川´3`) 山下達郎 Part149

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています
1NO MUSIC NO NAME2018/10/01(月) 21:44:29.61ID:PAl7cm4H
:::::::::::/           ヽ::::::::::::
:::::::::::|  抜  の  汚  i::::::::::::
:::::::::::.ゝ い  写   前  ノ:::::::::::
:::::::::::/  た  真  こ イ:::::::::::::
:::::  |  な。 で      ゙i  ::::::
   \_         ,,-'
――--、..,ヽ__  _,,-''
:::::::,-‐、,‐、ヽ. )ノ
:::::_|/ 。|。ヽ|-i、  ..    / ̄ ̄ ̄ ̄
/. ` ' ● ' ニ 、    (____人
ニ __l___ノ    (-◎-◎一
/ ̄ _  | i     ( (_ _)
|( ̄`'  )/ / ,..    ( ε   (∴←( ゜∀゜)o彡゜ ◆NRN/cAR0PM
`ー---―' / '(__ )   ヽ____
====( i)==::::/      ,/ニ>>
:/     ヽ:::i       /;;;;;;;;;;;;;;;;
http://i.imgur.com/r9SHt5c.jpg
http://i.imgur.com/H1ZSCDO.jpg
http://i.imgur.com/A7aLWYJ.jpg

259NO MUSIC NO NAME2018/10/31(水) 15:11:40.69ID:Mlx7iI8x
[::[@;@;;.;.;.,l,l,lplplplkokomkmknjnjjijihuhuuygygtftfrdrdsewawatf

260NO MUSIC NO NAME2018/10/31(水) 15:11:55.69ID:Mlx7iI8x
後藤久美子 寅さんで23年ぶりに女優復帰、山田監督が出演熱望後藤久美子(44才)が、23年ぶりに女優
復帰することがわかった。出演するのは、山田洋次監督(87才)がメガホンを取る来年公開の映画『男は
つらいよ』の新作に決まった。自宅はスイス・ジュネーブのシャトー。パリ、モナコ、ニューヨークにも
邸宅を構える。1996年に渡仏したのは人気絶頂さなかのことだった。F1のトップレーサーだった夫が現役
を退いても「家族優先」の生活を崩さず、幾度となくドラマ、映画への出演オファーがあったが、この23
年間一度として首を縦にふったことはなかった。「専業主婦ですから、仕事はその範囲で」それが彼女の
マイルールだった。それなのに――。10月中旬の夕方、東京・千代田区のホテルに後藤の姿があった。エ
レガントな装いではなく、地味なOL風のパンツスーツ姿。それでもゴージャスな雰囲気は隠しきれず、遠
目からでも一目でゴクミだとわかる。近くには何台ものカメラ。そして100人を超えるスタッフが集う。
彼女は映画の撮影をしていたのだ。23年前、ゴクミの“最後”の出演となったのは映画『男はつらいよ』
だった。《ワタクシ、生まれも育ちも東京葛飾柴又です。帝釈天で産湯を使い〜》「寅さん」こと車寅次
郎(故渥美清さん・享年68)の名せりふで知られる『男はつらいよ』シリーズは1969年にスタート。1996
年の渥美さんの逝去により48作で終了、翌年に特別編となる49作目が上映された。それから20年以上の月
日がたち、来年新作となる50作目が公開されるという。「来年は第1作が公開されてから50周年を迎えま
す。その記念すべきタイミングで50作目を公開したいという強い思いが制作陣にあった。寅さんの妹・さ
くら役の倍賞千恵子さん(77才)や、さくらの息子・満男役の吉岡秀隆さん(48才)ら、おなじみの面々
も出演。合成画面で寅さんが渋谷のスクランブル交差点に立つシーンもあるとか。そんななか、山田洋次
監督のたっての希望で、後藤さんに出演依頼を猛プッシュしました」(映画関係者)ゴクミが初めて『男
はつらいよ』に出演したのは1989年に公開された42作目のこと。後藤久美子 寅さんで23年ぶりに女優復
帰、山田監督が出演熱望後藤久美子(44才)が、23年ぶりに女優復帰することがわかった。出演するのは
、山田洋次監督(87才)がメガホンを取る来年公開の映画『男はつらいよ』の新作に決まった。自宅はス
イス・ジュネーブのシャトー。パリ、モナコ、ニューヨークにも邸宅を構える。1996年に渡仏したのは人
気絶頂さなかのことだった。F1のトップレーサーだった夫が現役を退いても「家族優先」の生活を崩さず
、幾度となくドラマ、映画への出演オファーがあったが、この23年間一度として首を縦にふったことはな
かった。「専業主婦ですから、仕事はその範囲で」それが彼女のマイルールだった。それなのに――。10
月中旬の夕方、東京・千代田区のホテルに後藤の姿があった。エレガントな装いではなく、地味なOL風の
パンツスーツ姿。それでもゴージャスな雰囲気は隠しきれず、遠目からでも一目でゴクミだとわかる。近
くには何台ものカメラ。そして100人を超えるスタッフが集う。後藤久美子 寅さんで23年ぶりに女優復
帰、山田監督が出演熱望後藤久美子(44才)が、23年ぶりに女優復帰することがわかった。出演するのは
、山田洋次監督(87才)がメガホンを取る来年公開の映画『男はつらいよ』の新作に決まった。自宅はス
イス・ジュネーブのシャトー。パリ、モナコ、ニューヨークにも

261NO MUSIC NO NAME2018/10/31(水) 15:12:11.74ID:Mlx7iI8x
後藤久美子 寅さんで23年ぶりに女優復帰、山田監督が出演熱望後藤久美子(44才)が、23年ぶりに女優
復帰することがわかった。出演するのは、山田洋次監督(87才)がメガホンを取る来年公開の映画『男は
つらいよ』の新作に決まった。自宅はスイス・ジュネーブのシャトー。パリ、モナコ、ニューヨークにも
邸宅を構える。1996年に渡仏したのは人気絶頂さなかのことだった。F1のトップレーサーだった夫が現役
を退いても「家族優先」の生活を崩さず、幾度となくドラマ、映画への出演オファーがあったが、この23
年間一度として首を縦にふったことはなかった。「専業主婦ですから、仕事はその範囲で」それが彼女の
マイルールだった。それなのに――。10月中旬の夕方、東京・千代田区のホテルに後藤の姿があった。エ
レガントな装いではなく、地味なOL風のパンツスーツ姿。それでもゴージャスな雰囲気は隠しきれず、遠
目からでも一目でゴクミだとわかる。近くには何台ものカメラ。そして100人を超えるスタッフが集う。
彼女は映画の撮影をしていたのだ。23年前、ゴクミの“最後”の出演となったのは映画『男はつらいよ』
だった。《ワタクシ、生まれも育ちも東京葛飾柴又です。帝釈天で産湯を使い〜》「寅さん」こと車寅次
郎(故渥美清さん・享年68)の名せりふで知られる『男はつらいよ』シリーズは1969年にスタート。1996
年の渥美さんの逝去により48作で終了、翌年に特別編となる49作目が上映された。それから20年以上の月
日がたち、来年新作となる50作目が公開されるという。「来年は第1作が公開されてから50周年を迎えま
す。その記念すべきタイミングで50作目を公開したいという強い思いが制作陣にあった。寅さんの妹・さ
くら役の倍賞千恵子さん(77才)や、さくらの息子・満男役の吉岡秀隆さん(48才)ら、おなじみの面々
も出演。合成画面で寅さんが渋谷のスクランブル交差点に立つシーンもあるとか。そんななか、山田洋次
監督のたっての希望で、後藤さんに出演依頼を猛プッシュしました」(映画関係者)ゴクミが初めて『男
はつらいよ』に出演したのは1989年に公開された42作目のこと。後藤久美子 寅さんで23年ぶりに女優復
帰、山田監督が出演熱望後藤久美子(44才)が、23年ぶりに女優復帰することがわかった。出演するのは
、山田洋次監督(87才)がメガホンを取る来年公開の映画『男はつらいよ』の新作に決まった。自宅はス
イス・ジュネーブのシャトー。パリ、モナコ、ニューヨークにも邸宅を構える。1996年に渡仏したのは人
気絶頂さなかのことだった。F1のトップレーサーだった夫が現役を退いても「家族優先」の生活を崩さず
、幾度となくドラマ、映画への出演オファーがあったが、この23年間一度として首を縦にふったことはな
かった。「専業主婦ですから、仕事はその範囲で」それが彼女のマイルールだった。それなのに――。10
月中旬の夕方、東京・千代田区のホテルに後藤の姿があった。エレガントな装いではなく、地味なOL風の
パンツスーツ姿。それでもゴージャスな雰囲気は隠しきれず、遠目からでも一目でゴクミだとわかる。近
くには何台ものカメラ。そして100人を超えるスタッフが集う。後藤久美子 寅さんで23年ぶりに女優復
帰、山田監督が出演熱望後藤久美子(44才)が、23年ぶりに女優復帰することがわかった。出演するのは
、山田洋次監督(87才)がメガホンを取る来年公開の映画『男はつらいよ』の新作に決まった。自宅はス
イス・ジュネーブのシャトー。パリ、モナコ、ニューヨークにも

262NO MUSIC NO NAME2018/10/31(水) 15:12:27.83ID:Mlx7iI8x
後藤久美子 寅さんで23年ぶりに女優復帰、山田監督が出演熱望後藤久美子(44才)が、23年ぶりに女優
復帰することがわかった。出演するのは、山田洋次監督(87才)がメガホンを取る来年公開の映画『男は
つらいよ』の新作に決まった。自宅はスイス・ジュネーブのシャトー。パリ、モナコ、ニューヨークにも
邸宅を構える。1996年に渡仏したのは人気絶頂さなかのことだった。F1のトップレーサーだった夫が現役
を退いても「家族優先」の生活を崩さず、幾度となくドラマ、映画への出演オファーがあったが、この23
年間一度として首を縦にふったことはなかった。「専業主婦ですから、仕事はその範囲で」それが彼女の
マイルールだった。それなのに――。10月中旬の夕方、東京・千代田区のホテルに後藤の姿があった。エ
レガントな装いではなく、地味なOL風のパンツスーツ姿。それでもゴージャスな雰囲気は隠しきれず、遠
目からでも一目でゴクミだとわかる。近くには何台ものカメラ。そして100人を超えるスタッフが集う。
彼女は映画の撮影をしていたのだ。23年前、ゴクミの“最後”の出演となったのは映画『男はつらいよ』
だった。《ワタクシ、生まれも育ちも東京葛飾柴又です。帝釈天で産湯を使い〜》「寅さん」こと車寅次
郎(故渥美清さん・享年68)の名せりふで知られる『男はつらいよ』シリーズは1969年にスタート。1996
年の渥美さんの逝去により48作で終了、翌年に特別編となる49作目が上映された。それから20年以上の月
日がたち、来年新作となる50作目が公開されるという。「来年は第1作が公開されてから50周年を迎えま
す。その記念すべきタイミングで50作目を公開したいという強い思いが制作陣にあった。寅さんの妹・さ
くら役の倍賞千恵子さん(77才)や、さくらの息子・満男役の吉岡秀隆さん(48才)ら、おなじみの面々
も出演。合成画面で寅さんが渋谷のスクランブル交差点に立つシーンもあるとか。そんななか、山田洋次
監督のたっての希望で、後藤さんに出演依頼を猛プッシュしました」(映画関係者)ゴクミが初めて『男
はつらいよ』に出演したのは1989年に公開された42作目のこと。後藤久美子 寅さんで23年ぶりに女優復
帰、山田監督が出演熱望後藤久美子(44才)が、23年ぶりに女優復帰することがわかった。出演するのは
、山田洋次監督(87才)がメガホンを取る来年公開の映画『男はつらいよ』の新作に決まった。自宅はス
イス・ジュネーブのシャトー。パリ、モナコ、ニューヨークにも邸宅を構える。1996年に渡仏したのは人
気絶頂さなかのことだった。F1のトップレーサーだった夫が現役を退いても「家族優先」の生活を崩さず
、幾度となくドラマ、映画への出演オファーがあったが、この23年間一度として首を縦にふったことはな
かった。「専業主婦ですから、仕事はその範囲で」それが彼女のマイルールだった。それなのに――。10
月中旬の夕方、東京・千代田区のホテルに後藤の姿があった。エレガントな装いではなく、地味なOL風の
パンツスーツ姿。それでもゴージャスな雰囲気は隠しきれず、遠目からでも一目でゴクミだとわかる。近
くには何台ものカメラ。そして100人を超えるスタッフが集う。後藤久美子 寅さんで23年ぶりに女優復
帰、山田監督が出演熱望後藤久美子(44才)が、23年ぶりに女優復帰することがわかった。出演するのは
、山田洋次監督(87才)がメガホンを取る来年公開の映画『男はつらいよ』の新作に決まった。自宅はス
イス・ジュネーブのシャトー。パリ、モナコ、ニューヨークにも

263NO MUSIC NO NAME2018/10/31(水) 15:12:43.79ID:Mlx7iI8x
後藤久美子 寅さんで23年ぶりに女優復帰、山田監督が出演熱望後藤久美子(44才)が、23年ぶりに女優
復帰することがわかった。出演するのは、山田洋次監督(87才)がメガホンを取る来年公開の映画『男は
つらいよ』の新作に決まった。自宅はスイス・ジュネーブのシャトー。パリ、モナコ、ニューヨークにも
邸宅を構える。1996年に渡仏したのは人気絶頂さなかのことだった。F1のトップレーサーだった夫が現役
を退いても「家族優先」の生活を崩さず、幾度となくドラマ、映画への出演オファーがあったが、この23
年間一度として首を縦にふったことはなかった。「専業主婦ですから、仕事はその範囲で」それが彼女の
マイルールだった。それなのに――。10月中旬の夕方、東京・千代田区のホテルに後藤の姿があった。エ
レガントな装いではなく、地味なOL風のパンツスーツ姿。それでもゴージャスな雰囲気は隠しきれず、遠
目からでも一目でゴクミだとわかる。近くには何台ものカメラ。そして100人を超えるスタッフが集う。
彼女は映画の撮影をしていたのだ。23年前、ゴクミの“最後”の出演となったのは映画『男はつらいよ』
だった。《ワタクシ、生まれも育ちも東京葛飾柴又です。帝釈天で産湯を使い〜》「寅さん」こと車寅次
郎(故渥美清さん・享年68)の名せりふで知られる『男はつらいよ』シリーズは1969年にスタート。1996
年の渥美さんの逝去により48作で終了、翌年に特別編となる49作目が上映された。それから20年以上の月
日がたち、来年新作となる50作目が公開されるという。「来年は第1作が公開されてから50周年を迎えま
す。その記念すべきタイミングで50作目を公開したいという強い思いが制作陣にあった。寅さんの妹・さ
くら役の倍賞千恵子さん(77才)や、さくらの息子・満男役の吉岡秀隆さん(48才)ら、おなじみの面々
も出演。合成画面で寅さんが渋谷のスクランブル交差点に立つシーンもあるとか。そんななか、山田洋次
監督のたっての希望で、後藤さんに出演依頼を猛プッシュしました」(映画関係者)ゴクミが初めて『男
はつらいよ』に出演したのは1989年に公開された42作目のこと。後藤久美子 寅さんで23年ぶりに女優復
帰、山田監督が出演熱望後藤久美子(44才)が、23年ぶりに女優復帰することがわかった。出演するのは
、山田洋次監督(87才)がメガホンを取る来年公開の映画『男はつらいよ』の新作に決まった。自宅はス
イス・ジュネーブのシャトー。パリ、モナコ、ニューヨークにも邸宅を構える。1996年に渡仏したのは人
気絶頂さなかのことだった。F1のトップレーサーだった夫が現役を退いても「家族優先」の生活を崩さず
、幾度となくドラマ、映画への出演オファーがあったが、この23年間一度として首を縦にふったことはな
かった。「専業主婦ですから、仕事はその範囲で」それが彼女のマイルールだった。それなのに――。10
月中旬の夕方、東京・千代田区のホテルに後藤の姿があった。エレガントな装いではなく、地味なOL風の
パンツスーツ姿。それでもゴージャスな雰囲気は隠しきれず、遠目からでも一目でゴクミだとわかる。近
くには何台ものカメラ。そして100人を超えるスタッフが集う。後藤久美子 寅さんで23年ぶりに女優復
帰、山田監督が出演熱望後藤久美子(44才)が、23年ぶりに女優復帰することがわかった。出演するのは
、山田洋次監督(87才)がメガホンを取る来年公開の映画『男はつらいよ』の新作に決まった。自宅はス
イス・ジュネーブのシャトー。パリ、モナコ、ニューヨークにも

264NO MUSIC NO NAME2018/10/31(水) 15:13:32.16ID:Mlx7iI8x
:[:[:/:/:/:/;.;.@;@;plpl,l,lkmmkkokoijjinjnjhbhbhuhuygygygygygygyg:/:/;.;.@;@;pllp,l,lmkmkkokojiijnjnjnjhbhbhbhbuvgyfctxdrzsewaq

