【Miami Zoo】マイアミ・マーリンズ152

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています
1名無しさん@実況は実況板で2018/02/24(土) 23:25:45.41ID:2fDoRV7z
■球団公式
http://miami.marlins...m/index.jsp?c_id=mia
■地元メディア
・Miami Herald
http://www.miamihera...s/mlb/miami-marlins/
・South Florida Sun-Sentinel (Ft.Lauderdale)
http://www.sun-senti...ports/miami-marlins/
・Palm Beach Post (W. Palm Beach)
http://www.palmbeach...spring-training/fNQ/
■マーリンズ スケジュール
http://miami.marlins...e/index.jsp?c_id=mia
http://sports.espn.g...ms/schedule?team=mia
■先発予定
http://mlb.mlb.com/n...itchers.jsp?c_id=mia

前スレ
【Miami Zoo】マイアミ・マーリンズ151
http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/mlb/1518609757/

607名無しさん@実況は実況板で2018/09/05(水) 15:12:48.34ID:RF7ixECN
試合前、イチローが打撃練習を始めると、ケージの後ろに陣取ったコーチ、監督らが何やら囁き合う。
そして終盤になると、イチローがスイングするたびに一喜一憂する。
ホームの場合、午後3時15分ぐらいから4時ぐらいまで室内ケージで特製マシンを使った初動負荷のトレーニングを行い、打撃練習で汗を流す。
その後、午後4時15分から全体練習に参加。
打撃練習が始まると3組目に自分の順番が回ってくるまで外野で打球を追う。
大半の選手にとってはただの球拾いの時間だが、イチローは縦横無尽に走り回る。
ただ、選手登録を外れてからは、しばし足を止め、チームメートと談笑することも。
「どうやって毎日、試合に向けて準備しているのか」
「体調管理のコツは?」
以前からイチローは、「自分から伝えることはない」 というスタンス。しかし、「聞かれれば、答える」。
イチロー自身が壁を作っている時期は確かにあった。が、もはやそれは存在しない。
イチローの気遣いは、隅々に及ぶ。
基本的に大リーグには日本のような打撃投手がいない。

608名無しさん@実況は実況板で2018/09/05(水) 15:12:51.51ID:RF7ixECN
試合前、イチローが打撃練習を始めると、ケージの後ろに陣取ったコーチ、監督らが何やら囁き合う。
そして終盤になると、イチローがスイングするたびに一喜一憂する。
ホームの場合、午後3時15分ぐらいから4時ぐらいまで室内ケージで特製マシンを使った初動負荷のトレーニングを行い、打撃練習で汗を流す。
その後、午後4時15分から全体練習に参加。
打撃練習が始まると3組目に自分の順番が回ってくるまで外野で打球を追う。
大半の選手にとってはただの球拾いの時間だが、イチローは縦横無尽に走り回る。
ただ、選手登録を外れてからは、しばし足を止め、チームメートと談笑することも。
「どうやって毎日、試合に向けて準備しているのか」
「体調管理のコツは?」
以前からイチローは、「自分から伝えることはない」 というスタンス。しかし、「聞かれれば、答える」。
イチロー自身が壁を作っている時期は確かにあった。が、もはやそれは存在しない。
イチローの気遣いは、隅々に及ぶ。
基本的に大リーグには日本のような打撃投手がいない。
★通常、打撃練習で投げるのは監督、コーチら。
彼らが前から投げるのは、日本のように後ろから投げたらストライクが入らないからだが、
そんな現役をとうの昔に引退したコーチらと、現役のイチローでは、球の質もまるで違う。
さて、そうしたイチローの様々な形での関わりが透ける一方、現実もある。
試合直前、イチローはダグアウトを後にする。そこにはいられないのである。
イチローに相談された監督は、承諾した。
マリナーズはその試合も落とし、次に訪れたボストンでも1勝2敗と負け越したが、そこから8連勝。負けた分は全て取り戻した。
おそらくイチローが裏方に回った時、どうチームに関わっていくのか、首脳陣にも、イチロー本人にも明確なシナリオは描けていなかったはず。
前例も何もない。フロントの人間が、クラブハウスの中にロッカーを持ち、選手らと練習をするのである。
ただ、選手はイチローを頼り、監督も定期的にイチローを監督室に呼んで意見を求める。必要ならイチローは道化方さえ務める。
打席にも、外野守備にもつくことはないが、力になれるのであれば何でも…。
取材を通して、イチローのそんな姿が浮かび上がった。
フィールドにはいないはずのイチローの存在感が、
そこかしこに伺えた。

609名無しさん@実況は実況板で2018/09/05(水) 15:13:06.74ID:RF7ixECN
試合前、イチローが打撃練習を始めると、ケージの後ろに陣取ったコーチ、監督らが何やら囁き合う。
そして終盤になると、イチローがスイングするたびに一喜一憂する。
ホームの場合、午後3時15分ぐらいから4時ぐらいまで室内ケージで特製マシンを使った初動負荷のトレーニングを行い、打撃練習で汗を流す。
その後、午後4時15分から全体練習に参加。
打撃練習が始まると3組目に自分の順番が回ってくるまで外野で打球を追う。
大半の選手にとってはただの球拾いの時間だが、イチローは縦横無尽に走り回る。
ただ、選手登録を外れてからは、しばし足を止め、チームメートと談笑することも。
「どうやって毎日、試合に向けて準備しているのか」
「体調管理のコツは?」
以前からイチローは、「自分から伝えることはない」 というスタンス。しかし、「聞かれれば、答える」。
イチロー自身が壁を作っている時期は確かにあった。が、もはやそれは存在しない。
イチローの気遣いは、隅々に及ぶ。
基本的に大リーグには日本のような打撃投手がいない。

610名無しさん@実況は実況板で2018/09/05(水) 15:13:10.39ID:RF7ixECN
試合前、イチローが打撃練習を始めると、ケージの後ろに陣取ったコーチ、監督らが何やら囁き合う。
そして終盤になると、イチローがスイングするたびに一喜一憂する。
ホームの場合、午後3時15分ぐらいから4時ぐらいまで室内ケージで特製マシンを使った初動負荷のトレーニングを行い、打撃練習で汗を流す。
その後、午後4時15分から全体練習に参加。
打撃練習が始まると3組目に自分の順番が回ってくるまで外野で打球を追う。
大半の選手にとってはただの球拾いの時間だが、イチローは縦横無尽に走り回る。
ただ、選手登録を外れてからは、しばし足を止め、チームメートと談笑することも。
「どうやって毎日、試合に向けて準備しているのか」
「体調管理のコツは?」
以前からイチローは、「自分から伝えることはない」 というスタンス。しかし、「聞かれれば、答える」。
イチロー自身が壁を作っている時期は確かにあった。が、もはやそれは存在しない。
イチローの気遣いは、隅々に及ぶ。
基本的に大リーグには日本のような打撃投手がいない。
★通常、打撃練習で投げるのは監督、コーチら。
彼らが前から投げるのは、日本のように後ろから投げたらストライクが入らないからだが、
そんな現役をとうの昔に引退したコーチらと、現役のイチローでは、球の質もまるで違う。
さて、そうしたイチローの様々な形での関わりが透ける一方、現実もある。
試合直前、イチローはダグアウトを後にする。そこにはいられないのである。
イチローに相談された監督は、承諾した。
マリナーズはその試合も落とし、次に訪れたボストンでも1勝2敗と負け越したが、そこから8連勝。負けた分は全て取り戻した。
おそらくイチローが裏方に回った時、どうチームに関わっていくのか、首脳陣にも、イチロー本人にも明確なシナリオは描けていなかったはず。
前例も何もない。フロントの人間が、クラブハウスの中にロッカーを持ち、選手らと練習をするのである。
ただ、選手はイチローを頼り、監督も定期的にイチローを監督室に呼んで意見を求める。必要ならイチローは道化方さえ務める。
打席にも、外野守備にもつくことはないが、力になれるのであれば何でも…。
取材を通して、イチローのそんな姿が浮かび上がった。
フィールドにはいないはずのイチローの存在感が、
そこかしこに伺えた。

611名無しさん@実況は実況板で2018/09/05(水) 15:13:25.74ID:RF7ixECN
試合前、イチローが打撃練習を始めると、ケージの後ろに陣取ったコーチ、監督らが何やら囁き合う。
そして終盤になると、イチローがスイングするたびに一喜一憂する。
ホームの場合、午後3時15分ぐらいから4時ぐらいまで室内ケージで特製マシンを使った初動負荷のトレーニングを行い、打撃練習で汗を流す。
その後、午後4時15分から全体練習に参加。
打撃練習が始まると3組目に自分の順番が回ってくるまで外野で打球を追う。
大半の選手にとってはただの球拾いの時間だが、イチローは縦横無尽に走り回る。
ただ、選手登録を外れてからは、しばし足を止め、チームメートと談笑することも。
「どうやって毎日、試合に向けて準備しているのか」
「体調管理のコツは?」
以前からイチローは、「自分から伝えることはない」 というスタンス。しかし、「聞かれれば、答える」。
イチロー自身が壁を作っている時期は確かにあった。が、もはやそれは存在しない。
イチローの気遣いは、隅々に及ぶ。
基本的に大リーグには日本のような打撃投手がいない。

612名無しさん@実況は実況板で2018/09/05(水) 15:13:29.06ID:RF7ixECN
試合前、イチローが打撃練習を始めると、ケージの後ろに陣取ったコーチ、監督らが何やら囁き合う。
そして終盤になると、イチローがスイングするたびに一喜一憂する。
ホームの場合、午後3時15分ぐらいから4時ぐらいまで室内ケージで特製マシンを使った初動負荷のトレーニングを行い、打撃練習で汗を流す。
その後、午後4時15分から全体練習に参加。
打撃練習が始まると3組目に自分の順番が回ってくるまで外野で打球を追う。
大半の選手にとってはただの球拾いの時間だが、イチローは縦横無尽に走り回る。
ただ、選手登録を外れてからは、しばし足を止め、チームメートと談笑することも。
「どうやって毎日、試合に向けて準備しているのか」
「体調管理のコツは?」
以前からイチローは、「自分から伝えることはない」 というスタンス。しかし、「聞かれれば、答える」。
イチロー自身が壁を作っている時期は確かにあった。が、もはやそれは存在しない。
イチローの気遣いは、隅々に及ぶ。
基本的に大リーグには日本のような打撃投手がいない。
★通常、打撃練習で投げるのは監督、コーチら。
彼らが前から投げるのは、日本のように後ろから投げたらストライクが入らないからだが、
そんな現役をとうの昔に引退したコーチらと、現役のイチローでは、球の質もまるで違う。
さて、そうしたイチローの様々な形での関わりが透ける一方、現実もある。
試合直前、イチローはダグアウトを後にする。そこにはいられないのである。
イチローに相談された監督は、承諾した。
マリナーズはその試合も落とし、次に訪れたボストンでも1勝2敗と負け越したが、そこから8連勝。負けた分は全て取り戻した。
おそらくイチローが裏方に回った時、どうチームに関わっていくのか、首脳陣にも、イチロー本人にも明確なシナリオは描けていなかったはず。
前例も何もない。フロントの人間が、クラブハウスの中にロッカーを持ち、選手らと練習をするのである。
ただ、選手はイチローを頼り、監督も定期的にイチローを監督室に呼んで意見を求める。必要ならイチローは道化方さえ務める。
打席にも、外野守備にもつくことはないが、力になれるのであれば何でも…。
取材を通して、イチローのそんな姿が浮かび上がった。
フィールドにはいないはずのイチローの存在感が、
そこかしこに伺えた。

613名無しさん@実況は実況板で2018/09/05(水) 15:13:44.28ID:RF7ixECN
試合前、イチローが打撃練習を始めると、ケージの後ろに陣取ったコーチ、監督らが何やら囁き合う。
そして終盤になると、イチローがスイングするたびに一喜一憂する。
ホームの場合、午後3時15分ぐらいから4時ぐらいまで室内ケージで特製マシンを使った初動負荷のトレーニングを行い、打撃練習で汗を流す。
その後、午後4時15分から全体練習に参加。
打撃練習が始まると3組目に自分の順番が回ってくるまで外野で打球を追う。
大半の選手にとってはただの球拾いの時間だが、イチローは縦横無尽に走り回る。
ただ、選手登録を外れてからは、しばし足を止め、チームメートと談笑することも。
「どうやって毎日、試合に向けて準備しているのか」
「体調管理のコツは?」
以前からイチローは、「自分から伝えることはない」 というスタンス。しかし、「聞かれれば、答える」。
イチロー自身が壁を作っている時期は確かにあった。が、もはやそれは存在しない。
イチローの気遣いは、隅々に及ぶ。
基本的に大リーグには日本のような打撃投手がいない。

614名無しさん@実況は実況板で2018/09/05(水) 15:14:14.79ID:RF7ixECN
試合前、イチローが打撃練習を始めると、ケージの後ろに陣取ったコーチ、監督らが何やら囁き合う。
そして終盤になると、イチローがスイングするたびに一喜一憂する。
ホームの場合、午後3時15分ぐらいから4時ぐらいまで室内ケージで特製マシンを使った初動負荷のトレーニングを行い、打撃練習で汗を流す。
その後、午後4時15分から全体練習に参加。
打撃練習が始まると3組目に自分の順番が回ってくるまで外野で打球を追う。
大半の選手にとってはただの球拾いの時間だが、イチローは縦横無尽に走り回る。
ただ、選手登録を外れてからは、しばし足を止め、チームメートと談笑することも。
「どうやって毎日、試合に向けて準備しているのか」
「体調管理のコツは?」
以前からイチローは、「自分から伝えることはない」 というスタンス。しかし、「聞かれれば、答える」。
イチロー自身が壁を作っている時期は確かにあった。が、もはやそれは存在しない。
イチローの気遣いは、隅々に及ぶ。
基本的に大リーグには日本のような打撃投手がいない。

615名無しさん@実況は実況板で2018/09/05(水) 15:14:18.11ID:RF7ixECN
試合前、イチローが打撃練習を始めると、ケージの後ろに陣取ったコーチ、監督らが何やら囁き合う。
そして終盤になると、イチローがスイングするたびに一喜一憂する。
ホームの場合、午後3時15分ぐらいから4時ぐらいまで室内ケージで特製マシンを使った初動負荷のトレーニングを行い、打撃練習で汗を流す。
その後、午後4時15分から全体練習に参加。
打撃練習が始まると3組目に自分の順番が回ってくるまで外野で打球を追う。
大半の選手にとってはただの球拾いの時間だが、イチローは縦横無尽に走り回る。
ただ、選手登録を外れてからは、しばし足を止め、チームメートと談笑することも。
「どうやって毎日、試合に向けて準備しているのか」
「体調管理のコツは?」
以前からイチローは、「自分から伝えることはない」 というスタンス。しかし、「聞かれれば、答える」。
イチロー自身が壁を作っている時期は確かにあった。が、もはやそれは存在しない。
イチローの気遣いは、隅々に及ぶ。
基本的に大リーグには日本のような打撃投手がいない。
★通常、打撃練習で投げるのは監督、コーチら。
彼らが前から投げるのは、日本のように後ろから投げたらストライクが入らないからだが、
そんな現役をとうの昔に引退したコーチらと、現役のイチローでは、球の質もまるで違う。
さて、そうしたイチローの様々な形での関わりが透ける一方、現実もある。
試合直前、イチローはダグアウトを後にする。そこにはいられないのである。
イチローに相談された監督は、承諾した。
マリナーズはその試合も落とし、次に訪れたボストンでも1勝2敗と負け越したが、そこから8連勝。負けた分は全て取り戻した。
おそらくイチローが裏方に回った時、どうチームに関わっていくのか、首脳陣にも、イチロー本人にも明確なシナリオは描けていなかったはず。
前例も何もない。フロントの人間が、クラブハウスの中にロッカーを持ち、選手らと練習をするのである。
ただ、選手はイチローを頼り、監督も定期的にイチローを監督室に呼んで意見を求める。必要ならイチローは道化方さえ務める。
打席にも、外野守備にもつくことはないが、力になれるのであれば何でも…。
取材を通して、イチローのそんな姿が浮かび上がった。
フィールドにはいないはずのイチローの存在感が、
そこかしこに伺えた。

616名無しさん@実況は実況板で2018/09/05(水) 15:14:33.67ID:RF7ixECN
試合前、イチローが打撃練習を始めると、ケージの後ろに陣取ったコーチ、監督らが何やら囁き合う。
そして終盤になると、イチローがスイングするたびに一喜一憂する。
ホームの場合、午後3時15分ぐらいから4時ぐらいまで室内ケージで特製マシンを使った初動負荷のトレーニングを行い、打撃練習で汗を流す。
その後、午後4時15分から全体練習に参加。
打撃練習が始まると3組目に自分の順番が回ってくるまで外野で打球を追う。
大半の選手にとってはただの球拾いの時間だが、イチローは縦横無尽に走り回る。
ただ、選手登録を外れてからは、しばし足を止め、チームメートと談笑することも。
「どうやって毎日、試合に向けて準備しているのか」
「体調管理のコツは?」
以前からイチローは、「自分から伝えることはない」 というスタンス。しかし、「聞かれれば、答える」。
イチロー自身が壁を作っている時期は確かにあった。が、もはやそれは存在しない。
イチローの気遣いは、隅々に及ぶ。
基本的に大リーグには日本のような打撃投手がいない。

617名無しさん@実況は実況板で2018/09/05(水) 15:14:36.93ID:RF7ixECN
試合前、イチローが打撃練習を始めると、ケージの後ろに陣取ったコーチ、監督らが何やら囁き合う。
そして終盤になると、イチローがスイングするたびに一喜一憂する。
ホームの場合、午後3時15分ぐらいから4時ぐらいまで室内ケージで特製マシンを使った初動負荷のトレーニングを行い、打撃練習で汗を流す。
その後、午後4時15分から全体練習に参加。
打撃練習が始まると3組目に自分の順番が回ってくるまで外野で打球を追う。
大半の選手にとってはただの球拾いの時間だが、イチローは縦横無尽に走り回る。
ただ、選手登録を外れてからは、しばし足を止め、チームメートと談笑することも。
「どうやって毎日、試合に向けて準備しているのか」
「体調管理のコツは?」
以前からイチローは、「自分から伝えることはない」 というスタンス。しかし、「聞かれれば、答える」。
イチロー自身が壁を作っている時期は確かにあった。が、もはやそれは存在しない。
イチローの気遣いは、隅々に及ぶ。
基本的に大リーグには日本のような打撃投手がいない。
★通常、打撃練習で投げるのは監督、コーチら。
彼らが前から投げるのは、日本のように後ろから投げたらストライクが入らないからだが、
そんな現役をとうの昔に引退したコーチらと、現役のイチローでは、球の質もまるで違う。
さて、そうしたイチローの様々な形での関わりが透ける一方、現実もある。
試合直前、イチローはダグアウトを後にする。そこにはいられないのである。
イチローに相談された監督は、承諾した。
マリナーズはその試合も落とし、次に訪れたボストンでも1勝2敗と負け越したが、そこから8連勝。負けた分は全て取り戻した。
おそらくイチローが裏方に回った時、どうチームに関わっていくのか、首脳陣にも、イチロー本人にも明確なシナリオは描けていなかったはず。
前例も何もない。フロントの人間が、クラブハウスの中にロッカーを持ち、選手らと練習をするのである。
ただ、選手はイチローを頼り、監督も定期的にイチローを監督室に呼んで意見を求める。必要ならイチローは道化方さえ務める。
打席にも、外野守備にもつくことはないが、力になれるのであれば何でも…。
取材を通して、イチローのそんな姿が浮かび上がった。
フィールドにはいないはずのイチローの存在感が、
そこかしこに伺えた。

618名無しさん@実況は実況板で2018/09/05(水) 15:14:52.07ID:RF7ixECN
試合前、イチローが打撃練習を始めると、ケージの後ろに陣取ったコーチ、監督らが何やら囁き合う。
そして終盤になると、イチローがスイングするたびに一喜一憂する。
ホームの場合、午後3時15分ぐらいから4時ぐらいまで室内ケージで特製マシンを使った初動負荷のトレーニングを行い、打撃練習で汗を流す。
その後、午後4時15分から全体練習に参加。
打撃練習が始まると3組目に自分の順番が回ってくるまで外野で打球を追う。
大半の選手にとってはただの球拾いの時間だが、イチローは縦横無尽に走り回る。
ただ、選手登録を外れてからは、しばし足を止め、チームメートと談笑することも。
「どうやって毎日、試合に向けて準備しているのか」
「体調管理のコツは?」
以前からイチローは、「自分から伝えることはない」 というスタンス。しかし、「聞かれれば、答える」。
イチロー自身が壁を作っている時期は確かにあった。が、もはやそれは存在しない。
イチローの気遣いは、隅々に及ぶ。
基本的に大リーグには日本のような打撃投手がいない。
★通常、打撃練習で投げるのは監督、コーチら。
彼らが前から投げるのは、日本のように後ろから投げたらストライクが入らないからだが、
そんな現役をとうの昔に引退したコーチらと、現役のイチローでは、球の質もまるで違う。
さて、そうしたイチローの様々な形での関わりが透ける一方、現実もある。
試合直前、イチローはダグアウトを後にする。そこにはいられないのである。
イチローに相談された監督は、承諾した。
マリナーズはその試合も落とし、次に訪れたボストンでも1勝2敗と負け越したが、そこから8連勝。負けた分は全て取り戻した。
おそらくイチローが裏方に回った時、どうチームに関わっていくのか、首脳陣にも、イチロー本人にも明確なシナリオは描けていなかったはず。
前例も何もない。フロントの人間が、クラブハウスの中にロッカーを持ち、選手らと練習をするのである。
ただ、選手はイチローを頼り、監督も定期的にイチローを監督室に呼んで意見を求める。必要ならイチローは道化方さえ務める。
打席にも、外野守備にもつくことはないが、力になれるのであれば何でも…。
取材を通して、イチローのそんな姿が浮かび上がった。
フィールドにはいないはずのイチローの存在感が、
そこかしこに伺えた。

619名無しさん@実況は実況板で2018/09/05(水) 15:14:55.59ID:RF7ixECN
試合前、イチローが打撃練習を始めると、ケージの後ろに陣取ったコーチ、監督らが何やら囁き合う。
そして終盤になると、イチローがスイングするたびに一喜一憂する。
ホームの場合、午後3時15分ぐらいから4時ぐらいまで室内ケージで特製マシンを使った初動負荷のトレーニングを行い、打撃練習で汗を流す。
その後、午後4時15分から全体練習に参加。
打撃練習が始まると3組目に自分の順番が回ってくるまで外野で打球を追う。
大半の選手にとってはただの球拾いの時間だが、イチローは縦横無尽に走り回る。
ただ、選手登録を外れてからは、しばし足を止め、チームメートと談笑することも。
「どうやって毎日、試合に向けて準備しているのか」
「体調管理のコツは?」
以前からイチローは、「自分から伝えることはない」 というスタンス。しかし、「聞かれれば、答える」。
イチロー自身が壁を作っている時期は確かにあった。が、もはやそれは存在しない。
イチローの気遣いは、隅々に及ぶ。
基本的に大リーグには日本のような打撃投手がいない。
★通常、打撃練習で投げるのは監督、コーチら。
彼らが前から投げるのは、日本のように後ろから投げたらストライクが入らないからだが、
そんな現役をとうの昔に引退したコーチらと、現役のイチローでは、球の質もまるで違う。
さて、そうしたイチローの様々な形での関わりが透ける一方、現実もある。
試合直前、イチローはダグアウトを後にする。そこにはいられないのである。
イチローに相談された監督は、承諾した。
マリナーズはその試合も落とし、次に訪れたボストンでも1勝2敗と負け越したが、そこから8連勝。負けた分は全て取り戻した。
おそらくイチローが裏方に回った時、どうチームに関わっていくのか、首脳陣にも、イチロー本人にも明確なシナリオは描けていなかったはず。
前例も何もない。フロントの人間が、クラブハウスの中にロッカーを持ち、選手らと練習をするのである。
ただ、選手はイチローを頼り、監督も定期的にイチローを監督室に呼んで意見を求める。必要ならイチローは道化方さえ務める。
打席にも、外野守備にもつくことはないが、力になれるのであれば何でも…。
取材を通して、イチローのそんな姿が浮かび上がった。
フィールドにはいないはずのイチローの存在感が、
そこかしこに伺えた。

620名無しさん@実況は実況板で2018/09/05(水) 15:15:11.08ID:RF7ixECN
試合前、イチローが打撃練習を始めると、ケージの後ろに陣取ったコーチ、監督らが何やら囁き合う。
そして終盤になると、イチローがスイングするたびに一喜一憂する。
ホームの場合、午後3時15分ぐらいから4時ぐらいまで室内ケージで特製マシンを使った初動負荷のトレーニングを行い、打撃練習で汗を流す。
その後、午後4時15分から全体練習に参加。
打撃練習が始まると3組目に自分の順番が回ってくるまで外野で打球を追う。
大半の選手にとってはただの球拾いの時間だが、イチローは縦横無尽に走り回る。
ただ、選手登録を外れてからは、しばし足を止め、チームメートと談笑することも。
「どうやって毎日、試合に向けて準備しているのか」
「体調管理のコツは?」
以前からイチローは、「自分から伝えることはない」 というスタンス。しかし、「聞かれれば、答える」。
イチロー自身が壁を作っている時期は確かにあった。が、もはやそれは存在しない。
イチローの気遣いは、隅々に及ぶ。
基本的に大リーグには日本のような打撃投手がいない。

621名無しさん@実況は実況板で2018/09/05(水) 15:15:14.65ID:RF7ixECN
試合前、イチローが打撃練習を始めると、ケージの後ろに陣取ったコーチ、監督らが何やら囁き合う。
そして終盤になると、イチローがスイングするたびに一喜一憂する。
ホームの場合、午後3時15分ぐらいから4時ぐらいまで室内ケージで特製マシンを使った初動負荷のトレーニングを行い、打撃練習で汗を流す。
その後、午後4時15分から全体練習に参加。
打撃練習が始まると3組目に自分の順番が回ってくるまで外野で打球を追う。
大半の選手にとってはただの球拾いの時間だが、イチローは縦横無尽に走り回る。
ただ、選手登録を外れてからは、しばし足を止め、チームメートと談笑することも。
「どうやって毎日、試合に向けて準備しているのか」
「体調管理のコツは?」
以前からイチローは、「自分から伝えることはない」 というスタンス。しかし、「聞かれれば、答える」。
イチロー自身が壁を作っている時期は確かにあった。が、もはやそれは存在しない。
イチローの気遣いは、隅々に及ぶ。
基本的に大リーグには日本のような打撃投手がいない。
★通常、打撃練習で投げるのは監督、コーチら。
彼らが前から投げるのは、日本のように後ろから投げたらストライクが入らないからだが、
そんな現役をとうの昔に引退したコーチらと、現役のイチローでは、球の質もまるで違う。
さて、そうしたイチローの様々な形での関わりが透ける一方、現実もある。
試合直前、イチローはダグアウトを後にする。そこにはいられないのである。
イチローに相談された監督は、承諾した。
マリナーズはその試合も落とし、次に訪れたボストンでも1勝2敗と負け越したが、そこから8連勝。負けた分は全て取り戻した。
おそらくイチローが裏方に回った時、どうチームに関わっていくのか、首脳陣にも、イチロー本人にも明確なシナリオは描けていなかったはず。
前例も何もない。フロントの人間が、クラブハウスの中にロッカーを持ち、選手らと練習をするのである。
ただ、選手はイチローを頼り、監督も定期的にイチローを監督室に呼んで意見を求める。必要ならイチローは道化方さえ務める。
打席にも、外野守備にもつくことはないが、力になれるのであれば何でも…。
取材を通して、イチローのそんな姿が浮かび上がった。
フィールドにはいないはずのイチローの存在感が、
そこかしこに伺えた。

622名無しさん@実況は実況板で2018/09/05(水) 15:15:30.03ID:RF7ixECN
試合前、イチローが打撃練習を始めると、ケージの後ろに陣取ったコーチ、監督らが何やら囁き合う。
そして終盤になると、イチローがスイングするたびに一喜一憂する。
ホームの場合、午後3時15分ぐらいから4時ぐらいまで室内ケージで特製マシンを使った初動負荷のトレーニングを行い、打撃練習で汗を流す。
その後、午後4時15分から全体練習に参加。
打撃練習が始まると3組目に自分の順番が回ってくるまで外野で打球を追う。
大半の選手にとってはただの球拾いの時間だが、イチローは縦横無尽に走り回る。
ただ、選手登録を外れてからは、しばし足を止め、チームメートと談笑することも。
「どうやって毎日、試合に向けて準備しているのか」
「体調管理のコツは?」
以前からイチローは、「自分から伝えることはない」 というスタンス。しかし、「聞かれれば、答える」。
イチロー自身が壁を作っている時期は確かにあった。が、もはやそれは存在しない。
イチローの気遣いは、隅々に及ぶ。
基本的に大リーグには日本のような打撃投手がいない。

623名無しさん@実況は実況板で2018/09/05(水) 15:15:33.69ID:RF7ixECN
試合前、イチローが打撃練習を始めると、ケージの後ろに陣取ったコーチ、監督らが何やら囁き合う。
そして終盤になると、イチローがスイングするたびに一喜一憂する。
ホームの場合、午後3時15分ぐらいから4時ぐらいまで室内ケージで特製マシンを使った初動負荷のトレーニングを行い、打撃練習で汗を流す。
その後、午後4時15分から全体練習に参加。
打撃練習が始まると3組目に自分の順番が回ってくるまで外野で打球を追う。
大半の選手にとってはただの球拾いの時間だが、イチローは縦横無尽に走り回る。
ただ、選手登録を外れてからは、しばし足を止め、チームメートと談笑することも。
「どうやって毎日、試合に向けて準備しているのか」
「体調管理のコツは?」
以前からイチローは、「自分から伝えることはない」 というスタンス。しかし、「聞かれれば、答える」。
イチロー自身が壁を作っている時期は確かにあった。が、もはやそれは存在しない。
イチローの気遣いは、隅々に及ぶ。
基本的に大リーグには日本のような打撃投手がいない。
★通常、打撃練習で投げるのは監督、コーチら。
彼らが前から投げるのは、日本のように後ろから投げたらストライクが入らないからだが、
そんな現役をとうの昔に引退したコーチらと、現役のイチローでは、球の質もまるで違う。
さて、そうしたイチローの様々な形での関わりが透ける一方、現実もある。
試合直前、イチローはダグアウトを後にする。そこにはいられないのである。
イチローに相談された監督は、承諾した。
マリナーズはその試合も落とし、次に訪れたボストンでも1勝2敗と負け越したが、そこから8連勝。負けた分は全て取り戻した。
おそらくイチローが裏方に回った時、どうチームに関わっていくのか、首脳陣にも、イチロー本人にも明確なシナリオは描けていなかったはず。
前例も何もない。フロントの人間が、クラブハウスの中にロッカーを持ち、選手らと練習をするのである。
ただ、選手はイチローを頼り、監督も定期的にイチローを監督室に呼んで意見を求める。必要ならイチローは道化方さえ務める。
打席にも、外野守備にもつくことはないが、力になれるのであれば何でも…。
取材を通して、イチローのそんな姿が浮かび上がった。
フィールドにはいないはずのイチローの存在感が、
そこかしこに伺えた。

624名無しさん@実況は実況板で2018/09/05(水) 15:15:48.90ID:RF7ixECN
試合前、イチローが打撃練習を始めると、ケージの後ろに陣取ったコーチ、監督らが何やら囁き合う。
そして終盤になると、イチローがスイングするたびに一喜一憂する。
ホームの場合、午後3時15分ぐらいから4時ぐらいまで室内ケージで特製マシンを使った初動負荷のトレーニングを行い、打撃練習で汗を流す。
その後、午後4時15分から全体練習に参加。
打撃練習が始まると3組目に自分の順番が回ってくるまで外野で打球を追う。
大半の選手にとってはただの球拾いの時間だが、イチローは縦横無尽に走り回る。
ただ、選手登録を外れてからは、しばし足を止め、チームメートと談笑することも。
「どうやって毎日、試合に向けて準備しているのか」
「体調管理のコツは?」
以前からイチローは、「自分から伝えることはない」 というスタンス。しかし、「聞かれれば、答える」。
イチロー自身が壁を作っている時期は確かにあった。が、もはやそれは存在しない。
イチローの気遣いは、隅々に及ぶ。
基本的に大リーグには日本のような打撃投手がいない。
★通常、打撃練習で投げるのは監督、コーチら。
彼らが前から投げるのは、日本のように後ろから投げたらストライクが入らないからだが、
そんな現役をとうの昔に引退したコーチらと、現役のイチローでは、球の質もまるで違う。
さて、そうしたイチローの様々な形での関わりが透ける一方、現実もある。
試合直前、イチローはダグアウトを後にする。そこにはいられないのである。
イチローに相談された監督は、承諾した。
マリナーズはその試合も落とし、次に訪れたボストンでも1勝2敗と負け越したが、そこから8連勝。負けた分は全て取り戻した。
おそらくイチローが裏方に回った時、どうチームに関わっていくのか、首脳陣にも、イチロー本人にも明確なシナリオは描けていなかったはず。
前例も何もない。フロントの人間が、クラブハウスの中にロッカーを持ち、選手らと練習をするのである。
ただ、選手はイチローを頼り、監督も定期的にイチローを監督室に呼んで意見を求める。必要ならイチローは道化方さえ務める。
打席にも、外野守備にもつくことはないが、力になれるのであれば何でも…。
取材を通して、イチローのそんな姿が浮かび上がった。
フィールドにはいないはずのイチローの存在感が、
そこかしこに伺えた。

625名無しさん@実況は実況板で2018/09/05(水) 15:15:52.61ID:RF7ixECN
試合前、イチローが打撃練習を始めると、ケージの後ろに陣取ったコーチ、監督らが何やら囁き合う。
そして終盤になると、イチローがスイングするたびに一喜一憂する。
ホームの場合、午後3時15分ぐらいから4時ぐらいまで室内ケージで特製マシンを使った初動負荷のトレーニングを行い、打撃練習で汗を流す。
その後、午後4時15分から全体練習に参加。
打撃練習が始まると3組目に自分の順番が回ってくるまで外野で打球を追う。
大半の選手にとってはただの球拾いの時間だが、イチローは縦横無尽に走り回る。
ただ、選手登録を外れてからは、しばし足を止め、チームメートと談笑することも。
「どうやって毎日、試合に向けて準備しているのか」
「体調管理のコツは?」
以前からイチローは、「自分から伝えることはない」 というスタンス。しかし、「聞かれれば、答える」。
イチロー自身が壁を作っている時期は確かにあった。が、もはやそれは存在しない。
イチローの気遣いは、隅々に及ぶ。
基本的に大リーグには日本のような打撃投手がいない。
★通常、打撃練習で投げるのは監督、コーチら。
彼らが前から投げるのは、日本のように後ろから投げたらストライクが入らないからだが、
そんな現役をとうの昔に引退したコーチらと、現役のイチローでは、球の質もまるで違う。
さて、そうしたイチローの様々な形での関わりが透ける一方、現実もある。
試合直前、イチローはダグアウトを後にする。そこにはいられないのである。
イチローに相談された監督は、承諾した。
マリナーズはその試合も落とし、次に訪れたボストンでも1勝2敗と負け越したが、そこから8連勝。負けた分は全て取り戻した。
おそらくイチローが裏方に回った時、どうチームに関わっていくのか、首脳陣にも、イチロー本人にも明確なシナリオは描けていなかったはず。
前例も何もない。フロントの人間が、クラブハウスの中にロッカーを持ち、選手らと練習をするのである。
ただ、選手はイチローを頼り、監督も定期的にイチローを監督室に呼んで意見を求める。必要ならイチローは道化方さえ務める。
打席にも、外野守備にもつくことはないが、力になれるのであれば何でも…。
取材を通して、イチローのそんな姿が浮かび上がった。
フィールドにはいないはずのイチローの存在感が、
そこかしこに伺えた。

626名無しさん@実況は実況板で2018/09/05(水) 15:16:07.92ID:RF7ixECN
試合前、イチローが打撃練習を始めると、ケージの後ろに陣取ったコーチ、監督らが何やら囁き合う。
そして終盤になると、イチローがスイングするたびに一喜一憂する。
ホームの場合、午後3時15分ぐらいから4時ぐらいまで室内ケージで特製マシンを使った初動負荷のトレーニングを行い、打撃練習で汗を流す。
その後、午後4時15分から全体練習に参加。
打撃練習が始まると3組目に自分の順番が回ってくるまで外野で打球を追う。
大半の選手にとってはただの球拾いの時間だが、イチローは縦横無尽に走り回る。
ただ、選手登録を外れてからは、しばし足を止め、チームメートと談笑することも。
「どうやって毎日、試合に向けて準備しているのか」
「体調管理のコツは?」
以前からイチローは、「自分から伝えることはない」 というスタンス。しかし、「聞かれれば、答える」。
イチロー自身が壁を作っている時期は確かにあった。が、もはやそれは存在しない。
イチローの気遣いは、隅々に及ぶ。
基本的に大リーグには日本のような打撃投手がいない。

627名無しさん@実況は実況板で2018/09/05(水) 15:16:11.80ID:RF7ixECN
試合前、イチローが打撃練習を始めると、ケージの後ろに陣取ったコーチ、監督らが何やら囁き合う。
そして終盤になると、イチローがスイングするたびに一喜一憂する。
ホームの場合、午後3時15分ぐらいから4時ぐらいまで室内ケージで特製マシンを使った初動負荷のトレーニングを行い、打撃練習で汗を流す。
その後、午後4時15分から全体練習に参加。
打撃練習が始まると3組目に自分の順番が回ってくるまで外野で打球を追う。
大半の選手にとってはただの球拾いの時間だが、イチローは縦横無尽に走り回る。
ただ、選手登録を外れてからは、しばし足を止め、チームメートと談笑することも。
「どうやって毎日、試合に向けて準備しているのか」
「体調管理のコツは?」
以前からイチローは、「自分から伝えることはない」 というスタンス。しかし、「聞かれれば、答える」。
イチロー自身が壁を作っている時期は確かにあった。が、もはやそれは存在しない。
イチローの気遣いは、隅々に及ぶ。
基本的に大リーグには日本のような打撃投手がいない。
★通常、打撃練習で投げるのは監督、コーチら。
彼らが前から投げるのは、日本のように後ろから投げたらストライクが入らないからだが、
そんな現役をとうの昔に引退したコーチらと、現役のイチローでは、球の質もまるで違う。
さて、そうしたイチローの様々な形での関わりが透ける一方、現実もある。
試合直前、イチローはダグアウトを後にする。そこにはいられないのである。
イチローに相談された監督は、承諾した。
マリナーズはその試合も落とし、次に訪れたボストンでも1勝2敗と負け越したが、そこから8連勝。負けた分は全て取り戻した。
おそらくイチローが裏方に回った時、どうチームに関わっていくのか、首脳陣にも、イチロー本人にも明確なシナリオは描けていなかったはず。
前例も何もない。フロントの人間が、クラブハウスの中にロッカーを持ち、選手らと練習をするのである。
ただ、選手はイチローを頼り、監督も定期的にイチローを監督室に呼んで意見を求める。必要ならイチローは道化方さえ務める。
打席にも、外野守備にもつくことはないが、力になれるのであれば何でも…。
取材を通して、イチローのそんな姿が浮かび上がった。
フィールドにはいないはずのイチローの存在感が、
そこかしこに伺えた。

628名無しさん@実況は実況板で2018/09/05(水) 15:16:26.64ID:RF7ixECN
試合前、イチローが打撃練習を始めると、ケージの後ろに陣取ったコーチ、監督らが何やら囁き合う。
そして終盤になると、イチローがスイングするたびに一喜一憂する。
ホームの場合、午後3時15分ぐらいから4時ぐらいまで室内ケージで特製マシンを使った初動負荷のトレーニングを行い、打撃練習で汗を流す。
その後、午後4時15分から全体練習に参加。
打撃練習が始まると3組目に自分の順番が回ってくるまで外野で打球を追う。
大半の選手にとってはただの球拾いの時間だが、イチローは縦横無尽に走り回る。
ただ、選手登録を外れてからは、しばし足を止め、チームメートと談笑することも。
「どうやって毎日、試合に向けて準備しているのか」
「体調管理のコツは?」
以前からイチローは、「自分から伝えることはない」 というスタンス。しかし、「聞かれれば、答える」。
イチロー自身が壁を作っている時期は確かにあった。が、もはやそれは存在しない。
イチローの気遣いは、隅々に及ぶ。
基本的に大リーグには日本のような打撃投手がいない。

629名無しさん@実況は実況板で2018/09/05(水) 15:16:30.88ID:RF7ixECN
試合前、イチローが打撃練習を始めると、ケージの後ろに陣取ったコーチ、監督らが何やら囁き合う。
そして終盤になると、イチローがスイングするたびに一喜一憂する。
ホームの場合、午後3時15分ぐらいから4時ぐらいまで室内ケージで特製マシンを使った初動負荷のトレーニングを行い、打撃練習で汗を流す。
その後、午後4時15分から全体練習に参加。
打撃練習が始まると3組目に自分の順番が回ってくるまで外野で打球を追う。
大半の選手にとってはただの球拾いの時間だが、イチローは縦横無尽に走り回る。
ただ、選手登録を外れてからは、しばし足を止め、チームメートと談笑することも。
「どうやって毎日、試合に向けて準備しているのか」
「体調管理のコツは?」
以前からイチローは、「自分から伝えることはない」 というスタンス。しかし、「聞かれれば、答える」。
イチロー自身が壁を作っている時期は確かにあった。が、もはやそれは存在しない。
イチローの気遣いは、隅々に及ぶ。
基本的に大リーグには日本のような打撃投手がいない。
★通常、打撃練習で投げるのは監督、コーチら。
彼らが前から投げるのは、日本のように後ろから投げたらストライクが入らないからだが、
そんな現役をとうの昔に引退したコーチらと、現役のイチローでは、球の質もまるで違う。
さて、そうしたイチローの様々な形での関わりが透ける一方、現実もある。
試合直前、イチローはダグアウトを後にする。そこにはいられないのである。
イチローに相談された監督は、承諾した。
マリナーズはその試合も落とし、次に訪れたボストンでも1勝2敗と負け越したが、そこから8連勝。負けた分は全て取り戻した。
おそらくイチローが裏方に回った時、どうチームに関わっていくのか、首脳陣にも、イチロー本人にも明確なシナリオは描けていなかったはず。
前例も何もない。フロントの人間が、クラブハウスの中にロッカーを持ち、選手らと練習をするのである。
ただ、選手はイチローを頼り、監督も定期的にイチローを監督室に呼んで意見を求める。必要ならイチローは道化方さえ務める。
打席にも、外野守備にもつくことはないが、力になれるのであれば何でも…。
取材を通して、イチローのそんな姿が浮かび上がった。
フィールドにはいないはずのイチローの存在感が、
そこかしこに伺えた。

630名無しさん@実況は実況板で2018/09/05(水) 15:16:46.09ID:RF7ixECN
試合前、イチローが打撃練習を始めると、ケージの後ろに陣取ったコーチ、監督らが何やら囁き合う。
そして終盤になると、イチローがスイングするたびに一喜一憂する。
ホームの場合、午後3時15分ぐらいから4時ぐらいまで室内ケージで特製マシンを使った初動負荷のトレーニングを行い、打撃練習で汗を流す。
その後、午後4時15分から全体練習に参加。
打撃練習が始まると3組目に自分の順番が回ってくるまで外野で打球を追う。
大半の選手にとってはただの球拾いの時間だが、イチローは縦横無尽に走り回る。
ただ、選手登録を外れてからは、しばし足を止め、チームメートと談笑することも。
「どうやって毎日、試合に向けて準備しているのか」
「体調管理のコツは?」
以前からイチローは、「自分から伝えることはない」 というスタンス。しかし、「聞かれれば、答える」。
イチロー自身が壁を作っている時期は確かにあった。が、もはやそれは存在しない。
イチローの気遣いは、隅々に及ぶ。
基本的に大リーグには日本のような打撃投手がいない。
★通常、打撃練習で投げるのは監督、コーチら。
彼らが前から投げるのは、日本のように後ろから投げたらストライクが入らないからだが、
そんな現役をとうの昔に引退したコーチらと、現役のイチローでは、球の質もまるで違う。
さて、そうしたイチローの様々な形での関わりが透ける一方、現実もある。
試合直前、イチローはダグアウトを後にする。そこにはいられないのである。
イチローに相談された監督は、承諾した。
マリナーズはその試合も落とし、次に訪れたボストンでも1勝2敗と負け越したが、そこから8連勝。負けた分は全て取り戻した。
おそらくイチローが裏方に回った時、どうチームに関わっていくのか、首脳陣にも、イチロー本人にも明確なシナリオは描けていなかったはず。
前例も何もない。フロントの人間が、クラブハウスの中にロッカーを持ち、選手らと練習をするのである。
ただ、選手はイチローを頼り、監督も定期的にイチローを監督室に呼んで意見を求める。必要ならイチローは道化方さえ務める。
打席にも、外野守備にもつくことはないが、力になれるのであれば何でも…。
取材を通して、イチローのそんな姿が浮かび上がった。
フィールドにはいないはずのイチローの存在感が、
そこかしこに伺えた。

631名無しさん@実況は実況板で2018/09/05(水) 15:16:49.70ID:RF7ixECN
試合前、イチローが打撃練習を始めると、ケージの後ろに陣取ったコーチ、監督らが何やら囁き合う。
そして終盤になると、イチローがスイングするたびに一喜一憂する。
ホームの場合、午後3時15分ぐらいから4時ぐらいまで室内ケージで特製マシンを使った初動負荷のトレーニングを行い、打撃練習で汗を流す。
その後、午後4時15分から全体練習に参加。
打撃練習が始まると3組目に自分の順番が回ってくるまで外野で打球を追う。
大半の選手にとってはただの球拾いの時間だが、イチローは縦横無尽に走り回る。
ただ、選手登録を外れてからは、しばし足を止め、チームメートと談笑することも。
「どうやって毎日、試合に向けて準備しているのか」
「体調管理のコツは?」
以前からイチローは、「自分から伝えることはない」 というスタンス。しかし、「聞かれれば、答える」。
イチロー自身が壁を作っている時期は確かにあった。が、もはやそれは存在しない。
イチローの気遣いは、隅々に及ぶ。
基本的に大リーグには日本のような打撃投手がいない。
★通常、打撃練習で投げるのは監督、コーチら。
彼らが前から投げるのは、日本のように後ろから投げたらストライクが入らないからだが、
そんな現役をとうの昔に引退したコーチらと、現役のイチローでは、球の質もまるで違う。
さて、そうしたイチローの様々な形での関わりが透ける一方、現実もある。
試合直前、イチローはダグアウトを後にする。そこにはいられないのである。
イチローに相談された監督は、承諾した。
マリナーズはその試合も落とし、次に訪れたボストンでも1勝2敗と負け越したが、そこから8連勝。負けた分は全て取り戻した。
おそらくイチローが裏方に回った時、どうチームに関わっていくのか、首脳陣にも、イチロー本人にも明確なシナリオは描けていなかったはず。
前例も何もない。フロントの人間が、クラブハウスの中にロッカーを持ち、選手らと練習をするのである。
ただ、選手はイチローを頼り、監督も定期的にイチローを監督室に呼んで意見を求める。必要ならイチローは道化方さえ務める。
打席にも、外野守備にもつくことはないが、力になれるのであれば何でも…。
取材を通して、イチローのそんな姿が浮かび上がった。
フィールドにはいないはずのイチローの存在感が、
そこかしこに伺えた。

632名無しさん@実況は実況板で2018/09/05(水) 15:17:28.57ID:RF7ixECN
試合前、イチローが打撃練習を始めると、ケージの後ろに陣取ったコーチ、監督らが何やら囁き合う。
そして終盤になると、イチローがスイングするたびに一喜一憂する。
ホームの場合、午後3時15分ぐらいから4時ぐらいまで室内ケージで特製マシンを使った初動負荷のトレーニングを行い、打撃練習で汗を流す。
その後、午後4時15分から全体練習に参加。
打撃練習が始まると3組目に自分の順番が回ってくるまで外野で打球を追う。
大半の選手にとってはただの球拾いの時間だが、イチローは縦横無尽に走り回る。
ただ、選手登録を外れてからは、しばし足を止め、チームメートと談笑することも。
「どうやって毎日、試合に向けて準備しているのか」
「体調管理のコツは?」
以前からイチローは、「自分から伝えることはない」 というスタンス。しかし、「聞かれれば、答える」。
イチロー自身が壁を作っている時期は確かにあった。が、もはやそれは存在しない。
イチローの気遣いは、隅々に及ぶ。
基本的に大リーグには日本のような打撃投手がいない。

633名無しさん@実況は実況板で2018/09/05(水) 15:17:53.26ID:RF7ixECN
試合前、イチローが打撃練習を始めると、ケージの後ろに陣取ったコーチ、監督らが何やら囁き合う。
そして終盤になると、イチローがスイングするたびに一喜一憂する。
ホームの場合、午後3時15分ぐらいから4時ぐらいまで室内ケージで特製マシンを使った初動負荷のトレーニングを行い、打撃練習で汗を流す。
その後、午後4時15分から全体練習に参加。
打撃練習が始まると3組目に自分の順番が回ってくるまで外野で打球を追う。
大半の選手にとってはただの球拾いの時間だが、イチローは縦横無尽に走り回る。
ただ、選手登録を外れてからは、しばし足を止め、チームメートと談笑することも。
「どうやって毎日、試合に向けて準備しているのか」
「体調管理のコツは?」
以前からイチローは、「自分から伝えることはない」 というスタンス。しかし、「聞かれれば、答える」。
イチロー自身が壁を作っている時期は確かにあった。が、もはやそれは存在しない。
イチローの気遣いは、隅々に及ぶ。
基本的に大リーグには日本のような打撃投手がいない。

634名無しさん@実況は実況板で2018/09/05(水) 15:17:59.01ID:RF7ixECN
試合前、イチローが打撃練習を始めると、ケージの後ろに陣取ったコーチ、監督らが何やら囁き合う。
そして終盤になると、イチローがスイングするたびに一喜一憂する。
ホームの場合、午後3時15分ぐらいから4時ぐらいまで室内ケージで特製マシンを使った初動負荷のトレーニングを行い、打撃練習で汗を流す。
その後、午後4時15分から全体練習に参加。
打撃練習が始まると3組目に自分の順番が回ってくるまで外野で打球を追う。
大半の選手にとってはただの球拾いの時間だが、イチローは縦横無尽に走り回る。
ただ、選手登録を外れてからは、しばし足を止め、チームメートと談笑することも。
「どうやって毎日、試合に向けて準備しているのか」
「体調管理のコツは?」
以前からイチローは、「自分から伝えることはない」 というスタンス。しかし、「聞かれれば、答える」。
イチロー自身が壁を作っている時期は確かにあった。が、もはやそれは存在しない。
イチローの気遣いは、隅々に及ぶ。
基本的に大リーグには日本のような打撃投手がいない。
★通常、打撃練習で投げるのは監督、コーチら。
彼らが前から投げるのは、日本のように後ろから投げたらストライクが入らないからだが、
そんな現役をとうの昔に引退したコーチらと、現役のイチローでは、球の質もまるで違う。
さて、そうしたイチローの様々な形での関わりが透ける一方、現実もある。
試合直前、イチローはダグアウトを後にする。そこにはいられないのである。
イチローに相談された監督は、承諾した。
マリナーズはその試合も落とし、次に訪れたボストンでも1勝2敗と負け越したが、そこから8連勝。負けた分は全て取り戻した。
おそらくイチローが裏方に回った時、どうチームに関わっていくのか、首脳陣にも、イチロー本人にも明確なシナリオは描けていなかったはず。
前例も何もない。フロントの人間が、クラブハウスの中にロッカーを持ち、選手らと練習をするのである。
ただ、選手はイチローを頼り、監督も定期的にイチローを監督室に呼んで意見を求める。必要ならイチローは道化方さえ務める。
打席にも、外野守備にもつくことはないが、力になれるのであれば何でも…。
取材を通して、イチローのそんな姿が浮かび上がった。
フィールドにはいないはずのイチローの存在感が、
そこかしこに伺えた。

635名無しさん@実況は実況板で2018/09/05(水) 15:18:14.49ID:RF7ixECN
試合前、イチローが打撃練習を始めると、ケージの後ろに陣取ったコーチ、監督らが何やら囁き合う。
そして終盤になると、イチローがスイングするたびに一喜一憂する。
ホームの場合、午後3時15分ぐらいから4時ぐらいまで室内ケージで特製マシンを使った初動負荷のトレーニングを行い、打撃練習で汗を流す。
その後、午後4時15分から全体練習に参加。
打撃練習が始まると3組目に自分の順番が回ってくるまで外野で打球を追う。
大半の選手にとってはただの球拾いの時間だが、イチローは縦横無尽に走り回る。
ただ、選手登録を外れてからは、しばし足を止め、チームメートと談笑することも。
「どうやって毎日、試合に向けて準備しているのか」
「体調管理のコツは?」
以前からイチローは、「自分から伝えることはない」 というスタンス。しかし、「聞かれれば、答える」。
イチロー自身が壁を作っている時期は確かにあった。が、もはやそれは存在しない。
イチローの気遣いは、隅々に及ぶ。
基本的に大リーグには日本のような打撃投手がいない。

636名無しさん@実況は実況板で2018/09/05(水) 15:18:18.14ID:RF7ixECN
試合前、イチローが打撃練習を始めると、ケージの後ろに陣取ったコーチ、監督らが何やら囁き合う。
そして終盤になると、イチローがスイングするたびに一喜一憂する。
ホームの場合、午後3時15分ぐらいから4時ぐらいまで室内ケージで特製マシンを使った初動負荷のトレーニングを行い、打撃練習で汗を流す。
その後、午後4時15分から全体練習に参加。
打撃練習が始まると3組目に自分の順番が回ってくるまで外野で打球を追う。
大半の選手にとってはただの球拾いの時間だが、イチローは縦横無尽に走り回る。
ただ、選手登録を外れてからは、しばし足を止め、チームメートと談笑することも。
「どうやって毎日、試合に向けて準備しているのか」
「体調管理のコツは?」
以前からイチローは、「自分から伝えることはない」 というスタンス。しかし、「聞かれれば、答える」。
イチロー自身が壁を作っている時期は確かにあった。が、もはやそれは存在しない。
イチローの気遣いは、隅々に及ぶ。
基本的に大リーグには日本のような打撃投手がいない。
★通常、打撃練習で投げるのは監督、コーチら。
彼らが前から投げるのは、日本のように後ろから投げたらストライクが入らないからだが、
そんな現役をとうの昔に引退したコーチらと、現役のイチローでは、球の質もまるで違う。
さて、そうしたイチローの様々な形での関わりが透ける一方、現実もある。
試合直前、イチローはダグアウトを後にする。そこにはいられないのである。
イチローに相談された監督は、承諾した。
マリナーズはその試合も落とし、次に訪れたボストンでも1勝2敗と負け越したが、そこから8連勝。負けた分は全て取り戻した。
おそらくイチローが裏方に回った時、どうチームに関わっていくのか、首脳陣にも、イチロー本人にも明確なシナリオは描けていなかったはず。
前例も何もない。フロントの人間が、クラブハウスの中にロッカーを持ち、選手らと練習をするのである。
ただ、選手はイチローを頼り、監督も定期的にイチローを監督室に呼んで意見を求める。必要ならイチローは道化方さえ務める。
打席にも、外野守備にもつくことはないが、力になれるのであれば何でも…。
取材を通して、イチローのそんな姿が浮かび上がった。
フィールドにはいないはずのイチローの存在感が、
そこかしこに伺えた。

637名無しさん@実況は実況板で2018/09/05(水) 15:18:33.93ID:RF7ixECN
試合前、イチローが打撃練習を始めると、ケージの後ろに陣取ったコーチ、監督らが何やら囁き合う。
そして終盤になると、イチローがスイングするたびに一喜一憂する。
ホームの場合、午後3時15分ぐらいから4時ぐらいまで室内ケージで特製マシンを使った初動負荷のトレーニングを行い、打撃練習で汗を流す。
その後、午後4時15分から全体練習に参加。
打撃練習が始まると3組目に自分の順番が回ってくるまで外野で打球を追う。
大半の選手にとってはただの球拾いの時間だが、イチローは縦横無尽に走り回る。
ただ、選手登録を外れてからは、しばし足を止め、チームメートと談笑することも。
「どうやって毎日、試合に向けて準備しているのか」
「体調管理のコツは?」
以前からイチローは、「自分から伝えることはない」 というスタンス。しかし、「聞かれれば、答える」。
イチロー自身が壁を作っている時期は確かにあった。が、もはやそれは存在しない。
イチローの気遣いは、隅々に及ぶ。
基本的に大リーグには日本のような打撃投手がいない。

638名無しさん@実況は実況板で2018/09/05(水) 15:18:37.31ID:RF7ixECN
試合前、イチローが打撃練習を始めると、ケージの後ろに陣取ったコーチ、監督らが何やら囁き合う。
そして終盤になると、イチローがスイングするたびに一喜一憂する。
ホームの場合、午後3時15分ぐらいから4時ぐらいまで室内ケージで特製マシンを使った初動負荷のトレーニングを行い、打撃練習で汗を流す。
その後、午後4時15分から全体練習に参加。
打撃練習が始まると3組目に自分の順番が回ってくるまで外野で打球を追う。
大半の選手にとってはただの球拾いの時間だが、イチローは縦横無尽に走り回る。
ただ、選手登録を外れてからは、しばし足を止め、チームメートと談笑することも。
「どうやって毎日、試合に向けて準備しているのか」
「体調管理のコツは?」
以前からイチローは、「自分から伝えることはない」 というスタンス。しかし、「聞かれれば、答える」。
イチロー自身が壁を作っている時期は確かにあった。が、もはやそれは存在しない。
イチローの気遣いは、隅々に及ぶ。
基本的に大リーグには日本のような打撃投手がいない。
★通常、打撃練習で投げるのは監督、コーチら。
彼らが前から投げるのは、日本のように後ろから投げたらストライクが入らないからだが、
そんな現役をとうの昔に引退したコーチらと、現役のイチローでは、球の質もまるで違う。
さて、そうしたイチローの様々な形での関わりが透ける一方、現実もある。
試合直前、イチローはダグアウトを後にする。そこにはいられないのである。
イチローに相談された監督は、承諾した。
マリナーズはその試合も落とし、次に訪れたボストンでも1勝2敗と負け越したが、そこから8連勝。負けた分は全て取り戻した。
おそらくイチローが裏方に回った時、どうチームに関わっていくのか、首脳陣にも、イチロー本人にも明確なシナリオは描けていなかったはず。
前例も何もない。フロントの人間が、クラブハウスの中にロッカーを持ち、選手らと練習をするのである。
ただ、選手はイチローを頼り、監督も定期的にイチローを監督室に呼んで意見を求める。必要ならイチローは道化方さえ務める。
打席にも、外野守備にもつくことはないが、力になれるのであれば何でも…。
取材を通して、イチローのそんな姿が浮かび上がった。
フィールドにはいないはずのイチローの存在感が、
そこかしこに伺えた。

639名無しさん@実況は実況板で2018/09/05(水) 15:18:53.06ID:RF7ixECN
試合前、イチローが打撃練習を始めると、ケージの後ろに陣取ったコーチ、監督らが何やら囁き合う。
そして終盤になると、イチローがスイングするたびに一喜一憂する。
ホームの場合、午後3時15分ぐらいから4時ぐらいまで室内ケージで特製マシンを使った初動負荷のトレーニングを行い、打撃練習で汗を流す。
その後、午後4時15分から全体練習に参加。
打撃練習が始まると3組目に自分の順番が回ってくるまで外野で打球を追う。
大半の選手にとってはただの球拾いの時間だが、イチローは縦横無尽に走り回る。
ただ、選手登録を外れてからは、しばし足を止め、チームメートと談笑することも。
「どうやって毎日、試合に向けて準備しているのか」
「体調管理のコツは?」
以前からイチローは、「自分から伝えることはない」 というスタンス。しかし、「聞かれれば、答える」。
イチロー自身が壁を作っている時期は確かにあった。が、もはやそれは存在しない。
イチローの気遣いは、隅々に及ぶ。
基本的に大リーグには日本のような打撃投手がいない。

640名無しさん@実況は実況板で2018/09/05(水) 15:18:56.31ID:RF7ixECN
試合前、イチローが打撃練習を始めると、ケージの後ろに陣取ったコーチ、監督らが何やら囁き合う。
そして終盤になると、イチローがスイングするたびに一喜一憂する。
ホームの場合、午後3時15分ぐらいから4時ぐらいまで室内ケージで特製マシンを使った初動負荷のトレーニングを行い、打撃練習で汗を流す。
その後、午後4時15分から全体練習に参加。
打撃練習が始まると3組目に自分の順番が回ってくるまで外野で打球を追う。
大半の選手にとってはただの球拾いの時間だが、イチローは縦横無尽に走り回る。
ただ、選手登録を外れてからは、しばし足を止め、チームメートと談笑することも。
「どうやって毎日、試合に向けて準備しているのか」
「体調管理のコツは?」
以前からイチローは、「自分から伝えることはない」 というスタンス。しかし、「聞かれれば、答える」。
イチロー自身が壁を作っている時期は確かにあった。が、もはやそれは存在しない。
イチローの気遣いは、隅々に及ぶ。
基本的に大リーグには日本のような打撃投手がいない。
★通常、打撃練習で投げるのは監督、コーチら。
彼らが前から投げるのは、日本のように後ろから投げたらストライクが入らないからだが、
そんな現役をとうの昔に引退したコーチらと、現役のイチローでは、球の質もまるで違う。
さて、そうしたイチローの様々な形での関わりが透ける一方、現実もある。
試合直前、イチローはダグアウトを後にする。そこにはいられないのである。
イチローに相談された監督は、承諾した。
マリナーズはその試合も落とし、次に訪れたボストンでも1勝2敗と負け越したが、そこから8連勝。負けた分は全て取り戻した。
おそらくイチローが裏方に回った時、どうチームに関わっていくのか、首脳陣にも、イチロー本人にも明確なシナリオは描けていなかったはず。
前例も何もない。フロントの人間が、クラブハウスの中にロッカーを持ち、選手らと練習をするのである。
ただ、選手はイチローを頼り、監督も定期的にイチローを監督室に呼んで意見を求める。必要ならイチローは道化方さえ務める。
打席にも、外野守備にもつくことはないが、力になれるのであれば何でも…。
取材を通して、イチローのそんな姿が浮かび上がった。
フィールドにはいないはずのイチローの存在感が、
そこかしこに伺えた。

641名無しさん@実況は実況板で2018/09/05(水) 15:19:11.79ID:RF7ixECN
試合前、イチローが打撃練習を始めると、ケージの後ろに陣取ったコーチ、監督らが何やら囁き合う。
そして終盤になると、イチローがスイングするたびに一喜一憂する。
ホームの場合、午後3時15分ぐらいから4時ぐらいまで室内ケージで特製マシンを使った初動負荷のトレーニングを行い、打撃練習で汗を流す。
その後、午後4時15分から全体練習に参加。
打撃練習が始まると3組目に自分の順番が回ってくるまで外野で打球を追う。
大半の選手にとってはただの球拾いの時間だが、イチローは縦横無尽に走り回る。
ただ、選手登録を外れてからは、しばし足を止め、チームメートと談笑することも。
「どうやって毎日、試合に向けて準備しているのか」
「体調管理のコツは?」
以前からイチローは、「自分から伝えることはない」 というスタンス。しかし、「聞かれれば、答える」。
イチロー自身が壁を作っている時期は確かにあった。が、もはやそれは存在しない。
イチローの気遣いは、隅々に及ぶ。
基本的に大リーグには日本のような打撃投手がいない。

642名無しさん@実況は実況板で2018/09/05(水) 15:19:15.87ID:RF7ixECN
試合前、イチローが打撃練習を始めると、ケージの後ろに陣取ったコーチ、監督らが何やら囁き合う。
そして終盤になると、イチローがスイングするたびに一喜一憂する。
ホームの場合、午後3時15分ぐらいから4時ぐらいまで室内ケージで特製マシンを使った初動負荷のトレーニングを行い、打撃練習で汗を流す。
その後、午後4時15分から全体練習に参加。
打撃練習が始まると3組目に自分の順番が回ってくるまで外野で打球を追う。
大半の選手にとってはただの球拾いの時間だが、イチローは縦横無尽に走り回る。
ただ、選手登録を外れてからは、しばし足を止め、チームメートと談笑することも。
「どうやって毎日、試合に向けて準備しているのか」
「体調管理のコツは?」
以前からイチローは、「自分から伝えることはない」 というスタンス。しかし、「聞かれれば、答える」。
イチロー自身が壁を作っている時期は確かにあった。が、もはやそれは存在しない。
イチローの気遣いは、隅々に及ぶ。
基本的に大リーグには日本のような打撃投手がいない。
★通常、打撃練習で投げるのは監督、コーチら。
彼らが前から投げるのは、日本のように後ろから投げたらストライクが入らないからだが、
そんな現役をとうの昔に引退したコーチらと、現役のイチローでは、球の質もまるで違う。
さて、そうしたイチローの様々な形での関わりが透ける一方、現実もある。
試合直前、イチローはダグアウトを後にする。そこにはいられないのである。
イチローに相談された監督は、承諾した。
マリナーズはその試合も落とし、次に訪れたボストンでも1勝2敗と負け越したが、そこから8連勝。負けた分は全て取り戻した。
おそらくイチローが裏方に回った時、どうチームに関わっていくのか、首脳陣にも、イチロー本人にも明確なシナリオは描けていなかったはず。
前例も何もない。フロントの人間が、クラブハウスの中にロッカーを持ち、選手らと練習をするのである。
ただ、選手はイチローを頼り、監督も定期的にイチローを監督室に呼んで意見を求める。必要ならイチローは道化方さえ務める。
打席にも、外野守備にもつくことはないが、力になれるのであれば何でも…。
取材を通して、イチローのそんな姿が浮かび上がった。
フィールドにはいないはずのイチローの存在感が、
そこかしこに伺えた。

643名無しさん@実況は実況板で2018/09/05(水) 15:19:31.53ID:RF7ixECN
試合前、イチローが打撃練習を始めると、ケージの後ろに陣取ったコーチ、監督らが何やら囁き合う。
そして終盤になると、イチローがスイングするたびに一喜一憂する。
ホームの場合、午後3時15分ぐらいから4時ぐらいまで室内ケージで特製マシンを使った初動負荷のトレーニングを行い、打撃練習で汗を流す。
その後、午後4時15分から全体練習に参加。
打撃練習が始まると3組目に自分の順番が回ってくるまで外野で打球を追う。
大半の選手にとってはただの球拾いの時間だが、イチローは縦横無尽に走り回る。
ただ、選手登録を外れてからは、しばし足を止め、チームメートと談笑することも。
「どうやって毎日、試合に向けて準備しているのか」
「体調管理のコツは?」
以前からイチローは、「自分から伝えることはない」 というスタンス。しかし、「聞かれれば、答える」。
イチロー自身が壁を作っている時期は確かにあった。が、もはやそれは存在しない。
イチローの気遣いは、隅々に及ぶ。
基本的に大リーグには日本のような打撃投手がいない。

644名無しさん@実況は実況板で2018/09/05(水) 15:19:34.78ID:RF7ixECN
試合前、イチローが打撃練習を始めると、ケージの後ろに陣取ったコーチ、監督らが何やら囁き合う。
そして終盤になると、イチローがスイングするたびに一喜一憂する。
ホームの場合、午後3時15分ぐらいから4時ぐらいまで室内ケージで特製マシンを使った初動負荷のトレーニングを行い、打撃練習で汗を流す。
その後、午後4時15分から全体練習に参加。
打撃練習が始まると3組目に自分の順番が回ってくるまで外野で打球を追う。
大半の選手にとってはただの球拾いの時間だが、イチローは縦横無尽に走り回る。
ただ、選手登録を外れてからは、しばし足を止め、チームメートと談笑することも。
「どうやって毎日、試合に向けて準備しているのか」
「体調管理のコツは?」
以前からイチローは、「自分から伝えることはない」 というスタンス。しかし、「聞かれれば、答える」。
イチロー自身が壁を作っている時期は確かにあった。が、もはやそれは存在しない。
イチローの気遣いは、隅々に及ぶ。
基本的に大リーグには日本のような打撃投手がいない。
★通常、打撃練習で投げるのは監督、コーチら。
彼らが前から投げるのは、日本のように後ろから投げたらストライクが入らないからだが、
そんな現役をとうの昔に引退したコーチらと、現役のイチローでは、球の質もまるで違う。
さて、そうしたイチローの様々な形での関わりが透ける一方、現実もある。
試合直前、イチローはダグアウトを後にする。そこにはいられないのである。
イチローに相談された監督は、承諾した。
マリナーズはその試合も落とし、次に訪れたボストンでも1勝2敗と負け越したが、そこから8連勝。負けた分は全て取り戻した。
おそらくイチローが裏方に回った時、どうチームに関わっていくのか、首脳陣にも、イチロー本人にも明確なシナリオは描けていなかったはず。
前例も何もない。フロントの人間が、クラブハウスの中にロッカーを持ち、選手らと練習をするのである。
ただ、選手はイチローを頼り、監督も定期的にイチローを監督室に呼んで意見を求める。必要ならイチローは道化方さえ務める。
打席にも、外野守備にもつくことはないが、力になれるのであれば何でも…。
取材を通して、イチローのそんな姿が浮かび上がった。
フィールドにはいないはずのイチローの存在感が、
そこかしこに伺えた。

645名無しさん@実況は実況板で2018/09/05(水) 15:19:50.15ID:RF7ixECN
試合前、イチローが打撃練習を始めると、ケージの後ろに陣取ったコーチ、監督らが何やら囁き合う。
そして終盤になると、イチローがスイングするたびに一喜一憂する。
ホームの場合、午後3時15分ぐらいから4時ぐらいまで室内ケージで特製マシンを使った初動負荷のトレーニングを行い、打撃練習で汗を流す。
その後、午後4時15分から全体練習に参加。
打撃練習が始まると3組目に自分の順番が回ってくるまで外野で打球を追う。
大半の選手にとってはただの球拾いの時間だが、イチローは縦横無尽に走り回る。
ただ、選手登録を外れてからは、しばし足を止め、チームメートと談笑することも。
「どうやって毎日、試合に向けて準備しているのか」
「体調管理のコツは?」
以前からイチローは、「自分から伝えることはない」 というスタンス。しかし、「聞かれれば、答える」。
イチロー自身が壁を作っている時期は確かにあった。が、もはやそれは存在しない。
イチローの気遣いは、隅々に及ぶ。
基本的に大リーグには日本のような打撃投手がいない。

646名無しさん@実況は実況板で2018/09/05(水) 15:19:53.59ID:RF7ixECN
試合前、イチローが打撃練習を始めると、ケージの後ろに陣取ったコーチ、監督らが何やら囁き合う。
そして終盤になると、イチローがスイングするたびに一喜一憂する。
ホームの場合、午後3時15分ぐらいから4時ぐらいまで室内ケージで特製マシンを使った初動負荷のトレーニングを行い、打撃練習で汗を流す。
その後、午後4時15分から全体練習に参加。
打撃練習が始まると3組目に自分の順番が回ってくるまで外野で打球を追う。
大半の選手にとってはただの球拾いの時間だが、イチローは縦横無尽に走り回る。
ただ、選手登録を外れてからは、しばし足を止め、チームメートと談笑することも。
「どうやって毎日、試合に向けて準備しているのか」
「体調管理のコツは?」
以前からイチローは、「自分から伝えることはない」 というスタンス。しかし、「聞かれれば、答える」。
イチロー自身が壁を作っている時期は確かにあった。が、もはやそれは存在しない。
イチローの気遣いは、隅々に及ぶ。
基本的に大リーグには日本のような打撃投手がいない。
★通常、打撃練習で投げるのは監督、コーチら。
彼らが前から投げるのは、日本のように後ろから投げたらストライクが入らないからだが、
そんな現役をとうの昔に引退したコーチらと、現役のイチローでは、球の質もまるで違う。
さて、そうしたイチローの様々な形での関わりが透ける一方、現実もある。
試合直前、イチローはダグアウトを後にする。そこにはいられないのである。
イチローに相談された監督は、承諾した。
マリナーズはその試合も落とし、次に訪れたボストンでも1勝2敗と負け越したが、そこから8連勝。負けた分は全て取り戻した。
おそらくイチローが裏方に回った時、どうチームに関わっていくのか、首脳陣にも、イチロー本人にも明確なシナリオは描けていなかったはず。
前例も何もない。フロントの人間が、クラブハウスの中にロッカーを持ち、選手らと練習をするのである。
ただ、選手はイチローを頼り、監督も定期的にイチローを監督室に呼んで意見を求める。必要ならイチローは道化方さえ務める。
打席にも、外野守備にもつくことはないが、力になれるのであれば何でも…。
取材を通して、イチローのそんな姿が浮かび上がった。
フィールドにはいないはずのイチローの存在感が、
そこかしこに伺えた。

647名無しさん@実況は実況板で2018/09/05(水) 15:20:08.90ID:RF7ixECN
試合前、イチローが打撃練習を始めると、ケージの後ろに陣取ったコーチ、監督らが何やら囁き合う。
そして終盤になると、イチローがスイングするたびに一喜一憂する。
ホームの場合、午後3時15分ぐらいから4時ぐらいまで室内ケージで特製マシンを使った初動負荷のトレーニングを行い、打撃練習で汗を流す。
その後、午後4時15分から全体練習に参加。
打撃練習が始まると3組目に自分の順番が回ってくるまで外野で打球を追う。
大半の選手にとってはただの球拾いの時間だが、イチローは縦横無尽に走り回る。
ただ、選手登録を外れてからは、しばし足を止め、チームメートと談笑することも。
「どうやって毎日、試合に向けて準備しているのか」
「体調管理のコツは?」
以前からイチローは、「自分から伝えることはない」 というスタンス。しかし、「聞かれれば、答える」。
イチロー自身が壁を作っている時期は確かにあった。が、もはやそれは存在しない。
イチローの気遣いは、隅々に及ぶ。
基本的に大リーグには日本のような打撃投手がいない。

648名無しさん@実況は実況板で2018/09/05(水) 15:20:12.30ID:RF7ixECN
試合前、イチローが打撃練習を始めると、ケージの後ろに陣取ったコーチ、監督らが何やら囁き合う。
そして終盤になると、イチローがスイングするたびに一喜一憂する。
ホームの場合、午後3時15分ぐらいから4時ぐらいまで室内ケージで特製マシンを使った初動負荷のトレーニングを行い、打撃練習で汗を流す。
その後、午後4時15分から全体練習に参加。
打撃練習が始まると3組目に自分の順番が回ってくるまで外野で打球を追う。
大半の選手にとってはただの球拾いの時間だが、イチローは縦横無尽に走り回る。
ただ、選手登録を外れてからは、しばし足を止め、チームメートと談笑することも。
「どうやって毎日、試合に向けて準備しているのか」
「体調管理のコツは?」
以前からイチローは、「自分から伝えることはない」 というスタンス。しかし、「聞かれれば、答える」。
イチロー自身が壁を作っている時期は確かにあった。が、もはやそれは存在しない。
イチローの気遣いは、隅々に及ぶ。
基本的に大リーグには日本のような打撃投手がいない。
★通常、打撃練習で投げるのは監督、コーチら。
彼らが前から投げるのは、日本のように後ろから投げたらストライクが入らないからだが、
そんな現役をとうの昔に引退したコーチらと、現役のイチローでは、球の質もまるで違う。
さて、そうしたイチローの様々な形での関わりが透ける一方、現実もある。
試合直前、イチローはダグアウトを後にする。そこにはいられないのである。
イチローに相談された監督は、承諾した。
マリナーズはその試合も落とし、次に訪れたボストンでも1勝2敗と負け越したが、そこから8連勝。負けた分は全て取り戻した。
おそらくイチローが裏方に回った時、どうチームに関わっていくのか、首脳陣にも、イチロー本人にも明確なシナリオは描けていなかったはず。
前例も何もない。フロントの人間が、クラブハウスの中にロッカーを持ち、選手らと練習をするのである。
ただ、選手はイチローを頼り、監督も定期的にイチローを監督室に呼んで意見を求める。必要ならイチローは道化方さえ務める。
打席にも、外野守備にもつくことはないが、力になれるのであれば何でも…。
取材を通して、イチローのそんな姿が浮かび上がった。
フィールドにはいないはずのイチローの存在感が、
そこかしこに伺えた。

649名無しさん@実況は実況板で2018/09/05(水) 15:20:27.79ID:RF7ixECN
試合前、イチローが打撃練習を始めると、ケージの後ろに陣取ったコーチ、監督らが何やら囁き合う。
そして終盤になると、イチローがスイングするたびに一喜一憂する。
ホームの場合、午後3時15分ぐらいから4時ぐらいまで室内ケージで特製マシンを使った初動負荷のトレーニングを行い、打撃練習で汗を流す。
その後、午後4時15分から全体練習に参加。
打撃練習が始まると3組目に自分の順番が回ってくるまで外野で打球を追う。
大半の選手にとってはただの球拾いの時間だが、イチローは縦横無尽に走り回る。
ただ、選手登録を外れてからは、しばし足を止め、チームメートと談笑することも。
「どうやって毎日、試合に向けて準備しているのか」
「体調管理のコツは?」
以前からイチローは、「自分から伝えることはない」 というスタンス。しかし、「聞かれれば、答える」。
イチロー自身が壁を作っている時期は確かにあった。が、もはやそれは存在しない。
イチローの気遣いは、隅々に及ぶ。
基本的に大リーグには日本のような打撃投手がいない。

650名無しさん@実況は実況板で2018/09/05(水) 15:20:32.29ID:RF7ixECN
試合前、イチローが打撃練習を始めると、ケージの後ろに陣取ったコーチ、監督らが何やら囁き合う。
そして終盤になると、イチローがスイングするたびに一喜一憂する。
ホームの場合、午後3時15分ぐらいから4時ぐらいまで室内ケージで特製マシンを使った初動負荷のトレーニングを行い、打撃練習で汗を流す。
その後、午後4時15分から全体練習に参加。
打撃練習が始まると3組目に自分の順番が回ってくるまで外野で打球を追う。
大半の選手にとってはただの球拾いの時間だが、イチローは縦横無尽に走り回る。
ただ、選手登録を外れてからは、しばし足を止め、チームメートと談笑することも。
「どうやって毎日、試合に向けて準備しているのか」
「体調管理のコツは?」
以前からイチローは、「自分から伝えることはない」 というスタンス。しかし、「聞かれれば、答える」。
イチロー自身が壁を作っている時期は確かにあった。が、もはやそれは存在しない。
イチローの気遣いは、隅々に及ぶ。
基本的に大リーグには日本のような打撃投手がいない。
★通常、打撃練習で投げるのは監督、コーチら。
彼らが前から投げるのは、日本のように後ろから投げたらストライクが入らないからだが、
そんな現役をとうの昔に引退したコーチらと、現役のイチローでは、球の質もまるで違う。
さて、そうしたイチローの様々な形での関わりが透ける一方、現実もある。
試合直前、イチローはダグアウトを後にする。そこにはいられないのである。
イチローに相談された監督は、承諾した。
マリナーズはその試合も落とし、次に訪れたボストンでも1勝2敗と負け越したが、そこから8連勝。負けた分は全て取り戻した。
おそらくイチローが裏方に回った時、どうチームに関わっていくのか、首脳陣にも、イチロー本人にも明確なシナリオは描けていなかったはず。
前例も何もない。フロントの人間が、クラブハウスの中にロッカーを持ち、選手らと練習をするのである。
ただ、選手はイチローを頼り、監督も定期的にイチローを監督室に呼んで意見を求める。必要ならイチローは道化方さえ務める。
打席にも、外野守備にもつくことはないが、力になれるのであれば何でも…。
取材を通して、イチローのそんな姿が浮かび上がった。
フィールドにはいないはずのイチローの存在感が、
そこかしこに伺えた。

651名無しさん@実況は実況板で2018/09/05(水) 15:20:47.90ID:RF7ixECN
試合前、イチローが打撃練習を始めると、ケージの後ろに陣取ったコーチ、監督らが何やら囁き合う。
そして終盤になると、イチローがスイングするたびに一喜一憂する。
ホームの場合、午後3時15分ぐらいから4時ぐらいまで室内ケージで特製マシンを使った初動負荷のトレーニングを行い、打撃練習で汗を流す。
その後、午後4時15分から全体練習に参加。
打撃練習が始まると3組目に自分の順番が回ってくるまで外野で打球を追う。
大半の選手にとってはただの球拾いの時間だが、イチローは縦横無尽に走り回る。
ただ、選手登録を外れてからは、しばし足を止め、チームメートと談笑することも。
「どうやって毎日、試合に向けて準備しているのか」
「体調管理のコツは?」
以前からイチローは、「自分から伝えることはない」 というスタンス。しかし、「聞かれれば、答える」。
イチロー自身が壁を作っている時期は確かにあった。が、もはやそれは存在しない。
イチローの気遣いは、隅々に及ぶ。
基本的に大リーグには日本のような打撃投手がいない。

652名無しさん@実況は実況板で2018/09/05(水) 15:20:51.86ID:RF7ixECN
試合前、イチローが打撃練習を始めると、ケージの後ろに陣取ったコーチ、監督らが何やら囁き合う。
そして終盤になると、イチローがスイングするたびに一喜一憂する。
ホームの場合、午後3時15分ぐらいから4時ぐらいまで室内ケージで特製マシンを使った初動負荷のトレーニングを行い、打撃練習で汗を流す。
その後、午後4時15分から全体練習に参加。
打撃練習が始まると3組目に自分の順番が回ってくるまで外野で打球を追う。
大半の選手にとってはただの球拾いの時間だが、イチローは縦横無尽に走り回る。
ただ、選手登録を外れてからは、しばし足を止め、チームメートと談笑することも。
「どうやって毎日、試合に向けて準備しているのか」
「体調管理のコツは?」
以前からイチローは、「自分から伝えることはない」 というスタンス。しかし、「聞かれれば、答える」。
イチロー自身が壁を作っている時期は確かにあった。が、もはやそれは存在しない。
イチローの気遣いは、隅々に及ぶ。
基本的に大リーグには日本のような打撃投手がいない。
★通常、打撃練習で投げるのは監督、コーチら。
彼らが前から投げるのは、日本のように後ろから投げたらストライクが入らないからだが、
そんな現役をとうの昔に引退したコーチらと、現役のイチローでは、球の質もまるで違う。
さて、そうしたイチローの様々な形での関わりが透ける一方、現実もある。
試合直前、イチローはダグアウトを後にする。そこにはいられないのである。
イチローに相談された監督は、承諾した。
マリナーズはその試合も落とし、次に訪れたボストンでも1勝2敗と負け越したが、そこから8連勝。負けた分は全て取り戻した。
おそらくイチローが裏方に回った時、どうチームに関わっていくのか、首脳陣にも、イチロー本人にも明確なシナリオは描けていなかったはず。
前例も何もない。フロントの人間が、クラブハウスの中にロッカーを持ち、選手らと練習をするのである。
ただ、選手はイチローを頼り、監督も定期的にイチローを監督室に呼んで意見を求める。必要ならイチローは道化方さえ務める。
打席にも、外野守備にもつくことはないが、力になれるのであれば何でも…。
取材を通して、イチローのそんな姿が浮かび上がった。
フィールドにはいないはずのイチローの存在感が、
そこかしこに伺えた。

653名無しさん@実況は実況板で2018/09/05(水) 15:21:07.09ID:RF7ixECN
試合前、イチローが打撃練習を始めると、ケージの後ろに陣取ったコーチ、監督らが何やら囁き合う。
そして終盤になると、イチローがスイングするたびに一喜一憂する。
ホームの場合、午後3時15分ぐらいから4時ぐらいまで室内ケージで特製マシンを使った初動負荷のトレーニングを行い、打撃練習で汗を流す。
その後、午後4時15分から全体練習に参加。
打撃練習が始まると3組目に自分の順番が回ってくるまで外野で打球を追う。
大半の選手にとってはただの球拾いの時間だが、イチローは縦横無尽に走り回る。
ただ、選手登録を外れてからは、しばし足を止め、チームメートと談笑することも。
「どうやって毎日、試合に向けて準備しているのか」
「体調管理のコツは?」
以前からイチローは、「自分から伝えることはない」 というスタンス。しかし、「聞かれれば、答える」。
イチロー自身が壁を作っている時期は確かにあった。が、もはやそれは存在しない。
イチローの気遣いは、隅々に及ぶ。
基本的に大リーグには日本のような打撃投手がいない。

654名無しさん@実況は実況板で2018/09/05(水) 15:21:10.65ID:RF7ixECN
試合前、イチローが打撃練習を始めると、ケージの後ろに陣取ったコーチ、監督らが何やら囁き合う。
そして終盤になると、イチローがスイングするたびに一喜一憂する。
ホームの場合、午後3時15分ぐらいから4時ぐらいまで室内ケージで特製マシンを使った初動負荷のトレーニングを行い、打撃練習で汗を流す。
その後、午後4時15分から全体練習に参加。
打撃練習が始まると3組目に自分の順番が回ってくるまで外野で打球を追う。
大半の選手にとってはただの球拾いの時間だが、イチローは縦横無尽に走り回る。
ただ、選手登録を外れてからは、しばし足を止め、チームメートと談笑することも。
「どうやって毎日、試合に向けて準備しているのか」
「体調管理のコツは?」
以前からイチローは、「自分から伝えることはない」 というスタンス。しかし、「聞かれれば、答える」。
イチロー自身が壁を作っている時期は確かにあった。が、もはやそれは存在しない。
イチローの気遣いは、隅々に及ぶ。
基本的に大リーグには日本のような打撃投手がいない。
★通常、打撃練習で投げるのは監督、コーチら。
彼らが前から投げるのは、日本のように後ろから投げたらストライクが入らないからだが、
そんな現役をとうの昔に引退したコーチらと、現役のイチローでは、球の質もまるで違う。
さて、そうしたイチローの様々な形での関わりが透ける一方、現実もある。
試合直前、イチローはダグアウトを後にする。そこにはいられないのである。
イチローに相談された監督は、承諾した。
マリナーズはその試合も落とし、次に訪れたボストンでも1勝2敗と負け越したが、そこから8連勝。負けた分は全て取り戻した。
おそらくイチローが裏方に回った時、どうチームに関わっていくのか、首脳陣にも、イチロー本人にも明確なシナリオは描けていなかったはず。
前例も何もない。フロントの人間が、クラブハウスの中にロッカーを持ち、選手らと練習をするのである。
ただ、選手はイチローを頼り、監督も定期的にイチローを監督室に呼んで意見を求める。必要ならイチローは道化方さえ務める。
打席にも、外野守備にもつくことはないが、力になれるのであれば何でも…。
取材を通して、イチローのそんな姿が浮かび上がった。
フィールドにはいないはずのイチローの存在感が、
そこかしこに伺えた。

655名無しさん@実況は実況板で2018/09/05(水) 15:21:25.98ID:RF7ixECN
試合前、イチローが打撃練習を始めると、ケージの後ろに陣取ったコーチ、監督らが何やら囁き合う。
そして終盤になると、イチローがスイングするたびに一喜一憂する。
ホームの場合、午後3時15分ぐらいから4時ぐらいまで室内ケージで特製マシンを使った初動負荷のトレーニングを行い、打撃練習で汗を流す。
その後、午後4時15分から全体練習に参加。
打撃練習が始まると3組目に自分の順番が回ってくるまで外野で打球を追う。
大半の選手にとってはただの球拾いの時間だが、イチローは縦横無尽に走り回る。
ただ、選手登録を外れてからは、しばし足を止め、チームメートと談笑することも。
「どうやって毎日、試合に向けて準備しているのか」
「体調管理のコツは?」
以前からイチローは、「自分から伝えることはない」 というスタンス。しかし、「聞かれれば、答える」。
イチロー自身が壁を作っている時期は確かにあった。が、もはやそれは存在しない。
イチローの気遣いは、隅々に及ぶ。
基本的に大リーグには日本のような打撃投手がいない。

656名無しさん@実況は実況板で2018/09/05(水) 15:21:30.93ID:RF7ixECN
試合前、イチローが打撃練習を始めると、ケージの後ろに陣取ったコーチ、監督らが何やら囁き合う。
そして終盤になると、イチローがスイングするたびに一喜一憂する。
ホームの場合、午後3時15分ぐらいから4時ぐらいまで室内ケージで特製マシンを使った初動負荷のトレーニングを行い、打撃練習で汗を流す。
その後、午後4時15分から全体練習に参加。
打撃練習が始まると3組目に自分の順番が回ってくるまで外野で打球を追う。
大半の選手にとってはただの球拾いの時間だが、イチローは縦横無尽に走り回る。
ただ、選手登録を外れてからは、しばし足を止め、チームメートと談笑することも。
「どうやって毎日、試合に向けて準備しているのか」
「体調管理のコツは?」
以前からイチローは、「自分から伝えることはない」 というスタンス。しかし、「聞かれれば、答える」。
イチロー自身が壁を作っている時期は確かにあった。が、もはやそれは存在しない。
イチローの気遣いは、隅々に及ぶ。
基本的に大リーグには日本のような打撃投手がいない。
★通常、打撃練習で投げるのは監督、コーチら。
彼らが前から投げるのは、日本のように後ろから投げたらストライクが入らないからだが、
そんな現役をとうの昔に引退したコーチらと、現役のイチローでは、球の質もまるで違う。
さて、そうしたイチローの様々な形での関わりが透ける一方、現実もある。
試合直前、イチローはダグアウトを後にする。そこにはいられないのである。
イチローに相談された監督は、承諾した。
マリナーズはその試合も落とし、次に訪れたボストンでも1勝2敗と負け越したが、そこから8連勝。負けた分は全て取り戻した。
おそらくイチローが裏方に回った時、どうチームに関わっていくのか、首脳陣にも、イチロー本人にも明確なシナリオは描けていなかったはず。
前例も何もない。フロントの人間が、クラブハウスの中にロッカーを持ち、選手らと練習をするのである。
ただ、選手はイチローを頼り、監督も定期的にイチローを監督室に呼んで意見を求める。必要ならイチローは道化方さえ務める。
打席にも、外野守備にもつくことはないが、力になれるのであれば何でも…。
取材を通して、イチローのそんな姿が浮かび上がった。
フィールドにはいないはずのイチローの存在感が、
そこかしこに伺えた。

657名無しさん@実況は実況板で2018/09/05(水) 15:21:59.29ID:RF7ixECN
試合前、イチローが打撃練習を始めると、ケージの後ろに陣取ったコーチ、監督らが何やら囁き合う。
そして終盤になると、イチローがスイングするたびに一喜一憂する。
ホームの場合、午後3時15分ぐらいから4時ぐらいまで室内ケージで特製マシンを使った初動負荷のトレーニングを行い、打撃練習で汗を流す。
その後、午後4時15分から全体練習に参加。
打撃練習が始まると3組目に自分の順番が回ってくるまで外野で打球を追う。
大半の選手にとってはただの球拾いの時間だが、イチローは縦横無尽に走り回る。
ただ、選手登録を外れてからは、しばし足を止め、チームメートと談笑することも。
「どうやって毎日、試合に向けて準備しているのか」
「体調管理のコツは?」
以前からイチローは、「自分から伝えることはない」 というスタンス。しかし、「聞かれれば、答える」。
イチロー自身が壁を作っている時期は確かにあった。が、もはやそれは存在しない。
イチローの気遣いは、隅々に及ぶ。
基本的に大リーグには日本のような打撃投手がいない。

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています