【捏造】藤村新一さんって、今、何してるの?

1出土地不明2010/12/25(土) 14:43:57ID:Qfj5+cnx
ゴッドハンドの正体とは

328出土地不明2014/10/15(水) 20:15:26.75ID:4sUnW9xu
工藤新一なんか、高校生のくせに小学生だって言い張ってるもんな

329出土地不明2014/10/15(水) 20:43:43.73ID:TV/dN4KS
さっぶ…

330出土地不明2014/12/17(水) 20:36:16.67ID:F01KRCDV
邪馬台国畿内説は考古学者がリードしているが、捏造はないのか?
すごく怪しいと思う。

331出土地不明2014/12/18(木) 23:56:42.15ID:R4HRYXtU
具体的に

332出土地不明2014/12/29(月) 10:24:22.67ID:whJTe7AR
ゴッドハンド小保方はゴッドハンド藤村の妹ですか?

333出土地不明2015/01/17(土) 18:57:12.24ID:+Htf4kEU
角張氏の書いた「前期・中期旧石器発見物語は現代のおとぎ話か」
はもう読めるサイトがないのでしょうか?

334出土地不明2015/01/25(日) 06:59:46.36ID:NKBMe2yZ
WebArchiveを使えば見れる
http://web.archive.org/web/20001211022500/http://www.aruka.co.jp/sekitei4.html

335出土地不明2015/01/26(月) 08:51:19.35ID:btPsxZs8
>>334
おお、ありがとうございました。

336出土地不明2015/01/27(火) 11:34:27.75ID:qltvg0vn

337出土地不明2015/01/28(水) 22:07:40.41ID:t4YVbaDs
>>334
感動した。

338出土地不明2015/02/23(月) 14:52:29.98ID:/ZH5uvfE
日本考古学と言えば藤村。藤村こそが日本考古学。

339出土地不明2015/02/24(火) 01:45:00.45ID:PuHVkErF
日本の考古学は信用ならん
特に歴博とかいう集団

340出土地不明2015/05/05(火) 10:21:05.63ID:fu1wHz+W
角張さんは捏造が文科省が関与して行なわれた事を告発して、
文科省の圧力で仕事が全く無くなってしまい、心労から体調を崩し、
ついには死んでしまった。

御冥福を祈ります。

文科省くたばれ。
福島第一原発の緊急時放射能拡散予測図を事故直後に作っていたにも拘らず、
米軍にのみ報告して、国民、福島県民、首相官邸にも伝えなかった。
結果、福島県民の多くが不要の被曝を受けることになった。
原発事故の際、安定ヨウ素剤を子供に飲ませるなと学者に言わせたのも文科省と厚生省。
その為今、福島では100人を超える子供が癌に罹っている。
http://www.sting-wl.com/fukushima-children4.html

極悪非道、売国奴が文科省。
考古学の捏造でも、邪馬台国論争でも、現近代史でも捏造を繰り返している。

341出土地不明2015/05/13(水) 10:54:28.68ID:MyH3Km+7
2010年11月、妻の精神的治療に専念するという理由で上記NPOを退職する。東日本大震災の際は一時期避難生活を余儀なくされた。現在は南相馬市で年金暮らしをしている
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%97%A4%E6%9D%91%E6%96%B0%E4%B8%80

342出土地不明2015/05/13(水) 10:55:42.80ID:MyH3Km+7

343出土地不明2015/06/18(木) 12:22:57.30ID:+G1QMASI
竹岡俊樹は日本考古学の良心。

344出土地不明2015/06/20(土) 06:48:01.75ID:7JsiZeoc
文科省の中で考古学と言うのは、
中国史>>>>>>(越えられない壁)>>>>>>日本史
だから。
戦後以来、内部には捏造がばれては困ると言う人間(隣国の奴か極左)が
沢山居るから中々メスが入れられない。
そればかりか純粋に日本・中国の考古学を学ぶ事が出来ない。

345出土地不明2015/08/11(火) 13:18:05.62ID:5FryGBB4
>>321
結局最終的にSTAPはES混入による捏造?という事がはっきりしました

346出土地不明2015/08/29(土) 19:31:04.39ID:MGVRFqdp
>>344
日本史だと縄文は少しかじっただけで総スルー
で、世界史で中国史・朝鮮史は嫌と言うほど学ぶという日教組・左翼PTAのいいなりシステム
俺の高校の教科書は新石器時代から明・清時代と中国史びっしりだったw

347出土地不明2015/08/30(日) 03:04:59.96ID:YgFgCsZs
確かこの人、痴呆症になったんじゃなかったっけ?
なんで捏造になんぞ手を染めたのやら…

348出土地不明2015/10/12(月) 08:15:47.31ID:HeEJsivx
バカのやる学問。いまだにあちこちの有名大学で、頬被りしたままのシンパが
教授面してるだろ。

349出土地不明2015/10/14(水) 02:24:40.56ID:XISbozQF
せやろか

350出土地不明2015/10/22(木) 12:42:51.14ID:5h+QN+oV
精神不安定になったからって大丈夫さ
小保方晴子なんか平気で生きているよ

351出土地不明2015/10/22(木) 21:46:28.70ID:fLU4eVqj
小保方は生医学なんか好きじゃなかったんでしょ
この人は違うんだよね

352出土地不明2015/10/28(水) 06:24:40.61ID:8d0sFEhV
>>345
また、聴いてるの?ググれよ。これのことやろ?

