金を稼げるかそうでないかは、人物の評価に直結するのだから。
金を稼げる、適切にばらまける人物は偉いのである。

ただ田中角栄が問題なのは、その金が違法な金だったことだ。
賄賂だったからでも無い。脱税で得た資金、また外国の工作資金で有り、
売国奴だったからである。

一国の宰相を目指す者が、違法行為を行い、脱税し、売国奴では、
部下に示しが付かないし、国民の規範も崩壊する。

こいつは病死したが、本来なら獄門に懸け、一族郎党悉く斬首が当然だ。

>>305
田中角栄は支那が育て上げた工作員、草なのだから、こっそり始末しておく人物だった。
権力を握れば、どんな政治情勢だろうと、支那と結んだだろう。

310世界@名無史さん2011/09/06(火) 17:13:00.250
>>309
違法な金じゃなくても公職選挙法でも買収が禁じられてるのは知ってるだろ

つまりそういうことだ
国会内なら買収OKはおかしいだろ

311世界@名無史さん2011/09/07(水) 11:57:52.040
法律的な善悪と
政治的な善悪は分けて考えろよ

312世界@名無史さん2011/09/10(土) 02:36:36.890
政治的にも悪だよ。
民主主義を阻害する。

313世界@名無史さん2011/09/10(土) 21:34:49.830
>>8 日本を豊かにしたのは
粘りの根性と器用さで勝ち取った
世界には真似できなかった物づくり

こやつはその豊かな税金のばらまき方やろ

314世界@名無史さん2011/09/12(月) 00:42:52.170
角栄には幻滅した
ソースが野中だから信憑性に疑問は残るが、
創政会旗揚げの際、角栄の部屋に挨拶しに行った梶山や野中達に、
引き出しの中の箱(無論札束が詰まってる)を指して好きなだけ持っていっていいんだよと言ったそうだ
最後の最後まで金に縋りついてさもし過ぎるだろ

315世界@名無史さん2011/09/13(火) 05:19:18.380
金への執着心は凄かったらしいよ。

316世界@名無史さん2011/09/14(水) 01:25:34.510
これから欧米も「相対的に」没落しそうだなあ。

317世界@名無史さん2011/09/18(日) 01:13:46.500
上杉謙信と山本五十六は美少女化が済んだので
残る新潟県出身偉人は田中角栄だな
アリスソフトは田中角栄の美少女をきちんと描けよ

318世界@名無史さん2011/09/18(日) 13:54:40.500
謙信の場合真偽はともかく本人の女性説があるからちょっと違うと思うw

319世界@名無史さん2011/09/19(月) 11:10:17.230
前島密や小林虎三郎もまだだな

320世界@名無史さん2011/10/01(土) 16:34:39.820
保守政治の目標は「打倒!田中角栄」である

日本が非効率な社会主義国家になってしまったのは、もちろんさまざまな原因があるでしょう。
しかし、今抱えている沢山の問題を遡ると、ほとんどが田中角栄に行き当たります。
http://blog.livedoor.jp/furusatochan/archives/2836717.html
http://blog.livedoor.jp/furusatochan/archives/2837420.html
http://blog.livedoor.jp/furusatochan/archives/2844014.html

321世界@名無史さん2011/10/03(月) 07:11:52.450
見せかけの権力者だった「田中角栄」

http://2nd.geocities.jp/jmpx759/0203/36/245_1.html

日本の政治家の多くを見ればわかるとおり、「操り人形」だ。

( http://park.geocities.jp/jpcdebate/0203/p033.html )

322世界@名無史さん2011/10/03(月) 19:10:18.960
東西冷戦下の田中治世は社会主義陣営www

323世界@名無史さん2011/10/03(月) 20:36:13.630
世界中にたったひとりだったかもしれないが、一九七二年という早い時期から田中角栄政権誕生の本質を
「革命家」による政権奪取と見抜いていた社会主義国指導者がいた。
彼は、岩波書店の総合誌『世界』に掲載されたインタビューで以下のように答えている。

<日本人民の闘争が強まったために佐藤反動政府は追い出され、田中政府がこれにかわりました。
これは日本人民の闘争の結果だといえます。われわれは日本人民の闘争を高く評価し、それを全面的に支持します>
(坪内祐三、『一九七二─「はじまりのおわり」と「おわりのはじまり」 』、二〇〇三年、文藝春秋刊より引用)

当時の北朝鮮国家元首、金日成だ。
まさに、「英雄、英雄を知る」と言うべき洞察力だ。

いや、近年出版された青木直人著『田中角栄と毛沢東─日中外交暗闘の30年』(二〇〇二年、講談社刊)を読むと、
毛沢東も田中角栄を「日本に革命を起こした同志」とみなしていたようだ。
歴史に残る毛沢東・田中角栄会談は茶飲み話ではなく、実務家同士らしく「米ソ覇権主義二大帝国に抗して、日中同盟を作ろう」という議論をしたらしい。
その後毛沢東は没し、田中角栄が言葉と知的能力の大半を失ってからも、中国は律儀に一線級の政府や共産党の要人を田中のもとに送りつづけた。
毛沢東が「田中角栄先生は革命運動における同志だ。決して礼を失することがないように」と遺訓を残したのだろう。

324世界@名無史さん2011/10/14(金) 00:23:30.400
佐藤昭子の娘・敦子は角栄の子じゃないんだろ?

325世界@名無史さん2011/10/15(土) 10:53:16.98O
紳助の楽屋エピソードを見たとき、角榮の目白の陳情行列を思い出したのは俺だけか。

326世界@名無史さん2011/10/15(土) 19:23:26.380
日本の格差を生んだ本当の犯人は誰か

327世界@名無史さん2011/10/16(日) 03:23:08.430
>>326
格差が無いままの状態で社会が成り立つとは思えないな。
総中流社会って高度経済成長をしてたからできたことだよ。

328世界@名無史さん2011/10/16(日) 14:09:24.130
「日本は、第二次大戦中から(あるいは、戦争直後から)世界でいちばんうまくいった社会主義国家だった」という通説を、
あまりにも安易に受け入れてしまっている人が多い。
しかし、考えてもいただきたい。
世界経済史上ほかには例を見ないほどの高い成長率が持続したあの戦後復興から高度成長期までの輝かしい時代が、
本当に「社会主義的な統制経済」で達成できたものなのだろうか?
「自由競争にもとづく市場経済より統制経済のほうがうまくいく」という思想の破綻は、世界中でいやというほど実証されている。
なぜ、戦後日本だけが、例外的に社会主義経済でうまくいったというのだろうか?

「先進諸国に対するキャッチアップには統制経済が向いている」という主張には何の根拠もない。
世界中の社会主義革命は中進国、後進国で起きており、社会主義政権は例外なく先進国に対するキャッチアップ政策を掲げた。
しかし、統制経済のままでキャッチアップに成功した国はない。
頑固に統制経済を維持した国は、体制そのものが転覆して市場経済に戻ったか、
北朝鮮のように国民に食うや食わずの生活をさせながら慢性的戦争プロパガンダでかろうじて政権を保っているかのどちらかだ。
中国のように徐々に自由競争の市場経済を導入して統制色を弱めた国だけが、
まがりなりにも「社会主義政権」のたてまえを守りながら経済成長を達成している。
「キャッチアップなら社会主義的な統制経済のほうがうまくいく」なんて実例は、世界中探しても見当たらない。

朝鮮戦争特需やアメリカの占領政策に高度成長の原因を求めるに至っては、
「日本人はどうせだめな民族なんだから、自分たちの努力だけで立派なことができたわけがない。
だから、高度成長もだれかの振り付け通りに踊っていたから達成できたのだ」という、
とんでもない欧米崇拝志向以外には根拠を持たない発想だ。
特需や資金援助で経済が発展するものなら、ウルグアイ・ラウンド以後の日本農業は世界の最先端を行く
高収益産業になっているはずだ。
アメリカの占領政策や経済政策への干渉・介入で高度成長ができるものなら、
フィリピンやメキシコはとっくの昔に世界の先進国の仲間入りをしていたはずだ。

329世界@名無史さん2011/10/16(日) 14:10:57.270
戦後の日本経済は、世界中でもめずらしいくらい階級とか身分とか人種とかの差別の少ない社会で、
しかもみんなが自由に自分にとって何がいちばんいいかを判断して行動できる、自由競争の市場経済の理想型に近い社会だった。
欧米諸国の租税負担が軒並み国内総生産の三〇〜四〇パーセントを占めていた中で、日本の租税負担は二〇パーセント台の前半ですんでいた。
だからこそ、民間企業が自由な競争の中で大胆な設備投資をする資金的余裕があり、一貫して高い民間設備投資が高度成長経済を実現したのだ。

330世界@名無史さん2011/10/16(日) 17:24:09.260
>>329
>戦後の日本経済は、世界中でもめずらしいくらい階級とか身分とか人種とかの差別の少ない社会で、

GHQの占領政策が正しかった証拠だ。

331世界@名無史さん2011/10/16(日) 17:54:26.170
確かに財閥家族とか寄生地主とか華族制度とか、そういうのがなくなったのはGHQのおかげ。
でも、新興成金や世襲政治家がその座に取って代わったけどね。

332世界@名無史さん2011/10/16(日) 21:35:59.360
タコ部屋労働の廃止もGHQの命令によるもの。

333世界@名無史さん2011/10/16(日) 22:09:19.98O
左翼は政治活動で何一つ成し遂げた物はないんだな。
全部GHQがやっちまったしな。

まあ農地解放は失敗だったけど。

334世界@名無史さん2011/10/17(月) 00:45:26.710
尖閣諸島問題を将来に先延ばしした田中角栄の罪は重い。

335世界@名無史さん2011/10/17(月) 00:49:43.900
田中角栄の主要な大罪リスト

 1 老人医療費無料化というバラマキ
 2 年金支給額の大幅アップ(二倍以上)
 3 公立学校教員の給料を大幅アップ
 4 私学助成金という、憲法違反のバラマキ
 5 過剰な公共事業を通じてのバラマキ(均衡ある国土の発展という妄想) 
 6 中国共産党独裁政権(周恩来)との国交回復(チベットやウイグルでの中共の蛮行は無視)
 7 シベリアへ開発への資金援助(北方領土問題もシベリア強制連行の補償などは棚上げ)
 8 利権・金権による大派閥を率いる政治。国会からマトモなディベートがなくなってしまった。
 9 中国に土下座外交をする、竹下登、小沢一郎、岡田克也などの弟子を輩出したこと。
 10 日本に蔓延する拝金主義の元凶。財界トップすらも、目先の商売のみを優先し、総理祭神は靖国参拝をするななどと言い出す始末である。
 
 たしかに、恵まれない生い立ちから、総理大臣にまで出世したのはすごいことであるが、それだけの話である。
 彼が、日本の国益を棄損したことは甚だしい。
 大盤振る舞いのバラマキ政策が、現在の財政赤字に直結している。

336世界@名無史さん2011/10/17(月) 03:38:09.910
>>335
うわ、私学助成金までやったのか

337世界@名無史さん2011/10/17(月) 22:53:38.100
>>336
私学助成は文科省の利権。
税金による私学助成で私立学校を堕落させながら天下りを入れる。
テレビ局の電波利権も田中角栄。
調べていくと日本を腐敗させたのが角栄だと分かる。


角栄が官僚を使いこなしたと懐古する馬鹿がいるが
税金を官僚に分け与えて買収しただけの話。

338世界@名無史さん2011/10/18(火) 15:14:09.930
>>335
なんかほとんど結果論的な話だな

339世界@名無史さん2011/10/18(火) 19:36:03.30O
田中角榮の信者って、最近の政治家だと小沢とか小渕を支持してそうだな。
将来世代にツケを負わせて、自分のポケットにゲンナマをねじこんでくれるから。

340世界@名無史さん2011/10/18(火) 19:39:21.69O
>>331
そりゃGHQが一生面倒看続けてくれるわけじゃないし、
日本人が自立して己の意思で社会を形成していけば、いずれそうなるわな。

341世界@名無史さん2011/10/19(水) 21:35:40.100
GHQは必要条件だったかもしれないが、少なくとも十分条件ではない。
たった6年ほどの支配で何が変わる?隣の民族なんか・・・

342世界@名無史さん2011/10/20(木) 04:45:30.490
日本人が支配しやすい民族ということだよ。

もう隣の民族に支配されかかってるだろ。

343世界@名無史さん2011/10/22(土) 01:20:51.59O
是非分別の基準が何もないから、強い者からの命令であれば、
たとえそれがどんな理不尽なものでも盲目的に隷属するのが日本人の民族性だからな。

敗戦後・冷戦期のアメリカのような強く正しいリーダーの号令の下に置かれれば
猛烈な勢いで社会が発展するが、他方、昭和初期や現在のように
リーダー不在状態でムラ社会的な大衆の空気で国民が行動するようになると
どこまでも迷走・暴走の度合いを深めていく。

344世界@名無史さん2011/10/23(日) 03:35:33.650
>>343
エリート教育ってのが必要だったんだと思うよ。
日本人は忌み嫌うけどさ。

345世界@名無史さん2011/10/27(木) 14:22:23.980
悪平等ってやつだな

346世界@名無史さん2011/10/28(金) 00:11:20.870
国民皆保険も悪平等
地方交付税も悪平等

ようするに格差を認めろということ。
田中角栄は存在自体が間違い。

347世界@名無史さん2011/10/28(金) 23:52:23.390
>>342
野球で例えるなら、国民は観客ではなく監督であるはずなんですけどね。
政治家という選手を選んで使わなければいけないはずなのに、
「僕、野球(政治)全然分かりましぇーん」ときたもんだ。
そりゃ好き勝手されるよ。

348世界@名無史さん2011/10/29(土) 00:27:47.300
国民皆保険は悪平等じゃねぇだろ

349世界@名無史さん2011/10/29(土) 01:03:49.660
それは日本で生まれ育ってあるのが当然だと思って生きてきたからだよ。

350世界@名無史さん2011/10/29(土) 01:40:31.840
両者言ってることはわからんでもないが
保険料とかは種類によって結構違うから
別に完全な平等じゃないよ。ちゃんと社会知ってるかお前ら。

351スクールキラー激励委員会2011/10/29(土) 07:31:04.130
>>343
日本が昭和に入ってから勢いがなくなりダメ国家になったのは普通選挙のせいだって
いう人間も多いよね
普通選挙だと、大衆に媚る馬鹿政治家しか残れない
>>348
いや、そういうことじゃなくて金持ちが貧乏人の保険料を負担する制度でしょ
そういうの俺は気に食わないわけ 社会保障制度なんていらないでしょ
アメリカだと導入するだけでめちゃ揉めてるが、日本は当たり前になってしまっている
なんで貧乏人の病院代を払う必要性があるんだ 病院いかず我慢しろや 

352世界@名無史さん2011/10/29(土) 13:59:42.580
自分は一生病気にならないと思い込んでるアホがここにいる

353世界@名無史さん2011/10/29(土) 22:33:23.040
国民健康保険の貧乏人の医療費は、金持ちも中流も負担していない。
貧乏人は、そもそも保険金払えませんから、医者にはいけませんよ。

健康保険は、病弱な人を健康な人が、若い人が老人の医療費を負担する制度、ですが、
要は病院に行かないで保険料払っている人が、病院に縁がある人を支える仕組み。

保険料を払ってない、滞納した人に渡される資格証だと、医療費は10割の全額負担。
(国民健康保険被保険者資格証明書)
これは健康保険に入ってないのと同じですね。

354世界@名無史さん2011/10/29(土) 23:09:42.340
まあ少しニュアンスが違うが大体いいのかなあ。

安心して働けるのは緊急の時の備えがあればこそなんだよ。
絶対無事でいる必要があるとなると思い切った仕事はできない。
必然的に効率も落ちる。

常に病気・常に障害や高齢、の為ではなく、
いざという一生に数度の大病やケガの際に
保険制度がなけりゃ一発で人生終ってしまうんだよ。
それが本来の目的。

355世界@名無史さん2011/10/29(土) 23:16:13.380
これが身分や先天障害等の個々の絶対属性の為だと認識されてること自体が、
制度の意味も理解されてないし、
自分の生活基盤が誰かに助けられてる自覚もなく暮らしてる
"万能感の蒙昧"という役立たずの溢れた社会を表しているんだよな。

356世界@名無史さん2011/10/30(日) 05:32:22.110

779 名前:名刺は切らしておりまして[] 投稿日:2011/10/28(金) 17:24:32.55 ID:nqfgKldU
>>778
風だの軽症で健康保険使う必要なんてないんだよな。
そんなことに保険使わせるからナマポや年寄りが安易に病院行くし財源がなくなる。

保険は命に関わる重症だけ適用すればいい。

780 名前:名刺は切らしておりまして[] 投稿日:2011/10/28(金) 17:29:04.73 ID:nqfgKldU
軽症に保険を使わせるのは医者の無駄遣いでもあるんだよ。
どうでもいい病気のルーチンやってるから足りないんだよ。
医者が重症に集中すれば医師不足なんてなくなる。

781 名前:名刺は切らしておりまして[] 投稿日:2011/10/28(金) 17:32:39.76 ID:7PefCbWp
そう、ルーティンワークの処方箋を老人向けに毎日プリントアウトするだけの
寄生虫のような老害開業医が飯食えなくなるだけ。
もともと重症事例の患者なんかに対応できないし、来院しても
病院へ中継するだけ。
で、そういう老害開業医が医師会の中心であり、TPPに参加反対を訴えてる。
わかりやすい老害ブタ。

357世界@名無史さん2011/10/30(日) 05:35:57.870

778 名前:名刺は切らしておりまして[] 投稿日:2011/10/28(金) 17:08:11.46 ID:xNLM3cEM
医師会が絶対に国民健康保険制度は堅持するって言ってる理由わかるよなあ
もし、国が負担してくれなきゃ、市販薬で済ましておわりだもんね

健康保険制度がはじまるまで貧乏だった医者の一例

http://plaza.rakuten.co.jp/jifuku/6001

○昭和六年、塩谷先生は二九歳の時、渋谷に内科医院を開いた。
当時、不況で内科医はやめたほうがいいと、医師会長に言われたほどだった。
当時健康保険の制度がなく、医療費は全額自己負担のため、内科は薬局や富山の置き薬で済ますことが多かった。
「私は、五月五日に医院を開いた。しかし、玄関には一人の患者も現れなかった。翌日もその翌日も

358世界@名無史さん2011/10/30(日) 16:58:55.190
さすがに国民皆保険制度まで否定するのは無理あるだろw

皆保険といっても既に書いてあるとおり、普段保険料払ってる人に適用される制度なんだから
フリーライダーの問題があるわけではないよ。

TPP推進派はアメリカの保険会社を儲けさせたいんだろうけどな。

359世界@名無史さん2011/10/31(月) 02:34:12.930
まあ年金制度とく同じ高齢化対応の側面がないとは言い切れないが。
実際普通の社会人じゃほとんど医者になんて行けないしね。
予約してても忙しくてブッち。
おじいさんおばあさんの社交場と化しているというのもなくはない。
でもどこから生活を圧迫する医療費でどっから通常のショボ風邪かなんて、
そんな線引き不可能だろ。急性アル中程度でも病院が無きゃ命賭けだ。

360世界@名無史さん2011/10/31(月) 09:42:01.810
通院入院患者の費用負担は一面に過ぎず、本当は医療関係者を救う制度。

その意味では、医師、看護師その他の病院勤務者、薬剤関係者からは、
世間より多めに、健康保険金取って良い。

361世界@名無史さん2011/10/31(月) 10:00:54.460
社会保険の趣旨からすれば、医療保険の適用は、生命に関わる高額医療への支払いに限定するべきであって、
日常的・恒常的にかかる小額の医療費のディスカウント制度であってはいけない。
公的医療保険は、医療費を額の多少に関わらず割り引くことで、医療の需要を必要以上に押し上げ、
結果的には、国内医療機関を保護する制度となっている。
http://www.systemicsarchive.com/ja/a/welfare.html

362世界@名無史さん2011/10/31(月) 12:14:22.530
高額療養費
病院などの窓口で支払う医療費を、一定額以下にとどめる目的での支給される費用。
保険外の負担については対象外。

1ヶ月間(同月内)に同一の医療機関でかかった費用を世帯で合算し、
自己負担限度額を超えた分について支給される。

同月内に同一医療機関に支払った医療費が、限度額を超えた場合、超えた分が払い戻される。

自己負担限度額を超えた分について、申請後に支給されていたが、
事前手続で、限度額を超えている分については、医療機関に支払う必要がなくなった。

納税者に対する医療費控除もある。

よって、健康保険適用、支払いに対する限定は、
高額医療費支払免除、減免の廃止を前提としないと、
保険制度自体の意義を問われるだろう。

363世界@名無史さん2011/11/03(木) 03:04:57.850
線引きが出来ないでしょ。
あともうひとつ、保険年金は雇用と密着していること。
法人中心の税体系の延長にある。税ではないが税に等しい。準所得税。
皆保険は会社主義の一部なんです。

そもそも今の社会で貧乏人の悪平等のと唱える人って一体どんな人なんだろう。
日本は終身雇用制以来、個人努力と無関係に給与は固定なはずですよ。
成果主義以降その給与体系が崩れたけど、
今まだそれが崩れてない人って
公務員か日航のような労働貴族企業かのどっちかしかないんだが。

364世界@名無史さん2011/11/03(木) 05:23:02.560
確実なことがある。

これからの健康保険は、けっして通院、入院患者に対して、保護が厚くなることは無い。
保険料は減らず、負担は重くなるであろうことだ。

要は医療関係者を、肥え太らす方向にのみ働いている。

自衛としては、健康保険からの脱退以外に無いだろう。
社会保険でこれは難しいので、国民健康保険を利用している自営業者のみが取れる手段だが、
国保は元々酷薄なので、心理的抵抗も少ない。

365世界@名無史さん2011/11/05(土) 01:43:51.240
どはあ?
お前それ十数年前に若者相手に流行らせた
年金脱退の宣伝文句とおんなじ手合いじゃね?
誰がどう広めたのか知らないけど
明らかに”年金を未払え”という思想を
大人の誰かが広めてた時期があったよ。

366世界@名無史さん2011/11/05(土) 04:06:12.070
【TPP】 日本の"国民皆保険"制度、崩壊?…日本医師会など3師会が共同声明★3
http://raicho.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1320420434/

367世界@名無史さん2011/11/08(火) 22:06:03.910
社会保険の趣旨からすれば、医療保険の適用は、生命に関わる高額医療への支払いに限定するべきであって、
日常的・恒常的にかかる小額の医療費のディスカウント制度であってはいけない。
公的医療保険は、医療費を額の多少に関わらず割り引くことで、医療の需要を必要以上に押し上げ、
結果的には、国内医療機関を保護する制度となっている。
http://www.systemicsarchive.com/ja/a/welfare.html

368世界@名無史さん2011/11/10(木) 00:21:14.310
よくそんな詭弁に騙されるな

369世界@名無史さん2011/12/22(木) 19:24:24.580
田中角栄の政策は全部社会主義。
当時全盛だった左翼の圧力があったとはいえ全部丸呑みして日本をダメにした戦犯。
佐藤栄作なら中国共産党とだって国交を結ばなかった。

370世界@名無史さん2011/12/22(木) 20:21:17.600
あれはアメリカが中国と国交結ぼうとしてたから、
頭越しで組まれたくなくてやったんだよ。それでアメリカが怒った

371世界@名無史さん2011/12/29(木) 03:25:42.740
尖閣諸島の問題をこちらから領土問題にしてしまっていたっぽいな。

372世界@名無史さん2012/01/08(日) 12:46:52.720

373世界@名無史さん2012/01/10(火) 07:50:54.650
今日の朝日新聞に今の日本の没落の遠因は70年代にあったのでは無いかと言う論調があった

角栄のバラマキ路線に加え、70年代は自民党内で政争に明け暮れてたせいで後の世に大きな負の遺産を残す事になったと

374世界@名無史さん2012/01/11(水) 07:52:15.210
公共事業にしろ福祉にしろ一度バラマキをやってしまうとそれを辞めるのは難しくなってしまう。


375世界@名無史さん2012/01/14(土) 19:20:01.700
間違ったことは今からでも正すことはできる
保健、年金を即時廃止し、共産シナに宣戦布告しよう!

376世界@名無史さん2012/01/14(土) 22:07:17.850
国民皆年金や最低賃金法は角栄じゃなくて岸の政策だろ

377世界@名無史さん2012/01/14(土) 22:23:53.510
政治思想は超タカ派の橋下までもが貯蓄税だの塾代負担だの角栄以上の
社会主義政策を取ろうとしてるのには呆れる

378世界@名無史さん2012/01/15(日) 00:09:19.250
公的年金は廃止にして保険も老人は対象外にすべき

379世界@名無史さん2012/01/16(月) 13:00:45.840
ドイツやニュージーランドでは選挙権の無い年齢の子供を持つ親に
その人数分の投票数を追加するドメイン投票が検討されてる

将来の世代にツケを飛ばさない事と子供を持つ者が有利になるようになる

380世界@名無史さん2012/01/21(土) 04:12:18.910
二十歳未満に投票権がないなら八十歳以上の投票権もなくせばいい

381世界@名無史さん2012/01/21(土) 07:55:55.890
最悪の事態を前提にしなかったから後の世代に大きな負の遺産を残す事になった


382世界@名無史さん2012/01/21(土) 09:34:22.110
奥野誠亮渡部昇一小室直樹などタカ派の自由史観自由主義論者が
なんで角栄みたいな中国に土下座&国家社会主義者を信奉してたか
不思議だ
そんだけ思想を超えた魅力があったという事か

383世界@名無史さん2012/01/21(土) 11:11:57.610
現実主義最高、偽善め死ねぇぇぇ⇒現実に権力財力を振るうとは素晴らしい!
みたいなノリ?

