ライムスター宇多丸のムービーウォッチメン Part146 [無断転載禁止]©2ch.net

1名無シネマさん(やわらか銀行)2017/08/11(金) 07:03:25.37ID:E3TZqgts
「!extend:checked:vvvvvv
映画館では今も新作映画が公開されている。

一体、誰が映画を見張るのか?誰が映画をウォッチするのか?
"映画ウォッチ超人"シネマンディアス宇多丸が、今立ち上がる──

その名も、「週刊映画時評ムービーウォッチメン」!!!

コテハン等による連投、荒らし、自演は厳禁。
荒らしにかまうレス、自演による賛美も禁止。
NG設定及び完全スルー強制、著しいものはその都度通報を。

コーナーで扱ってほしい作品等について、幾らこのスレで訴えても妄りにスレを消費し、荒らしと見なされるだけで現実は何も変わりません。
各自で番組(utamaru@tbs.co.jp)宛に地道にメールしましょう。

次スレは>>950がスレ立て宣言後にスレ立てを、無理なら代行依頼すること。
スレ立ての際、荒らし及び犯罪対策の為に必ず>>1の最初の行に「!extend:checked:vvvvvv」を入力して下さい。

公式
ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル内「ムービーウォッチメン」
http://www.tbsradio.jp/tag/utamaru_watchmen/

前スレ
ライムスター宇多丸のムービーウォッチメン Part146
https://lavender.2ch.net/test/read.cgi/movie/1501053756/

206名無シネマさん(家)2018/10/15(月) 15:39:46.85ID:PyY020Ms
宇多丸にはアニメ界の黒澤こと細田監督がついてるから大丈夫

207名無シネマさん(東京都)2018/10/15(月) 15:52:14.15ID:6F9vFtxq
>>206
そうだな新海とは友達になりたくないが、細田だったらパクリ騒動は無いだろうし、友達だったら心強いな

208名無シネマさん(家)2018/10/15(月) 15:57:23.50ID:PyY020Ms
細田と友達になって憧れの宇多丸先生に近付きたいんだろ

209名無シネマさん(新疆ウイグル自治区)2018/10/15(月) 16:02:15.66ID:cYj6ekDs
>>205
ゴミ縄観た程度でファン扱いすんなよ
お前もゴミ縄しか観た事ないksだけどさ

210名無シネマさん(禿)2018/10/15(月) 17:05:46.32ID:0ldxdmLS
イーロンが褒めてもスノーデンが褒めても
宇多丸が認めないアニメは糞アニメ

211名無シネマさん(庭)2018/10/15(月) 17:13:44.77ID:xFNCLXBq
イーロンやスノーデンが認めてもヒロアカに負けました^^

212名無シネマさん(やわらか銀行)2018/10/15(月) 19:09:26.98ID:iJJOZgVt
>>210
ソース示して言え

213名無シネマさん(茸)2018/10/15(月) 19:19:45.97ID:VB1GM9T8
スノーデンは言の葉>秒速5cm>君縄ってツイートしてるよ

スノーデンは何年か日本にいたんじゃなかったっけ?
その時に新海ファンになったのかな

214名無シネマさん(禿)2018/10/15(月) 19:56:21.34ID:/CepjlA9
kurosukeに声掛けられたぁ
声掛け事案発生

215名無シネマさん(茸)2018/10/15(月) 20:25:05.22ID:5JqAv99p
kurosuke『あうあうあー!!(涎を垂らしながら)』

216名無シネマさん(庭)2018/10/15(月) 21:10:53.86ID:TaC+EoEG
2016年11月3日8時30分ごろ、東京湾羽田沖で大量の水蒸気が噴出、
同時に海底を通る東京湾アクアラインでもトンネル崩落事故が発生、政府は原因を海底火山か熱水噴出孔の発生と見て対応を進める。
矢口蘭堂(やぐち らんどう)内閣官房副長官は、ネット上の一般人の動画や目撃報告から、
いち早く巨大生物の存在を示唆するが、一笑に付される。
間もなく巨大生物の尻尾部分がテレビ報道され政府は認識を改める。
巨大生物は多摩川河口から大田区内の呑川を這いずるように遡上し、蒲田で上陸、北進を始める。
対処方針は駆除と決まり、自衛隊に害獣駆除を目的とした出動が要請される。巨大生物は北品川近くで変形、直立二足歩行を始める。
自衛隊の攻撃ヘリコプターが攻撃位置に到着するが、付近に逃げ遅れた住民が発見され、攻撃は中止される。
巨大生物は突然歩行を止め京浜運河から東京湾へと姿を消す。巨大生物は上陸から2時間強で死者・行方不明者100名以上の被害 を出した。
巨大生物の再度襲来に備え、矢口を事務局長とした「巨大不明生物特設災害対策本部(巨災対)」が設置される。
被害地域で微量の放射線量の増加が確認され、巨大生物の行動経路と一致したことから、巨大生物が放射線源と判明する。
米国より大統領次席補佐官および大統領特使が極秘裏に来日し、巨大不明生物は海洋投棄された放射性廃棄物に適応進化した、
「ゴジラ (Godzilla)」と呼称する未発表の生物であること、その研究していた牧悟郎という学者が行方不明であること、
牧が残した謎の暗号化資料等が日本側へ提供された。巨災対は、ゴジラは体内の原子炉状の器官から活動エネルギーを得ており、
そこから生じる熱は血液循環によって発散しているため、血液循環を阻害すればゴジラは生命維持のため自らスクラム停止・急激な冷却を行い、
活動停止するはずであると結論づけ、血液凝固剤の経口投与によってゴジラを凍結させる「矢口プラン」(仮称)の具体検討を始める。
11月7日、前回の倍近い大きさとなったゴジラが鎌倉市に再上陸、横浜市・川崎市を縦断して武蔵小杉に至る。
自衛隊は武蔵小杉から多摩川河川敷を戦場とした 、ゴジラの都内進入阻止のための総力作戦「タバ作戦」を実行するが、
傷一つ付けることができず、突破されてしまう。ゴジラは大田区・世田谷区・目黒区へと進行する。

217名無シネマさん(庭)2018/10/15(月) 21:11:11.22ID:TaC+EoEG
米国からの大使館防衛を理由に爆撃機をグアムから日本に向かわせたとの通知を受けて、政府は正式に米国に攻撃支援を要請する。
港区にまで進行してきたゴジラに対し、米軍の爆撃機による攻撃を始め、ゴジラに初めて傷を負わせることに成功するが、
ゴジラは口から火炎や光線を、背部からも複数の光線を放射しはじめ、爆撃機をすべて撃墜し、港・千代田・中央3区の市街地を破壊する。
総理大臣官邸から立川広域防災基地へ避難するところであった総理大臣らが乗ったヘリコプターも光線によって撃墜され、
総理を含め閣僚11名が死亡する。一方ゴジラは東京駅構内で活動を停止する。
政府機能は立川に移転、総理大臣臨時代理も立てられ、 矢口はゴジラ対策の特命担当大臣に任命される。
米軍の爆撃で得られたゴジラの組織片の分析より、今後ゴジラは無生殖で増殖しネズミ算式に群体化していくことや、
小型化や有翼化、それにより大陸間を超えて拡散する可能性が示唆された。また2週間後には活動再開すると予測された。
国連安保理はゴジラへの熱核攻撃を決議し、住民360万人の疎開が行われる。
巨災対は核攻撃ではなく矢口プランによるゴジラ停止の完遂を切望するが、ゴジラには元素を変換する能力もあったことが判明し、
血液凝固剤が無力化される懸念が生じてしまった。その直後、それまで謎だった牧の暗号化資料の解読の糸口が見つかり、
解読・解析結果からゴジラの元素変換機能を阻害す る極限環境微生物の分子式が得られる。
それを抑制剤として血液凝固剤と併せて投与することで解決の見通しが立った。
国連軍の熱核攻撃開始も間近に迫る中、矢口プランは、「ヤシオリ作戦」という作戦名で、日米共同作戦として開始される。
無人運転の列車を使った爆弾でゴジラを起こし、次にエネルギー消耗のみを狙った米軍の無人航空機群による攻撃が、
ゴジラが光線を出せなくなるまで続く。光線が途切れたところを付近の高層ビルをゴジラに向け爆破・倒壊させてゴジラを転倒させる。
建設機械部隊とコンクリートポンプ車隊が近づきポンプ車のアームより累計数百キロリットルの血液凝固剤をゴジラの口内に流し込む。
これらの繰り返しにより、ようや くゴジラの凍結に成功する。ゴジラは東京駅脇に凍りついたまま立ちつくす。
その尻尾の先端部には背びれを持つ人型の小柄な生物数体が、生じかけたまま静止していた

