絶版映画本/未DVD化/その他 2 [無断転載禁止]©2ch.net

1名無シネマさん(大阪府)2016/07/10(日) 06:42:09.87ID:81zWA8uu
6以降が書き込み出来なくなった前スレ

絶版映画本/未DVD化/その他
http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/movie/1466299928/

224名無シネマさん(大阪府)2017/11/19(日) 10:27:37.97ID:7T6qMqkQ
自己レス>>217

『風立ちぬ』(2013)のジャケ写。
https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/518mbeSu0oL.jpg
『フィツカラルド』(82)のジャケ写。
https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/519EKKRR4ZL.jpg

225名無シネマさん(大阪府)2017/11/26(日) 07:55:34.74ID:l7Ym+0Je
TVで観た邦画『容疑者Xの献身』(2008)。原作未読。↓予告。
https://www.youtube.com/watch?v=HlLXmIGHi0M
障害者施設での事件や選挙に落選された方の特異な主張である
「生きる価値のある人間」と「死んでも良い人間」の選別という冷酷な
「トロッコ問題」の答えを天才数学者が示していて初見時は驚きました。
犯罪の動機がバレてからメソメソする犯人に激しく失望はしましたが、
好きな映画。犯罪トリックのタネを明かす再現場面の鬼畜さに震えた。
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=330418
本作を観てから人気なのは知っていた『ガリレオ』の再放送を観ましたが、
コメディの要素が強く、暗い映画版とはずいぶん違うが面白かったです。
映画版の2作目↓『真夏の方程式』(2013)もメソメソしてる。良かった。
https://www.youtube.com/watch?v=FAP5SNg3Jc0
『容疑者X〜』の天才数学者は原作ではブサイクでキモいらしい。

226名無シネマさん(大阪府)2017/11/26(日) 08:04:55.56ID:l7Ym+0Je
ジョー・ペシ主演の『エイトヘッズ』(97)と『パブリック・アイ』(92)。
『エイト〜』は引退目前の殺し屋トミーが依頼主であるマフィアの
親分に「8人の生首」を届けようとするが、というブラックコメディ。
https://www.youtube.com/watch?v=mBVdAtrzi_M
↑予告。『パブリック〜』は第2次大戦中のN.Y.で写真家を目指す
冴えない中年男の話。実在の写真家がモデルらしいです。↓予告。
https://www.youtube.com/watch?v=bmj_HfRoBZU
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=18401
『エイト〜』の監督は『いまを生きる』脚本家のトム・シュルマン。
『パブリック〜』は『薔薇の名前』脚本家のハワード・フランクリン。
2本ともなかなかでした(未DVD化)。私の好みは『エイトヘッズ』。
https://www.youtube.com/watch?v=O163ogpOI7k

227名無シネマさん(大阪府)2017/12/03(日) 07:32:20.18ID:S/EpdcDH
個人的な「短篇漫画BEST10」。漫画に関心があった頃なので古い。
・つげ義春『ねじ式』
・手塚治虫『安達が原』
・ちばてつや『あるあしかの話』
・楳図かずお『Rojin』
・ジョージ秋山『赤い海』
・つのだじろう『赤い海』
・永井豪『ススムちゃん大ショック』
・大友克洋『武器よさらば』
・江口寿史『GO AHEAD』
・山野一『DREAM ISLAND』
谷岡ヤスジ、いしいひさいち等はタイトルを名指し出来ないので除外。
他に入れたかったのは藤子・F・不二雄、諸星大二郎、辰巳ヨシヒロ、
いましろたかし、「イヤな漫画」の釋英勝『ハッピーピープル』収録作。
↓絵が怖い。同名の映画とビデオ映画の2作は未DVD化(未見)。
https://www.amazon.co.jp/dp/B071NKXZFR

228名無シネマさん(大阪府)2017/12/03(日) 07:36:57.36ID:S/EpdcDH
ついでに「短篇少女漫画BEST3」。読んでいないので数が少ない。
・山岸凉子『天人唐草』
・高野文子『田辺のつる』
・萩尾望都『十年目の毬絵』

↓『十年目の毬絵』の解説をしているファンサイト。どんな話だったかな。
http://www.hagiomoto.net/works/071.html
『左ききのイザン』も良かった気がする。長篇SF『スター・レッド』の新書版の
単行本に『十年目の毬絵』と同じ様にページ数の穴埋め的に載っていた。
http://www.hagiomoto.net/works/080.html

229名無シネマさん(大阪府)2017/12/03(日) 07:43:41.33ID:S/EpdcDH
実写版『まんだら屋の良太』(86)のDVD化は望み薄のようだ。
http://k-plus.biz/wp-content/uploads/2010/09/010.jpg
『良太!畑中純スペシャル』(86年)には原作者と糸井重里氏の
対談が収録↓。帯に畑中氏の尊敬するつげ義春氏が推薦コメント。
https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51IH%2BZPR7mL.jpg
畑中氏も「気を使った」と語るセリフの掛け合いのリズム、方言の響き、
比喩が心地よい。主人公・良太と幼馴染みの月子の下ネタだらけの
突き抜けた会話(ほぼ漫才)は至福の名場面。↓漫画への名レビュー。
https://www.amazon.co.jp/review/R2DPHJA2GM6XOC/
畑中氏は『大アンケートによる日本映画ベスト150』(89年)に
「暗い青春にムカッ腹」と題する短いエッセイを寄稿。邦画の
「マイベスト10」と「好きな映画人」(監督、女優、男優)も記載。
http://www.amazon.co.jp/dp/4168116093/
実写版の映画音楽は歌手デビュー前の崎谷健次郎氏(↓代表曲?)。
https://www.youtube.com/watch?v=LJ3KY1hrdSc
原作ファンの実写版の評価は不明。私は実写版から入りました。

230名無シネマさん(大阪府)2017/12/10(日) 07:39:28.75ID:AIMmfeL3
オランダ人推理作家ティム・クラベー(ティム・クラッベ/ティム・クラベ)の
未読小説『失踪』の最初の映画化『ザ・バニシング 消失』(88)予告。
https://www.youtube.com/watch?v=KlO2oIieI44
DVD廃盤の知名度が低い未公開作品。やっと観れました。満足。
https://www.amazon.co.jp/product-reviews/B00005G12F/
https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/A1EmO6cWG9L._SL1500_.jpg
ネタバレ厳禁ですが「ソシオパス」の映画。allcinemaの「解説」は厳禁。
https://www.weblio.jp/content/%E3%82%BD%E3%82%B7%E3%82%AA%E3%83%91%E3%82%B9
『ホラーの逆襲』の「見たくて見たくてたまらない絶対ホラー映画13」の1本。
http://filmart.co.jp/books/review/2006-9-12tue-115/#section02
↑好著『マグナム・アクション映画列伝』と『ザ・ビークル・ムービーズ』は姉妹編。
ハリウッドリメイク版の『失踪 妄想は究極の凶器』(93)は未見です。
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=10008
八つ裂きにしてブチ殺したくなる憎らしい役を佐藤浩市が演じている
阪本順治『トカレフ』(94)への影響がある気がする。あいつもソシオパス。
https://auctions.c.yimg.jp/images.auctions.yahoo.co.jp/image/dr000/auc0308/users/2/9/5/1/juriettot0516-img1200x1064-1503315937svcqyy29809.jpg

