【家康没後400年】徳川家康のためのスレッド [無断転載禁止]©2ch.net

1日本@名無史さん2016/04/01(金) 20:07:46.65
没後400周年なのにスレッドがないようなので立てました。
真田丸でも散々なキャラにされてます。

206日本@名無史さん2016/06/18(土) 21:01:24.02
明治でも公爵が2家なんだが

207日本@名無史さん2016/06/18(土) 21:41:04.29
宗家、慶喜家に水戸家が侯爵から陞爵して徳川公爵家は三家

208日本@名無史さん2016/06/18(土) 21:45:51.17
>>207
水戸家が公爵に陞爵したのは昭和

209日本@名無史さん2016/06/19(日) 13:36:54.57
>>208 なんで、そんなに遅いの?

210日本@名無史さん2016/06/19(日) 18:37:48.27
江戸時代は御三家とはいえ水戸は最高官位は中納言止まりで格下だったのが明治になって侯爵で同格と引き上げられている。
昭和になって皇国史観の高まりに伴い、大日本史編纂の功績ということでさらに公爵へと格上げされた。

211日本@名無史さん2016/06/19(日) 20:51:23.25
まったく純粋に基準に爵位を当てはめると
水戸家は伯爵にしかなれなかった

212日本@名無史さん2016/06/19(日) 22:18:23.56
御三家御三卿、正直脇役だよなあ

213日本@名無史さん2016/06/19(日) 22:27:09.09
血統絶えさせないための分家だから

214日本@名無史さん2016/06/26(日) 09:14:30.04
>>210 >>211 >>212 >>213
宗家、慶喜家 は朝敵なのに。
>>213 御三卿はいらんのにな。

215日本@名無史さん2016/06/26(日) 09:14:49.62
家康にしてみたら歳も60近くなって秀吉がなくなって、
徳川家の存立のために奔走しなくちゃいけない状況って物憂かったと思う
どの大名だって豊臣家時代に築いた自家の安泰さえ保全できればそれで満足なのだから

豊臣家の吏僚派や政敵の大名に目の敵にされて戦ってたら
いつの間にか自分が天下を切り回さないといけなくなった
しかし、家康以外に適当な代役がいなかった

216日本@名無史さん2016/06/26(日) 11:48:33.03
>>214
一橋を最終的に使ってるからいらなくはないのでは。
ただ徳川も終わりのほうは後継者生まれないね
やっぱり恵まれすぎは生命力さがるのかな

217日本@名無史さん2016/06/26(日) 12:34:34.66
>>216
戦国大名とか大名の一族クラスでもバンバン戦死するから子供の数も多いよな。
そしてその子がどんどん戦死するんだよなw

218日本@名無史さん2016/06/26(日) 12:48:55.65
>>216
家斉「…」

219日本@名無史さん2016/06/26(日) 13:24:07.37
家斉家慶はまあ頑張った
ただ家慶の子供が女含めて30人ほどいたのに成人したのが
半分池沼の家定一人だけっていうのがな

220日本@名無史さん2016/06/26(日) 13:27:39.57
>>218
家斉世継ぎ多いのは知ってる
側室も世継ぎも最多だっけね
本人が病弱?だったのが不思議なくらいだな

221日本@名無史さん2016/06/26(日) 14:42:59.25
スレが伸びてると思ったら
スレタイ読めないバカが湧いてただけか

222日本@名無史さん2016/06/26(日) 19:16:46.67
>>221
そう思うならスレタイにそった書き込みしろバーカ

223日本@名無史さん2016/06/27(月) 06:56:14.09
>>215 毛利元就も家を守るために戦っていたら、中国全土と筑前 伊予 まで
版図が広がっていたらしい。それと、似ているね。

224日本@名無史さん2016/06/30(木) 10:59:29.19
偏諱を与えた家臣って
榊原康政とか大須賀康高がいるけど
なにか基準があるの?

