ドイツの歴史

1世界@名無史さん2011/11/12(土) 23:11:40.380
ゲルマニア、フランク王国、東フランク王国、神聖ローマ帝国などについて語るスレです

355世界@名無史さん2017/06/06(火) 16:39:54.740
ドイツ皇帝ヴィルヘルム2世、彼が一番行きたがっていた都市で、しかもその望みを果たせずに
いたのがパリだった。パリ市民の歓呼を浴び、レジョン・ドヌール大綬章が欲しかった。
彼はフランスに対し二度も訪問の希望を伝えたが、招待は来なかった。

歴史の古い国をうらやむ気持ちも彼の心をむしばんだ。英国の貴族がヨーロッパ大陸に
旅行するときは必ずパリを訪れるのに、ベルリンには決して寄らないと、カイゼルは
セオドア・ルーズヴェルトにこぼしたことがある。見下げられているような気がした。

イタリア王にもこんなことを言った。
「わたしは長年国を治めてきたが、わたしの同僚であるヨーロッパの王家は、わたしが理由があって
発言したことに、なんの注意も払わなかった。遠からず、ドイツの海軍力が増大して、わたしの発言に
力の裏付けをしてくれれば、彼らはもっと敬意を払うようになるだろう」

356世界@名無史さん2017/06/06(火) 16:48:27.160
ドイツ国民全体もカイゼルと同じように感じていた。そして皇帝同様、なんとかして
世にドイツの真価を知らしめたいと苦しみもがいていた。エネルギーと野望にあふれて
突き進むドイツ国民、力を意識し、ニーチェやトライチュケの思想に育てられたドイツ人は、
世界を支配する資格を備えていると確信していたので、それを認めようとしない世界は、
ドイツを欺いていると考えたのである。

ドイツ軍国主義の代弁者フリードリヒ・フォン・ベルンハルディは言った。
「ドイツとドイツ人に対し、地球全体の人々が深遠な敬意を払うように仕向けなければならない。
われわれは当然それを受ける資格があるのに、これまで世界はそれを差し控えてきた」

357世界@名無史さん2017/06/06(火) 18:53:04.040
>>351
近世のポーランドは強国で、ロシアを侵略するほどの力があった

暗転したのは、17世紀の後半

「大洪水時代」と呼ばれるスウェーデン人の侵略で、国土がメチャクチャになった

358世界@名無史さん2017/06/06(火) 19:32:33.440
イギリス・フランス・オランダ・スペイン・ポルトガル・ドイツ・イタリア・ギリシャ・ロシア・トルコ

一度は世界に覇を唱えたことのある大国ばかりの欧州で、
ポーランドの存在が穴になっているのは事実

359世界@名無史さん2017/06/06(火) 19:33:45.110
「ポーランドが次の覇権国になる」という未来予想もあるにはあるが

360世界@名無史さん2017/06/06(火) 19:35:30.520
まあ、それでも日本の隣の半島国よりは、ずっと見栄えのする歴史だが

361世界@名無史さん2017/06/06(火) 19:47:55.210
そうか?

362世界@名無史さん2017/06/06(火) 20:30:57.980
ヤギェウォ王国の覇権時代を知らない人がいるの?
滅んだ理由はある意味自滅。
議会が基本的に全会一致だったので、重要事ほど何も決定ができず、
そこを周辺国につけ込まれた。

363世界@名無史さん2017/06/06(火) 21:25:37.430
ポーランド厨はドイツスレにこないように

364世界@名無史さん2017/06/06(火) 21:58:42.940
ハプスブルク王朝とか、ブルボン王朝とかが、「ヤギェウォ朝」なんて名前じゃなくてよかった

もしそうなら、いちいち言いにくくて仕方なかったぞ

365世界@名無史さん2017/06/06(火) 21:59:14.450
「ヤゲロー朝」じゃダメなのか?

366世界@名無史さん2017/06/06(火) 22:00:31.320
ついでに、その前の「ピャスト朝」も言いにくくて仕方ない

そんなことだから小国に転落するんだ

367世界@名無史さん2017/06/06(火) 22:07:11.660
「ヤギェウォ」のほうがかっこいいではないか

368世界@名無史さん2017/06/06(火) 22:17:54.370
ロシアなんてまだちっこいモスクワ大公国の時代からポーランドは存在していて、
まだまだ全然分裂してるドイツ諸国と比しても結構なパワーがあった
にも関わらずプロイセン、オーストリア、ロシアの会談の結果だけで国土をむしり取られるようになって…

歴史ゲームで主人公が担当したら最強クラスの国家だったと思うけど、現実は非情ですね

369世界@名無史さん2017/06/07(水) 07:51:41.800
平坦な草原の国だから、どこからでも攻め込めるのが悲劇の原因

中世の前期までは未開の湿原だったが、農耕が発達して変わった

370世界@名無史さん2017/06/07(水) 11:51:03.960
君らはドイツ行ったことある?

百聞は一見にしかずだろう、と思うんだが、どうだろう。

371世界@名無史さん2017/06/07(水) 12:01:02.440
君らは19世紀に行ったことある?

百聞は一見にしかずだろう、と思うんだが、どうだろう。

372世界@名無史さん2017/06/07(水) 12:34:43.090
>>370
今のドイツを見たところで、18世紀のプロイセンを知ることにはつながらない

373世界@名無史さん2017/06/07(水) 12:44:57.820
ダンツィヒもケーニヒスベルクも、もうない

374世界@名無史さん2017/06/07(水) 12:48:13.930
大哲学者のカントは、一生の間、ケーニヒスベルクからほとんど出なかったが、
世界各国の事情に驚くほど通じていた

375世界@名無史さん2017/06/07(水) 14:04:10.100
【プロイセン】ドイツ帝国について☆4【第二帝国】©2ch.net
http://mint.2ch.net/test/read.cgi/whis/1472313783/
ケーニヒスベルクをドイツに返還すべき
http://mint.2ch.net/test/read.cgi/whis/1406360612/

376世界@名無史さん2017/06/07(水) 15:30:43.050
グダニスクがストライキで揺れていたとき、大正生まれの親父が
「グダニスクってどこだ?」
というので「昔のダンツィヒだ」というとすぐわかったw

377世界@名無史さん2017/06/07(水) 17:12:04.860
お前の親父割とインテリじゃない?

3783762017/06/07(水) 17:48:58.560
いんや、高小卒

379世界@名無史さん2017/06/07(水) 20:17:12.020
近所の爺さんがベトナムの地名を妙によく知ってたので、
「ずいぶん物知りですな?」と言ったら、
「昔はいつもテレビのニュースで言ってた」
だそうな

380世界@名無史さん2017/06/07(水) 20:20:56.700
平成生まれは「コソボ」とかも知らない

サッカーファンなら、クロアチアやセルビアは知っているが

381世界@名無史さん2017/06/07(水) 20:36:58.230
いや、コソボとかは現存する地名だから、ダンツィヒと一緒にするわけにいかんな(笑)

382世界@名無史さん2017/06/07(水) 20:39:19.220
大哲学者のショーペンハウアーは、ダンツィヒに生まれたが、
若い頃から各国を旅行し、フランクフルトで生涯を終えた

383世界@名無史さん2017/06/07(水) 21:48:39.590
同時代人ならダンツィヒの場所とか知ってるもんなのかね

384世界@名無史さん2017/06/07(水) 23:38:08.160
>>377
もしインテリだったらグダニスク=ダンツィヒをハナから知ってるんじゃない?

385世界@名無史さん2017/06/07(水) 23:54:46.690
>>383
テレビの無い時代だから今は違うけど、新聞を読んでたら知ってただろう。

ポーランド回廊は、世界大戦の元凶で、大問題もいいとこ。
国際情勢の焦点だ。

386世界@名無史さん2017/06/08(木) 00:06:08.050
ポーランド分割前夜はヴェストプロイセンはポーランドの領地で、
あの屈辱的なポーランド分割を叩きつぶしたいってのはわかる

アルザス・ロレーヌみたいなもんだなどっちも屈辱の条約で取られたと思いこむ

387世界@名無史さん2017/06/08(木) 07:21:49.310

388世界@名無史さん2017/06/08(木) 07:25:05.080
>>386
ドイツ人はアルザス・ロレーヌ(エルザス・ロートリンゲン)はドイツ固有の領土と思っている人は、当時、たぶん過半数を占めていなかったと思う(仕方がないと思っていた人たちが多い)。
しかし、新しく独立したポーランドに占領された西プロイセン、東プロイセンの領土は是が非でも取り戻さないといけないと、WW1後はフライコール(自由軍団、義勇兵)が奮戦して、ポーランド軍と激闘を続けていた。
そんなブレスラウを中心とした旧プロイセン地域も今はポーランド領。

この問題は複雑なので、詳しくは専門書を読んでください(笑)

389世界@名無史さん2017/06/08(木) 15:11:17.000
>>314
 ソーセージに発がん性とかあったがそりゃ保存最優先で作られてたらいくばくかはそうなっちゃうか…

390世界@名無史さん2017/06/08(木) 20:58:06.020
ドイツだのロシアだのが戦争に突入する寸前だったんだから、そりゃ深刻だ

イラクやシリアの内戦とはワケが違う

391世界@名無史さん2017/06/08(木) 21:00:59.990
それにしても、今は世界的な経済大国の日本と中国、
軍事大国のロシアが集まる焦点となる朝鮮半島で
戦乱がいままさに起きようとしている。

第二次世界大戦前のポーランド問題と比べても、
勝るとも劣らないほど深刻な状況だ。

とてもじゃないけど、「憲法を変えたら平和が壊れる」なんて言ってられる状況ではない(笑)

392世界@名無史さん2017/06/08(木) 23:41:08.800
もう日本は経済大国やないんやで…

393世界@名無史さん2017/07/14(金) 18:20:57.280
今日買ってきた本

ドイツ三〇〇諸侯 一千年の興亡
http://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309227023/

いずれ文庫本で出るんだろうなー・・・

394世界@名無史さん2017/07/14(金) 18:36:02.600
>>392
じゃ英独仏も経済大国じゃないのかw

395世界@名無史さん2017/07/14(金) 19:56:16.420
>>393
スペースの関係で最初から文庫で出版して欲しい。

396世界@名無史さん2017/07/14(金) 21:36:34.880
河出書房、出版元なら目次くらいサイトに上げとけい!
てことで、

序章
第一章 選帝侯
第二章 ルクセンブルク家
第三章 ヴィッテルスバハ家
第四章 ツェーリング家
第五章 ヴェルフェン家
第六章 ヴュルテンベルク家
第七章 ホーエンツォレルン家
第八章 ヘッセン家
第九章 豆粒諸侯
第一〇章 ロシア皇帝家ロマノフ家とドイツ諸侯のネットワーク
第一一章 ザクセン=コーブルク家
あとがき
主要参考文献
「ドイツ三〇〇諸侯」関連年表
主要系図
主要人名索引

397世界@名無史さん2017/08/06(日) 23:45:32.440
ドイツでナチ式敬礼をやると犯罪だが、その廉で中共からの観光客2人が逮捕された。
German police on Saturday arrested two Chinese tourists for making illegal "Heil Hitler" salutes
in front of the historic Reichstag building that houses the German parliament. ・・・
Germany has strict laws on hate speech and symbols linked to Hitler and the Nazis,
who ruled between 1933 and 1945. ・・・
http://www.haaretz.com/world-news/europe/1.805294

現在のドイツもナチ並みにとまでは言わんが、野蛮だわ。

398世界@名無史さん2017/08/21(月) 04:32:50.330
靖国で自由に参拝できる日本とは大違い

399世界@名無史さん2017/09/10(日) 00:11:50.670
神聖ローマ帝国は、その歴史を通じて領域のかなりの増減があったというのに、
どうして、シチリア王でもあった皇帝フリードリヒ2世の時にシチリア王国の
神聖ローマ帝国編入・・・その結果としてのイタリア全域の同帝国編入・・・が
なされなかったのか、また、ドイツ人達による神聖ローマ帝国東方のスラブ人等
地域への進出・植民によって成立した新たなドイツ人圏ないしドイツ語圏が、
神聖ローマ帝国に編入されなかったのか。

400世界@名無史さん2017/09/10(日) 01:16:35.350
>>399
教皇領の縄張りに手を出さない代わりに、「ローマ」名乗れて他のカソリック国に対してプレッシャー掛けられるっていうwin-winな体制とったほうがお得って判断じゃないかな

401世界@名無史さん2017/09/10(日) 07:14:58.940
>>399
それは、「そもそも、神聖ローマ帝国の領域とは何なのか」という問題になるだろうねえ。

歴史的に形成された、「ここからここまでは帝国の領域」という通念が重要なのはもちろんだけど、
一応、「帝国法」ってのがあって、法律で決まっていた。

1356年の金印勅書の後でなら、「帝国議会に参加している諸侯」が帝国の傘下と見ていいだろう。
それ以前となると、どうかなあ・・・。

402世界@名無史さん2017/09/10(日) 11:43:07.870
「神聖ローマ帝国は、ローマという名を冠したドイツだ」とよく言われるけど、最初からそうだったわけではない

当初は、南ドイツから北イタリアにかけて広がり、ローマにも大きな影響力を持っていた

在位期間(みじかかったが)のほとんどをローマですごした皇帝もいる

403世界@名無史さん2017/09/10(日) 11:44:05.190
当時の北イタリアは、ランゴバルド族というゲルマン人の国

南ドイツとは、同じゲルマン仲間だ

404世界@名無史さん2017/10/31(火) 14:53:06.710
戦後の西ドイツ、国軍や各軍種のトップの呼称を総監(Generalinspekteur)に
したのは何でだろ?

405世界@名無史さん2017/11/16(木) 07:13:16.370
教科書から坂本龍馬が消えるって問題になってるけどカノッサの屈辱が消える方が問題ありだよな
中世の皇帝vs教皇の叙任権闘争をどうやって教えるんだよ
俺高校の時世界史の授業でこの話習って大学で西洋史専攻を決めたのに

新着レスの表示
レスを投稿する