【初心者】スレッド立てる前に質問をPart37【歓迎】 [無断転載禁止]©2ch.net

1日本@名無史さん2017/03/22(水) 19:21:12.15
分からないことがあるときは、スレッドを立てて聞く前にこのスレで質問してください。
専門的な質問については、各分野の専門スレで聞くほうが、より詳しい説明を得られるかも知れません。
質問が続くようでしたら、「名前」欄に「最初の質問のレス番号数字」を入れることをお奨めします。
人名・用語について調べたいときは、ここで聞くよりも検索したほうが速くて確実かと思われます。

※まずは下記でチェックしてください。
日本史・世界史FAQ
http://www.geocities.jp/magurogyosenn2000/index.html

<お願い>
・既に専門スレがあったり、板違いの質問があったりする場合は、速やかに誘導してください。
・このスレでは過度な論争は自粛してください。

前スレ
日本史・スレッド立てる前に質問をPart36
http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/history/1431960606/

214日本@名無史さん2018/05/23(水) 16:28:31.26
>>199
>>>190氏の言によると「国が人事権を握っている」ことになるのかな
それに該当するのは時代とポストが意外と限定されると思う。

215日本@名無史さん2018/05/23(水) 16:55:51.67
>>212
大日本帝国憲法の何条から何条までが
文部省が勝手に書いたので陸軍も逓信省も
文部省以外の人間は責任も拘束もされない部分なの?

つうか憲法に拘束されるのはそれを作った文部省だけって
もう憲法じゃないじゃんw

216日本@名無史さん2018/05/23(水) 17:35:52.15
遅レスですが
>>186
なるほど。ありがとうございます。肝に銘じておこうかと思います。
いずれにせよ有意なデータではなさそうですね。

>>161
私が使っていた昭和末期の山川の教科書を見てみると
天平文化に「国家仏教の発展」という節がありました。
私も全く記憶になかったので驚きました。
本文には「仏教は国家の保護をうけていっそう発展した」とあるだけで
定義的な説明はなく不思議な感じはしますけどね。
一方186の検索で「鎮護国家仏教」は日蓮宗関係の一件のみ、論文検索ではゼロなので
やはりこの語はかなりマイナーと見てよさそうです。

217日本@名無史さん2018/05/23(水) 20:53:33.75
>>215 帝国憲法55および伊藤「憲法義解」
憲法義解には大臣は補筆であり君主の代理ではない、大臣は議会に責を問われず
ただ君主にのみ責をとわれる、議会は議院を通じて君主に奏上することができるので
間接的に責を問える、また大臣は専任職であり連帯して責任を問われないとはっきり
記述してある。

218日本@名無史さん2018/05/23(水) 20:56:08.97
なお「憲法に拘束されるのはそれを作った文部省」というのは
悪意をもった意味不明の文言の捏造なので
そのような恥知らずな弁論は控えるようにしなさい。
帝国憲法は太政官により作成され天皇の御名御璽により
発布されたことは万人の知る所であり文部省など関係ない。

219日本@名無史さん2018/05/23(水) 21:47:00.03
なお「憲法に拘束されるのはそれを作った天皇陛下」
家法である

220日本@名無史さん2018/05/23(水) 22:31:44.45
とりあえず阿呆がスレに常駐してることはわかったので
あとは適宜あぼんする

221日本@名無史さん2018/05/23(水) 22:32:50.68
>>216
国家が仏教の力を使って国を治めようとしたって内容は習ったけど、
「国家仏教」ならびにそれに類するような言葉は習わなかったですよね〜

222日本@名無史さん2018/05/23(水) 23:01:40.91
国家が仏教の力を使って国を治めようとしたって内容は習ったことがない。
国分寺・国分尼寺・東大寺を作っただけ。そんな穿った解釈も習わなかったよ

223日本@名無史さん2018/05/24(木) 02:12:44.41
とりあえず阿呆がスレに常駐してることはわかったので
あとは適宜あぼんする

224日本@名無史さん2018/05/24(木) 02:44:27.36
スレ潰したアホヘ
運営に通報したからな

225日本@名無史さん2018/05/24(木) 09:55:41.07

226日本@名無史さん2018/05/24(木) 13:29:56.04
一向宗って浄土真宗のみを指して言うのですか?
日蓮宗の方が過激で、日蓮原理主義的な
ものを
感じますが、日蓮宗は一向宗に含まれませんよね

227日本@名無史さん2018/05/24(木) 14:11:33.18
>>226
もともと中世には時宗や浄土宗の一派も一向宗を名乗ったものがあり
浄土真宗に限ったものではなかった
しかし江戸時代、江戸幕府が浄土真宗に対して
正式名称を一向宗に変えるように強要した

徳川家康は浄土宗だったが、三河一向一揆に苦しめられ浄土真宗を嫌っており
天下の徳川将軍家が菩提寺とする浄土宗と一字違いな上
こっちが真実の浄土宗みたいな宗名を浄土真宗が名乗るのを許さなかったとか

江戸幕府滅亡後、明治時代に正式名称を浄土真宗に戻している

228日本@名無史さん2018/05/24(木) 17:15:37.74
>>227
詳しい解説、ありがとうございます

229日本@名無史さん2018/05/24(木) 17:21:28.91
お聞きしたいんですが、歴史群像等の月刊誌(昔は季刊誌でしたが)のバックナンバーを揃えるという行為はコストパフォーマンス的にどうなんでしょうか?
揃えてる人は「本には載ってないことが雑誌に載ってることが多い」と言ってるんですが

230日本@名無史さん2018/05/24(木) 17:41:21.92
趣味のものにコストパフォーマンスを問われたら悪いに決まってるじゃない。

231日本@名無史さん2018/05/24(木) 21:56:05.60
>>222
マジで?
鎮護国家って用語も習わなかった?

232日本@名無史さん2018/05/24(木) 22:31:33.93
日本の学習指導要領に基づいた教育ではなかったのだろう

233日本@名無史さん2018/05/24(木) 22:41:48.14
教科書の記述削減のせいじゃね?

234日本@名無史さん2018/05/24(木) 23:56:36.28
>>231
聖武天皇がカルトにはまって散財し,荘園が生まれた
その後藤原氏の貴族が台頭って流れの話だから

235日本@名無史さん2018/05/25(金) 01:07:01.17
>>221
ですから
あなたが高校で日本史を履修しなかったか45歳以上か山川教科書を使わなかったかの
どれかに当てはまるならそういうことですね。

236日本@名無史さん2018/05/25(金) 11:18:18.65
90年代はあやしげな「歴史用語」が無批判で出回り始めた時代だからね。
史学は科学として完成されているようなものじゃなくて、ほとんど研究者個人の
おもいつきと嗜好で書かれたエッセイに近いものだよ。これ経済学や法学でも
そうなんだけどさ。

237日本@名無史さん2018/05/25(金) 11:19:52.07
鎮護国家という語と「国家仏教」という概念はまったく別のものと峻別すべきと
わたしは思いますよ。前者は陳述で後者はラベルです。

238日本@名無史さん2018/05/26(土) 00:10:30.78
以前、歴史博士が答えるスレで、鎌倉時代の執権よりも北条得宗(家)の方が
重要度は高いって話がありましたが、それは本当でしょうか?
義務教育たる中学の歴史でも執権は鎌倉時代の最重要レベルの用語として
出てきましたが、得宗(家)は出てきた記憶がありません
自分が得宗(家)を知ったのはもっと後になってからでした
歴代の有名な北条氏を検索しても、まず最初に第○代執権ということが紹介され、
その後で得宗(家)ってことが出てきます
それらを鑑みると、やはり重要度でも執権の方が上ではないかと思います
確かに得宗(家)の方が実権を握っていた面があるのかも知れませんが、
それは北条氏内部の家督争いやら勢力争いのことであって、
幕府の要職としての執権の方が広い目で見て重要度は高いという自分の考え方を
みなさんはどう思われますか?

239日本@名無史さん2018/05/26(土) 01:29:06.03
歴史学博士らがあらゆる質問に即答するスレ39
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/history/1496996278/94-225n

240日本@名無史さん2018/05/26(土) 10:32:13.56
得宗は幕府の役職じゃないからね、幕府の役職としては執権が最上位
ただ、執権を出す北条氏の内部序列が執権より上だ
特に鎌倉時代末ごろになると北条氏の家人である御内人がすごく多くなって、幕府より北条氏のほうが影響範囲が広いぐらいになってるだけに、どうしても執権より得宗の方が上にならざるを得ないのではないかと

241日本@名無史さん2018/05/26(土) 10:42:05.19
得宗=北条家の家長
誰を執権にするかなどの権限を持っていたのが
北条家の家長である得宗
勿論、実際に幕府で政治を行うのは執権だが
執権を挿げ替える権限が得宗にある

242日本@名無史さん2018/05/26(土) 11:08:12.36
御内人といって幕臣じゃない、北条氏家臣(幕府から見たら陪臣)が激増してて、北条氏以外の御家人の領地を合わせたより御内人の領地の方が多いぐらいになってったんじゃなかったか
御内人に対する命令権は幕府にはなくて得宗だけが持ってるんだから、執権への人事権がなくても幕府より得宗の方が軍事的にも経済的にも力が大きいぐらいだろう

243日本@名無史さん2018/05/26(土) 11:33:37.81
成り上がり者だった秀吉・家康には豊臣恩顧・徳川四天王といった忠臣(?)が集まったのに
信長には1人もいなかったのですか? 新興といっても守護代の分家で立場的に恵まれていたのに
変死とはいえ人望なさすぎではなかったですか??

244日本@名無史さん2018/05/26(土) 12:42:51.43
一族内部での主導権争いで旧臣の多くが一度は敵対してるからなあ
それに対する旧怨を信長自身が持ってる関係上、古くからの家臣が足りなくて信長の代で新規に召し抱えた新興家臣ばかりになるのはしかたない
その意味では家康や秀吉と大差ないほど家臣の層は薄かったんじゃないかな。
弟信行(信勝)との争いより以前からの家臣で信長晩年まで残ってるヤツなんていないじゃん

信行家臣から信長に鞍替えした柴田勝家とか、信長家臣から信行擁立に荷担した後で戻った林とか、その辺が最古参じゃないかな
守り役で切腹した平手の子供らはあんまり信長とうまくいってなかったようだし。

でも、清洲会議の頃の家臣らは、信長生前の体制を復旧しようという指向性をまだ残してたっぽいんだよ
その後の経緯で内部崩壊してしまっただけで。

245日本@名無史さん2018/05/26(土) 13:25:07.36
執権よりも得宗の方が強かったとしても、必ずしも得宗の方が重要とは言えないだろう
本当に得宗の方が重要であれば、中学の日本史でも出てくるだろうし、検索したらまず得宗の方が先に紹介され、
後で執権が出てくると思う

246日本@名無史さん2018/05/26(土) 13:29:47.18
そう思ってればいいじゃん

247日本@名無史さん2018/05/26(土) 14:30:52.46
>>243  
秀吉は成り上がりだが豊臣恩顧の加藤や福島は秀吉の親類だからなあ

家康は三傑の中では一番出自はマシ
5代前から城主やってて5代前から仕える譜代がいた
ただし家康の親父も祖父も自分の譜代家臣に20代で殺されている

248日本@名無史さん2018/05/26(土) 16:09:22.59
得宗 ←人事権
執権 ←権限あるポジション

こんなところですかね。「得宗」という語義じたいも論者によって
いろいろな解釈があって確定的じゃないんですよね確か。現代で
いうところの「宗家」「本家」とでも言う程度の語義で。

249日本@名無史さん2018/05/26(土) 16:36:04.22
>>245
中学の教科書では承久の乱の時の執権北条義時とか
執権北条泰時の御成敗式目ぐらいしか出てこないからだろ

鎌倉幕府滅亡時の幕府最高権力者が北条高時だった
(執権は北条守時だが先に戦死している
鎌倉幕府は執権北条守時の死ではなく
得宗北条高時の死によって終焉した)
ことは高校日本史からしか習わない

250日本@名無史さん2018/05/26(土) 17:44:20.87
なるほど、得宗という権力が確立される前の執権しか教科書に出ないから、得宗と執権の関係は出てきようがないわけか

251日本@名無史さん2018/05/26(土) 20:28:06.06
そもそも中学校の教科書はものすごく端折っています。
実像よりもわかりやすさ、説明の簡潔さが優先されます。
鵜呑みにしない方がよいと思います。

252日本@名無史さん2018/05/26(土) 20:33:33.35
鎌倉幕府の政治機構とか呼ばれる組織図だって、同時期に併存してたわけではない時代違いの組織を併置してるぐらいだしな、
実態から離れた説明が多発するのもしかたないとこではある

253日本@名無史さん2018/05/26(土) 22:05:06.19
>>244
池田恒興,前田利家,丹羽長秀は?

254日本@名無史さん2018/05/26(土) 22:14:15.97
>>249
その北条高時も検索してみれば、ウィキペディアでは「最後の得宗」というのが最初に紹介されるが、それ以外のコトバンクやニコニコ百科他などでは「第14代執権」というのが最初に紹介されている
北条時宗も同様であった

255日本@名無史さん2018/05/26(土) 23:05:51.33
日本史において、関東地域は結構時代が下るまでは朝廷から
「外界の地」「未開の地」のように思われていたと言います。
しかし、その割には日本において格式が高い三大神宮のうち、
トップである伊勢神宮に次ぐ香取神宮と鹿島神宮のふたつが
千葉と茨木に創建されたのが腑に落ちません
また、東京の浅草寺も仏教寺院として日本有数の古さだと
されています
なぜ「外界の地」「未開の地」のような場所にそんな格式高い
神宮や創建されたり、有数の古さ(歴史)をもつ寺院が建てられ
たのでしょうか?

256日本@名無史さん2018/05/26(土) 23:12:08.38
浅草寺が古いってのは自称で、考古学的に確認できているのは中世から

257日本@名無史さん2018/05/26(土) 23:25:52.94
>>255
>香取神宮と鹿島神宮のふたつが
香取神宮の経津主神と鹿島神宮の建御雷神は、ともに国譲りの際に活躍した軍神なので
坂東のまつろわぬ民に睨みを利かせるためと考えられる。

258日本@名無史さん2018/05/26(土) 23:31:38.57
関東はいくつも親王任国もあるしね

259日本@名無史さん2018/05/27(日) 00:27:34.47
>>254
白河、後白河、後鳥羽あたりも「天皇」で紹介されるでしょう

260日本@名無史さん2018/05/27(日) 00:32:33.19
古墳でいえば埼玉は畿内に比肩するほど多くみられるから千葉・茨城・埼玉に
古くから文明圏があったのは明らかだとは思う。ただ文字に残されていないから
化外あつかいされるのだろう。

261日本@名無史さん2018/05/27(日) 01:36:18.68
古墳時代から奈良時代ぐらいの期間は、関東や東北が化外の地、異民族であることを装う、偽装する必要性が朝廷側にあったので、
本当に化外だったかどうかは不明瞭なんだよね

九州の南半分も奈良時代頃までは同様に化外として扱われてなかったかな


で、それ以後の関東は、過去の経緯で化外扱いが援用されてただけの可能性も。
ただ、武士が実力行使で支配してる暴力的な土地という扱いが平安時代頃にはあった気はする

262日本@名無史さん2018/05/27(日) 02:12:29.05
日本書紀によれば景行天皇の時に東国を視察した武内宿禰が「蝦夷の土地東に日高見国あり。
蝦夷の土地だから撃ちて取るべし」と献策したので日本武尊に平定させたとある。
常陸国風土記によれば日高見国は常陸に有った。関東が平定された後は日高見国は東北へ移り、
北上川の語源となったという。

>>261
>本当に化外だったかどうかは不明瞭なんだよね
化外は王化の外、つまり王に従わない者だから独自の文明があっても化外は化外だよ。

263日本@名無史さん2018/05/27(日) 17:55:29.84
>>254
大坂の役の時の徳川方総大将は徳川家康だったが
家康はこのとき将軍ではなく役職なし
それなのに諸大名は皆家康の指示に従った
あえていうなら正式な役職ではない大御所
そういうことだよ
家康も江戸幕府初代将軍として紹介されるが
実際には2年しか将軍になった時期はなく
それ以外の時期は将軍でもないのに
徳川家の最高意思決定を行っている

264日本@名無史さん2018/05/27(日) 21:11:41.96
>>263
大御所時代と将軍在職時とどちらの方が力があったのか知らないけれど、
重要なのは大御所として権勢をふるったことよりも、足利以来の征夷大将軍に
任じられて江戸に幕府をひらいた初代将軍ってことだろうよ
家康は死後に東照大権現という神号まで与えられているけど、
東照大権現よりも江戸幕府初代将軍の方が重要だろう

足利義満も晩年太政大臣にまでなっているけれど、より重要なのは
室町幕府第三代将軍であることだと思う

新着レスの表示
レスを投稿する