【人類学】中沢新一

1考える名無しさん2018/01/08(月) 16:10:07.570
中沢新一スレ

2考える名無しさん2018/01/13(土) 23:21:13.550
今どうなの?

3考える名無しさん2018/01/14(日) 01:30:57.960
<リボーンアート・フェス>「生きる術」名称に託す 制作委員・中沢新一さんに聞く | 河北新報オンラインニュース http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201708/20170827_13002.html

「野生の発見方法」を紐解く『野生展』 ディレクターは中沢新一 https://www.cinra.net/news/20171020-wild

中沢新一ディレクション、エレガントな“野生”を探しに 21_21 DESIGN SIGHTの「野生展」へ! | Feature | Pen Online https://www.pen-online.jp/feature/art/wild_untamed_mind/1/

「野生さんぽ」で六本木の縄文へ | Blog | Pen Online https://www.pen-online.jp/blog/n-aono/1513435391/

《交叉する震災と芸能》ドキュメンタリー映画 連続公開! https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000030733.html

真夏に集う公認サンタ 「贈与の祭り」心癒やす https://www.47news.jp/news/1203409.html

茅ヶ崎からなぜ多くのミュージシャンが出ているのか? 『MY LITTLE HOMETOWN』 | J-CAST BOOKウォッチ https://www.j-cast.com/bookwatch/2018/01/10006747.html

4考える名無しさん2018/01/14(日) 01:36:14.060
ポケモンの神話学 新版 ポケットの中の野生 (角川新書) 中沢 新一 https://www.amazon.co.jp/dp/4040821165/

火あぶりにされたサンタクロース クロード・レヴィ=ストロース https://www.amazon.co.jp/dp/4044002207/

虎山に入る 中沢 新一 https://www.amazon.co.jp/dp/4044002428/

アースダイバー 東京の聖地 中沢 新一 https://www.amazon.co.jp/dp/4062209446/

現代思想 2018年1月号 特集=現代思想の総展望2018 養老孟司 https://www.amazon.co.jp/dp/4791713575/

5考える名無しさん2018/01/14(日) 15:51:00.520
『野生展:飼いならされない感覚と思考』
中沢新一のコメント

人間みんなが同じ世界に生き、同じような体験をして、夜見る夢も同じようになっていく現代に、
まだ管理され尽くしていない、まだ飼いならされていない心の領域が、どこかに生き残っている。
私たちはそれを「野生の領域」と呼ぶことにした。
この「野生の領域」に触れることができなければ、どんな分野でも新しい発見や創造は不可能だ。
どうやったら、私たちは心の中の「野生の領域」に触れることができるか、
どうしたらそこへの通路を開くことができるか。
生活と仕事の中でこの「野生の領域」への通路を開く鍵を発見することが、「野生展」のテーマである。

6考える名無しさん2018/01/14(日) 18:25:25.290
オウムを肯定してしまったこの人の感覚も思考も怪しすぎてノーサンキュー

7考える名無しさん2018/01/14(日) 20:23:46.860
オウムが世に出た頃は奇妙奇天烈なことをやっているけど
真面目に宗教をやっている人たちと思われていたんだよ。
胡散臭いというイメージが強くなったのは選挙に出たあたりから。

8考える名無しさん2018/01/23(火) 21:11:26.750
亡くなった西部邁は、東大に中沢を推したら拒絶されやめる羽目に

9考える名無しさん2018/01/23(火) 21:34:51.900
西部唯一の汚点

10考える名無しさん2018/01/23(火) 22:48:21.080
実際、文化人類学の研究をしない
「文化人類学思想が好きな作家」
だから迎え入れなかった人は正しかった

11考える名無しさん2018/01/23(火) 23:27:03.130
大田俊寛っていう宗教学者が、
中沢のことオウムと同質だと痛烈に批判しているね

12考える名無しさん2018/01/24(水) 00:05:58.880
東大駒場騒動(1987-1988年)

1987年、東京大学教養学部社会思想史研究室主任の谷嶋喬四郎より、
ポスト・モダン系統の人材採用の可能性の打診が、
同学教養学部教授の西部邁にあり、
西部は東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所助手(当時)の中沢新一を推薦した。
委員会では通ったが教授会の採決で否決された。

・西部支持
蓮實重彦、佐藤誠三郎、公文俊平、村上泰亮、
村上陽一郎、芳賀徹、平川祐弘、鳥海靖、舛添要一、松原隆一郎、大森彌など

・反対
船曳建夫、谷嶋喬四郎、折原浩、見田宗介

13考える名無しさん2018/01/24(水) 01:29:50.460
文化人類学がどれほど難しいか解ってればとても言えた台詞じゃねえな

試しにまともな文化人類学の文献挙げてみ

14考える名無しさん2018/01/24(水) 14:27:52.460
>>12
見田宗介は反対派だったのか

15考える名無しさん2018/01/24(水) 14:41:09.400
見田宗介は中沢新一のことを嫌っていたね。
北沢方邦も。
思想ベクトルは似ている気がするけど。

16考える名無しさん2018/01/24(水) 14:49:52.460
学問の研究をしない人間を排除するのは
大学として当たり前だぞ

芥川賞作家が大学教員になれないって
不満を言っても意味ないのと同じ

17考える名無しさん2018/01/24(水) 19:52:50.310
見田も中沢並の擬似学問だろう。

18考える名無しさん2018/01/24(水) 23:18:31.450
誰が誰にどう言ったとか
中沢と聞けば脊髄反射でオウムしか出せない猿どもが大学にいて何か得るものあった?

19考える名無しさん2018/01/25(木) 01:28:52.360
知っておきたい
 「最新   脱ぎたて汚れ麺麭をクンクンしたい Best 5 」

1位 角柄 礁
2位 杜玖椀 晶子
3位 西内 まりや
4位 チョン ヘビン
5位 久松 郁実

20考える名無しさん2018/03/05(月) 21:46:36.530
中沢新一のレンマ論

(1) 「レンマの贈与」 (『現代思想 2017年11月号 エスノグラフィ』)
(2) 「レンマ的算術の基礎」 (『現代思想 2018年1月号 現代思想の総展望2018』)

1.中沢は中村雄二郎から山内のレンマ論を勧められたという話
2.華厳とSFとレンマ

21考える名無しさん2018/03/11(日) 02:21:29.550
とても簡単な嘘みたいに金の生る木を作れる方法
役に立つかもしれません
グーグル検索『金持ちになりたい 鎌野介メソッド』

LBJH0

22考える名無しさん2018/03/12(月) 20:52:57.030
>>20
中沢にとっては、
対称性人類学(対称性/非対称性)も同様の取り組みだった

23考える名無しさん2018/03/12(月) 20:53:56.120
“フランスの社会学者ブリュノ・ラトゥールの著作『私たちはまだモダンではない』を知ったときに、
 一気に明確な形をとりはじめた。その本の副題には「対称性人類学の試み」とあった。
 この言葉を見て、私は自分の求めていたものの「名前」を知ったのである。” 

― 中沢新一 『対称性人類学:カイエソバージュ5』 (2004)


(1)Bruno Latour "Nous n'avons jamais ete modernes. Essai d'anthropologie symetrique" (1991) (英訳1993)
(2)ブルーノ・ラトゥール 『虚構の「近代」:科学人類学は警告する』 (邦訳2008)

「対称性」という語の由来は、2の訳者解題で説明されている。

24考える名無しさん2018/03/12(月) 20:59:58.560
ポスト・ポスト構造主義前夜

25考える名無しさん2018/03/12(月) 21:02:41.720
この頃の本を今読み返して丁度いいぐらい

26考える名無しさん2018/03/12(月) 21:04:50.870
中沢新一対談集 『惑星の風景』 (2014)

クロード・レヴィ=ストロース/ミシェル・セール/ブルーノ・ラトゥール/吉本隆明/河合隼雄/
養老孟司/中村桂子/細野晴臣/杉浦日向子/藤森照信/河合俊雄/管啓次郎

27考える名無しさん2018/03/12(月) 21:05:12.350
これなども即戦力

28考える名無しさん2018/05/05(土) 08:50:29.030
中沢新一×東浩紀
「原発事故のあと、哲学は可能か」 『新潮 2014年9月号』

"「アジア」の脱構築へ"。言語起源論から、アジア環太平洋哲学の未来像まで。

29考える名無しさん2018/05/06(日) 01:35:25.810
『ロゴスとレンマ』でも読んでみようかと思ったけど、高すぎでプロレタリアには買えない

30考える名無しさん2018/05/07(月) 00:20:25.560
>>29
木岡伸夫 『〈あいだ〉を開く―レンマの地平』 (2014)

山内の『ロゴスとレンマ』をすごく分かりやすく解説しているから、これ一冊読めば十分。

31考える名無しさん2018/05/07(月) 01:10:27.060
>>30
著者は京大系の研究者みたいね
確かに良さそうだから、読んでみよう

32考える名無しさん2018/05/07(月) 01:36:30.590
山内さんの弟子ですね

新着レスの表示
レスを投稿する