食物と酒、嗜好品の歴史@日本史板 3皿目 [無断転載禁止]©2ch.net

1山野野衾 ◆qDubHAi3S/a/ 2016/04/24(日) 07:06:50.67
日本の食文化の歴史全般について語りましょう。

前スレ
食物と酒、嗜好品の歴史@日本史板 2皿目
http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/history/1404304631/

511日本@名無史さん2017/12/11(月) 21:43:02.75
飯の食いすぎが何らかのマナー違反になるという時代背景は面白いな

512日本@名無史さん2017/12/11(月) 22:22:58.89
物心がつく前に養子になってたら、宗家で普通におかわりしてたんじゃないの?
物心がついてからだから、子供ながらにも遠慮してたんじゃなかろうか

513日本@名無史さん2017/12/11(月) 22:57:05.98
魚の片面だけ食って「替わりを持て」とか言ってたんだろ

514日本@名無史さん2017/12/12(火) 00:01:38.05
粗食なのと食事の量が少ないのは別なのかもな。
もしかしたら徳川宗家の食事は、お浸しや野菜の煮物中心のもので、育ち盛りの食べ盛りには物足りなかったんじゃなかろうか。
分家から本家に養子に行った身としては、なかなか我儘も言いづらい。
で、たまには肉や魚も食いたくなるので、実家に行って我儘言って食ってたと。

すべてオレの想像に過ぎんし、徳川宗家と会津松平家を単純に本家、分家と言っていいのかもわからんけど。

515日本@名無史さん2017/12/12(火) 08:13:54.95
>>502
本来なら、戊辰戦争で晒し首にされてたはずのものを、貴族に叙されて上級国民とか百年以上もやらせてもらってんだから、
もう満足しろよ。
旧弊は絶えて然るべし

516日本@名無史さん2017/12/12(火) 12:42:21.30
>>515
そういう運動でもやれば?

517日本@名無史さん2017/12/12(火) 14:21:30.39
>>511
「居候三杯目にはそっと出し」っていつからあるんだろう

518日本@名無史さん2017/12/12(火) 16:48:20.99
小糠三合あれば養子には行くなって言うからな。
養子とか婿は肩身が狭いもんなんだよ。

519日本@名無史さん2017/12/12(火) 21:49:28.99
早漏なのにそっと出すのか・・・・

520日本@名無史さん2017/12/12(火) 22:17:16.64
>>517
茶碗にお代わりをよそおうって室町以降では

521日本@名無史さん2017/12/13(水) 00:20:19.73
お代わりを装ってどうする。
ちゃんとよそってやれよ。

522日本@名無史さん2017/12/13(水) 02:11:10.78

523日本@名無史さん2017/12/13(水) 07:53:53.16
おかわりってありがたいよな
当たり前のように言ってるけど

524日本@名無史さん2017/12/13(水) 08:42:06.75
おかわりシステムがあるのは、日本以外だとどこ?

525日本@名無史さん2017/12/13(水) 09:06:13.31
中東はあるよね
招待客にはお代わり勧めるのが礼儀で断っても遠慮だと思われて
満面の笑みでよそってくれちゃうので腹が破裂しそうになる

526日本@名無史さん2017/12/13(水) 12:20:39.30
>>525
饗応では客が食べ残すまで料理を出し続ける国や地域は中東に限らず多いね。
日本のように残すのは失礼という所はむしろ少数かも。

527日本@名無史さん2017/12/13(水) 12:40:48.04
日本でも戦中派ぐらいまでは食え食え攻撃すごいぞ

528日本@名無史さん2017/12/13(水) 21:45:57.89
中国も韓国そうだな。彼らは食べ放題でそれをやるから困ってる。
向こうでは残ったら豚の餌として、若しくは次の客に再利用だから問題ないんだが。

欧州でも少し食事をのこすのが「紳士のマナー」だったね。
残り物を持ち帰る日本はペリーが驚いたように少数派なんでしょうな

529日本@名無史さん2017/12/14(木) 00:00:56.31
フランスは残すのはマナーでもマナー違反でもないみたい
全部を食べたら料理や料理人を褒め称える行為だと思われている
パンで皿のソースまで拭き取って綺麗にすると料理人が喜ぶらしい

日本の特徴は残すと罪悪感などを伴う事だと思う
食べ物を粗末にするなと学校の給食とかで教育の一貫として行われたせいかな

530日本@名無史さん2017/12/14(木) 10:47:31.19
>>528
残り物を持ち帰るというよりは、宴席では。羹・汁物と刺身と漬物くらいしかその場で食べない、ほとんどを持ち帰る。

531日本@名無史さん2017/12/14(木) 12:03:53.11
ちなみに持ち帰る文化ができたのはなぜじゃ?
江戸時代に生まれたんだと思うけど

532日本@名無史さん2017/12/14(木) 12:14:41.20
doggy bag

533日本@名無史さん2018/01/01(月) 01:00:03.08
1944年1月1日のイ29号の食事
朝食は(雑煮・銀飯・煮豆・数の子・煮魚・漬物)
昼食は(五目寿司・マグロの刺身・するめ・昆布巻き・数の子・煮豆・ビワ・漬物)
夕食は(銀飯・魚・フルーツサラダ・数の子・味付葉豆・すまし汁・漬物)
夜食には(ぼた餅)が付いた。
同年7月26日、米潜ソードフィッシュの魚雷攻撃を受け撃沈。

534日本@名無史さん2018/01/12(金) 21:16:15.95
朝から毎食って、なんでそんなに数の子推しなの? 
と、ピワというりは、枇杷のフルーツか? 季節が半年違うけれど?

535日本@名無史さん2018/01/18(木) 03:27:13.11
数の子は昔安くて庶民の食い物

536日本@名無史さん2018/01/20(土) 20:38:44.34
>>535
御殿が建つくらいだからなー

537日本@名無史さん2018/01/21(日) 11:06:57.97
新潟市の農村部在住ですが、年寄りが、戦前は学校から家に帰っても白米と数の子しかなかったよ、なんて言います。
あと、昔は精進日というのが有って、その日は味噌汁の出汁も煮干しを使っては駄目だったそうで、そういう日の為に「精進数の子」というのが有りました。
と言うか、今も有ります。干した大根と細切りの人参を甘じょっぱく漬けたもので、見た目と食感が何となく数の子っぽいです。
ただ、今では、ハリハリ漬けとか松前漬けとか、余所の地域の漬物の名前で呼ぶ人が大半です。

538日本@名無史さん2018/01/21(日) 11:17:12.96
>>537
隠れキリシタンか?
確か、耶蘇教には精進日があったよな。鳥獣食べてはダメという。でも耶蘇の精進は魚食えだし。ついでにビーバーとアザラシは魚の区分

539日本@名無史さん2018/01/21(日) 11:58:01.58
日本史板で何言ってんだ
忌日や物忌の間が精進日になるのは普通だろ

540日本@名無史さん2018/01/24(水) 12:10:30.63
近所の準庄屋クラスの名門は近所の神社の神官を持ち回りでやるけど
そのとき神官になるまえ潔斎で食い物に制限があるね
小鳥の餌見たいの食ってる

541日本@名無史さん2018/01/24(水) 21:14:03.74
胡瓜を食べないとかいうあれか

542日本@名無史さん2018/01/25(木) 01:00:05.88
蟹食わないとかタコが駄目とか、各地にいろいろあるよ。

543日本@名無史さん2018/01/25(木) 20:18:24.64
タテマエとしては火を通さない雑穀や果物(干物は大丈夫)くってるが、
どうやら火を通してから乾燥とかにしてるみたいね

544日本@名無史さん2018/01/30(火) 14:40:36.19
日本史より謎な金儲けできる方法とか
グーグルで検索⇒『羽山のサユレイザ』

E68I6

545日本@名無史さん2018/01/31(水) 16:00:15.58
大正四年十一月十七日於京都二条離宮
大饗賜宴 献立

 一 鼈清羹 (すっぽんのコンソメ) 蝲蛄濁羹 (ざりがにのポタージュ)
 一 蒸茹鱒 (ますの酒蒸し)
 一 被包肥育牝鶏 (とりの袋蒸し)
 一 烹炙牛繊肉 (ヒレ肉の焼肉)
 一 煮熟冷鷸 (うずらの冷い料理)
 一 椪柑凍酒 (オレンジと酒のシャーベット)
 一 燔焼吐綬鶏 交品 鶉 生菜 (七面鳥のあぶり焼き、うずらのつけ合わせ、サラダ)
 一 湯淪溏蒿 (セロリの煮込み)
 一 氷菓 (アイスクリーム)
 一 後段果実生菓各種 (デザート)

   酒類
  一 アモンチアード寒爾利酒 (セリー酒)
  一 千九百年醸シャトー、イケーム白葡萄酒
  一 千八百七十七年醸シャトー、マルゴー赤葡萄酒
  一 千八百九十九年醸クロードヴージョー赤葡萄酒
  一 ポムリーエグルノ三鞭酒 (シャンパン)

    麵麭 珈琲及焼酒数品  

546日本@名無史さん2018/01/31(水) 16:55:53.81
中華料理みたいな

547日本@名無史さん2018/01/31(水) 19:01:13.86
肉類大杉で胃もたれしそう
しかも昔風のバターと生クリームたっぷりのフランス料理だろうし

548日本@名無史さん2018/01/31(水) 19:27:14.36
>>545
>一 千八百七十七年醸シャトー、マルゴー赤葡萄酒
このワインが現在に存在していたら、高級住宅街に一軒家を立てられるほどの価値があるぞ。
失楽園で川島なお美が自殺に使った名酒中の名酒。

549日本@名無史さん2018/02/12(月) 11:24:53.86
>>536
その当時、ニシンは魚油と肥料の油粕がメインで、カズノコはおまけ的存在だった。

550日本@名無史さん2018/02/22(木) 11:47:46.22
オリンピック中の韓国でまた犬肉騒動がオランダ選手からもたらされたようだw

日本では犬肉食は生類憐れみの令によってほぼ絶滅。
周囲で犬肉を食べたという人は、戦前、朝鮮・中国・台湾に渡っていたという人々。
どういう味だったかと伺うと、皆、固くて不味い、と。
老犬ばかり食ってたらしいw

551日本@名無史さん2018/02/22(木) 18:46:42.67
>>550
えー
戦中派は高度成長期にはいるまで食べてたよ?
赤犬が一番旨い。あとは、黒、白、ブチの順で、洋犬はあまり美味しくないとか
料理法は味噌煮とか

552日本@名無史さん2018/02/23(金) 10:38:06.05
戦中戦後の食糧難時代に犬食いする人が出てきたってことなんじゃないの?

553日本@名無史さん2018/02/23(金) 11:02:46.17
天武天皇の時代に犬食禁止令が出てほとんどの日本人は食べなくなったが
山岳民などこっそり食べる人たちは割といた

生類憐みの令でより厳しくなり食べる人はほとんどいなくなった

戦後の食糧難で中韓から伝わった犬食文化が一時復活したが
高度経済成長期に廃れた

554日本@名無史さん2018/02/23(金) 11:24:32.52
犬食に限らんでしょその禁止令は

555日本@名無史さん2018/02/23(金) 15:03:57.72
江戸時代とかでも薩摩では普通に犬喰ってたっしょ

556日本@名無史さん2018/02/23(金) 17:25:28.65
エノコロ飯だっけ

557日本@名無史さん2018/02/23(金) 19:38:15.25
>>552
それだと、赤犬が美味いなんてのはポッと出だということになるでよ

558日本@名無史さん2018/02/23(金) 19:39:17.23
>>553
鎌倉時代の鎌倉の遺構から結構な量の煮炊きされた痕跡のある犬の骨が出てくるというけれど

559日本@名無史さん2018/02/24(土) 16:43:01.00
悪いひとたちがやって来て
みんなを殺した

理由なんて簡単さ
そこに弱いひとたちがいたから

女達は犯され
老人と子供は燃やされた

悪いひとたちはその土地に
家を建てて子供を生んだ

そして街ができ
悪いひとたちの子孫は増え続けた


朝鮮進駐軍 関東大震災 日本人10万人大虐殺

https://youtu.be/iBIA45CrE30
https://youtu.be/D0vgxFC04JQ
https://www.youtube.com/watch?v=sYsrzIjKJBc
https://www.youtube.com/watch?v=SiHp41uWo1I
https://www.youtube.com/watch?v=zYBCTRryFP8

560日本@名無史さん2018/02/25(日) 02:52:57.87
ところで英語で家畜のことを livestock というが、食用以外の家畜もこの言葉で呼ぶのだろうか

561日本@名無史さん2018/02/25(日) 10:51:02.60
>>560
オックスフォード英英辞典によると
animals on a farm kept for use or profit
「使役や利益のために」とあるので食用以外も言うんだろう

コウビルド英英辞典だと
animals such as cattle and sheep which are kept on farm are referred to as livestock
「牛と羊のような」がポイントだな
羊は羊毛も取ったりするからな

どちらの辞書もイギリスの大学が出してる辞書なので、あくまでもイギリス英語だ
アメリカ英語の英英辞典は持ってないが、アメリカにはdomestic animalという言い回しもあるらしい

新着レスの表示
レスを投稿する