384世界@名無史さん2012/01/22(日) 21:21:28.610
>>382
金の力だろ。
思想より金だというのは社会党を見ればわかる。

385世界@名無史さん2012/01/24(火) 17:37:07.370
民主主義は戦争や大災害が無くても国の借金が大きくなり易いという欠陥を孕んでいる


386世界@名無史さん2012/01/26(木) 15:09:29.270
>>382
田中の中国外交は米国と距離を置いて独立するため
日本人の金を日本人のために使おうとしたら逮捕された

387世界@名無史さん2012/01/27(金) 10:08:28.030
世界中にたったひとりだったかもしれないが、一九七二年という早い時期から田中角栄政権誕生の本質を
「革命家」による政権奪取と見抜いていた社会主義国指導者がいた。
彼は、岩波書店の総合誌『世界』に掲載されたインタビューで以下のように答えている。

<日本人民の闘争が強まったために佐藤反動政府は追い出され、田中政府がこれにかわりました。
これは日本人民の闘争の結果だといえます。われわれは日本人民の闘争を高く評価し、それを全面的に支持します>
(坪内祐三、『一九七二─「はじまりのおわり」と「おわりのはじまり」 』、二〇〇三年、文藝春秋刊より引用)

当時の北朝鮮国家元首、金日成だ。
まさに、「英雄、英雄を知る」と言うべき洞察力だ。

いや、近年出版された青木直人著『田中角栄と毛沢東─日中外交暗闘の30年』(二〇〇二年、講談社刊)を読むと、
毛沢東も田中角栄を「日本に革命を起こした同志」とみなしていたようだ。
歴史に残る毛沢東・田中角栄会談は茶飲み話ではなく、実務家同士らしく「米ソ覇権主義二大帝国に抗して、日中同盟を作ろう」という議論をしたらしい。
その後毛沢東は没し、田中角栄が言葉と知的能力の大半を失ってからも、中国は律儀に一線級の政府や共産党の要人を田中のもとに送りつづけた。
毛沢東が「田中角栄先生は革命運動における同志だ。決して礼を失することがないように」と遺訓を残したのだろう。

388世界@名無史さん2012/01/31(火) 10:12:23.730
田中角栄こそ日本における社会主義革命に成功した唯一の人物としてみる論こそ、今までになかった田中角栄論である。
なぜ、アメリカの共和党政権が田中角栄を失脚させたのかは、もっぱら独自のエネルギー戦略を展開したから
ロックフェラーの逆鱗に触れたという説が有力ですが、むしろ田中角栄が日本で社会主義革命を成功させたからだと言うほうが、説得力があると思う。

田中角栄が日中国交回復に成功したのも、彼の社会主義的な政策が、中国共産党の首脳達に共感を呼んだのだということも筋が通る。
ソ連のブレジネフ書記長との話し合いでも北方領土問題で前進が見られたのも、田中政権が一種の社会主義政権とみなしていたからだろうか。
彼が作った様々な弱者保護政策である大店法や農業保護政策も、グローバル化する世界とは逆の保護政策だ。

自民党内にこのような大派閥を形成できたのも、日本の農家などからの支持を集めたからであり、それが大都市を包囲して
一気に革命へ持ってゆく手法は毛沢東の革命戦術であり、だからこそ中国やソ連も日本こそ社会主義国家の仲間としてみる要素になったのだろう。
それに対して危機感を持ったからアメリカのキッシンジャーは角栄を失脚させたのだ。

389世界@名無史さん2012/01/31(火) 10:29:59.030
田中角栄と小泉純一郎、国益に適っていて保守政治家と言うなら断然小泉純一郎だろう。

390世界@名無史さん2012/01/31(火) 20:18:02.630
角栄が台頭しなくてもいずれバラマキ路線をやる政治家が出てきた可能性がある


391世界@名無史さん2012/01/31(火) 20:55:09.430
>>388
>それに対して危機感を持ったからアメリカのキッシンジャーは角栄を失脚させたのだ。

おい、いったい何から失脚させたんだよ?
角栄は1974年に立花隆に金脈問題を暴かれて総理を失脚している。
ロッキード事件は1976年だよ。
角栄が闇将軍としてパワーをふるい始めるのはその後だ。
政治生命を絶たれたのは

最近の田中角栄論は大嘘が多すぎる。

392世界@名無史さん2012/01/31(火) 20:57:44.660
角栄が政治生命を絶たれたのは脳卒中と竹下登の裏切りだ。
キッシンジャーはまったく関係ない。

393世界@名無史さん2012/02/01(水) 11:01:03.220
日本の労働力のコストが高いのは基本的に土地価格のせいである。
住宅ローンの過重な負担があるからだ。日本の物価が高いのは、土地賃料のチャージだけでなく、
土地価格の高負担を抱えた労働賃金のせいであり、そして不当に高額な公共料金と法外な税金のせいである。
日本の高コスト体質は土地問題そのものなのだ。
コストが高いのは土地のせいである。
土地に対して労働者が無理に負担させられる部分(不等価交換)があり、それが一部は
保有資産の含み価値に化けて企業経営を潤し(それはまだ資本主義の枠内の話で労働者にも還元がある)、
一部は土地を転売する不労所得者の手に入って浪費され、それが構造化されて資本が循環し、
日本の経営と行政の不問不動の前提条件となっているから、
日本の労賃は高く、物価は高く、高コスト体質は已まないのである。
一般国民である日本の労働者は資本家によって搾取されてきたのではなく、
土地を保有転売するブローカーによって収奪されてきたのだ。
土地問題さえなければ、日本の物価は安く、労賃も安く、日本の国際競争力もこれほど弱くなることはなかった。

394世界@名無史さん2012/02/01(水) 11:02:13.560
そして土地が高くなったのは土地ブローカーである田中角栄のせいである。

395世界@名無史さん2012/02/01(水) 20:52:11.040
>>393
戦後の日本はバブル崩壊までは給料の伸びを上回る勢いで土地の値段が上がっていった


396世界@名無史さん2012/02/05(日) 03:54:57.490

397世界@名無史さん2012/02/05(日) 04:02:48.170
日本人はロッキード事件は、田中角栄事件だと思っているけど、全くそうではありません。
あの事件は世界数カ国にまたがる、とてつもない広がりをもった前代未聞の航空機商戦の
汚職疑惑なわけです。国はイタリア、フランス、ドイツ、オランダ、スペイン、スウェーデン、
インドネシア、フイリピン、トルコ、イラン、メキシコ、コロンビア、ナイジェリア、
サウジアラビアなどにまたがり、ひっかかった人間の中にはイタリアのアンドレオッチ元首相、
オランダのユリアナ王女の夫君、ベルンハルト殿下、ドイツのシュトラウス元国防相、
スエーデンの空軍司令官よいった人まで含まれています。角栄の資源外交をつぶすために、
それだけスケールの大きな事件を謀略として起こすなど不可能なことはあの事件をグローバルに
とらえる目を持っている人には疑問の余地なくわかることです。

398世界@名無史さん2012/02/05(日) 08:42:51.960
>>393
日本の労働力のコストが高いのはが高いのは主に円高のせい。
土地価格問題の影響はそんなにない。
たとえば、今の日本では土地価格が下落しているわけだが、日本の労働力のコストは安くなっていない。

399世界@名無史さん2012/02/05(日) 08:53:18.700
昔は土地バブルは日本特有の問題だと言われていたが今は他の国でも不動産バブルが発生している

400世界@名無史さん2012/02/11(土) 11:08:37.870
>>399
そりゃあバブルは仕組まれたものだしな

401世界@名無史さん2012/02/11(土) 12:14:20.710
今は東京よりも上海の不動産の方が高いらしい


402世界@名無史さん2012/02/19(日) 08:49:51.880
最近、興味を持ってこの人のこと少し調べてみたんだけど、
なんというか内面が全然見えてこない人だった。
私利私欲のためだけにやったとは思えないし、かといって理想に燃えていた
というだけでもない。
人の心を掴むのがやたらと好きで、目的は全てそこにあったんじゃないかと思える。
人を喜ばせたい、というのが病的な形で表れている。
見方だけでなく敵に対しても嫌われたくなかった人なんじゃないかな・・
みんなを自分のファンにしたいみたいな。

403世界@名無史さん2012/02/20(月) 16:24:41.960
>見方だけでなく敵に対しても嫌われたくなかった人
まさに典型的日本人だ

404世界@名無史さん2012/02/21(火) 19:11:23.330
日本人のためにやっていただろ
石油資源を求めて独自外交したらアメリカにやられた

405世界@名無史さん2012/02/21(火) 21:15:14.910
例えばこんなエピソードがあるんだけど

四年生の折 師範学校を出たばかりの担任教師が、雑談で何気なく
「実家へ松茸を送ってやりたい…」 と洩らしたことを小耳に挟んだ角栄が、
「先生は親孝行者だ。みなで手分けをして松茸を集めよう」 と誘って、
瞬く間に 大きなみかん箱二杯分を 裏山から運び込んできた。
今と違ってそのころは 松茸なんか穫り放題だったのだ。
驚いた先生が 「有難いが 多すぎる」 というと、角栄が
「全部送ってください。食べ切れなかったら 隣近所に分けてあげたらいい……」
案の定実家では 周りから大喜びされたと知らせてきて、
担任の先生は 「負うた子に教えられた」 と述懐した。

美談みたいに語られるけど、自分は何が目的だったのかなと考えてしまう。
大人になり政治家となった田中角栄がやってきたのもみんなを集めて裏山から
松茸を集めてくる・・そんなことだったような気がする。
誰かを喜ばせる顔を見たい、皆に喜ばれるのは良いことだ、そんな単純な論理で
動いていたような気がする。
その結果、裏山から松茸がなくなってしまうことまでは考えない。
公共事業をすれば、地元喜び、業者喜び、役所も喜び、政治家も感謝され・・
それで何が悪いのかってのと同じ論理だと思う。

406世界@名無史さん2012/02/21(火) 22:43:42.000
つまり私利私欲ではないけど、理念でもない、徹底したポピュリズムの論理
で動いていた政治家だと思う。
松茸の話をいい話だね〜で終わらせちゃいけないんだよな。
そこに限界があり、将来的に破綻せざるを得ない元凶があるんだから。

407世界@名無史さん2012/02/23(木) 09:51:14.300
政治家とは私利私欲を公益だと思い込んでる人種のことである
どこからどこまでが知りでどこからが世のためなんて区別は本人もわからないし考えるのも無意味。
結果として日本がどうなったかだけ。

408世界@名無史さん2012/02/23(木) 10:56:24.540
己に統治を委任された範囲を全体として、
その全体に対する責任を負うこと
それができていない奴は、誰とは名指ししないが、統治の責任ある座につくべきではない
それだけのこと
視野が狭い奴、バカものは論外
己の理想だけ追求して他人を排除する奴は最悪

409世界@名無史さん2012/02/23(木) 10:56:50.100
※407は、政治屋と政治家との区別もついていない馬鹿者だ

410世界@名無史さん2012/02/23(木) 12:45:52.520
あれだけ頭の良い田中角栄のことだから、自分のやってることが
まやかしだってこと、いつかは破綻すること、わかってたんだろうな

411世界@名無史さん2012/02/24(金) 06:20:34.110
人に何かを分け与える行為は、「善い」ものと考えられるかもしれないけど、
人の心理を操作するのに最も有効な手段でもある。
人は、人から何かしてもらえば、無意識的にその人に好意を向けがち。
これは、簡単に心理操作される弱点になる。
田中角栄はこの弱点を巧みにつき、親切に、ねばり強く自分の信奉者を増やしていった。
少しずつ依存心を植え付けられていったんだな。

412世界@名無史さん2012/02/25(土) 10:31:36.390
>>410
つーか、脱土建政治をはじめてから景気が悪くなったような感じだな。
まだまだ日本には土建政治が必要だったのかもしれん。

413世界@名無史さん2012/02/25(土) 16:16:45.800
頭悪いな。
税金(or借金)で景気良く見せかけてただけ。

414世界@名無史さん2012/02/26(日) 09:02:56.630
たとえ見かけでも景気がいい方がマシだろう。
「貧すれば鈍ずる」という言葉あるように、景気が悪くなれば資産、人材等何もかも悪循環する。
結局は、まだまだ日本には土建政治をやめるだけの基礎体力がなかったんだよ。

415世界@名無史さん2012/02/26(日) 09:14:01.360
政治とは、つまるところ、金の奪い合いだ。誰かが得をすれば、誰かが損をする。
もし「あそこの政党はバカげた政策ばかりを実行する」と思ったなら、それはその政党がバカなのではなく、
自分が損をするグループに入っているということであり、その影で得をしている人たちがいる。
つまり、政党がバカなのではなく、自分がその政党にバカにされているということなのだ。

だから、選挙の際にはまず、その政治家がどういう人の味方をする人なのかということを見極めなくてはならない。
そして、自分の味方になってくれる人を選ぶ。
そうでない政治家は、「愚か」なのではなく、単に「敵」であるに過ぎない。

416世界@名無史さん2012/02/26(日) 10:58:42.420
>>10
そりゃ選ぶ国民が「読めない漢字がある政治家は許せない!!!」だからな。
政治家だって政治力よりも漢字の勉強に時間を割くだろうよw
結論:国民のレベルを反映しています

417世界@名無史さん2012/02/26(日) 14:46:59.250
>>415
前半部  角栄のゲームにまんまと乗せられるタイプだな
後半部  当たり前の話

418世界@名無史さん2012/02/26(日) 15:04:11.910
たまに、「こいつは政治家のくせに頭が悪い」と言う人がいる。そういう人はたぶん、政治家とは何かということがわかっていない。
政治家は、頭が悪いのが当たり前だ。もしかして、頭のいい人に一票を投じているのか?もしそうだとしたら、考えを改めたほうがいい。

419世界@名無史さん2012/03/18(日) 18:12:11.600
以前は、政党がターゲットとする人がもっと露骨に「地方の農家のみなさん」とか「労働者諸君」とか「町工場のおやっさん」というように決まっていた。
最近は、どの政党も、「国民のみなさん」と呼びかける。受け取るほうも、自分が何者なのかということを深く考えず、すべての政党が自分のことを考えてくれていると思ってしまう。

420世界@名無史さん2012/04/07(土) 09:52:12.490
間知らずのお受験馬鹿には日本の暗部が見えないのでしょう
田中角栄は天皇の米国への親書でロッキード事件を仕掛けられて失墜させらた
小沢一郎は冤罪でマスコミが世間を騒がし失墜。小泉は売国奴で米国の庇護のもと
日本破壊政策を竹中と進めた。竹中の子分が慶応大学栄転の元官僚の岸博幸。
要するに国民生活第一の愛国者は日本の支配者にとって敵なんですよ

421世界@名無史さん2012/04/07(土) 12:21:05.660
>>420
過去レス読めヴォケ

422世界@名無史さん2012/04/07(土) 19:01:27.27O
>>420
出た出た、週刊誌の怪しいゴシップネタを読んだだけで
日本社会の暗部を知り尽くした選ばれし民になった気分でいる奴w
角榮とか小沢の支持者ってこんなのが多いんだよな。

423世界@名無史さん2012/04/07(土) 19:06:10.810
>>418
今は世襲政治家が多いから本当に頭が悪い奴が多かったりする


424世界@名無史さん2012/04/08(日) 05:39:28.080
田中角栄逮捕の証拠資料は、三木武夫がアメリカに要求した。
この辺のいきさつは日高義樹等の資料に出でてくる。

アメリカは田中角栄が退陣したので、これは失脚であり、今後は影響力を失うと見た。
そこで当時の首相である三木武夫に媚びを売り、彼の政敵追い落としに手を貸しただけで、
三木武夫が積極的に求めなければ、資料を出さなかっただろうと。

違法に外国の助けを借りて、田中角栄にトドメを刺そうとしたした三木武夫は卑劣だが、
日本を散々外国に売った田中角栄には、同情の余地など無い。

アメリカの目論見の失敗は、日本の闇将軍システムへの理解の足り無さだろう。

政府の要職を退任し、党にも所属しない。
国会議員ではあるが、実権のある職には就かない。
派閥と言う私的な会派の、それも表向きはオーナーですらない田中角栄。

彼が当時の日本の実質的な統治者とは、気付きたくもなかったのだろうが。

425世界@名無史さん2012/04/08(日) 09:49:26.780
日本では公的な役職より親分子分、先輩後輩のような私的な人間関係によって全てが規定されるからね。

天下りがなくならないのも先輩後輩の私的人間関係によって支えられているから。

426世界@名無史さん2012/04/21(土) 01:57:57.540
>>397
アホかよ。
元からロッキード社は商売の性質上、政府関係者に取り入る必要があって、
世界中で同じように汚職事件起こしてた。
日本だけのフィルターで角栄事件と捉えてんのはおまえじゃねえかw

427世界@名無史さん2012/04/22(日) 05:55:42.580
角栄の不幸は歴史を知らなかったこと
やはり中卒じゃだめだ

428世界@名無史さん2012/04/22(日) 23:46:13.060
>>426
いや、田中を失脚させることをできればネタは何でも良かったんだろ。

429世界@名無史さん2012/04/30(月) 21:42:23.280
角栄が原発利権の大本電源三法を成立させたのになぜか左翼がスルーするのは何で

430世界@名無史さん2012/05/01(火) 00:43:51.570
>>428
何から失脚だよ?

431世界@名無史さん2012/05/01(火) 00:55:27.520
角栄は1974年に立花隆に金脈問題を暴かれて総理から失脚している。
ロッキード事件は2年後の1976年で、
これはむしろ角栄が闇将軍として政界に居残るためのモチベーションになった。

432世界@名無史さん2012/05/12(土) 16:45:31.460
■NEW SINGLE「GO FOR IT, BABY -キオクの山脈-」発売中!!

【収録曲】
1st beat:GO FOR IT, BABY -キオクの山脈-(ペプシネックスTVCMタイアップソング)
2nd beat:仄かなる火
3rd beat:流星マスク

・初回限定盤[CD+DVD]
[特典DVD収録内容]
◆MUSIC VIDEO
 「GO FOR IT, BABY -キオクの山脈-」
◆PEPSI NEX presents B'z 1DAY LIVE
 at SHIBUYA-AX
 1.さよなら傷だらけの日々よ
 2.イチブトゼンブ
 3.Liar! Liar!
*2011年9月28日に渋谷AXで開催された1夜限りのプレミアムライブ映像3曲。

No:BMCV-4014
Price :1,785yen (tax in)

・通常盤[CD]
No.:BMCV-4015
Price :1,260yen (tax in)

433世界@名無史さん2012/06/25(月) 18:31:16.440
1970年代から巨額の貿易黒字だったわけだよ。儲かって笑いが止まらない状態。
その金は何処へ消えた? 田中角栄がつくりあげた土建ルートによって車が通らない道がたくさんできた。
自分の故郷の新潟に新幹線を造ったはいいが、新潟の人口は激しく減っている。

巨額の貿易黒字をドブに捨てるシステムをつくったのが田中角栄。

434世界@名無史さん2012/06/26(火) 23:57:14.640
中国に対するODAは主なものだけでも総額3兆円だ。
でも中国人民はそのことを中共から知らされていない。
これも田中角栄を始めとする媚中政治家たちの不始末だ。

435世界@名無史さん2012/06/27(水) 09:46:35.920
小角栄の小沢がまた党を割るねw

436世界@名無史さん2012/06/27(水) 21:11:49.26O
>>425
小沢一郎とか田中角榮の信者っていうのは、そういうアジア的気質が強い人なんだろうね。

437世界@名無史さん2012/06/27(水) 21:17:32.930
>>436
たしかに、俺には白人的感覚が野蛮に見えてついていけないな。
多少非効率でも落後者を出さない親方日の丸の方がずっとマシだよ。
つーか、土建政治脱却を始めた頃から日本経済がおかしくなったんじゃないのか。

438世界@名無史さん2012/06/27(水) 21:20:24.78O
>>435
党の名前さえ新しくなりさえすれば例え中身がロートルの巣窟だろうが
新進気鋭の救世主が現れたような錯覚に陥る鶏並みの知能水準の国民が、
残念なことに一定割合で存在する。
テレビの向こうの政界の抗争劇に青い鳥探しを求める
中二病患者を何度も何度も同じ手口で騙し続けることで、
小沢は政界とワイドショーにおける今の地位を20年にも渡り維持し続けてきたわけだ。

439世界@名無史さん2012/06/27(水) 21:38:09.70O
>>437
私的な人間関係を公的な役職より優先させることと
多少非効率でも落伍者を出さないことに、いったい何の関連性があるのか?

それに、土建政治脱却から日本経済がおかしくなったというのも事実誤認ではないのか。
土建政治脱却というのは小泉時代を指しているのだろうが、
失われた10年の暗黒期にに終止符を打って戦後最長の安定期を作り上げたのは小泉だし、
リーマンショック後の今だって欧米よりははるかに健全な経済状況だわ。
具体的な根拠もなく「昔は良かった」と感傷に浸る、ありがちな老化現象じゃないのか。

440世界@名無史さん2012/06/27(水) 22:16:04.770
>>439
> 私的な人間関係を公的な役職より優先させることと

これは何をさしているのかわからんな。
つーか、そういう裁量の傾向なら欧米の方が強いはずだが。

>失われた10年の暗黒期にに終止符を打って戦後最長の安定期を作り上げたのは小泉だし、

そりゃファンタジーだな。
小泉政権初期の不良債権処理により景気がどん底だったじゃないか。
あれほど効果無く失敗した政策はあまりないだろうな。
底を基準にした安定期なんて意味ないぞ。
小泉政権で景気が本当に上向いたのは政権終わりの1年半くらいに円安になってからだ。
もちろん、これは脱土建政治ではなく金融緩和と為替介入のおかげであり、それでも政権発足時のレベルに戻っただけ。
小泉政権のことなら、どう考えても「昔は良かった」としか言いようがないね。

441世界@名無史さん2012/07/05(木) 03:05:19.790
まあ、上向きかけた景気を潰してGDPが日本だけ伸びない状況になったのは、
消費税を5%に上げた後からなんだよな。

橋本政権の時に拙速にやり過ぎた。

442世界@名無史さん2012/07/16(月) 22:04:36.130
日本の音楽界没落の元凶は松田聖子

443世界@名無史さん2012/07/17(火) 01:47:17.470
>>433
新潟の人口が今に至る減少に転じたのはバブル崩壊後だけどな。

444世界@名無史さん2012/07/17(火) 02:47:41.500
新幹線は北陸新幹線から建設すべきだったな。

角栄の上越新幹線からマスコミの新幹線建設批判が起こって他の新幹線の建設が遅れた。

445世界@名無史さん2012/07/26(木) 09:14:05.590
田中角栄は社会主義者

446世界@名無史さん2012/07/26(木) 11:26:21.80O
>>442
いや天地真理だろ

447世界@名無史さん2012/07/27(金) 01:38:44.820
浅田美代子なめんな

448世界@名無史さん2012/08/05(日) 09:42:32.240
田中角栄のの愛人説のあった秘書の佐藤昭子と筆頭秘書の早坂茂三は
電話番と番記者でしかなかったね。
小佐野賢治にも何も言わなかった事と
航空と防衛なんかに力は無かった角栄が有罪になるのを
放置したんだから
当時は、全日空と日航客室乗務員のコネ採用でさえも
三木武夫とその側近だった山下徳夫に
頼んでも、採用だったんだよ。



449世界@名無史さん2012/08/05(日) 23:41:10.160
田中さんは伊藤博文以来の日本が誇る偉人
学生には徹底して偉大さを教え込んだ方が良い

450世界@名無史さん2012/08/06(月) 02:18:06.160
>>449
どちらも日本の恥だよ。

451世界@名無史さん2012/08/06(月) 02:29:25.890
中国に対するODAは主なものだけでも総額3兆円だ。
でも中国人民はそのことを中共から知らされていない。
これも田中角栄を始めとする媚中政治家たちの不始末だ。

452世界@名無史さん2012/08/09(木) 22:58:34.450
>>450
伊藤博文は恥か?

453世界@名無史さん2012/08/10(金) 15:41:41.140
公人としては誇るべき
明治天皇に下半身の事で説教された私人としては恥ずかしいw

454世界@名無史さん2012/08/13(月) 07:39:11.910
>>448
愛人説?子ども(娘)までおるだろが。

455世界@名無史さん2012/08/13(月) 07:43:06.680
>>423
小渕しかり小泉しかり。

456世界@名無史さん2012/08/14(火) 08:36:27.280
>>454
だな、娘あつ子の本を読んだがけっこう面白かった。
昭子は越山会の女王だもんな。
妾と秘書の二役、つまり角栄の一番の理解者かもしれん。

457世界@名無史さん2012/08/16(木) 10:39:29.000
最近、角栄が再評価される傾向にある


458世界@名無史さん2012/08/16(木) 16:49:42.570
政治家になって犯罪者になろう!って人々にね。

459世界@名無史さん2012/08/19(日) 02:40:57.890
>>457
ない

中国との国交回復の時にもわざわざ尖閣の話を角栄が出したりしてる

460世界@名無史さん2012/08/19(日) 05:28:18.750
角栄好き
自分では保守だと思ってるが国の力で生活をよくして欲しいという社会主義者

461世界@名無史さん2012/08/19(日) 05:30:31.980
左翼「角栄の頃の自民党は優しくて度量があった」→バラマキをやってただけ

462世界@名無史さん2012/08/19(日) 23:56:55.78O
>>461
左翼っていうより、自称保守派だが実態は補助金ゾンビの寄生虫に多いよ。そういう輩は。

463世界@名無史さん2012/08/20(月) 09:51:22.260
しかし、不況で苦しむよりはゾンビ企業でも雇用がある方がいいだろ。
馬鹿は身の程を知らずに横綱相撲をとりたがるが、それこそ無謀というものだ。
紛いなりにでも完全雇用を目指した方がずっとマシだよ。

464世界@名無史さん2012/08/21(火) 16:06:35.700
潰れる企業を公が助けるなってのが新自由主義者の経典だからしょうがないよ
この人たちは教育に至るまで公の関与を全否定してるからね

465世界@名無史さん2012/08/21(火) 20:33:10.24O
>>463-464
こういうのって、野良猫に餌付けして良いことをしてる気分に浸る
団地とかにいそうな迷惑ババアの発想なんだよね。

野良猫を無責任に繁殖させて、その命の面倒は誰が見るんだ?
増殖する野良猫の数に合わせて、延々と餌を買い足すつもりか?
それに、しつけのなってない野良猫が近所にかける迷惑の責任はどう取るんだ?

466世界@名無史さん2012/08/21(火) 22:50:15.830
このように新自由主義者は野良猫と人間の違いもわかりません

467世界@名無史さん2012/08/22(水) 20:02:49.14O
>>466
野良猫と人間との違いが、>>465の例えの妥当性にどう影響するのかを教えて。

468世界@名無史さん2012/08/23(木) 13:12:16.860
さあ、どうなんだろうね。
ひょっとしたら、悪い貧乏人は薬殺処分した方がいいとか思ってるんじゃないの。
もちろん、良い貧乏人は奴隷労働者とかで。

469世界@名無史さん2012/08/24(金) 09:48:22.700
昔から航空自衛隊のパイロットは
「早く全日空と日航のパイロットに転職したい」だからね。
なぜかというと、大手航空会社のパイロットなんか高給の上に
CA(客室乗務員)とバカな客なんかを、食べまくれるから。
ようは、たくさん恋人や不倫で愛人が作れるからという
役得と特権が、今の日航でさえも凄い。
だから日本一の利権なんですよ。

470世界@名無史さん2012/08/28(火) 00:11:55.550
角栄が政治の腐敗と財政赤字の拡大の元凶と言われてる


471世界@名無史さん2012/08/29(水) 16:35:14.040
角栄の時代は赤字じゃないし
赤字の予測が噂され始めた頃には既に対抗策を持ってたのに権力を失った

472世界@名無史さん2012/08/29(水) 19:19:38.030
>>471
いや、おそらく財政赤字への有効な手段なんか考えてないだろ。
少し考えればわかるが、償還期限のきた国債を全て借り換えができるのなら財政的問題はないといえる。
この方法を経済的観点で考えると、インフレ進行とクラウディングアウトの2点が問題になる。
ただし、インフレ進行については生産力や供給力を超えなければむしろ好況要因であり、かつ国債償却に有利である。
次に、クラウディングアウトについては日銀が国債購入額を増やせば簡単に解決する。

したがって、財政赤字を解決する必要性はあまりないと言える。
むしろ財政赤字が国民資産になっている面があるため、はたして財政赤字返済が良いことなのか疑問だ。
まして、不況にもかかわらず増税してまで財政健全化を目指すのは明らかに失策だ。

473世界@名無史さん2012/08/29(水) 21:24:12.950
民主主義は財政赤字拡大に陥り易い


474世界@名無史さん2012/08/29(水) 23:13:33.900
そして、多くの場合では財政赤字拡大の方が経済発展するだろう。

475世界@名無史さん2012/08/29(水) 23:44:09.050
このおっちゃん、昭和天皇に嫌われてたらしいな
御所でもあのだみ声でがなったんだろうか

476世界@名無史さん2012/08/30(木) 17:13:16.180
藤林丈司

477世界@名無史さん2012/08/31(金) 20:19:45.710
景気対策に公共事業を使ったのが失敗だった


478世界@名無史さん2012/08/31(金) 21:32:26.330
いや、公共事業は有効な手段だよ。
安定した完全雇用に近い状態を実現した功績をもっと評価していい。
むしろ、バブル崩壊後に脱公共事業を目指したのが失敗だったんじゃないのか。

479世界@名無史さん2012/08/31(金) 23:22:15.940
角さんは庶民の生活についても理解があったからな

480世界@名無史さん2012/09/01(土) 00:02:52.130
森喜朗ブログで田中角栄の話見つけた
ttp://blog.mori-yoshiro.com/index.php?e=49

481世界@名無史さん2012/09/07(金) 15:31:31.250
公共事業で潤うのが役人と土建屋だけだと思ってるバカが大杉
公共事業が雇用を支えていた面もあるのに
無論こんな状態は決して誉められたモンじゃないが
そこで働いていた人間の受け入れ先もないまま公共事業だけ減らして
失業率があがらないはずがない

482世界@名無史さん2012/09/08(土) 18:22:51.910
>>481
日本は雇用の柔軟性が無いのが問題だ


483世界@名無史さん2012/09/09(日) 02:21:48.85P
http://www.amazon.co.jp/dp/4166603892/


高度成長は石油ショックで終わったのではない。
田中角栄の登場で死んでしまった。

高度成長の主役は都市の製造業であったのに、都市が実現した経済成長の果実を農村に有利に再配分。
公共投資を「都市」から経済効率の悪い「地方」へ傾斜配分することで、地方から都市への
人口移動の激減を招き、成長率の急激な低下をもたらしたのだ。

