これからドイツ語の需要ってある?

1名無し象は鼻がウナギだ!2018/01/26(金) 15:12:37.510
ほぼ9割型ドイツ学科入ることになったんだけどどうなん…スペイン語受ければよかったか

5名無し象は鼻がウナギだ!2018/01/26(金) 18:33:48.700
ドイツ語がヨーロッパの共通語になるとか夢のまた夢

6名無し象は鼻がウナギだ!2018/01/27(土) 09:01:37.370
>>5
やっぱ需要ないんかねえ…やるからには頑張るけども

7チョッパリークス  ◆TnC5NlxX3o 2018/01/27(土) 19:38:41.560
ロシア、UKIPイングランド、国民戦線フランスがEUや西側陣営に喧嘩売って負けて、ロシア語とフランス語が公用語から外される未来であるかもしれない(適当)

8名無し象は鼻がウナギだ!2018/01/27(土) 20:05:59.070
ドイツ語は重要だね。
エロが進んでる

9名無し象は鼻がウナギだ!2018/01/28(日) 12:27:06.520
-

10名無し象は鼻がウナギだ!2018/01/28(日) 13:01:49.100
普通に考えて英語、フランス語、ロシア語、中国語だろ
英語とフランス語は旧植民地で通じるし、ロシア語は旧ソ連構成国で使えるし、中国語は華僑と話すとき使える

11名無し象は鼻がウナギだ!2018/01/28(日) 14:52:01.110
ワイ涙目

12名無し象は鼻がウナギだ!2018/01/28(日) 17:24:27.780
>>2だが、
ドイツ語はEUの言語っていうのは「EUにおける主導的な言語」ってことだよ。
EUを仕切っているのはドイツであり(フランスもだけど)、ポーランドとかチェコでも通じることが多い言語だよ。

13名無し象は鼻がウナギだ!2018/01/28(日) 21:10:48.250
少し前に近所にドイツ人が引っ越してきたよ。俺は独学で某言語を学んでいるんだがドイツ語も覚えた方がいいかな?

14名無し象は鼻がウナギだ!2018/01/28(日) 21:19:29.570
まぁ好きな国の言語を学ぶべき。モチベーションが違うよ。

ドイツに興味があるなら断然ドイツ語。
ビールとソーセージが好きならドイツ語。

15名無し象は鼻がウナギだ!2018/01/29(月) 16:12:16.370
>>14
ドイツの街並みとか好きだからいつか行けるように頑張ってみるよ、ありがとう

16名無し象は鼻がウナギだ!2018/01/30(火) 14:25:07.700
やりすぎ防犯パトロール、特定人物を尾行監視 2009年3月19日19時7分配信 ツカサネット新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090319-00000026-tsuka-soci

この記事で問題になった通称やりすぎ防パトは、創価学会と警察署が引き起こしていたようです

掻い摘んで説明すると

・創価学会は、町内会や老人会、PTA、商店会等の住民組織に関し、学会員が役員になるよう積極的に働きかける運動を
 90年代末から開始し、結果、多くの住民組織で役員が学会員という状況が生まれた

・防犯パトロールの担い手は地域の住民と住民組織で、防犯活動に関する会議や協議会には、住民組織の代表に役員が出席する為
 防犯活動や防パトに、創価学会が間接的に影響力を行使可能となった

・防パトは住民が行う為、住民が不審者や要注意人物にでっち上げられるトラブルが起きていたが
 創価学会はその緩さに目をつけ、住民組織を握っている状況を利用し、嫌がらせ対象者を不審者や要注意人物にでっち上げ
 防パトに尾行や監視、付き纏いをさせるようになった

・防パトは地元警察署との緊密な連携により行われる為、創価学会は警察署幹部を懐柔して取り込んでしまい
 不審者にでっち上げた住民への嫌がらせに署幹部を経由して警察署を加担させるようになった

・主に当該警察署勤務と考えられる創価学会員警察官を動かし、恐らく非番の日に、職権自体ないにもかかわらず
 私服警官を偽装させて管轄内を歩いて回らせ、防犯協力をお願いしますと住民に協力を求めて回り
 防犯とは名ばかりの、単なる嫌がらせを住民らに行わせた(防犯協力と称し依頼して回っていた警察官らの正体は恐らく所轄勤務の学会員警察官)
 ※これに加えて防犯要員が同様のお願いをして回る

・こうして防犯パトロールを悪用し、住民を欺いて嫌がらせをさせつつ、創価学会自体も会員らを動員し、組織的な嫌がらせを連動して行った

つまり警察署に勤務する学会員警察官、警察署幹部、創価学会が通称やりすぎ防犯パトロールの黒幕

詳細は下記スレをご覧下さい
やりすぎ防犯パトロールは創価学会と警察署の仕業だった
https://rio2016.5ch.net/test/read.cgi/bouhan/1516500769/

17名無し象は鼻がウナギだ!2018/01/30(火) 20:29:04.120
-

18名無しさん2018/02/11(日) 03:57:24.640
論文はドイツ語ばっか
逃げられん第2ヶ国語

19名無し象は鼻がウナギだ!2018/02/11(日) 04:23:50.870
>>10
ロシア語抜いてアラビア語を入れるべき

20名無し象は鼻がウナギだ!2018/02/13(火) 19:04:30.480
>>19
いや、どっちも入れて、ついでにスペイン語も入れると、国連公用6語になる
全世界から代表が集まって話し合う国連で公用語となってる6言語なんだから、他の言語とは別格だろう

