のど自慢出場と息子の入学式【尾木ママの論評】

1名も無き音楽論客2014/05/27(火) 19:53:32.50ID:???
http://http://www.j-cast.com/tv/2014/05/22205451.html
教育評論家の尾木直樹氏(67)が先日発覚した公立中学教師の「のど自慢参加問題」について5月22日(2014年)のブログで言及している。
中部地方にある公立中学の女性教諭が、担任するクラスの授業参観と学校行事の日に年休を取り、「NHKのど自慢大会」に参加していたという問題だ。
尾木は「生徒にとっても先生ののど自慢ってうれしい」「クラスレクリェーションや合唱コンクールの指導援助など教育現場では大いに役立」
つとして、教師の行動を「ありだと思いますよ」と肯定している。
ただ、手放しの賛成というわけではないようで、「学校長の了解」「クラスの生徒、保護者の理解」「学年、教科の先生たちのサポート体制」
「授業参観と懇談会は別日に実施する」措置が必要だという。
さらに「これを機会に毎月授業参観や懇談会やってはいかがでしょう」と提案している。尾木ママは現役教師時代は「毎月のように保護者会開いて」
いたという。最後に、この事例は「勤務校の自分のクラスの生徒よりも、我が子の入学式優先して欠席した高校の先生の場合とは微妙ですが本質的に随分違
」うとしている

196名も無き音楽論客2016/07/24(日) 01:19:00.11ID:???
>>192 >>194-195
尾木ママ 大激論繰り広げた佐藤ママに恐怖「超苦手」「好きになれません」
http://npn.co.jp/article/detail/77924564/


「尾木ママ」こと教育評論家の尾木直樹氏が27日、自身のブログを更新。
26日にフジテレビ「バイキング」で大激論を繰り広げた佐藤ママこと佐藤亮子さんの印象について「正直怖かった」「超苦手」と明かした。

 佐藤ママといえば、息子3人を東京大学理科3類に入学させたことで話題となっており、今注目されている教育ママの一人。番組では尾木ママと子育てについて大激論を交わした。
「子供の遅刻・忘れ物」のテーマでは、尾木ママは「遅刻や忘れ物は、失敗から学ぶものなので失敗させるべき」と主張。一方の佐藤ママは「親が準備して防げる失敗は親が防ぐ」と真っ向対立。
“勉強と恋愛は両立する?”という議題では、尾木ママは「恋愛していい」と肯定的だったが、佐藤ママは「受験に恋愛は必要ない」とバッサリ。さらにまだまだ対立は続く。
“子供の反抗期はどうすればいいのか?”というテーマでは、尾木ママは「反抗期は自立するために必要」と主張するが、佐藤ママは「反抗期が来ないように育てる」と反論。
終始、2人の意見がかみ合うことがなかった。

 尾木ママは「東大ママは正直怖かった…です」というタイトルでブログを更新。「学校の先生でもない、塾の講師でもない、普通の悩める親でもない、
教育の専門家でもない、これまで会ったこともない、だからかな『怖い』」と説明。「これは一体何? なんて、昨日は変な感じでしたよ…」と困惑したことを告白した。

 さらに「東大医学部合格への『怒気』のような情念感じたからこそ、尾木ママは東大ママが怖かったのかもしれませんね…」と佐藤ママのパーソナリティーを分析し、
「東大志向へのパワーははっきり感じても子どもへの素朴で、慈悲深い母としての愛あまり感じられませんでしたよ!! 東大ママタイプのママ尾木ママ超苦手です!!」とぶっちゃけた。

 文章の最後にも「好きになれません やっぱりこわいです…」と改めて佐藤ママと肌が合わないことを強調した。

197名も無き音楽論客2016/07/24(日) 19:28:03.09ID:???
>>192 >>194-196
平成28年6月27日の7時に会いましょう〜会ったら一触即発・きまずい対面 http://tamae.2ch.net/test/read.cgi/diet/1460958726/56-63


【7時にあいましょう】では、「東大ママ」「奈良のゴットマザー」の異名を持つ佐藤亮子さんを「東大に息子三人を入れた教育界のニュースター・新お受験ママ」と紹介していました。
佐藤ママは、今のところは教育評論家と名乗ってはいないので、肩書は「一文化人」とされていましたね。
40年、教育現場で培ってきた教育論に絶対の信念を持つ尾木ママの発言が、テレビやブログで時々世間を騒がしているのは、周知のとおり。この二人が対立したことの発端は、
尾木ママが週刊文春で連載している「尾木のママで」ここに「東大ママは時代遅れ」というコラムを書いて、佐藤ママを徹底批判したことから始まっています。
目先の学歴を過剰に求める親に対し、「それでは子供の自由な発想力が育たない」と尾木ママはコラムで猛反論。“どこぞの東大ママに言ってやりたいね。
「今の世の中、偏差値至上主義なんて、超時代遅れなのよ!”“母親のぬくもりが感じられなくて怖い!”
このコラムを読んだ佐藤ママは、相当キレたらしいです。対談本番前には、こんな風に言ってます。

佐藤:(尾木ママが)何を言っているのかわたし、よくわからないんですよ。
プロじゃないですね。あれは(←もちろん、尾木ママのこと)40年間何していたの?と思いますね。心が狭いんですよ。考えが浅いのかな。

尾木ママ;僕は尾木ママって呼ばれてますけど、法政大学の教授なんですよ。で、法政大学教職課程センター長なんです。
責任ある立場。だから間違っていれば、笑ってはいられないのよ〜。

…と、ここまではまあ、一応テレビ向けに、にこやかさを何とかキープする尾木ママ。

有田:ニコニコはここまでです(←きっぱり)

…と有田さんが口火を切ったところで、尾木ママが最も会いたくない佐藤ママが登場。

有田:今日は奈良からいらっしゃったんですか?

佐藤;そうなんです。

尾木:普通、ことわるわよ。(不気味で妖しげな笑みを浮かべながら)

198名も無き音楽論客2016/07/24(日) 19:32:11.65ID:???
>>197のつづき http://tamae.2ch.net/test/read.cgi/diet/1460958726/57

佐藤:それは先生でしょ。断るのは。
一同:おおーー!
尾木:これがね、超むかつくのよお。(オネェ言葉で完全に佐藤ママを侮辱)
有田:わざわざ、来ていただいていらっしゃってるんですからね。
尾木:そうね。ありがと、ほ、ほ、お…(尾木ママ一人で不気味な笑い)
有田:ちょっと、あの…尾木ママのコラムとかに…(と、言いづらそうにしていると)

佐藤;ちょっとじゃないんですよ(←ずばり、ど真ん中の直球)、その本を読んだだけで、さんざんわたしの悪口を書いている。
プロだから「素人の話なんて聞かないぞ」みたいな感じなんですよ。本当のプロっていうのは、素人の話を優しく聞くのがプロなわけですよ。
だから今日は、本当のプロの姿を見せていただきたいなと思って、わざわざ来たんです。

尾木:素人、素人っておっしゃっるんですけど、ここでちょっとはっきりしておきたいと思うんだけど、本を出して、公開した以上は、
それは個人的な見解や茶飲み話では終わらない。責任を持たなければならない。批判が出るのは、当然と心得なきゃ。

佐藤;そうなんですけどね。40年もプロをやってるんだったら、会ってもない人の悪口を書くのは非常に問題があるんですよ。
悪口書きまくって、炎上されてるでしょ?

尾木:(無言でうなづく)

尾木:まずね、僕わからないのは、東大の医学部に息子さんが三人も入られたのは、これは本当にすごいと思うんですよ。
なかなかむずかしくて入れないですから。息子さんたちは、どんなお医者さんになりたいとおっしゃっているの?

佐藤:「どんな?」って、どういうことですか?
尾木:そこも考えておられないの?
佐藤:いやいや、人の揚げ足を取るのはやめてくださいよ。
尾木:いや、人の揚げ足じゃなくて。

199名も無き音楽論客2016/07/24(日) 19:33:38.03ID:???
>>197-198のつづき    http://tamae.2ch.net/test/read.cgi/diet/1460958726/58

佐藤:本人たちはまだ、医者の免許も取ってませんしね。今から決めてくるんじゃないですか?
尾木:そんな遅いんですか?
佐藤:みんなそうなんですよ。研修医の時に決めるんですよ。

尾木:僕、医学部の学生の講演会に呼ばれて、何回も行ってるですけど。医者になることは、はじめからわかってるわけでしょ。
彼らには世間がどうなっているかとか、幅広い知識や経験が非常に不足してるわけよ。

佐藤:それは偏見ですよ。そんなことはないですよ。医学部だって、いろんなところを見たり、バイトしたりとか。いろんなことをしてますから。

尾木:いやいや、理解してください。ゆっくりしゃべりますので。医師は非常にハードな仕事ですよね。人の命を預かるし。
そういう時に、どういうふうに彼らが乗り越え行くかは、恋愛がうまくいかなかったりとか、先生に叱られたとかの失敗。
そういうものが、失敗は成功の元って言いますけど、すごく大事なの。それを子供から全部奪ってしまったみたいに、僕には見えるんです。だからすごく心配。

佐藤;何が心配なんですか?全然心配じゃないでしょ。
尾木:佐藤ママはすごく楽天的で、おおらかで、良いママだと思います、そういうところは。
佐藤:「良いママじゃない」って書いてあったじゃないですか、コラムに。母親として、温かさを全く感じられないと書いてありました。
尾木:そう。子供の悩みを大事に、包み込むように見えるところがなくて。
佐藤;なぜ?見たんですか?わたしの子育てを。
尾木:見てたらわかりますよ。

佐藤:いや、わかりませんよ。それを勘違いされてるんですよ。子供たちが4人わたしにはいるんですよ。包み込むように育ててきたからね、文句なくここまで来てるんじゃないですか。
そんなの、当たり前じゃないですか。勝手に決めないで下さいよ。

尾木:だから僕は多くをみてきてるわけですよ。40年間、子供たちを見てきているわけで。

200名も無き音楽論客2016/07/24(日) 19:43:06.18ID:???
>>197-199のつづき      http://tamae.2ch.net/test/read.cgi/diet/1460958726/59

佐藤;40年はいいですから、別に。(←ぴしゃりっ!)
尾木:教え子を何千人も見てきているわけでしょ。
佐藤:そんなの、多さじゃないですよ。教え子っていうのは、それぞれ親がついているわけでしょ。親と子供の関係は全然違いますよ。
尾木:なかなか言うね〜(とギャラリーに同意を求める)ああ言えばこう言うじゃ…(で、フェイドアウト)

尾木ママ、バトルで負けているなぁ…てか、相手が強すぎるのか

有田:そりゃ言い出せば、切りがないと思うわけですが。佐藤さんが息子を東大に入れてるわけじゃないですか。
尾木ママの中で「これはどこかが違う?」ってところはどこなんですか?

尾木:あのね、時代遅れ。偏差値が高いから医者にしていこうとか。そういう価値観って、今は通用しないんです。
国際的に見てもね。子供のスケジュールを分刻みで、完全管理されているわけでしょ。
あんなにしたら、自己管理能力が育たないのではないかというのが僕は心配なんです。

佐藤;それは全然大丈夫です。何時から何時までって時間を決めないと、子どもたちってダラダラダラダラするんですよ。
わたしがきちっと時間を決めて、枚数も決めて。

尾木:それを「管理」というわけ?
佐藤:そうですよ。そうじゃないと子供たちは、いつまでやらないといけないかわからないじゃないですか。

尾木:もうひとつね、どうしてもわからないことがあるんです。皆さんに聞きたいんですけどね。
あの「恋愛禁止」っていうのは…あれはね。

佐藤:あれは18のときの。高校三年生で、絶対通らないと思ったら、全部の時間を受験に費やすべきなんですよ。それ以外はね。
100時間やった子と50時間やった子では、100時間の方が通るんですよ。100時間の方が合格率が高いんです。
大学に入ってからすぐ、恋愛したらいいじゃないですか。それを「無駄ですよ」と言ってるんですよ、わたしは。

尾木:好きな子ができて、いっしょに受験勉強するとか…
佐藤:それじゃ、永遠に通らないと思います(←ばっかり)次に進んだ方がいいんじゃないですか

201名も無き音楽論客2016/07/24(日) 19:46:33.55ID:???
>>197-200のつづき   http://tamae.2ch.net/test/read.cgi/diet/1460958726/60
尾木:いや、受験勉強は、これだけの時間と、これだけのプリントと、これだけの参考書を終わらないといけないんだとかね。受験勉強は量で決まるみたいな捉え方を、ものすごくしてるでしょ。どうですか?みなさん。

峰竜太:僕は佐藤ママが言う通りだと思うんですけど。尾木ママは何が気に入らないの?

尾木:…(絶句)

峰:お母さんが子供たちに教えてるわけじゃないですか。で、立派に東大医学部に入って、何が気に入らないのか、さっきから聞いていて、よくわかりません。

尾木:僕が心配しているのは、自分で生活をコントロールする力だとかが心配なんです。

佐藤:それは生まれてきます。そんなことでぼやっとっしてたら、東大とか通らないですから。子供たちは自分で勝手にやっていきます。

尾木:いや。自律的に自分でやっていくとか工夫していく能力がつきにくいと。佐藤ママのところは偶然、そうなのかわかりませんけども。

佐藤:いや、つきます。

尾木:一般論で言えば(それはむずかしいこと)

佐藤:一般論で言えば…それはそうですよね。

(「一般論」と言われると、それを否定できない佐藤ママ)

尾木:僕はもう40年もやってるわけでしょ。そこからみたらこのやり方の弊害はいっぱいありわけ。それを見過ごしておくわけにはいかないから、僕は批判したわけですよ。

佐藤:たとえばね。佐藤さんのところはこれでうまくいってるかもしれないけども、じゃなくて。完璧に私をけなしたりしているから、それはやり方がまずいですよね。

相手の話を完全にスルーして、いちいちこのカードを出されたんじゃ、まともな議論ができるわけないじゃね?

尾木:個人攻撃みたいなの書いちゃったのは、あれはまずかったと思います。ほんとにあれは、ごめんなさい。

佐藤:そうですよね。でもね、それって、言った方はごめんなさいで済むと思ってるけど、言われた方は、ごめんなさいで済むと思ったら大間違いですよ

202名も無き音楽論客2016/07/24(日) 19:47:48.34ID:???
>>197-201のつづき      http://tamae.2ch.net/test/read.cgi/diet/1460958726/61

尾木:…(黙ってうなづく、痛恨の一撃!)

有田:今は大人が議論してますけど。一番大事なのは、お子さんがどう思っているかですよね。教育していただいて「お母さんありがとう」と、
「今すごく幸せだ」と思っているのか。それが大事なことだち、僕は思うんですが。

女子アナ:佐藤ママの持論が賛否が分かれた時に、次男がネット上にコメントを出されたんですね。

“多くの人に心配いただいているので、投稿します。世間ではいろいろと言われておりますが、僕個人は今まで面倒を見てくれた母には、感謝こそあれ、
特に反感などはありません。母は子供が好きでたまらないという人です。どうか母子共々、今後ともご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願いいたします。”

尾木:なかなかできてますね。
有田:あんなふうに、なかなか書けないですよ。

尾木:有田さん、それはね、非常に頭の良い子でしょ。どう書くのが良いか、計算づくです。

佐藤:そこを疑います?

尾木:それはダメでしょ。

有田:佐藤ママが一生懸命教育して、息子たちが東大に行きました。その東大に行った息子さんが、お母さんに感謝しているって言ってくれているわけですから。

尾木:今は幸せな気持ちになっておられるし。子供たちも問題ないわけだから、それは僕の感知するところではないけど。
他の人が真似すると大変だよと、やはり警鐘をならさないと。でも、それが個人攻撃になってはいけないと。そこは「ごめんね」と言ってるわけ。

佐藤:それは悪いと思っているわけですね?

尾木:それは悪い。

203名も無き音楽論客2016/07/24(日) 19:50:05.14ID:???
>>197-202のつづき     http://tamae.2ch.net/test/read.cgi/diet/1460958726/63


佐藤:ああ、そうですか

有田:それでいいじゃないですか。ただね、形式上のことでこんなことを言うのは申し訳ないですけど、握手で終わるんですが…ちょっとそういう気分じゃないですね。

佐藤:あ、別にわたしね。尾木先生を嫌いじゃないんですよ。好きじゃないですけど。

峰:握手で終わるっていうのは?

佐藤:もちろん。

尾木:どうもありがとうございました。あ、でも、話を聞いてよかったです。

佐藤:謝っていただいてよかったです。

(二人で握手して、バトルは終了)



http://potato.2ch.net/test/read.cgi/mass/1460192420/63-70

204名も無き音楽論客2016/07/25(月) 15:22:22.60ID:???
>>192 >>194-203
東大佐藤ママとの番組裏側は?


実は収録の後
佐藤ママが地元奈良の名菓を手土産に楽屋に挨拶に来てくれました…!

尾木ママの大好きな和菓子
気遣いが大変うれしく
しばらくそのまま楽屋で
本音で語り合いました
そのなかで
佐藤ママの本も
出版社の売らんかな戦略にうまく利用され
誇張
誤解されやすく
尾木ママもその影響を受けていたこと
思い知らされましたビックリマーク
理解しあえ
良かったですニコニコ
最後には
気持ちいい本当の握手ビックリマーク
テレビでは
伝えきれない話も
まだまだたくさんありますが
今後はもうあんな対立あおるような場面はないものと思います
皆さんにはご心配おかけしました…
佐藤ママありがとうございましたビックリマーク



http://ameblo.jp/oginaoki/entry-12175071603.html

205名も無き音楽論客2016/07/25(月) 15:34:47.67ID:???
>>194-204
尾木ママVS東大ママ 一触即発の激論「勝手に決めないで下さい」


尾木ママとして知られる教育評論家の尾木直樹氏(69)が27日、TBS系バラエティー番組「7時にあいましょう 芸能人ケンカ対面SP」(月曜後7・00)に出演。
息子3人を東京大学医学部に合格させ多くの教育本を執筆している佐藤亮子氏と対面し、子供の教育を巡って舌戦を展開した。

 佐藤氏は著書で「受験に恋愛はいらない」など過激な教育方針を語っており、尾木ママはかねてから自身の連載で「東大ママは時代遅れ」、
「母親のぬくもりが感じられなくて怖い」など佐藤氏を批判。2人の間には因縁があり、スタジオは一触即発の緊張感に包まれた。

 佐藤氏がスタジオに登場すると、尾木ママは「そんな育て方では(子供たちは)知識も経験も不足している」と批判。佐藤氏も「勝手に決めないで下さい」と応戦するなど激論が交わされた。

 しかしゲスト出演していた俳優の峰竜太(64)が「尾木ママが(佐藤氏)の何が気に入らないか分からない」と意見を述べると、
尾木ママは「他の人が真似をすると大変だから、見過ごす訳にはいかない」と批判の意図を説明。「個人攻撃になってしまったのは、ごめんなさい」と部分的に謝罪した。
佐藤氏も「(尾木ママは)嫌いじゃないですよ。大好きじゃないですけど」と笑いを誘うなど、番組最後には握手も交わされ多少の和解も見られた。


http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/06/27/kiji/K20160627012859960.html

206名も無き音楽論客2016/07/25(月) 15:36:36.80ID:???
>>194-205
尾木ママ、因縁東大ママと和解「本音で語り合った」


尾木ママこと教育評論家の尾木直樹氏(69)が、教育論の違いからバトルを繰り広げた「佐藤ママ」こと佐藤亮子さんと和解したことを明かした。
 佐藤さんは息子3人を東京大学医学部に合格させた子育てや教育本を出版して注目を集めた。
尾木氏は雑誌のコラムや自身のブログで、「どこぞの東大ママに言ってあげたい。今時、偏差値至上主義なんて超時代遅れ」と批判していたが、
佐藤さんも尾木氏に対し「視野が狭い、考えが浅い」と反論していた。
 27日に放送されたTBS系「7時にあいましょう」で両者は対面。お互いの意見をぶつけ合ったが、それぞれの主張は食い違い、平行線をたどった。
途中、出演者の峰竜太が間に入り「尾木ママは佐藤さんの何が気に入らないのか?」と議論の主旨を確認。
尾木氏は「僕が心配してるのは(子どもが)自分で生活をコントロールしていく力が(育つのか)。
(佐藤さんの子育て論では)自律的に自分でやっていったり工夫していく能力がつきにくい」との考えを述べ、
教育者として「見過ごしていくわけにはいかないから批判した。ほかの方が真似すると大変だよって警鐘を鳴らさないと」と語った。
 佐藤さんは、尾木氏の意見を一般論としては同意したが、「完璧にわたしをけなしたりしてるから」とブログ等で個人攻撃されたことを非難。
尾木氏は「あれはまずかったと思う。ごめんなさい」と素直に謝罪したが、佐藤ママは「ごめんなさいで済むと思ったら大間違いですよ」としこりが残った。


http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1669845.html

207名も無き音楽論客2016/07/25(月) 15:37:44.70ID:???
>>206のつづき


 尾木氏は放送終了後の27日深夜にブログを更新し、収録の後に佐藤ママが地元の手土産持参で尾木氏の楽屋に挨拶に来たことを明かした。
「気遣いが大変うれしく しばらくそのまま楽屋で本音で語り合いました。そのなかで佐藤ママの本も出版社の売らんかな戦略にうまく利用され 
誇張 誤解されやすく 尾木ママもその影響を受けていたこと思い知らされました」とつづった。
 「理解しあえ良かったです 最後には気持ちいい本当の握手!」と和解したことを報告し、
「テレビでは伝えきれない話もまだまだたくさんありますが今後はもうあんな対立あおるような場面はないものと思います 
皆さんにはご心配おかけしました…佐藤ママありがとうございました!」と結んだ。


http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1669845.html

208名も無き音楽論客2016/07/25(月) 15:39:52.78ID:???
>>194-207
尾木ママ、東大に息子3人を入れた佐藤ママに謝罪


教育評論家で法大教授の尾木ママこと尾木直樹氏(69)が27日放送のTBS系「7時にあいましょうSP 芸能人ケンカ対面・第3弾!2時間SP!」(月曜・後7時)に出演し、
東大に息子3人を入れ、著書も出している佐藤亮子さんとバトルを繰り広げた。

 尾木ママが週刊誌の連載で佐藤ママのことを「東大ママは時代遅れ」と徹底批判。
「母親のぬくもりを感じられない」と言い、佐藤ママも「視野が狭い、考えが浅い」と反論していたが、ついに直接対決。

 対面した尾木ママが「普通断るわよん」と言うと「それは先生です」と負けていない佐藤ママ。
これに尾木ママは「これが超ムカつくのよ」とバトル開始。尾木ママが偏差値教育の弊害を訴えたが、収拾がつかず、
峰竜太(64)が「佐藤ママの言う通りで、尾木ママは何が気に入らないの?」とストップ。

 佐藤ママは「(連載で)完璧に私をけなしてるから、やり方はまずいですよ」と言うと尾木ママは
「個人攻撃を書いちゃったから、あれはまずかった。ごめんなさい」と謝罪。
これに佐藤ママは「言った方はごめんなさいで済むけど、言われた方はごめんなさいで済むと思ったら大間違いですよ」と言い放ったが、
くりぃむしちゅーの有田哲平(45)が握手を促し、強引に終わらせていた。


http://www.hochi.co.jp/entertainment/20160627-OHT1T50154.html

209名も無き音楽論客2016/07/27(水) 16:47:32.99ID:???
7月10日に投開票が行われた第24回参議院選挙の結果、衆参両院で自民・公明両党、おおさか維新の会などの
改憲勢力が改憲発議の可能な「3分の2」を上回ることが確実となった。
この選挙結果を受けて、橋下徹氏がズバリ直言する。

■反対意見全否定、人格攻撃……。国民は自称インテリのインチキさに気づいている! 

憲法改正反対派には、いわゆる自称インテリが多い。口だけできれいごと、かっこいいことを言う連中。
国民は、もうこういう連中には付いて行かない。国民の教育レベルが上がったということで、非常に良いことだ。

戦後間もないころは、まだ大学に進学できる者が限られていた。
だから大学卒と聞いただけで、国民の多くも、そういう学のある人が言っているんだからそれが正しいんだろうね、と感じていた。
それが今の時代は異なる。国民の多くが大学に進学し、大学に進学しなくても情報は溢れているので、一部の自称インテリが偉そうにできなくなった。
むしろ自称インテリのインチキさに皆気付き始めてきた。
彼ら自称インテリは、自分たちの考えこそが絶対的に正しくて、それに反する者は全て間違っている、教養がない、感情的な非合理な人間だ、と決めつけているということを。
そして自分たちの考えこそが絶対的に正しいということを屁理屈をこねて主張するもんだから、
単純な論理矛盾を冒しているということを……国民の多くは直感で分かっちゃったんだよね。

たとえば、憲法改正反対派、安倍政権反対派の多くは、
「民主主義は丁寧な話し合いで解決策を見つけること。敵を作るのではなく、敵と共生する反対者とともに統治するのが
民主主義の本道で野党共闘は民主主義の本道だ」と言っている。

ところが、彼らは国会で圧倒的多数を取っている安倍政権と話し合う気はさらさらない。
自分たちの考えと異なる安倍政権は退場せよ、と言う。丁寧な話合いをする気など全くない。
そして敵と共生する、反対者とともに統治すると言いながら、安倍政権と共生する気はさらさらないし、一緒に統治する気もさらさらない。
結局、自分たちと同じ考えのものとだけ共生し、一緒に統治すると言っているに過ぎないんだよね。




http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160712-00018472-president-bus_all

210名も無き音楽論客2016/07/27(水) 16:49:39.21ID:???
>>209のつづき




彼ら憲法改正反対派に多い自称インテリは、自分たちと異なる意見に対しては全否定するだけでなく、人格攻撃をすることも共通点。
僕は人格攻撃には人格攻撃で返すけど、こちらから人格攻撃をすることはないね。

自称インテリは普段は話し合え!!  国民の意思を聞け!!  と言うけど、
自分たちと異なる意見の場合には話し合わずに全否定、
そして自分と異なる意見について多くの国民が支持していることもポピュリズムとして全否定。

それと、普段は国民を二分するな!!  と言っておきながら、市民を二つに分けちゃった。
安保法制反対、憲法改正反対の市民だけを正義の市民として、それ以外の市民を悪の市民と位置付けているみたいだ。
SEALDs(シールズ)を中心とする市民団体だけが、市民と言わんばかりに。
だから自分たちだけが市民と一緒に闘っていると主張しているけど、改憲派だって市民の支持を得なければ議席を増やすことなどできない。

僕の認識だと、SEALDsを中心とする市民団体は、全有権者の中のごくごく一部だという認識だね。
全く多くの国民の意思を反映していない。それが今回の選挙結果ではっきりしたんじゃないかな。

民主政治は、どのような政党であっても市民とともに闘わないと議席を得られない。
にもかかわらず、安倍政権や改憲勢力に与する有権者は「市民じゃない」と言わんばかりの主張。
我こそが市民であり、我こそが市民とともに闘う政党だと。多くの国民はこんなバカらしい主張には付いていかないよ。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160712-00018472-president-bus_all

211名も無き音楽論客2016/07/27(水) 16:56:36.78ID:???
>>163-210
>>209-210で批判の対象になっている”自称インテリ”
なんか、尾木ママに当てはまることばかりのような気がする


>>196-203を見ていると、尾木ママは佐藤ママとは話しあう気がなかった
(尾木:普通、ことわるわよ。(不気味で妖しげな笑みを浮かべながら)>>197 ・ 尾木:これがね、超むかつくのよお。(オネェ言葉で完全に佐藤ママを侮辱) >>198

自称インテリは、自分たちと異なる意見に対しては全否定するだけでなく、人格攻撃をすることも共通点。 >>210


などなど

212名も無き音楽論客2016/10/04(火) 12:42:31.25ID:???
>>163-211
春香クリスティーン、橋下徹&尾木ママに見せ付けられた言論人としての格の違い


政治オタクをアピールしているタレントの春香クリスティーンが、まさに政治家を見習ったかのようなコメントだ。
4月18日放送の「橋下×羽鳥の新番組(仮)」(テレビ朝日系)において、
週刊誌の報道合戦に対して「それに騒ぐ世間がおかしい」と断じたのである。
 この日はゲストのみのもんたが、2013年に次男が起こした窃盗容疑事件(のちに不起訴処分)を巡って
「息子と自分は関係ない」と発言し、週刊誌からの強烈なバッシングにより全番組を降板した経緯を説明。
この話を受け、「週刊誌が本人に関係ないことまで記事にすること」の是非を尋ねたところ、
春香から冒頭のコメントが飛び出したのである。テレビ誌のライターが説明する。
「政治をライフワークにしている春香が『世間がおかしい』と口にした時には耳を疑いました。
この発言は政治家や大手メディアが一般市民をないがしろにする態度と一緒で、民主主義の否定にも繋がりかねません。
彼女はさらに『何も建設的じゃない』とも語っていましたが、週刊誌の記事が建設的かどうかを決めるのも世間の役目。
これらの発言からは春香が“世間”というものを軽視しているように感じられてなりません」
 そんな春香に対して、レギュラー出演者の橋下徹は「報道の自由は腹立つんだけど最大限守らなきゃならない」との正論を提示。
ゲスト出演した“尾木ママ”こと尾木直樹も「テレビでよくコメントしている人やMCをやる人は公人と同じ」とコメントし、週刊誌を擁護する態度を示した。
 その橋本は実際に首長として行政を担った元政治家で、尾木ママはメディアで積極的に発言する教育評論家。いずれも週刊誌で格好のネタにされる立場であり、
今回の放送ではそんな言論人たちと政治家に興味を持っているだけのタレントとの違いを見せつける形になったようだ。


http://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20160421/Asagei_56813.html

213名も無き音楽論客2016/10/12(水) 08:22:09.29ID:???
「残業100時間で過労死は情けない」 教授の処分検討 朝日新聞デジタル 10月11日(火)22時3分配信


「残業100時間で過労死は情けない」とするコメントを武蔵野大学(東京)の教授がインターネットのニュースサイトに投稿したことについて、同大学が10日、謝罪した。
7日に電通の女性新入社員の過労自殺のニュースが配信された時間帯の投稿で、ネット上では「炎上」していた。

 投稿したのは、グローバルビジネス学科の長谷川秀夫教授。東芝で財務畑を歩み、ニトリなどの役員を歴任した後、昨年から同大教授を務める。

 武蔵野大などによると、長谷川教授は7日夜、「過労死等防止対策白書」の政府発表を受けてニュースサイトにコメントを投稿。
「月当たり残業時間が100時間を越えたくらいで過労死するのは情けない」「自分が請け負った仕事をプロとして完遂するという強い意識があれば、残業時間など関係ない」などと記した。

 電通社員の過労自殺のニュースが配信された時間帯に投稿されたもので、コメントがネット上に拡散。
「こういう人たちが労災被害者を生み出している」「死者にむち打つ発言だ」などと批判が広がった。
長谷川教授は8日に投稿を削除し、「つらい長時間労働を乗り切らないと会社が危なくなる自分の過去の経験のみで判断した」などと釈明する謝罪コメントを改めて投稿した。

 武蔵野大は10日、公式ホームページに「誠に遺憾であり、残念」などとする謝罪コメントを西本照真学長名で掲載。
「不快感を覚える方がいるのは当然」とし、長谷川教授の処分を検討している。(千葉卓朗)   朝日新聞社


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161011-00000092-asahi-soci




>「公務員として教師の職業倫理は警察官などと同様、高くあるべきです。
 東日本大震災で、防災無線で最後まで避難を呼びかけ続けて、津波で亡くなられた町職員や、
 避難誘導で犠牲になった警察官の方がおられましたが、教師とて同じことです。そんなとき、自分の子が心配だからと帰るわけにはいかないんです」(>>5


>>3-6の尾木ママ書いた文章を読むと、尾木ママも「過労死は情けない」発言の教授と考えていることは変わらない気がする

214名も無き音楽論客2016/10/12(水) 08:24:24.70ID:???
>>163-213
尾木ママの「間違いなく逮捕される」などのブログも、>>213の「過労死は情けない」発言の教授と同様に
なんらかの処分があってしかるべき内容だと思う

215名も無き音楽論客2016/10/25(火) 19:51:13.10ID:???
尾木ママ、高畑淳子は育児を「1人で抱えこみ過ぎたのかも」……専門家のサポート受けるべきだった?
トレンドニュース(GYAO) 8月26日(金)15時23分配信

尾木ママこと教育評論家の尾木直樹氏が、強姦致傷容疑で逮捕された俳優・高畑裕太容疑者の母である女優・高畑淳子に対して、
育児がけっして間違っていたわけではないと前置きした上で、「彼に感じる奇行や『危うさ』を1人で抱えこみ過ぎたのかもしれません」と指摘した。

息子の事件について、高畑は8月26日に都内で謝罪会見を開いた。尾木氏は同日、「誠実な謝罪会見」だったとして、
「本当に素晴らしいお人柄 素晴らしい女優さん そして、愛情深い素敵なお母さんなんだなぁ…となかば感動すら覚えました…」と高畑を称賛した。

尾木氏は、自身が会見から感じたこととして、「お母さんの一般的な意味での子育ては決して間違っていたわけではない」と前置きした上で、
「しかし、彼に感じる奇行や『危うさ』を1人で抱えこみ過ぎたのかもしれません」と指摘する。

高畑の親友だというタレント・ピーターは裕太容疑者を「生まれっぱなしみたいな子だった」と表現しており、多くの芸能人が彼の独特のキャラクターについて話している。
尾木氏は「男の子だから、反抗期だからかなとお母さんが受けとめていた特性は単なる反抗期、確かに一部重なる部分もありますが、
それだけにとどまらない『際立った個性』を感じます」と推察し、「人にウソつかない。人に迷惑かけない。
感謝忘れない…高畑さんの子育て理念は素敵です…これに際立った個性に対応するサポートがあれば、さらにうまくいったかもしれない…残念でなりません。
お一人で頑張り過ぎたのではないかしら…」と専門家のサポートを受けるべきだったのではないかと投げかけた。

尾木氏は「お母さんのサポートも 頑張り屋さんなだけに心配です 頑張りすぎないでくださいね…心壊します」と高畑を気遣っている。

(文/原田美紗@HEW)


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160826-00010003-trendnewsn-ent

216名も無き音楽論客2016/10/25(火) 19:52:34.24ID:???
>>215
「私はこの、レイピストである俳優の母の涙は理解できません」 ジェーンさんからの電話
http://bylines.news.yahoo.co.jp/ogawatamaka/20160829-00061632/


■私は今日沈黙してはいられませんでした
8月26日の夜、彼女からメールがあった。「高畑裕太の事件、わかってると思います。そのことで明日電話したい」、そういう内容だった。

彼女の名はキャサリン・ジェーン・フィッシャーさん。オーストラリア出身で1980年代に来日し、日本に暮らしている。
テレビでタレント活動をしていたこともあった。2002年の4月、彼女は神奈川県横須賀市で在日米軍の米兵からレイプ被害に遭った。
警察からの取り調べで深刻なセカンドレイプに遭ったことや、アメリカに帰国してしまった犯人を見つけ出して裁判を起こし、勝訴したことなどを、
『涙のあとは乾く』(井上里訳/講談社/2015年)にまとめている。私は取材を通して彼女と知り合い、その後交流を続けている。

27日の夕方、ジェーンさんに電話をかけた。彼女は怒っていた。事件についてはもちろん、26日に行われた容疑者の母、女優の高畑淳子さんの会見について怒っていた。
私は26日に公開した自分の記事で、一部の報道に対して抗議のメッセージを募っていたため(現在も更新中)、ジェーンさんもメッセージを寄せてほしいことを伝えた。

快く応じてくれたが、彼女が伝えたいメッセージは、報道への抗議にとどまらなかった。電話で聞いた言葉をまとめた私の文章に対して、彼女はもどかしそうに、
「自分でメッセージを書いた。俳優の母の会見について言いたい」と言った。

彼女から届いたメールを訳したものを、下記に載せる。ヤフーニュース個人はオ―サーが取材した内容や、社会問題についてのオ―サーの意見を書く媒体だが、
彼女からのメッセージをすべて載せることには意味があると私は考えている。高畑淳子さんの会見に関する部分と、被害者の方に対する部分の2つに分けて紹介する。

217名も無き音楽論客2016/10/25(火) 19:53:39.40ID:???
>>216のつづき


■レイプされることがどんなことなのか
画像
画像
今日私はこの作品を描きました。これは高畑裕太のレイプ被害者の方に捧げるものです。私は今日沈黙してはいられませんでした。
犯した罪を謝罪するために事件について記者会見を開くことが日本人の習慣であることは知っています。ですが、私はこのレイピストである俳優の母の涙は理解できません。
なぜ彼女は泣いているのですか? 彼女の息子が獣のように被害者をレイプしたせいで、その女性がいま味わっている生き地獄のために泣いているのですか?
もしくは、彼女の息子が逮捕されたせいの涙ですか? 悪いけど、私にはこれが理解できませんでした。
メディアがその母親に被害者女性に対して何を言いたいか聞いたとき、彼女には重大な言うべきことが特になかったのだと私は気づきました。

けれども、もしあなたが私をレイプした男の母親だったら、私はあなたの顔を見たりあなたと話したりするのですらいやだったかもわかりません。
レイピストの母の言葉は不適切です。
さらに言えば、どんな額のお金も謝罪も、レイピストが被害者の人生を破壊したことを払い戻してはくれません。
そして、裕太の母親へ、同情をひいたり息子の刑期を軽くしたりするために、メディアの前で涙を使うべきでは決してありません。
母親として、自分の息子がレイピストであることを受け入れるのは極めて困難だろうとわかってはいます。私は3人の息子の母親です。

しかし、私はレイプの被害者でもあります。女性をレイプした息子が逮捕されたあなたの悲しみを私はわかりません。
あなたの涙は私にとってなんの意味もありません、そして被害者の母親、父親、家族も同じように感じていると確信しています。
私は彼女の両親に代わって話すことはできませんが、自分個人の体験を通してわかるのです、レイプは私の人生を壊しただけではなく私の家族全員にも影響しました。
裕太の母が私の本を読み、レイプされることがどんなことなのかわかってもらえればと思います。
人はレイプの被害者になるまで、レイプされることの現実を理解できないのです。

218名も無き音楽論客2016/10/25(火) 19:55:03.33ID:???
>>216-217のつづき
「私はこの、レイピストである俳優の母の涙は理解できません」 ジェーンさんからの電話
http://bylines.news.yahoo.co.jp/ogawatamaka/20160829-00061632/


性犯罪被害者は社会の中で匿名の存在になりがちだ。それは社会が彼ら彼女らに「恥」の烙印を押しているからでもある。
匿名の存在にならざるを得ない彼ら彼女らに対して、心ない想像を向ける人がいる。しかし被害者には一人ひとり「顔」があり、ストーリーがある。
もちろん、すべての性犯罪被害者がジェーンさんと同じように思っているわけではない。けれど、
被害者の一人である彼女がどう思っているかを世の中に出すことは、性犯罪被害者が隠れた存在にされがちな現在の社会において、必要なことだと感じた。

また、個人的には、成人した子どもの犯した罪について、親が責任をとる必要はないと思っている。高畑淳子さんは、
これまでの仕事が表に出るものだっただけに、会見を開かないわけにはいかなかったのだろう。
けれど、加害者と加害者の家族は別の人間であり、加害者への責任追及が加害者家族に向けられてはいけないのと同じように、
加害者の家族に向けられる同情が、加害者に向けられる同情と混合されてはいけない。
高畑淳子さんは会見で同情を買う意図はなかったかもしれないが、本人の意図がどうであれ、
あの会見を見て「気の毒だ」と感じた視聴者はいるだろう。
その同情が、これから行われる裁判結果に少しでも影響しないことを祈る。それが気がかりだ。

■被害者と一緒に怒る人がいると伝えたい
それから、会見について書かれた記事で、とても反響を呼んでいた記事があった。
ジェーンさんのメッセージとも通じるところがあると感じた。一部のみ引用するが、ぜひリンク先で全文を読んでほしい。
漫画家の田房永子さんが書いたブログ記事だ。

田房さんは、喫茶店で痴漢被害者に対して弁護士が「有名な企業の人だから、
あなたが訴えるとニュースになって新聞に顔写真とか名前が載っちゃうんだよ」と示談を勧めている様子を目撃した経験を踏まえ、次のように書いている。

219名も無き音楽論客2016/10/25(火) 19:56:46.40ID:???
>>216-218のつづき
「私はこの、レイピストである俳優の母の涙は理解できません」 ジェーンさんからの電話
http://bylines.news.yahoo.co.jp/ogawatamaka/20160829-00061632/


ずっとずっと、高畑淳子の悲壮な様子がテレビで流れ続ける。
加害者家族の苦しみ という、今まで日本が生で見たことのない、強烈にセンセーショナルな映像が、ずっと流れる。しかもそれが、
今まで親しみを持っていた親子だから、国民の高畑淳子への同情は今、大きく膨れあがって炸裂状態になっている。
この映像が、この現象が、「あなたの訴えが、加害者の人生をどれだけ狂わせているか」という説得を弁護士がする際にとても有利な材料になってしまっていると思う。

出典:高畑淳子の会見(むだにびっくり)
さらに、田房さんのブログを読んで共感したという女性が書いたブログも反響が大きい。彼女は性犯罪の被害経験があり、裁判で闘った経験を書いている。
こちらもぜひ、リンク先で全文を読んでほしい。

この裁判の後、加害者の母が私の元へ来た。加害者の母とは言え、彼女は悪くない。そう思って、私は彼女の話を聞くために振り返った。

「うちの息子も反省して立ち直っているんだから、あなたも早く裁判なんてやめて立ち直って」

目の前が真っ白になった。こいつは何を言っているんだろう?と思った。

反論しようとした時にはすでに母親は遠くにいた。叫ぶ私に対して「はいはい。はいはい」と言ってぺこぺこしながら歩いて行った。

出典:高畑裕太が「容疑者」となってからふつふつとわきあがる心の奥の何か(底辺ネットライターが思うこと)
ウェブ上で少しずつ自分の経験や思いを語り、被害者と一緒に怒る人がいることに私は希望を感じている。
なたをレイプした奴はあなたの涙に値しない。

220名も無き音楽論客2016/10/25(火) 19:58:23.79ID:???
>>216-219のつづき
「私はこの、レイピストである俳優の母の涙は理解できません」 ジェーンさんからの電話
http://bylines.news.yahoo.co.jp/ogawatamaka/20160829-00061632/


■被害に遭った女性へ
ジェーンさんのメッセージに戻る。ジェーンさんは、被害に遭った女性に向け、次のように綴っている。

今日、私はレイプされた女性が癒えるように祈っています。
回復するには何年も、それか一生かかるかもしれません、けれどもレイプの被害者として私は癒えることが可能だと知っています。
もし私が彼女にメッセージを届けられるなら、愛情の中に身を置いてくださいと言いたいです。
1日を大切に過ごしてください。
そして、社会が無関心であろうと、彼女がいまなにを経験しているのか理解してくれるたくさんの他のレイプ被害者が日本や世界中にいることを言いたいです。

私達があなたのことを心配していると示すため、このハッシュタグ(#toothbrush)を始めました。
レイプ被害者の中には、レイプされた苦痛と共に生きられなくなり、自殺を決意してしまうほど絶望でいっぱいになる人もいます。
あなたにも、これを読んでいる他のレイプ被害者にもそうはさせないでください。
諦めないで。あなたをレイプした男に、あなたの大切な人生の時間をもう1秒だってあげないで。
あなたをレイプした奴はあなたの涙に値しない。

この嵐が過ぎたら、気高く立ち上がって。
私達はあなたを尊敬しています。この戦いにおいて、あなたは1人ではありません。
たくさんの愛をあなたに。

ジェーンさんは、#toothbrushのハッシュタグで、レイプに抗議の意思を示し、被害者を励ましたいと考える人たちから歯ブラシの画像を募っている。
この事件で象徴的なのが「歯ブラシ」であること、そして「あなたが歯を磨く2分間、性犯罪について考えてみて」という意味を込めている。

221名も無き音楽論客2016/10/25(火) 20:00:15.27ID:???
>>216-220のつづき
「私はこの、レイピストである俳優の母の涙は理解できません」 ジェーンさんからの電話
http://bylines.news.yahoo.co.jp/ogawatamaka/20160829-00061632/


ジェーンさんの呼びかけに応え、世界各国から寄せられた歯ブラシの画像がこちら。

画像
前回の記事では、Change.org広報の武村若葉さんが、海外で起こった、レイプに対する抗議のキャンペーンやアクションについて触れ、
「(日本では)マスメディアで女性を擁護したり応援する論調の記事がほとんど出て来ない」と言っている。
ジェーンさんがするように、被害者のためのアクションはまだ日本では一般的でないかもしれないが、
被害者を勇気づけたい、励ましたい、力になりたいと思っている人もいるはずだ。

参考までに、海外でのレイプ事件に対する抗議行動は、たとえば次のようなものがある。

大学レイプ事件を受けて、卒業式で学生がとった行動(COSMOPOLITAN/2016年6月26日)

16歳少女を33人で集団レイプ 動画投稿にブラジル全土で怒りが沸き起こる(ハフィントンポスト/2016年5月29日)

レイプされた女子大生は、キャンパスで犯行現場のマットレスを引きずり回す。真実が明らかになるまで。
(ハフィントンポスト/2014年9月9日)

222名も無き音楽論客2016/10/25(火) 20:07:44.14ID:???
>>215-221
>高畑は8月26日に都内で謝罪会見を開いた。尾木氏は同日、「誠実な謝罪会見」だったとして、
「本当に素晴らしいお人柄 素晴らしい女優さん そして、愛情深い素敵なお母さんなんだなぁ…となかば感動すら覚えました…」と高畑を称賛した。 (>>215)




高畑淳子が誠実に見える尾木ママって…
被害者側は、>>215-221の通りで完全に怒っている

>>3-5の息子の入学式に出席した母親をボロクソに言っているのもだが、
どうも尾木ママの言うことは信じられない
いい加減なことを言っているように思う

223名も無き音楽論客2016/10/27(木) 00:52:43.32ID:???
>>215-222
宿泊先の前橋市内のビジネスホテルで40代の女性従業員に性的暴行をし、けがをさせたとして、高畑淳子の長男で俳優の高畑裕太容疑者(22)が逮捕された強姦致傷事件。
犯行から逮捕までの経過で気になって仕方がないことがある。
裕太容疑者が女性を暴行した後、そのままホテルの客室で寝たことだ。

「女性を見て欲求を抑え切れなかった。企ててはいない」。
裕太容疑者が警察に供述した通り、衝動的な犯行であったならば、犯人は一般的に犯行現場から逃げたり、アリバイ工作をしたりするもの。
しかし、裕太容疑者の場合は23日午前2時すぎの犯行後、そういったことをせずに就寝し、早朝に寝ているところを捜査員に起こされた。

犯行前に酒を飲んでいたが、酔っぱらっていた様子はなかったとされ、裕太容疑者は犯行後、意志をもって寝たとみられる。
強姦をした罪の意識がなく、そのままその場で寝ることができる神経が理解できない。
それとも「どうせ逮捕されるんだから、じたばたしても仕方がない」と開き直って眠ったのだろうか。
それともまた、別の事情があったのだろうか。

罪の意識がなく呑気に就寝していたのだとすれば、当然疑われるのは余罪だ。
以前から同じような手口で犯行を重ねてきたが、被害女性が泣き寝入りして表沙汰になってこなかったために、裕太容疑者は強姦をしても罪を感じなくなっていった可能性もある。

被害女性に対して「申し訳ないことをした」と反省の言葉を述べているという裕太容疑者。
今後の取り調べで「なぜ寝ていたのか」が明らかになるか、注目したい。


http://potato.2ch.net/test/read.cgi/owabiplus/1465133835/35

224名も無き音楽論客2016/10/27(木) 00:53:58.59ID:???
>>215-223
尾木ママ絶賛も…高畑淳子 配慮欠けた“被害者とされている女性”表現
スポニチアネックス 8月27日(土)7時15分配信


 俳優の高畑裕太容疑者(22)が強姦(ごうかん)致傷容疑で逮捕された事件で、
母親で女優の高畑淳子(61)が26日、都内のホテルで謝罪会見を行った。
会見を受け、元検事の大沢孝征弁護士は、淳子が“被害者”ではなく“被害者とされている女性”と繰り返したことに言及。
有罪判決が出るまでは被害者と断定することができないため「弁護士の中には言い方を指示する者もいる」と説明した。

しかし、加害者側の淳子がこのような言い方をする場合、被害者側への配慮が欠けていると誤解を招く恐れもある。
「余計な言葉を使うのが弁護士の指示なのであれば、それは淳子さんのためにも、裕太容疑者のためにもならない」とした。

 一方で、淳子の“どんなことがあってもお母さんだから”という発言に対しては
「容疑者を責めるだけでは自暴自棄や殻に閉じこもってしまう恐れがあるので、家族はある程度優しくするという意味で、この対応は適切」と評価した。


 教育評論家の尾木直樹氏は「女優だけど演技することもなく、本当に誠実なものだった。ある意味感動すら覚えました」と評価。
「一生懸命になりすぎて一人で抱え込みすぎたのかな」と気遣った。

 会見時の服装についてファッション評論家の石原裕子氏は「謝罪会見なのにファッショナブルすぎる」と指摘。
パールのピアスやヒールの靴は不適切で、メークも決まりすぎていたとし「謝罪というより、女優としての自分の会見になってしまっていた」と語った。


http://potato.2ch.net/test/read.cgi/owabiplus/1465133835/25  

225名も無き音楽論客2016/10/27(木) 00:55:07.14ID:???
>>215-224
尾木ママこと教育評論家の尾木直樹氏(69)が27日夜、自身のブログを更新。
強姦(ごうかん)致傷容疑で逮捕された俳優の高畑裕太容疑者(22)の母で、女優の高畑淳子(61)が謝罪会見を行ったことに関して、親の責任について思うところをつづった。

 「成人した息子が犯した犯罪責任まで親にあるのですかという疑問に対して…」と題してエントリーし「尾木ママの考えはこうです…」として、
謝罪会見についてのポイントを箇条書きにして以下のように整理した。

 ・法律論、一般論的では親の責任はありません…とりわけ海外では成人すれば、自立した1個人として扱われますからまず考えられないと思います

 ・日本では戦前からの「家父長制度」の名残が強く、家長、つまり親の監督責任が問われる傾向があるのではないでしょうか!?

・ただ今回は、未成年の時期からお母さんのお陰もあっての芸能界デビューされたのであり、同居もしていたわけですからお母さま的にも余計に親としての子育て、
監督責任をお感じになったのだと思います

・さらに薬物ではなく、相手の被害者に対して「魂の殺人」と言われる性犯罪の重罪を犯した点も世間的には極めて厳しい目が注がれている背景ではないでしょうか?

 その上で、「今回は、三田さん、みのさんの時とはかなり違う「大変さ」が潜んでいるように思います…」と、過去の親による謝罪会見に言及しながらも、
「被害者のケア第一に最善尽くせるといいなぁと思います…」と締めくくった。


http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/08/27/kiji/K20160827013244990.html

226名も無き音楽論客2016/10/27(木) 00:57:20.59ID:???
>>215-225
強姦致傷容疑で逮捕されたが不起訴となった俳優・高畑裕太(23)の事件は、刑事処分上は決着してもなお後味の悪さを残している。
9日の釈放後に弁護士から“ハメられた”と言わんばかりの内容のコメントを発表されたが、本人は詳細を語らず。
本紙既報通り、被害女性への示談金は「300万円程度」とみられる一方、
それとは別に慰謝料名目で約8000万円が支払われていたとの衝撃情報を本紙はキャッチした。
異例とも言える高額な慰謝料は、女性に一切反論させないための“口止め料”なのか? それとも…。

先月23日、映画の撮影のため宿泊していた群馬県前橋市内のビジネスホテルで女性従業員を性的暴行したとして
強姦致傷容疑で逮捕された高畑は、「女性を見て性欲を抑えきれなかった」と容疑を全面的に認めていた。

起訴は避けられないとみられたが、フタを開けてみれば示談が成立。
事情通は「示談金300万円とは別に慰謝料名目として約8000万円が女性側に支払われたとの情報がある」と明かす。

示談が成立したにもかかわらず、高畑の弁護士は「高畑裕太さんの方では合意があるものと思っていた可能性が高く、
少なくとも、逮捕時報道にあるような『部屋に歯ブラシを持ってきて』と呼びつけていきなり引きずり込んだ、
などという事実はなかったと考えております」と書面で発表。
女性従業員にも落ち度があったと言わんばかりの見解を示した。

被害女性を知る人物は「遠方からホテルまでチャリ(自転車)通勤していたし、
普段から身体を鍛えている感じのアスリート系だ」という。

「裁判になると、どのような流れで性交渉したかなど、あらためて明らかにしなければならない。
事件のことを思い出したくもないだろうし、裁判は女性側も避けたい心理が働くだろうが、
それにしても話が完全にひっくり返ったのには謎が残る」(同)



http://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/592707/
2016年09月14日 05時00分

227名も無き音楽論客2016/10/27(木) 00:58:47.34ID:???
>>226のつづき



高畑サイドが「合意があるものと思っていた」などとするコメントを発表したことには、少しでも性犯罪者の印象を和らげたいという思惑が見え隠れするが、
この“勝手な言い分”を女性側がのんだ背景に、別の事情も浮かび上がった。

「実は双方の弁護士と被害女性で行われる示談交渉のときに、もう一人、コワモテの男が関与していたというキナくさい情報もある。
しかもこの男が、交渉のイニシアチブを握っていたとの噂もあり、かなり闇が深そうなんです」(同)

また、事件当時の状況にもナゾが残る。まず当日午前3時と明け方5時前、火災報知器が2回“誤作動”で館内に鳴り響いていた。
事件が午前2時から2時25分にかけて起こり、午前3時32分に通報が入りその後、パトカーがホテルに急行。
宿泊客によると「警報は誤作動によるものでした」というお知らせが各部屋に挟まれたという。
火災報知機の“誤作動”は偶然なのか、何か関連があるのか…。疑問が残るところだ。

この事件に関して「ダウンタウン」松本人志(53)は、レギュラー出演する「ワイドナショー」(フジテレビ系)の11日放送で、
示談となったことについて「イメージだけで言うとむしろマイナス。カネで解決したのかと思われてしまう可能性がある」と指摘した。

示談金300万円だけでなく、8000万円もの慰謝料を払っていたとの情報も、
ますます「カネで解決した」というイメージを強くさせてしまうだけに、どうにもこうにもスッキリしない結末だ。

http://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/592707/
2016年09月14日 05時00分

228名も無き音楽論客2016/10/27(木) 01:00:13.22ID:???
>>215-227
高畑裕太「強姦致傷」事件の示談金は1500万円だった!
2016.09.20 16:02

俳優の高畑裕太(23)が8月23日に逮捕された強姦致傷事件。被害者であるホテル従業員の女性(44)との
示談金は1500万円だったことが週刊文春の取材によって分かった。

示談を踏まえ、9月9日に高畑は不起訴処分となっているが、第一通報者である「知人男性」の正体、
示談に至った理由、被害女性はどのように高畑の部屋に足を踏み入れたのか等、
この事件には未だ多くの謎が残されている。

9月21日発売の「週刊文春」では、捜査関係者の証言や捜査資料を元に事件の全容を再現。
さらには「知人男性」に対して直撃取材を行なっている。

週刊文春
http://shukan.bunshun.jp/articles/-/6588

229名も無き音楽論客2016/10/27(木) 01:15:41.62ID:???
>>215-228
>尾木氏は同日、「誠実な謝罪会見」だったとして、 「本当に素晴らしいお人柄 素晴らしい女優さん そして、愛情深い素敵なお母さんなんだなぁ…となかば感動すら覚えました…」と高畑を称賛した。 (>>215)

>加害者側の淳子がこのような言い方をする場合、被害者側への配慮が欠けていると誤解を招く (>>224)

>会見時の服装についてファッション評論家の石原裕子氏は「謝罪会見なのにファッショナブルすぎる」と指摘。
パールのピアスやヒールの靴は不適切で、メークも決まりすぎていたとし「謝罪というより、女優としての自分の会見になってしまっていた」と語った。 (>>224)

>被害女性への示談金は「300万円程度」とみられる一方、 それとは別に慰謝料名目で約8000万円が支払われていた (>>226)

>俳優の高畑裕太(23)が8月23日に逮捕された強姦致傷事件。被害者であるホテル従業員の女性(44)との 示談金は1500万円だった (>>228)



尾木ママは高畑淳子の記者会見を見て「誠実」だと高評価しているが、
記者会見を見た被害者側は怒り(>>216-221)、被害者以外でも見た人からは被害者への配慮が欠け、
高畑淳子のファッションからして女優高畑淳子の為の記者会見のようだったという見方をされている
また、高額な示談金で、お金にモノを言わせての解決であり、誠実さは全く感じられない

尾木ママの感性はおかしいぞ

230名も無き音楽論客2016/10/27(木) 08:22:33.84ID:???
>>215-229
https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12122-88519/
高畑裕太の強姦致傷被害女性が「週刊現代」で反論! これに高畑側は再び釈明ファックスを……

不起訴になった俳優・高畑裕太の強姦致傷事件が、泥仕合の様相となってきた。
“無罪”扱いされた被害女性が10月14日発売の「週刊現代」(講談社)で反論。
すると、これに高畑側が応戦する形のファックスをマスコミ各社に送り、騒動が蒸し返されている。

 8月の逮捕から17日後の9月9日、高畑が釈放されたのと同時に、代理人の渥美陽子氏、小佐々奨氏の弁護士2名が「悪質な事件ではなかった」
「裁判になっていれば、無罪主張をしたと思われた事件」としたことについて、「週刊現代」で被害女性が反論。

「まるで私がウソをついたかのようなことが書かれていました。私が悪かったというのでしょうか。なぜ加害者のように扱われるのでしょうか」

 女性が異を唱えたのは、高畑側の弁護士が書いた「知り得た事実関係に照らせば、高畑裕太さんの方では合意があるものと思っていた可能性が高く」という部分。
女性はこれに「一方的に『強姦ではなかった。合意があった』というような主張をしていますが、事実ではありません」と、あくまで強姦自体はあったとしている。

 これを受けて高畑の代理人は14日の午後、マスコミ各社に「週刊現代に掲載された記事について」としたファックスを送り「この点は誤解があります」と再反論。
「高畑裕太さんにおいて、当時女性の拒否の意思を認識しておらず、合意があると思い込んでいた」と説明し、あくまで高畑側からの視点を述べたという見解を示した。

 ただ、女性の主張には「当方が把握している事実関係とは異なる点も多々あります」とも書いており
「女性は高畑裕太さんの目つきが怖かったこと等を理由に大声を上げるといった抵抗はされなかったとお話しされていますが、この点も例えば『騒ぐと殺す』と脅迫する、
口を押さえつけるといった男性側が当初から明らかに強姦であると認識している事例とは異なるものです」と“合意説”を改めて訴えた。

231名も無き音楽論客2016/10/27(木) 08:25:18.05ID:???
>>230のつづき

https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12122-88519/
高畑裕太の強姦致傷被害女性が「週刊現代」で反論! これに高畑側は再び釈明ファックスを……


   ただ、女性の主張には「当方が把握している事実関係とは異なる点も多々あります」とも書いており
「女性は高畑裕太さんの目つきが怖かったこと等を理由に大声を上げるといった抵抗はされなかったとお話しされていますが、この点も例えば『騒ぐと殺す』と脅迫する、
口を押さえつけるといった男性側が当初から明らかに強姦であると認識している事例とは異なるものです」と“合意説”を改めて訴えた。

 つまりは示談はしたものの、レイプ自体があった、なかった、の争いとなっているわけだ。高畑側のファックスは末尾に「既に大きな社会的制裁を受けております。
これ以上の過剰な報道は慎んで頂きますようお願い致します」とも書かれていたが、マスコミを通じての反論をしておいて、それは無理があるというもの。

 高畑は8月23日、撮影の仕事で群馬・前橋市内のホテルに宿泊した際、フロントの従業員女性に性的暴行をして右手首と指にケガを負わせた容疑で翌日、前橋署に逮捕された。
その後、「週刊文春」(文藝春秋)では示談金が1,500万円であったことや、高畑の誘いに乗って女性がエレベーターに同乗、「舌が絡まり合うキス」をした際、激しい抵抗がなく、
高畑が「僕はいける」と思ったとする話を報じたが、女性はこの報道も全面否定。「キスをしたなんて絶対にない。そもそも私はエレベーターに一緒に乗っていません」とした。

 これまで表になった報道は高畑側からの話が大半で、警察情報など第3者の見立てもあったが、被害女性からの直接の話はなかった。
それが出てきて、これまでの話と大きく食い違ってくると、事実のように伝えられてきた報道も信憑性が怪しくなってくる。

 実はこの女性には、今回報じた「週刊現代」以外の媒体も取材のオファーをかけていたという話をしている記者がいる。


232名も無き音楽論客2016/10/27(木) 08:27:43.58ID:???
>>230-231 のつづき

https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12122-88519/
高畑裕太の強姦致傷被害女性が「週刊現代」で反論! これに高畑側は再び釈明ファックスを……


「他が優先されて実らなかったんだけど、時間を置いてもう一度交渉できたら……。レイプ被害者として二次被害に悩まされているでしょうから、
気持ち的には今回が最初で最後と言っているようですが、高畑側が自分に都合よい話ばかり出しているというなら、うちも誌面を割く用意はありますよ。
一字一句、被害女性の了解を得た文面をカットせずに伝えたい。じゃないと、あまりに気の毒」

この記者は6年前、妹が強姦被害に遭っていることから、なお気が気でない様子だ。

 事件が不起訴になっただけに謎が大きく残されたが、これだけ互いに主張を戦わせているということは、
示談の際に「マスコミなどに事件を口外しない」という守秘義務が約束されなかったとみられる。
そうなると、今後また争いが続いてしまう可能性もある。

 これには、高畑を起用したことがあるバラエティ番組のスタッフが
「事実がどうあれ、高畑さんの復帰は95%ありえないところから、100%ありえないものに変わった」と話す。

「いくら示談になっても、こうやって反論されるのであれば、女性が傷ついたという部分は認めるしかないです。
不起訴でも実質有罪みたいな扱いにはなりますね。タレントとしては終わりでしょう。
その意味では高畑さん側の弁護士は不起訴にすることを焦るあまり、被害者女性への配慮を欠きすぎたのでは」(同)

 第3者には何があったか正確にはわからない犯罪現場の真実。
互いの言い分の食い違いが露呈したのは、高畑にとっては大きなマイナスとなりそうだ。
(文=片岡亮/NEWSIDER Tokyo)

233名も無き音楽論客2016/10/27(木) 08:30:01.42ID:???
>>215-232
高畑裕太事件の被害者女性が告白した示談に応じた理由

芸能ネタ 2016年10月24日 11時39分


 群馬県前橋市内の宿泊先の女性従業員に対する強姦致傷事件で女優の高畑淳子の長男・裕太が逮捕され
不起訴になった事件の被害者女性が、発売中の「週刊現代」(講談社)で示談に応じた理由を告白している。

 裕太は8月23日に逮捕されたが、女性との間で示談が成立して不起訴処分となり9月9日に釈放。
釈放後は埼玉県内の病院に入院している。

しかし、裕太の弁護士が釈放後「(女性との間で)合意があると思っていた」と主張。それに対し、メディアの取材に初めて応じた女性は同誌の前号で「合意の感情は一切なかった」と心境を吐露。
その記事を受け、裕太の弁護士は「女性のお話によっても、明らかな暴行や脅迫は認められないものと認識しています」というコメントを発表していた。

 発売中の同誌で女性は、「今回の事件が様々な憶測を呼んでしまった一番の原因は、私が急に示談したからだと思います」と自身の見解を説明。
示談を応じた理由について「前橋地検で行われた聴取で心が折れてしまった」と告白した。

 女性によると、地検では事件について女性検事から淡々とした口調で質問を浴びせられ、「検察は自分を守ってくれるところではない」と思ったという。
強姦致傷は裁判員制度の対象になるため、「裁判所でまた恥ずかしい思いをすることになる」とも思ったとか。
検事からの聴取を終えた時点で、「早く終わりにしてしまいたい」と思い示談に応じることを決断したというのだ。

 「裕太に関しては、海外留学するという話も浮上しているが、
おそらく、高畑が役員をつとめる青年座が何らかの形で引きとることになるのでは。
示談して不起訴になったとはいえ、芸能界に復帰するのは現状ではまず無理だろう」(芸能記者)

 現在は外部の情報をシャットアウトしているという裕太だが、被害者の告白を知ったらどんな心境で受け止めるのだろうか。

http://npn.co.jp/article/detail/85665923/

234名も無き音楽論客2016/10/27(木) 08:34:33.97ID:???
>>215-233
示談の後、高畑側が一方的に「あれは和姦だった」と公表したことで、私は二度レイプされた気持ちです。
合意なんてまったくなかった。いまでも、あの恐ろしい目を思い出すと身体が震えます。

「私は被害者なのに……」。あまりに事実と違う報道を目の当たりにして彼女は愕然とした。衝撃の逮捕から
50日あまり。被害者の女性が沈黙を破り、「あの夜」のすべてを語る。

悔しくて涙が止まらなかった
「相手方の弁護士のFAXのコメント内容を知ったとき、全身から血の気が引くのを感じました。

まるで私がウソをついたかのようなことが書かれていました。私が悪かったというのでしょうか。
なぜ加害者のように扱われるのでしょうか……。二度目のレイプをされたような気持ちです。悔しくて
悔しくて涙が止まりませんでした。
示談後、加害者側の弁護士は一方的に『強姦ではなかった。合意があった』というような主張をしていますが、
事実ではありません。真実を知ってほしいと思いました」
震える声でこう話す女性こそ、8月23日未明、俳優の高畑裕太(23歳)にホテルの部屋に連れ込まれ、
レイプされた被害者Aさんだ。彼女はあれからどんな思いで日々を過ごしてきたのか。
彼女の代理人を務める弁護士の同席のもと、後にも先にも1回きりという条件で、3時間にわたって本誌の
インタビューに応じてくれた。
群馬・前橋市内のビジネスホテルのフロント係として勤務していたAさんは、映画の撮影のためホテルに
宿泊していた高畑に性的暴行を受けた。
Aさんは右手首と指にけがを負い、知人男性の協力を得て群馬県警前橋署に被害届を提出。高畑は容疑を
認めて、同日午後に逮捕された。
高畑にかけられた容疑は強姦致傷。執行猶予はつかず、相当長期(24ヵ月以上)の実刑判決が下ると
予想された。ところが、事件は予期せぬ結末を迎える。
事件から17日後の9月9日、示談成立を受けて高畑は不起訴になり、同日に釈放されて、埼玉県内の病院に
入院した。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161024-00050023-gendaibiz-bus_all 現代ビジネス 10月24日(月)11時1分配信

235名も無き音楽論客2016/10/27(木) 08:36:39.60ID:???
>>234 のつづき
状況が一変したのは、この同日だった。高畑の代理人を務めた「法律事務所ヒロナカ」(弘中惇一郎代表)が
声明文を発表し、こう主張したのだ。

〈高畑裕太さんのほうでは合意があるものと思っていた可能性が高く〉

〈呼びつけていきなり引きずり込んだ、などという事実はなかった〉

〈違法性の顕著な悪質な事件ではなかったし、仮に、起訴されて裁判になっていれば、無罪主張をしたと思われた事件〉

これを受け、ネット上では「最初から金目当てだったのか」などと被害者であるAさんを中傷する意見が
飛び交った。

さらに追い打ちをかけたのは、その後の報道だ。不起訴となり釈放されるや否や、無責任な憶測や、
高畑サイドの言い分に乗るような推測が次々に報じられた。

Aさんがとりわけショックを受けたのが、9月21日発売の『週刊文春』の特集記事だ。関係者の証言や
捜査資料を元にしたとして、大略、以下のような内容であった。

〈被害女性は高畑の誘いに乗って部屋に行き、行為の求めに応じた〉

暗に強姦の事実を否定する内容だったのだ。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161024-00050023-gendaibiz-bus_all
現代ビジネス 10月24日(月)11時1分配信

236名も無き音楽論客2016/10/27(木) 08:41:28.60ID:???
>>215-235
>尾木氏は同日、「誠実な謝罪会見」だったとして、 「本当に素晴らしいお人柄 素晴らしい女優さん そして、愛情深い素敵なお母さんなんだなぁ…となかば感動すら覚えました…」と高畑を称賛した。 (>>215)



高畑親子のどこが誠実なんだ?
>>230-235の通りで、無茶苦茶被害者は怒っている
高畑親子の対応に誠実さは全く感じられない
尾木ママは言っていることがおかしすぎる

237名も無き音楽論客2016/10/27(木) 19:51:51.28ID:???
>>3-5 >>163-191 >>194-208 >>215-236
>尾木氏は同日、「誠実な謝罪会見」だったとして、 「本当に素晴らしいお人柄 素晴らしい女優さん そして、愛情深い素敵なお母さんなんだなぁ…となかば感動すら覚えました…」と高畑を称賛した。



尾木ママは高畑淳子を誠実だと高評価しているが、息子の入学式に出席した教師(>>3-5)、
北海道置き去り事件で尾木ママに飛んでもないデマをブログに書かれてしまった両親(>>163-191)、
佐藤ママ(>>194-208)の三人の方が、世間では少なくとも高畑淳子よりは親らしい親だと思っている
この辺りも尾木ママは何かが変

238名も無き音楽論客2017/02/05(日) 15:56:41.69ID:???
最善策はどこにある?「学校はFAXを廃止してください」という訴えに議論白熱  2017年02月02日 (木)
http://blog.fujitv.co.jp/tokudane-official/E20170202001.html
http://i.imgur.com/y8GZx37.jpg
より


尾木ママの意見

・メールで教師と保護者のやりとりが頻繁になる
         ↓
・保護者と教師が男女の仲になる
・児童の扱いに差が生まれる

239名も無き音楽論客2017/02/05(日) 16:10:19.48ID:???
>>238
オカマだから尾木ママが教師なら大丈夫とかいうオチが予想されるw

240名も無き音楽論客2017/02/05(日) 18:19:59.48ID:???
>>238-239    http://blog.fujitv.co.jp/tokudane-official/E20170202001.html



最善策はどこにある?「学校はFAXを廃止してください」という訴えに議論白熱  2017年02月02日 (木)

「神様、お願いです。この世からFAXを消し去ってください」
いま、ブログ投稿サイトに掲載されたこんなセンセーショナルな訴えが議論を巻き起こしている。
これほどまでに恨まれることになるとは…いったいFAXが何をしたのだろうか?

問題となっている投稿は、春から小学生になる子供を持つ保護者らしき人物がアップしたもの。
小学校の入学説明会で、子供の欠席や遅刻などの連絡をする際は、必ずFAXで伝えるよう指示されたという。
しかし、この家庭にはFAXがない。
そのため、わざわざ電話回線を引いてFAX本体を買わなければならなくなったことへの嘆きがつづられているのだ。

2017−02−03
〇学校はFAXを廃止してください
小学校の入学説明会に行ってきたんですが、「欠席遅刻早退の連絡は必ずFAXで送信してください」だsぷですな。
電話はだめってのはわからんでもない。忙しい時に電話が鳴るのは大変なんだろう。
がしかし、だ。メールもだめだという。
FAXじゃないと受け付けないとおっしゃる。
レガシーインターフェイスの、20世紀においていくもののはずの、FAX以外は受け付けないのだという。
ということで、
我が輩は年に数回あるかないかの学校への連絡のためだけに固定電話を引いてFAX本体をかわないといけなくなりました。
神様、お願いです。
この世からFAXを消し去ってください。

確かに電話やメールだってあるのに、なぜわざわざFAXで伝えなくてはいけないのか。

梅津「やっぱりFAXが自分の家にないとしたら、現実的ではないし、できれば電話で済ませたいというのが、保護者の思いかなって」

小学生の息子がいる梅津アナもブログに書かれた切ない思いには共感できるところもあるようだ。

241名も無き音楽論客2017/02/05(日) 18:21:43.48ID:???
>>240のつづき    http://blog.fujitv.co.jp/tokudane-official/E20170202001.html



しかし、東京都の教育委員会に聞いてみると、電話やメールでの連絡を断る学校にはそれなりの理由があるようなのだ。
まず、インフルエンザが流行っているような時に電話での連絡が殺到してしまうと、教師が対応に追われてしまい、職務に支障が出てしまう。
さらに学校に電話が集中すると回線がつながりにくくなり、本当に必要な緊急連絡が届きにくくなってしまうことが予想される。
このため、子供の欠席や遅刻などの連絡では電話を控えるよう指導している学校が多いのだという。

東京都教育委員会によると…
電話NGの理由@教師の職務に支障が出る
電話NGの理由A緊急連絡が学校に届きにくくなる

しかし、なぜメールまでもがダメなのだろうか。これについて東京都の教育委員会は、
教師と保護者が私的なやりとりをすることで発生するトラブルを避けるため、と答えてくれた。
では、「トラブル」とは何なのだろうか?教育評論家の尾木直樹氏によると、
保護者と教師がメールのやり取りを頻繁にするようになることで、なんと、男女の仲になってしまうケースがあるというのだ。
さらに、私的なやりとりが増えると、教師が親しくなった子供をえこひいきしてしまう可能性も心配される。
電話とメールにはいろいろなデメリットもあるし、今の時代FAXは全ての家庭にあるものでもないのだから、
昔ながらの「連絡帳」に欠席理由を書いて、兄弟や近くの友人に渡してもらう、昔ながらの方法がいいのでは、
というのが尾木さんの意見だった。

すると、オンエアをみた視聴者の方から番組公式ツイッター(@web_tokudane)に、こんな耳よりな情報が寄せられた。

「最近はスマホやパソコンからFax送れるのに」
「アプリで送信もダメなのでしょうか?」

そんな素敵なことができるとは!!
早速、調べてみたところ、確かにFAXの送受信ができるアプリがあることが分かった。
個別の商品・サービスの宣伝になってしまうし、そのアプリがベストかどうか調べきれていないので、
ここでは固有名詞をあげるのは控えさせていただくが、ご家庭にFAXがない方は検討してみてはいかがだろうか?

242名も無き音楽論客2017/02/05(日) 18:26:38.94ID:???
>>238-241 
>教育評論家の尾木直樹氏によると、保護者と教師がメールのやり取りを頻繁にするようになることで、なんと、男女の仲になってしまうケースがあるというのだ。
 さらに、私的なやりとりが増えると、教師が親しくなった子供をえこひいきしてしまう可能性も心配される。     (>>241) 



尾木ママの心配はなんかおかしいような…
本当に子供のことを心配しているのだろうか?
教師中心の対応に見える

243名も無き音楽論客2017/02/07(火) 10:53:13.59ID:???
>>238-242 
>教育評論家の尾木直樹氏によると、保護者と教師がメールのやり取りを頻繁にするようになることで、なんと、男女の仲になってしまうケースがあるというのだ。
 さらに、私的なやりとりが増えると、教師が親しくなった子供をえこひいきしてしまう可能性も心配される。     (>>241) 



メールや電話がダメな本当の理由は、おそらく、尾木ママを含めた東京の学校の先生や教育委員会は評判が非常に悪く、
抗議やクレームのメール・電話が頻繁にあるので、それに対応していると、学校や教師は何もできなくなるからだろう
FAXなら、対応が嫌だったら紙をセットしなければよい

244名も無き音楽論客2017/04/09(日) 00:32:58.96ID:???
尾木直樹氏 中高生の自殺 1年で2番目に多いのが4月8日 春休み明けは危険

 尾木ママこと教育評論家の尾木直樹氏が7日、ブログを更新し、中高生の自殺が1年で2番目に多いのが4月8日であるとし、
保護者に注意を呼びかけた。
 尾木氏はブログのタイトルを「昨日東京練馬の中3女子生徒が鉄道自殺!」とし、「皆さん、原因は分かりませんが 
悲しいことにまた 若い命 自らたちました…残念でなりません」と無念さをにじませた。
 尾木氏は「実は 中高生の自殺 9月1日が最も多い 2番目は4月8日」と新学期あけであることから
「この付近はとにかく危険 春休みあけ 学校が始まるいじめが頭よぎり 学校に行けなくなります 
苦悩の末 自殺に追い込まれるのです」と中高生の心理を代弁した。
 尾木氏は「よく観察し ケアしてあげてくださいね」と呼びかけた。

https://www.daily.co.jp/gossip/2017/04/07/0010075549.shtml

245名も無き音楽論客2017/04/09(日) 00:36:58.41ID:???
>>244
> 尾木氏はブログのタイトルを「昨日東京練馬の中3女子生徒が鉄道自殺!」とし、「皆さん、原因は分かりませんが 
 悲しいことにまた 若い命 自らたちました…残念でなりません」と無念さをにじませた。

> 尾木氏は「よく観察し ケアしてあげてくださいね」と呼びかけた。



原因が尾木ママでもわからないような自殺を、どうやってケアするのかがよくわからない
尾木ママは適当なことを書いているだけな気がするぞ

246名も無き音楽論客2018/03/19(月) 21:25:19.09ID:D31xJqyU
>>1
>>2
>>3


【塾ナビ】(株)イトクロ[6049]株価情報(塾・家庭教師・予備校・個別)【トライ】
http://mao.5ch.net/test/read.cgi/stockb/1519995303/
【塾ナビ】塾・予備校・家庭教師
http://medaka.5ch.net/test/read.cgi/offmatrix/1482352300/

新着レスの表示
レスを投稿する