藤原氏は亜流 [無断転載禁止]©2ch.net

1日本@名無史さん2016/06/05(日) 13:15:57.42
中臣鎌足が天智天皇より賜ったことに始まる〜

ん?

姓を貰っただけじゃん。源平みたいに皇族(皇別)じゃないし、藤氏は亜流なのでは。

58日本@名無史さん2016/06/12(日) 00:57:12.99
>>46
朝鮮系藤原の末裔さん落ち着いて
そもそもお前が土着系の縄文系とは無縁なのは確定してる

ミイラが渡来系丸出しでチョン丸出しなんだよチョンの子孫さん
はい論破っと

お前は縄文系とは無縁の渡来系

59日本@名無史さん2016/06/12(日) 05:28:14.49
不比等の天智天皇皇胤説によれば、つじつまはあう。源平藤橘全部皇胤に
なるな。

60日本@名無史さん2016/06/12(日) 11:54:57.14
藤原氏は百済系

61日本@名無史さん2016/06/12(日) 13:38:33.96
まあ土着系ではない事は確かだな

62日本@名無史さん2016/06/12(日) 16:40:43.89
新説日本書紀って漫画読んでる?
ビッグコミックスでやってるやつ
その切だと鎌足=百済王子、豊ショウとのこと

63日本@名無史さん2016/06/12(日) 16:56:15.01
百済王家の直系ゆうたらメチャメチャ名門やん
そりゃあ倭国の諸豪族なんぞ頭上がらんわなあ

64日本@名無史さん2016/06/12(日) 21:08:27.07
黒い!潰れた広鼻!ぶ厚い唇!土人!南方ヅラ!マニラ顔!


赤の遺伝子afb1b3。 南方モンゴロイド。


それはマニラのスラムに漂う腐った屎尿の臭い。
この世で最も不浄な臭くて汚らしい穢れた遺伝子。

台湾人、中国人、朝鮮人にもたっぷりと入っている。

赤の遺伝子afb1b3が入ると南方人になり、日本人種が穢れる。

gm遺伝子
http://www.geocities.jp/ikoh12/kennkyuuno_to/001Gmidensi_1/asiaandjp.gmidennshi.nobunnpu.jpg 👀
Rock54: Caution(BBR-MD5:64a812ccf8e4a0c33443d7cecf6a78f3)

65日本@名無史さん2016/06/15(水) 07:58:54.19
藤原氏の先祖は、O1b系だけど
もっと深くまで調べたら、藤原氏はO1b2a1a1だろう。
このY遺伝子の型は遅くとも3000年くらい前には
O1b2a1a→O1b2a1a1と分岐し日本で発祥した
日本が起源のY遺伝子だよ。
その先を調べたら、だいたい4000年くらい前には日本に渡来してきたぽい。

これらのことから、藤原氏は日本固有の土着の貴族で間違いない。
藤原鎌足は1400年くらい前の人物だし、そこから逆算したら
その始祖である天児屋根命は、せいぜい2000年前の人物だから。。

66日本@名無史さん2016/06/15(水) 08:01:53.44
百済王家のY遺伝子はまだ確定してないけど
どうも、韓国人の願望(騎馬民族の王家)と違って
百済王家は、もと中国の漢族の系統らしいからw

上でバカなこと言っているやつがいるが
少なくとも、百済王家と藤原氏は、Y遺伝子では大きく異なる。

67日本@名無史さん2016/06/15(水) 09:05:01.04
>>65
自分がO1bだから必死なのかな

おもいっきり渡来系なんだけど
おまけに人骨が渡来系そのまんま
はい論破

68日本@名無史さん2016/06/15(水) 12:22:42.09
論破になってないのを論破論破って喚いてんのはガイジがガイジンか?w

いや在日チョンだったかw
誰か日本史の前に日本語教えてやれよwww

69日本@名無史さん2016/07/05(火) 01:52:07.55
>>68
え?チョンなのはお前だけど

その鋏状咬合に直毛が証拠
あ、うねってるのも直毛だからな新モンゴロイドさん

やっぱり自分が渡来系だから必死なの?

70日本@名無史さん2016/07/05(火) 01:53:07.70
>>65
>>66
お前は渡来系の新モンゴロイドだから必死なのかね

藤原系はミイラからして完全に渡来系のチョンみたいな形質なんだよねえ
はい論破

71日本@名無史さん2016/08/19(金) 07:15:13.75
貴族のくせにノーベル文学賞も獲れないのか。
格下の大江氏のほうが世界的評価が高いのかな。

72日本@名無史さん2016/08/19(金) 18:04:34.15
中臣鎌足ってのは不比等がでっち上げたインチキだからな
中臣氏は物部守屋の側に付いて蘇我馬子に滅ぼされてる
当時の慣習で一族の内の祭祀の為の神主家だけが蘇我氏に赦されて残って居ただけ
(また赦す側も皆殺しを避ける事に依り禍根を残さず手打ちを実現していた)
中臣って言ったら神武統の二番目位に旧い近臣中の近臣最古参中の最古参だぞ
そんなのが奈良平安時代を通じて仏寺仏閣を建て捲って天皇を神社から遠ざける訳無いだろ検定教科書でも注意して読めば解ける話

73日本@名無史さん2016/08/19(金) 19:18:56.75
BC3C末、徐福一行の故郷、華北では三足土器で炊飯していました。
粗製灰陶で出来ている鬲です。
灰陶を焼く穴窯も、炊飯器の鬲もさっぱり伝わっておりません。
秦王朝のシンボルでもあった鼎も土器にも青銅器にもさっぱり伝わっておりません。
中国青銅器の雷文や龍文はもちろん、龍信仰さえさっぱり伝わっておりません。
簫、磬、鐘、鐃、ロ于、鉦など、様々な古代中国の楽器もさっぱり伝わっておりません。
三足やラッパ型の様々な酒器もさっぱり伝わっておりません。
金銀細工や金銀メッキもさっぱり伝わっておりません。
龍などをモチーフにした様々な玉器もさっぱり伝わっておりません。
瓦や箸や傘もさっぱり伝わっておりません。
漢字の前身、篆書などを刻んだ遺物などもさっぱり出土しません。
瓦屋根の戸建てや木骨泥墻などの住居もさっぱり伝わっておりません。
帯の付いたローブ状の古代中国の服飾も靴もさっぱり伝わっておりません。
徐福どころか古代中国人なんて縄文から弥生を通して一切定着しておりません。
ただ、無知で、馬鹿で、低脳の、頭の弱い人間だけがダマされる創作デムパです。

74日本@名無史さん2016/09/05(月) 16:12:47.53
何度も教えた通り高床建築は近代迄江南に於ける主要な建築様式
華北でさえ春秋時代迄非常に流行して居た
一方の木骨泥牆は長江以北に於いて多数存在して居た様式で
長江以南でわ殆ど見られ無い
木骨泥牆は専ら長江以北に見られる建築様式
高床建築は華北ですら太古から春秋期迄流行
長江以南でわ当然ながら弥生時代でも最も多い建築様式、近代でも高床建築は多いよ

捏造すんなカス

75日本@名無史さん2016/09/05(月) 20:02:21.79
◆ペテン師・佐藤洋一郎がなぜダメなのか


経年変化や環境変化で短期間のうちに著しく頻度を変えてしまう遺伝子調査において、
佐藤洋一郎が調査に使ったイネの調査サンプルは、

日本のイネの調査サンプルが稲作が伝わってから800年以上も経ってしまった鍵・唐古遺跡の炭化米、
朝鮮半島のイネの調査サンプルにおいてはいつの時代のイネを使ったのかさえ全く公表していない。

このように調査サンプルから疑わしい、欠陥ありありの、お遊び程度でやったペテン調査での捏造である。

この場合、BC10Cの稲作開始時の最古水田である菜畑遺跡の炭化米とそれ以前の朝鮮の炭化米で
比較調査しない限り、まともな調査結果など得られるはずがない。

ちなみに佐藤洋一郎はこの件で京大考古学陣に全面否定されている。
日本稲作が長江・江南から伝わったなんて言ってる頭のおかしな考古学者など一人もおりません。

76日本@名無史さん2016/09/05(月) 20:15:18.24
↓74は世界史板ですでに脳と心臓を撃ち抜き済み。


584 : 成 敗 !2016/08/26(金) 18:31:43.48 0
以下の創作文の内容を唱えている考古学者の氏名と所属団体名を10回尋問しましたが、
一切出てきませんでした。

よって、以下の創作文はただの個人の脳内妄想である事がここに確定致しました。



>何度も教えた通り高床建築は近代迄江南に於ける主要な建築様式
>華北でさえ春秋時代迄非常に流行して居た
>一方の木骨泥牆は長江以北に於いて多数存在して居た様式で
>長江以南でわ殆ど見られ無い
>木骨泥牆は専ら長江以北に見られる建築様式
>高床建築は華北ですら太古から春秋期迄流行
>長江以南でわ当然ながら弥生時代でも最も多い建築様式、近代でも高床建築は多いよ

>捏造すんなカス

77日本@名無史さん2016/09/06(火) 09:47:07.28
天皇が勝ったのは、初代だけ  いつの強さ? 今でも安倍が唇を嚙んで畏れ多くもといった態度を取る位だから、 恐がっておいた方がいいよ 

78日本@名無史さん2016/09/06(火) 17:46:31.78
>>6
かなりな亀レスだが

それは逆
天皇家が在日の弥生人で藤原はそれよりもずっと古い縄文人

79日本@名無史さん2016/09/07(水) 01:30:14.91
”ホゼワラ”説を流布してるのは、また はだか踊りのバカだなw
あれはやっぱ朝鮮人だなw
日本人にあの基地外的しつこさはないもんなw
ほんと迷惑なやつw

80日本@名無史さん2016/09/08(木) 23:39:21.23
>>78
また捏造開始したのかよ朝鮮藤原さん
藤原のミイラも渡来人丸出し

縄文人とは真逆なんだよねえ
はい論破

81日本@名無史さん2016/09/08(木) 23:40:07.16
>>79
あのさ〜色白のキモい顔した底辺さん
お前は縄文人色白説とかいう珍説といて速攻論破された負け犬なんだから大人しくしてろよ
どうせ何にも具体的な事言えずにキャンキャン泣きわめく事しかできないんだからさお前笑

「三国志魏書 東夷伝」
<韓は帯方の南にあり東西は海を以って限りとし、南は倭と接し方4000里ばかり。三種あり馬韓・辰韓・弁辰という。辰韓は古の辰国なり。>

「三国志魏書 東夷伝 弁韓条」
<弁韓の讀盧国(とくろこく)、倭と境界を接する。>

朝鮮半島の南は海ではなく倭と接しているのだしかも倭人伝の記述と一致

<帯方郡から倭国にいくには船で韓国の海岸線を南に進み、しばらく東に行けば倭国の北岸狗邪韓国(くやかんこく)に着く。7000余里なり。>
狗邪韓国は朝鮮半島南にある国。その国が倭国の北の国境だとさ

「三国志魏書 辰韓伝」「後漢書 辰韓伝」「晋書 辰韓伝」には辰韓はもともと中国秦の強制労働に耐え切れなく馬韓に亡命した者たちだと記されている。中国人なわけだ。
でも秦は漢民族ではない。そのものたちが突然やってきて朝鮮半島の東を馬韓からもらったと言うのだ。しかも「三国志魏書 辰韓伝」には馬韓(朝鮮人)は裸族で
都人の辰韓人(秦人)とは言葉が通じない。文明の差がありすぎて土地を取られちゃったのかね?
また、辰韓と弁辰は雑居して言葉や風俗が似ているという。辰が共通してるから同じ秦人だったんだろうね。
<辰韓(秦人)の民の頭は扁平で短く刺青があり男女は倭人に似ている。>
倭人は辰韓へよくやってきて鉄を仕入れていると・・・。どう考えても任那日本府はありありだな。
「宋書 438年の条に任那・加羅の二国の記述アリ」
「宋書 倭国伝 451年」
<宋の文帝は倭王済に使時節都督・新羅・任那・加羅・秦韓・慕韓六国諸軍事の称号を与える>
<478年宋の順帝が倭王武に使時節都督・新羅・任那・加羅・秦韓・慕韓六国諸軍事安東大将軍倭王の称号を与える>
「南斉書」にも任那・加羅の記述アリ(540年くらいに書かれたものか?)
「梁書」「翰苑 新羅条」「通典」「太平御覧」「冊府元亀」の各書にも任那や加羅が登場。

「広開土王碑」
*367年・・・百済が倭国に使者を送る。たぶん泣きついてきて助けを請う。
*369年・・・高句麗が百済を進撃。高句麗大敗。援軍として倭国が参加しているかも。
*369年・・・その勢いで倭国は新羅を攻撃。大勝して朝鮮半島南半分を支配下に置く。
*377年・・・高句麗と新羅が中国(前秦)に泣きついて倭国から攻撃守ってちょとお願い。
*391年・・・百済と新羅が倭国に降伏。
*399年・・・百済は誓いを破って倭国と和平を結んだ。新羅の使者がやってきて倭人がやってきて
新羅王を臣下にしてしまったので助けてちょと言ってきた。
*400年・・・高句麗は5万の大軍を新羅の都に送り援護。倭国は撤退。調子こいて高句麗軍は
任那や加羅へ進軍してきたが安羅国軍(倭人)が裏をついて新羅の都を占領。馬鹿だな朝鮮人は。

朝鮮半島側の記録「新羅本紀」
*14年・・・倭人の船団100余艘で海辺に侵入
*59年夏5月・・・倭国と友好を結んで使者を派遣しあった。
*73年・・・倭人が木出島を侵略したので羽烏(うう)を派遣して防衛させたが戦死してしまった。
*121年夏4月・・・倭人が東辺境を攻めた。
*123年春3月・・・倭国と和解。
*158年・・・倭人が訪問。
*173年・・・卑弥呼の使者が訪問。
*232年夏4月・・・倭人が金城(新羅の都)を包囲する。
*233年5月・・・倭人が東辺境を攻めた。
*249年夏4月・・・倭人が干老(新羅の一等官)を殺害。
*287年夏4月・・・倭人が一礼部(場所不明)を襲う。
*289年夏5月・・・倭人が攻めてくるというので戦船と鎧を修理した。
*292年夏6月・・・倭人が沙道城を攻め滅ぼす。
*294年春・・・新羅王いわく「倭人がしばしば攻めてくるので百姓が安して暮らせない。百済(朝鮮人)と共に
海を渡って倭国を攻めようと思うが?」
家臣の弘権いわく「私たちは海戦に慣れていません。遠征は危険です。まして百済な偽りが多く、私たちを
呑み込もうと野心があるので難しいです。」王は納得した。

*294年夏・・・倭人が長峯城を攻める。
*300年春正月・・・倭国へ使者を派遣する。
*312年春3月・・・倭国王から使者がきて、息子がいい年だから嫁を出せと言ってきたので急里(きゅうり)の
娘を倭国に送った。
*344年・・・倭国の使者がやってきてまた婚姻を申し込んできたが勇気を振り絞って断った。
*346年・・・婚姻拒否に怒ったのか倭人が風島に進軍。金城を包囲して攻撃。
*393年・・・倭人が金城を5日間包囲。
*402年・・・3月に倭国と友好を結び、17代新羅王 奈コツ王の子、末斯欣(みつしき)を人質に出す。

「百済本紀」
*397年夏5月・・・百済王は倭と友好を結び太子の典支(てんし)を人質に出す。
*402年5月・・・倭に使者を派遣し大きな珠を求めた。
*403年春2月・・・倭国から使者がやってきたので、王は超低姿勢で彼を迎え慰労し厚く遇した。
*405年・・・太子の典支(てんし)が倭国で父王の死の知らせを聞き、泣きじゃくって帰国を請う。
うるさいので兵士100人をつけて送り帰した。
*418年夏・・・倭国に白綿10反を貢いだ。
*428年・・・とつぜん倭国の使者が50人も随行員を連れてやってきたビビった。

「隋書 倭人伝」
<新羅は倭国に対して、うやうやしいほど使者を出していたw>

86日本@名無史さん2016/10/01(土) 13:17:55.11
藤原氏のもとの氏族である中臣氏は、古くから大和朝廷に仕えてはいるが、
それほど高貴な氏族ではないよね。
物部氏、大伴氏などに比べれば、はるかに見劣りする。

藤原氏の「亜流」感は、このあたりに由来するのではないか?

87日本@名無史さん2016/10/18(火) 03:37:53.87
藤原系は朝鮮系だからね…

>藤原氏の祖先は朝鮮半島からやってきた
http://beaverland.web.fc2.com/oldhist/nakatomi.html

>藤原氏のY染色体ハプログループは【O2b1】(皇紀2673.10.9)
http://www.geocities.jp/ydna_d2/dna_fujiwarashi.html

88日本@名無史さん2016/10/18(火) 04:07:12.66
そもそも朝鮮系なんてものは存在しないがな

89日本@名無史さん2016/10/19(水) 21:04:23.78
>>88
は?朝鮮と類似の人種=朝鮮系だけど

90日本@名無史さん2016/10/19(水) 23:39:43.07
>>82
>辰韓(秦人)の民の頭は扁平で短く刺青があり男女は倭人に似ている。

興味深い記述だねぇ
短頭で顔が縦に短いと理解すれば、これすなわち九州南部以南〜沖縄の特徴とすこぶる一致する
朝鮮南部は属国というよりも、この手の人種が元々たくさん住んでいるところだったのだろう
朝鮮南部人は今でも丸っこい顔が多いゆえ、日本人以上にこの手の人種の影響が強い地域なのかもしれない
その緩さも、中国人の影響、モンゴル人の影響、その顔に影響を偲ばせるシベリア先住民の影響ももちろんあるだろうが、
沖縄や九州人にも通底する古モンゴロイド先住民の影響も濃厚にあるのではないか
沖縄なんかは欲望が爆発する自己抑制の利かないところゆえに、欲望肯定の中国人の影響があるにしても、
大いに参考になろう
不思議なのは、この入れ墨や海を跨いで活動する倭人がうようよいる漁撈性に富んだ辰韓から出現した新羅が
「私たちは海戦に慣れていません」と海を苦手としている点で、
彼らの古墳から出土する遺物にも海に関連するものはあまり見つからない
それどころか、新羅の王族の古墳から見つかるものは馬の趣向を凝らした装飾品や陶器、
緻密な細工をほどこしたイヤリング、ネックレス、とんぼ玉、ブレスレット、指輪、王冠、胸当て、帯飾り、烏帽子のような帽子、
それから何に使うのかよくわらない極めて西方的で非東アジア的な装飾品、ローマングラス、
そして仏教美術品といった大陸北方〜西方の影響を伺わせるものばかりで、チベット人のカム人風の
じゃらじゃらした首飾り、ネックレスも大量に出土することから、そのじゃらじゃら色々装飾したい志向といい、
大陸騎馬民族の影響を偲ばせる
一方で、新羅は後の遣唐使、大陸派遣団、留学生らが新羅の船を利用して中国に渡ったように、
海洋性に富んだ一面も見せる
おそらく新羅や他の朝鮮南部の国々は、この漁労民と大陸騎馬民族の二重構造になっているのではないか
この両者はある時には協力し、またある時には敵対し、またある時には支配と被支配の関係に置き換わる
そんな大陸性と海洋性を行ったり来たりするのが朝鮮という国ではないかと思う
まぁ、これがモンゴル人の襲来によって、かなり大陸のほうに引っ張られるわけだけど、
ツングースの可能性が高い李自成はまた海洋性に富んでいた

91日本@名無史さん2016/10/19(水) 23:44:24.53
>>89
古代の朝鮮は他民族だぞ

92日本@名無史さん2016/10/20(木) 00:37:08.99

93日本@名無史さん2016/10/20(木) 01:03:17.62

94日本@名無史さん2016/10/20(木) 01:31:14.96

95日本@名無史さん2016/10/20(木) 01:53:35.18

96日本@名無史さん2016/10/20(木) 01:55:41.77

97日本@名無史さん2016/10/20(木) 01:56:41.59

98日本@名無史さん2016/10/20(木) 08:02:04.14

99日本@名無史さん2016/10/20(木) 08:02:55.32

100日本@名無史さん2016/10/21(金) 16:02:15.95
100

101日本@名無史さん2016/10/21(金) 20:23:27.05
不比等が藤原氏の初代だな
鎌足は不比等が創作したんだろう。

102日本@名無史さん2016/10/21(金) 20:41:16.06
いや、だったら初代は大島だな
史書に現れるのも大島が先だし官位も上

103日本@名無史さん2016/10/26(水) 01:02:22.68

104日本@名無史さん2016/10/29(土) 06:44:45.13
>>101 不比等の父は中臣鎌足なんだが鎌足は中臣鎌足として死んでいて後から称号などは不比等が生前から貰ったように創作した。

105日本@名無史さん2016/11/15(火) 17:18:27.59
おれのひいばあちゃん醍醐なんだけど、鎌足まで遡れるんかなぁ?

106日本@名無史さん2017/08/26(土) 19:46:18.55
ちょんくさいんだが

107日本@名無史さん2018/01/30(火) 16:23:55.39
日本史より謎な金儲けできる方法とか
グーグルで検索⇒『羽山のサユレイザ』

OWTUE

108日本@名無史さん2018/07/12(木) 17:29:39.79
とても簡単な稼ぐことができるホームページ
念のためにのせておきます
検索してみよう『立木のボボトイテテレ』

C44

新着レスの表示
レスを投稿する