旧約聖書の神と新約聖書の神は同一なんだろうか?

1天之御名無主2014/04/20(日) 21:28:21.51
どうにも違う別神の気がする

42天之御名無主2016/01/27(水) 08:13:39.73
プッwww

43天之御名無主2016/01/29(金) 02:57:11.04
>>40
自分も概ねその考えに同意。
他人も同じように感じていることがわかってよかった。

44天之御名無主2016/02/04(木) 11:27:13.17
おそらくモーセのモデルとなった人はいたんだろうな
エジプトで迫害されてたってのもマジなんだろうが
その時点で既に唯一神として完成してたってのは後付けじゃないかな?

カナンの地にたどりついてしばらくは他の土着神(ウガリット神話、バビロニア神話)あたりと
共存…もとい勢力を競ってたはずだから

それら異教の神を信じるユダヤ人がでちゃってYHVHがお怒りになって、
その罰でユダヤ人迫害されたって聖書にもある。

どこかで最古の一神教といわれるゾロアスター教の影響をうけたんだろうな
地理的にも近いし

45天之御名無主2016/02/06(土) 00:50:59.80
キリスト教って、すごく現代的な感覚に貫かれている感じがする。古代的なウンザリするような、頑迷な神に呪術的なトランス状態みたいな成分(自分の子どもを捧げろ)がグッと薄まって、
ギリシア・ローマで培われたのだろう 、
近代的な常識感覚・ヒューマニズムが強く感じられる。
だから、作り物くさいけど、やはりルネサンスや市民革命すら、やはりもたらし得たのだろう。キリスト教は、庶民にまで、ギリシア・ローマのヒューマニズムをもたらした。ちょっとチート過ぎる。羨ましい。

46天之御名無主2016/02/06(土) 21:59:19.96
わりと後発の宗教だから、現代的かもね

魔女狩り、宗教裁判、十字軍の虐殺、免罪符

めっちゃ頑迷だし呪術的じゃないか
現代的=いいこと、みたいな進歩史観的捉え方も欧米人の側の主張する見方にすぎないし

ルネサンスはむしろキリスト教的な価値観を転換するムーブメントであり
カトリック教会が腐敗して、キリスト教の支配が弱まったから起きたもの

キリスト教は中世の暗黒時代もたらして、人間の本能に根ざした精神のありようを捻じ曲げただけ

47天之御名無主2016/02/06(土) 23:44:48.96
>>46
なんかこう、ホラ、聖書そのものを読むと「優しい事されたら、嬉しいでしょ」的な現代的な感覚が肯定されとるなって。
そういった感じ方って、人類としてある時期に成熟したものなのかなっていう個人的アイデアを述べたかった。
つまり、1万年前くらいから、人類社会では王朝が盛衰を繰り返して来たけど八千年目すなわち2000年くらい前から
共通了解として、ようやく「優しい事されたら、嬉しいでしょ」的な現代的な常識感覚が、集団レベルで無意識レベルで
「やっぱこれが基本でしょ」って、地位の上下や立場の相違を超えて、頭のある奴はみなそう思うようになったんじゃないかと。
それが人類の頭に定着した記念碑が、キリスト教なんじゃないかという個人的アイデア。でもみんな一様にそれがこの世界の基本線とする事は不可能だと感じていた。
そこに登場したのが、無力をさらけ出し自己犠牲の方法を実践したイエス。
「神」を、人間の凄みのある利他的行為が巻き起こす感銘を上昇気流として、下からの上の方向性で逆定義しちゃうアイデア。

…でもまあ、自分は今いろいろ勉強がこれからという初学者なんで、いろいろまだうまく言葉では説明できんわ。

48天之御名無主2016/02/07(日) 09:13:17.98
なにをいってんだこいつ
そんなん別に現代的な感覚でも基本でもねえよ
王朝の盛衰と何の関係あるのか分からないし

世のため人の為、的な感覚は古今東西どの宗教、どの神話にも盛り込まれてるベタなお説教だよ
第一キリスト教もユダヤ教もそういったもんの流れを汲んだものにすぎない
それでも足ひっぱり合うのが人間であり、キリスト教の登場以降の方が戦争も王朝の盛衰も激しいよ

