【最後の】北条守時【執権】

1日本@名無史さん2013/05/26(日) 14:31:35.58
・最後の政権指導者
・次政権の指導者と義兄弟
・最後は奮戦して死亡
これだけドラマになる要素が揃っているのになぜかマイナーな赤橋守時さんのスレ。

219日本@名無史さん2013/12/27(金) 23:18:38.14
>>217
でも中先代以降の時行御一行は高時の滅亡は仕方ないと言いつつ尊氏だけは許せんと言ってるのでなあ
いくら南朝に帰順するための方便とはいえ北条一門から見たら相当許しがたい行為なんじゃなかろうか
直接鎌倉を滅ぼした新田のとこにはそんな文句つけてないからな

220日本@名無史さん2013/12/27(金) 23:55:41.37
平家や蘇我氏の場合はその前から内部分裂があり内乱で露呈したが
北条氏は政変はあっても恩讐の持ち越しがあまりないからな
最も反抗的だった名越や、被害者の安達も得宗に従ってるし、逆に金沢貞顕も執権に就いてる
後醍醐側に寝返った人間なんていないから、尚更高氏が目立つんだろう

その後の尊氏も北条残党には容赦ないし(投降を受け入れた大仏高直ですら結局斬ってしまった)

221日本@名無史さん2013/12/29(日) 19:15:38.40
意外なのが尊氏の離反後、北条時行は宮方に加わってるんだよね
後醍醐こそすべての元凶なんだがいいのかよ、時行…

222日本@名無史さん2013/12/31(火) 10:34:43.99
元弘の乱で没収された北条氏の所領の多くが足利に流れたのだから
足利を敵視するのだろう。後醍醐がそれを決めたとは言えそれを現実に
覆すには足利を倒すしかないからな。(絶対無理だろうけど)

223日本@名無史さん2013/12/31(火) 17:25:16.08
残された時行の役目は、北条家再興だ。後醍醐についておけば活躍しだいで
北条家の汚名がそがれる。
逆に足利につくことは足利の家臣扱いになるので絶対嫌であったろう。

224日本@名無史さん2013/12/31(火) 22:10:24.89
観応の擾乱でも直義が南朝に走ったりしてるし敵の敵は味方みたいな考え方だろ

225日本@名無史さん2014/01/01(水) 00:18:47.38
観応の擾乱では尊氏まで南朝と結んでるしなw

226日本@名無史さん2014/03/14(金) 20:16:59.62
あまり取り上げられないが嘉元の乱は鎌倉幕府滅亡の遠因としてかなり重要な政変。
同格の御家人、得宗以外の北条一族を排除してきた北条得宗家が
一門の宗方を切り捨てざるをえなかった。

227日本@名無史さん2014/03/16(日) 11:26:53.31
北条氏一族で生き残ったのは
今川家と婚姻関係があった名越北条氏だけ。
名越氏の場合、足利宗家と対立関係にあった斯波家のプライドの拠り所に
初代の斯波家氏の生母が名越北条家の出身だったのが関係していたので
足利宗家としては、名越北条家を召し抱えることが、
斯波家へのけん制にもなったのが大きな要因だと思われる。

228日本@名無史さん2014/03/19(水) 03:49:37.81
>>227
斯波氏への牽制策か…なるほどなぁ
了俊の難太平記確認してきたけど名越の系譜は足利時代ちゃっかり重要職ついてるのね…

我等が先祖事は義氏の御子に長氏上総介より吉良とは申すなり((関口、入野、木田中、一色の部分略

今川基氏には御妹がたくさんおわして、皆公家の重縁(縁者)になり
今川の石川が居り、名児耶(那古野)という。
此れ(名児耶)は基氏の御養子だったので、故殿(頼国、範国)御為には連枝(兄弟)である。
仍建武の頃(範国の頃)御所(足利尊氏)に申し入れられて御一流(一族扱い)となりき。

建武二年に駿河国手越河原の戦 味方が駆けつけなかったので今川名児耶三郎(名児耶高範息)はこの時に討死した。

故殿の御為には従兄弟の子共也とか故殿は従兄弟にておはしましきとか
初期今川って相当いとこ縁族大事に扱ってるなw

229日本@名無史さん2014/05/21(水) 23:34:10.54
>>227
鎌倉北条氏が悉く滅んだせいで後に伊勢氏が北条を名乗るのに抵抗感がなかった

230日本@名無史さん2014/07/17(木) 17:22:41.68
金沢貞将が鎌倉幕府滅亡直前に最後の執権になったんだっけ?

231日本@名無史さん2014/07/18(金) 12:39:46.36
>>230
最後の執権はスレの通り赤橋守時
金沢貞将は一つ前の執権

232日本@名無史さん2014/07/18(金) 18:04:03.51
>>231
一つ前は金沢貞顕

233日本@名無史さん2014/10/09(木) 07:56:46.83
最後の執権ってわりに足利義昭や徳川慶喜に比べて知名度が低い

234日本@名無史さん2014/10/13(月) 11:03:23.31
最後の管領だって知名度低い

235日本@名無史さん2014/10/14(火) 10:23:56.11
>>233
それをいうなら、鎌倉幕府最後の将軍は...

236日本@名無史さん2014/10/14(火) 20:37:17.12
>>235
守邦親王、結構存在感はあったようだよ。
ずっと鎌倉にいて、いろいろな政策をしたようだよ。

最後は東勝寺で長崎高重、摂津親鑑に自害の手本を見せてもらって自害した。
守邦親王の死を見守ってから、北条家、御家人、御内人らが一斉に自害した。
守邦親王の妻子も東勝寺で殉じたため、守邦親王の血統は残らなかった。

237日本@名無史さん2014/10/14(火) 20:39:05.22
ちなみに、鎌倉、室町、江戸で、幕府に殉じたのは鎌倉の守邦親王のみ。

238日本@名無史さん2014/10/16(木) 11:34:59.61
>>236
守邦親王って自害してないんじゃ?

得宗の北条高時をはじめ北条一門200余名が鎌倉東勝寺で自害したのは元弘3年5月25日
一方、守邦親王はこのときは出家したのみで死んだのは3か月後でしょ
場所も東勝寺ではない

あと守邦親王と一緒に自害した妻子って誰?
北条高時すら母や妻は女であることで免じられて足利の世まで生き残ったし
息子も脱出させてるよね

239日本@名無史さん2014/10/23(木) 14:57:54.39
尊良親王と間違えてない?

240日本@名無史さん2014/10/27(月) 00:32:06.71
南朝の残党と違って北条はようがんばったな

241日本@名無史さん2014/10/27(月) 11:44:02.09
>>239
尊良親王は鎌倉に住んだこともなければ
鎌倉幕府の将軍だったこともない
越前で新田義顕と共に死んでいるが妻子は連れていない

やっぱり>>236は鎌倉幕府最後の将軍守邦親王のことを言っていて
最後を間違えている

242日本@名無史さん2014/10/27(月) 11:46:42.53
>>240
南朝はかなりの長期戦で相当消耗してから滅んだが
北条は力を温存したまま突然滅んだに近いからな

足利尊氏(高氏)だって得宗北条高時から偏諱を貰い
北条の正室をありがたがる北条一門のような顔しながら
突然北条を裏切ってるから

243日本@名無史さん2014/10/27(月) 12:03:09.23
>>242
足利と言い北条と言い嫁ぎ先も滅ぼせんと天下人とは言えないわな

244日本@名無史さん2014/10/27(月) 12:03:29.40
ふーん

245日本@名無史さん2015/03/10(火) 17:22:13.43
>>243
徳川は孫娘の嫁ぎ先を滅ぼしたな

246日本@名無史さん2015/03/10(火) 18:12:58.84
守邦の亡くなった時期を考えると、通常の自然死とは思えんな。
最後の将軍が幕府滅亡から三ヶ月後に急逝って、タイミング的に不自然きわまる。

247日本@名無史さん2015/03/14(土) 11:33:52.40
守邦親王って都に帰らなかったんだな
歴代の親王将軍は将軍辞めさせられたら都に帰ってたのに
お飾りとはいえ鎌倉幕府滅亡の責任があったから?

248日本@名無史さん2015/03/14(土) 16:22:02.89
>>247
実際には、新田義貞が誤魔化したんだと思う。
守邦親王は東勝寺で自害したが、それを隠すために、鎌倉で出家→3カ月で死亡
ということにしたんだろう。事実、長崎高重、摂津親鑑は守邦親王に手本を見せる
ために自害したと言われている。守邦親王を自害にすると、都合が悪いことが
あったのだろうか。

249日本@名無史さん2015/03/14(土) 16:26:37.62
>>248
後醍醐天皇皇子の尊良親王は新田義顕らと共に金ヶ崎城で自害、
護良親王は鎌倉で足利直義に殺害されたことがちゃんと出てるのにな

250日本@名無史さん2015/03/14(土) 19:47:49.15
さすがに自害なら自害と書くだろ

251日本@名無史さん2015/03/15(日) 06:55:54.24
>>249
いや単なる病死なんだろうよ
何勝手にここでしか言われてない自害説採用してんだよ
まあ自害に近い病死だった可能性は高いが

252日本@名無史さん2015/03/24(火) 00:20:14.94
>>248
>長崎高重、摂津親鑑は守邦親王に手本を見せる
>ために自害したと言われている。

そんなこと誰が言ってんだよw

253日本@名無史さん2015/03/25(水) 07:45:20.28
この頃は金沢流北条氏が赤橋殿と呼ばれていたというが
赤橋流はどう呼ばれていたのだろうか

254日本@名無史さん2015/04/02(木) 11:06:50.69
>>251
恒良も同様で終わりがフェードアウトのような
死だから暗殺だの自害だの言われるのだろうな。

255日本@名無史さん2015/08/06(木) 23:08:06.01
76

256日本@名無史さん2015/08/10(月) 10:40:46.73
北条は義時の代に朝廷を滅ぼすか、自分が将軍にならないといけなかったな。

257日本@名無史さん2015/11/01(日) 06:18:55.66
↑基地外

258日本@名無史さん2015/11/01(日) 22:49:32.42
>>201
北条義時は妻の実家を
北条時頼は祖母の実家と妻の実家を滅ぼしてる

259日本@名無史さん2015/11/09(月) 20:54:13.91
>>251
いやどっちかというと、守邦が幕府再建勢力に担がれるのを防ぐため
何者かが毒殺したんじゃないかと思ってるよ。

260日本@名無史さん2015/11/09(月) 23:30:09.36
6000年前に日本はもう小麦作をしていたんですよ。
ヨーロッパ、アフリカ、中国よりも先になwwww




縄文時代前期とされる岡山県灘崎町、彦崎貝塚の約6000年前の地層から、
稲の細胞化石「プラント・オパール」=写真=が出土したと、同町教委が18日、発表した。
同時期としては朝寝鼻貝塚(岡山市)に次いで2例目だが、今回は化石が大量で、
小麦などのプラント・オパールも見つかり、町教委は「縄文前期の本格的農耕生活が
初めて裏付けられる資料」としている。
http://inoues.net/science/wan.html
今回は化石が大量で、    小麦     などのプラント・オパールも見つかり
今回は化石が大量で、    小麦     などのプラント・オパールも見つかり
今回は化石が大量で、    小麦     などのプラント・オパールも見つかり
今回は化石が大量で、    小麦     などのプラント・オパールも見つかり

261日本@名無史さん2015/11/09(月) 23:31:46.03
6000年前に日本はもう小麦作をしていたんですよ。
ヨーロッパ、アフリカ、中国よりも先になwwww


岡山市の縄文時代の貝塚「朝寝鼻(あさねばな)」を調査している岡山理科大の
考古学チームが1999年4月21日、「縄文前期の土壌から稲の細胞に含まれる
プラントオパールが見つかった」と、発表。約6000年前に「米作り」が
行なわれていたとする発見で、稲作の歴史が縄文前期にまでさかのぼることになった。
このプラントオパールはイネ科の葉の細胞内に含まれるケイ酸体の粒子で、同貝塚の
下層(深さ2メートルの土壌)からのサンプルを採り調査したところ、356点の
サンプルから10点、形状からジャポニカ(短粒種)とみられる稲のプラントオパール
が検出された。また、稲のほか小麦とハトムギのプラントオパールも見つかった。
http://www.local.co.jp/news-drift/agri-99kome.html
稲のほか     小麦     とハトムギのプラントオパールも見つかった
稲のほか     小麦     とハトムギのプラントオパールも見つかった
稲のほか     小麦     とハトムギのプラントオパールも見つかった

262日本@名無史さん2016/02/21(日) 14:01:21.99
>>258
三浦くんもろとも義父を討っただけで
毛利一族滅亡じゃないよ。

そういや毛利って、鎌倉幕府の制度設計に
参画した広元くんから
関ヶ原の輝元くんのgdgdぶり
幕末のそうせい侯まで
時代の要所要所で活躍しつつも
決して天下をとらず
なんだかんだでいいポジションを確保してる名族だよな

263日本@名無史さん2017/02/20(月) 01:57:23.62
>>1
ばっかだな


そもそもそういう視点は執権をリアルタイムで知らないからそういう御解釈が生まれる
そしてまくらそうしなどの「執権プロパガンダ宣伝本」しかみないからおかしな御解が生まれるんだ

264日本@名無史さん2017/02/20(月) 02:15:21.65
>>1
・まくらそうしは宣伝本で史記ではなく執権宣伝本、歴史改ざん本の典型である
・史実においては執権は権力のライバルにたいして徹底してデマと謀略で反乱のでっち上げをして粛清して暗殺するという方法を繰り返した
・いわゆるナチスというより、スターリズム謀略のスタイルで暗殺で権力を目指し、最終的に法治合戦で専制独裁を作った。
執権政府に関してはしばしば合議制のイメージのほうが目立つのだろうが合議制は法治合戦までであり、以後の幕府終焉までの90年は執権専制独裁である
・執権がまともにやった仕事は元寇における政治と戦争準備、および下劣な転覆主義者日蓮の処刑だけである。
但し肝心の元寇戦、準備は執権家以外が行ったので、主要な働きはしてない

・執権政府は元寇直後に一度転覆されてる。その転覆は執権個人以上に法治合戦で三浦家を虐殺した安達氏に対する報復戦的要素が強かったが
執権専制86年間(正確にはクーデターあったので78年間)は元寇がおきるまでのわずか20-30年間を除いては常に反乱と転覆と独裁対抗にみちてた

・そもそも足利による反乱などの原因は元々執権独裁に対する対抗があったから、
天皇家に執権が強権を発動できて権限を強化したことに恐れておきた

そして高時、森時は執権の専制独裁と専攻の負の象徴に近い位置づけにリアルタイムでなった

そのためおかんの大名刺とリアルタイム目線ではなった。親族の足利に裏切られて、実権を守時に取られてて、気づいたらいきなり足利と戦えで敗北した

265日本@名無史さん2017/05/05(金) 09:25:52.24
自分も守邦親王がなぜ鎌倉幕府滅亡の直後に病死していたのか、ずっと
気になっていた。
北条一門とともに自決したとは考えにくいが、自然死したとも考えにくい。
鎌倉を占領した新田軍によって殺害されたと考えられるのではないか?

266日本@名無史さん2018/01/30(火) 17:16:39.73
日本史より謎な金儲けできる方法とか
グーグルで検索⇒『羽山のサユレイザ』

XTUSX

267日本@名無史さん2018/05/08(火) 00:17:44.30
ほうじょうおおおおおおおおおおおおおおおお

268日本@名無史さん2018/05/11(金) 21:19:43.62
義弟に滅ぼされた守時の心境はどうだったのかね

269日本@名無史さん2018/05/22(火) 17:05:21.20
両家の仲が悪いから仲良くするための政略結婚なのだし
足利なんて常に不満分子だったから何とか手なづけようと
北条が代々の当主に政略結婚で正室を送り込んでた

新着レスの表示
レスを投稿する