フッサールについて語ってくれ [無断転載禁止]©2ch.net

1考える名無しさん2016/05/27(金) 12:02:55.440
勉強中ゆえたのまーす

19考える名無しさん2017/01/16(月) 21:46:02.25O
まず始めに確認したいのはフッサールは主観しかない、客観なんかないと言った事はないわけです。
まず始めに意識から始めるのも、そこから逆に意識だけ主観だけでは説明できない外界や客観の存在を証明するためなんですね
視界の中に赤を感じます
それは主観的に何にでも好き勝手に想像できるものではない、赤は自分の意思や願望とは別に確かに存在していて、それを感じることは否定できない
自分だけの主観だけでは説明できないものが確かに意識の中に現れている、この世界には自分の中の内面だけではない外界や客観はある、まず現象学はこのことの確認から始まります
でも信じられない、フッサールは絶対的な客観性とか認めなかったはずだ、フッサールは科学主義は自然的態度を批判したろう?そう言いたくなる人もいると思います
でもフッサールが客観的な人、普遍的絶対的な学問の鬼であることは譲れません、何故科学を否定したか
それもこれから順番で説明していきます
フッサールが書いた著作に当たりながら
フッサールの論理学研究の一巻の中心を占めるのは心理学主義批判です
論理は経験から与えられるか?現象学が始まったのはこの論理学研究からなんですね
現象学は経験では説明できない個人の内的な主観的体験だけでは説明できない経験からは独立したそこには還元できない
万人にとって常に普遍的で客観的なものがあることの確認から確立します
論理学は経験のような無限の果てまで確認できないものでは証明できません
誰にとっても普遍的で客観的です
現象学は主観的なものだ相対的な学問どころか正反対の普遍的で常に客観的、誰がやっても同じ完全に絶対的な物を基礎づけるためにあるわけですフッサールのテキストに書いてあるから動かせません

20考える名無しさん2017/01/16(月) 21:46:49.73O
以下、論理学研究一巻の要約
・イデア的法則と経験などに基づくリアルな法則、論理的必然性とリアルな必然性は橋渡し不可能なことを心理学主義は見落としている
・心理学主義では経験命題は導けても論理法則は導けない、また、心理学主義は相対主義に陥る
・全ては人間が尺度とか、文化毎に真理は違うとかはナンセンスだ、どのような形の心理学主義も相対主義であり、否定される、それはあやふやな主観的判断や経験に基づくから絶対的な普遍とは関係ないからだ
・真理は経験を離れ、イデー理念である。真理は赤のイデアは経験には属さず無時間的で普遍的だから万人に妥当する。普遍的に客観的なものだ。
・論理の持つ法則的必然性も経験離れた無時間的かつ永遠に妥当するイデアである。だから常に正しい

フッサールは相対的なもの、主観的偶然的なものは相手にしていません、永遠で万人にとってもどんな時でも正しい、客観的絶対的なものしか相手にしません
このことはテキストで確認できる揺るがない事実です
では何故科学を否定するのか、それも実は科学が経験主義、心理学主義と同じで経験的偶然的なものを必然的なものと取り違えるからです

以下、中期から後期の著作で

21考える名無しさん2017/01/16(月) 22:15:23.66O
フッサール 厳密な学としての哲学から
・いくら実験しても経験からは論理的法則は導けない。経験科学からはフッサールのやるような厳密にイデアとしての論理的必然性を基礎づけることはできない
これはわかりますね、論理学研究と一緒です。真理は経験離れた客観性としてあるわけで自然科学それ自体はそういった客観性は持たないわけです。
ヨーロッパ諸学の危機から
・38節 受動的発生と能動的発生、世界が客観的数理物理的にあるとかは、後から与えられるものだ
・49節 客観的世界は、受動から能動として後から構成される、初めの生活世界ではそんなものはない
→ここから生活世界論へ

要するに現象に基づかないで客観を外から持ち込むのはフッサールは許せないんですね
心理学主義、実験では科学は真理、無時間的な真理を基礎づけられない。客観的世界像は後から作られるもので先にあるのは生活世界である
現象学の最初にエポケーであらゆる自然物を意識から排除したのも生活世界からガリレオ式物理科学的世界像を排除したのも同じことです。
フッサール自体は絶対的、普遍的、万人に妥当する客観的真理を追及しなかったことはありません。

フッサールは数や論理だけではなく赤や経験から構成されるように見える物も、イデア的な普遍的無時間的な物と捉えます
薔薇の赤や郵便ポストの赤、赤が赤であるのは個々の物や体験、知覚を越えてそれが赤だと経験越えて判断できる直観しているからですよね
そうでなければ薔薇も郵便ポストも色合いは全く違う
赤が赤だと判断できるのは赤が論理と同じで経験離れて普遍的客観的だからです
そうでなければあれとこれは赤、あれは赤ではないなどとは判断できません
生活世界から幾何学などを発見し教育され引き継がれといます。そういった共同体な一員として過去からの歴史を引き継ぐことが文明の証であり人類の知的遺産を引き継ぐことです
わけもわからずガリレオ的世界観を押しつけられるのではなく生活世界から一歩一歩人は受動的発生から能動的発生へ知を引き継ぐことができるのです。
幾何学の起源を参照
現象学は理性の普遍的真理の学問です。

22考える名無しさん2017/01/17(火) 17:16:00.880
人間には、赤のイデアを理解することはできるんだよね。
しかし、フッサールは、それ以上のことは一切できない、といってるように俺は感じる。

もし客観の存在を求めていくとすると、そこでカントがいってるように
数学をなぜ客観として認めないかがわからない。
そんなに詳しいなら、それをちょっと説明してくれる?

結局数学でもそうだけど、客観と思ってるものは、本人の主観だとすると、
主観に従って、真理と思っているものも、人によって異なるよね。

赤のイデアにしても、生まれつき例えばカラーコンタクトみたいに
網膜か、角膜に色がついている人がいれば、その人は赤ですら他人と違う色を認識するわけだ。

そうすると、もう何もかも、客観的に正しいとは言えず、そこには主観しかないんじゃない?
だって、今はパソコンで真っ赤っかという色がどんな色か、すぐわかるけど、
昔なら、真っ赤っかというものを見たことない人すらいるわけだし。

しかし、同じ色を見た時の感じ方のことをいってるんだろうね。多分。
それならわかる。

それでもわからないが、フッサールは結局、赤など色のイデア以外の何を、客観とみなしたんですか?

23考える名無しさん2017/01/17(火) 17:18:24.090
>>21
それに、経験から論理的法則は導けないとすると、簡単に論駁できるような気がするな。
生まれてから真っ暗な部屋に閉じ込められて、何も経験していない人間がいるとする。
その人間は何か論理的法則を、導けるか。当然導けない。

結局カントのいう経験からの綜合によって、人間は何かを認識するんだと思うんだがね。
いったい、フッサールは、それについてなんと説明してるんだ?

24考える名無しさん2017/01/17(火) 19:49:37.29O
赤が客観なように数も客観だよ
論理や数学の正しさは経験から独立だ
認識が成立するのは何らかの客観的真理があるから
郵便ポストと薔薇をまとめるのは恣意的な主観でも取り決めでもない
まとめたほうが良いと感じる客観があるから
見たことのないものでも赤と誰もが了解するからそれは恣意でも取り決めでもない
主観にはどうにもできない客観が厳然としてあるから認識が成立する

ただフッサールは現象以外の自然物を持ち込むのは嫌う

科学を嫌うのも客観的ではなく経験からは法則は導けないのに勘違いしているからで
より徹底した客観的な現象学を通じて世界を把握する

25考える名無しさん2017/01/17(火) 20:02:46.21O
網膜がカラーコンタクトの人はその背後が違っているわけで、
赤のイデアとは別な物を感じているとの処理になるね
フッサール的には

26考える名無しさん2017/01/19(木) 18:05:51.35O
経験からは数や論理が無限においても正しいことは確立できない
暗闇にいるのと差はない

27考える名無しさん2017/01/21(土) 06:46:23.830
みすずのイデーンそろえたのはいいが早くも本質直観のとこで挫折
谷徹とかの入門書いくつか読んだがピンとこない

本質直観なんて本当はみんなよくわかってないんじゃないか
目の前に映る光景を「現象学的還元」して本質を取り出すなんて人間の理性を超えてるとしか思えない
ぼやぼやとした無意味な光景が広がるだけで自律的には何も構成されない

28考える名無しさん2017/01/21(土) 08:00:35.08O
今、この瞬間目の前の薔薇を見てでも、その脳内の映像は他とはつながりがない
それを他の植物と関連づけてころは植物だ花だとか色を比較して赤だとか
花として植物として赤として最後にそういった集まった薔薇として
捕らえてはじめて認識できる
それが志向性と本質直観

孤立した瞬間の薔薇の知覚は他の何ともつながりは持たないし
関連づけられない

関連づけることが志向性
関連づけてはじめて認識として立ち上がるものが本質直観
認識として立ち上がった瞬間、それは目の前の孤立した知覚ではなく
既に本質直観を行っていることを前提としている
目の前の孤立した知覚自体は異形の化け物で赤とか花とか
認識できるものではない
フッサールの凄いのは目の前の意識に全てを還元したことではなく
その反対に目の前の意識だけでは何の意味もない何も認識できないことを
証明したこと

29考える名無しさん2017/01/21(土) 10:58:38.26O
経験から共通部分を抽出してとやると移ろいやすいもの、同じ花でも見るたびに違うとかなる
薔薇と郵便ポストから共通な物が赤だと見たことのないものとやはり共通な物を抽出するのか
しないなら何故見たことのないものが赤と言えるのか混乱する
同じ薔薇を見ても見るたびに違う
そのたびにやり直すのかとなる
移ろいゆく経験論は使えない

30考える名無しさん2017/01/21(土) 10:59:43.71O
ブリタニカ草稿の解説読めばフッサールが形相的還元を中心に理論を組み立てていることがよくわかる
目の前に見たことのない花を見る網膜に映る光の像自体は意味がない。その像からこれは葉っぱや茎と繋がっていて植物であり「花」であることは間違いない。
薔薇と同じ「赤い」花だと思う
「赤」として「見たことのない花」として志向性の中で認識する、後で図鑑でこの花だと名前を覚えその花として認識する
網膜に映った光の像自体ははかなくて移ろいやすいが「赤」として「名前のない花」として「名前のついた花」として認識したものは普遍的で形相であり色褪せることはない
経験とは独立に客観的に存在する「光の像」の記憶は消えても
個々の知覚はどうでもいい。普遍として時空も経験とも独立に直観した本質直観が根本的認識であり、それは時空とも個々の経験とも関係なく常に正しく不変的であり常に真理だ
誤解されているがフッサールは主観的な知覚主義者ではない。経験主義者じゃなく普遍論者、実在論者
個別的な体験には意味を認めない
プラトンのイデア論もそう考えれば全く筋が通る
カントは中途半端に経験論的だが物自体で経験はその反映でとか言い出すと色褪せうつろい行く薔薇の網膜に映る色と郵便ポストの網膜に映る色の共通の本質と、この見たことのない花の共通の本質とと無限背進に陥るからペケ
個々の網膜の光とは関係なく赤の本質がありそれは経験とは独立に不変で普遍でかわりない真理だと考えないと矛盾に陥る
フッサールの現象学がやってたことの大部分は形相的還元であり、要するにイデアのこと、志向性も本質直観も形相的還元もイデアを捕らえて経験とは関係ない時空を越えた真理を把握すること
個々の移ろいやすい網膜の像、知覚ではなく不変的な一般的な普遍者、それは知覚を離れた「見たことのない花」や「赤」を含むで認識論を作っている

31考える名無しさん2017/01/21(土) 11:10:08.14O
フッサールにまつわる誤解を解きほぐす
・個々の経験、知覚を元にしたのではない。局所的な時空を限定され視点を限定された体験など何の意味もないことを証明したことこそフッサールの功績
・知覚や体験ではなく、移ろいやすい光の像ではなく、いつになっても誰にとっても普遍的で時空を越えて真理である形相を元にした、実在論者である
・主観的、相対的、偶然的なものではない、客観的、絶対的、普遍的、一般的、永遠的なものしかし相手にしていないこと
・志向性、本質直観、形相的還元
どれもそのことを手を変え品を変えて言っているにすぎない
・論理学研究以来、フッサールの本質志向は変わらない

32考える名無しさん2017/02/03(金) 14:19:00.470
フッサールが『論理学研究1』で「ヘーゲルが矛盾律を否定した」とか書いてあって、
変な感じがしてそこに訳注が付いてので見てみたら、
フッサールのこの記述は不自然で、そしてフッサールはヘーゲルの本を少ししか読んでないとあった。
妙な感じがした。でも、全体の論旨を大きく損なうものではなさそうだから読み続ける。

33考える名無しさん2017/02/03(金) 20:50:41.230
今ハイデッガーの存在と時間読んでるが
これってフッサールはどう思ってたの? 自分の言ってることと違うって怒ったんじゃない

34考える名無しさん2017/02/04(土) 12:57:12.780
そういう狭量な人なのかなあフッサールは。
論理学研究とか内的時間意識の現象学とか、形式論理学と超越論的論理学を読んでるけど、
ハイデガーの方がフッサールから離れていったって感じじゃないの。
弟子が師匠とは違う方向に行くのはあり得ないことではないだろうし。

『内的時間意識の現象学』のまえがきには、訳者の谷徹が、
「本書の刊行のための編集作業をハイデガーに依頼したのは、もちろんフッサール自身である。
フッサールは(出会った直後はそうでもなかったが)、すぐにハイデガーの実力を見抜き、
自身の後継者と考えるようになった。ところが、この当時のハイデガーは、フッサールから離反しつつあった。
フッサールとしてはハイデガーをフッサール自身の現象学の道に引き戻そうとして、この編集作業を
依頼したようである。」と書いている。

35考える名無しさん2017/02/04(土) 13:44:52.440
ちなみに『存在と時間』が出たのが1927年で、
『内的時間意識の現象学』が出たのは1928年だ。

36学術 ディジタル アーカイヴ@院教授2017/02/04(土) 13:50:54.660
超絶 精神 現象学でしょ。ヒュームを読んでおくと。

37考える名無しさん2017/02/05(日) 06:28:12.86O
すぐハイデガーの離反とか人間関係の下世話な話になるけど
そんなのどうでも良くて現象学が普遍や本質を把握するための客観学
経験に左右されないアプリオリだけを問題にしたことを理解すること
それだけが大切

38考える名無しさん2017/02/05(日) 09:44:58.760
フッサールは現象学の理念しか読んでないけど
他人がいるということを前提にしてるハイデッガーの意見は
フッサールには受け入れられなかったと思うよ。

39考える名無しさん2017/02/05(日) 19:56:58.040
http://phenomenologies-meiji.com/event/20160319report
フッサールを怒らせたのは高橋里美らしい。
現象学は哲学のうちの一つに過ぎないと言ったらそうなったらしい。
自分の学問に思い入れが強すぎる人だったのかもしれない。

40考える名無しさん2017/02/05(日) 20:03:02.450
どこのべっぴんさんかと思たら
小汚いおっさんかよ

41考える名無しさん2017/02/05(日) 20:30:28.340
余談だけど明治大正昭和の男性日本人の名前には美の字がよく付いてるからな。
有名人だと田中美知太郎とか橋本登美三郎とか。

42考える名無しさん2017/02/05(日) 20:40:05.030
登美三郎なんて女はいねえしな

43考える名無しさん2017/02/06(月) 13:14:10.650
青木孝平『「他者」の倫理学ーレヴィナス、親鸞、そして宇野弘蔵を詠む』社会評論社、2016年、を
みなさんはすでに詠みましたですか?フッサールの他者論からハイデガーをへて
サルトル、メルロポンティの他者論、それからレヴィナスとデリダの他者論をめぐる論争。
他者は超越論的主観性に還元できるかいなか。
フッサールに対するレヴィナスの批判。そして最後に「第三者」の登場で、
レヴィナスの他者論が崩壊していくくだりは、まさに圧巻でした。
読まれた方、ご批判をお願いいたします。
少なくとも「他者」は現象学的還元ができず、自己以前に現前するという
レヴィナスのフッサール批判は納得のいくものだと思います。

44学術 ディジタル アーカイヴ@院教授2017/02/06(月) 16:07:55.490
レヴィナスでは実存と実存者がよい。

ブランショ評 −絶え間ない騒動―

他者よりまず文学は他動詞から。

45考える名無しさん2017/02/12(日) 19:57:03.590
>>30
そうやって抽象的にごまかすけど
その文の「花」「赤」「像」「薔薇」を本質直観したものを具体的に記述しないじゃん

あなただけでなくて、フッサール研究者だれもできない
あったとしてもせいぜい主観的な印象を記述するだけで普遍性とは程遠い
本当は本質直観なんてできないんでしょ

46考える名無しさん2017/02/17(金) 23:49:02.36O
>>45
記述も何も「ある」ことは自明だろ
何勘違いしてんだ?

薔薇があって、郵便ポストがあって、それらが共に「赤」ということは
本質があるということ
本質が「ある」ということ
なければどっちも「赤」であるなんてありえない
数や論理だって同じこと
数の表象や個々の薔薇や郵便ポストで記述する必要はない
してはいけない
個々の物や経験「でない」から、普遍であって、形相であって、
あなたのような馬鹿の求める記述できるものであってはならないんだよ

47考える名無しさん2017/02/17(金) 23:53:44.92O
〉個々の知覚はどうでもいい。普遍として時空も経験とも独立に直観した本質直観が根本的認識であり、それは時空とも個々の経験とも関係なく常に正しく不変的であり常に真理だ


個々の知覚に還元できないメタなものが間違いなくあることが重要で、
それは個々の知覚や経験で記述できては「ならない」

48考える名無しさん2017/02/22(水) 13:44:46.470
『デカルト的省察』ってレヴィナスが仏語訳に関わってたんだね。
知らなかったよ。

49美魔女2017/02/22(水) 20:21:20.190
デカルトのコギトが

心の病の原因

50美魔女2017/02/22(水) 20:22:01.730
訂正

心の病の始まりね

51学術 ディジタル アーカイヴ@院2017/02/22(水) 20:27:45.720
心のパリスヒルトンホテル。

52学術 ディジタル アーカイヴ@院2017/02/22(水) 20:32:56.390
精神現象学よりヒュームの方が過激。

宇宙空間を連続して寝て跳びながらコギトの連続を紡ぐ。

53学術 ディジタル アーカイヴ@院2017/02/22(水) 20:34:14.050
赤坂と溜池山王のホテルが懐かしいな。遠景。

54考える名無しさん2017/05/07(日) 23:24:33.500
>>46
>薔薇があって、郵便ポストがあって、それらが共に「赤」ということは
>本質があるということ

それはたんなるドグマだな
こういう決め付けに満ちてるからフッサール読みはきらいだわ

55美魔女2017/05/07(日) 23:34:27.110
エポケーによる現象学的還元を行う💓

56考える名無しさん2017/06/29(木) 18:18:03.290
良スレ

57考える名無しさん2017/07/03(月) 02:13:30.58O
なんか考え方のアプローチとか方向性が自分と似てる気がして
フッサール読んでみたい哲学素人なんだが
哲学入門書みたいなのでおすすめある?

58考える名無しさん2017/09/22(金) 22:13:18.610
フッサールに興味持ったんなら門脇俊介『フッサール -心は世界にどうつながっているのか-』
ダン・ザハヴィ『フッサールの現象学』がおススメ
他には植村玄輝他編『現代現象学』これは読んでない

フッサールで哲学に興味持ったんなら
金杉武司『心の哲学入門』は定評がある本
信原幸弘編『心の哲学』なんてのもある

フッサールは基礎づけ主義っていうので批判されるんだけど、それが何なのか知りたければ
冨田恭彦の対話形式の入門書のどれかに結構わかりやすく書いてたはず(6冊あるけどどれか忘れたすまん、たしか角川文庫のやつ)
冨田恭彦の『観念論の教室』は最初はフッサールと全く関係ないけど最後の章でフッサールが何でデカルトが好きでその他の近代哲学者を嫌ってたのかよくわかると思う

59考える名無しさん2017/09/23(土) 22:41:48.030
>>58
どうもありがとうございます
行きつけの古本屋に門脇さんの本はあったので明日見に行ってみます^^

60考える名無しさん2017/12/23(土) 23:30:50.130
翻訳、もう少し頑張ってほしい。これだけフッサール研究者が日本には
いるのだから。

「現象学的心理学」と「第一哲学」の翻訳がまだない、ってのは
恥ずかしいことだぞ。

ハイデガーのほうはあれだけ、全集版の訳は読みづらいにせよ、頑張って
マイナーな本まで訳したのだし、
ディルタイやフィヒテでさえ全集がでているのに、

カントやハイデガーとならんで研究者の数が多いフッサールの翻訳が遅れている
感が強くある。

61考える名無しさん2017/12/23(土) 23:51:21.130
フッサール自身の著作の翻訳が進んでいないのに、研究書と入門書、
および研究書と入門書の翻訳がやたら多い、ってのが日本のフッサールについての
現状。 いろいろ研究者同士でのややこしい問題もあるんだろうけどな。

本人の書く書物や講義録、草稿の部類が、一見ちっとも面白味がなく、ややこしい
ってのも理由だろうな。

入門書や研究書は好みによるし、いいのが多いが、

1田口茂 現象学という思考
2山口一郎 現象学ことはじめ  を個人的にはお薦めする。

次点で、

3斉藤慶典 フッサール起源の哲学

外国人による入門書では、

1ザハヴィ フッサールの現象学
2ヘルト 20世紀の扉を開いた哲学

かな。

62考える名無しさん2017/12/25(月) 00:15:23.720
フッサールが実在論者ってのは正しい認識だし、
本質直観についての理解も、先の説明で問題ないとは思う。

ただまあ、結局、そういったものの根拠を求めると、生活世界とか他者とか
時間とか空間とかそういう問題に行きつかざるをえなくなって、

諸批判に応えるべく、関主観性の現象学をはじめとする、莫大な手稿が遺された
わけだが、残念ながら翻訳は十分にない。

だから今は本格的にそういうことを知りたければ、ドイツ語をマスターして、
翻訳のない無数の文献を読み漁ること。

それができないうちは、先にでた斉藤さんの本とか、ヘルトの「生き生きとした現在」
とか、滅茶苦茶高価だが、谷徹の「意識の自然」とか、
貫茂人、浜渦辰二とかの本を読むほかないんじゃないか。

63保毛男2017/12/25(月) 02:38:48.880
保毛尾田さんところの保毛男さんはホモなんじゃないかな?なんて言われてるんですけども

あくまでも噂でして…」

64考える名無しさん2017/12/26(火) 02:53:07.850
陰毛フッサール

65考える名無しさん2018/01/02(火) 01:53:02.150
たとえ翻訳されている著作でも、フッサリアーナに収録されている数多くの
補論の大半は、訳出されていないことが多いのだよなあ。
本文は訳してあっても。

イデーンIも、フッサリアーナ3-2はすべて訳されてない。
比較的最近邦訳された、「形式論理学と超越論的論理学」も、「受動的綜合の分析」も
「危機」も補論はほとんど訳されていない。

結構そこに、フッサールの重要な考えは含まれているようだ。

昨年ちくまで邦訳された「内的時間意識の現象学」は、みすずの翻訳の数倍の
分量の書物になっているが、

まだ中身は見てないが、おそらく、きちんとフッサリアーナ第10巻を全訳して
くれたのだろなあ。この書物がそういう企画では、日本初かも。

ハイデガー全集のほうは、きちんと全訳してくれているが。

こう考えると、たまに、廉価な文庫本のある「デカルト的省察」と「危機」
だけしか読んでないひとを馬鹿にするひとがいるが、イデーンとかを翻訳で
読んでいても、それだけでは同じアナのムジナだな。

フッサリアーナは42巻でているし、その他ドキュメントや資料集もでていて、
60冊は出版されているが、
そのうち、15冊くらいの本分部分だけしか、翻訳では読めない。

66考える名無しさん2018/01/11(木) 18:10:55.840
>21

“受動的発生から能動的発生”へ知を引き継ぐ、には具体的に
思考方法をどう進めたら良いのでしょうか?

思考法として“エポケ−”がどの様な思考手順によって事象を直観認識(本質直観)の次元へ
高められるのかが分からない。

67考える名無しさん2018/01/15(月) 09:44:38.000
21ではないが、本質直観は簡単なことで、意識に原的に与えられている
何かを何かだと判断してしまう働きでないか。

だから、エポケーすることで、いくらエポケーしても、そういう
林檎を林檎だと捉える働き自体は残っていると特にイデーン1くらいまでは
考えていた。

「事象を直観認識(本質直観)の次元へ 高められるのか」

「高められる」なんて言い方をすると、もう誤解しているんじゃないか?

エポケーすることで、色や形を判断する感性直観、
それが林檎である蜜柑であると判断する本質直観、
林檎が「2個」、蜜柑が「3個」と判断するいくつもの範疇直観、
これらが統合されて知覚が成り立つってことが見えてきたとか、そういうことだろ。

エポケーして、あらゆる思い込みを遮断する → しかし現実に林檎を林檎と捉えることが
我々には出来るそれを否定はできない → 人間の意識には林檎を林檎として捉える
本質直観の能力が備わっているに違いない。

こういう推論の流れ。本質とかいうから、たいそうなことを想像するひとも
いるようだが。

俺はこのあたりのフッサールの知覚の考え方はそもそも間違いだとは思っているけども。

68考える名無しさん2018/01/17(水) 19:22:54.540
「エポケ−して、あらゆる思い込み(主観も入る)を遮断する。
しかし、現実に林檎を林檎と捉えることが我々には出来る、それは否定出来ない。」と述べている。

しかし、“林檎を林檎として捉える”ということ自体、主観を基底として捉えていることになる。

エポケ−とは“一切の先入見(前提)を排する(カッコに入れる)“ことであり、この“一切の前提(先入見)”を
排するとは、主観をも排することを意味している。

69考える名無しさん2018/01/17(水) 19:24:37.570
「歳」の瀬に、林檎で頭がふっさーる

新着レスの表示
レスを投稿する