ヨーロッパの歴史 [無断転載禁止]©2ch.net

1世界@名無史さん2017/05/20(土) 16:04:10.780
ヨーロッパとは何か?ヨーロッパの歴史についてざっくりと時には深く語りましょう。

33世界@名無史さん2017/06/02(金) 08:52:49.620
>>28
バルカン、北欧

34世界@名無史さん2017/06/04(日) 12:01:31.810
>>27
人類誕生

35世界@名無史さん2017/06/04(日) 15:23:50.110
>>29
バスクはケルトの一派だぞ

36世界@名無史さん2017/06/06(火) 03:19:08.190
ヨーロッパ大陸に住んでいたのにアイルランド、スコットランド、ウェールズ、ブルターニュに追いやられたケルト人かわいそう。
それにしてもケルト人って何でそんなに戦闘能力弱かったのですか?

37世界@名無史さん2017/06/06(火) 03:31:52.720
>>35
ケルト語だって印欧語の一派だが
バスク語は印欧語ではなく他のどの言語とも系統関係無い

38世界@名無史さん2017/06/06(火) 05:44:19.800
ガリア人も、ケルトの一種なんだよな?

39世界@名無史さん2017/06/08(木) 01:49:37.940
>>35
バスクは系統不詳だったはずだが

40世界@名無史さん2017/06/08(木) 01:59:20.020
ケルトの一派はバスクの西隣りのガリシア

41世界@名無史さん2017/06/08(木) 08:37:46.540
バスク語はクロマニヨン人の言語なのか
進入した初期農耕民の言語なのか
4200年前のR1bの言語なのか

42世界@名無史さん2017/06/08(木) 09:26:11.740
バスク語は想定されている印欧祖語よりも古い時代に分岐したので印欧語扱いにならないが
印欧語と同系統の言語だよ

ケルト人は当初バスク語に近い言語を話していたが後にケルト語に言語交替したと考えられてるよ

43世界@名無史さん2017/06/13(火) 12:39:34.920
カール大帝はヨーロッパの父と呼ばれた男

44世界@名無史さん2017/06/13(火) 21:06:55.970
イベリア語とバスク語は同系とは証明されていない
そもそも言語と血統を無条件で同一視するのはトンデモ

45世界@名無史さん2017/06/13(火) 22:01:13.350
今からたった160年前の西洋近代文明を取り入れるまで「哲学」「科学」「芸術」「思想」「知識」「理性」「技術」「自由」という言葉さえなかった土人の国が日本だぞ
ぜーんぶ西洋の社会制度や西洋の学問を導入した時に出来た言葉

46世界@名無史さん2017/06/14(水) 01:15:35.160
しかしその時代の文字の読み書きでは日本人の方が優れていた
庶民の教育レベルは断然日本の方が上

47世界@名無史さん2017/06/14(水) 11:39:12.490
>>45
どれも、似たような概念なら朱子学にもある

48世界@名無史さん2017/06/14(水) 21:09:53.240
>>46
学校制度、教育制度のない国にしては庶民の読み書きができる比率が高いなってだけで当時既に近代国民国家の徴兵した国民軍を持ってた西欧は
当たり前だけど軍隊で兵役動員される前に学校で読み書き習ってたわけよ。
教育制度がなく読み書きも出来ない訛りだらけの国民ばかりで徴兵制度による国民軍なんて作れるわけないだろ。
その点でも日本は100年遅れてたわけよ。

49世界@名無史さん2017/06/15(木) 18:29:44.230
Obey人

50世界@名無史さん2017/06/15(木) 20:44:30.240
教育レベルの話になると、日露戦争の時のエピソードがある。

捕虜になったロシア兵に日本は驚いたらしい。
下級兵共はことごとく無学文盲。自分の名前も書けない。
戦っている相手が何者か知らない。
シベリア鉄道を2週間もかけてやってきたのに自分が今どこにいるか全く知らない。

51世界@名無史さん2017/06/15(木) 21:10:55.910
>>36
紀元前3世紀ごろまではヨーロッパ最強勢力だった
ぐんぐん拡大しまくってイタリア半島やバルカン半島をも荒らしまわり
あげくに現在のトルコにまで移住するわで大暴れ

でもその時代でエネルギー使い果たして
さらに入れ違いに南のローマや北のゲルマンが力をつけてきたからああいう結果に

52世界@名無史さん2017/06/15(木) 21:32:12.240
>>48
たしかに、19世紀の日本はイギリス・フランスと比べたら
全くの後進国だったが、それは比べる相手が悪いんだよ。

当時の英仏が、あまりに先進国だっただけだ。
日本に限らず、他の欧州諸国と比べても突出している。

53世界@名無史さん2017/06/16(金) 08:49:03.490
>>52
だけど>>46が言ってるのは、その英仏蘭米が江戸時代の日本を評した事を言ってるわけだろ。
それはまさしく他のアジアの未開の国に比べたら庶民の教育レベルが高いってだけで教育レベルが先進国レベルであるという評ではないよ。

54世界@名無史さん2017/07/10(月) 05:33:05.040
廃藩置県とかドイツやイタリアの方が遅いしな。
しかも、日本は洩れなく寺社領や町衆統治地区まで含めて政府の統治下に置くことが完了しているのに、ドイツ・イタリアでは21世紀にまで逃げ延びてるところとかあるし。
逃げ延びすぎて、いっちょ前の国扱いせざるを得なくなってるでよ

55世界@名無史さん2017/07/23(日) 08:58:41.250
ヨーロッパがキリスト教国になったおかげでキリスト教が世界第一の宗教みたいになったんだよ

56世界@名無史さん2017/07/23(日) 22:38:09.080
>>54
ドイツで封建制を根絶したのはヒトラーだからね

57世界@名無史さん2017/07/24(月) 00:01:14.680
>>53
明治時代には、義務教育を一気に普及させた

そのためには、抵抗して子供を出さない家を銃で脅したりとか、無茶なこともしたんだが

アジアでは突出して教育が普及していた日本だからそれでもよかったが、
国民の大半が文盲の朝鮮でそれをやったのは無理があった

58世界@名無史さん2017/07/24(月) 00:04:29.440
百田尚樹の「韓国に謝ろう」じゃないが、未開の国民による、近代化政策への抵抗感は凄まじいものがある

イランのパーレビ国王も、上からの改革をやろうとしてイラン人の怒りを買った

残念ながら、イランは中東の日本にはなれなかった

59世界@名無史さん2017/08/12(土) 13:42:52.070
>>54
逃げ延びた寺社領 …… バチカン市国、アンドラ公国
逃げ延びた町衆統治地区 …… サンマリノ共和国、スイス連邦
逃げ延びた封建領主 …… モナコ公国、リヒテンシュタイン公国、ルクセンブルグ公国

60世界@名無史さん2017/09/06(水) 16:39:12.200
>>58
あれ何なんだろうね
イラン人は結局西欧近代化を受容しなかったと言うことか

61世界@名無史さん2017/09/06(水) 17:52:03.160
結局ヨーロッパを作り上げたのはローマ教会だというのが最近の有力説
でビザンツ圏はまた別の文明圏、トルコのせいで消えたけどな

62世界@名無史さん2017/09/06(水) 17:53:22.660
いわゆる現代の概念としてのヨーロッパの話ね

63世界@名無史さん2017/09/07(木) 19:27:21.540
>>57
>そのためには、抵抗して子供を出さない家を銃で脅したりとか、無茶なこともしたんだが

うんなことしてねえよ適当なこと書くんじゃねえよカス
学校令も開始早々はしょっちゅう学校が百姓に放火されたり難航しまくりじゃ

64世界@名無史さん2017/09/07(木) 21:03:07.980
>>59
逆に、なんで日本は藩が一つも残らなかったわけ?

65世界@名無史さん2017/09/07(木) 21:12:23.180
>>64
廃藩置県に抵抗して粘った藩もあったが(会津・越後)、官軍に攻め込まれて潰された

66世界@名無史さん2017/09/07(木) 21:15:56.670
宗教勢力に関しては、織田信長や豊臣秀吉が、僧兵集団を潰すため有力な寺院を焼き払ってくれたのが大きい

その後の徳川時代を通じて、完全に飼い慣らされた

67世界@名無史さん2017/09/07(木) 21:20:26.930
江戸時代の参勤交代では、人質を兼ねて、地方の大名の妻子を江戸の武家屋敷に住まわせていた。

そうするとどうなるかというと、大名家に生まれた者は、子供の頃は江戸で育ち、大人になったら領国に赴任して大名になる。
まるで、東京から地方に転勤する官僚みたい。

こんなことを200年も続けた結果、地方の大名たちは完全に飼い慣らされた。

68世界@名無史さん2017/09/07(木) 21:21:26.730
もちろん、それ以前に、織田信長や豊臣秀吉が各地の戦国大名を叩きのめしてくれていたことが大きい。

69世界@名無史さん2017/09/07(木) 21:22:52.760
しかも、ドイツと違って、明治の日本には天皇がいる。

錦の御旗を掲げた官軍には絶対的な大義名分があるから強い。

70世界@名無史さん2017/09/07(木) 22:40:38.090
ヨーロッパの多様性というのは、
一旦ローマがロードローラーみたいので多様性を押しつぶした後で芽生えたものだから
浅い

71世界@名無史さん2017/09/07(木) 22:58:40.590
ロードローラのように押しつぶせずにゲルマン、スラブ、フン、アラブの波にやられてしまったのに
何言ってるんだか

72世界@名無史さん2017/09/11(月) 00:29:16.90O
質問なんだがワールシュタッドやモヒの戦いでボコボコにされたヨーロッパは
何故侵略されなかったんだ?
これだけ戦力差があれば簡単にやられそうなもんだが
勿論本国でオゴテイが死んだから一旦引き返したのは知ってる
問題はその後何故再度ヨーロッパを侵略しなかったのかって所

73世界@名無史さん2017/09/11(月) 21:05:21.550
>>72
さすがに遠かったからだろう

74世界@名無史さん2017/09/11(月) 21:08:09.300
大きな原因として、当時のポーランドから北ドイツにかけての広大な低地は、
無数の湖沼がある湿地帯で、深い森林も多かった。

モンゴルの騎馬軍団にとっては、馬を走らせにくくて面倒なので、あまり行きたくならない地域

75世界@名無史さん2017/09/11(月) 21:12:21.540
その点、ハンガリーの平原は、騎馬軍団が走り回りやすい地形と風土

アッティラ率いるフン族にあっさりと占領された

76世界@名無史さん2017/09/11(月) 23:26:30.900
世界史上最重要人物 10ベスト(順不同)

ダビンチ
コロンブス
ガリレオ
ニュートン
アインシュタイン
ボーア
ワット
マクスウェル
ダーウィン
エジソン

77世界@名無史さん2017/09/27(水) 22:59:03.430
アメリカンを焼夷弾で焼き殺せ!、と、英会話学校ノバ=NOVAの前で
俺は大声で言うし
俺は、アメリカンを火炎放射器で焼き殺すことを、できるよ

みんなで、火炎放射器を使ってアメリカンを焼き殺そうぜ!

78グーグルでアダルトビデオを見よう!2017/09/27(水) 23:48:21.270
アメリカンを核爆弾で焼き殺せ!

79世界@名無史さん2017/09/30(土) 02:45:52.360
メキシコ湾の熱風で温かい
サハラ砂漠が栄養をばらまく
新大陸と近い
山脈があり水が豊富だが砂漠はない
森林豊か 石炭も
騎馬民族がやってきても、ハンガリーで止まる それで無理なら東欧で止まる
文明発生の中東とちょうどいい距離 
大洋も地中海もある

80世界@名無史さん2017/09/30(土) 07:56:02.070
中国・東南アジア・インドから国力を吸い取ることに成功した

81世界@名無史さん2017/10/20(金) 10:31:15.840
ヨーロッパ史は世界史の華だからな

82名無しさん@そうだ選挙に行こう! Go to vote!2017/10/22(日) 10:03:58.430
まず欧州人の起源からよろ

83名無しさん@そうだ選挙に行こう! Go to vote!2017/10/22(日) 13:44:07.770
クロマニョン人

新着レスの表示
レスを投稿する