勤務先の障害者施設に入所する少女にわいせつな行為をしたとして、兵庫県警少年育成課などは5日、児童福祉法違反(淫行させる行為)の疑いで、元児童指導員、堂垣直人容疑者(35)=西宮市老松町=を再逮捕した。
再逮捕の容疑は6月1日午前3〜5時ごろと同5日午前10時半〜11時半ごろ、当時勤務していた三田谷学園で、10代後半の少女に対し、18歳未満であることを知りながらわいせつな行為をさせた疑い。「間違いありません」などと容疑を認めているという。
同課によると、この少女に対する同様の行為は今年春ごろから十数回あったとみられ、堂垣容疑者は「性欲を満たすためだった」と供述しているという。
同容疑者は7月16日、児童福祉法違反容疑で逮捕され、処分保留となっていた。
ソース(神戸新聞)
http://www.youtube.com/watch?v=JxMzW3ZlV4g&sns=em

神戸市の東、芦屋西宮の知的障害者施設で未成年利用者に性的な行為をして淫行条例で逮捕された三田谷学園元職員の堂垣直人(西宮市老松町)は、結局どういう罪になったの?芦屋市役所と兵庫県警は調査したのか?

353出土地不明2015/12/22(火) 18:28:20.71ID:wMr7smQQ
http://www.kaigiroku.net/kensaku/cgi-bin/WWWframeNittei.exe?USR=mygmygk&PWD=&A=frameNittei&XM=000100000000000&L=1&S=7&Y=
%95%bd%90%ac15%94%4e&B=255&T=1&T0=70&O=1&P1=&P2=%8d%a1%96%ec%97%b2%8b%67+&P3=&P=1&K=589&N=2469&H=5700249&W1=&W2=&W3=&W4=

読め。
URLの切れている所、繋いでね。
捏造事件の実態が判る。

354出土地不明2015/12/30(水) 13:04:16.48ID:5bMfvVYK
へぇ。せっかくだからここにも貼っとこう。

平成15年  2月 定例会(第295回)

    第二百九十五回宮城県議会(定例会)会議録
                           (第六号)
平成十五年二月二十七日(木曜日)

---

◆五十一番(今野隆吉君) 上高森遺跡の説明看板に、子供の字で「うそつき」
という落書きがありました。二十年もの長い間、捏造遺跡を教科書に書いて子供や
学生までだまして夢を奪った考古学者たち、歴史の真実を探究するはずの考古学者が、
二十年にもわたってうそをつき続けたのであります。特に、藤村新一氏の周りにいた
芹沢長介氏・東北大学名誉教授を筆頭に、岡村道雄氏、鎌田俊昭氏、梶原洋氏ら
関係者は口をそろえて「藤村にだまされた」と言って、藤村氏一人で行ったとして
責任を負わせてしまったのであります。しかし、藤村メモには、自分一人でそんなに
たくさんの石器を埋められないと述べているのであります。藤村氏以外の人々が
発見したという石器については、千点を超える資料がありながら、考古学協会の
再調査ではほとんど検討されなかったのであります。

 この捏造事件は、研究者のほとんどが大学教授や市町村教育委員会の公務員が多く、
文化庁を批判したならこの世界では生きていけない危機感をだれもが抱いていたので
あります。捏造発覚後は関係した考古学者のすべてが何の責任も問われないという
免責と引きかえに、かたく口をつぐんでしまったのであります。考古学会では、
文化庁・歴史資料館関係者の批判をする人は、今や一人もいないのであります。
私はこの捏造事件を繰り返し議会で取り上げてきたのは、文化庁官僚、文化庁
主任文化財調査官で元宮城県職員の岡村道雄氏が事実上の免責で居直っている
だけに、改めて岡村氏の責任の重大さを明らかにして、捏造事件に巻き込まれた
各地の教育委員会調査担当者の自覚を促すものであります。

 元県職員の岡村道雄氏は、前期旧石器存在の仮説を書き、座散乱木遺跡、
馬場壇A遺跡の実質的な現場責任者であり、藤村新一氏を石器発見の神様などと
褒めたたえながら、捏造石器を二十年にもわたって認知してきた張本人であります。
また、文化庁に移ってからも座散乱木遺跡を国の史跡に指定した中心人物であります。
ほかにも県が関与した遺跡があるのだから、知らぬ存ぜぬでは済まないのであります。
県民に対して事件の経過と責任について説明すべきであります。

355出土地不明2015/12/30(水) 13:08:05.36ID:5bMfvVYK
 藤村新一氏がかかわったすべての遺跡は、日本考古学協会の再調査の結果から、
学術的資料として扱うことは不可能との結論が出て、あっけない幕切れで終わりました。
しかし、このまま終わらせてはならず、真相を解明すべきであります。すなわち、
藤村氏を超能力者とかゴッドハンドと褒めたたえ、実行犯に仕立てたのはだれなのか、
関係者は知っていたはずであります。マスコミまでもだまして同調させたのであります。
関係者は藤村氏一人に責任を負わせ、真相は解明されないまま、自分たちは藤村氏に
だまされたと言っております。反省もなく逃げ惑い、幕がおりてホッとしているような
印象を与えています。しかし、県までが二十年も続いた捏造事件の真相を今もって
解明しようとしないのはなぜなのかお伺いいたします。
 県はなぜ文化庁の顔色をうかがっているのでしょうか。捏造された遺跡を国の史跡に
指定して、長期にわたり捏造を可能にしました。これは文化庁官僚や考古学者が
関与していたからなのであります。教科書に書かれ、国に指定され、その後取り消された
座散乱木遺跡は県立東北歴史資料館の岡村道雄氏の発見です。岡村道雄氏は、
昭和五十三年四月から六十二年三月まで県職員だったのであります。捏造事件は
学問上の問題であって罰する法律がないと教育長は議会で答弁していました。
座散乱木遺跡や馬場壇A遺跡の発掘に関係したのは元県職員であります。また、
公務として発掘し、その記録が書かれた報告書はまさに公文書と思いますが、
いかがですか。また、公文書を偽造した場合の公務員としての責任はどうか、
あわせてお伺いいたします。
 この元県職員は、その後、文化庁主任文化財調査官になり、国の史跡指定に
かかわりました。彼の著書、講談社発行の「縄文の生活誌」の中で次のように
書いているのであります。「一九八〇年四月、座散乱木の切り通しの前に、
藤村新一氏や私たちは横一線に並び、地層断面を一生懸命に削った。私の移植ゴテにも
石器が当たった。『カチッ』という手ごたえがあった。間違いなく卒業論文以来、
長年夢にまで見た『旧人』の石器だ。日本にも四万年前にさかのぼる中期旧石器時代に、
確実に人類が生活していたのだ。その瞬間、あまりの感激に、体の中を電気が走り、
あたりが暗くなるような眩暈を覚えた。この地域では民間の石器研究グループ
『石器文化懇話会』が一九七五年から八五年ごろまで丹念に遺跡探しをした結果、
次々と旧石器時代の遺跡が発見された。最大の成果がこの座散乱木遺跡で、
後期旧石器時代より、さかのぼる遺跡を発見・発掘し、日本列島の歴史が
中期旧石器時代以前にあったことを確実にした。これは『第二の岩宿の発見』と
呼ばれるような、考古学史上、画期的で偉大な成果であった。」と言っております。
この文章は捏造発覚以前のものであり、元県職員が自分の手で旧人の石器を
掘ったとはっきり書いているのであります。旧人の石器は藤村氏の埋めた捏造石器なのか、
それとも本物の石器を掘ったのか。元県職員は捏造に関与しなかったことを
証明するためにも、ぜひ説明をしてもらうべきであります。いかがですかお伺いいたします。
 当時、岡村道雄氏は東北歴史資料館の技師であり、この発掘責任者でもありました。
どんな状況で出土したかは、掘った元県職員自身が一番知っているのであります。
だから説明責任があるのです。元県職員からは事情聴取はしたのか。また、
していないのであれば、何ゆえなのかお伺いいたします。

356出土地不明2015/12/30(水) 13:10:32.39ID:5bMfvVYK
 「藤村新一氏や私たちは横一線に並び、地層断面を一生懸命に削った。」と書いているとおり、
がけの断面を削って石器の有無を調べていくという方法をとっておりました。この点が問題で
あります。発掘調査は、一般的には上の新しい地層から下の古い地層に順次掘り下げていくもので
あります。藤村氏の方法では、石器の見えている地層の断面だけ観察できますが、
面としての遺物は観察できないという欠点があります。元県職員は、捏造問題の
核心である最も大事なことを書いていません。つまり、藤村氏が最初の大発見から、
元県職員の石器分類と石器編年の仮説に大筋で符合する石器群を、古い地層から
次々に発見し続けたという事実であります。藤村氏が衆目するところで演じた
この抜き取りの手品は、事前に石器を土の中に埋めておくという手なれた手品の
種が隠されていました。前期旧石器の発見を目指してきた石器文化懇話会の間では、
がけを削って石器の有無を調べるやり方は、既に分布調査の常套手段となって
いたのです。この点が捏造事件の真相をとらえる上で大変重要な事柄であります。
彼らの遺跡探しの方法はこの抜き取りにあり、写真撮影や実測図もほとんどなく、
簡単なメモ程度の記録だけで遺物を遺跡から抜き取ってしまうことは、証拠能力の
ない邪道な方法なのであります。
 仮説論者の元県職員が言う石器、「斜軸尖頭器」を捏造実行者の藤村氏が抜き
取ってみせる。藤村氏が演じた抜き取りの手品は、石器を事前に土の中に埋めておく
手法は常套手段になっていたのです。この抜き取りの手品は、前期旧石器報告書には
専門語のように頻繁に書かれ一般化していたのであります。
 東北歴史資料館の県職員や市町村教育委員会の文化財担当職員たちは、岡村道雄氏や
東北旧石器文化研究所理事長の鎌田俊昭氏に引きずられてこのわなにはまったので
あります。彼らは、藤村氏が来ない日でも石器が発見されたと力説し、座散乱木遺跡と
馬場壇A遺跡で捏造はあり得ないと主張してきました。県はこれをどう受けとめているのか
お伺いいたします。

