1950年代の国産カメラ画像が上がるスレ

1名無しさん脚2018/04/10(火) 21:03:00.51ID:2tuOyVTy
1950年代のカメラはとても魅力的だ
気合の入りまくったった35mmフィルム機がたくさんでてきた時代だ
レンジファインダー機は着々進化したし、日本最初の一眼レフはこの時代に生まれた
二眼レフもまだまだ勢力が強かった
蛇腹だってますます大活躍

そんな時代のカメラの魅力が伝わるようなスレにしたい
特に若い奴はなかなか見る機会がないだろうから、ぜひ見て行ってくれ

で、先ずはこんな年表を作ってみた
これらの機種名を眺めるだけでなんだかワクワクしてこないか?
https://i.imgur.com/Gm5nArV.jpg

225名無しさん脚2018/05/25(金) 20:55:49.10ID:WbC8PicW
ニコンFより安い価格帯で勝負したキヤノフレックスRP
その価格帯にはライバルとなるニコンの一眼レフはなかったのだろうか?
ぱっと思いつくのはニコマートFTなんだけど、それは1965年とずいぶん後に登場するので1960年の辺りではニコレックス35
しかない
けどニコレックス35はすでに紹介した通り、一眼レフではあるけれどレンズシャッター式でレンズ交換無しだからライバルとは
ちょっとなりにくい

そうすると1962年に登場するこのニコレックスFというのがライバル機になるようだ
堂々としたこの姿、とてもかっこいい
https://i.imgur.com/MZ5rzjt.jpg

226名無しさん脚2018/05/25(金) 21:21:46.22ID:Heqi74X7
>>225
露出計がカッコいい!
ニコマートFTより以前も蟹爪レンズなのですね
この構造は当時の試行錯誤が伺えます

227名無しさん脚2018/05/25(金) 21:38:06.22ID:WbC8PicW
ニコンFとニコマートFTがデザイン傾向に統一感があるのに対し、両者のちょうど中間に登場したこれは
独特なデザインとなっている
それはマミヤ光機が製作したものだから いわゆるOEM供給というもの
この機種はリコーからもシングレックスという名前で発売しているというのは有名な話(マウントもニコン用のまま)
例えば、ダイハツのミラが「プレオ」や「ピクシス」という名前で他社から発売されてるのと同じだね

後付け露出計にはピンが出ていて、ちゃんとカニ爪に嵌めて連動できるようになっているのがニコンならではで素晴らしい
あと頭頂部には白ヌキの「F」マークが掲げられているのがいいんだよね
https://i.imgur.com/C8LhbsK.jpg

228名無しさん脚2018/05/25(金) 21:48:43.82ID:WbC8PicW
>>226
ありがと〜 迫力ある露出計ですよね 気に入ってます

229名無しさん脚2018/05/26(土) 11:07:39.59ID:vsDQfAAV
>>187-188でソリゴールに触れたのでもう少し詳しく
サンパック、カコ、東芝・・・皆それぞれ良いストロボだ 性能に違いはないのでもはや見た目で自分好みのもの
を選ぶこととなる
そんな中で、ドイツ風の語感とかロゴのカッコよさ、昭和っぽさ、クールな外観、そういうものがうまく交じりあった
ソリゴールはなんだかとても魅かれるものがあるわけ

というわけでソリゴールづくし
リコー製品との相性がとても良いと感じている
https://i.imgur.com/oax522s.jpg

230名無しさん脚2018/05/26(土) 11:13:40.05ID:vsDQfAAV
ソリゴールMK-8の外装箱にはアリマツコーポレーションと書かれてる
ソリゴールのストロボ(全部がそうとは限らないだろうけど)は、ここが製造担当のようだ

231名無しさん脚2018/05/26(土) 11:40:10.92ID:vsDQfAAV
組み合わせは
ニューダイヤ(1956年製) と ソリゴールMK-3(ホットシュー専用)
リコー300(1958年製) と MK-8(X接点ケーブルつき)
オート35V(1961年製) と MK-6B(ホットシュー専用)

リコーははやくからホットシューを採用してた
えーと、ホットシューというのはシューの中央まで電気信号が届くようにしてあるもののこと
この時代のカメラは普通、カメラ本体のどこかに接点を設けてあって発光器やストロボ側からのケーブル
で繋ぎこむことになっていて、ひと手間かかっていたんだ
で、シューにストロボを差し込んだ時点で自動的に繋ぎこみ完了してたらラクなのにな〜、という要望が
出てきたのが1950年代の後半頃だったってわけ