484世界@名無史さん2012/09/09(日) 02:31:21.45P
田中角栄は社会主義者。
角栄政治を全否定するのが小泉政権であり、橋下維新(小泉政権第二弾)。

http://www.nikkei.com/article/DGXNASHC3103B_R30C12A8000000/
大阪維新の会「維新八策」最終案全文

1.統治機構の作り直し
・地方財政計画制度・地方交付税制度の廃止

2.財政・行政・政治改革
・無駄な公共事業の復活阻止
・プライマリーバランス黒字化の目標設定

6.経済政策・雇用政策・税制
・ニーズのない雇用を税で無理やり創出しない
・TPP参加、FTA拡大

485世界@名無史さん2012/09/09(日) 11:05:00.590
>>484
橋下は税金を使って需要の無い雇用を維持するよりはベーシックインカムの方が安上がりだと言っていた


486世界@名無史さん2012/09/13(木) 22:02:10.510
田中角栄さん、それから橋本龍太郎さん、それから鈴木宗男さん、そして小沢一郎さんということで全部、
清和会ではない人たちです、したがって東京地検にいじめられるのが嫌ならば清和会に入ってください。
ということで裏社会というのがあって、それは清和会であったり創価学会であったり、清和会の背後には、
統一教会がいるわけです、創価学会、統一教会という、二つのカルトを主体として、その周囲の政治家、
つまり清和会、それからまだいるんですよ、民主党の凌雲会、そしてみんなの党、公明党。
これ全部グルです残念ながら。http://www.youtube.com/watch?v=C7uSFEpwZkg

487世界@名無史さん2012/09/20(木) 09:58:45.230
藤山愛一郎と小佐野賢治や五島昇がいた頃の
日航(JAL)は角さんみたいな政治家と運輸省の官僚でさえ
手が出せなかったね。
「日航客室乗務員は三人の前でパンチラもサービスの一つだった」
という噂もあった。
日航の破綻の十数年前から、契約客室乗務員も、スポーツ選手と芸人の愛人とか一夜妻
なんていう話もウンザリするほど入って来た。
大物の眼の怖さなんか知らないバカが、多くなった時代なんだろうな。

488世界@名無史さん2012/09/20(木) 19:39:51.430
田中角栄の言葉
大蔵大臣に就任し、大蔵省に初登庁したときの挨拶。 

「私は小学校高等科の卒業である。しかし、いささか仕事のコツは知っている。
われと思わん者は、遠慮なく大臣室へ来てくれ。上司の許可は要らない。
何でも言ってくれ。できることはやる。できないことはやらない。
すべての責任は、この田中角栄がとる」

489世界@名無史さん2012/10/01(月) 09:25:03.180
角栄の元秘書の早坂茂三は本当に
航空会社と日本中の空港で、評判が最悪だったね。
全日空、東亜、日航客室乗務員やパーサーを怒鳴り散らす事
なんかザラだったらしい
晩年は愛人だけが残っただけだったらしけど
まだ愛人の佐藤昭子と右翼の児玉誉士夫や
政商の小佐野賢治がマシだったらしいね。

490世界@名無史さん2012/10/02(火) 09:59:13.060
全日空の若狭得冶と国際興業の小佐野賢治は
ロッキード事件の後も失脚せずに運輸省と帝國ホテルに
君臨したね。
当時帝國ホテルは国と会長だった金井寛人が対立したという
噂があったしね。
意外に小佐野と角栄は旧貴族達や官僚から人気があった。
二人の奥さんの関係かもしれんが
亡命や追放で困窮していた内外の貴族と旧内務官僚の家族の支援をしていた噂もある

491世界@名無史さん2012/10/02(火) 10:59:01.000
田中角栄こそ真の志士
これがわからない奴とは話す気にもならない

492世界@名無史さん2012/10/02(火) 12:40:55.620
田中角栄こそ元祖媚中政治家w
これがわからない奴とは話す気にもならない

493世界@名無史さん2012/10/03(水) 22:42:01.940
かつて田中角栄が「国政を牛耳るには1/4を抑えりゃ良い」と
公言したそうな。その根拠としては、まず国会の過半数を抑えれば与党だ。これで1/2
その与党の中の1/2、つまり国の1/4を牛耳れば国政を牛耳れると言う意味。
それを現代のアメリカの共和党で実現しようとしてるのが茶会連中w

494世界@名無史さん2012/10/03(水) 23:41:22.650
>>493
      _,,:-ー''" ̄ ̄ ̄ `ヽ、
     ,r'"           `ヽ.
 __,,::r'7" ::.              ヽ_
 ゙l  |  ::              ゙) 7
  | ヽ`l ::              /ノ )
 .| ヾミ,l _;;-==ェ;、   ,,,,,,,,,,,,,,,_ ヒ-彡|
  〉"l,_l "-ー:ェェヮ;::)  f';;_-ェェ-ニ ゙レr-{   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  | ヽ"::::''   ̄´.::;i,  i `'' ̄    r';' }   | それは私の台詞だ。
 . ゙N l ::.  ....:;イ;:'  l 、     ,l,フ ノ   | 
 . |_i"ヽ;:...:::/ ゙'''=-='''´`ヽ.  /i l"  < 人間は、家族・使用人・敵の3種類しかいないと
   .| ::゙l  ::´~===' '===''` ,il" .|'".    | いう、娘の言葉もこの血筋の品格を表している。
    .{  ::| 、 :: `::=====::" , il   |     \________
   /ト、 :|. ゙l;:        ,i' ,l' ノト、
 / .| \ゝ、゙l;:      ,,/;;,ノ;r'" :| \
'"   |   `''-、`'ー--─'";;-'''"   ,|   \_

495世界@名無史さん2012/10/04(木) 15:42:10.17O
八億のキチガイにものを売ろうとして十二億のキチガイに領土を盗まれる。

496世界@名無史さん2012/10/08(月) 09:59:40.390
田中角栄夫人の実家は
旧内務省の御用商人だった家
夫人の連れ子は、池田勇人元首相の一族に嫁いだ
直紀さんの実家は旧内務官僚の家

497世界@名無史さん2012/10/08(月) 19:11:46.01O
>>2
日中国交正常化は
すべきでは無かった!?
台湾切り捨ては
すべきでは無かった!?


へぇ〜隣の大国を無視した方が安全だったのか〜w

498世界@名無史さん2012/10/08(月) 19:14:55.950
最近の野田豚を見ると角栄を批判できるどころか現在の政治家は劣化している

499世界@名無史さん2012/10/09(火) 14:17:56.950
>>497
「隣国を援助する国は滅びる」byマキャべリ

500世界@名無史さん2012/10/09(火) 14:19:20.080

福沢諭吉 「脱亜論」(明治18年)
 日本の不幸は中国と朝鮮だ。
この二国の人々も日本人と同じく漢字文化圏に属し、同じ古典を共有しているが、
もともと人種的に異なるのか、教育に差があるのか、 日本との精神的隔たりはあまりにも大きい。
情報がこれほど早く行き来する時代にあって、近代文明や国際法について知りながら、
過去に拘り続ける中国・朝鮮の精神は千年前と違わない。
国際的な紛争の場面でも「悪いのはお前の方だ」と開き直って恥じることもない。
もはや、この二国が国際的な常識を身につけることを期待してはならない。
「東アジア共同体」の一員として その繁栄に与ってくれるなどという幻想は捨てるべきである。
日本は、大陸や半島との関係を絶ち、 欧米と共に進まなければならない。
ただ隣国だからという理由だけで特別な感情を持って接してはならない。
この二国に対しても、国際的な常識に従い、国際法に則って接すればよい。
悪友の悪事を見逃す者は、共に悪名を逃れ得ない。
私は気持ちにおいては「東アジア」の悪友と絶交するものである

501世界@名無史さん2012/10/09(火) 22:23:38.570
×「隣国を援助する国は滅びる」byマキャべリ
○「ヘタリア・朝鮮に肩を持つ国は滅びる」

李氏朝鮮のロシア支配を座視しろというのは当時の日本にとって自殺しろというのに等しい。
ドイツだってボルシェビキにバルト三国が攻撃された時に援軍を送っている。


502世界@名無史さん2012/10/10(水) 07:52:07.390
>>501
列強がそれを黙ってみてるはずがないという発想がないんだなw
日本が先走って半島に手を出した結果は何の事はない、英米にて都合のいい鉄砲玉
として使われただけ
結果的に日本が予想以上に強くてロシアを消耗させるどころか形としては負かした
というだけ

503世界@名無史さん2012/10/11(木) 05:43:28.830
>列強がそれを黙ってみてるはずがないという発想がないんだなw
現実にロシアが外蒙古や満州を制圧しても手を出せる列強は居なかったし
清国自身は無論手も足も出せなかった。朝鮮なんか論外。

504世界@名無史さん2012/10/11(木) 15:29:47.690
>>503
なんで列強の話に清はともかく朝鮮が出てくるんだよw
内陸部と沿岸部じゃ列強、特に英米の対応が異なるだろ

505世界@名無史さん2012/10/11(木) 22:19:04.120
ロシアの満州占領にイギリスは抗議はしたがそれ以上のことは出来なかった。
清が自らロシアを追い返すことはそれ以上に出来なかった。

506世界@名無史さん2012/10/11(木) 23:29:15.730
つーか列強各々勢力圏広げてなかったか。日本もある程度広げた

507世界@名無史さん2012/10/13(土) 08:23:10.670
引き際と後継者の育成に失敗した

508世界@名無史さん2012/10/16(火) 08:19:58.740
>>507
引き際はロッキード事件絡みだから難しいだろ。
田中本人は冤罪だと思っていたようだから徹底抗戦と現役続行以外の選択肢は考えてなかっただろうな。

ただ後継者育成に失敗したのは自覚していたようで、田中派分裂のかなり前から竹下を嫌っていたらしい。
おそらく竹下の力量というより徳の無さが気に入らなかったんだろう。
竹下は力量もあり人当たりも良かたわけだが。

509世界@名無史さん2012/10/21(日) 09:54:35.96P
教員給与の引き上げ、私学助成金で日本の教育をダメにした戦犯

510世界@名無史さん2012/10/24(水) 09:56:53.230
田中角栄もいいけど、読売の渡辺恒雄主筆と小佐野賢治の
伝記と生涯が、個人的にはおもしろいと思う。
小佐野賢治という人も2〜3年前までは嫌いだったけど
言われているほど悪い人では無かったらしい。
前に、田中角栄さんの料亭女将の愛人と、小佐野賢治さんの日航客室乗務員
の愛人を雑誌で見たけど、上品で、まともな人に見えたね。



511世界@名無史さん2012/10/24(水) 11:22:39.870
>>510
ほほう、お前は愛人を見ただけで人物鑑定ができるのか。
大した特技だなw

512世界@名無史さん2012/10/26(金) 18:49:10.910
>>511あほか

513世界@名無史さん2012/11/02(金) 15:10:41.56P
田中真紀子文部科学相は2日、閣議後の記者会見で「大学設置認可の在り方を抜本的に見直す」と述べ、認可を厳格化する方針を示した。
また、大学設置・学校法人審議会が1日に来春の開学認可を答申していた秋田公立美術大、札幌保健医療大、岡崎女子大(愛知県)の3件の4年制大学を不認可とした。
文科相が審議会答申を覆したのは、省内に資料が残る30年間で初めてで、極めて異例の判断。
 学校法人が大学を開校したり学部を新増設したりする場合、文科相は審議会にその可否を諮問し、答申を受けて決定する。
田中文科相は全国に4年制大学が780(国公立181、私立599)校あることに触れ
「大学教育の質が低下している。そのために就職できないことにもつながっている」とし、当面は新設を認めない方針を示した。
今後、検討会を設け、メンバーの多くが大学の学長や教授で占められている審議会の在り方を見直す。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121102-00000033-mai-soci

514世界@名無史さん2012/11/02(金) 17:02:38.370
つくづく、真紀子って不肖の娘だな。
せっかく角栄譲りの明晰な頭脳があっても、その理念を受け継いでいない。
まあ、角栄自身は真紀子が政治家になることを望んでいなかったかもしれないけど。

515世界@名無史さん2012/11/03(土) 06:26:04.090
小室直樹が真紀子をおしてたのが理解できん

516世界@名無史さん2012/11/03(土) 15:45:09.970
>>515
あの爺さんは良い政治家とは「上から指示の出せる神輿」と考えてたからね
実務能力よりカリスマ性重視
ただ真紀子は父親似の豪腕ではなくただの傲慢だった
見込み違い

517世界@名無史さん2012/11/04(日) 07:43:25.020
しかし、あらゆる点でタイミングが悪いね。
しかも彼女の言い分が妥当かといわれれば、かなり疑問。
いかにも「思いついたままやっちゃった」という感じだね。

http://anago.2ch.net/test/read.cgi/skyp/1344925627/
このスレッドに田中角栄の秘蔵っ子が「歴史の観察者」を名乗って角栄の意思を引き継ぎ頑張っています。
頑張っている場所は2ちゃんねるでありチャンネル桜という保守系団体の運営する掲示板だけです。
本物の角栄の関係者らしいですよ。
なのに2ちゃんねるをはじめとする掲示板でしか活躍できないようです。
それに田中角栄の継承者または関係者のようなことを吹聴しながら、圧巻なのは・・
スレッド内の>>666付近から始まるレスに注目。
山手線をグルグル回って沿線のネットカフェでパソコン数十台から駆使しての
チャンネル桜攻撃やをそれ(田中の偉業を伝えるためや自分を支那情報で高く売る目的)の
ための破壊工作をしていたという告白です。
田中軍団も地に落ちたものですね。
田中角栄の最後の継承者とチャンネル桜旧掲示板で吹聴していましたが、一つだけ大きな疑問があるのです。
どうして2ちゃんねるで頑張っているの?
どうして2ちゃんねるやチャンネル桜投稿者に言いがかりをつけているのか?
不思議でしょうがないですので田中角栄を善くも悪しくも興味がある方がいらっしゃるならどうか解明してください。
とにかく面白いですよ。どうやらこんなことばかり10年ぐらいやっているそうです。
僕はもうからかうのも怖くなってきましたので・・・。

519世界@名無史さん2012/11/04(日) 11:46:30.330
>518日本の人口約1億3千万人いるからね。

520歴史の観察者2012/11/09(金) 17:28:14.580
<518 :゚゚゚゚゚-y(^。^)。o0○ プハァー:くんや

なんや4日の午前10時からもう5日と8時間の経過だが、一向にその後の
この観察者さんのご報告ないな? もう1回のレスで終わりんけ?
案外、薄情な御人やったんか・・たった1回の・・これでも期待こめて待つ
とったんですわ・(笑)

521世界@名無史さん2012/12/07(金) 10:24:47.740
小坂徳三郎と小佐野賢治両氏の後継者でさえ田中角栄を
裏切って竹下登についたからね。
ご遺族たちも、創業した会社の経営陣や、他の大株主と対立状態だからね。

522世界@名無史さん2012/12/09(日) 09:23:17.210
しかし、角栄の後継者として真紀子がショボ過ぎたな。
人気はあるんだけど、結局毒舌だけの人だ。
今回の選挙じゃ危ないようだし、角栄も草葉の陰で泣いていることだろう。

523世界@名無史さん2012/12/16(日) 23:36:33.08P
【速報】 田中真紀子、比例区でも復活ならず完全落選決定 
http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news/1355667646/

524世界@名無史さん2012/12/17(月) 00:30:17.820
>>516 上手いこと言うな〜。ここ世界史のスレじゃね?

525世界@名無史さん2012/12/19(水) 22:20:25.530
【衝撃】今や日本人の3人に1人は年金受給者。この国は終わっとる。
http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news/1355878310/

526世界@名無史さん2012/12/26(水) 22:34:54.610
田中派は社民主義者だろ
いまの小沢派を見ればわかる

527世界@名無史さん2012/12/31(月) 20:40:07.72P
逃げ切り世代と医療 あとパチンコ在日テレビ

528世界@名無史さん2013/01/01(火) 17:41:13.910
さて、福祉と医療をどうしたいわけだね?

529世界@名無史さん2013/01/06(日) 09:57:05.81O
まあ悪いのは近代化を遅らせた徳川。
おかげで無理な近代化政策をした明治政府のツケが後世に。

530世界@名無史さん2013/01/27(日) 10:35:26.250
大谷貴義なんていう黒幕もいたね
経歴もわからないし誰も書けない
裏千家最高顧問で、そこから美人で
有名だった、娘のために婿をもらった
日美社長でもあった

531世界@名無史さん2013/02/03(日) 04:35:42.050
>>514
真紀子自身、政治家は長男への繋ぎでやってたが
長男は真紀子に反発して渡米して政治家にもならなかった。

532世界@名無史さん2013/02/04(月) 10:57:57.040
逮捕されたときピーナッツ2粒というメモ紙がみつかった件。
ザ・ピーナッツという怪獣映画に出ていた双子の歌手がいた。
アラブ人にも人気があって今でも古い映画がDVDで売られているらしい。
オイルショックからロッキード事件、「ピーナッツ」という隠語は何か話題になったなぁ。

533世界@名無史さん2013/02/04(月) 12:58:39.53O
「田中真紀子総理大臣待望論」なる本を書いて持ち上げた亡国評論家・渡部昇一は腹を切って謝罪しろ

534世界@名無史さん2013/02/15(金) 08:55:04.250
ロッキード事件で一番ブームになったのって
「記憶にございません」だろw

535世界@名無史さん2013/02/17(日) 16:41:45.620
真面目な話
田中角栄が日本を滅亡に追い込む元凶だったんだよ
こいつは完全に間違った政策を採った
それが今の日本の状況にそのまま反映されている

536世界@名無史さん2013/02/18(月) 21:02:41.810
>>535
いや、今の財政再建路線が間違っているだけで、角栄の政治は間違っていないと思うぞ。
角栄の経済政策は概ね正しかったと言えるし、防衛問題に消極的だったのも正しかった。
つーか、お前は具体的に何が悪かったと思うわけだね?

537世界@名無史さん2013/03/08(金) 17:34:42.870
「政治家は使い捨て」と言った小泉純一郎

http://music.geocities.jp/jphope21/0203/36/245_1.html

一世を風靡した「日本列島改造論」の田中角栄などがそうだ。

538世界@名無史さん2013/03/08(金) 20:06:03.810
三木も武器輸出三原則で変な縛りを作ってしまい、後に禍根を残した

539世界@名無史さん2013/03/18(月) 02:58:38.640
>>531
長男の嫁はごく普通の人で、真紀子は反対して結婚式にも出なかったそうな。
その嫁の知り合いが俺の同級生なんだが、真紀子は家庭でもあのまんまだってよ。

540世界@名無史さん2013/03/22(金) 08:59:43.420
狂乱物価で日本経済を木っ端微塵にした角栄なんぞしぶとく生き残った口だろ
普通の国なら暴動がおきて吊るされてるわ

541世界@名無史さん2013/05/26(日) 21:28:54.660
秋元康「指原は田中角栄」
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/akb/1369564497/

542世界@名無史さん2013/06/02(日) 23:52:39.380
>>536
535ではないが
問題棚上げの国交正常化 将来見据えない改造論にばら撒き政治
現在の国の膨大借金に隣国との先送りされた棚上げ問題が
今になって湧き出てるやんけ 何が正しい政治や

543世界@名無史さん2013/06/03(月) 00:51:09.380
>>542
まあ角栄後に方針転換できなかったことを全て角栄におっ被せるのもアレだけどな

544世界@名無史さん2013/06/03(月) 15:38:16.12O
むしろ、角栄後の奴が無能すぎだろ。
角栄が悪くないとは言わないが圧倒的に悪いのは後任の奴。
角栄は後任の奴にも影響力あったとはいえ。

545世界@名無史さん2013/06/03(月) 15:50:06.420
http://blog.livedoor.jp/nakasugi_h/

仏教・宗教・神道・歴史・政治経済・心理学・超常現象まで
話題豊富な中杉弘のブログです!

http://blog.livedoor.jp/nakasugi_h/

546世界@名無史さん2013/06/04(火) 20:34:59.64O
尖閣でも棚上げしたことが問題じゃなく、棚上げさせたのに、
いつの間にかその約束破って責め立てられてることなんだよな。
何故責め立てられるかと言うと反日バカサヨとそれを許す国民が悪いわけで。
向こうの非道に対していや日本が悪い土下座しろという馬鹿に、
発言権与えるマスコミとそれを許す国民が悪い。
中国がヘタなこと言えば殺すぞ戦争するぞと言えれば何でもない。

角栄の最大の功績は賠償権を中国に放棄させ講和を結んだことなのに。
靖国だ何だと全てを台無しに。

547世界@名無史さん2013/06/18(火) 05:43:01.500
講和は福田だって

548世界@名無史さん2013/06/21(金) 23:01:13.470
支那に残した莫大な官民財産、支那が日本に支払う賠償、
支那が日本から借りていた借金、消滅していなかった諸権利と請求権放棄。

こいつが売国奴で無かったら、誰が売国奴になるんだ!

549世界@名無史さん2013/07/11(木) NY:AN:NY.AN0

550世界@名無史さん2013/09/06(金) 18:47:30.690
>>132 >>546
対中賠償金より、日本の中国への請求金の方がはるかに大きい。
日本は満州に巨大な資産を残していってる。
国際法上は、残留資産への請求権が残ってるから。

同じように残置資産が巨額だった韓国とは
そもそも交戦状態にはなかったから、賠償交渉ではなく一括請求権交渉という形になって、
差し引きすれば日本が受け取る金の方が超巨額だからというので、
やむなく日本側は慰謝料的に「経済協力金」を支払う形で決着させた。

中国の間で賠償金交渉になった場合、日本側は請求権持ち出すから、
差し引きすれば日本が金受け取ることになる。
だからどのみち経済支援方式による解決にしかならない。

そもそもは対中賠償というのは、
日本が中国政府として扱ってたのは当初は連合国の国民党・台湾であって、
国民党・蒋介石は対日賠償放棄している。

中国・共産党は、台湾を国連から排除して、連合国・中国の継承を行って、
常任理事国にもなってる。彼らは連合国中国の継承権を主張する以上、
台湾が対外的に交わした国際条約など一切の法的債務を継承する義務を負ってるから、
台湾(国民党)が対日賠償放棄した以上、中国(共産党)も賠償放棄を引き継ぐより他ない。
中国はこういうロジックが最初は受け入れられず、これを主張する日本側外交官を法匪と罵倒していた。
(のちに、ああいう外交官を中国も欲しいと言ったそうだが)
だからこれは田中角栄の「功績」でも何でもない。

551世界@名無史さん2013/09/06(金) NY:AN:NY.AN0
しかし、もし賠償方式で解決してたとしたら、大した金額にもならず、
ちょうど東南アジア諸国他との国家賠償案件同様、完全に後腐れなくその時点をもってして最終決着できてたはずだ。

ところが賠償放棄を経済支援方式にしたことで、
実際には渋々受け入れた中国が、あたかも徳を示したかのように受け取る馬鹿な日本人が多く出現し、
なおかつ、中国人民は受け取るべき賠償金を受け取ってないと、ちょうど今の韓国人みたいな意識を持つようになった。
それも相まって、際限もなしに延々とODAで金引き出されるはめになったのである。
それが田中角栄が果たした「功績」だ。尖閣領土問題は中国が力を蓄えるまで「棚上げ」させられ、
延々と経済支援、技術支援を強いられて、そして「賠償放棄した中国」に感謝の気持ちを捧げる。
そういう関係、「日中友好」ムードを作り出したわけだ。
その後、中国は自国の外国人賓客向け迎賓館を「釣魚島」と名付けている。
そこに天皇が訪中して宿泊させられ、日本国天皇が中国釣魚島に宿泊したとニュースで報道してやがる。
ここまで馬鹿にされても、それに気付くことできない。
そして領土領海法で尖閣中国領編入。これやったのは福田首相との間で棚上げ主張のケ小平時代。
ちなみにケ小平は日本の侵略進出教科書報道後、南京虐殺記念館の設立を指示している。
まったくひどい有り様だ。
中国の国家賠償放棄は日本にとっては何の利益にもなってない。
むしろ大損させられた。ただより高いものは無いとはまさにこのことだ。

【心理】「情けは人のためならず」園児観察で実証/大阪大
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1376009209/
208 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2013/08/21(水) NY:AN:NY.AN ID:NuyaLoUk
>>13 日韓基本条約 93兆円の残留資産を放棄して韓国の国家予算の3倍の金をくれてやった
   日中平和条約 500兆円の残留資産を放棄
バクチョンヒと毛沢東の喜んだことと言ったらなかったんだぜ、お前の教科書には書いてないかも知れないがな。

552愛国者ベルモール画伯2013/09/09(月) 22:32:59.28I
俺による戦後の内閣総理大臣の格付け
※上に行くほど高評価。同じランク帯ならば左に行くほど高評価。

【S】岸信介、吉田茂(占領中)
【A】池田勇人、幣原喜重郎、東久邇宮稔彦王、小渕恵三
【B】鳩山一郎、福田赳夫、佐藤栄作、大平正芳、橋本龍太郎、安倍晋三
【C】麻生太郎、石橋湛山、竹下登、田中角栄、三木武夫、中曽根康弘
【D】片山哲、海部俊樹、細川護熙、芦田均、鈴木善幸、小泉純一郎
【E】宇野宗佑、森喜朗、福田康夫、宮澤喜一、野田佳彦、羽田孜
【F】吉田茂(講和後)、村山富市、菅直人、鳩山由紀夫

553世界@名無史さん2013/09/15(日) 15:32:33.120
週刊新潮 2012年9月6日号(2012/08/30発売)
http://www.shinchosha.co.jp/shukanshincho/backnumber/20120919/
http://www.shinchosha.co.jp/magazines/images/10/poster_l/20120919.jpg
▼日本列島改造論から40年!
 「新幹線」着工認可で蘇る「田中角栄」の亡霊
 ノンフィクション作家 神山典士

「新幹線」着工認可で蘇る「田中角栄」の亡霊
   ◆ 神山典士/田中角栄元首相、日本列島改造論、朝日新聞
週刊新潮(2012/09/27), 頁:156


文藝春秋 > 2013年10月号
http://gekkan.bunshun.jp/articles/-/849
http://gekkan.bunshun.jp/mwimgs/4/f/-/img_4ff93631622671d5b8b07b53a8c5525c548239.jpg
角栄の裏金を運んだ米国人の告白   徳本栄一郎

角栄の裏金を運んだ米国人の告白−ゴルフバッグの底に隠した五千万円
   ◆ 徳本栄一郎/元ディーク社社員・ブルース・エイトキン
文藝春秋(2013/10/01), 頁:332

554世界@名無史さん2013/09/21(土) 06:36:22.110
何故世界史?と思って、ここまで読んでも田中角栄を評価しないのか理解できなかった
何かをやってりゃ清濁併せ呑むってのは普通のことだと思うんだが
それに戦後20年だか30年だかで、そこそこ余裕が出たので
戦争で苦労した人たちを保証しようってのは、そんなに変か?
大企業から中小企業支援に変えたのも、今の韓国を見れば正解だったと言えると思うし
やっぱ有能だったと思うんだけどな

555宇都宮メルヘン村2013/10/17(木) 21:08:58.020
歴代内閣総理大臣の通信簿

【A】伊藤博文(トップ)、桂太郎、原敬(2位)、鈴木貫太郎、幣原喜重郎、
 吉田茂、岸信介、池田勇人、小渕恵三
【B】山県有朋、松方正義、西園寺公望、山本権兵衛、高橋是清、
 加藤友三郎、加藤高明、東久邇宮稔彦、鳩山一郎、石橋湛山、佐藤栄作、
 田中角栄、福田赳夫、大平正芳、竹下登、橋本龍太郎
【C】黒田清隆、大隈重信、若槻礼次郎、田中義一、浜口雄幸、犬養毅、
 斎藤実、岡田啓介、米内光政、東条英機、片山哲、芦田均、三木武夫、
 中曽根康弘、細川護熙、安倍晋三、麻生太郎
【D】寺内正毅、清浦奎吾、広田弘毅、林銑十郎、平沼騏一郎、阿部信行、
 小磯国昭、鈴木善幸、宇野宗佑、海部俊樹、宮沢喜一、羽田孜、森喜朗、
 小泉純一郎、福田康夫、野田佳彦
【E】近衛文麿、村山富市、鳩山由紀夫、菅直人

※安倍氏に関しては、第1次政権のみ評価し、再登板後は未評価。

556世界@名無史さん2013/12/15(日) 23:40:27.500
東京と韓国が驚くほど思想が似ている事実

・首都一極集中を賞美
・中央集権制を賞美
・異常なまでものメディア支配
・移民推進で人口増加(韓国は中朝漢族、東京は東北・信越県民だけ増加)
・首都と地方で分ける
・地方切り捨て
・首都のイメージにこだわる
・企業や団体の権力闘争大好き
・人をいじるのが大好き
・金や権力になる事業に必死だが、地道なことをしたがらない、よってノーベル賞ゼロ
・日本の文化の基である日本(大和民族)及び近畿(特に大阪)に対しコンプレックスを持っている


一極集中を加速させているのは毎年地方から流入してくる新潟出身移民。

本当に東京一極集中に反対なら
まず新潟周辺の人間に上京をあきらめるように説得しろよ。
上京して東京に住み着いている友人に新潟へ帰るように言えよ。

557世界@名無史さん2013/12/15(日) 23:42:53.100
人口再生産性の低い東京への若者集中が日本消滅を招く

http://www.mlit.go.jp/kokudokeikaku/iten/onlinelecture/lec113.html#m6
最後に、経済や文化、政治のもっとも基本的な前提条件である人口について、東京集中に一大弊害のあることを述べておきます。
以上のような論点に賛成できない人でも、この最後のポイントを否定するのは困難でしょうから、心してお読みください。

東京には、出生率が1.0未満と極端に低い、つまり人口の再生産性が低いという大変な欠陥があるのです。
これは、極端な人口過密が子育てしにくい環境を形作っており、ワークライフバランス(仕事と生活のバランス)が崩れているからです。
女性が高学歴で就労しているからだという説の方が多いので困るのですが、
実際には首都圏は国内でもっとも若い女性の専業主婦率が高いところです。
専業主婦が少なく、共働きが多い都道府県ほど出生率が高いというのは明白な傾向なのですが、
東京は通勤時間が長いためになかなか女性が働きにくく、その結果出生率も低いという状況にあります。

そういう場所に若者を集めてきたことは、明らかに日本の人口減少を早めました。
流入する若者2人につき1人しか子供が生まれないのですから、当たり前のことです。
実は、人口爆発の抑制が国家的課題だった昭和40年ごろまでの時代には、
東京への若者集中は極めて有効な策でした。逆にいえば、ここ数十年は明らかに時代遅れの施策といえます。

558世界@名無史さん2013/12/16(月) 13:32:40.160
良く功罪とか言うけどこいつには罪しか無いから
惨めな晩節も必然

559世界@名無史さん2013/12/16(月) 20:52:19.150
84.首都等、地方分権とかに移しやがれってんだよ、関東の土蜘蛛!