218名無シネマさん(庭)2018/10/15(月) 21:11:33.73ID:TaC+EoEG
2016年11月3日8時30分ごろ、東京湾羽田沖で大量の水蒸気が噴出、
同時に海底を通る東京湾アクアラインでもトンネル崩落事故が発生、政府は原因を海底火山か熱水噴出孔の発生と見て対応を進める。
矢口蘭堂(やぐち らんどう)内閣官房副長官は、ネット上の一般人の動画や目撃報告から、
いち早く巨大生物の存在を示唆するが、一笑に付される。
間もなく巨大生物の尻尾部分がテレビ報道され政府は認識を改める。
巨大生物は多摩川河口から大田区内の呑川を這いずるように遡上し、蒲田で上陸、北進を始める。
対処方針は駆除と決まり、自衛隊に害獣駆除を目的とした出動が要請される。巨大生物は北品川近くで変形、直立二足歩行を始める。
自衛隊の攻撃ヘリコプターが攻撃位置に到着するが、付近に逃げ遅れた住民が発見され、攻撃は中止される。
巨大生物は突然歩行を止め京浜運河から東京湾へと姿を消す。巨大生物は上陸から2時間強で死者・行方不明者100名以上の被害 を出した。
巨大生物の再度襲来に備え、矢口を事務局長とした「巨大不明生物特設災害対策本部(巨災対)」が設置される。
被害地域で微量の放射線量の増加が確認され、巨大生物の行動経路と一致したことから、巨大生物が放射線源と判明する。
米国より大統領次席補佐官および大統領特使が極秘裏に来日し、巨大不明生物は海洋投棄された放射性廃棄物に適応進化した、
「ゴジラ (Godzilla)」と呼称する未発表の生物であること、その研究していた牧悟郎という学者が行方不明であること、
牧が残した謎の暗号化資料等が日本側へ提供された。巨災対は、ゴジラは体内の原子炉状の器官から活動エネルギーを得ており、
そこから生じる熱は血液循環によって発散しているため、血液循環を阻害すればゴジラは生命維持のため自らスクラム停止・急激な冷却を行い、
活動停止するはずであると結論づけ、血液凝固剤の経口投与によってゴジラを凍結させる「矢口プラン」(仮称)の具体検討を始める。
11月7日、前回の倍近い大きさとなったゴジラが鎌倉市に再上陸、横浜市・川崎市を縦断して武蔵小杉に至る。
自衛隊は武蔵小杉から多摩川河川敷を戦場とした 、ゴジラの都内進入阻止のための総力作戦「タバ作戦」を実行するが、
傷一つ付けることができず、突破されてしまう。ゴジラは大田区・世田谷区・目黒区へと進行する。

219名無シネマさん(庭)2018/10/15(月) 21:12:00.02ID:TaC+EoEG
米国からの大使館防衛を理由に爆撃機をグアムから日本に向かわせたとの通知を受けて、政府は正式に米国に攻撃支援を要請する。
港区にまで進行してきたゴジラに対し、米軍の爆撃機による攻撃を始め、ゴジラに初めて傷を負わせることに成功するが、
ゴジラは口から火炎や光線を、背部からも複数の光線を放射しはじめ、爆撃機をすべて撃墜し、港・千代田・中央3区の市街地を破壊する。
総理大臣官邸から立川広域防災基地へ避難するところであった総理大臣らが乗ったヘリコプターも光線によって撃墜され、
総理を含め閣僚11名が死亡する。一方ゴジラは東京駅構内で活動を停止する。
政府機能は立川に移転、総理大臣臨時代理も立てられ、 矢口はゴジラ対策の特命担当大臣に任命される。
米軍の爆撃で得られたゴジラの組織片の分析より、今後ゴジラは無生殖で増殖しネズミ算式に群体化していくことや、
小型化や有翼化、それにより大陸間を超えて拡散する可能性が示唆された。また2週間後には活動再開すると予測された。
国連安保理はゴジラへの熱核攻撃を決議し、住民360万人の疎開が行われる。
巨災対は核攻撃ではなく矢口プランによるゴジラ停止の完遂を切望するが、ゴジラには元素を変換する能力もあったことが判明し、
血液凝固剤が無力化される懸念が生じてしまった。その直後、それまで謎だった牧の暗号化資料の解読の糸口が見つかり、
解読・解析結果からゴジラの元素変換機能を阻害す る極限環境微生物の分子式が得られる。
それを抑制剤として血液凝固剤と併せて投与することで解決の見通しが立った。
国連軍の熱核攻撃開始も間近に迫る中、矢口プランは、「ヤシオリ作戦」という作戦名で、日米共同作戦として開始される。
無人運転の列車を使った爆弾でゴジラを起こし、次にエネルギー消耗のみを狙った米軍の無人航空機群による攻撃が、
ゴジラが光線を出せなくなるまで続く。光線が途切れたところを付近の高層ビルをゴジラに向け爆破・倒壊させてゴジラを転倒させる。
建設機械部隊とコンクリートポンプ車隊が近づきポンプ車のアームより累計数百キロリットルの血液凝固剤をゴジラの口内に流し込む。
これらの繰り返しにより、ようや くゴジラの凍結に成功する。ゴジラは東京駅脇に凍りついたまま立ちつくす。
その尻尾の先端部には背びれを持つ人型の小柄な生物数体が、生じかけたまま静止していた

220名無シネマさん(庭)2018/10/15(月) 21:12:31.04ID:TaC+EoEG
2016年11月3日8時30分ごろ、東京湾羽田沖で大量の水蒸気が噴出、
同時に海底を通る東京湾アクアラインでもトンネル崩落事故が発生、政府は原因を海底火山か熱水噴出孔の発生と見て対応を進める。
矢口蘭堂(やぐち らんどう)内閣官房副長官は、ネット上の一般人の動画や目撃報告から、
いち早く巨大生物の存在を示唆するが、一笑に付される。
間もなく巨大生物の尻尾部分がテレビ報道され政府は認識を改める。
巨大生物は多摩川河口から大田区内の呑川を這いずるように遡上し、蒲田で上陸、北進を始める。
対処方針は駆除と決まり、自衛隊に害獣駆除を目的とした出動が要請される。巨大生物は北品川近くで変形、直立二足歩行を始める。
自衛隊の攻撃ヘリコプターが攻撃位置に到着するが、付近に逃げ遅れた住民が発見され、攻撃は中止される。
巨大生物は突然歩行を止め京浜運河から東京湾へと姿を消す。巨大生物は上陸から2時間強で死者・行方不明者100名以上の被害 を出した。
巨大生物の再度襲来に備え、矢口を事務局長とした「巨大不明生物特設災害対策本部(巨災対)」が設置される。
被害地域で微量の放射線量の増加が確認され、巨大生物の行動経路と一致したことから、巨大生物が放射線源と判明する。
米国より大統領次席補佐官および大統領特使が極秘裏に来日し、巨大不明生物は海洋投棄された放射性廃棄物に適応進化した、
「ゴジラ (Godzilla)」と呼称する未発表の生物であること、その研究していた牧悟郎という学者が行方不明であること、
牧が残した謎の暗号化資料等が日本側へ提供された。巨災対は、ゴジラは体内の原子炉状の器官から活動エネルギーを得ており、
そこから生じる熱は血液循環によって発散しているため、血液循環を阻害すればゴジラは生命維持のため自らスクラム停止・急激な冷却を行い、
活動停止するはずであると結論づけ、血液凝固剤の経口投与によってゴジラを凍結させる「矢口プラン」(仮称)の具体検討を始める。
11月7日、前回の倍近い大きさとなったゴジラが鎌倉市に再上陸、横浜市・川崎市を縦断して武蔵小杉に至る。
自衛隊は武蔵小杉から多摩川河川敷を戦場とした 、ゴジラの都内進入阻止のための総力作戦「タバ作戦」を実行するが、
傷一つ付けることができず、突破されてしまう。ゴジラは大田区・世田谷区・目黒区へと進行する。

221名無シネマさん(庭)2018/10/15(月) 21:12:54.15ID:TaC+EoEG
米国からの大使館防衛を理由に爆撃機をグアムから日本に向かわせたとの通知を受けて、政府は正式に米国に攻撃支援を要請する。
港区にまで進行してきたゴジラに対し、米軍の爆撃機による攻撃を始め、ゴジラに初めて傷を負わせることに成功するが、
ゴジラは口から火炎や光線を、背部からも複数の光線を放射しはじめ、爆撃機をすべて撃墜し、港・千代田・中央3区の市街地を破壊する。
総理大臣官邸から立川広域防災基地へ避難するところであった総理大臣らが乗ったヘリコプターも光線によって撃墜され、
総理を含め閣僚11名が死亡する。一方ゴジラは東京駅構内で活動を停止する。
政府機能は立川に移転、総理大臣臨時代理も立てられ、 矢口はゴジラ対策の特命担当大臣に任命される。
米軍の爆撃で得られたゴジラの組織片の分析より、今後ゴジラは無生殖で増殖しネズミ算式に群体化していくことや、
小型化や有翼化、それにより大陸間を超えて拡散する可能性が示唆された。また2週間後には活動再開すると予測された。
国連安保理はゴジラへの熱核攻撃を決議し、住民360万人の疎開が行われる。
巨災対は核攻撃ではなく矢口プランによるゴジラ停止の完遂を切望するが、ゴジラには元素を変換する能力もあったことが判明し、
血液凝固剤が無力化される懸念が生じてしまった。その直後、それまで謎だった牧の暗号化資料の解読の糸口が見つかり、
解読・解析結果からゴジラの元素変換機能を阻害す る極限環境微生物の分子式が得られる。
それを抑制剤として血液凝固剤と併せて投与することで解決の見通しが立った。
国連軍の熱核攻撃開始も間近に迫る中、矢口プランは、「ヤシオリ作戦」という作戦名で、日米共同作戦として開始される。
無人運転の列車を使った爆弾でゴジラを起こし、次にエネルギー消耗のみを狙った米軍の無人航空機群による攻撃が、
ゴジラが光線を出せなくなるまで続く。光線が途切れたところを付近の高層ビルをゴジラに向け爆破・倒壊させてゴジラを転倒させる。
建設機械部隊とコンクリートポンプ車隊が近づきポンプ車のアームより累計数百キロリットルの血液凝固剤をゴジラの口内に流し込む。
これらの繰り返しにより、ようや くゴジラの凍結に成功する。ゴジラは東京駅脇に凍りついたまま立ちつくす。
その尻尾の先端部には背びれを持つ人型の小柄な生物数体が、生じかけたまま静止していた

222名無シネマさん(やわらか銀行)2018/10/16(火) 00:07:55.14ID:v8XNaEXW
>>215
お前住所調べて殺しに行くぞ。

223名無シネマさん(やわらか銀行)2018/10/16(火) 00:12:34.03ID:v8XNaEXW
1954年、ビキニ環礁。
古代の頂点捕食者であるゴジラは、核爆弾で殺されるために誘き寄せられる。

1999年、フィリピン、ユニバーサル・ウェスタン鉱山。
秘密組織MONARCH(モナーク)の生物科学者・芹沢猪四郎博士(渡辺謙)は、助手の古生物学者ヴィヴィアン・グレアム博士(サリー・ホーキンス)と共にヘリコプターで到着する。

責任者のボイドに迎えられた芹沢とグレアムは、採掘場で起きた謎の陥没事故現場を調べる。

芹沢とグレアムは、放射線を放つ巨大な恐竜の化石と無傷の卵のような物体と何かが這い出した痕跡を確認する。

日本、雀路羅(じゃんじら)市。
原子力発電所に勤務する核物理学者のジョー・ブロディ(ブライアン・クランストン)は、技師である妻のサンドラ(ジュリエット・ビノシュ)と息子のフォードと共に忙しい日々を送っていた。

原子炉直下で発生する不可解な地震の報告を受けたジョーは、自分の誕生日を忘れていることをサンドラから知らされながら発電所に向かう。

職員のタカシ(山村憲之介)やハヤト(ヒロ・カナガワ)から状況を知らされたジョーは、大きな揺れがあったために、即刻、原子炉の停止を指示する。

調査に向かっていたサンドラに脱出するよう伝えたジョーは、彼女を助けるために防護扉に向かう。

逃げ遅れたサンドラは、フォードと共に生きてほしいと言って扉を閉めるようにと、無線でジョーに伝える。

町全体が危険にさらされると管理室から言われたジョーは、仕方なく扉を閉める。

扉に着いたサンドラは、のぞき窓のジョーの顔を見つめながら、諦めさせようとしてマスクを外し、父親としてフォードを守ってほしいと伝えて別れを告げる。

発電所は倒壊し始めて町中は停電になり、学校で授業を受けていたフォードは、他の生徒と共に避難するよう担任から指示される。

フォードは、両親がいるはずの発電所が倒壊する様子を見つめる。

224名無シネマさん(やわらか銀行)2018/10/16(火) 00:15:55.55ID:v8XNaEXW
15年後、サンフランシスコ。
アメリカ海軍の”EOD”爆弾処理班の大尉となっていたフォードは、総合病院ER勤務の医師である妻のエル(エリザベス・オルセン)と息子のサム(カーソン・ボルド)と共に休暇を楽しむことになる。

エルと愛し合おうとしていたフォードは、父ジョーが日本で逮捕されたという連絡を受け、身柄引き取りのために旅立つ。

ジョーは、サンドラの命を奪った原発事故の真相を探るために、退避区域の雀路羅に侵入して逮捕されたのだった。

東京。
到着して警察に向かい、釈放されたジョーと共に彼の家に向かったフォードは、事故以来、とり憑かれたように調査し、資料を壁中に貼る異常な部屋を見て驚く。

何かが隠蔽され、事故の原因が地震でないことを確信するジョーは、サンドラはまだ現場にいると言って後悔し、全力は尽くしたとフォードに伝える。

帰国しようとフォードから言われたジョーだったが、翌朝、新たな情報を入手して、退避区域に向かおうとする。

フォードに反対されたジョーだったが、区域内で新たな振動がキャッチされ、隠蔽されているのが原発関連のことではないと考え、調べる必要があると伝える。

住んでいた家に向かい、保管していたディスクを入手し当時と今のデータを比較する必要があると言うジョーは、嘘を暴く考えを変えない。

そこまでこだわる理由を訊かれたジョーは、サンドラを死なせたと伝え、事故はメルトダウンではなかったと断言する。

事実と向き合い逃げてはならないと言われたフォードは、ジョーと共に退避区域に向かう決心をする。

フォードと共に防護服を着て雀路羅に侵入したジョーは、犬が走り回り放射能がないことを確認してマスクをは外す。

まず、退避区域の嘘に気づいたジョーは、かつて住んでいた家に向かい、データのディスクとサンドラが写る家族の写真を見つける。

発電所跡地で何かを建設していることを確認したジョーとフォードは、パトロールに見つかり捕らえられ、施設に連行される。

施設内には、事故の地震の原因となった巨大な繭があり、研究が続けられていた。

モナークの施設であるその場の責任者の芹沢は、二人が拘束されたことを知らされ、一人は原発の元職員だったと言われる。

225名無シネマさん(やわらか銀行)2018/10/16(火) 00:22:56.24ID:v8XNaEXW
グレアムと共に、尋問されるジョーの話を隣の部屋で聞いた芹沢は、隠蔽について語る彼の妻、がこの場で死んだことを知る。

ジョーのカバンの中には15年前の資料があったことをグレアムから知らされた芹沢は、当時の情報が残っていたことに驚く。

その時、起きた揺れや現象を、ジョーは当時と同じだと指摘する。

同じ頃、繭が崩れ始め、内部の生命体が放射線を体内にためて成長したことを確認した芹沢は、退避命令を出して殺すよう指示する。

電磁波は消滅し、その死は確認させるものの、繭の内部から巨大な生物が現れる。

部屋から脱出したジョーは、拘束されていたフォードを目撃するものの、その場に向かうことができない。

羽の生えた巨大生物は移動し始め、施設は破壊される。

フォードと連絡が取れないエルは、父のことを心配するサムを抱きしめて安心させる。

翌日、破壊された施設はアメリカ軍の監視下に置かれ、指揮官のラッセル・ハンプトン大佐(リチャード・T・ジョーンズ)は、モナーク計画と未確認生物の情報についてを芹沢に確認する。

指揮権はアメリカ軍に移ると言われた芹沢は、必要な人物がいるかと訊かれ、負傷したジョーとフォードだとハンプトンに伝える。

ヘリで搬送される途中、家族の元に戻るようフォードに伝えたジョーは息を引き取る。

日本沿岸、空母”サラトガ”。
アメリカ海軍少将ウィリアム・ステンツ(デヴィッド・ストラザーン)は、未確認巨大生命体”MUTO”を捜索しつつ、事件を地震として装う指示を出す。

父ジョーを亡くしたフォードは、芹沢とグレアムから協力を求められる。

1954年に、世界初の原子力潜水艦”ノーチラス”が深海である巨大生物を発見し、米ソが競って行った核実験は、実はそれを殺すためだったことを、芹沢とグレアムはフォードに話す。

生物は地球の放射線を食べて何百万年も生き続け、設立された秘密組織”モナーク”が、その生物”ゴジラ”を調査研究していたのだった。

15年前にフィリピンで卵と共にゴジラに似た巨大化石を発見したのだが、大昔にMUTOが殺したものだったと話す芹沢とグレアムは、1体は冬眠中でもう1体は炭鉱採掘中に目覚めたと伝える。

226名無シネマさん(やわらか銀行)2018/10/16(火) 00:26:29.99ID:v8XNaEXW
餌を求めて地中を掘り進んだMUTOは、日本の雀路羅の地下で眠りにつき、15年間、放射線を吸い続けて、羽のある姿に成長したのだった。