225日本@名無史さん2016/07/09(土) 15:43:50.76
あの三方ヶ原の敗戦から長篠、天目山にいたる武田軍との戦の経験がなかったら、
家康は小牧・長久手で秀吉にコテンパンにやられてたってこと考えられる。

226日本@名無史さん2016/07/25(月) 19:41:36.85
>>223
形は違えど幕末に一度毛利氏が天下をとった事になるのか

227日本@名無史さん2016/07/26(火) 02:17:18.71
◆なぜ稲作が長江江南ではありえないのか


日本に水田稲作が伝わった当時の長江江南の遺跡から出土するイネは
中粒種と短粒種が約半々の割合で混ざって出土してくる。
ところが、日本の最古水田から出土した炭化米は短粒種のみ。
しかも、当時の長江江南の主力農具だったはずの石スキが伝わっていない。
というか、最古水田にはスキという器種自体がないし、石刃の農具もない。
それどころか、当時の長江江南には無いエブリとクワといった農具が最初に
伝わってしまっている。
しかも、当時の長江江南の炊飯器だった鬲や鼎といった三足土器も
最古水田にはさっぱり伝わっていない。
日本稲作が長江江南から伝わったなんて2兆パーセントありえません。

228日本@名無史さん2016/07/31(日) 22:47:21.77
家康の脛は太かった。もう齧り尽されているけど

229日本@名無史さん2016/07/31(日) 23:19:44.81
>>218
松平斉民「父上・・・」

230日本@名無史さん2016/07/31(日) 23:35:33.84
江戸中期以降の松平のおちぶれぶりと言ったら…
ソースは池波

231日本@名無史さん2016/08/20(土) 16:28:41.41
秀忠さんのスレはないんだね。
最近、ドラマに出てくる度に評価を落とされてる印象がある。

徳川将軍は一般に遺体の情報を公開されがちだがやけにリアル。

>この際に秀忠の遺体の調査が行われたが、その遺体は、
>棺の蓋や地中の小石等の重みにより、座した姿勢のまま
>その衣服等とともに縦に圧縮され、畳んだ提灯の如く
>つぶれていた。圧縮により変形が激しく、また骨が著しく
>分解され軟化していたため、詳細な調査は不可能であった。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BE%B3%E5%B7%9D%E7%A7%80%E5%BF%A0

ここまで晒されたら祟るかも。

232日本@名無史さん2016/08/20(土) 22:01:11.15
BC3C末、徐福一行の故郷、華北では三足土器で炊飯していました。
粗製灰陶で出来ている鬲です。
灰陶を焼く穴窯も、炊飯器の鬲もさっぱり伝わっておりません。
秦王朝のシンボルでもあった鼎も土器にも青銅器にもさっぱり伝わっておりません。
中国青銅器の雷文や龍文はもちろん、龍信仰さえさっぱり伝わっておりません。
簫、磬、鐘、鐃、ロ于、鉦など、様々な古代中国の楽器もさっぱり伝わっておりません。
三足やラッパ型の様々な酒器もさっぱり伝わっておりません。
金銀細工や金銀メッキもさっぱり伝わっておりません。
龍などをモチーフにした様々な玉器もさっぱり伝わっておりません。
瓦や箸や傘もさっぱり伝わっておりません。
漢字の前身、篆書などを刻んだ遺物などもさっぱり出土しません。
瓦屋根の戸建てや木骨泥墻などの住居もさっぱり伝わっておりません。
帯の付いたローブ状の古代中国の服飾も靴もさっぱり伝わっておりません。
徐福どころか古代中国人なんて縄文から弥生を通して一切定着しておりません。
ただ、無知で、馬鹿で、低脳の、頭の弱い人間だけがダマされる創作デムパです。

233日本@名無史さん2016/08/21(日) 03:14:18.87
「日本」という国号は、畿内を中心とした大和朝廷を指す国号として成立した。本来、「日本」とは畿内の政権のことを指し、「日本人」とは近畿を中心とした西日本の人々「大和民族」を意味した。

東の地(関東・東北)の人々は 吾妻 蝦夷と呼ぶ日本の外に居る被差別民。

従って現在の東日本の人々は「蝦夷」の子孫であり、正しくは「日本人」ではない。

※あるいは、大和朝廷の政策により東京関東に朝鮮半島からの奴隷・棄民等を入植させており

東京人「朝鮮人奴隷の子孫」と言える。

666年 百済人2000人を東国に移す
716年 高麗人1799人を武蔵國に移す
758年 新羅人74人を武蔵国に移す
760年 新羅人131人を武蔵国に移すetc

近畿及び西日本の人々は大和朝廷の「大和民族」の子孫であり、真の「日本人」である。

正史「日本書紀」に記されているように、日本人は単一民族ではなく「大和民族」と「朝鮮奴隷、蝦夷などのその他」に分けられる。

以上のことは過去・現在・未来において不変。

234日本@名無史さん2016/08/23(火) 19:30:15.16
俘囚のことを無視してはいけませんねぇ
っていうか家康に絡めて話しろよ

235日本@名無史さん2016/08/26(金) 18:09:16.32
家康は信長との同盟20年、秀吉政権に入って10数年で相手を裏切ったことがない
秀吉の没後も家中の一部の反対を抑えて婚姻を実行したり、
いったん盟友関係になると律儀な人だったのは間違いない

>>226
大内氏などと違って畿内に公方も擁立できてないのに取ったとは言えないでしょう

236日本@名無史さん2016/11/21(月) 19:35:22.85
>>9
豊臣家は天皇を利用した関白の地位で正統性が担保されているが、
1600年前後に関白はおらず、左大臣もおらず、
いたのは秀次事件で連座して豊臣に恨みをいだく右大臣の菊亭晴季と、
関白の地位で三方ヶ原の勝ち戦をなかったことにされ、家臣筋の秀吉に天下を盗まれて従わざる得なかった内大臣の徳川家康だった。

この状態で政務を代行するのは誰かとなれば内大臣家康しかいないし
豊臣家は天下を統治する正統性のない状態だったんだよ
その後は征夷大将軍が生まれ、武家は将軍の命令に従わないわけだから、逆らう豊臣家滅ぼされてもしかたないといえる。
秀吉は信長の臣下で、家康はその信長の盟友で縁戚だった。これを関白の地位でねじ曲げていたのが秀吉なんだから

237日本@名無史さん2016/11/21(月) 19:42:11.31
最後から二行目訂正
×武家は将軍の命令に従わないわけだから
〇武家は将軍の命令に従わなければいけないわけだから

238日本@名無史さん2016/11/21(月) 19:58:21.75
>>9
あと、関白に尽くした恩賞が先祖伝来の三河から引きはがして敵地だった関東に移封したわけで、
徳川は自分の方が主君筋で、戦にも勝って、関白に尽くして貢献したにもかかわらず、移封という嫌がらせをされたわけで、豊臣に恩なんかないわな

239日本@名無史さん2016/12/06(火) 05:18:46.96
まあ虫ケラが関白になったら国を汚す
秀頼達の駆除は正しい

240日本@名無史さん2016/12/31(土) 13:16:57.03
家康が今川家を大事にして、織田家と同盟を結ばなかったらどうなるか?
それでも、史実とそう変わらないと思う。
築山殿や信康を大切にされるから、そっちの方が美しいんじゃないか?詳細はこんな感じでどうだ?

1560年 桶狭間の戦い
    駿府へ戻る
1561年 三河の防御を命じられる
    しばしば織田方に攻めかかるも、藤吉郎秀吉の機略で攻めきれず、にらみあいになる。
1562年 織田に対抗手段として、松平今川は武田北条と同盟。
    三河一向一揆が起こるも、これを沈める、以降今川の重心として活躍する。
    一方、織田は畿内を掌握して対抗する。以降、拮抗状態になる。
1582年 本能寺の変で、織田信長が明智光秀に討たれて斃れる。
    中国地方まで進軍してた秀吉は、明智を討つ。
    勢いに乗った秀吉は、信濃に攻め込み甲斐の武田を滅ぼす。
    甲斐の混乱に乗じて武田の旧領を押さえ込み、秀吉に対抗。
1584年 小牧・長久手の戦い
    (以降、関ケ原まで史実どおりに)
1603年 家康は、今川氏真を担ぎ出し今川幕府を開き。
    以降、有能な執権として政治手腕を発揮する。
1615年 幕府に従わない大阪城の豊臣を滅ぼす(大坂夏の陣)
1616年 家康死去

241日本@名無史さん2017/01/04(水) 19:40:14.65
>>240
秀吉最盛期に戦下手な徳川家康の後ろ盾のみで
今川幕府が開けたというのが無理すぎ

242日本@名無史さん2017/01/16(月) 15:51:30.80
糞漏らしのスカトロテロリスト家やっすー
クーデター成功しただけのカス。

243日本@名無史さん2017/02/25(土) 09:53:33.94
『新発見で迫る戦国の謎』(TJMOOK ふくろうBOOKS/宝島社)
小牧・長久手の戦い中に家康が降伏を申請したことについての秀吉の書状
http://oz-k.com/news/shinhakkende-semaru-sengokuno-nazo

244日本@名無史さん2017/04/05(水) 00:41:12.32
全国に、上級から中級の三河武士が拡散し、三河に臣従するシステムを構築したのは足利将軍家だろ 
徳川はそれを継承しただけの話
急速に社会が安定したのは、武家社会のトップに三河の王が収まったからだ
猿吉一味はおままごとしていただけ


室町幕府樹立後(初期)の三河国の日本支配構造

【東海道】
・伊賀国守護:仁木義直、細川清氏、仁木義長
・伊勢国守護:仁木義長、石堂頼房、細川清氏、細川頼之
・志摩国守護:仁木義長、石堂頼房、細川清氏、細川頼之
・尾張国守護:中条秀長
・三河国守護:仁木頼章
・伊豆国守護:石堂義房
・遠江国守護:今川範国、仁木義長、今川範氏
・駿河国守護:石堂義房、今川範国、今川範氏
・武蔵国守護:仁木頼章
・安房国守護:斯波家長

【畿内】
・摂津国守護:仁木頼有、細川繁氏
・和泉国守護:細川顕氏
・河内国守護:細川顕氏

【北陸道】
・若狭国守護:斯波(大崎)家兼、斯波高経、斯波氏頼、細川清氏、石橋和義
・越前国守護:斯波高経、細川頼春、斯波氏経
・能登国守護:吉見頼顕、吉見頼隆         ← 吉見氏は源三河守範頼を祖とする三河ゆかりの氏族
・越中国守護:吉見頼隆、細川頼和、斯波高経

245日本@名無史さん2017/04/05(水) 00:42:10.56
【東山道】
・奥州探題:斯波(大崎)家兼
・羽州探題:斯波(最上)兼頼
・下野国守護:斯波頼兼
【山陰道】
・丹波国守護:仁木頼章、仁木頼夏
・丹後国守護:今川頼貞、荒川詮頼、上野頼兼、仁木頼章
・但馬国守護:今川頼貞、吉良貞家、仁木頼勝
・伯耆国守護:石橋義和
・石見国守護:上野頼遠、上野頼兼、荒川詮頼
・因幡国守護:吉良貞家、今川頼貞
・伯耆国守護:石橋和義
【山陽道】
・備中国守護:細川頼之
・備後国守護:仁木義長、石橋和義、細川頼春
・安芸国守護:細川頼之
【南海道】
・紀伊国守護:細川氏春、
・淡路国守護:細川師氏、細川師春
・阿波国守護:細川和氏、細川頼春、細川頼之、細川頼有
・讃岐国守護:細川顕氏、細川繁氏、細川頼之
・伊予国守護:細川頼春、細川頼之
・土佐国守護:細川顕氏、細川繁氏、細川頼之
【西海道】
・九州探題:一色範氏、一色直氏、細川繁氏、斯波氏経
・筑後国守護:一色直氏
・肥前国守護:一色直氏、一色範光
・肥後国守護:一色直氏
・日向国守護:細川頼春、一色直氏、一色範親

246日本@名無史さん2017/04/10(月) 13:51:22.93
>三河バカ
まあ最終的には薩摩王と長門王が日本を統治するシステムが完成し現在に至る
三河システムというのは大朝鮮帝国みたいな絵空事

247日本@名無史さん2017/04/30(日) 01:25:53.10
>>78
続き
【三河県幸田町】

■室町幕府
・大草氏 (足利被官):奉公衆
・大場氏 (吉良被官):深溝城

■江戸幕府
・深溝松平家:譜代大名家(三河国深溝藩、三河国吉田藩、三河国刈谷藩、丹波国福知山藩、下野国宇都宮藩、肥前国島原藩)、子爵
・大草松平家:水戸徳川家家老
・高力氏:岡崎三奉行、武蔵国岩槻藩、遠江国浜松藩、肥前国島原藩)、旗本家
・平岩氏:徳川十六神将、譜代大名家、尾張藩家老
・大草氏:旗本家
・長坂氏:旗本家
・夏目氏:旗本家、東京夏目坂、夏目漱石

【三河県豊田市】

■室町幕府
・上野氏(足利一族):守護職(丹後、石見)、奉公衆
・中条氏(足利被官):守護職(尾張)、奉公衆、金谷城

■江戸幕府
・松平郷松平家:旗本家(交代寄合)
・大給松平家:譜代大名家(三河国西尾藩、豊後国府内藩、美濃国岩村藩、三河国奥殿藩)、旗本家、子爵
・滝脇松平家:譜代大名家(駿河国小島藩)、子爵
・榊原氏;徳川四天王、徳川十六神将、譜代大名家(上野国館林藩 陸奥国白河藩、播磨国姫路藩 越後国村上藩、越後国高田藩)、旗本家、子爵
・三宅氏:譜代大名家(三河国挙母藩、三河国田原藩、伊勢国亀山藩)、子爵、東京三宅坂
・鈴木氏(三河鈴木氏):旗本家

248日本@名無史さん2017/09/09(土) 21:57:42.58
>>236
難しいく考えるなよw
名古屋は鎌倉期から三河の植民地で、
足助氏と今川国氏の血を引く家康が、完全に植民地にしただけだろが

■那古野荘(名古屋)
・開発者:小野法印顕恵(東大寺別当)

藤原顕隆→顕頼→小野法印別当
藤原顕隆→顕頼→女→平滋子(建春門院)

■平安時代
・小野法印顕恵が開発
・小野法印顕恵は姪の平滋子に領家職を譲る

■鎌倉時代初期〜中期
・領家職は、小野法印顕恵の兄、惟方の孫である経長に移り、女系が伝領する

■鎌倉時代末期〜南北朝
・足助氏(三河国賀茂郡足助、三河県豊田市)が領家職となる

■室町時代
・今川那古野氏が領家職となる
初代は、名越高家と今川国氏(三河国碧海郡今川、三河県西尾市)の娘の子である名越高範か?
・1522年頃、今川氏親(三河国碧海郡今川、三河県西尾市)が那古野城築城
■江戸時代
・徳川家康(三河国額田郡菅生、三河県岡崎市)が那古野の呼び名を名古屋に固定、名古屋城築城
■現代
・豊田佐吉(三河吉田藩山口村)がトヨタグループを発祥させる