この挙げたリコーの3機種はいずれもホットシュー対応タイプだ

232名無しさん脚2018/05/26(土) 11:47:12.96ID:vsDQfAAV
なので、写真中央のカメラはX接点にケーブルが繋ぎこまれてないじゃないか、と言われそうだけど、ホットシュー
との連結部にあるケーブル差し込み口を使用しているから、間違ってるわけじゃないよ

233名無しさん脚2018/05/28(月) 20:08:38.24ID:zu49ubE3
二眼レフって、シューの向き逆ですよね?
あれ何故なんでしょうか

234名無しさん脚2018/05/29(火) 00:21:27.81ID:Grsl2l8X
二眼の場合例外なく、シューの前端と本体前面とがツライチになるような位置にセットされているね
フラッシュからの光を最大限有効活用したいわけだからギリギリまで前寄りにしたい
となると単に突っ込みやすさ、という意味で逆付けにしてるのかな
(シュー後方に干渉物がついてる場合もあるし)

レンジファインダー、一眼だとシューの後端と本体裏面とがツライチになるような位置なんで真逆になる、と

二眼だと後ろ向きにしかつかないストロボとか出てくるんだよね

235名無しさん脚2018/05/30(水) 17:33:49.29ID:4DxQxJMG
強制バウンス撮影仕様

236名無しさん脚2018/05/31(木) 06:47:20.68ID:37enSq4q
コニカIIのツーショット
一方は既出のIIBで、もう一方はIIB-mという機種
前者が1955年、後者はその一年後に発売
金属の肌の質感が素晴らしく良い たくさんいろんなカメラが並んでいたとしても、その中でキラリと宝石のように輝いていて
ひときわ目立つってかんじ
https://i.imgur.com/d6cXDIb.jpg

237名無しさん脚2018/05/31(木) 07:09:37.57ID:37enSq4q
外観上はバッジ以外はまったく同じにみえるかもしれないけど、鏡筒部分が違っている
IIBは自社製シャッターで、レンズはやや高級品(広角にもかかわらずf値は明るい)

IIB-mは鏡筒全体の長さが1cmほどIIBよりも短いのでコンパクトさが強調されて、特に女性が持つと
おしゃれかもしれない

238名無しさん脚2018/05/31(木) 21:41:15.63ID:rYFu3i5L
コニカ初代シリーズに広角付きあったんだ

239名無しさん脚2018/06/01(金) 07:01:59.84ID:rqKvprIl
>>238
ごめん書き方が悪かった
IIB-mが50mmに対してIIBは45mmなものだから、(比較したら)広角という言葉を使ったけど
この時代一般的に35mm以下でないと広角とは呼ばないよね

そういえばIIBと同じ1955年にオリンパスワイドという35mmレンズがついた広角レンジファインダー機が出てる

240名無しさん脚2018/06/09(土) 11:50:21.90ID:23dELKha
同じく1955年に出たオリンパス35Sがこちら
コニカIIBやオリンパスワイドと違うところがひとつ 巻き上げレバー式になったこと
https://i.imgur.com/m6FD5Iw.jpg
https://i.imgur.com/WZnrz2T.jpg
https://i.imgur.com/vh0UebT.jpg
あっさりとした顔つき、鏡筒部のキラキラ感がとても好印象

241名無しさん脚2018/06/09(土) 12:14:41.52ID:23dELKha
オリンパス35Sの一番大きな特徴は、レンジファインダーの合焦のしくみが独特なこと

先ず、正面から主光路に像が飛び込んできて、覗いてる撮影者の眼にストレートに入ってくる
で次に、少し横にある副光路の窓から飛び込んできた像は、一度ミラーで直角に折れて主光路まで到達して
合流することとなる 主光路上にはハーフミラーが設けてあって、副光路からきた像はもう一回このハーフミラー
で直角に折れて、撮影者の眼に届く

こんな風にして二つの光路から届いてきた像はズレてるんで、レンズを前後させてピタッと重なる位置を探すと
ちょうどそこが合焦するしくみだ

242名無しさん脚2018/06/09(土) 12:23:25.46ID:23dELKha
で、一般的には、レンズの前後の動きと「副光路のミラー」とが連動するようにしてあるんだ
だいたいどこのメーカーもこういう方式

だけどこのオリンパス35Sは、主光路の入り口の窓ガラスの内側にレンズが一枚仕込んであって、このレンズ
が可動するようになっている ハーフミラーよりも入り口側ね

243名無しさん脚2018/06/09(土) 12:32:30.12ID:23dELKha
だから、副光路からの像が固定像となってるわけで、像の主従関係が逆転しているのがとても面白い
まあ、別に撮る側からはなにも操作勝手がかわるところはないのでまったく問題ないんだけども

244名無しさん脚2018/06/10(日) 20:23:59.31ID:KJHVEIIz
久しぶりに蛇腹カメラの紹介をする
すでにスーパーフジカシックス、コニカパールIIを紹介済みだけど、それより以前に出てる蛇腹界の不動のセンター
マミヤシックスだ
最初に出たのは1940年で、モデルチェンジしながら1958年頃まで作られ続けた
頑丈で造りがよく、大きくてずっしりする
マミヤは120フィルムにずーっとこだわりつづけてきたブランドで、二眼レフはもちろんマミヤプレス、645シリーズなどなど
さまざまなシステムを世に送り出してきたんだ

245名無しさん脚2018/06/10(日) 20:30:09.41ID:KJHVEIIz
これはIV型で1947〜1953年にかけて製造されたもの
https://i.imgur.com/m6AeWKj.jpg
https://i.imgur.com/LCs2bmG.jpg
https://i.imgur.com/sbFR1ey.jpg
可憐な花がとても良く似合っている

この機種、レンズが固定してあって前後に繰り出すことができないんだ
あれ?じゃあピント合わせできないじゃん、無限遠でのみ使用可能なのか?と思ってしまいそうだが

246名無しさん脚2018/06/10(日) 20:35:31.71ID:KJHVEIIz
実は、レンズを前後させる方式ではなくて、「フィルム」自体を直接前後に動かしてピント合わせするという
凝った方式なんだ
これをバックフォーカス方式、と呼ぶ
右親指の位置にダイヤルがついていてそれをクリクリ操作すればよく、使い勝手は変わらない

247名無しさん脚2018/06/10(日) 20:54:25.10ID:KJHVEIIz
この個体なんだけど、ちょっとレアなところがふたつある
ビンテージな価値以外に、資料的価値があるみたいだ

先ず一つ目は、トプコンのレンズがついてるってところ
マミヤシックスIV型はオリンパスのズイコーがついてるはずなんだ でも例外的に別なレンズがついたものもあるらしく
これはそのうちのひとつだ
トプコンというとトプコールという高級レンズの名前が真っ先に思い浮かぶけど、シムラー銘はそれよりも古い時代ってこと

248名無しさん脚2018/06/10(日) 21:04:06.17ID:KJHVEIIz
もうひとつのレアなところは
フォーマットが6x4.5cm”専用”仕様という点だ

マミヤシックスは基本6x6cmフォーマットで、1953年に出たV型から6x4.5cmもできるようになったんだ
だから本来ならIV型には6x4.5cm仕様はないはずなんだけどね

ファインダーには4.5cm用のマスクが嵌まっていて、視野が縦長になるようにしてある
https://i.imgur.com/cA31D1G.jpg

249名無しさん脚2018/06/10(日) 21:17:52.03ID:KJHVEIIz
もちろんフィルム室内にも同様に4.5cm用のマスクがつけられていて、縦長に写るようになっている

それから、フィルムは一枚送ったら自動でストップする機構がついているんだけど、これも4.5cm分送ったら
ストップするように調整されている
えーと、ちょっと説明すると、
二枚の円盤に櫛型の歯が刻んであって、その刻みピッチによって送り量が制御されるようになってるわけ
この円盤を6cm用のものに変更しない限り、6cm送ってストップさせるってことができない

たぶんだけど、こういうカスタマイズをするサービスが当時あったってことなんだろうね

250名無しさん脚2018/06/10(日) 22:15:58.16ID:qk7/lFEU
マミヤはセコールが出るまでどんなレンズでも取付け改造してくれたんだよね
シムラーはラインナップにあった正統な機種で3型でもトプコンレンズは採用してた
645改造も良くやってたみたいで、結構玉あるよね
ZUIKO以外にTowa KokiのNeoconも採用してたよ

251名無しさん脚2018/06/11(月) 07:09:53.62ID:1btn+1o6
>>250
おお〜貴重な情報ありがとう
そうか勝手に珍品だと思い込んでたけど玉数あるのか、ちょっぴり残念だけど事情がわかって安心した
要望に合わせていろいろ改造してくれるなんて、マミヤの魅力がまたひとつ増えた感じだ

そういえば持ち込みレンズによっては折りたたみできなくなる、という話を聞いたことがあったかも

252名無しさん脚2018/06/11(月) 07:18:49.37ID:rzcRxrJj
>>251
焦点距離が長くなると折りたたみ不可なんだって
7.5cmじゃ無くて8cmや10.5cmなども入れる人がいたらしいね
それ位マミヤはメーカー公認の改造しまくりなユーザーフレンドリーだったんだろうね

253名無しさん脚2018/06/11(月) 19:40:11.79ID:Ub5OU13q
ん、マミヤ6ネタが・・・

いや、何ヶ月か前にマミヤ6を買ったんですよ。
1万番台で、6×6とセミ版両用で、赤窓送りって奴を。

254名無しさん脚2018/06/11(月) 19:45:51.63ID:Rz3PRMya
>>251
マミヤ6は安いからついつい増える
二眼レフのレンズ入れよかなとか、考えてると特に

255名無しさん脚2018/06/11(月) 19:46:28.76ID:Rz3PRMya
>>254
アンカミス
>>253
こっちだす

2562532018/06/11(月) 20:22:45.99ID:Ub5OU13q
マミヤ6を使おうとした場合、フィルム装填が
他の赤窓送りと違う事を理解しないといけないんだよな。

それは先日の事、マミヤ6にフィルムを装填して裏蓋を閉めた所、中蓋を
中に入れるのを忘れてたんだよね・・・

257名無しさん脚2018/06/11(月) 22:51:45.39ID:nwP5qusr
子供の頃おじいちゃんの形見分けでマミヤ6貰ったなぁ
誰も使い方分からなくてずっと押入れに入れてたらジャバラに穴空いたから、引越しの時に捨てちゃった
今、カメラが趣味になって凄え買い直したい俺がいる

258名無しさん脚2018/06/11(月) 23:01:21.06ID:1btn+1o6
マミヤ6ファンがいて嬉しい
たしかにバリエーション違いを揃えたくなる魅力があるね
>>253みたいにV型以降のフォーマット選択可もいいし、

あるいはIII型までのはウエストレベルファインダー(上から覗きこめる)が併設されているみたいで、それも縁があれば
入手したいと思ってる けど、なかなか巡り合えないな
>>254はすでにお持ちかな?

中蓋はトラップだな自分も気をつけよう

シャッター切ると次の瞬間ファインダー内が赤く染まって、二重露光注意!のアラーム表示が出るところが
個人的に大好きだ

259名無しさん脚2018/06/11(月) 23:08:48.10ID:1btn+1o6
>>257
も、もったいない
ドイツ製かなんかの超高級レア玉を特注で載せてたような個体だったかも・・・?
(なんて煽っちゃいけないですよねスミマセン)

260名無しさん脚2018/06/11(月) 23:17:47.97ID:Rz3PRMya
>>258
何台かあると思う反射タイプ
使い勝手のいいX型しか使わんから忘れたけど
ハンドカメラとかによくついてるけど、近眼の俺には見ないわあれ

261名無しさん脚2018/06/11(月) 23:23:58.16ID:4UnNlE6r
マミヤのCシリーズは古いものも買って使ったけど、当時は広角マニアだったせいもありマミヤ6は手出さなかったなあ
後にニューマミヤ6買ったときも、標準は買わずセコール50mm一本だけで撮影してたし

262名無しさん脚2018/06/13(水) 21:19:12.89ID:jYRH+wF1
>>251
6✕4.5のファインダーますく付きはレアだよ
改造済みでもあれ欠品がほとんどだから
それにマスクはWだけじゃないかなTからVは無かったと思う

263名無しさん脚2018/06/14(木) 18:09:40.35ID:7Cm0un8s
>>262
なんかうれしい情報だなあ ありがとう
I〜IIIには無かったというのは面白いね その時代だって6x4.5改造に対するニーズはなくはなかったはず
だと思うんだけど

今夜飲むお酒はひときわ美味しいと思うわ

264名無しさん脚2018/06/14(木) 21:51:03.76ID:+qorQE9K
>>263
巻き上げ改造はT〜Vもあった
UとVは持ってるから少なくともあった
あのマスクが無くなり安いからレアかなと

265名無しさん脚2018/06/15(金) 18:32:25.83ID:/muZ+Clb
一眼レフカメラを素人でも上達できる方法は、「一眼レフカメラマスターできる宮刺のブログ」というブログで見られるらしいよ。ネットとかで調べてもいいかもね。

95WFN

266名無しさん脚2018/06/16(土) 09:06:58.76ID:xm7v9H2s
異変、落ちそう 救出

267名無しさん脚2018/06/17(日) 09:38:26.51ID:Z15lVwKL
マミヤ6はデザインも写りも良くて頑丈で中古相場も安くメンテも容易という奇跡の逸品
唯一の難点は現像するとフィルムのコマが良く繋がってる事くらいか

268名無しさん脚2018/06/17(日) 19:19:13.75ID:odoohddw
>>267
ホント同感 蛇腹に興味はあるんだけどちょっと敷居が高いな〜、と思ってる人がいると思うんだけど
マミヤ6なら安心だと思う

次に、同じく蛇腹つながりでウェルミー6というのを紹介する こっちは初心者向けとはいいがたい、かな

269名無しさん脚2018/06/17(日) 19:23:47.29ID:odoohddw
大成光機というメーカーが出した6x6cmフォーマット機で1952年製
https://i.imgur.com/PhmPMGc.jpg
https://i.imgur.com/rPfiN0q.jpg

前出のマミヤ6のIV型とまったく同時期に出たものだ
これもまた、美しい外観をしている

270名無しさん脚2018/06/17(日) 19:30:40.68ID:odoohddw
なぜ初心者向けと言いがたいかというと、プリミティブな機能のみしかついていないから
二重像でのピント合わせとか一切ないので、
え〜と、被写体まではざっと2mだな、じゃあここまで前玉を回せば多分合うだろう、みたいな合わせ方をする

フィルム送りも完全に自分でやる ストッパーはない 二重露光防止のアラーム機能などもない

271名無しさん脚2018/06/17(日) 19:37:36.04ID:a8/twwU4
マウイって中古屋なのかM6とかばっか売ってる?

272名無しさん脚2018/06/17(日) 19:44:31.51ID:odoohddw
これはメーカーの製品に対するアプローチというか思想が違うんだ
ウェルミー6は、なるべく安くして金持ちじゃなくてもカメラを買って使えるようにしたいという思想
マミヤ6などは、使い勝手優先でミスを起こさせないよう、そのかわり高額になります という思想

たとえば学生さん向けの古い四畳半アパート 共同トイレだし隣の壁は薄いし、陽当たりは悪いけどちゃんと雨露はしのげる
一方、箱入りのお嬢さんの住むマンション セキュリティは万全、ウォシュレットや風呂場乾燥機は当たり前、エアコンつき宅配
ボックス完備 免震構造 でも家賃は高いです

両者はどちらも正しいんだよね

273名無しさん脚2018/06/17(日) 19:52:54.62ID:odoohddw
同じフィルムフォーマットだけどウェルミー6のほうがやや小柄 並べてみるとどちらも味があるスタイルで双方かっこいい
https://i.imgur.com/woUVyNH.jpg

ちなみにウェルミー6はウエストレベルファインダーがついてて上から覗きこめるような使い方ができる
マミヤ6はI〜III型までは同様の仕様がついてる 見える像はさかさまになってるけど使えないことはない、気がする

274名無しさん脚2018/06/17(日) 20:12:10.46ID:odoohddw
この一緒に写っているのは、富士光学製のセミライラという機種で1940年代製なんだけどウェルミー6とは縁が深い
というかご先祖なんだ もともと大成光機の前の名前が富士光学だった
https://i.imgur.com/kuwO11L.jpg

シャッターユニットがまったく同一なのが特徴で、このウェルミー6はチャージ部分の部品の爪が折れてて不動品
だったんだけど、このセミライラから同じ部品を移植させてもらって完動するようになった

275名無しさん脚2018/06/17(日) 20:24:25.10ID:odoohddw
大成光機という名になるにはワンクッションあって、成増光学といってたこともあるそうな
なので同一の姿形で成増製ウェルミー6というのも存在する

ちなみに、1960年代になるとコニカの傘下になるので、コニカパールIIやIIIというライバルたちと兄弟関係になる
わけだね
いろいろと変遷があるんだなあ

新着レスの表示
レスを投稿する