後北条氏時代の江戸について語るスレ

1日本@名無史さん2018/04/30(月) 20:46:30.79
小田原衆所領役帳 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E7%94%B0%E5%8E%9F%E8%A1%86%E6%89%80%E9%A0%98%E5%BD%B9%E5%B8%B3
>相模の戦国大名北条氏康が作らせた、
>一族・家臣の諸役賦課の基準となる役高を記した分限帳。
>原題は不明で、「北条家分限帳」、「小田原北条所領役帳」などとも呼ばれる。

東京市史稿
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1915622
この182コマ近辺に
小田原衆所領役帳の江戸の部分が大体載ってる
その他後北条氏時代の江戸の話も東京市史稿にある

2日本@名無史さん2018/04/30(月) 20:47:02.33
https://shirobito.jp/article/徳川家康と城%20 第3回 |%20 家康入城以前の江戸はさびれた漁村だったのか

>戦国大名北条氏の重要拠点の一つで、
>城下町もそれなりに発達していたのである。
>「江戸は砦のある漁村」といったイメージはこの際払拭する必要があるのではなかろうか。
>前述岡野友彦氏が指摘されたように、
>江戸は浅草からはじまる利根川・常陸川水系と、
>品川からはじまる太平洋海運とを結ぶ結節点に位置していたわけで、
>江戸が平安時代から中世を通じてある程度発達していた点をみておく必要があるように思われる。

>家康の江戸城築城と町づくりはこうした前提の上にはじめられたのである。

小和田哲男先生はこう語る

3日本@名無史さん2018/04/30(月) 20:47:39.28
『日本史への挑戦 「関東学」の創造をめざして』森浩一と網野善彦の共著

>品川津の繁栄ぶりは、淀と匹敵するとまではいかないにしても、
>対比は十分できるぐらいのものだったと思います。
>なにしろ瀬戸内海から淀川に入ってくるルートは、
>現在の新幹線のようなものですけれど、
>伊勢から品川、神奈川への道も在来の東海道線ぐらいの意味は持っていたと思いますよ。

4日本@名無史さん2018/04/30(月) 22:41:27.43
江戸の範囲
http://www.viva-edo.com/image/edonohanni.gif
後北条氏時代と範囲は違うけど
江戸時代の江戸の範囲の江戸朱引

5日本@名無史さん2018/04/30(月) 22:44:45.59
後北条氏時代の江戸の範囲は
大雑把に言うと
江戸朱引-今の隅田川東岸+牛島近辺+今の北区と練馬区と板橋区

612018/04/30(月) 22:59:36.77
昨夜放送されたNHKスペシャル「大江戸」を観て、 スレ立てを思いつきました。
皆さん よろしくです。

7日本@名無史さん2018/04/30(月) 23:32:09.38
一応言っておくと>>6>>1ではない

8日本@名無史さん2018/05/01(火) 19:40:37.67
日本の歴史 総合案内(紀元前〜2018年)
https://plaza.rakuten.co.jp/denkyupikaso/diary/201804090000/

9日本@名無史さん2018/05/02(水) 07:01:56.90

10日本@名無史さん2018/05/02(水) 07:02:44.82

11日本@名無史さん2018/05/08(火) 00:00:04.36
北条早雲が大河ドラマにならないのはおかしい

12日本@名無史さん2018/05/18(金) 23:12:14.47
1420年の江戸氏名字書立に見える江戸一族
六郷殿、渋谷殿、丸子殿、中野殿、阿佐ヶ谷殿、飯倉殿、桜田殿、石浜殿、牛島殿、江戸大殿、国府方殿、芝崎殿、鵜木殿、けんとう院、金杉殿、小日向殿、原跡、蒲田殿跡

13日本@名無史さん2018/05/20(日) 18:33:41.92
大田区・・・六郷、丸子、鵜木、原、蒲田
渋谷区・・・渋谷
中野区・・・中野
杉並区・・・阿佐ヶ谷
港区・・・飯倉、金杉(かねすき・かねそぎ)
千代田区・・・桜田、国府方、芝崎
台東区・・・石浜
墨田区・・・牛島
練馬区・・・金曽木(かねすき・かねそぎ)
文京区・・・小日向

新着レスの表示
レスを投稿する