邪馬台国畿内説を批判するスレ [無断転載禁止]©2ch.net

1日本@名無史さん2017/01/01(日) 00:47:06.37
けましておめでとうございます。今年も宜しくお願いします。

407日本@名無史さん2018/01/06(土) 00:24:57.26
>>405
>>401がカスであることには禿げ同

408日本@名無史さん2018/01/06(土) 00:26:04.13
円外日天八座

409日本@名無史さん2018/01/06(土) 00:29:49.37
中台八葉院

410日本@名無史さん2018/01/06(土) 00:32:35.45
伊勢神道だと天照は大日だったけか
さもありなんだな

411日本@名無史さん2018/01/06(土) 00:35:07.94
>>392
咫は頭の古語っていう割注すら気が付いてなかったくらいだし

412日本@名無史さん2018/01/06(土) 00:46:09.78
八頭花崎の八葉形です

413日本@名無史さん2018/01/06(土) 01:01:10.02
八弁の○○○形です

414日本@名無史さん2018/01/06(土) 01:18:16.53
八葉=○○○

415日本@名無史さん2018/01/06(土) 02:41:37.36
卑弥呼や倭の五王は畿内に実在した
これは考古学的に堅い

どういう関係かは今となってはわからないが、
分家の応神が九州から乗っ取り今の天皇家の基礎を築いた
邪馬台国東遷ではなく大和朝廷東遷が正しく要するに神武天皇とは
応神の東征を過去に投影しただけ
九州から大和を確かに征服した確かなと見ていい史実であり
これが建国神話に反映していないというのも無理
要するに神武とは応神のこと

五王の畿内王権はほぼ考古学的に裏とれている

卑弥呼の頃の邪馬台国が九州にありそれが出雲飛ばして
畿内を制圧すんのは無理あるし
九州から畿内の征服がないのも馬鹿げている
神武の東征が必要なくなる
東征はあった
応神の時に
明確な九州による東方征服

416日本@名無史さん2018/01/06(土) 08:21:14.60
>>406
反論はもっと体系的にしないと相手に伝わらない。

417日本@名無史さん2018/01/06(土) 08:23:33.03
>>415
応神は卑弥呼より後だよ。
それと3世紀の畿内に九州に対抗する国力はない。
3世紀より後に九州が畿内を征服しただけ。

418日本@名無史さん2018/01/06(土) 08:25:29.98
鈕座が8葉の内行花文鏡が平原遺跡の鏡しか見つかっていないんでしょ?
だったら現状では八咫の鏡の可能性が一番高いでしょ。
そして、伊都国が倭国の都。

419日本@名無史さん2018/01/06(土) 08:40:49.25
>>418
自己矛盾

420日本@名無史さん2018/01/06(土) 08:53:01.64
>>419
だから、反論はもっと体系的にしないと相手に伝わらない

421日本@名無史さん2018/01/06(土) 08:57:28.09
畿内厨はバカだから文章がかけないので、単語を並べるだけ。
八咫鏡の模様は、マンダラなんだぞ、とでも言いたいのか??
それだと単に可能性の一つを提示しただけだな。

422日本@名無史さん2018/01/06(土) 11:14:15.83
八葉が八葉座だっていうのもひとつの可能性
御鎮座伝記には八葉が八葉座のことだなんてどこにも書かれていない
しかも円外日天八座を説明不能

八葉が宗教書に書かれているということを直視すると
八葉が仏教用語だと理解でき
円外日天八座の意味も理解できる

いかれ頭には理解できないだろうが

423日本@名無史さん2018/01/06(土) 14:24:13.78
>>417
古い年代観のもとでの3世紀だろ、その辺は今は1か2世紀あたりのこと
残念だね

424日本@名無史さん2018/01/06(土) 14:28:01.83
応神は4世紀だよ。

425日本@名無史さん2018/01/06(土) 14:28:06.43
>>417
九州土人のコンプレックスいい加減にしてね

426日本@名無史さん2018/01/06(土) 14:30:16.77
>>422
円外日天八座の鏡があるなら見せてくれ。
そもそも仏教伝来より前のはずだろ。
もし八咫の鏡に仏教の要素があるなら、それは後世の作になってしまう。

427日本@名無史さん2018/01/06(土) 14:31:30.64
>>425
漢から冊封された王墓があるのは、九州北部だけなんだが。

428日本@名無史さん2018/01/06(土) 14:54:46.85
>>426
そんな鏡はないな
もちろん平原の鏡にも該当する部分はない

つまり、御鎮座伝記に記される八咫鏡は、当時の宗教観によって観念された、想像の鏡だってことさ

で、八葉が何かは調べたのかい?

429日本@名無史さん2018/01/06(土) 15:01:14.44
>>427
根拠は?

430日本@名無史さん2018/01/06(土) 15:16:05.26
>>429
弥生王墓でググレカス

431日本@名無史さん2018/01/06(土) 15:26:18.22
はち よう −えふ [0] 【八葉】
@
八枚の葉,または紙。
A
八枚の花弁,特に蓮の花弁の形。また,一つの円を中心に周囲に八つの円を配した文様。

で??

432日本@名無史さん2018/01/06(土) 17:50:32.81
ググることも満足にできないらしいwww

433日本@名無史さん2018/01/06(土) 20:15:53.62
>>432
いや、一応検索したってことでw

引用文にも宗教用語としてのヒントがあるんだから、ここから掘り下げればいいんだけどね

434日本@名無史さん2018/01/06(土) 20:43:16.46
どうせ後世の話だろ

435日本@名無史さん2018/01/06(土) 23:11:40.14
つ八葉の車

436日本@名無史さん2018/01/06(土) 23:40:09.62
で?

437日本@名無史さん2018/01/07(日) 00:50:15.85
古語辞典で引いてみれば幸せになれるよ

438日本@名無史さん2018/01/07(日) 01:56:18.64
いろいろググってみた

はち ようの はちす −えふ− 【八葉の蓮▼】
@
花弁の八枚ある蓮。
A
〘仏〙 極楽浄土の別名。八葉蓮華。

八葉蓮華
はちようのれんげ
花弁が8葉ある蓮華。真言密教などでは胎蔵界曼荼羅の中央にこれを描き,中央に大日如来,8葉に4人の仏陀と4人の菩薩を配する。

仏教用語でいう八葉蓮華とは、どういうことですか。
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1125108161

はちえふ−の−くるま 【八葉の車】
分類連語
「網代車(あじろぐるま)」の一種。車の箱の外装に、青地に黄色で八弁の蓮(はす)の花(=八葉)の紋様を散らした牛車(ぎつしや)。摂関・大臣から地下(じげ)(=六位以下の役人)に至るまで広く用いられた。

中台八葉院
http://www.mikkyo21f.gr.jp/mandala/mandala_taizoukai/01.html

439日本@名無史さん2018/01/07(日) 05:59:52.37
もし伊勢の八咫の鏡が仏教の影響下で作られたものであれば、それは後世の復元品が保管されていることになる。
宮中の八咫の鏡も灰の形状になっているという。
本来の形状を今に伝えるものは平原の鏡だけなのかもしれない。

440日本@名無史さん2018/01/07(日) 11:09:29.48
伊都国は大阪湾一帯の芦原中津國の宮家。
天孫降臨は奴国から、博多湾一帯を割譲してもらい、伊都国を作る話。

441日本@名無史さん2018/01/07(日) 11:12:05.52
大阪湾と博多湾の勢力は親戚。

伊勢は、火神石神阿波が倒した芦原中津國の鎮魂の場所。

442日本@名無史さん2018/01/07(日) 11:12:47.36
伊勢湾は芦原中津國の神々の荒魂を祀る場所なのだ。

443日本@名無史さん2018/01/07(日) 11:21:39.06
剣は倭人の王イザナギ
玉は本来のスサノオ、ヤマタノオロチ(丹後半島、丹波から逃れてきた)
鏡は月読にしてサルタヒコ(島根の神庭から逃れてきた)

芦原中津國を作った神々。

444日本@名無史さん2018/01/07(日) 12:11:30.50
大阪湾も伊勢湾も、筑紫倭国の勢力が侵入しただけですよ。

445日本@名無史さん2018/01/07(日) 12:13:51.13
まあ、朝鮮半島まで鉄を摂りに
言ってたような連中が
阿波や三重に行けないはずはないからね。

446日本@名無史さん2018/01/09(火) 01:28:26.18
八葉は蓮華のことだから、八頭花崎八葉形とは八弁の蓮華形ってことだね
で、八葉には仏教的に極楽や仏のいる場所みたいな特別な意味もあると

そこで円外日天八座が、曼荼羅を意図した文であると理解できるわけだ

447日本@名無史さん2018/01/09(火) 08:33:40.35
>>446
つまり伊勢の鏡は仏教伝来後に再製作されたもの。
真作は平原遺跡の内行花文鏡。
内行花文鏡は漢代から王権の証だからね。

448日本@名無史さん2018/01/09(火) 09:03:29.32
根拠なし

449日本@名無史さん2018/01/09(火) 12:40:14.17
そもそも伊勢神宮に関する神話自体が奈良時代に作られたっぽいし、
伊勢神宮が天皇家と深い関係を持つようになったきっかけが壬申の乱とされている
とすれば必然的に伊勢の鏡は飛鳥時代末か奈良時代初頭のものってことだろ、
仏教伝来後だ。おかしくないな。

その原型が九州に実在したという与太話だけが根拠なし。

450日本@名無史さん2018/01/09(火) 12:44:21.02
何度か焼けているとのことだから、製作し直した可能性は十分にある。

451日本@名無史さん2018/01/09(火) 12:45:02.28
>>449
>その原型が九州に実在したという与太話だけが根拠なし。

実際に鏡が発掘されてしまったからね。

452日本@名無史さん2018/01/09(火) 14:12:37.76
別物です

453日本@名無史さん2018/01/09(火) 18:52:58.02
伊勢神宮の鏡の「樋代」(容器)は外径60センチ内径49センチ

『延喜式』の『伊勢大神宮式』でも、『皇太神宮儀式帳』でも、容器の内のりが一尺六寸三分(49センチ)

平原の鏡46.5センチ

ちょうどいい大きさの容器なのも偶然?という話
同じ可能性はもちろんあるでしょうね

454日本@名無史さん2018/01/09(火) 19:51:49.24
円外日天八座が無い
明らかに別物

455日本@名無史さん2018/01/09(火) 22:28:01.50
>>454
ということは、伊勢にあるのは贋作

456日本@名無史さん2018/01/30(火) 14:27:12.67
日本史より謎な金儲けできる方法とか
グーグルで検索⇒『羽山のサユレイザ』

2CES4

457日本@名無史さん2018/01/30(火) 23:07:46.00
邪馬台国

新着レスの表示
レスを投稿する