スリー・ビルボード Three Billboards Outside Ebbing, Missouri ★ 4

1名無シネマ@上映中2018/03/13(火) 00:25:06.34ID:TgywqJqr
2月1日公開
公式http://www.foxmovies-jp.com/threebillboards/

※前スレ
スリー・ビルボード Three Billboards Outside Ebbing, Missouri ★ 3
http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/cinema/1519129219/

587名無シネマ@上映中2018/07/09(月) 13:24:29.81ID:TpbkhuTI
まったく毛ほども学んでないかと言うとそこまで浅はかでもないとは思うけど、
そうそう都合よく成長して改心してうまく治るってお話でもない
うまく納めて感動させて終わることより、愚かしくあがいて成長出来ずにいる姿を見せる映画ではないかね

ってのが俺の感想

588名無シネマ@上映中2018/07/09(月) 13:52:07.26ID:MuNKjJkt
成長させて感動させてるだろw

ぶちギレミルドレッドが旦那をボトルでぶん殴らずにあれだけ嫌ってた飼育員の女を「この子を大切にしなさい」と言ったし
糞野郎のディクソンは自分を犠牲にして半殺しにされてまで犯人を見つけようとしたし
ラスト、ミルドレッドが警察署を焼いてディクソンに大火傷を追わしたのは自分だと告白し、ディクソンは分かってたと言い二人は完全に打ち解け、レイプ犯を殺しに行くってのも
本当はやりたくない→じゃあ道々決めればいいじゃない。と、ぶちギレミルドレッドは成長して許しの心を見せてたじゃん

「社会的道徳的に価値のありそうな
気持ちいいとこには一切着地しない」

ってのは間違いだと思うぜ

589名無シネマ@上映中2018/07/09(月) 13:59:22.50ID:MuNKjJkt
>>585
>下の3つ引用のことなら>>547と同じ人だと思うよ。

そうだったね。俺が勘違いしてました
すみません

590名無シネマ@上映中2018/07/09(月) 14:16:20.02ID:TpbkhuTI
どっちに力点を置いてるのか?
素晴らしいと思ったか?

この点は単なる感想の域だと俺は思うよ
別に見たものを何方かが間違えてるとか、何方の解釈が優れてるとかではない
もちろん自分の解釈が(自分にとっては)一番なのでそれはそれで良いと思うし

591名無シネマ@上映中2018/07/09(月) 14:20:40.88ID:TpbkhuTI
そもそも>>561でかつ成長して感動するとこにわかりやすく気持ちよく着地してんなら作品として成功やん

592名無シネマ@上映中2018/07/09(月) 14:24:01.58ID:TpbkhuTI
ああ「一切」というから悪いのか?ならごめんな
簡単に気持ちいいところに落ち着けてそれで終わりじゃないところって言った方がわかりやすいね

593名無シネマ@上映中2018/07/09(月) 14:49:56.22ID:hm64Ayqm
>>586
wwwww

うんうん、やたらレス間隔があるわりに「劇的アイロニー」について相当間違った認識をしてる辺り
相当雑な調べ方をしたようだねw
皮肉がある皮肉がないって、一体どういう検索の仕方したのやらw
生兵法に付け焼き刃、キミのデタラメ知識っぷりには本当に笑わせてもらっているw
よくそれでそんなドヤ顔出来るよな?相手から見れば無知丸出しなんだぜ?キミw

劇的アイロニーがサスペンスを盛り上げるための手法だって??
あのねぇ、劇的アイロニーは演劇の基本中の基本でそんな定義どこにも無いからww
コメディだって劇的アイロニーを物凄く多用する
お笑い芸人のアンジャッシュが多用するすれ違いの喜劇は典型的な劇的アイロニーを使用した笑いだよw

劇的アイロニーを語るうえで重視されるのは視聴者と登場人物の情報の差異で、『皮肉かどうか』なんてことは論点にならないww

キミの戦法って全てコレだよな
『間違った知識、定義を振り翳して「違う違う」と喚くだけ』
やっぱり相手するだけ無駄だねw
ま、好きなだけやってなさいw

594名無シネマ@上映中2018/07/09(月) 14:53:35.56ID:hm64Ayqm
劇的アイロニー
げきてきあいろにー
dramatic irony

悲劇的アイロニーの概念を拡大して、悲劇に限定することなく一般化したもの。
劇中人物が自らの状況のなかにいて知らずにいることを、観客が知っていて、劇中人物という当事者の無知を目のあたりにする効果をいう。

劇的アイロニーは、悲劇的なものだけでなく、喜劇的なものについても認められる。
喜劇の場合には、ただひとり無知な状態に置かれた人物の生み出すおかしさがその効果である。
この場合にも、劇世界を外から見ている観客が、この劇的状況にアイロニーを認めるのである。[佐々木健一]
『佐々木健一著『せりふの構造』(1982・筑摩書房)』




サスペンスのサの字もありませんw
このコがいかにデタラメ知識かよ〜〜〜くわかったでしょ?w

595名無シネマ@上映中2018/07/09(月) 14:58:35.38ID:MuNKjJkt
>>591
それが成功なのか?
少なくとも君は
社会的道徳的に価値のありそうな
気持ちいいとこには一切着地しないところが「凄い」と書いてただろ
少なくとも俺はこの程度の見え見えの安っぽいヒューマンドラマで感動と共感はできないね
監督はそれを狙っていて観客は感動したんだろうが俺はノーサンキュー

596名無シネマ@上映中2018/07/09(月) 15:02:39.72ID:MuNKjJkt
>>588を読み直したら誤字があったから少し訂正させて貰うよ

文頭の
>成長させて感動させてるだろw
は正しくは
成長させて感動させようとしてるだろw

597名無シネマ@上映中2018/07/09(月) 15:39:09.59ID:TpbkhuTI
>>595
いやだから、おれはそういう安易な着地を狙ってない映画だと一貫して主張してる
それに対する反論で1.安易な着地を狙ってるが失敗したものだ、2.実際に安易な着地をしてる、という矛盾したツッコミが入ってる

それを言ってんのよ

598名無シネマ@上映中2018/07/09(月) 15:43:33.12ID:TpbkhuTI
すまん>>596で早速訂正してたのね

とにかく感動して気持ちよくすりゃいい映画と思って作ってるのか、もっとその前の段階で考えたり感じたりさせたいか

あなたは前者と思い、俺は後者だと思うってことだろ?
それ以上何があるの?

599名無シネマ@上映中2018/07/09(月) 16:14:17.70ID:t9amzS+T
これ生活保護ウンコの一匹語りが完全にインしてんじゃんよwww

600名無シネマ@上映中2018/07/09(月) 16:32:03.70ID:/PinYdXS
>>594
相変わらずのアホ。誰も定義の話なんかしてませんw
そんなもん、ググればいくらでも出てくること。

観客と劇中人物との知識の格差が観客に何をもたらすか。
そこに着目すれば、どういうところで多用されるかくらいわかりそうなものだが。

で?ミルドレッドがあの男だとは知らずに行くことがどんな皮肉だって?
ミルドレッドは自分たちが探しに行く男が娘を殺した犯人じゃないことをすでに知っているんだぞ。

せっかく引用したのなら、自分が>>562に書いたことと定義が一致しているかくらい確かめてみろ。

601名無シネマ@上映中2018/07/09(月) 16:40:52.00ID:MuNKjJkt
>>598
>それ以上何があるの?

あるとしたなら、どちらの主張が正しいか?ってことだろうな
でも君はその部分は問題にしないと言ってるから終了かな。

602名無シネマ@上映中2018/07/09(月) 16:48:01.29ID:MuNKjJkt
>>600
確かに犯人じゃないと知ってるから、アイツを見て店に来た奴だと分かったら何するか分からないという>>562の主張はおかしいね

603名無シネマ@上映中2018/07/09(月) 16:51:00.68ID:LM/Fe5Zb
>>600
定義のwwww話はwwwwしていないwwwwwww
じゃあキミは一体なにを根拠に「これは劇的アイロニーじゃない」って言ってるのwwww

まあしかし、確かにそうだよな
キミは終始キミの「俺ルール」の話しかしてないのは間違いなかったww

どういところで多用されるかだって?ww
えーっと、じゃあ古今東西あらゆる作劇において劇的アイロニーの使用例と割合を示してもらえますか?w
まさかこれもキミの中の常識、の話じゃないよね?ww

定義が一致してるかどうか?
思いっきり一致してるじゃないかwww
これ以上笑わすのはやめてくれwwwww

>劇中人物が自らの状況のなかにいて知らずにいることを、観客が知っていて、劇中人物という当事者の無知を目のあたりにする

「ミルドレッドが会いに行くのが以前襲いに来たアイツだということを観客は知っているが、ミルドレッド自身は知らない」

なあ、これのどこが定義に一致してないのか教えてくれよw

604名無シネマ@上映中2018/07/09(月) 16:52:13.33ID:MuNKjJkt
犯人じゃなくても店に来て脅したから何するか分からないとか、やっぱり犯人だと思うとか
後付けで言い訳するんだろうけどさ

605名無シネマ@上映中2018/07/09(月) 16:54:07.04ID:LM/Fe5Zb
>>602
ハア?w
キミら正気で言ってんのかww

「犯人か否か」ということに彼らの判断基準があるのだとしたら
そもそも出かけること自体おかしいだろうがwww

『犯人じゃないってわかってるから殺すことはない』←じゃあ行くなよwwww


あのラストは「とりあえず行って、見て、話して決めよう」って結末で
その相手があの襲いに来た奴だからこそ色んな想像が掻き立てられるんだろうがw

どうでもいいことで延々言い合ってる馬鹿同士だと思ってたが、お前らもうこのスレから出て行ってくれないかww

606名無シネマ@上映中2018/07/09(月) 16:57:05.01ID:LM/Fe5Zb
>>599
なんつうか、お前の説を推すわw
この二匹、同一人物の自演か同程度の知能の猿が言い合ってるようにしか見えんww

607名無シネマ@上映中2018/07/09(月) 17:04:04.92ID:LM/Fe5Zb
この映画には多くの暴力描写があるが
最も利己的で邪悪な暴力的存在は間違いなくあの酒場の男なんだぞ?w
ディクソンも勿論非常に手前勝手な暴力をはたらいたがちゃんとしっぺ返しを食らっている

ミルドレッドも、最大の暴力行為である警察署焼きで犠牲を出して悩んでいた

この作品では執拗に「因果応報」ということが強調されている
何かをすれば何かが反応する。やったことは返ってくる
ミルドレッドの車に缶を投げた学生が金的を食らう
ただの幸運かと思っていた募金が署長の仕業だったのもその一貫
投げっぱなしという状態がない。全て返ってきている

で、あの酒場の男だけが何のしっぺ返しも食らっていない
作中で因果応報が繰り返されているからこそあのラストには不穏さがあるんだよ

こんなことも分からない連中が一体何を言い合ってるのかw
もう他にスレ立ててそこでやってくれよwお前ら二人共このスレに要らんからww

608名無シネマ@上映中2018/07/09(月) 17:04:37.91ID:t9amzS+T
なんつうか(猛烈大爆笑wwww)

この>>606の生活保護ワキガ還暦ドチビハゲ内田の非人間を生活保護サンドバッグにしたら
つーか、つーか、なんつうか(猛烈大爆笑wwww)とか
生活保護パクリやがったんだよなw w w

609名無シネマ@上映中2018/07/09(月) 17:05:45.96ID:LM/Fe5Zb
>>608
お前がキチガイなのは重々承知だってww
俺もこの二匹にゃ付き合ってられんのだわwwwww

610名無シネマ@上映中2018/07/09(月) 17:10:32.67ID:LM/Fe5Zb
ラストのあの二人は、自分らの行為に大義がないことなんて重々承知なんだよw
「俺らがやること正しくはねーよな。それでも行くのか?」って悩んだ挙句とりあえず行くことは行く
でもホントに殺すかまではわからない。そういう葛藤だろうがw


それを、『犯人じゃないことはわかってるんだから何か起こる余地がない』ってwww
どんだけ理解力ないのこいつらはwwwwwwwwwww

611名無シネマ@上映中2018/07/09(月) 17:12:04.65ID:m1pAQu5h
またキチガイが発狂してんじゃん
>>609
お前が一番のキチガイ

612名無シネマ@上映中2018/07/09(月) 17:12:46.48ID:m1pAQu5h
>>605
>どうでもいいことで延々言い合ってる馬鹿同士だと思ってたが、お前らもうこのスレから出て行ってくれないかww

それをお前が言うってのはどうなんだろうな

613名無シネマ@上映中2018/07/09(月) 17:14:39.31ID:m1pAQu5h
「付き合ってられない」「終わらせてもらう」って言いながらどんだけ連投してんのよ

614名無シネマ@上映中2018/07/09(月) 17:16:53.61ID:/PinYdXS
>>595
俺は>>421

>この映画はなるほど欠点は少ない。点数をつけるならかなり高い点がつけられるだろう。
>しかし、エンタメとしてもアートとしても不十分というか不徹底なのよ。

と書いた。

君のレスの「監督はそれを狙っていて観客は感動した」が一行目に相当し、
「この程度の見え見えの安っぽいヒューマンドラマで感動と共感はできない」が二行目に
相当すると言えるかもしれない。

もっとも、「かなり高い点数」と書いていることからもわかると思うが、「見え見えの安っぽい
ヒューマンドラマ」とまでこき下ろそうとは思わない。2017に世界で数千本かそれ以上かの
フィクション映画が公開された中でなら、上澄みの数パーセントには入る出来だと思う。
もちろん数千本どころか数百本も見ていないので単なる印象ではあるのだけど。

去年公開の映画の中で君が気に入った映画って具体的にいくつかタイトル挙げるとしたらどれ?

615名無シネマ@上映中2018/07/09(月) 17:21:58.85ID:TpbkhuTI
>>601
ああなんだやっぱ自分の感想が他の人より正しいって言ってほしいわけね

616名無シネマ@上映中2018/07/09(月) 17:33:49.12ID:m1pAQu5h
>>614
グッドタイム、ハードコア、ムーンライトあとなんだろうな2017か
また考えてレスするわ

>>615
いやそうは言ってないよ
それ以上何がある?って聞かれたから一般論を書いただけで
だから「あるとしたなら」ってつけてるでしょ

617名無シネマ@上映中2018/07/09(月) 17:41:42.21ID:/PinYdXS
>>604
実は、前スレで、下書いたのは俺w

https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/cinema/1519129219/151

>151 名前:名無シネマ@上映中 (ワッチョイ 4e1a-f0ks)[sage] 投稿日:2018/02/26(月) 15:17:39.14 ID:kLtnPRBr0
>しかし、あの流れで出かけてあいつに出くわしたら「やっぱりおまえかー」で撃っちまいそうではあるなw


この映画がしっかりブラックコメディーの空気を纏っていてヒューマンドラマに見えないなら
それこそ劇的アイロニーじゃないが、観客が「せっかく成長したはずなのに台無しだ」ってオチも
ありだろうけどねw

618名無シネマ@上映中2018/07/09(月) 21:42:00.16ID:/PinYdXS
>>603
>なあ、これのどこが定義に一致してないのか教えてくれよw

勘違いとはいえ、君にレスつけてしまったのはこっちのミスだから最後にこれは返事しておいてやるよ。

>「ミルドレッドが会いに行くのが以前襲いに来たアイツだということを観客は知っているが、ミルドレッド自身は知らない」

そんな状況は観客と登場人物との間で常に無数にある。それらの中で「劇世界を外から見ている観客が、
この劇的状況にアイロニーを認める」状況であるときだけが定義に一致するんだよ。

ミルドレッドとディクソンが殺すことに決めていたのなら出くわしたのがあいつでも何の不都合もない。むしろ好都合。
殺さないけど、警察に引き渡す前提で締め上げて悪事を白状させることにした場合も同じ。
殺すのを止めることにしたのなら、彼らは途中でUターンするからあいつと出会うこともない。
どこにもアイロニーなんてないな。

あいつの顔を見た途端にミルドレッドがキレやすいおばちゃんに戻っちまった、なんてお笑いなオチをジョークでなしに
本気で考えるのは君くらいのものだろう。

619名無シネマ@上映中2018/07/10(火) 01:28:33.28ID:E7nRAwhW
>>618
あー分かった。俺分かっちゃった
キミが何故こうも頓珍漢なレスが出来るのか
キミが脚本理論というものをどう捉えていて、それが何故間違ってるのか
完全に分かっちゃったよ

>観客が、この状況を認めるときだけが定義に一致する。

この一文ね。これ読んで、キミがいかにズレてるか分かっちゃった
それを今から説明してあげるよ

620名無シネマ@上映中2018/07/10(火) 01:32:44.48ID:E7nRAwhW
このコが決定的に勘違いしてるのは

『脚本理論は批評の道具ではない』

ってこと。
脚本理論は、脚本を書くためのツール
脚本の実際を分析して、何がどういう効果を及ぼすのかを論理的に把握して、実践に移すための理論
だから、脚本理論的分析というのは常に客観的でなければならない
『実際に観客がこう受け取った』という観点は脚本理論には含まれない
だって、脚本家は執筆段階ではそんなこと知りようがないから
理論的に、これを置くとこういう効果がある。それが脚本理論の基本概念
自分はこういう感触を抱いた、という考え方を排除するのが脚本理論の真髄
冷徹に描写されてることだけを抽出して、それによってどういう効果が発生しているのかを分析する理論

この前提を踏まえたうえでこの一文を見れば、いかにおかしなことを言ってるかわかる

>観客が、この状況を認めるときだけが定義に一致する。

『観客が認めた時に状態が発生する』というこの判断の仕方
これ自体が、脚本理論的な観点ではありえない
だってコレ、もう脚本が出来上がってフィルム上映した後の話でしょ?
しかも、この判断基準は『受け手』が主体になっている
脚本理論は『書き手』が主体の理論だよ?
もうこの時点で、このコが脚本理論というものを完全に履き違えてるのは完全に明白

しかもこの考え方が害悪なのは
この考え方は結局『俺がこう思ったからそうなんだ』というただの利己的な俺ルールに終始するということ
理論というのとは全くの逆。ある基準から観測された多くの経験則から
導き出された最大公約数の結論=法則に則るのが『理論』なんだから
だからこのコは、脚本理論を標榜しておいて自分の好きなように「これは違うあれはそうだ」といい加減なことを言ってるわけだ
これは、論理的ですらない。ただの感想だ。勿論何の理論性も通ってない
どうりで話が通じないわけだよ。このコのは脚本理論じゃなくてただの俺ルールだもん

621名無シネマ@上映中2018/07/10(火) 01:37:13.79ID:E7nRAwhW
>そんな状況は観客と登場人物との間で常に無数にある。

だから何なのかと。
その通り、脚本ってのはこの『無数にある観客との関係』をコントロールするものなんだが?
キミさ、何のために脚本家が箱書きをするか分かってないでしょ?
物語の整合性を確認するのは当然のこと。
多くのハリウッドの脚本指南書では『場面ごとの状態を明記して確認しろ』としている
この場面の感情的反応はどうか。ネガティブなのかポジティブなのか。そういったことを全てのシーンで把握しろと

無数にあるからなんなんだ?無数にあるのが当たり前なんだよ
その状態を逐一把握してコントロールするのが脚本の真髄なんだから
シド・フィールドの大雑把なパラダイム論しか知らないキミじゃ想像もつかんだろうけどね

622名無シネマ@上映中2018/07/10(火) 01:40:31.67ID:E7nRAwhW
>>618
>ミルドレッドとディクソンが殺すことに決めていたのなら出くわしたのがあいつでも何の不都合もない。むしろ好都合。
>殺さないけど、警察に引き渡す前提で締め上げて悪事を白状させることにした場合も同じ。
>殺すのを止めることにしたのなら、彼らは途中でUターンするからあいつと出会うこともない。
>どこにもアイロニーなんてないな。


語るに落ちるというやつだよ
キミがこうやって予測している状態こそが
劇的アイロニーが引き出す最も理想的な効果なんだからw

キミがアイロニーを感じたかどうかなんて関係ないんだよ
登場人物が知らない情報を観客が得ることで増大する可能性の想像、選択肢
それを発生させるのが劇的アイロニーの効果、役割なんだからな
キミがこうやってアレコレ想像してる時点で、あの男の存在が劇的アイロニーを引き起こしてるという証明にしかならない

623名無シネマ@上映中2018/07/10(火) 01:49:50.88ID:E7nRAwhW
更に、劇的アイロニーというのは更に二つの状態に大別することが出来る
『観客優位』と『観客劣位』だ

観客優位は今まで述べた通り。登場人物が知らないことを観客だけが知っている、観客が優位に立っている状態のこと
一方『観客劣位』は、観客は知らないが登場人物だけが知っている状態のことを指す
この状態も劇的アイロニーに分類されている。観客と登場人物の間で起きる情報の齟齬によるジレンマという状態を起こしてるからだ

皮肉になってるかどうか、なんて劇的アイロニーで論じられることではない
情報の格差によって観客の注意を引いているか、という状態しか定義に入らない
情報の出し方、優劣は物語の基礎中の基礎。故に劇的アイロニーはどこにでも存在しているとも言える
だから

>そんな状況は観客と登場人物との間で常に無数にある。

この言い分は完全に的外れなわけである
劇的アイロニーの性質がまるでわかってない人間からしか出てこない言葉

624名無シネマ@上映中2018/07/10(火) 01:57:27.90ID:E7nRAwhW
このコは、批評的な観点からしかシド・フィールドの本を読んでないから
まず理論の捉え方自体が変なんだよ

自分で脚本を分析してる、なんて言ってるが、どうせ逆バコ起こしすらしたことないだろう
自分が映画見て自分が思ったことだけを主軸にして適当に「うんここはターニングポイントだな!」とか思ってるだけ

脚本の分析て、そんなもんじゃありませんから

625名無シネマ@上映中2018/07/10(火) 03:33:45.45ID:E7nRAwhW
そして最後に、決定的な瑕疵を指摘してやろう

このコは「アイロニー」を文字通り「皮肉」と捉えてるが
まずこれが劇的アイロニーという語句で使われている意味と全然違う


アイロニー
irony

反語。単語または文章において,表面の意味とは逆の意味が裏にこめられている用法。
多くは嘲笑や軽蔑を表わす。ソクラテスが議論において意図的に無知を装ったのはその典型で,
これを「ソクラテス的アイロニー」と呼ぶ。
他方,語り手がみずからのおかれている状況を十分に認識していないために,
その言葉に他人からみれば意図せざる意味が加わる場合,
これを「悲劇的アイロニー」または「ソフォクレス的アイロニー」と呼び,悲劇的人物のせりふにしばしば認められる。


「皮肉」なんて単語一言も出てきてませんよねw
『表面の意味とは逆の意味が裏にこめられていること』=認識のズレ
『語り手みずからのおかれている状況を十分に認識しておらず、意図せざる意味が加わること』=認識のズレ

ルーク・スカイウォーカーは言ったね。「素晴らしい。全て間違っている」とw

626名無シネマ@上映中2018/07/10(火) 18:51:27.51ID:PYKfuS6P
巻くどー万度が二度目とは思わなかったな

627名無シネマ@上映中2018/07/10(火) 20:27:03.30ID:fg98o9Vn
マジでさえないおっさんとJKが結ばれる話だと思って見に行ったおっさんおる?

628名無シネマ@上映中2018/07/10(火) 21:27:22.51ID:gu5JLq/u
名前?

629名無シネマ@上映中2018/07/13(金) 22:52:06.93ID:Tf0YzSzf
きのう観ました。
歯医者の指とか火炎瓶についての追及がないところなんか現実味を感じないけど、
署長が一ヶ月分の出資をしたところは素晴らしいと思った。
主人公はこのことを公言した方がよかったとも思う。

630名無シネマ@上映中2018/07/14(土) 06:19:38.50ID:fYaekCtl
久々に感動を味わった。
昔のコーエン映画のような不思議な感覚を思い出した

セブン・サイコパスがいまいちだったから
心配はしてたが、ここまで良い作品だとは・・・脱帽した。

セブン・サイコパスも良い部分があったが
演出と過度なコメディチックがあかんかったのかも
もっとシリアスな雰囲気だったら良かった

631名無シネマ@上映中2018/07/14(土) 10:16:13.35ID:d8JvbYiC
>>630
生活保護ウンコの棒読み乙です!
今からでも広島の土砂エリアに生活保護ウンコのおまえの方から埋まってみることをオススメする!

632名無シネマ@上映中2018/07/14(土) 17:17:59.86ID:Wrm8JwG6
いろいろ気になるんだけど
・レイプ自慢した男はなんでミルドレッドのとこにわざわざ来たのか?
・娘とは何の関係もないの分かってる男を差し違えるつもりで殺しに行く(どうせ逮捕される覚悟なら本物の犯人の時に取っておかないと勿体なくね?)

特に最後はそれまで「次どうなるんだ?」ってこの映画に引き込まれてたからオチとしては雑だなとガッカリしたんだけど俺だけ?

633名無シネマ@上映中2018/07/14(土) 17:54:30.06ID:1r1TAvU5
・何の関係もないのに遠方から被災地に来る奴と同じ。話題になってるから来ただけ
・この映画は犯人捜しが目的じゃなくなる話の映画

634名無シネマ@上映中2018/07/15(日) 15:10:13.97ID:6pxxLnZw
>>633のこのクソバカは何言ってんだ?

635名無シネマ@上映中2018/07/18(水) 14:18:54.30ID:RiJhJu4r
今見たけど如何にもアカデミー会員が好みそうな意識高い系糞映画でワロタww

636名無シネマ@上映中2018/07/18(水) 16:18:16.41ID:7iXT+xdS
意識高い系と言われると違和感があるけど、
たしかに意識高い監督や役者が、
馬鹿や阿呆を演出、演技して作った映画だよね。

637名無シネマ@上映中2018/07/19(木) 20:34:38.55ID:PHTl8Yv1
何の関係もない奴が一人しか来ないのは変だよな。
被災地にはもっと大勢押し掛ける。

新着レスの表示
レスを投稿する