まぁ日本人にとっては、英語以外でいちばん楽なのはドイツ語だから、実用を考えなければドイツ語一択だと思う
つーか、日本の外来語にドイツ語が多すぎて、ドイツ語由来の単語を英語だと勘違いしてることも多い
例えばナトリウムやカリウム、リュックサック、エネルギー、果てはNATOをナトーと読むのもドイツ語読みだし
医学用語もほとんどドイツ語だから、ペニスやヴァギナ、オナニー、ザーメンなども当然ドイツ語であり、英語ではない
こういう単語面での有利に加えて、文法的にも、なぜか日本語の語順と近い部分もあったりして、日本人には有利だ

てことで、世界で通じやすい言語じゃなくてもいいじゃん、ドイツ語頑張れよと言っておこう

21名無し象は鼻がウナギだ!2018/02/14(水) 11:20:34.800
英語では、ナトリウム=ソディウム、カリウム=ポタッシウム、リュックサック=バックパック、エネルギー=エナジー、ナトー=ネイトー
ペニス=ピーナス、ヴァギナ=ヴァジャイナ、オナニー=マスターベーション、ザーメン=スィーメンだな
ていうか、もしかして、英語で猥談しても周囲には猥談とは気づかれにくいけど、ドイツ語だとすぐバレそうだなw

22名無し象は鼻がウナギだ!2018/02/14(水) 20:05:21.750
英語はウムではなくアムな

23名無し象は鼻がウナギだ!2018/02/19(月) 20:28:02.850
確実にどんな人でも可能な嘘みたいに金の生る木を作れる方法
時間がある方はみてもいいかもしれません
グーグル検索⇒『金持ちになりたい 鎌野介メソッド』

FE6W5

24名無し象は鼻がウナギだ!2018/05/30(水) 23:26:32.750
世界都市ランキング 2018年版(ビジネス、文化、政治、人的資本など総合都市力)
https://www.atkearney.com/2018-global-cities-report

*1位 ニューヨーク
*2位 ロンドン
*3位 パリ
*4位 東京
*5位 香港
*6位 ロサンゼルス
*7位 シンガポール
*8位 シカゴ
*9位 北京
10位 ブリュッセル
11位 ワシントン
12位 ソウル
13位 マドリード
14位 モスクワ
15位 シドニー
16位 ベルリン
17位 メルボルン
18位 トロント
19位 上海
20位 サンフランシスコ


ヨーロッパの中心はどうしてもロンドン、パリなんだよ

25名無し象は鼻がウナギだ!2018/06/10(日) 06:58:17.630
ロンドンも違う

ヨーロッパの中心都市はいつの時代もパリ

26名無し象は鼻がウナギだ!2018/06/10(日) 12:41:32.620
ドイツ語ができるとインテリジェンスを感じる利得はまだあるんじゃね?

27名無し象は鼻がウナギだ!2018/06/10(日) 13:57:00.660
SM用品の通販もドイツ語ができると便利だぞ

28名無し象は鼻がウナギだ!2018/06/11(月) 20:55:34.320
-

29名無し象は鼻がウナギだ!2018/06/23(土) 05:14:02.090
ドイツ、オーストリア、スイスで公用語だし、
今後、スウェーデン語、デンマーク語、ノルウェー語、オランダ語学びたくなったら近いよ

30名無し象は鼻がウナギだ!2018/06/23(土) 09:32:49.080
あとトルコあたりで道に迷ったら役に立つ。

31名無し象は鼻がウナギだ!2018/07/19(木) 21:53:27.710
トルコ語のほうが簡単だろ

32名無し象は鼻がウナギだ!2018/11/15(木) 18:29:51.510
世界救世教・東方之光・MOA

の内部では毒物や薬物による信者の暗殺が行われている。
お茶に細菌を混入させることにより、施設内で体調不良を訴えることなく、
一週間以内に発病させ、病院で死ぬ。なんの証拠も残らない。
オウムと同じように多数の優秀な医師が教団施設には勤務している。
港区にある高輪療院には常時医師が5-6名在中していて、保険適用の
アドバイスを行っている。

健康科学センターもあり、研究者や学者もいるが、暴力団山口組との癒着もあり、
生物兵器の培養が行われている可能性もある。
炭疽菌などをお茶に混入させて死亡させているとすれば、
オウム真理教と同じ警戒レベルの、生物兵器テロ組織とも考えられる。
http://www.mhs.or.jp/

現在、教団内では暴力団による宗教を派閥で乗っ取る方向で進められていて、
東方之光による、教団の独裁が計画実行されている。

公安調査庁はこの組織の内偵を徹底すべきだ。
オウム真理教に次ぐ日本社会の脅威である。

33名無し象は鼻がウナギだ!2018/12/03(月) 20:18:42.880
ä ö ü ß

34名無し象は鼻がウナギだ!2018/12/05(水) 10:11:04.370
§2. sein 動詞の文:不定冠詞
─ 例文 ────────────────────
不定冠詞は名詞の前について「ある、一つの」という意味を表します。
男性名詞・単数形にかかる不定冠詞は ein です。
※Das ist ~. は「あれ・それは〜です。」という意味の文章で、
後に続く名詞が単数形のとき sein 動詞は ist です。

Was ist das? あれは何ですか?
Das ist ein Kugelschreiber. あれは(一本の)ボールペンです。
────────────────────────
(1) Das ist ein Bleistift. あれは(一本の)鉛筆です。
(2) Das ist ein Hut. あれは(一つの)帽子です。
(3) Das ist ein Apfel. あれは(一個の)りんごです。

A12
(1) Das ist ein Hund. あれは(一匹の)犬です。
(2) Das ist ein Vogel. あれは(一羽の)鳥です。
(3) Das ist ein Pullover. あれは(一着の)セーターです。

A13-14
女性名詞・単数形にかかる不定冠詞は eine です。
(1) Das ist eine Katze. あれは(一匹の)猫です。
(2) Das ist eine Hose. あれは(一着の)ズボンです。
(3) Das ist eine Tasche. あれは(一つの)かばんです。
(4) Das ist eine Uhr. あれは(一つの)時計です。
(5) Das ist eine Orange. あれは(一個の)オレンジです。
(6) Das ist eine Kirche. あれは教会です。

35名無し象は鼻がウナギだ!2018/12/05(水) 10:11:47.130
A15-16
中性名詞・単数形にかかる不定冠詞は ein です。
(1) Das ist ein Haus. あれは(一軒の)家です。
(2) Das ist ein Bild. あれは(一枚の)絵です。
(3) Das ist ein Buch. あれは(一冊の)本です。
(4) Das ist ein Hemd. あれは(一着の)シャツです。
(5) Das ist ein Fahrrad. あれは(一台の)自転車です。
(6) Das ist ein Museum. あれは美術館(博物館)です。

A17-18
複数形につく不定冠詞はありません。後続する名詞が複数形なので例文の sein 動詞は sind になっています。
(1) Das sind Äpfel. (Apfel) あれは(複数の)りんごです。
(2) Das sind Hunde. (Hund) あれは犬たちです。
(3) Das sind Katzen. (Katze) あれは猫たちです。
(4) Das sind Kirchen. (Kirche) あれは教会群です。
(5) Das sind Bücher. (Buch) あれは(複数の)本です。
(6) Das sind Bilder. (Bild) あれは(複数の)絵です。

36名無し象は鼻がウナギだ!2018/12/05(水) 11:21:21.510
§2. sein 動詞の文:定冠詞
─ 例文 ────────────────────
定冠詞は名詞の前について「その〜」という意味を表します。
男性名詞・単数形にかかる定冠詞は der です。

Das ist ein Bleistift. あれは(一本の)鉛筆です。
Der Bleistift ist kurz. その鉛筆は短い。
────────────────────────
(1) Das ist ein Apfel. ― Der Apfel ist frisch.
 あれはりんごです。そのりんごは新鮮です。
(2) Das ist ein Hund. ― Der Hund ist schwarz.
 あれは犬です。その犬は黒い。
(3) Das ist ein Vogel. ― Der Vogel ist klein.
 あれは鳥です。その鳥は小さい。

A12《以降、前文を省略》
(4) Der Hut ist grau. その帽子は灰色です。
(5) Der Mann ist groß. その男の人は背が高い。
(6) Der Wagen ist teuer. その車はとても高価だ。

A13-14
女性名詞・単数形にかかる定冠詞は die です。
(1) Die Kirche ist sehr schön. その教会はとても美しい。(sehr とても)
(2) Die Uhr ist gebrochen. その時計は壊れている。(fr. kaputt)
(3) Die Tasche ist groß. そのかばんは大きい。
(4) Die Katze ist tot. その猫は死んでいる。
(5) Die Jacke ist schick. そのジャケットはおしゃれだ。
(6) Die Frau ist jung. その女性は若い。

37名無し象は鼻がウナギだ!2018/12/05(水) 11:56:58.580
A15-16
中性名詞・単数形にかかる定冠詞は das です。
(1) Das Kind ist lieb. その子どもは愛らしい。
(2) Das Auto ist sehr teuer. その車はとても高価だ。
(3) Das Hemd ist billig. そのシャツは安い。
(4) Das Buch ist dick. その本は分厚い。
(5) Das Hotel ist bequem. そのホテルは快適だ。
(6) Das Schloss ist schon. その宮殿は美しい。

A17-18
複数形にかかる定冠詞は名詞の性にかかわらず die です。
(1) Die Ärzte sind reich. その医者は金持ちだ。
(2) Die Männer sind dumm. その男たちはバカだ。
(3) Die Studenten sind klug. その大学生たちは賢い。
(4) Die Schuhe sind bequem. その靴は履き心地がいい。
(5) Die Waren sind schlecht. その品々は質が悪い。
(6) Die Kinder sind laut. その子どもたちは騒がしい。

38名無し象は鼻がウナギだ!2018/12/05(水) 13:01:30.720
§○. 所有冠詞
─ 例文 ────────────────────
「私の〜」といった所有・帰属を表す冠詞を所有冠詞といいます。
所有冠詞は名詞の性に応じて不定冠詞と似た変化をします。
「私の〜」を意味し男性名詞・単数形につく所有冠詞は mein です。

Mein Name ist Peter. 私の名前はペーターです。
────────────────────────
(1) Mein Vater ist Arzt. 私の父は医師です。
(2) Mein Vater ist in Berlin. 私の父はベルリンにいます。
(3) Mein Hund ist weiß. 私の犬は白い。
(4) Mein Sohn ist 7 Jahre alt. 私の息子は6歳です。(〜 Jahre alt sein=〜歳である)
(5) Mein Sohn ist Schüler. 私の息子は小学生です。
(6) Mein Bruder ist Student. 私の兄(弟)は大学生です。