265NO MUSIC NO NAME2018/10/31(水) 15:13:47.73ID:Mlx7iI8x
後藤久美子 寅さんで23年ぶりに女優復帰、山田監督が出演熱望後藤久美子(44才)が、23年ぶりに女優
復帰することがわかった。出演するのは、山田洋次監督(87才)がメガホンを取る来年公開の映画『男は
つらいよ』の新作に決まった。自宅はスイス・ジュネーブのシャトー。パリ、モナコ、ニューヨークにも
邸宅を構える。1996年に渡仏したのは人気絶頂さなかのことだった。F1のトップレーサーだった夫が現役
を退いても「家族優先」の生活を崩さず、幾度となくドラマ、映画への出演オファーがあったが、この23
年間一度として首を縦にふったことはなかった。「専業主婦ですから、仕事はその範囲で」それが彼女の
マイルールだった。それなのに――。10月中旬の夕方、東京・千代田区のホテルに後藤の姿があった。エ
レガントな装いではなく、地味なOL風のパンツスーツ姿。それでもゴージャスな雰囲気は隠しきれず、遠
目からでも一目でゴクミだとわかる。近くには何台ものカメラ。そして100人を超えるスタッフが集う。
彼女は映画の撮影をしていたのだ。23年前、ゴクミの“最後”の出演となったのは映画『男はつらいよ』
だった。《ワタクシ、生まれも育ちも東京葛飾柴又です。帝釈天で産湯を使い〜》「寅さん」こと車寅次
郎(故渥美清さん・享年68)の名せりふで知られる『男はつらいよ』シリーズは1969年にスタート。1996
年の渥美さんの逝去により48作で終了、翌年に特別編となる49作目が上映された。それから20年以上の月
日がたち、来年新作となる50作目が公開されるという。「来年は第1作が公開されてから50周年を迎えま
す。その記念すべきタイミングで50作目を公開したいという強い思いが制作陣にあった。寅さんの妹・さ
くら役の倍賞千恵子さん(77才)や、さくらの息子・満男役の吉岡秀隆さん(48才)ら、おなじみの面々
も出演。合成画面で寅さんが渋谷のスクランブル交差点に立つシーンもあるとか。そんななか、山田洋次
監督のたっての希望で、後藤さんに出演依頼を猛プッシュしました」(映画関係者)ゴクミが初めて『男
はつらいよ』に出演したのは1989年に公開された42作目のこと。後藤久美子 寅さんで23年ぶりに女優復
帰、山田監督が出演熱望後藤久美子(44才)が、23年ぶりに女優復帰することがわかった。出演するのは
、山田洋次監督(87才)がメガホンを取る来年公開の映画『男はつらいよ』の新作に決まった。自宅はス
イス・ジュネーブのシャトー。パリ、モナコ、ニューヨークにも邸宅を構える。1996年に渡仏したのは人
気絶頂さなかのことだった。F1のトップレーサーだった夫が現役を退いても「家族優先」の生活を崩さず
、幾度となくドラマ、映画への出演オファーがあったが、この23年間一度として首を縦にふったことはな
かった。「専業主婦ですから、仕事はその範囲で」それが彼女のマイルールだった。それなのに――。10
月中旬の夕方、東京・千代田区のホテルに後藤の姿があった。エレガントな装いではなく、地味なOL風の
パンツスーツ姿。それでもゴージャスな雰囲気は隠しきれず、遠目からでも一目でゴクミだとわかる。近
くには何台ものカメラ。そして100人を超えるスタッフが集う。後藤久美子 寅さんで23年ぶりに女優復
帰、山田監督が出演熱望後藤久美子(44才)が、23年ぶりに女優復帰することがわかった。出演するのは
、山田洋次監督(87才)がメガホンを取る来年公開の映画『男はつらいよ』の新作に決まった。自宅はス
イス・ジュネーブのシャトー。パリ、モナコ、ニューヨークにも

266NO MUSIC NO NAME2018/10/31(水) 15:14:03.53ID:Mlx7iI8x
後藤久美子 寅さんで23年ぶりに女優復帰、山田監督が出演熱望後藤久美子(44才)が、23年ぶりに女優
復帰することがわかった。出演するのは、山田洋次監督(87才)がメガホンを取る来年公開の映画『男は
つらいよ』の新作に決まった。自宅はスイス・ジュネーブのシャトー。パリ、モナコ、ニューヨークにも
邸宅を構える。1996年に渡仏したのは人気絶頂さなかのことだった。F1のトップレーサーだった夫が現役
を退いても「家族優先」の生活を崩さず、幾度となくドラマ、映画への出演オファーがあったが、この23
年間一度として首を縦にふったことはなかった。「専業主婦ですから、仕事はその範囲で」それが彼女の
マイルールだった。それなのに――。10月中旬の夕方、東京・千代田区のホテルに後藤の姿があった。エ
レガントな装いではなく、地味なOL風のパンツスーツ姿。それでもゴージャスな雰囲気は隠しきれず、遠
目からでも一目でゴクミだとわかる。近くには何台ものカメラ。そして100人を超えるスタッフが集う。
彼女は映画の撮影をしていたのだ。23年前、ゴクミの“最後”の出演となったのは映画『男はつらいよ』
だった。《ワタクシ、生まれも育ちも東京葛飾柴又です。帝釈天で産湯を使い〜》「寅さん」こと車寅次
郎(故渥美清さん・享年68)の名せりふで知られる『男はつらいよ』シリーズは1969年にスタート。1996
年の渥美さんの逝去により48作で終了、翌年に特別編となる49作目が上映された。それから20年以上の月
日がたち、来年新作となる50作目が公開されるという。「来年は第1作が公開されてから50周年を迎えま
す。その記念すべきタイミングで50作目を公開したいという強い思いが制作陣にあった。寅さんの妹・さ
くら役の倍賞千恵子さん(77才)や、さくらの息子・満男役の吉岡秀隆さん(48才)ら、おなじみの面々
も出演。合成画面で寅さんが渋谷のスクランブル交差点に立つシーンもあるとか。そんななか、山田洋次
監督のたっての希望で、後藤さんに出演依頼を猛プッシュしました」(映画関係者)ゴクミが初めて『男
はつらいよ』に出演したのは1989年に公開された42作目のこと。後藤久美子 寅さんで23年ぶりに女優復
帰、山田監督が出演熱望後藤久美子(44才)が、23年ぶりに女優復帰することがわかった。出演するのは
、山田洋次監督(87才)がメガホンを取る来年公開の映画『男はつらいよ』の新作に決まった。自宅はス
イス・ジュネーブのシャトー。パリ、モナコ、ニューヨークにも邸宅を構える。1996年に渡仏したのは人
気絶頂さなかのことだった。F1のトップレーサーだった夫が現役を退いても「家族優先」の生活を崩さず
、幾度となくドラマ、映画への出演オファーがあったが、この23年間一度として首を縦にふったことはな
かった。「専業主婦ですから、仕事はその範囲で」それが彼女のマイルールだった。それなのに――。10
月中旬の夕方、東京・千代田区のホテルに後藤の姿があった。エレガントな装いではなく、地味なOL風の
パンツスーツ姿。それでもゴージャスな雰囲気は隠しきれず、遠目からでも一目でゴクミだとわかる。近
くには何台ものカメラ。そして100人を超えるスタッフが集う。後藤久美子 寅さんで23年ぶりに女優復
帰、山田監督が出演熱望後藤久美子(44才)が、23年ぶりに女優復帰することがわかった。出演するのは
、山田洋次監督(87才)がメガホンを取る来年公開の映画『男はつらいよ』の新作に決まった。自宅はス
イス・ジュネーブのシャトー。パリ、モナコ、ニューヨークにも

267NO MUSIC NO NAME2018/10/31(水) 15:14:36.47ID:Mlx7iI8x
:[:[:[\]\]\]:/:/;.;.@;@;pllpkokokokokokokokomkmkkmnjnjjijijihuhuhyyygyg

268NO MUSIC NO NAME2018/10/31(水) 15:14:55.68ID:Mlx7iI8x
後藤久美子 寅さんで23年ぶりに女優復帰、山田監督が出演熱望後藤久美子(44才)が、23年ぶりに女優
復帰することがわかった。出演するのは、山田洋次監督(87才)がメガホンを取る来年公開の映画『男は
つらいよ』の新作に決まった。自宅はスイス・ジュネーブのシャトー。パリ、モナコ、ニューヨークにも
邸宅を構える。1996年に渡仏したのは人気絶頂さなかのことだった。F1のトップレーサーだった夫が現役
を退いても「家族優先」の生活を崩さず、幾度となくドラマ、映画への出演オファーがあったが、この23
年間一度として首を縦にふったことはなかった。「専業主婦ですから、仕事はその範囲で」それが彼女の
マイルールだった。それなのに――。10月中旬の夕方、東京・千代田区のホテルに後藤の姿があった。エ
レガントな装いではなく、地味なOL風のパンツスーツ姿。それでもゴージャスな雰囲気は隠しきれず、遠
目からでも一目でゴクミだとわかる。近くには何台ものカメラ。そして100人を超えるスタッフが集う。
彼女は映画の撮影をしていたのだ。23年前、ゴクミの“最後”の出演となったのは映画『男はつらいよ』
だった。《ワタクシ、生まれも育ちも東京葛飾柴又です。帝釈天で産湯を使い〜》「寅さん」こと車寅次
郎(故渥美清さん・享年68)の名せりふで知られる『男はつらいよ』シリーズは1969年にスタート。1996
年の渥美さんの逝去により48作で終了、翌年に特別編となる49作目が上映された。それから20年以上の月
日がたち、来年新作となる50作目が公開されるという。「来年は第1作が公開されてから50周年を迎えま
す。その記念すべきタイミングで50作目を公開したいという強い思いが制作陣にあった。寅さんの妹・さ
くら役の倍賞千恵子さん(77才)や、さくらの息子・満男役の吉岡秀隆さん(48才)ら、おなじみの面々
も出演。合成画面で寅さんが渋谷のスクランブル交差点に立つシーンもあるとか。そんななか、山田洋次
監督のたっての希望で、後藤さんに出演依頼を猛プッシュしました」(映画関係者)ゴクミが初めて『男
はつらいよ』に出演したのは1989年に公開された42作目のこと。後藤久美子 寅さんで23年ぶりに女優復
帰、山田監督が出演熱望後藤久美子(44才)が、23年ぶりに女優復帰することがわかった。出演するのは
、山田洋次監督(87才)がメガホンを取る来年公開の映画『男はつらいよ』の新作に決まった。自宅はス
イス・ジュネーブのシャトー。パリ、モナコ、ニューヨークにも邸宅を構える。1996年に渡仏したのは人
気絶頂さなかのことだった。F1のトップレーサーだった夫が現役を退いても「家族優先」の生活を崩さず
、幾度となくドラマ、映画への出演オファーがあったが、この23年間一度として首を縦にふったことはな
かった。「専業主婦ですから、仕事はその範囲で」それが彼女のマイルールだった。それなのに――。10
月中旬の夕方、東京・千代田区のホテルに後藤の姿があった。エレガントな装いではなく、地味なOL風の
パンツスーツ姿。それでもゴージャスな雰囲気は隠しきれず、遠目からでも一目でゴクミだとわかる。近
くには何台ものカメラ。そして100人を超えるスタッフが集う。後藤久美子 寅さんで23年ぶりに女優復
帰、山田監督が出演熱望後藤久美子(44才)が、23年ぶりに女優復帰することがわかった。出演するのは
、山田洋次監督(87才)がメガホンを取る来年公開の映画『男はつらいよ』の新作に決まった。自宅はス
イス・ジュネーブのシャトー。パリ、モナコ、ニューヨークにも

269NO MUSIC NO NAME2018/10/31(水) 15:15:27.11ID:Mlx7iI8x
:[:[@;@;;.;.;.,l,lplplkokomkmkjnnjjijiuhhuygygygtffttfrdrdsesewaawwawawawawa

270NO MUSIC NO NAME2018/10/31(水) 15:15:44.76ID:Mlx7iI8x
後藤久美子 寅さんで23年ぶりに女優復帰、山田監督が出演熱望後藤久美子(44才)が、23年ぶりに女優
復帰することがわかった。出演するのは、山田洋次監督(87才)がメガホンを取る来年公開の映画『男は
つらいよ』の新作に決まった。自宅はスイス・ジュネーブのシャトー。パリ、モナコ、ニューヨークにも
邸宅を構える。1996年に渡仏したのは人気絶頂さなかのことだった。F1のトップレーサーだった夫が現役
を退いても「家族優先」の生活を崩さず、幾度となくドラマ、映画への出演オファーがあったが、この23
年間一度として首を縦にふったことはなかった。「専業主婦ですから、仕事はその範囲で」それが彼女の
マイルールだった。それなのに――。10月中旬の夕方、東京・千代田区のホテルに後藤の姿があった。エ
レガントな装いではなく、地味なOL風のパンツスーツ姿。それでもゴージャスな雰囲気は隠しきれず、遠
目からでも一目でゴクミだとわかる。近くには何台ものカメラ。そして100人を超えるスタッフが集う。
彼女は映画の撮影をしていたのだ。23年前、ゴクミの“最後”の出演となったのは映画『男はつらいよ』
だった。《ワタクシ、生まれも育ちも東京葛飾柴又です。帝釈天で産湯を使い〜》「寅さん」こと車寅次
郎(故渥美清さん・享年68)の名せりふで知られる『男はつらいよ』シリーズは1969年にスタート。1996
年の渥美さんの逝去により48作で終了、翌年に特別編となる49作目が上映された。それから20年以上の月
日がたち、来年新作となる50作目が公開されるという。「来年は第1作が公開されてから50周年を迎えま
す。その記念すべきタイミングで50作目を公開したいという強い思いが制作陣にあった。寅さんの妹・さ
くら役の倍賞千恵子さん(77才)や、さくらの息子・満男役の吉岡秀隆さん(48才)ら、おなじみの面々
も出演。合成画面で寅さんが渋谷のスクランブル交差点に立つシーンもあるとか。そんななか、山田洋次
監督のたっての希望で、後藤さんに出演依頼を猛プッシュしました」(映画関係者)ゴクミが初めて『男
はつらいよ』に出演したのは1989年に公開された42作目のこと。後藤久美子 寅さんで23年ぶりに女優復
帰、山田監督が出演熱望後藤久美子(44才)が、23年ぶりに女優復帰することがわかった。出演するのは
、山田洋次監督(87才)がメガホンを取る来年公開の映画『男はつらいよ』の新作に決まった。自宅はス
イス・ジュネーブのシャトー。パリ、モナコ、ニューヨークにも邸宅を構える。1996年に渡仏したのは人
気絶頂さなかのことだった。F1のトップレーサーだった夫が現役を退いても「家族優先」の生活を崩さず
、幾度となくドラマ、映画への出演オファーがあったが、この23年間一度として首を縦にふったことはな
かった。「専業主婦ですから、仕事はその範囲で」それが彼女のマイルールだった。それなのに――。10
月中旬の夕方、東京・千代田区のホテルに後藤の姿があった。エレガントな装いではなく、地味なOL風の
パンツスーツ姿。それでもゴージャスな雰囲気は隠しきれず、遠目からでも一目でゴクミだとわかる。近
くには何台ものカメラ。そして100人を超えるスタッフが集う。後藤久美子 寅さんで23年ぶりに女優復
帰、山田監督が出演熱望後藤久美子(44才)が、23年ぶりに女優復帰することがわかった。出演するのは
、山田洋次監督(87才)がメガホンを取る来年公開の映画『男はつらいよ』の新作に決まった。自宅はス
イス・ジュネーブのシャトー。パリ、モナコ、ニューヨークにも

271NO MUSIC NO NAME2018/10/31(水) 15:16:01.14ID:Mlx7iI8x
後藤久美子 寅さんで23年ぶりに女優復帰、山田監督が出演熱望後藤久美子(44才)が、23年ぶりに女優
復帰することがわかった。出演するのは、山田洋次監督(87才)がメガホンを取る来年公開の映画『男は
つらいよ』の新作に決まった。自宅はスイス・ジュネーブのシャトー。パリ、モナコ、ニューヨークにも
邸宅を構える。1996年に渡仏したのは人気絶頂さなかのことだった。F1のトップレーサーだった夫が現役
を退いても「家族優先」の生活を崩さず、幾度となくドラマ、映画への出演オファーがあったが、この23
年間一度として首を縦にふったことはなかった。「専業主婦ですから、仕事はその範囲で」それが彼女の
マイルールだった。それなのに――。10月中旬の夕方、東京・千代田区のホテルに後藤の姿があった。エ
レガントな装いではなく、地味なOL風のパンツスーツ姿。それでもゴージャスな雰囲気は隠しきれず、遠
目からでも一目でゴクミだとわかる。近くには何台ものカメラ。そして100人を超えるスタッフが集う。
彼女は映画の撮影をしていたのだ。23年前、ゴクミの“最後”の出演となったのは映画『男はつらいよ』
だった。《ワタクシ、生まれも育ちも東京葛飾柴又です。帝釈天で産湯を使い〜》「寅さん」こと車寅次
郎(故渥美清さん・享年68)の名せりふで知られる『男はつらいよ』シリーズは1969年にスタート。1996
年の渥美さんの逝去により48作で終了、翌年に特別編となる49作目が上映された。それから20年以上の月
日がたち、来年新作となる50作目が公開されるという。「来年は第1作が公開されてから50周年を迎えま
す。その記念すべきタイミングで50作目を公開したいという強い思いが制作陣にあった。寅さんの妹・さ
くら役の倍賞千恵子さん(77才)や、さくらの息子・満男役の吉岡秀隆さん(48才)ら、おなじみの面々
も出演。合成画面で寅さんが渋谷のスクランブル交差点に立つシーンもあるとか。そんななか、山田洋次
監督のたっての希望で、後藤さんに出演依頼を猛プッシュしました」(映画関係者)ゴクミが初めて『男
はつらいよ』に出演したのは1989年に公開された42作目のこと。後藤久美子 寅さんで23年ぶりに女優復
帰、山田監督が出演熱望後藤久美子(44才)が、23年ぶりに女優復帰することがわかった。出演するのは
、山田洋次監督(87才)がメガホンを取る来年公開の映画『男はつらいよ』の新作に決まった。自宅はス
イス・ジュネーブのシャトー。パリ、モナコ、ニューヨークにも邸宅を構える。1996年に渡仏したのは人
気絶頂さなかのことだった。F1のトップレーサーだった夫が現役を退いても「家族優先」の生活を崩さず
、幾度となくドラマ、映画への出演オファーがあったが、この23年間一度として首を縦にふったことはな
かった。「専業主婦ですから、仕事はその範囲で」それが彼女のマイルールだった。それなのに――。10
月中旬の夕方、東京・千代田区のホテルに後藤の姿があった。エレガントな装いではなく、地味なOL風の
パンツスーツ姿。それでもゴージャスな雰囲気は隠しきれず、遠目からでも一目でゴクミだとわかる。近
くには何台ものカメラ。そして100人を超えるスタッフが集う。後藤久美子 寅さんで23年ぶりに女優復
帰、山田監督が出演熱望後藤久美子(44才)が、23年ぶりに女優復帰することがわかった。出演するのは
、山田洋次監督(87才)がメガホンを取る来年公開の映画『男はつらいよ』の新作に決まった。自宅はス
イス・ジュネーブのシャトー。パリ、モナコ、ニューヨークにも

272NO MUSIC NO NAME2018/10/31(水) 15:16:17.78ID:Mlx7iI8x
後藤久美子 寅さんで23年ぶりに女優復帰、山田監督が出演熱望後藤久美子(44才)が、23年ぶりに女優
復帰することがわかった。出演するのは、山田洋次監督(87才)がメガホンを取る来年公開の映画『男は
つらいよ』の新作に決まった。自宅はスイス・ジュネーブのシャトー。パリ、モナコ、ニューヨークにも
邸宅を構える。1996年に渡仏したのは人気絶頂さなかのことだった。F1のトップレーサーだった夫が現役
を退いても「家族優先」の生活を崩さず、幾度となくドラマ、映画への出演オファーがあったが、この23
年間一度として首を縦にふったことはなかった。「専業主婦ですから、仕事はその範囲で」それが彼女の
マイルールだった。それなのに――。10月中旬の夕方、東京・千代田区のホテルに後藤の姿があった。エ
レガントな装いではなく、地味なOL風のパンツスーツ姿。それでもゴージャスな雰囲気は隠しきれず、遠
目からでも一目でゴクミだとわかる。近くには何台ものカメラ。そして100人を超えるスタッフが集う。
彼女は映画の撮影をしていたのだ。23年前、ゴクミの“最後”の出演となったのは映画『男はつらいよ』
だった。《ワタクシ、生まれも育ちも東京葛飾柴又です。帝釈天で産湯を使い〜》「寅さん」こと車寅次
郎(故渥美清さん・享年68)の名せりふで知られる『男はつらいよ』シリーズは1969年にスタート。1996
年の渥美さんの逝去により48作で終了、翌年に特別編となる49作目が上映された。それから20年以上の月
日がたち、来年新作となる50作目が公開されるという。「来年は第1作が公開されてから50周年を迎えま
す。その記念すべきタイミングで50作目を公開したいという強い思いが制作陣にあった。寅さんの妹・さ
くら役の倍賞千恵子さん(77才)や、さくらの息子・満男役の吉岡秀隆さん(48才)ら、おなじみの面々
も出演。合成画面で寅さんが渋谷のスクランブル交差点に立つシーンもあるとか。そんななか、山田洋次
監督のたっての希望で、後藤さんに出演依頼を猛プッシュしました」(映画関係者)ゴクミが初めて『男
はつらいよ』に出演したのは1989年に公開された42作目のこと。後藤久美子 寅さんで23年ぶりに女優復
帰、山田監督が出演熱望後藤久美子(44才)が、23年ぶりに女優復帰することがわかった。出演するのは
、山田洋次監督(87才)がメガホンを取る来年公開の映画『男はつらいよ』の新作に決まった。自宅はス
イス・ジュネーブのシャトー。パリ、モナコ、ニューヨークにも邸宅を構える。1996年に渡仏したのは人
気絶頂さなかのことだった。F1のトップレーサーだった夫が現役を退いても「家族優先」の生活を崩さず
、幾度となくドラマ、映画への出演オファーがあったが、この23年間一度として首を縦にふったことはな
かった。「専業主婦ですから、仕事はその範囲で」それが彼女のマイルールだった。それなのに――。10
月中旬の夕方、東京・千代田区のホテルに後藤の姿があった。エレガントな装いではなく、地味なOL風の
パンツスーツ姿。それでもゴージャスな雰囲気は隠しきれず、遠目からでも一目でゴクミだとわかる。近
くには何台ものカメラ。そして100人を超えるスタッフが集う。後藤久美子 寅さんで23年ぶりに女優復
帰、山田監督が出演熱望後藤久美子(44才)が、23年ぶりに女優復帰することがわかった。出演するのは
、山田洋次監督(87才)がメガホンを取る来年公開の映画『男はつらいよ』の新作に決まった。自宅はス
イス・ジュネーブのシャトー。パリ、モナコ、ニューヨークにも

273NO MUSIC NO NAME2018/10/31(水) 15:16:50.67ID:Mlx7iI8x
:[[::[:/:/:/;.;.;.@;@;@;plplpl,l,lmkmkkokoko

274NO MUSIC NO NAME2018/10/31(水) 15:17:05.68ID:Mlx7iI8x
後藤久美子 寅さんで23年ぶりに女優復帰、山田監督が出演熱望後藤久美子(44才)が、23年ぶりに女優
復帰することがわかった。出演するのは、山田洋次監督(87才)がメガホンを取る来年公開の映画『男は
つらいよ』の新作に決まった。自宅はスイス・ジュネーブのシャトー。パリ、モナコ、ニューヨークにも
邸宅を構える。1996年に渡仏したのは人気絶頂さなかのことだった。F1のトップレーサーだった夫が現役
を退いても「家族優先」の生活を崩さず、幾度となくドラマ、映画への出演オファーがあったが、この23
年間一度として首を縦にふったことはなかった。「専業主婦ですから、仕事はその範囲で」それが彼女の
マイルールだった。それなのに――。10月中旬の夕方、東京・千代田区のホテルに後藤の姿があった。エ
レガントな装いではなく、地味なOL風のパンツスーツ姿。それでもゴージャスな雰囲気は隠しきれず、遠
目からでも一目でゴクミだとわかる。近くには何台ものカメラ。そして100人を超えるスタッフが集う。
彼女は映画の撮影をしていたのだ。23年前、ゴクミの“最後”の出演となったのは映画『男はつらいよ』
だった。《ワタクシ、生まれも育ちも東京葛飾柴又です。帝釈天で産湯を使い〜》「寅さん」こと車寅次
郎(故渥美清さん・享年68)の名せりふで知られる『男はつらいよ』シリーズは1969年にスタート。1996
年の渥美さんの逝去により48作で終了、翌年に特別編となる49作目が上映された。それから20年以上の月
日がたち、来年新作となる50作目が公開されるという。「来年は第1作が公開されてから50周年を迎えま
す。その記念すべきタイミングで50作目を公開したいという強い思いが制作陣にあった。寅さんの妹・さ
くら役の倍賞千恵子さん(77才)や、さくらの息子・満男役の吉岡秀隆さん(48才)ら、おなじみの面々
も出演。合成画面で寅さんが渋谷のスクランブル交差点に立つシーンもあるとか。そんななか、山田洋次
監督のたっての希望で、後藤さんに出演依頼を猛プッシュしました」(映画関係者)ゴクミが初めて『男
はつらいよ』に出演したのは1989年に公開された42作目のこと。後藤久美子 寅さんで23年ぶりに女優復
帰、山田監督が出演熱望後藤久美子(44才)が、23年ぶりに女優復帰することがわかった。出演するのは
、山田洋次監督(87才)がメガホンを取る来年公開の映画『男はつらいよ』の新作に決まった。自宅はス
イス・ジュネーブのシャトー。パリ、モナコ、ニューヨークにも邸宅を構える。1996年に渡仏したのは人
気絶頂さなかのことだった。F1のトップレーサーだった夫が現役を退いても「家族優先」の生活を崩さず
、幾度となくドラマ、映画への出演オファーがあったが、この23年間一度として首を縦にふったことはな
かった。「専業主婦ですから、仕事はその範囲で」それが彼女のマイルールだった。それなのに――。10
月中旬の夕方、東京・千代田区のホテルに後藤の姿があった。エレガントな装いではなく、地味なOL風の
パンツスーツ姿。それでもゴージャスな雰囲気は隠しきれず、遠目からでも一目でゴクミだとわかる。近
くには何台ものカメラ。そして100人を超えるスタッフが集う。後藤久美子 寅さんで23年ぶりに女優復
帰、山田監督が出演熱望後藤久美子(44才)が、23年ぶりに女優復帰することがわかった。出演するのは
、山田洋次監督(87才)がメガホンを取る来年公開の映画『男はつらいよ』の新作に決まった。自宅はス
イス・ジュネーブのシャトー。パリ、モナコ、ニューヨークにも

275NO MUSIC NO NAME2018/10/31(水) 15:17:20.77ID:Mlx7iI8x
後藤久美子 寅さんで23年ぶりに女優復帰、山田監督が出演熱望後藤久美子(44才)が、23年ぶりに女優
復帰することがわかった。出演するのは、山田洋次監督(87才)がメガホンを取る来年公開の映画『男は
つらいよ』の新作に決まった。自宅はスイス・ジュネーブのシャトー。パリ、モナコ、ニューヨークにも
邸宅を構える。1996年に渡仏したのは人気絶頂さなかのことだった。F1のトップレーサーだった夫が現役
を退いても「家族優先」の生活を崩さず、幾度となくドラマ、映画への出演オファーがあったが、この23
年間一度として首を縦にふったことはなかった。「専業主婦ですから、仕事はその範囲で」それが彼女の
マイルールだった。それなのに――。10月中旬の夕方、東京・千代田区のホテルに後藤の姿があった。エ
レガントな装いではなく、地味なOL風のパンツスーツ姿。それでもゴージャスな雰囲気は隠しきれず、遠
目からでも一目でゴクミだとわかる。近くには何台ものカメラ。そして100人を超えるスタッフが集う。
彼女は映画の撮影をしていたのだ。23年前、ゴクミの“最後”の出演となったのは映画『男はつらいよ』
だった。《ワタクシ、生まれも育ちも東京葛飾柴又です。帝釈天で産湯を使い〜》「寅さん」こと車寅次
郎(故渥美清さん・享年68)の名せりふで知られる『男はつらいよ』シリーズは1969年にスタート。1996
年の渥美さんの逝去により48作で終了、翌年に特別編となる49作目が上映された。それから20年以上の月
日がたち、来年新作となる50作目が公開されるという。「来年は第1作が公開されてから50周年を迎えま
す。その記念すべきタイミングで50作目を公開したいという強い思いが制作陣にあった。寅さんの妹・さ
くら役の倍賞千恵子さん(77才)や、さくらの息子・満男役の吉岡秀隆さん(48才)ら、おなじみの面々
も出演。合成画面で寅さんが渋谷のスクランブル交差点に立つシーンもあるとか。そんななか、山田洋次
監督のたっての希望で、後藤さんに出演依頼を猛プッシュしました」(映画関係者)ゴクミが初めて『男
はつらいよ』に出演したのは1989年に公開された42作目のこと。後藤久美子 寅さんで23年ぶりに女優復
帰、山田監督が出演熱望後藤久美子(44才)が、23年ぶりに女優復帰することがわかった。出演するのは
、山田洋次監督(87才)がメガホンを取る来年公開の映画『男はつらいよ』の新作に決まった。自宅はス
イス・ジュネーブのシャトー。パリ、モナコ、ニューヨークにも邸宅を構える。1996年に渡仏したのは人
気絶頂さなかのことだった。F1のトップレーサーだった夫が現役を退いても「家族優先」の生活を崩さず
、幾度となくドラマ、映画への出演オファーがあったが、この23年間一度として首を縦にふったことはな
かった。「専業主婦ですから、仕事はその範囲で」それが彼女のマイルールだった。それなのに――。10
月中旬の夕方、東京・千代田区のホテルに後藤の姿があった。エレガントな装いではなく、地味なOL風の
パンツスーツ姿。それでもゴージャスな雰囲気は隠しきれず、遠目からでも一目でゴクミだとわかる。近
くには何台ものカメラ。そして100人を超えるスタッフが集う。後藤久美子 寅さんで23年ぶりに女優復
帰、山田監督が出演熱望後藤久美子(44才)が、23年ぶりに女優復帰することがわかった。出演するのは
、山田洋次監督(87才)がメガホンを取る来年公開の映画『男はつらいよ』の新作に決まった。自宅はス
イス・ジュネーブのシャトー。パリ、モナコ、ニューヨークにも

276NO MUSIC NO NAME2018/10/31(水) 15:17:36.80ID:Mlx7iI8x
後藤久美子 寅さんで23年ぶりに女優復帰、山田監督が出演熱望後藤久美子(44才)が、23年ぶりに女優
復帰することがわかった。出演するのは、山田洋次監督(87才)がメガホンを取る来年公開の映画『男は
つらいよ』の新作に決まった。自宅はスイス・ジュネーブのシャトー。パリ、モナコ、ニューヨークにも
邸宅を構える。1996年に渡仏したのは人気絶頂さなかのことだった。F1のトップレーサーだった夫が現役
を退いても「家族優先」の生活を崩さず、幾度となくドラマ、映画への出演オファーがあったが、この23
年間一度として首を縦にふったことはなかった。「専業主婦ですから、仕事はその範囲で」それが彼女の
マイルールだった。それなのに――。10月中旬の夕方、東京・千代田区のホテルに後藤の姿があった。エ
レガントな装いではなく、地味なOL風のパンツスーツ姿。それでもゴージャスな雰囲気は隠しきれず、遠
目からでも一目でゴクミだとわかる。近くには何台ものカメラ。そして100人を超えるスタッフが集う。
彼女は映画の撮影をしていたのだ。23年前、ゴクミの“最後”の出演となったのは映画『男はつらいよ』
だった。《ワタクシ、生まれも育ちも東京葛飾柴又です。帝釈天で産湯を使い〜》「寅さん」こと車寅次
郎(故渥美清さん・享年68)の名せりふで知られる『男はつらいよ』シリーズは1969年にスタート。1996
年の渥美さんの逝去により48作で終了、翌年に特別編となる49作目が上映された。それから20年以上の月
日がたち、来年新作となる50作目が公開されるという。「来年は第1作が公開されてから50周年を迎えま
す。その記念すべきタイミングで50作目を公開したいという強い思いが制作陣にあった。寅さんの妹・さ
くら役の倍賞千恵子さん(77才)や、さくらの息子・満男役の吉岡秀隆さん(48才)ら、おなじみの面々
も出演。合成画面で寅さんが渋谷のスクランブル交差点に立つシーンもあるとか。そんななか、山田洋次
監督のたっての希望で、後藤さんに出演依頼を猛プッシュしました」(映画関係者)ゴクミが初めて『男
はつらいよ』に出演したのは1989年に公開された42作目のこと。後藤久美子 寅さんで23年ぶりに女優復
帰、山田監督が出演熱望後藤久美子(44才)が、23年ぶりに女優復帰することがわかった。出演するのは
、山田洋次監督(87才)がメガホンを取る来年公開の映画『男はつらいよ』の新作に決まった。自宅はス
イス・ジュネーブのシャトー。パリ、モナコ、ニューヨークにも邸宅を構える。1996年に渡仏したのは人
気絶頂さなかのことだった。F1のトップレーサーだった夫が現役を退いても「家族優先」の生活を崩さず
、幾度となくドラマ、映画への出演オファーがあったが、この23年間一度として首を縦にふったことはな
かった。「専業主婦ですから、仕事はその範囲で」それが彼女のマイルールだった。それなのに――。10
月中旬の夕方、東京・千代田区のホテルに後藤の姿があった。エレガントな装いではなく、地味なOL風の
パンツスーツ姿。それでもゴージャスな雰囲気は隠しきれず、遠目からでも一目でゴクミだとわかる。近
くには何台ものカメラ。そして100人を超えるスタッフが集う。後藤久美子 寅さんで23年ぶりに女優復
帰、山田監督が出演熱望後藤久美子(44才)が、23年ぶりに女優復帰することがわかった。出演するのは
、山田洋次監督(87才)がメガホンを取る来年公開の映画『男はつらいよ』の新作に決まった。自宅はス
イス・ジュネーブのシャトー。パリ、モナコ、ニューヨークにも

277NO MUSIC NO NAME2018/10/31(水) 15:18:10.66ID:Mlx7iI8x
:[[:@;@;-p-p-p0o0o0oi9i9i9u8u8u8y7y77y6t6t6t5r5r54e4ew3w32q2qq2

278NO MUSIC NO NAME2018/10/31(水) 15:18:26.77ID:Mlx7iI8x
後藤久美子 寅さんで23年ぶりに女優復帰、山田監督が出演熱望後藤久美子(44才)が、23年ぶりに女優
復帰することがわかった。出演するのは、山田洋次監督(87才)がメガホンを取る来年公開の映画『男は
つらいよ』の新作に決まった。自宅はスイス・ジュネーブのシャトー。パリ、モナコ、ニューヨークにも
邸宅を構える。1996年に渡仏したのは人気絶頂さなかのことだった。F1のトップレーサーだった夫が現役
を退いても「家族優先」の生活を崩さず、幾度となくドラマ、映画への出演オファーがあったが、この23
年間一度として首を縦にふったことはなかった。「専業主婦ですから、仕事はその範囲で」それが彼女の
マイルールだった。それなのに――。10月中旬の夕方、東京・千代田区のホテルに後藤の姿があった。エ
レガントな装いではなく、地味なOL風のパンツスーツ姿。それでもゴージャスな雰囲気は隠しきれず、遠
目からでも一目でゴクミだとわかる。近くには何台ものカメラ。そして100人を超えるスタッフが集う。
彼女は映画の撮影をしていたのだ。23年前、ゴクミの“最後”の出演となったのは映画『男はつらいよ』
だった。《ワタクシ、生まれも育ちも東京葛飾柴又です。帝釈天で産湯を使い〜》「寅さん」こと車寅次
郎(故渥美清さん・享年68)の名せりふで知られる『男はつらいよ』シリーズは1969年にスタート。1996
年の渥美さんの逝去により48作で終了、翌年に特別編となる49作目が上映された。それから20年以上の月
日がたち、来年新作となる50作目が公開されるという。「来年は第1作が公開されてから50周年を迎えま
す。その記念すべきタイミングで50作目を公開したいという強い思いが制作陣にあった。寅さんの妹・さ
くら役の倍賞千恵子さん(77才)や、さくらの息子・満男役の吉岡秀隆さん(48才)ら、おなじみの面々
も出演。合成画面で寅さんが渋谷のスクランブル交差点に立つシーンもあるとか。そんななか、山田洋次
監督のたっての希望で、後藤さんに出演依頼を猛プッシュしました」(映画関係者)ゴクミが初めて『男
はつらいよ』に出演したのは1989年に公開された42作目のこと。後藤久美子 寅さんで23年ぶりに女優復
帰、山田監督が出演熱望後藤久美子(44才)が、23年ぶりに女優復帰することがわかった。出演するのは
、山田洋次監督(87才)がメガホンを取る来年公開の映画『男はつらいよ』の新作に決まった。自宅はス
イス・ジュネーブのシャトー。パリ、モナコ、ニューヨークにも邸宅を構える。1996年に渡仏したのは人
気絶頂さなかのことだった。F1のトップレーサーだった夫が現役を退いても「家族優先」の生活を崩さず
、幾度となくドラマ、映画への出演オファーがあったが、この23年間一度として首を縦にふったことはな
かった。「専業主婦ですから、仕事はその範囲で」それが彼女のマイルールだった。それなのに――。10
月中旬の夕方、東京・千代田区のホテルに後藤の姿があった。エレガントな装いではなく、地味なOL風の
パンツスーツ姿。それでもゴージャスな雰囲気は隠しきれず、遠目からでも一目でゴクミだとわかる。近
くには何台ものカメラ。そして100人を超えるスタッフが集う。後藤久美子 寅さんで23年ぶりに女優復
帰、山田監督が出演熱望後藤久美子(44才)が、23年ぶりに女優復帰することがわかった。出演するのは
、山田洋次監督(87才)がメガホンを取る来年公開の映画『男はつらいよ』の新作に決まった。自宅はス
イス・ジュネーブのシャトー。パリ、モナコ、ニューヨークにも