それを知りながら殺さなかった理由をフォードから問われたグレアムは、殺せば放射線が放出されて危険だと考えたからだと説明する。

芹沢は、生態研究とそれを理解するために殺さずに閉じ込めたと話し、グレアムは、電磁パルス攻撃できるとは知らなかったとフォードに伝える。

ジョーがそれに気づいていたことを知った芹沢とグレアムは、他に情報はないかフォードに尋ねる。

話をするような音を出していたと聞いたと言うフォードは、MUTOが会話をしていたのなら相手の声も記録されてかもしれないと芹沢から指摘される。

芹沢は調べな直すようグレアムに指示し、MUTO捜索の鍵はゴジラだという考えをフォードに伝える。

ヘリでハワイに向かう途中でエルに電話したフォードは、父が亡くなったことを伝え、サンフランシスコに戻ることをメッセージに残す。

ジョーの資料とデータをグレアムとチェックした芹沢は、何かが答えていることを確認する。

ホノルル。
電車で空港に向かおうとしたフォードは、両親とはぐれてしまった日本人の少年に、家から持ち帰ったおもちゃの人形を渡して落ち着かせる。

その後、ハワイ沖でロシアの潜水艦が姿を消し、捜索のために特殊部隊がオアフ島に向かう。

部隊はジャングルの中で潜水艦とMUTOを発見し、その報告を受けたステンツは、100万人が滞在する場所では存在を隠し通すのは無理だと考える。

戦闘機が出撃して現地に向かうものの、MUTOの攻撃を受けて墜落する。

ホノルル。
海面の上昇に気づいた海岸にいた人々は、避難を始める。

甲板に上がっていた芹沢は、ゴジラが迫り、船底を通り抜けて海岸に向かう姿を確認する。

人々が逃げる中、津波が押し寄せ、既に待機していた部隊がビルの屋上から照明弾を発射する。

227名無シネマさん(やわらか銀行)2018/10/16(火) 00:28:31.79ID:v8XNaEXW
巨大なゴジラが姿を現し、部隊は攻撃を始める。

停電していた街は電力が復旧し、フォードはMUTOの姿を確認する。

攻撃を受けたMUTOは暴れ始め、フォードの乗っていた電車は破壊され、彼は少年を助ける。

ホノルル国際空港(現ダニエル・K・イノウエ国際空港)。
ヘリの攻撃をかわし撃墜したMUTOの前に、ゴジラが現れる。

サンフランシスコ。
ソファで眠っていたサムは目覚めて、テレビで中継されているゴジラとMUTOの戦いを見る。

サムを眠らせようとしたエルは、サムから恐竜だと言われて、画面の光景を見て驚く。

ホノルル。
翌朝、市内は壊滅状態になり、フォードは少年の両親を捜そうとして臨時の行方不明者登録所に向かう。

姿が見えなくなった少年が、両親と再会できたことを確認したフォードは安堵する。

移動する空軍のトレ・モラレス軍曹(ヴィクター・ラサック)に話しかけたフォードは、巨大生物狩りが始まると言う彼と行動を共にする。

MUTOは東に移動しゴジラはそれを追い、アメリカの西海岸に近づく。

その後、MUTOがゴジラを呼び寄せたと思われたが、ゴジラは声を聴いただけで、MUTOは別のものを呼んだという考えを芹沢はグレアムに伝える。

ネバダが目的地だと気づいた芹沢は、放射性廃棄物処分場に保管されている、フィリピンで見つけた卵が孵化すると考える。

”ユッカマウンテン放射性廃棄物処分場”。
施設内を調べた特殊部隊は、孵化したMUTOが脱出し、ラスベガスに向かっていることを確認する。

228名無シネマさん(やわらか銀行)2018/10/16(火) 00:31:19.43ID:v8XNaEXW
ラスベガスを破壊したMUTOは、更に移動する。

その映像を確認した芹沢は、もう1体よりも巨大なMUTOには羽がないため雌だと気づき、それが雄を呼び寄せ、繁殖するために餌を探しているとグレアムから指摘される。

会議の席上で軍事分析官(テイラー・ニコルズ)は、3体が向かう場所がサンフランシスコ湾であることをステンツらに伝え、核弾頭をタイマーでセットして船に搭載して沖に出せば、MUTOとゴジラを誘き寄せられると話す。

それに意見するグレアムに対案を問うステンツは、芹沢から、調和を取り戻すために来たゴジラならMUTOを止められると言われる。

黙って見ているわけにはいかないと言うステンツは、直ちに準備を開始させる。

納得いかないグレアムはその場を去り、ステンツは、市民の安全が最優先だと芹沢に伝える。

動かない古い懐中時計を芹沢から見せられたステンツは、1945年8月6日、午前8時15分に投下された、広島の原爆で亡くなった父の形見だと言われる。

カリフォルニア州、ローン・パイン。
モラレスらと行動を共にしていたフォードは、核弾頭がサンフランシスコに運ばれることを知り、部隊の指揮官マーカス・ウォルツ中尉(パトリック・サボンギ)に同行の許可を求める。

エルに電話をしたフォードは、怯える彼女を落ち着かせて、明朝、迎えに行くことを約束し、必ず脱出させると言って愛を伝える

その間、電波障害区域は広がり避難勧告が出される。

作戦は実行され、中止することをステンツに要望した芹沢だったが、市民を守る必要があると言われる。

ステンツから、核弾頭で相手を倒せるか訊かれた芹沢は、既に試したことを伝えるが、今回はメガトン級だと知らされる。

229名無シネマさん(やわらか銀行)2018/10/16(火) 00:33:20.26ID:v8XNaEXW
核弾頭と共に貨物車で移動するフォードは、電磁パルスの影響を受けないアナログ式の起爆装置をセットする。

付近で戦闘があり貨物車は停車したため、フォードとモラレスが安全を確認する。

無線がつながらなくなり、MUTOが現れたたために二人は身を潜める。

出発していた貨物車は火だるまとなり、二人と共に橋から川に落下し、MUTOは核弾頭を飲み込む。

水面を前進していたゴジラは、水中に潜り姿を消す。

翌日、無事だったフォードは、無傷だった核弾頭を運び出す部隊に救出される。

西海岸全域に避難勧告が出て、エルの病院の患者も移動を始めるが、エルはフォードを待つ。

サンフランシスコ。
フォードは、核弾頭が沖合に運ばれ、それが”餌”にされることを知る。

サムを同僚のローラに預けたエルは、フォードを待つために病院に残る。

オークランド、作戦司令部。
ヘリで運ばれたフォードは、治療を受ける。

ゴジラとMUTO2体の位置を確認したステンツは、”ゴールデン・ゲート・ブリッジ”に、スクールバスを含めた車両が大量に残っていることを知る。

大挙する軍艦の前に現れたゴジラは橋に向かい、一斉攻撃を受ける。

ゴジラは橋に襲い掛かり、サムを乗せたバスの運転手は、兵士の制止を振り切り走り出してしまう。

沖合の船上では、核弾頭の起爆装置を作動し90分のカウントダウンが始まる。

230名無シネマさん(新疆ウイグル自治区)2018/10/16(火) 08:26:37.82ID:EDi7NmqM
都合が悪くなるとコピペ連投するゴミ縄信者
馬鹿の一つ覚えだな

231名無シネマさん(茸)2018/10/16(火) 08:39:15.96ID:H0+tPblM
今回コピペしてるのは住所ガイジ。
知的障害者は似たような行動をするようだ。

232名無シネマさん(やわらか銀行)2018/10/16(火) 08:52:20.42ID:v8XNaEXW
核弾頭を発見した部隊は、爆発まで27分を切り処置を急ぐ。

MUTOの雄も現れ、ゴジラは2体を相手にして激しく戦う。

カバーが外れないために核弾頭は海岸に運ばれることになり、フォードはタンクローリーのガソリンをその場に流し、MUTOの雌が産み落とした大量の卵を爆破する。

それに気づいたMUTO2体は、巣に向かい卵が死滅していることを確認する。

襲い掛かるゴジラは、放射能熱線でMUTOの雌を攻撃する。

核弾頭は船に運ばれ、それに気づいたMUTOの雌は港に向かう。

ゴジラは、襲い掛かってきたMUTOの雄を尻尾の一撃で倒す。

港の部隊はMUTOの雌の攻撃を受けて全滅し、核弾頭を載せた船に乗り込んだフォードは、起爆装置のカバーが外れないために、エンジンをかけてナビを自動にセットする。

MUTOの雌が船に迫り、フォードは銃を構えて覚悟を決める。

そこに現れたゴジラはMUTOの雌に襲い掛かり、放射能熱線を口内に放って倒す。

電力は復旧し、船は沖に向かい、岸にたどり着き倒れこんだゴジラの姿を見ながら、フォードは夜空を見上げる。

意識を失いかけたフォードは救助され、へりに引き上げられる。

沖に向かった核弾頭を搭載した船は、安全な場所で爆発する。

オークランド・アラメダ・カウンティ・コロシアム。
サムを抱いたフォードは、避難してきた人々の中からエルを捜そうとする。

芹沢とグレアムは、息絶えたと思われたゴジラが生きていることを知り驚く。

救出されたエルの姿に気づいたサムは、母に駆け寄る。

233名無シネマさん(やわらか銀行)2018/10/16(火) 08:53:28.10ID:v8XNaEXW
電磁パルスによりエンジンなどの動力は失われ、市内は停電する。

軍艦は停止し、戦闘機が次々と墜落する。

姿を現した2体のMUTOは愛撫し合い、雄が奪った核弾頭を受け取った雌は、”チャイナタウン”に巣を作る。

サムが避難所の”オークランド・アラメダ・カウンティ・コロシアム”に着いたことを確認したフォードだったが、エルの消息は不明だった。

司令部に呼ばれたフォードは、MUTOが核弾頭を奪ったため爆発圏内にいる10万人を救う必要があることを知る。

降下部隊指揮官(ジャリッド・キーソ)と共に現地に向かい、自分がセットした起爆装置を60秒で解除することを、フォードはステンツに伝える。

失敗した場合は、核弾頭を海岸に運び船に載せて街から遠ざける作戦が考えられる。

フォードを呼び止めたハンプトン大佐は、今回の任務には救出作戦がないと言って、失敗すれば戻れないと伝える。

必ずやり遂げると伝えたフォードは、部隊と共に出発する。

自分の信じるゴジラとは何だとステンツから訊かれた芹沢は、MUTO2体にも勝てるかとも問われる。

自然を支配できると思い込む人間だが、実際はその逆だと答えた芹沢は、とにかく戦わせるしかないとステンツに伝える。

MUTOの雄とゴジラの戦いを目撃しながら、エルは建物の中に避難する。

部隊員と共にサンフランシスコの市街に降下したフォードは、核弾頭の位置を確認してチャイナタウンに向かう。

巣に到着したフォードらは、MUTOの雌がゴジラと戦っている隙に核弾頭の場所に向かう。

234名無シネマさん(やわらか銀行)2018/10/16(火) 08:55:03.56ID:v8XNaEXW
核弾頭を発見した部隊は、爆発まで27分を切り処置を急ぐ。

MUTOの雄も現れ、ゴジラは2体を相手にして激しく戦う。

カバーが外れないために核弾頭は海岸に運ばれることになり、フォードはタンクローリーのガソリンをその場に流し、MUTOの雌が産み落とした大量の卵を爆破する。

それに気づいたMUTO2体は、巣に向かい卵が死滅していることを確認する。

襲い掛かるゴジラは、放射能熱線でMUTOの雌を攻撃する。

核弾頭は船に運ばれ、それに気づいたMUTOの雌は港に向かう。

ゴジラは、襲い掛かってきたMUTOの雄を尻尾の一撃で倒す。

港の部隊はMUTOの雌の攻撃を受けて全滅し、核弾頭を載せた船に乗り込んだフォードは、起爆装置のカバーが外れないために、エンジンをかけてナビを自動にセットする。

MUTOの雌が船に迫り、フォードは銃を構えて覚悟を決める。

そこに現れたゴジラはMUTOの雌に襲い掛かり、放射能熱線を口内に放って倒す。

電力は復旧し、船は沖に向かい、岸にたどり着き倒れこんだゴジラの姿を見ながら、フォードは夜空を見上げる。

意識を失いかけたフォードは救助され、へりに引き上げられる。

沖に向かった核弾頭を搭載した船は、安全な場所で爆発する。

235名無シネマさん(やわらか銀行)2018/10/16(火) 08:55:27.63ID:v8XNaEXW
オークランド・アラメダ・カウンティ・コロシアム。
サムを抱いたフォードは、避難してきた人々の中からエルを捜そうとする。

芹沢とグレアムは、息絶えたと思われたゴジラが生きていることを知り驚く。

救出されたエルの姿に気づいたサムは、母に駆け寄る。

フォードは無事だったエルを抱きしめる。

スタジアムのスクリーンにはゴジラの雄姿が映し出される。

”キング・オブ・モンスター”のゴジラは街の救世主なのか?というテロップが表示される。

芹沢とグレアム、そして人々が見つめる中、雄たけびを上げたゴジラは、サンフランシスコ湾に消えていく。

236名無シネマさん(やわらか銀行)2018/10/16(火) 08:57:31.22ID:v8XNaEXW
>>231
お前住所調べて殺しに行くぞ。

宇多丸も次回19日放送のムービーウォッチメンまでに殺す。
スタジオの前に待ち伏せして殺害する。

237名無シネマさん(catv?)2018/10/16(火) 09:34:15.70ID:Q2c6O/kE
宇多丸の批評をそこまで真に受けて住所調べるだのそこに出向くだの言ってる異常者って縄信者だけだろ?

238名無シネマさん(チベット自治区)2018/10/16(火) 11:54:41.69ID:aHpKmOns
一万払ってプーかよ

239名無シネマさん(庭)2018/10/16(火) 11:59:49.94ID:fWHQzOTn
2016年11月3日8時30分ごろ、東京湾羽田沖で大量の水蒸気が噴出、
同時に海底を通る東京湾アクアラインでもトンネル崩落事故が発生、政府は原因を海底火山か熱水噴出孔の発生と見て対応を進める。
矢口蘭堂(やぐち らんどう)内閣官房副長官は、ネット上の一般人の動画や目撃報告から、
いち早く巨大生物の存在を示唆するが、一笑に付される。
間もなく巨大生物の尻尾部分がテレビ報道され政府は認識を改める。
巨大生物は多摩川河口から大田区内の呑川を這いずるように遡上し、蒲田で上陸、北進を始める。
対処方針は駆除と決まり、自衛隊に害獣駆除を目的とした出動が要請される。巨大生物は北品川近くで変形、直立二足歩行を始める。
自衛隊の攻撃ヘリコプターが攻撃位置に到着するが、付近に逃げ遅れた住民が発見され、攻撃は中止される。
巨大生物は突然歩行を止め京浜運河から東京湾へと姿を消す。巨大生物は上陸から2時間強で死者・行方不明者100名以上の被害 を出した。
巨大生物の再度襲来に備え、矢口を事務局長とした「巨大不明生物特設災害対策本部(巨災対)」が設置される。
被害地域で微量の放射線量の増加が確認され、巨大生物の行動経路と一致したことから、巨大生物が放射線源と判明する。
米国より大統領次席補佐官および大統領特使が極秘裏に来日し、巨大不明生物は海洋投棄された放射性廃棄物に適応進化した、
「ゴジラ (Godzilla)」と呼称する未発表の生物であること、その研究していた牧悟郎という学者が行方不明であること、
牧が残した謎の暗号化資料等が日本側へ提供された。巨災対は、ゴジラは体内の原子炉状の器官から活動エネルギーを得ており、
そこから生じる熱は血液循環によって発散しているため、血液循環を阻害すればゴジラは生命維持のため自らスクラム停止・急激な冷却を行い、
活動停止するはずであると結論づけ、血液凝固剤の経口投与によってゴジラを凍結させる「矢口プラン」(仮称)の具体検討を始める。
11月7日、前回の倍近い大きさとなったゴジラが鎌倉市に再上陸、横浜市・川崎市を縦断して武蔵小杉に至る。
自衛隊は武蔵小杉から多摩川河川敷を戦場とした 、ゴジラの都内進入阻止のための総力作戦「タバ作戦」を実行するが、
傷一つ付けることができず、突破されてしまう。ゴジラは大田区・世田谷区・目黒区へと進行する。

240名無シネマさん(庭)2018/10/16(火) 12:00:04.74ID:fWHQzOTn
米国からの大使館防衛を理由に爆撃機をグアムから日本に向かわせたとの通知を受けて、政府は正式に米国に攻撃支援を要請する。
港区にまで進行してきたゴジラに対し、米軍の爆撃機による攻撃を始め、ゴジラに初めて傷を負わせることに成功するが、
ゴジラは口から火炎や光線を、背部からも複数の光線を放射しはじめ、爆撃機をすべて撃墜し、港・千代田・中央3区の市街地を破壊する。
総理大臣官邸から立川広域防災基地へ避難するところであった総理大臣らが乗ったヘリコプターも光線によって撃墜され、
総理を含め閣僚11名が死亡する。一方ゴジラは東京駅構内で活動を停止する。
政府機能は立川に移転、総理大臣臨時代理も立てられ、 矢口はゴジラ対策の特命担当大臣に任命される。
米軍の爆撃で得られたゴジラの組織片の分析より、今後ゴジラは無生殖で増殖しネズミ算式に群体化していくことや、
小型化や有翼化、それにより大陸間を超えて拡散する可能性が示唆された。また2週間後には活動再開すると予測された。
国連安保理はゴジラへの熱核攻撃を決議し、住民360万人の疎開が行われる。
巨災対は核攻撃ではなく矢口プランによるゴジラ停止の完遂を切望するが、ゴジラには元素を変換する能力もあったことが判明し、
血液凝固剤が無力化される懸念が生じてしまった。その直後、それまで謎だった牧の暗号化資料の解読の糸口が見つかり、
解読・解析結果からゴジラの元素変換機能を阻害す る極限環境微生物の分子式が得られる。
それを抑制剤として血液凝固剤と併せて投与することで解決の見通しが立った。
国連軍の熱核攻撃開始も間近に迫る中、矢口プランは、「ヤシオリ作戦」という作戦名で、日米共同作戦として開始される。
無人運転の列車を使った爆弾でゴジラを起こし、次にエネルギー消耗のみを狙った米軍の無人航空機群による攻撃が、
ゴジラが光線を出せなくなるまで続く。光線が途切れたところを付近の高層ビルをゴジラに向け爆破・倒壊させてゴジラを転倒させる。
建設機械部隊とコンクリートポンプ車隊が近づきポンプ車のアームより累計数百キロリットルの血液凝固剤をゴジラの口内に流し込む。
これらの繰り返しにより、ようや くゴジラの凍結に成功する。ゴジラは東京駅脇に凍りついたまま立ちつくす。
その尻尾の先端部には背びれを持つ人型の小柄な生物数体が、生じかけたまま静止していた

241名無シネマさん(庭)2018/10/16(火) 12:00:19.65ID:fWHQzOTn
2016年11月3日8時30分ごろ、東京湾羽田沖で大量の水蒸気が噴出、
同時に海底を通る東京湾アクアラインでもトンネル崩落事故が発生、政府は原因を海底火山か熱水噴出孔の発生と見て対応を進める。
矢口蘭堂(やぐち らんどう)内閣官房副長官は、ネット上の一般人の動画や目撃報告から、
いち早く巨大生物の存在を示唆するが、一笑に付される。
間もなく巨大生物の尻尾部分がテレビ報道され政府は認識を改める。
巨大生物は多摩川河口から大田区内の呑川を這いずるように遡上し、蒲田で上陸、北進を始める。
対処方針は駆除と決まり、自衛隊に害獣駆除を目的とした出動が要請される。巨大生物は北品川近くで変形、直立二足歩行を始める。
自衛隊の攻撃ヘリコプターが攻撃位置に到着するが、付近に逃げ遅れた住民が発見され、攻撃は中止される。
巨大生物は突然歩行を止め京浜運河から東京湾へと姿を消す。巨大生物は上陸から2時間強で死者・行方不明者100名以上の被害 を出した。
巨大生物の再度襲来に備え、矢口を事務局長とした「巨大不明生物特設災害対策本部(巨災対)」が設置される。
被害地域で微量の放射線量の増加が確認され、巨大生物の行動経路と一致したことから、巨大生物が放射線源と判明する。
米国より大統領次席補佐官および大統領特使が極秘裏に来日し、巨大不明生物は海洋投棄された放射性廃棄物に適応進化した、
「ゴジラ (Godzilla)」と呼称する未発表の生物であること、その研究していた牧悟郎という学者が行方不明であること、
牧が残した謎の暗号化資料等が日本側へ提供された。巨災対は、ゴジラは体内の原子炉状の器官から活動エネルギーを得ており、
そこから生じる熱は血液循環によって発散しているため、血液循環を阻害すればゴジラは生命維持のため自らスクラム停止・急激な冷却を行い、
活動停止するはずであると結論づけ、血液凝固剤の経口投与によってゴジラを凍結させる「矢口プラン」(仮称)の具体検討を始める。
11月7日、前回の倍近い大きさとなったゴジラが鎌倉市に再上陸、横浜市・川崎市を縦断して武蔵小杉に至る。
自衛隊は武蔵小杉から多摩川河川敷を戦場とした 、ゴジラの都内進入阻止のための総力作戦「タバ作戦」を実行するが、
傷一つ付けることができず、突破されてしまう。ゴジラは大田区・世田谷区・目黒区へと進行する。

242名無シネマさん(庭)2018/10/16(火) 12:00:34.54ID:fWHQzOTn
米国からの大使館防衛を理由に爆撃機をグアムから日本に向かわせたとの通知を受けて、政府は正式に米国に攻撃支援を要請する。
港区にまで進行してきたゴジラに対し、米軍の爆撃機による攻撃を始め、ゴジラに初めて傷を負わせることに成功するが、
ゴジラは口から火炎や光線を、背部からも複数の光線を放射しはじめ、爆撃機をすべて撃墜し、港・千代田・中央3区の市街地を破壊する。
総理大臣官邸から立川広域防災基地へ避難するところであった総理大臣らが乗ったヘリコプターも光線によって撃墜され、
総理を含め閣僚11名が死亡する。一方ゴジラは東京駅構内で活動を停止する。
政府機能は立川に移転、総理大臣臨時代理も立てられ、 矢口はゴジラ対策の特命担当大臣に任命される。
米軍の爆撃で得られたゴジラの組織片の分析より、今後ゴジラは無生殖で増殖しネズミ算式に群体化していくことや、
小型化や有翼化、それにより大陸間を超えて拡散する可能性が示唆された。また2週間後には活動再開すると予測された。
国連安保理はゴジラへの熱核攻撃を決議し、住民360万人の疎開が行われる。
巨災対は核攻撃ではなく矢口プランによるゴジラ停止の完遂を切望するが、ゴジラには元素を変換する能力もあったことが判明し、
血液凝固剤が無力化される懸念が生じてしまった。その直後、それまで謎だった牧の暗号化資料の解読の糸口が見つかり、
解読・解析結果からゴジラの元素変換機能を阻害す る極限環境微生物の分子式が得られる。
それを抑制剤として血液凝固剤と併せて投与することで解決の見通しが立った。
国連軍の熱核攻撃開始も間近に迫る中、矢口プランは、「ヤシオリ作戦」という作戦名で、日米共同作戦として開始される。
無人運転の列車を使った爆弾でゴジラを起こし、次にエネルギー消耗のみを狙った米軍の無人航空機群による攻撃が、
ゴジラが光線を出せなくなるまで続く。光線が途切れたところを付近の高層ビルをゴジラに向け爆破・倒壊させてゴジラを転倒させる。
建設機械部隊とコンクリートポンプ車隊が近づきポンプ車のアームより累計数百キロリットルの血液凝固剤をゴジラの口内に流し込む。
これらの繰り返しにより、ようや くゴジラの凍結に成功する。ゴジラは東京駅脇に凍りついたまま立ちつくす。
その尻尾の先端部には背びれを持つ人型の小柄な生物数体が、生じかけたまま静止していた

243名無シネマさん(庭)2018/10/16(火) 12:00:53.12ID:fWHQzOTn
2016年11月3日8時30分ごろ、東京湾羽田沖で大量の水蒸気が噴出、
同時に海底を通る東京湾アクアラインでもトンネル崩落事故が発生、政府は原因を海底火山か熱水噴出孔の発生と見て対応を進める。
矢口蘭堂(やぐち らんどう)内閣官房副長官は、ネット上の一般人の動画や目撃報告から、
いち早く巨大生物の存在を示唆するが、一笑に付される。
間もなく巨大生物の尻尾部分がテレビ報道され政府は認識を改める。
巨大生物は多摩川河口から大田区内の呑川を這いずるように遡上し、蒲田で上陸、北進を始める。
対処方針は駆除と決まり、自衛隊に害獣駆除を目的とした出動が要請される。巨大生物は北品川近くで変形、直立二足歩行を始める。
自衛隊の攻撃ヘリコプターが攻撃位置に到着するが、付近に逃げ遅れた住民が発見され、攻撃は中止される。
巨大生物は突然歩行を止め京浜運河から東京湾へと姿を消す。巨大生物は上陸から2時間強で死者・行方不明者100名以上の被害 を出した。
巨大生物の再度襲来に備え、矢口を事務局長とした「巨大不明生物特設災害対策本部(巨災対)」が設置される。
被害地域で微量の放射線量の増加が確認され、巨大生物の行動経路と一致したことから、巨大生物が放射線源と判明する。
米国より大統領次席補佐官および大統領特使が極秘裏に来日し、巨大不明生物は海洋投棄された放射性廃棄物に適応進化した、
「ゴジラ (Godzilla)」と呼称する未発表の生物であること、その研究していた牧悟郎という学者が行方不明であること、
牧が残した謎の暗号化資料等が日本側へ提供された。巨災対は、ゴジラは体内の原子炉状の器官から活動エネルギーを得ており、
そこから生じる熱は血液循環によって発散しているため、血液循環を阻害すればゴジラは生命維持のため自らスクラム停止・急激な冷却を行い、
活動停止するはずであると結論づけ、血液凝固剤の経口投与によってゴジラを凍結させる「矢口プラン」(仮称)の具体検討を始める。
11月7日、前回の倍近い大きさとなったゴジラが鎌倉市に再上陸、横浜市・川崎市を縦断して武蔵小杉に至る。
自衛隊は武蔵小杉から多摩川河川敷を戦場とした 、ゴジラの都内進入阻止のための総力作戦「タバ作戦」を実行するが、
傷一つ付けることができず、突破されてしまう。ゴジラは大田区・世田谷区・目黒区へと進行する。

244名無シネマさん(庭)2018/10/16(火) 12:01:08.88ID:fWHQzOTn
米国からの大使館防衛を理由に爆撃機をグアムから日本に向かわせたとの通知を受けて、政府は正式に米国に攻撃支援を要請する。
港区にまで進行してきたゴジラに対し、米軍の爆撃機による攻撃を始め、ゴジラに初めて傷を負わせることに成功するが、
ゴジラは口から火炎や光線を、背部からも複数の光線を放射しはじめ、爆撃機をすべて撃墜し、港・千代田・中央3区の市街地を破壊する。
総理大臣官邸から立川広域防災基地へ避難するところであった総理大臣らが乗ったヘリコプターも光線によって撃墜され、
総理を含め閣僚11名が死亡する。一方ゴジラは東京駅構内で活動を停止する。
政府機能は立川に移転、総理大臣臨時代理も立てられ、 矢口はゴジラ対策の特命担当大臣に任命される。
米軍の爆撃で得られたゴジラの組織片の分析より、今後ゴジラは無生殖で増殖しネズミ算式に群体化していくことや、
小型化や有翼化、それにより大陸間を超えて拡散する可能性が示唆された。また2週間後には活動再開すると予測された。
国連安保理はゴジラへの熱核攻撃を決議し、住民360万人の疎開が行われる。
巨災対は核攻撃ではなく矢口プランによるゴジラ停止の完遂を切望するが、ゴジラには元素を変換する能力もあったことが判明し、
血液凝固剤が無力化される懸念が生じてしまった。その直後、それまで謎だった牧の暗号化資料の解読の糸口が見つかり、
解読・解析結果からゴジラの元素変換機能を阻害す る極限環境微生物の分子式が得られる。
それを抑制剤として血液凝固剤と併せて投与することで解決の見通しが立った。
国連軍の熱核攻撃開始も間近に迫る中、矢口プランは、「ヤシオリ作戦」という作戦名で、日米共同作戦として開始される。
無人運転の列車を使った爆弾でゴジラを起こし、次にエネルギー消耗のみを狙った米軍の無人航空機群による攻撃が、
ゴジラが光線を出せなくなるまで続く。光線が途切れたところを付近の高層ビルをゴジラに向け爆破・倒壊させてゴジラを転倒させる。
建設機械部隊とコンクリートポンプ車隊が近づきポンプ車のアームより累計数百キロリットルの血液凝固剤をゴジラの口内に流し込む。
これらの繰り返しにより、ようや くゴジラの凍結に成功する。ゴジラは東京駅脇に凍りついたまま立ちつくす。
その尻尾の先端部には背びれを持つ人型の小柄な生物数体が、生じかけたまま静止していた

