明治維新とかいう軍事クーデター

1日本@名無史さん2018/01/20(土) 22:49:52.87
語らおう

10日本@名無史さん2018/01/23(火) 22:17:21.60
軍事力が正義を決める物言う時代なんだからしょうがないな
世界的な流れに過ぎない

11日本@名無史さん2018/01/23(火) 22:56:37.49
日本史に残る出来事だわな
1つの時代の区切りだし

12日本@名無史さん2018/01/27(土) 23:19:22.62
そう、どんな手を使ってでも、いかなる謀略を使ってでも、
日本を西欧列強の浸食から守るために徳川幕府を倒し、新政権を樹立しなければならなかった。

その意思を貫いた西郷や大久保に凄みを感じるし、明治を見ることのなかった坂本や武市、高杉らの物語を思うと、
涙を禁じ得ないよな。

13日本@名無史さん2018/01/28(日) 14:15:09.23
>>12
問題なのは、のこのこと朝鮮や中国に出かけて行って、朝鮮や中国のためにロシアと戦う
必要があったかということ。
朝鮮や中国にロシアと戦わせてそれでもロシアが日本に攻めてくればその時に
初めて戦争をすればよかった。

14日本@名無史さん2018/01/28(日) 18:02:33.50
>>1
軍事クーデターと言うよりも、革命だろう?
それもロシア革命やフランス革命に匹敵するくらいの。

15日本@名無史さん2018/01/28(日) 18:08:44.18
明治維新が革命か否かは戦前から議論されている
明治維新で専制国家が生まれたとする講座派vs
明治維新をブルジョア革命とみなす労農派の日本資本主義論争を参照

16日本@名無史さん2018/01/28(日) 21:00:45.28
日本史MVPは高杉晋作やろ。
高杉が起たなければ長州滅び、長州滅べば薩摩が滅び、徳川政権が生き残れば日本は欧米列強の植民地に…

17日本@名無史さん2018/01/29(月) 06:15:33.60
軍国主義に成り果てた

18日本@名無史さん2018/01/30(火) 13:41:34.03
日本史より謎な金儲けできる方法とか
グーグルで検索⇒『羽山のサユレイザ』

6QMWA

19日本@名無史さん2018/02/19(月) 05:53:58.64
天皇家の扱いは京都人が上手くあしらっていたんだが、
地方士族の夢想に元づいた国家理念では、無条件降伏まで戦争を続けることになる。

20日本@名無史さん2018/02/20(火) 19:00:13.83
単純に、第二次長州征伐の結果だと思う
ふつうに、幕府が長州藩に戦争で負けたから、負けた側が滅んだ

21日本@名無史さん2018/02/20(火) 19:17:11.71
日本の歴史の中でもひとつの大きな節目だな
軍事国家に変貌した

22日本@名無史さん2018/02/21(水) 00:26:25.39
>>16
確かに高杉が巧山寺挙兵により長州を倒幕へ導かなければ、長州も幕府に恭順だった

23日本@名無史さん2018/02/21(水) 05:33:23.73
外国にケツ叩かれたのかな

24日本@名無史さん2018/03/07(水) 19:11:37.15
明治政府を作ったのは、薩長土肥といわれるが、その藩主レベルで倒幕しようとするものいなかった
もし西郷が江戸のテロ行為によって幕府を挑発しなかったら、新政府には、徳川慶喜がいただろう
そして、薩摩藩も一枚岩じゃなかったみたいだから、西郷もその身は危なかったという。

25日本@名無史さん2018/03/07(水) 19:47:36.34
>>24
イギリスが裏で糸を引いてたんやろ?

26日本@名無史さん2018/03/07(水) 19:59:51.83
薩摩藩の藩主の父である島津久光は、後に明治維新のことをヒトに聞かれて、「西郷と
大久保にだまされた」と言ったいわれている
最高権力者であった彼にさえ、自分の考えとは違った世の中になったということだ

27日本@名無史さん2018/03/07(水) 20:03:46.47
>>26
フリーメイソンが裏で糸を引いてたんやろ?

28日本@名無史さん2018/03/07(水) 20:09:56.06
元々武家が政治を行う軍事国家やで

29日本@名無史さん2018/03/07(水) 21:55:42.17
>>26
1853年のペリー来航の頃の日本人が、
1889年(明治20年)の日本を想像なんて出来ないだろうな。

30日本@名無史さん2018/03/08(木) 12:20:46.70

31日本@名無史さん2018/03/08(木) 14:10:19.70
御一新とはご破算
どこの藩も借金で首が回らなかったんだよ
ドサクサに紛れて政治体制も変わっただけ

32日本@名無史さん2018/03/08(木) 23:19:08.34
薩長土肥の侍たちにとっては裏切られた革命
その証拠に反乱が薩長肥で起きた
萩の乱
佐賀の乱
西南戦争
奇兵隊は、維新後解散させられて、使い捨てにされたという話
待遇の悪さに怒りを爆発させたという
余談だが、高杉晋作はいまでこそ長州の英雄だが、当時は、士族たちに恨みを買ったという
親戚筋は、良家の縁談を断られたというエピソードがある

33日本@名無史さん2018/03/09(金) 06:47:01.95
明治元年以降はほんの一握り以外の大多数の国民が訳もわからず成り行きを見守るしかなかったんやろな

34日本@名無史さん2018/03/09(金) 07:24:19.40
>>33
そりゃ天下人が足利だろうが織田だろうが豊臣だろうが徳川だろうが、
民衆は真剣に気にせんだろ

民衆が日本国への政治参加意識を持ち始めるのは自由民権から大正デモクラシーのあたり
いわゆる国民国家の成立に関係する

35日本@名無史さん2018/03/18(日) 14:55:58.28
長州も薩摩も日本の中ではかなり異質な地域だな
自民党内の清和政策研究会みたいな

36日本@名無史さん2018/03/19(月) 10:15:37.91
維新は2段ロケットみたいなもんだよ

1段目は薩長土肥の雄藩連合による軍事クーデター → 新政府樹立、大名排除

2段目は情弱士族の排除 → 明治6年の政変〜西南戦争

37日本@名無史さん2018/03/24(土) 00:46:25.26
   .//(((  ))))ノ ヽ
   | ./ ̄ヽノ ̄ ̄\ |
   | |  _) _  | .|
   V/ ノ二   二ヽ V/
   (リ=[ -・-八-・- ]=リ)
    |    ̄/    ̄   |
    |   (__)   |
    | ヽ ノ  |  ヽ / | ごにょ
    ヽ__   〜   __ノ  ごにょ・・・
    / ヽ___ノ  ̄\
    |   VLΛ/_   |
    | |  V |/    | .|

    松井一郎 容疑者

38日本@名無史さん2018/03/24(土) 11:16:20.07
大村益次郎は多彩な才能の持主だった。
幕末期には長州征伐、戊辰戦争での長州軍、官軍の軍事指導者。
明治維新(1868)後は近代日本最初の兵部大輔(陸海軍大臣)として藩兵解散、徴兵制実施、
鎮台・鎮守府の設置などの近代兵制を創設。
明治2年(1869)、暗殺。
その間、東京招魂社(現・靖国神社)の設立に尽力、数学書・兵学書の執筆、近代日本最初
の行進曲「宮さん宮さん(トコトンヤレ節)」の作曲までやっている。
・大村益次郎・作曲、品川弥二郎・作詞「宮さん宮さん」
https://www.youtube.com/watch?v=DVc-UNU48g0

因みに、アメリカ合衆国では同時期の南北戦争[American Civil War](1861〜1865)時に、同
じく小太鼓連打の行進曲 “When Johnny comes marching home”(ジョニーが凱旋するとき)
が北軍によって作られ、今でも合衆国の代表的な行進曲になっている。
・“When Johnny comes marching home−American Civil War Song−”
https://www.youtube.com/watch?v=d9uarq2_hQ8

39日本@名無史さん2018/04/07(土) 21:34:12.13
明治維新の原動力になったのは、黒船が来て、外国と貿易にしてから
生活苦に陥った下級武士
なんでも物価が3倍になったという
原因は金と銀の交換ルートが、日本と海外では異なったため
倒幕になったのは、
幕府と通商条約を締結させたアメリカ人の外交官ハリスのせいとも言える

40日本@名無史さん2018/04/21(土) 23:58:40.08
民主主義なんてほとんど誰も考えていなかったんだろうな
薩長肥とかの武士達はボーナスステージと思っていたら全く違ってあちこちで乱が起こった

41日本@名無史さん2018/04/27(金) 02:13:20.29
イギリスとフランスの代理戦争だよ。
幕府でもフランスの指導のもとで近代化は可能だったろう。
明治維新以降、この国は長州が好き勝手をやる腐った国になった。

42日本@名無史さん2018/04/27(金) 03:04:01.85
>>32
熊本神風連の乱
秋月の乱
もありました

熊本神風の乱では旧熊本士族たちが甲冑で武装して熊本鎮台を襲撃
熊本の連隊長は斬殺されました
秋月の乱は旧福岡県士族たちの武装蜂起

43日本@名無史さん2018/04/27(金) 06:01:55.55
300年続いた平和も開国早々に世界中にケンカ売ってましたね

44日本@名無史さん2018/04/27(金) 07:42:53.09
西南戦争が鎮圧された後、内務卿大久保は馬車で出勤途中、紀尾井坂で暗殺される
実行犯は石川県士族と島根県士族たち

西南戦争後、論考の処遇に不満を募らせた近衛師団兵営で下士官・兵のグループが武装蜂起
皇居竹橋事件

45日本@名無史さん2018/04/27(金) 08:56:09.98
>>41
>イギリスとフランスの代理戦争だよ。

君が日本人なら、あまり恥ずかしいことを書くなよ!
当時の人口約3千万人の独立国が、10隻足らずの軍艦、商船ではるばる極東までやって来た
イギリス、フランスの商人、士官たちに操られていたと言うのか?
日本人を侮辱するにも程があるぞ。
日本人は昔から海外の先進国から良いものを選別して取り入れ、消化して自分のものにして
きた。>>38の大村益次郎は初代の兵部大輔として日本軍を創るとき、陸軍はフランスに倣い、
海軍はイギリスに倣っている。

もし君が某国の工作員で、日本人に自虐意識を植え付け、力を弱めようとしているのなら、話は別だ。
君は立派に任務を果たしているよ。

46日本@名無史さん2018/04/27(金) 12:45:38.28
伊達政宗はスペインと組んで日本制覇しようとしてたよな
成功したら面白かったのに

47日本@名無史さん2018/04/29(日) 09:31:57.82
【高天原はエルサレム!?】 アウシュビッツ −ユダヤ人→  <イスラエル>  ←天皇家− フクシマ
http://rosie.5ch.net/test/read.cgi/liveplus/1524960113/l50

48日本@名無史さん2018/04/29(日) 23:26:01.54
糞漏らしが棚ぼたとペテンで作った政権なんて有り難がる必要ないだろ
武力で負ける征夷大将軍などいらぬ
開国することが偉いのなら貿易の旨みを独占しないで全大名に交易を認めりゃいい

49日本@名無史さん2018/04/29(日) 23:38:03.29
一方薩摩は密貿易という御法度で莫大な富を蓄えた

50日本@名無史さん2018/04/30(月) 17:53:35.06
驚愕の事実拡散

創価の魔(仏罰、現証、非科学的な原始的発想)の正体は、米国が仕掛けてるAI

パトカーの付きまとい、咳払い、くしゃみ、芝刈機、ドアバン、ヘリの飛行音、子供の奇声、ドアバンも全て、米国が仕掛けてるAIが、人を操ってやってる。救急車のノイズキャンペーンに至っては、サイレンで嫌がらせにする為だけに、重篤な病人を作り出す冷徹さ

集スト(ギャングストーカー、ガスライティング、コインテルプロ、自殺強要ストーキング)以外にも、痛み、かゆみ、湿疹かぶれ、臭い、自殺、殺人、事故、火災、台風、地震等、この世の災い全て、クソダニ米国の腐れAIが、波動(周波数)を悪用して作り出したもの

真実は下に

http://bbs1.aimix-z.com/mtpt.cgi?room=pr02&mode=view&no=46

https://shinkamigo.wordpress.com

51日本@名無史さん2018/04/30(月) 17:53:59.51
驚愕の事実拡散

創価の魔(仏罰、現証、非科学的な原始的発想)の正体は、米国が仕掛けてるAI

パトカーの付きまとい、咳払い、くしゃみ、芝刈機、ドアバン、ヘリの飛行音、子供の奇声、ドアバンも全て、米国が仕掛けてるAIが、人を操ってやってる。救急車のノイズキャンペーンに至っては、サイレンで嫌がらせにする為だけに、重篤な病人を作り出す冷徹さ

集スト(ギャングストーカー、ガスライティング、コインテルプロ、自殺強要ストーキング)以外にも、痛み、かゆみ、湿疹かぶれ、臭い、自殺、殺人、事故、火災、台風、地震等、この世の災い全て、クソダニ米国の腐れAIが、波動(周波数)を悪用して作り出したもの

真実は下に

http://bbs1.aimix-z.com/mtpt.cgi?room=pr02&mode=view&no=46

https://shinkamigo.wordpress.com

52日本@名無史さん2018/05/02(水) 17:32:35.98
>>1
維新は軍事クーデターではなく、戦争で生まれたんだぜ。言葉の使い方おかしいよ。
「軍事力を背景にしたクーデター」と「戦争」では規模や意味合いが違う。
原田伊織などの低能が「クーデター」というコトバを使いたがってる事に影響され杉

53日本@名無史さん2018/05/02(水) 18:38:02.67
>>3
>300年続いた平和な江戸時代

江戸時代の末期には武士以外の町人(職人、商人)、農民たちは慢性的な栄養不足のため骨格
が最も貧弱になっていたが、明治維新後に急速に回復したという歴史的事実を、江戸・東京の墓
に埋葬された遺体を系統的調べた研究者が発表していた。文献は今、手許に見当たらないが、
探し出して後ほど提示するつもりだ。
 徳川幕藩体制が250年の間に煮詰まって、末期症状が出ていた訳で、明治維新はどうしても
必要だったと思われる。
 薩長を中心とする新政府は賢く、理性的に振舞って、中世的な封建体制を打破して、近代的な
国民国家の樹立に成功した。日本全体が国民国家としてまとまるためには天皇を国家の中心に
据える必要があった。
 ちょうど、西洋でドイツの鉄血宰相ビスマルクがカイザーを中心とした国民国家を樹立したのと
同じだ。

54日本@名無史さん2018/05/02(水) 22:38:48.99
以来、長州ばかりが大きな顔をして国政を私物化して今に至る。

55日本@名無史さん2018/05/03(木) 10:34:04.46
53
たとえば天明期なら元祖バブル仕掛人な田沼の人為的ミスでもあるが、美味い米作れって号令かけたら寒い夏で大凶作
東北は収穫8割減でも九州は2割減位か
それと幕末前から温暖化に向かったことも幸いした

あと確か年貢米は飢饉でも江戸と東海道の宿場町に統制価格で供給されていた筈
首府と陸の大動脈で暴動起こされたら収拾がつかなくなるしな
まあ藩別で年代別の骨格データがあれば、身分差よりも地域差がデカいと思うよ

56日本@名無史さん2018/05/05(土) 21:37:34.16
>300年続いた平和な江戸時代
なお、蝦夷地で起きたアイヌの武装蜂起やロシアとの領土紛争はカウントされない模様

57日本@名無史さん2018/05/05(土) 23:03:13.08
なたあ

58日本@名無史さん2018/05/06(日) 05:00:14.24
木戸孝允「肥前人と云、器械と云、陣制と云、尽相整居、殊に当候頻に進軍、兵士も一層之気力相振ひ、至て評判宜敷」

『無慮雑集』(文久二年)魚尽し之時評
肥後(熊本) 鰐の子 成人の後恐るべし
鍋島(佐賀) 鰐 呑もする、はねもする、恐るべき勢ひあり
紀州(和歌山) ゴマメ 魚の数のみ、取に足らず
芸州(広島) はりのむきみ 魚の数にはいらぬ

吉田松陰…安芸国内の「風教の退廃」憐れむべし。広島の街は子供の物売りと乞食で溢れている。
吉田松陰「殊に中国(山陽、山陰)最も柔弱と称す」

       ミ ⌒ 彡
       (∩Д∩)     シクシク
       (     )
        し⌒ J

59日本@名無史さん2018/05/25(金) 00:51:01.85
慶応2年2月に伊藤博文と木戸孝允は薩摩の親方様の屋敷に行ってるよ(^o^)
俺は個人で調べたからね(´▽`)ノ

60日本@名無史さん2018/05/25(金) 14:58:44.19
>>39
武士はしばらく秩禄あったのでまだ良い
幕末の開国によりもたらされた輸入綿糸の影響で全国の木綿農家は一気に露頭に迷った
蝦夷やハワイへ移住し厳しい開拓生活を選んだ人も少なくない

新着レスの表示
レスを投稿する