この世界が仮想現実だとしたら、哲学の意味は?

1考える名無しさん2018/03/25(日) 12:39:54.290
この世が仮想現実だとしたら、哲学は無意味?意味がある?

195考える名無しさん2018/12/11(火) 19:19:20.550
酔っ払って意味わからなくなってきたわ
また今度にします

196考える名無しさん2018/12/11(火) 19:29:23.490
>>194
自分自身がそうである可能性だってあるだろ?

「その人物になりきって体験」してるだけかもしれないぞ?

197考える名無しさん2018/12/11(火) 19:32:58.260
>>196
自分が主人公以外のその他大勢かもしれないって事ですよね
それはあり得ますが、意識を自分で認識出来る以上は、自分は個であるのではないか
と思います

198考える名無しさん2018/12/11(火) 19:55:16.140
自身にいろんな出来事が起こりすぎるのは
向こう側でそうしているから。
悪いイベントコンボしたらこの実験体なら
どうなるんだろうかと言うシュミュレーション。

悪いことって続くときは続くしな。
続けざまに起こすことでその実験体の真の行動を
観察する。
しかし何のためなのかは向こう側にしかわからん。

199考える名無しさん2018/12/11(火) 21:01:57.640
失礼します
仮想現実だとしてらあっち側にいるのは人間が好きなんではないでしょうか?
ポジティブなことでちょっと、なかなか踏み出せないことがあったらその考え方を思い出して
一歩に出来たらと思いました。出来るかどうかわかりませんが。
面白い話ありがとうございます。

200考える名無しさん2018/12/12(水) 03:47:31.180
子宮=内=存在

201考える名無しさん2018/12/12(水) 07:53:54.810
設定条件を変えて、何度も試行する。
それが、シミュレーションってものだ。

この世がシミュレーションならば、解析担当者(もしいれば、の話だが)は、当然そうするだろう。

地球の生命は進化して高度に知的な生命体となり、文明が進歩してゴールが見えてきた感がある。
この地球環境の設定条件は、良かったのか、悪かったのか。いかなる効果を生んだか。
もうすぐ結論が出るだろう。

202考える名無しさん2018/12/12(水) 08:09:10.590
>>110
壁を通り抜けられないのだって、タネも仕掛けもある。

壁を構成する原子や分子は、陽子の持つプラスの電荷と、電子のもつマイナスの電荷をうまく組み合わせることにより、固く結びついている。

ここに、自分の手が触れたとする。
壁の原子や分子たちは、ガッチリとスクラムを組んで、手を通さない。
壁の原子の表面の電子雲と、手の原子の表面の電子雲は、お互いにマイナスの電荷を持ち、反発する。
手の神経は、それを脳に伝える。
脳はそれを、「手が固い物体に触れた」という触覚情報に変換して、意識に伝える。

人間に、「物質が存在する」と確信させる、じうに巧妙なシステムだ。
将来、コンピュータが発達して、よりリアルな仮想現実ができるとしても、人類は、こなやり方を真似るしかないだろう。

203考える名無しさん2018/12/12(水) 08:19:38.200
物理が分かってくるにつれて、物質が結合するのも、分解するのも、みんなプラスマイナスの電磁作用なんだってことが分かってくる。

それだけでなく、物体が動いたり、曲がったりするのも、結局はプラスマイナスの電磁作用によるものがほとんど。

そんな物質を、世界内存在である人間は、実体のある存在のように感じている。
自分自身の脳が、電磁作用を、視覚・聴覚・触覚・・・に変換して、せっせとそれをサポートしている。

「この世界は、一種の電子信号でできている」という所以が、そこにある。

204考える名無しさん2018/12/12(水) 08:54:30.900
逆だね
かつて世界は物質とやらでできている思われた
今は無しからの波でできているみたいだって思われている
100年後はまた別の見方をしてるだろうよ

人は自分の理解できるものでしか物事を考えられない
君の妄想の限界が其処に在る

205考える名無しさん2018/12/12(水) 12:24:46.910
>>204
「物質世界は、プレイヤー(つまり、自分)の周囲だけがアクティブになっており、鮮明に認識できる。
それ以外は、スリープ状態で漠然と存在している」という世界観が主流になりつつある

206考える名無しさん2018/12/12(水) 13:01:10.830
プレイヤーの周囲では、素粒子が物質化する

ふだんは休眠状態で待機

207考える名無しさん2018/12/13(木) 05:34:51.480
科学が進歩するにつれて、「この世は仮想現実だ」ということに、地球人類は気がついてきた

これからは、ますますそうなる

208考える名無しさん2018/12/13(木) 05:35:50.640
世の中は、仮想現実に近づいてくる

インターネットだって、昔の人には、とてもこの世の現実とは思えまい

209考える名無しさん2018/12/13(木) 05:37:03.490
ここ2〜30年ほどでも、日本はたいして変わっていないが、世界は激変した

210考える名無しさん2018/12/13(木) 05:41:19.250
物質は、それ自体では、仮想空間のなかの情報にすぎない

人間が、それを「物質」だと思うことによって、初めて物質になる

211考える名無しさん2018/12/13(木) 05:44:09.590
宇宙は、なるべく情報量を節約するようにできている

必要最小限の舞台装置だけは用意しておき、後は各人の脳が大幅に情報量を水増しして、意識の中で物質世界を充実させるという合理的なシステムになっている

212考える名無しさん2018/12/13(木) 05:49:17.060
プレイヤーの周囲と、そうでないところとでは、物質はその在り方を変えている

プレイヤーの認識の範囲外では、物質は休眠状態になっており、そのぶん情報量を節約している

213考える名無しさん2018/12/13(木) 05:53:17.440
スミズミまで緻密に作り込むほど、宇宙はヒマではない

それだと宇宙全体の情報量が大きくなりすぎ、情報処理が限りなく遅くなってしまう

作り込んであるのは、プレイヤー、つまり、この世界の住人であるわれわれ人間の周囲だけだ

残りは、手抜きもいいとこ

214考える名無しさん2018/12/13(木) 06:52:41.550
この世が仮想現実かどうかを考えるよりこの世に仮想現実を作ることの方が価値がある

どちらの方がより高度で難しいかは分かっていると思いますが

バカだからそこから逃げてレベルの低い妄想で済ませているんでしょうけど
仮想現実を作るとなるとその出来を他者と比べられ自分の幼稚さ・拙さが暴かれますしね

215考える名無しさん2018/12/13(木) 06:54:03.850
VRゲームで遊ぶ事しか出来ないバカとVRゲームの開発者程の違い

ここの議論の本質です

216考える名無しさん2018/12/13(木) 06:57:22.180
自分がバカだと受け入れているが他のみんなもバカだと貶めて神や宇宙人・異次元人という上位の存在を持ち出し他者との差を同じ仮想現実の中のAIでしかないと誤魔化す事で自慰をしているだけで気持ち悪い

そうじゃないだろ?

同じ世界で生きているからこそ競い合わなけれ何時迄も馬鹿だ馬鹿だと繰り返し馬鹿にされるだけだ

目覚めろ!

217考える名無しさん2018/12/13(木) 07:38:35.610
>>214
人類が仮想現実を構築する上では、常に、この世が参考になるモデル

218考える名無しさん2018/12/13(木) 07:40:50.460
本当は電子信号のカタマリにすぎない仮想空間の物体を、いかにして通り抜けできない触覚のあるモノと見せ掛けることができるか

それにはやはり、この現実世界から、その手法を学ぶしかない

219考える名無しさん2018/12/13(木) 07:51:39.730
結局のところ、「ここは通り抜けられない」という情報も、「これにはツルツルした触感がある」とか「ザラザラした触感がある」という情報も、しょせんは情報にすぎない

それを、プレイヤーにとって、どれだけリアルと感じられるものにするか。
それだけの問題だ。

それにはやはり、この現実世界が用いている実際の手法が、最も参考になる。

220考える名無しさん2018/12/13(木) 08:11:49.500
>>216
自分が幼少の頃から信じ込んできた世界像が、ガラガラと音を立てて崩れてきたからといって、パニックになってはいけない

気持ちはわかるが、ここは冷静に受け止めるべきだろう

221考える名無しさん2018/12/13(木) 08:36:35.750
>>220
逃げるなよ
現実と向き合え

222考える名無しさん2018/12/13(木) 09:06:27.880
>>221
「この世は仮想現実である」ということ

それこそが、認めたくない現実だ

223考える名無しさん2018/12/13(木) 09:17:09.790
>>222
そんなにつらい人生なら死ねばいいと思うんだけど

224考える名無しさん2018/12/13(木) 10:51:43.770
>>223
死んだら、仮想現実が終わってしまう

225考える名無しさん2018/12/13(木) 10:54:02.430
だが、終わるのは、自分の仮想現実だけだ

他人の仮想現実は、まだ続く

226考える名無しさん2018/12/13(木) 12:34:36.260
仮想現実とかを考える前に、この得たいの知れない「現実」とやらを考える必要があると思う、、、

227考える名無しさん2018/12/13(木) 12:36:11.300
「現実」とやらを直接考えたい

228考える名無しさん2018/12/13(木) 12:46:21.180
何やら湧いてきてるな
妄想バカで結構だが(笑)
これは果たして妄想なのかどうかすら証明できないだろう?
結局否定するとそれは自分のエゴになるしな
逃げだのなんだの言ってるけど
逃げている認識はないな少なくとも自分には。
結局押し付けで文字書いてるだけぞ?
自分の意見を正当化したいワガママな子供みたいにな

この世に仮想現実を作る?価値がある?
何言ってる?そこに行きたいのならもう行けるだろう?買う価値があるゲームしておけばいいんだよ。

229考える名無しさん2018/12/13(木) 12:56:12.570
天下国家を揺るがすような議論をしてるわけじゃないんだ
こんなの単なる遊びなんだからそう熱くなるな

230考える名無しさん2018/12/13(木) 13:00:00.220
>>228
自分でわかってるじゃん
考えても証明できない妄想ですって
そして馬鹿といわれて結構だと思えていないからムキになって反論しようとして失敗してるw

本当に馬鹿だなぁ

231考える名無しさん2018/12/13(木) 13:00:26.160
所詮にちゃん。いやごちゃんかー
さー仮想空間でしごとすっぺかなぁー

232考える名無しさん2018/12/13(木) 13:10:57.020
>>231
所詮君では語れないんだよ
バカの考え休みに似たりってやつだ
あきらめて仕事しろやw

233考える名無しさん2018/12/13(木) 13:45:57.970
>>229
いや、そんなことはないぞ

むしろ、これほど人類を揺るがす大問題は他にないくらいだ

234考える名無しさん2018/12/13(木) 14:06:26.410
興奮してイキリ立つ奴が出てきても、不思議はないテーマだ

235考える名無しさん2018/12/13(木) 14:12:21.300
大学院もですけど〜仮想現実は〜生活費がかかるので〜

236考える名無しさん2018/12/13(木) 14:14:56.720
>>235
テクノブレイクで死ねば良かったのに。
言い訳ブサイクwww

237考える名無しさん2018/12/13(木) 14:20:46.250
学位ぐらい取得しろよクズwwwww
国に帰れwwwwww
今すぐ死ねwwwww

238考える名無しさん2018/12/13(木) 14:36:27.780
まあ、そうカリカリしなさんな

こちらは、「この世は仮想現実だ」と言ってるだけ

べつに、「お前の人生には意味がない」とか、「お前には生きる価値がない」とか、そういうことが言いたいわけじゃないので

239考える名無しさん2018/12/13(木) 18:07:53.700
>>232
あんれまぁ随分とイキってらっしゃるようで(笑)
そんなに癇に障ったんだね。
なんかゴメンね〜

240考える名無しさん2018/12/13(木) 18:19:48.380
それにしても、地球人類の大多数は、21世紀のいまも、相変わらず素朴実在論で生きている。
つまり、この世は実在の世界であり、物質は実在すると信じている。
信じているというより、疑うことを知らない。
疑ったことがない。

主としてキリスト教とイスラム教の影響により、あの世があると信じている人は多いが。

「この世は仮想現実である」という、明確な認識に至った人はまだ少数だ。

241考える名無しさん2018/12/13(木) 18:31:12.920
古代インドの瞑想哲人も、「この世は仮想現実である」ということを見抜いていた。
しかし、それは、世間の一般人にとっては信仰の領域。
「ブッダやシャンカラがそういうのなら、そつなのだろう」とか、
「ラマナ・マハルシがそういうのなら、そうだろう」という話だった。

ところが、現代になって、物理学者たちが、実験と観察、計算を繰り返した結果、
「物質というのは、われわれが思ってたようなものじゃなかった。
物質は素粒子でできているのだが、その素粒子の中身は空っぽだった」
という結論に至った。

こうして、地球人類は、「実は、われわれのいる宇宙は、実在していない。
これは、仮想現実だったのだ」ということに気づく段階を迎えた。

242考える名無しさん2018/12/13(木) 18:41:11.530
そう、素粒子というのは、中身が空っぽだったのだ。

それも、ピンポン玉みたいに、外側に殻があって、内側には空気が入っている・・・というわけではない。

素粒子には、外側の殻すらないのだ。

原子核はプラスの電荷を持ち、電子はマイナスの電荷を持つ。
プラスとマイナスは引っ張り合ってくっつこうとするが、プラス同士、マイナス同士は反発して離れようとする。
このプラスとマイナスをうまく並べることにより、素粒子と素粒子は、適度な距離を保っている。

これを人間が見ると、物体に見えるというわけだ。
中身は隙間だらけのスッカラカン、というより、何もない空虚なのだが、
うまく並べてあるおかげで、マクロな目で見ると物体に見える。

そういう、巧妙な仕掛けが続々と発見されてきた。
いまや、「どうやら、われわれのいる宇宙は、今まで考えられてたようなものじゃなかった。
ここは、仮想世界なのだ」ということに、地球人類は気づきつつある。

243考える名無しさん2018/12/13(木) 18:54:18.560
このプラスとマイナスの配列は、配列のしかたによっては、ガッチリと結合していたり、ゆるく連なっていたりする。

ガッチリと結合しているものは、人間には「硬い」と感じられる。
ゆるく連なっているものは、人間には「軟らかい」と感じられる。

本当は、それは電磁作用にすぎない。
われわれ自身の脳が、それを硬さとか軟らかさといった「触感」の情報に変換している。

要するに、われわれが日常、「物質」だと思っているものは、じつは「電磁作用」なのだ。

人間がコンピュータ内に構築する仮想空間のなかの、電磁信号でつくられた物体と、その本質はなんら変わるところがない。

244考える名無しさん2018/12/14(金) 20:00:22.700
宇宙がビッグバンして粒子がばら撒かれて、電子によってくっついたり離れたりしながら
人間の皮膚が出来上がるとか、どんな理屈か
誰か説明してもらえないでしょうか

245考える名無しさん2018/12/15(土) 00:11:29.630
どのような作用というか理屈で、それぞれの物質が
そのものの形を形成したり、その形を保ったりするんですか

新着レスの表示
レスを投稿する