357出土地不明2015/12/30(水) 13:13:35.88ID:5bMfvVYK
 一九七八年、県に就職した岡村道雄氏は、江合川流域のがけや地層の露頭部から
抜き取りの方法によって既に十数カ所の前期旧石器遺跡を発見し、この準備期間に
既成事実をつくり、座散乱木遺跡の発掘が決まったのであります。こうした抜き取りを
積み重ねることにより、捏造現場の火山灰層には必ず前期旧石器があるのだと、
藤村氏の発見を全く疑わない雰囲気ができ上がったのであります。座散乱木遺跡から
抜き取られた石器は、現場責任者の県職員岡村道雄氏から、これが旧人の石器と
太鼓判を押されたのであります。つまりお墨つきをもらったのであります。そのため、
だれからも疑問など出るわけがなかったのであります。元県職員は、前期旧石器の
存在を想定して石器の分類や編年の仮説を発表し、藤村氏は常に石器の発見役で
あったのであります。元県職員の責任は重大であります。捏造事件が発覚した今、
県はどう考えているのかお伺いいたします。
 超能力者の藤村氏によって遺物が発見されるように仕立てられること自体、
異常な世界になっていたのであります。乗せられた藤村氏自身も、「私には
五十万年前の地形が見える」とますます神がかっていったのであります。
平成十二年十二月、日本考古学協会から県教育長あてに遺跡捏造に関する
調査依頼がありました。これに対し県教育長は、捏造の疑いないと回答いたしました。
その責任は重大であります。県はどう考えているのかお伺いいたします。
 十四年二月議会における遺跡発掘調査に係る質問に対して、日本考古学協会からの
調査依頼については、再調査すべき事項が判明しないとも答弁しておられるが、
それはどういう意味か、あわせてお伺いいたします。
 また文化庁から、日本考古学会とは直接連絡をとらないようにとの指導があったことは、
文化庁官僚が絡んだ捏造事件のため、やみに葬るためではないかと思うが、
いかがですかお伺いいたします。
 馬場壇A遺跡の調査費四千万円、国、県、二分の一の県負担分についてだけでも、
再調査の責任があるのではないかと思いますが、お伺いいたします。
 平成十二年十一月から十二月にかけて内部調査したところ、藤村氏による
捏造の疑いなしと答弁しております。これは事実に反しているが、どういうことか
お伺いいたします。また、検証方法が確立されていないため、本県でもそのような
内部調査は行っていないとの答弁は無責任ではないかお伺いいたします。
 平成十四年五月には、日本考古学協会の検証結果を尊重してその後の対応を
考えると答弁しておりますが、その後どうなったのかお伺いいたします。
 平成十三年九月議会で、知事は、県に協力要請があれば、どのような協力が
可能なのか検討したいと答弁しております。日本考古学協会に対する調査協力に
ついては、関連遺跡出土土器の公開、作業場の提供や、県職員も数名学会の一員として
積極的に協力していると答弁しておられるが、何か欠けているのではないか
お伺いいたします。
 東北旧石器文化研究所が主体で実施した発掘調査報告書の提出期限が
平成十五年四月に迫ってきたが、進捗状況はどうかお伺いいたします。

358出土地不明2015/12/30(水) 13:17:02.34ID:5bMfvVYK
 藤村氏への事情聴取は、戸沢調査委員長から日本考古学協会関係者三名に
一任されておりますが、県の責任は重大でありますから、独自に事情聴取すべきで
あると思いますが、知事の考えをお伺いいたします。
 平成十三年十月、日本考古学協会の戸沢調査委員長ら三名が来県し、県に対し
藤村氏からの事情聴取をやらないでほしいと強い要請があったと聞いています。
事実であれば重大な問題であります。いかがですかお伺いいたします。
 また、県は独自に岡村道雄氏に対する事情聴取をして、真実を県民に明らかに
すべきであります。県は、具体的にいかなる再調査をすべきか判明しないと
答えておられますが、いかにも無責任であると思います。御見解をお伺いいたします。
 県は、文化庁を仲介するよう指導があったと、むやみに責任を転嫁しております。
このことは重大な問題であります。元県職員、文化庁と県教育委員会と藤村氏とは
一つのシナリオで動いているのではないでしょうか。これ以上不名誉なことが
起きないためにも実態を解明し、県民に明らかにすべきであります。
 以上申し上げましたとおり、作為はあり得ないとか、検証方法が確立していないと
いう回答を聞いておりますと、県教育委員会の質に問題があるのではないかと
疑いたくなるのであります。この点はいかがでしょうか。
 学会の結論を尊重し、その後の対応を検討したいと、的確に対応せずに適当に対応し、
お茶を濁して逃げ回っているのであります。県教育委員会には正式な協力要請がないから、
宮城県考古学会が中心となり考古学独自で実施していると、あたかも他人事のように
とらえております。宮城県教育委員会はこの程度の能力しかないのでしょうか。
 以上お伺いいたしまして、次に移ります。
---

359出土地不明2015/12/30(水) 13:19:51.52ID:5bMfvVYK
◎知事(浅野史郎君) 今野隆吉議員の御質問にお答えをいたします。
 大綱二点ありました。
 まず一点目の、前期旧石器遺跡の捏造事件の質問にお答えをいたします。
 私からは、まず初めに、県は二十年も続いた捏造事件の真相を今もって解明しないのは
なぜかというお尋ねがございましたので、お答えをいたします。
 この事件については、県といたしましても重大なことであると受けとめておりまして、
学校教育や社会教育に対する影響も大きいということから、積極的に真相の解明に
当たってまいりました。事件の解明に当たっては、日本考古学協会や宮城県考古学会などが
主体となって、学術的な立場から上高森遺跡や座散乱木遺跡の検証発掘と石器の
検証作業に取り組んできております。県としても、これに対して協力を行ってきた
ところであります。更に、発掘調査日誌などをもとにした内部調査や関係者からの
事情聴取、文書照会による調査などを行ってまいりました。こういったことを総合的に
勘案したところ、前期旧石器遺跡の捏造は藤村氏の単独行為によるものと考えております。
なお、県では現在、百四十八の捏造関連遺跡の石器について検証作業を行っているところであります。
 次に、日本考古学協会に対する調査協力については積極的に協力していると以前
答弁があったが、何か欠けていると思うがどうかというお尋ねがございました。
 今回の事件は、考古学会という学問研究の世界で生じたことでありますが、
宮城県に深くかかわる問題でもありましたので、我々としては日本考古学協会に対し
できる限りの協力をしてきたものであります。
 次に、日本考古学協会の委員長ら三人が来県をして、県に対し藤村氏からの
事情聴取をやらないでほしいという要請があったと聞くが事実かと。事実であれば
重大な問題であるがどうかというお尋ねがございましたので、お答えをいたします。
この日本考古学協会の戸沢委員長からは、これまで藤村氏本人に五回にわたって
面談をしてきたということでございまして、自分が続けて調査をしていきたいという
旨の強い要請がありました。これを受けて県としては、一から新たに事情聴取を
するよりも戸沢委員長の面談の推移を見守る方がよいと判断したものであります。

360出土地不明2015/12/30(水) 13:21:47.69ID:5bMfvVYK
 次に、県は独自に元県職員から事情聴取をして真実を明らかにすべきと思うが
どうかというお尋ねがございました。
 昨年の八月二十六日に国が設置した、考古学及び関係分野の研究者や岩出山町教育長、
宮城県文化財保護課長などを構成メンバーとする公開の史跡座散乱木遺跡に関する
調査委員会において、元県職員からの意見聴取を行っております。
 この中で、本人からは、捏造を早い時期に見抜けなかったことについては力不足で
あったということを認めた内容の発言がなされておりますので、改めて説明を聞く
必要はないものと考えております。
 次に、県は具体的にいかなる再調査をすべきか判明しないと答えており、この答え方は
無責任だと思うがどうかというお尋ねでございます。
 日本考古学協会からの平成十二年十二月の依頼に対して回答しておりましたが、
その回答に対する何らの見解が示されないまま、一年後に再調査の依頼がなされたもので
ございます。その一方では、当時は日本考古学協会が総合的に検証作業を進めている
最中でもございました。したがって、具体的にどのような調査を本県としてすべきか
理解することができなかったということでありまして、その旨を回答をしたもので
ございます。
 なお、この件に関してのその他の質問については、教育長が答弁を行います。
---

361出土地不明2015/12/30(水) 13:24:55.77ID:5bMfvVYK
◎教育長(千葉眞弘君) 今野隆吉議員の石器捏造問題につきまして順次お答えいたします。
 初めに、座散乱木遺跡や馬場壇A遺跡の発掘に関係したこの元職員が作成した報告書は
公文書だと思うがどうか、また、公文書を偽造した場合の公務員としての責任に
ついてということについてでございます。御指摘の発掘調査書につきましては、
民間の研究団体による発掘調査がなされた座散乱木遺跡につきましてはその団体の
責任によるものですが、馬場壇A遺跡の報告書につきましては県が主体となったものであり、
公的な出版物でございます。これが刑法の公文書に当たるとは思いませんが、
報告書の作成は当時の学会の評価を踏まえまして取りまとめたものと理解をしております。
 次に、元県職員の掘った石器が捏造石器なのか本物なのか、本人に説明してもらうべきと
思うがどうかということについてですが、元県職員はこのことに関し、みずからの
著書「日本の歴史I改訂版」−−昨年の十一月に出版したものでございますが、
その中で捏造石器であることを認め、既に修正しているところでございます。
 次に、座散乱木遺跡の発掘責任者である元県職員から事情聴取はしたのかと
いうことについてですが、これは先ほど知事が答弁いたしましたとおり、
昨年の八月二十六日に、国が設置した公開の史跡座散乱木遺跡に関する
調査委員会において元県職員からの意見聴取を行っておりますので、改めて
事情聴取をする必要はないものと考えております。
 次に、元県職員や東北旧石器文化研究所理事長が座散乱木遺跡や
馬場壇A遺跡で捏造はあり得ないと主張してきたが、県はこれをどう
受けとめているのかということについてですが、彼らがこのような発言を
したのは捏造発覚直後のことで、まだ事実関係がはっきりしていない当時の
状況判断としてはやむを得ないものと考えております。
 次に、座散乱木遺跡の発掘などで、元県職員が前期旧石器の存在を想定し、
仮説を発表し、藤村氏が常にそれに沿った石器の発見役になっていたことについて
県はどう考えているのかということについてでございます。
 通常、学術的な目的で発掘調査を行う場合は、従来の研究をもとにまず仮説を立て、
その仮説を証明するための有効な方法などを検討した上で実施をいたします。
民間団体の石器文化懇話会による座散乱木遺跡の発掘調査の場合も、昭和五十一年ごろ、
当時東北大学の助手であった元県職員の論文などをもとにした仮説を立て、
調査に入る前に勉強会を開いて会員同士で何度も議論を行い、共通認識に立った上で
発掘に当たったと聞いております。藤村氏はこうした仮説を逆手に取って捏造を
行った可能性が高いと考えております。

362出土地不明2015/12/30(水) 13:27:31.38ID:5bMfvVYK
 次に、日本考古学協会からの依頼に対し、捏造の疑いはないと回答しているが、
県は重大な責任があるのではないかということについてでございます。
 日本考古学協会から求められた調査内容は、藤村氏が関与した三遺跡について
主に発掘調査の経過及び石器遺構などの発見状況、更にこれまでの学会における
評価等を確認するものでありました。県教育委員会としては、協会からの依頼に沿って、
東北歴史博物館が当時の記録等を再調査し、また関係職員からの聞き取り等により
事実関係を確認したものであります。その結果、作為はあり得ない状況で出土した
石器が数点あったことから捏造の疑いはないと回答したものであり、当時としては
やむを得ない判断と考えております。その時点では、どのような検証方法が最も
適切なのかはまだ一般化しておりませんでした。その後、平成十四年五月に、
日本考古学協会から藤村氏関与遺跡の石器検証結果が公表され、それによって
石器の検証方法が確立されました。それを受けて県教育委員会といたしましても、
藤村氏が関与したすべての遺跡の未検証石器を対象に検証作業を行うこととした
ものでございます。
 次に、平成十三年十二月の日本考古学協会からの調査依頼については、
再調査すべき事項が判明しないと答弁したが、どういう意味なのかということに
ついてですが、これも先ほど知事がお答えいたしましたとおり、依頼された調査が
第一回目に回答した調査とどのように異なるのかを理解しかねたために、その旨を
回答したものでございます。
 次に、国から日本考古学協会とは直接連絡をとらないように指導があったことに
ついてでございますが、捏造問題は複数の自治体にまたがる広域的問題であり、
関連する自治体が個別に対応すると混乱が生ずる可能性があるということから、
国はそのような混乱を避けるために窓口の一本化を図ったものと理解をしております。

363出土地不明2015/12/30(水) 13:30:42.64ID:5bMfvVYK
 次に、馬場壇A遺跡の再調査の責任があると思うがどうかということについてであります。
 馬場壇A遺跡の検証調査につきましては、日本考古学協会が組織する前・中期旧石器問題調査特別委員会が
総力を挙げて行い、県もそれに協力してきたところであります。その結果、本遺跡の出土資料は
学術資料としては扱えないとの結論に達したところであります。このようなことから、
改めて再発掘調査を行う必要はないものと考えております。
 次に、事件の発覚直後の内部調査で、藤村氏による捏造の疑いなしとして日本考古学協会に
報告したことは事実に反するのではないか、また、石器検証方法が確立されていないため、
本県でもそのような内部調査を行っていないとは無責任ではないかということについてですが、
平成十二年十一月から十二月にかけての内部調査は、県教育委員会が主体となって発掘調査を
実施した前・中期旧石器時代遺跡である馬場壇A、中峯C、高森遺跡の三遺跡について、
藤村氏がどの程度これらの遺跡の発掘調査にかかわり合いがあったかを把握することを
ねらいとして実施したものであります。具体的には作業日誌と調査を担当した
職員からの聞き取り調査等を行いました。その結果、いずれの遺跡でも藤村氏による
作為のあり得ない状況で発見された石器が数点あることが判明したことから、
遺跡の捏造まで疑うことができなかったものであります。そのことは、昭和十三年一月に
日本考古学協会に報告したところであります。
 また、本県でもそのような内部調査は行っていないとの答弁は無責任だということに
ついてですが、先ほども申し上げましたように、昨年五月に、日本考古学協会から
藤村氏関与遺跡の石器検証結果が公表されたことによって初めて石器の検証方法が
確立されたものであり、当時はまだ方法が確立していないために調査できなかったので、
そのようにお答えしたものでございます。
 次に、石器の検証結果の中間報告を受けて、その後にどのような対応を行ったのかと
いうことについてでありますが、県教育委員会としては、関係する県内市町村の
旧石器発掘捏造問題関連遺跡の取り扱い連絡会議を開催いたしました。その取り扱いの
基本方針をその際説明をいたしました。更に、既存の上高森遺跡に関する問題検討委員会の
中に石器検討部会を設け、県内百四十八の捏造関連遺跡について石器検証作業を
進めているところでございます。年度内に遺跡の取り扱いの最終決定をする方針であります。
 次に、東北旧石器文化研究所が主体で実施した発掘調査報告書の進捗状況に
ついてであります。東北旧石器文化研究所が主体で実施した県内の遺跡は、
上高森遺跡と中島遺跡の二つであります。上高森遺跡の調査報告書は昨年五月に
刊行されており、中島山遺跡については、今年三月中には報告書が刊行できると
報告を受けております。
 最後に、教育委員会の質や能力が問題ではないかという質問がありましたが、
職員は最善を尽くしまして真っ正面から取り組んでおりますので、ひとつよろしく
御理解を賜るようお願い申し上げたいと思います。
 以上でございます。

364出土地不明2015/12/30(水) 13:33:01.77ID:5bMfvVYK
○議長(佐藤勇君) 五十一番今野隆吉君。
◆五十一番(今野隆吉君) 今、教育長の答弁で、最後、力強く、質の問題なんですが、
藤村氏のメモをごらんになったんですか、教育長、今のような答弁していますが。
その一点だけでいいです。メモを見て、今の答弁したのかどうか。
○議長(佐藤勇君) 教育長千葉眞弘君。
    〔教育長 千葉眞弘君登壇〕
◎教育長(千葉眞弘君) 今野隆吉議員の再質問にお答え申し上げます。
 藤村氏のメモを全部見たということではございませんが、前の議会でもお話し
申し上げましたとおり、戸沢委員長が事情聴取をした、そういう内容については
見ております。
 以上です。
○議長(佐藤勇君) 五十一番今野隆吉君。
◆五十一番(今野隆吉君) 今のでは−−見てないんでしょう。要するに、藤村氏の
メモというのは、黒く塗りつぶされているんですよ。何も今すべての答弁を、
教育長、正しい答弁であったら、開示したらいいんじゃないですか。それを
日本考古学協会に要請したらいかがですか。私が質問しているのは、文化庁や
県や藤村氏が一体となっているんじゃないかという疑いで質問しているわけですよ。
そうでないという答弁であるならば、藤村氏のメモを開示すべきですよ。
日本考古学協会から、その辺やらないで、そして、国の方から調査をするなとか、
あるいは考古学協会から藤村氏に接触するなとか、もう全く妨害されているのと
違うんですか、これは。もうここまで来ているんですから、もう藤村氏にも
お会いできるんでしょう、もう。それ、県独自にやる気はないんですか。
○議長(佐藤勇君) 教育長千葉眞弘君。
    〔教育長 千葉眞弘君登壇〕 👀
Rock54: Caution(BBR-MD5:0be15ced7fbdb9fdb4d0ce1929c1b82f)

365出土地不明2015/12/30(水) 13:35:42.26ID:5bMfvVYK
◎教育長(千葉眞弘君) 今野議員の再々質問にお答えを申し上げます。
 先ほど私が申し上げましたのは、今お話のとおり、黒塗りのしてある部分ですから、
黒塗りの中の部分については、私は承知はしておりません。ただ、それは戸沢委員長との
信頼関係の中で私たちがいただいたものですから、それについては再度努力はしたいと
思いますけれども、我々が強制的にこれを聴取をして、それを出すかどうかということに
ついては少し勉強させていただきたいというふうに思っておりますが、藤村氏本人に
ついても、六月議会にも今野議員の方から再三にわたって接触をするようにという
ふうなことでお話がございました。そういうこともあって、それから前の理事長とか、
それから知人とか家族とか、そういう、それから更に住所を調べるためにも、この前も
お話し申し上げましたが、医療保険等の方から追跡をするとか、そういうことで
いろいろ努力はしてございますが、なかなか接触できる状況にはないということで、
それを、主治医からも、そういうふうなことだというふうなことを考古学会でも
言われておりますので、更に努力はしたいと思いますけれども、そういう状況で、
我々は今のところはなかなか難しいという状況でございます。

366出土地不明2015/12/30(水) 13:38:11.48ID:5bMfvVYK
読みながら貼ってて気付いたけど、この県議前から捏造事件気にしてんのね。

367出土地不明2016/01/03(日) 18:16:49.50ID:BAPLJ6Ys
その後の人生がどうだろうがゴッドハンドはただのクズ
今も笑いのネタにされてる
ざまあw

368出土地不明2016/01/03(日) 21:22:47.73ID:aBQwTElE
まあこの事件は松本清張でないと書けないね

369出土地不明2016/01/21(木) 11:31:41.93ID:FgdGc3t6
考古学徒としてはせんりつしてますやで・・・

370出土地不明2016/01/23(土) 16:55:01.87ID:H90jjswL
藤村自身よりも、コイツに群がった大学教授らに問題の核心がある

371出土地不明2016/02/23(火) 10:27:38.77ID:9pmK7jG1
藤村新一さんには注意喚起からすればよかった

小保方さんは勉強不足なのにSTAP細胞あると言える自信が不思議

佐野さんはビジネスだからアウトでしょ

372出土地不明2016/03/20(日) 12:29:10.59ID:Em6F6LEu
宮城県議会会議録に見る捏造問題(2000-2001)
宮城県議会会議録検索システムから、神の手事件に関連する質疑を転載しました

http://www.asahi-net.or.jp/~XN9H-HYSK/godhand/miyagi.htm

こりゃ、いいな

373出土地不明2016/03/21(月) 04:53:22.93ID:EU1BQ9ia
捏造に使用した一万年前の土器は、
貴重な芹沢長介コレクションとして東北大学で保管していた土器であり、
盗むか、関係者が持ち出す以外、入手困難であります。

捏造石器はどこから持ち込まれたのか、
捏造石器の出場所を確認して初めてこの事件は解決したことになるのであります。

374出土地不明2016/10/09(日) 20:52:45.11ID:H0H4uzKr
秩父原人とかあったよね。
タイアップ企画で地域おこしに大変貢献した。
http://www5f.biglobe.ne.jp/~hot-as/%91q%8C%C9/%8A%F9%91%B6%82%CC%83T%83u%83y%81%5B%83W/%83X%83J%82%E0%82%CC%8E%A9%96%9D/%83X%83J%82%C5%82%B7%81B_files/5fhot-as430db6ddc4a1.jpg
http://tomaremiyo.net/images/kamotsu/Chichibu/s201.jpg
http://inoues.net/m_spe3.jpg
http://blogs.c.yimg.jp/res/blog-2a-1e/oji778/folder/1796957/35/54213935/img_0

375出土地不明2016/10/12(水) 14:58:10.35ID:KboC1Kc1
◆ペテン師・佐藤洋一郎がなぜダメなのか


経年変化や環境変化で短期間のうちに著しく頻度を変えてしまう遺伝子の調査において、
佐藤洋一郎が調査に使ったイネの調査サンプルは、

日本のイネの調査サンプルが稲作が伝わってから800年以上も経ってしまった鍵・唐古遺跡の炭化米、
朝鮮半島のイネの調査サンプルにおいてはいつの時代のイネを使ったのかさえ全く公表していない。

このように調査サンプルから疑わしい、欠陥ありありの、お遊び程度でやったペテン調査での捏造である。

この場合、BC10Cの稲作開始時の最古水田である菜畑遺跡の炭化米とそれ以前の朝鮮の炭化米で
比較調査しない限り、まともな調査結果など得られるはずがない。

ちなみに佐藤洋一郎はこの件で京大考古学陣に全面否定されている。
日本稲作が長江・江南から伝わったなんて言ってる頭のおかしな考古学者など一人もおりません。

376出土地不明2016/10/25(火) 18:13:09.91ID:O76w/z/E
>>1
「石の虚塔」2014/8/10発行
発見と捏造、考古学に憑かれた男たち
上原善広/新潮社(税別1500円)
ISBN978-4-10-336251-7

この本の最終章254頁から
当人へのインタビューが載ってる

377出土地不明2017/02/20(月) 22:06:16.82ID:tPsAW/Xy

378出土地不明2017/02/27(月) 08:28:21.83ID:qwcRegB9

新着レスの表示
レスを投稿する