231名無シネマさん(大阪府)2017/12/10(日) 07:51:02.63ID:AIMmfeL3
『デシーバーズ 暗黒の大地』(英/印・1988)。ピアース・ブロスナン主演。
https://www.youtube.com/watch?v=uPKLkTAvdKA
↑予告。1825年の英国が支配するインドが舞台。イギリス人や裕福な
インド人の旅商人の一団などが絞殺され地中に埋められた状態で発見
される事件が頻発。犯人を見つけるため、英国軍人であるP・ブロスナンは
顔を黒く塗りインド人になりすまし(←無理がある)、謎の集団に潜入する。
https://www.amazon.co.jp/dp/B000064NFN/
宴の最中の虐殺や「死の女神・カーリー」の機嫌を損ねたという謎の理由で
「裏切り者」が粛清される場面など全てが「絞殺」なので観る側も息が詰まる。
それほどの映画ではないが「集団絞殺」シーンは迫力あり。未DVD化。
ハマー・フィルムの↓『ボンベイの虐殺団/陰母神カーリ』(59)が同じ題材らしい。
https://www.youtube.com/watch?v=kMggCJSpvK8
コリン・ウィルソン『世界残酷物語』が、この「サッグ団/サギー教」に触れていた。
http://www.afpbb.com/articles/-/3050282
↑2015年のインドでの事件。未亡人が焼殺される「サティー」も映画にあった。

232名無シネマさん(大阪府)2017/12/17(日) 07:12:04.51ID:LWv4sEMT
ヒッチコック監督の英国時代の出世作『三十九夜』(1935)を観ました。
https://www.youtube.com/watch?v=LBcNfAcU-Lc
↑予告。英国お得意の「スパイ」が絡んだ「巻き込まれ型」サスペンス。
サスペンスに「特化・純化」されておらずコメディの要素などが多いため、
とても豊かな時間が映画全体に流れていて幸福感に満たされた86分。
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=9264
映画序盤で仕込んだ「ネタ」が中盤から終盤にかけて全部つながり
活きてくる手際が素晴らしい。「列車で出会った気の強い女」もその1つ。
「お約束化した表現技法」を『クリシェ』と言うそうですが、少なくとも3つは
80年前の本作にも「効果的」に使われていて、思わずニヤけてしまう。
http://www.allcinema.net/prog/show_p.php?num_p=4361
↑監督作で観たのは5本ぐらい?。『サイコ』はオチが良かった?、『ハリーの
災難』はとても可愛らしい映画だった?、ぐらいの曖昧な印象しかなく、
『北北西に進路を取れ』は記憶にも無いので『三十九夜』が現在のベスト。
原作は↓『三十九階段』。「ミスター・メモリー」は『記憶屋ジョニイ』の元ネタ?
https://www.amazon.co.jp/dp/4488121012/

233名無シネマさん(大阪府)2017/12/17(日) 08:16:04.86ID:LWv4sEMT
『ストリート・オブ・ファイヤー』(84)のマイケル・パレの映画デビューで
初主演作の『エディ&ザ・クルーザーズ』(83)↓予告。DVD廃盤。
https://www.youtube.com/watch?v=SbacRFEJwfQ
『B級ビデオ発掘カタログ』(88年)で知る。1960年代の人気絶頂期に
謎の失踪を遂げたロックバンド「エディ&ザ・クルーザーズ」のエディを
20年後?にファンだった記者が捜索し真相を探る、みたいな話だったか。
https://www.amazon.co.jp/dp/B0014B8ACO/
感傷的な「負け犬」の物語だったと思うけど、けっこう感動した記憶がある。
これ1本でやめときゃいいのに、『ストリート・オブ・ヒーロー』(89)という
出世作を意識した邦題の続編あり(未DVD化)。ビデオは持ってるけど
観る気がしない。「エディ・イズ・バック!」とか「帰ってくんなよ」と思う。
https://www.youtube.com/watch?v=I2olMWJKitw

234名無シネマさん(大阪府)2017/12/17(日) 08:51:07.74ID:LWv4sEMT
自己レス>>232

原題『The 39 Steps(三十九階段)』が『三十九夜』の邦題に
なった理由は「階段」だと妙味がない(味気ない?)からだそうです。
映画内で流れる時間は3日間。むかし買ったまま1ページも
読んでいなかった『ヒッチコックを読む』に書いてありました。
https://www.amazon.co.jp/dp/4845980320/

235名無シネマさん(大阪府)2017/12/24(日) 07:50:50.60ID:3KXrbc5K
真中瞳と堺雅人が主演の『ココニイルコト』(2001)の予告篇。
https://www.youtube.com/watch?v=XaXNxoGJeaI
広告代理店が舞台。最相葉月『なんといふ空』が原案?らしい。
https://www.amazon.co.jp/dp/4569819699/
序盤の「地元に溶け込もうとしない、東京から地方に引っ越した
気の強い女」には語感も似ている『海がきこえる』(1993)を感じた。
https://www.amazon.co.jp/dp/B00005U5LH/
かなり昔に堺雅人が「女性に人気の俳優」とか紹介されていて、
「なんであんなニヤけ顔の奴が?」とずっと不思議だったけど本作を
観て納得した。TVドラマ『リーガル・ハイ』の早口で饒舌なコメディ
演技が楽しくて好きだが、本作の「えーんとちゃいますか」が口癖で
阪急ブレーブスの大ファンの堺雅人は更に素晴らしい。↓主題歌。
https://www.youtube.com/watch?v=GYX4fQKsdDE
終盤の無理矢理な「劇的展開」には乗れないけど、「ボロアパートの
窓から見える星」はクサいが良い。「会話」のセンスが気に入りました。
狩舞麻礼(作)弘兼憲史(画)『エイント・チャウ』も「えーんとちゃう」から。

236名無シネマさん(大阪府)2017/12/24(日) 08:03:25.92ID:3KXrbc5K
宮谷一彦が描いたような「濃い劇画顔」の故ピート・ポスルスウェイト。
https://usercontent1.hubstatic.com/4362044_f520.jpg
『マイ・スウィート・シェフィールド』(英・98)では「自分探し」旅行中の
若い女と恋に落ちキャッキャウフフする生真面目な塗装業の親方役。
初老のオヤジと若い男女の三角関係。「遅れてきた」?青春映画。
http://www.youtube.com/watch?v=MAE8qeSb5Vw
青臭くて気恥ずかしくなるが、最後の歌に癒された。未DVD化。
『クライム タイム』(英・96)では「見た目そのまんま」の連続殺人鬼役。
https://www.youtube.com/watch?v=9hqVxEYniLc
若い役者が老いた連続殺人鬼の後を継ぐ、という現実味の薄い話。
監督は『ザ・バニシング 消失』のジョルジュ・シュルイツァー。未DVD化。
主役2人(もう1人はスティーヴン・ボールドウィン)の「目つき」は良かった。
https://www.buyuru.com/item_747524_1.html
好きな短篇『ミッドナイト・ミート・トレイン』(クライヴ・バーカー)も「代替わり」が
主題の1つ。↓映画版(2008年)に不満はあるが格闘場面はなかなか。
https://www.youtube.com/watch?v=3D6p3t99qcQ

237名無シネマさん(大阪府)2017/12/31(日) 08:24:37.81ID:5E2OSYyk
不条理マンガ家・蛭子能収氏の【私が今まで観た映画ベスト10】
「実は私、芸術映画の好きな真のインテリなんですっ!!」だそうです。
1遊星からの物体X(1982年 監督/ジョン・カーペンター)
2異邦人(1968年 監督/ルキノ・ヴィスコンティ)
3砂の女(1964年 監督/勅使河原宏)
4ウィークエンド(1967年 監督/ジャン・リュック・ゴダール)
5パルプ・フィクション(1994年 監督/クエンティン・タランティーノ)
6ジョーズ(1975年 監督/スティーヴン・スピルバーグ)
7神に選ばれし無敵の男(2003年 監督/ヴェルナー・ヘルツォーク)
8日本春歌考(1967年 監督/大島渚)
9鳥(1963年 監督/アルフレッド・ヒッチコック)
10ミステリー・トレイン(1989年 監督/ジム・ジャームッシュ)
https://www.amazon.co.jp/dp/443404110X/
『砂の女』が観たい。蛭子さんがどこかに書いていた『アクション映画は
普段は観ないけど「ボーン・スプレマシー」はたいへん面白かった』という
感想を読んでから「ボーン」シリーズに興味を持ちテレビで観た。

238名無シネマさん(大阪府)2017/12/31(日) 09:04:23.78ID:5E2OSYyk
未DVD化『雨のパスポート』(1971/Catch Me a Spy)。K・ダグラス主演。
http://k-plus.biz/wp-content/uploads/2010/12/012.jpg
↑の印象でヨーロッパが舞台の恋愛映画かと思っていたら、コメディタッチの
軽妙なスパイもの。私はイマイチでしたが、洒落た遊び心のある映画でした。
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=1230
昔の「軽妙なスパイもの」では最近観た↓『アラベスク』(1966)が良かった。
https://www.youtube.com/watch?v=X2ukkcSaXpU
堅物な言語学者のグレゴリー・ペック、敵?味方?の謎めいたソフィア・ローレンが
主役。「女の考えは結局男には理解出来ない」という深遠?な主題を上手く
絡めたサスペンス・ミステリーでした。偉そうですが「佳作」とさせていただきます。
https://www.amazon.co.jp/dp/B00EPIHDVM/
古臭さは否めないけど「誰が何の目的で?」が複雑で最後まで飽きなかった。

239名無シネマさん(大阪府)2018/01/07(日) 08:12:07.01ID:RpAomknn
1980年代にテレビの2時間枠の「洋画劇場」が初見で興奮した
映画は『スカーフェイス』(83)、『イヤー・オブ・ザ・ドラゴン』(85)と
『鬼龍院花子の生涯』(82)。「自身の言動が原因で周囲から
孤立していく男」が主人公で、何年か後にビデオで再見した時に
「短く編集されたテレビ放送版の方が面白かったな」と思った3本。
『スカー〜』=170分、『イヤー・オブ〜』=134分、『鬼龍院〜』=146分。
『大アンケートによる日本映画ベスト150』(89年)で『鬼龍院〜』を
なぎら健壱氏が「マイベスト10」の1位に、水木しげる氏、谷岡ヤスジ氏が
共に8位。他には、やまだ紫氏と大竹省二氏(写真家)が選出。
https://www.amazon.co.jp/dp/4168116093/
↑『鬼龍院〜』は総合で『肉弾』(68)、『となりのトトロ』(88)と同じ120位。
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=148146

240名無シネマさん(大阪府)2018/01/07(日) 09:03:03.53ID:RpAomknn
全く知らない英国人監督ピーター・チェルソムのフィルモグラフィー。
http://www.allcinema.net/prog/show_p.php?num_p=27659
変てこなコメディ『ファニー・ボーン 骨まで笑って』(95)だけ視聴済み。
https://vimeo.com/151720678
↑予告。ラスベガスの初舞台で大スベリした、偉大なコメディアンを
父に持つ息子が、傷心を癒すため幼少期を過ごした英国ブラックプール
に失踪し現地の風変わりなコメディアン達と出会う。未DVD化。
腹の底から面白い、というのではないけど奇妙な愛嬌がありました。
この監督のデビュー作『ヒア・マイ・ソング』(91)が高評価らしいです。
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=18879
↓予告。ビル・フォーサイスみたいな作風でしょうか?。未DVD化。
https://vimeo.com/153853572
↓ビデオのジャケ写。淀川長治氏の絶賛コメント付き。
https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/A1UZsVTbHYL._SL1500_.jpg

241名無シネマさん(大阪府)2018/01/07(日) 12:00:00.92ID:RpAomknn
TVアニメ『名探偵ホームズ』へ自己レス>>102

米国では『Sherlock Hound』の題名。↓独自の主題歌も上質。
https://www.youtube.com/watch?v=AvGSoz_Mfw0
↓フランス語版『空からこぼれたSTORY』。
https://www.youtube.com/watch?v=Cg-5gPOjL64

242名無シネマさん(大阪府)2018/01/14(日) 08:43:11.73ID:0iBz+shx
フランス産のSFアニメ『ガンダーラ』(88)。北朝鮮で作画作業がされた
とかで色々と雑なのか?という先入観がありましたが特に違和感は無かった。
https://www.youtube.com/watch?v=vVxX1KMd2Qo
↑予告。豊かで安定した平和な都市に正体不明の何者かが突然に攻め
込んで来て・・・といった話。『エル・トポ』のフリークス、『ナウシカ』の腐海、
劇場版1作目『ルパン三世』(78)のマモー、『地獄の黙示録』のM・シーンと
M・ブランドの関係性、などを連想しました。杉浦茂が描いたような三つ目の
小動物も登場。蟹?をイメージした戦闘ロボはかっこよかったです。ルネ・ラルーの
監督作では低評価らしいですが、充分に「異世界」を味わえました。
※↑↑↑4年前に書いた感想なので自分でもピンとこない。内容も憶えて
いませんが、目を楽しませてくれる中々に面白い映画だったと思います。
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=5016
同じルネ・ラルー監督・脚本で評価の高い『ファンタスティック・プラネット』(73)、
『時の支配者』(82)は未見です。↓『時の〜』と『ファンタスティック〜』の予告。
https://www.youtube.com/watch?v=FKBdeb6dmXI
https://www.youtube.com/watch?v=SgCxCZNkQ9E

243名無シネマさん(大阪府)2018/01/14(日) 08:56:52.94ID:0iBz+shx
《イギリスではル・カレなどと並び称される実力者である》と書かれる(本当か?)
英国人作家ジェラルド・シーモア原作『アンダーフィールド』(97)。未DVD化。
https://www.amazon.co.jp/dp/B00005H8SF/
司法取引に応じIRAを裏切ったクズな若者。『テロリストの荒野』の映画化。
https://www.amazon.co.jp/dp/4150404682/
他に観た原作ものは↓『グローリーボーイ』(84)。『襲撃指令』のTV映画化。
http://awabi.5ch.net/test/read.cgi/movie/1322710526/164
両作ともサスペンスより悩み・怒り・迷う人間ドラマ・群像劇が主眼に思われます。
地下組織・非合法組織にとって、裏切り者(内部告発者)は「敵以上に敵」で
暗殺対象にもなる。そんな『アンダーフィールド』と同じくIRAの青年が主役の
キャロル・リード監督の『邪魔者は殺せ』(47)が良かった。やはり人間臭いドラマ。
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=10378
G・シーモア原作では『ハリーズゲーム/IRA潜入指令』(82)も未DVD化。
http://www.allcinema.net/prog/show_p.php?num_p=82503

244名無シネマさん(大阪府)2018/01/22(月) 20:54:51.11ID:z9nLjVe0
某弁護士が「ある地検に勤務した際に捜査を担当した事件」の
回想↓が、「ネタばれ」ですが『ラストタンゴ・イン・パリ』(72)ぽい。
http://b.hatena.ne.jp/entry/d.hatena.ne.jp/yjochi/20091007%231254845860
昔に観たけど、マーロン・ブランドが登場してすぐに空を見上げて
「ファック(くそったれ)!」と怒鳴るんじゃなかったか。↓予告篇。
https://www.youtube.com/watch?v=l7aq5kaCP8Y
『ラストタンゴ〜』は2016年に色々と議論になっていたそうです。
http://www.bbc.com/japanese/38232408

245名無シネマさん(大阪府)2018/01/22(月) 21:05:21.66ID:z9nLjVe0
『青葉学園物語』(81)。見た事も聞いたこともない邦画。
http://www.buyuru.com/item_1071787_1.html
「広島戦災孤児育成所」がモデルのようです。未DVD化。
ジャケットに写る阿藤快(阿藤海)は、『風の歌を聴け』(81)の
あの口調で噛み倒すラジオDJ(声だけの出演)が愉快だった。
https://www.youtube.com/watch?v=w5KO6Hg5hbA
↑予告。全共闘世代の感傷的なハードボイルド調「自分探し」?。
NHKの『着信御礼!ケータイ大喜利』というお笑い番組で、
阿藤氏はDJの役で投稿ネタを読み上げ爆笑をとってました。
『青葉学園物語』のビデオと原作のレビュー↓。ビデオは激レア。
https://www.amazon.co.jp/product-reviews/B00005IT7H/
https://www.amazon.co.jp/product-reviews/4591007804/
映画『風の歌〜』は好きです。村上春樹の小説は読んだ事ない。
https://www.amazon.co.jp/dp/B075Y7367K/
川本三郎との共著『映画をめぐる冒険』は何度も読み返しました。

246名無シネマさん(大阪府)2018/01/27(土) 21:09:42.43ID:lmmophPh
日本未公開の『エディ・コイルの友人たち』(73)。原作未読。↓予告。
https://www.youtube.com/watch?v=tbEKZBv5tyY
大きな組織に所属しないインディペンデントな犯罪者達=「友人たち」。
「ボストン裏社会」版の『裏切りのサーカス』。くたびれた50過ぎのエディの
役割は銃の調達や連絡係。「友人たち」は皆、「飯の種」の銀行強盗に
精を出す日々。後ろ盾が無いため、初取り引きの相手には舐められない
様に時には一発カマし(威嚇)、あくどい罠や囮捜査への警戒を怠らない。
未公開を納得するぐらいに地味≒渋い。私は大の好みで傑作と感じた。
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=2961
連想した映画は『裏切りのサーカス』(2011)と『ジャッキー・ブラウン』(97)。
監督は英国人ピーター・イエーツ。102分の「群像劇」なので、全キャラが
掘り下げられているわけではなく、想像で補うしかない場面も多かった。
エディとディロンの関係とか。役名が「ジャッキー・ブラウン」の銃のブローカー
が個人的に特に気に入りました。49歳で死去したスティーヴン・キーツ
という役者だそうです。こいつが絡む場面は全てが傑作で、味わいが深い。
>>149の続き。『110番街〜』、『リスボン〜』、『狼たち〜』の3本が未見。

247名無シネマさん(大阪府)2018/01/27(土) 21:15:58.10ID:lmmophPh
自己レス>>246
『エディ・コイルの友人たち』の3分近い劇場版の予告が渋い。
https://www.youtube.com/watch?v=vWdqoPHW-F8
ピーター・イエーツ(1929ー2011)の「監督」作↓は9本観ている。
http://www.allcinema.net/prog/show_p.php?num_p=295
現時点のベストは断トツで『エディ・コイル〜』。他は記憶に残らず
印象がボンヤリしてる。2番目は出世作『大列車強盗団』(英・67)。
犯罪者たちの隠れ家をヘリコプターが低空でホバリングしながら
探る場面に興奮した。『大脱走』(63)で地下に掘った脱走用の
穴が見つかりそうになり息を潜めて隠れている場面が浮かんだ。
詩人の白石かずこという人が『走れ走れ!救急車!』(76)を
絶賛していましたが未見。『ブリット』(68)ではなく、未DVD化の
『哀愁のエレーニ』(85)こそがピーター・イエーツの代表作だ、と
伊藤勝男氏は書いていた。脚本はスティーヴ・テシック。未見。
https://www.buyuru.com/item_993212_1.html
↑ビデオは昔に購入したまま。イェーツは元レーシング・ドライバー。

248名無シネマさん(大阪府)2018/02/04(日) 07:40:04.97ID:jagPXNdZ
大友克洋の短篇集『GOOD WEATHER』の書影↓。内容は忘れた。
http://order.mandarake.co.jp/order/detailPage/item?itemCode=1038830207
所収の『SO WHAT』が原作の同名実写版映画(88)のVHSジャケ写。
https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71LCQLFmSSL._SL1004_.jpg
東北地方の高校が舞台の冴えない青春映画で、好きな内容
ですが、最後に流れる完全に場違いな↓主題歌で余韻が台無しに。
http://www.dailymotion.com/video/x7fw7i
髪フサフサの小堺一機が教師役のドラマ『セーラー服通り』(86)のOPで
使用された印象的な主題歌。当時から大好きな歌ですが、どう考えても
「大友克洋の作風」とは合い入れないし、映画の雰囲気とも完全に
ミスマッチ。去年が初見ですが心底驚いた。何らかの「大人の事情」か?
https://www.amazon.co.jp/dp/B00006JJHB/
↑DVD。小室哲哉作曲の『My Revolution』を無視すれば佳作。

249名無シネマさん(大阪府)2018/02/04(日) 08:03:59.71ID:jagPXNdZ
マイケル・ガフ主演『呪われた血族』(英・1971)の↓予告篇。
http://www.dailymotion.com/video/x2839bw
常軌を逸した厳格な父親に辟易し、「虐待オヤジを葬り去れ」で
母娘が一致団結。すべて当初の計画通りに運んだのだが・・・。
最後にどんでん返しがあるだけの映画ですが陰鬱さだけはタップリ。
http://k-plus.biz/wp-content/uploads/2013/12/noro.jpg
未DVD化。英語のレビューに『悪魔のような女』(仏・1955)の
パチモンじゃねーか、みたいに書いてあった(推測)ので名作とされる
本家の方も観ました。私にしては珍しく途中からオチが読めたのは、
古典の本作に影響を受けたものを多分観ているからだと思います。
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=733
↓予告。プールから水を抜く場面は本気でドキドキ。面白かった。
https://www.youtube.com/watch?v=BzbGtjtfZwA

250名無シネマさん(大阪府)2018/02/11(日) 07:28:57.24ID:mP5XnjZw
大江千里・57歳と辻仁成・58歳のインタビュー。とても良かった。
http://toyokeizai.net/articles/-/206780
https://ex.yahoo.co.jp/buzzfeedjapan/ashitano-interview/4.html

秦基博がカバーした大江千里の『Rain』(1988)。ネットで初聴きの名曲。
https://www.youtube.com/watch?v=13a__fDGZ9s
新海誠監督のアニメ『言の葉の庭』(2013)のEDで流れるらしい。
https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81L6ALrLdWL.jpg
↑大江の新著に寄せられた新海監督のコメント。↓ファンだそうです。
https://mantan-web.jp/article/20180128dog00m200011000c.html
映画『シーズ・レイン』(93)EDの大江『砂の城』も名曲だと思う。

251名無シネマさん(大阪府)2018/02/11(日) 07:46:21.03ID:mP5XnjZw
リチャード・ラッシュ監督『スタントマン』(1980)。未DVD化。
http://k-plus.biz/wp-content/uploads/2011/10/026.jpg
不可思議なカリスマを持つ映画監督と、犯罪行為で警察に追われ
撮影所に逃げ込み、そこでスタントマンになる青年との奇妙な関係。
https://www.youtube.com/watch?v=6jxpOUTaTLU
↑予告。迫真の画が撮りたいのか、撮影にかこつけて人殺しがしたい
のか最後まで判らないピーター・オトゥールの「変人監督」がハマり役。
寡作なリチャード・ラッシュのフィルモグラフィー。他に2本観ています。
http://www.allcinema.net/prog/show_p.php?num_p=6539
好きな順に『フリービーとビーン/大乱戦』(74)、『スタントマン』、
『爆走!ヘルズ・エンジェルス』(67)。↓ビデオは「ヘルス・エンジェルス」。
https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71xX%2BNryZnL._SL1072_.jpg
『フリービーとビーン』はアラン・アーキンとジェームズ・カーンが刑事役。
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=20451
↓予告。「シリアス」と「(笑えない)悪ノリ」が同居する快作バディもの。
https://www.youtube.com/watch?v=xptt_-wqD3Q

252名無シネマさん(茨城県)2018/02/13(火) 08:48:48.48ID:dEAyO45W
知り合いから教えてもらった簡単確実稼げる秘密の方法
暇な人は見てみるといいかもしれません
グーグル検索⇒『金持ちになりたい 鎌野介メソッド』

92GSM

253名無シネマさん(大阪府)2018/02/18(日) 07:23:16.16ID:wNhepItF
前回の投稿(>>227-228)で言及した作家を除く、好きな「短篇マンガ集」10冊。

・ますむらひろし『永遠なる瞳の群』
 http://order.mandarake.co.jp/order/detailPage/item?itemCode=1064177698
・岸大武郎『21世紀の流れ星』 ※『水平線にとどくまで』と『方舟』が秀作。
 https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81xMtn8C2BL.jpg
・奥平衣良(奥平イラ)『モダン・ラヴァーズ』 ※ニューウェーブ?の不思議な魅力。
 https://img.mandarake.co.jp/webshopimg/01/00/037/0100057037/01000570370.jpg
・ほんまりう『息をつめて走りぬけよう』 ※表題作がATGの青春映画?っぽい。
 https://www.suruga-ya.jp/database/pics/game/503093574.jpg
・近藤ようこ『月夜見』 ※装丁やマイナーな「ブロンズ社」とかも含めての好み。
 http://www.kondoyoko.net/images/books/big/moon.jpg
・坂口尚『魚の少年』 ※この人の他の短篇集も世界が優しい。
 https://img.mandarake.co.jp/webshopimg/01/00/271/0100052271/01000522713.jpg
・『妄想鬼/サキ短篇傑作集』 ※真崎守/上村一夫ほか。サキ(1870ー1916)原作。
 http://order.mandarake.co.jp/order/detailPage/item?itemCode=1043828096
・『木造モルタルの王国―ガロ20年史』 ※肥後十三子『戻ってきた日』が一番の傑作。
 http://order.mandarake.co.jp/order/detailPage/item?itemCode=1053373268
・楠勝平『おせん』 ※早逝(1944ー1974)した著者の単行本の1つ。沁みる。
 https://img.mandarake.co.jp/webshopimg/01/00/626/0100113626/01001136261.jpg
・鈴木漁生『漁生の漫画家残酷物語』 ※家族を惨殺した死刑囚の少女の話が良い。
 https://img.mandarake.co.jp/shpimg/00/04/068/296.jpg

254名無シネマさん(大阪府)2018/02/18(日) 08:49:18.07ID:wNhepItF
ミッキー・ローク主演のTV映画『ラスト・アウトロー』(93)予告。
https://www.youtube.com/watch?v=Q4VmjaY7ZqY
『ヒッチャー』(85)、『ボディ・パーツ』(91)等のエリック・レッド脚本。
独断的で冷酷なため手下に裏切られた強盗集団の「首領」=
ロークが「復讐の鬼」と化す残忍・陰湿なマンハント西部劇。
いい役者も出ていますが私は全く乗れなかった。未DVD化。
https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81XqWqxK8qL._SL1500_.jpg
事故で失った片腕を移植手術で手に入れるが、提供された
腕は死刑囚のものだった、の『ボディ・パーツ』。「B級」の自由さ。
https://www.youtube.com/watch?v=_IPEEe65AdU
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=21568
同系統では『キラーハンド』(81)が好きです。↓子役の顔芸100点。
https://www.youtube.com/watch?v=DTFCF4EqM14
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=5945
https://mint.5ch.net/test/read.cgi/movie/1385783468/816

255名無シネマさん(大阪府)2018/02/18(日) 09:27:23.51ID:wNhepItF
自己レス>>245

『映画をめぐる冒険』(85年)掲載の村上春樹の『ガープの世界』評。
https://auctions.c.yimg.jp/images.auctions.yahoo.co.jp/image/dr000/auc0312/users/8/4/4/8/kiitohan-img338x600-1512778824z638jn6390.jpg
↑ヤフオクの直筆原稿らしい。村上と川本三郎の映画短評集です(絶版)。
村上氏の「まえがき」は哀愁漂う名文と思った。よく知りませんが現在この
御二方は仲違い?されているので再販はされないとか。新作映画評を追加
した改訂増補版が出れば是が非でも読みたい。本書の編集が原稿流出の
元凶である安原顕というのも再販されない理由?。川本氏は「あとがき」で
『動く標的』、『ギャンブラー』、『ボウイ&キーチ』、『雨のニューオーリンズ』、
『大いなる勇者』、『悪を呼ぶ少年』、『組織』、『ポイント・ブランク』、
『汚れた七人』等の話題で村上氏と話が弾む、と書かれています。
https://www.amazon.co.jp/dp/4061913719/

256名無シネマさん(大阪府)2018/02/25(日) 08:18:49.80ID:6mpdkSDn
『ミュージック・オブ・チャンス』(93)。ポール・オースター原作(未読)。
哲学的?で思わせぶりなまま最後まで進む。↓予告。未DVD化。
https://www.youtube.com/watch?v=6m-eTBNqKsQ
原作者はベケットやカフカといった不条理系?の作家が好きらしい
との事で何となく納得。退屈というわけではないが理解は出来ず。
https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71-lfcPG1oL._SL1024_.jpg
ふざけて『白熱』(49)の「Top of the world, Ma!」をマネる場面があった。
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=17931
https://www.youtube.com/watch?v=ZmMK25__xLE
有名な『白熱』↑は未見ですが、ジェームズ・キャグニー主演作では
『汚れた顔の天使』(38)、『いちごブロンド』(41)はビデオで観ました。
『いちご〜』の最初と最後の「現在」の場面は幸福感に満ちた名場面。
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=1911
↓予告。リタ・ヘイワースよりオリヴィア・デ・ハヴィランドの方が美人と思う。
https://www.youtube.com/watch?v=WUrSwmp4CjI

257名無シネマさん(大阪府)2018/03/04(日) 09:40:19.30ID:y0pNer8L
『西遊記』(1978〜80年)と『ゆうひが丘の総理大臣』(1978〜79年)は
「ワンパターンの人情ドラマ」。大好きで夕方の再放送をよく見ていた。
『西遊記』は村を支配していたり略奪を繰り返す妖怪を孫悟空たちが
退治するが、妖怪にも悪事を働かざるをえない悲しい理由があった、が定番。
シリーズで「猪八戒」役が西田敏行の時と故・左とん平の時があって両方面白い。
https://www.youtube.com/watch?v=J-SUoHmpRdM
↑英国放送版?のOP。『ゆうひが丘の総理大臣』は高校で揉め事が起こるが
最後は近所の海岸の砂浜で熱く本音を語り合って和解する、のワンパターン。
http://www.dailymotion.com/video/x2dx9rd
↑OP。校内暴力とかの暗い事件が話題になる直前?の牧歌的な時代の
青春ドラマ。『西遊記』も『ゆうひが丘』も前半で笑わせ、後半にしんみりさせる。
↓エンディング。中村雅俊が某イケメン俳優に見える。最後のポエムもイイ。
http://www.dailymotion.com/video/xptugd
『ゆうひが丘』の続編的な『あさひが丘の大統領』のオープニング。これも名曲。
http://www.dailymotion.com/video/x2lqpgx

258名無シネマさん(大阪府)2018/03/04(日) 09:56:02.38ID:y0pNer8L
湾岸戦争下の特殊部隊を描いた『ブラヴォー・ツー・ゼロ』(99)と同じく
英国BBCが制作のTV映画『ウォリアーズ インポッシブル・ミッション』(99)。
https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/A1onWN8A1XL._SL1500_.jpg
ボスニア紛争に国連平和維持軍(PKF)として派遣された英国軍の話。
攻撃されることはあっても応戦(交戦)してはいけない?らしく、対立する3つの
勢力への肩入れは厳禁で中立不干渉が責務。英国らしい人間ドラマ。
https://www.youtube.com/watch?v=_Pn7zgOAni4
https://www.youtube.com/watch?v=Up6zwe_pKsM
↑BBCの番宣CMとファンメイド予告。戦場で目の当たりにした
残虐行為のトラウマで帰国後に苦しむ兵士も。未DVD化の佳作。
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=85094
↑派手な戦闘もある秀作『ブラヴォー・ツー・ゼロ』がDVD化されますように。
https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/A1d0FzLygqL._SL1500_.jpg
https://mint.5ch.net/test/read.cgi/movie/1385783468/108
https://mint.5ch.net/test/read.cgi/movie/1385783468/812

259名無シネマさん(大阪府)2018/03/11(日) 06:56:33.85ID:SVKzanFo
日本テレビ『西遊記』(1978〜80年)に自己レス>>257

『西遊記』(1978〜1979)と『西遊記 II』(1979〜1980)の概要。
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=85619
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=85622
Wikipediaによると英国、オーストラリア、ニュージーランド、香港では
『Monkey』の題で英語吹き替え版が放送され子供に人気だったらしい。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A5%BF%E9%81%8A%E8%A8%98%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BA
英語版の『Monkey』関連動画にコメントが多いのはソレが理由か。
https://www.youtube.com/watch?v=-zOFAD6e9Bk
https://www.youtube.com/watch?v=G1dlaikCaa4
↑「ゴダイゴ」のトミー・スナイダーという人がコメント欄に登場している。
英国AmazonでのコンプリートDVDにも多数のレビューが付いている。
https://www.amazon.co.uk/dp/B0002PC2RC/
日本版は↓の4つのBOXでコンプリートらしい。
https://www.amazon.co.jp/dp/B00009XLL7/
https://www.amazon.co.jp/dp/B000HDZ9HY/
https://www.amazon.co.jp/dp/B000KRMSPS/
https://www.amazon.co.jp/dp/B000M342H2/
目立たないけど「沙悟浄」役の岸辺シローもいい味を出していた。

260名無シネマさん(大阪府)2018/03/11(日) 08:20:09.38ID:SVKzanFo
『復讐ーutu(ウツ)ー』>>88と『ラスト・アウトロー』>>254へ自己レス

両作と同じジョフ・マーフィ監督作で、終末モノの秀作SF
らしい『クワイエット・アース』(1985)の予告篇。日本未公開。
https://www.youtube.com/watch?v=QdHoYtBzdX0
『80年代悪趣味ビデオ学入門!』の解説で絶賛されている。
主演は『UTU』で妻を殺され復讐に燃えていた白人の親父。
未DVD化で、ビデオはかなりのレア物ではないでしょうか。
http://k-plus.biz/wp-content/uploads/2014/11/kuwaietto.jpg
リマスター版の高画質予告と映画の解説。私は未見です。
https://www.youtube.com/watch?v=NbsO-wAU2Ss
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=6759

261名無シネマさん(大阪府)2018/03/18(日) 07:29:34.04ID:J6htMWGA
『ロンドン・ヒート』(英・2012)。「ベテラン(武闘派)」と「若造(元・コソ泥)」の
二人が中心の『ワイルド7』的な特捜班もの。前半かなりしょーもなかった。
https://www.youtube.com/watch?v=DuYj4q7s8rc
↑予告。「銃撃戦」が安い。中盤で◯◯◯が殺されてからは急にダークな
展開になり、かなり盛り返す。武闘派オヤジの「常に先制攻撃」の卑怯な戦闘
スタイルが楽しい。映画の元になっているのは1975〜78年までTV放映の
『ロンドン特捜隊スウィーニー』。↓映画版2作目(1978)。未DVD化(未見)。
http://k-plus.biz/wp-content/uploads/2013/06/img380.jpg
原作者イアン・ケネディ・マーティンは『ミニミニ大作戦』、『刑事ロニー・クレイブン』の
脚本家トロイ・ケネディ・マーティンの弟。英国が舞台の傑作『刑事ロニー〜』(85)を
米国に移し替えリメイクしたのがメル・ギブソン主演↓『復讐捜査線』(2010)。
https://www.youtube.com/watch?v=kNoipMaK5ug
旧作でジョー・ドン・ベイカーが演じ主役級の存在感だったが脇役に格下げ?の
「ダリウス・ジェドバーグ」を『ロンドン〜』で武闘派オヤジ役のレイ・ウィンストンが
好演。役者になる前はアマチュアのボクサーだったらしく凄味がある。

262名無シネマさん(大阪府)2018/03/18(日) 07:47:08.54ID:J6htMWGA
レイ・ウィンストンに自己レス>>261

俳優ゲイリー・オールドマンにドメスティック・バイオレンス(DV)の疑惑がある
ようです。唯一の監督作(脚本も)はロンドンの下層階級の家族を描いた
『ニル・バイ・マウス』(1997)。「記憶の中の父に捧げる」と最後に表示される。
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=83776
オールドマンのWikipedia情報では《アイルランド生まれの母親と、溶接工の
父親との間に生まれた。父親はアルコール依存症で、ゲイリーが7歳の時に
家族を捨ててしまう。〜1991年に飲酒運転で逮捕されており、1993年には
アルコール依存症のリハビリセンターに入所したことがある》との事。↓予告。
https://www.youtube.com/watch?v=_BsPLaS0ksg
レイ・ウィンストンは前科者で「アル中」のレイモンド役。「つくりもの」っぽさが皆無で
2時間があっという間に過ぎる。DVの場面は正視できないくらいの狂気と迫力。
暴行被害後の妻の顔(特殊メイク)が本作の様に「リアル」で痛い。DVD廃盤。
https://www.amazon.co.jp/dp/B00005GRI6/
『さらば青春の光』(79)の主人公を更にクズにしたような義弟の「ビリー」が最高。
ケン・ローチの映画から「優しさ」を剥ぎ取った作風なので観る人を選ぶかも。
オールドマンは「レイモンド」に自分を、思い出として語られる「レイモンドの親父」に
実父を投影してるんでしょうか。製作は『レオン』(94)で組んだリュック・ベッソン。

263名無シネマさん(大阪府)2018/03/25(日) 07:41:08.89ID:/JQyI3jm
自分なりの「ハードボイルド映画(洋画)BEST10」。小説は読んだ事ない。
・『ロング・グッドバイ』(73)
・『ビッグ・リボウスキ』(98)
・『キスキス,バンバンーL.A.的殺人事件』(2005)
・『探偵マイク・ハマー/俺が掟だ!』(82)
・『三つ数えろ』(46)
・『さらば愛しき女よ』(75)
・『アルファヴィル』(65)
・『ブレードランナー』(82)
・『ハメット』(82)
・『ロード・オブ・イリュージョン』(95)
「ハードボイルド」に思い入れが無いので「正統派」が少ない。「正統派」の
映画は「あまり面白くない」と感じる事が多いが、好きなジャンルの1つです。
『動く標的』(66)より『新・動く標的』(75)の方が面白かった記憶があり、
数年前に『新・〜』を再見したら、えらく内向きの湿っぽい話でうんざりした。
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=2386
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=17590

264名無シネマさん(大阪府)2018/03/25(日) 07:53:20.91ID:/JQyI3jm
自己レス>>263

「ハードボイルド」の定義を理解できていないし、「ノワール」との違いも
よく分かっていません。未見の『マルタの鷹』(41)と『キッスで殺せ!』(55)は
いつか観たい。「ハードボイルド」については↓『探偵に愛を込めて』(2002年)、
https://www.amazon.co.jp/dp/toc/4872950828/
「ノワール」は↓『ノワールの時代』(2001年)というガイド本を流し読みしました。
https://www.amazon.co.jp/dp/B00KHDD57U/
両方とも映画と(少ないけど)漫画のリストが載っています。『ノワール〜』には
「ハードボイルド」では?と感じる映画も入っていた。好きな『ハードエイト』(96)と
『殺しの分け前/ポイント・ブランク』(67)はノワールぽいので除外しました。
全く知らない香港映画では『ザ・ミッション 非情の掟』(99)が面白かった記憶。
https://www.youtube.com/watch?v=XoxrYestsFs
↑予告。あまり憶えていませんがカッコいい部分とユーモラスな部分が奇妙に
結合し独特の渋さがあったと思います。DVDは廃盤。これも「ノワール」か?
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=235226
https://www.amazon.co.jp/dp/B00005USOM/

265名無シネマさん(大阪府)2018/03/25(日) 08:52:14.39ID:/JQyI3jm
マイナー?な美人女優「ゲイル・ハニカット」に自己レス>>180
http://www.allcinema.net/prog/show_p.php?num_p=41780
有名作品にはあまり出ていない。↑3本観ていますが記憶に無かった。
J・ガーナーがフィリップ・マーロウを演じた『かわいい女』(69)は観た。
https://www.youtube.com/watch?v=oi_T46N3jzw
↑予告に少し写ります。『ビッグ・マグナム 77』(76)にも出ていたらしい。
村上春樹が好きな↓『野良犬の罠』(68)の主演が本格デビューのようだ。
http://mint.2ch.net/test/read.cgi/movie/1385783468/679
『かわいい女』はDVDあり。未ソフト化の『野良犬の罠』が観たい。
https://www.amazon.co.jp/dp/B00NEGGOJS/
『マイシネマハウス』(1980年)によると、「ハード・ボイルドに意外な好演を
みせるG・ペパードが、この作品でも板についた演技で代表作の一つとする」。
https://www.youtube.com/watch?v=Z-589jCDU_I
https://www.amazon.co.jp/dp/B000J8AVAW/

266名無シネマさん(大阪府)2018/04/01(日) 08:55:53.08ID:kjnhfisc
ひさうちみちお『嘆きの天使』(77年)への自己レス>>164

邦題だけは知っていたドイツ映画『嘆きの天使』(1930)を観ました。
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=16570
独身で偏屈な初老の男性教師が「哀れな三流芸人」と化す終盤
以外には見所が無かった。最後は『アスファルト・ジャングル』(50)の
スターリング・ヘイドンの様に「戻りたくても二度と戻れない場所」へ
帰って行く。『天人唐草』みたいな奇声を発しながら(←泣かせる)。
https://www.youtube.com/watch?v=3zyGtkWe7Ts
↑『アスファルト〜』の予告。やはり最後に「帰って行く」場面が泣かせる。
「ジョゼ・ジョヴァンニからの手紙」というインタビューでジョヴァンニ監督が
『アスファルト〜』について、『文句なしにすばらしい。〜〜多くのライターや
監督がここからアイデアを汲み取り、ときにはいただきもしたバイブルの
ような作品〜〜』と書いていた。↓解説動画でも似た事が語られていた。
https://www.youtube.com/watch?v=kotHkUGZoS8

267名無シネマさん(大阪府)2018/04/01(日) 09:17:10.83ID:kjnhfisc
英国製犯罪映画『長く熱い週末』(80)の耳に残るテーマ曲。
https://www.youtube.com/watch?v=EVULl0aDKfw
作曲者であるフランシス・モンクマンの当時の奥さんは日本人で、
『人生は映画で学んだ』(1994年)という色んな人が映画に
関して書いたエッセイ本に「有為エンジェル」の筆名で執筆。
タイトルは「ボブ・ホスキンスの歌」。『長く熱い週末』の主演俳優に
プライベートで接した時の印象が書かれてます。↓映画の予告。
https://www.youtube.com/watch?v=B90zNzyFk-w
《当時それはIRAのプロパガンダと見做され、試写会が催された後、
結局は上映禁止となってしまった。〜テーマ音楽を作曲した男の
妻にとっても、このうえなく残念なことだった。私はいまでもそれが、
ボブ・ホスキンスの主演した作品のなかでもベストに値するほどの
上出来だったと信じている》。このエッセイではもう1本の代表作?
『モナリザ』(86)も紹介されています。ボブ・ホスキンス(1942ー2014)が
監督した映画2本と出演作を足せば10本ぐらい見ていましたが、
『長く熱い週末』が私も一番。そこそこだったのが共に未DVD化の
『私の愛した魔女(ジプシー/風たちの叫び)』(88)とグレアム・グリーン
『名誉領事』が原作の『愛と名誉のために』(83)。↓後者の予告。
https://www.youtube.com/watch?v=adf-Dl_YHIE
ワイルドなボブ・ホスキンス。
https://media.gettyimages.com/photos/english-actor-bob-hoskins-circa-1985-picture-id187457473

268名無シネマさん(大阪府)2018/04/08(日) 07:09:45.47ID:x3WyzuNo
『ヒルストリート・ブルース』(1981〜1987)に自己レス>>107。↓解説。
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=235262
「人間くさい群像劇」が好きな原点はコレだったと気付かされる。
群像劇なので全員が主役級ですが、中でも中心的な存在が分署の
署長と嫁(検事)の夫婦だったと思う(※キッチリ観ているのは数話分
だけで飛び飛び、記憶も曖昧)。この美人検事は「やり手」のエリートだが、
検事の立場でのストレスや限界を感じて弁護士(ヤメ検)になったり、
弁護士という職業の矛盾?を感じて、また検事に戻ったりしてたと思う。
アバンタイトルからOPテーマ↓への流れが毎回渋くてカッコよかった。
https://www.youtube.com/watch?v=g81phAL3uoM
他に憶えているのは、イヤミな人格でパワハラ上司でもある眼鏡をかけた
分署のSWAT隊長と、この隊長に忠実で従順だった生真面目な
隊員が隊長の理不尽さで精神を病んでしまい、武装して立て籠もり犯に
なる強烈なエピソード。どんな結末かは観ていないので判りませんが。
とても人間臭くて、時には残酷。予定調和の「生温い人情ドラマ」では
ない所が新鮮だった。過去に観た数少ないTVドラマの中では最高峰。

269名無シネマさん(大阪府)2018/04/08(日) 07:15:54.22ID:x3WyzuNo
自己レス>>268

プロデューサーのスティーヴン・ボチコ(1943ー2018)死去のニュース。
https://www.cinematoday.jp/news/N0099758
スティーヴン・ボチコ(スティーヴン・ボチコー)への追悼コメントが多い動画。
https://www.youtube.com/watch?v=Je2fGzKiqRM
P・ニューマン主演『アパッチ砦 ブロンクス』(81)からの影響あり。↓昔の投稿。
https://awabi.5ch.net/test/read.cgi/movie/1322710526/571
http://www.imdb.com/title/tt0082402/trivia?item=tr0962871
再見して好きになった『アパッチ砦 ブロンクス』の予告と解説。未DVD化。
https://www.youtube.com/watch?v=sgY7JekJrk8
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=1060

270名無シネマさん(大阪府)2018/04/08(日) 07:28:19.98ID:x3WyzuNo
未DVD化の『マッド・フィンガーズ』(1978)に自己レス>>209
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=22231
井筒監督の『アメリカの活動写真(フィルム)が先生だった』(1998年)より。
https://www.amazon.co.jp/dp/4093483515/
《78年当時、獣もどきのハーベイ・カイテルは、もう40歳に近かった。なのに、
とても若々しく見えた印象が残っている。彼は、37歳の年甲斐もなく、まだ
自己と対峙できず、自己を地殻の奥底までボーリングしようともせず、自己の
マグマを見破れず、自分を憎悪する事も怠り続け、自己愛に耽り、そして
噴いて出る暴力衝動に頼り、自分を忘れようとさえして、ひとり悦に入っていた。
つまり、そんなダメ青年を演じたのだった。とどのつまり、それはぼくこそを体現
しているようだった。『マッド・フィンガーズ』は、映画の雑文書きでもなかなか
語ってくれない、ニューヨーク町精神分裂村の映画なので、人によっては
ゴミ箱行き映画、と片付けそうだが、ここに紹介してみたかった。》 ↓予告。
https://www.youtube.com/watch?v=d68Xf7YuUOo
《後年、監督のジェームズ・トバックと友人だと言うハイビジョン・プロダクションの
社長と仕事をした折、是非にも会わせて欲しいし、紹介してくれ、今晩、
何丁目のバーにでも行けるからと頼むと、あんなクレージーな奴は紹介出来ないヨと
断られた。思わず、噴き出してしまった思い出もある。また新作を撮って、僕の原罪を
せめて慰めてほしいのだが、トバック氏のその後は知らない。》 『罰』と題したこの章で
『ミーン・ストリート』(73)と絡めて語られています(めちゃカッコイイ↓ファンメイド予告)。
https://www.youtube.com/watch?v=5sw2SVrMri8
トバックは↓セクハラで問題に。『マッド〜』は『このビデオを見ろ!』の「欄外」で知った。
http://eiga.com/news/20171025/6/

271名無シネマさん(大阪府)2018/04/15(日) 07:29:55.82ID:QU4dIVGC
悪徳警官、凶悪刑事が主役や準主役で出演、あるいは内部の不正を
告発し危険が迫る『汚れた(腐敗した)警察』映画(洋画)の私的BEST10。
「コメディ」系、「善と悪の境界型」刑事、「潜入捜査」ものは除きました。

・『トレーニング デイ』(2001)
・『プリンス・オブ・シティ』(1981)  ※『セルピコ』(73)も良いけど、こっち
・『コップランド』(1997)  ※憶えてないけど良かった気がする
・『フェイク シティ ある男のルール』(2008)
・『真夜中の刑事』(1976)  ※中年堅物刑事(拳銃マニア)の「初恋地獄篇」
・『ダーク・スティール』(2002)  ※劇場未公開
・『アパッチ砦 ブロンクス』(1981)  ※未DVD化>>269
・『Q&A 〜殺人調書〜』(1990)  ※ニック・ノルティ
・『レオン』(1994)  ※ゲイリー・オールドマン
・『殺人捜査』(1970)  ※イタリア映画(未DVD化)

『殺人捜査』はエリオ・ペトリ監督(1929–1982)で、他に風変わりな
『華麗なる殺人』(65)は観たが、『殺人捜査』も変てこな映画でした。
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=8768
↓紹介動画。咀嚼しきれない奇妙に捻れた感覚を薄っすらと記憶。
https://www.youtube.com/watch?v=RMofSyukEo0
他には『グライド・イン・ブルー』(73)、『L.A.コンフィデンシャル』(97)、
『マイノリティ・リポート』(2002)、『狼たちの街』(96)あたりも好みです。
有名だけど↓未見の映画も多い。『フェニックス』(98)>>56も推したい。
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=18192

272名無シネマさん(大阪府)2018/04/15(日) 07:38:40.58ID:QU4dIVGC
自己レス>>271

『プリンス・オブ・シティ』とフランス映画『真夜中の刑事』の予告。
https://www.youtube.com/watch?v=CUz8HKTGsPM
https://www.youtube.com/watch?v=F1kYUFPyTFo
『フェイク シティ』と『ダーク・スティール』予告。デヴィッド・エアーの監督と脚本。
https://www.youtube.com/watch?v=6TSu83tAwNI
https://www.youtube.com/watch?v=M7AqEtkEVQA
『プリンス〜』、『Q&A』、『セルピコ』と同じシドニー・ルメット監督に
『怒りの刑事』(73)という高評価の劇場未公開作品があるようです。
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=1746
『怒りの刑事』の予告。ショーン・コネリー主演で未ソフト化。
https://www.youtube.com/watch?v=FZT-x_dp4jo
『刑事アクション!』(91年)と『このビデオを見ろ!アクション篇』(89年)を参照しました。
https://www.amazon.co.jp/dp/4896910931/
https://www.suruga-ya.jp/database/pics/game/znka7663.jpg
『ダーティハリー2』(73)と同系統の『黒い警察』(72)はDVDが出ていた(廃盤)。
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=6629

273名無シネマさん(大阪府)2018/04/22(日) 07:24:04.77ID:y9N4z51n
『赤ちゃんよ永遠に』(1972)。20××年の「人口過剰」社会が舞台。
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=522
オリヴァー・リードとジェラルディン・チャップリンが夫婦役。子供を産むと
重罪(死刑?)になる社会を描いたディストピアSF。新婚夫婦には
不気味な「ロボットの赤ちゃん」が配給される。「少子化」なんて誰も
危惧していなかった1970年台らしい「未来予測」。いかにも70年台的な
メッセージを感じるラストは憶えてます。↓予告とジャケ写。未DVD化。
https://www.youtube.com/watch?v=RLVrtfQ6Udk
http://k-plus.biz/wp-content/uploads/2012/02/001.jpg
2022年が舞台の『ソイレント・グリーン』(1973)。人口増加で食糧難が
大問題になっているニューヨーク。難題を解決する新たな夢の合成食品
「ソイレント・グリーン」の「原料」は一体・・・という内容だったと思います。
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=13059
https://www.youtube.com/watch?v=rVqBTg5L6WU

274名無シネマさん(大阪府)2018/04/22(日) 07:32:19.31ID:y9N4z51n
自己レス>>273

2本とも昔に観たので記憶はあやふや。古いSFを、いま観ても楽しめるか。
サイバーパンク短篇集『ミラーシェード』(原著は1986年)の序文で、編者で
作家のブルース・スターリングが、『SFの役割は外挿法(extrapolation)を用いた
大胆でラディカルな未来像の提示にあり、それがSF本来の存在意義である』と、
当時の「現実逃避」方向に堕落した?SF業界への怒りを表明していたと思う。
初耳の「外挿法」とは【既知の事柄から未知の事柄を推定すること】だそうです。
https://www.amazon.co.jp/dp/4150107629/
藤子・F・不二雄先生の「毒のある短篇漫画」がSF的想像力?として面白い。
https://order.mandarake.co.jp/order/detailPage/item?itemCode=1051933440
↑全部は読んでませんが、一番好きなのは『SFマガジン』1976年1月号が初出の
『ウルトラ・スーパー・デラックスマン』。映画版『AKIRA』(88)の鉄雄とも共通する
「急激な変化(進化)についていけない制御不能な古い本能(破壊衝動、性欲)」と自滅。

新着レスの表示
レスを投稿する