249日本@名無史さん2017/09/10(日) 00:27:49.53
甲陽軍鑑
・三河以東の東国武士はどこも強敵
・特に信濃勢は恐るべき相手
・武蔵武士は個人の戦闘能力が高い
・関東武士は騎馬戦を好む
・東海では三河が最強
・三河武士は戦慣れしている
・三河勢5千で関西勢2万に対抗できる
・家康軍の戦死者を見ると敵に背を向けている者は一人も居ない
・信長軍は数は多いが一兵、一兵は大したことない
・信長軍限定では美濃兵が最強
・尾張から都までの間では一戦ごとに我々と力の差が開いて行く
・尾張>伊勢>近江>山城(最弱)
・五畿内の侍は町人に似ている

・名将は元就、氏康、信玄、謙信、若手では信長、家康
・臆病な大将は大内義隆、上杉憲政、今川氏真
・今川家滅亡の元凶は上方浪人の武藤、のちの三浦右衛門

三方ヶ原御合戦に、討死の三河武者下々迄、勝負を仕らざるは一人もなく候。
その証拠は、むくろ此方へ転たるは、うつむきになり、浜松のかたへころびたるは、あふむきになり申候。

家康17,000 vs 秀吉100,000
三河出身の家康は秀吉軍を『上方の弱い軍勢』であると見下していた。
(磯田道史・岡山県出身の歴史学者)

250日本@名無史さん2017/11/01(水) 19:15:43.30
韓国・朴槿恵の“獄中生活”が話題 山岡荘八の『徳川家康』を愛読中
http://bunshun.jp/articles/-/4692
裁判が開かれていないときは、山岡荘八の『徳川家康』(韓国版の書名は、『大望』)を読んで時間を過ごすという。
『大望』は韓国では1970年に全12巻で出版された。父の故・朴正熙元大統領の愛読書でもあった。

251日本@名無史さん2018/01/23(火) 11:32:05.56
信康事件で懲りたのか、息子たちに対する感情が今一つハッキリしないですね

252日本@名無史さん2018/01/30(火) 15:33:34.03
日本史より謎な金儲けできる方法とか
グーグルで検索⇒『羽山のサユレイザ』

V09ES

253日本@名無史さん2018/03/21(水) 18:00:55.46
【三方ヶ原の戦い】
徳川家康「もう無理や、最期は武士らしく特攻するやで」
夏目吉信「ふざけんな!(迫真)お前みたいな脱糞野郎の世話はもうごめんだ、二度と戦えないようにしてやる。兜と馬寄越せ」
夏目吉信「開き直る・・・ワイが家康や!(特攻)」
徳川家康「なんてことを・・・(感涙)」

254日本@名無史さん2018/05/31(木) 22:44:52.38
「徳川様というのは、どのような男であった?」

「ああいうお方のことを、非凡なる凡というのではないでしょうか。」

「おお」

「己が凡人であることを踏まえ、決して驕らず、そのうえで
 何をなすべきかをとらえ、やるべきことを積み上げていかれる。
 凡なることを着実になしえてゆくお方は、やはり非凡なのではないかと。」

大河ドラマ「おんな城主直虎 第40話 天正の草履番」平成29年10月8日放送

255日本@名無史さん2018/05/31(木) 22:51:30.03
くそもらしニキ

256日本@名無史さん2018/06/10(日) 18:08:01.68
悪いひとたちがやって来て
みんなを殺した

理由なんて簡単さ
そこに弱いひとたちがいたから

女達は犯され
老人と子供は燃やされた

悪いひとたちはその土地に
家を建てて子供を生んだ

そして街ができ
悪いひとたちの子孫は増え続けた


朝鮮進駐軍 関東大震災 日本人10万人大虐殺

https://youtu.be/iBIA45CrE30
https://youtu.be/D0vgxFC04JQ
https://www.youtube.com/watch?v=sYsrzIjKJBc
https://www.youtube.com/watch?v=SiHp41uWo1I
https://www.youtube.com/watch?v=zYBCTRryFP8
https://youtu.be/-wF31xbwqPM

新着レスの表示
レスを投稿する