アイヌ文化詳しい人ちょっときてみな

1天之御名無主2012/01/27(金) 16:31:38.22
19世紀の100年に渡る人口調査(もちろん不正確なものであろうが)によれば、北海道のアイヌの人口は約(1)から2万である。
今の道民の数が500万以上だから、とても少ない数である。
北海道庁の大正7年の調査によればアイヌ語の(2)は約(3)ほどであるから、当時のアイヌ社会においては、まだアイヌ語が盛んに行われていたと言える。
狩猟、アイヌ語で(4)は(5)を人間の世界に迎えるという宗教的な意味を持つ。 真駒内というのはアイヌ語の地名であるが(6)にある川という意味であった。
この語の意味、すなわち(7)の(8)が日本語になかったため(9)と混同され「山奥にある川」などの意味だとされてきた。どちらにも、山があるからである。
真駒内は日本海沿岸地方と太平洋沿岸地方とを結ぶルートであった(10)の(11)にある川という意味であった。
オホーツクに近い町、遠軽の名はアイヌ語のinkarである。inkarはV1の「〜物見る」という意味である。だから、「物見山」と訳せよう。
名高い敢望岩の原名である。「遠軽」は(12)、「敢望岩」は(13)である。?inkarはまた札幌の(14)の名でもあった。
アイヌ語を知らない慌て者が誤って北隣の(15)の名であった(16)を(17)の名にしてしまった。 
遠軽も敢望岩も札幌もインカルシペが本来の山名とされているが、これもまた誤りであろう。
このアイヌ語は「インカラにくっついてる川」と解されるから、山の名がインカラで、?inkar-us-peは?inkar-us-petであったかも知れないが、
いずれにせよ「インカラにくっついてる川」と解されるから、インカルシペはその傍らを流れる湧別川、(18)のことであったと考えられる。 
上の2つの川の名にあらわれる?omaと?usは存在をあらわす(19)であって、存在する場所と(20)による。

230縄文2017/12/04(月) 07:20:39.73
[縄文人の特徴]
毛が濃い、髪が微妙にくせ毛、まぶたが二重
ホリが深い顔、耳たぶがあり耳たぶを装飾
柔軟な思考
染色体D系統
犬を大切に飼っていた
前述の顕性遺伝子が多い
【日本人概ね特性】
恩に忠義(他人を信用する、騙されやすい)
臆病(窮地にたつと窮鼠猫を噛む)
飽きやすい(革新的)
アイヌ系、琉球系、渡来(大陸から等)系など
千数百年経っても顕性遺伝子である二重が
潜性遺伝子の一重を駆逐できないのは、
都度、日本へ朝鮮人が入国し在日化しているからである
(多重近親相姦で発生した一重などは顕性を凌ぐ噂もある)

231弥生2017/12/04(月) 07:21:07.38
[弥生人の特徴]
毛が薄い、髪が異様に直毛、まぶたが一重
平べったい顔、耳たぶが小さく装飾できない
硬直な思考
染色体O系統
犬を食用として喰っていた
多重近親相姦(寒さで一重は誤想)で前述の潜性遺伝子に変異
【朝鮮人概ね特性】
恩を仇で返す(他人を信用しない、裏切る)
傲慢(窮地にたつと我が先に逃亡)
執着する(保守的)
第一波 中国大陸からの逃走民
第二波 百済からの亡命
第三波 新羅高句麗からの難民
第四波 満州建国時からの終戦後に帰化
第五波 第四波の在日を伝手に日本で帰化
過去、下層民が多重近親相姦したため
均一DNA塩基配列な地域が現在も点在している

232天之御名無主2017/12/04(月) 12:28:54.20
↑単純にして浅薄

233天之御名無主2017/12/04(月) 15:08:51.99
縄文人こそ犬を食ってるんだがなあ

234天之御名無主2018/01/02(火) 23:50:23.17
てめえら書く時にゃあ少しは責任感持てよなあ!

235天之御名無主2018/01/03(水) 12:13:37.40
所詮、5ちゃんも2ちゃんか

236天之御名無主2018/01/04(木) 03:48:26.27
基本的に狩猟・採集民族という事でよいのかな

237天之御名無主2018/01/04(木) 04:37:46.78
今は都市住民

238天之御名無主2018/01/04(木) 11:01:48.64
同じ縄文人でも海沿いに住んで貝を主食にしてたグループと
内陸に住んで狩りをしていたグループは話が別だと思う

239天之御名無主2018/01/28(日) 20:27:17.69
ホンカイサマ

240天之御名無主2018/01/31(水) 08:22:02.25
神話のようにネットで金が入ってくるらしい方法
グーグルで検索⇒『羽山のサユレイザ』

U1205

241天之御名無主2018/01/31(水) 09:12:17.14
↑マルチ死ねよ

242天之御名無主2018/01/31(水) 16:49:05.50
迷惑。

243天之御名無主2018/06/28(木) 16:55:15.77
周辺を見ても北ツングース諸族のトナカイ放牧、南ツングース諸族の養豚、モンゴル諸族の牧羊牧馬などがあるのに
イオマンテまでの飼育くらいしかしないってかなり原始的だよね

よほど人工圧が低かったんだろうか

244天之御名無主2018/07/12(木) 23:10:02.64
いろいろと役に立つパソコン一台でお金持ちになれるやり方
役に立つかもしれません
検索してみよう『立木のボボトイテテレ』

BJ2

245天之御名無主2018/08/25(土) 22:08:31.41

246天之御名無主2018/08/26(日) 06:29:37.51
>>243
北海道のアイヌのエリアにトナカイや羊や豚等の家畜用動物はいたのかな
イオマンテは家畜の飼育というより神事だし

247天之御名無主2018/08/26(日) 19:25:32.73
いそうなのは鹿とか兎とか熊とか野鳥とか… 狩猟対象だわな

248天之御名無主2018/08/27(月) 00:36:58.96
北海道周辺の養豚してた地域は、アイヌが進出前後に養豚文化が消滅してる。
具体的には、オホーツク文化の頃は豚は飼ってるんだけど中期頃から道東で飼育の痕跡が少なくなりついで千島地域でも確認できなくなる。樺太ではアイヌ文化が進出するまで存続するけどアイヌには受け継がれてない。

養豚以外の周辺事情だと千島のさらに北のカムチャッカのタリヤ文化とかだとトナカイ放牧してるけど、これは千島に持ち込まれた痕跡はなし。カムチャッカのトナカイ放牧自体はソ連の集団農場が設置されるまではチュクチ、コリヤークが放牧文化を維持してる。
大陸のアムール川周辺だと養豚もトナカイ放牧も盛んだけどアイヌに取り込まれた形跡なし。

よくわからないのが馬の飼育。
考古学的な裏付けは皆無なんだけど、たまに中世くらいまでは飼育してたような話が出てくる。
(今昔物語集175「陸奥国の安倍頼時、胡国に行きて空しく返りし語」とか)
近世以降は特にそういう話はないので誤報と見ていいとは思うけど。

アイヌは畜養はしてないけど犬の飼育は継続してるんで、異常に狩猟依存が高いと見るのが妥当なのかねえ。

249天之御名無主2018/08/27(月) 09:22:41.73
うーん、やはり基本的な性質は狩猟民族であるのかな

250天之御名無主2018/08/27(月) 11:15:43.07
野生馬を飼いならす程度の事はしてたって事じゃないですかね
放牧なんかはやってないので野生馬がいなくなれば終了

251天之御名無主2018/08/28(火) 04:49:53.40
さすがにこれはひどいな
とりあえず、アイヌの時代に野生馬がいたソースプリーズ

252天之御名無主2018/08/28(火) 08:34:29.37
野生馬がいた云々は考えにくいね

そもそもアイヌには馬を意味する単語すらなくて、日本語から借用してウンマと呼ぶくらい馴染みのない動物
このウンマのアクセントが、江戸時代の上方アクセントの影響があるって言うのは中川裕(ゴールデンカムイのアイヌ語監修とかもやってるアイヌ語の専門家)が指摘してる

253天之御名無主2018/08/28(火) 20:32:40.49
野うさぎ捕まえて飼育して大繁殖なんてことがせいぜい可能な事かな?それもしてないだろうけど
基本狩猟採集民なんだろうね

254天之御名無主2018/08/28(火) 23:51:06.73
>>251
仮に馬の飼育の話が事実だとすればという程度の話だよ

誤報とみていいとは思うけどって書いてあるよね

255天之御名無主2018/08/29(水) 07:51:00.48
騎馬民族でもないしなあ
蝦夷地は畜産用の動物の層も薄そうだし、牧畜・馬の牧場、羊を連れての移動等も発生しにくい環境だろうね

256天之御名無主2018/08/29(水) 15:26:58.87
農耕はどうなの?

257天之御名無主2018/08/29(水) 20:32:05.18
少しは自分で調べたらどうなの?

258天之御名無主2018/08/29(水) 21:01:43.89
自分が分かるのは彼らの農耕は粟やヒエ、ソバ、豆などの雑穀類中心
江戸時代に本土の人の影響で野菜(大根、馬鈴薯など)の栽培も行ったと
採集は山菜採りなど、また薬草も利用している
でも全体のイメージは狩猟・採集の民かな

259天之御名無主2018/08/29(水) 21:11:46.82
>>257
あと思うのだけど、そんな嫌味なレス必要ないよ 答えたくない人はスルーで良いし
スレタイにもあるように詳しい人はちょっと来て、ちょっと教えてあげるのも良いし

260天之御名無主2018/08/29(水) 22:08:37.67
北大のあの先生はやばい人なの?

261天之御名無主2018/08/29(水) 22:56:44.75
なにこの流れw
物事調べてまとめるのはそれなりの労力がかかるんだから、
自分のわかっていることを提示してその上で質問するのが誠実な態度だろ。

一行だけ「〜はどうなの?」なんて具体的にどのレベルのことを聞きたいのかわからん書き込みして、
苦言を呈されないほうがおかしいと思うよ?

262天之御名無主2018/08/30(木) 04:00:11.62
まあそうだな

263天之御名無主2018/08/30(木) 05:28:29.94
北大の先生???

264天之御名無主2018/08/30(木) 11:52:02.38
古い写真のアイヌ人を見ると南方系、例えばインド人や沖縄の人に似ていると思ったりする

265天之御名無主2018/09/01(土) 12:24:37.65
南方系

266天之御名無主2018/09/01(土) 12:30:21.58
南方系ってどんな人達なの?

267天之御名無主2018/09/01(土) 12:53:35.14
古モンゴロイドの南方系
それが数万年前の旧石器時代までに北に向かって移動、北海道・沖縄を含む日本列島に住みつく、これが後に縄文文化を担った
弥生〜古墳時代になり、北方系モンゴロイドが多数渡来するようになったが、これらの影響をあまり受けずに存続してきたのが、アイヌ人と琉球人という説有り

268天之御名無主2018/09/01(土) 14:31:32.58
まあそれが定説だしな

269天之御名無主2018/09/01(土) 20:14:36.63
だから昔のアイヌ人や沖縄の人は南方系の顔つきをしているということか。

270天之御名無主2018/09/01(土) 22:09:09.90
モンゴロイドにしては彫りが深すぎるし、
なによりも体毛が濃すぎる。

271天之御名無主2018/09/03(月) 16:45:02.80
古いアイヌと沖縄の人達の顔には似たところが確かにある

272天之御名無主2018/09/03(月) 18:35:36.59
まあ、モンゴロイドだろ。

273天之御名無主2018/09/04(火) 09:34:45.23
弥生人の文化や種族的要素より縄文人のそれらが濃く残された古いアイヌ人の生活様式は縄文的な…と言えるのかな
基本的に狩猟採集の人達だったようだし

274天之御名無主2018/09/04(火) 10:20:52.01
アイヌの生活様式はオホーツク人に習ったものだよ
北海道が温暖な時期に住み着いたが寒冷化して生活が苦しくなったので
近くの北方民族から寒冷地での生き方を学んだんだよ

275天之御名無主2018/09/04(火) 13:12:54.55
なるほど ありがとう。

276天之御名無主2018/09/05(水) 22:42:32.68
でも縄文生活や文化をイメージするのに参考になりそうだな、ていうか共通の要素あるんだろう
狩猟採集が基盤だし

277天之御名無主2018/09/06(木) 05:48:53.32
(−人−)北海道、最大震度6の地震、お見舞い申し上げます!

278天之御名無主2018/09/17(月) 16:01:28.89
>>277
確かに凄かった、だいぶ復旧したかな

>>264
同意 日本人離れしている

279天之御名無主2018/09/18(火) 12:57:25.79
目がハッキリ毛が濃い系

280天之御名無主2018/09/25(火) 15:22:10.43
北方交易を行う中でニブフや沿海州側アイヌとの防寒品の流通が一番妥当と思う。

新着レスの表示
レスを投稿する