279NO MUSIC NO NAME2018/10/31(水) 15:18:40.80ID:Mlx7iI8x
後藤久美子 寅さんで23年ぶりに女優復帰、山田監督が出演熱望後藤久美子(44才)が、23年ぶりに女優
復帰することがわかった。出演するのは、山田洋次監督(87才)がメガホンを取る来年公開の映画『男は
つらいよ』の新作に決まった。自宅はスイス・ジュネーブのシャトー。パリ、モナコ、ニューヨークにも
邸宅を構える。1996年に渡仏したのは人気絶頂さなかのことだった。F1のトップレーサーだった夫が現役
を退いても「家族優先」の生活を崩さず、幾度となくドラマ、映画への出演オファーがあったが、この23
年間一度として首を縦にふったことはなかった。「専業主婦ですから、仕事はその範囲で」それが彼女の
マイルールだった。それなのに――。10月中旬の夕方、東京・千代田区のホテルに後藤の姿があった。エ
レガントな装いではなく、地味なOL風のパンツスーツ姿。それでもゴージャスな雰囲気は隠しきれず、遠
目からでも一目でゴクミだとわかる。近くには何台ものカメラ。そして100人を超えるスタッフが集う。
彼女は映画の撮影をしていたのだ。23年前、ゴクミの“最後”の出演となったのは映画『男はつらいよ』
だった。《ワタクシ、生まれも育ちも東京葛飾柴又です。帝釈天で産湯を使い〜》「寅さん」こと車寅次
郎(故渥美清さん・享年68)の名せりふで知られる『男はつらいよ』シリーズは1969年にスタート。1996
年の渥美さんの逝去により48作で終了、翌年に特別編となる49作目が上映された。それから20年以上の月
日がたち、来年新作となる50作目が公開されるという。「来年は第1作が公開されてから50周年を迎えま
す。その記念すべきタイミングで50作目を公開したいという強い思いが制作陣にあった。寅さんの妹・さ
くら役の倍賞千恵子さん(77才)や、さくらの息子・満男役の吉岡秀隆さん(48才)ら、おなじみの面々
も出演。合成画面で寅さんが渋谷のスクランブル交差点に立つシーンもあるとか。そんななか、山田洋次
監督のたっての希望で、後藤さんに出演依頼を猛プッシュしました」(映画関係者)ゴクミが初めて『男
はつらいよ』に出演したのは1989年に公開された42作目のこと。後藤久美子 寅さんで23年ぶりに女優復
帰、山田監督が出演熱望後藤久美子(44才)が、23年ぶりに女優復帰することがわかった。出演するのは
、山田洋次監督(87才)がメガホンを取る来年公開の映画『男はつらいよ』の新作に決まった。自宅はス
イス・ジュネーブのシャトー。パリ、モナコ、ニューヨークにも邸宅を構える。1996年に渡仏したのは人
気絶頂さなかのことだった。F1のトップレーサーだった夫が現役を退いても「家族優先」の生活を崩さず
、幾度となくドラマ、映画への出演オファーがあったが、この23年間一度として首を縦にふったことはな
かった。「専業主婦ですから、仕事はその範囲で」それが彼女のマイルールだった。それなのに――。10
月中旬の夕方、東京・千代田区のホテルに後藤の姿があった。エレガントな装いではなく、地味なOL風の
パンツスーツ姿。それでもゴージャスな雰囲気は隠しきれず、遠目からでも一目でゴクミだとわかる。近
くには何台ものカメラ。そして100人を超えるスタッフが集う。後藤久美子 寅さんで23年ぶりに女優復
帰、山田監督が出演熱望後藤久美子(44才)が、23年ぶりに女優復帰することがわかった。出演するのは
、山田洋次監督(87才)がメガホンを取る来年公開の映画『男はつらいよ』の新作に決まった。自宅はス
イス・ジュネーブのシャトー。パリ、モナコ、ニューヨークにも

280NO MUSIC NO NAME2018/10/31(水) 15:19:12.77ID:Mlx7iI8x
:[[::[:/:/:/:/:/;.;.@;@;plpl,l,l,lmkmkkokojijinjnjhbhbvgvgfcfcfcfcxdxdzszs

281NO MUSIC NO NAME2018/10/31(水) 15:19:29.53ID:Mlx7iI8x
後藤久美子 寅さんで23年ぶりに女優復帰、山田監督が出演熱望後藤久美子(44才)が、23年ぶりに女優
復帰することがわかった。出演するのは、山田洋次監督(87才)がメガホンを取る来年公開の映画『男は
つらいよ』の新作に決まった。自宅はスイス・ジュネーブのシャトー。パリ、モナコ、ニューヨークにも
邸宅を構える。1996年に渡仏したのは人気絶頂さなかのことだった。F1のトップレーサーだった夫が現役
を退いても「家族優先」の生活を崩さず、幾度となくドラマ、映画への出演オファーがあったが、この23
年間一度として首を縦にふったことはなかった。「専業主婦ですから、仕事はその範囲で」それが彼女の
マイルールだった。それなのに――。10月中旬の夕方、東京・千代田区のホテルに後藤の姿があった。エ
レガントな装いではなく、地味なOL風のパンツスーツ姿。それでもゴージャスな雰囲気は隠しきれず、遠
目からでも一目でゴクミだとわかる。近くには何台ものカメラ。そして100人を超えるスタッフが集う。
彼女は映画の撮影をしていたのだ。23年前、ゴクミの“最後”の出演となったのは映画『男はつらいよ』
だった。《ワタクシ、生まれも育ちも東京葛飾柴又です。帝釈天で産湯を使い〜》「寅さん」こと車寅次
郎(故渥美清さん・享年68)の名せりふで知られる『男はつらいよ』シリーズは1969年にスタート。1996
年の渥美さんの逝去により48作で終了、翌年に特別編となる49作目が上映された。それから20年以上の月
日がたち、来年新作となる50作目が公開されるという。「来年は第1作が公開されてから50周年を迎えま
す。その記念すべきタイミングで50作目を公開したいという強い思いが制作陣にあった。寅さんの妹・さ
くら役の倍賞千恵子さん(77才)や、さくらの息子・満男役の吉岡秀隆さん(48才)ら、おなじみの面々
も出演。合成画面で寅さんが渋谷のスクランブル交差点に立つシーンもあるとか。そんななか、山田洋次
監督のたっての希望で、後藤さんに出演依頼を猛プッシュしました」(映画関係者)ゴクミが初めて『男
はつらいよ』に出演したのは1989年に公開された42作目のこと。後藤久美子 寅さんで23年ぶりに女優復
帰、山田監督が出演熱望後藤久美子(44才)が、23年ぶりに女優復帰することがわかった。出演するのは
、山田洋次監督(87才)がメガホンを取る来年公開の映画『男はつらいよ』の新作に決まった。自宅はス
イス・ジュネーブのシャトー。パリ、モナコ、ニューヨークにも邸宅を構える。1996年に渡仏したのは人
気絶頂さなかのことだった。F1のトップレーサーだった夫が現役を退いても「家族優先」の生活を崩さず
、幾度となくドラマ、映画への出演オファーがあったが、この23年間一度として首を縦にふったことはな
かった。「専業主婦ですから、仕事はその範囲で」それが彼女のマイルールだった。それなのに――。10
月中旬の夕方、東京・千代田区のホテルに後藤の姿があった。エレガントな装いではなく、地味なOL風の
パンツスーツ姿。それでもゴージャスな雰囲気は隠しきれず、遠目からでも一目でゴクミだとわかる。近
くには何台ものカメラ。そして100人を超えるスタッフが集う。後藤久美子 寅さんで23年ぶりに女優復
帰、山田監督が出演熱望後藤久美子(44才)が、23年ぶりに女優復帰することがわかった。出演するのは
、山田洋次監督(87才)がメガホンを取る来年公開の映画『男はつらいよ』の新作に決まった。自宅はス
イス・ジュネーブのシャトー。パリ、モナコ、ニューヨークにも

282NO MUSIC NO NAME2018/10/31(水) 15:20:00.56ID:Mlx7iI8x
:[:[:[[::/:/\]]\;.;.,l,lmkmknjnjhbhbvgvgfccxdzssese

283NO MUSIC NO NAME2018/10/31(水) 15:20:55.17ID:Mlx7iI8x
後藤久美子 寅さんで23年ぶりに女優復帰、山田監督が出演熱望後藤久美子(44才)が、23年ぶりに女優
復帰することがわかった。出演するのは、山田洋次監督(87才)がメガホンを取る来年公開の映画『男は
つらいよ』の新作に決まった。自宅はスイス・ジュネーブのシャトー。パリ、モナコ、ニューヨークにも
邸宅を構える。1996年に渡仏したのは人気絶頂さなかのことだった。F1のトップレーサーだった夫が現役
を退いても「家族優先」の生活を崩さず、幾度となくドラマ、映画への出演オファーがあったが、この23
年間一度として首を縦にふったことはなかった。「専業主婦ですから、仕事はその範囲で」それが彼女の
マイルールだった。それなのに――。10月中旬の夕方、東京・千代田区のホテルに後藤の姿があった。エ
レガントな装いではなく、地味なOL風のパンツスーツ姿。それでもゴージャスな雰囲気は隠しきれず、遠
目からでも一目でゴクミだとわかる。近くには何台ものカメラ。そして100人を超えるスタッフが集う。
彼女は映画の撮影をしていたのだ。23年前、ゴクミの“最後”の出演となったのは映画『男はつらいよ』
だった。《ワタクシ、生まれも育ちも東京葛飾柴又です。帝釈天で産湯を使い〜》「寅さん」こと車寅次
郎(故渥美清さん・享年68)の名せりふで知られる『男はつらいよ』シリーズは1969年にスタート。1996
年の渥美さんの逝去により48作で終了、翌年に特別編となる49作目が上映された。それから20年以上の月
日がたち、来年新作となる50作目が公開されるという。「来年は第1作が公開されてから50周年を迎えま
す。その記念すべきタイミングで50作目を公開したいという強い思いが制作陣にあった。寅さんの妹・さ
くら役の倍賞千恵子さん(77才)や、さくらの息子・満男役の吉岡秀隆さん(48才)ら、おなじみの面々
も出演。合成画面で寅さんが渋谷のスクランブル交差点に立つシーンもあるとか。そんななか、山田洋次
監督のたっての希望で、後藤さんに出演依頼を猛プッシュしました」(映画関係者)ゴクミが初めて『男
はつらいよ』に出演したのは1989年に公開された42作目のこと。後藤久美子 寅さんで23年ぶりに女優復
帰、山田監督が出演熱望後藤久美子(44才)が、23年ぶりに女優復帰することがわかった。出演するのは
、山田洋次監督(87才)がメガホンを取る来年公開の映画『男はつらいよ』の新作に決まった。自宅はス
イス・ジュネーブのシャトー。パリ、モナコ、ニューヨークにも邸宅を構える。1996年に渡仏したのは人
気絶頂さなかのことだった。F1のトップレーサーだった夫が現役を退いても「家族優先」の生活を崩さず
、幾度となくドラマ、映画への出演オファーがあったが、この23年間一度として首を縦にふったことはな
かった。「専業主婦ですから、仕事はその範囲で」それが彼女のマイルールだった。それなのに――。10
月中旬の夕方、東京・千代田区のホテルに後藤の姿があった。エレガントな装いではなく、地味なOL風の
パンツスーツ姿。それでもゴージャスな雰囲気は隠しきれず、遠目からでも一目でゴクミだとわかる。近
くには何台ものカメラ。そして100人を超えるスタッフが集う。後藤久美子 寅さんで23年ぶりに女優復
帰、山田監督が出演熱望後藤久美子(44才)が、23年ぶりに女優復帰することがわかった。出演するのは
、山田洋次監督(87才)がメガホンを取る来年公開の映画『男はつらいよ』の新作に決まった。自宅はス
イス・ジュネーブのシャトー。パリ、モナコ、ニューヨークにも

284NO MUSIC NO NAME2018/10/31(水) 15:21:15.51ID:Mlx7iI8x
後藤久美子 寅さんで23年ぶりに女優復帰、山田監督が出演熱望後藤久美子(44才)が、23年ぶりに女優
復帰することがわかった。出演するのは、山田洋次監督(87才)がメガホンを取る来年公開の映画『男は
つらいよ』の新作に決まった。自宅はスイス・ジュネーブのシャトー。パリ、モナコ、ニューヨークにも
邸宅を構える。1996年に渡仏したのは人気絶頂さなかのことだった。F1のトップレーサーだった夫が現役
を退いても「家族優先」の生活を崩さず、幾度となくドラマ、映画への出演オファーがあったが、この23
年間一度として首を縦にふったことはなかった。「専業主婦ですから、仕事はその範囲で」それが彼女の
マイルールだった。それなのに――。10月中旬の夕方、東京・千代田区のホテルに後藤の姿があった。エ
レガントな装いではなく、地味なOL風のパンツスーツ姿。それでもゴージャスな雰囲気は隠しきれず、遠
目からでも一目でゴクミだとわかる。近くには何台ものカメラ。そして100人を超えるスタッフが集う。
彼女は映画の撮影をしていたのだ。23年前、ゴクミの“最後”の出演となったのは映画『男はつらいよ』
だった。《ワタクシ、生まれも育ちも東京葛飾柴又です。帝釈天で産湯を使い〜》「寅さん」こと車寅次
郎(故渥美清さん・享年68)の名せりふで知られる『男はつらいよ』シリーズは1969年にスタート。1996
年の渥美さんの逝去により48作で終了、翌年に特別編となる49作目が上映された。それから20年以上の月
日がたち、来年新作となる50作目が公開されるという。「来年は第1作が公開されてから50周年を迎えま
す。その記念すべきタイミングで50作目を公開したいという強い思いが制作陣にあった。寅さんの妹・さ
くら役の倍賞千恵子さん(77才)や、さくらの息子・満男役の吉岡秀隆さん(48才)ら、おなじみの面々
も出演。合成画面で寅さんが渋谷のスクランブル交差点に立つシーンもあるとか。そんななか、山田洋次
監督のたっての希望で、後藤さんに出演依頼を猛プッシュしました」(映画関係者)ゴクミが初めて『男
はつらいよ』に出演したのは1989年に公開された42作目のこと。後藤久美子 寅さんで23年ぶりに女優復
帰、山田監督が出演熱望後藤久美子(44才)が、23年ぶりに女優復帰することがわかった。出演するのは
、山田洋次監督(87才)がメガホンを取る来年公開の映画『男はつらいよ』の新作に決まった。自宅はス
イス・ジュネーブのシャトー。パリ、モナコ、ニューヨークにも邸宅を構える。1996年に渡仏したのは人
気絶頂さなかのことだった。F1のトップレーサーだった夫が現役を退いても「家族優先」の生活を崩さず
、幾度となくドラマ、映画への出演オファーがあったが、この23年間一度として首を縦にふったことはな
かった。「専業主婦ですから、仕事はその範囲で」それが彼女のマイルールだった。それなのに――。10
月中旬の夕方、東京・千代田区のホテルに後藤の姿があった。エレガントな装いではなく、地味なOL風の
パンツスーツ姿。それでもゴージャスな雰囲気は隠しきれず、遠目からでも一目でゴクミだとわかる。近
くには何台ものカメラ。そして100人を超えるスタッフが集う。後藤久美子 寅さんで23年ぶりに女優復
帰、山田監督が出演熱望後藤久美子(44才)が、23年ぶりに女優復帰することがわかった。出演するのは
、山田洋次監督(87才)がメガホンを取る来年公開の映画『男はつらいよ』の新作に決まった。自宅はス
イス・ジュネーブのシャトー。パリ、モナコ、ニューヨークにも

285NO MUSIC NO NAME2018/10/31(水) 15:21:31.73ID:Mlx7iI8x
後藤久美子 寅さんで23年ぶりに女優復帰、山田監督が出演熱望後藤久美子(44才)が、23年ぶりに女優
復帰することがわかった。出演するのは、山田洋次監督(87才)がメガホンを取る来年公開の映画『男は
つらいよ』の新作に決まった。自宅はスイス・ジュネーブのシャトー。パリ、モナコ、ニューヨークにも
邸宅を構える。1996年に渡仏したのは人気絶頂さなかのことだった。F1のトップレーサーだった夫が現役
を退いても「家族優先」の生活を崩さず、幾度となくドラマ、映画への出演オファーがあったが、この23
年間一度として首を縦にふったことはなかった。「専業主婦ですから、仕事はその範囲で」それが彼女の
マイルールだった。それなのに――。10月中旬の夕方、東京・千代田区のホテルに後藤の姿があった。エ
レガントな装いではなく、地味なOL風のパンツスーツ姿。それでもゴージャスな雰囲気は隠しきれず、遠
目からでも一目でゴクミだとわかる。近くには何台ものカメラ。そして100人を超えるスタッフが集う。
彼女は映画の撮影をしていたのだ。23年前、ゴクミの“最後”の出演となったのは映画『男はつらいよ』
だった。《ワタクシ、生まれも育ちも東京葛飾柴又です。帝釈天で産湯を使い〜》「寅さん」こと車寅次
郎(故渥美清さん・享年68)の名せりふで知られる『男はつらいよ』シリーズは1969年にスタート。1996
年の渥美さんの逝去により48作で終了、翌年に特別編となる49作目が上映された。それから20年以上の月
日がたち、来年新作となる50作目が公開されるという。「来年は第1作が公開されてから50周年を迎えま
す。その記念すべきタイミングで50作目を公開したいという強い思いが制作陣にあった。寅さんの妹・さ
くら役の倍賞千恵子さん(77才)や、さくらの息子・満男役の吉岡秀隆さん(48才)ら、おなじみの面々
も出演。合成画面で寅さんが渋谷のスクランブル交差点に立つシーンもあるとか。そんななか、山田洋次
監督のたっての希望で、後藤さんに出演依頼を猛プッシュしました」(映画関係者)ゴクミが初めて『男
はつらいよ』に出演したのは1989年に公開された42作目のこと。後藤久美子 寅さんで23年ぶりに女優復
帰、山田監督が出演熱望後藤久美子(44才)が、23年ぶりに女優復帰することがわかった。出演するのは
、山田洋次監督(87才)がメガホンを取る来年公開の映画『男はつらいよ』の新作に決まった。自宅はス
イス・ジュネーブのシャトー。パリ、モナコ、ニューヨークにも邸宅を構える。1996年に渡仏したのは人
気絶頂さなかのことだった。F1のトップレーサーだった夫が現役を退いても「家族優先」の生活を崩さず
、幾度となくドラマ、映画への出演オファーがあったが、この23年間一度として首を縦にふったことはな
かった。「専業主婦ですから、仕事はその範囲で」それが彼女のマイルールだった。それなのに――。10
月中旬の夕方、東京・千代田区のホテルに後藤の姿があった。エレガントな装いではなく、地味なOL風の
パンツスーツ姿。それでもゴージャスな雰囲気は隠しきれず、遠目からでも一目でゴクミだとわかる。近
くには何台ものカメラ。そして100人を超えるスタッフが集う。後藤久美子 寅さんで23年ぶりに女優復
帰、山田監督が出演熱望後藤久美子(44才)が、23年ぶりに女優復帰することがわかった。出演するのは
、山田洋次監督(87才)がメガホンを取る来年公開の映画『男はつらいよ』の新作に決まった。自宅はス
イス・ジュネーブのシャトー。パリ、モナコ、ニューヨークにも

286NO MUSIC NO NAME2018/10/31(水) 15:21:47.74ID:Mlx7iI8x
後藤久美子 寅さんで23年ぶりに女優復帰、山田監督が出演熱望後藤久美子(44才)が、23年ぶりに女優
復帰することがわかった。出演するのは、山田洋次監督(87才)がメガホンを取る来年公開の映画『男は
つらいよ』の新作に決まった。自宅はスイス・ジュネーブのシャトー。パリ、モナコ、ニューヨークにも
邸宅を構える。1996年に渡仏したのは人気絶頂さなかのことだった。F1のトップレーサーだった夫が現役
を退いても「家族優先」の生活を崩さず、幾度となくドラマ、映画への出演オファーがあったが、この23
年間一度として首を縦にふったことはなかった。「専業主婦ですから、仕事はその範囲で」それが彼女の
マイルールだった。それなのに――。10月中旬の夕方、東京・千代田区のホテルに後藤の姿があった。エ
レガントな装いではなく、地味なOL風のパンツスーツ姿。それでもゴージャスな雰囲気は隠しきれず、遠
目からでも一目でゴクミだとわかる。近くには何台ものカメラ。そして100人を超えるスタッフが集う。
彼女は映画の撮影をしていたのだ。23年前、ゴクミの“最後”の出演となったのは映画『男はつらいよ』
だった。《ワタクシ、生まれも育ちも東京葛飾柴又です。帝釈天で産湯を使い〜》「寅さん」こと車寅次
郎(故渥美清さん・享年68)の名せりふで知られる『男はつらいよ』シリーズは1969年にスタート。1996
年の渥美さんの逝去により48作で終了、翌年に特別編となる49作目が上映された。それから20年以上の月
日がたち、来年新作となる50作目が公開されるという。「来年は第1作が公開されてから50周年を迎えま
す。その記念すべきタイミングで50作目を公開したいという強い思いが制作陣にあった。寅さんの妹・さ
くら役の倍賞千恵子さん(77才)や、さくらの息子・満男役の吉岡秀隆さん(48才)ら、おなじみの面々
も出演。合成画面で寅さんが渋谷のスクランブル交差点に立つシーンもあるとか。そんななか、山田洋次
監督のたっての希望で、後藤さんに出演依頼を猛プッシュしました」(映画関係者)ゴクミが初めて『男
はつらいよ』に出演したのは1989年に公開された42作目のこと。後藤久美子 寅さんで23年ぶりに女優復
帰、山田監督が出演熱望後藤久美子(44才)が、23年ぶりに女優復帰することがわかった。出演するのは
、山田洋次監督(87才)がメガホンを取る来年公開の映画『男はつらいよ』の新作に決まった。自宅はス
イス・ジュネーブのシャトー。パリ、モナコ、ニューヨークにも邸宅を構える。1996年に渡仏したのは人
気絶頂さなかのことだった。F1のトップレーサーだった夫が現役を退いても「家族優先」の生活を崩さず
、幾度となくドラマ、映画への出演オファーがあったが、この23年間一度として首を縦にふったことはな
かった。「専業主婦ですから、仕事はその範囲で」それが彼女のマイルールだった。それなのに――。10
月中旬の夕方、東京・千代田区のホテルに後藤の姿があった。エレガントな装いではなく、地味なOL風の
パンツスーツ姿。それでもゴージャスな雰囲気は隠しきれず、遠目からでも一目でゴクミだとわかる。近
くには何台ものカメラ。そして100人を超えるスタッフが集う。後藤久美子 寅さんで23年ぶりに女優復
帰、山田監督が出演熱望後藤久美子(44才)が、23年ぶりに女優復帰することがわかった。出演するのは
、山田洋次監督(87才)がメガホンを取る来年公開の映画『男はつらいよ』の新作に決まった。自宅はス
イス・ジュネーブのシャトー。パリ、モナコ、ニューヨークにも

287NO MUSIC NO NAME2018/10/31(水) 15:22:04.47ID:Mlx7iI8x
後藤久美子 寅さんで23年ぶりに女優復帰、山田監督が出演熱望後藤久美子(44才)が、23年ぶりに女優
復帰することがわかった。出演するのは、山田洋次監督(87才)がメガホンを取る来年公開の映画『男は
つらいよ』の新作に決まった。自宅はスイス・ジュネーブのシャトー。パリ、モナコ、ニューヨークにも
邸宅を構える。1996年に渡仏したのは人気絶頂さなかのことだった。F1のトップレーサーだった夫が現役
を退いても「家族優先」の生活を崩さず、幾度となくドラマ、映画への出演オファーがあったが、この23
年間一度として首を縦にふったことはなかった。「専業主婦ですから、仕事はその範囲で」それが彼女の
マイルールだった。それなのに――。10月中旬の夕方、東京・千代田区のホテルに後藤の姿があった。エ
レガントな装いではなく、地味なOL風のパンツスーツ姿。それでもゴージャスな雰囲気は隠しきれず、遠
目からでも一目でゴクミだとわかる。近くには何台ものカメラ。そして100人を超えるスタッフが集う。
彼女は映画の撮影をしていたのだ。23年前、ゴクミの“最後”の出演となったのは映画『男はつらいよ』
だった。《ワタクシ、生まれも育ちも東京葛飾柴又です。帝釈天で産湯を使い〜》「寅さん」こと車寅次
郎(故渥美清さん・享年68)の名せりふで知られる『男はつらいよ』シリーズは1969年にスタート。1996
年の渥美さんの逝去により48作で終了、翌年に特別編となる49作目が上映された。それから20年以上の月
日がたち、来年新作となる50作目が公開されるという。「来年は第1作が公開されてから50周年を迎えま
す。その記念すべきタイミングで50作目を公開したいという強い思いが制作陣にあった。寅さんの妹・さ
くら役の倍賞千恵子さん(77才)や、さくらの息子・満男役の吉岡秀隆さん(48才)ら、おなじみの面々
も出演。合成画面で寅さんが渋谷のスクランブル交差点に立つシーンもあるとか。そんななか、山田洋次
監督のたっての希望で、後藤さんに出演依頼を猛プッシュしました」(映画関係者)ゴクミが初めて『男
はつらいよ』に出演したのは1989年に公開された42作目のこと。後藤久美子 寅さんで23年ぶりに女優復
帰、山田監督が出演熱望後藤久美子(44才)が、23年ぶりに女優復帰することがわかった。出演するのは
、山田洋次監督(87才)がメガホンを取る来年公開の映画『男はつらいよ』の新作に決まった。自宅はス
イス・ジュネーブのシャトー。パリ、モナコ、ニューヨークにも邸宅を構える。1996年に渡仏したのは人
気絶頂さなかのことだった。F1のトップレーサーだった夫が現役を退いても「家族優先」の生活を崩さず
、幾度となくドラマ、映画への出演オファーがあったが、この23年間一度として首を縦にふったことはな
かった。「専業主婦ですから、仕事はその範囲で」それが彼女のマイルールだった。それなのに――。10
月中旬の夕方、東京・千代田区のホテルに後藤の姿があった。エレガントな装いではなく、地味なOL風の
パンツスーツ姿。それでもゴージャスな雰囲気は隠しきれず、遠目からでも一目でゴクミだとわかる。近
くには何台ものカメラ。そして100人を超えるスタッフが集う。後藤久美子 寅さんで23年ぶりに女優復
帰、山田監督が出演熱望後藤久美子(44才)が、23年ぶりに女優復帰することがわかった。出演するのは
、山田洋次監督(87才)がメガホンを取る来年公開の映画『男はつらいよ』の新作に決まった。自宅はス
イス・ジュネーブのシャトー。パリ、モナコ、ニューヨークにも

288NO MUSIC NO NAME2018/10/31(水) 15:22:39.55ID:Mlx7iI8x
@;@;@;;.;.;.,l,lplplkokomkmknjnjjijiuhhuhuhbhbhbvgvgygygtftffcfcxdxdrdrdseessewawaq

289NO MUSIC NO NAME2018/10/31(水) 15:22:55.89ID:Mlx7iI8x
後藤久美子 寅さんで23年ぶりに女優復帰、山田監督が出演熱望後藤久美子(44才)が、23年ぶりに女優
復帰することがわかった。出演するのは、山田洋次監督(87才)がメガホンを取る来年公開の映画『男は
つらいよ』の新作に決まった。自宅はスイス・ジュネーブのシャトー。パリ、モナコ、ニューヨークにも
邸宅を構える。1996年に渡仏したのは人気絶頂さなかのことだった。F1のトップレーサーだった夫が現役
を退いても「家族優先」の生活を崩さず、幾度となくドラマ、映画への出演オファーがあったが、この23
年間一度として首を縦にふったことはなかった。「専業主婦ですから、仕事はその範囲で」それが彼女の
マイルールだった。それなのに――。10月中旬の夕方、東京・千代田区のホテルに後藤の姿があった。エ
レガントな装いではなく、地味なOL風のパンツスーツ姿。それでもゴージャスな雰囲気は隠しきれず、遠
目からでも一目でゴクミだとわかる。近くには何台ものカメラ。そして100人を超えるスタッフが集う。
彼女は映画の撮影をしていたのだ。23年前、ゴクミの“最後”の出演となったのは映画『男はつらいよ』
だった。《ワタクシ、生まれも育ちも東京葛飾柴又です。帝釈天で産湯を使い〜》「寅さん」こと車寅次
郎(故渥美清さん・享年68)の名せりふで知られる『男はつらいよ』シリーズは1969年にスタート。1996
年の渥美さんの逝去により48作で終了、翌年に特別編となる49作目が上映された。それから20年以上の月
日がたち、来年新作となる50作目が公開されるという。「来年は第1作が公開されてから50周年を迎えま
す。その記念すべきタイミングで50作目を公開したいという強い思いが制作陣にあった。寅さんの妹・さ
くら役の倍賞千恵子さん(77才)や、さくらの息子・満男役の吉岡秀隆さん(48才)ら、おなじみの面々
も出演。合成画面で寅さんが渋谷のスクランブル交差点に立つシーンもあるとか。そんななか、山田洋次
監督のたっての希望で、後藤さんに出演依頼を猛プッシュしました」(映画関係者)ゴクミが初めて『男
はつらいよ』に出演したのは1989年に公開された42作目のこと。後藤久美子 寅さんで23年ぶりに女優復
帰、山田監督が出演熱望後藤久美子(44才)が、23年ぶりに女優復帰することがわかった。出演するのは
、山田洋次監督(87才)がメガホンを取る来年公開の映画『男はつらいよ』の新作に決まった。自宅はス
イス・ジュネーブのシャトー。パリ、モナコ、ニューヨークにも邸宅を構える。1996年に渡仏したのは人
気絶頂さなかのことだった。F1のトップレーサーだった夫が現役を退いても「家族優先」の生活を崩さず
、幾度となくドラマ、映画への出演オファーがあったが、この23年間一度として首を縦にふったことはな
かった。「専業主婦ですから、仕事はその範囲で」それが彼女のマイルールだった。それなのに――。10
月中旬の夕方、東京・千代田区のホテルに後藤の姿があった。エレガントな装いではなく、地味なOL風の
パンツスーツ姿。それでもゴージャスな雰囲気は隠しきれず、遠目からでも一目でゴクミだとわかる。近
くには何台ものカメラ。そして100人を超えるスタッフが集う。後藤久美子 寅さんで23年ぶりに女優復
帰、山田監督が出演熱望後藤久美子(44才)が、23年ぶりに女優復帰することがわかった。出演するのは
、山田洋次監督(87才)がメガホンを取る来年公開の映画『男はつらいよ』の新作に決まった。自宅はス
イス・ジュネーブのシャトー。パリ、モナコ、ニューヨークにも

290NO MUSIC NO NAME2018/10/31(水) 15:23:11.78ID:Mlx7iI8x
後藤久美子 寅さんで23年ぶりに女優復帰、山田監督が出演熱望後藤久美子(44才)が、23年ぶりに女優
復帰することがわかった。出演するのは、山田洋次監督(87才)がメガホンを取る来年公開の映画『男は
つらいよ』の新作に決まった。自宅はスイス・ジュネーブのシャトー。パリ、モナコ、ニューヨークにも
邸宅を構える。1996年に渡仏したのは人気絶頂さなかのことだった。F1のトップレーサーだった夫が現役
を退いても「家族優先」の生活を崩さず、幾度となくドラマ、映画への出演オファーがあったが、この23
年間一度として首を縦にふったことはなかった。「専業主婦ですから、仕事はその範囲で」それが彼女の
マイルールだった。それなのに――。10月中旬の夕方、東京・千代田区のホテルに後藤の姿があった。エ
レガントな装いではなく、地味なOL風のパンツスーツ姿。それでもゴージャスな雰囲気は隠しきれず、遠
目からでも一目でゴクミだとわかる。近くには何台ものカメラ。そして100人を超えるスタッフが集う。
彼女は映画の撮影をしていたのだ。23年前、ゴクミの“最後”の出演となったのは映画『男はつらいよ』
だった。《ワタクシ、生まれも育ちも東京葛飾柴又です。帝釈天で産湯を使い〜》「寅さん」こと車寅次
郎(故渥美清さん・享年68)の名せりふで知られる『男はつらいよ』シリーズは1969年にスタート。1996
年の渥美さんの逝去により48作で終了、翌年に特別編となる49作目が上映された。それから20年以上の月
日がたち、来年新作となる50作目が公開されるという。「来年は第1作が公開されてから50周年を迎えま
す。その記念すべきタイミングで50作目を公開したいという強い思いが制作陣にあった。寅さんの妹・さ
くら役の倍賞千恵子さん(77才)や、さくらの息子・満男役の吉岡秀隆さん(48才)ら、おなじみの面々
も出演。合成画面で寅さんが渋谷のスクランブル交差点に立つシーンもあるとか。そんななか、山田洋次
監督のたっての希望で、後藤さんに出演依頼を猛プッシュしました」(映画関係者)ゴクミが初めて『男
はつらいよ』に出演したのは1989年に公開された42作目のこと。後藤久美子 寅さんで23年ぶりに女優復
帰、山田監督が出演熱望後藤久美子(44才)が、23年ぶりに女優復帰することがわかった。出演するのは
、山田洋次監督(87才)がメガホンを取る来年公開の映画『男はつらいよ』の新作に決まった。自宅はス
イス・ジュネーブのシャトー。パリ、モナコ、ニューヨークにも邸宅を構える。1996年に渡仏したのは人
気絶頂さなかのことだった。F1のトップレーサーだった夫が現役を退いても「家族優先」の生活を崩さず
、幾度となくドラマ、映画への出演オファーがあったが、この23年間一度として首を縦にふったことはな
かった。「専業主婦ですから、仕事はその範囲で」それが彼女のマイルールだった。それなのに――。10
月中旬の夕方、東京・千代田区のホテルに後藤の姿があった。エレガントな装いではなく、地味なOL風の
パンツスーツ姿。それでもゴージャスな雰囲気は隠しきれず、遠目からでも一目でゴクミだとわかる。近
くには何台ものカメラ。そして100人を超えるスタッフが集う。後藤久美子 寅さんで23年ぶりに女優復
帰、山田監督が出演熱望後藤久美子(44才)が、23年ぶりに女優復帰することがわかった。出演するのは
、山田洋次監督(87才)がメガホンを取る来年公開の映画『男はつらいよ』の新作に決まった。自宅はス
イス・ジュネーブのシャトー。パリ、モナコ、ニューヨークにも

291NO MUSIC NO NAME2018/10/31(水) 15:23:44.66ID:Mlx7iI8x
@;@;@;:/:/:[:[:[[\\[^@^@-p-p0o0o9i9iu88u7yy6t5r4ew32q1

292NO MUSIC NO NAME2018/10/31(水) 15:24:00.25ID:Mlx7iI8x
後藤久美子 寅さんで23年ぶりに女優復帰、山田監督が出演熱望後藤久美子(44才)が、23年ぶりに女優
復帰することがわかった。出演するのは、山田洋次監督(87才)がメガホンを取る来年公開の映画『男は
つらいよ』の新作に決まった。自宅はスイス・ジュネーブのシャトー。パリ、モナコ、ニューヨークにも
邸宅を構える。1996年に渡仏したのは人気絶頂さなかのことだった。F1のトップレーサーだった夫が現役
を退いても「家族優先」の生活を崩さず、幾度となくドラマ、映画への出演オファーがあったが、この23
年間一度として首を縦にふったことはなかった。「専業主婦ですから、仕事はその範囲で」それが彼女の
マイルールだった。それなのに――。10月中旬の夕方、東京・千代田区のホテルに後藤の姿があった。エ
レガントな装いではなく、地味なOL風のパンツスーツ姿。それでもゴージャスな雰囲気は隠しきれず、遠
目からでも一目でゴクミだとわかる。近くには何台ものカメラ。そして100人を超えるスタッフが集う。
彼女は映画の撮影をしていたのだ。23年前、ゴクミの“最後”の出演となったのは映画『男はつらいよ』
だった。《ワタクシ、生まれも育ちも東京葛飾柴又です。帝釈天で産湯を使い〜》「寅さん」こと車寅次
郎(故渥美清さん・享年68)の名せりふで知られる『男はつらいよ』シリーズは1969年にスタート。1996
年の渥美さんの逝去により48作で終了、翌年に特別編となる49作目が上映された。それから20年以上の月
日がたち、来年新作となる50作目が公開されるという。「来年は第1作が公開されてから50周年を迎えま
す。その記念すべきタイミングで50作目を公開したいという強い思いが制作陣にあった。寅さんの妹・さ
くら役の倍賞千恵子さん(77才)や、さくらの息子・満男役の吉岡秀隆さん(48才)ら、おなじみの面々
も出演。合成画面で寅さんが渋谷のスクランブル交差点に立つシーンもあるとか。そんななか、山田洋次
監督のたっての希望で、後藤さんに出演依頼を猛プッシュしました」(映画関係者)ゴクミが初めて『男
はつらいよ』に出演したのは1989年に公開された42作目のこと。後藤久美子 寅さんで23年ぶりに女優復
帰、山田監督が出演熱望後藤久美子(44才)が、23年ぶりに女優復帰することがわかった。出演するのは
、山田洋次監督(87才)がメガホンを取る来年公開の映画『男はつらいよ』の新作に決まった。自宅はス
イス・ジュネーブのシャトー。パリ、モナコ、ニューヨークにも邸宅を構える。1996年に渡仏したのは人
気絶頂さなかのことだった。F1のトップレーサーだった夫が現役を退いても「家族優先」の生活を崩さず
、幾度となくドラマ、映画への出演オファーがあったが、この23年間一度として首を縦にふったことはな
かった。「専業主婦ですから、仕事はその範囲で」それが彼女のマイルールだった。それなのに――。10
月中旬の夕方、東京・千代田区のホテルに後藤の姿があった。エレガントな装いではなく、地味なOL風の
パンツスーツ姿。それでもゴージャスな雰囲気は隠しきれず、遠目からでも一目でゴクミだとわかる。近
くには何台ものカメラ。そして100人を超えるスタッフが集う。後藤久美子 寅さんで23年ぶりに女優復
帰、山田監督が出演熱望後藤久美子(44才)が、23年ぶりに女優復帰することがわかった。出演するのは
、山田洋次監督(87才)がメガホンを取る来年公開の映画『男はつらいよ』の新作に決まった。自宅はス
イス・ジュネーブのシャトー。パリ、モナコ、ニューヨークにも

293NO MUSIC NO NAME2018/10/31(水) 15:24:19.81ID:Mlx7iI8x
後藤久美子 寅さんで23年ぶりに女優復帰、山田監督が出演熱望後藤久美子(44才)が、23年ぶりに女優
復帰することがわかった。出演するのは、山田洋次監督(87才)がメガホンを取る来年公開の映画『男は
つらいよ』の新作に決まった。自宅はスイス・ジュネーブのシャトー。パリ、モナコ、ニューヨークにも
邸宅を構える。1996年に渡仏したのは人気絶頂さなかのことだった。F1のトップレーサーだった夫が現役
を退いても「家族優先」の生活を崩さず、幾度となくドラマ、映画への出演オファーがあったが、この23
年間一度として首を縦にふったことはなかった。「専業主婦ですから、仕事はその範囲で」それが彼女の
マイルールだった。それなのに――。10月中旬の夕方、東京・千代田区のホテルに後藤の姿があった。エ
レガントな装いではなく、地味なOL風のパンツスーツ姿。それでもゴージャスな雰囲気は隠しきれず、遠
目からでも一目でゴクミだとわかる。近くには何台ものカメラ。そして100人を超えるスタッフが集う。
彼女は映画の撮影をしていたのだ。23年前、ゴクミの“最後”の出演となったのは映画『男はつらいよ』
だった。《ワタクシ、生まれも育ちも東京葛飾柴又です。帝釈天で産湯を使い〜》「寅さん」こと車寅次
郎(故渥美清さん・享年68)の名せりふで知られる『男はつらいよ』シリーズは1969年にスタート。1996
年の渥美さんの逝去により48作で終了、翌年に特別編となる49作目が上映された。それから20年以上の月
日がたち、来年新作となる50作目が公開されるという。「来年は第1作が公開されてから50周年を迎えま
す。その記念すべきタイミングで50作目を公開したいという強い思いが制作陣にあった。寅さんの妹・さ
くら役の倍賞千恵子さん(77才)や、さくらの息子・満男役の吉岡秀隆さん(48才)ら、おなじみの面々
も出演。合成画面で寅さんが渋谷のスクランブル交差点に立つシーンもあるとか。そんななか、山田洋次
監督のたっての希望で、後藤さんに出演依頼を猛プッシュしました」(映画関係者)ゴクミが初めて『男
はつらいよ』に出演したのは1989年に公開された42作目のこと。後藤久美子 寅さんで23年ぶりに女優復
帰、山田監督が出演熱望後藤久美子(44才)が、23年ぶりに女優復帰することがわかった。出演するのは
、山田洋次監督(87才)がメガホンを取る来年公開の映画『男はつらいよ』の新作に決まった。自宅はス
イス・ジュネーブのシャトー。パリ、モナコ、ニューヨークにも邸宅を構える。1996年に渡仏したのは人
気絶頂さなかのことだった。F1のトップレーサーだった夫が現役を退いても「家族優先」の生活を崩さず
、幾度となくドラマ、映画への出演オファーがあったが、この23年間一度として首を縦にふったことはな
かった。「専業主婦ですから、仕事はその範囲で」それが彼女のマイルールだった。それなのに――。10
月中旬の夕方、東京・千代田区のホテルに後藤の姿があった。エレガントな装いではなく、地味なOL風の
パンツスーツ姿。それでもゴージャスな雰囲気は隠しきれず、遠目からでも一目でゴクミだとわかる。近
くには何台ものカメラ。そして100人を超えるスタッフが集う。後藤久美子 寅さんで23年ぶりに女優復
帰、山田監督が出演熱望後藤久美子(44才)が、23年ぶりに女優復帰することがわかった。出演するのは
、山田洋次監督(87才)がメガホンを取る来年公開の映画『男はつらいよ』の新作に決まった。自宅はス
イス・ジュネーブのシャトー。パリ、モナコ、ニューヨークにも

294NO MUSIC NO NAME2018/10/31(水) 15:24:35.56ID:Mlx7iI8x
後藤久美子 寅さんで23年ぶりに女優復帰、山田監督が出演熱望後藤久美子(44才)が、23年ぶりに女優
復帰することがわかった。出演するのは、山田洋次監督(87才)がメガホンを取る来年公開の映画『男は
つらいよ』の新作に決まった。自宅はスイス・ジュネーブのシャトー。パリ、モナコ、ニューヨークにも
邸宅を構える。1996年に渡仏したのは人気絶頂さなかのことだった。F1のトップレーサーだった夫が現役
を退いても「家族優先」の生活を崩さず、幾度となくドラマ、映画への出演オファーがあったが、この23
年間一度として首を縦にふったことはなかった。「専業主婦ですから、仕事はその範囲で」それが彼女の
マイルールだった。それなのに――。10月中旬の夕方、東京・千代田区のホテルに後藤の姿があった。エ
レガントな装いではなく、地味なOL風のパンツスーツ姿。それでもゴージャスな雰囲気は隠しきれず、遠
目からでも一目でゴクミだとわかる。近くには何台ものカメラ。そして100人を超えるスタッフが集う。
彼女は映画の撮影をしていたのだ。23年前、ゴクミの“最後”の出演となったのは映画『男はつらいよ』
だった。《ワタクシ、生まれも育ちも東京葛飾柴又です。帝釈天で産湯を使い〜》「寅さん」こと車寅次
郎(故渥美清さん・享年68)の名せりふで知られる『男はつらいよ』シリーズは1969年にスタート。1996
年の渥美さんの逝去により48作で終了、翌年に特別編となる49作目が上映された。それから20年以上の月
日がたち、来年新作となる50作目が公開されるという。「来年は第1作が公開されてから50周年を迎えま
す。その記念すべきタイミングで50作目を公開したいという強い思いが制作陣にあった。寅さんの妹・さ
くら役の倍賞千恵子さん(77才)や、さくらの息子・満男役の吉岡秀隆さん(48才)ら、おなじみの面々
も出演。合成画面で寅さんが渋谷のスクランブル交差点に立つシーンもあるとか。そんななか、山田洋次
監督のたっての希望で、後藤さんに出演依頼を猛プッシュしました」(映画関係者)ゴクミが初めて『男
はつらいよ』に出演したのは1989年に公開された42作目のこと。後藤久美子 寅さんで23年ぶりに女優復
帰、山田監督が出演熱望後藤久美子(44才)が、23年ぶりに女優復帰することがわかった。出演するのは
、山田洋次監督(87才)がメガホンを取る来年公開の映画『男はつらいよ』の新作に決まった。自宅はス
イス・ジュネーブのシャトー。パリ、モナコ、ニューヨークにも邸宅を構える。1996年に渡仏したのは人
気絶頂さなかのことだった。F1のトップレーサーだった夫が現役を退いても「家族優先」の生活を崩さず
、幾度となくドラマ、映画への出演オファーがあったが、この23年間一度として首を縦にふったことはな
かった。「専業主婦ですから、仕事はその範囲で」それが彼女のマイルールだった。それなのに――。10
月中旬の夕方、東京・千代田区のホテルに後藤の姿があった。エレガントな装いではなく、地味なOL風の
パンツスーツ姿。それでもゴージャスな雰囲気は隠しきれず、遠目からでも一目でゴクミだとわかる。近
くには何台ものカメラ。そして100人を超えるスタッフが集う。後藤久美子 寅さんで23年ぶりに女優復
帰、山田監督が出演熱望後藤久美子(44才)が、23年ぶりに女優復帰することがわかった。出演するのは
、山田洋次監督(87才)がメガホンを取る来年公開の映画『男はつらいよ』の新作に決まった。自宅はス
イス・ジュネーブのシャトー。パリ、モナコ、ニューヨークにも

295NO MUSIC NO NAME2018/10/31(水) 15:25:06.95ID:Mlx7iI8x
:[:[:[@;@;@;;.;.:/:/,l,l,lmkmknjnjhbhbvgvgfc

296NO MUSIC NO NAME2018/10/31(水) 15:25:41.31ID:Mlx7iI8x
\]]\\]\]:/:/:/:/:[:[:[:[\[\[\[\[^@^@^@^@-p-p-p0o0o0o9ii9i9i9i9mkmk

297NO MUSIC NO NAME2018/10/31(水) 15:25:55.86ID:Mlx7iI8x
後藤久美子 寅さんで23年ぶりに女優復帰、山田監督が出演熱望後藤久美子(44才)が、23年ぶりに女優
復帰することがわかった。出演するのは、山田洋次監督(87才)がメガホンを取る来年公開の映画『男は
つらいよ』の新作に決まった。自宅はスイス・ジュネーブのシャトー。パリ、モナコ、ニューヨークにも
邸宅を構える。1996年に渡仏したのは人気絶頂さなかのことだった。F1のトップレーサーだった夫が現役
を退いても「家族優先」の生活を崩さず、幾度となくドラマ、映画への出演オファーがあったが、この23
年間一度として首を縦にふったことはなかった。「専業主婦ですから、仕事はその範囲で」それが彼女の
マイルールだった。それなのに――。10月中旬の夕方、東京・千代田区のホテルに後藤の姿があった。エ
レガントな装いではなく、地味なOL風のパンツスーツ姿。それでもゴージャスな雰囲気は隠しきれず、遠
目からでも一目でゴクミだとわかる。近くには何台ものカメラ。そして100人を超えるスタッフが集う。
彼女は映画の撮影をしていたのだ。23年前、ゴクミの“最後”の出演となったのは映画『男はつらいよ』
だった。《ワタクシ、生まれも育ちも東京葛飾柴又です。帝釈天で産湯を使い〜》「寅さん」こと車寅次
郎(故渥美清さん・享年68)の名せりふで知られる『男はつらいよ』シリーズは1969年にスタート。1996
年の渥美さんの逝去により48作で終了、翌年に特別編となる49作目が上映された。それから20年以上の月
日がたち、来年新作となる50作目が公開されるという。「来年は第1作が公開されてから50周年を迎えま
す。その記念すべきタイミングで50作目を公開したいという強い思いが制作陣にあった。寅さんの妹・さ
くら役の倍賞千恵子さん(77才)や、さくらの息子・満男役の吉岡秀隆さん(48才)ら、おなじみの面々
も出演。合成画面で寅さんが渋谷のスクランブル交差点に立つシーンもあるとか。そんななか、山田洋次
監督のたっての希望で、後藤さんに出演依頼を猛プッシュしました」(映画関係者)ゴクミが初めて『男
はつらいよ』に出演したのは1989年に公開された42作目のこと。後藤久美子 寅さんで23年ぶりに女優復
帰、山田監督が出演熱望後藤久美子(44才)が、23年ぶりに女優復帰することがわかった。出演するのは
、山田洋次監督(87才)がメガホンを取る来年公開の映画『男はつらいよ』の新作に決まった。自宅はス
イス・ジュネーブのシャトー。パリ、モナコ、ニューヨークにも邸宅を構える。1996年に渡仏したのは人
気絶頂さなかのことだった。F1のトップレーサーだった夫が現役を退いても「家族優先」の生活を崩さず
、幾度となくドラマ、映画への出演オファーがあったが、この23年間一度として首を縦にふったことはな
かった。「専業主婦ですから、仕事はその範囲で」それが彼女のマイルールだった。それなのに――。10
月中旬の夕方、東京・千代田区のホテルに後藤の姿があった。エレガントな装いではなく、地味なOL風の
パンツスーツ姿。それでもゴージャスな雰囲気は隠しきれず、遠目からでも一目でゴクミだとわかる。近
くには何台ものカメラ。そして100人を超えるスタッフが集う。後藤久美子 寅さんで23年ぶりに女優復
帰、山田監督が出演熱望後藤久美子(44才)が、23年ぶりに女優復帰することがわかった。出演するのは
、山田洋次監督(87才)がメガホンを取る来年公開の映画『男はつらいよ』の新作に決まった。自宅はス
イス・ジュネーブのシャトー。パリ、モナコ、ニューヨークにも

298NO MUSIC NO NAME2018/10/31(水) 15:26:11.70ID:Mlx7iI8x
後藤久美子 寅さんで23年ぶりに女優復帰、山田監督が出演熱望後藤久美子(44才)が、23年ぶりに女優
復帰することがわかった。出演するのは、山田洋次監督(87才)がメガホンを取る来年公開の映画『男は
つらいよ』の新作に決まった。自宅はスイス・ジュネーブのシャトー。パリ、モナコ、ニューヨークにも
邸宅を構える。1996年に渡仏したのは人気絶頂さなかのことだった。F1のトップレーサーだった夫が現役
を退いても「家族優先」の生活を崩さず、幾度となくドラマ、映画への出演オファーがあったが、この23
年間一度として首を縦にふったことはなかった。「専業主婦ですから、仕事はその範囲で」それが彼女の
マイルールだった。それなのに――。10月中旬の夕方、東京・千代田区のホテルに後藤の姿があった。エ
レガントな装いではなく、地味なOL風のパンツスーツ姿。それでもゴージャスな雰囲気は隠しきれず、遠
目からでも一目でゴクミだとわかる。近くには何台ものカメラ。そして100人を超えるスタッフが集う。
彼女は映画の撮影をしていたのだ。23年前、ゴクミの“最後”の出演となったのは映画『男はつらいよ』
だった。《ワタクシ、生まれも育ちも東京葛飾柴又です。帝釈天で産湯を使い〜》「寅さん」こと車寅次
郎(故渥美清さん・享年68)の名せりふで知られる『男はつらいよ』シリーズは1969年にスタート。1996
年の渥美さんの逝去により48作で終了、翌年に特別編となる49作目が上映された。それから20年以上の月
日がたち、来年新作となる50作目が公開されるという。「来年は第1作が公開されてから50周年を迎えま
す。その記念すべきタイミングで50作目を公開したいという強い思いが制作陣にあった。寅さんの妹・さ
くら役の倍賞千恵子さん(77才)や、さくらの息子・満男役の吉岡秀隆さん(48才)ら、おなじみの面々
も出演。合成画面で寅さんが渋谷のスクランブル交差点に立つシーンもあるとか。そんななか、山田洋次
監督のたっての希望で、後藤さんに出演依頼を猛プッシュしました」(映画関係者)ゴクミが初めて『男
はつらいよ』に出演したのは1989年に公開された42作目のこと。後藤久美子 寅さんで23年ぶりに女優復
帰、山田監督が出演熱望後藤久美子(44才)が、23年ぶりに女優復帰することがわかった。出演するのは
、山田洋次監督(87才)がメガホンを取る来年公開の映画『男はつらいよ』の新作に決まった。自宅はス
イス・ジュネーブのシャトー。パリ、モナコ、ニューヨークにも邸宅を構える。1996年に渡仏したのは人
気絶頂さなかのことだった。F1のトップレーサーだった夫が現役を退いても「家族優先」の生活を崩さず
、幾度となくドラマ、映画への出演オファーがあったが、この23年間一度として首を縦にふったことはな
かった。「専業主婦ですから、仕事はその範囲で」それが彼女のマイルールだった。それなのに――。10
月中旬の夕方、東京・千代田区のホテルに後藤の姿があった。エレガントな装いではなく、地味なOL風の
パンツスーツ姿。それでもゴージャスな雰囲気は隠しきれず、遠目からでも一目でゴクミだとわかる。近
くには何台ものカメラ。そして100人を超えるスタッフが集う。後藤久美子 寅さんで23年ぶりに女優復
帰、山田監督が出演熱望後藤久美子(44才)が、23年ぶりに女優復帰することがわかった。出演するのは
、山田洋次監督(87才)がメガホンを取る来年公開の映画『男はつらいよ』の新作に決まった。自宅はス
イス・ジュネーブのシャトー。パリ、モナコ、ニューヨークにも

299NO MUSIC NO NAME2018/10/31(水) 15:26:28.08ID:Mlx7iI8x
後藤久美子 寅さんで23年ぶりに女優復帰、山田監督が出演熱望後藤久美子(44才)が、23年ぶりに女優
復帰することがわかった。出演するのは、山田洋次監督(87才)がメガホンを取る来年公開の映画『男は
つらいよ』の新作に決まった。自宅はスイス・ジュネーブのシャトー。パリ、モナコ、ニューヨークにも
邸宅を構える。1996年に渡仏したのは人気絶頂さなかのことだった。F1のトップレーサーだった夫が現役
を退いても「家族優先」の生活を崩さず、幾度となくドラマ、映画への出演オファーがあったが、この23
年間一度として首を縦にふったことはなかった。「専業主婦ですから、仕事はその範囲で」それが彼女の
マイルールだった。それなのに――。10月中旬の夕方、東京・千代田区のホテルに後藤の姿があった。エ
レガントな装いではなく、地味なOL風のパンツスーツ姿。それでもゴージャスな雰囲気は隠しきれず、遠
目からでも一目でゴクミだとわかる。近くには何台ものカメラ。そして100人を超えるスタッフが集う。
彼女は映画の撮影をしていたのだ。23年前、ゴクミの“最後”の出演となったのは映画『男はつらいよ』
だった。《ワタクシ、生まれも育ちも東京葛飾柴又です。帝釈天で産湯を使い〜》「寅さん」こと車寅次
郎(故渥美清さん・享年68)の名せりふで知られる『男はつらいよ』シリーズは1969年にスタート。1996
年の渥美さんの逝去により48作で終了、翌年に特別編となる49作目が上映された。それから20年以上の月
日がたち、来年新作となる50作目が公開されるという。「来年は第1作が公開されてから50周年を迎えま
す。その記念すべきタイミングで50作目を公開したいという強い思いが制作陣にあった。寅さんの妹・さ
くら役の倍賞千恵子さん(77才)や、さくらの息子・満男役の吉岡秀隆さん(48才)ら、おなじみの面々
も出演。合成画面で寅さんが渋谷のスクランブル交差点に立つシーンもあるとか。そんななか、山田洋次
監督のたっての希望で、後藤さんに出演依頼を猛プッシュしました」(映画関係者)ゴクミが初めて『男
はつらいよ』に出演したのは1989年に公開された42作目のこと。後藤久美子 寅さんで23年ぶりに女優復
帰、山田監督が出演熱望後藤久美子(44才)が、23年ぶりに女優復帰することがわかった。出演するのは
、山田洋次監督(87才)がメガホンを取る来年公開の映画『男はつらいよ』の新作に決まった。自宅はス
イス・ジュネーブのシャトー。パリ、モナコ、ニューヨークにも邸宅を構える。1996年に渡仏したのは人
気絶頂さなかのことだった。F1のトップレーサーだった夫が現役を退いても「家族優先」の生活を崩さず
、幾度となくドラマ、映画への出演オファーがあったが、この23年間一度として首を縦にふったことはな
かった。「専業主婦ですから、仕事はその範囲で」それが彼女のマイルールだった。それなのに――。10
月中旬の夕方、東京・千代田区のホテルに後藤の姿があった。エレガントな装いではなく、地味なOL風の
パンツスーツ姿。それでもゴージャスな雰囲気は隠しきれず、遠目からでも一目でゴクミだとわかる。近
くには何台ものカメラ。そして100人を超えるスタッフが集う。後藤久美子 寅さんで23年ぶりに女優復
帰、山田監督が出演熱望後藤久美子(44才)が、23年ぶりに女優復帰することがわかった。出演するのは
、山田洋次監督(87才)がメガホンを取る来年公開の映画『男はつらいよ』の新作に決まった。自宅はス
イス・ジュネーブのシャトー。パリ、モナコ、ニューヨークにも

300NO MUSIC NO NAME2018/10/31(水) 15:26:51.30ID:Mlx7iI8x
後藤久美子 寅さんで23年ぶりに女優復帰、山田監督が出演熱望後藤久美子(44才)が、23年ぶりに女優
復帰することがわかった。出演するのは、山田洋次監督(87才)がメガホンを取る来年公開の映画『男は
つらいよ』の新作に決まった。自宅はスイス・ジュネーブのシャトー。パリ、モナコ、ニューヨークにも
邸宅を構える。1996年に渡仏したのは人気絶頂さなかのことだった。F1のトップレーサーだった夫が現役
を退いても「家族優先」の生活を崩さず、幾度となくドラマ、映画への出演オファーがあったが、この23
年間一度として首を縦にふったことはなかった。「専業主婦ですから、仕事はその範囲で」それが彼女の
マイルールだった。それなのに――。10月中旬の夕方、東京・千代田区のホテルに後藤の姿があった。エ
レガントな装いではなく、地味なOL風のパンツスーツ姿。それでもゴージャスな雰囲気は隠しきれず、遠
目からでも一目でゴクミだとわかる。近くには何台ものカメラ。そして100人を超えるスタッフが集う。
彼女は映画の撮影をしていたのだ。23年前、ゴクミの“最後”の出演となったのは映画『男はつらいよ』
だった。《ワタクシ、生まれも育ちも東京葛飾柴又です。帝釈天で産湯を使い〜》「寅さん」こと車寅次
郎(故渥美清さん・享年68)の名せりふで知られる『男はつらいよ』シリーズは1969年にスタート。1996
年の渥美さんの逝去により48作で終了、翌年に特別編となる49作目が上映された。それから20年以上の月
日がたち、来年新作となる50作目が公開されるという。「来年は第1作が公開されてから50周年を迎えま
す。その記念すべきタイミングで50作目を公開したいという強い思いが制作陣にあった。寅さんの妹・さ
くら役の倍賞千恵子さん(77才)や、さくらの息子・満男役の吉岡秀隆さん(48才)ら、おなじみの面々
も出演。合成画面で寅さんが渋谷のスクランブル交差点に立つシーンもあるとか。そんななか、山田洋次
監督のたっての希望で、後藤さんに出演依頼を猛プッシュしました」(映画関係者)ゴクミが初めて『男
はつらいよ』に出演したのは1989年に公開された42作目のこと。後藤久美子 寅さんで23年ぶりに女優復
帰、山田監督が出演熱望後藤久美子(44才)が、23年ぶりに女優復帰することがわかった。出演するのは
、山田洋次監督(87才)がメガホンを取る来年公開の映画『男はつらいよ』の新作に決まった。自宅はス
イス・ジュネーブのシャトー。パリ、モナコ、ニューヨークにも邸宅を構える。1996年に渡仏したのは人
気絶頂さなかのことだった。F1のトップレーサーだった夫が現役を退いても「家族優先」の生活を崩さず
、幾度となくドラマ、映画への出演オファーがあったが、この23年間一度として首を縦にふったことはな
かった。「専業主婦ですから、仕事はその範囲で」それが彼女のマイルールだった。それなのに――。10
月中旬の夕方、東京・千代田区のホテルに後藤の姿があった。エレガントな装いではなく、地味なOL風の
パンツスーツ姿。それでもゴージャスな雰囲気は隠しきれず、遠目からでも一目でゴクミだとわかる。近
くには何台ものカメラ。そして100人を超えるスタッフが集う。後藤久美子 寅さんで23年ぶりに女優復
帰、山田監督が出演熱望後藤久美子(44才)が、23年ぶりに女優復帰することがわかった。出演するのは
、山田洋次監督(87才)がメガホンを取る来年公開の映画『男はつらいよ』の新作に決まった。自宅はス
イス・ジュネーブのシャトー。パリ、モナコ、ニューヨークにも遠藤久美子

301NO MUSIC NO NAME2018/10/31(水) 15:27:07.67ID:Mlx7iI8x
後藤久美子 寅さんで23年ぶりに女優復帰、山田監督が出演熱望後藤久美子(44才)が、23年ぶりに女優
復帰することがわかった。出演するのは、山田洋次監督(87才)がメガホンを取る来年公開の映画『男は
つらいよ』の新作に決まった。自宅はスイス・ジュネーブのシャトー。パリ、モナコ、ニューヨークにも
邸宅を構える。1996年に渡仏したのは人気絶頂さなかのことだった。F1のトップレーサーだった夫が現役
を退いても「家族優先」の生活を崩さず、幾度となくドラマ、映画への出演オファーがあったが、この23
年間一度として首を縦にふったことはなかった。「専業主婦ですから、仕事はその範囲で」それが彼女の
マイルールだった。それなのに――。10月中旬の夕方、東京・千代田区のホテルに後藤の姿があった。エ
レガントな装いではなく、地味なOL風のパンツスーツ姿。それでもゴージャスな雰囲気は隠しきれず、遠
目からでも一目でゴクミだとわかる。近くには何台ものカメラ。そして100人を超えるスタッフが集う。
彼女は映画の撮影をしていたのだ。23年前、ゴクミの“最後”の出演となったのは映画『男はつらいよ』
だった。《ワタクシ、生まれも育ちも東京葛飾柴又です。帝釈天で産湯を使い〜》「寅さん」こと車寅次
郎(故渥美清さん・享年68)の名せりふで知られる『男はつらいよ』シリーズは1969年にスタート。1996
年の渥美さんの逝去により48作で終了、翌年に特別編となる49作目が上映された。それから20年以上の月
日がたち、来年新作となる50作目が公開されるという。「来年は第1作が公開されてから50周年を迎えま
す。その記念すべきタイミングで50作目を公開したいという強い思いが制作陣にあった。寅さんの妹・さ
くら役の倍賞千恵子さん(77才)や、さくらの息子・満男役の吉岡秀隆さん(48才)ら、おなじみの面々
も出演。合成画面で寅さんが渋谷のスクランブル交差点に立つシーンもあるとか。そんななか、山田洋次
監督のたっての希望で、後藤さんに出演依頼を猛プッシュしました」(映画関係者)ゴクミが初めて『男
はつらいよ』に出演したのは1989年に公開された42作目のこと。後藤久美子 寅さんで23年ぶりに女優復
帰、山田監督が出演熱望後藤久美子(44才)が、23年ぶりに女優復帰することがわかった。出演するのは
、山田洋次監督(87才)がメガホンを取る来年公開の映画『男はつらいよ』の新作に決まった。自宅はス
イス・ジュネーブのシャトー。パリ、モナコ、ニューヨークにも邸宅を構える。1996年に渡仏したのは人
気絶頂さなかのことだった。F1のトップレーサーだった夫が現役を退いても「家族優先」の生活を崩さず
、幾度となくドラマ、映画への出演オファーがあったが、この23年間一度として首を縦にふったことはな
かった。「専業主婦ですから、仕事はその範囲で」それが彼女のマイルールだった。それなのに――。10
月中旬の夕方、東京・千代田区のホテルに後藤の姿があった。エレガントな装いではなく、地味なOL風の
パンツスーツ姿。それでもゴージャスな雰囲気は隠しきれず、遠目からでも一目でゴクミだとわかる。近
くには何台ものカメラ。そして100人を超えるスタッフが集う。後藤久美子 寅さんで23年ぶりに女優復
帰、山田監督が出演熱望後藤久美子(44才)が、23年ぶりに女優復帰することがわかった。出演するのは
、山田洋次監督(87才)がメガホンを取る来年公開の映画『男はつらいよ』の新作に決まった。自宅はス
イス・ジュネーブのシャトー。パリ、モナコ、ニューヨークにも遠藤久美子

302NO MUSIC NO NAME2018/10/31(水) 15:27:37.66ID:Mlx7iI8x
円道一成

303NO MUSIC NO NAME2018/10/31(水) 15:27:55.54ID:Mlx7iI8x
後藤久美子 寅さんで23年ぶりに女優復帰、山田監督が出演熱望後藤久美子(44才)が、23年ぶりに女優
復帰することがわかった。出演するのは、山田洋次監督(87才)がメガホンを取る来年公開の映画『男は
つらいよ』の新作に決まった。自宅はスイス・ジュネーブのシャトー。パリ、モナコ、ニューヨークにも
邸宅を構える。1996年に渡仏したのは人気絶頂さなかのことだった。F1のトップレーサーだった夫が現役
を退いても「家族優先」の生活を崩さず、幾度となくドラマ、映画への出演オファーがあったが、この23
年間一度として首を縦にふったことはなかった。「専業主婦ですから、仕事はその範囲で」それが彼女の
マイルールだった。それなのに――。10月中旬の夕方、東京・千代田区のホテルに後藤の姿があった。エ
レガントな装いではなく、地味なOL風のパンツスーツ姿。それでもゴージャスな雰囲気は隠しきれず、遠
目からでも一目でゴクミだとわかる。近くには何台ものカメラ。そして100人を超えるスタッフが集う。
彼女は映画の撮影をしていたのだ。23年前、ゴクミの“最後”の出演となったのは映画『男はつらいよ』
だった。《ワタクシ、生まれも育ちも東京葛飾柴又です。帝釈天で産湯を使い〜》「寅さん」こと車寅次
郎(故渥美清さん・享年68)の名せりふで知られる『男はつらいよ』シリーズは1969年にスタート。1996
年の渥美さんの逝去により48作で終了、翌年に特別編となる49作目が上映された。それから20年以上の月
日がたち、来年新作となる50作目が公開されるという。「来年は第1作が公開されてから50周年を迎えま
す。その記念すべきタイミングで50作目を公開したいという強い思いが制作陣にあった。寅さんの妹・さ
くら役の倍賞千恵子さん(77才)や、さくらの息子・満男役の吉岡秀隆さん(48才)ら、おなじみの面々
も出演。合成画面で寅さんが渋谷のスクランブル交差点に立つシーンもあるとか。そんななか、山田洋次
監督のたっての希望で、後藤さんに出演依頼を猛プッシュしました」(映画関係者)ゴクミが初めて『男
はつらいよ』に出演したのは1989年に公開された42作目のこと。後藤久美子 寅さんで23年ぶりに女優復
帰、山田監督が出演熱望後藤久美子(44才)が、23年ぶりに女優復帰することがわかった。出演するのは
、山田洋次監督(87才)がメガホンを取る来年公開の映画『男はつらいよ』の新作に決まった。自宅はス
イス・ジュネーブのシャトー。パリ、モナコ、ニューヨークにも邸宅を構える。1996年に渡仏したのは人
気絶頂さなかのことだった。F1のトップレーサーだった夫が現役を退いても「家族優先」の生活を崩さず
、幾度となくドラマ、映画への出演オファーがあったが、この23年間一度として首を縦にふったことはな
かった。「専業主婦ですから、仕事はその範囲で」それが彼女のマイルールだった。それなのに――。10
月中旬の夕方、東京・千代田区のホテルに後藤の姿があった。エレガントな装いではなく、地味なOL風の
パンツスーツ姿。それでもゴージャスな雰囲気は隠しきれず、遠目からでも一目でゴクミだとわかる。近
くには何台ものカメラ。そして100人を超えるスタッフが集う。後藤久美子 寅さんで23年ぶりに女優復
帰、山田監督が出演熱望後藤久美子(44才)が、23年ぶりに女優復帰することがわかった。出演するのは
、山田洋次監督(87才)がメガホンを取る来年公開の映画『男はつらいよ』の新作に決まった。自宅はス
イス・ジュネーブのシャトー。パリ、モナコ、ニューヨークにも

304NO MUSIC NO NAME2018/10/31(水) 15:28:31.27ID:Mlx7iI8x
:「:「@;@;:・:・¥」¥」;。;。、l、lplplここじじふふygygtftfrdrdrdrdせせわわ

305NO MUSIC NO NAME2018/10/31(水) 15:28:47.62ID:Mlx7iI8x
後藤久美子 寅さんで23年ぶりに女優復帰、山田監督が出演熱望後藤久美子(44才)が、23年ぶりに女優
復帰することがわかった。出演するのは、山田洋次監督(87才)がメガホンを取る来年公開の映画『男は
つらいよ』の新作に決まった。自宅はスイス・ジュネーブのシャトー。パリ、モナコ、ニューヨークにも
邸宅を構える。1996年に渡仏したのは人気絶頂さなかのことだった。F1のトップレーサーだった夫が現役
を退いても「家族優先」の生活を崩さず、幾度となくドラマ、映画への出演オファーがあったが、この23
年間一度として首を縦にふったことはなかった。「専業主婦ですから、仕事はその範囲で」それが彼女の
マイルールだった。それなのに――。10月中旬の夕方、東京・千代田区のホテルに後藤の姿があった。エ
レガントな装いではなく、地味なOL風のパンツスーツ姿。それでもゴージャスな雰囲気は隠しきれず、遠
目からでも一目でゴクミだとわかる。近くには何台ものカメラ。そして100人を超えるスタッフが集う。
彼女は映画の撮影をしていたのだ。23年前、ゴクミの“最後”の出演となったのは映画『男はつらいよ』
だった。《ワタクシ、生まれも育ちも東京葛飾柴又です。帝釈天で産湯を使い〜》「寅さん」こと車寅次
郎(故渥美清さん・享年68)の名せりふで知られる『男はつらいよ』シリーズは1969年にスタート。1996
年の渥美さんの逝去により48作で終了、翌年に特別編となる49作目が上映された。それから20年以上の月
日がたち、来年新作となる50作目が公開されるという。「来年は第1作が公開されてから50周年を迎えま
す。その記念すべきタイミングで50作目を公開したいという強い思いが制作陣にあった。寅さんの妹・さ
くら役の倍賞千恵子さん(77才)や、さくらの息子・満男役の吉岡秀隆さん(48才)ら、おなじみの面々
も出演。合成画面で寅さんが渋谷のスクランブル交差点に立つシーンもあるとか。そんななか、山田洋次
監督のたっての希望で、後藤さんに出演依頼を猛プッシュしました」(映画関係者)ゴクミが初めて『男
はつらいよ』に出演したのは1989年に公開された42作目のこと。後藤久美子 寅さんで23年ぶりに女優復
帰、山田監督が出演熱望後藤久美子(44才)が、23年ぶりに女優復帰することがわかった。出演するのは
、山田洋次監督(87才)がメガホンを取る来年公開の映画『男はつらいよ』の新作に決まった。自宅はス
イス・ジュネーブのシャトー。パリ、モナコ、ニューヨークにも邸宅を構える。1996年に渡仏したのは人
気絶頂さなかのことだった。F1のトップレーサーだった夫が現役を退いても「家族優先」の生活を崩さず
、幾度となくドラマ、映画への出演オファーがあったが、この23年間一度として首を縦にふったことはな
かった。「専業主婦ですから、仕事はその範囲で」それが彼女のマイルールだった。それなのに――。10
月中旬の夕方、東京・千代田区のホテルに後藤の姿があった。エレガントな装いではなく、地味なOL風の
パンツスーツ姿。それでもゴージャスな雰囲気は隠しきれず、遠目からでも一目でゴクミだとわかる。近
くには何台ものカメラ。そして100人を超えるスタッフが集う。後藤久美子 寅さんで23年ぶりに女優復
帰、山田監督が出演熱望後藤久美子(44才)が、23年ぶりに女優復帰することがわかった。出演するのは
、山田洋次監督(87才)がメガホンを取る来年公開の映画『男はつらいよ』の新作に決まった。自宅はス
イス・ジュネーブのシャトー。パリ、モナコ、ニューヨークにも

306NO MUSIC NO NAME2018/10/31(水) 15:29:04.93ID:Mlx7iI8x
後藤久美子 寅さんで23年ぶりに女優復帰、山田監督が出演熱望後藤久美子(44才)が、23年ぶりに女優
復帰することがわかった。出演するのは、山田洋次監督(87才)がメガホンを取る来年公開の映画『男は
つらいよ』の新作に決まった。自宅はスイス・ジュネーブのシャトー。パリ、モナコ、ニューヨークにも
邸宅を構える。1996年に渡仏したのは人気絶頂さなかのことだった。F1のトップレーサーだった夫が現役
を退いても「家族優先」の生活を崩さず、幾度となくドラマ、映画への出演オファーがあったが、この23
年間一度として首を縦にふったことはなかった。「専業主婦ですから、仕事はその範囲で」それが彼女の
マイルールだった。それなのに――。10月中旬の夕方、東京・千代田区のホテルに後藤の姿があった。エ
レガントな装いではなく、地味なOL風のパンツスーツ姿。それでもゴージャスな雰囲気は隠しきれず、遠
目からでも一目でゴクミだとわかる。近くには何台ものカメラ。そして100人を超えるスタッフが集う。
彼女は映画の撮影をしていたのだ。23年前、ゴクミの“最後”の出演となったのは映画『男はつらいよ』
だった。《ワタクシ、生まれも育ちも東京葛飾柴又です。帝釈天で産湯を使い〜》「寅さん」こと車寅次
郎(故渥美清さん・享年68)の名せりふで知られる『男はつらいよ』シリーズは1969年にスタート。1996
年の渥美さんの逝去により48作で終了、翌年に特別編となる49作目が上映された。それから20年以上の月
日がたち、来年新作となる50作目が公開されるという。「来年は第1作が公開されてから50周年を迎えま
す。その記念すべきタイミングで50作目を公開したいという強い思いが制作陣にあった。寅さんの妹・さ
くら役の倍賞千恵子さん(77才)や、さくらの息子・満男役の吉岡秀隆さん(48才)ら、おなじみの面々
も出演。合成画面で寅さんが渋谷のスクランブル交差点に立つシーンもあるとか。そんななか、山田洋次
監督のたっての希望で、後藤さんに出演依頼を猛プッシュしました」(映画関係者)ゴクミが初めて『男
はつらいよ』に出演したのは1989年に公開された42作目のこと。後藤久美子 寅さんで23年ぶりに女優復
帰、山田監督が出演熱望後藤久美子(44才)が、23年ぶりに女優復帰することがわかった。出演するのは
、山田洋次監督(87才)がメガホンを取る来年公開の映画『男はつらいよ』の新作に決まった。自宅はス
イス・ジュネーブのシャトー。パリ、モナコ、ニューヨークにも邸宅を構える。1996年に渡仏したのは人
気絶頂さなかのことだった。F1のトップレーサーだった夫が現役を退いても「家族優先」の生活を崩さず
、幾度となくドラマ、映画への出演オファーがあったが、この23年間一度として首を縦にふったことはな
かった。「専業主婦ですから、仕事はその範囲で」それが彼女のマイルールだった。それなのに――。10
月中旬の夕方、東京・千代田区のホテルに後藤の姿があった。エレガントな装いではなく、地味なOL風の
パンツスーツ姿。それでもゴージャスな雰囲気は隠しきれず、遠目からでも一目でゴクミだとわかる。近
くには何台ものカメラ。そして100人を超えるスタッフが集う。後藤久美子 寅さんで23年ぶりに女優復
帰、山田監督が出演熱望後藤久美子(44才)が、23年ぶりに女優復帰することがわかった。出演するのは
、山田洋次監督(87才)がメガホンを取る来年公開の映画『男はつらいよ』の新作に決まった。自宅はス
イス・ジュネーブのシャトー。パリ、モナコ、ニューヨークにも

307NO MUSIC NO NAME2018/10/31(水) 15:29:20.85ID:Mlx7iI8x
後藤久美子 寅さんで23年ぶりに女優復帰、山田監督が出演熱望後藤久美子(44才)が、23年ぶりに女優
復帰することがわかった。出演するのは、山田洋次監督(87才)がメガホンを取る来年公開の映画『男は
つらいよ』の新作に決まった。自宅はスイス・ジュネーブのシャトー。パリ、モナコ、ニューヨークにも
邸宅を構える。1996年に渡仏したのは人気絶頂さなかのことだった。F1のトップレーサーだった夫が現役
を退いても「家族優先」の生活を崩さず、幾度となくドラマ、映画への出演オファーがあったが、この23
年間一度として首を縦にふったことはなかった。「専業主婦ですから、仕事はその範囲で」それが彼女の
マイルールだった。それなのに――。10月中旬の夕方、東京・千代田区のホテルに後藤の姿があった。エ
レガントな装いではなく、地味なOL風のパンツスーツ姿。それでもゴージャスな雰囲気は隠しきれず、遠
目からでも一目でゴクミだとわかる。近くには何台ものカメラ。そして100人を超えるスタッフが集う。
彼女は映画の撮影をしていたのだ。23年前、ゴクミの“最後”の出演となったのは映画『男はつらいよ』
だった。《ワタクシ、生まれも育ちも東京葛飾柴又です。帝釈天で産湯を使い〜》「寅さん」こと車寅次
郎(故渥美清さん・享年68)の名せりふで知られる『男はつらいよ』シリーズは1969年にスタート。1996
年の渥美さんの逝去により48作で終了、翌年に特別編となる49作目が上映された。それから20年以上の月
日がたち、来年新作となる50作目が公開されるという。「来年は第1作が公開されてから50周年を迎えま
す。その記念すべきタイミングで50作目を公開したいという強い思いが制作陣にあった。寅さんの妹・さ
くら役の倍賞千恵子さん(77才)や、さくらの息子・満男役の吉岡秀隆さん(48才)ら、おなじみの面々
も出演。合成画面で寅さんが渋谷のスクランブル交差点に立つシーンもあるとか。そんななか、山田洋次
監督のたっての希望で、後藤さんに出演依頼を猛プッシュしました」(映画関係者)ゴクミが初めて『男
はつらいよ』に出演したのは1989年に公開された42作目のこと。後藤久美子 寅さんで23年ぶりに女優復
帰、山田監督が出演熱望後藤久美子(44才)が、23年ぶりに女優復帰することがわかった。出演するのは
、山田洋次監督(87才)がメガホンを取る来年公開の映画『男はつらいよ』の新作に決まった。自宅はス
イス・ジュネーブのシャトー。パリ、モナコ、ニューヨークにも邸宅を構える。1996年に渡仏したのは人
気絶頂さなかのことだった。F1のトップレーサーだった夫が現役を退いても「家族優先」の生活を崩さず
、幾度となくドラマ、映画への出演オファーがあったが、この23年間一度として首を縦にふったことはな
かった。「専業主婦ですから、仕事はその範囲で」それが彼女のマイルールだった。それなのに――。10
月中旬の夕方、東京・千代田区のホテルに後藤の姿があった。エレガントな装いではなく、地味なOL風の
パンツスーツ姿。それでもゴージャスな雰囲気は隠しきれず、遠目からでも一目でゴクミだとわかる。近
くには何台ものカメラ。そして100人を超えるスタッフが集う。後藤久美子 寅さんで23年ぶりに女優復
帰、山田監督が出演熱望後藤久美子(44才)が、23年ぶりに女優復帰することがわかった。出演するのは
、山田洋次監督(87才)がメガホンを取る来年公開の映画『男はつらいよ』の新作に決まった。自宅はス
イス・ジュネーブのシャトー。パリ、モナコ、ニューヨークにも

308NO MUSIC NO NAME2018/10/31(水) 15:29:36.76ID:Mlx7iI8x
後藤久美子 寅さんで23年ぶりに女優復帰、山田監督が出演熱望後藤久美子(44才)が、23年ぶりに女優
復帰することがわかった。出演するのは、山田洋次監督(87才)がメガホンを取る来年公開の映画『男は
つらいよ』の新作に決まった。自宅はスイス・ジュネーブのシャトー。パリ、モナコ、ニューヨークにも
邸宅を構える。1996年に渡仏したのは人気絶頂さなかのことだった。F1のトップレーサーだった夫が現役
を退いても「家族優先」の生活を崩さず、幾度となくドラマ、映画への出演オファーがあったが、この23
年間一度として首を縦にふったことはなかった。「専業主婦ですから、仕事はその範囲で」それが彼女の
マイルールだった。それなのに――。10月中旬の夕方、東京・千代田区のホテルに後藤の姿があった。エ
レガントな装いではなく、地味なOL風のパンツスーツ姿。それでもゴージャスな雰囲気は隠しきれず、遠
目からでも一目でゴクミだとわかる。近くには何台ものカメラ。そして100人を超えるスタッフが集う。
彼女は映画の撮影をしていたのだ。23年前、ゴクミの“最後”の出演となったのは映画『男はつらいよ』
だった。《ワタクシ、生まれも育ちも東京葛飾柴又です。帝釈天で産湯を使い〜》「寅さん」こと車寅次
郎(故渥美清さん・享年68)の名せりふで知られる『男はつらいよ』シリーズは1969年にスタート。1996
年の渥美さんの逝去により48作で終了、翌年に特別編となる49作目が上映された。それから20年以上の月
日がたち、来年新作となる50作目が公開されるという。「来年は第1作が公開されてから50周年を迎えま
す。その記念すべきタイミングで50作目を公開したいという強い思いが制作陣にあった。寅さんの妹・さ
くら役の倍賞千恵子さん(77才)や、さくらの息子・満男役の吉岡秀隆さん(48才)ら、おなじみの面々
も出演。合成画面で寅さんが渋谷のスクランブル交差点に立つシーンもあるとか。そんななか、山田洋次
監督のたっての希望で、後藤さんに出演依頼を猛プッシュしました」(映画関係者)ゴクミが初めて『男
はつらいよ』に出演したのは1989年に公開された42作目のこと。後藤久美子 寅さんで23年ぶりに女優復
帰、山田監督が出演熱望後藤久美子(44才)が、23年ぶりに女優復帰することがわかった。出演するのは
、山田洋次監督(87才)がメガホンを取る来年公開の映画『男はつらいよ』の新作に決まった。自宅はス
イス・ジュネーブのシャトー。パリ、モナコ、ニューヨークにも邸宅を構える。1996年に渡仏したのは人
気絶頂さなかのことだった。F1のトップレーサーだった夫が現役を退いても「家族優先」の生活を崩さず
、幾度となくドラマ、映画への出演オファーがあったが、この23年間一度として首を縦にふったことはな
かった。「専業主婦ですから、仕事はその範囲で」それが彼女のマイルールだった。それなのに――。10
月中旬の夕方、東京・千代田区のホテルに後藤の姿があった。エレガントな装いではなく、地味なOL風の
パンツスーツ姿。それでもゴージャスな雰囲気は隠しきれず、遠目からでも一目でゴクミだとわかる。近
くには何台ものカメラ。そして100人を超えるスタッフが集う。後藤久美子 寅さんで23年ぶりに女優復
帰、山田監督が出演熱望後藤久美子(44才)が、23年ぶりに女優復帰することがわかった。出演するのは
、山田洋次監督(87才)がメガホンを取る来年公開の映画『男はつらいよ』の新作に決まった。自宅はス
イス・ジュネーブのシャトー。パリ、モナコ、ニューヨークにも

309NO MUSIC NO NAME2018/10/31(水) 15:29:52.64ID:Mlx7iI8x
後藤久美子 寅さんで23年ぶりに女優復帰、山田監督が出演熱望後藤久美子(44才)が、23年ぶりに女優
復帰することがわかった。出演するのは、山田洋次監督(87才)がメガホンを取る来年公開の映画『男は
つらいよ』の新作に決まった。自宅はスイス・ジュネーブのシャトー。パリ、モナコ、ニューヨークにも
邸宅を構える。1996年に渡仏したのは人気絶頂さなかのことだった。F1のトップレーサーだった夫が現役
を退いても「家族優先」の生活を崩さず、幾度となくドラマ、映画への出演オファーがあったが、この23
年間一度として首を縦にふったことはなかった。「専業主婦ですから、仕事はその範囲で」それが彼女の
マイルールだった。それなのに――。10月中旬の夕方、東京・千代田区のホテルに後藤の姿があった。エ
レガントな装いではなく、地味なOL風のパンツスーツ姿。それでもゴージャスな雰囲気は隠しきれず、遠
目からでも一目でゴクミだとわかる。近くには何台ものカメラ。そして100人を超えるスタッフが集う。
彼女は映画の撮影をしていたのだ。23年前、ゴクミの“最後”の出演となったのは映画『男はつらいよ』
だった。《ワタクシ、生まれも育ちも東京葛飾柴又です。帝釈天で産湯を使い〜》「寅さん」こと車寅次
郎(故渥美清さん・享年68)の名せりふで知られる『男はつらいよ』シリーズは1969年にスタート。1996
年の渥美さんの逝去により48作で終了、翌年に特別編となる49作目が上映された。それから20年以上の月
日がたち、来年新作となる50作目が公開されるという。「来年は第1作が公開されてから50周年を迎えま
す。その記念すべきタイミングで50作目を公開したいという強い思いが制作陣にあった。寅さんの妹・さ
くら役の倍賞千恵子さん(77才)や、さくらの息子・満男役の吉岡秀隆さん(48才)ら、おなじみの面々
も出演。合成画面で寅さんが渋谷のスクランブル交差点に立つシーンもあるとか。そんななか、山田洋次
監督のたっての希望で、後藤さんに出演依頼を猛プッシュしました」(映画関係者)ゴクミが初めて『男
はつらいよ』に出演したのは1989年に公開された42作目のこと。後藤久美子 寅さんで23年ぶりに女優復
帰、山田監督が出演熱望後藤久美子(44才)が、23年ぶりに女優復帰することがわかった。出演するのは
、山田洋次監督(87才)がメガホンを取る来年公開の映画『男はつらいよ』の新作に決まった。自宅はス
イス・ジュネーブのシャトー。パリ、モナコ、ニューヨークにも邸宅を構える。1996年に渡仏したのは人
気絶頂さなかのことだった。F1のトップレーサーだった夫が現役を退いても「家族優先」の生活を崩さず
、幾度となくドラマ、映画への出演オファーがあったが、この23年間一度として首を縦にふったことはな
かった。「専業主婦ですから、仕事はその範囲で」それが彼女のマイルールだった。それなのに――。10
月中旬の夕方、東京・千代田区のホテルに後藤の姿があった。エレガントな装いではなく、地味なOL風の
パンツスーツ姿。それでもゴージャスな雰囲気は隠しきれず、遠目からでも一目でゴクミだとわかる。近
くには何台ものカメラ。そして100人を超えるスタッフが集う。後藤久美子 寅さんで23年ぶりに女優復
帰、山田監督が出演熱望後藤久美子(44才)が、23年ぶりに女優復帰することがわかった。出演するのは
、山田洋次監督(87才)がメガホンを取る来年公開の映画『男はつらいよ』の新作に決まった。自宅はス
イス・ジュネーブのシャトー。パリ、モナコ、ニューヨークにも

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています