フッサールについて語ってくれ [無断転載禁止]©2ch.net

1考える名無しさん2016/05/27(金) 12:02:55.440
勉強中ゆえたのまーす

338考える名無しさん2018/10/18(木) 23:49:22.280
>>335
存在論、などというもの自体がオカルトだといってるんだけどね。
オカルトが気に入らなければ、無意味な議論、と言い替えてもいい。

339考える名無しさん2018/10/18(木) 23:49:46.980
>>337
ではどういう趣旨なの?

3402422018/10/18(木) 23:53:19.100
>>336
>僕には、あなたがまったく哲学の知識がないように見えるし

まあ君は、「自然科学系にこれほど無知なのは、よほどの老人だからだろうな。」>>269
とか言っちゃうおマヌケさんだから、そう見えて当然だろ

3412422018/10/18(木) 23:55:50.440
>>338
君は無意味な議論が大好きなんだよ
自覚したまえ

では超越論的主観性の話にしようか
これ、オカルトかね?

342考える名無しさん2018/10/19(金) 00:02:04.380
>>329
ここは、フッサールスレだからねw

超越論的主観性はオカルトだよ?

3432422018/10/19(金) 00:03:36.600
>>342
超越論的主観性はオカルトか
んー
では「意識」はオカルトですか

344考える名無しさん2018/10/19(金) 00:04:08.350
>>340
老人という見立ては外れてた?

どっちにしても、あなたは自然科学系に弱いじゃないw

345考える名無しさん2018/10/19(金) 00:04:38.390
>>343
意識そのものは、実在だよw

3462422018/10/19(金) 00:06:21.640
>>344
多分、君よりは強いだろ
エネルギー管理士試験、なめんなよ
君では10年勉強しても受からんよ

347考える名無しさん2018/10/19(金) 00:08:24.660
>>346
エネルギー管理士・・・

実生活上でバカにする気はないけど、学問ではないよ。

3482422018/10/19(金) 00:10:08.900
>>345
>意識そのものは、実在だよw

なるほど
ところで、『人間が存在者を認識するのは意識に於いてそれがなされる』

これはOKかね

3492422018/10/19(金) 00:14:12.120
>>347
一度、問題を見てください
理系では、問題も解けずに御託並べてる奴はただの負け犬なんですよ

350考える名無しさん2018/10/19(金) 00:14:13.780
>>348
意識をある固定した状態として捉えるなら、意識の活動を認識という。
その認識によって、また意識が形成される。

351考える名無しさん2018/10/19(金) 00:15:21.940
>>349
バカにはしてないよ。

でも学問じゃない。

3522422018/10/19(金) 00:19:01.830
>>350
>意識をある固定した状態として捉えるなら、意識の活動を認識という。
>その認識によって、また意識が形成される。

それを踏まえてで良いので、>>348に答えてくださいよ

3532422018/10/19(金) 00:20:58.880
実際バカにされてるとは思っていないわけなんだよね
勝者の余裕です

354考える名無しさん2018/10/19(金) 00:21:12.600
>>352
>『人間が存在者を認識するのは意識に於いてそれがなされる』

不適切な表現だから、適切な表現に変えたんだけど?

355考える名無しさん2018/10/19(金) 00:21:42.810
>>353
面白い人だねw

3562422018/10/19(金) 00:26:20.320
>>354
そうですか

超越論的主観性というのは、>>350のようなことですが
しかしオカルトなんですよね

357考える名無しさん2018/10/19(金) 00:27:26.310
>>356
超越論的主観性をもう一度調べてみてね。

全然違うから。

3582422018/10/19(金) 00:29:47.050
>>357
いやいや違わない

超越論的主観性というのは、意識の活動形態のことだから

君がそれを理解できないからオカルトだと思ってるだけ

359考える名無しさん2018/10/19(金) 00:36:20.730
>>358
超越論的主観性というのは、意識の外に、無限としてのなにものかを設定したうえでの、意識の限界の設定だ。
意識の中で意識の無限を設定し、意識の限界を設定する。
「無機的唯物論」のほうが正しいに決まってるw

3602422018/10/19(金) 00:41:15.620
>>359
ぜんぜんちがいます

「超越論的」の意味は、「意識が外界を認識している」ことを認識している
つまり意識に対して外界は超越しているはずだが、しかし意識はそのことを
自覚することができる、その自覚の主体が超越論的主観性

無限とか、一切関係ありまっせーん

361考える名無しさん2018/10/19(金) 00:48:16.440
>>360
カントを読んだことがないのはわかる。
あなたの書いているのは、ただの主体のありかただ。
それも、言葉の言い替えに過ぎない。

超越論的主観性については、カントを読んでからにしてね。

3622422018/10/19(金) 00:48:51.490
結局この人はね、自分で勝手につくりあげたモンスター>>359にオカルトのレッテル貼ってるだけなんだよ

363考える名無しさん2018/10/19(金) 00:49:52.100
>>362
あなたがもう少し哲学の本を読んでから、議論しようね。

3642422018/10/19(金) 01:00:11.090
カントはたまに読むね
しかしカントとフッサールでは「超越論的」の意味が違うよね

カントの場合、超越論的の意味は>>360だよ
純粋理性批判を調べたら彼はこう書いている

対象に関する認識ではなく、対象を認識する『その仕方』についての認識
それを超越論的と呼ぶことにする

つまり、我々は対象を認識していますよ、そしてそのことをまた認識してますよ
だから、これからそれについて考えてみます、と
そういうことだよ

3652422018/10/19(金) 01:04:34.990
>>363
あなたの理解力では読んでも無駄だと思いますよ

そもそも貴方、人間が世界を理解することを何も不思議に思ってないから
だがそれは、間違っているわけではない
哲学という営みが異常なだけだと思う

だから、オカルトだ、という貴方の主張は正解

366考える名無しさん2018/10/19(金) 10:53:39.720
>>364
カントについてはもう少し読んでみてね。
調べるんじゃなくて、読んだ方がいいと思う。

フッサールの超越は、デカルト。
客観的な存在を主観で受けたものでしか把握しようとしないから、客観と主観との無意味な「無限」となる。

367考える名無しさん2018/10/19(金) 11:06:00.170
>>365
>人間が世界を理解することを何も不思議に思ってない

「世界」という言葉の曖昧さを別にすれば、そのとおり、なにも不思議なことはない。
人間の主観、個人の資質と環境で「世界」なるものを設定し、空虚な問いを投げかけるのが哲学。
哲学がオカルトに過ぎないという見かたを共有できたのなら、よかった。

3682422018/10/19(金) 11:06:15.700
超越と超越論は、ちがいますよ

3692422018/10/19(金) 11:08:02.420
貴方は、哲学にも自然科学にも向いてないのだから諦めてください

370考える名無しさん2018/10/19(金) 11:08:05.500
>>368
違うと言いたいのはわかるが、書くのが面倒だから省略しただけw

371考える名無しさん2018/10/19(金) 11:10:24.400
>>369
ひとつ5chの面白い現象を教えてあげる。
といっても、それほど詳しいわけじゃないんだがw

相手の悪口を書きだしたときは、自分の思考を諦めかけているとき。
自分自身でも、そう思う。

3722422018/10/19(金) 11:11:04.940
多分この人はアンチノミーあたりの記述を勝手に自己解釈して
素朴なファンタジーにしないと理解できないわけです

一事が万事、この調子なんだと思いますよ

3732422018/10/19(金) 11:13:00.810
いやいや
わたしはね、>>249の段階で
「ああ、この人、絡みたいだけのタコだ・・・」と思いましたので

374考える名無しさん2018/10/19(金) 11:13:55.840
>>372
哲学はオカルト、という見かたを共有できたと思ったら、ファンタジー?

もっとも僕は、哲学は素朴であることが一番正しいと思うけど。

3752422018/10/19(金) 11:14:51.800
超越論を超越に省略するようなセンスだと
そもそも、哲学に向いてないでしょ

376考える名無しさん2018/10/19(金) 11:16:34.070
>>373
ああ、あなたは >>249 も理解できなかったのか・・・
それならたしかに、あなたと哲学についての議論は無理だ。
そもそも、なんでタコを相手に絡んできたの?

3772422018/10/19(金) 11:17:45.330
せっかく穏便にメンツを立ててあげたのに
仕様のない人ですねぇ

>>374
だから貴方は素朴な場所にいたら良いわけですよ

378考える名無しさん2018/10/19(金) 11:18:01.400
>>375
レスのやり取りからわからない?

「超越論的主観性」という、あなたが出してきた概念について説明してるんだよ?

3792422018/10/19(金) 11:19:13.950
何が悔しかったんだろうねぇ

380考える名無しさん2018/10/19(金) 11:21:19.550
>>377
もちろん、僕はいつでも素朴な場所にいる。
言葉の迷宮に迷い込んでオカルトになっても無意味だからね。

381考える名無しさん2018/10/19(金) 11:23:15.550
>>379
僕は、迷妄性が嫌い。
哲学はその迷妄を助長するものが多い。
それだけだね。

ところであなたはエネ管ということだけど、仕事はしてないの?

3822422018/10/19(金) 11:34:38.400
とりあえず、フッサールの超越論的主観性について説明しておきましょう

意識に於いて認識される対象があるとき、普通はその対象が
「素朴に(自然的に時空間に存在している)○○である」
の認識を伴うわけです。フッサールはこれを「自然的世界の一般定立」と呼ぶのですが
この働きは無反省に行われているので、そこに哲学的な批判を加える必要がある、と
彼は思ったのです
そこで、意識に立ち現れているその内容はそのままに保持し(これを「括弧に入れる」
と表現している)、外部世界がそのように存在すると断定する働きだけを停止する
このような手続きを経て得られた主観を、超越論的主観、と呼ぶわけです

だがこれは、非常に危ういです

3832422018/10/19(金) 11:35:39.010
>>381
今日まで3連休
明日からはほぼ休みなし

よかったですねw

3842422018/10/19(金) 11:38:03.770
哲学が迷妄を助長するのは、どの哲学者も本意ではないはずなんだよ
ただ、受け取る相手がボンクラだからオカルトに変様してしまうのですよ

385考える名無しさん2018/10/19(金) 12:59:50.040
>>382
それ、エポケーにとどまってる。
フッサールの超越論的主観というのは、そこから先、いわば超自然的に主観が客観にすり替わる。
だから無限。

あなたが非常に危ういということに気が付いたのなら、そこから先へ思考を進めてみたらいいと思う。

386考える名無しさん2018/10/19(金) 13:06:07.880
>>383
あなたが勤労者でも自営でも無職でもどうでもいいんだけど、これから休みなしで働くなら、僕もあなたに飽きてきたところだからちょうどよかった。
時間があったら、本を読んでね。

>>384
素朴なボンクラでごめんね。
でも、哲学は、その素朴なボンクラに弱点を指摘される言葉の迷宮がほとんどなんだよ。

3872422018/10/19(金) 13:42:23.260
「無限」に固執しても無駄
なぜなら、貴方の理解では、超越論的主観性は主観と客観の
無意味な無限によってオカルトなんでしょう>>366
哲学はね、肯定的であれ、否定的であれ
やはり哲学者に対しての信頼が無ければ駄目ですよ
オカルトだと思ったら、それまで

ご縁があればまた

388考える名無しさん2018/10/19(金) 13:51:12.890
>>387
何回か書いたけど、僕には「哲学者に対しての信頼」など皆無だよ・・・
哲学者が様々な疑いを持つように、僕は哲学者自体に疑いを持ってる。

新着レスの表示
レスを投稿する