数・記号の文明史 [転載禁止]©2ch.net

1世界@名無史さん2015/01/16(金) 02:45:02.170
数字や記号に関する歴史や文化について話すスレです。
数や記号の認識に始まり、その表記や計算法、記録法の発展と
応用分野、社会的影響力の拡大、度量衡の標準化などなど。

数学、論理学、記号論や、自然科学・社会科学への数値化、
質的説明から量的証明への移り変わり。

計測器の発達やメーター・文字盤の発達、
そろばん、算木、計算尺、電卓などの計算機具の発達など、
自由に話してください。

483ウムウル ◆w9gVwCWkR8GP 2017/02/01(水) 22:26:22.590
>>482
おぉ、たしかおいらもTEDみましたよ
たしかクリプト一家でした

484世界@名無史さん2017/02/09(木) 11:01:08.150
またアフガニスタンで赤十字職員が襲撃され、死者が出た。
なぜイスラム地域の紛争地で危険極まりない十字章をこれ見よがしに晒すのだろうか。
赤十字が現地に入っている理由に関係無くイスラム過激派に「さあどうぞ攻撃しなされ」
と言ってるようなもの。

支援行動を安全にやりたいのなら十字章では無く赤新月章を使うなど
方法が他にあると思うのだが。

赤十字職員らに銃撃、6人死亡 ISの犯行か アフガン
http://news.livedoor.com/article/detail/12649436/

4854842017/02/09(木) 11:59:05.580
ん〜ん、このサイトを最初に読んでいたときには赤十字章のトラックの
写真があったのだが、今は削除されているようだ。

486ウムウル ◆w9gVwCWkR8GP 2017/02/12(日) 18:19:40.590
「ナンバー3」同性愛者
「ナンバー8」ユダヤ人
「ナンバー12」ジプシー

全部で何通りかは良く分からんけど
ファイナルソリューションらしい、、、

http://bylines.news.yahoo.co.jp/satohitoshi/20150816-00048525/

487世界@名無史さん2017/02/26(日) 10:46:18.590

488ウムウル ◆w9gVwCWkR8GP 2017/02/26(日) 11:35:49.850
>>429
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E3%81%AE%E8%B2%A8%E5%B9%A3%E5%88%B6%E5%BA%A6%E5%8F%B2

半両銭と五銖銭


秦の始皇帝が中国をはじめて統一すると、各地でばらばらの貨幣が使われていた状況を改め、
秦で用いられていた環銭の形に銭貨を統一することになった。
秦で用いていた半両銭という環銭は中心の穴が正方形であった。以降東アジアでは基本的に銭貨というと、この円形で中心の穴が正方形のものとなった。

半両銭には、半両という漢字が刻まれている。
半両の両とは、重さの単位である。当時、1両は24銖(しゅ、1銖は約0.67グラム)であったので、
半両銭の重さは12銖、すなわち約8グラムとなる。

金貨は1斤(20両)と1両(約16グラム)を単位として楕円形と方形の物が造られ、
銀貨は1流(8両)を単位とする物が造られた[4]。


前漢呂后の時代、秦の半両銭が重く不便なため軽薄な銭貨を造るようにした。
これは、楡莢銭と呼ばれ、その重さは1銖のものもあった。
文帝代になると銭の私鋳を禁ずる法律を廃止したが、これにより資産家による大量の軽薄な私鋳銭の濫造が行われ、
銭の価値は暴落した。併せて、文帝は四銖銭の鋳造を開始した。
このとき、呉王劉?とケ通が四銖銭を大量に鋳造し、銭貨の流通が拡大した。

紀元前175年に書かれた賈誼の上奏文によれば、
当時四銖半両(四銖銭の半両銭)100銭の重さが1斤16銖(=400銖)が基準とされ、
それより軽い場合にはそれに何枚か足して1斤16銖分にしてそれを100銭分としたこと、
反対にそれよりも重い場合には100枚に満たないことを理由に通用しなかったことが書かれている(『漢書』食貨志)[5]。

489世界@名無史さん2017/03/02(木) 19:37:45.530
>>484
いちいち塗装を変更していられないだろう

490世界@名無史さん2017/03/02(木) 21:18:47.940
赤十字を赤新月に塗り直すのと、ISの攻撃を受けるのとどっちがいい?

491ウムウル ◆w9gVwCWkR8GP 2017/03/02(木) 21:22:32.730
どこかの国が世界的アニメにペイントしなおしてましたよ
トラックが痛車になってましたww

492世界@名無史さん2017/03/03(金) 01:54:22.450
>>490
真っ当な国際条約としては赤十字と赤新月は同じ実体の別のシンボルなので、赤十字なら攻撃していいと言うものではない。
ISの主張がむちゃくちゃすぎるので、わざわざ赤新月に塗り替えると言う発想は当事者からは出て来にくいのは仕方ないと思う。
現場はそんなこと言ってられないし、100年を超える実績を頭から否定されて混乱してるだろうな。

493世界@名無史さん2017/03/03(金) 02:08:48.370
>>489
実際はいちいち塗りなおすのが一般的なんだよ

494世界@名無史さん2017/03/03(金) 02:34:23.710
だから最初から宗教中立なものにしておけばよかったのに

495世界@名無史さん2017/03/03(金) 07:43:45.700
>赤十字なら攻撃していいと言うものではない。
常識人ならそうだろうけど、十字マーク自体を憎悪の対象である連中に通じる理屈ではない。

496ウムウル ◆w9gVwCWkR8GP 2017/03/04(土) 22:53:12.730
>>488

度量衡理論

『三統暦』にある度量衡理論、黄鍾秬黍説が後の中国の度量衡を規定することになった。

長さの単位(度)は秬黍(きょしょ、くろきび)の一粒の幅の長さを一分とし、九十分にすると、
黄鍾の音律を出す管の長さ(九寸)にあたるとした。

容量の単位(量)は、秬黍が1200粒入る黄鍾の管の容積(810立方分)を一龠とした。
重さの単位(権)は、一龠に入る秬黍1,200粒の重さを12銖とした。

新で度量衡改正時に配られた枡形の標準器「嘉量」はこの理論を実践したものであり、
その優秀さから新が滅亡した後も参考資料として清朝滅亡時まで朝廷内で保存されていた。

度 - 分・寸(10分)・尺(10寸)・丈(10尺)・引(10丈)
量 - 龠・合(2龠)・升(10合)・斗(10升)・斛(10斗)
権 - 銖・両(24銖)・斤(16両)・鈞(30斤)・石(4鈞)

497ウムウル ◆w9gVwCWkR8GP 2017/03/04(土) 23:00:18.250
>>496

三分損益法

三分損益法(さんぶそんえきほう)とは、三分損一、および三分益一と呼ばれる方法を組み合わせて音階を得る方法をいう。

古代の中国で考案された。『史記』25巻「律書第三[1]」に
「律數 九九八十一以為宮 三分去一 五十四以為? 三分益一 七十二以為商 三分去一 四十八以為羽 三分益一 六十四以為角」とあり、
『管子』「第58篇地員[2]」[3]の中にも解説がある。
蔡元定は三分損益法を元に『律呂新書[4]』で十八律をまとめ、朱熹の『儀礼経伝通解』では、その内容が『律呂新書』と重なる[5]。


近代邦楽では、順八逆六(じゅんぱちぎゃくろく)の法とも呼ばれる。

弦楽器または管楽器の基本となる管(律管)または弦の長さを、
(弦ならその張力を一定に保ちながら)その三分の一の長さだけ短くすると、
最初の音より完全五度高い音(属音)が得られる。

これを、三分損一と(近代邦楽では、三分一損とも、順八とも)言う。

逆に三分の一の長さを足した場合、完全四度低い音が得られる。
これを三分益一と言う(近代邦楽で言うところでは逆六)。

この二つを組み合わせて音階を得る方法を三分損益法と言い、ピタゴラス音律と同じものである。

前漢時代の京房は、この方法を五十九回も繰り返し適用することで、六十律をつくり、南北朝時代の宋の銭楽之はこれを推進して三六〇律を作った。

498世界@名無史さん2017/03/09(木) 19:47:54.160

499ウムウル ◆w9gVwCWkR8GP 2017/03/11(土) 12:55:55.560
>>498
これはなかなかおもしろそうですね
このスレにぴったり感があります

>>429>>488>>496


あってるのかなぁ、、、


1鈞(秦)=20鎰(三晋)=72環(斉燕)

30*16*16 = 20*32*12 = 72*10*11
7680 = 7680 = 7920

ちょっと違うらしい、、、きんいつです

秦制⇒ 銖・両(24銖)・斤(16両)・鈞(30斤)・石(4鈞)
 斤→250g
楚制⇒ 銖・両(24銖)・鎰(16両)
 鎰→251.3〜255g

500ウムウル ◆w9gVwCWkR8GP 2017/03/14(火) 21:48:00.490
>>334
キーワード大事

http://pichori.net/Philippines/philippine_trade_dollar.html


貿易銀(Trade Dollar)は、メキシコ・ドルなど世界市場において流通した1ドル銀貨と同サイズの、
貿易取引専用に発行された大型銀貨で、基本的にこれらは量目420グレーン、品位.900、直径38ミリ前後の銀貨です。


ピース・オブ・エイト(piece of eight)

1497年のスペイン通貨改革の後に鋳造された8レアル(Reales)銀貨を、ピース・オブ・エイト(piece of eight)と言い、
メキシコを中心とする、スペイン系の中南米諸国で鋳造されて長く国際決済で用いられてきました。
8レアル銀貨はアメリカ合衆国の建国当初の米ドル・コインとして認められていて、1857年の造幣法が廃止されるまで米国の法定貨幣でした。


主な貿易銀貨
アメリカの「フィリピン・ペソ」
アメリカの「トレード・ダラー」
イギリスの「海峡植民地ドル」
イギリスの「香港ドル」
オーストリアの「マリア・テレジア・ターラー」
スペインの「ピラー・ダラー」
スペインの「カルロス・ドル」
フランスの「貿易ピアストル」
メキシコの「メキシコ・ドル」
中華民国の「壹圓」
清国の「光緒元寶 七銭二分」
日本の「貿易銀」

501ウムウル ◆w9gVwCWkR8GP 2017/03/14(火) 22:00:51.560
>>500

ふむふむ、おフランスのがピアストルになってるなぁ

19世紀にイギリスはピース・オブ・エイトを輸入して
5シリングに加工して通用させたらしい、、、

502世界@名無史さん2017/03/21(火) 13:08:48.110
国旗デザインの盗用を27年間主張し続ける国
http://blogos.com/article/214798/
ルーマニアの首都ブカレストでは先月、抗議デモの参加者が街の中心部に集まり、
ルーマニア国旗を掲げた。
ソーシャルメディアには、このデモの様子を写した色鮮やかな写真が並んだ。
このニュースはこうしてサハラ砂漠にまで伝わった。

これを見たアフリカ中部の国、チャドの人たちは、ある問題を改めて指摘した。
ルーマニアの国旗は、同国の独占物ではない。チャドに所有権があるというのだ。

503世界@名無史さん2017/03/21(火) 13:55:03.120

504世界@名無史さん2017/03/21(火) 14:02:16.650
モルドバとアンドラと信濃町はいいのかよ

505世界@名無史さん2017/03/21(火) 21:00:14.410
>微妙に色が違う

比べてみて「ああ、なんとなく」だけど、各々単独ではどっちがどっちだかわからない。

506世界@名無史さん2017/03/21(火) 21:31:02.560
世界の国旗表をみてて思うんだけど、ヨーロッパでは三色旗や十字旗ばかりで
日の丸のように○一つというのは思いつかなかったんだろうか。
まさか○を書けなかったなんてことは無いだろうけどw

507世界@名無史さん2017/03/21(火) 21:45:18.870
○3つは(国旗じゃないけど)あるんだけどねえ。
あの紋章、メディチ家の先祖が有名な絶倫男で玉が3つあったからだ、という与太話をイタリア人に聞かされたな。

508ウムウル ◆w9gVwCWkR8GP 2017/03/26(日) 08:12:27.510
>>389

http://sirakawa.b.la9.jp/Coin/A014.htm
【ダレイオスDaric[Darics](金8.4g)】─20─【シグロイSiglos[Sigloi](銀5.6g)】─12─【銅貨】

そんで、シグロイとシェケルは同語源らしい、、、

509世界@名無史さん2017/04/07(金) 09:38:02.420
なぜ「午前ゼロ時」と言わないのか。「0」の正しい読み方あれこれ
http://news.livedoor.com/article/detail/12894836/

思うに「0」をゼロと読むのは日本人にとって訓読みの感覚なのではないだろうか

510ウムウル ◆w9gVwCWkR8GP 2017/04/19(水) 00:29:20.910
インダス文明の度量衡は統一されていたっぽいが
微妙に地域差もあるらしい



http://nagoyakochan.cafe.coocan.jp/CB/CB131217indasbunmei.html

度量衡は

1個0.86gを単位として、2、4、8、16、32、64と2の倍数の小さめの錘と、
160、320、640、1200の大きい錘が出土している。形はサイコロ形だ。

 建築材料は8×16×32センチの日干しレンガ、それを焼いた少し小ぶりな
焼成レンガなどがあり、高い壁や建物や井戸が作られている。


ここには書いてなかったが
錘はチャート製の正方形で16が中心単位13.76gらしい
なので160からの並びは10進系の単位との混合

そんで上のレンガ、未焼成の状態のサイズで
焼成レンガは7.5×15.5×30センチメートルとなるらしい
つまりこの状態では縦横かえると微妙に調整がいると思う

511世界@名無史さん2017/04/21(金) 04:28:16.810
雄(♂)雌(♀)の記号
リンネが記載を簡略化するために採用したことで世界的に広まった。

