★★ 邪馬台国は【葛城】である【5】 ★★

1日本@名無史さん2018/04/19(木) 13:05:56.87
邪馬台国は葛城である。
葛城に住んでいたヒミコが判明したからである。

10代崇神天皇がいつごろの人物なのか。

これで邪馬台国論争は終了する。
崇神陵=行燈山古墳=布留1式=4世紀初頭から前半。
2015年久住編年でもこれが最有力。

そして卑弥呼擁立の時代=庄内0式(2世紀末)まで文化断絶がない。
という事は崇神から卑弥呼の時代までを普通に遡れるのだ。
にもかかわらず古代史家、考古学者の誰一人としてヒミコを探そうとしない。
ヒミコは記紀に登場しないという固定観念があるからであろう。

わしは探した。 ほらヒミコもトヨもいた。

I崇神(310年頃 318年没)
H開化
     G孝元
          F孝霊   
トヨ津        E孝安 D孝昭
トヨ津   (250年頃)C懿徳 
ヒメ踏鞴        B安寧
ヒメ踏鞴        A綏靖
ヒメ踏鞴 (200年頃) @神武 

神武から6代孝安まで宮は葛城である。
また神武から孝安まで不自然な事に正后はいても「妃」がいない。
彼らは複数の妃を持つ大王ではなかったからである。

つまり魏志に書かれた女王国とは神武〜孝安時代の事であり、 それは葛城王朝であった。
※考古学的根拠「国宝」中平銘鉄刀・和邇氏の系図は>>2

258日本@名無史さん2018/06/24(日) 11:21:17.18
>>255
天皇陛下即位式である大嘗祭に、麁服を調進する大役を太古から担う御衣御殿人(みぞみあらかんど)の家柄である三木家は、
木屋平村の三木山山頂に居を構える。
貢(みつぎ)、あるいは三ッ木とも呼ばれる地名は、深く調進に関わる為でもあろう。 南北朝時代にあっては、山岳武士の頭目として南朝に関わった。
さて、この三木山こそは、太古の高天原であると同時に、天皇家の故郷でもある。このお山から御霊を大嘗宮へ運ぶ為には何か媒体が必要である。
つまり、依り代に付いて初めて示現されるのが神霊であるなら、「麻」こそ媒体であると云える。
古来より伊勢神宮の神札は神宮大麻と呼ばれ、御師が領布した御祓大麻を指すからだ。
後世、大麻(おおぬさ)は紙に変わってしまい、現代人は麻の持つ意味を忘れようとしている。   @阿波

259日本@名無史さん2018/06/24(日) 11:41:43.92
大麻の効能は猜疑心を緩め争いを疎ましくさせる。
大乱を鎮めるのには最適なのである。
しかし、副作用は怠惰な心に直結しやすく、古代からまさに取り扱いに注意した物と思われる。

しかし、@阿波氏の言うように古人たちにとって麻は身近で重宝していたのは事実、縄文土器の縄目、焼く前についたと言う底の布目は麻を撚り合わせた縄、麻を紡いだ布なのだから。(縄、布ともに麻製品が出土している)

260日本@名無史さん2018/06/24(日) 11:56:23.94
更に、土器を野焼きする際には干した麻から燻される煙が縄文人(あくまで便宜上)の情緒を安定させ一万年も争いの無い暮らしを実現させたのであろう。
その効能と副作用は古人たちにとって諸刃の剣であったと思われる。

261日本@名無史さん2018/06/24(日) 18:28:39.19
>>247


で、殷の難民が渡来定着して水稲をもたらした事を証明する証拠遺跡と、
その生活痕たる三足や耳の付いた中国系生活土器と土壁の中国系住居と
石刃の中国系耕作用農具と中粒種のイネと龍信仰と亀卜は?


で、殷の難民が渡来定着して水稲をもたらしたとウソブいている
サギサギ考古学者の氏名と所属団体は?



早く言えよサギジジイ!

262日本@名無史さん2018/06/24(日) 18:37:46.35
>>247


で、ニギハヤヒが秦からの渡来人である事を証明する証拠遺跡と、
その生活痕たる三足や耳の付いた中国系生活土器と瓦屋根に土壁の中国系住居と
石刃の中国系耕作用農具と中粒種のイネと漢服と木沓と漢字の金石文と龍信仰と
亀卜と日常食の蒸し餃子とワンタンは?


で、ニギハヤヒが秦からの渡来人だとウソブいているサギサギ考古学者の
氏名と所属団体は?



早く言えよサギジジイ!

263日本@名無史さん2018/06/25(月) 03:37:46.80
>>257
>だからさ、あなたの言うヒメや鴨王は、筑紫からの開拓者の末裔に過ぎないと言うこと。


何の根拠もない。
失せろ。

264日本@名無史さん2018/06/25(月) 20:39:06.59
>>259
>大麻の効能は猜疑心を緩め争いを疎ましくさせる。
>大乱を鎮めるのには最適なのである。

麻が古来より神草とよばれて重宝されたのは確かだが、
乾燥させて吸ってたなんて話はないだろ。
麻酔いは知られていたようだが。
だいたい日本の麻は乾燥大麻としては成分が薄いと聞いた。

265日本@名無史さん2018/06/25(月) 21:10:14.15
>>264
成分が薄いから大量に焚いたんだよ

キャンプファイヤーみたいにな

それで集団でトランス状態に入った

周りでは太鼓を叩き出す奴がいたりして

原始的な「お祭り」だわな

266日本@名無史さん2018/06/25(月) 22:06:41.22
まあ、縄文土器を野焼きする前に麻布を敷いた上でかなり陰干しをしたらしいが、それはヒビがいかない様にする為。
ひと月以上の陰干し→炉の干し草の火から離したところから時間をかけて徐々に火元へ近づけて焼く→そしていよいよ、、、。
土器が埋もれるほどの干し草に火をつけて焼く。

その大量の干し草のなかに麻が混じっていてもおかしくないわな。
また、相当な時間をそこで過ごしていたのは明らかである。
むしろ、その副作用の方に苦慮したのかも知れん。
忌部氏など古代豪族が管理?する麻の効能、副作用を知らなかった訳は無いと思うが。

爆発する芸術とまで言われる火焔土器などは大麻をキメていたからこそのサイケデリックなフォルムような気がするが。

267日本@名無史さん2018/06/25(月) 22:10:14.19
むしろ。成分は薄くて良かった筈。

268日本@名無史さん2018/06/27(水) 06:53:30.91
崇神を4世紀初頭から前半の人物と仮定してみたら、
魏志倭人伝のトヨが崇神の数十年前にいるはずですから、
いわゆる「欠史8代」の時代の最高位の女性にトヨがいるかどうか探せばいいだけです。

トヨ津媛という女性がおります。しかも
金関 恕さんや和田萃さんの指摘していた中平銘鉄刀の和邇氏の祖・孝昭天皇の母に当たりますから、
トヨとはまずこの人で間違いないであろうと断言できる訳です。

そしてヒミコがその少し前のヒメ(踏鞴五十鈴)媛であれば、その100年前の倭国王帥升がスサノオであり、
記紀編纂の際に始祖王の土下座という屈辱的史実を書けなかったという理由が判明しますし、
なぜ神武東征紀で猛々しい男王国を強調してるのかも、実際には女王国であったことをごまかすためだと分かります。

学者さんたちは神話の人物が実在したなどとは言いにくいのでしょうが、
ハインリヒ・シュリーマンがギリシャ神話の世界を掘り出して見せたことを思い出していただきたい。
考古学の原点が神話の発掘であったわけです。

だからニギハヤヒも実在、纏向遺跡は彼以降の物部の遺跡だとすれば、
瀬戸内勢力を引き連れて来たニギハヤヒと、
寺沢さんの言う「筑備讃播」が合うし、
ニギハヤヒの子・ウマシマジが、物部神社社伝で東海、北陸を征してる記述と、
纏向遺跡の搬入土器の6割が東海、北陸である事が一致するわけです。

なにより纏向に宮を構えた崇神の母が物部であるわけですし、
ホケノ山古墳の横穴式石室の時期がツバイチを支配してた物部守屋の時代である事とも一致します。

269日本@名無史さん2018/06/27(水) 07:40:44.39
>>268
>いわゆる「欠史8代」の時代の最高位の女性にトヨがいるかどうか探せばいいだけです。

違う地域の歴史だから、探しても無駄

270日本@名無史さん2018/06/27(水) 07:43:26.71
>>268
>トヨとはまずこの人で間違いないであろうと断言できる訳です。

トヨとは、」「豊玉比賣命」
・二つの豊玉比賣神社(上)
http://goutara.blogspot.jp/2015/02/blog-post.html?m=1

・二つの豊玉比賣神社(中)
http://goutara.blogspot.jp/2015/02/blog-post_2.html?m=1

・二つの豊玉比賣神社(下)
http://goutara.blogspot.jp/2015/02/blog-post_7.html?m=1


だからニギハヤヒも実在、纏向遺跡は彼以降の物部の遺跡だとすれば、

ニギハヤヒも物部もどの道、忌部の一員。



>ニギハヤヒの子・ウマシマジが、物部神社社伝で東海、北陸を征してる記述と、
纏向遺跡の搬入土器の6割が東海、北陸である事が一致するわけです。

忌部一族による東海、北陸の拓殖譚ですね。


>ホケノ山古墳の横穴式石室の時期がツバイチを支配してた物部守屋の時代である事とも一致します。

もちろん、ホケノ山古墳も忌部一族の豪族墓ですね。  @阿波

271日本@名無史さん2018/06/27(水) 07:52:38.96
>>269
>違う地域の歴史だから、探しても無駄


同じ青銅器王国の範囲だよ。
http://web.joumon.jp.net/blog/wp-content/uploads/img2011/青銅器の分布%EF%BC%88紀元後二世紀%EF%BC%89.jpg

北部九州は防人さんの土地。
こんな所に王様はいない。

BC3世紀ころに出雲の銅鐸が畿内から中部に広がる。
出雲の王権も畿内に移動してたのであろう。
この大きな国の主は大国主。
その王権の場所は高天原(御所市高天)のある葛城だ。

272日本@名無史さん2018/06/27(水) 07:54:50.44
魏志倭人伝は九州の話ばかり。
鏡は出てきても銅鐸の話など出ない。
畿内は邪馬台国に関係ない。

273日本@名無史さん2018/06/27(水) 07:59:58.39
>>271
BC3世紀ころに出雲の銅鐸が畿内から中部に広がる。

いや実際は、倭国(阿波)の銅鐸が出雲や畿内、中部に広がった。

>この大きな国の主は大国主。

その、【大国主神を祀る、全国唯一の式内社「八鉾神社」】 推して知るべし。  @阿波

274日本@名無史さん2018/06/27(水) 08:05:31.47
>>272
新興宗教にハマってる人と同じ。
少しも論理的な話ができてない。

もともとこの邪馬台国論争とは何であろうか。

「古代天皇が中国に朝貢した歴史などあってはならない(本居宣長)」

私は新井白石をはじめこれら江戸時代の国学者たちによって九州説なる
ものが意図的に創作されたと思っている。
彼らはそもそも邪馬台国が九州にあったとは思っていない、
ただ国学者としてのプライドで大和朝廷および古代天皇の朝貢を認めた
くなかったのだ。
彼らが九州説を創作、そして支持者が増え、論争してくれてるうちは古代
天皇の朝貢という辛く重い荷物を着地させずに済む。
その着地しない状況を永遠に創ろうとしたのだ。
つまり九州説とは世論誘導のための虚構である。

275日本@名無史さん2018/06/27(水) 08:24:44.07
>>272
>鏡は出てきても銅鐸の話など出ない。
>畿内は邪馬台国に関係ない。

では鬼道とは何か?

中国人が中国発祥の鏡祭祀を鬼道とは言わないであろう。

卑弥呼の時代の2世紀末、鏡以外の祭器とは銅鐸しかないではないか。

276日本@名無史さん2018/06/27(水) 08:48:12.78
1世紀から2世紀初頭にかけては、北部九州、瀬戸内海、畿内、北陸の交流は活発であった。それは当時の畿内の集落跡からの出土物からも裏付けられる。

同時期に栄えた伊勢遺跡。中国の建築様式やレンガ、出雲や北陸の建築様式の建物など各地の特徴を持った建物跡が出土している。
おそらく30もの首長たちが集い、祭祀を行い政治が行われていたと推測できる。
面白いことに伊勢遺跡の全盛期に同時代の墓が周辺に認められないんだよね。政治の中枢であるが墓がない、国会のような年に1回首長たちが集う祭祀の場であった可能性がある。
神無月に出雲に神々が集う言い伝えがあるが、伊勢遺跡の伝承だった可能性もある。立地的に畿内、北陸、伊勢尾張からアクセスしやすい場所だからね。

当時の倭国の仕組みが窺い知れるんじゃないかな。
男王を抱き、その元で首長達が集い祭祀を行い、政治を行う。

問題は男王が何処にいたかだな
淡路島の鉄器を利用しやすい、本州沿岸部の高台が怪しいが

277日本@名無史さん2018/06/27(水) 08:49:41.49
杵築大社の天井図。八雲が一つ欠け七つしかないだろ。
あれは、紀元前後出雲地方の内乱の結果、神庭にいた渡来人系の出雲の王族が追放されたから。

出雲地方で元々信仰されていたのは、姫神の幸神、東から来て文物をもたらしたクナトの神。そしてその子のサルタヒコ。
サルタヒコ一族は、オオナムチに破れるんだな。
そして、畿内など各地に逃げ延びる。

加茂岩倉遺跡との同笵銅鐸が各地で出ている。

278日本@名無史さん2018/06/27(水) 08:51:02.34
その時代の男王は出雲の大国主だろ。
伊勢遺跡は地方議会みたいなもの。
中央政府は出雲。

279日本@名無史さん2018/06/27(水) 08:51:26.23
同じ紀元前後の時代。
渡来人系の丹後半島の王族ヤマタノオロチ族。
丹後半島に侵攻したカグツチ(ホアカリ系、記紀でいうスサノオ)に王が殺されて、一族が畿内に逃げ延びる。

その後一部伊吹山辺りに移った可能性がある。
伊吹山、ヤマタノオロチの神霊が住むと言われているな。

ヤマタノオロチ族と風宮の神との関係が気になるな。

級長津彦命
級長戸辺命
しなは息が長いという意味。
息が長い、吹子、鉄と関係あるかもしれない。

丹後半島に遅れて、畿内淡路島や池上曽根、彦根で鉄工房が始まるからな。

伊吹山、和歌では一途な想いの代名詞。

畿内に逃げ延びたヤマタノオロチ族は、助けてくれた大阪湾の渡来人に恩義を感じていたのかもな。

伊吹山の神は、大和朝廷と最後の最後まで戦い抜いている。

280日本@名無史さん2018/06/27(水) 08:54:01.18
>>271


で、殷の難民が渡来定着して水稲をもたらした事を証明する証拠遺跡と、
その生活痕たる三足や耳の付いた中国系生活土器と土壁の中国系住居と
石刃の中国系耕作用農具と中粒種のイネと龍信仰と亀卜は?


で、殷の難民が渡来定着して水稲をもたらしたとウソブいている
サギサギ考古学者の氏名と所属団体は?



さっさと言えよバカジジイ!

281日本@名無史さん2018/06/27(水) 08:54:31.26
>>276
>1世紀から2世紀初頭にかけては、北部九州、瀬戸内海、畿内、北陸の交流は活発であった。

倭国(阿波)を発った忌部一族の拓殖交流ですね。  @阿波

282日本@名無史さん2018/06/27(水) 09:00:29.31
畿内に逃れてきた出雲の王族サルタヒコ一族、丹後半島のヤマタノオロチ族、環大阪湾にいた倭人(クナト)一派が、1世紀半ば近畿一円に国を作る。
クナ。クニの語源。対外的には倭国。

出雲族の姫、幸神と、クナトの神の子がサルタヒコ。
出雲族と倭人の同盟の証。

サルタヒコは暦の神。一年に一回伊勢遺跡で暦を作り首長達に伝えていたんだな。

サルタヒコは、月読にして大国主、魏志倭人伝でいう卑弥弓呼。

283日本@名無史さん2018/06/27(水) 09:05:18.14
>>271


で、ニギハヤヒが秦からの渡来人である事を証明する証拠遺跡と、
その生活痕たる三足や耳の付いた中国系生活土器と瓦屋根に土壁の中国系住居と
石刃の中国系耕作用農具と中粒種のイネと漢服と木沓と漢字の金石文と龍信仰と
亀卜と日常食の蒸し餃子とワンタンは?


で、ニギハヤヒが秦からの渡来人だとウソブいているサギサギ考古学者の
氏名と所属団体は?



さっさと言えよバカジジイ!

284日本@名無史さん2018/06/27(水) 09:05:18.38
サルタヒコ。
出雲族の姫神幸神と、倭人の彦神クナトの神の子。

倭人と出雲族の同盟の証。

月夜見にして大国主、卑弥弓呼。日見彦。暦の一子相伝者。
倭国大乱で殺されて、日本列島から暦が無くなる。
猿田彦は界の神、堺にいたのかな?

猿田彦で注目すべきは最初に出会った場所。

天の八衢。
道が幾つにも別れる処、方違。
面白いことに上町台地と泉北丘陵の間に方違神社がある。なにわ、和泉、河内、淡の境。

その近傍にイシズ川。
猿田彦が消えるのはイスズ川の川上。

猿田彦が溺れたとされるのが、阿邪訶の海。
方違神社のすぐ北がアサカ、浅香。
浅香の北がオサカ、大阪。
浅香の南、泉北丘陵にコサカ、小坂。

伊勢と同じものが揃っているんだな。
凄い偶然。

更にサルタヒコはヒラブカイに挟まれて亡くなるとある。
泉北丘陵、イシズ川を遡った地に平井と深井という弥生時代から立地が変わっていない集落がある。
平井と深井の間が弥生時代の鈴の宮遺跡。
サルタヒコは最後はこの辺りに逃れていて、殺されたんだろう。

285日本@名無史さん2018/06/27(水) 09:10:52.84
>>276
>面白いことに伊勢遺跡の全盛期に同時代の墓が周辺に認められないんだよね。


多分、第2の都。
万が一の場合、王権が避難できるような。

白村江敗戦の後、落ち着かずそわそわした天智天皇が近江に遷都してるだろ。

天然の要塞である近江は弥生時代からそのように認識されてたのであろう。

286日本@名無史さん2018/06/27(水) 11:47:24.39
>>277
>加茂岩倉遺跡との同笵銅鐸が各地で出ている。

加茂岩倉遺跡も含め、倭国(阿波)を発った忌部一族が各地へもたらしたものだよ。  @阿波

287日本@名無史さん2018/06/27(水) 13:02:54.89
いやいや、実は伊勢遺跡みたいな拠点は本来はたくさん各地にあったんだよ。

288日本@名無史さん2018/06/29(金) 07:59:29.47
朝貢、、、外交の贈答品を朝貢にしたかったのかも。
渡来人、、、古代中国江南から済州島含む半島南部の沿岸部にもたくさん点在
      した倭族の拠点から倭人が列島へ来ただけのような気がする。

何から何でも大陸由来、半島経由の説に辟易する。朝貢、渡来人、など其の為の造語としか思えん。

かって学者センセイらの説いた稲作の伝来ルートが真逆のルートを示唆する縄文米などのオパール等の発見で感じさせられたのは、恣意的に語られた旧説は全く信用に足るものじゃ無いことである。
魏志倭人伝等も偽書だとは思わんが、あくまで他国の史書と言う事を念頭に置いておく必要は無いのか。

289日本@名無史さん2018/06/29(金) 09:19:17.00
>>288



で、江南から倭族とやらが渡来定着して縄文稲作をもたらした事を
証明する証拠遺跡と、その生活痕たる三足や耳の付いた中国系生活土器と
土壁の中国系住居と石刃の中国系耕作用農具と中粒種のイネと漢字の金石文と
龍信仰と亀卜は?


で、江南から直伝した中粒種の縄文米の証拠現物(稲籾、籾殻、炭化米)は?


で、江南から倭族とやらが渡来定着して縄文稲作をもたらしたと
ウソブいている頭のおかしな考古学者の氏名と所属団体は?


.

290日本@名無史さん2018/06/29(金) 10:17:08.57
朝貢は東アジアにおける共通の制度であり、否定する理由は何もない。
大陸から誰かが稲作を持ち込まないと弥生時代は始まらない。
邪馬台国には絹があったので、桑と蚕も持ち込まれた。
もちろん、彼らは最初に九州に上陸したはずだ。
何もないところに文明は生まれない。

291日本@名無史さん2018/06/29(金) 10:57:00.33
>>290

正解、正直に書いたほうが良いんだよ。

当時、着ていた服などもあるでしょ、
絹ではなかったとか、麻、獣の皮・・・その他。

292日本@名無史さん2018/06/29(金) 11:00:40.11
東アジアという板(スレッド)だったかな


「文化は高いところから低いところに流れる」


このような書き込みを何度も見た

293日本@名無史さん2018/06/29(金) 11:04:50.67
おかしな教育を受けたり、
悪く言うと洗脳され、逆のことを言ってる人もいる


「」内の言葉を調べてみた?


日本は一番↓(下)だというのが本当の話、
それとも下だった?

294日本@名無史さん2018/06/29(金) 11:17:48.09
日本昔話『天狗の羽うちわ』


天上人が〜と言っていたり、
橋などを架けているのが天上人、工事などをしている人々?

鉄、トンカチ(ハンマー)で・・・。

295日本@名無史さん2018/06/29(金) 13:50:27.79
日本を下に置きたいヤカラが多いからねえ。「」内を誰が言ったのか…(アッ

296日本@名無史さん2018/06/29(金) 13:52:42.01
>>295
もれ(仮)が言ったんだけど、どこの池沼なんだ?

そろそろ頭の病院に行け

297日本@名無史さん2018/06/29(金) 13:54:35.64
どこの池沼なんだ?

精神科(施設??)というのがあるから、そこへ行け

298日本@名無史さん2018/06/29(金) 17:05:16.94
>>290



で、中国大陸から九州に上陸して稲作を持ち込んだ事を証明する証拠遺跡と、
その生活痕たる三足や耳の付いた中国系生活土器と土壁の中国系住居と
石刃の中国系耕作用農具と中粒種のイネと龍信仰と亀卜は?


で、中国大陸から九州に上陸して稲作を持ち込んだとウソブいている
頭のおかしな考古学者の氏名と所属団体は?


.

299日本@名無史さん2018/06/30(土) 09:08:50.91
>>288


で、江南から倭族とやらが渡来定着して縄文稲作をもたらした事を証明する証拠遺跡と、
その生活痕たる三足や耳の付いた中国系生活土器と土壁の中国系住居と
石刃の中国系耕作用農具と中粒種のイネと漢字の金石文と龍信仰と亀卜は?


で、江南から直伝した中粒種のイネの証拠現物(稲籾、籾殻、炭化米)は?


で、江南から倭族とやらが渡来定着して縄文稲作をもたらしたとウソブいている
頭のおかしな考古学者の氏名と所属団体は?



早く言えよおまえ! 

300日本@名無史さん2018/07/01(日) 08:48:36.23
いまだ300ゲットーッ!ずさー(AA略

301日本@名無史さん2018/07/04(水) 09:10:18.05
良スレあげwww

302日本@名無史さん2018/07/10(火) 07:01:09.51
あげwww

303日本@名無史さん2018/07/12(木) 13:39:34.32
とても簡単な稼ぐことができるホームページ
念のためにのせておきます
検索してみよう『立木のボボトイテテレ』

QJ3

304日本@名無史さん2018/07/12(木) 19:58:33.59
あげwww

305日本@名無史さん2018/07/12(木) 20:40:59.02
畿内説スレ消えたな?
zarakokuをはじめ基地外に荒らされてたからな。

306日本@名無史さん2018/07/12(木) 20:45:02.49
もうあのスレの存在価値はないだろう。
テンプレがまずクズだった。

307日本@名無史さん2018/07/12(木) 23:48:33.73
かもせんせのスレ相変わらずハイクオリティー!(またこんど来ます(おやすみー

308日本@名無史さん2018/07/14(土) 08:30:53.82
>>307
お、ありがとう。
わしの説、けっこう信者が増えてきている。

反論できる人はいない。
ただ「黙殺」に廻る人がほとんど。

新着レスの表示
レスを投稿する