台湾の企業

1 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 2011/08/20(土) 09:42:39.46
台湾と言うとやはりASUSやエイサーやHTCなどPC関連に強い印象
だけど他にも知りたいなあと思って建てた

191美麗島の名無桑2017/10/01(日) 14:40:39.16
2017年09月29日 前へ 前へ| 次へ 次へ

台湾・森田薬粧 シートマスクで日本市場へ参入

台湾のシートマスクメーカー大手の森田薬粧は日本市場へ参入する。
2017年9月からドラッグストアを主な販路にシートマスクの販売を開始した。
台湾の直営店における日本人購入者数に近年、顕著な増加傾向がみられたことから商機があると判断した。
台湾からの輸入品を取り扱っているが、国内での工場設立に向けた検討も進めている。
日本製のヒアルロン酸を配合するなど原料へのこだわりを強みに、17年内は国内で8000万円から1億円の売上を目指す。

http://www.kagakukogyonippo.com/headline/2017/09/29-31116.html

192美麗島の名無桑2017/10/05(木) 17:24:36.65
台湾ケンダ デンマークタイヤ企業を買収

2017年10月05日

ケンダ・ラバー・インダストリアルは10月2日、欧州各国でホイールとタイヤ事業を展開するデンマークのスターコ・ヨーロッパの買収を行ったと発表した。

同社は、この買収は欧州市場へのより良いアクセスを提供するプラットフォームを確立するためのステップであり、相乗効果から利益を得て、潜在力を発揮し、北米と欧州の企業を成長させることが目的だとしている。

http://tire-gomutimes.com/?p=122027

193美麗島の名無桑2017/10/05(木) 17:39:55.51
鴻海の8K液晶工場建設地、米ウィスコンシン州マウントプレザントに/台湾

【経済】 2017/10/05 11:52

(台北 5日 中央社)鴻海(ホンハイ)精密工業は8K液晶パネル工場の建設地を米中西部ウィスコンシン州ラシーン郡マウントプレザントに決定した。
地元紙ミルウォーキー・ビジネス・ジャーナルが4日、報じた。

鴻海の郭台銘董事長は7月、米ホワイトハウスで会見し、米国に100億米ドル(約1兆1270億円)の投資を行うと発表していた。
工場は2020年完成予定。

http://japan.cna.com.tw/news/aeco/201710050002.aspx

194美麗島の名無桑2017/10/09(月) 09:48:39.63
導体受託大手トップが退任へ=TSMCのカリスマ経営者―台湾

時事通信社 2017年10月2日 20時08分

ファウンドリー(半導体受託製造)世界最大手、TSMC(台湾積体電路製造)は2日、設立以来30年にわたり会長を務めてきた張忠謀氏が来年6月上旬に予定する株主総会後に退任すると発表した。
張氏退任後は、共同最高経営責任者(CEO)の劉徳音氏と魏哲家氏の2人が経営を主導する。
会長に劉氏が、CEOには魏氏が就く。
張会長は86歳と高齢で、後継者選びが長年の課題だった。
張会長は同日、記者会見を開き、「老後を自分と家族のために過ごしたい」として、退任後は経営には一切関与しない方針を表明した。
今年、設立30周年の節目を迎えたTSMCの経営は安定しており、バトンを渡す決意を固めたもようだ。 

http://www.excite.co.jp/News/economy_g/20171002/Jiji_20171002X330.html

195美麗島の名無桑2017/10/09(月) 09:53:09.68
台湾カゴメ、巨大オムレツで設立50周年祝う

【経済】 2017/10/07 16:49

(台北 7日 中央社)食品メーカーのカゴメ(愛知県)の台湾子会社、台湾カゴメ(台南市)が6日、設立50周年を記念して、直径1メートルの巨大オムレツを製作し、主力商品トマトケチャップの魅力をアピールした。

台湾カゴメはカゴメ初の海外合弁事業として1967 年10月6日に創設され、2002年に子会社化が発表された。
業務はトマトケチャップ、トマトジュース、野菜ジュース、調味料などの生産・販売が主体で、台湾市場におけるトマトケチャップのシェアは約8割を誇る。
50周年を迎える今年、トマトケチャップと相性抜群のオムライスで一つの節目を祝うことになったという。

同社は、日本のカゴメが自社製品への理解を深めるために始めたオムライス検定制度を2010年から導入。
この社内資格は3級から1級まであり、現在、台湾カゴメの社員約130人のうち83人が、基本のオムライスをきれいに作れるレベルの3級に合格しているという。

http://japan.cna.com.tw/news/aeco/201710070004.aspx

196美麗島の名無桑2017/10/09(月) 10:01:52.23
台湾、航空業の規制緩和へ エバー前会長の新会社設立に追い風

【観光】 2017/10/07 18:48

(台北 7日 中央社)交通部(交通省)の王国材次長は7日、航空会社の設立条件緩和を盛り込んだ「民用航空運輸業管理規則」改正草案を6日同部が承認したと明らかにした。
早ければ年末にも正式に施行される見通し。これにより、エバー(長栄)航空の前董事長(会長)、張国イ氏の新航空会社設立が現実味を帯びてくる。(イ=火へんに韋)

張氏は台湾の海運・航空大手、エバーグリーングループ(長栄集団)の創業者、張栄発氏の後妻の長男。栄発氏の死後の2016年2月、遺言に基づいた同グループ総裁兼任を発表するも、栄発氏の前妻の子供との間で起こった“お家騒動”によりエバー航空会長を解任された。

同年11月、新航空会社「星宇航空」(StarLux)の設立に乗り出したが、現行の法律では個人名義での航空会社設立が認められない。
また、非航空業者が航空会社を立ち上げ、かつ国際線を運航するための条件として、設立5年以上であることや、国際運輸、或いは国際貿易業務を5年以上にわたり手掛け、直近3年間、毎年の売上高が60億台湾元(約222億円)に達していることなどが定められている。
張氏はこれを不合理だとし、一部の立法委員(国会議員)などからも、航空業の競争力向上のためにも規定を見直すべきだとの声が上がっていた。

改正案では、個人名義での航空会社設立を認めない規定は維持するものの、申請会社の設立年数や業務の運営年数に関する規定が取り除かれた。
60億元の財力証明と、最低3機の航空機の保有、その他参入に必要な条件を満たせば航空会社を設立できる。

http://japan.cna.com.tw/news/atra/201710070005.aspx

197美麗島の名無桑2017/10/18(水) 17:29:36.08
台湾の太陽電池メーカー3社が合併、台湾最大で世界5位に

2017/10/18 15:14

台湾の太陽電池セル(発電素子)や太陽光パネルのメーカーであるジンテック(Gintech)、
ネオソーラーパワー(NSP)、ソーラーテック(Solartech)の3社は16日、2018年の第3四半期までに合併し新会社を設立すると発表、覚書に署名した。

台湾の調査会社TrendForceの一部門であるEnergyTrendによると、3社の太陽電池セルの製造能力は合計5GWに達するとみられる。
そのうち、3.5GWが台湾の工場、1.5GWが中国、タイ、ベトナムの工場によるもの。

この合併により誕生する新会社「United Renewable Energy Company(UREC)」は、台湾最大の太陽光パネル・メーカーとなり、世界でも5位の製造能力を持つことになるという。

3社による相互補完、垂直統合戦略へ
EnergyTrendのRhea Tsaoアナリストは、「これら3社は、ターゲットとしている市場や製品のポートフォリオが互いに異なる。
NSP社は高効率の製品に集中し、単結晶シリコンのPERC(Passivated Emitter and Rear Cell:裏面不動態型セル)やHJT(ヘテロ接合)プロセスへの移行を進めている。
ジンテック社は子会社に太陽電池ウェハーのサプライヤーであるUtech Solar社とパネルメーカーのGintung社の2社を持っており、垂直統合型の太陽光発電メーカーを目指すうえで戦略的に重要だ。
ソーラーテック社は多結晶シリコンのPERC技術で活発に事業を展開している。
今回の合併によって、相互に補完しあえることが、3社にとって最も大きな利点となる」と説明している。

太陽光パネルの生産能力に関しては、3社の合計は600MW。
合併後、新会社は垂直統合の取り組みの一環としてパネルの生産能力を3GWに引き上げる意向という。
台湾の太陽光発電産業全体としても5GW以上の拡大になる。
台湾は技術などの点では中国の太陽光パネル・メーカーより優れている面もあるものの、生産能力に関しては中国企業に大きく水をあけられている。
それでも、合併による製造規模拡大で、新会社ではコスト削減や、原料や製造機器の調達におけるサプライヤーとの交渉などでメリットを期待できるとみられる。

今回の合併は、国際的な競争激化で収益性の低下に悩む台湾の太陽光発電産業において先行事例になると期待されており、国際的な業界再編の契機となる可能性がある。

足元の台湾市場では、蔡英文・民進党政権が太陽光などの再エネ導入を加速しつつある(関連記事)。
しかし、2017年の上半期に導入された太陽光の設備容量は130MWに留まったという。

台湾政府が策定した2016〜2018年の2年間の目標は1.52GWだが、最初の1年間で設置された容量は394MWと目標達成には程遠い状況となっている。
蔡英文政権にとっては、国内市場でさらなる需要を喚起する必要に迫られている。

http://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/101809557/

198美麗島の名無桑2017/10/21(土) 09:45:23.08
台湾 台北近郊 / ゲーム専用ホテル「iHOTEL」桃園にオープン

2017年10月18日(水)

 2017年10月12日、パソコン、スマートフォンメーカーとして知られるASUS(エイスース/華碩電脳)は、アジア初をうたう対戦型ゲームがテーマのホテル「iホテル」を桃園市にオープンいたしました。

 客室数44室の同ホテルは、全客室にゲーム用パソコン、ゲーム用チェア「DX RACER」を完備しています。

 ゲーム好きの方におすすめです。是非ご利用ください。

  ※iホテル(i Hotel / 暖・時租旅館)
住所: 桃園市桃園區中正路56號8樓(No.56, Zhongzheng Road, Taoyuan District, Taoyuan City)

http://www.travelvision.jp/news/detail.php?id=79573

199美麗島の名無桑2017/10/29(日) 11:01:55.63
台湾パネル2社、減速鮮明に 中国需要減で単価下落
イノラックスとAUOの7〜9月、単価下落

2017/10/27 23:00

【台北=伊原健作】台湾の液晶パネル大手の業績拡大にブレーキがかかっている。
鴻海(ホンハイ)精密工業系の群創光電(イノラックス)が27日に発表した2017年7〜9月期連結決算は、純利益が87億台湾ドル(約330億円)だった。
前年同期の3倍弱だが、直近四半期(17年4〜6月)に比べ28%減少。
パネル単価の下落が鮮明となり、業績環境が不安定になってきた。

「欧米市場は安定していたが、中国のテレビ向け需要が10%減になった」。
イノラックスの蕭志弘・総経理(社長)は同日、決算発表の電話会議でこう述べた。
売上高は795億台湾ドル。前年同期比で7%増えた半面、直前四半期からは6%減った。
昨年後半に中国などで大型テレビの需要が膨らみ、液晶パネルの供給が逼迫。単価上昇が業績の追い風となったが、状況が変わりつつある。

1平方メートル当たりの単価は17年7〜9月期に2四半期連続で低下し、373米ドル(約4万3000円)と約半年で7%下落した。
大型テレビが在庫調整期に入り、パネルの需給が緩んでいる。ライバルの友達光電(AUO)も状況は同じ。
単価下落を理由に前日、7〜9月期の純利益が88億台湾ドルと直近四半期に比べ10%減ったと発表していた。

中国のパネル大手、京東方科技集団(BOE)などが今年に入り増産を急いでおり、供給過剰による一段の値崩れを懸念する声も増えている。
AUOの彭双浪董事長は「(中国勢は)良品率を高めるのに時間がかかっている。
18年はパネルの需要と供給がともに前年比5〜7%伸び、均衡するだろう」とし、急激な値崩れが起きることはないとの見方を示した。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO22817550X21C17A0FFE000/

200美麗島の名無桑2017/11/04(土) 23:18:35.15
台湾のWINBODのナガサワは、上司が首にしたがっとる。

201美麗島の名無桑2018/01/03(水) 12:43:21.34
【電子版】台湾・鴻海、シャープの種類株を売却 売却益2524億円

(2017/12/30 12:30)

台湾・鴻海精密工業は29日、保有するシャープのC種種類株をすべて売却し、約2524億円の売却益を得ると発表した。
売却先は鴻海グループ企業の役員や従業員で構成する持ち株会社で、英国領ケイマン諸島にある「ESプラットフォーム」。
売却は2018年1月30日を予定する。

鴻海はグループの役員と従業員に、シャープの企業価値を高める動機を持たせるためのインセンティブ制度を構築するとしている。
シャープも26日に開いた取締役会でこの売却に同意した。
鴻海には2017年12月期の通期決算を前に利益を確保する狙いもあると見られる。

C種種類株は鴻海グループがシャープを買収した16年8月に、シャープが発行した議決権のない種類株式。
鴻海グループが買収時に出資した3888億円のうち1000億円にこのC種種類株を割り当てた。
今回の売却によって鴻海グループによるシャープへの出資比率64.77%が変わることはない。

https://www.nikkan.co.jp/articles/view/00456396

202美麗島の名無桑2018/01/03(水) 12:48:38.01
「日本には大恩がある」台湾の自転車メーカー創業者 日本の地域振興貢献で叙勲受章

2017.12.31 20:13

【台北=田中靖人】台湾の世界的な自転車メーカー「ジャイアント」の創業者、劉金標氏(83)が秋の叙勲で旭日中綬章を受章した。
広島、愛媛両県を結ぶ「瀬戸内しまなみ海道」に販売・レンタル店を出し自らも走破するなど、日本の地域振興に貢献したことが評価された。

 劉氏は日本統治時代の台中生まれ。ウナギ養殖などを経て1972年、38歳で自転車の受託製造会社を起業。
81年には自社ブランド「ジャイアント」も立ち上げ、2016年に会長を引退するまでに一代で世界的な企業に育て上げた。

 劉氏自身も自転車に乗る。73歳と80歳の時には自ら自転車に乗って台湾本島を一周し、「環島(台湾一周)」ブームを生んだ。

 「しまなみ海道」が有名になったのは、劉氏が12年に愛媛県知事の招きで走破し話題になったため。
現在は滋賀県の「琵琶湖一周(ビワイチ)」や東日本大震災の被災地での「復興支援サイクリング」に取り組む。
それも、創業当時に日本企業から技術的な指導を受け「日本の方々には大恩がある」という思いからだ。
劉氏は「(日本にはコースとして)広める価値のある場所がたくさんある」と話す。

http://www.iza.ne.jp/kiji/world/news/171231/wor17123120130012-n1.html

203美麗島の名無桑2018/01/20(土) 17:00:15.33
台湾の郵政、配達用バイクを電動に 2023年度までに完全移行へ

2018年01月18日

台湾の郵政「中華郵政」は、1月15日に全ての配達用ガソリンバイクを2023年までに電動バイクに移行すると発表した。

台湾の郵政のシンボルカラーは緑色。配達バイクも同じく緑を基調としている

発表日となったこの日は、台北郵便局で電動への移行1回目を記念し、電動バイク導入式典を開催。
台湾の行政院(内閣)では、昨年末から大気汚染への改善策としてバイクや自転車の自動化を推進している。

移行1回目となる今回は、導入効果の確認やコスト比較を行うため、導入台数1627台のうち1000台をレンタルし、627台を購入した。
今後6年間で6.5億台湾ドル(約24億4,000万円)を投じ、2023年までに現在配達で使用している9000台弱のガソリンバイク全てを電動化する予定としている。

1回5時間の充電で走行できる航続距離はおよそ50キロで、主に都市部など短距離での配達に使用される。
そのため先行導入されるのは、台北市のほかに新北市、桃園市、高雄市、宜蘭県、澎湖本島などの6地域。
本年中には、さらに600台を購入する予定で、新竹市、台中市、台南市でも使用を開始する予定としている。

https://taipei.keizai.biz/headline/94/

204美麗島の名無桑2018/01/20(土) 17:02:33.16
臺虎が春節限定商品「ワンワンワンフルーツビール」 動物愛護団体に寄付も

2018年01月16日

台湾の酒造メーカー「臺虎精釀」が1月20日、春節(旧正月)限定商品「Taihu Woof! 汪汪旺(ワンワンワン)フルーツビール」の販売を始める。

イベント「汪汪旺(ワンワンワン)Woof!フルーツビール発表イベント」では、犬を連れての参加も歓迎している

今年の干支(えと)である戌(いぬ)にちなみ、犬の鳴き声「汪」(ワン)と、
台湾で新年のあいさつとしてよく使われる「好運旺旺來」(良いことがたくさん訪れますように)の盛んなという意味の「旺來」(ワンライ)を掛けてネーミングされたもの。オレンジとグレープフルーツを使った爽やかな味わいのフルーツビールになっているという。

ラベルについて、同社担当者は「今までのスタイルを脱却するため、犬愛好家である
ネットイラストレーターの「小犬工作室」に依頼し、犬の一家が家族団らんで年越しを楽しく過ごす風景を演出した」と話す。

同日14時〜17時には同社が運営するバー「啜飲室Landmark」で新商品発表イベントも開く予定。
先着200人に新年の犬シールを進呈するほか、犬を連れて来店した人、または同商品を購入した人限定36人に犬の似顔絵を進呈する。

価格は1本=200台湾ドル、1セット4本入り=600台湾ドル。
「啜飲室Landmark」「台虎露飲車」「Driftwood西門町」「啜飲室台中」で販売する。
同商品の売り上げから1本当たり20台湾ドルを野良犬の保護などを行うMary's Doggies(台湾瑪莉愛狗協会)とSPCA(台湾防止虐待動物協会)に寄付する。

https://taipei.keizai.biz/headline/92/

205美麗島の名無桑2018/01/24(水) 11:36:36.90
◆台湾貿易センター福岡事務所 職員募集のお知らせ

弊センターでは現在職員を募集しています。

日本と台湾の架け橋となる、やりがいのある仕事です。
興味のある方は詳細の確認、応募をリクナビNEXTから行ってください。

多数のご応募、お待ちしております。

https://next.rikunabi.com/company/cmi0560639002/nx1_rq0015748940/?fr=cp_s00890&list_disp_no=1&leadtc=keyword_ichiran_cst_n1_ttl

206美麗島の名無桑2018/02/07(水) 17:46:27.36
台湾企業の年末ボーナス、平均は1.34カ月分 2年連続プラス成長

【経済】 2018/01/30 11:25

(台北 30日 中央社)求職サイト「1111人力銀行」が29日に発表した年末ボーナスに関する調査結果によると、81.4%の企業が年末ボーナスを支給すると答えた。
平均は月給1.34カ月分で、2年連続のプラス成長だという。同サイトの幹部は、昨年、台湾の景気に改善がみられたのが主な要因だと分析している。

支給額が高い業種は順に金融業、IT産業、貿易業。
金融監督管理委員会によれば、昨年の金融業界全体での利益は推定値で約5500億台湾元(約2兆500億円)に上っている。
貿易業に関しては、昨年の年間輸出額が過去2番目の高水準を記録した。

IT産業では、多くの企業が月給14カ月分の給与を保障する年俸制を採用しているほか、個人の業績などに応じてボーナスも支給し、人材の流出防止を図っているという。

ボーナスの支給額を決める際に参考にする指標は、個人の業績(61.0%)、勤続年数(22.1%)、部門全体の業績(21.8%)など。
全従業員への一律同額支給を採用している企業の割合は15%に満たなかった。

調査は今月17〜26日、同サイトの企業会員を対象に電話調査の形式で実施。有効回答件数は902件だった。

台湾では通常、旧正月(春節)前に年末ボーナスが支給される。

http://japan.cna.com.tw/news/aeco/201801300001.aspx

207美麗島の名無桑2018/02/24(土) 12:54:53.79
トイレットペーパーが最大3割値上がり パルプの価格上昇受け/台湾

【経済】 2018/02/23 19:03

(台北 23日 中央社)製紙原料となるパルプの価格高騰を受け、製紙メーカー各社がトイレットペーパーやティッシュペーパーなどの値上げに踏み切った。
流通業者によると、早ければ3月中旬、遅くとも4月までには小売価格に反映され、値上げ幅は1〜3割程度になる見込み。

家庭紙などに用いられるNパルプ(針葉樹パルプ)の輸入価格は2016年10月末時点の1トン約550米ドルから上昇を続け、2017年末には約6割増の910ドルに達した。

23日付の経済日報は、消費財大手のキンバリー・クラーク台湾がクリネックス(舒潔)など傘下の14〜15ブランドで約10年ぶりの値上げを決定、3月に調整が行われると報じた。

RTマート(大潤発)、a.マート(愛買)などの大型量販店によると、すでに値上げを決めたメーカー各社からの通知が届いている。
台湾で一般的なポップアップ式のトイレ紙を例に取ると、最大3割増しの場合、100枚入り12個パックの商品が約200台湾元(約730円)前後から約260元(約950円)前後になる計算だという。

http://japan.cna.com.tw/news/aeco/201802230006.aspx

208美麗島の名無桑2018/03/10(土) 22:41:10.14
すごくおもしろいパソコン一台でお金持ちになれるやり方
一応書いておきます
グーグル検索『金持ちになりたい 鎌野介メソッド』

OLVYK

209美麗島の名無桑2018/03/11(日) 14:24:47.54
世界長者番付 鴻海の郭台銘氏が台湾一 日本一は孫正義氏

【経済】 2018/03/08 11:46

米経済誌「フォーブス」が6日に発表した2018年版の世界長者番付に、台湾の富豪35人が名を連ねた。
台湾人の首位は2年連続で電子機器の受託製造などを手掛ける鴻海(ホンハイ)グループの郭台銘董事長(会長)。

同番付は、10億米ドル以上の資産を持つ富豪を選び出してランク付けしたもの。2017年版では世界182位(保有資産額75億ドル)だった郭氏。
今回は資産が85億ドルに増加、181位に順位を上げた。

台湾の上位3位は郭氏のほか、食品会社などを傘下に持つ旺旺グループ創業者の蔡衍明氏(68億ドル)、建設業などを営む宏泰グループ創業者の林イクリン氏(58億ドル)。
(イク=土へんに育、リン=王へんに隣のつくり)

世界のトップ3は上から、米アマゾン・ドット・コム創業者のジェフ・ベゾス氏(1120億ドル)、
米マイクロソフト創業者のビル・ゲイツ氏(900億ドル)、米著名投資家ウォーレン・バフェット氏(840億ドル)。日本一は、ソフトバンクグループの孫正義会長兼社長(227億ドル、39位)だった。

http://japan.cna.com.tw/news/aeco/201803080002.aspx

210美麗島の名無桑2018/03/11(日) 14:40:42.22
エバー航空前会長、新航空会社設立を申請へ 交通部が改正規則公布/台湾

【観光】 2018/03/09 14:10

エバー航空の前董事長(会長)、張国イ氏が来週にも新航空会社「星宇航空」(StarLux)の設立申請を交通部(交通省)民用航空局に提出する見通しであることが分かった。
同部は8日、航空会社設立に関する改正規則を公布。今回の改正で、張氏の新航空会社設立に向けて障壁となっていた規定が取り除かれ、設立への道が開けた。
2020年初頭の就航を目指す。(イ=火へんに韋)

航空会社設立に関して定めた「民用航空運輸業管理規則」ではこれまで、非航空業者が航空会社を立ち上げ、
かつ国際線を運航するための条件として▽設立5年以上▽国際運輸または国際貿易業務の運営5年以上▽直近3年の売上高が毎年60億台湾元(約218億円)以上―などの条件を規定していた。
改正規則では、申請会社の設立年数や業務の運営年数に関する条件が取り除かれ、60億元以上の財力証明と、最低3機の航空機の保有、その他参入に必要な条件を満たせば航空会社を設立できるようになる。

張氏は従来の規定を不合理だと訴えていたほか、一部の立法委員(国会議員)からも関連規定の見直しを求める声が上がったのを受け、交通部は昨年から規則の改正に乗り出していた。

星宇航空の聶国維広報責任者によれば、同社は客室内の通路が1本のナローボディー機としてエアバス社の「A321neo」14機の導入を決定。
今年上半期にもリース契約を締結する見通し。通路が2本あるワイドボディー機は6年で10機を導入する予定だという。

“高品質”を売りにするという星宇航空。まずは東南アジアや北東アジア路線を開設し、その後は北米に路線を拡大する計画だとしている。

http://japan.cna.com.tw/news/atra/201803090003.aspx

211美麗島の名無桑2018/03/18(日) 13:34:58.59
日本と台湾は、家族です。

212美麗島の名無桑2018/03/26(月) 22:51:23.03
長榮、吉祥航空共用班號聯營 台滬航班更密集便利

2018/03/26 17:46


長榮航空即日起再揄チ合作夥伴,與吉祥航空運用共用班號方式聯營桃園—浦東、
高雄—浦東航線,提供旅客更密集、便捷的航班服務。

長榮航空與立榮航空目前由台灣飛往上海的航線,計有桃園—浦東、高雄—浦東、松山—浦東、
松山—虹橋等四條航線,每週飛航29班,再加上長榮與中國國際航空每週8班的桃園—浦東
及每週4班的松山—虹橋航線聯營航班。長榮與吉祥航空共用班號聯營後,航班益加密集,
每週往返台灣與上海兩地之間的航班達49班,旅客航班選擇更多元,行程規劃亦更具彈性與便利。

長榮航空加入星空聯盟後,積極與各盟航進行聯營共用班號合作,長榮航空表示,
星空聯盟為強化聯盟網絡及拓展區域性合作夥伴,發展出星盟優連夥伴合作模式,
吉祥航空是星盟優連夥伴,可提供星盟金卡會員貴賓室、快速通關、額外行李額度、
優先報到、優先登機、優先候補及優先行李運送等多項禮遇。
長榮航空與吉祥航空共用班號聯營桃園—浦東、高雄—浦東航線後,雙方更進一步合作,
並且提供旅客更便利服務,可經由上海轉機前往大陸眾多城市。


http://ent.ltn.com.tw/news/breakingnews/2377171

213美麗島の名無桑2018/03/31(土) 17:08:33.53
中央社創立94周年 董事長「職責全うする」/台湾

【社会】 2018/03/30 22:22

台湾の国営通信社、中央通訊社の創立94周年記念式典が30日、台北市の本社ビルで行なわれた。
昨年7月に就任した劉克襄董事長(会長)は、中央社は「職業人生最後の一駅で、最後の列車になる」と話し、ジャーナリストとしての職責と責任を全うしていくことを誓った。

中央社は1924年4月1日に中国大陸・広州で創設された。この日は定年退職者らも駆け付け、創立94周年を祝った。

張瑞昌社長は報道の仕事を箱根駅伝に例え、時間との戦いというだけでなく、十分な体力と強い意志が求められ、一人ひとりがたすきをつなげていくものだと言及。
これは中央社を写し出すのみならず、多くの優良なメディアに共通した経験でもあると述べた。

また、中央社と交流のある日本のPR会社、共同ピーアールの古賀尚文会長も式典に出席した。
古賀会長は4〜5年前に中央社の社長を初めて訪問したことを振り返り、台湾と日本の友好関係から考えて、もう少し早く会うべきだったと話し、今後も両社が日台の経済や文化、スポーツ、先端技術などでの交流において架け橋になれるよう期待を寄せた。

http://japan.cna.com.tw/news/asoc/201803300004.aspx

214美麗島の名無桑2018/03/31(土) 20:30:38.87
八大總經理林柏川榮退 將受聘旺旺集團首席顧問

2018年03月31日 10:28


八大電視總經理林柏川執掌20年職務榮退,昨(3/30)在8位主播群帶領下,
台內高達300多位員工齊聚大廳歡送,甚至有人激動落淚,還有人要求合照,
場面熱鬧溫馨,而林柏川榮退後,將受聘為旺旺集團首席顧問,
以40餘年的經營管理經驗,提供年輕世代在創新之餘,更穩健踏實走向美好未來。

今年68歲的林柏川,民國64年便進入廣告公司任職,之後成立製作公司,
在老三台時代製作不少膾炙人口經典戲劇,最後在已故前八大董事長楊登魁邀請下,
投資八大,是一路推高八大身價的幕後功臣,而林柏川與旺旺集團董事長蔡衍明相交近40年,
如今受邀將擔任旺旺集團首席顧問,他表示這並非突然決定,而是早在1年前,
就已做了一連串規畫,退休後從第一線退到第二線,也將多花點時間調養身體並樂得含飴弄孫。

林柏川對於未來新職務感到信心滿滿,表示:「以我對產業的熟悉度、長期與韓國合作關係,
可以貢獻經驗和專業」,也強調戲劇部分一直是自己的強項,,戲劇一直是我的強項,
分析中天可以轉型空間很大,「以現在氛圍和市場現況來說,自製戲劇不是不行,
但必須在安全和不賠錢前提下」,未來將貢獻自身數十年來的經驗,
提供年輕世代在創新之餘,更穩健踏實走向美好未來。


http://www.chinatimes.com/realtimenews/20180331001412-260404

215美麗島の名無桑2018/04/09(月) 22:35:16.39
TripAdvisor 2018 最佳航空公司評選 長榮榮獲多項殊榮

2018/04/09 17:58


根據旅遊網站TripAdvisor公佈的2018 Travelers’ Choice最佳航空公司評選,
「全球前十大航空公司」包括新加坡航空、紐西蘭航空、阿聯酋航空、日本航空、
長榮航空、西南航空、Jet2.com、卡達航空、藍色巴西航空及大韓航空,其中,
長榮航空除了被評選為「全球前十大航空公司」,還被評選為「亞洲區最佳商務艙」、
「亞洲區最佳豪華經濟艙」等多個獎項,備受旅客肯定。

TripAdvisor的2018 Travelers’ Choice最佳航空公司評選,
統計自2017年2月至2018年2月期間內,超過90萬筆的全球旅客搭機體驗評分及意見,
包括來自歐洲、北美洲、拉丁美洲、中東/非洲、亞太地區等超過550家航空公司受到旅客評分,
其中涵蓋傳統航空、廉價航空、區域性航空公司等。

TripAdvisor透過全球社群的力量,評選出深受大眾喜愛的航空公司,
也讓提供最佳飛航體驗的航空公司受到矚目,此次Travelers’ Choice最佳航空公司評選,
長榮航空榮獲「全球前十大航空公司」、「亞洲區最佳商務艙」、「亞洲區最佳豪華經濟艙」
等多項殊榮,成績亮麗。長榮航空表示深感榮幸獲得全球旅客給予的高度肯定,
今年下半年長榮也將開始引進波音787-9夢幻客機,明年亦有波音787-10加入機隊,
在引進新機隊的同時,再次精進服務品質,提供旅客更完善的服務。


http://ent.ltn.com.tw/news/breakingnews/2390169

216美麗島の名無桑2018/04/11(水) 17:44:24.80
台湾のNASメーカーSynologyが日本法人を設立

2018年4月11日 12:33

台湾Synologyは11日、同社日本法人「Synology Japan株式会社」の設立を発表した。

日本法人は、米国、ドイツ、イギリス、フランス、中国につづく6番目の海外拠点となる。
代表取締役社長には、台湾本社バイスプレジデントの蔡明宏(Jones Tsai)氏が就任する。

Tsai氏は、日本法人設立について、日本市場での急速な成長にともない、ユーザーからの
問い合わせ件数の大幅な増加を受けたこと、設置環境の多様化、提供ソフトの充実度が
幅広くなったことから、ユーザーやパートナーにより身近なサービスを提供する必要性を感じたためと述べ、
ユーザーごとのニーズに応えられるように努力を重ね、信頼できるブランドを目指していくと語っている。

Synology Japanでは、今後、日本ユーザー向けの機能などの提供、国内サービスの展開、
円滑なコミュニケーション基盤の構築、より親切親身なテクニカルサポートの提供を行なうとしている。

https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1116448.html

217美麗島の名無桑2018/04/11(水) 18:06:39.20
【台湾のお土産探しにもおすすめ】世界最大級のリボン工場「緞帶王觀光工廠」

2018/04/09 16:00

台湾には世界最大と言われるリボン工場があります。
それが、「緞帶王觀光工廠」。緞帶(ドォワンダイ)とは中国語でリボンの意味です。
そこにはありとあらゆるリボンがあります。

緞帶王觀光工廠は観光工場ですが、実際に稼動中の工場でもあります。
実際に製作中の工場を見ることもでき、DIYやリボンの作成について学ぶこともできます。
意外と知られていないことですがこの台湾の世界最大のリボン工場から、世界中にリボンが輸出されています。
世界中のプレゼント用のリボンがここから届けられているのですね!

工場の中にはリボンのショップがあります。
また海外の有名ブランドのOEMもしています。
あ、ここのブランドのリボンもこの工場で作っているのね!
と、ちょっと感動しました。

たくさんの種類の中から、きっとあなたの好きなリボンがきっと見つかることと思います。

こちらでは破格の値段でリボンを買うことができますよ!
美しいリボンを安く買えるため最近はとても人気だそう。どれもステキで選んでいると、とんでもない数になってしまいます。
買いすぎに注意しましょう!

場所はどんなところ?
場所は彰化県の西海岸沿いに作られている工業地帯の中。周りにもいくつかの観光工場があり、見学できるようになっています。


台湾ガラス工場
http://www.timingjump.com.tw/

白蘭氏健康博物館
http://www.brands.com.tw/content/brands/tw/zh-tw.html#clickloc=topnav


このエリアは工業地域で、車以外の交通機関のない辺鄙な場所にありますが、お客様が絶えないのは、リボンの種類の豊富さと、安さに惹かれてやって来るんですね。

お土産にもぜひ!
もし、機会がありましたら、お気に入りのリボンを探してみてくださいね。
メイドイン台湾の素敵なリボンはお土産にも喜ばれそうです。
あれもこれもとたくさん欲しくなってしまいますよ!


緞帶王觀光工廠
https://www.ribbon888.com/

住所 彰化縣鹿港鎮彰濱工業區鹿工路15號
電話:04-781-3626
定休日:月曜日

[行き方]
台鉄彰化駅からタクシーで約20分
帰りもタクシーに待っていてもらうことをおすすめします。
流しのタクシーや他の交通機関は無いところです。

https://tabizine.jp/2018/04/09/181232/

218美麗島の名無桑2018/04/15(日) 14:03:10.88
2018/04/10 11:30

台湾エイサーが注力「娯楽施設向けVR」の巨大なポテンシャル

台湾のPCメーカー大手「Acer(エイサー)」はパソコンの売上が落ち込むなかで、VR(仮想現実)関連デバイスに活路を見出そうとしている。

Acerは今年3月、世界最大規模のVR娯楽施設であるドバイのショッピングモール「The Dubai Mal」に、同社のVRヘッドセット「StarVR」を納入するとアナウンスした。

調査企業「Gartner」によるとAcerは世界のPCメーカーのなかで、出荷台数ベースで6位に位置している。
しかし、PC市場が縮小するなかで同社はスマートフォンやクラウド向けデバイスにもチャレンジを重ねてきた。

Acerは2016年、スウェーデンのゲーム開発会社「Starbreeze」と合弁会社の「StarVR」を立ち上げ、VR関連ガジェットの開発を進めてきた。
StarVRがターゲットとする市場は、家庭向けではなくショッピングモール等に設置されたVRアーケード向けの市場だ。

3月29日の声明で同社は「企業向け及び娯楽施設向けのVR製品に特化していく」と述べた。
台北の市場調査企業「TrendForce」のアナリスト、Jason Tsaiは「StarVRのデバイスを用いれば、モールの運営者はより高い入場料をとれるようになる」と述べる。

「AcerはVR市場でB2B型のビジネスモデルを展開しており、コンシューマ向けの製品より高単価な製品を開発している」とTsaiは述べた。

調査企業「IDC」はVR及びAR(拡張現実)関連製品への支出額が、2017年の114億ドルから、2021年には2150億ドル(約23兆円)に伸びると見込んでいる。
企業が従業員のトレーニング用に用いるヘッドセット需要も、2023年にかけて大きく拡大すると別の調査企業「ReportsnReports」も述べている。

StarVRのヘッドセットの性能は家庭向けのデバイスを大きく上回る。
「PC市場での経験を活かし、Acerは高い品質のプロダクトを生み出した。
解像度や画角の点で、他のコンシューマ向けデバイスを大きく上回っている」と台北のアナリストのCliff Kungは述べた。

IPOも準備中
AcerのVRヘッドセットは高額なデバイスだが、米国の「IMAX VR」や日本のセガのVRアーケードなど、世界各地のVR施設での需要が見込める。
競合製品としては同じく台湾のメーカー「HTC」の製品があげられる。

「家庭向けのVRは主にゲーム向けの限られたマーケットだ。しかし、娯楽施設向けのVRは新規の参入者たちにとって、より大きな成長が見込める分野だ」とアナリストのKungは述べた。

VR市場が拡大するなかで企業に求められるのは、他のメーカーを真似るのではなく、この市場で確固たるビジネスモデルを生み出していく姿勢だ。
StarVRは既にIPOの準備も進めているという。
同社の動きを今後も注視したい。

https://forbesjapan.com/articles/detail/20522

219美麗島の名無桑2018/05/04(金) 14:58:39.00
【台湾】エイサーが「スマート数珠」、東南ア輸出も視野
5/4(金) 11:30配信

パソコン(PC)世界大手の宏碁(エイサー)は、スマートフォンと連動する「スマート数珠」の新製品を7月に台湾で発売する予定だ。
年内には東南アジアへの輸出も視野に入れる。工商時報などが伝えた。

エイサーは今年3月中旬にスマート数珠「Leap Beads」を発売。
ヒノキの一種で貴重な香木とされるシセンネズコ(崖柏)を素材に使い、電子部品を組み込んだ親玉と玉13個を組み合わせた。
専用のスマホアプリと連動させることで、ウエアラブル端末として運動量や睡眠時間などを計測できるほか、念仏を唱えた回数や瞑想(めいそう)時間などをはかることも可能。
将来的には決済機能などが搭載される見通しという。

同社の旗艦店や専門店を通じて、BtoB(企業間取引)市場向けにカスタマイズ製品を販売したところ、当初の予想を上回る売れ行きだったことから、新製品の発売を決めた。
素材にシタン(紫檀)を使った点が特徴で、7月に発売する。

スマート数珠は台湾のほか、東南アジアでも需要があるといい、初の海外出荷先として東南アジア市場を狙う。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180504-00000010-nna_kyodo-cn

220美麗島の名無桑2018/05/20(日) 10:29:36.24
2018年05月15日

台湾の民間銀行、ブロックチェーン決済システムを導入 台北市内で展開

台湾の台北富邦銀行は、ブロックチェーンに基づく決済システムを導入した。
現地メディアのタイペイ・タイムズが14日に報じている。

台北富邦銀行は、台北市内の国立政治大学付近のレストランや商店に向けてブロックチェーンに基づく決済システムを展開したと発表した。
同銀行は昨年3月、「ブロックチェーン決済ネットワークに向けた重要な技術・工学的研究開発」を行う契約を国立政治大学と結び、ブロックチェーンに基づく決済ネットワークを導入する計画を明らかにした。

イーサリアム(ETH)ネットワーク上で動作する、このブロックチェーンに基づく決済アプリケーションは、決済にかかる時間を減らし、取引費用を抑えるビザンチン・フォールト・トレラント性(BFT)を持つ合意プロトコルを実装している。
同銀行によると、そのアルゴリズムにより取引にかかる時間が1秒未満に短縮されたという。

この新たに立ち上げられたブロックチェーンに基づくシステムは、改善されたデータ取引の記録方法も提供している。
各取引は即座にブロックチェーン上で暗号化・記録され、事業者はブロックチェーンの帳簿を通じて取引の記録を閲覧できるようになる。

台北富邦銀行によると、大学近くのエリア内にある協賛店の取引量が、システム立ち上げ後2週間にわたり4倍に増えたという。
同銀行は、プロジェクト展開における次の段階は、ブロックチェーンに基づく決済システムを政治大学エリア全域のお店や事業に拡大し、新たなシステムの実証地区を形成することだと述べている。

今年1月、台北市はブロックチェーンを用いた大気汚染の最新情報の提供や健康履歴の追跡などのサービスを市民に提供することで、「スマートシティ」を目指す意向を発表している。
また2月には、台湾の中央銀行の楊金龍総裁は、中銀が「決済システムのセキュリティと効率」を改善するため、ブロックチェーン技術の利用方法を探求していると述べた。

https://jp.cointelegraph.com/news/taiwan-taipei-bank-launches-first-blockchain-payment-system-in-the-country

221美麗島の名無桑2018/05/27(日) 11:43:01.58
2018.5.24

台湾エイサー、高機能「クロームブック」発表 ビジネス用途に攻勢

台湾の大手パソコン(PC)メーカー、エイサー<2353.TW>は米グーグルのPC用基本ソフト(OS)「クロームOS」上で動作するハイエンドのノートPC「クロームブック」2機種を発表した。
教育用に加え、ビジネス向け市場に攻勢をかける。

調査会社IDCによると、エイサーは米国市場で昨年、クロームブックのメーカーとして第2位だったもようだ。

今回発表した2機種は、「クロームブック・スピン13」と「クロームブック13」。
米インテル<INTC.O>の第8世代CPUを搭載、筐体は強度の高いアルミニウム製となっており、学校や子供向けの安価なモデルとは一線を画す。

「スピン13」は、ヒンジ(ちょうつがい)によりタブレット端末としての使用が可能。
一方の「13」は縦方向に長い13.5インチの液晶を備え、文書を見る時の画面スクロールの必要を減らした。
デュアルマイク付きで、ビデオチャットの際に高品質な音声で会話ができる。

エイサー・パンアメリカのグレッグ・プレンダーガスト会長は具体的な価格を公表しなかったが、ロイターに対して21日、300ドル程度で販売されている平均的な機種を上回る水準になると述べていた。

グーグルはクラウドサービスや、マイクロソフトの「オフィス」と競合するビジネス向けソフトウエア「Gスイート」へ顧客を誘導するため、クロームブックの販売を推進している。

クロームブックはエイサーのほかにグーグル、HP<HPQ.N>、デルなども製造。
米国の小学校では最近数年間で約6割のシェアを占めるようになったが、ビジネス分野でのアピールは小さかった。

https://diamond.jp/articles/-/170900

222美麗島の名無桑2018/06/02(土) 14:23:22.45
台湾系・鴻海子会社が中国本土に上場、中国と台湾経済の関係は?

2018年5月30日 11:00

台湾系企業が中国本土資本市場に上場する。鴻海精密工業の主要傘下企業の一つでアップルのiPhoneの組み立てなどを行う富士康工業互聯網(フォックスコン・インダストリアル・インターネット。601138)は5月24日、本土A株市場で公募を行った。
発行価格は13.77元/株(234円相当、1元=17円で換算、以下同様)。
PER(株価収益率)は2018年12月期予想利益に対して17倍で、本土A株メインボード上場にしてはほぼ上限である。
発行株数は19億7000万株。
調達額は271億2700万元(4612億円相当)に達する。28日には当選者が発表されているが、上場は6月にずれ込む見通しである(現時点では正式な上場日はまだ決まっていない)。

インターネットを通じた主に個人投資家向けの公募は10億600万株で全体の51.1%を占める。
当選確率は0.34%であった。
本土A株市場のIPO価格は当局によって、低く抑えられており、通常、上場後、ストップ高が数回続く。そうした実情があるので一般的に当選確率は1%に遠く及ばない。
0.34%といった確率は高い方だ。ただ、発行規模はここ2年で最大となるだけに、それでも1%に満たないのだから、本土の資本市場は十分な厚みがあると言えよう。

注目すべき点は、証券会社の営業を通じた従来型の公募の方であり、特に戦略投資家として、中国を代表する20機関が参加している点である。戦略投資家への割り当ては5億9100万株で全体の30%に当たる。

具体的には、国家の投資運用部門(SWF)、全国社会保障基金理事会や、中国鉄路、招商局、中国中車、第一汽車、鞍鋼集団、中国華融資産管理といった中央系国有企業、中央系国有投資集団などが戦略投資家として名を連ねている。
さらに、インターネット大手である百度、アリババ、テンセント(通称「BAT」)が資本参加している。

これだけ多くの国家部門が台湾企業の戦略投資家になっているのだから、中国政府は、中台の政治的な関係と民間の経済活動を完全に分けて考えていると言えよう。
少しうがった見方をすれば、台湾を代表する企業である鴻海精密工業の傘下企業に中央系国有企業が資本参加することで、台湾経済を取り込もうとしているとも見て取れる。

また、インターネット大手が資本参加するということは彼らが同社の将来性を高く評価しているということである。
同社は世界最大の電子部品のOEM、ODMメーカーであるが、調達した資金を工業用インターネットプラットフォーム、
クラウド関連のプラットフォーム、通信ネットワーク、5G(次世代移動通信システム)・IoT(モノのインターネット)関連、知的生産新技術の研究開発、知的生産システムのレベルアップ、知的生産システムの生産能力拡大などに充てるとしている。
インターネット大手は資本提携を通じて、新分野に対して縦横無尽にネットワークを作り上げようとしている。

戦略投資家の持つ株は、自由に売れる株もあるがそれはわずかであり、ほとんどが、12か月、18か月、36か月といったロックアップ期間が設定されている。

百度、アリババ、テンセントはいずれも2178万6000株、金額にして3億元(51億円相当)を投資するが、所有する株式は、すべて36か月のロックアップ期間が設定されている。

現状では同社は世界最大のOEM、ODMメーカーだが、数年後には最先端のIT技術を有するハイテク企業に変貌を遂げているかもしれない。
こうした中華系企業、中国国有企業、中国民営企業のダイナミズムを見ていると、資金力、経営の機動力といった点で、日本の大手メーカーは大きく差を付けられていると感じてしまう。
5年先、10年先の日本経済が心配である。

https://www.moneypost.jp/282416

223美麗島の名無桑2018/06/02(土) 14:42:22.52
誠品生活、日本出店を視野に パートナー提携やライセンス契約を検討/台湾

【経済】 2018/05/29 18:24

書店「誠品書店」を展開する誠品の子会社で、小売りやカフェ、ホテルなどを手掛ける誠品生活(台北市)の呉旻潔董事長(会長)は29日、日本や東南アジアでの出店を引き続き検討中だと明らかにした。
パートナー提携やライセンス契約、合弁などの方法での進出も検討していると語った。
呉氏は昨年5月にも日本出店の考えを示していた。

同社はこの日、台北市内で株主総会を開催。
店舗の展開について呉氏は、今年の第3四半期(7〜9月)に台北市の南京西路エリア(MRT中山駅周辺)に大型の独立店舗を開業する計画を発表。
現在のところ、桃園や台中、高雄、台南での新規開業を予定しており、特色のある独立店舗を増やしたいと述べた。

中国大陸での展開に関しては、年末前には深センに大型店を開くほか、西安や武漢への進出も検討しているという。

http://japan.cna.com.tw/news/aeco/201805290007.aspx

224美麗島の名無桑2018/06/10(日) 11:46:52.07
台湾半導体の父、張忠謀氏が引退 TSMCは2トップ体制に突入

【経済】 2018/06/05 19:22

半導体受託生産の世界最大手、台湾積体電路製造(TSMC)は5日、株主総会を開き、同社の創業者で「台湾半導体の父」と呼ばれる張忠謀(モリス・チャン)董事長(会長)の退任が正式に決まった。
張氏は、顧問や名誉役員などを一切引き受けない考えを示しており、完全に引退する。
今後は2013年から共同最高経営責任者(Co-CEO)を務めていた劉徳音氏と魏哲家氏がそれぞれ董事長と総裁に就任し、2トップ体制がとられる見通し。

張氏は昨年10月に引退を表明しており、この日は株主総会の会場に到着すると、大きな拍手を受けた。
あいさつでは、同社が31年間成長を続けられたのはいくつもの面で奇跡的だったといえると振り返り、新たな役員に対しては「非常に自信がある」と大きな期待をにじませた。

だが、TSMCを取り巻く課題は多い。
研究機関、工業技術研究院の専門家は、産業構造の変化に触れ、「もう先端技術だけで注文を取り付けられる時代ではない」と指摘。
また、TSMCにとって最大の貿易相手である米国と、最大の潜在市場である中国大陸が抱える貿易摩擦も同社が立ち向かうべき大きな課題の1つだと分析した。

TSMCは長年、後継者選びに悩まされてきた。
張氏は2005年に一度は総執行長(CEO)を退いたものの、世界金融危機が発生した後の2009年に復帰。
2013年、再び総執行長の座を降りてからは董事長に専念し、劉氏と魏氏にかじ取りを任せた。
4年余りの過渡期を経ての正式な引退となり、張氏は引退前に2トップ体制を確立させたことが自身の最後の功績だと昨年10月の会見で語っている。

張氏は中国大陸出身、86歳。
米マサチューセッツ工科大学で機械工学を学び、半導体大手のテキサス・インスツルメンツに25年間勤めた。
1987年、55歳でTSMCを創業。
設立当初は100人余りだった従業員は現在約5万人まで拡大し、ウエハーの受託製造では世界トップのシェアを誇る。

http://japan.cna.com.tw/news/aeco/201806050009.aspx

225美麗島の名無桑2018/06/16(土) 15:00:25.88
2018-06-12 05:00

鴻海・シャープが東芝PC事業を買った戦略的意図

台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業傘下のシャープは、世界初のノートPCメーカーである東芝からパソコン事業を買収すると発表した。

このニュースを見て、「今さら、パソコン事業を買収してどうする」と冷めた目でこの発表を受け止めた人は少なくないだろう。
確かに、東芝のパソコン事業の世界シェアは低下し、営業損益ベースで赤字だ。収益の改善は容易ではないかもしれない。

しかし、シャープの親会社である台湾の鴻海には、“デジタル革命”を見据えた戦略を着々と進める明確な戦略的意思がありそうだ。

まず、今回の買収によって、同社はITデバイスの生産力の強化が可能になる。
PC事業の相乗効果の追求以上にダイナミックな戦略的発想があると見られる。

これからのIT機器の発展を考えると、パソコンという特定の機能を持ったプロダクトの需要は低下していくだろう。

ただし、それでパソコンを支えてきたテクノロジーが不必要になるわけではない。
むしろ、PCという既存の要素を新しい発想につなげ、従来にはないデバイスを創出することが可能になるかもしれない。

少なくとも、鴻海が持つ製造技術とそれに伴う販売チャンネルを駆使して、“ダイナブック”の新しいビジネスモデルができる可能性が十分にある。
今回、鴻海が東芝を必要としたということは、わが国には、考えようによっては新しいビジネスの種が存在するということだ。
各企業が独自のテクノロジーを活かし、ヒット商品の創造に取り組むことを期待したい。...

https://www.oricon.co.jp/article/476783/

226美麗島の名無桑2018/06/30(土) 14:53:01.96
富士通の半導体工場を買収=台湾UMC、576億円で

台湾のファウンドリー(半導体受託製造)大手、UMC(聯華電子)は29日、富士通グループの半導体生産部門である三重富士通セミコンダクター(MIFS、横浜市)の株式84.1%を取得し、完全子会社化すると発表した。
買収額は約576億円。

(2018/06/29-21:18)

https://www.jiji.com/jc/article?k=2018062901364&g=eco

227美麗島の名無桑2018/07/08(日) 11:18:42.90
HTC、従業員1500人を解雇へ スマホ不振、VR低迷続き/台湾

【経済】 2018/07/03 14:44

スマートフォン(スマホ)大手の宏達国際電子(HTC)は2日、台湾の製造部門の従業員1500人を今年9月までに解雇すると発表した。
今年6月時点で同社に在籍する従業員は約6450人。全従業員の約23%が解雇される計算になる。
背景には競争激化によるスマホ事業の不振やVR(仮想現実)事業の低迷があるとみられる。
経営方針の転換による立て直しを急ぐ。

同社は1997年創業。受託製造事業で頭角を現し、2006年に自社ブランド「HTC」を設立。
2008年には米グーグルの基本ソフト(OS)「アンドロイド」搭載のスマホを世界で初めて世に送り出した。
全盛期には年間売上高が2000億台湾元(約7300億円)を超えたこともあったが、近年は苦戦を強いられている。

2013年、上場以来初の赤字を計上。VR事業への参入を決めたものの、売れ行きは思わしくない状態が続いている。
2015年には従業員約2900人の解雇に踏み切り、昨年にはグーグルのスマホ「Pixel」開発チームとHTCが保有する携帯電話の特許をグーグルに売却。
それによって得た利益で今年第1四半期には11四半期連続赤字を食い止めた。
だが、昨年の年間売上高は621億元(約2250億円)にとどまり、本業は不振にあえいだままだ。

HTCは今回の人員削減について、「組織の最適化を図るため」などと説明。
同社はVRのほかに、AR(拡張現実)やAI(人工知能)、5G(第5世代移動通信システム)、ブロックチェーン(分散型台帳)への投資も始めており、復活を遂げられるかに注目が集まっている。

http://japan.cna.com.tw/news/aeco/201807030004.aspx

228美麗島の名無桑2018/07/08(日) 11:23:33.95
TSMC、企業の時価総額ランキングで世界23位 台湾から唯一ランクイン

【経済】 2018/07/01 18:44

半導体受託生産の世界最大手、台湾積体電路製造(TSMC)が今年の世界企業時価総額ランキングで23位にランク入りしたことが分かった。
国際会計事務所大手プライスウォーターハウスクーパース(PwC)が6月29日発表した。
上位100位に入った台湾企業はTSMCのみで、昨年の45位から22ランク順位を上げた。
時価総額は前年比36.6%増の2200億米ドル(約24兆3452億円)だった。

同社は1987年に創立され、ウエハーの受託製造で世界トップのシェアを持つ。
現在の従業員数は設立当初の500倍に当たる5万人。
「台湾半導体の父」の異名を持つ創業者の張忠謀(モリス・チャン)氏が先月引退したばかり。

同ランキングトップ100社の時価総額の合計は、米中企業の成長を背景に、前年同期比15%増の20兆米ドル(約2213兆円)に達し、過去最高を記録した。
1位は米IT大手のアップルで7年連続で首位を独占。
2位以下は米アルファベット(IT大手グーグルの親会社)、米マイクロソフト、米アマゾン・コム(インターネット通販大手)、中国大陸のテンセント・ホールディングス(騰訊)など。

http://japan.cna.com.tw/news/aeco/201807010004.aspx

229美麗島の名無桑2018/08/26(日) 16:07:39.89
台湾の鴻海、37%減益 4〜6月営業

2018/8/13 22:30

台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業が13日発表した2018年4〜6月期連結決算は、本業の稼ぐ力を示す営業利益が前年同期比37%減の158億台湾ドル(約560億円)だった。
米アップルのスマートフォン(スマホ)依存からの脱却に向け新規需要を開拓し、売上高は17%増加。だが、先行投資が膨らみ採算が悪化した。

前年同期比での増収・営業減益は4四半期連続。利益なき繁忙からの脱却にめどが立たない。

鴻海は連結売上高の5割超をアップル向けの供給が占め、スマホ「iPhone」の販売が頭打ちになった2017年以降、中国メーカーのスマホやサーバーなどの生産代行を増やし、成長路線の転換を図ってきた。

ただ、電子機器の受託製造サービス(EMS)会社は経験のない製品を生産する際、製造手法を確立する研究開発費や設備の導入費用が膨らむ。
製造実績を重ねるに従い尻上がりに良品率と採算性が高まるため、初期の利益率が最も厳しい。

鴻海は生産拠点の大半が中国にあり、現地の人件費高騰で採算悪化にも直面している。
米中貿易戦争への対応として米国などへ拠点を分散するためのコストも膨らむ。
郭台銘董事長は「2〜3年は成長モデルを移行するための転換期」としており、当面は厳しい状況が続きそうだ。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO34115970T10C18A8FFJ000/

230美麗島の名無桑2018/09/02(日) 16:44:11.30
台湾の自転車ブランド 伊豆の国に展示・試乗施設オープン

(2018/9/2 09:12)

伊豆の国市田京の伊豆ビレッジ(旧・みんなのハワイアンズ)内に1日、世界2位の生産台数を誇る台湾の自転車ブランド「メリダ」の展示・試乗施設「メリダ・エックス・ベース」がオープンした。
自転車販売のミヤタサイクル(川崎市)が運営。約1300平方メートルの施設内に同社が国内独占販売権を有するメリダの各種自転車約200台を展示している。
同社によると、メリダの展示施設としては世界最大級。
他にも自転車用品の販売、画面と自転車が連動した「バーチャルサイクリング」などのコーナーを設置。
自転車のレンタルサービス、初心者や競技者向け講習会、サイクリングイベントなども行う。
オープニング式典には同社の高谷信一郎社長に加え、土屋優行副知事や小野登志子伊豆の国市長らが出席し、テープカットで開業を祝った。
マウンテンバイクの世界的選手として活躍したメリダブランドアンバサダーのホセ・ヘルミダ氏(スペイン)も登場し、来場者を沸かせた。

http://www.at-s.com/news/article/local/east/535485.html

231美麗島の名無桑2018/09/02(日) 17:03:45.43
鈴原知花が「CoCo都可」日本公式アンバサダーに就任!

2018年9月1日 02時58分

世界3,000店舗展開のタピオカドリンクブランド「CoCo都可」の日本における公式アンバサダーに、声優アーティスト「鈴原 知花」が就任いたしました。

鈴原 知花は2017年末に中国広州アニメフェスティバル「FFACG」へのライブ出演をキッカケに、中国でのファン数が激増しました。
現在は、国内最大規模の中国語スクール「Lilian中国語スクール」の協力の元、”2カ月で中国語検定2級を目指す”企画にチャレンジしたりと、積極的に中国カルチャー普及への活動に力を注いできました。

世界に3,000店舗を展開するタピオカドリンクブランドのCoCo都可が、日本でのブランド展開を進めるため、人気のインターネットの生放送配信プラットフォームを利用しアンバサダーを募集。
投票の結果、「鈴原知花」は圧倒的な人気で1位を獲得し、アンバサダーに就任いたしました。
今後は、新しい店舗でのイベントや、各店舗でのプロモーション、CoCo都可のブランド普及活動を積極的に行ってまいります。

「CoCo都可」について
「CoCo都可(ココトカ)」(英名: CoCo Fresh Tea & Juice)は1997年に台湾で創業され、
中国を中心にアメリカ、カナダ、オーストラリアなど世界に3,000店舗以上を展開するタピオカミルクティーやフレッシュドリンクを提供するテイクアウト型のドリンクチェーン。

台湾本国のCoCo都可を運営する億可國際飲食股 有限公司(台湾)と株式会社グッドウェーブプロモーション(東京都渋谷区渋谷3-27-11 祐真ビル 本館3F 代表取締役:馬場 大介)の合弁会社である、
株式会社Tastea Trustea Japan(東京都渋谷区渋谷3-27-11 祐真ビル 本館3F 代表取締役:齋藤 香緒里)は今後、関東・関西を中心に2020年頃までに日本国内で30店舗の展開を目指す。

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000018.000025777.html

232美麗島の名無桑2018/09/03(月) 19:55:20.12
SHARP

233美麗島の名無桑2018/09/16(日) 12:52:16.80
台湾メーカーの製品、日本の業者から好評得る=東京ギフト・ショー

【経済】 2018/09/10 15:21

東京ビッグサイトで4〜7日に開かれた「第86回東京インターナショナルギフト・ショー秋2018」には、台湾の業者20社が参加する台湾パビリオンが出展された。
製品は日本のバイヤーから好評で、各ブースで商談が繰り広げられた。

台湾パビリオンは経済部(経済省)国際貿易局が主催、台湾貿易センター(中華民国対外貿易発展協会、TAITRA)が実施した。

初出展の九寿実業(台中市)は珪藻土のマットなどを紹介。同社のブースには初日から多くのバイヤーが訪れた。
担当者によると、ある顧客はもともとキッチンマットのみを注文する予定だったものの、新製品のバスマットを会場で実際に目にするとすぐに興味を示し、発注の詳細について商談が行われた。
新たな顧客も開拓できたという。

木工製品の佳鉅木業(南投県)によると、展示品を見た翌日に再び商談のためにブースを訪れたバイヤーもいたという。

ギフト・ショーの会場では、2020年の東京五輪開催を前に、公式ライセンス製品を展示するブースも設けられた。
台湾貿易センターは台湾の業者が東京五輪関連の商機をつかめるよう、11月1日に台北市内で大型調達イベントを開催。
情報通信技術(ICT)やスポーツ用品、食品、ギフトなどの産業に着目し、日本からバイヤーを招待する。

http://japan.cna.com.tw/news/aeco/201809100003.aspx

234美麗島の名無桑2018/09/17(月) 13:17:34.83
台湾のウイスキーが奇蹟を起こす! 南投でつくられた「オマーウイスキー」世界品評会で最多受賞

2018.09.14 12:00

台湾の南投に酒蔵がある台灣烟酒公司は、世界で最も影響力のある国際酒類コンペティションと言われている
サンフランシスコ・ワールド・スピリッツ・コンペティション(San Francisco World Spirits Competition(以下「SFWSC」という)にて、エントリーした蒸溜所の「オマーウイスキー」が数多くのシングルモルトウイスキーの中で最高評価を得たことを発表いたします。

■「SFWSC」について
「SFWSC」は、2000年に創立されたアメリカ最大規模を誇る国際酒類のコンペティションです。
品評される部門はホワイトスピリッツ、ブラウンスピリッツ、ウイスキー、ブランデー、リキュールなどその他数多くの部門に分かれており、世界中からエントリーした2,200種類です。

■最高評価を得た「オマーウイスキー」
本年2018年SFWSCで、台湾からエントリーした蒸溜所の「オマーウイスキー」が
・最優秀賞(ダブルゴールド賞)を2つ、
・金賞(ゴールド賞)を2つ、
・銀賞(シルバー賞)を2つ獲得しました。
最高評価を得た「オマーウイスキー」は台湾の自然豊かな南投に蒸溜所があり、土地特有の熱帯フルーツの豊かな香りを放つウイスキーとして、国際専業審議で高い評価を得ました。
世界のウイスキーファンを虜にしているスコットランドウイスキーとはまた違った、豊かな味わいを楽しめます。

日本でも台湾ウイスキーがブームが到来の予感。これからもオマーウイスキーから目が離せません。

■台湾の南投の酒蔵と「オマーウイスキー」について
台湾の南投の酒蔵は1999年の9月21日の地震以来、急速な復興のためにウイスキーの生産を利用して再スタートしました。南投の酒蔵は台湾の中央にあり、亜熱帯の天気と独特の気候で、南投の酒蔵ウイスキーの毎年のエンジェルシェアは6〜7%に達します。
南投の酒蔵のオマーはただ一つのモルトウイスキーで、2013年から販売されて以来、全世界で数多くの賞を獲得。また喉ごしや風味は日本のウイスキーに比べて更に強烈な個性はあるが日本のウイスキーのような優美でバランスの良い味わいも兼ね備えています。

https://www.atpress.ne.jp/news/165136

235美麗島の名無桑2018/09/17(月) 14:36:30.25
PIONEERも中華企業に買われた

236美麗島の名無桑2018/09/22(土) 13:30:04.15
12カ国語を翻訳できるポケット通訳機、「Say Easy」が発売

2018年09月21日 13時00分

ソフトバンク コマース&サービスは、台湾INSTANT TECHNOLOGY製ポケット通訳機「Say Easy(セイ イージー)」を、全国の家電量販店(一部店舗を除く)、各社のオンラインショップで9月21日に発売した。
価格はオープンで、税込の実勢価格は1万8770円。
Say Easyは、Wi-Fi環境でどこでも双方向に翻訳できる。英語、中国語(繁体字、簡体字、粤語)、韓国語、スペイン語など、12カ国語に対応。
訪日外国人の85%をカバーしているという。
言語ごとに適した翻訳エンジンを選択することによって、高い翻訳精度を実現した。
ボタンを押して話すだけの簡単な操作で翻訳できるほか、画面で翻訳内容を確認が可能。
リピート機能で、翻訳文を繰り返して再生できる。重さが69gと軽量。
1000mAhのバッテリーを搭載し、最大6時間の連続使用時間を可能としている。

https://news.nifty.com/article/technology/bcn/12110-86521/

237美麗島の名無桑2018/09/22(土) 17:40:35.56
8K有機ELほか次世代の高精細テレビが相次ぎ登場 台湾イノラックスは16K液晶ディスプレーを展示
ビジネス > テクノロジー
2018.09.12 06:00 津村 明宏


https://limo.media/articles/-/7438

238美麗島の名無桑2018/10/08(月) 13:36:11.98
エバー航空、台湾初のボーイング787来月受領 日本線にも投入へ

【経済】 2018/09/22 12:01

エバー(長栄)航空は20日、台湾の航空業界にとって初となる米ボーイング787-9の初号機を10月2日に米サウスカロライナ州で受領すると発表した。
同月末までに台北−香港線に投入される見通し。
同社が2015年に発注した同型機4機は年内には全て引き渡され、2機目以降は日本路線にも運用される予定。

同社が当初、同時に購入契約を結んだ787-10については、来年の第2四半期から引き渡しが始まり、2022年までには全20機の納入が完了する見込みだという。

http://japan.cna.com.tw/news/aeco/201809220001.aspx

239美麗島の名無桑2018/10/08(月) 13:36:59.80
8月の完全失業率、前月比横ばい 労働市場、全体的に安定/台湾

【経済】 2018/09/25 18:32

行政院(内閣)主計総処の25日の発表によれば、8月の失業率は3.87%だった。
前月より0.06ポイント上昇した。
完全失業率(季節調整値)は3.69%となり、前月比で横ばい。労働市場は全体的に安定しているという。

台湾は6月に卒業シーズンを迎える。例年6〜8月は、卒業生が就職活動を行っている影響で、失業率は上昇傾向にある。
同処によれば、9月以降、その影響は緩和される見通し。

http://japan.cna.com.tw/news/aeco/201809250006.aspx

240美麗島の名無桑2018/10/08(月) 13:43:15.28
台湾発のライブ配信アプリ、日本上陸から1年 利用者大幅増

【経済】 2018/09/27 19:33

台湾発のライブ配信アプリ「17 Live」(イチナナライブ)が日本上陸から1年で大きな成長を遂げている。
日本で同アプリを展開する17メディアジャパン(東京都)代表取締役の小野裕史氏によれば、この1年の売上高は台湾にまもなく追い付く水準だという。同社は27日、都内で記者会見を開いた。

同アプリは昨年9月に本格的に日本に進出。親会社M17エンターテインメントの張牧寧COO(最高執行責任者)によれば、日本での契約配信者数は昨年末に比べ、3倍近く増えたという。
小野氏によると、日本の各ライブ配信アプリの単月売上比較(同社調べ)で、同アプリは今年6月に1位となった。

米調査会社フロスト&サリバンによると、2019年の日本でのライブ配信の市場規模は3億5400万米ドル(約399億2400万円)に上る。
張COOは、日本のライブ配信市場は力強く成長していくだろうとし、同社のアジア市場における発展に寄与することに期待を寄せた。

http://japan.cna.com.tw/news/aeco/201809270008.aspx

241美麗島の名無桑2018/10/08(月) 13:43:54.63
台湾の業者、新宿にホテル開業 東京五輪の商機に照準

【経済】 2018/09/28 17:35

東京で民泊を運営する台湾の業者、DoMoグループは26日、新宿区にホテル「DoMo Hotel」を開業させた。
同グループの李奇嶽執行長(CEO)は、2020年の東京五輪開催を前に、観光ビジネスには大きな商機があると語り、需要の取り込みに意欲をのぞかせた。

同グループは3年前に東京での事業展開を開始。都内で民泊施設3棟を運営している。
今年6月の住宅宿泊事業法(民泊新法)施行と同時に届出を行い、8月に受理された。

新たに開業した客室全12室のホテルでは、台湾のファブリックブランド「in Blooom 印花楽」とコラボレーションし、一部の客室を同ブランドの布製品で彩った。
台湾文化と台湾の美しさを紹介している。

同グループは今後、北海道での展開も計画しているという。

http://japan.cna.com.tw/news/aeco/201809280007.aspx

新着レスの表示
レスを投稿する