A12 女性名詞:meine
(1) Meine Mutter ist Hausfrau. 私の母は主婦です。
(2) Meine Mutter ist zärtlich. 私の母は優しい。
(3) Meine Katze ist leicht. 私の猫は軽い。
(4) Meine Tochter ist lieb. 私の娘はかわいい。
(5) Meine Tochter ist Schülerin. 私の娘は小学生です。
(6) Meine Schwester ist Ärztin. 私の姉(妹)は医師です。

39名無し象は鼻がウナギだ!2018/12/06(木) 09:15:31.320
A43 中性名詞:mein
(1) Mein Auto ist billig. 私の車は安い。
(2) Mein Haus ist neu. 私の家は新しい。
(3) Mein Zimmer ist rein. 私の部屋は片付いている。
(4) Mein Kind ist noch klein. 私の子どもはまだ小さい。(noch まだ)
(5) Mein Buch ist interessant. 私の(持っている)本はおもしろい。
(6) Mein Gesicht ist hässlich. 私の顔は醜い。

A44 複数名詞:meine
(1) Sie sind meine Kinder. 彼らは私の子どもたちです。
(2) Meine Kinder sind Studenten. 私の子どもたちは小学生だ。
(3) Meine Freunde sind nett. 私の友達は親切だ。
(4) Meine Eltern sind gesund. 私の両親は健康だ。
(5) Meine Bücher sind sehr interessant. 私の本はとてもおもしろい。
(6) Meine Autos sind neu. 私の車はすべて新しい。

40名無し象は鼻がウナギだ!2018/12/06(木) 10:27:41.400
A45「君の〜」:dein
(1) Dein Kugelschreiber ist praktisch. 君のボールペンは実用的だ。
(2) Deine Freundin ist sympathisch. 君の女友だちは感じがいいね。
(3) Dein Heft ist dünn. 君のノートは薄い。
(4) Deine Eltern sind nett. 君の両親は親切だ。

A46「彼の〜」:sein
(1) Sein Vater ist Maler. 彼の父は画家です。
(2) Seine Mutter ist krank. 彼の母は病気だ。
(3) Sein Haar ist Natur. 彼の髪は本物だ。
(4) Seine Eltern sind jung. 彼の両親は若い。

A47「彼女の〜」:ihr
(1) Ihr Mann ist Beamte. 彼女の夫は公務員だ。
(2) Ihre Haut ist weiß. 彼女の肌は白い。
(3) Ihr Haus ist rein. 彼女の家はきれいだ。
(4) Ihre Eltern sind schon lange tot. 彼女の両親はとうに亡くなっている。(schon lange とっくに)

A48「私たちの」:unser
(1) Unser Vater ist furchtbar. 私たちの父は恐い。
(2) Unsere Mutter ist zärtlich. 私たちの母は優しい。
(3) Unser Auto ist BMW. 私たちの車はBMWです。
(4) Unsere Eltern sind lebhaft. 私たちの両親は快活です。

41名無し象は鼻がウナギだ!2018/12/08(土) 09:19:16.590
A49「君たちの」:euer
(1) Euer Lehrer ist streng. 君たちの先生は厳しい。
(2) Euere Stadt ist schön. 君たちの街は美しい。
(3) Euer Haus ist klein. 君たちの家は小さい。
(4) Euere Freunde sind aggressiv. 君たちの友だちは攻撃的だ。

A50「彼らの」:ihr
(1) Ihr Garten ist ausgezeichnet. 彼らの庭は素晴らしい。
(2) Ihre Heimat ist Bonn. 彼らの故郷はボンです。
(3) Ihr Pferd ist sanft. 彼らの馬はおとなしい。
(4) Ihre Kinder sind artig. 彼らの子どもは行儀がいい。(artig おとなしい、行儀がいい)

A--「あなたの」:Ihr
(1) Ihr Deutsch ist gut. あなたのドイツ語は上手です。
(2) Ihre Handlung ist strafbar. あなたの行為は罰せられます。
(3) Ihr Kind ist sehr lieb. あなたの子どもはとても愛らしい。
(4) Ihre Freunde sind sympathisch. あなたの友だちは感じがいい。

42名無し象は鼻がウナギだ!2018/12/08(土) 10:28:17.180
A101:2格(1):定冠詞
─ 例文 ────────────────────
2格は「〜の」という所有・所属関係を表し、修飾する語句の後ろからかかります。
男性名詞・単数形にかかる定冠詞の2格は des で、男性名詞では名詞自体にも -s/-es の語尾がつきます。
詳しくは辞書で確認しましょう。-[e]s は -s/-es どちらの語尾をつけてもよいことを意味します。

Der Schirm des Mannes ist blau. その男性の傘は青い。(m. Mann U:-[e]s)
────────────────────────
(1) Der Beruf des Mannes ist Arzt. その男性の職業は医師です。
(2) Die Farbe des Mantels ist grün. そのコートの色は緑だ。(m. Mantel U:-s)
(3) Das ist die Spitze des Eisbergs. それは氷山の一角だ。(m. Eisberg U:-[e]s)
(4) Der Preis des Schmucks ist billig. その宝石の値段は安い。(m. Schmuck U:-[e]s)
(5) Das ist das Buch des Lehrers. それは先生の本です。(m. Lehrer U:-s)
(6) Das ist das Auto des Onkels. あれはおじの車です。(m. Onkel U:-s)

※おおまかに言って1音節の名詞には -es、2音節以上の名詞には -s がつきます。発音しやすい方を選びます。
※アクセントのない -er/-el/-en で終わる語には必ず -s をつけます。(Lehrer, Onkel)
※-s/-ß/-tz など [s][ts] で終わる音には必ず -es をつけます。(Haus, Fuß, Satz)

A102: 女性名詞:der(名詞に語尾はつかない)
(1) Das ist das Buch der Lehrerin. それはその女教師の本だ。 (f. Lehrerin)
(2) Der Turm der Kirche ist hoch. その教会の塔は高い。(f. Kirche)
(3) Der Schein der Sonne ist warm. 日の光が暖かい。(f. Sonne)
(4) Er ist die Stütze der Familie. 彼は一家の大黒柱だ。(f. Familie)
(5) Die Farbe der Katze ist braun. その猫の色は茶色い。(f. Katze)
(6) Mainz ist die Wiege der Buchdruckerkunst. マインツは印刷術発祥の地だ。(f. Wiege 揺りかご・揺籃の地|f. Buchdruckerkunst 印刷術)

43名無し象は鼻がウナギだ!2018/12/08(土) 11:03:46.160
A103:中性名詞:des(名詞に語尾がつく)
(1) Das ist das Buch des Kindes. あれはその子どもの本です。(n. Kind U:-[e]s)
(2) Der Vater des Kindes ist sehr reich. その子どもの父親はとても金持ちだ。
(3) Die Farbe des Hauses ist weiß. その家の色は白い。(n. Haus U:-es)
(4) Die Haut des Mädchen ist weich. その女の子の肌は柔らかい。(n. Mädchen U:-s)
(5) Ein Ablauf des Programms ist schnell. プログラムの進行が早い。(n. Programm U:-s)
(6) Der Name des Flugzeuges ist Airbus. その飛行機の名前はエアバスです。(n. Flugzeug U:-[e]s)

A104:複数名詞:der(名詞に語尾はつかない)
(1) Die Autos der Männer sind geschmacklos. その男たちの車は趣味が悪い。(m. Mann)
(2) Der Schmuck der Frauen sind teuer. そのご婦人方のアクセサリーはお高い。(f. Frau)
(3) Adler ist der König der Lüfte. ワシは天空の王者だ。(f. Luft)
(4) Löwe ist der König der Tiere. ライオンは百獣の王だ。(n. Tier)
(5) Das ist das Spiel der Kinder. それは子供たちの遊びだ。(n. Kind)
(6) Das Klassenzimmer der Kinder ist B. その子どもたちのクラスはBです。(n. Klassenzimmer)

A111: 2格(2):不定冠詞、A121:2格(3):所有冠詞

44名無し象は鼻がウナギだ!2018/12/08(土) 12:31:50.320
A131: 否定文(1):kein
─ 例文 ────────────────────
「〜ではない」という文を否定文といいます。
不定冠詞つきの名詞や無冠詞の名詞を否定するには、否定冠詞 kein を用います。
kein は後続の名詞によって不定冠詞と似た格変化をします。
【m:kein / f:keine / n:kein / pl:keine】

《平叙文》Das ist ein Buch. あれは本です。
《否定文》Das ist kein Buch. あれは本ではありません。
────────────────────────
【T】次の平叙文を否定文に書き換えなさい。
(1) Das ist ein Kugelschreiber. あれはボールペンです。
 → Das ist __ Kugelschreiber. あれはボールペンではありません。

(2) Das ist eine Katze. あれは猫です。
 → Das ist ___ Katze. あれは猫ではありません。

(3) Das ist ein Messer. あれはナイフです。→ Das ist __ Messer. あれはナイフではありません。

A132 男性
(1) Er ist kein Lehrer. 彼は先生ではありません。
(2) Ich bin kein Arzt. 私は医師ではありません。
(3) Es ist kein Zufall. それは偶然ではない。
(4) Kein Mensch ist unfehlbar. 過ちを犯さぬ人間などいない。(unfehlbar 間違いを犯さない)
(5) Kein Mensch ist vollkommen. 完璧な人間などいない。(vollkommen 完全な、完璧な)

A133 女性
(1) Sie ist keine Lehrerin. 彼女は先生ではありません。
(2) Sie ist keine Japanerin. 彼女は日本人ではありません。
(3) Keine Antwort ist auch eine Antwort. 返事がないのも返事の一つ。
(4) Das ist keine Absicht. それはわざとではありません。(f. Absicht 意図) ※ぶつかって謝るときなど
(5) Heute ist keine Schule. 今日は学校(授業)がない。※副詞が文頭にくると主語と動詞が入れ替わります。

45名無し象は鼻がウナギだ!2018/12/10(月) 15:51:19.020
書き忘れ:無冠詞の名詞を否定するときも kein を用います。
(例) Er ist Lehrer. 彼は先生です。→ Er ist kein Lehrer. 彼は先生ではありません。
  Sie ist Lehrerin. 彼女は先生です。→ Sie ist keine Lehrerin. 彼女は先生ではありません。
  Das sind Kinder. あれは子どもたちです。(無冠詞複数名詞) → Das sind nicht Kinder. あれは子どもたちではありません。

A141-143
形容詞を否定するときは nicht を用い、形容詞の前に置きます。
Das Zimmer ist nicht hell. その部屋は明るくない。

(1) Sie ist nicht schön. 彼女は美しくない。
(2) Er ist nicht krank. 彼は病気ではない。
(3) Ich bin nicht müde. 私は疲れていない。
(4) Klaus ist nicht geschickt. クラウスは器用ではない。
(5) Hanna ist nicht hübsch. ハナはかわいくない。
(6) Die Broschüre ist nicht kostenlos. そのパンフレットは無料ではありません。
(7) Ich bin nicht mehr jung. 私はもう若くない。(nicht mehr もう〜ない)
(8) Er ist noch nicht da. 彼はまだ来ていない。(noch nicht まだ〜でない)
(9) Er ist geistig nicht normal. 彼は精神的にまともではない。
(10) Das Haus ist nicht modern. その家はモダン(現代的)ではない。(de. zeitgemäß)

A144
定冠詞や所有冠詞つき名詞の否定には nicht を用います。
(1) Er ist nicht der Täter. 彼は犯人ではない。
(2) Alex ist nicht der Lehrer der Klasse. アレックスはそのクラスの先生ではありません。

A145
(1) Das ist nicht mein Stil. それは私のやり方ではない。(m. Stil)
(2) Du bist nicht mein Freund. 君は私の友だちではない。
(3) Das ist nicht mein Füller. それは私の万年筆ではありません。
(4) Das ist nicht sein Auto. あれは彼の車ではありません。
(5) Das ist nicht unser Lehrer. あれは私たちの先生ではありません。
(6) Es ist nicht ihre Schuld. それは彼女/彼らの責任ではない。(f. Schuld)

46名無し象は鼻がウナギだ!2018/12/10(月) 17:32:08.940
§16. 疑問文
─ 例文 ────────────────────
「〜ですか?」「〜しますか?」という文を疑問文といいます。
疑問文は平叙文の動詞を文頭にもってきて、文末に"?"(疑問符)を置いて作ります。
問いかけに対して「はい」なら "Ja."、「いいえ」なら "Nein." で答えます。

《平叙文》Das ist ein Buch. あれは本です。
《疑問文》Ist das ein Buch? あれは本ですか?
 ― Ja, das ist ein Buch. はい、あれは本です。
 ― Nein, das ist ein Heft. いいえ、あれはノートです。
────────────────────────

A162
(1) Ist das Bach? あれはバッハですか?
 ― Ja, das ist Bach. はい、あれはバッハです。
 ― Nein, das ist nicht Bach. いいえ、あれはバッハではありません。

(2) Ist Ihr Vater in Wien? あなたのお父さんはウィーンにいますか?
 ― Nein, mein Vater ist nicht in Wien. いいえ、私の父はウィーンにいません。
 ― Ja, mein Vater ist in Wien. はい、私の父はウィーンにいます。

(3) Ist mein Deutsch gut? 私のドイツ語は上手ですか?
 ― Ja, Ihr Deutsch ist sehr gut. はい、あなたのドイツ語はとてもお上手です。
 ― Nein, Ihr Deutsch ist schlecht. いいえ、あなたのドイツ語はヘタです。

(4) Ist das dein Computer? あれは君のパソコンですか?
(5) Ist das ein Hund? あれは犬ですか?
(6) Ist er intelligent? 彼は頭がいいですか?
(7) Ist der Platz noch frei? その席はまだ空いていますか?

47名無し象は鼻がウナギだ!2018/12/11(火) 13:18:37.400
§17. 補足疑問文:was, wer
─ 例文 ────────────────────
was「何」や wer「誰」といった疑問代名詞を使った疑問文を補足疑問文といいます。
補足疑問文では疑問詞を文頭に、二番目に動詞を置きます。

Was ist das? あれは何ですか? ― Das ist ein Schloss. あれは宮殿です。
Wer ist er? 彼は誰ですか? ― Er ist Herr Müller. 彼はミュラーさんです。
────────────────────────
(1) Was ist das? あれは何ですか? ― Das ist ein Tisch. あれは机です。
(2) Was ist das? あれは何ですか? ― Das ist ein Koala. あれはコアラです。(m. Koala)
(3) Was ist dein Hobby? 君の趣味は何ですか? ― Mein Hobby ist Ski. 私の趣味はスキーです。(m. Ski [∫i:]) (n. Hobby|→ de. Steckenpferd)
(4) Was ist das Essen? この料理は何ですか? ― Schnitzel. Das ist sehr lecker. カツレツです。それはとてもおいしいですよ。
(5) Was bist du von Beruf? 君の職業は何ですか? ― Ich bin Beamte. 私は公務員です。(von Beruf 職業に関して)
(6) Was ist dein Bruder von Beruf? 君の兄(弟)の職業は何ですか?― Er ist Fußballspieler. サッカー選手です。
(7) Was ist ihr Vater von Beruf? 彼女の父親の職業は何ですか? ― Er ist Anwalt. 彼は弁護士です。
(8) Was sind die Leute? この人たちは何ですか? ― Sie sind Touristen aus Japan. 彼らは日本からの観光客です。(aus 〜から(の))

(1) Wer ist das? あれは誰ですか? ― Das ist Mozart. あれはモーツァルトです。
(2) Wer ist Wolfgang? ヴォルフガングとは誰ですか? ― Er ist mein Lehrer. 彼は私の先生です。
(3) Wer ist der Mann? この男の人は誰ですか? ― Er ist Hans. 彼はハンスです。
(4) Wer sind die Leute? この人たちは誰ですか? ― Sie sind meine Kollegen. 彼らは私の同僚です。(m. Kollege -n/-n 同僚|→ de. Mitarbeiter, Genosse)
(5) Wer sind sie? 彼らは誰ですか? ― Sie sind meine Eltern. 彼らは私の両親です。

48名無し象は鼻がウナギだ!2018/12/12(水) 11:10:07.210
wessen は wer の2格で「誰の」を表します。
(1) Wessen Auto ist das? あれは誰の車ですか? ― Das ist das Auto von Jens. あれはイェンスの車です。
(2) Wessen Handy ist das? これは誰の携帯電話ですか? ― Das ist ihr Handy. あれは彼女の携帯電話です。(n. Handy|→ de. Hand[tele]fon)

49名無し象は鼻がウナギだ!2018/12/12(水) 11:13:52.350
B1:一般動詞の文(規則変化)
─ 例文 ────────────────────
ドイツ語の動詞は語幹と語尾から成り立っています。
 [例] wohnen 住む=wohn(語幹)+en(語尾)
このうち主語によって語尾の部分が変化します。主語が ich のとき動詞の人称語尾は -e です。

Ich wohne in Berlin. 私はベルリンに住んでいます。(in 〜に)
────────────────────────
◇なお、変化する前の動詞の形を不定形と呼びます。

(1) Ich wohne in Bonn. 私はボンに住んでいます。
(2) Ich lerne Deutsch. 私はドイツ語を勉強しています。(lernen 学ぶ)
(3) Ich komme aus Dresden. 私はドレスデンから来ました。(kommen 来る|aus 〜から)
(4) Ich singe schlecht. 私は歌うのが下手です。(singen 歌う)
(5) Ich trinke gern Bier. 私はビールを飲みます。(trinken 飲む)

B2:du:-st
(1) Du wohnst in London. 君はロンドンに住んでいます。
(2) Du lernst Englisch. 君は英語を勉強しています。
(3) Du kommst aus England. 君はイギリスから来ました。
(4) Du singst gut. 君は上手に歌います。
(5) Du trinkst Tee. 君は紅茶を飲みます。

B3:er/sie:-t
(1) Er wohnt jetzt in Paris. 彼は今パリに住んでいます。
(2) Er lernt Französisch. 彼はフランス語を勉強しています。
(3) Sie kommt aus Frankreich. 彼女はフランスから来ました。
(4) Sie singt laut. 彼女は高らかな声で歌います。
(5) Sie trinkt Kaffee. 彼女はコーヒーを飲みます。

50名無し象は鼻がウナギだ!2018/12/12(水) 11:57:01.830
B4:wir:-en
(1) Wir wohnen hier in Madrid. 私たちはここマドリードに住んでいます。
(2) Wir lernen Mathematik. 私たちは数学を勉強しています。
(3) Wir kommen aus Deutschland. 私たちはドイツから来ました。
(4) Wir singen fröhlich. 私たちは快活に歌います。
(5) Wir trinken Milch. 私たちは牛乳を飲みます。

B5:ihr:-t
(1) Ihr sagt guten Tag. 君たちはこんにちはと言います。(sagen 言う)
(2) Ihr lauft schnell. 君たちは速く走ります。(laufen 走る|schnell 速い)
(3) Ihr kocht gut. 君たちは料理が上手です。
(4) Ihr geht rechts. 君たちは右側を歩きます。
(5) Ihr fahrt gern Ski. 君たちはスキーをするのが好きなんですね。
※ gern は「好んで」という意味の副詞で、動詞とともに用いられ全体で「〜するのが好きだ」という意味になります。

B6:sie/Sie:-en(同形)
(1) Sie sagen gute Nacht. 彼らはおやすみなさいと言います。
(2) Sie laufen langsam. 彼らはゆっくり走ります。(langsam 遅い、ゆっくりとした)
(3) Sie kochen gern. 彼らは料理をするのが好きです。
(4) Sie gehen links. 彼らは左側を歩きます。
(5) Sie fahren Auto. 彼らは車を運転します。(Auto fahren)

B7:ごたまぜ
(1) Ich höre gern Musik. 私は音楽を聴くのが好きです。(hören 聴く|Musik 音楽)
(2) Er wohnt nebenan. 彼は隣に住んでいます。(nebenan 隣に)
(3) Meine Eltern wohnen in Köln. 私の両親はケルンに住んでいます。
(4) Wir fahren von Bonn nach Frankfurt. 私たちはボンからフランクフルトへ向かいます。(von 〜から|nach 〜へ)
(5) Sie lernen Chemie. 彼らは化学を学んでいます。

51名無し象は鼻がウナギだ!2018/12/12(水) 13:21:38.790
B8: -ieren 型
─ 例文 ────────────────────
ラテン語やフランス語から借用した外来の動詞は語尾 -ieren で終わります。
 [例] studieren (大学で)学ぶ=studier(語幹)+en(語尾)
-ieren で終わる動詞も語尾の -en を人称変化させます。

Er studiert in Berlin. 彼はベルリンの大学で学んでいる。
────────────────────────
(1) Ich studiere Medizin. 私は(大学で)医学を学んでいる。(f. Medizin 医学|→ de. Heilkunde)
(2) Sie studiert Jura. 彼女は法律学を学んでいる。(pl. Jura 法律学)
(3) Wir studieren Germanistik. 私たちはドイツ文学を学んでいます。
(4) Ich spaziere jeden Tag. 私は毎日散歩します。(spazieren 散歩する)
(5) Er spaziert jeden Mittag. 彼は毎日昼に散歩します。
(6) Du spazierst am Wochenende. 君は週末に散歩します。

B9: -n 型
動詞のなかには語尾が -n で終わるものがあり、この部分が人称変化します。
主語が wir, sie, Sie のとき語尾は不定詞と同じ -n です。
Die Prüfung dauert 2 Stunden. その試験は2時間かかる。(dauern 続く、持続する)

(1) Die Sitzung dauert 3 Stunden. 会議は3時間かかる(続いている)。
(2) Die Reparatur dauert 4 Stunden. 修理は4時間かかる。(de. Instandsetzung 修理)
(3) Die Besprechung dauert 2 Tage. 協議は2日続いている。

sammeln「集める、採集する」という動詞は、主語が ich のとき語幹の e が抜け落ちます。(× Ich sammele...)
(1) Ich sammle Pilze. 私はキノコ狩りをします。
(2) Er sammelt Briefmarken. 彼は切手を収集しています。
(3) Wir sammeln Gemälde von Mucha. 私たちはミュシャの絵画を収集しています。

52名無し象は鼻がウナギだ!2018/12/16(日) 16:29:54.790
B11:一般動詞の文2
─ 例文 ────────────────────
語幹が -t/-d で終わる動詞は主語が二人称 du/ihr と三人称単数のとき、
語幹と語尾の間に -e を挿入して発音しやすくします。これを「口調上の e」といいます。

arbeiten「働く」→ du arbeitest, ihr arbeitet, er arbeitet
Du arbeitest fleißig. 君は熱心に働きます。
────────────────────────
(1) Du arbeitest nachlässig. 君はいいかげんに働きます。(nachlässig いいかげんな、投げやりな)
(2) Ihr arbeitet immer gut. 君たちはいつもよく働きます。
(3) Er arbeitet jetzt. 彼は今働いています。
(4) Sie arbeitet fleißig wie die Bienen. 彼女はミツバチのように懸命に働きます。(wie 〜のように|f. Biene ミツバチ)
(5) Diana arbeitet in Wien. ディアナはウィーンで働いています。

B12: finden「~を見つける、〜を…だと思う」
(1) Du findest Konrad. 君はコンラートを見つけます。
(2) Ihr findet das komisch. 君たちはそれをおもしろいと思う。(de. lächerlich)
(3) Er findet das richtig. 彼はそれを正しいと見なす。
(4) Sie findet das falsch. 彼女はそれを誤っていると見なす。
(5) Konrad findet Diana hübsch. コンラートはディアナをかわいいと思う。

B13:
語幹が [-s] の音で終わる動詞は、du の語尾は -t だけになります。
 《 heißen「〜という名前である」→ du heißt 》
(1) Du heißt Ludwig. 君の名はルードヴィッヒです。
(2) Du heißt Anne. 君の名はアンネです。
 《 tanzen「踊る」→ du tanzt 》
(3) Du tanzt gut. 君は上手に踊ります。
(4) Du tanzt anmutig. 君は優雅に踊ります。

53名無し象は鼻がウナギだ!2018/12/16(日) 16:32:17.500
B14:
動詞のなかには主語が du と三人称単数のとき、語幹の母音が変化するものがあります。
fahren「運転する」は幹母音が a→ä と変化します。《fahren → du fährst, er fährt 》
(1) Du fährst gut. 君は運転が上手だ。
(2) Er fährt wild. 彼は荒々しく運転する。
(3) Sie fährt gern Auto. 彼女は運転するのが好きだ。(Auto faren 車を運転する)
(4) Richard fährt schlecht. リヒャルトは運転が下手だ。

B15: 前項と同様に、幹母音 e が i または ie と変化する動詞があります。
sehen「見る・会う」は幹母音が【e→ie】と変化します。《 du siehst, er sieht 》
(1) Du siehst Bilder. 君は絵画を見ます(鑑賞します)。
(2) Er sieht noch gut. 彼はまだ目がいい。
(3) Sie sieht schlecht. 彼女は目が悪い。
(4) Franz sieht Maria. フランツはマリアに会います。

B16: essen「食べる」は【e→i】と変化します。《 du isst, er isst 》
※ essen の場合、語幹が -s で終わっているので du のときの語尾は -t だけになります(→B13)。
(1) Du isst viel. 君はたくさん食べますね。
(2) Er isst gern Fleisch. 彼は肉を好んで食べる。
(3) Sie isst gern Fisch. 彼女は魚を好んで食べる。
(4) Franz isst auswärts heute. フランツは今日外食する。(auswärts essen 外食する)

B17: sprechen「話す、しゃべる」…【e→i】《 du sprichst, er spricht 》
(1) Du sprichst schnell. 君は早口でしゃべります。
(2) Er spricht deutlich. 彼ははっきりとしゃべります。
(3) Sie spricht langsam. 彼女はゆっくりとしゃべります。
(4) Kana spricht Deutsch gut. カナはドイツ語を上手に話します。

54名無し象は鼻がウナギだ!2018/12/16(日) 16:50:16.520
B18: 語幹が子音+m/n で終わる動詞は口調上の e が入ります。lernen などの例外があります。
《 öffnen「開く」→ du öffnest, er öffnet 》
(1) Eine Tür öffnet. ドアが開く。
(2) Ein Tor öffnet. 門が開く。
(3) Eine Tür öffnet automatisch. ドアが自動的に開く。(de. selbsttätig)

B19: reisen「旅行する」
(1) Ich reise nach Österreich. 私はオーストリアに旅行します。
(2) Du reist allein. 君は一人で旅行します。
(3) Er reist in Gesellschaft. 彼はグループで旅行します。
(4) Sie reist morgen nach Bonn. 彼女は明日ボンへ旅行します。

55名無し象は鼻がウナギだ!2018/12/22(土) 22:17:41.990
このチャンネルは面白いよ
https://www.youtube.com/channel/UCxvDIh3eJxHuw0vGhusjZsQ

新着レスの表示
レスを投稿する