【商社】近代史上の大企業【工場】

1名無しさん@お腹いっぱい。2010/12/20(月) 21:01:25ID:uPCHreRe0
既に倒産してしまった会社でも
未だに大繁栄している会社でも
とにかく近代日本史に名を遺した有名な企業を語ろう。

70名無しさん@お腹いっぱい。2012/02/18(土) 00:34:48.07ID:bJqmsx2S0
日本の総合商社の社員は非常に優秀だと本でも読んだし、
人から聞いたこともある。

情報収集能力では他国のスパイにも劣らないものらしいね。

71名無しさん@お腹いっぱい。2012/02/19(日) 16:59:44.36ID:x3kIJVd10
>>70
20年前の日本の商社マンは凄かったけどなあ。
今は「安全第一」で、若い社員に海外で過酷な事をさせる訳にもいかないから、
商社マンのレベルがぐっと下って、韓国勢に負けてるなあ。

72名無しさん@お腹いっぱい。2012/02/19(日) 17:07:10.07ID:1rkM6xfG0
今や日本の商社は、韓国などの海外の商社に負けるというのか

73名無しさん@お腹いっぱい。2012/02/20(月) 00:34:02.77ID:USZ47DGv0
>>72
そうだよ。資源獲得・エネルギー分野・自動車・電機などで負けまくっている。
おかけで世界中どこの電気屋でもサムソンとLGだし、自動車はヒュンダイ、
原子力でもトルコ原発を韓国に取られそうだなあ。

74名無しさん@お腹いっぱい。2012/03/10(土) 14:11:01.22ID:figKNJ+s0
■ ワタミの労働災害による26歳女性の自殺および本件に関連する労働基準法 ■

ワタミフードサービス(東京)社員だった森美菜さん(当時26)が入社2ヶ月後に自殺した。
2012年2月14日付で、神奈川労働者災害補償保険審査官が「時間外労働は月約140時間以上で
休日を十分取得できる状況ではなかった。業務の負荷が主因で適応障害を発病し、自殺を思い
とどまる力が著しく阻害されていたと推定できる」として、労働災害を正式に認定。

ソース: http://www.47news.jp/CN/201202/CN2012022101001979.html


>時間外労働は月約140時間以上
→労働基準法第32条に基いて、原則として「1週間について40時間以上の残業」は禁止されている。
例外規定は労働基準法第36条で、「労働者の過半数で組織する労働組合又は労働者の過半数を
代表する者との書面による協定」をし、かつ「これを所轄労働基準監督署長に届け出た場合」のみ、
「1箇月45時間」まで残業を延長することが可能。違反者には、労働基準法第119条に基いて「6箇月
以下の懲役又は30万円以下の罰金」が科せられる。

ソース: 労働基準法第32条、同法第36条、同法第119条


>休日を十分取得できる状況ではなかった
→労働基準法第35条に基いて、原則として「使用者は、労働者に対して、毎週少くとも1回の休日を
与えなければならない」とされている。但し、同条第2項に例外規定があり、「4週間を通じ4日以上の
休日」を労働者に与えていれば、違反とされない。違反者には、労働基準法第119条に基き「6箇月
以下の懲役又は30万円以下の罰金」が科せられる。

ソース: 労働基準法第35条、同法第119条

75名無しさん@お腹いっぱい。2012/03/10(土) 23:00:57.30ID:WDP1sIkm0
>>72
海外にも総合商社はある
ソムサン商事とか

76名無しさん@お腹いっぱい。2012/04/15(日) 17:09:36.32ID:5bc5ZhHP0
都市対抗野球の出場チームの歴史が、
そのまま戦前戦後における日本企業の歴史になってる。

77名無しさん@お腹いっぱい。2012/06/06(水) 19:47:24.19ID:p903A26m0
TOTOやノリタケの森村家は維新後に陶業に進出するまでは土佐藩御用達の武器商人。
戊辰戦争が起こったときには同じ土佐藩の板垣退助に大量の武器を売り付けた。

78名無しさん@お腹いっぱい。2012/08/31(金) 22:49:05.02ID:iI4x5V+CO
あげ

79名無しさん@お腹いっぱい。2012/10/14(日) 20:15:27.65ID:Bzu8fLZ30
>>76
昭和2年に始まった当初はクラブと鉄道局が多く、
昭和10年代から企業チームが増えた。

80名無しさん@お腹いっぱい。2012/11/11(日) 19:27:44.32ID:tHlR32taT
戦前の財閥の系譜が現代にも生きてるのを見ると面白いもんだな

81名無しさん@お腹いっぱい。2013/01/05(土) 18:24:40.43ID:ZhfdEDuU0
「自立型」「課題発見能力」「リーダーシップ」。企業の採用担当者が口にする共通のキーワードだ。
「ナンバーワンの学生求む」。通信企業のソフトバンクグループは昨年度から、ナンバーワンになった経
験のある人だけが応募できる採用枠を設けた。スポーツでもアルバイト先での売り上けでも、ペーパーテ
スト以外なら何でもいい。筆記試験はなく、志望動機も聞かない。昨年は500人を超える応募で8人が
採用された。
創業者の孫正義社長は、グループ会社を将来5千社まで増やす計画を打ち出している。計算上5千人の経
営者が要る。リーダーシップのある人材が欲しい。「新しいビジネスモデルをつくり出すには、こだわり
を持って考え抜き、やり抜く力が必要。独立心が強く、新しい分野に挑戦できる人が必要だ」と、人事担
当の甲田修三執行役員は話す。
富士通も「一芸入社」を昨年から設けた。三宅龍哉総務人事本部長は「何かを極めるためのプロセスが重
要だと考えた。結果的にリーダーになってもならなくても、少なくとも集団の触媒になってくれるばず」。
高度成長期なら、企業は拡大再生産で成長できた。既成の商品やサービスを改良する能力があればよく、
「1980年代までは、企業が求める人材像は詰め込み型教育とマッチしていた」と、リクルートワーク
ス研究所主任研究員の豊田義博さんは指摘する。
しかし、バブル経済が崩壊した90年代、国内市場は頭打ちに。一方で、東西冷戦終結や新興国の台頭など
で市場はグローバル化が一気に進み、大競争時代を迎えた。消費者の価値観や技術の寿命は短命化し、改
良型の商品は売れない。「この10年で、新しい価値観を生み出せる自立型の人材を求める傾向がより強ま
ってきた」と豊田さんは話す。
グローバル化と歩調を合わせるように、98年改訂の学習指導要領は「自分で課題を見つけ出し、目ら考え、
主体的に行動すること」と、社会の変動に対応できる「生きる力」を打ち出した。

82名無しさん@お腹いっぱい。2013/03/29(金) 19:29:13.82ID:IPMzeBhO0
2013.3.27 19:29四阪島の大煙突解体へお別れ式ttp://www.ebc.co.jp/bangumi/snews/news_kiji.asp?SirialNo=43975
別子銅山の煙害克服のシンボルとされてきた住友金属鉱山所有の四阪島の大煙突が解体されることになり、
お別れ会が行われました。
新居浜市沖の四阪島で開かれた大煙突のお別れ式には元島民ら関係者およそ70人が出席。
住友金属鉱山別子事業所の真部良一所長が別れの言葉を述べました。四阪島の大煙突は別子銅山の銅精錬に
よる煙害対策として、1924年、四阪島に精錬拠点を移した際に建造されたもので、役目を終えてからは煙害克服の
シンボルとしてそびえ立っていました。しかし、今は老朽化し将来の大地震に備えるため解体を決めました。
四阪島の大煙突の解体工事は来月中旬からおよそ半年かけて行なわれるということです。

83名無しさん@お腹いっぱい。2013/04/02(火) 23:28:43.13ID:uxmYQ5uI0
三川坑跡を市に無償譲渡へttp://www3.nhk.or.jp/fukuoka-news/20130327/3454031.html
ttp://www3.nhk.or.jp/fukuoka-news/20130327/3454031_5013454031_m.jpg
国内最大級の炭鉱で、大規模な労働争議や事故が起きた、大牟田市の三井三池炭鉱の三川坑の跡地について、
市は、当時の建物などが集中して残るおよそ6割の跡地を、土地を所有する会社から無償で譲り受けることになりました。
大牟田市に残る三川坑は、石炭の出炭量が日本一だった三井三池炭鉱の主要な坑口として、戦後の復興に貢献しました。
その一方で、昭和30年代には、1200人の指名解雇をめぐって労使が激しく対立し、「総資本対総労働」とも呼ばれた
「三池争議」が起きたほか、458人が死亡した戦後最悪の炭鉱事故が起きるなど、日本の歴史にたびたび登場し、
大牟田市は、遺産として後世に残すため、跡地を無償で譲るよう土地を所有する会社に求めていました。
これについて、大牟田市の古賀道雄市長は、27日の定例会見で、三川坑の跡地およそ3.4ヘクタールのうち、
6割ほどにあたるおよそ2.1ヘクタールを、市が無償で譲り受けることになったと明らかにしました。
2.1ヘクタールの跡地には、市が保存の対象にしている当時の炭鉱の建物や機械類が集中して残っています。
古賀市長は「全部ではなかったが、三川坑の中枢部分の土地をもらえることになり、ホッとした」と述べました。
無償譲渡を受けて大牟田市は、三川坑跡の活用方法を検討するため、近く専門の組織を立ち上げることにしています。

84名無しさん@お腹いっぱい。2013/04/03(水) 17:55:58.43ID:HJ0ONTdW0
“筑豊の炭鉱王”炭鉱写真展ttp://www3.nhk.or.jp/fukuoka-news/20130328/3492081.html
筑豊の炭鉱王として知られる伊藤伝右衛門が経営していた炭鉱の様子を写した写真の展示会が桂川町で開かれています。
この写真展は、桂川町の王塚装飾古墳館が、かつての筑豊の炭鉱の様子を知ってもらおうと開きました。
会場には、筑豊の炭鉱王として知られる伊藤伝右衛門がかつて経営していた炭鉱の大正時代から昭和40年代に
かけての様子を写した写真、およそ80枚が展示されています。ttp://www3.nhk.or.jp/fukuoka-news/20130328/3492081_5013492081_m.jpg
このうち、中間市にあった中鶴炭鉱の全景を写した大正10年ごろの写真には、ひときわ高い煙突から真っ黒な煙がたなびいている様子を見ることができます。
また、石炭をためておく貯炭場の写真は、女性たちが大きなスコップで石炭を運び出している様子が写されています。
このほか、ボタ山の中から石炭を集める仕事をしている人たちや、閉山前の昭和30年代の終わりに行われた労働争議の様子を写した写真などが展示されています。
この展示会は、桂川町の王塚装飾古墳館で5月26日まで開かれています。

85名無しさん@お腹いっぱい。2013/04/03(水) 18:02:44.98ID:HJ0ONTdW0
大牟田市で「石炭と海」展ttp://www3.nhk.or.jp/fukuoka-news/20130328/3394791.html
幕末から明治にかけて大牟田市で掘られた石炭が日本各地に船で活発に運ばれていたことを紹介する資料展が大牟田市で開かれています。
この資料展は国内最大級の炭鉱だった大牟田市の三井三池炭鉱の石炭が有明海や瀬戸内海を船で活発に運ばれていた歴史を知ってもらおうと開かれています。
会場には、幕末から明治にかけての文献など130点が展示され、このうち25枚組みの沿岸の航路図は、
三池の石炭が塩作りが盛んな赤穂今の兵庫県に運ばれていたことをうかがわせています。
毛筆で書かれた「仕切書」という文書は、購入した石炭の代金を相手側に支払う際に取り交わされたものです。
このほか、石炭を有明海の対岸の島原方面に運搬する際に、ttp://www3.nhk.or.jp/fukuoka-news/20130328/3394791_5013394791_m.jpg
当初は小型の帆船が使われていたことを示す写真なども展示されています。この資料展は大牟田市の石炭産業科学館で5月12日まで開かれています。

86名無しさん@お腹いっぱい。2013/04/08(月) 17:21:37.93ID:Xvto73260
公募の1000人に特別公開 「旧松本家住宅」洋と和の魅力(2013年4月7日 17:30)
北九州市戸畑区にある、国の重要文化財「旧松本家住宅」が、7日公開され、その華麗な造りを多くの人が楽しみました。
旧松本家住宅は、明治時代に石炭業を興した、現在の九州工業大学の創設者の1人である松本健次郎氏が、住宅と学校の迎賓館を兼ねて建てたものです。
7日は、事前の公募で決まった1000人に、洋館、日本館、そして庭園が公開されました。
洋館は、日本を代表するアール・ヌーヴォー様式で、1階の広間ではピアノとチェロによる演奏も行われました。
一方、日本館は書院造りで、欄間のある日本間の雰囲気を、多くの人が楽しんでいました。
また大座敷の一角では、日本の伝統美を堪能してもらおうと、抹茶と和菓子なども用意されていました。
この特別公開、次回は、秋に開催されるということです。ttp://www.tvq.co.jp/news/news.php?did=9211

87名無しさん@お腹いっぱい。2013/04/13(土) 17:12:12.87ID:RMFy+whR0
朝鮮人徴用犠牲者の慰霊祭ttp://www3.nhk.or.jp/fukuoka-news/20130407/3673751.html
戦時中、朝鮮半島から徴用され、炭鉱や工場で働かされて死亡した人を追悼する慰霊祭が大牟田市で開かれました。
大牟田市の甘木公園には戦時中、朝鮮半島から徴用され、大牟田市の炭鉱や工場で働かされて、
事故や病気で死亡した朝鮮人の人たちの霊を慰める慰霊碑が建てられています。
7日は、慰霊碑を建てた在日の朝鮮人などで作るグループや関係者など約120人が集まり、慰霊祭が行われました。
参列した人たちは、一人ひとり花を手向けて犠牲者のめい福を祈りました。
このあと近くの宿泊施設で式典を行って慰霊碑に刻まれている碑文を読み上げました。
グループによりますと、戦時中、大牟田市内には炭鉱や化学工場などに約3000人の朝鮮人が徴用され、
分かっているだけで40人以上が死亡したということです。ttp://www3.nhk.or.jp/fukuoka-news/20130407/3673751_5013673751_m.jpg
慰霊祭を行った「在日コリア大牟田」の代表、ウ・パングンさんは、「同じ血をわけた同胞の思いをしっかり胸に抱いて
慰霊祭に臨んでいます。私の命が続く限り、今後も慰霊祭をしていきたい」と話していました。

88名無しさん@お腹いっぱい。2013/04/17(水) 16:50:11.84ID:9dskgGz/0
4月18日一般公開の築上町・旧蔵内邸で内覧会(2013年4月16日 15:37)ttp://www.tvq.co.jp/news/news.php?did=9249
現存する炭鉱主の住宅としては全国で最も古い築上町の旧蔵内邸。
18日に始まる一般公開を前に16日、内覧会が開かれました。
16日朝、内覧会を記念し築上町の新川町長など関係者がテープカットで祝いました。
旧蔵内邸は、筑豊の炭鉱経営で成功した蔵内次郎作が1887年に建てた屋敷で、
7100平方メートルの敷地に母屋など12棟がある国の登録文化財です。
近代和風建築として貴重とされるこの邸宅を築上町は1億円の寄付を元手に8000万円で購入。
さらに7000万円をかけ、改修しました。新川町長は「目標の来場者数は最低年間3万人。
築上町にはいろんな名所・古跡がありますので、見学に来てもらえたらありがたい。」と期待を寄せました。
旧蔵内邸の一般公開は4月18日からです。

