マルティン・ハイデガー5 [無断転載禁止]©2ch.net

1考える名無しさん2016/07/09(土) 19:32:30.890
前スレ
マルティン・ハイデガー4 [無断転載禁止]©2ch.net
http://mint.2ch.net/test/read.cgi/philo/1467112558/

395考える名無しさん2017/11/20(月) 20:58:15.970
『存在と時間』第42節に以下のような神話が引用されており、その他者への気遣いをめぐる考察が福祉関連の人びとに参照されている

クーラ(気遣い)の神話 in Hyginus’ Fabulae ヒュギーヌスの寓話より

昔、クーラ(気遣い、関心)が河を渡っていたとき、クーラは白亜を含んだ粘土を目にした。
クーラは思いに沈みつつ、その土を取って形作りはじめた。
すでに作り終えて、それに思いをめぐらしていると、ユピテル(ジュピター、収穫)がやって
きた。
クーラはユピテルに、それに精神をあたえてくれるように頼んだ。そしてユピテルはやすやす
とそれを成し遂げた。
クーラがそれに自分自身の名前をつけようとしたとき、
ユピテルはそれを禁じて、それには自分の名前があたえられるべきだ、と言った。
クーラとユピテルが話し合っていると、テルス(大地)が身を起こして、
自分がそれに自分のからだを提供したのだから、自分の名前こそそれにあたえられるべきだ、
と求めた。
かれらはサトゥルヌス(クロノス、時間)を裁判官に選んだ。そしてサトゥルヌスはこう判決した。
ユピテルよ、お前は精神をあたえたのだから、このものが死ぬとき、精神を受け取りなさい。
テルスよ、お前はからだをあたえたのだから、(このものが死ぬとき)からだを受け取りなさい。
さてクーラよ、お前はこのものを最初に形作ったのだから、このものの生きているあいだは、
このものを所有していなさい。
ところで、このものの名前についてお前たちに争いがあることについては、
このものは明らかに土humusから作られているのだから、人間homoと呼ばれてしかるべきで
あろう。

396考える名無しさん2017/11/20(月) 20:59:13.220
(Fabulae のラテン語テキストには異本が複数ある。これは Heidegger が Sein und Zeit. S.197.
で用いているもの。Fabulae の邦訳は、ヒュギーヌス、松田治・青山照男訳『ギリシャ神話集』、
講談社学術文庫、2005 がある)

注:サトゥルヌスはクロノス、時間の神。ユピテルはジュピター、収穫の意。クーラは気遣い、
関心の意、Cura (Greek Kore)、ペルセポネーのこと

ローマ神     ギリシャ名     機能
テルス       ガイア      大地女神
サトゥルヌス    クロノス     農耕の神
ユピテル      ゼウス    ローマの最高神
プロセルピナ  ペルセポネ   農業の女神、あるいはペルセポネの移入

397考える名無しさん2017/11/20(月) 21:17:17.730
会話をする気のないコピペマンはブログでやれや

398考える名無しさん2017/11/21(火) 22:21:11.180
エネチャージww

399考える名無しさん2017/11/21(火) 22:24:14.170
ラッキョ入りカレーを富士山8合目で食べた、生き返った。
高山病になるからもう登らない、富士山山頂は強風だ。夏だったけどね。

400考える名無しさん2017/11/21(火) 22:24:47.350
ホワイトパウンダーケーキ

401考える名無しさん2017/11/21(火) 22:26:46.600
僕は永遠の18歳。ホワイトケーキパウンダー。
ティラミスギザウマス

402考える名無しさん2017/11/21(火) 22:28:27.410
横田めぐみさん帰って着ておいで。助かるかもしれません。

403考える名無しさん2017/11/21(火) 22:29:01.480
僕、鬼のままだよ、おじさん

404考える名無しさん2017/11/21(火) 22:32:17.490
正直、ハイテガーはまずい哲学だとおもうんだよな、僕。

405考える名無しさん2017/11/21(火) 22:47:06.310
コピペマンが狂った(笑)

406考える名無しさん2017/11/21(火) 23:11:57.580
ジゼル・ブンチェンはお風呂でオシッコするんだってな
 
 . l,‐、i三三三'  ,. -"二三,、: : : : : . -"二三-   
.i lll三三三  ´;ィ彡'",ニ、`ヾ、、:  : : ;彳"ニ、ヾミ、、:
!三三三 .::メ《″(::🌀:) ,l:ヾ、: : ,イ'ヘ,.(:🌀::) ゞヘ、:   
 三三  : : : ::``ーゞ='-‐'"ンソ、 ´``'-`''‐="‐'"´:: :
  ヾ三ミ  : ::`ー---‐'''"´: :ノ   :    :    ヾ、
  |:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;i′: : : :/ /  - ― ′   ',   l
  l:;:;:l゙リ:;:;:;:;:;l : : : : : :       ,,r'" ヽ     },   l
.  l:;:;l l゛'r、:;:l: : : : : :     /  `ー‐、_  ハ  ,'
   ヾヽニンl;;l : : : : :    .;';';';';';';';';';';';';';';';';';.,. l. ,'
    l:;:;|: : : : : : : : :   ',   ヾ〒〒〒〒〒ァ:;' /
    "l:: : : : : : : : :   ',    ヽ±±±ン ;' ,/
.    / `丶、:: : :\   ヽ    丶、_ ノ/ /
 
ドンドンドンドン! 苧疾壺玖嵯夷於饅壺雅簾喜軟蛇絽?

407考える名無しさん2017/11/22(水) 00:57:55.880
>>402
政治的立場は別として、横田めぐみさんが何をした?
皮肉られるような事をしたとは思えないが?

408考える名無しさん2017/12/06(水) 14:57:22.460
言葉遊びポモの父 ハイデガー

409考える名無しさん2017/12/10(日) 16:06:40.250
ハイデガーフォーラム「電子ジャーナル」.pdf
http://heideggerforum.main.jp/ej.htm

410美魔女2017/12/10(日) 18:29:29.510
宮本武蔵のが男らしい♪🌟

411考える名無しさん2017/12/15(金) 17:11:58.310
まずい哲学てゆーか、哲学ですらないという評価

412考える名無しさん2017/12/15(金) 21:20:02.190
ハンナ・アーレントは、アドルノを破廉恥だと貶していたが
アーレントによるホロコースト総轄は妥当性をもつ一方で、ハイデガーの愛人をやってた
自身に対する言い訳にも聞こえなくもない

413考える名無しさん2017/12/16(土) 11:50:15.880
話題に乗っかりたいんだが、アーレントって、どこがいいとこなの?

414考える名無しさん2017/12/16(土) 15:18:45.710
高踏的なところがじゃないの

415考える名無しさん2017/12/16(土) 18:56:04.240
アリストテレス、
アーレント、
マルクス、
ハイデガーの生概念:

ポ イ エ ー シ ス  | プラクシス
    制  作     |  実 践    (アリストテレス)
             |
 労働     仕事   |  活動
Iabor  work  | action
             | 思想・政治   (アーレント)
             |
   下部構造      | 上部構造    (マルクス)
             |
  非 本 来 的    |  本来的    (ハイデガー)

古代ギリシャでは、
オイコス   ポリス
経済     政治


ハイデガーは詩作というポイエーシスにプラクシスの徹底を見た

アーレントはトクヴィルの後継者だがカントの解釈者でもある

416考える名無しさん2017/12/16(土) 18:56:26.420
Hannah Arendt "Zur Person" Full Interview (with English subtitles)1964.
「何が残った? 母語が残った」――ギュンター・ガウスとの対話
https://www.youtube.com/watch?v=dsoImQfVsO4?t=37m12s
《Was ist geblieben? Geblieben ist die Sprache.》
《残ったものですか? 残ったものは、言葉です。》
(『アーレント政治思想集成1』18頁)

Hannah Arendt "Zur Person" Full Interview (with English subtitles)
https://youtu.be/dsoImQfVsO4
http://www.youtube.com/watch?v=dsoImQfVsO4#t=7m56s 
《Ich selber wirken? Nein, ich will verstehen. 》
《Do I see myself as influential? No, I want to understand.》
《私が影響力を持ちたいかですって? いいえ、私は理解したいのです。》
(《Ich will verstehen 》p.48、邦訳『アーレント政治思想集成 1』5頁より)

参考:
Business Media 誠:ガンダムは作品ではなく“コンセプト”――富野由悠季氏、アニメを語る(後編) (4/4)
http://bizmakoto.jp/makoto/articles/0907/08/news035_4.html

417考える名無しさん2017/12/16(土) 18:58:25.540
参考:
Business Media 誠:ガンダムは作品ではなく“コンセプト”――富野由悠季氏、アニメを語る(後編) (4/4)
http://bizmakoto.jp/makoto/articles/0907/08/news035_4.html
 もうちょっとだけやさしい話をすると、ハンナ・アーレントが言っている言葉で一番好きな言葉
は政治というのはどういう行為かということです。彼女は「人と人の間をつなぐのが政治である」
と説明しています。日本の政治家は恐らく政治というのは選挙をやることが政治だと思って
いるのではないでしょうか。

418金太郎2017/12/16(土) 21:34:44.600
聖書を読みなさい。

419考える名無しさん2018/01/11(木) 18:40:22.710
>389
西田幾多郎の「純粋経験(主客未分化)」は、ハイデガ−に於ける「無の哲学(成り出でてある)」の
様態であり、単に“意識の統一秩序”ではない。 ハイデガ−の有の論理(差異化)と無の論理(同一化)は
“一つのもの”の様態として現れている。

420考える名無しさん2018/01/16(火) 00:21:41.230
ユピテル      ゼウス    ローマの最高神

421考える名無しさん2018/01/16(火) 00:23:23.120
キャバクラ、スナックで意気投合するとGOD GOD

422考える名無しさん2018/01/23(火) 18:05:55.320
ハイデガ−の現存在は、精神と物質の“融合体”として定義されている。これは心身二元論を
存在と存在者の連関から克服している。ハイデガ−は、主観という言葉を嫌うが、それはフッサ−ルが唱える超越論的主観の
概念が純粋な“精神”であるという論理に反発しているのである。 実は、「現存在」も主観である。それも心(精神)と体(物資)の
融合した存在者として定義されている。

423考える名無しさん2018/01/27(土) 15:35:57.960
https://www.amazon.co.jp/dp/B079C9YFB7/
現代思想 2018年2月臨時増刊号 
総特集=ハイデガー
−−黒ノート・存在と時間・技術への問い Kindle版
M・ハイデガー,高田 珠樹,森 一郎,轟 孝夫,小泉 義之
2018/1/27
「エルンスト・ユンガーへ 」マルティン・ハイデガー /山本與志隆訳
(全集第90巻所収)
サンプルで試読可能

424DJ学術 2018/01/27(土) 15:59:39.800
三元論目ってなんだろうね。ファッショ ンもいいけどそれより
きらびやかな方がいいなあ バサラじゃないけど。スパルクルみたいな造語。

425考える名無しさん2018/01/29(月) 02:05:55.600
ハイデガーとショーペンハウアーとの間に本質的な違いを見出すことができない
どちらもほとんど同じことを言っているように思える
ハイデガー自身はショーペンハウアーを酷評し、否定しているというのに

426考える名無しさん2018/02/04(日) 21:23:44.490
はうあ!

427考える名無しさん2018/02/15(木) 23:53:44.060
発 者 同         . 。_   ____           争
 生 同 .じ     .    /´ |  (ゝ___)          い
 .し 士 .レ      .__/'r-┴<ゝi,,ノ   ro、      は、
 .な で .ベ      ∠ゝ (ゝ.//`   ./`|  }⌒j     
 .い し .ル        } ⌒ /`ヽ、_∠l,ノ ・ヽ´
 .! ! か の       /  ´..:.} >、、___,  .r、 ソ、`\
             /   ..:.:.}   /   |∨ ` ̄
            /   ..:.:./    |   丶
           / _、 ..:.:.:.{    .{.:.:.   \
          {   ..:Y  .ゝ、   {.:.:.:.:.    ヽ
          |、  ..:/ 丿 .:〉   >.- ⌒  .  ヽ
          / {. ..:./ ソ ..:./  .(    ..:.:.:`  ..:}
         ./..:.:}.:.:./ ヘ、 ..:./   .\ ..:.:r_,ノ、.:.:}
        ./..:.:/|.:/   {.:./     X.:.:}.}   X X
        /..:.:/ .}.:|    }:/       .Y丶ヽ  Y.:Y
  . __/.:/ { }  《.〈、     _,,__>.:》丶   Y.:\
  /.:.:.:.:.::/   !.:.:ゝ  ゝ.:. ̄ヾ ´:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾゝ   \.: ̄>

428考える名無しさん2018/03/05(月) 21:30:45.85O

429考える名無しさん2018/03/11(日) 03:44:11.170
とても簡単な嘘みたいに金の生る木を作れる方法
役に立つかもしれません
グーグル検索『金持ちになりたい 鎌野介メソッド』

KLMQX

430考える名無しさん2018/03/11(日) 12:56:35.710
KLMQX

431考える名無しさん2018/03/17(土) 11:37:03.220
グレアム・ハーマン
「大陸系実在論の未来――ハイデガーの四方界」
『現代思想 2018年2月臨時増刊号 特集=ハイデガー-黒ノート・存在と時間・技術への問い-』

“四方界こそハイデガーの最高の発見”

クライン管にも例えられるハイデガーの存在論と、
ハーマンの四方界分析を組み合わせると、
立体マンダラのような話になる。

432考える名無しさん2018/03/18(日) 17:33:09.590
>>431

ハイデガ−の“四方界”を詳しく教えてください。

433考える名無しさん2018/03/19(月) 01:04:50.810
>>432
『ハイデッガー全集 第79巻 ブレーメン講演とフライブルク講演』

434考える名無しさん2018/03/19(月) 02:51:29.800
《ハイデガ ーの 〈大地 、天空 、神的なものども 、死すべきものども 〉が 、
〈実在的オブジェクト 、実在的性質 、感覚的オブジェクト 、感覚的性質 〉から成る 「四方界 」と類似している》
オブジェクトへの道 グレアム・ハーマン /飯盛元章訳 現代思想2018/1

大地  天空
神的  死

実在的オブジェクト  実在的性質
感覚的オブジェクト  感覚的性質

Quadruple Object, The || Zero Books || Book Info
http://www.zero-books.net/books/quadruple-object-the
https://lh3.googleusercontent.com/-2DC0sDT9cso/WdmgUc6HzhI/AAAAAAABVH0/921Auk-hqNYkwbIdLtqrjMvnlxWpxOBsgCHMYCw/s640/blogger-image-2030216359.jpg

435考える名無しさん2018/03/19(月) 02:56:05.090
[瓶から]注がれたものを捧げることの全体に、四者の単一性は宿りつづけている。
注がれたものを捧げることの全体が、そもそも捧げることの全体であるのは 、それが 、
大地と天空、神的なものどもと死すべきものどもを宿りつづけさせるかぎりにおいてである。
もっとも、宿りつづけさせるとは 、ここではもはや、眼前的なものがただ居すわっている、
といった意味ではない。宿りつづけさせるはたらきは、 出来事として本有化する(エルアイ
グネン) 。つまりこのはたらきは 、四者をそれらに固有な本性の光のうちへもたらすのである。
この固有な本性の単一性にもとづいて 、四者はたがいに契りを結んでいる 。

〔 『ブレーメン講演とフライブルク講演』一七頁 〕

大陸実在論の未来ハイデガ ーの四方界 グレアム・ハ ーマン 高野浩之 +飯盛元章訳
現代思想臨時増刊号2018/2より孫引き

436考える名無しさん2018/03/19(月) 20:25:15.290
>>435
事は世界があるから成り立つ。

437考える名無しさん2018/03/20(火) 01:09:32.490
“元有の真理を、われわれは、世界が世界するはたらきにおいて思索し、
 天空と大地、死すべきものどもと神的なものどもからなる四方界の反照-遊戯、ととらえた。”

― 『ハイデッガー全集 第79巻 ブレーメン講演とフライブルク講演』 p93

438考える名無しさん2018/03/20(火) 01:11:58.450
<Geviert> 四方界(四方域)の解説

・『現代思想 2018年2月臨時増刊号 特集=ハイデガー-黒ノート・存在と時間・技術への問い-』
(1)グレアム・ハーマン「大陸系実在論の未来――ハイデガーの四方界」
(2)村井則夫「自性態と四方域――後期ハイデガーにおける概念的思考と像論」

・辻村公一『ハイデッガーの思索』8(1991)

・神尾和寿「ハイデッガーにおける「四方界(Geviert)」の思想の可能性と限界を巡って」(2001)

・試論:四方域[Geviert]の範疇論的解釈に至るための準備
http://trounoir.ohitashi.com/geviert.html

・鈴木哲「四方域の思惟への道 ハイデッガーの新たなる世界思惟」(1995)
https://www.jstage.jst.go.jp/article/philosophy1952/1995/45/1995_45_252/_article/-char/ja/

・秋富克哉「技術時代に死すべき者たちとしてこの大地の上に住む : ハイデッガーの技術論再考」(2013)
https://www.jstage.jst.go.jp/article/rsjars/87/2/87_KJ00008912632/_article/-char/ja/

439考える名無しさん2018/03/20(火) 01:17:42.990
>>438
・辻村公一『ハイデッガーの思索』8(1991)p345-364
「八 或る一つの東アジア的見地から見たハイデッガーの世界の問 ―集-立と四方界―」

440考える名無しさん2018/03/22(木) 13:30:47.160
ブレーメン講演冒頭「物」(四方界関連)は講談社ハイデガー人類の知的遺産に邦訳あり

441考える名無しさん2018/03/22(木) 13:37:09.300
所詮、愚かな人間の思索に過ぎない・・・

442考える名無しさん2018/03/22(木) 17:56:49.560
所詮、愚かな文系人間の言葉遊びに過ぎない・・・

443考える名無しさん2018/04/19(木) 15:11:18.950
西村清和 著
『感情の哲学 分析哲学と現象学』

さらには第一章で論じるように、七〇年代以降の感情の分析哲学を牽引し、
その後の感情論に影響をあたえたロバート・ソロモンの感情論の根底には、
意外なことにハイデッガーの現象学がある。
本書は、客観的な合理性を追求する分析哲学が
個人的で現象学的な感情経験をあつかうときにどのような問題が生じるのか、
またそれはいかにして解決されうるのかをあきらかにすることで、
分析哲学と現象学が切り結ぶ地点に立って、あらためて感情の原理論の構築をめざすものである。
本書の副題が「分析哲学と現象学」となっているのも、このためである。

444考える名無しさん2018/04/19(木) 23:30:23.650
>>442
所詮、理系は言葉(記号)にとらわれた思考でしかないからな。

445考える名無しさん2018/04/20(金) 23:51:43.190
ハイデッガー
 いいとこなしの
  ナチ ファッショ
 

新着レスの表示
レスを投稿する