77.在京キー局(特にフジテレビ)が不採用になったからといって、
地方局を冷やかしで受けるのはやめてもらえませんか!

地方にはあなた方東京人をかまう余裕などないのですから!

66.東京人民共和国。
67.こんな都市は首都とは認めん!
こんな都市が首都とかwby大阪府民

関西の文化を馬鹿にするな!

そうだそうだ!
関西こそが日本文化の始まりなんを忘れんな!あほがーーー!
東京猿人!

地方出身者のやってることを、東京の人は〜と言うのをやめて欲しい。
東京マスコミだって地方出身者ばっかり。
地方切り捨て問題とかね。

1.首都機能分けてください!
無理by茨城住民
あえて分けるとすれば大阪か?
地方のことを馬鹿にしている余裕があるんなら首都機能分けろ!!
所詮ダメ人間の集団の癖に偉そうにするな!!!
どうせ地方のことを田舎だの遅れているだのと言って馬鹿にし続けたいだけだろ!!!!!!!!!!!!
ちょっぴりなら、もう分けてるんだけど(つくば他)。

国会、省庁、最高裁、皇居、マスメディア、
企業の本拠地、人口、みんな東京に集中しすぎている。
天皇は京都御所に返してもいいと思ってる。

560世界@名無史さん2013/12/16(月) 20:58:00.260
東京と朝鮮が驚くほど思想が似ている事実

・首都一極集中を賞美
・中央集権制を賞美
・異常なまでものメディア支配
・移民推進で人口増加(韓国は中朝漢族、東京は東北・信越県民だけ増加)
・首都と地方で分ける
・地方切り捨て
・首都のイメージにこだわる
・企業や団体の権力闘争大好き
・人をいじるのが大好き
・金や権力になる事業に必死だが、地道なことをしたがらない、よってノーベル賞ゼロ
・日本の文化の基である日本(大和民族)及び近畿(特に大阪)に対しコンプレックスを持っている

561世界@名無史さん2013/12/16(月) 21:00:23.970
平成 24 年経済センサス-活動調査(確報)これは卸売業,小売業の最新情報の結果な 

*1東京区 157,680,525    11埼玉市 **4,958,135
*2大阪市 *40,969,504    12千葉市 **3,500,595
*3名古屋 *25,113,770    13新潟市 **3,328,275 ←新潟=
*4福岡市 *11,794,425    14高崎市 **2,902,740
*5横浜市 **9,650,740    15岡山市 **2,828,421
*6札幌市 **9,328,052    16静岡市 **2,724,012
*7仙台市 **7,636,949    17川崎市 **2,710,553
*8広島市 **7,310,767    18浜松市 **2,578,812
*9神戸市 **5,918,321    19北九州 **2,486,839
10京都市 **5,517,846    20宇都宮 **2,462,958

21金沢市 **2,337,813 ←金沢
22鹿児島 **2,276,790
23高松市 **2,213,764 ←高松

参考
香川県 3兆2,924億(高松市 2兆2,137)(新潟市 3兆3,282←香川県より多い)
石川県 3兆5,928億(金沢市 2兆3,378)(新潟市 3兆3,282←石川県の9割以上に相当)
富山県 3兆0,120億
福井県 1兆8,968億(新潟市 3兆3,282←福井県の2倍近くある)
沖縄県 2兆1,952億(新潟市 3兆3,282←沖縄県の1.5倍ある)

自称拠点都市の金沢市も高松市も県を丸ごと全域合併しないと新潟市に対抗出来ないレベル

562元気いっぱいのウサギの女の子2013/12/27(金) 19:32:49.110
歴代内閣総理大臣偏差値ランキング

70.0 伊藤博文
67.5 原敬
65.0 吉田茂、池田勇人
62.5 山県有朋、桂太郎
60.0 幣原喜重郎、大平正芳、小渕恵三、東久邇宮稔彦王
57.5 岸信介、鈴木貫太郎、山本権兵衛、加藤友三郎
55.0 福田赳夫、黒田清隆、西園寺公望、加藤高明、佐藤栄作
52.5 犬養毅、橋本龍太郎、三木武夫、田中義一、細川護熙
50.0 松方正義、高橋是清、石橋湛山、浜口雄幸、片山哲、森喜朗、鳩山一郎
47.5 岡田啓介、斎藤実、若槻礼次郎、中曽根康弘、海部俊樹、福田康夫、野田佳彦
45.0 竹下登、田中角栄、芦田均、安倍晋三、麻生太郎
42.5 寺内正毅、清浦奎吾、宮沢喜一、小泉純一郎、米内光政
40.0 広田弘毅、鈴木善幸、平沼騏一郎、小磯国昭
37.5 宇野宗佑、羽田孜、阿部信行、林銑十郎
35.0 大隈重信、東条英機
32.5 村山富市、菅直人
30.0 鳩山由紀夫
27.5 近衛文麿

563世界@名無史さん2014/01/10(金) 08:34:37.160
あのばばあは角栄の負そのもの

564世界@名無史さん2014/02/23(日) 17:35:44.030
竹下登・金丸信(竹下派七奉行)語録集
https://twitter.com/99999999999INFO
http://www.cosmopolitan-airways.com/japanese.html
平成研究会とは、自由党吉田茂派を起源に持ち、周山会(佐藤栄作派)・木曜クラブ(田中角栄派)の流れを汲む、鉄の軍団と呼ばれる保守本流集団。

565世界@名無史さん2014/03/17(月) 03:48:35.840
中国をつけ上がらせた親中派の財界人&経済人列伝@
新日鐵「中国の対日工作に絡め取られ鉄鋼技術を流出させた!?」
http://biz-journal.jp/2012/10/post_814.html
中国をつけ上がらせた親中派の財界人&経済人列伝A
歴代経団連会長「財界の後押しで日本と中国が経済協力」
http://biz-journal.jp/2012/10/post_815.html
中国をつけ上がらせた親中派の財界人&経済人列伝B
JR東日本&川崎重工「中国の新幹線はJRの技術の盗用」
http://biz-journal.jp/2012/10/post_816.html

566世界@名無史さん2014/03/25(火) 02:52:27.310
【河野談話】新たな談話を出す可能性について民主・海江田氏「安倍総理大臣は河野談話を守ると言っており、全面否定することになる」
http://ai.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1395568940/
197 名前:名無しさん@13周年@転載禁止[] 投稿日:2014/03/24(月) 20:53:14.75 ID:/cO+4sXT0
なんで日本がこんな謝罪・土下座外交になっちゃったのかって、
日中国交正常化交渉がきっかけになったと思うな。>>67の連載記事にも出てるが、
中国は巧みに日本を利用してきて、その宣伝工作の中には、
日本の世論を誘導して、日本国内に日中友好ムードを醸成させるという工作プランが含まれてた。
それによって出てきたのが、祖先が中国出身という広岡朝日新聞社長が打ち出した「日中友好は社是」とか、
本多勝一の朝日連載「南京への道」とかだ。
そこから一方的に日本の歴史を追及し断罪する戦争犯罪報道が展開されていった。
日本に過去への負い目を持たせる、外交劣勢に追い込ませる発想だ。
もともと韓国相手には、日本の知識人やメディアは強硬だった。
日韓国交交渉でも日本の役人は何を謝罪しろと言うのか、などと高圧的だったし、
韓国の軍国政権を批判し、北朝鮮を賛美してたのが日本のメディアだったわけだから。
ところが対韓国においても、日中国交交渉以降に形成された贖罪意識のレールに乗っかる形で、
卑屈な自虐史観の記者、役人、政治家、国民がブロイラーのように生産されるようになってしまった。
それが行き着いたところに河野談話や村山談話が出現している。
戦後日本の転機は日中国交正常化だったと思う。
あの時、日本は中国という国の本性を知らなかった。
それによって知ってたはずの韓国の本性まで忘れてしまってた。

567世界@名無史さん2014/03/29(土) 05:33:25.560
【河野談話】新たな談話を出す可能性について民主・海江田氏「安倍総理大臣は河野談話を守ると言っており、全面否定することになる」
http://ai.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1395568940/70,73,74,78,83,88,90,91,93,94,96,98,99,102,104,112,113,118,121,
http://unkar.org/r/newsplus/1395568940/70,73,74,78,83,88,90,91,93,94,96,98,99,102,104,112,113,118,121,

2014/03/18
【国際】中国初「強制連行」訴訟受理 習近平指導部が民間の対日賠償請求を容認 日本と関係悪化必至
http://ai.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1395143942/l50
2014/03/19
【国際】中国、対日本で韓国と連携?…強制連行訴訟
http://ai.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1395229580/
2014/03/23
【国際】強制連行、原告1000人規模 中国で訴訟、拡大も
http://ai.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1395557360/

568世界@名無史さん2014/03/30(日) 19:09:20.390
>>551
2014/03/30
【米中】中国人権活動家に批判されるオバマ夫妻
http://ai.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1396157171/
中国の人権活動家たちは最近、米国のオバマ政権に対する不満を高めている。
歴代米政権と比べて、中国の人権や民主化問題への言及が少ないだけではなく、ミシェル・オバマ大統領夫人(50)が今月、
中国を訪問した際、四川省成都市のチベットレストランで食事をしたことについて「チベット問題で中国の演出に協力した」と
ショックを受けた人が多い。
シリア、ウクライナ問題の対応でリーダーシップが取れず「弱腰外交」と国際社会から批判されたオバマ政権だが、中国の
人権問題への対応でも手厳しい評価を受けている。

(中略

中国国内の人権派弁護士や活動家らが曹さん死亡の真相究明を求める署名活動を全国で展開している。
「ミシェル夫人は習主席夫妻との会談で、曹さんの例を挙げ、中国の人権問題に言及するのではないか」と期待する関係者も
いたが、今のところ、会談でのそういった内容に触れた報道はない。

ミシェル夫人は中国で、西安や成都など複数の地方都市をも訪れた。
成都ではパンダ繁殖研究基地を視察し、ジャイアントパンダに餌のリンゴを与えるなどして楽しんだあと、成都市のチベット料理の
レストランで昼食を取った。中国メディアはこの日程を大きく伝えた。

「『中国でチベット文化が大事にされている』という中国側の宣伝に協力した」「もうアメリカのことを信用しない」といった落胆の声が
知識人の間で広がっている。

569世界@名無史さん2014/04/01(火) 22:08:59.47O
田中角栄は最高の政治家だな。

570世界@名無史さん2014/04/08(火) 08:10:50.050
>>566-567
『ニューズウィーク日本版』 慰安婦問題という名の泥沼  2013年6月11日号(6/ 4発売)
http://www.newsweekjapan.jp/magazine/102044.php
Newsweek (ニューズウィーク日本版) 2013年 6/11号 [慰安婦問題]
http://www.amazon.co.jp/dp/B00CYLV9ZI

NewsWeek「慰安婦問題という泥沼」1
http://uvwwxy.cocolog-nifty.com/xyzuvw/2013/06/newsweek-d5ea.html
泥沼化の様相を呈する「慰安婦問題」の発端は1990年代初頭に、三つの失敗があったという。
慰安婦問題が突如浮上したのは91年のアジア太平洋戦争韓国人犠牲者補償請求事件
がきっかけ。当時の宮沢喜一内閣で官房長官を務めたのが加藤紘一。

NewsWeek「慰安婦問題という泥沼」2
http://uvwwxy.cocolog-nifty.com/xyzuvw/2013/06/newsweek2-7f82.html
一方で談話の草案を担った谷野太朗内閣外政審議室長は軍人や村の職員も含むと考えていた。
弱体化した政権末期、拙速の談話が、今日でもいわゆる「強制性」の根拠として持ち出される。
そしてその談話そのものが、当時の金大中韓国大統領から「(韓国国内向けに)とにかく、謝って欲しい、
それでお仕舞いにするから」と懇願されてのものらしい。
(※谷野太朗 → 谷野作太郎)

NewsWeek[慰安婦問題という泥沼3
http://uvwwxy.cocolog-nifty.com/xyzuvw/2013/08/newsweek3-9d1c.html
河野談話後、日韓両国の間で慰安婦をめぐる大きな論争は起きなかった。ところが、94年に社会党、自民党、
新党さきがけの連立政権が誕生すると首相に就任した社会党の村山富市は「寝た子」を起こす行動にでる。
慰安婦への賠償の模索だ。

谷野作太郎 (1998-2001年) 74歳 外務省の「チャイナスクール」元老、福田康夫元首相の同級生
http://images.china.cn/attachement/jpg/site1004/20100618/00080286e07a0d856f583a.jpg
日中関係のガン?外務省チャイナスクールの功罪
http://matome.naver.jp/odai/2138873780309501901
特集ワイド:谷野作太郎・元駐中国大使に聞く/下 「河野談話」「村山談話」 「痛み」日本人として共有を
http://blog.goo.ne.jp/midorinet002/e/a25e339109272c5f2b84f4742d51893d

571世界@名無史さん2014/04/08(火) 08:20:23.830
2014/3/23
加藤紘一氏、天皇訪中「宮沢さんは一生懸命じゃなかった」
http://www.nikkei.com/article/DGXNASFK2000E_Q4A320C1000000/

実効支配、当時は「安心感」 谷野作太郎氏(元駐中国大使)
 ――天皇陛下の訪中について、中国側からどんな働きかけがありましたか。
 「かねていろいろなルートを通じ、天皇陛下(昭和天皇)を中国にお招きし…続き
朝刊(2014/3/23付)1104文字

http://blog.goo.ne.jp/midorinet002/e/a25e339109272c5f2b84f4742d51893d
> ■人物略歴
>  ◇たにの・さくたろう
> アジア局長時代に日朝国交正常化交渉、天皇訪中、駐中国大使時代には
> 江沢民国家主席の訪日(98年)に携わった。

『西岡力副会長のお話』
http://piron326.seesaa.net/article/3524128.html
実は金丸はですね、当時の谷野というアジア局長をワシントンに送って、「核問題は米朝でやってください」と。
「日朝国交正常化交渉では核は扱いませんと言いに行け」といって、言いに行ったんです。
そしたらワシントンはカンカンに怒って、「核問題では1ミリの譲歩もしないからな」と。
「日朝国交正常化交渉でも核をやれ」と言われて帰ってきたんです。


◆【戦後60年 歴史の自縛】(1)内閣改造直後に突然「村山談話」 少数で決めた「侵略」の謝罪
http://blogs.yahoo.co.jp/juliamn1/8149640.html
 当時、内閣副参事官として談話の原案を起草した民主党参院議員の松井孝治は、「政策的に思い切った
アイデアを企画する場合、官邸スタッフが『少数ならでは』の思わぬ効果を上げる場合がある」とした上で、
「首相側近の大物官僚が村山の意向をくみとり、週末に親しい学者と相談して書き上げた」とごく少数の
官邸スタッフが携わり、極秘裏に案文づくりが進んだことを認めている。
 大物官僚とは、内閣外政審議室長(現・内閣官房副長官補)で、後に駐中国大使となった谷野作太郎だ。
 谷野は、「(アジア諸国の人々に対し多大の損害と苦痛を与えたという)歴史の基本的ラインを曲げてはいけない、
開き直ってはいけないと思った」と証言する。

572世界@名無史さん2014/04/08(火) 08:22:01.800
総聯の抗議が怖い

卑屈にならざるをえないひとつの理由は、総聯からの「抗議」という暴力が怖いから、または鬱陶しいから、
ということがある。それはまた、日本がいかに暴力に弱いかということの証明でもある。1980年代末ごろのことである。
外務省アジア局は北朝鮮に抑留されている「第18富士山丸」釈放のために頭を悩ませていた。当時、審議官だった
元駐中国大使の谷野作太郎氏から「なにかよい解決策はないだろうか」と問われた私は、こう答えた。
「簡単です。『第18富士山丸』を返さないなら、北朝鮮を訪問する在日朝鮮人に再入国許可をださないといえば、
すぐに解決すると思います」在日外国人が日本国外に出国するのは自由であるが、ふたたび日本に戻る場合は、
事前に法務大臣の入国許可を必要とするのである。谷野審議官はこれを聞いて「朝鮮総聯が抗議に来ませんか」
といった。「来ると思います。しかし向こうが『人権侵害だ』といったら、『第18富士山丸の日本人にも人権がある。
みなさんが北朝鮮を訪問したいなら、北朝鮮政府に第18富士山丸を釈放するよう要請してください』といったら
いいでしょう」
「デモが来るでしょうね。外務大臣や首相がデモに耐えられるかどうか……」審議官は語尾を濁した。
このやりとりをわかりやすくいえば、デモが怖いから人質をとり返すための制裁措置がとれないということである。
http://www.geocities.co.jp/WallStreet/2463/sonota.htm

-------------------------------------------------------

2013/06/15
【政治】韓国人を「強き者には屈し、弱き者には横暴」 日韓正常化交渉、韓国非難の公文書 決裂させた日本代表★2
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1371294629/
http://logsoku.com/r/newsplus/1371294629/
日韓国交正常化交渉で1953年に日本側首席代表を務めた外務省の久保田貫一郎参与が、
朝鮮半島の植民地支配を正当化する発言で反発を招いた直後に韓国側を「思い上がった雲の
上から降りて来ない限り解決はあり得ない」と非難する公文書を残していた。
(略
韓国人を「強き者には屈し、弱き者には横暴」と評し、当時の李承晩政権について「打倒の努力を開始すべき」と
対決姿勢を鮮明にしている。

573世界@名無史さん2014/04/13(日) 05:12:37.710
【政治】福田康夫元首相が安倍首相を批判「靖国参拝で日本の外交は100年ダメになった」
http://ai.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1397268200/264,266,271,274,276,279,
http://logsoku.com/r/newsplus/1397268200/264,266,271,274,276,279,

中国の対日戦略:イアン・ブレマーの分析
http://geopoli.exblog.jp/21961087/

【国際】シンガポール専門家「米国は中国との関係を犠牲に出来ない、日米同盟は中国の勃興で崩壊する」
http://ai.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1396697817/

574世界@名無史さん2014/04/19(土) 20:43:43.810
田中角栄はアメリカの虎の尾を踏んで忙殺されたわけだけど、
具体的には石油メジャーの利権とか、中国との関係がアメリカの気に入らなかった
ということらしいが、
他に、新幹線構想がアメリカの航空機メーカの気に入らなかったこともあるんじゃないかな
日本中を新幹線で結ぶと言っていたが、ロッキードなんかの航空機メーカーはそれは気に入らないだろう

いまだにリニア新幹線ができてないのも、アメリカ航空機メーカーの陰謀だと思うわ

575世界@名無史さん2014/04/20(日) 21:32:54.090
田中角栄は7000キロ新幹線計画を進めていた
田中角栄が生きていたら今頃はリニア新幹線が日本中を結んでいただろう
リニアなら東京福岡を2時間で結ぶ、東京札幌も2時間だ
そうなると飛行機はいらなくなる

576世界@名無史さん2014/04/21(月) 16:41:42.540
>>567
【貿易】中国、商船三井の船を差し押さえ 戦後賠償訴訟で [2014/04/20]
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1398001674/
【国際】中国裁判所、商船三井の船舶を差し押さえ=1930年代の賃借めぐる敗訴で★4
http://ai.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1398006168/
【国際】菅長官「日中国交正常化の精神、根底から揺るがす」 商船三井船舶差し押さえ [4/21]
http://ai.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1398051184/
【国際】商船三井の船差し押さえ:国際司法裁判所に政府が提訴を検討[4/21]
http://ai.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1398042564/

577世界@名無史さん2014/04/21(月) 16:43:14.580
>>574
【USA】 ジャップは裏切り者 72年にキッシンジャー氏 日中正常化に反発
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1148692914/
http://mimizun.com/log/2ch/news4plus/1148692914/

578世界@名無史さん2014/04/27(日) 08:01:04.720
アメリカが極東で戦ってきた理由は、実際にはアメリカの利権を守るためだが、
建前としては、日本を守るためと説明してきたからな。

田中角栄がアメリカで犯した罪は、支那との国交締結にこそ有る。
国際政治に対するセンスのなさ、盲目ぶりは、酷すぎる。

579世界@名無史さん2014/05/03(土) 22:56:45.550
彼は情に厚い人間と思います
彼は満州に徴兵されてますね
中国には特別の思いがあった
そして周恩来との出会い
それらが一種の敗因となったと想像しております

580世界@名無史さん2014/05/04(日) 01:21:00.810
【中国】外交文書に「尖閣諸島」と日本名明記 「琉球(沖縄)の一部」と認識 初めて発見と時事通信
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1356590365/146,171,188,333,337
http://unkar.org/r/newsplus/1356590365/146,171,188,333,337
【TPP】業を煮やした米国は自民党有力者へのロビー活動に力を入れ始めたと産経新聞
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1359559228/158,160-162,164,165-166
http://www.logsoku.com/r/newsplus/1359559228/ID:w4W/GCrs0
【経済連携】カナダとメキシコが極めて不利な追加条件を受諾してまでTPPに喜んで参加する本当の理由[13/03/09]
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1363158753/571,584,585,589
http://unkar.org/r/bizplus/1363158753/571,584,585,589

2013/02/13
【尖閣問題】田原総一朗氏「日中のこじれ、外務省の橋本氏が『棚上げ』を記録から削除したせい。日本は中国にウソをついた」[02/13]
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1360685278/

2013/7/28 3:30
「尖閣棚上げ」すれ違う日中 40年前に起点
http://www.nikkei.com/article/DGXNZO57831990X20C13A7NN9000/?dg=1
 参院選で圧勝した安倍晋三首相は、腰を据えて外交課題に取り組める政権基盤を手に入れた。
しかし最大の懸案である日中関係は、沖縄県の尖閣諸島をめぐって改善の糸口がみえない。
領有権問題の「棚上げ」を主張する中国とそれを認めない日本――。すれ違いはどこで生じたのか。
 6月初めに訪中した野中広務元官房長官の発言が、日本政府に衝撃を与えた。
 1972年、日中の国交正常化に向けて会談を重ねた当時の田中角栄首相と…

2012/10/04
【尖閣問題】尖閣は米国巻き込まず日中だけの問題に キッシンジャー氏「最も切実な願い」[10/04]
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1349319843/

581世界@名無史さん2014/05/06(火) 11:42:28.420
角さんの遺骨のIPS細胞のクローン人間でいないかな?
彼が20人いれば日本は世界一の国なるなw

582世界@名無史さん2014/05/07(水) 07:10:40.740
2014/05/06
【政治】いつまで続ける対中ODA、総額3.6兆円の「受け入れ難き現実」 なぜ日本政府は中国に年300億円も「貢ぐ」のか★2
http://ai.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1399332492/
中国は戦争賠償の代替とのとらえ方
そもそも中国側には日本によるODA供与は、中国に対する戦争賠償の代替の意味合いを持っているとの認識がある。
昭和47年9月に出された日中共同声明の第5項では、中国は日本に対する戦争賠償の請求を放棄することを宣言しており、
中国が戦争賠償の代替という認識を持っているとすれば完全な誤りだ。

しかし、平成12年5月に来日した中国の唐家●(=王へんに旋)外相(当時)は「中国に対するODAは、戦後賠償に代わる行為である」
との認識を示した。つまり、「日本がわれわれ中国に対して資金を提供するのは当然であり、むしろ義務といえる」
という意識が彼らの根底にあるといっていい。

まだ見えない見直し論
中国は22年に国内総生産(GDP)で初めて日本を追い抜き、25年のGDPは名目で日本の約2倍となる。
中国は経済力をバックに軍事拡張を続け、その海軍艦船は東シナ海や南シナ海をわが物顔で遊弋(ゆうよく)し、西太平洋でも頻繁に
軍事演習を展開している。しかも公然と日本の固有の領土である尖閣諸島を奪い取ろうとしているのだ。
その国に対して資金援助をする必要はどこにあるのだろうか。

583世界@名無史さん2014/05/07(水) 11:22:17.010
日本と支那の紛争は、いつも支那が悪い。
経済にしても、外交にしても、その延長としての戦争にしても。

いつも支那が悪いのに、日本が悪いから謝れと言う。賠償しろと言う。理不尽にもほどがある。
あんな連中や国とは付き合う必要が無いのは、日本人なら誰にだって判る。

せっかく国交も無くなったのだから、永久にその状態を固定すれば良いモノを、
わざわざ交際を始めた馬鹿者が居た。千年に一人の大馬鹿者だ。

コンピューター付きブルドーザーとあだ名されたその阿呆は、だけど馬鹿では無いのだろうな。
意図的に、日本の国益を損ねる振る舞いを続けた。
状況証拠から、支那に金を貰って、自己の勢力を拡大した売国奴なんだな。

584世界@名無史さん2014/05/08(木) 11:23:26.970
そりゃキッシンジャーに激怒されるわな
矢鱈おだてられて調子に乗って
先のことが全く見えてなかった

585世界@名無史さん2014/07/04(金) 23:52:37.420
>>499
グローバル化した世界にそんな理屈は通用しないだろ

586世界@名無史さん2014/07/14(月) 02:04:56.090
【経済】そして誰もいなくなった…先進主要国の中で「独り負け」、人手不足を生む人口減少ショック、「瓦解を始める日本」の現実[07/14]
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1405268640/
 なぜ、日本だけがそうなったのか??BNPパリバ証券の河野龍太郎・経済調査本部長は、
老人医療費の無料化や医療保険の給付率の改善、年金の物価スライド制などが導入された
73年の「福祉元年宣言」に原因があるという。


没後20年目の角栄ブーム―ソフトな保守への郷愁
http://www.nippon.com/ja/currents/d00115/
一方で、高度成長の果実を分配すべく、「福祉元年」を宣言して老人医療費無料化、
5万円年金といった施策を断行。

1973年 福祉元年
http://www.jicl.jp/now/jiji/backnumber/1973.html

587世界@名無史さん2014/07/14(月) 05:29:16.740
没落の元凶はどうみてもハニトラに引っかかったポマードだろうが

588世界@名無史さん2014/07/14(月) 14:49:33.74i
内政の木曜クラブ 外交の清和会

589世界@名無史さん2014/07/14(月) 15:28:50.01i
内政の木曜クラブ 外交の清和会

590世界@名無史さん2014/07/25(金) 07:35:20.410
2014/07/24
【歴史】常任理事国の議席「棚上げ」模索=中国代表権問題で日本 24日公開の外交文書 [7/24]
http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1406199630/

591世界@名無史さん2014/07/27(日) 03:24:06.130
2014/07/26
【歴史】 米高官、中国核武装を憂慮=実験9カ月前、池田首相は楽観−外交文書 [時事通信]
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/news5plus/1406373858/

592世界@名無史さん2014/07/28(月) 09:18:20.090
日本はなぜ外交で負けるのか 日米中露韓の国境と海境 [単行本(ソフトカバー)]
山本 七平 (著) 出版社: さくら舎 (2014/7/9)
http://www.amazon.co.jp/dp/4906732828
内容紹介
尖閣問題も、竹島問題も、捕鯨問題も、すでに山本七平は予見していた!

米・中・露・韓…いま日本は、いずれの国との外交も手詰まりになっている。
何が日本を外交音痴にさせているのか?どうすれば外交交渉をうまく進められるのか?
山本七平は30年以上前に、すでにこれらの外交問題を予見し、考察していた!

日韓のもつれにもつれた誤解、中国と未解決の沖縄問題、自由主義国アメリカが
最後に見せる「別の顔」…など、日本の外交問題にあらたな視線を投げかける!

内容(「BOOK」データベースより)
外交なき日本!日本は次々と国益を失っている!尖閣・竹島も、対米戦略、捕鯨問題も、
とっくに予見されていた!山本七平が示す真の外交の本質!!初の単行本化!

593世界@名無史さん2014/08/09(土) 23:32:23.780
山本 七平なんてまだ信用してる人がいたのかw

それにしても臭っさいな!このスレ

594世界@名無史さん2014/08/23(土) 01:45:41.290
2014/08/22
【中国】「棚上げしても闘争続ける」=74年、尖閣めぐりトウ氏発言―主張正当化狙う
http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1408690740/

595世界@名無史さん2014/09/15(月) 01:45:42.920
>>570-572
2014/9/14付
(ASEAN半世紀)(2)反日契機に「対等」うたう 福田ドクトリン誕生 経済で「真空」埋める
http://www.nikkei.com/article/DGKDZO77073710T10C14A9TY8000
http://www.nikkei.com/content/pic/20140914/96959996889DE5E5E2E5E1E5E3E2E3E1E2EBE0E2E3E6868BEAE2E2E2-DSKDZO7707372013092014TY8000-PB1-6.jpg
 1974年1月、東南アジア諸国連合(ASEAN)に加盟する5カ国を歴訪した首相の田中角栄は、
タイとインドネシアで激しい反日デモに遭った。
 
 日本不信が噴出

 「田中よ、われわれを円で支配しようとするな」「黒い商人の田中は帰れ」
 特にインドネシアの首都ジャカルタでは、暴徒と化したデモ隊が日本車や日系企業のビルを焼き打ちし、
街は騒乱状態になった。田中は滞在中の3日間、迎賓館のある独立宮殿の構内から一歩も外に出られず、
最後はヘリコプターで脱出せざるを得なかった。
 インドネシアのデモは当時の大統領、スハルトを追い落とそうとする勢力が仕掛けた権力闘争の側面もあり、
ひとえに反日感情のせいにはできない。それでも、日本政府の受けた衝撃は大きかった。
 外務省が田中の帰国直後にまとめた内部文書は、反日デモの背景を次のように分析している。
 「対日批判の内容はわが国のインドネシアにおける経済進出、経済協力のあり方、および日本人の経済活動
を含むビヘイビアー(態度)であるといえる」…

5965952014/09/15(月) 01:46:39.500
 77年に入って、ASEANは8月にマレーシアのクアラルンプールで開く創立10周年記念の首脳会議に日本の
首相、福田赳夫を招きたいと表明する。…

 「軍事大国」捨てる

 「最終訪問地マニラにおいて『わが国の東南アジア政策』についての主要な柱を盛り込んだ福田ドクトリンともいう
べきスピーチを行う」。外務省がこう明記したメモをつくったのは、福田歴訪の準備が大詰めを迎えた7月初めだった。
 メモには南東アジア2課長だった元中国大使、谷野作太郎のサインが残る。アジア局参事官の枝村はメモを
基に「心と心のふれあう関係の構築」など4原則からなる福田ドクトリンの原案をまとめた。
 枝村が初稿を書き上げると、ほどなくして首相官邸から「軍事大国にならないとの決意を盛り込むように」という
福田の指示が届く。枝村はこれをドクトリンの第1原則に据えた。…

 福田ドクトリンをきっかけに、ASEANは日本の支援を全面的に受け入れるようになる。77年に約2億7千万ドル
だった日本からASEANに向けた政府開発援助(ODA)の純支出額は、92年に約30億ドルと10倍以上に膨らんだ。…

597世界@名無史さん2014/09/25(木) 01:54:32.750
チャイナ・ウォッチャーの視点
中国・訪日ブームの陰で気づいた対日認識の根本的な欠陥
「知日」不足に悩む中国(前篇)
2014年09月18日(Thu)  平野 聡 (東京大学大学院法学政治学研究科准教授)
http://wedge.ismedia.jp/articles/-/4208
 執拗に日本の「無反省」「道徳心の欠如」「野心」を叫び、日本の国際的な評価を奈落へと押し下げることで、
日本人の間に恐慌状態を引き起こし、中国の「正義の声」に誠意を以て応えるような「日本人民の良知」が
満ちるようにする。これこそが、「反省する日本人民と、それを受けいれる度量の大きな中国人民」の関係である。
中共の長年にわたる対日「統一戦線」はそのようにして日本の「進歩的」な日中友好派を増やして来たし、
党派を超えた日中友好派もそのように応えてきた結果、中国の経済発展に寄与してきた。
いまや中日の総合国力が逆転した以上、中国が自己主張を全面的に押し通せば、日本人民の正義の声は、
「中国の正しさ」を受け容れるよう日本の実権派に迫るに違いない……対日強硬外交全開のとき、
中国はそう考えるのであろう。

チャイナ・ウォッチャーの視点
講談社『中国の歴史』が中国で大ヒット
日中のソフトパワーに圧倒的な差
「知日」不足に悩む中国(後篇)
2014年09月19日(Fri)  平野 聡 (東京大学大学院法学政治学研究科准教授)
http://wedge.ismedia.jp/articles/-/4209

598世界@名無史さん2014/10/05(日) 06:17:17.390
勝海舟と同じこと言ってるんだよな角栄は
海舟も日清戦争大反対
そもそも奴らは国じゃなくて大陸民だからな。一国家として扱っちゃ駄目なんだよ

小異を残して大同につく。これ外交の鉄則だぜ
もちろん支那だけじゃない。ロシアもそうだろ
今日本が採るべき道は日露同盟
ここで中国とアメリカを牽制しつつ、裏で中国と仲良くする

表面上はアメリカと対立しないこととする
まずロシアなんだよ。むしろプーチンがそれを望んでいる。2島で良い
というかあんな小さい島は要らない。見返りででシベリアがついてくる

日中露が仲良くなっちまったら米軍基地要らないんだよ
これを恐れてるんだよアメリカは

599世界@名無史さん2014/10/05(日) 09:49:59.300
なんでも調子のいいときは簡単なんだよ
悪いときにどうするか

600世界@名無史さん2014/10/05(日) 12:45:26.690
600

601世界@名無史さん2014/10/05(日) 20:17:55.960
ロシアは良いだろう。第三次日露戦争に勝っているのだから。
日本から奪った領土が、ロシア領として正式に確定する。

日本は駄目だ。第二次、第三次で負けて、領土を盗られたままだ。

ウラジオストックの日本占領と松前藩が持っていた、勘察加半島、樺太全島、千島列島全島を日本が奪い返した後でなら、
ロシアが従属する形での、日露同盟はありだろう。

ロシアが従うかって?
日本は、大東亜共栄圏を奪ったアメリカに従っている。
ロシアが従わない道理は無いし、現段階ではそれくらい日露同盟とは、荒唐無稽な話だ。

602世界@名無史さん2014/10/11(土) 18:12:45.170
『近年ノーベル賞を取った日本人』

南部陽一郎 1921年生
小柴昌俊 1926年生
下村脩  1928年生
赤崎勇 1929年生
鈴木章 1930年生
根岸英一・大江健三郎  1935年生
白川英樹 1936年生
野依良治 1938年生
利根川進 1939年生
益川 敏英 1940年生
小林誠 1944年生
中村修二 1954年生
田中耕一 1959年生
天野浩 1960年生
山中伸弥 1962年生

603世界@名無史さん2014/10/21(火) 18:56:23.39O
田中角栄なら日韓新幹線作ってるな

604世界@名無史さん2014/11/10(月) 15:10:36.380
2014/11/07
【政治】尖閣の見解相違認める=谷内ー楊会談を受けて これによりAPEC時の日中首脳会談開催に向け最終調整へ [転載禁止](c)2ch.net
http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1415364334/
2014/11/09
【安倍外交】安倍内閣の尖閣“致命的譲歩”と日中首脳会談…作家・門田隆将氏、「中国の“力の戦略”に、ついに日本は屈した」★3 [転載禁止](c)2ch.net
http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1415533188/

605世界@名無史さん2014/11/10(月) 15:11:54.320
2014/3/9
中国漁船、78年も尖閣に殺到   ケ小平氏「次世代が解決」
http://www.nikkei.com/article/DGKDZO67999650Y4A300C1TY8000/
なかでも最初の大きな揺さぶりといえるのは、1978年の事件だ。

 日本の領海を含む尖閣周辺の海域におよそ200隻の中国の漁船が大挙して姿を表したのは、4月12日。
海上保安庁の巡視船が警告と退去要求を繰り返したのに、1週間以上も周辺海域に居座り続けた。


2014/10/31
【日中】小笠原沖「サンゴ密漁」 習近平政権の陽動作戦との見方も…(c)2ch.net
http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1414748921/
 東京・小笠原諸島沖などで30日、中国船とみられる不審船が計212隻も確認された。

2014/11/03
【日中】中国のサンゴ密漁船団、日本の海上警備挑発か 専門家「単なる密漁と思えぬ」(c)2ch.net
http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1414987652/
東海大の山田吉彦教授(海洋政策)も
「数十隻ならまだしも、200隻以上に増えれば単なる密漁目的とは考えにくい」と指摘。

606世界@名無史さん2014/11/11(火) 21:01:14.790
2014/11/09
【日中】尖閣「見解の相違」認める、「領有権問題は存在しない」との立場の日本が譲歩…安倍首相と習近平主席、日中首脳会談へ★9 [転載禁止](c)2ch.net
http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1415541510/
 日中両政府は七日、北京で十日から開催されるアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議を前に、沖縄県・尖閣諸島問題に関し
「(日中双方が)異なる見解を有している」ことで一致したなどとする文書を発表した。

 外務省が発表した文書は、六〜七日に訪中した谷内正太郎(やちしょうたろう)国家安全保障局長が楊潔〓(ようけつち)国務委員と
会談し、合意した内容を盛り込んだ。尖閣諸島問題に関し「近年緊張状態が生じていることについて(日中双方が)異なる見解を有して
いる」との認識で一致。日本政府関係者は「東シナ海の緊張状態を認めただけ」としているが、領有権問題は存在しないとの立場を
貫いてきた日本政府が、中国側に譲歩する内容になった。


2014/11/11
永田町アンプラグド 日中首脳会談、パイプつなぎ直した政治家のワザ
http://www.nikkei.com/article/DGXMZO79492590Q4A111C1I00000/
 2012年12月の第2次安倍政権発足以来、初となる日中首脳会談が実現した。お膳立てを買って出たのは首相、
安倍晋三との関係があまり良くないとされてきた元首相の福田康夫だった。首脳会談に先立ち日中両政府が
7日に発表した合意は、福田と国家主席の習近平による7月末の極秘会談を受けて文書づくりが始まっていた。
■2つのルートで探り合い
 「そろそろ時期だと思っています」。安倍が福田に電話口で首脳会談についてこ…

607世界@名無史さん2014/11/11(火) 21:01:57.820
2014/11/11付
日中、水面下3カ月の交渉 福田氏訪中で流れ 谷内局長、深夜まで4項目詰め
http://www.nikkei.com/article/DGKKASDE10H0K_Q4A111C1EA1000
2014/11/11
日中首脳会談 福田氏訪中で流れ、水面下の交渉3カ月
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDE10H0K_Q4A111C1EA1000/
 日中首脳会談が3年ぶりに実現した。両国が対立してきた沖縄県の尖閣諸島や靖国神社参拝の懸案への
対応をめぐり一定のめどがついたためだ。流れをつくったのは、安倍晋三首相と必ずしも関係が近くないと
されてきた元首相や、首相側近の外務次官OBだった。
 「首脳同士の対話がスタートするための静かな努力を重ねてきた」。10日午後、北京。習近平国家主席との
会談を終えた首相は記者団にこう強調した。
 「静かな努力」は3カ月以上前にさかのぼる。7月下旬、福田康夫元首相は人目がつかないように首相官邸を
訪れた。首相が信頼を置く元外務次官の谷内正太郎国家安全保障局長を訪中に連れていく許可をとるためだった。
中国側は福田氏が首相と直接つながるルートなのか探りを入れていた、と自民党幹部は語る。…

 日中外務当局間の交渉と並行して、谷内氏は楊氏と会談を重ねた。外相を務めた楊氏とかねて親交がある。
10月半ばの極秘訪中のころから、歴史認識問題や尖閣諸島をめぐって後に日中両政府がまとめる4項目の
合意文書づくりが始まった。…外務省で国際法に精通した関係者らが中心となり、慎重な作業が繰り返された。…

 今月6日、あらためて訪中した谷内氏に外務省の秋葉剛男国際法局長が同行した。この日の夜にまず秋葉氏と
中国外交部の関係者が協議し、文言の詰めの作業を進めた。それを踏まえて谷内氏が楊氏と会談。
最終合意に至ったのは日付が変わった午後2時ごろだった。楊氏は笑みを浮かべて谷内氏に握手を求めた。…

 第1次安倍政権発足直後の2006年10月、首相は初の外国訪問先に中国を選んだ。
当時の胡錦濤国家主席と「戦略的互恵関係」の構築で一致し、小泉政権時代に冷えこんだ日中関係の
局面を転換させた。このとき会談をお膳立てしたのも当時、外務次官の谷内氏と中国課長だった秋葉氏だ。…

608世界@名無史さん2014/11/11(火) 21:02:43.660
2014/11/11付
密漁船、一部が撤退 小笠原海域、100隻超に動き
http://www.nikkei.com/article/DGKKASDG10H5V_Q4A111C1CC1000
2014/11/11
サンゴ密漁船、小笠原海域から撤退の動き
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG10H5V_Q4A111C1CC1000/
 小笠原諸島周辺海域などに中国のサンゴ密漁船とみられる漁船が多数押し寄せている問題で、
100隻を超える漁船が同海域から撤退の動きを見せていることが10日、海上保安庁への取材で分かった。
同庁によると、7日には191隻が確認されたが、10日までにすでに約50隻が海域を離れ、
76隻が同諸島から遠ざかっている。
 同庁によると、10日のパトロールで確認された漁船は141隻。内訳は父島や母島の周辺に120隻、
伊豆諸島南部の鳥島周辺に21隻だった。うち31隻が領海内で、他はすべて排他的経済水域(EEZ)だった。
 同庁によると、このうち76隻は西之島の南東沖を西に向けて航行中で、このまま周辺海域を離れる
可能性がある。同庁は「意図は不明」としているが、なお多数の漁船が残っていることから、
引き続き巡視船や航空機での監視を続ける。
 小笠原諸島周辺などでは9月中旬から漁船が増え始め、10月末には212隻まで膨らんだ。…

609世界@名無史さん2014/11/14(金) 08:02:57.030
2014/11/12
習氏「アジアの盟主・中国」を誇示 APEC閉幕
http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM11H3L_R11C14A1EA2000/
2014/11/13
米大統領、アジア戦略「中国が核心」 首脳会談
http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM12H3O_S4A111C1EA2000/

2014/11/13
オバマ大統領、配慮の「アベ」言及 米中会談後の会見
http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM12H3R_S4A111C1FF1000/

2014/11/13付
〈FT特約〉普遍的価値と「朝貢」復活 米中首脳、にじむ思想の違い
http://www.nikkei.com/article/DGKKZO79626270T11C14A1FF1000
2014/11/13付
(大機小機)「北京の宴」のあと
http://www.nikkei.com/article/DGKKZO79613300S4A111C1EN2000

610世界@名無史さん2014/11/14(金) 17:52:02.940
APECは朝貢!? 人民日報の表現に「行き過ぎ」との指摘
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/11/14/2014111400680.html

611横浜プロレタリア党 vs 田中角栄2014/11/16(日) 10:46:47.590
我々「横浜プロレタリア党」は「人類に残される最後の生活とは何か」を模索する、新左翼の政治結社である。

https://twitter.com/YOKOHAMA_PP

フォローよろしく!

612世界@名無史さん2015/01/07(水) 01:41:57.930
2015/01/06
【国際】 日英首脳会談で尖閣「棚上げ」…英に公文書記録 [読売新聞] [転載禁止](c)2ch.net
http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1420491425/

613世界@名無史さん2015/01/26(月) 11:28:10.940
https://www.youtube.com/watch?v=u-6cQE4YTLs nyu-youku wai-kikihotelヨーフォーピクシイリストラクチャリング作画光金



PEPSI LIVE(raji王合成写真デジタルカメラ信者不可マイクMIKE携帯吸収合併モーガン決算モーガンマイクCD下請け

614世界@名無史さん2015/03/10(火) 03:13:43.090

6156142015/03/10(火) 03:14:25.000
2015/3/8
安倍70年談話「未来」に軸足 「侵略」「おわび」焦点
http://www.nikkei.com/article/DGXLZO84104880X00C15A3NN9000/
 安倍晋三首相が戦後70年にあたり今夏に発表する談話を巡る議論が熱を帯び始めた。首相は過去の戦争への反省に触れつつも積極的な国際貢献など
「未来志向」に軸足を置く考えをにじませる。…

村山氏「反省」重視

 20年前の1995年に発表した村山談話は「過去への反省」が最大の目的だった。…
 案分作成は谷野作太郎外政審議室長らが学者の意見も聞いて進めた。村山氏は当初から「植民地支配と侵略」「痛切な反省」「心からのおわび」を
「キーワード」として明記する考えだった。談話と並行して検討した国会決議は「侵略的行為」などの文言に自民党の一部議員らが反発。
衆院で全会一致とならず、参院は決議を見送った。「アジアから信頼されない」と考えた村山氏はキーワードを含む談話の発表に一層こだわった。
 閣議決定に不安もあった。当時の野坂浩賢官房長官は著書で、「タカ派」江藤隆美、島村宜伸、平沼赳夫の3閣僚に根回ししたと証言。
橋本龍太郎通産相には村山氏が直接電話し賛同を得た。8月15日の閣議で異論は出なかった。
 小泉談話は2005年5月ごろ、小泉純一郎首相の指示で二橋正弘官房副長官らが極秘裏に作業を始めた。
小泉氏は発表ギリギリまで原稿をポケットに入れ推敲(すいこう)し、外務省も直前まで知らされなかった。
談話発表の1週間前に衆院解散があり、当時官房長官だった自民党の細田博之幹事長代行は「選挙準備もあり事前に議論することはなかった」と振り返る。

小泉氏は文言踏襲

 小泉氏は歴史認識で「村山談話を全く変えなくていい」と指示。村山談話で後半にある「痛切な反省と心からのおわび」の部分を前半に回し継承姿勢を明確にした。
小泉氏は村山談話を発表時から支持してきた。毎年重ねた靖国神社参拝で中韓との関係悪化を招く中、無用なあつれきを回避しようとしたのも
文言踏襲の一因との見方がある。…

6166142015/03/10(火) 03:17:13.360
2015/3/8付
有識者の声、反映?
http://www.nikkei.com/article/DGKKZO84104930X00C15A3NN9000
 安倍晋三首相の戦後70年談話で、有識者らの意見をどこまで聞いて反映させるかも焦点だ。首相が立ち上げた「20世紀を振り返り21世紀の世界秩序…

2015/3/8
村山元首相「反省やおわび、ごまかせば信頼失う」
http://www.nikkei.com/article/DGXMZO83990830V00C15A3I10000/
 戦後70年にあたり安倍晋三首相が夏に出す「安倍談話」を巡る議論が活発になっている。最大の焦点は戦後50年の1995年に当時の村山富市首相が…


2015/3/8
戦後70年…「歴史認識」ドイツも曲折、沈黙の時代も
http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM07H2D_X00C15A3FF8000/?dg=1
http://www.nikkei.com/content/pic/20150308/96958A9E9381959FE2E59AE0968DE2E5E2E1E0E2E3E79494EAE2E2E2-DSXMZO8410481007032015FF8002-PB1-5.jpg
 第2次大戦が終わってから70年。ドイツは「過去への謝罪」の成功例とされるが、実際には冷戦構造などが重荷となって戦後の歴史認識は迷走した。戦後史をひもとけば悩みながら時間をかけて和解を進めた欧州の実情が浮かび上がる。
 戦争責任の直視を訴えたドイツのワイツゼッカー元大統領が死去した1月。間髪入れずに隣国ポーランドのコモロフスキ大統領がベルリンに打電した。「和解が進んだことに感謝しています」
 国土を踏…

2014/03/28
【国際】日独反省の比較は不適切=靖国参拝で謝罪に疑念―ドイツ専門家
http://ai.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1396001389/
2014/03/29
【国際】ドイツ、対中政策修正へ…独紙「ドイツと中国はパートナーだが友人ではない」
http://ai.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1396097158/

2015/02/13
【国際】ナチス・ドイツによるギリシャ占領期の損害に対する賠償請求 ドイツのシュタインマイヤー外相、解決済みだとして支払い拒否★2 [転載禁止](c)2ch.net
http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1423807921/
2015/02/13
【国際】欧米ネット「賠償請求の考えをどこから得たのかは明らか」 ―ギリシャがドイツにナチス占領時の損害賠償請求、ドイツは拒否[2/13] [転載禁止](c)2ch.net
http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1423799133/

617世界@名無史さん2015/03/10(火) 03:18:22.910
2006/08/11
【国際】 「今も"軍国主義"の日本に、永遠に"歴史問題"言い続けよ」 中国・江沢民氏が指示…安倍氏の発言裏付けか★3
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1155227458/

2007/04/25
【外交】 国が謝るとき〜謝罪を受け入れる意思がなく、和解する意図もない中国、韓国への国家謝罪は不毛な努力 [04/24]
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1177426884/
http://mimizun.com/log/2ch/news4plus/1177426884/
2015/02/01
【外交】中韓への謝罪は非生産的…「どんな表明あっても日本に不満述べる」 米識者から続々★3 [転載禁止](c)2ch.net
http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1422764104/1,294-295,305-308
http://log●soku.com/r/news4plus/1422764104/1,294-295,305-308

2015/03/01
【韓国】 米国国務次官「指導者が過去の敵を非難してチープな喝采を得るのは進展ではなく麻痺をもたらす」〜韓国「立場が違う」[03/01] [転載禁止](c)2ch.net
http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1425189704/
【韓国】米国務次官「歴史問題は韓中日全てに責任」…米国が「日本より韓中に責任」という考え方にシフトしているのではと物議[03/02](c)2ch.net
http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1425263524/
【日韓関係】もはや韓国とは「基本的価値を共有」していない 外務省サイト「基礎データ」更新が大波紋★5[03/04] [転載禁止](c)2ch.net
http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1425440830/
【国際】ベトナム、フィリピン、インド、日本…中国の近隣諸国、軍事力強化にまい進、対中衝突に備えて警戒感[02/28] [転載禁止](c)2ch.net
http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1425119050/

618世界@名無史さん2015/03/10(火) 03:36:35.570
2015/03/09
【政治】独メルケル首相「和解には過去直視を」 対話の重要性強調 日本と中韓との関係については「アドバイスする立場にはない」★2[3/9] [転載禁止](c)2ch.net
http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1425906922/

619世界@名無史さん2015/03/10(火) 03:53:38.990
2015/03/08
【国際】王毅外相 安倍政権の歴史認識をけん制 [転載禁止](c)2ch.net
http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1425801959/

620世界@名無史さん2015/03/25(水) 02:57:26.080
>>604 >>606
2015年3月23日05時00分
(世界新秩序 米中を追う)中国、米で尖閣宣伝工作 有利な解釈、電話攻勢
http://www.asahi.com/articles/DA3S11664918.html
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150323-00000007-asahik-soci
http://ameblo.jp/de-bu-rin/entry-12005194559.html

 協議は、翌7日未明まで続いた。合意文書の日本語版には「尖閣諸島」、中国語版には「釣魚島」の文字が盛り込まれた。
ただし、領土問題が存在するかどうかについては触れず、東シナ海が緊張状態にあることについて、
両国が「異なる見解」を持っているという表現にとどまった。
 しかし、中国側が公表した中国語版は、この部分で「見解」ではなく「主張」という言葉を使い、一方的に公表した英語版では
「positions(立場)」と訳した。領有権をめぐる日中間の対立が存在していることを印象づける狙いが透けていた。
 中国大使館員たちが米国の有識者に一斉に電話をかけたのは、北京での協議が終わった数時間後。中国外務省関係者によると、
大使館員たちが手分けをして電話攻勢をかけ、中国側にとって有利な合意文書の解釈を説明したという。
 合意について、AP通信は「島をめぐる異なる立場を認める」と報道。有力なシンクタンク、米外交評議会はニュースの要約
として「中国と日本、島の係争を認める」と伝えた。報道やシンクタンクの論評は、中国側の発表や説明を踏まえた内容が目立った。
 ■「周到に準備」
 中国外務省関係者は「日本の同盟国である米国で、領土問題について我が国の主張を浸透させることを重視し、
周到に準備してきた」と振り返る。
 数時間後、日本側も英語版を公表した。中国側がより強い「立場」という言葉を使った「見解」については、
見解や見方を意味する「views」と訳した。在米日本大使館は「領土問題の存在を認めたわけではない」と
説明する電子メールを、主要なメディアや当局者らに送るなどし、東京から派遣された外務省幹部が関係者に説明して回った。
 日中双方の当局者から接触があったという米国の関係者は、振り返る。
 「中国側の方が動きが速く、米国の専門家や世論に効果的に自国の主張を印象づけることができた。今回は中国側の勝ちだ」

621世界@名無史さん2015/03/30(月) 04:05:19.460
>>570-573 >>595-596 >>606-607 >>620

2015/03/28
【国際】<習主席>中国主導経済圏を提唱(c)2ch.net
http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1427547616/

2015/03/28
【国際】<習主席>中国主導経済圏を提唱(c)2ch.net
http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1427547616/
2015/03/27
【政治】自民・二階氏、習主席と会談へ 福田元首相とともに(c)2ch.net
http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1427439904/
2015/03/29
【国際】福田元首相、習主席と会見=中国・ボアオフォーラム(c)2ch.net
http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1427624900/
【政治】中国訪問中の福田元首相「AIIB参加反対する理由なくなった」 (c)2ch.net
http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1427638552/

622世界@名無史さん2015/04/21(火) 23:11:14.540
>>614-616

2015/04/15
【zakzak/村山談話】秘密裏に作られた村山談話の「闇」に迫る 作成経緯を検証するPT発足[4/15] [転載禁止](c)2ch.net
http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1429108837/
【東京新聞】検証・小泉60年談話、村山路線継承の「訴え」に[04/19](c)2ch.net
http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1429404528/
【韓国】小倉和夫前駐韓日本大使「反韓感情は経済低迷で自信を失っているため、村山談話は良い談話」[04/17](c)2ch.net
http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1429273125/

623世界@名無史さん2015/04/26(日) 08:26:04.270
2015/04/22
【社会】「村山談話」検証プロジェクトチーム、本格始動 関係者に聴取へ [転載禁止](c)2ch.net
http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1429713066/

624世界@名無史さん2015/05/07(木) 06:47:03.270
2015/05/05
【芸能】マツコ・デラックス、田中角栄にまつわる都市伝説が事実だと判明し驚愕 [転載禁止](c)2ch.net
http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1430793394/
この日の番組では、「ご当地都市伝説を調査した件」と題し、
全国の各地域ごとにまことしやかに語られている噂話をVTRで紹介。
その中で、新潟県の都市伝説として「田中角栄の目白邸から新潟邸までは3回曲がるだけで着く」を検証した。

昭和を代表する政治家である田中角栄は、
第64・65代内閣総理大臣を務め、高速道路の整備に従事。
その際、東京都の目白邸から新潟県の新潟邸まで、
里帰りをしやすいように高速道路を造ったと言われているのだとか。

スタッフは車で目白邸の前から新潟邸の目の前まで向かうことに。
出発してわずか10分、1回目の曲がり角に差し掛かったが、
そのまま関越自動車道に乗り入れると、高速道路を降りるまでの4時間は直進し続けた。
そして高速を降りた後、2回曲がっただけで目的地へ到着。
本当に3回曲がっただけで新潟邸にたどり着いたのだ。

VTR冒頭、「うそに決まってんだろ」と呆れたようすでツッコミを入れていたマツコだが、都市伝説が事実だったことが判明すると、
「マジで!?」と大声をあげ、「ちょっと、角栄さんのはビックリした…」と漏らしている。

625世界@名無史さん2015/06/18(木) 05:48:45.950
2015/06/13
【米中】「自分の対中認識は間違っていた」 中国分析のベテラン・米ハドソン研究所中国戦略センターのピルズベリー所長が告白[6/12] [転載禁止](c)2ch.net
http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1434143620/

626世界@名無史さん2015/06/29(月) 05:41:03.100
>>622-623
2015/06/24
【村山富市】「村山談話」閣議決定時は“異様な雰囲気”人民日報が多用する語句も[6/24] [転載禁止]©2ch.net
http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1435137673/

627世界@名無史さん2015/07/03(金) 04:16:19.750
2015/06/14
【歴史戦】GHQ工作 贖罪意識植え付け 中共の日本捕虜「洗脳」が原点 英公文書館所蔵の秘密文書で判明[06/14] [転載禁止](c)2ch.net
http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1434255275/
 占領下の日本国民に戦争に対する贖罪(しょくざい)意識を植え付けるため連合国軍総司令部(GHQ)が、中国・延安で中国共産党が野坂参三元共産党議長を通じて日本軍捕虜に行った心理戦(洗脳工作)の手法を取り入れたことが
英国立公文書館所蔵の秘密文書で判明した。
GHQの工作は、「ウオー・ギルト・インフォメーション・プログラム(WGIP)」と呼ばれ、現在に至るまで日本人の歴史観に大きな影響を与えている。(編集委員 岡部伸)

 エマーソンは後に「(延安での収穫を元に)日本に降伏を勧告する宣伝と戦後に対する心理作戦を考えた」(大森実『戦後秘史4赤旗とGHQ』)と告白した。エマーソンが「対日政策に貢献できる」と証言した「心理戦」は、
日本兵に侵略者としての罪悪感を植え付けるもので、軍国主義者と人民(国民)を区別し、軍国主義者への批判と人民への同情を兵士に呼びかける「二分法」によるプロパガンダ(宣伝)だった。

 二分法 「共通の敵を打倒するため連帯できる諸勢力と共闘する」との毛沢東の理論。
中国共産党は、戦後一貫して少数の軍国主義者と大多数の日本人民を区分する対日外交政策を取っている。
1972年の日中国交正常化の際、中国内の反日感情を抑制するための根拠として使われた。教科書問題や靖国問題でも同じ論法をとっている。

■反日プロパガンダ招いた壮大な「歴史戦」 外交評論家・加瀬英明氏
 「GHQは日本民族から独立心を奪い、精神を破壊して未来永劫(えいごう)にわたって属国とするためにWGIPを仕掛けた。
軍国主義者と人民を区分する『二分法』は、毛沢東時代からの中国共産党の教化政策。
米国は朝鮮戦争まで中国共産党と太いパイプがあり、エマーソンの証言通り、延安で成功した日本人捕虜に対する手法を占領政策で日本が二度と歯向かわないように利用したのだろう。
その結果、自虐史観が蔓延(まんえん)し、『河野談話』『村山談話』のように日本人自身が過剰に自己否定し、中国、韓国の反日プロパガンダを招いた。壮大な『歴史戦』といえる」

628世界@名無史さん2015/07/12(日) 02:48:54.760
>>570-572 >>626

【企業】東芝前社長の佐々木則夫氏、月々の利益が計画に達していない担当者に「工夫しろ」と指示 [転載禁止](c)2ch.net
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1436492260/93,152
93 名前:名刺は切らしておりまして[sage] 投稿日:2015/07/10(金) 14:00:28.41 ID:a83AOHAX
伊丹 敬之(いたみ ひろゆき)
島内 憲(しまのうち けん)
斎藤 聖美(さいとう きよみ)
谷野 作太郎(たにの さくたろう)
https://www.toshiba.co.jp/about/ir/jp/governance/executives.htm

東芝のこの4人の社外取締役は一体何をしていたのかな
こういう事態を防ぐために社外取締役は存在するんじゃないの
歯止めとして役に立たないなら、社外取締役なんて制度止めようよ。
実質、大学教授や官僚のバイト先天下り先になってるじゃん

特に伊丹センセ あんたはもう経営学語る資格無いよ

629世界@名無史さん2015/07/17(金) 20:19:21.050
田中角栄のせいで本州四国に3本も橋が架けられ、四国の衰退を招いた。

630世界@名無史さん2015/07/21(火) 07:10:22.380
田中角栄は支那にたかるきっかけを与えた国賊

631世界@名無史さん2015/07/22(水) 16:05:15.000
木曜クラブのポジションは宏池会にとられたな。

632世界@名無史さん2015/07/24(金) 01:10:48.830
集団的自衛権って佐藤栄作政権までは使えるってスタンスだったのに
田中角栄が使えないって方針に決定したらしいな

633世界@名無史さん2015/07/24(金) 01:51:42.540
今太閤て呼ばれてたが

634世界@名無史さん2015/07/24(金) 04:07:16.180
日本のアメリカ依存体質を改善したのが田中さんだが 視野が狭い人には理解できないだろうな
阿部さんは以前のアメリカ依存体質に戻そうとしているだけだぞ

635世界@名無史さん2015/07/24(金) 22:46:22.540
安倍は基本対米利権の傀儡だからね。
本人がどう思ってるかは知らないが。

636世界@名無史さん2015/07/24(金) 23:32:25.120
国防はアメリカに完全に頼りきってるのにアメリカ依存から脱却しようって
鳩山のやろうとしたことやパククネのコウモリ外交と一緒か
自分が親に養われてるのを忘れて親に反抗する少年みたいだな

637世界@名無史さん2015/07/24(金) 23:41:15.200
アメリカ依存から少しでも脱却したいなら、多少なりともアメリカとの
軍事的な対等性を高めるのが1番だと思うよ(もちろん完全に対等ってのは無理)
安倍のやっていることはそういう点では意味があると思うけどね

638世界@名無史さん2015/07/25(土) 00:00:16.900
>>636
君は親から一切自立しようとしないし、した事も無い怠け者なのかい?
それと、アメリカは親の様に無償の奉仕をしている訳ではない。
いずれ食う家畜を飼っているだけだ。
絞められない為には、自立するしかないのさ。

639世界@名無史さん2015/07/25(土) 00:06:25.970
>>637
軍事的対等性ってのはもちろんアメリカと戦うって意味じゃなくて
日米安保内における対等性ってことね
家庭に例えるなら、子供がバイトしてお金を家にいれることで
家庭内での立場が少し上がるみたいな
それを朝ねむたいから新聞配達行きたくない!っていう国民に媚びたのが
田中角栄だと思ってる

640世界@名無史さん2015/08/17(月) 06:30:47.810
>>628
2015/08/16
【村山談話】「村山談話」を書いた元官僚・谷野作太郎氏、その誕生秘話と意義を明かす[8/13] [転載禁止](c)2ch.net
http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1439729573/

641世界@名無史さん2015/09/06(日) 14:24:49.65O
収賄で逮捕された犯罪者と知らないやつ多過ぎて草

642世界@名無史さん2015/09/16(水) 09:50:46.540
田中角栄って富の先取りをしただけだろ
そして後世の人間に膨大なツケを残した

643世界@名無史さん2015/09/30(水) 05:17:09.270
>>565
2015/09/29
【国際】高速鉄道、中国案採用を伝達=インドネシア特使が菅官房長官に★5(c)2ch.net
http://d aily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1443526128/
【鉄道】関係者「中国の新幹線が安全でないというのは日本人だけの妄想」 世界では日本の新幹線があまり評価されてない? [転載禁止](c)2ch.net
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1443484041/

644世界@名無史さん2015/10/08(木) 18:06:08.660
>>577 >>580
2015/10/08
【国際】 日本に「NPT(核不拡散条約)の批准急ぐな」 ニクソン政権が中国意識か [朝日新聞] [転載禁止](c)2ch.net
http://dail y.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1444254434/

645世界@名無史さん2015/10/08(木) 18:20:56.000
>644
>>591

646世界@名無史さん2015/10/09(金) 20:15:07.990
2015/10/08
【国際】米議会調査局「安倍政権がロシアに手を差し伸べて、友好関係を深めないように、米国は圧力を加えるかもしれない」★2 [転載禁止](c)2ch.net
http://d aily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1444282844/

647世界@名無史さん2015/10/13(火) 22:17:02.900
2015/10/12付
(グローバルオピニオン)不安定な米中「過剰依存」 米エール大シニアフェロー スティーブン・ローチ氏
http://www.nikkei.com/article/DGKKZO92736390R11C15A0TCR000/
 米国と中国は持続的な経済成長のため、ますますお互いに頼るようになり、典型的な「共依存」
(お互いの関係性に過剰依存し、とらわれている状態)のわなに陥ってしまった。
そしてゲームのルールが変わったことにいら立っている。その病状は、中国の習近平国家主席の訪米で
ほとんど何も達成できなかったことに、はっきりみてとれる。
 米中の共依存が生まれたのは、米国が深刻なスタグフレーションに陥り、中国経済が文化大革命を経て
大混乱をきたしていた1970年代末のことだ。両国とも経済再生と成長のため新しい処方箋を必要としていた。
中国は安価な製品を提供し、所得が伸び悩む米消費者が生計を立てられるようにした。
米国は中国の輸出主導の成長を支えた。
 時の経過とともに、両国関係はさらに深化した。貯蓄不足に苦しむ米国は、中国の巨額の経常黒字を頼りにした。
中国は米国債を大量購入し、米国の記録的な財政赤字の埋め合わせを助けた。
 しかし経済的な共依存は人間の共依存と同じくらい不安定だ。いずれ一方のパートナーは変化し、
もう一方は置いてきぼりにされ、嘲笑されていると感じるようになる。
 中国はいまや変化しつつあり、米国はそれが気に入らない。中国は輸出主導から消費主導の経済モデルに
移行しつつあるだけでなく、南シナ海で力を誇示し、アジアインフラ投資銀行(AIIB)新設などで国際金融制度を変えようとしている。
米国の対応は中国を神経質にさせた。米国の「アジア軸足(ピボット)戦略」は、中国を封じ込めるという意味を言外に含む。…

 共依存のクモの巣にからまった米中関係は、摩擦と非難に満ちたものになった。人間の行動において、こうした病理が
通常行き着くところは、痛みを伴う別離だ。米中首脳会談も、この可能性を排除できなかった。


連載コラム『グローバルオピニオン』=米エール大シニアフェロー スティーブン・ローチ氏= 『不安定な米中「過剰依存」』
http://bl og.goo.ne.jp/pineapplehank/e/7ca6646d9df9d4b28bb6ba32d88ec6f7

648世界@名無史さん2015/10/22(木) 18:54:19.440
2015/10/20 
【社会】「尖閣は琉球の一部」の姿勢が揺らいだ米国…朝日新聞が政府公文書を分析 [転載禁止](c)2ch.net
http://da ily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1445288372/

649世界@名無史さん2015/11/25(水) 08:11:08.230
>>625
2015/11/23付
(グローバルオピニオン)対中国、「甘い幻想」捨てよ 米国防総省顧問 マイケル・ ピルズベリー氏
http://www.nikkei.com/article/DGKKZO94308050S5A121C1TCR000/
 1972年にニクソン大統領が訪中して以来、米国は
あらゆる支援を通じ、中国が強くなるのを手伝ってきた。
中国が強大で豊かになれば、ジーンズやロック音楽を好む
中間所得層が生まれ、米国のような国になっていく。
やがて民主化も進み、中国は米国の同盟国になるにちがい
ない。中国を助けたのは、こんな前提を信じたからだ。
 70年代には米国のライバルは日本であり、貧しく、遅
れてれていた中国は決して米国に挑むことはない、とみら れていた。つき合うべき友人は中国であって、日本では
ない。こうした見方を初めにキッシンジャー元国務長官ら
が唱え、しだいに米国内に広がっていったのだ。
 いまから振り返れば、その考えは誤りだった。ところが
ワシントンではいまだに、中国が協力相手になるとの
希望的な観測が幅をきかせ、支援が続けられている。...

 米国が中国への幻想を捨てられないのは72年以来、
両国がさまざまな秘密協力によって結ばれてきた実績が
あるからだ。...

 アフガニスタンにソ連が侵攻した後には、米国は中国
から約20億ドル分の兵器を買い上げ、アフガンの反ソ
武装勢力に流した。80年代には、カンボジアから
ベトナム勢力を追い出すため、米中がタイや
シンガポール、マレーシアと組み、秘密工作も展開した。
 こうした実績があるため、米国の政策決定者の多くは、
今後も中国と協力できると思っている。
(南シナ海の人工島などの)問題は一時的なものにすぎない と考えているようだ。中国側も米国に対抗する戦略など
存在しないと力説する。
 しかし私の見方が正しければ、中国の言ってることは 真実ではない。...

650世界@名無史さん2015/11/25(水) 08:11:42.290
 米国は米中秘密協力について、日本には一切、教えて
こなかった。日本は憲法の制約上、他国には軍事支援
できないうえ、秘密工作を担う機関もないので、知らせる 必要はないと考えられてきたのだ。米中間でどのような
協力が進んでいるのか、日本は今からでも米政府に情報
の提供を求めるべきだろう。(談)

「米中の裏」知り尽くす
http://www.nikkei.com/article/DGKKZO94308120S5A121C1TCR000/
 ブッシュ政権当時、ピルズベリー氏には何度か取材を
申し込んだが、応じようとはしなかった。いまメディアに 登場し、中国について警鐘をならすようになったのは、
自分が携わってきた対中戦略が大きく間違っていたと
気づいたからだ。 ...

651世界@名無史さん2015/11/25(水) 08:13:11.930
2015/07/29 
櫻井よしこ氏が説く中国「新思考」外交の正体
http://agora-web.jp/archives/1649975.html

2014/08/27
【論説】産経新聞・田村秀男氏「習近平の中国に対する甘い幻想を捨てよ。中国市場からの撤退・新規技術供与の停止など欧米と連携した対抗策を」[8/27]
http://awabi.op en2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1409138657/

652世界@名無史さん2015/11/25(水) 08:33:17.040
2015/07/29
櫻井よしこ氏が説く中国「新思考」外交の正体
http://agora-web.jp/archives/1649975.html
櫻井よしこ氏が週刊新潮に長期連載しているコラム「日本ルネッサンス」の7月30日号を読むと、
改めて世界制覇の野望実現に向けて粘り強く、根気良く突き進む中国の執念深さ、欲深さに驚異(脅威)を覚える。


櫻井氏の記事は、中央公論8月号に人民日報の元論説委員である馬立誠氏が「中日の和解なくして東アジアの安寧はない」
という論文を寄稿したことから始まる。
馬氏と言えば、人民日報の論説委員として2002年ごろ、日本との関係改善を呼びかけた論文を発表し、
「対日新思考」論者として話題になった。
論文は「日本の戦争謝罪はもはや十分であり、日本で再び軍国主義が復活する心配は無い。
これからは経済で日本と競い合うべきだ」という趣旨で、中国国内の偏頗なナショナリズムや反日意識を批判した。
日本の中央公論や文芸春秋にも「対日関係の新思考」を寄稿し、「日本はアジアの誇りである」とまで書いた。
論文は中国国民から猛烈に非難され、人民日報の論説委員を外されるまでになった。しかし、日本では中国の
「新思考」を歓迎する論調がリベラル派のみならず保守派にも広がり、中国と対立するのではなく経済、技術面で
協力して行こうというムードが強まった。
櫻井氏もこの論文に感動し、馬氏に取材する。だが、取材の過程で、櫻井氏は人民日報の論説委員の職を解かれ
ながらも、「新思考」は江沢民主席(当時)の了承の下で書かれたと確信する。
それが何を意味するのか−−。論文発表後も中国は軍拡を強める一方、対日歴史の捏造を続けて事ある毎に
日本の歴史を非難し、日中関係は悪化した。その中で馬氏の「新思考」の役割は何だったのか? 

6536522015/11/25(水) 08:33:44.330
櫻井氏はこう分析する。

 中国共産党は反日路線を走りながら、親日路線という異なる球を日本に投げ、日本がそこに希望を見出し譲歩すると、
  日本の譲歩を足がかりにして、さらに日本を追い込んだのではないか。……馬氏が公正な言論人であると認めるにしても、
  中国共産党政権は馬氏を使える駒のひとつと見ているのではないか


今回、10年余りの時を経て再び馬氏の論文が中央公論に登場したのも、同じ役割を担っているのではないか。

 氏の(今回の)論文は、日本人の対中警戒心を解き、日本が謝罪し、許しを乞えば中国は応じ、和解をもたらすという
  希望的観測へと読者をいざなう

日本人よ、警戒せよ。櫻井氏はそう言いたいのである。中国では経済成長にブレーキがかかり、株価が急落する中で、
日中関係の悪化と人件費の高騰から日本企業の対中投資は急ピッチで下降線をたどっている。
「甘い宥和姿勢に騙され再び警戒心を解いて、譲歩と対中協力を繰り返したらとんでもない目に逢うぞ」−−。
櫻井氏は米国随一の中国通であるマイケル・ピルズベリー氏の著書「百年マラソン」を読んで、その思いを強める。
ピルズベリー氏は親中派(あるいは媚中派)として対中宥和政策を推進してきた。1990年代、中国の要人は時により、
折りに触れ「このままでは中国は崩壊する」と率直に現状を吐露、中国への援助を訴えてきたからだ。
当面の全体主義に目をつぶり、経済、軍事、金融、情報面で援助を続ければ、やがて中国は米国のような
民主国家に向かうという幻想を与えられながら。
だが、その後の中国がやってきたのは米国を欺きながら、油断させ、米国の支援で着々と国力をつけ、
軍事力を拡大したことだった。
ピルズベリー氏は「中国の目指しているのは2049年の中国共産党結党100周年までに米国にとって代わる
という目標だった。自分は騙されていた」という苦い認識に至る。百年マラソンのタイトルはそこから来る。

(以下略

654世界@名無史さん2015/11/25(水) 08:36:09.360
2015/11/24
「米中に対立関係なし。AIIB設立を持ちかけたのは米国」最新分析 [転載禁止]©2ch.net
http://ha yabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news/1448336091/

2015年11月19日
米・中に踊らされる日本。複数のシンクタンクが見抜いたAIIBの真実=高島康司
http://www.m ag2.com/p/money/6353


2015/11/23
【東アジア首脳会議】「完勝だ!」 3年越し…安倍首相、南シナ海「対中包囲網」に成功(産経新聞)[11/23] [転載禁止](c)2ch.net
http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1448220954/166-172
http://log soku.com/r/news4plus/1448220954/ID:nTJRsYG5.net

655>>587 >>580 >>6442015/11/29(日) 09:24:30.890
在日米軍は日本防衛に直接関与しない−米政府の外交文書でわかった
   ◆ ジャーナリスト・春名幹男/安倍晋三首相、日米安保条約
週刊文春(2015/12/03), 頁:31
http://9321.tea cup.com/sinpo/bbs/1928
 …
一九七一年に当時のジョンソン国務長官代行がニクソン大統領に提出したメモ。
「そこには、『在日米軍は日本本土を防衛するために駐留しているわけではなく、
韓国、台湾、および東南アジアの戦略的防衛のために駐留している』と、書かれていました」
 続くフォード政権で作成された統合参謀本部の文書には、こう明記されている。〈在日米軍および基地は日本の防衛に直接関与しない〉…

 春名氏が入手した機密文書のひとつに、ニクソン政権当時の六九年に米国の情報機関がNSC(国家安全保障会議)に
提出した「日米安全保障関係の見通し」と題したものがある。この文書は反安保・反基地の機運が盛り上がっていた当時の日本国内の政治情勢を次のように分析する。
・六九年中に沖縄返還の時期で合意を得られなければ、佐藤栄作首相(当時)が批判に晒されて、辞任に追い込まれかねない。
・その場合の後任候補は、米国に対して、より自立的で、中国に対してより柔軟な態度を示すだろう。誰が後継首相になっても、安保問題で米国が日本と交渉するのは確実に困難になる。

「この文書はNSCの議論で重視され、沖縄返還の実現へと政権内の流れをつくることになります。
ニクソン政権で国家安全保障担当補佐官だったキッシンジャーは、沖縄返還について
『われわれが交渉を拒否すれば、現実的な問題として、基地をすべて失うことにつながる』と回顧録に残していますが、
その意図は明らかです。親米的な佐藤政権を延命させることで、沖縄の米軍基地を半永久的に利用する狙いがあった」
 日本、中国、台湾が領有権をめぐり争う尖閣諸島についても米国のスタンスは、実はこの当時から変わっていない。
沖縄返還まで尖閣諸島に施政権を有していた米国は、七一年の沖縄返還協定で、施政権の日本への移転を認めた。
「しかし、主権については一切触れていません。当時駐日米国大使だったマイヤーは回想録で、
『そんな巧みな立場によって、三つの当事国に嫌われることなく、今後何年も続きそうな論議に米国は不関与の立場を保障された』と記しているのです」…

6566552015/11/29(日) 09:28:10.520
仮面の日米同盟 米外交機密文書が明かす真実
春名 幹男 (著) 出版社: 文藝春秋 (2015/11/20)
http://www.amazon.co.jp/dp/4166610538

『仮面の日米同盟』(春名幹男著)をめぐって
http://ki mugoq.blog.so-net.ne.jp/2015-11-24
 次にアメリカがこころみたのは、米中正常化でした。ニクソンはみずからの訪中に先立ち、
キッシンジャーを特使として北京に送り、周恩来との会談を実現させます。
 中国は日米安保条約に反対し、米軍のアジアからの撤退を求めていました。
これにたいし、キッシンジャーがもちだしたのが、いわゆる「瓶のふた」論です。…
安保条約は、日本の軍国主義復活を防ぐための手立てだというわけです。…

 キッシンジャーはこういう理屈を展開することによって、中国側の歓心を買いました。
ここにはアメリカの二枚舌外交をかいまみることができます。
とはいえ、日本を押さえつけておきたいというのは、たしかにアメリカ外交のホンネでした。
 田中角栄による日中国交回復を、アメリカがおもしろく思っていなかったのはとうぜんです。
本書では、そのあたりのことはふれられていませんが、いずれにせよ米中国交回復によって、
米中間には、日中間以上に(いやひょっとしたら日米間以上に)強いコネクションが結ばれました。
 本書では尖閣問題についても論じられています。オバマ大統領は「尖閣諸島は日米安保条約の対象」と、
くり返し明言しています。しかし、そのいっぽうでアメリカは日中間の領土紛争に巻きこまれたくないため、
早くから尖閣諸島の主権問題については中立の立場をとることを決めていたというのです。……

2015/01/05
【話題】キッシンジャー元米国務長官「日本の独断的外交、地域の懸念に」[01/05](c)2ch.net
http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1420428853/

2015/11/23
【東アジア首脳会議】「完勝だ!」 3年越し…安倍首相、南シナ海「対中包囲網」に成功(産経新聞)[11/23] [転載禁止]©2ch.net
http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1448220954/198-200
http://lo gsoku.com/r/news4plus/1448220954/ID:FAfhRlMk.net

657世界@名無史さん2015/12/01(火) 16:53:59.640
外交は具体的所為か無くても、した振りでも効果がある場合も。
本物の戦争になれば、核を持っていない日本に対して、味方になる国など無い。

でも冷戦の間なら、互いの地位を有利に売ろうとする駆け引きだってありだ。
本番では支那に着く腹を決めている諸国だって、
日本と仲良くする可能性だって有るよ?うちを大事にしないと支那の敵に回るよ?って値をつり上げる。

本番ではともかく、その手のやりとりが、戦争へのハードルを高くする可能性は有る。

658世界@名無史さん2015/12/15(火) 21:54:26.880
>>565 >>643
2015/12/15
【国際】中国が日本を抜いてアジア最大のハイテク輸出国に [無断転載禁止](c)2ch.net
http://potato.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1450138161/

659世界@名無史さん2015/12/17(木) 06:53:30.250
2015/12/07 
【国際】中国企業によって市場から追いやられる日本企業、残るは自動車とカメラだけ [無断転載禁止](c)2ch.net
http://potato.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1449447366/

660世界@名無史さん2015/12/25(金) 08:43:32.960
2015/12/13
【社会】中国を擁護するメディアや識者には要注意 米国も警戒する情報操作 米専門家らは「政治戦争」と名付けて警鐘★3 ©2ch.net
http://da ily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1449946339/

661世界@名無史さん2016/01/08(金) 22:19:54.620
2015/12/26
【日中】「日本は核武装を狙っている」 中国が進める日本悪魔化計画[12/26]
http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1451093215/

662世界@名無史さん2016/02/16(火) 07:19:33.180
>>640
>>644>>648 >>649-650 >>654-656 >>646
外交証言録 アジア外交――回顧と考察
谷野 作太郎 (著), 服部 龍二 (編集), 若月 秀和 (編集), 昇 亜美子 (編集)
出版社: 岩波書店 (2015/12/4)
http://www.amazon.co.jp/dp/4000220896
内容(「BOOK」データベースより)
国交正常化交渉から歴史認識問題まで、アジアとの間には様々な課題が存在した。日本はそれにどう向き合ってきたのか。
中国、韓国、東南アジア、インドなどアジア政策全般に携わり、河野談話、村山談話の作成や天皇訪中にも深く関わった
元駐中大使の証言から、政治家や外交官たちの言動を丹念にたどり、アジア外交の舞台裏を再現する。


2016/2/14付
外交証言録 アジア外交 谷野作太郎著 元大使の矜持にじむ率直な回顧
http://www.nikkei.com/particle/DGKKZO97253950T10C16A2MY7000
 ここ数年、第一線を退いた外交官による回顧録、現役の外交官による書物の刊行が相次ぐなか、本書は幾つかの点で異色である。
まず内外の要人の言動に…

 筆者は駐韓公使、アジア局長、インド大使、中国大使を務めるなど主にアジア畑を歩いた。
福田ドクトリン、天皇訪中、アジア女性基金などに関わった人物として知られているだけに、アジア外交の回顧がやはり興味深い。…

…天安門事件後の対中制裁問題をめぐっては制裁解除に前向きな日本をほとんど「面罵」しながら、
実は極秘に訪中し、対中関係の打開を図っていたスコウクロフト米大統領補佐官との会談の模様を詳らかにする。
 1998年の江沢民主席訪日の際、日中共同宣言に日本の謝罪の表記があれば、中国は日本の国連安保理常任理事国入り支持を
明記する用意があったという中国政府高官の発言―ただし著者は「にわかに信じがたい」と慎重である―も明らかにし、
いわゆる「価値観外交」は中国「締め上げ」と対外的には受け取られていると批判する。
 日中韓間の歴史問題に取り組んだ著者は、内閣外政審議室長として関与した河野談話、村山談話の作成に至る過程も語っている。…

663世界@名無史さん2016/03/20(日) 22:21:43.610
田中角栄と安倍ちゃんを比べると、その眼力と佇まい…すべてにおいて差がありすぎて泣ける…大人と子供のレベル
http://fox.2ch.net/test/read.cgi/ poverty/1458429565/

664世界@名無史さん2016/03/24(木) 00:59:05.740
田中角栄ってアメリカの犬だったろ。言論集をみても
死ぬまでアメリカ批判はまったくしなかったし。

665水戸婦人部長2016/03/29(火) 19:50:11.32O
!!注意換気!!
※常識的に事実でなければこの様な内容は書けません!
極悪人、押川定和の被害にご注意下さい。

我々は水戸のサポーターや関係者で押川定和の悪事の被害者を中心に集った団体だ。8割ぐらいはメインスタンドで観戦している。
押川定和は
『ゴール裏で戦う会』
のリーダーで元鹿島サポーター。
SNSで数千もの架空アカウントを作り水戸の関係者の情報を盗み出し個人のSNSを炎上させるなど攻撃を仕掛ける。
SNSで限界になると人を利用して情報を盗み出す。その人がその後どうなろうがお構い無しの使い捨て。押川に誰が騙されて巻き込まれるか分かりません。
皆さん注意して下さい。
Twitter、Facebook、mixi、超水戸、ニコニコ動画など可能な範囲で全てで悪行を行っている。
『悪行の事実を突き付けると全てを自演や同一扱いで煙に巻こうとする。』
悪行が事実の為、表舞台には出れないが2ちゃんねるで反応はする。
水戸の関係者になりすまして未だに水戸スレに書き込み続けている。
現在は悪事が公に広まり鹿島には行けなくなる。しかしながな水戸への悪行は続行中。
押川定和の悪事は犯罪の領域に達している。
押川は現在、悪事が公に広まり鹿島には行けなくなる。しかしながな水戸への悪行は続行中。
勤め先・株式会社WEIC(ウェイク)104-0053
東京都中央区3-1
http://www.ntt.com/bizhosting-basic/data/case2_1.html

666世界@名無史さん2016/04/14(木) 07:52:24.020
D.トランプと田中角栄、意外な意外な「10の共通点」
   ◆ 米大統領選、ドナルド・トランプ、田中角栄元首相、スピーチ
週刊ポスト(2016/04/22), 頁:46

2016.04.14
トランプと角栄 人心掌握術と突破力という共通点
http://www.news-postseven.com/archives/20160414_402296.html

667世界@名無史さん2016/04/19(火) 21:45:07.920
日中関係と日本経済界: 国交正常化から「政冷経熱」まで (現代中国地域研究叢書)
李 彦銘 (著, 原著) 出版社: 勁草書房 (2016/2/19)
http://www.amazon.co.jp/dp/4326349077
内容紹介
日本の経済界の中国に対する態度がどのように形成され、なぜ変化したのか、そして日中関係における経済界の具体的な役割は
どのようなものか、日本政府の対中政策に影響を与える方法やルート、中国政府との交流チャンネルはどのようなものなのか。
これらの問いかけに対し関係する資料・記録・統計データなどをもとに実証的な検討を行う。

2016/4/17付
日中関係と日本経済界 李彦銘著 財界の「政治力」事例から検証
http://www.nikkei.com/article/DGKKZO99741980W6A410C1MY7000
 「財界の男めかけ」。のちの都知事がときの首相をこう評したのは、1971年のことだ。
品のないレッテル貼りが生産的な議論に結びついたとは思えないが、経済界が何らかの政治力を
持っていること自体は否定しがたい。
 問われるのは実態だろう。経済界の誰が、どんな思惑で、どのようにして、どの政治家や官僚、政策に、
どんな影響を与えてきたのか――。戦後日本の対中政策に焦点をしぼった実証的な事例研究が、本書である。
 たとえば、72年の日中国交正常化に先立って経団連や経済同友会は「中国傾斜」を鮮明にしていた。
背景には、日本経済が米国に次ぐ規模となり世界的な問題に正面から取り組まざるを得なくなった事情があったという。
 なかでもプラント業界が、当時の通産省と手を携える形で対米依存からの脱却と中国市場の開拓を目指していた。
72年に就任した田中角栄首相は、そうした経済界の思惑を十分に知ったうえで早々に国交正常化に踏み切った。
 89年の天安門事件後の対中経済制裁の解除に向けた取り組み。今世紀初頭の小泉純一郎政権下での「政冷経熱」現象。
その折々に経済界が政治的な役割を果たしていたことが、よくわかる。
同時に、その政治力にはかなり厳しい限界があったことも。
(勁草書房・5200円)

668世界@名無史さん2016/04/22(金) 07:52:28.770
週刊プレイボーイNo.18 [2016年04月18日]
http://wpb.shueisha.co.jp/2016/04/18/64243/
プーチン、習近平からメッシ、ジャッキー・チェンまで、
情報流出量はウィキリークスの1500倍!!
しかし、なぜかアメリカの有力者はほぼゼロ……
世界激震の裏側!!!! 超弩級スキャンダル「パナマ文書」の黒幕の名前!!

暴露された標的には明らかに“偏り”アリ!その狙いは?
世界激震「パナマ文書」をリークした黒幕の名前!!

669世界@名無史さん2016/04/27(水) 03:59:01.500
月刊Hanada 2016年6月号
http://www.asukashinsha.co.jp/book/b227026.html
蒟蒻問答
■堤堯×久保紘之
「パナマ文書」はアメリカの仕掛け

670世界@名無史さん2016/04/27(水) 03:59:47.450
>>658-659
日本を抜いた中国の科学技術力〜その知られざる実像
http://www.yomiuri.co.jp/fukayomi/ichiran/20160414-OYT8T50077.html

671世界@名無史さん2016/05/29(日) 10:33:35.980
ルーズベルト秘録 下 (産経新聞「ルーズベルト秘録」取材班)
http://blog.livedoor.jp/nanka_youkai/archives/6916274.html
第三部 日本脅威論

ー悪の病原菌 国際社会から”隔離”しようー

1920年1月21日、「アメリカの中国政策はどうあるべきか」という報告書をフランクリン・デラノ・ルーズベルトは激賞する。
それは、
「(中国で)日本の権益が確立されるということは、米国を含め他の国はすべて権益を失うことを意味している。
・・・嫌なら選択は二つしかない。一つは戦争で日本を追い出してしまうことであり、もう一つは妥協して協力することだ。
・・・強い中国の存在こそ米国の国益にかなっている」


ー必要悪 戦争が植民地主義を打破するー

中国報道の権威エドガー・スノーは1941年12月7日、ルーズベルトから会談の要請を受ける。
ルーズベルトはアジアの植民地について
「今回の戦争で、植民地主義は消える運命にある。植民地主義を打破し、新しい時代を生むためには、
日本は必要悪だったのかもしれない。もちろん、(先駆の役割を果たしたのが)日本だったことは恥ずべきことで、
欧州にはそれがわからなかった。私は日本人に少し偏見があるようだ。祖父、デラノは中国貿易に従事し、
中国人が好きになったが、その反面、日本人が大嫌いだったから」

672世界@名無史さん2016/05/29(日) 10:34:01.370
ルーズベルト米国大統領の性癖
http://www.geocities.jp/shonan_fuminokai/siryou/3-oubei.pdf
 1932(昭和7)年フランクリン・デラノ・ルーズベルトは大統領に当選した。
この人物のアジア観が歴史に決定的な影響を及ぼした。
 ルーズベルトは「いつも中国人には親しみを感じている。」と言っていた。なぜかとい
うと祖先がアヘン貿易で儲けたからだった。ルーズベルトの中国政策はクリストファー・
ソーンによると「認識の甘い、役に立たない、無責任なものだった」という。…

  中国にここまで甘い幻想を持った大統領は一方の日本をどう思っていたか、

「日本は明治以来、世界征服の陰謀を企て、段階的に実行に移してきた悪の帝国だ。」
そう信じていたのである。ルーズベルトは「田中上奏文」とほぼ同じ内容の「日本の百年
計画」なるヨタ話を学生時代に聞き、それを信じ続けていた。そして、大統領就任後、ま
ず最初に太平洋艦隊を増強した。さらに ルーズベルトはスミソミアン博物館教授アレス
・ハードリシュカに「日本人はなぜ邪悪なのか」を内々に研究させ、その結果こんなこと
を本気で信じていた。

  『日本人が邪悪なのは我々よりも頭蓋骨の発達が二千年遅れているからだ』

ルーズベルトはこの「科学的」な「研究」により人種を交配し、混血させて「立派な文明
と極東社会」を作ることを考えた。…


そして、「頭蓋骨が邪悪」な日本人は日本列島に隔離し、徐々に衰退させる。すなわち
「日本人根絶」「民族浄化」を理想としていたのだ。

673世界@名無史さん2016/05/29(日) 10:34:32.040
2016/05/04
田中角栄こそが対中売国者である 〈佐藤慎一郎・総理秘密報告書〉を読み解く 日本の政財界関係者及び朝日新聞広岡社長の媚中売国
http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plusd/1462358542/

674世界@名無史さん2016/06/02(木) 10:09:16.430
>>40
一般人はナチス的なやり方にころっと騙されて投票しちまうから禁止しよう
ってのもやってるじゃん
ナチス全否定ってのは「一般人は騙されてることに気づかないほどアホ」って前提があるんだよ

675世界@名無史さん2016/06/02(木) 10:10:26.840
>>48
今でもテレビのチャンネル数で田舎と都会をわける人もいるしねw

676世界@名無史さん2016/06/04(土) 03:43:06.550
>>551 >>565 >>576 >>582

2016/06/01
【日中】三菱マテリアルと中国人元労働者の和解、日本企業に警戒広がる 敗訴なら財産差し押さえの懸念[6/01]
http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1464793065/
 中国の官製メディアは、今回の和解を日本に対する“歴史戦”の大きな成果として、大きく宣伝している。

 1972年に発表された日中共同声明で、中国の戦後賠償の請求を放棄しており、日本政府は「国家間と同様に個人の賠償請求権も放棄した」との立場を取ってきたが、中国側は個人の請求権はあると主張している。
1990年代以降、元中国人労働者は日本国内で日本企業を相手にとり損害賠償を求める訴訟を起こしてきたが、ほとんど敗訴しており、2007年に日本の最高裁は、元労働者らの訴えを棄却した。

 元労働者らを支援する団体が2013年春、北京や河北省など複数の中国国内の裁判所に提訴し、一部受理されたことが今回の和解の背景にあると関係者が指摘する。中国の司法は中国共産党の指導下にある。
近年の日中関係が悪化していることもあって、裁判が始まれば日本企業が敗訴する可能性が極めて高いといわれている。
日本企業の関係者は「日本の大手企業のほとんどは、中国に投資しており、裁判に負けて財産が差し押さえられることをみんな警戒している」と話している。

 しかし、日本の最高裁が賠償請求を認めなかった中国人被害者に対し、民間企業が自主的に謝罪し巨額な金銭補償に応じたことは、ほかの日本企業に影響することは必至だ。

677世界@名無史さん2016/06/04(土) 03:45:10.610
>>654-656
2016/05/26
【国際】米軍撤退すれば中国がすぐに尖閣奪う トランプ大統領で「同盟解体」悪夢のシナリオとは[5/24]
http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1464251313/

2016/06/02
【社会】中国のガス田開発強行 日本政府、HPに“証拠”掲載 萩生田光一官房副長官「一方的な開発、極めて遺憾」
http://da ily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1464875158/

678世界@名無史さん2016/06/08(水) 17:13:38.160
テレビ局の放送利権を新聞社に売ったから、田中角栄はメディアから非難されることがほとんどない

679世界@名無史さん2016/06/26(日) 09:14:16.250
免許大量交付を熱望してたのがテレビ進出で出遅れた朝日新聞なんだよな
角栄が免許ばらまいたことで、
朝日が日本教育テレビ(NET)をキーにした全国放送網設立を構想した(ただし大阪朝日放送が他系列なのがネック)
ローカル局は通常、地元企業が資本を持ち合ってるんだけど、
出遅れた朝日系局には出資元がないんで、偽装の名義株を駆使しまくって免許獲りまくった
日中友好を社是とした広岡知男が朝日の社長になったのはその翌年
そこから日中友好キャンペーンを展開、文革は礼賛するわ、日本の戦争犯罪をでっち上げるなどし始め、
それは角栄の訪中と日中関係正常化に結実した。
その前年に社長に就任した渡辺誠毅が、論説委員の岸田純之助を使って原発容認に社論統一を図ったんだけど、
角栄が地方を補助金漬けにして原発を押し付ける電源3法を成立させたのと同じタイミング
そして大阪朝日のネットチェンジに成功して、ANN系列網を確立させるのに成功
朝日は田中角栄にいくら賄賂を渡したんだろうか?
角栄なしにテレビ事業への進出は不可能だったんだから、
そりゃ角栄批判なんてできるわけもない
日本において、過去のある一時期、
中国を批判できない、原発を批判できない、角栄を批判できない、
そういう社会の雰囲気を作り出したのは間違いなく朝日新聞だった

角栄を動かすのに必要な金の相場がだいたい3億〜5億円だったようだ
今の感覚ではさほど高額でないように思えるが、
当時とでは貨幣価値が違う
インフレ率を加味すると、当時の3億は今の30億円に相当する
3億円事件が驚愕の大事件だったのと同じで、とてつもない巨額資金である
まさか朝日は角栄に30億〜50億円払ったということだろうか?

680世界@名無史さん2016/06/26(日) 09:16:34.740
ロッキード事件 日本を震撼(しんかん)させた200日
http://tamutamu2011.kuronowish.com/rokkido.htm
捜査の結果、72年8月31日にハワイで行われた「田中・ニクソン会談」の結果で、日本の民間航空機として、
ロッキード社のトライスター購入が確約されたことが判明、その成功報酬として実に5億円が田中角栄にわたったのである。

ロッキード事件の概要1−1(ロッキード事件勃発)
http://www.marino.ne.jp/~rendaico/kakuei/rokkidozikenco/history/history1.htm
 「ロッキード事件」とは、当時の日本の最高権力者であった田中角栄首相が、米国航空機製造会社ロッキード社の
代理店である商社丸紅の請託を受け、全日空に、ロッキード社の新型旅客機であるトライスターの選定を承諾させ、
その謝礼として5億円を受け取ったとされた、いわゆる現職首相の受託収賄罪事件のことを云う。



金大中事件を葬った裏金 渡部亮次郎
http://blog.kajika.net/?eid=317903

書評・古野善政『金大中事件の政治決着』(東方出版、2007年)
http://www.kisc.meiji.ac.jp/~kokkaron/column/kimudai.html
 第1次政治決着のもう一つの目玉は、金鍾泌首相が訪日し、田中角栄首相に遺憾の意を表明する、とした点である。
1973年11月2日、この会談が実現した。ここで角栄は、「あの人〔金大中〕がここに来なければいいと思います」
と信じられない発言をしている。これが、主権を侵害された一国の首相の言葉だろうか。
実は、角栄は朴正煕から事件もみ消しのため3億円をもらったという疑惑がソウルでは「定着」している。

 もちろん、金大中の出国など実際には絶対にありえない。主権を放棄して恬として恥じない当時の日本の為政者に、慄然たる思いがする。
 最後に筆者は、この事件のあとに北朝鮮による拉致事件が続発することから、前者を国際慣例に則って毅然として処理していれば、
後者のありようも違ったのではないかと推理する。その意味でも、将来に大きな禍根を残す事件であった。

681世界@名無史さん2016/06/26(日) 09:18:01.830
「金大中拉致事件」から間もなく40年。韓国の朴正煕独裁政権に日本の主権を差し出した「自主独立派の政治家」(by 孫崎享)・岸信介の悪行を蒸し返しておく
http://d.hatena.ne.jp/kojitaken/20130715/1373868085
 この「金大中拉致事件」は、私にとってはロッキード事件や列島改造、それに金脈人脈の件以上に、
田中角栄政権史上もっとも悪い印象を持っている事件である。この田中角栄は小沢一郎の師匠であるとともに、
孫崎享が岸信介ともども「敢然とアメリカに立ち向かった『自主独立派』の政治家」として絶賛している。
しかしその田中も(大平正芳もだが)古野元毎日新聞記者に「主権・人権の感覚のない為政者」として一蹴されているのである。
そして、田中や大平が行ったこのような最悪の「政治決着」を後押ししたのが、
「敢然とアメリカに立ち向かった『自主独立派』の政治家」(by 孫崎享)岸信介だった。

『・・・文藝春秋2001年2月号の記事によると「田中角栄首相が、政治決着で解決を探る朴大統領側から
少なくとも現金4億円を受け取っていた」と現金授受の場に同席した木村博保元新潟県議が証言している。
また田中真紀子によると事前に角栄は殺人をしないことを条件に拉致することを了承済であったという。』


田中角栄に消えた闇ガネ 「角円人士」が明かした最後の迷宮
http://bookclub.kodansha.co.jp/product?isbn=9784062187060&_ga=1.95325343.246809945.1466899301
2013年12月は、早くも田中角栄が没してから20年を迎える。そして近年、角栄への郷愁が語られるが、
そのとき忘れてはならないのが、闇将軍の金権体質。
角栄の懐へ入ったに違いないのに、長らく確証が掴めなかった「金大中事件の政治決着」と「柏崎刈羽原発用地売買」の疑惑につき、
著者は地元新潟で越山会の会長も務めた最側近から重大な証言を得た。
「私は2度にわたり4億円を目白へ運び、田中先生に渡した」
一方は東京電力への土地売却代金。もう一つは、国会での事件の追及をかわすため韓国政府から贈られた
「お土産」という名の巨額な政治資金。
躊躇なく韓国からの4億円を受けとる首相をみて、証言者は戦慄を覚えたという。

682世界@名無史さん2016/06/26(日) 09:19:28.470
>681
田中角栄に消えた闇ガネ 「角円人士」が明かした最後の迷宮
http://bookclub.kodansha.co.jp/product?isbn=9784062187060

683世界@名無史さん2016/07/05(火) 01:21:01.840
2016/07/03
【尖閣】NHKよ、「中国軍艦は絶対来ない」はずではなかったのか[7/3]
http://mint.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1467546226/
領土問題が緊迫の度を加へてゐた平成24年9月1日に放送された「週刊ニュース深読み〜竹島・尖閣諸島 皆さんの質問に答えます」
で、加藤青延解説委員(現在も中国担当)が、尖閣「棚上げ」を巡る質疑の中で次のやうに断言した。
「…まさに棚上げ論議の時に決めた言葉です。(それが)『日中平和友好条約』(1978年)第1条『…すべての紛争を平和的な手段により
解決し及び武力又は武力による威嚇に訴えないことを確認する』。これは日中両政府の合意です。
もし中国が軍事力を使つてあそこを取らうとしたら、この条約を破棄することになる。これは両国が戦争状態になることと同じ。
だから絶対にやつて来ない。だから今までも色んな漁業監視船とか調査船とか色んなのが来るけれど、中国の海軍は一度も
来ないんですよ。来たら終りですよ」
共産主義にとつて条約は破るためにある。歴史がそれを証明してゐる。こんな馬鹿なことを予言したら恥をかくのにと思つてゐたら、
4年を経て案の定、「来たら終り」と言つた軍艦がやつて来た。

なほ、この時に回答者として出演した孫崎享氏(元外務省国際情報局長)も、まるで中国政府の代言人のやうな非常識な棚上げ論を
述べてゐたが、民間の一評論家である以上、あくまでその言論は自由である(但し、NHKの番組における人選の傾向については
また別の大きな問題)。
因みに「日中平和友好条約」第2条には、「両締約国はそのいずれも、アジア・太平洋地域においても、又は他のいずれの地域においても
覇権を求めるべきではなく、またこのような覇権を確立しようとする他のいかなる国、又は国の集団による試みにも反対することを
表明する」とある。
今後もし加藤青延氏が、「時論公論」などで中国海軍艦艇の接続水域航行や領海侵入を解説するなら、この第2条を引用して、
この条文は時間稼ぎの心にもないペテンであつた、従つて、日本は尖閣有事に備へるべきだと説かなければ首尾一貫しない。
それでこそ自らの言論に責任を取つたと言へる。

684世界@名無史さん2016/07/08(金) 07:22:12.040
2014年09月30日
■ 「米中関係の守護者」としてのキッシンジャー   久保 孝雄
http://go o.gl/K9Ct2L
  私は個人的にはキッシンジャーをあまり好きではない。彼には日本および日本
人を格下に見ている(日本に対する戦勝国意識をにじませている)ところがある
からだ。ニクソン大統領の特別補佐官だった彼が、米中和解への秘密工作を続け
ていたとき、アメリカの意表をついて中国との国交回復を図った田中角栄に激怒
し、失脚させたのは彼である。また、日米安保は中国を対象にしたものではなく、
日本の軍国主義復活を抑える役割があることを強調して、毛沢東や周恩来を説得
したのも彼である。

 中国、ロシアをはじめ、世界の列強の首脳たちと渡り合ってきた彼にとって、
日本および日本人はいかにも一格下に見えるのだろうが、しかし、日本をこうし
た国にし、日本の政治家を矮小にしたのは他ならないアメリカだったことに、彼
は心の痛みを感じていないようだ。

彼の定義によれば、「主権国家の根本とは、他国の制約を受けずに自ら決断を下
す権利を有していること」(キッシンジャー著『中国』上下 岩波書店)である。
占領終了後60年を経た今なお、アメリカは沖縄はじめ全国各地に広大な米軍基
地を保有し、自らの戦略で自由に運用しており、戦勝国アメリカから様々な主権
制約を受け続けている日本は、まともな主権国家とは到底言えない。

 政財官に拠る日本の支配層は、国家主権の基本である安全保障や外交の基軸、
つまり国家戦略の基本をアメリカに依存してきた(させられてきた)ので、「日
本人は戦略的思考が弱い」(キッシンジャー)という状態に封じ込められてきた
のだ。もちろん、これに甘んじ続けてきた日本の政財官+マスメディアなど支配
層のアメリカ覇権信仰や独立心の欠如を免責するものではない。


2013/11/23
【神奈川新聞】久保孝雄・元神奈川県副知事「米国の属国とみなされる日本、ロシア・中国・韓国・北朝鮮にどう見られているかが重要」[11/23]
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1385218464/

685世界@名無史さん2016/07/15(金) 07:38:02.560
【南シナ海問題】中国が領土に固執するのはなぜか 中華思想2千年の「大一統」の呪縛とは…[7/13]
http://mint.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1468355717/
 中国軍のタカ派論客、羅援(らえん)少将は、南シナ海問題に関するこれまでの発言で、「主権問題を論じることは認めない」
としたトウ小平の指示を挙げ、国家統一の基礎として「大一統(だいいっとう)」という思想を強調した。
 羅氏は「大一統」の思想を「われわれの領土と主権を分割することを許さない」との意味だと説明。「九段線」の法制化や
南シナ海の武装強化を訴えた。
 この「大一統」とは、紀元前に成立した儒教の経典「春秋公羊伝」の言葉で、「一統をたっとぶ」とも読まれる。
天子を頂点としたピラミッド型の支配構造を形作るとともに、支配対象である王朝の領土・領海で完全な支配と継承をめざす
2千年の統治思想だ。
 南シナ海の存在は前漢の漢籍にも記録されている。その意味では「古来」だが、スプラトリー(中国名・南沙)諸島の領有が、
国民党政権下の中国政府で明確な政策課題となったのは1930年代だ。
 さらに、九段線の原型(十一段線)が、南京で制定されたのは戦後の47年にすぎない。
 スプラトリー諸島まで含む南シナ海統治が中国、台湾の「領土主権」に現実にかかわったのは戦後だ。
しかも、50年代にはフィリピン、南北ベトナムも、それぞれ領有権を訴え始めていた。
 しかし、中国の視点では、かつて国民党政権が定めた境界を完全に引き継ぎ、実効支配しないことには、
共産党政権の正統性が揺らぎかねない。この国家統一の情念が、現代に息づく「大一統」の思想だ。

686世界@名無史さん2016/07/15(金) 07:39:32.110
【南シナ海問題】[FT]中国政府、フィリピンの懐柔狙う 南シナ海判決で[7/13] [無断転載禁止]©2ch.net
http://mint.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1468488306/
中国政府は舞台裏で、フィリピンが判決を「棚上げする」ことを条件に経済的な誘因を与え、判決の効果を鈍らせようと尽力してきた。
この戦略は中国にとって、長年実践され、有効性が実証されている。自国の経済力を使い、国際的に認められた領有権の主張について
近隣国を丸め込み、脅し、協力をあからさまにカネで買う戦略だ。
これは、中国に対して共同戦線を張るよう地域の国々を説得するうえで米国政府が直面する困難を浮き彫りにする。
アナリストらは、フィリピンが中国と裏取引しようとすれば、米国の努力を損なう恐れがあると話す。

■「論争を棚上げし共同開発を優先」
シドニーのローウィ国際政策研究所のディレクター、ユーアン・グレアム氏は、
「もしフィリピンが自国の主張を押し通さないと決め、むしろ中国との2国間交渉を再開する際の裏カードとして
(判決を)使うなら、米国その他の国々が国際舞台で行動したことは台無しになるだろう」と指摘。
さらに「海洋法に関する米国の立場は、この判決が中国に圧力をかけることにかかっている」と語った。
南京大学の中国南海研究協同創新センターの執行主任を務める朱鋒氏は、海洋権益について近隣諸国と取引する
中国政府の取り組みは、名前さえ付いている往年の政策だと言う。
大まかに訳すと、共同開発を優先して論争を棚上げすること(「擱置争議、共同開発」)を意味する。
朱氏は外交上の成功をいくつか引き合いに出す。北部湾(トンキン湾)の海洋権益に関する2000年のベトナムとの妥協や、
05年にベトナムおよびフィリピンと調印した海洋地震の共同研究に関する合意などだ。

687世界@名無史さん2016/07/23(土) 03:26:09.770
2015/11/15
【池田信夫】中韓の騒ぐ「歴史問題」はもっとおぞましい彼らの歴史を隠す煙幕/毛沢東 日本軍と共謀した男 国民党の情報を日本軍に通報 [転載禁止]c2ch.net
http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plusd/1447590196/
2016/06/29
【日中】日本軍と共謀した毛沢東を、中国人はどう受け止めたか[6/23] [無断転載禁止]c2ch.net
http://mint.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1467200642/
 6月17日、拙著『毛沢東 日本軍と共謀した男』の中文版がニューヨークで出版され、VOA中文テレビの取材を受けた。
視聴者のコメントと報道ページに載ったアンケートから、華人華僑の心情と日本人の反応との違いを考察する。

 いったいどのような反応が出るか、それが怖かったが、知りたいという気持ちが凌駕した。

 すべて肯定的なコメントばかりなのだ。
 日本では読者のコメントに「毛沢東が日本軍と共謀などするはずなどない!」といったものが散見され、
日本人がいかに洗脳されているかに驚いたが、中国語圏の世界では、「よくぞ言った!」という礼賛と肯定のコメントに満ち溢れている。

 日本の読者の中には、「毛沢東が皇軍に感謝すると言ったのは、いわゆる逆説的なユーモアのようなもので、
それをまともに受けて書いている遠藤は、ついにモウロクしたか?」という趣旨の読者コメントを書いている人が散見されたが、
ここに中国人と日本人の分岐点があるように感ぜられる。いや、「日本人の精神性の限界」と言ってもいいだろうか。
 日本人は敗戦後、アメリカによって徹底的に洗脳され、「悪いのは、原爆を落としたアメリカではなく、あくまでも日本だ。
悪いのは日本軍の蛮行であり、それを許した日本だ」ということを徹底的に叩きこまれた。それによってアメリカの占領統治を
容易にする精神性を日本人に植え付けた。
 たしかにかつての日本は間違っていたので、それはその通りであろうが、日本人はアメリカを崇拝しアメリカ人を崇める
ところまで「意識改革」を強要された。その結果、中共の宣伝部である中宣部が書いた「抗日戦争史」を鵜呑みにする
精神性まで(一部ではあるが)培われたのだろう。
 贖罪意識を持つことは悪いことではないだろうが、しかし、それにより「真実を見る目」まで曇らせているのは、正しい選択ではない。

688世界@名無史さん2016/07/24(日) 06:11:30.930
>>73-74 >>282 >>586
2016/7/22
日本の介護は「イノベーション」 中国が熱視線送る事情
上海支局 小高航
http://www.nikkei.com/article/DGXMZO05035000Q6A720C1I00000/
 子を持つ親としてはなかなか複雑な心境だが、日本の高校生に「親が年老いたら自分で世話をするか」と聞くと、
「はい」と答えるのは38%にとどまるという。米国と韓国はいずれも50%台。それがお隣の大国、中国では88%になる。
国立青少年教育振興機構が2015年にまとめた4カ国の意識調査で、「親の介護」は日中の高校生で最も意見が分かれた項目の一つだ。
 中国の親子の絆の深さには時に驚かされる。遠方の実家に毎日…

689世界@名無史さん2016/07/29(金) 06:58:36.110
2016/07/24
【日中】ゆがめられた「最大の遺産」 政治生命かけて実現させた日中国交正常化だが、その後…[7/24] [無断転載禁止]©2ch.net
http://mint.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1469357897/
1972(昭和47)年7月9日夜、中国・北京の人民大会堂では南イエメンの代表団を歓迎する宴席が開かれていた。
そこでの首相、周恩来による場違いな発言が国営新華社通信によって世界に発信された。
「田中内閣が7日に成立したのは、中日国交正常化の実現に拍車をかける動きの表れで、歓迎に値する」。
周には、首相に就任したばかりの田中角栄に早急なシグナルを送る必要があった。
69年に中ソ国境で武力衝突が発生し、中ソ対立が表面化。ソ連の核攻撃を恐れた中国共産党主席の毛沢東ら党指導部は
日米に秋波を送り、田中内閣の発足約5カ月前にはニクソン米大統領が電撃訪中を果たした。
翌8月、東京の帝国ホテルで、対日工作を担い上海バレエ団団長として訪日した孫平化が田中と外相の大平正芳に面会し、
周からの正式な中国への招待を伝えた。
「9、10月は秋空が高く空気がすがすがしい」。すでに訪中を決意していた田中が北京はどの季節が最も快適かと訪ねると、
孫はこう強調してみせた。
「総理になったら大平君に外相になってもらい、日中打開に全力を尽くしたい」。佐藤内閣の通産相時代から準備を重ねてきた
田中にとっても千載一遇の好機。果たして就任から3カ月に満たない9月25日、日本の首相として戦後初めて中国の地に降り立った。

6906892016/07/29(金) 06:58:57.820
ただ、田中外交最大の遺産も、中国の国内事情の変化でゆがめられてもきた。
●(=登におおざと)が打ち出した「韜光養晦(とうこうようかい)」(姿勢を低く保ち、強くなるまで待つ)の外交戦略が
経済大国化とともに過去のものとなり、中国の海洋進出と軍備増強を背景に日中間の摩擦が強まる。
その中で、戦争賠償の請求権を放棄した国交正常化への“疑念”も生じている。
賠償放棄は中ソ関係悪化を背景に毛沢東がトップダウンで決めたものの、国民の感情にはしこりが残った。
中国伝媒大学の劉建平副教授は著書の中で、賠償や戦後処理問題の「あいまいな処理」で、日中関係は周期的に
悪化することになったと批判する。
大平が首相となって79年の開始を主導した対中政府開発援助(ODA)は円借款も含め総額3兆6千億円以上。
しかし、日中両政府は戦争賠償の代替と認識しながら、中国の国民にはほとんど周知されず、
戦時中に「強制連行」された労働者や遺族による民間賠償請求の動きに波及している。

691世界@名無史さん2016/07/29(金) 07:00:43.640
2016/01/30
【SAPIO】米国防総省顧問「日本のODA、貿易、投資、技術供与が中国を強化したことを反省せよ」★2[1/29]
http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1454135682/
http://log soku.com/r/news4plus/1454135682/
中国はこれまでも、今後も、アメリカや日本の資本、技術、システムを利用、借用し必要なら盗み自国の総合的国力増大に努めてきた。

では、日本は中国とどう向き合えばよいのか。

米国防総省の中国エキスパートとして長くアメリカの対中国政策に関わり、
近著『China2049』で中国が建国100年目に達成しようとする戦略について指摘しているマイケル・ピルズベリー氏(現・国防総省顧問)が独占インタビューに応じた。

 * * *

日本は具体的にはなにをするべきか。

まずはアメリカが過去に同盟国である日本にはまったく知らせずに、
軍事や安全保障面で中国に与えてきた援助についてアメリカにその意図や責任を問いただすべきだ。

アメリカは東西冷戦時代だったとはいえ中国軍のミグ戦闘機のレーダーなどの機能改善を直接に請け負ってきた。
中国から大量に兵器を購入し、アフガニスタンでの対ソ連戦に投入した。
中国の航空機国産事業に専門家を送り、援助した。さらに軍事目的にも資するロボット、レーザー、宇宙工学などの中国の国立研究施設の開設を支援した。

こうした援助はみな中国の軍事力を含む国力を増強し、日本にも脅威を与える結果を招いてきた。私自身もこの種の援助にはかつて賛同した。

だがそれは間違いだった。中国を強く豊かにすれば米側に同調してくると誤解したのだ。
日本にはいまアメリカの過去のミスを政府や国会のレベルで問いただす権利がある。

そのうえで率直に述べるならば、日本自身も中国の長期的な脅威に目覚めるべきだ。
日本はまだ中国について、自国の存立を脅かしうる挑戦者として認識していないようだ。

日本のODA(政府開発援助)や貿易、投資、技術供与がこれまで中国をどれほど強化してきたか、計算し、反省すべきだと思う。
中国の強大なパワーはやがて日本への脅威や挑戦となって発揮されるのだ。

692世界@名無史さん2016/08/02(火) 02:45:15.050
>>577
2016年7月27日
ロッキード事件・田中角栄逮捕から40年。石原慎太郎が「墓場まで持っていく」真実とは
http://www.excite.co.jp/News/reviewbook/20160727/E1469582127490.html
2016-07-23
田中角栄は米国の虎の尾を踏んだのか:秘密解除 ロッキード事件
http://blog.goo.ne.jp/serendra/e/ec397b526ad458499663073c63010b00

「検証・ロッキード事件」の 記事一覧
http://judiciary.asahi.com/investigation/index2.html?id=0041
2011/07/31
検証・ロッキード事件
米政府は田中角栄をどう見たか「腐敗のオーラをまとったウソつき」
奥山 俊宏(おくやま・としひろ)
http://judiciary.asahi.com/investigation/2011072300003.html


2016/07/27
【7月27日】ロッキード事件…27日に田中角栄元首相逮捕から40年 田中氏の手腕再評価も【政治を考える日】
http://karma.2ch.net/test/read.cgi/seijinewsplus/1469552237/30-32

693>>6782016/08/02(火) 22:37:27.810
放送事件史
「田中角栄」≪前編≫
――大量免許でマスコミ支配
http://www.maroon.dti.ne.jp/mamos/rvw/kakuei1.html
角栄と記者の「軽井沢の約束」

 新聞やテレビは、なぜ「田中角栄とマスコミ」の関係を報じないのか。その理由は、無邪気なため問題の存在を知らないことを除けば、
ひとつしかない。マスコミ各社が角栄に世話になりすぎたため、「田中角栄とマスコミ」の関係を掘り起こすことは、
自らと「戦後最大の金権政治家」の癒着を検証することにほかならないからである。
 田中角栄のマスコミ支配を象徴する有名な発言がある。首相就任直後の1972年8月に田中が番記者9人に対して語ったもので、
「軽井沢発言」として知られている。番記者だけを集めて、田中はこんなことをいった。
「俺はマスコミを知りつくし、全部わかっている。郵政大臣の時から、俺は各社全部の内容を知っている。その気になれば、
これ(クビをはねる手つき)だってできるし、弾圧だってできる」
「いま俺が怖いのは角番のキミたちだ。あとは社長も部長も、どうにでもなる」
「つまらんことはやめだ、わかったな。キミたちがつまらんことを追いかけず、危ない橋を渡らなければ、俺も助かるし、キミらも助かる」
 驚くべき発言である。これだけで新聞のトップニュースになる。アメリカで大統領が同じことをいえば、全マスコミがこぞって
弾劾《だんがい》しただろう。しかし、日本の新聞は一切報じなかった。
 報じなかったどころではない。巨大新聞や放送局の記者たちは「軽井沢の約束」を守ったのだ。その結果、新聞・テレビは
田中の金権政治を何ひとつ撃つことができなかった。それは立花隆が「文芸春秋」でやったのだ。 筆者は、長く自民党の中枢
にいて選挙のプロ中のプロとして知られた政治評論家から、「角番記者には、田中に家を建ててもらった者がいる」と聞いたことがある。
それは、軽井沢の約束の代価に違いなかった。
 しかし、マスコミは現場記者の家屋敷などとは比較にならない大きな恩恵を、田中角栄から受けたのだ。放送事件史の田中角栄編とは、
そんな恩恵にまつわる物語である。


大量免許を実現した「大臣決定」

 田中角栄のテレビに対する最大の贈物は、角栄が郵政大臣になってすぐさま着手した放送局の大量免許交付である。…

694世界@名無史さん2016/08/02(火) 22:38:00.870
文藝春秋 2016年8月臨時増刊号

1000億円を動かした男田中角栄・全人像
http://gekkan.bunshun.jp/articles/-/1931

695世界@名無史さん2016/08/13(土) 06:46:59.260
尖閣問題というのは埋蔵石油権益を巡ってこじれてしまったというのは先入観によるもので、
実際には台湾漁民の漁業権益要求が発端になっていて、これは竹島問題と同じだ
台湾漁民が騒ぎ出したので、台湾を自国の一部と主張する中国もそれに追随したが、
強硬に追随便乗した背景に石油権益の存在があったことは間違いなく、周恩来が確かにそう発言している。
この尖閣沖石油の情報は、尖閣の施政権が日本に返還される直前に、
国連が海洋調査を発表して豊富な石油埋蔵の可能性を指摘したことで周知となった
そのためこのレポートが、日中分断を図る米国の外交謀略ではないかと推測する考えが出てくるわけだが、
実はこの国連調査は、日本側の要請によって出されたものらしい
要請したのは田中角栄のブレーンで、著書の「日本列島改造論」のゴーストライターの一人とされる、
通産官僚(当時)の堺屋太一だという

その時点では中国は尖閣領有主張はしてなかったからと言い訳しているが、
領有権争いがなくても経済水域画定問題があるはずだ
大陸棚条約が発効したのが1964年で、尖閣返還よりずっと前だ
そして尖閣返還頃には、韓国との間で九州西方の大陸棚権益が衝突している
72年に韓国が一方的に鉱区を設定してきて、両国で協議して74年に日韓大陸棚協定となった
今日では中間線原則が主流だが、当時はそうじゃなかったから韓国有利の協定で、
日本はその有効期限が来て失効するのをひたすら待ってる状態だ
従って、中国との間でも大陸棚の扱いを巡って激しく対立するのは自明なんだから、
埋蔵資源の扱いは慎重に対応しなきゃならなかったはずで、
進んで披瀝して自慢するなどは考えられない失態だ
さすが「商人国家論」の堺屋だ。目先の金儲けの発想だけで外交センスがまるでない。
彼がこんな国家間の権益争いのど真ん中に関わるデリケートな問題を、そんな風に軽率に扱ったことで
ここまでの解決困難な大問題に発展してしまった
商人意識では世界を渡っていけないということを身をもって証明したと言える

696世界@名無史さん2016/08/13(土) 06:48:02.530
それと都知事時代に尖閣を東京都で買い取って施設建設を図った石原慎太郎。
最近、「天才」なんてくだらん角栄本を出して下品な商売しているが、
書い取り構想がちょうど中国の権力移行の真っただ中だったために中国の国内政治上の巨大なうねりとなって
今まさに軍事問題に発展しかねなくなってきた
石原に外交軍事センスはまるでないということがよくわかる
こんなあほの語る愛国だとか国家論などは幼稚でくだらない子供の妄想にすぎないだろう



2016/04/29
【SAPIO】台湾の「尖閣抗議団」が反日ではない理由…漁民は領土問題とは無関係[4/29]
http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1461912955/76-77
http://log soku.com/r/news4plus/1461912955/76-77
2016/03/24
【竹島問題】 独島を韓国の領海に入れた平和線(李承晩ライン)が国際法違反?〜日本の主張は間違い[03/24]
http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1458820191/

2012/10/09
【尖閣問題】日本が尖閣諸島を盗んだと主張する中国…しかし、周恩来が「尖閣は石油目当て」と認めていた[10/09]
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1349746775/
2015/12/03
【毎日新聞/金子秀敏】こんな所に尖閣 古い地図帳は知っている「古代から中国領だった」との錯覚[12/3] [無断転載禁止]©2ch.net
http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1449143615/72

697世界@名無史さん2016/08/13(土) 06:48:55.340
2016/7/13
『石原慎太郎、堺屋太一、渡部昇一が世相を斬る』【前編】
http://www.bsfuji.tv/primenews/movie/day/d160713_0.html
『石原慎太郎、堺屋太一、渡部昇一が世相を斬る』【後編】
http://www.bsfuji.tv/primenews/movie/day/d160713_1.html
テキスト
http://www.bsfuji.tv/primenews/text/txt160713.html
# 中国『挑発』エスカレート

 …
石原氏
「相手の敵意をというものははっきりしている。国民も認識したらいいですよ。だから、この尖閣に関して、彼らの侵犯を聞いて歴然と
なったので、東京で買ってしまうとなったら、民主党の総理が、東京がつけた言い値以上に買っちゃったんです。しかも、買った人間、
所得税は払っていない。二十数億で買った。こんな事態が放置されて、日本は本当の法治国家と言えるのでしょうか。本当におかしな
おかしな国になっちゃった」

堺屋氏
「私が沖縄へ復帰の日に赴任して、その時にすぐにやった仕事というのは、尖閣の石油、海底資源の鉱山区域を設定して…4万区域
あったんです」

反町キャスター
「72年ですか?」

堺屋氏
「それを認可するのが最初の仕事だった。その時は、中国も何も言わなかったんです。日本も当然、日本のものだと思ってやったんです。
その時、鉱業権を設置しているわけです。それは日本の鉱業権として主張すべきだと思うんです」

6986972016/08/13(土) 06:50:00.140
反町キャスター
「石原さん、かつて当番組でも港をつくれとか、灯台をつくれといった話をされたんですけれども、堺屋さん、この尖閣諸島に実効支配
をより国際社会に対してだけでなく、中国に対して強調するためにあの島を何か活用すべきかどうかという、そのへんについては
どう考えていますか?」

堺屋氏
「私はモノをつくるべきではないと思います。と言うのは、経済的に価値があるものができるとは思えません。だけど、自分達が持って
いるということを譲らないという姿勢を示さなければいけない。それを、ややもすれば、経済的な理由とか、揺らぐところがある。
たとえば、上海万国博覧会で出展したんです。私のパビリオンは、民間パビリオンですが、それには1日として日章旗が立たなかった
ことはない。ところが、日本政府館はなかなか立てない。私が言いに行ったんですね。お前のところ立っていないぞと。
それはちょっと現在、検討中ですとか言って、立てないです」

反町キャスター
「民間パビリオンには立って、国設のパビリオンに日の丸が立たない?」

堺屋氏
「立たない日があった」

石原氏
「堺屋さんが言う通りで石油が出るならボーリングをして掘ったらいいではないですか。実際に灯台を建てるより、歴然とした事実の
確認になります」

反町キャスター
「でも、堺屋さんは石原さんが言うような目に見える形での主権の誇示みたいなものはすべきではないという話ですね。
そうでもないのですか?」

堺屋氏
「今、もし本当に石油が出るならやった方がいいと思う」

6996972016/08/13(土) 06:50:26.900
反町キャスター
「どうなっています?1972年調査した時、油が出ない」

堺屋氏
「やる人が嫌がった。権利は認めたけれど、実際、実行して経済的に引き合うかどうかわからないから、やらなかったのですが。
やれるやつがいればやらせたらいいと思う」

石原氏
「政府が潰したのではないの?」

堺屋氏
「いやいや、そうではない」

反町キャスター
「ただ、中国側は尖閣周辺を実は我々の領土だ、領域だとなったのは、国連があのへんで、1972年に石油調査をやって、
出るかもしれないという話を聞いたから騒ぎ出したのではなかったでしたか?」

堺屋氏
「そう。だから、国連が調査するというのは別に国連が船を出したのではなしに、日本のデータで言ったんです。
その時に日本は出るだろう、日本の海域は出るだろうと」

7006972016/08/13(土) 06:50:50.420
反町キャスター
「もしかしたら、日本が調べて出るだろうと言ったものだから、中国が実は俺のものだと騒ぎ出した、そういう経緯なのですか?」

堺屋氏
「そうそう」

反町キャスター
「それは何というか、けしからんというか、そんなことを言わなくてもよかったのに。どういったらいいのか。かえって、騒ぎを大きく
するために、調査をして、データを公表してしまった。そういう経緯なのですか?」

堺屋氏
「いや、データを公表したのかどうかは知りませんけれども、とにかく調査船が行って、ここは石油が出る可能性があるから、
とりあえず申請しておこうということになったんです。それで申請してきたから、私は認めた。そうしたら、中国は、ここは俺の島
かもしれないと言い出したんです」

701世界@名無史さん2016/08/13(土) 06:52:20.740
2014/9/8 
ブレーンがまとめた『日本列島改造論』
http://bizacademy.nikkei.co.jp/culture/keyword/article.aspx?id=MMACzf002008092014
 田中角栄元首相が1972年の自民党総裁選への出馬直前(出版時は通産相)に出版された『日本列島改造論』には、
豪雪地、新潟県出身である田中の思いが凝縮されている。田中の首相秘書官となる小長啓一(こなが・けいいち)氏が
官僚や新聞記者からなる執筆陣の束ね役を務めた。序とむすびしか書かなかった田中は売れ行きを聞いて
「オレも読んでみないといかんな」と軽口をたたいたという。

 田中の黒子として「改造論」の骨格をまとめた小長氏は、天下をとった田中に引っ張られて通産省から官邸入りした。
通産事務次官、日本興業銀行(現みずほ銀行)顧問を経てアラビア石油社長も務めた。同じく通産官僚だった
池口小太郎(作家・堺屋太一)氏も「改造論」執筆メンバーの1人。自治官僚だった武村正義(後の新党さきがけ代表、官房長官)氏も
執筆に加わった。


日本列島改造論に対する世評考
http://www.marino.ne.jp/~rendaico/kakuei/gyosekico/nihonrettokaizoron/sehyoco.html
 田中通産省の『日本列島改造論』が出版されたのは、72(昭和47)年6月20日だった。「ポスト佐藤」を選ぶ自民党総裁選を
15日後に控えていた。そもそも出版計画は、前年の10月に浮上した。日米繊維交渉を決着させたばかりの田中は、
秘書官の小長啓一(のち通産事務次官)に、「自分は、国会議員になってから国土開発に携わってきた。通産省として工業再配置
も勉強したので全体系を学んだことになる。来年は、衆院勤続25年で永年表彰されることもあり、この際、全体をまとめてみたい」と語った。

 小長は、省内の若手官僚から、後に堺屋太一のペンネームで作家となる池口小太郎ら数人を選んだ。
これに田中の政務秘書早坂茂三と日刊工業新聞の記者数人が合流して、10人ほどの執筆陣を決めた。
大臣室で田中は、道路、鉄道、河川、住宅、農政などについて、自らの構想を滔々と喋った。
1回数時間、3〜4回、会合が重ねられた。日刊工業新聞は72年1月10日から「新しい国づくり 日本列島改造論」
の連載をスタートさせた。小長と早坂を中心に、単行本『日本列島改造論』の分担執筆も始まった。……

702世界@名無史さん2016/08/13(土) 06:52:42.110
こんばんは。故田中角栄首相の著書に「日本列島改…
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1412942974

souyu422さん 2007/10/1
なお、前の方が挙げられている池口氏(堺屋太一)は、この本の執筆には直接関わっていないはずです。
確かに、「日本列島改造論」の考え方のベースとしては、池口氏の文書もあったと考えられていますが、

ohirune_daisukeさん 2007/10/2
田中角栄の『日本列島改造論』は,当時,田中のブレーンで通産官僚であった
池口小太郎(後に作家となった堺屋太一の本名)が実質的に書いています。

なお,池口は『日本の地域構造−地域開発と楕円構造の再建』という本を
1967年に東洋経済新報社から出しており,これが列島改造論のベースです。

703世界@名無史さん2016/09/21(水) 02:27:41.500
>>681
ぶらり日本経済/柏崎刈羽から目白に運ばれた4億円−角栄ブーム土地転がし
   ◆ 元朝日新聞・羽原清雅/「柏崎刈羽原発」用地転売疑惑
週刊エコノミスト(2016/09/27), 頁:34

週刊エコノミスト 2016年9月27日号
http://www.weekly-economist.com/2016/09/27/%E9%80%B1%E5%88%8A%E3%82%A8%E3%82%B3%E3%83%8E%E3%83%9F%E3%82%B9%E3%83%88-2016%E5%B9%B49%E6%9C%8827%E6%97%A5%E5%8F%B7/419024492/

704世界@名無史さん2016/10/15(土) 19:53:41.270
民進/新潟・田中直紀氏が落選 真紀子氏は姿見せず 「角栄王国」が名実とも崩壊…2016/07/10
http://www.sankei.com/politics/news/160711/plt1607110089-n1.html

田中直紀・元防衛相ら書類送検、参院選で無届け文書送付疑い  2016.9.14 10:05
http://www.sankei.com/affairs/news/160914/afr1609140008-n1.html

田中真紀子、政界復帰は諦めずも田中王国消滅への道 ー 2016年10月14日
http://news.ameba.jp/20161014-142/

705世界@名無史さん2016/11/01(火) 16:18:02.580
2016.10.31(月)
中国の次の目標は日本海の内海化か
北朝鮮を批判したくない中国の内幕
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/48237

日本軍に通じていた中国要人

?日本の士官学校で学び、また軍隊に入隊して後、中国に帰国して対日工作の諜報員や政治家として活躍した中国人は多い。
?廖承志は東京生まれ(中国生まれという人もいる)で、のちに中国に帰り中日友好協会会長にも就任した人物であるが、
対日工作の第一人者であった。
?廖と共に行動したこともある呉学文は日本の陸軍士官学校卒業で、「田中(角栄)内閣誕生までの裏工作をはじめ、田中訪中までの
政治工作等で中心的な役割を果たし」た工作員(福田博幸『中国対日工作の実態』)であったという。
?中国共産党に最大の情報を提供していたとされる王梵生も東京陸軍経理学校を卒業し、帝国大学(のちの東京大学)に学び、
日本に亡命する。その時、京都大学総長の荒木寅三郎や内藤湖南らの学者とも意見交換し、安岡正篤氏ともつながる人物となる。
その王梵生の正体は、福田氏によるとゾルゲ機関の対日工作員である。
?安岡氏が戦前・戦後の日本の指南的な存在であったことはよく知られている。しかし、氏が「(在日中国)大使館におられる王梵生さん
という方は実にすばらしいお方でございまして、私はしょっちゅうお話を伺っております」(前掲書)となれば、我々日本人はどう考えたら
いいだろうか。
?福田氏は安岡氏が「戦前戦後を通じて中国共産党の大物諜報工作員に取り込まれた、日本のトップシークレットを知る『重要情報源』
であったことを知る人はいない」と断じ、安岡氏を評して「論語読みの論語知らずの一言に尽きよう」と述べている。
?戦犯として逮捕・処刑されるところであった安岡氏を救ったのは、王梵生が蒋介石に「殺してしまったら利用できなくなる」と激しく迫った
からだと言われる。
?この安岡氏が日中国交のために、日華(台湾政府)断交の文面を認める。
?文面を見た蒋介石は「中共がアジアから世界全体の赤化を欲していることは、すべての人々が熟知しており、(中略)何を期する
ところがあって、こうも慌ただしく信に背き、義を断ち、狼を部屋に引き入れ、盗賊を冷遇するようなことをなさるのでしょうか」と、
恨み節に似たことを書いている。

7067052016/11/01(火) 16:18:25.590
?数年前のスパイ事件で記憶に新しいのは李春光である。TPP加盟阻止を最大の目標に農水副大臣に積極的に接触していた。
日本人が聞いても全く違和感がない日本語能力を有していた李は1993年に、洛陽市から友好都市の須賀川市(福島県)に国際交流員
として初来日し、95年には福島大学大学院に入学する。
?1999年には中国政府のシンクタンクである「中国社会科学院」の日本研究所副主任で、松下政経塾の海外インターンとして「特別塾生」
になる。ここで政治家などとの接点を持つことに成功する。4度目の来日は東京大学東洋文化研究所入所である。
?このようにして、政財界や学界などとのつながりを育成していった李が、「中国外交官スパイ」として報道されると、「彼がスパイ?まさか」
と言うように、「李春光が接触してきた松下政経塾や政府関係者の反応はいかにもお粗末な様相を呈した」(中西輝政「戦後最大の
諜報案件『李春光』」、『WiLL』2012年8月号所収)のである。
?ともあれ、日本で学んだ中国人は中国の工作活動に程度はともかく陰に陽に関係するとみていいし、最右翼と見られる日本人でも、
容易に諜報にかかるということである。

707世界@名無史さん2016/11/11(金) 22:59:22.730
タフネゴシエイター「田中角栄」の残像
   ◆ 徳本栄一郎/田中角栄元首相、日中国交回復、日本列島改造論
週刊新潮(2016/11/17), 頁:46

タフネゴシエイター「田中角栄」の残像(2)
   ◆ エネルギー・コンサルタンツ社・田中清玄、治安維持法
週刊新潮(2016/11/17), 頁:48  👀
Rock54: Caution(BBR-MD5:0be15ced7fbdb9fdb4d0ce1929c1b82f)

708世界@名無史さん2017/01/14(土) 02:50:33.660
>>627
2017/01/12
【政治】外務省が外交文書を公開 戦後ソ連の日本軍捕虜「赤化工作」が明らかに 政府に危機感「相当な効果」
http://da ily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1484184036/

>>617
2016/12/07
【日中】中国外務省「日本が深く反省し誠実に謝るつもりなら、中国には南京大虐殺記念館など多くの慰霊の場がある」 真珠湾訪問に関連し
http://mint.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1481116590/188
2017/01/12
【中国】なぜ中国は「抗日戦争」期間を変更するのか?中国外交部「憎しみの継続が目的ではない」[01/12]
http://mint.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1484190434/

>>580
2017.1.12
外務省「日本を刺激する発言は訪日成果損なう」尖閣問題言及に懸念 王貞治氏への始球式検討 1980年、中国首相の初来日
http://www.sankei.com/world/news/170112/wor1701120020-n1.html
華国鋒首相の訪日 外務省が尖閣諸島発言の回避要請
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170112/k10010836641000.html


2016.10.29
中国が沖縄の領有権主張 沖縄開戦直後 カイロ宣言ほご 混乱乗じ 英機密文書「ウルトラ」で判明
http://www.sankei.com/world/news/161029/wor1610290006-n1.html

709世界@名無史さん2017/01/15(日) 11:26:58.940
2016/12/03
【国際】トランプ次期大統領 台湾蔡総統と異例の電話会談 米台間に経済や安全保障についての緊密な関係性が存在する事を確認 (NHK) [無断転載禁止]c2ch.net
http://da ily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1480722540/
【米国】「一つの中国」堅持 トランプ氏、台湾総統が電話会談で米NSC報道官[12/03] [無断転載禁止]c2ch.net
http://mint.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1480756666/
【国際】トランプ氏「中国敵対」決断 台湾に急接近、習近平氏は大恥かかされ…[12/06] [無断転載禁止]c2ch.net
http://mint.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1481014740/

【トランプ−蔡 電話会談】衝撃受ける中国 キッシンジャー型対中政策の終焉か[12/03] [無断転載禁止]c2ch.net
http://mint.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1480767669/
【国際】キッシンジャー訪中とトランプ蔡英文の電話会談 「丁寧な嫌がらせ」の先の先を読め[12/07] [無断転載禁止]c2ch.net
http://mint.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1481039153/

2017/01/09
【米台】クルーズ氏、米台「二つの国家」…蔡総統と会談 [01/09]
http://mint.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1483971972/
【米中台】中国政府系紙がトランプ氏に警告、「一つの中国放棄なら報復」[01/09]
http://mint.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1483951091/

2017/01/14
【国際】「一つの中国」は交渉対象 歴代政権の原則に縛られず トランプ氏が米紙インタビューで強調
http://da ily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1484399290/

710世界@名無史さん2017/01/15(日) 12:13:13.700
>>709
2016/12/13
キッシンジャー訪中とトランプ蔡英文の電話会談 「丁寧な嫌がらせ」の先の先を読め
http://blogs.yahoo.co.jp/tmizuo3333/35499763.html

711世界@名無史さん2017/03/18(土) 02:53:48.920
>>73-74
2017/3/16付
転機の財政金融政策(下)維持可能な制度設計 重要
http://www.nikkei.com/article/DGKKZO14100110V10C17A3KE8000/
... 近代の日本で、一度だけ財政が事実上破綻したことがある。第2次世界大戦後の急激なインフレにより
日本政府が発行していた国債は実質価値を失い、紙切れ同然となった。
 これにより政府は債務の実質的な返済を免れたが、多くの国債を保有していたのは金融機関であり、
金融機関に預貯金を預けてい...

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています