ハンJ読書部

1マンセー名無しさん2018/05/22(火) 08:38:11.78ID:YYhF1T05
アホなネトウヨにならないためにも読書して知性を磨きましょう。

844マンセー名無しさん2018/06/21(木) 13:53:28.01ID:Ry2BzLt4
>>843
いねえよボケ

845マンセー名無しさん2018/06/21(木) 13:53:50.82ID:ZG2V/fA/
>>840
は?

846マンセー名無しさん2018/06/21(木) 13:54:18.94ID:ZG2V/fA/
>>837
うんこまんこちんこ

847マンセー名無しさん2018/06/21(木) 13:54:37.26ID:Ub2nKPGC
>>822
きめえよお前

848マンセー名無しさん2018/06/21(木) 13:54:58.18ID:WrTjLrM9
>>808
ええんやで

849マンセー名無しさん2018/06/21(木) 13:55:31.43ID:96XSIxzl
>>820
こぼんのう

850マンセー名無しさん2018/06/21(木) 13:55:50.45ID:AR9QiEo1
ネトウヨにならないため?はだしのゲンと帰ってきたヒトラーで良いけ?

851マンセー名無しさん2018/06/21(木) 13:55:59.09ID:+lBDi5Xd
>>818
お前ネトウヨだろ?

852マンセー名無しさん2018/06/21(木) 13:56:45.66ID:DuZNqdWa
こいつら全員ネトウヨの工作員だ

853マンセー名無しさん2018/06/21(木) 13:57:10.00ID:vznx8PXI
>>11
騙されるな

854マンセー名無しさん2018/06/21(木) 14:00:19.58ID:ylFAeI1G
本スレに張られたとたん単発ネトウヨハゲが湧いてきて草

855マンセー名無しさん2018/06/21(木) 14:02:49.15ID:7Cs6kIJQ
ハゲの癖に忍ぶな

856マンセー名無しさん2018/06/21(木) 14:19:22.88ID:ylFAeI1G
>>21
ファイヤーアーベントはプラトンの対話篇をパロった「知についての3つの対話」ってのが読みやすくて面白かったで
もう絶版やけど

857マンセー名無しさん2018/06/21(木) 14:24:58.75ID:V8TA30la
ネトウヨさんにおすすめの本
https://i.imgur.com/2GBK5xl.jpg

858マンセー名無しさん2018/06/21(木) 14:48:29.35ID:R4qaDHVm
お?ハゲたおじいちゃんの集会か?

859マンセー名無しさん2018/06/21(木) 15:19:26.40ID:ylFAeI1G
>>589
野矢さんの無限論の教室面白いで
集合論の入門書の入門書って感じ

860マンセー名無しさん2018/06/21(木) 15:35:15.16ID:OiGgxxZP
光文社古典新訳文庫ってどうなん?
カントとかルソーとか岩波文庫より読みやすそうやしどうしようかなと思っとるんやが やっぱり信頼あるのは岩波なんかな
文学の方は作品によっては賛否両論あるみたいやね

861マンセー名無しさん2018/06/21(木) 15:44:25.18ID:ylFAeI1G
>>860
出版社より訳者に依るところが大きいやろな
カントなら熊野さんの翻訳が新しい上に割とフラット(慣習的なペダンチックな造語を使わない)かつ原文に忠実で読みやすいで
あと出版されたかは知らんがヘーゲルの翻訳も面白かったで
それと、竹田は絶対あかん

862マンセー名無しさん2018/06/21(木) 16:10:35.22ID:6q99GF2y
>>842
多少スレチやけど進化論ほど心が躍る分野もなかなかないよな
自然淘汰と突然変異とその歴史は単純でありながら弱肉強食と言えるほど軽薄やない
環境の変化や運によって最強だった生物も淘汰されるしさっぱり淘汰されん生物もおる
残酷やけど進化論こそまさに世界の要石やと思うわ
ただ遺伝決定論や個体を無意味扱いする思想は申し訳ないがNG

863マンセー名無しさん2018/06/21(木) 16:11:30.42ID:OiGgxxZP
竹田はあかんで草 長谷川さんのと合わせてヘーゲルの新書こないだ買ってもうたわカントの方は石川さんの新書やったけど
熊野さんカントの訳もしとるんやね 最近はマルクスの仕事してるイメージあったわ
見た感じちょっと高いから図書館で探してみるわ、サンガツ!

864マンセー名無しさん2018/06/21(木) 16:16:40.39ID:alaRVSBY
こんなネトウヨ本って誰が読むんだろ?
ネトウヨ自体本読まないし
https://i.imgur.com/ewM6YcZ.jpg

865マンセー名無しさん2018/06/21(木) 16:19:28.45ID:FFqH+MWr
バタイユ訳した中条省平が「ボクの訳は生田耕作さんの訳より韻を意識してます」って言ってた記憶

進化論は明治大正の日本思想史で影響力のあったファッションやったな
丘浅次郎の『進化論講話』(1904)はベストセラーやったしダーヴィン・ラマルキ・スペンサーの影響は強かった
新マルサス主義の産児抑制運動なんかも進化論の副産物やしね

866マンセー名無しさん2018/06/21(木) 16:36:50.42ID:6q99GF2y
優生学や社会進化論や用不用説はバーナード・ショーなんかがそれについての論文書いてたはずやし20世紀初頭は科学の発展と重なったのもあって
世界全体の思想に大きな影響を与えたんやろうなぁ

867マンセー名無しさん2018/06/21(木) 17:13:05.79ID:p3P/zJKQ
SFの話もしてええんか?
幼年期の終わりとか星を継ぐものとかの古典SFは読んだやつ多そうやけどイーガンとかチャンとかの現代SFもぜひ読んでほしいで
AIやらシンギュラリティやらが騒がれてる今だからこそや

868マンセー名無しさん2018/06/21(木) 17:17:31.54ID:b15RMSKM
>>60
英語教育の論争なら有名だったね。訳読推進論者で英語を喋れない原因を、作った人や
英語能力な疑問は持たれてた人 wikipediaに書かれてる通り。
http://d.hatena.ne.jp/TerasawaT/touch/20111130/1322650169
いろんな人が英語で対戦ディベートしようとしてたけど逃げ回ってた記憶しかない。

869マンセー名無しさん2018/06/21(木) 17:17:41.39ID:vVaf2pzS
SFといえばここの住人に「われら」をおすすめされたな
まだそこまで手が回ってないから早く読みたい

870マンセー名無しさん2018/06/21(木) 17:20:09.32ID:6q99GF2y
>>867
どっちかと言えばハンJ文芸読書部ってのがあるからそっちがふさわしいかもしれん
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/korea/1528300369/

871マンセー名無しさん2018/06/21(木) 17:24:16.64ID:Sha8LjSl
そうした明治後期〜大正の進化論やらベルクソンブームの流れを日文研の鈴木貞美が「大正生命主義」って命名したんやけど
イマイチ定着しませんでしたね…

872マンセー名無しさん2018/06/21(木) 17:27:44.19ID:ylFAeI1G
SFよりの純文学として安部公房の「第四間氷期」も面白いで
100%正確に未来予知できる機械ができた世界を舞台に人間を戯画化
幻想的な次世代生物なんかも出てきて乾いた筆致で読みやすい

873マンセー名無しさん2018/06/21(木) 17:32:12.32ID:6q99GF2y
人はコンピューターを描くときどうにも人間の形状で書いてばかりいる云々の話が心に残っとるな
あれもある意味次世代の生物に我々旧人類が淘汰される話とも見れるんやろうか
未来予知の機械ならディックのSF小説やアフターマンだっけ?あの作品が思い出されるな
世界SF全集復刻してくれんかいな

874マンセー名無しさん2018/06/21(木) 17:46:42.65ID:Z9+by2Xn
>>871
はえ〜大正生命主義って聞いたことあったけど、あれ鈴木貞美の命名なんやな
西田幾多郎みたいな思想家はもちろん、近代文学(斎藤茂吉の短歌写生説とか)を論じるうえでも重要な観点やと思うから、もっと普及してほしいな
鈴木貞美は『近代の超克』本が気になっとるけど分厚すぎてまだ手を出せんでおるわ

875マンセー名無しさん2018/06/21(木) 17:58:19.18ID:wv96Z1t/
>>869
岩波の重版再開ウレシイ...ウレシイ...

876マンセー名無しさん2018/06/21(木) 19:03:43.90ID:gltSZjNR
鈴木貞美の文学史本っておもろいけど今どういう評価なんや?
日本語の本が酷評多かったし吹かしが多いんかと疑っとるんやが

877マンセー名無しさん2018/06/21(木) 20:13:51.58ID:t+mJTC6K
>>860
光文社の翻訳問題は、富山大の藤井一行(岩波文庫「ロシア革命史」の翻訳
家)が、スタンダール、ドストエフスキー誤訳問題を取り上げ、光文社の出版
責任を厳しく批判してる
中でも、トロツキー翻訳の森田成也(光文社「永続革命論」「レーニン」岩波文庫「我が生涯」)の
誤訳どころか最低最悪の「盗訳」ぶり(もっというと、森田はそもそもロシア
語の翻訳能力がない疑惑)をあますところ無く暴露してて、ロシア語できない
自分でも、藤井の批判に圧倒的に理があることは納得できた

トロツキー翻訳には、英語からの重訳本がけっこうあり、森田は、「ロシア語
原典からの本邦初訳!」を売りにして華々しく登場した。ところが、森田が訳したトロ
ツキー著作論文は、すでに邦訳(重訳)のあるもの<だけ>しかない。どうや
ら森田は、先行する邦訳の日本語をちょこちょこ手直ししただけで「本邦
初のロシア語原点からの翻訳!」とうたっているらしい。その証拠に、森田の
誤訳を丹念に調べていくと、先行日本語訳の誤訳をそっくりそのまま踏襲して
る例が無数にある。藤井は周到緻密にその事実を積み上げて森田をぼこぼこに
叩いてる

878マンセー名無しさん2018/06/21(木) 20:38:52.44ID:OiGgxxZP
>>877
同社の『赤と黒』やら『カラマーゾフの兄弟』なんかも素人やなくて大学教員レベル、それも一人やなくて複数から批判が出とるって聞くと「えぇ…」ってなるやね
一方同社が出しとる他のロシア文学でも『アンナ・カレーニナ』の望月訳なんかは評判ええみたいやし結局は訳者次第ってことなんかね

879マンセー名無しさん2018/06/21(木) 20:47:21.37ID:gltSZjNR
素人目には読んでて読めん訳ではなかったんやけどな
それでも元々名訳も多いだけに問題点が多いのはほんまなんやろな

880マンセー名無しさん2018/06/21(木) 21:01:26.73ID:OiGgxxZP
>>879
クッソ売れとるし読みやすいこと自体は事実っぽいやね 文字も大きいし
原作改変されとるメディアミックスの如く、初見さんにはわからんが原典に当たっとる人間からすると「えぇ…」ってなる奴っぽいやねどうやら

881マンセー名無しさん2018/06/21(木) 21:13:00.28ID:+GZHeZdO
>>864
ネトウヨだってたまに本を買うけど中味を読めていないと感じる

882マンセー名無しさん2018/06/21(木) 21:25:43.76ID:+GZHeZdO
図書館に行って気付いたんやが今月、石川文洋の「戦場カメラマン」が筑摩書房から復刊されたやで
文庫で2200円、992ページ
元朝日新聞写真部で、沖縄出身の石川さんがベトナム戦争に従軍取材した時のルポや
写真も沢山載っとるけど本当貴重
戦争報道に興味あるニキは読んでみて欲しいンゴ
この人の写真の題材はベトナム戦争が有名やが、琉球舞踊なんかもあるんや

883マンセー名無しさん2018/06/21(木) 21:30:04.18ID:8LEDlSbD
あのぶあっつい本か
噂にはきいとったが読んだことないわ 読んでみよ
ジャーナリズム論やと武田徹の本は結構好き

884マンセー名無しさん2018/06/21(木) 21:41:45.24ID:oMkwwFwq
理系J民やけどブルーバックスの「宇宙になぜ我々が存在するのか」とか宇宙の入門にええで、最初わからなくても途中からくっそおもろくなる

あと「人類20万年遥かなる旅路」も科学的な考え方が誰にでも分かるように書かれた良書や

自分の専門の本をすすめる気にはならんな、自分で無読むの苦労しとるから

885マンセー名無しさん2018/06/21(木) 21:45:50.17ID:UeFRl+js
>>881
ネトウヨって嫌韓本以外にどんな本読んでんの?

886マンセー名無しさん2018/06/21(木) 21:56:00.20ID:t+mJTC6K
>>878
ほんとに訳者次第
光文社文庫のダシールハメット「ガラスの鍵」は良かった

887マンセー名無しさん2018/06/21(木) 22:33:02.64ID:N+x7YE0D
>>866
バーナード・ショーが優生学や社会進化論にそこまで通じていたとは知らなかったンゴ
菊池寛は京都帝大時代にショーをかなり研究したみたいやけど

ベルクソンとか進化論ですぐ思いつくのはアナキストの大杉栄やなあ
丘浅次郎とベルクソンを読みこんだうえに少年愛から日陰茶屋事件までに至る性愛への傾倒
大杉のアナキズムもいわゆる「大正生命主義」の範疇なんやろか

888マンセー名無しさん2018/06/22(金) 00:34:14.31ID:R57sbZzW
インテリJ民ばかりじゃないやろうし、ハードル上がってる感あるから大学入学前とか偏差値低めの大学1〜3年生くらいのレベルを対象にした本もちょいちょい紹介するで

まず近代史
「池上彰教授の東工大講義 学校では教えない『社会人のための現代史』」池上彰
賢くなくてもこういう簡単な本から専門書に行けばステップアップで読めるで、という本@や。キューバ危機、ポル・ポト、ベルリンの壁の解説などは流石に池上先生、クッソわかりやすいで。
現代史は諸説がまとまらんから高校まででは教えにくいんや、だからこそこういう本は役に立つで

あと哲学や、日本の教育ははこれを蔑ろにしすぎやからこれだけで差別が図れるで
「14歳からの哲学入門」飲茶
ニーチェからポスト構造主義まで、哲学史がアホでも読めるようになってるブロガー本やで。賢くなくても専門書につながる本Aや。
2ch用語も使って書かれてるから親しみやすいはずや。
同著者の本は割と大学入学前〜一年生くらいにはおすすめやで。専門書につながる本B〜Eや。
「史上最強の哲学入門」
「史上最強の哲学入門東洋の哲人たち」
「哲学的な何か、あと科学とか」
「哲学的な何か、あと数学とか」
ブロガー本やからクソわかりやすい
ちな、似たタイトルの「14歳からの哲学」池田晶子 は覚悟して読まな読めんから注意やで

あと(やらかした著者やけど)エンターテイメント枠で岡田斗司夫「オタクの息子に悩んでます」とか高3〜大学一年くらいならかなり楽しめる本やと思う。

あとはそやな、ワイは理系やから眺めてるだけでオモロイ本として高校化学の「フォトサイエンス化学図録」あたりを持っとくと楽しいこと間違いなしや、これはワイの押しやで

889マンセー名無しさん2018/06/22(金) 01:02:21.54ID:yPwqLmDT
池上彰はなめられてるが確かにおもろいな
わいもよう知らん分野やとしょっちゅう頼っとるわ
最近はテレビも含め粗製乱造感あるけど
このレベルの著者のなかではかなり安定性あるしな

890マンセー名無しさん2018/06/22(金) 01:39:50.75ID:XnAo7qgV
ぶっちゃけ数人のオナニースレになった感あるなここ
まあそれがこのスレの全住民ならなんの問題もないけど

891マンセー名無しさん2018/06/22(金) 02:08:34.57ID:t6PI0jAU
田中康二『本居宣長の大東亜戦争』って国学史の本読んでるけどおもろいわ
宣長のマイナス面では「敷島の大和心を人問はば朝日に匂ふ山桜花」ってヘタクソな敷島歌が悪名高いけど
宣長の解釈のメタヒストリーを見ると明治〜戦中〜戦後で宣長像がめちゃくちゃ変わってるんやなあ・・・
『うひ山ぶみ』読み直したくなったわ

892マンセー名無しさん2018/06/22(金) 07:03:13.42ID:9ny2Viq+
彡(゚)(゚)野球好きのハンJ民のために野球関係本紹介するで〜

◆清水諭『甲子園野球のアルケオロジー-スポーツの「物語」・メディア・身体文化』新評論、1998
一大メディアイベントとしての高校野球の隆盛を一高野球部の時代から系譜学的に分析する

◆高井昌史『女子マネージャーの誕生とメディア-スポーツ文化におけるジェンダー形成』ミネルヴァ書房、2005
マネージャーも男子だった戦前学生野球が戦後になぜ女子マネージャーを受け容れていったかをスポーツメディアから探る

◆中務哲也『学生野球憲章とはなにか 自治から見る日本野球史』青弓社ライブラリー、2010
学生野球の核である「自治の精神」の歴史を戦前の野球統制令による弾圧や戦後の学生野球憲章そして現代のプロアマ問題まで読み解く

◆坂上康博『にっぽん野球の系譜学』青弓社ライブラリー、2001
明治の一高野球部を中心に日本独特の「野球」が成立していく過程を描く なんJ民が大好きな「星野くんの二塁打」についての分析もあり

◆江刺正吾・小椋博編『高校野球の社会学』世界思想ゼミナール、1994
文化装置としての甲子園球場・ジェンダー・マニュアル教育・郷土アイデンティティといった様々な切り口から高校野球を分析

◆内田隆三『ベースボールの夢―アメリカ人は何をはじめたのか』岩波新書、2007
ベースボールの歴史や起源神話を通してアメリカ社会のミドルクラスたちが夢見た肉体・男性性といった理想を読みといていく

◆横田順彌『嗚呼!明治の日本野球』平凡社ライブラリー、2006
ご存知ヨコジュンの明治本 明治の一高・早稲田・慶應野球部の大騒動を豊富な文献と写真を使って面白く描いている

◆井上章一『阪神タイガースの正体』ちくま文庫、2008
自身も阪神ファンである文化史の井上章一が「阪神ファンの歴史」をメディアから読み解く 関西メディアが育てた阪神ファンの文化

◆草野進・渡部直己『読売巨人軍再建のための建白書』角川文庫、1989
あの蓮實重彦が草野進の筆名で書いた巨人再建プランという名の言いたい放題…だがそこは流石の蓮實重彦とても面白い

彡(^)(^)『ベースボールの夢』『阪神タイガースの正体』の二冊は読みやすいのでオススメやで

893マンセー名無しさん2018/06/22(金) 07:45:35.05ID:8W2WBj2V
ユニバーサル野球協会定期

894マンセー名無しさん2018/06/22(金) 10:24:55.46ID:f4GSlDxZ
>>885
歴史、戦争、哲学、神道なんかの有名所を買いはするものの、読まずに他人のレビューだけで評価を決めとる
本やないけど最近やと「万引き家族」のタイトルだけでアレルギー起こしとるやろ
見てないのに文句言う資格ないやん言うと、中にはわざわざ叩く為に見に行くネトウヨもおるんや
内容より出て来る特定の単語に過敏に反応して反日!反日!鳴き出す
本の読み方もそんな感じ

新着レスの表示
レスを投稿する