そんなに利他が好きならイスラム教に改宗したら?
利他が義務になってるからさ

49天之御名無主2016/02/07(日) 23:55:24.97
>王朝の盛衰
いやそこは重要じゃない。
言いたい事はそこじゃない。

一番言いたい事は、
「仏教が生まれたあたりからキリスト教が成立したあたりで、人類は"古代的コモンセンス"から"近代的コモンセンス"に移行した」
んじゃねってこと(何言ってんだコイツ)。

いやすまない、自分でも何言ってんだかわかんない。

でも何となくそう思うわけよ。
「神様に生きたまま内臓食われても幸せ!!」
という感覚が当たり前な段階から…
あ、分かったわ。今わかった。

要は、教育を受けた中流階級の比率が増えた地域から、
現代的な感覚の宗教が生まれたというだけか。キリスト教は広く見てローマ帝国圏の産物というわけか。自己解決しました。

50天之御名無主2016/02/11(木) 09:48:49.07
>>47
キリスト教は権威化・形骸化したユダヤ教に対して出てきたイエスによる改革ユダヤ教・ユダヤ教革命派だからね
しかしイエスが死に代を重ねると改革派だったキリスト教も権威化・形骸化していった
そうなるとキリスト教会も絶対化を強いるし富の蓄積を図るし神の名の下に十字軍という…

51天之御名無主2016/02/12(金) 01:46:11.08
歴史的な事実だけを拾うなら、キリストはユダヤ人でユダヤ教徒だしな
ローマ帝国において原始キリスト教はユダヤ教の一分派とみなされていたし

52天之御名無主2016/04/15(金) 21:49:07.37
>>49
俺が思うにそういう感覚は新たに捏造されたものではなくて人間のうちに内在している原理としての利他性や調和を概念として発見した
というのがより正確なんじゃないかな?
愛という言葉が示すものは愛という言葉が産み出される前から存在したけど、それが言語化・概念化されるまでには意識の表層に登らなかった的な

53天之御名無主2016/04/15(金) 21:52:58.37
荒ぶる神にして理不尽な運命そのものな旧約の神から絶対他力の愛の神への変化
というのは普通に宗教史や文化史において大きなパラダイムシフトだと思うんだけどどう思う?
哲学者キリストという本があるんだけど愛の神の下での絶対的平等という概念から人権思想や平等思想が産まれた、とあるのだけど
現代にも大きく影響してると思う

54天之御名無主2016/05/05(木) 12:28:31.53
>>1
ミもフタもない言い方をすれば俺にはどうでもいい問題だ。

が、諸君よ、せいぜい遊んでくれ。←蛇足だが皮肉ではない

55天之御名無主2016/05/13(金) 23:58:31.42
>>10
ホモサピより先に宇宙文明に到達した一部のネアンデルタール人でしょ

5644=47=492016/06/26(日) 10:17:21.37
>>53
昨日から、新訳(新約じゃなくて)の『ヘーゲルからニーチェ』を読みながら、
19世紀にキリスト教精神がどう変化したかを考えてるだけど、自分のアイデアが
まさにヘーゲルの考え方にドンピシャリだったわ。

いわく、人類は人類として集団レベル集合意識を持っていると仮定すると、
その集合意識は歴史的にだんだんと人間的・民主的・近代的に発展してきたと
見ることができると。そして彼曰くキリスト教はその革命的な出来事だったと。

いやあ、それにしても今評判になってるけど、昨年暮れに出たばかりの
カール・レーヴィット『ヘーゲルからニーチェ』岩波書店の新訳は
めちゃ読みやすい訳だわ。SFも最近新訳でよんでるけど、訳って大事だわ。
普通の新書感覚で読めるわ。

57天之御名無主2016/06/29(水) 00:21:57.42
イエス何かいないのはキリスト教学を学んだヤツなら誰でも知っていること。

58天之御名無主2016/07/20(水) 02:51:52.73
聖書の神(ヤハウェ)って
名目上は「愛の神」だの「許しの神」だのになってるけどさ
最初から今に至るまで最強の軍神(ただし勝利ではなく戦火を招く)だよ
アッラーは本来違う神(月の神)という説があるらしいから
最近は名義を貸す商売してるのかもね
金儲けが得意のユダヤ人の神だしね

59天之御名無主2016/10/09(日) 22:22:35.88
黙示録が削除できない時点で愛の神というのにも疑問符が残る
闘争のなくならない世界を体現する要素か

60天之御名無主2017/04/01(土) 18:52:56.33
>>8
旧約の最初の頃だって
ヤハウェ系とエロヒム系の二つに分かれてるでしょ
モーセの後しばらくは多神教だったとしか思えない記述だし

61天之御名無主2017/04/01(土) 19:01:43.21
>>9
ウガリットのバアルその他から話を借りて作ったんでしょ
ヘブライ語は聖書以外に先行文書資料がほとんどない
突然無から聖書みたいな文学的経典を生み出せるわけないからあちこちから借りてきたはず

ちなみにウガリットはヘブライとヘレニズムを結ぶ橋となる文化を形成してるから影響あっても不思議ない
例えばサラの逸話とか
印欧族は嫁を取られて取り返す話が大好きだけど
オリエントにはこういうのは少ない
今でもアラブはたとえ嫁は取り返しても殺す
ホメロスとギリシャはよく出てくるんだが

62天之御名無主2017/04/01(土) 19:02:58.57
>>11
ユダヤ人が不甲斐ないからw
だからユダヤ人が作った神はユダヤ人を叱ってばっかり

63天之御名無主2017/04/01(土) 19:06:43.07
>>20
王は神から信託されて都市や民族を統治してるわけだよね
古バビロニアでは春分の日の次の最初の満月に毎年信託を更新
これが契約のもと

64天之御名無主2017/04/01(土) 19:09:23.76
>>35
新約は両立してる
これまでと々ユダヤ教の教義だって人と
パウロみたいな外国人のための宗教に変えた人と
だからら福音書を一つに統合出来なかった

65天之御名無主2017/04/01(土) 19:14:30.67
>>44
エジプトで迫害されてたかどうかはわからん
もともとユダヤ人は遊牧民族由来の商人部族の要素が強い
最初に獲得した土地も購入してる
だからエジプトでもうまく商売してたかもしれん

ただエジプトでも政変が多かった時期に
エジプトからカナンにやってきたとされてるから何かあったのかも分からないが

エジプト出た後は明らかに武装しているが
当時の商人は基本的に武装していた事が当時の記録で分かってる

66天之御名無主2017/04/19(水) 11:51:28.40
>>58
愛とか許しは中世以降のキリスト教の解釈でしょ
ユダヤ的にはかなり昔から怒りの神だよ

67天之御名無主2017/04/19(水) 11:53:32.62
>>53
教会の歴史を見れば
平等や人権とは真逆であることが分かる

68天之御名無主2017/04/19(水) 11:54:06.65
>>51
国教になった時点でユダヤ教の一派とは見なされてない

69天之御名無主2017/05/27(土) 22:02:25.34
イスラエルの民の世。喜び言、全土に響く真理ぞ。
イスラエルの民に印あり。真実のイスラエルの民、早く開け。
イスラエルの民に花咲く御代 嬉し嬉し、早う光の文路知らせたり。急ぐ心ぞ。

http://vps30-d.kuku.lu/files/20170527-2020_728786a66f9899e751fdc45d970f10cc.jpg

70天之御名無主2017/06/23(金) 19:48:57.15
「元の神代に返すと申すのは喩へでないぞ。七から八から九から十から神烈しくなるぞ」8月2日から3年間一日々々天変地異が烈しくなってくるそうです。

http://vps30-d.kuku.lu/files/20170623-1909_b187303c6812ee7932f99efc88b23822.jpg

71天之御名無主2017/07/26(水) 20:46:27.34
☆ 日本人の婚姻数と出生数を増やしましょう。そのためには、公的年金と
生活保護を段階的に廃止して、満18歳以上の日本人に、ベーシックインカムの
導入は必須です。月額約60000円位ならば、廃止すれば財源的には可能です。
ベーシックインカム、でぜひググってみてください。お願い致します。☆☆

72天之御名無主2017/09/30(土) 21:53:58.57
↑ハゲ、マルチコピペやめよ!

73天之御名無主2017/12/18(月) 20:29:05.91
世界まる見え!ウソかマコトかSP!★4
http://himawari.2ch.net/test/read.cgi/liventv/1513594725/
ノアの箱舟

74天之御名無主2017/12/19(火) 18:59:49.70
旧約と新約の神は異なるのではないかな

75天之御名無主2017/12/21(木) 14:46:50.12
旧約系の神は確かに祟り神的かもね

76天之御名無主2017/12/21(木) 19:43:47.48
旧約の精神分裂気質の妬みと激怒のデーモニック神ヤハウェをベースにせざるを得なかったのが、
人間イエスのキャパシティの限界
改革派止まりで、全く新しい宗教を起こすことは出来なかった
当然、旧約・新約を混ぜ合わせたキリスト教は、矛盾だらけのいびつな奇形児

77天之御名無主2017/12/22(金) 02:02:31.50
イエスはユダヤ教徒なんだからヤハウェ信者なのは当たり前

78天之御名無主2017/12/22(金) 03:59:23.35
結局、ユダヤ教の枠内を脱する事が出来なかった矮小な存在

79天之御名無主2017/12/22(金) 07:11:40.07
イエスは別に新たに独自の宗教を創ろうと思っていた訳ではないのでは?
本来ユダヤ教の真面目な信仰者で、権威化・形骸化してしまったユダヤ教を疑問視し、改革に乗り出したのがイエス

80天之御名無主2017/12/22(金) 10:04:25.69
もとからユダヤ教の枠内を脱しようとはしてないからな

81天之御名無主2017/12/22(金) 15:36:39.53
所詮、イエスは生まれ育ったユダヤ文化の呪縛から逃れることは出来なかった
ユダヤ民族のルサンチマンの集合体たるヤーウェの本質を理解出来なかった
改革自体が矛盾だらけで、結局破綻した

82天之御名無主2017/12/27(水) 08:25:27.82
そして三大世界宗教にw

83天之御名無主2017/12/28(木) 12:13:59.98
単なる新宗派の犬死したオヤジを神としてでっち上げて妄想を爆発させた、
頭のイカれたパウロのおかげ

84天之御名無主2017/12/29(金) 07:43:06.07
ジーザスか。勇敢だ。

85天之御名無主2018/01/31(水) 08:30:36.08
神話のようにネットで金が入ってくるらしい方法
グーグルで検索⇒『羽山のサユレイザ』

A3MUU

86天之御名無主2018/04/24(火) 12:45:26.97
hoshu

87天之御名無主2018/04/25(水) 15:55:42.61
神にも
上位
中位←
下位
とある

88天之御名無主2018/04/26(木) 11:22:56.60
牛の糞にも段々がある

89天之御名無主2018/04/26(木) 12:59:19.93
ほうじゃ、ほうじゃ!

90天之御名無主2018/04/27(金) 12:14:12.33

91天之御名無主2018/04/27(金) 12:15:49.54

92天之御名無主2018/05/02(水) 01:45:30.76
話としてまとめると、誰でも飲み込めそうな話なんだよね。

あの世で起きた神の相談。

エバは、イナンナだった女性でモーゼに旧約聖書の作者になってもらうことをお願いして
自分はイシュタルとして身を潜める。

イシュタルは、マリアとイエスが親子だという話を広める為に
イエスにメシアの役を務めるようお願いする。

イシュタルは、マリアや中国の妲己や天照大御神とグループを形成し、
お稲荷さんを始める。※お稲荷さんには重要な仕事があり、悟りを開く前の人間に対し、
誘惑を仕掛ける。また、人間の秘儀参入時の霊界の審査もお稲荷さん中心で開催される。

それが、稲穂を実らせる前の荷物という意味。
此処重要。重要なのに日本人は誰も字の意味を解いてない。
お稲荷さんとは悟りそうな人をそのまま進ませるかどうかを
判定してくれる存在。

現在の課題。
イエスが中心の世界だけれども、イエスはお稲荷さんに呼ばれてメシアになった人で
メシアはお稲荷さんが引き連れている地縛霊に憑依を依頼し、輪廻を終えるカルマが
無くならないように働きかけ、霊界からの支配が継続するように見張っている。← この点を言及してほしい。

王路(引き寄せの法則) おまえらの力が必要だ!
https://rio2016.5ch.net/test/read.cgi/atopi/1512118999/

新着レスの表示
レスを投稿する