89名無しさん@お腹いっぱい。2013/04/24(水) 18:24:55.18ID:43C/R5hL0
“旧蔵内邸”きょうから一般公開4月18日(木) 20時26分ttp://rkb.jp/news/news/13694/
明治から大正にかけて筑豊地区で複数の炭鉱を経営していた「蔵内氏」の豪華な邸宅が、福岡県築上町で、きょうから一般公開されています。
築100年を超えるこの「旧蔵内邸」、築上町が3年前に購入し、一般公開に向けて改修を進めていました。
7000平方メートルを超える敷地に、伝統的な書院造りや数寄屋造りの建物が並ぶ「旧蔵内邸」。
大広間や応接間など、32もの部屋があります。ttp://rkb.jp/news/files/2013/04/2013-04-187-150x112.jpg
筑豊地区で多くの炭鉱を経営していた蔵内次郎作の住宅として、1900年ごろに建てられました。
弓形の天井には、屋久杉がふんだんに使われているほか、欄間などには、手のこんだ細工が施されたぜいたくなつくりで、県の有形文化財にも指定されています。
●見物客 「やっぱり1度は住んでみたいなあ、こういうとこはなあ。一生かかっても、これだけの家は造れんはね、普通のサラリーマンはね」
「自分が現在、住んでる家でも、掃除したりとか、いろいろしていくのが大変なのに、お手伝いさんとか、そういう人たちがたくさんいらっしゃって、こういう家が守られてきたんじゃないかなと」
●橋本リポーター 「広大な庭園に広がるこのすばらしい景色を囲むように、邸宅が造られています。部屋のあちこちから、こちらの庭を楽しむことができるんです」
こちらの大広間は、18畳間が2部屋続いていて、1度にたくさんの人をもてなすことができる宴会場として使用されていました。
炭鉱経営者の邸宅としては、飯塚市の旧伊藤伝右衛門邸が知られていますが、この旧蔵内邸も、規模・豪華さ、ともにひけをとりません。
3年前に購入し、一般公開のために改修を行ってきた築上町では、年間3万人程度が訪れると見込んでいます。
※スタジオ※ ●坂田キャスター これほどの邸宅が建てられることは、きっと、これからないと思いますので、ぜひ1度、この目で確かめてみたいものですね

90名無しさん@お腹いっぱい。2013/05/18(土) 17:47:22.32ID:U3XB8fVC0
>>37
イギリスは鉄道開通前に運河が発達してて、
鉄道資材の運搬が比較的容易だった

91名無しさん@お腹いっぱい。2013/05/23(木) 20:18:24.19ID:CcXNYa6K0
三池炭鉱の証言集を作成ttp://www3.nhk.or.jp/fukuoka-news/20130517/4585311.html
かつて炭鉱で栄えた歴史を知ってもらおうと、大牟田市は、炭鉱での出来事や炭鉱で働いていた人の暮らしぶりなど
をまとめた証言集を作成しました。ttp://www3.nhk.or.jp/fukuoka-news/20130517/4585311_5014585311_m.jpg
大牟田市が作成した「炭鉱とくらしの記憶」の第1集は、平成9年に閉山した三井三池炭鉱で働いていた従業員や
その家族など、あわせて15人の証言を当時の写真やイラストとともにまとめています。
この中では、昭和35年に起きた大規模な労働争議や昭和38年に死者400人以上を出した戦後最悪の炭鉱事故、
さらに炭鉱社宅での暮らしぶりなどが市民の目線で克明に紹介されています。
大牟田市は地元に残る炭鉱施設を世界遺産に登録する取り組みを進めていて、大牟田市「世界遺産登録・文化財室」
の久冨良章主査は、「炭鉱の歴史を通じてまちへの愛着を深めてほしい」と話しています。
大牟田市は、第1集を2600部作成し、希望者には無料で配布しているほか、今後も証言を集めて、続編をまとめて
いくことにしています。

92名無しさん@お腹いっぱい。2013/06/21(金) 21:27:26.49ID:Rp3boXkH0
炭鉱の写真展ttp://www3.nhk.or.jp/fukuoka-news/20130615/5218701.html
かつて炭鉱で栄えた大牟田市で、市民が撮影した当時の様子を伝える写真の展示会が開かれています。
この写真展は大牟田市や隣の熊本県荒尾市などに広がっていた三井三池炭鉱の歴史を紹介するため大牟田市
石炭産業科学館が開きました。ttp://www3.nhk.or.jp/fukuoka-news/20130615/5218701_5015218701_m.jpg
会場には、三池炭鉱が衰退し始めた昭和30年代から閉山した平成9年にかけて市民や炭鉱関係者が撮影した
200枚余りの写真が展示されています。
このうち戦後最大の労働争議に発展した昭和35年の「三池争議」の写真は、炭鉱の組合員が警察官と対立している
様子や、争議のつかの間に弁当を食べる様子をとらえています。
また、三池炭鉱の1つの施設で平成8年に撮影された四山坑の立て坑の連続写真は翌年の閉山を前にやぐらが
白い煙をあげながら解体される瞬間を写しています。
このほか作業員が暮らしていた社宅や社宅にあった共同浴場などの写真も展示されています。
この写真展は大牟田市の石炭産業科学館で月曜日を除いて今月23日まで開かれています。

93名無しさん@お腹いっぱい。2013/06/27(木) 21:41:34.21ID:XoFI2o540
「旧蔵内邸」入館者1万人超ttp://www3.nhk.or.jp/fukuoka-news/20130621/5422651.html
国の登録文化財で築上町にあるかっての炭鉱経営者の邸宅、「旧蔵内邸」の入館者が、一般公開が始まっておよそ2か月で1万人を超えました。
「旧蔵内邸」は、筑豊で炭鉱を経営していた蔵内家が、明治から大正時代にかけておよそ7100平方メートルの敷地に建てた和風建築で、国の有形文化財に登録されています。
敷地と建物を購入した築上町が、今年の4月18日から一般公開を始めましたが、20日午後、入館者が1万人を超えました。
1万人目の入館者は、添田町津野の農業、高瀬千束さんで築上町の新川久三町長から花束と特産品や商品券などの記念品が贈られました。
高瀬さんは、友人4人と「旧蔵内邸」の見学に訪れたということです。ttp://www3.nhk.or.jp/fukuoka-news/20130621/5422651_5015422651_m.jpg
高瀬さんは、「前から来たいと思っていましたが、1万人目と知ってうれしいです。すばらしいところで、また来てみたいです」と話していました。
新川町長は、「入館者は順調に増えている。今後は展示会なども企画し多くの人に来てもらいたい」と話しています。

94名無しさん@お腹いっぱい。2013/07/12(金) NY:AN:NY.ANID:NyGOztNK0
やっぱり鈴木商店だろ
最盛期は日本のGDPの10%で三井、三菱、住友を圧倒していた

95名無しさん@お腹いっぱい。2013/07/14(日) NY:AN:NY.ANID:WMnuSQ7f0
炭鉱事故慰霊碑建立で署名提出ttp://www3.nhk.or.jp/fukuoka-news/20130708/5807571.html
400人以上が死亡するなど、戦後最悪の炭鉱事故になった大牟田市の三井三池炭鉱の爆発事故からことしで
50年になるにあわせて、かつての炭鉱労働組合の関係者で作る団体が、事故の犠牲者の慰霊碑を炭鉱の跡地に
建てることを求めて、4200人余りの署名を市に提出しました。
大牟田市に残る三池炭鉱の主力の施設、三川坑では、昭和38年11月に坑内が爆発し、458人が死亡、
839人が一酸化炭中毒になる戦後最悪の炭鉱事故が起き、市は、跡地の一部を整備して保存する計画を進めています。
ことしが事故から50年になるのにあわせて、かつての三池炭鉱の3つの労働組合の関係者で作る団体が、8日、
古賀道雄市長を訪ね、三川坑の跡地に、事故で犠牲になった人たちの名前を刻んだ慰霊碑を建ててほしいと要望し、
4200人余りの市民の署名を提出しました。ttp://www3.nhk.or.jp/fukuoka-news/20130708/5807571_5015807571_m.jpg
これに対して、古賀市長は「慰霊碑の場所の貸与を含めて検討したい」と答えました。
当時の三池炭鉱の労働組合は、昭和30年代の労働争議を契機に、組合が分裂して激しく対立しましたが、
事故から50年のことし、協力して署名活動をしたということです。
三池炭鉱労働組合の最後の組合長だった芳川勝さんは「私たちの活動を市民に知ってもらうことで、
大牟田市のいしずえとして亡くなった人たちの慰霊碑の建立を実現したい」と話していました。

96名無しさん@お腹いっぱい。2013/07/20(土) NY:AN:NY.ANID:X1mrmuVY0
炭鉱施設世界遺産へ協議会設立ttp://www3.nhk.or.jp/fukuoka-news/20130714/5918071.html
地元に残る炭鉱関連施設を、世界遺産に登録しようと取り組んでいる大牟田市で、市民団体や経済団体が登録に
向けた機運を盛り上げるために、協議会を設立しました。
大牟田市には、近代化産業遺産としての炭鉱関連施設が数多く残り、このうち、明治時代の炭鉱跡は、九州や山口に
広がる遺産群の一つとして、ユネスコの世界遺産の登録候補になっています。
こうした中で、近代化産業遺産を生かしたまちづくりを進めようと、大牟田市で市民団体や経済団体、それにNPO
などで作る協議会が設立されました。ttp://www3.nhk.or.jp/fukuoka-news/20130714/5918071_5015918071_m.jpg
先日開かれた会合では、今後の活動として▼世界遺産の登録に向けた機運を盛り上げるため、セミナーを開催する
ことや▼近代化産業遺産の公開行事に参画することを決めました。
協議会の大滝裕久会長は「先人が作った近代化産業遺産を、若い人に継承することでまちを活性化したい」と話していました。

97名無しさん@お腹いっぱい。2013/07/21(日) NY:AN:NY.ANID:9HSZVw230
労役の炭鉱作業で死亡 慰霊祭ttp://www3.nhk.or.jp/fukuoka-news/20130715/5967821.html
かつて大牟田市の刑務所に収監され、労役として炭鉱の作業にかり出されて死亡した人たちの慰霊祭が大牟田市で
行われました。ttp://www3.nhk.or.jp/fukuoka-news/20130715/5967821_5015967821_m.jpg
この慰霊祭は、戦前、大牟田市にあった刑務所の実態調査を行っている「大牟田囚人墓地保存会」と地元の仏教会が
毎年、この時期に行っています。
市内に建てられた慰霊塔に関係者およそ50人が集まり、読経が流れる中、全員で焼香して炭鉱の作業で死亡した
囚人の霊を慰めました。
保存会によりますと、明治から昭和の初期にかけて、大牟田市の刑務所からは延べ6万人以上の囚人が労役として
地元の三井三池炭鉱の作業にかり出され、このうち、およそ2400人が炭鉱の事故や重労働に伴う体力の衰えなどで
死亡したということです。
大牟田囚人墓地保存会の那須俊春会長は「ここで手をあわせるたびにもう二度と犠牲者を出してはならないという
気持ちになる。今後も慰霊祭を続けてたい」と話していました。

98名無しさん@お腹いっぱい。2013/07/25(木) NY:AN:NY.ANID:djry6RVN0
旧大連航路上屋改装オープン07月19日 12時17分ttp://www3.nhk.or.jp/fukuoka-news/20130719/5929841.html
戦前、中国航路などの旅客ターミナルとして栄えた北九州市の門司港にある「旧大連航路上屋」が改修を終え、19日、
新たな観光スポットとしてオープンしました。ttp://www3.nhk.or.jp/fukuoka-news/20130719/5929841_5015929841_m.jpg
昭和4年に建てられた「旧大連航路上屋」は戦前、国際航路の旅客ターミナルとして使われていましたが、
老朽化が進んだたため北九州市が12億円をかけて改修工事を行いました。
かつて待合室だった2階はコンサートなどを行うスペースに改装され、19日の記念の式典では中国の伝統楽器「二胡」などの演奏が披露されました。
荷物を検査する場所だった1階は展示スペースになり、大連航路がにぎわっていた頃の門司港の写真などが展示されています。
北九州市では今後「旧大連航路上屋」で音楽会や展示会を開くことにしています。

99名無しさん@お腹いっぱい。2013/07/25(木) NY:AN:NY.ANID:djry6RVN0
直方の8建物 登録文化財に07月19日 18時41分ttp://www3.nhk.or.jp/fukuoka-news/20130719/3120771.html
「直方谷尾美術館」など直方市内の8つの建物が新たに国の登録有形文化財に登録されることになりました。
これは国の文化審議会が19日文部科学大臣に答申したもので、「直方谷尾美術館」など明治から昭和初期の
直方市内にある8つの建物が国の登録有形文化財に登録されることになりました。ttp://www3.nhk.or.jp/fukuoka-news/20130719/3120771_5013120771_m.jpg
8つの建物はいずれも、石炭産業が盛んだった時代の景観をいまに伝えるものとして評価されました。
このうち「直方谷尾美術館」は、元々大正時代の診療所で昭和16年に再建されたもので、和風の住居や茶室と
医院だった洋館が対照をなし戦前の直方の建築文化の高い完成度を示すものとして評価されました。
また「向野堅一記念館」は大正11年の木造の建物で、当時、ヨーロッパで流行していた幾何学模様を外観に取り入れた個性的なつくりが評価されました。
登録有形文化財は、築50年以上の建造物を対象に緩やかな規制のもとに保護する制度で、福岡県内で登録されているのは108件になりました。

100名無しさん@お腹いっぱい。2013/08/09(金) NY:AN:NY.ANID:t8xq2tYD0
三川坑跡地保存の審議会08月02日 07時20分ttp://www3.nhk.or.jp/fukuoka-news/20130802/3420871.html
大牟田市の三井三池炭鉱の三川坑の跡地をどのように保存するかを検討するため、市民の代表などが、
現地を訪れて当時の施設を見学しました。ttp://www3.nhk.or.jp/fukuoka-news/20130802/3420871_5013420871_m.jpg
大牟田市に残る三川坑は、石炭の出炭量が日本一だった三井三池炭鉱の主要な施設として戦後の復興に貢献した
一方で、昭和30年代には大規模な労働争議や458人が死亡した戦後最悪の炭鉱事故が相次いで起きました。
ことしになって会社側から跡地を譲り受けた大牟田市は、遺産としての保存方法を検討するため、1日、
市民代表や学識経験者などによる審議会を設置しました。
審議会のメンバーは、初会合のあと閉山から16年が経過した現地を見学に訪れました。
三川坑の跡地には作業員を運ぶための乗り物やレール、それに石炭を掘る地下につながる高さ3メートル余りの
トンネルの入り口の跡などが残っています。
市民代表の女性は、「炭鉱を知らない世代に伝えるためにも保存が必要です」と話していました。
また、この炭鉱で働いていたという70代の男性は、「老朽化が激しいので、何をどう残すかを慎重に検討したい」と話していました。
審議会は、来年2月に三川坑の保存と活用について基本構想をまとめ、市に答申することにしています。

101名無しさん@お腹いっぱい。2013/09/27(金) 20:10:41.62ID:P9O8UmEn0
”日本のエジソン” 藤岡市助博士像建立へ東芝が寄付/東芝創業者”日本のエジソン” 藤岡市助の銅像建立へ
→”日本のエジソン”の銅像 岩国に建立へ
日本初の電灯の開発に携わるなど「日本のエジソン」と呼ばれる藤岡市助博士の銅像が、ふるさと岩国市に建立される
ことになった。藤岡博士は東芝の創業者の一人で、25日建立事業を進める地元の顕彰会に東芝から500万円が寄付された。
東芝の下光秀二郎副社長が岩国市を訪れ、顕彰会会長の長野寿岩国商工会議所会頭に500万円の目録を手渡した。
藤岡市助博士は1857年、現在の岩国市に生まれ、日本初の電灯の研究に携わるなどして「日本のエジソン」
と呼ばれ、東芝の創業者の一人でもある。ttp://kry.co.jp/news/news8704026.html
銅像は地元経済界でつくる顕彰会が建立するものでブロンズ製、高さは170センチ、電灯を見上げるようなポーズ
であわせて東芝から寄贈されるLED街路灯とともに設置される。ttp://kry.co.jp/news/picture/KRY_40261.jpg
東芝の下光秀二郎副社長は「藤岡博士の偉業がこれで永久に残り大変感謝している」と話した。
顕彰会の長野会長は「藤岡先生を理解していただけるよう最大限取り組んで生きたい」と話している。
銅像は吉香公園の岩国美術館前に建立される予定だ。ttp://kry.co.jp/news/movie/news8704026.html
除幕式は藤岡博士が日本で初めて電気の明かりを灯した日「電気記念日」の来年3月25日に行われる。〆
[ 9/25 19:14 山口放送]

102名無しさん@お腹いっぱい。2013/11/04(月) 08:35:28.12ID:omb0MG5B0
【福岡】大牟田市 宮原坑など近代化遺産一斉公開11/03 16:28 更新ttp://www.kbc.co.jp/top/news/lbi/kbc_0005.html
日本の近代化を支え、国が世界遺産への推薦を決めた炭坑や史跡などを一斉に公開するイベントが、
大牟田市などで開かれています。
会場のひとつ、大牟田市の三井三池炭鉱・宮原坑には、朝から多くの人が見学に訪れ、古くなった機械を前に、
炭坑の仕組みや歴史などについて、説明を受けていました。
今回で7回目となるこのイベント。歴史的価値を知ってもらおうと、国の世界遺産推薦が決まった大牟田市の炭坑跡地
や、三池港など、12カ所で行われています。
中でも、特別公開された三川坑跡は、458人が死亡する爆破事故から、11月9日で丸50年が経ちます。
大惨事を知る人たちも、多く訪れていました。

103名無しさん@お腹いっぱい。2013/11/06(水) 14:23:50.18ID:zOY5EtUa0
>>102
[11/03 16:28]【福岡】三池炭鉱の近代化遺産を一斉公開 大牟田市

104名無しさん@お腹いっぱい。2013/11/09(土) 19:40:58.96ID:2IYpq6Pw0
【福岡】三井三池炭鉱 炭じん爆破から50年11/09 16:23 更新ttp://www.kbc.co.jp/top/news/lbi/kbc_0006.html
大牟田市の三井三池炭鉱で、458人が死亡する爆発事故が起きてきょうで丸50年となります。
事故が起きた炭坑跡地では追悼式典が行われました。会場となった三井三池炭鉱・三川坑跡地には行政関係者や
遺族などおよそ200人が参列しました。
三川坑では50年前の11月9日に炭じんが爆発し、坑内で働いていた458人が死亡、800人以上が一酸化炭素
中毒となる、戦後最大の炭鉱災害となりました。大牟田市の古賀道雄市長は「永遠に忘れることのできない悲しい出来事。
三川坑の発展と苦難の歴史を語り継ぎたい」と述べました。参列者は手を合わせ、祈りをささげていました。

105名無しさん@お腹いっぱい。2013/11/10(日) 11:33:56.53ID:hI/L/Owu0
三井三池三川鉱事故50年で追悼式典TNC 2013/11/09 12:00:00
458人が死亡した大牟田市の三井三池三川鉱の炭じん爆発事故から50年を迎え、追悼式典が開かれた。
大牟田市はこれまで追悼行事にかかわっていなかったが、節目の今年、市民の要望で初開催した。

106名無しさん@お腹いっぱい。2013/11/10(日) 19:47:31.17ID:hI/L/Owu0
“炭じん爆発から50年”妻たちの闘い11月4日(月) 21時57分ttp://rkb.jp/news/news/17603/
戦後最大の産業事故と言われる三井三池炭鉱の三川鉱で起きた炭じん爆発事故から、今月9日で50年となります。
あの大事故と今も向き合う人たちを、シリーズでお伝えします。ttp://rkb.jp/news/files/2013/11/2013-11-045-150x112.jpg
1回目のきょうは、一酸化炭素中毒の後遺症に苦しむ元炭鉱マンと、炭鉱マンの夫を支えてきた妻たちを描きます。
●車内で話す首藤心子さんQ50年間、疲れたな、もう投げ出そうかなとか思ったことは一度もないですか?
「それは、大事な主人を抱えてますから、投げ出せませんからね」
Q「こんちくしょうっていう言葉が私を支えてる」ってことをおっしゃいましたけど、何に向かって「こんちくしょう」なんですか?
「やっぱり自分に負けないためにも、根性はいりますよ」熊本県荒尾市に住む首藤心子さん、75歳。50年間、夫のいる福岡市へ通い続けています。
三川鉱炭じん爆発事故で重度の一酸化炭素、CO中毒患者になった夫・宏也さんは、事故以来、九大病院に入院したままです。
●車内で話す首藤心子さん「(炭じんの)清掃さえきちんとしておけば、そういう大災害は起こらなかったはずなんですよ」
50年前の昭和38年11月9日午後3時すぎ、大牟田市の三川鉱で、大規模な炭じん爆発発生。
死者458人、CO中毒患者839人を出す戦後最悪の産業事故となりました。
事故は、運搬車両の連結部が壊れ、外れたことがきっかけとされます。
運搬車両は暴走、堆積していた炭じん、つまり石炭の細かい粉に火花が引火し、大爆発が起きました。
火災によって発生した一酸化炭素が坑内に充満し、死者のほとんどが一酸化炭素中毒死でした。
宏也さんはあの日、勤務を終えて地上に上がろうとしていた矢先、大爆発が起き、大量のCOを吸ったのです。
妻・心子さんのおなかには、2人の第一子・長女が宿っていました。●話す宏也さんと心子さん心子さん「痩せてしまって」
宏也さん「骨が縮む…」心子さん「体重が半分になっとるもんね」Q今、何キロぐらいですか?心子さん「40何キロ…、47.25になっとる」
宏也さん「79.5キロ、最高は」Q身長は何センチですか?心子さん「1メートル78あったもんね」宏也さん「もう縮んどうけん」
心子さん「体のゆがんどるもんやけん」事故にあう前、頑強な体とともに、几帳面な字も、宏也さんの自慢でした。
●話す宏也さんと心子さんQ日記はもう何年ぐらいつけてらっしゃるんですか?宏也さん「私は50年ずっと…」
心子さん「ゆっくり、はっきり言った方がいいよ。わからんようになりよるよ、言葉がね。自分でも読めません。ばってん、一生懸命、書いたもんね」
宏也さん「自分で…」●事故から1週間後の資料映像記者「一酸化炭素中毒というのは一時的なものだということを聞いていますけど、それにしてもご心配ですね」
妻「(夫の)記憶が返りますならですね」記者「お子さんがいらっしゃいますね。あわかりですか?」夫「はい」
記者「何人いらっしゃいますか?」夫「何人かいね…」記者「(子供が)いらっしゃったら、あわかりになりますか?」
妻「はい。顔見た瞬間はわかりますけど、ちょっと向こうに行きますと、全然、記憶が…ですね」
笑顔を見せるものの、募る不安が、妻の表情から読み取れます。これは、RKBが所蔵する事故直後の貴重な映像です。
COを吸っても、ほどなく健康な状態に戻る。それが当時の医療認識でした。この誤った認識が、初期治療の遅れの要因になったのです。

107名無しさん@お腹いっぱい。2013/11/10(日) 19:48:02.58ID:hI/L/Owu0
●話す松尾專さん「私の弟が、まだ中学生だったからですね、もう、学校から走って帰ってきて、『大牟田に原子爆弾が落ちた』って。『いや、キノコ雲が上がった』って」
松尾專さん、82歳。大牟田市内で1人暮らしをしています。松尾さんの夫、修さんも、三川鉱で炭じん爆発事故にあいました。
CO中毒患者となった修さんは、19年前、亡くなりましたが、專さんの左腕のしびれは今も消えません。長く夫の添い寝をしていたからです。
●松尾專さん「もう『えすかばい、えすかばい(恐ろしい、恐ろしい)』と言うから、頭を私の腕の上に載せて、寝ないとダメなんです。
右腕は利き腕だから、右腕を添い寝に使ってたら、私は右腕はダメになるなと思ったから、左手ばっかりでですね」
子煩悩だった修さんは、事故の後遺症で一変。2人の娘に手を上げることも。娘たちは、父におびえました。
●松尾專さんQ事故前のお父さんと事故後のお父さんが違うから。
「もう、ガス吸ってからは、荒れる父親ばっかり見てるからですね。今でも体が疲れたと思うと、左の肩からここが抜け落ちていくような感じ」
Qこの50年間ってどういうふうに振り返りますか?「やっぱり地獄でしたよ。遺族も、
患者家族も、患者もですね、本当にあの事故のおかげで、せんでいい無駄な苦労を背負いこんで、もう本当、
この場所から逃げ出せたら、さぞ楽だろうなと思うこともやっぱりありました。
金はないし、主人は暴れるし、本当、縁側からはだしで飛び出したいと思ったこともあったですよ」
CO中毒の後遺症は、妻たちを苦しめてきました。「いっそ事故で死んだ方が幸せだった」。
大牟田や荒尾の町で取材中、そう語る人もいました。
ただ、事故から半世紀、三池の闘いは、「妻たちの闘い」とも言われてきました。
●首藤心子さん「みんな、そんな強くないですよ本当に。強くない者同士がやっぱり支え合ったことで、頑張れたと思いますね」
Q50年は区切りだっていう方もいますけど、じゃあ、違いますね?
「どういう意味で区切りですかね。区切りになりませんけど。私たちみたいな悔しい、
本当に悲惨なことが起こさないためには、ここで、みんなで頑張る以外にないと思っています」
50年目の11月9日が近づきます。でも、それは、特別な1日ではなく、苦しみと闘いが続く1日。妻たちの共通した思いです。

108名無しさん@お腹いっぱい。2013/11/10(日) 23:31:28.79ID:hI/L/Owu0
【福岡】旧三井三池炭じん爆発で抗議集会11/10 17:54 更新ttp://www.kbc.co.jp/top/news/lbi/kbc_0002.html
大牟田市の旧三井三池炭鉱で50年前、458人が死亡した爆発事故をめぐり、
被災者らで作る団体の抗議集会が行われました。
抗議集会には旧三井三池炭鉱の炭じん爆発事故で被害にあった元炭鉱者やその家族など合わせておよそ200人が
参加しました。
旧三井三池炭鉱三川坑では50年前の11月9日に炭じんが爆発し、458人が死亡、800人以上が一酸化炭素
中毒症となる戦後最大の炭鉱災害となりました。後遺症で今も70人以上の被災者の治療が必要とされています。
抗議集会では大牟田労災病院の廃止に伴う残された被災者の治療について国と合意した「確認書」がいまだ
履行されていないことを改めて国に要請することが確認されました。

109名無しさん@お腹いっぱい。2013/11/11(月) 22:30:22.25ID:5aNACO5f0
三川坑爆発事故から50年で追悼式典ttp://www.fbs.co.jp/news/news8643570.html
福岡県大牟田市の旧三井三池炭鉱三川坑の爆発事故から50年となる9日、犠牲者の追悼式典が開かれました。
式典には、遺族や元炭鉱マンなど、約450人が参列し、出席者全員で犠牲者に黙とうをささげました。
三川坑では、50年前の1963年11月9日、炭じん爆発が起き、458人が死亡、839人が一酸化炭素中毒患者と
認定されました。ttp://www.fbs.co.jp/news/picture/FBS_35701.jpg
式典は、遺族などの要望をうけ大牟田市や地元企業などが、事故後初めて開いたもので、出席した遺族は、
「事故を風化させないよう語り継いでいきたい」と話していました。[ 11/9 12:04 福岡放送]

110名無しさん@お腹いっぱい。2013/11/11(月) 23:02:44.98ID:5aNACO5f0
>>104
[11/09 16:23]【福岡】三井三池炭鉱炭じん爆破50年で追悼式典
>>108
[11/10 17:54]【福岡】旧三井三池炭じん爆発の被災者が抗議集会

111名無しさん@お腹いっぱい。2013/11/12(火) 19:10:20.11ID:/eAhOz5G0
炭じん爆発“事故を風化させないために”11月6日(水) 20時41分ttp://rkb.jp/news/news/17664/
三池炭じん爆発から50年、あの大事故と今も向き合う人たちを、シリーズでお伝えします。
3回目のきょうは、一酸化炭素中毒患者が入院する病院の問題と、彼らを支援する女性研究者です。
大学講師、田中智子さんは大牟田で生まれ育ちました。両親や親戚も、事故とは直接関係ありません。
その田中さんが事故の遺族、CO中毒患者や家族ら100人以上から直接、聞き取り調査を続けています。
●佛教大学非常勤講師・田中智子さん「一番最初にお会いした方が三池の事故でご主人を亡くされた方で。
調べだしたら、どんどん三池のことに、なんかのめり込んで行くような感じで…」
3年をかけ、まとめ上げたのがこの本です。タイトルにあるように、被災者や家族の視点から、事故半世紀をとらえました。
CO患者や家族、そして多くの支援者の高齢化が進みます。ttp://rkb.jp/news/files/2013/11/2013-11-067-150x84.jpg
無理が出来ない年齢になった関係者の負担を減らそうと、田中さんはいま、事故から50年の関連集会の準備に駆け回っています。
●田中さん「怒りだとか悲しいだとかいうことを、ずっと外に外に思っていたんですが、じゃ自分は今まで何をしてきたんだろうと、
今まで知らなかっただからだけど、知ってしまって何もしなかったら、それは結局自分が怒っていたこと、
あるいはその『怒りの向こう側』にいた人たちと同じ立場に、自分が立ってしまうんじゃないのかと思って」
田中さんは事故直後のニュース映像も集めました。資料展の会場で放映するためです。
歳月ととともに、運動が先細りしていくのは避けられません。患者や家族をどう支えるか、田中さんは運動の輪に飛び込みました。
●三池高次脳連絡会議・芳川勝議長「特に今年が三池大災害から50周年ということで、
今もって患者が苦しんでいますので、私たちと結んだ確認書の内容を早期に実施していただくよう、強く要請します」
「確認書を早期に実施せよ」CO患者や家族がそう要求するのは、厚労省に対する強い不信感があるからです。
●妻・清水栄子さん「歌を歌って聞かせたら?」●夫・清水正重さん「うん」●妻・栄子さん「なんがええかな」
●夫・正重さん「『がんばろう』の歌や。ガンバロウ」●妻「がんばろう」
清水正重さん、89歳。三川鉱で炭じん爆発事故に遭遇、CO中毒で脳に重度の障害を負いました。
物を見ても、それが何であるのか判断できません。ただ、事故前に歌い慣れた歌は忘れていません。
音感は今も残っているのです。現在、民間で運営する大牟田吉野病院はかつて大牟田労災病院でした。
ここは炭じん爆発事故以降、多くのCO患者が入院・通院する治療施設だっただけに、
国による一方的な廃止計画に、患者の家族たちは激しく反発しました。
20回を超える患者側と厚労省側との交渉の結果、両者の間で『確認書』が交わされました。
7年半前のことです。確認書は民間移行後も、一定水準の病院機能の確保を約束しましたが、実現しないままです。
●妻・栄子さん「よく覚えとんね」●歌う夫・正重さん「がんばろう」
●妻「お父さんが最後の生き証人やけんね。あの大爆発の。頑張らにゃ」
●飯田記者「すごい力。ぼく、こんな握力ないですよ。やっぱりヤマで働いた人は50年経っても違いますね」●妻・栄子さん「そうですね」
●厚労省労働基準局労災管理課・福永伸一補償監察官「本日は50年という、大きな節目の年の現地交渉ということでございました。
我々としましても、この確認書の実現に向けて、引き続き、誠実に取り組んでいきたいと考えております」
●妻・栄子さん「あの調子で8年が過ぎていったということで、本当に腹が立ちますね。全然、
(患者や家族を)『心配させません』という最初の(約束と)全然そうやないですもんね」
2004年5月17日。衆院委員会の分科会で、当時の坂口力厚労相は三川鉱事故について約束しました。
「入院のみなさん、通院のみなさん方につきましては最後まで国の方が責任を持つということだけは、
ここで明らかにしておきたいと思います」(衆議院議事録より)
しかし、吉野病院の機能は改善されていません。
●佛教大学講師・田中さん「この三池のことを自分たちの問題としてとらえていくこと、
それから自分たちに何ができるのかなということを考えていくことが必要じゃないかなと思います」
吉野病院設立後、すでに14人のCO患者がここで亡くなりました。CO患者や家族をどう支えるのか。『残り時間』はあまりありません。
■スタジオシリーズ最終回のあすは、三川鉱の爆発から、原発事故の起きた福島の問題を考える動きをリポートします。

112名無しさん@お腹いっぱい。2013/11/15(金) 19:20:55.42ID:L81+MvaE0
炭じん爆発事故から50年11月9日(土) 18時09分ttp://rkb.jp/news/news/17727/
全国のニュースでもお伝えしましたが福岡県大牟田市の旧三井三池炭鉱の炭じん爆発事故からきょうで50年となり、
現地では犠牲者の追悼式典が開かれました。ttp://rkb.jp/news/files/2013/11/2013-11-094-150x84.jpg
追悼式典は事故のあった三川鉱跡で開かれ事故で犠牲になった炭鉱マンの遺族らが参列し、
犠牲者に黙祷をささげました。
戦後最大の産業事故と言われるこの爆発事故は今から50年前、昭和38年のきょう発生し、死者は458人、
一酸化炭素中毒の患者は839人にのぼりました。
地元の自治体が追悼式典を開くのは今回が初めてで、大牟田市の古賀市長は、
「発展と苦難の歴史を後世に語り継いでいくことを誓います」と式辞を述べました。

113名無しさん@お腹いっぱい。2013/11/17(日) 18:11:49.60ID:ubOab4gf0
炭じん爆発50年“初の慰霊祭”も11月11日(月) 22時03分ttp://rkb.jp/news/news/17771/
458人が死亡した三井三池炭鉱の炭じん爆発事故から、おとといで50年となりました。
戦後最悪の産業事故から半世紀を経て、初めて地元自治体などの主催する慰霊祭が開かれた一方で、抗議集会も開催されました。
事故によって生み出された深い溝が、今なお残る現実を浮き彫りにしています。tp://rkb.jp/news/files/2013/11/2013-11-1110-150x84.jpg
●宮岡記者「事故からちょうど半世紀の節目を迎えた今年の慰霊祭は、普段は閉鎖されている三川鉱跡を公開して執り行われています。
あちらには、献花台も設けられています」●黙とうをする参列者「黙とう・・・」50年前の1963年・昭和38年11月9日に発生した大規模な炭じん爆発。
死者458人、一酸化炭素中毒の患者839人を出す戦後最悪の産業事故となりました。
●式辞を述べる大牟田市・古賀道雄市長「発展と苦難の歴史をおりなす三池炭鉱の歴史は、私どもの郷土の歴史そのものであります」
これまで事故の慰霊祭は、三池炭鉱の労働組合や遺族団体が個別に営んでいて、地元の大牟田市は、「あくまで一企業の労災事故」として、
公的な式典を開催したことはありませんでした。
しかし、50年という節目を迎え、隣接する熊本県荒尾市など周辺の自治体と、
旧三井鉱山・現在の日本コークス工業などと実行委員会を組織し、初めて慰霊祭を開きました。
●大牟田市・古賀道雄市長「50年という節目ということで、経済界とか、議会、市民の皆さんから要望が強くあったと。
今後の街づくりにも、みんなが市民一体となって取り組んでいくと、こういう機会にできたらいいなと」
開催のわずか2週間前に発表された式典でしたが、会場には、犠牲者の遺族や元炭鉱労働者など452人が参列しました。
●事故で兄を亡くした吉住雅臣さん「(50年は)長いようで、短いようでですね。兄貴の姿をね、忘れたことはないです」
●事故に遭遇した岩崎鷹敏さん「爆発がなかったらな、まだ良かったろうばってん。妻か知らんけど、
子供か知らんけど、名前を一生懸命、呼ぶ人もおる。お経をしっかりあげよる人もおる。それはもう、悲惨なものでした」
●読経(音)一方、事故の慰霊碑がある荒尾市の寺で開かれた法要と抗議集会は、旧労・三池労組系の「被災者の会」が主催しました。
参加者たちは、今も多くの一酸化炭素中毒患者が治療を続ける病院について、
「一定の病院機能を確保する」とした確認書を実行しない厚生労働省への抗議の声を上げました。
●話すCO中毒患者の妹・鳥谷君子さん「失礼な言い方かも知れんけれど、(病院が)おば捨て山みたいにになってしまって、
静かなもんです。患者のために、早く確認書を実現できるように、私は家族としてお願いしたいと思います」
●話すCO中毒患者の妻・首藤心子さん「人間の大事な脳をやられて、人間破壊です。このことを本当に許していいのか。
働きに行ったんです。殺されに行ったわけじゃないんです」
さらに、会社側に対しても「今日に至ってもなお、炭鉱労働者に謝罪をしない」と怒りをあらわにしました。
●父を事故で亡くした椛島敬三さん「会社の方からも、やっぱりひと言の挨拶というですか、おわびの言葉というですか、
そういうのが、ぜひ、聞きたかったです。(式典で)それがなかったことについて、憤りを感じました」
行政も、犠牲者遺族も、そして患者たちも、「事故を風化させてはいけない」という思いでは一致しています。
ただ、今年のような公的な慰霊祭が来年以降も開かれるかどうか決まっていないなど、関係者の足並みがそろっているとは言えません。
多くの人の命を奪い、そして人生を大きく変えてしまった炭じん爆発事故、半世紀を経ても深い傷を残しています。

114名無しさん@お腹いっぱい。2013/12/05(木) 17:31:42.26ID:ks4pp50A0
産業遺産の藤村製紙 解体へttp://www.nhk.or.jp/lnews/kochi/8013540951.html?t=1386232168607
奈半利町にある国の「近代化産業遺産」の「藤村製糸」の工場跡などが老朽化にともない解体されることになりました。
奈半利町の藤村製糸は大正6年に創業し、生糸を生産していましたが、地元の養蚕農家の減少などにともない
平成17年に生産を停止しました。ttp://www.nhk.or.jp/lnews/kochi/8013540951_m.jpg
その後、平成19年に近代の製糸業の発展を伝えるものとして、明治から昭和初期にかけて建てられた工場や繭を
保管する倉庫など5つの建築物が全国各地の生糸産業の関連施設などともに、経済産業省の「近代化産業遺産」
に指定されました。
しかし、建築からおよそ100年が経過し、老朽化が進んできたことから、藤村製糸では、一部の蔵などを残して、
解体することを決めました。
解体工事は9日にも始まる見通しで跡地には太陽光発電の施設を建設する予定だということです。
経済産業省によりますと、近代化産業遺産は、一部の施設が解体されても近代化産業遺産としての指定が解除される
ことはないということです。
見学に訪れた高知市の男性は「民間企業にとっては保存するための金銭的な負担が大きいと思いますが、
貴重な建築物なので取り壊しは残念です」と話していました。藤村製糸の安光恭一社長は「解体した建物の木材の一部を
新たに建てる記念館に用いることでかつての様子をしのんでもらえるようにしたい」と話しています。12月05日 12時30分

115名無しさん@お腹いっぱい。2014/10/28(火) 17:21:25.74ID:QOba5+gQ0
四阪島の歴史をたどる展示会ttp://www3.nhk.or.jp/lnews/matsuyama/8005733121.html?t=1414484396808
かつて別子銅山の製錬所があった、瀬戸内海の四阪島の歴史を紹介する展示会が、新居浜市で開かれています。
四阪島は、新居浜市の北、およそ20キロの燧灘に浮かぶ4つの島の総称で、明治時代、別子銅山で起きた煙による
公害、「煙害」の問題を解決するため、製錬所が島に移転されました。
新居浜市の別子銅山記念館で開かれている展示会には、四阪島の写真や資料など、200点余りが展示されています。
このうち、煙害の歴史を伝えるコーナーでは、四阪島の製錬所に有毒ガスを中和する技術が導入された経緯を詳しく
説明しています。
また、当時の島の様子を写した写真が展示され、島のシンボルだった大きな煙突や、島民の買い物風景など、
日常の暮らしぶりを紹介しています。
展示会に徳島県から訪れた60代の男性は、「四阪島に公害の歴史があったことは知らなかったので、驚きました。
古い写真を見ると、自分の子どものころを思い出して、懐かしくなりました」と話していました。
この展示会は、新居浜市の別子銅山記念館で、11月23日まで開かれています。10月28日 13時43分

116名無しさん@お腹いっぱい。2014/11/01(土) 11:54:03.07ID:NZ/TncL10
2014.10.30 12:00四阪島・煙害克服の歴史とその生活展
新居浜市の発展の礎を築いた住友が、四阪島で煙害を克服した歴史や技術などを展示した企画展が、
新居浜市で開かれています。写真の中で存在感を放つ大煙突。
この企画展は銅精錬による煙害を克服したシンボル・四阪島の大煙突が去年、解体されたことを記念し開かれています。
会場には、煙害を解決した経緯や技術のほか、当時の島の生活がわかる資料や写真など、
およそ220点が展示されています。ttp://www.ebc.co.jp/bangumi/snews/news_kiji.asp?SirialNo=47149
また、製錬所や社宅など四阪島の様子を再現したジオラマも展示されていて、
かつて島に過ごした人らが資料を見ながら当時の生活を懐かしんでいました。この企画展は来月23日まで開かれています。

117名無しさん@お腹いっぱい。2014/11/23(日) 19:16:55.06ID:ba5UuKi10
「四阪島特別企画展」あすまで別子銅山記念館(愛媛県)ttp://w2.rnb.co.jp/nnn/news8785088.html
新居浜市で、煙害克服の象徴とされる四阪島の歴史などを紹介する企画展が11月23日まで開かれている。
新居浜市の別子銅山記念館で開かれている特別企画展では、四阪島に関する約220点の資料が展示されている。
銅の精錬の際に排出される亜硫酸ガスの煙害問題を克服しようとする四阪島の歴史が紹介されているほか、
昭和30年代を中心とした写真やパネルも展示され、島に暮らす人々の生活も見てとれる。
また、昭和50年当時の四阪島の住宅地や大煙突などを忠実に再現した千分の1スケールのジオラマ模型も
展示されていて、訪れた人たちの興味を引いていた。
この企画展は、新居浜市の別子銅山記念館で、11月23日まで開かれている。[ 11/22 10:24 南海放送]

118名無しさん@お腹いっぱい。2015/06/23(火) 13:19:22.15ID:Nf+YQDcu0
f8 rss4 [22日 19:10]6/22 03:24 森永ヒ素ミルク事件から60年で総会
岡山、香川など全国で1万3400人以上の被害者を出した、森永ヒ素ミルク事件から60年が経ちました。
その被害者を守る会の全国総会が、岡山市北区で開かれました。
総会には、全国17の都府県から約270人の会員らが出席しました。
この事件は、1955年、森永乳業の徳島工場で製造した粉ミルクにひ素が混入し、
これを飲んだ乳幼児に多数の死者や中毒患者が出たものです。ttp://www.rsk.co.jp/news/photo/20150622_10.jpg
被害者は1万3440人、これまでに少なくとも1257人が亡くなっています。
事件から60年が経過し、高齢化する被害者の今後についてや事件の風化を心配する声が上がっています。
また、森永乳業は、1973年に国を交えた三者会談で被害者の恒久的救済を約束しています。
事件発生から、今年で60年被害者を守る会では、今年9月、和歌山県の高野山で、
合同慰霊祭をすることにしています。ttp://www.rsk.co.jp/news/news_local.cgi?cat=1&id=20150622_10

119名無しさん@お腹いっぱい。2015/10/11(日) 20:23:28.31ID:hKha68b/0
住友化学の歴史伝える展示会ttp://www.nhk.or.jp/matsuyama-news/20151008/5463611.html
新居浜市の発展の礎を築いた別子銅山の事業から生まれた「住友化学」がことしで開業100年を迎え、歴史を伝える
企画展が新居浜市で開かれています。
「住友化学」は、別子銅山から産出される銅を製錬する時に生じる亜硫酸ガスを原料に肥料を作る製造所として設立
されたのが始まりです。
新居浜市の別子銅山記念館では、ことしで開業100年を迎える「住友化学」の歴史を伝える写真や絵画など、およそ
50点が展示されています。
このうち、開業当時の大正4年に撮影された写真は、新居浜市の海辺に建てられた肥料製造所の煙突から煙が出て
いる様子が写されています。
また、昭和30年代に撮影された写真では、タンクやパイプラインが複雑に配置された広い工場の敷地内を自転車など
で職場に向かう従業員の姿が見られます。
このほか、西条市出身の日本画家、武田耕雪が描いた昭和5年ごろの化学工場の絵画なども展示されています。
大阪から訪れた60代の男性は、「知らなかった住友の歴史を、昔の写真などで見ることができてよかったです」
と話していました。
この企画展は、新居浜市の別子銅山記念館で10月31日まで開かれています。
(10月8日 14時59分)動画ttp://www.nhk.or.jp/matsuyama-news/20151008/5463611_8005463611_m.jpg

120名無しさん@お腹いっぱい。2018/01/31(水) 14:50:55.02ID:I/Y5AjPQ0
近代史の明治維新のように稼げるかもしれないブログ
グーグルで検索⇒『羽山のサユレイザ』

5AM45

新着レスの表示
レスを投稿する