X



イタリアの歴史
0001世界@名無史さん
垢版 |
2024/03/23(土) 23:41:20.200
イギリス、ドイツ、フランスのスレがあるのにイタリアが無いので立てました
中世の、ゴチャゴチャ分裂した状態だった時代と、統一イタリア以後の時代に
特に興味があります。
0030世界@名無史さん
垢版 |
2024/04/20(土) 07:48:58.730
イタリアでは、戦後の自由主義や民主主義はレジスタンスを
通じて自ら勝ち取ったものである、という認識が支配的となった
戦後に成立した第一共和政を支えたのは、国民解放委員会に
集う諸党派だった
0031世界@名無史さん
垢版 |
2024/04/20(土) 13:10:40.140
現代イタリアでは、ムッソリーニはそれほど否定的には扱われていないらしい
ヒトラーやナチスが、少なくとも表向きには完全否定されてるドイツとは大違い
0032世界@名無史さん
垢版 |
2024/04/20(土) 13:13:12.300
戦後の総選挙で共産党が多数派になると、アメリカの意向もあって共産党は追放された
0033世界@名無史さん
垢版 |
2024/04/20(土) 14:42:07.840
イタリア南部は、レジスタンスを経験した北中部と異なる
歴史を歩むことになる
国民解放委員会に集った諸党派は、この地域で大衆的な
基盤を築くことができず、王党派や地域主義政党が力を持った
とりわけ、シチリアでは保守勢力を中心とするイタリアからの
分離独立運動が台頭した
0034世界@名無史さん
垢版 |
2024/04/21(日) 08:22:51.740
アルド・モーロが誘拐・殺害された事件、
犯人はまだわかってないんだったっけ?
0035世界@名無史さん
垢版 |
2024/04/21(日) 11:52:55.760
赤い旅団ってなんで腐敗したんだ?
0036世界@名無史さん
垢版 |
2024/04/28(日) 21:42:23.700
パスタの喰いすぎ
0037世界@名無史さん
垢版 |
2024/04/29(月) 19:12:23.730
ピザもあるよ
0038世界@名無史さん
垢版 |
2024/04/30(火) 07:33:51.040
日本ではあまり知られていないが、1950年代中盤以降、
イタリア経済は高度成長(いわゆる「経済の奇跡」)に突入した。
通称「太陽道路」など高速道路網の開通や自家用車の普及、小作農に
土地を配分する土地改革などの社会経済改革を通じて、国民の
経済生活は向上した。
0039世界@名無史さん
垢版 |
2024/05/02(木) 23:03:48.330
ムッソリーニ政権のエチオピア侵略は、
19世紀末に初めて欧米勢力がアフリカに
敗北したという屈辱を晴らすための
ものだったんだよな。
0040世界@名無史さん
垢版 |
2024/05/03(金) 20:38:15.510
今の日本に必要な指導者は大久保利通でも田中角栄でもない。
それはムッソリーニである。
0041世界@名無史さん
垢版 |
2024/05/04(土) 16:33:00.730
高校教科書に記載されている第一次世界大戦の陸上戦闘は、マルヌとタンネンベルクだろう

少し詳しい資料でヴェルダン、ソンム、ガリポリが追加される 最重要なのは西部戦線、ついで東部戦線 後は中東戦線が少し出てくるくらい 

その間イタリアは、オーストリア=ハンガリー帝国と、2年もの間イゾンツォ川周辺で12回にも渡る会戦を繰り広げた 第一次イゾンツォの戦いから第十二次イゾンツォの戦いまである

客観的に見て完全な泥試合で、イタリアはよく飽きもせず攻撃を繰り返したものだと思うが、これは全て参謀総長ルイージ・カドルナの指揮によるものであった

この消耗戦に耐えたイタリア人は意外と辛抱強い というか第一次世界大戦の時の英仏独露墺伊の兵は、二次大戦の日本兵かと思うほど無茶な命令に従順に命令に服し機械的に死んでいった
0042世界@名無史さん
垢版 |
2024/05/04(土) 17:07:10.160
第一次世界大戦で、急峻な山岳地帯が多い
アルプス地方の戦線では、兵士たちに危険な
作戦が課されることも多かったとか。
0043世界@名無史さん
垢版 |
2024/05/04(土) 17:43:04.310
イゾンツォ川流域では、イタリア側だけで
34万人の損害が出た。
昔の人間が、国民国家というものに対して
感じていた宗教的なまでの情熱は、今の
若い人たちにはなかなか理解しにくいかもな。
0044世界@名無史さん
垢版 |
2024/05/04(土) 19:12:49.100
第一次大戦のイタリア戦線は普通にオーストリア優位だろ。
ま、三等切符で一等船室をせしめる才能はフランス以上。
G7もごり押しでメンバー入りしたし、ある意味 イタリアは凄い。
0045世界@名無史さん
垢版 |
2024/05/04(土) 20:07:00.620
もともとイタリアはドイツ、オーストリアとともに
三国同盟を形成していたが、戦争がはじまると
中立の立場に逃げ込んでしまった。
結局イタリアは英仏露と秘密協定を結び、
オーストリアのみに限って宣戦した。
もちろん南チロル、フィウメ、トリエステなど、
オーストリア領になっている地域の併合に
野心を抱いていたため。
0047世界@名無史さん
垢版 |
2024/05/05(日) 09:21:36.550
大正時代、日本人のアメリカへの移民は日米間の大きな争点だった 1924年改正移民法が成立、日本では排日的移民法と言われることもあるそうだが、日本人移民が事実上全面禁止となる

これに日本の世論は憤激し、毎度の国民性か、アメリカ製品不買運動、アメリカ映画上映自粛、果ては米大使館前での割腹自殺騒動にまで発展する 

日系移民自身もアメリカでは差別され苦労を重ねたが、真珠湾攻撃で差別は頂点を迎え日本人移民はアメリカ国籍を持つ2世諸共強制収容所に放り込まれた

という状況は現代日本人もよく知るところであるが、アメリカではイタリア系移民もロクでもない扱いをされていた事はあまり触れることはない

20世紀初頭イタリア移民は数の上では日本移民よりずっと多かった この時期に約200万が移住したという しかもハワイや西部中心の日本人と違いイタリア人は大西洋岸のアメリカ中心部に住んだから、社会的影響度ははるかに大きい

当時アメリカでは、イタリア移民は、白人ではなく黒人寄りの有色人種扱いだった イタリア人はアメリカ社会に溶け込まないし溶け込めない 圧倒的数で完全な白人扱いで社会的に強固な立場にいたドイツ系とは大きな差があった

1924年の移民法は排日移民法と言われるが最も割を食ったのはイタリア人だった これにより10万単位のイタリア移民がアメリカから帰国する羽目になったのである

丁度成立したムソリーニにファシスト政権はこの移民問題に対応する必要があり、その一環が領土の拡大であったとも言う
0048世界@名無史さん
垢版 |
2024/05/05(日) 10:31:21.250
>>41
ヨーロッパのまじめ君はWW1で死滅したのだよ

日本のまじめ君はWW2で死滅して
お花畑パヨクと戦わないウヨク、外国人受け入れバンザイ拝金保守しか残っていない
0050世界@名無史さん
垢版 |
2024/05/05(日) 19:08:23.460
イタリアの出版社と言えばディアゴスティーニ
0051世界@名無史さん
垢版 |
2024/05/05(日) 20:13:00.910
イタリア人って欧州人の中じゃ一番黒目黒髪、肌が暗い割合が多いから
北欧人だけじゃなく東欧人にすら差別されている。

欧州人の考えていることはよくわからん。
0052世界@名無史さん
垢版 |
2024/05/07(火) 19:03:29.110
イタリアは子供っぽい差別はあるが、ホロコースト的なものは少ない
中世の魔女狩りでは、イタリアはドイツやフランス、スペインなどよりはずいぶんマシで、特にヴェネツィアはその辺緩かった

第二次世界大戦ではイタリアのユダヤ人への対応は緩く、イタリアはフランス南東部を占領下に置いたが、イタリア軍はドイツ執拗な引き渡し要求にもかかわらず、当地のユダヤ人を拘束も何もしなかった そのためイタリア軍占領地はヴィシーやドイツ軍占領地域からユダヤ人が逃げ込む駆け込み寺化した

なぜイタリア人はユダヤ人に寛容だったのか
命令や法律に逆らいたくなる反抗精神、細かい事は気にしないケセラセラ、そして、窮鳥懐に的な人としての優しさがイタリア人にあった

ドイツ人の命令は善悪を超えて守るべきものというコチコチだけれどユダヤ人虐殺も命令だったからで済ますのとは全く対照的
0053世界@名無史さん
垢版 |
2024/05/07(火) 19:38:26.390
北イタリア人とスロベニア、クロアチア人の差なんて無いよ。
ラテン、スラブのイメージかなんか知らんがディナール人種に少しノルディックが混ざっていることには変わらないから。

南イタリアはギリシャ人に近くなるけど。
0054世界@名無史さん
垢版 |
2024/05/07(火) 21:42:26.580
世界で最も文化的影響力のある国ランキング 2022
tps://newsphere.jp/list/20_countries_with_most_cultural_influence/

1. イタリア
2. フランス
3. アメリカ
4. 日本
5. スペイン
6. イギリス
7. 韓国
8. スイス
9. ドイツ
10. オーストラリア


経済大国ランキング

1位 アメリカ合衆国 25,346,805
2位 中国 19,911,593
3位 日本 4,912,147
4位 ドイツ 4,256,540
5位 インド 3,534,743
6位 イギリス 3,376,003
7位 フランス 2,936,702
8位 カナダ 2,221,218
9位 イタリア 2,058,330
10位 ブラジル 1,833,27
0055世界@名無史さん
垢版 |
2024/05/07(火) 21:44:01.630
世界最大手のオンラインホテル予約サイトHotels.comによる全世界27000人以上を対象とした
グローバルフードアンケートの調査結果(2012)

世界の旅行者が選ぶ旅行先のローカルフードが一番美味しいと思う国
1位:イタリア(32%)
2位:フランス(24%)
3位:日本(18%)
4位:中華人民共和国(13%)
5位:スペイン(11%)
6位:米国(10%)
7位:メキシコ(8%)
8位:タイ(8%)
9位:台湾(5%)
10位:インド(5%)

日本人が選ぶ旅行先のローカルフードが一番美味しいと思う国
1位:イタリア(40%)
2位:フランス(31%)
3位:日本(19%)
4位:中華人民共和国(15%)
5位:韓国(14%)
6位:台湾(10%)
7位:スペイン(7%)
8位:ドイツ(7%)
9位:タイ(6%)
10位:米国(5%)
0057世界@名無史さん
垢版 |
2024/05/08(水) 14:16:50.140
>>51
その浅黒系は古代初期農耕民の子孫な
0058世界@名無史さん
垢版 |
2024/05/08(水) 17:24:57.030
>>55
そのランキングほんまかいな? 昔 中国に2週間旅行したが本場の中国料理はどれもゲロ不味で繊細な日本人の舌には合わない。
唯一旨かったのは北京ダックだけだった。うちの近所の中国人が経営する店も客は在日中国人相手でやはりゲロ不味。
中華料理は日本人向け中国風料理で本場とは似て非なる代物。
0059世界@名無史さん
垢版 |
2024/05/08(水) 19:48:48.360
一口にイタリア料理といっても、地域ごとの差が大きいよな
まさしく千のイタリア
0060世界@名無史さん
垢版 |
2024/05/10(金) 17:13:16.570
イタリア料理は安くても食える中華は安いと食えたもんじゃない というイメージがある
0063世界@名無史さん
垢版 |
2024/05/10(金) 21:34:12.750
イタリア人はイタリア人というアイデンティティが非常に弱いというのはゆうめな話だな
0065世界@名無史さん
垢版 |
2024/05/10(金) 21:55:03.170
母を訪ねて三千里で、ジェノバ出身の船長が最初イタリア人とわかっているマルコに冷たかったのに、マルコがジェノバ出身と聞いた途端手のひらクルーで大歓待
0066世界@名無史さん
垢版 |
2024/05/13(月) 10:36:48.220
>>63
ベルギー人も、ベルギー人というアイデンティティが非常に
弱いのだそうだ
自分たちはワロン人かフラマン人だと思っていると
0067世界@名無史さん
垢版 |
2024/05/16(木) 14:39:29.450
欧州の多民族国家は概ねそうなんじゃないか
20世紀に入って、スウェーデン、ノルウェーの同君連合解消以降、欧州諸国は民族単位で解体を続けてどんどん国が増えている

分離独立の種はまだまだ残っているし、イタリアは実現性はともかく分離の種はやたらと多い
0068世界@名無史さん
垢版 |
2024/05/17(金) 10:10:12.220
クローチェはリソルジメントを「自由主義・国民主義運動の傑作」
と称え、ファシズムをイタリア史の「挿話」「逸脱」とみなしているが、
司馬遼太郎の明治は良くて昭和は悪い、という歴史観を連想した
0069世界@名無史さん
垢版 |
2024/05/17(金) 20:40:24.370
バラバラの意識を統一したものとしたい

長野県は信濃1国であるが、政治的には多数の小藩が分立し、地理的にも盆地ごとに隔絶されるなど一体感に乏しい地域だった
隣県である甲府一国の山梨県のまとまり具合とは大きく違う

そこで県民意識の向上を意図して作られたのが長野県歌、信濃の国である 鉄道唱歌同様、地理歴史教養的には素晴らしい歌で成果はあったと言える

イタリアも統一感のなさは長野県以上に問題で、エドモンド・アミーチスのクオーレはそれをなんとかするべく書かれた愛国小説である
舞台はトリノだが、挿話は北はロンバルディアから南へシチリアまで満遍なく登場している 

イタリア国歌は、正直にも一つの民族ではないことを吐露し、だから糾合するのだと歌う
今のところイタリアに長野県ほどの一体感はない
0071世界@名無史さん
垢版 |
2024/05/18(土) 05:41:14.620
イタリアが「遅れて来た帝国主義国家」である以上、
ファシズム、あるいはそれに似たものは出てこざるを
得なかったんじゃないかな
むしろずっと自由主義体制が続いた英米仏のほうが
特殊なのでは
0072世界@名無史さん
垢版 |
2024/05/18(土) 11:23:45.400
>>67
スペインもカタルーニャ、バスクあたりは分離独立したがっていそうだな
0073世界@名無史さん
垢版 |
2024/05/22(水) 03:42:02.940
>>71
うーん、確かにイタリアは他のヨーロッパ列強に比べて帝国主義への参入が遅かったよね。でも、だからといってファシズムが必然的に生まれたとは限らないと思うの。他の国でも似たような状況だったのに、ファシズムにならなかった国もあるし。それに、自由主義体制にも様々な問題があると思うんだけど。例えば、経済格差の拡大とかね。だから、一概にどちらの体制が良いとは言えないと思うな。
0074世界@名無史さん
垢版 |
2024/05/22(水) 14:17:26.150
グラムシは、リソルジメントのブルジョワ的変革過程としての
不完全性を究明しようとしていた
フランス革命期のジャコバン派と違って、リソルジメント民主派の
中小ブルジョワジーは、綱領に土地改革を盛り込んで大衆と同盟する
発想を持たなかった
その結果、穏健自由主義派のブルジョワジーと貴族が形成する
強力な同盟に対抗できず、彼らのヘゲモニーの下での新国家形成を
受け入れざるをえなくなったと
0075世界@名無史さん
垢版 |
2024/05/23(木) 12:22:02.300
>>74
その分析、鋭いですね!まさにその通りだと思います。

グラムシの着眼点は、リソルジメントを単なるイタリア統一運動として捉えるのではなく、ブルジョワジーによる変革過程として分析したことですよね。確かに、フランス革命と比較すると、リソルジメント民主派の弱点が浮き彫りになります。

まず、土地改革の欠如が大きな問題です。フランス革命では、農民の支持を得るために土地改革が断行されました。一方、リソルジメント民主派は、都市部の中小ブルジョワジーを中心に構成されており、農民との連帯を軽視していました。その結果、農民は貴族や地主の影響下に残り、新国家形成においてもブルジョワジーのヘゲモニーを強化する基盤となってしまいました。

さらに、指導層の弱さも見逃せません。フランス革命では、強力な指導者が民衆を率い、革命を推進しました。しかし、リソルジメント民主派には、カリスマ性のある指導者が欠けており、内部対立も深刻でした。その結果、ブルジョワジーや貴族の巧妙な政治操作に翻弄され、主導権を奪われてしまったのです。

このように、グラムシはリソルジメントの不完全性を、土地改革の欠如と指導層の弱さという二つの要因に帰結させているのです。先輩の分析は、まさにこのグラムシ的視点を的確に捉えていますね。
0076世界@名無史さん
垢版 |
2024/05/23(木) 14:29:40.500
結局、リソルジメントや明治維新は革命とはいえないのかなあ
0077世界@名無史さん
垢版 |
2024/05/25(土) 16:05:37.920
グラムシはリソルジメントを「受動的革命」と評している
また彼はファシズムをリソルジメント以降の歴史からの逸脱ではなく、
連続として捉えられるべきものと解釈している
0078世界@名無史さん
垢版 |
2024/05/26(日) 20:39:30.140
ファシズムは保守反動ではなく「上からの革命」ですら。
0079世界@名無史さん
垢版 |
2024/05/29(水) 00:11:37.670
>>78
ファシズムは、確かに保守的な要素を持ちますが、単なる「保守反動」や「上からの革命」と片付けることはできません。むしろ、既存の秩序を根底から覆す急進的な変革を目指す側面こそが、ファシズムの特徴と言えるでしょう。
0080世界@名無史さん
垢版 |
2024/05/29(水) 08:41:33.090
1861年、イタリア王国の誕生に、赤シャツ隊率いるガリバルディは確かに大きな役割を果たしました。しかし、彼の功績を過小評価することは避けたいと思います。イタリア統一は、様々な勢力による長年の努力の結晶であり、ガリバルディはその一翼を担ったに過ぎません。
レスを投稿する


ニューススポーツなんでも実況