245名無シネマさん(禿)2018/10/16(火) 16:43:51.70ID:mRzhTKr6
>>204
嫁の話がしょっちゅう出るくせにまともにセックスも出来ないんだろうな。
子供も作れないんだから、もう離婚してやればええのに。

246名無シネマさん(庭)2018/10/16(火) 17:26:41.83ID:fMP5j3Ku
>>245
他人の事情より自分の身の事を心配しろよ穀潰し

247名無シネマさん(鹿児島県)2018/10/16(火) 19:13:26.58ID:KU3rlMRU
>>245
なんでかな?嫁さんが男なのがいかんのかな?

248名無シネマさん(大阪府)2018/10/16(火) 19:32:29.90ID:u5n5WkIe
レスっぽいな

249名無シネマさん(庭)2018/10/16(火) 21:43:25.35ID:6pOxP3SN
2016年11月3日8時30分ごろ、東京湾羽田沖で大量の水蒸気が噴出、
同時に海底を通る東京湾アクアラインでもトンネル崩落事故が発生、政府は原因を海底火山か熱水噴出孔の発生と見て対応を進める。
矢口蘭堂(やぐち らんどう)内閣官房副長官は、ネット上の一般人の動画や目撃報告から、
いち早く巨大生物の存在を示唆するが、一笑に付される。
間もなく巨大生物の尻尾部分がテレビ報道され政府は認識を改める。
巨大生物は多摩川河口から大田区内の呑川を這いずるように遡上し、蒲田で上陸、北進を始める。
対処方針は駆除と決まり、自衛隊に害獣駆除を目的とした出動が要請される。巨大生物は北品川近くで変形、直立二足歩行を始める。
自衛隊の攻撃ヘリコプターが攻撃位置に到着するが、付近に逃げ遅れた住民が発見され、攻撃は中止される。
巨大生物は突然歩行を止め京浜運河から東京湾へと姿を消す。巨大生物は上陸から2時間強で死者・行方不明者100名以上の被害 を出した。
巨大生物の再度襲来に備え、矢口を事務局長とした「巨大不明生物特設災害対策本部(巨災対)」が設置される。
被害地域で微量の放射線量の増加が確認され、巨大生物の行動経路と一致したことから、巨大生物が放射線源と判明する。
米国より大統領次席補佐官および大統領特使が極秘裏に来日し、巨大不明生物は海洋投棄された放射性廃棄物に適応進化した、
「ゴジラ (Godzilla)」と呼称する未発表の生物であること、その研究していた牧悟郎という学者が行方不明であること、
牧が残した謎の暗号化資料等が日本側へ提供された。巨災対は、ゴジラは体内の原子炉状の器官から活動エネルギーを得ており、
そこから生じる熱は血液循環によって発散しているため、血液循環を阻害すればゴジラは生命維持のため自らスクラム停止・急激な冷却を行い、
活動停止するはずであると結論づけ、血液凝固剤の経口投与によってゴジラを凍結させる「矢口プラン」(仮称)の具体検討を始める。
11月7日、前回の倍近い大きさとなったゴジラが鎌倉市に再上陸、横浜市・川崎市を縦断して武蔵小杉に至る。
自衛隊は武蔵小杉から多摩川河川敷を戦場とした 、ゴジラの都内進入阻止のための総力作戦「タバ作戦」を実行するが、
傷一つ付けることができず、突破されてしまう。ゴジラは大田区・世田谷区・目黒区へと進行する。

250名無シネマさん(庭)2018/10/16(火) 21:43:52.77ID:6pOxP3SN
米国からの大使館防衛を理由に爆撃機をグアムから日本に向かわせたとの通知を受けて、政府は正式に米国に攻撃支援を要請する。
港区にまで進行してきたゴジラに対し、米軍の爆撃機による攻撃を始め、ゴジラに初めて傷を負わせることに成功するが、
ゴジラは口から火炎や光線を、背部からも複数の光線を放射しはじめ、爆撃機をすべて撃墜し、港・千代田・中央3区の市街地を破壊する。
総理大臣官邸から立川広域防災基地へ避難するところであった総理大臣らが乗ったヘリコプターも光線によって撃墜され、
総理を含め閣僚11名が死亡する。一方ゴジラは東京駅構内で活動を停止する。
政府機能は立川に移転、総理大臣臨時代理も立てられ、 矢口はゴジラ対策の特命担当大臣に任命される。
米軍の爆撃で得られたゴジラの組織片の分析より、今後ゴジラは無生殖で増殖しネズミ算式に群体化していくことや、
小型化や有翼化、それにより大陸間を超えて拡散する可能性が示唆された。また2週間後には活動再開すると予測された。
国連安保理はゴジラへの熱核攻撃を決議し、住民360万人の疎開が行われる。
巨災対は核攻撃ではなく矢口プランによるゴジラ停止の完遂を切望するが、ゴジラには元素を変換する能力もあったことが判明し、
血液凝固剤が無力化される懸念が生じてしまった。その直後、それまで謎だった牧の暗号化資料の解読の糸口が見つかり、
解読・解析結果からゴジラの元素変換機能を阻害す る極限環境微生物の分子式が得られる。
それを抑制剤として血液凝固剤と併せて投与することで解決の見通しが立った。
国連軍の熱核攻撃開始も間近に迫る中、矢口プランは、「ヤシオリ作戦」という作戦名で、日米共同作戦として開始される。
無人運転の列車を使った爆弾でゴジラを起こし、次にエネルギー消耗のみを狙った米軍の無人航空機群による攻撃が、
ゴジラが光線を出せなくなるまで続く。光線が途切れたところを付近の高層ビルをゴジラに向け爆破・倒壊させてゴジラを転倒させる。
建設機械部隊とコンクリートポンプ車隊が近づきポンプ車のアームより累計数百キロリットルの血液凝固剤をゴジラの口内に流し込む。
これらの繰り返しにより、ようや くゴジラの凍結に成功する。ゴジラは東京駅脇に凍りついたまま立ちつくす。
その尻尾の先端部には背びれを持つ人型の小柄な生物数体が、生じかけたまま静止していた

251名無シネマさん(庭)2018/10/16(火) 21:44:20.75ID:6pOxP3SN
2016年11月3日8時30分ごろ、東京湾羽田沖で大量の水蒸気が噴出、
同時に海底を通る東京湾アクアラインでもトンネル崩落事故が発生、政府は原因を海底火山か熱水噴出孔の発生と見て対応を進める。
矢口蘭堂(やぐち らんどう)内閣官房副長官は、ネット上の一般人の動画や目撃報告から、
いち早く巨大生物の存在を示唆するが、一笑に付される。
間もなく巨大生物の尻尾部分がテレビ報道され政府は認識を改める。
巨大生物は多摩川河口から大田区内の呑川を這いずるように遡上し、蒲田で上陸、北進を始める。
対処方針は駆除と決まり、自衛隊に害獣駆除を目的とした出動が要請される。巨大生物は北品川近くで変形、直立二足歩行を始める。
自衛隊の攻撃ヘリコプターが攻撃位置に到着するが、付近に逃げ遅れた住民が発見され、攻撃は中止される。
巨大生物は突然歩行を止め京浜運河から東京湾へと姿を消す。巨大生物は上陸から2時間強で死者・行方不明者100名以上の被害 を出した。
巨大生物の再度襲来に備え、矢口を事務局長とした「巨大不明生物特設災害対策本部(巨災対)」が設置される。
被害地域で微量の放射線量の増加が確認され、巨大生物の行動経路と一致したことから、巨大生物が放射線源と判明する。
米国より大統領次席補佐官および大統領特使が極秘裏に来日し、巨大不明生物は海洋投棄された放射性廃棄物に適応進化した、
「ゴジラ (Godzilla)」と呼称する未発表の生物であること、その研究していた牧悟郎という学者が行方不明であること、
牧が残した謎の暗号化資料等が日本側へ提供された。巨災対は、ゴジラは体内の原子炉状の器官から活動エネルギーを得ており、
そこから生じる熱は血液循環によって発散しているため、血液循環を阻害すればゴジラは生命維持のため自らスクラム停止・急激な冷却を行い、
活動停止するはずであると結論づけ、血液凝固剤の経口投与によってゴジラを凍結させる「矢口プラン」(仮称)の具体検討を始める。
11月7日、前回の倍近い大きさとなったゴジラが鎌倉市に再上陸、横浜市・川崎市を縦断して武蔵小杉に至る。
自衛隊は武蔵小杉から多摩川河川敷を戦場とした 、ゴジラの都内進入阻止のための総力作戦「タバ作戦」を実行するが、
傷一つ付けることができず、突破されてしまう。ゴジラは大田区・世田谷区・目黒区へと進行する。

252名無シネマさん(庭)2018/10/16(火) 21:45:01.66ID:6pOxP3SN
米国からの大使館防衛を理由に爆撃機をグアムから日本に向かわせたとの通知を受けて、政府は正式に米国に攻撃支援を要請する。
港区にまで進行してきたゴジラに対し、米軍の爆撃機による攻撃を始め、ゴジラに初めて傷を負わせることに成功するが、
ゴジラは口から火炎や光線を、背部からも複数の光線を放射しはじめ、爆撃機をすべて撃墜し、港・千代田・中央3区の市街地を破壊する。
総理大臣官邸から立川広域防災基地へ避難するところであった総理大臣らが乗ったヘリコプターも光線によって撃墜され、
総理を含め閣僚11名が死亡する。一方ゴジラは東京駅構内で活動を停止する。
政府機能は立川に移転、総理大臣臨時代理も立てられ、 矢口はゴジラ対策の特命担当大臣に任命される。
米軍の爆撃で得られたゴジラの組織片の分析より、今後ゴジラは無生殖で増殖しネズミ算式に群体化していくことや、
小型化や有翼化、それにより大陸間を超えて拡散する可能性が示唆された。また2週間後には活動再開すると予測された。
国連安保理はゴジラへの熱核攻撃を決議し、住民360万人の疎開が行われる。
巨災対は核攻撃ではなく矢口プランによるゴジラ停止の完遂を切望するが、ゴジラには元素を変換する能力もあったことが判明し、
血液凝固剤が無力化される懸念が生じてしまった。その直後、それまで謎だった牧の暗号化資料の解読の糸口が見つかり、
解読・解析結果からゴジラの元素変換機能を阻害す る極限環境微生物の分子式が得られる。
それを抑制剤として血液凝固剤と併せて投与することで解決の見通しが立った。
国連軍の熱核攻撃開始も間近に迫る中、矢口プランは、「ヤシオリ作戦」という作戦名で、日米共同作戦として開始される。
無人運転の列車を使った爆弾でゴジラを起こし、次にエネルギー消耗のみを狙った米軍の無人航空機群による攻撃が、
ゴジラが光線を出せなくなるまで続く。光線が途切れたところを付近の高層ビルをゴジラに向け爆破・倒壊させてゴジラを転倒させる。
建設機械部隊とコンクリートポンプ車隊が近づきポンプ車のアームより累計数百キロリットルの血液凝固剤をゴジラの口内に流し込む。
これらの繰り返しにより、ようや くゴジラの凍結に成功する。ゴジラは東京駅脇に凍りついたまま立ちつくす。
その尻尾の先端部には背びれを持つ人型の小柄な生物数体が、生じかけたまま静止していた

253名無シネマさん(庭)2018/10/16(火) 21:45:46.68ID:6pOxP3SN
2016年11月3日8時30分ごろ、東京湾羽田沖で大量の水蒸気が噴出、
同時に海底を通る東京湾アクアラインでもトンネル崩落事故が発生、政府は原因を海底火山か熱水噴出孔の発生と見て対応を進める。
矢口蘭堂(やぐち らんどう)内閣官房副長官は、ネット上の一般人の動画や目撃報告から、
いち早く巨大生物の存在を示唆するが、一笑に付される。
間もなく巨大生物の尻尾部分がテレビ報道され政府は認識を改める。
巨大生物は多摩川河口から大田区内の呑川を這いずるように遡上し、蒲田で上陸、北進を始める。
対処方針は駆除と決まり、自衛隊に害獣駆除を目的とした出動が要請される。巨大生物は北品川近くで変形、直立二足歩行を始める。
自衛隊の攻撃ヘリコプターが攻撃位置に到着するが、付近に逃げ遅れた住民が発見され、攻撃は中止される。
巨大生物は突然歩行を止め京浜運河から東京湾へと姿を消す。巨大生物は上陸から2時間強で死者・行方不明者100名以上の被害 を出した。
巨大生物の再度襲来に備え、矢口を事務局長とした「巨大不明生物特設災害対策本部(巨災対)」が設置される。
被害地域で微量の放射線量の増加が確認され、巨大生物の行動経路と一致したことから、巨大生物が放射線源と判明する。
米国より大統領次席補佐官および大統領特使が極秘裏に来日し、巨大不明生物は海洋投棄された放射性廃棄物に適応進化した、
「ゴジラ (Godzilla)」と呼称する未発表の生物であること、その研究していた牧悟郎という学者が行方不明であること、
牧が残した謎の暗号化資料等が日本側へ提供された。巨災対は、ゴジラは体内の原子炉状の器官から活動エネルギーを得ており、
そこから生じる熱は血液循環によって発散しているため、血液循環を阻害すればゴジラは生命維持のため自らスクラム停止・急激な冷却を行い、
活動停止するはずであると結論づけ、血液凝固剤の経口投与によってゴジラを凍結させる「矢口プラン」(仮称)の具体検討を始める。
11月7日、前回の倍近い大きさとなったゴジラが鎌倉市に再上陸、横浜市・川崎市を縦断して武蔵小杉に至る。
自衛隊は武蔵小杉から多摩川河川敷を戦場とした 、ゴジラの都内進入阻止のための総力作戦「タバ作戦」を実行するが、
傷一つ付けることができず、突破されてしまう。ゴジラは大田区・世田谷区・目黒区へと進行する。

254名無シネマさん(庭)2018/10/16(火) 21:47:04.68ID:6pOxP3SN
米国からの大使館防衛を理由に爆撃機をグアムから日本に向かわせたとの通知を受けて、政府は正式に米国に攻撃支援を要請する。
港区にまで進行してきたゴジラに対し、米軍の爆撃機による攻撃を始め、ゴジラに初めて傷を負わせることに成功するが、
ゴジラは口から火炎や光線を、背部からも複数の光線を放射しはじめ、爆撃機をすべて撃墜し、港・千代田・中央3区の市街地を破壊する。
総理大臣官邸から立川広域防災基地へ避難するところであった総理大臣らが乗ったヘリコプターも光線によって撃墜され、
総理を含め閣僚11名が死亡する。一方ゴジラは東京駅構内で活動を停止する。
政府機能は立川に移転、総理大臣臨時代理も立てられ、 矢口はゴジラ対策の特命担当大臣に任命される。
米軍の爆撃で得られたゴジラの組織片の分析より、今後ゴジラは無生殖で増殖しネズミ算式に群体化していくことや、
小型化や有翼化、それにより大陸間を超えて拡散する可能性が示唆された。また2週間後には活動再開すると予測された。
国連安保理はゴジラへの熱核攻撃を決議し、住民360万人の疎開が行われる。
巨災対は核攻撃ではなく矢口プランによるゴジラ停止の完遂を切望するが、ゴジラには元素を変換する能力もあったことが判明し、
血液凝固剤が無力化される懸念が生じてしまった。その直後、それまで謎だった牧の暗号化資料の解読の糸口が見つかり、
解読・解析結果からゴジラの元素変換機能を阻害す る極限環境微生物の分子式が得られる。
それを抑制剤として血液凝固剤と併せて投与することで解決の見通しが立った。
国連軍の熱核攻撃開始も間近に迫る中、矢口プランは、「ヤシオリ作戦」という作戦名で、日米共同作戦として開始される。
無人運転の列車を使った爆弾でゴジラを起こし、次にエネルギー消耗のみを狙った米軍の無人航空機群による攻撃が、
ゴジラが光線を出せなくなるまで続く。光線が途切れたところを付近の高層ビルをゴジラに向け爆破・倒壊させてゴジラを転倒させる。
建設機械部隊とコンクリートポンプ車隊が近づきポンプ車のアームより累計数百キロリットルの血液凝固剤をゴジラの口内に流し込む。
これらの繰り返しにより、ようや くゴジラの凍結に成功する。ゴジラは東京駅脇に凍りついたまま立ちつくす。
その尻尾の先端部には背びれを持つ人型の小柄な生物数体が、生じかけたまま静止していた

255名無シネマさん(庭)2018/10/16(火) 21:47:21.24ID:6pOxP3SN
複数の板で意味不明の書き込みを繰り返す荒らし
NG登録推奨(IP部分がオススメ)
○○4f-(鹿児島県)
153.193.166.181
180.24.142.60

あとササクッテロ(iPhone)系

256名無シネマさん(やわらか銀行)2018/10/17(水) 02:18:38.92ID:RMefgdgZ

新着レスの表示
レスを投稿する