512ウムウル ◆w9gVwCWkR8GP 2017/04/21(金) 22:17:07.940
>>511

リンネさんというだけで
なんとなくいやらしい感じになりますねww

>>510
サイト元は間違っていて
やはり10進系は
160、320、640、1600らしい

ということは、20、40、100、か

513世界@名無史さん2017/04/22(土) 08:57:05.580
リンネの変態趣味のおかげで、生物の学名は猥語博覧会みたいなすごいことになってるね。

514ウムウル ◆w9gVwCWkR8GP 2017/04/22(土) 13:52:34.270
疋(ひき/ひつ/き・匹)

古代日本において布帛2反(端)分を指して呼んだ。
古代中国において使われた長さの単位両(=40尺)が転じたものという。古代中国では1匹=約9.4m。

とあるが、めんどくさくなってきたので

秦の行布は11銭の価値とされたらしい
 布(麻布) 長さ8尺(185cm弱)×幅2尺5寸(58cm弱)

今のとこ話が繋がってなくて申し訳ない

515ウムウル ◆w9gVwCWkR8GP 2017/04/23(日) 14:18:50.230
>>389>>397
これはやっとそれっぽい資料が見つかったが
ほとんど貨幣の話なので他でやるかなぁ、、、

>>375>>376>>374

ここらへんの単位の錯綜は
記述間違いかと思っていたが
数値はだいたいあってるっぽい

516世界@名無史さん2017/06/25(日) 17:43:13.660
まるで暗号!日本人だけが読めない不思議な文字Electroharmonixってなに?
http://do-ra.org/2017/06/24/122371/

517ウムウル ◆w9gVwCWkR8GP 2017/07/14(金) 23:22:16.850
ビットコインが分裂の危機らしいのだが
破産したマウントゴッグです
実は債権総額を乗り越えたらしい、、、


さすがゴッグだ
   なんともないぜ

< ̄T\  __
 \| ><ヘ兮、_
`∠ニ>、/  \●ソ >
/ニ/|\__二ヘ/|
\ニV\ @@@@∧ニ|
`/ーL  ̄ヘ二厂) Fヽ
///∧\ // /イ /∠〉
レレレV-< ̄7―Vソソソ
/  / | / ヽ \
L二_L/ L二|二亅

518ウムウル ◆w9gVwCWkR8GP 2017/07/15(土) 05:22:19.840
すいません
酷いスレ違いです、、、

519世界@名無史さん2017/08/30(水) 20:29:00.280
アラビア数字(算用数字)の3桁区切り

1,000,000

小学生の時、なぜ3桁区切りじゃないのか悩んだ

520世界@名無史さん2017/09/03(日) 20:32:23.100

521世界@名無史さん2017/09/14(木) 16:33:12.540
>>516
日本人だけでなく中華民国人にも読めないはず
注音字母にも似てるから

522世界@名無史さん2017/09/16(土) 13:09:28.600
最古の「ゼロ」文字、3〜4世紀のインド書物に 英大学が特定
http://www.afpbb.com/articles/-/3143151
https://i.imgur.com/cMo3MMp.jpg

523世界@名無史さん2017/09/16(土) 18:18:27.320
>>520
原題w
バングルスかよ

524世界@名無史さん2017/09/17(日) 04:29:24.830
なんで日本より広い中国の一里が、日本での一里より短い距離なんだろう
古代中国人は基本徒歩の江戸時代人と比べてすら、さらに狭い世間で生きてたってこと?

525世界@名無史さん2017/09/17(日) 08:24:33.920
すかすか日本と違って人口密度が高いから

526世界@名無史さん2017/09/17(日) 11:11:30.400
人口密度は大体同じ

527世界@名無史さん2017/09/20(水) 08:51:29.030
だったらいいな

528世界@名無史さん2017/09/23(土) 23:27:08.350
>>524
もともと歩数などを基準。日本も古代でシナをパクリ同じ。
1里=6町ないし5町。
中世より条里制で6町を一片とした面積は36町を1里(面積)とした。
面積の1里(面積)=36町が、1里(長さ)=36町と混乱。
のち後者が浸透し、徳川家康は1里36町とするが徹底せず、1876年に1里=36町で統一された。

近代においては長さと面積では次元が異なるが、前近代においては多くの社会で次元の明示性がなく
しばしば混乱を招いた

529世界@名無史さん2017/10/03(火) 23:34:04.490

530世界@名無史さん2017/10/19(木) 02:54:11.570
十進緯度経度のように、コンピュータ処理に適している十進数への切り替えが今後進むか?

531世界@名無史さん2017/10/20(金) 03:02:27.560
やだコンピュータ処理に適しているなら2進法とか16進法じゃないですか

532世界@名無史さん2017/10/23(月) 17:01:05.310
その手前のシーケンシャル数、シリアル化のことだろ

533世界@名無史さん2017/10/29(日) 00:04:45.130

新着レスの表示
レスを投稿する