【国際】日本知識人「現金化を中断させるために、謝罪し和解金を支給すべき」 [動物園φ★]

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています
1動物園φ ★2020/07/01(水) 12:06:49.80ID:CAP_USER
「日本企業、現金化前に和解始めるべき…歴史は判決で解決できない」
ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.07.01 10:55

年7月1日、日本政府が韓国に対する輸出規制措置に踏み切ると、日本の知識人は「韓国は『敵』なのか」というタイトルの声明を発表した。元外交官、弁護士、市民社会活動家ら78人が主軸となって発表したこの声明は、韓日両国で大きな反響を呼んだ。当時、この声明が掲載されたホームページ(https://peace3appeal.jimdo.com)は「韓国は『敵』なのか」だったが、現在は「韓国は敵じゃない」に変わった。

署名を主導した内田雅敏弁護士と先月29日に約1年ぶりに再会した。内田氏は「歴史問題は判決だけでは解決できない」としながら「差し押さえ資産の現金化が行われる前に日本企業が被害者と和解に動かなければならない」と語った。続いて「1965年日韓基本協定ではなく、歴史に対する認識を日韓が初めて共有した1998年金大中(キム・デジュン)・小渕宣言が問題解決の出発点にならなければならない」とも話した。次はインタビュー全文。

−−昨年7月「韓国は『敵』なのか」という署名運動を主導した。その後の状況を教えてほしい。

「1万人程度が署名に参加した。その後、日韓の法律家が共同声明を出すなど政府とは別途で解決策を模索してきた。今後は経済界や政界、元外交官の参加も呼びかけていく考えだ」

−−日本政府の輸出規制措置を評価するなら。

「歴史問題を経済問題に絡めた間違った政策だった。日本企業にとっても決して良い決定ではなかった」

−−日本輸出企業も不満があるはずだが、なぜ表面に表わさないのか。

「『1965年日韓請求権協定ですべて解決済み』という日本政府の論理が大きな影響を及ぼしている。一般人の間でも『徴用工』という単語がかなり知られるようになったが、依然として日本政府の論理が広く浸透している。請求権問題が解決されなかったということは日本政府自らも認めた問題だ。1991年8月27日、参議院予算委員会で柳井俊二・外務省条約局長が『個人の請求権そのものを国内法的な意味で消滅させたというものではない』と答弁した。安倍政権だけが『すべて解決済み』と主張している」

−−2016年三菱マテリアルが中国の強制徴用被害者と和解した時は日本政府は反発しなかった。

「日中関係は1972年日中共同声明に侵略戦争に対する認識が共有されている。反面、1965年日韓基本条約には植民支配に対する共通認識が反映されていない。この問題に初めて言及したのは、1998年金大中大統領と小渕恵三首相の『21世紀に向けた新たな日韓パートナーシップ』だった。すなわち、1998年になってようやく日中共同声明水準の認識に至ったといえる。この宣言を出発点とするべきだが、日本政府はいまだに1965年協定に留まっている」

https://japanese.joins.com/JArticle/267624

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています