【93】ザロモン交響曲は魅力の宝庫【104】

1名無しの笛の踊り2010/10/29(金) 00:17:23ID:oe19S+Yg
ザロモン交響曲の名盤・珍盤・思い出の演奏など語りません?

553名無しの笛の踊り2017/11/11(土) 17:28:17.84ID:u0gFz6ym
自主制作の三枚組が出てるよ
ロンドンセットはベームがないし、
クリップス、モントゥー、フルベンの単発、あとカラヤンもあるよね

554名無しの笛の踊り2017/11/18(土) 01:55:28.85ID:5iABNlVK
ウィーンフィルのハイドンというと、自分にとっては、モントゥーの94、101と
クリップスの99、94がなにより強烈に思い浮かぶ。
551さんは、だれに指揮してもらいたいと思っているのだろう。

555名無しの笛の踊り2017/11/19(日) 00:28:11.55ID:oh67rvQy
ショルティですかね
もう亡くなってるけど

556名無しの笛の踊り2017/11/19(日) 12:20:11.48ID:cIYc+vnN
ロンドンフィルではなくウィーンフィルでやってほしかった
ということか

557名無しの笛の踊り2017/11/25(土) 14:54:39.11ID:NGr+D2S5
>>553
自主制作の三枚組っていうとこれか
http://img.hmv.co.jp/image/jacket/190/37/5/8/918.jpg
アーノンクールが93番と103番「太鼓連打」
ブーレーズが104番「ロンドン」
ヴェルザー=メストが98番と26番「ラメンタチオーネ」
メータが22番「哲学者」、ドホナーニが12番
という内容だったね


あとミュンヒンガーに96、100、104があったね
https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/518lTLUHXkL._SY400_.jpg

558名無しの笛の踊り2017/11/26(日) 15:29:23.00ID:WbTfmMQC
フェイのザロモン交が4枚組CDで出たけど
買った人いるかな

559名無しの笛の踊り2017/12/13(水) 19:11:35.41ID:be7H3dHF
デュトワがN響で85番振ってるけど、
ザロモン交響曲はレパートリーじゃないのかな

560名無しの笛の踊り2017/12/14(木) 03:54:53.67ID:UC7iSW83
そういやモントリオールシンフォニエッタとのパリ交響曲全曲録音はあるけどザロモン交響曲の録音は無いな

561名無しの笛の踊り2018/01/06(土) 14:07:55.02ID:OmDbYGcT
デッカには先にショルティ・ロンドンフィルのデジタル録音があったし
指揮者を変えてまで再録音されないてのが20世紀における
ハイドンのシンフォニー集でしたから。

562名無しの笛の踊り2018/01/11(木) 12:36:20.80ID:qJLC+yD+
DGにはヨッフムの後にカラヤンあったけどカラヤンは特別扱いだからな〜

563名無しの笛の踊り2018/01/20(土) 14:05:09.20ID:o61x9uTg
フェイの「ザロモン」交4枚組セット
やはり「時計」のみコンマスの指揮による録音だ
復帰は絶望的なのか
これとノリントン&チューリヒの「パリ」交集で
旧世代の演奏解釈録音からなんとか脱却できる
昔気質の指揮者はどうしても第二楽章やメヌエット楽章を
のどかにまったりやりたがるが
ちゃきチャキっとしたハイドン音楽には相応しくないんだな

564名無しの笛の踊り2018/02/04(日) 03:15:09.57ID:cj73Nt1a
ビーチャムのハイドンは何でだめなの?
時々聴くよ

565名無しの笛の踊り2018/02/04(日) 15:40:52.03ID:7nUMt1n3
俺もビーチャムのハイドンは好きだよ。パパハイドンというかムーミンパパというか大らかさがいい。(^O^)

566名無しの笛の踊り2018/02/10(土) 16:06:03.50ID:GP8duHNE
大らかなんていうと聞こえがいいけど
デブをふくよかと呼ぶようなものか
物は言いようだよな(^O^)
ハイドンの場合、第二楽章がいつも緩徐楽章とは限らない
どちらかというと、なんかネタというかバラエティに富む

567名無しの笛の踊り2018/02/10(土) 17:36:57.28ID:ObiqnO3F
ネタというかバラエティ、つまりは機知に富むということだよな。物は言いようだろ。
93番の第二楽章コーダのファゴット一発。思わず吹いた。当時の貴婦人なんか、嫌ねぇ、なんて言いながら聴いたんだろうか?(^O^)

568名無しの笛の踊り2018/02/10(土) 18:15:23.05ID:GP8duHNE
おまいいつもそのファゴット一発ネタばかりだな(^O^)
ザロモンスレだから仕方ないっちゃ仕方ないけど
「くま」あたりからやり出す
華々しくフィナーレ!と思ったら
また弱音ではじまるというイタズラ終止形は聴衆の拍手喝さいを
煽るものだけど、実際FMで放送されたホグウッドのライブで
聴衆は見事に騙されて拍手喝采していた。

569名無しの笛の踊り2018/02/10(土) 18:25:07.28ID:GP8duHNE
あとV字だっけ の
静かな第二楽章でとつぜんラッパとティンパニが
大音量で鳴らしかますとか
非常識だよな(^O^)

570名無しの笛の踊り2018/02/10(土) 18:45:05.27ID:GP8duHNE
いっぽう悪ふざけた手紙が残されてるモツなどは
血統のいい、それこそ常識的な曲を書き
「音楽の冗談」を書けばただ村の楽士を馬鹿にするだけの曲で
音楽的なユーモアはそこにない(^O^)

571名無しの笛の踊り2018/02/10(土) 19:16:52.44ID:ObiqnO3F
>>568
いやぁ、あれで笑わない奴はいるんだろうか?初めて93番をカンテッリのライブ(CD)で聴いた時はしばらく笑いが収まらなかった。ハイドンの交響曲にのめりこんだはそれがきっかけ。(^O^)

572名無しの笛の踊り2018/02/11(日) 12:30:56.17ID:9TQE6pyl
>>570
ハイドンの60番はモーツァルトの音楽の冗談と非常に似ていると思うよ
あれはちょっと素人作曲家を馬鹿にしてる面を否定できない
初演以来大受けだったがハイドン自身は再演を嫌がったと言う

573名無しの笛の踊り2018/02/12(月) 16:10:38.30ID:b5ttJqAB
60番は「うつけもん」というジャン=フランソワ・ルニャールの戯曲による
劇付随音楽を交響曲に編んだもののようで
当時の劇付随音楽はこんにちのサウンドトラックみたいなもので
使い捨てとされ、そのほとんどは消失している。
「火事」なども交響曲に編まれてその存在をうかがい知る

574名無しの笛の踊り2018/02/12(月) 20:52:05.10ID:wQvk0hpK
成立経緯を考慮するとマイナスイメージにしかならないがこれを外しても交響曲「うかつ者」「火事」は傑作だと思うな

575名無しの笛の踊り2018/02/17(土) 02:29:41.31ID:38hHyUkm
眉間に皺寄せて指揮したり
眉間に皺寄せて聴き入る音楽ではない
コープマンのようにニコニコしながら指揮したり
面白おかしく聴こうよ

576名無しの笛の踊り2018/02/18(日) 23:11:53.98ID:imCU96kn

577名無しの笛の踊り2018/02/25(日) 19:10:57.06ID:JJ363mMk
そこ総合スレといいながら交響曲の話題や
特に「アントニーニの「ハイドン2032」シリーズ」などは
ものすごい勢いでスルーされるスレ

578名無しの笛の踊り2018/03/19(月) 04:33:08.48ID:AG8hR28e
ファイは死んだの?

579名無しの笛の踊り2018/03/19(月) 12:00:48.50ID:rsAimUgu
2014年自宅での事故で脳挫傷を負い活動停止ってとこまでは知ってる

580名無しの笛の踊り2018/03/24(土) 15:25:33.94ID:tuoCKeOd
悲惨すぎる
恐らくモダン楽器でのハイ交全では
録音・演奏ともに一番優れたものになる予定だったのに…

581名無しの笛の踊り2018/04/08(日) 11:26:36.87ID:sTyQJwAA
ファイの演奏はすごく良い演奏もあれば、いくらなんでもやり過ぎてて聴いてて怒りさえ湧く酷い演奏もあったから、一番優れた全集とは言い難いものになったと思うが…

582名無しの笛の踊り2018/04/09(月) 21:48:33.91ID:UQTJyq7G
>やり過ぎてて聴いてて怒りさえ湧く酷い演奏
これってアーノンクールとか、次元は異なるがカラヤンなどが
まさにそういった演奏をしてくれたわけだが
こういった一癖ある演奏って
慣れてしまえば、もっと言って好きになってしまうと
所謂、可もなく不可もない安全運転の演奏CDを
売り払っている自分に気づくだろう。

583名無しの笛の踊り2018/04/09(月) 23:08:18.53ID:qCvqeaBS
アーノンクールは太鼓連打冒頭以外は意外と普通の演奏だなとしか思わんかった

584名無しの笛の踊り2018/04/09(月) 23:23:31.68ID:QpM2J0lL
アーノンクールで酷い演奏と思ったのはブルックナーだけだな…

585名無しの笛の踊り2018/04/10(火) 00:12:32.52ID:gM6eAp5o
アーノンクールはパリ交響曲だろう
82番「熊」
http://www.youtube.com/watch?v=WiIANbdeWsc
83番「めんどり」
http://www.youtube.com/watch?v=xrPULn4PZ0w

586名無しの笛の踊り2018/04/10(火) 00:25:48.32ID:gM6eAp5o
HAYDN, J.: Symphonies Nos. 82-87, "Paris Symphonies" (Concentus Musicus Wien, Harnoncourt)
http://ml.naxos.jp/album/886444649681
85番の第1楽章前半のリピートは、冒頭アダージョからリピートするんだな これは新鮮だった

587名無しの笛の踊り2018/04/10(火) 11:54:42.34ID:f25W7ISL
アーノンクールが過激だと噂に聞いて、とりあえず俺の大好きな53番帝国と69番ラウドンを聴いてみたら古楽スタンダード寄りでスッキリしていてなんというか爽やかさを感じる演奏でちょっと肩透かしをくらった思い出。
これはこれでとても良い演奏だったけど過激では無かったね。

588名無しの笛の踊り2018/04/10(火) 17:32:55.73ID:2d2RIC4N
82番「熊」はすべてリピートするとかなりしつこいフィナーレがいい感じ。
後世のベトのしつこさを先にやってしまった感じ。
パリ交の場合、通常1CDだと2曲しか入らない
パリ6曲で2CDに収まってるのは最後の繰り返しはしてないはず。
パリで3枚組はいまのところハルノンとノリントンだけだと思う。

で82番「熊」に戻すと、ノリントンは全体的にものすごいスピードでやってる
それでも長いのに対して
ハルノンは溜めたりこれでもかというほど好きにやってる。
自分なりにその曲をつかんでいるのとそうでない曲の場合
刷り込み具合による感じ方は多分に個人差がある。

589名無しの笛の踊り2018/04/10(火) 20:40:03.10ID:zobZdwBx
>>581
ファイの演奏はすごく良い演奏もあれば、いくらなんでもやり過ぎてて聴いてて
怒りさえ湧く酷い演奏もあったから、一番優れた全集とは言い難いものになったと思うが…

581さんにかなり似た感想を持った。
ファイの102番が入ったCDを聴いて、なかなか実力があり、演奏ごとに型にはまらず
意欲的な表現を行える指揮者だと感じ、他の演奏も楽しみになった。
そのようなときに、ファイが倒れたと知り衝撃を受けたが、なんと、ファイのCDが三分の一くらいに
値下げされて売り出された。こんな時になんで値下げを、と思ったものの、
不謹慎ながら安くなったことを喜んで買いあさり、(このとき年末だったので)、この年末年始は、
ファイの回復を念願しながらファイ三昧ですごそうと期待も膨らませた。
そう思って聴いていったところ………期待が大きかっただけに落胆もすごかった。
(581さんのように怒りが湧いたかどうか……、それに近かったかも知れない^^)
あまりに不自然な、それも、こなれていない不自然さが多い(自分は変わった演奏一般が嫌いなわけではない。
極端な表情付けでも、クナの94番などは、番外として聴き応えがあり楽しんでいる)。
表面上制限された形式の中で、かえって、多彩・多様で、深い、時に激しい、
あるいはロマン派にも負けないような内容を表現するハイドンの格調を
まったく壊しているとしか思えないものが多くあった。
演奏にひたれない、味わいのないものに多く行き当たった。
覚えているところでは、44番の不自然な緩急など、この曲をまったく味わえなくしている。
その他も含めて、ほとんど、鑑賞のローテーションに入れられなかった。
現時点では、一番優れた全集になるにはほど遠いと思える。
とはいえ、ファイは実力や、様々な演奏を行なえる巾なり柔軟さや意欲があり、
ハイドンへの熱意がある。復帰すれば、20年後、30年後にすばらしい円熟を聴かせてくれるに違いない。
なんとしても再起して欲しいと念願している。

590名無しの笛の踊り2018/04/10(火) 22:22:53.44ID:S2X7Ntdy
アーノンクールのハイドンの魅力は、極端な「溜め」と、時折出てくるびっくりするほど遅いテンポ

591名無しの笛の踊り2018/04/11(水) 17:33:57.22ID:Pi+Kf5t6
不自然な緩急や溜めなんて聴く側の慣れもあると思う
確かにファイは発展途上な指揮者だったとは思うが
アルノン、ブリュッヘン、ホグウッド、ソロモンス
どれも全集が叶わなかった今
現行のハイドン交全のなかでは
もっとも聴きごたえがあり問題提起している。
往年のドラティや保守的な演奏群のナクソス、
そしてフィッシャーのなかのどれかを優れた全集として
選ぶことのほうが俺には抵抗があるなあ。

592名無しの笛の踊り2018/04/11(水) 17:45:50.26ID:Pi+Kf5t6
>なんというか爽やかさを感じる演奏で
俺には他のピリオドよりは大仰に感じる。
メンバークレジットがなく弦の人数が何人か不明だが
おそらく大勢で録音の音作りも関係していると思うが
30「アレルヤ」を含めて良い演奏ではあると思う。

593名無しの笛の踊り2018/04/12(木) 12:07:33.15ID:o0CIncHS
>>591
名前を挙げてもらえないD.R.デイヴィスw
まあ全く存在価値の無い糞みたいな全集だったしなw

594名無しの笛の踊り2018/04/12(木) 15:14:28.60ID:5p626O0A
D.R.デイヴィスが晩年のバーンスタインとかブリュッヘンのように
ライヴでないと調子が乗らないタイプの指揮者かといえば
そういった次元ではなくて
単にソニークラシカルが全曲チクルスに便乗したか
スポンサーであったかの他力本願盤だからね。
コンサートをしてさらにスタジオ録音する徹底ぶりの
Haydn2032とは雲泥の差だよ。いや泥以下。

595名無しの笛の踊り2018/04/12(木) 18:12:32.28ID:5p626O0A
それにしても
ソロモンスやグッドマン&ハノーヴァーバンド
そしてホグウッドのザロモン編室内楽版の軍隊・ロンドンを
プロデュースしたマーティン・コンプトン氏は何処に…

596名無しの笛の踊り2018/04/12(木) 22:09:55.43ID:/BrIEqzH
ピリオドオケでの完成しなかった全集録音はグッドマン/ハノーヴァーバンドが一番好きだったよ俺は

597名無しの笛の踊り2018/04/13(金) 17:41:40.84ID:WI8qkxRN
トニーフォークナーによる録音がまたいいんだよね。
ハイドンの公共曲はこうでないと。
ブル・マラ同様の音作りでは良さが伝わらん
とても良い演奏でも録音でだいなしになってるものが多すぎる。

598名無しの笛の踊り2018/04/14(土) 00:47:12.38ID:KQI3VybB
D.R.デイヴィス全集の演奏の「遅さ」について
オケが慣れていないため、第一楽章は遅くせざるをえないが、
慣れてきた後のほうの楽章では普通の速さに近づいてくる、
といったような意味の解説を読んだことがある。
これが事実なのか、単なる憶測なのか覚えていないが、
聞いた印象からすると納得がいく。
あの遅さは、何らかの表現意図からのものとは到底思えず、
もたついているとしか見えない(後期の曲では際立っている)。
事実とすれば、こんなものを全集として売り出すのはひどい話だ。
ハイドンの交響曲に、これから少し資金や時間をかけてじっくり取り組みたいと
全集を求める人はいると思うが、
そうした人が、D.R.デイヴィスの全集を買う可能性を考えると憂鬱になる。
ハイドン交響曲に途中からうんざりして離れてしまう余地が充分ありそうだ。
にもかかわらず、かつて、この全集を礼賛しているコメントをいくつか見た。
そのひとつは、たしかベームのチャイコを取り上げて(違っていたらごめん)、
あの遅い演奏も慣れれば聞ける、同じように遅い演奏と批判されている
D.R.デイヴィスの演奏も慣れていけば聞ける、などと書いていた。
何で無理やり慣れなければならないのか、と、
なりふり構わない屁理屈の擁護にあきれたのだが。
いずれにしても、初心者が買わないよう願うほかはない。

599名無しの笛の踊り2018/04/14(土) 16:32:42.16ID:5x0tUoEc
ベームのチャイコは名演だよ。
逆にマーラーやチャイコのような曲は遅くやる方がたいへんな
緊張と持久力・スタミナを要する。

ウイーンとハンガリーの奏者を集めたフィッシャー盤なんかも
一部の曲でバイオリンの縦線がズレているね。
ハイドンの弦は腕利きの奏者を極力少人数でやったほうがいい。
というかハイドンは当時のクライアント(オケ)に向けて
作曲してたわけで
20世紀タイプの管弦楽団に対して作曲したわけではない。
ハイドンは作曲対象がない作曲をすごく嫌ったという記述を
ウェブスター(ホグウッド盤)は強調している。

600名無しの笛の踊り2018/04/14(土) 16:56:38.18ID:5x0tUoEc
モツやベトが現在もクラシック曲として人気あるのは
前者の旋律美、後者の革新性にあると思うのだが
ハイドンのメカニカルな発明(ハイドンは発明家であるとはブリュッヘンの弁)を
リアライズしていくのはこれからなんだと思う。

601名無しの笛の踊り2018/04/28(土) 07:40:58.96ID:2EA+GshQ
誰でもできる確実稼げるガイダンス
念のためにのせておきます
グーグル検索『金持ちになりたい 鎌野介メソッド』

TUSXK

602名無しの笛の踊り2018/05/01(火) 20:01:53.47ID:QQgI6AxS
何処のおっちゃんかと思いきや・・・↓
https://www.youtube.com/watch?v=S26buIrMJoo

603名無しの笛の踊り2018/05/24(木) 23:41:27.82ID:0EsVwXx5
Haydn2032のスタートから
18'000 CDs and LPs 売り上げたそうだ。
やはりこれからなんだよハイドン演奏は

新着レスの表示
レスを投稿する