パンク★大好き!

1NO-FUTUREさん2018/10/14(日) 07:24:02.62ID:???
パンクって青春を歌うものでしょ?
俺は反キリストだの通行人をぶっころしたいだのそんなのパンクじゃないよ
迷惑行為をしたり暴力を振るって威嚇する事がパンクだなんて間違ってる
パンクが汚されたようでとても悲しい(´;ω;`)
本当のパンクブルーハーツやハイスタモンパチ175Rを聴いてほしいな

2NO-FUTUREさん2018/10/14(日) 16:39:25.56ID:W0poczfk
ながれいしだね、りゅうせきだね、さすがPUNKだねぇ〜!(ドロンジョ調で)

僕は(今はもう、お爺さんになってしまったけれど.....)、16歳の時にPUNKの虜になったよ。1976年の冬だったね。周りの女の子たちは、ベイ・シティ・ローラーズに黄色い声を上げてたよ。

あの頃、PUNKと称されたレコードだったら何でも、片っぱしから買っては聴きまくったね。雨後の筍パンクには色んなバンドがいたけれど....

自分のバンドも組んでみたよ。僕のわがままが過ぎて、すぐに空中分解したけどね。

地元(関西)の小さなハコにも足繁く通ったよ。楽しい時も沢山あったけど、痛い思いをしたこともあったね。

また、関西以外のバンドやシーンを知りたくて、東京や福岡にも単車で走って観に行ったよ。目から鱗状態になることも多々あったよ。少し後になってから訪ねた名古屋や仙台、札幌もスゴく良かった。

でも、やっぱりホンマもんが観たくて、イギリスとアメリカにも行ってみた。「黄色い猿」だからって邪険にされたコトもあったけど、どちらの国でもPUNKは炸裂していたよ。

それから、のべつまくなしにバンドやディストロやレーベルに手紙を送り付けては、文通(ネットが無かったからね)を求めたよ。

レコードトレードもやったね。スターリンの『虫』ピクチャーLPは50枚くらい、A.Aの『不法集会』compi.LPは20枚くらい(80's JAP COREもテープからソノシート、EP、LPに至るまで相当数)を相手から求められるままに、海外に送り出してしまったね。

そのような関係からまた、旅に出て西ベルリンで家屋不法占拠者(パンクスが主体となっている)の仲間に入れてもらった。
でも、「オレ(ワタシ)の人生、既に終わりました」的な薬物中毒パンク(パンケット)も多すぎて、たいそう困惑したこともあったよ。でも、西ドイツでもPUNKは多いに弾けてたね。

つらつらと、我が事を書き連ねてしまい申し訳ないです。
PUNKが好きで、好きで、好きすぎて、これからも関わり続けていこうと思っています。


貴方が推されているバンドたちも素晴らしいバンドばかりです。
ただ、PUNKも玉石混淆。
清濁併せ呑む器量を持たれて、これからも楽しいPUNK人生を歩んでください。

なが〜い、なが〜い書き込み、お許しくださいませませ。(さだ まさし調で)

新着レスの表示
レスを投稿する